教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

舟場 正幸

フナバ マサユキ

農学研究科 応用生物科学専攻動物機能開発学講座 教授

舟場 正幸
list
    Last Updated :2022/08/15

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      funaba.masayuki.8wkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 日本微量栄養素学会
    • 日本ペット栄養学会
    • 日本栄養・食糧学会
    • 日本畜産学会
    • 日本獣医学会
    • 日本分子生物学会

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 農学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程畜産学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院農学研究科博士後期課程畜産学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部畜産学科, 卒業

    経歴

    • 自 2022年04月, 至 現在
      京都大学, 教授
    • 自 2008年, 至 2022年03月
      京都大学 准教授
    • 自 2006年, 至 2008年
      麻布大学 准教授
    • 自 1996年, 至 2006年
      麻布大学, 講師
    • 自 1998年, 至 1999年
      ミシガン大学 研究員
    • 自 1998年, 至 1999年
      University of Michigan, Visiting Researcher
    • 自 1991年, 至 1996年
      麻布大学 助手
    • 自 1991年, 至 1996年
      麻布大学
    • 自 1996年
      - Azabu University, Assistant Professor

    使用言語

    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/15

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        栄養状態の変化に対して動物が適応する仕組み
      • 研究概要

        栄養状態に起因する生体恒常性の乱れは広く知られている。従来の基礎栄養学は現象面での解析を中心としていたが、栄養と生体恒常性の関係を根本から理解する上で、機構面での理解は必要不可欠である。細胞内ではせいぜい10種類程度の細胞内情報伝達経路が時空間的制御のもと、繰り返し利用されているに過ぎない。『栄養状態は、このコアとなる細胞内情報伝達経路の情報を統合することにより生体恒常性を制御している』との仮説のもと研究を行っている。

      研究キーワード

      • 栄養生理学
      • シグナル伝達
      • 分子栄養学
      • Molecular Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 動物生産科学
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • Enhancement of vitamin C-induced myogenesis by inhibition of extracellular signal-regulated kinase (ERK) 1/2 pathway.
        Xiajie Fu; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Biochemical and biophysical research communications, 2022年07月05日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Factors affecting the induction of uncoupling protein 1 in C2C12 myogenic cells.
        Takehiro Yamamoto; Zhicheng Diao; Masaru Murakami; Fumie Shimokawa; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Cytokine, 2022年06月20日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 黒毛和種去勢肥育牛に対するコバルト補給が飼料摂取量、体重増加とビタミンB12バイオマーカーに及ぼす効果
        築谷愛未; 吉岡秀貢; 糸山恵理奈; 北村祥子; 長瀬祐士; 川勝一三; 星野洋一郎; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        肉用牛研究会報, 2022年, 査読有り
      • 肥育牛に多用されている濃厚飼料中コバルト含量
        松井徹; 奥山美咲; 水島和也; 友永省三; 舟場正幸
        肉用牛研究会報, 2022年, 査読有り
      • 黒毛和種肥育牛における摂取飼料中コバルト含量とビタミンB12栄養指標調査によるコバルト要求量の推計
        築谷愛未; 星野洋一郎; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        肉用牛研究会報, 2022年, 査読有り
      • Stimulation of myogenesis by ascorbic acid and capsaicin.
