教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

豊本 雅靖

トヨモト マサヤス

医学研究科 呼吸器疾患創薬講座(共同研究) 特定助教

豊本 雅靖
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学位

    • 修士(農学)(東京農工大学)
    • 修士(生命科学)(東京大学)
    • 博士(医学)(東京医科歯科大学)

    経歴

    • 京都大学

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        1. 既存オピオイド鎮痛薬様副作用を示さない疼痛抑制薬研究
        2. 正常細胞を保護しながら特定のがん細胞だけを標的とする新しい抗がん剤研究
      • 研究概要

        基礎的な医科学研究を創薬分野での実用化につなげるため、研究に携わっております。 主に、下記2課題に関して、表現型スクリーニングからピックアップされた新規化合物の、標的分子の同定と表現型発現への作用機序解明を行い、前臨床における薬理作用の基礎的知見の積み上げを進めております。 1. 新規疼痛治療薬の研究開発  霊長類に対する鎮痛作用が見出されている新規化合物について、作用機序の解析等、前臨床の基礎研究を進めています 2. 新規細胞死誘導化合物の研究開発  特定のがん細胞にのみプログラム細胞死を誘導できる新規化合物について、作用機序の解析等、前臨床の基礎研究を進めています 上記の研究課題は、化合物を生物学的実験に組み込んで、予期しない発見につなげている一例です。その発見頻度の上昇に寄与するため、生物個体を細胞生物学的・分子生物学的側面からシステムとして理解できる研究基盤の構築を目指しております。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学

      論文

      • Endogenous agonist-bound S1PR3 structure reveals determinants of G protein-subtype bias.
        Shintaro Maeda; Yuki Shiimura; Hidetsugu Asada; Kunio Hirata; Fangjia Luo; Eriko Nango; Nobuo Tanaka; Masayasu Toyomoto; Asuka Inoue; Junken Aoki; So Iwata; Masatoshi Hagiwara
        Science advances, 2021年06月
      • Hydroxypropyl Cyclodextrin Improves Amiodarone-induced Aberrant Lipid Homeostasis of Alveolar Cells.
        Shuhei Kanagaki; Takahiro Suezawa; Keita Moriguchi; Kazuhisa Nakao; Masayasu Toyomoto; Yuki Yamamoto; Koji Murakami; Masatoshi Hagiwara; Shimpei Gotoh
        American journal of respiratory cell and molecular biology, 2021年04月
      • S1PR3-G12-biased agonist ALESIA targets cancer metabolism and promotes glucose starvation.
        Masayasu Toyomoto; Asuka Inoue; Kei Iida; Masatsugu Denawa; Isao Kii; Francois Marie Ngako Kadji; Takayuki Kishi; Dohyun Im; Tatsuro Shimamura; Hiroshi Onogi; Suguru Yoshida; So Iwata; Junken Aoki; Takamitsu Hosoya; Masatoshi Hagiwara
        Cell chemical biology, 2021年02月02日
      • Necrostatin-7 suppresses RANK-NFATc1 signaling and attenuates macrophage to osteoclast differentiation.
        Hiroaki Fuji; Saori Ohmae; Naruto Noma; Masatoshi Takeiri; Hideto Yasutomi; Kazuya Izumi; Moe Ito; Masayasu Toyomoto; Soichiro Iwaki; Kenji Takemoto; Satoru Seo; Kojiro Taura; Shigeaki Hida; Mineyoshi Aoyama; Yasushi Ishihama; Masatoshi Hagiwara; Norihiko Takeda; Etsuro Hatano; Keiko Iwaisako; Shinji Uemoto; Masataka Asagiri
        Biochemical and biophysical research communications, 2018年09月05日, 査読有り
      • Development of an orally available inhibitor of CLK1 for skipping a mutated dystrophin exon in Duchenne muscular dystrophy
        Yukiya Sako; Kensuke Ninomiya; Yukiko Okuno; Masayasu Toyomoto; Atsushi Nishida; Yuka Koike; Kenji Ohe; Isao Kii; Suguru Yoshida; Naohiro Hashimoto; Takamitsu Hosoya; Masafumi Matsuo; Masatoshi Hagiwara
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年05月, 査読有り
      • Actin-binding protein coronin 1A controls osteoclastic bone resorption by regulating lysosomal secretion of cathepsin K
        Saori Ohmae; Naruto Noma; Masayasu Toyomoto; Masahiro Shinohara; Masatoshi Takeiri; Hiroaki Fuji; Kenji Takemoto; Keiko Iwaisako; Tomoko Fujita; Norihiko Takeda; Makoto Kawatani; Mineyoshi Aoyama; Masatoshi Hagiwara; Yasushi Ishihama; Masataka Asagiri
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年03月, 査読有り
      • Alleviation of behavioral hypersensitivity in mouse models of inflammatory pain with two structurally different casein kinase 1 (CK1) inhibitors
        Takashi Kurihara; Eri Sakurai; Masayasu Toyomoto; Isao Kii; Daisuke Kawamoto; Toshihide Asada; Tsutomu Tanabe; Megumu Yoshimura; Masatoshi Hagiwara; Atsuro Miyata
        MOLECULAR PAIN, 2014年03月, 査読有り
      • Anti-arthritic effect of E3 ubiquitin ligase, c-MIR, expression in the joints
        Masayasu Toyomoto; Satoshi Ishido; Nobuyuki Miyasaka; Hachiro Sugimoto; Hitoshi Kohsaka
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2011年03月, 査読有り
      • Intervention of an Inflammation Amplifier, Triggering Receptor Expressed on Myeloid Cells 1, for Treatment of Autoimmune Arthritis
        Yousuke Murakami; Tohru Akahoshi; Naoko Aoki; Masayasu Toyomoto; Nobuyuki Miyasaka; Hitoshi Kohsaka
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 2009年06月, 査読有り

