教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

坂本 雅行

サカモト マサユキ

生命科学研究科 先端イメージング学講座(産学共同) 特定准教授

坂本 雅行
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      sakamoto.masayuki.2ekyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 日本神経化学会
    • Society for Neuroscience
    • 日本分子生物学会
    • 日本神経科学学会

    学位

    • 修士(生命科学)(京都大学)
    • 博士(生命科学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院生命科学研究科修士課程高次生命科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院生命科学研究科博士後期課程高次生命科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 岐阜薬科大学, 薬学部製造薬学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      六甲高校, ろっこうこうこう

    経歴

    • 自 2020年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院生命科学研究科, 特定准教授
    • 自 2019年10月, 至 現在
      科学技術振興機構, さきがけ研究員(兼任)
    • 自 2016年04月, 至 2020年03月
      東京大学, 大学院医学系研究科, 助教
    • 自 2014年10月, 至 2016年03月
      コロンビア大学, 生物科学科, 博士研究員
    • 自 2012年10月, 至 2014年09月
      日本学術振興会 海外特別研究員
    • 自 2012年04月, 至 2012年09月
      京都大学, ウイルス研究所, 博士研究員
    • 自 2010年04月, 至 2012年03月
      日本学術振興会 特別研究員(DC2)

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ・高次脳機能をリアルタイムで可視化するための蛍光プローブ開発
        ・神経細胞の樹状突起の電位情報処理機構の解明
        ・匂いによって誘起される行動の神経基盤の解明
      • 研究概要

        多光子イメージング技術や光操作技術を用いて、生体マウスの神経細胞の電気的活動を高空間分解能で可視化し、学習や記憶などの高次脳機能実現のための回路メカニズムについて解明します。また、これら神経細胞やネットワークを可視化するために必要なプローブの開発をおこないます。