        Zhicheng Diao; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Biochemical and biophysical research communications, 2021年09月03日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 塩化カリウムまたはクエン酸カリウムの多量摂取がラットの成長と亜鉛利用性に及ぼす影響
        加藤樹里; 舟場正幸; 松井徹
        微量栄養素研究, 2021年, 査読有り
      • Identification and expression of bovine Ucp1 variants
        Zhicheng Diao; Masaru Murakami; Reiichiro Sato; Fumie Shimokawa; Manami Matsumura; Osamu Hashimoto; Ken Onda; Mitsuyuki Shirai; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, 2022年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Stimulation of uncoupling protein 1 expression by β-alanine in brown adipocytes
        Tsukasa Hamaoka; Xiajie Fu; Shozo Tomonaga; Osamu Hashimoto; Masaru Murakami; Masayuki Funaba
        Archives of Biochemistry and Biophysics, 2022年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • ネコとイヌの尿成分の比較:予備的検討
        大石 亮; 金子 政弘; 入来 常徳; 朝見 恭裕; 舟場 正幸
        ペット栄養学会誌, 2006年
      • ドライフードの嵩比重が成ネコの摂食量,見かけの消化率および水分出納に及ぼす影響
        松本 圭代; 金子 政弘; 舟場 正幸; 入来 常徳; 朝見 恭裕; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2006年
      • ドライキャットフードの蛋白質水準と蛋白質源および炭水化物源が見かけの消化率に及ぼす影響
        島田 毅; 加藤 梢江; 金子 政弘; 山本 広美; 舟場 正幸; 入来 常徳; 波多野 義一; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2004年
      • 食餌中の蛋白質源および蛋白質含量が成ネコの摂食量,飲水量,尿量ならびに窒素利用性に及ぼす影響
        杉原 理恵; 加藤 梢江; 島 悠子; 金子 政弘; 山本 広美; 舟場 正幸; 入来 常徳; 波多野 義一; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2004年
      • 粗蛋白質含量の異なるドライフードを摂取したネコのストルバイト形成能と尿中窒素化合物排泄
        曽田 友和; 鈴木 達也; 金子 政弘; 山本 広美; 舟場 正幸; 入来 常徳; 波多野 義一; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2003年
      • 成ネコに対する炭水化物給与が水分出納に及ぼす影響
        島田 毅; 臼井 涼子; 金子 政弘; 山本 広美; 舟場 正幸; 入来 常徳; 波多野 義一; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2003年
      • 魚粉またはコーン・グルテンミールをドライキャットフードの主要蛋白質源とした場合の消化率,窒素出納,および尿の性状
        田中 哲二; 金子 政弘; 舟場 正幸; 入来 常徳; 波多野 義一; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2001年
      • ネコにおいてメチオニン投与が血漿遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響
        山手 貴代; 仁木 陽子; 入来 常徳; 舟場 正幸; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 1999年
      • ネコにおけるアルギニン補給がストラバイト尿石形成能に及ぼす影響
        大島 義之; 上川 美穂; 舟場 正幸; 入来 常徳; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 1999年
      • イヌの維持期のAAFCO養分基準(2016)を満たす手作り食レシピの設計法
        清水 いと世; 舟場 正幸; 松井 徹
        ペット栄養学会誌, 2017年
      • イヌの維持期用手作り食のレシピ調査―手作り食に含まれる栄養素量―
        清水 いと世; 舟場 正幸; 松井 徹
        ペット栄養学会誌, 2016年
      • AAFCO養分基準を満たす維持期のイヌ用手作り食レシピの設計法
        清水 いと世; 舟場 正幸; 松井 徹
        ペット栄養学会誌, 2015年
      • Isolation of the canine inhibin βB subunit gene and characterization of signalling mediated by canine inhibin βB.
        Shotaro Sakota; Fumie Shimokawa; Masayuki Funaba; Masaru Murakami
        Cell biochemistry and function, 2021年08月12日, 査読有り, 責任著者
      • Regulatory expression of uncoupling protein 1 and its related genes by endogenous activity of the transforming growth factor‐β family in bovine myogenic cells
        Mabrouk A. Abd Eldaim; Kangning Zhao; Masaru Murakami; Hidetugu Yoshioka; Erina Itoyama; Shoko Kitamura; Hiroshi Nagase; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Cell Biochemistry and Function, 2021年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Response to iron overload in cultured hepatocytes
        Hsuan-Ju Chen; Makoto Sugiyama; Fumie Shimokawa; Masaru Murakami; Osamu Hashimoto; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Scientific Reports, 2020年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Regulatory expression of bone morphogenetic protein 6 by 2,2'-dipyridyl.