      MISC

      • Duchenne型筋ジストロフィーに対して変異ジストロフィンエキソンのスキッピング誘導活性を有する経口投与可能な新規CLK1阻害剤の開発
        佐古 有季哉; 二宮 賢介; 奥野 友紀子; 豊本 雅靖; 西田 篤史; 小池 悠華; 大江 賢治; 喜井 勲; 吉田 優; 橋本 有弘; 細谷 孝充; 松尾 雅文; 萩原 正敏
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月
      • 炎症性疼痛モデルマウスに対する新規カゼインキナーゼ阻害薬の抗侵害効果
        川元 大輔; 喜井 勲; 豊本 雅靖; 朝田 俊秀; 吉村 惠; 萩原 正敏; 宮田 篤郎; 栗原 崇
        日本薬理学雑誌, 2013年03月
      • がん細胞の代謝がもたらす組織微小環境を標的にしたがん治療
        豊本 雅靖; 井上 飛鳥; 飯田 慶; 出縄 政嗣; 喜井 勲; 林 佳子; 岸 貴之; 小野木 博; 吉田 優; 細谷 孝充; 青木 淳賢; 萩原 正敏
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月
      • 非オピオイド鎮痛薬の創製
        豊本雅靖; 豊本雅靖; 栗原崇; 中川貴之; 井上飛鳥; 木村亮; 喜井勲; 喜井勲; 澤田照夫; 澤田照夫; 荻原孝史; 荻原孝史; 永安一樹; 岸貴之; 小野木博; 小野木博; 田口純平; 吉田優; 青木淳賢; 青木淳賢; 細谷孝充; 萩原正敏
        鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集, 2021年
      • Hypoxia overcomes contact-dependent proliferative inhibition of rheumatoid synovial fibroblasts by downregulating N-cadherin and subsequent P27(Kip1) expression.
        Yoshinori Nonomura; Masayasu Toyomoto; Tosiniro Nanki; Nobuyuki Miyasaka; Hitoshi Kohsaka
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 2006年09月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 肺線維化機構の解明と治療標的分子の同定
        基盤研究(C)
        小区分53030:呼吸器内科学関連
        京都大学
        豊本 雅靖
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        肺線維症;線維化機構;上皮細胞障害

      ページ上部へ戻る