      研究キーワード

      • オプトジェネティクス
      • 樹状突起スパイン
      • 膜電位イメージング
      • カルシウムイメージング

      研究分野

      • 自然科学一般, 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
      • ライフサイエンス, 神経科学一般
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • A Flp-dependent G-CaMP9a transgenic mouse for neuronal imaging in vivo
        Masayuki Sakamoto; Masatoshi Inoue; Atsuya Takeuchi; Shigetaka Kobari; Tatsushi Yokoyama; Shin-ichiro Horigane; Sayaka Takemoto-Kimura; Manabu Abe; Kenji Sakimura; Masanobu Kano; Kazuo Kitamura; Hajime Fujii; Haruhiko Bito
        Cell Reports Methods, 2022年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Imaging Voltage with Microbial Rhodopsins
        Xiao Min Zhang; Tatsushi Yokoyama; Masayuki Sakamoto
        Frontiers in Molecular Biosciences, 2021年08月25日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Comparative Studies of the Fluorescence Properties of Microbial Rhodopsins: Spontaneous Emission Versus Photointermediate Fluorescence.
        Keiichi Kojima*; Rika Kurihara*; Masayuki Sakamoto*(Co-first); Tsukasa Takanashi; Hikaru Kuramochi; Xiao Min Zhang; Haruhiko Bito; Tahei Tahara; Yuki Sudo
        The journal of physical chemistry. B, 2020年08月27日, 筆頭著者
      • Rational Engineering of XCaMPs, a Multicolor GECI Suite for In Vivo Imaging of Complex Brain Circuit Dynamics.
        Inoue M; Takeuchi A; Manita S; Horigane SI; Sakamoto M; Kawakami R; Yamaguchi K; Otomo K; Yokoyama H; Kim R; Yokoyama T; Takemoto-Kimura S; Abe M; Okamura M; Kondo Y; Quirin S; Ramakrishnan C; Imamura T; Sakimura K; Nemoto T; Kano M; Fujii H; Deisseroth K; Kitamura K; Bito H
        Cell, 2019年05月16日, 査読有り
      • Comparative evaluation of genetically encoded voltage indicators.
        Bando Y, Sakamoto M ( Co-first and corresponding author), Kim S, Ayzenshtat I, Yuste R
        Cell Reports, 2019年01月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Attenuation of Synaptic Potentials in Dendritic Spines
        Kwon T, Sakamoto M (Co-first author), Peterka D, Yuste R
        Cell Reports, 2017年08月, 査読有り, 筆頭著者
      • Calmodulin kinases: essential regulators in health and disease
        Takemoto-Kimura S, Suzuki K, Horigane S, Kamijo S, Inoue M, Sakamoto M, Fujii H, Bito H
        Journal of Neurochemistry, 2017年06月, 査読有り
      • Continuous Postnatal Neurogenesis Contributes to Formation of the Olfactory Bulb Neural Circuits and Flexible Olfactory Associative Learning
        Sakamoto M, Ieki N, Miyoshi G, Mochimaru D, Miyachi H, Imura T, Yamaguchi M, Fishell G, Mori K, Kageyama R, Imayoshi I
        Journal of Neuroscience, 2014年04月, 査読有り, 筆頭著者
      • The functional significance of newly born neurons integrated into olfactory bulb circuits
        Masayuki Sakamoto; Ryoichiro Kageyama; Itaru Imayoshi
        Frontiers in Neuroscience, 2014年, 査読有り, 筆頭著者
      • Genetic visualization of notch signaling in mammalian neurogenesis
        Itaru Imayoshi; Hiromi Shimojo; Masayuki Sakamoto; Toshiyuki Ohtsuka; Ryoichiro Kageyama
        CELLULAR AND MOLECULAR LIFE SCIENCES, 2013年06月, 査読有り
      • Light-induced silencing of neural activity in Rosa26 knock-in mice conditionally expressing the microbial halorhodopsin eNpHR2.0
        Itaru Imayoshi; Sawako Tabuchi; Kyoko Hirano; Masayuki Sakamoto; Satsuki Kitano; Hitoshi Miyachi; Akihiro Yamanaka; Ryoichiro Kageyama
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2013年01月, 査読有り
      • A multifunctional teal-fluorescent Rosa26 reporter mouse line for Cre- and Flp-mediated recombination
        Itaru Imayoshi; Kyoko Hirano; Masayuki Sakamoto; Goichi Miyoshi; Tetsuya Imura; Satsuki Kitano; Hitoshi Miyachi; Ryoichiro Kageyama
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2012年05月, 査読有り
      • The role of neurogenesis in olfaction-dependent behaviors
        Ryoichiro Kageyama; Itaru Imayoshi; Masayuki Sakamoto
        BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 2012年02月, 査読有り
      • Continuous neurogenesis in the adult forebrain is required for innate olfactory responses
        Masayuki Sakamoto; Itaru Imayoshi; Toshiyuki Ohtsuka; Masahiro Yamaguchi; Kensaku Mori; Ryoichiro Kageyama
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2011年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Genetic methods to identify and manipulate newly born neurons in the adult brain.
        Imayoshi I; Sakamoto M; Kageyama R
        Frontiers in neuroscience, 2011年, 査読有り
      • Essential Roles of Notch Signaling in Maintenance of Neural Stem Cells in Developing and Adult Brains
        Itaru Imayoshi; Masayuki Sakamoto; Masahiro Yamaguchi; Kensaku Mori; Ryoichiro Kageyama
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2010年03月, 査読有り
      • 成体脳ニューロン新生の分子メカニズムと機能的意義
        今吉格; 坂本雅行; 影山龍一郎
        実験医学、28:823-829. 2010., 2010年, 査読有り
      • Continuous neurogenesis in the adult brain
        Itaru Imayoshi; Masayuki Sakamoto; Toshiyuki Ohtsuka; Ryoichiro Kageyama
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2009年04月, 査読有り
      • 海馬ニューロンの新生―精神疾患と神経機能への関与 03 成体脳ニューロン新生と高次脳機能
        今吉格; 坂本雅行; 影山龍一郎
        メディカルバイオ, 2009年03月01日, 査読有り
      • Roles of continuous neurogenesis in the structural and functional integrity of the adult forebrain
        Itaru Imayoshi; Masayuki Sakamoto; Toshiyuki Ohtsuka; Keizo Takao; Tsuyoshi Miyakawa; Masahiro Yamaguchi; Kensaku Mori; Toshio Ikeda; Shigeyoshi Itohara; Ryoichiro Kageyama
        NATURE NEUROSCIENCE, 2008年10月, 査読有り
      • Roles of the basic helix-loop-helix genes Hes1 and Hes5 in expansion of neural stem cells of the developing brain
        T Ohtsuka; M Sakamoto; F Guillemot; R Kageyama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2001年08月, 査読有り