        Taiki Noguchi; Mayuko Ikeda; Masaru Murakami; Mikio Masuzawa; Toru Imamura; Osamu Hashimoto; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Biochimica et biophysica acta. General subjects, 2020年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Magnesium bioavailability of dried and thinly shaved Kombu in rats.
        Manami Nishiyama; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Journal of the science of food and agriculture, 2020年07月05日, 査読有り
      • Factors affecting expression and transcription of uncoupling protein 2 gene
        Doo Hyun KIM; Hiroyuki SADAKANE; Yuka NISHIKIORI; Manami MATSUMURA; Mayuko IKEDA; Zhicheng DIAO; Rajesh JHA; Masaru MURAKAMI; Tohru MATSUI; Masayuki FUNABA
        Journal of Veterinary Medical Science, 2020年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Tissue-dependent DNA methylation of carp uncoupling protein 1 promoter.
        K Hayashi; M Funaba; M Murakami
        Physiological genomics, 2019年12月01日, 査読有り
      • Data on induction of brown/beige adipocytes in mouse retro-orbital adipose tissues.
        Makoto Sugiyama; Masayuki Funaba; Osamu Hashimoto
        Data in brief, 2019年12月, 査読有り
      • Relationships between expression levels of genes related to adipogenesis and adipocyte function in dogs.
        Mikako Motomura; Fumie Shimokawa; Takashi Kobayashi; Yusuke Yamashita; Itsune Mizoguchi; Yutaka Sato; Yoshihisa Murakami; Itoyo Shimizu; Tohru Matsui; Masaru Murakami; Masayuki Funaba
        Molecular biology reports, 2019年10月, 査読有り
      • Chronic retinoic acid treatment induces differentiation and changes in the metabolite levels of brown (pre)adipocytes.
        Mika Suzuki; Hsuan-Ju Chen; Shozo Tomonaga; Osamu Hashimoto; Teruo Kawada; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Cell biochemistry and function, 2019年07月, 査読有り
      • Inducible brown/beige adipocytes in retro-orbital adipose tissues.
        Makoto Sugiyama; Daichi Shindo; Norihisa Kanada; Takahiro Ohzeki; Kazuki Yoshioka; Masayuki Funaba; Osamu Hashimoto
        Experimental eye research, 2019年07月, 査読有り
      • 維持期のイヌにおける手作り食レシピ中栄養素の充足・過剰調査の再評価
        馬場 亨太; 清水 いと世; 舟場 正幸; 松井 徹
        日本ペット栄養学会誌, 2019年06月, 査読有り
      • Activin E enhances insulin sensitivity and thermogenesis by activating brown/beige adipocytes.
        Kazunari Sekiyama; Yuuki Ushiro; Akira Kurisaki; Masayuki Funaba; Osamu Hashimoto
        The Journal of veterinary medical science, 2019年05月11日, 査読有り
      • Metabolic changes in adipose tissues in response to β3 -adrenergic receptor activation in mice.
        Fujimoto Y; Hashimoto O; Shindo D; Sugiyama M; Tomonaga S; Murakami M; Matsui T; Funaba M
        Journal of cellular biochemistry, 2019年01月, 査読有り
      • Hepcidin and IL-1β.
        Kanamori Y; Murakami M; Sugiyama M; Hashimoto O; Matsui T; Funaba M
        Vitamins and hormones, 2019年, 査読有り
      • マグネシウム欠乏が卵巣摘出ラットの骨格筋中低分子親水性代謝物質濃度に及ぼす影響
        西山真奈美; 中川良祐; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        微量栄養素研究, 2018年12月, 査読有り
      • Role of estradiol and testosterone in Ucp1 expression in brown/beige adipocytes.
        Mika Suzuki; Masaru Murakami; Mitsuyuki Shirai; Osamu Hashimoto; Teruo Kawada; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Cell biochemistry and function, 2018年12月, 査読有り
      • JNK facilitates IL-1β-induced hepcidin transcription via JunB activation.
        Kanamori Y; Murakami M; Matsui T; Funaba M
        Cytokine, 2018年11月, 査読有り
      • Activin E Controls Energy Homeostasis in Both Brown and White Adipose Tissues as a Hepatokine.
        Osamu Hashimoto; Masayuki Funaba; Kazunari Sekiyama; Satoru Doi; Daichi Shindo; Ryo Satoh; Hiroshi Itoi; Hiroaki Oiwa; Masahiro Morita; Chisato Suzuki; Makoto Sugiyama; Norio Yamakawa; Hitomi Takada; Shigenobu Matsumura; Kazuo Inoue; Seiichi Oyadomari; Hiromu Sugino; Akira Kurisaki
        Cell reports, 2018年10月30日, 査読有り
      • Effect of niacin supplementation in long-distance transported steer calves.
        Satoshi Takemoto; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 2018年10月, 査読有り
      • TGF-β Negatively Regulates Mitf-E Expression and Canine Osteoclastogenesis.
        Asai K; Hisasue M; Shimokawa F; Funaba M; Murakami M
        Biochemical Genetics, 2018年10月, 査読有り
      • Expression levels of brown/beige adipocyte-related genes in fat depots of vitamin A-restricted fattening cattle1.
        Hsuan-Ju Chen; Tsubasa Ihara; Hidetugu Yoshioka; Erina Itoyama; Shoko Kitamura; Hiroshi Nagase; Hiroaki Murakami; Yoichiro Hoshino; Masaru Murakami; Shozo Tomonaga; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Journal of animal science, 2018年09月07日, 査読有り
      • Regulatory responses of hepatocytes, macrophages and vascular endothelial cells to magnesium deficiency.
        Mei Shigematsu; Shozo Tomonaga; Fumie Shimokawa; Masaru Murakami; Toru Imamura; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        The Journal of nutritional biochemistry, 2018年06月, 査読有り
      • Supra-pharmacological concentration of capsaicin stimulates brown adipogenesis through induction of endoplasmic reticulum stress.
        Ryosuke Kida; Taiki Noguchi; Masaru Murakami; Osamu Hashimoto; Teruo Kawada; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Scientific reports, 2018年01月16日, 査読有り
      • Relationships between mineral concentrations and physicochemical characteristics in the Longissimus thoracis muscle of Japanese Black cattle.
        Takashi Kitagawa; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 2018年01月, 査読有り
      • Identification of novel bone morphogenetic protein-responsive elements in a hepcidin promoter
        Yohei Kanamori; Masaru Murakami; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        FEBS LETTERS, 2017年12月, 査読有り
      • Effect of long-distance transportation on serum metabolic profiles of steer calves.
        Satoshi Takemoto; Shozo Tomonaga; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 2017年12月, 査読有り
      • Identification of novel bone morphogenetic protein- responsive elements in a hepcidin promoter.
        Yohei Kanamori; Masaru Murakami; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        FEBS letters, 2017年12月, 査読有り
      • ラットにおいて脂肪およびスクロースの過剰摂取はマグネシウム欠乏を増悪する
        武本智嗣; 舟場正幸; 松井徹
        日本栄養・食糧学会誌, 2017年08月, 査読有り
      • Interleukin-1β (IL-1β) transcriptionally activates hepcidin by inducing CCAAT enhancer-binding protein δ (C/EBPδ) expression in hepatocytes.
        Kanamori Y; Murakami M; Sugiyama M; Hashimoto O; Matsui T; Funaba M
        The Journal of biological chemistry, 2017年06月16日, 査読有り
      • 維持期におけるイヌ用手作り食レシピの栄養素含量調査
        清水 いと世; 舟場 正幸; 松井 徹
        ペット栄養学会誌, 2017年04月, 査読有り
      • Effect of feeding sweet-potato condensed distillers solubles on intake and urinary excretion of minerals in Japanese Black steers.