      MISC

      • 光技術で明らかになった樹状突起スパインの新たな機能
        坂本雅行
        実験医学 2022年5月号, 2022年05月

      講演・口頭発表等

      • 膜電位感受性プローブを用いた神経活動計測
        坂本 雅行
        第42 回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(オンライン), 2021年10月28日, 招待有り
      • 合理的な膜電位プローブの設計と応用
        坂本 雅行
        第64回日本神経化学会大会(オンライン), 2021年09月30日, 招待有り
      • Engineering microbial rhodopsins for genetically encoded voltage indicators
        Masayuki Sakamoto
        第44回日本神経科学学会(神戸), 2021年07月28日, 招待有り
      • Genetically encoded voltage indicators and their application
        Masayuki Sakamoto
        遺伝研研究会「哺乳類脳の機能的神経回路の構築メカニズム」(オンライン), 2020年12月12日, 招待有り
      • Imaging voltage in neurons with genetically encoded indicators
        Sakamoto Masayuki
        生理研 記憶研究会(オンライン), 2020年09月17日, 招待有り
      • Imaging voltage in dendritic spines with genetically encoded indicators
        Sakamoto M
        IBRO 2019, Daegu, Korea, 2019年09月21日, 招待有り
      • 遺伝子にコードされた膜電位センサーとその応用
        Sakamoto M
        Neuro2019, 朱鷺メッセ(新潟), 2019年07月26日, 招待有り
      • 膜電位感受性蛍光プローブを用いた神経活動イメージング
        坂本雅行
        シンポジウム「分子の力で生体を視る」、名古屋大学(名古屋), 2019年03月13日, 招待有り
      • 膜電位感受性蛍光プローブを用いた神経活動イメージング
        第1回武田神経科学シンポジウム、武田薬品工業研修所(吹田), 2018年03月10日, 招待有り
      • 膜電位感受性蛍光タンパク質を用いた活動イメージング
        坂本雅行
        第7回生体物理化学セミナー、岡山大学(岡山), 2016年12月08日

      受賞

      • 2020年11月06日
        コニカミノルタ科学技術振興財団, コニカミノルタ画像科学奨励賞(優秀賞)

      外部資金:科学研究費補助金

      • 多光子励起による生体多色活動計測・操作技術の開発と応用
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分51:ブレインサイエンスおよびその関連分野
        京都大学
        坂本 雅行
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        光遺伝学;多色イメージング;多光子励起;FRET
      • 多光子4Dイメージングによる生後発達期における新生ニューロンの機能的意義の解明
        基盤研究(B)
        小区分59040:栄養学および健康科学関連
        京都大学
        坂本 雅行
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        カルシウムイメージング;4Dイメージング;嗅球;高次脳機能;生後発達期
      • 「個性」創発メカニズム解明のためのシナプスイメージング法の開発と応用
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学;東京大学
        坂本 雅行
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        「個性」創発;活動イメージング;生後発達期;シナプス
      • 広域・多色イメージングを実現する遺伝子改変マウスの作製と応用
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分51:ブレインサイエンスおよびその関連分野
        東京大学
        坂本 雅行
        自 2018年06月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        カルシウムイメージング;遺伝子改変マウス;2光子励起顕微鏡;多色イメージング;遺伝的改変マウス;2光子励起顕微鏡
      • 「個性」創発メカニズム解明のための樹状突起スパインイメージング法の開発と応用
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        東京大学
        坂本 雅行
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        「個性」創発;活動イメージング;生後発達脳;養育行動;樹状突起スパイン
      • 2 光子活動イメージング法を用いた逆転学習を制御する回路メカニズムの解明
        研究活動スタート支援
        東京大学
        坂本 雅行
        自 2016年08月26日, 至 2018年03月31日, 交付
        カルシウムイメージング;前頭前皮質;2光子励起顕微鏡;逆転学習;神経科学;イメージング;カルシウムセンサー;眼窩前頭皮質
      list
        Last Updated :2022/05/13

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 自 2021年03月, 至 現在
          Frontiers in Behavioral Neuroscience Review editor, Frontiers in Behavioral Neuroscience

        ページ上部へ戻る