        Yuko Kamiya; Misturu Kamiya; Ikuo Hattori; Yoshiro Hayashi; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 2017年01月, 査読有り
      • 維持期のイヌにおける手作り食レシピ中栄養素の充足・過剰の再評価
        馬場 亨太; 清水 いと世; 舟場 正幸; 松井 徹
        ペット栄養学会誌, 2017年
      • Effect of feeding sweet-potato condensed distillers solubles on intake and urinary excretion of minerals in Japanese Black steers
        Yuko Kamiya; Misturu Kamiya; Ikuo Hattori; Yoshiro Hayashi; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2017年01月, 査読有り
      • Regulation of hepcidin expression by inflammation-induced activin B.
        Yohei Kanamori; Makoto Sugiyama; Osamu Hashimoto; Masaru Murakami; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Scientific reports, 2016年12月06日, 査読有り
      • 展示飼育下のケープペンギンにおける趾瘤症発症と血漿中ビタミンA、ビタミンE、亜鉛濃度の関連
        明石富美子; 織田悠詩; 小島早紀子; 吉澤聡吾; 清水いと世; 友永省三; 舟場正幸; 松井 徹
        微量栄養素研究, 2016年12月, 査読有り
      • Expression of uncoupling protein 1 in bovine muscle cells.
        M A Abd Eldaim; O Hashimoto; H Ohtsuki; T Yamada; M Murakami; K Onda; R Sato; Y Kanamori; Y Qiao; S Tomonaga; T Matsui; M Funaba
        Journal of animal science, 2016年12月, 査読有り
      • Modulation of brown adipocyte activity by milk by-products: Stimulation of brown adipogenesis by buttermilk.
        Hiroki Asano; Ryosuke Kida; Kengo Muto; Takayuki Y Nara; Ken Kato; Osamu Hashimoto; Teruo Kawada; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Cell biochemistry and function, 2016年12月, 査読有り
      • Fluctuations in metabolite content in the liver of magnesium-deficient rats.
        Mei Shigematsu; Ryosuke Nakagawa; Shozo Tomonaga; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        The British journal of nutrition, 2016年11月09日, 査読有り
      • Castration induced browning in subcutaneous white adipose tissue in male mice.
        Osamu Hashimoto; Tatsuya Noda; Atsushi Morita; Masahiro Morita; Hirofumi Ohtsuki; Makoto Sugiyama; Masayuki Funaba
        Biochemical and biophysical research communications, 2016年09月30日, 査読有り
      • Smad8/9 Is Regulated Through the BMP Pathway.
        Yuko Katakawa; Masayuki Funaba; Masaru Murakami
        Journal of cellular biochemistry, 2016年08月, 査読有り
      • Dietary regulation of Ucp2 and Ucp3 expressions in white adipose tissues of beef cattle
        Mei Shigematsu; Tomoya Yamada; Yun Yi Wong; Yohei Kanamori; Masaru Murakami; Yusuke Fujimoto; Mika Suzuki; Ryosuke Kida; Yuhang Qiao; Shozo Tomonaga; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Canadian Journal of Animal Science, 2016年06月02日, 査読有り
      • Steatohepatitis is developed by a diet high in fat, sucrose, and cholesterol without increasing iron concentration in rat liver
        Katsuko Takai; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        BIOLOGICAL TRACE ELEMENT RESEARCH, 2016年04月, 査読有り
      • Modulation of the cellular content of metabolites in adipocytes by insulin.
        Yuhang Qiao; Shozo Tomonaga; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Molecular and cellular endocrinology, 2016年03月15日, 査読有り
      • Expression and role of the TGF-β family in glial cells infected with Borna disease virus.
        Nishino Y; Murakami M; Funaba M
        Microbes Infect, 2016年02月, 査読有り
      • Direct action of capsaicin in brown adipogenesis and activation of brown adipocytes.
        Ryosuke Kida; Hirofumi Yoshida; Masaru Murakami; Mitsuyuki Shirai; Osamu Hashimoto; Teruo Kawada; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Cell biochemistry and function, 2016年01月, 査読有り
      • Effect of high-lard diet on hepatic iron concentration in rats
        Katsuko Takai; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Trace Nutr Res, 2015年12月, 査読有り
      • イヌのAAFCO養分基準(2015)を満たす手作り食レシピの設計法
        清水 いと世; 舟場 正幸; 松井 徹
        微量栄養素研究, 2015年12月, 査読有り
      • Role of a TPA-responsive element in hepcidin transcription induced by the bone morphogenetic protein pathway.
        Yohei Kanamori; Masaru Murakami; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Biochemical and biophysical research communications, 2015年10月16日, 査読有り
      • Adaptive expression of uncoupling protein 1 in the carp liver and kidney in response to changes in ambient temperature.
        Masaru Murakami; Masahiro Ohi; Shoko Ishikawa; Mitsuyuki Shirai; Hiroki Horiguchi; Yoshii Nishino; Masayuki Funaba
        Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology, 2015年07月, 査読有り
      • 各種疾病ネコにおける被毛中水銀濃度の予備的検討.
        寺地智弘; 岩田法親; 菱山信也; 舟場正幸; 松井徹
        ペット栄養学会誌, 2015年04月, 査読有り
      • Regulatory expression of components in the BMP pathway in white adipose tissues of cattle
        Yuhang Qiao; Tomoya Yamada; Yohei Kanamori; Ryosuke Kida; Mei Shigematsu; Yusuke Fujimoto; Shozo Tomonaga; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        LIVESTOCK SCIENCE, 2015年04月, 査読有り
      • Brown adipose tissue in cetacean blubber.
        Osamu Hashimoto; Hirofumi Ohtsuki; Takehiko Kakizaki; Kento Amou; Ryo Sato; Satoru Doi; Sara Kobayashi; Ayaka Matsuda; Makoto Sugiyama; Masayuki Funaba; Takashi Matsuishi; Fumio Terasawa; Junji Shindo; Hideki Endo
        PloS one, 2015年, 査読有り
      • 鉄代謝調節ホルモンであるヘプシジンの発現調節
        金森 耀平; 村上 賢; 松井 徹; 舟場 正幸
        微量栄養素研究, 2014年12月
      • The regulation of hepcidin expression by serum treatment: requirements of the BMP response element and STAT- and AP-1-binding sites.
        Yohei Kanamori; Masaru Murakami; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Gene, 2014年11月10日, 査読有り
      • Effects of vitamin a status on expression of ucp1 and brown/beige adipocyte-related genes in white adipose tissues of beef cattle.
        Yohei Kanamori; Tomoya Yamada; Hiroki Asano; Ryosuke Kida; Yuhang Qiao; Mabrouk A Abd Eldaim; Shozo Tomonaga; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        The Journal of veterinary medical science, 2014年09月, 査読有り
      • Hepcidin expression in liver cells: evaluation of mRNA levels and transcriptional regulation.
        Yohei Kanamori; Masaru Murakami; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Gene, 2014年08月01日, 査読有り
      • A study on Borna disease virus infection in domestic cats in Japan.
        Azusa Someya; Ryoko Fukushima; Michiko Yoshida; Yasuyuki Tanahashi; Tangmunkhong Prapeuk; Reiko Iizuka; Hiroshi Hirami; Atsushi Matsuda; Shunichi Takahashi; Goro Kurita; Takashi Kimura; Misuzu Seo; Masayuki Funaba; Yoshii Nishino
        The Journal of veterinary medical science, 2014年08月, 査読有り
      • Enhancement of RANKL-induced MITF-E expression and osteoclastogenesis by TGF-β.
        Asai K; Funaba M; Murakami M
        Cell biochemistry and function, 2014年07月, 査読有り
      • Downregulation of Pgc-1α expression by tea leaves and their by-products.
        Shibuya E; Murakami M; Kondo M; Kamei Y; Tomonaga S; Matsui T; Funaba M
        Cell biochemistry and function, 2014年04月, 査読有り
      • Induction of Beige-Like Adipocytes in 3T3-L1 Cells
        Hiroki Asano; Yohei Kanamori; Satoshi Higurashi; Takayuki Nara; Ken Kato; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2014年01月, 査読有り
      • Regulation of brown adipogenesis by the Tgf-β family: involvement of Srebp1c in Tgf-β- and Activin-induced inhibition of adipogenesis.
        Yoshida H; Kanamori Y; Asano H; Hashimoto O; Murakami M; Kawada T; Matsui T; Funaba M
        Biochimica et biophysica acta, 2013年11月, 査読有り
      • Bmp4 expressed in preadipocytes is required for the onset of adipocyte differentiation.
        Masashi Suenaga; Norio Kurosawa; Hiroki Asano; Yohei Kanamori; Takenao Umemoto; Hirofumi Yoshida; Masaru Murakami; Hiroyuki Kawachi; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Cytokine, 2013年10月, 査読有り
      • Diet-induced changes in Ucp1 expression in bovine adipose tissues.
        Hiroki Asano; Tomoya Yamada; Osamu Hashimoto; Takenao Umemoto; Ryo Sato; Shiori Ohwatari; Yohei Kanamori; Tomohiro Terachi; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        General and comparative endocrinology, 2013年04月01日, 査読有り
      • ICP-MS半定量法によるキャットフード中有害金属類の同時分析
        寺地智弘; 西浦 誠; 舟場正幸; 松井 徹
        ペット栄養学会誌, 2013年04月, 査読有り
      • Expression of activin receptor-like kinase 7 in adipose tissues.
        Masaru Murakami; Mitsuyuki Shirai; Ryo Ooishi; Asako Tsuburaya; Kumiko Asai; Osamu Hashimoto; Kenji Ogawa; Yoshii Nishino; Masayuki Funaba
        Biochemical genetics, 2013年04月, 査読有り
      • Magnesium and calcium deficiencies additively increase zinc concentrations and metallothionein expression in the rat liver.
        Megumi Kotani; Ki Hyun Kim; Natsumi Ishizaki; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        The British journal of nutrition, 2013年02月14日, 査読有り
      • Magnesium deficiency induces the emergence of mast cells in the liver of rats.
        Satoshi Takemoto; Akane Yamamoto; Shozo Tomonaga; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Journal of nutritional science and vitaminology, 2013年, 査読有り
      • The effects of magnesium deficiency on molybdenum metabolism in rats.
        Ki Hyun Kim; Masayuki Funaba; Munehiro Yoshida; Tohru Matsui
        Biological trace element research, 2013年01月, 査読有り
      • ネコにおいてフード中水銀濃度が被毛中水銀濃度に及ぼす影響
        寺地智弘; 舟場正幸; 土井花織; 湯浅一之; 松井徹
        ペット栄養学会誌, 2012年10月10日, 査読有り
      • ネコの尿石症
        舟場正幸; 阿部又信
        ペット栄養学会誌, 2012年10月10日, 査読有り
      • Reduction of liver manganese concentration in response to the ingestion of excess zinc: identification using metallomic analyses.
        Tomoya Fujimura; Tomohiro Terachi; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Metallomics : integrated biometal science, 2012年08月, 査読有り
      • Regulatory responses to excess zinc ingestion in growing rats.
        Tomoya Fujimura; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        The British journal of nutrition, 2012年06月, 査読有り
      • Microphthalmia-associated transcription factor is required for mature myotube formation.
        Ryo Ooishi; Mitsuyuki Shirai; Masayuki Funaba; Masaru Murakami
        Biochimica et biophysica acta, 2012年02月, 査読有り
      • Microphthalmia-associated transcription factor is required for mature myotube formation
        Ryo Ooishi; Mitsuyuki Shirai; Masayuki Funaba; Masaru Murakami
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 2012年02月, 査読有り
      • Effect of magnesium deficiency on various mineral concentrations in rat liver.
        Ki Hyun Kim; Natsumi Ishizaki; Erika Iguchi; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Biological trace element research, 2011年12月, 査読有り
      • Endogenous Bmp4 in myoblasts is required for myotube formation in C2C12 cells.
        Takenao Umemoto; Yuuma Furutani; Masaru Murakami; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        Biochimica et biophysica acta, 2011年12月, 査読有り
      • Endogenous Bmp4 in myoblasts is required for myotube formation in C2C12 cells
        Takenao Umemoto; Yuuma Furutani; Masaru Murakami; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 2011年12月, 査読有り
      • 筋および脂肪細胞分化におけるTGF-βファミリーの役割
        舟場正幸; 古谷勇馬; 末長将志; 梅本岳尚; 松井 徹
        栄養生理研究会報, 2011年10月12日, 査読有り
      • Hepcidin expression in the liver of rats fed a magnesium-deficient diet.
        Natsumi Ishizaki; Megumi Kotani; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        The British journal of nutrition, 2011年10月, 査読有り
      • Magnesium deficiency up-regulates Myod expression in rat skeletal muscle and C2C12 myogenic cells.
        Yuuma Furutani; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Cell biochemistry and function, 2011年10月, 査読有り
      • ネコ用ウェットフード中の重金属濃度
        寺地智弘; 舟場正幸; 松井 徹
        ペット栄養学会誌, 2011年04月, 査読有り
      • Role of endogenous TGF-β family in myogenic differentiation of C2C12 cells.
        Furutani Y; Umemoto T; Murakami M; Matsui T; Funaba M
        Journal of cellular biochemistry, 2011年02月, 査読有り
      • The effects of TGF-β1 on the expression of type IV collagenases in mouse peritoneal macrophages.
        Ogawa K; Funaba M; Tsujimoto M
        Molecular biology reports, 2011年02月, 査読有り
      • Activin in humoral immune responses.
        Kenji Ogawa; Masayuki Funaba
        Vitamins and hormones, 2011年, 査読有り
      • Activin in glucose metabolism.
        Osamu Hashimoto; Masayuki Funaba
        Vitamins and hormones, 2011年, 査読有り
      • Determination of true absorption and fecal endogenous loss of zinc in goats.
        Ryota Hattori; Shin-ichiro Torii; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 2010年10月, 査読有り
      • Nucleotide sequence of canine Smad3.
        Kazutoshi Sugiyama; Ryo Ooishi; Yoshii Nishino; Masayuki Funaba; Masaru Murakami
        Biochemical genetics, 2010年04月, 査読有り
      • BMP Inhibition with dorsomorphin limits adipogenic potential of preadipocytes.
        Masashi Suenaga; Tohru Matsui; Masayuki Funaba
        The Journal of veterinary medical science, 2010年03月, 査読有り
      • Regulatory expression of genes related to metastasis by TGF-beta and activin A in B16 murine melanoma cells.
        Masaru Murakami; Makiko Suzuki; Yoshii Nishino; Masayuki Funaba
        Molecular biology reports, 2010年03月, 査読有り
      • Differential responses to oxidative stress and calcium influx on expression of the transforming growth factor-beta family in myoblasts and myotubes.
        Yuuma Furutani; Masaru Murakami; Masayuki Funaba
        Cell biochemistry and function, 2009年12月, 査読有り
      • A JNK inhibitor SP600125 induces defective cytokinesis and enlargement in P19 embryonal carcinoma cells.
        Kohei Nakaya; Ryo Ooishi; Masayuki Funaba; Masaru Murakami
        Cell biochemistry and function, 2009年10月, 査読有り
      • Brewer's yeast efficiently degrades phytate phosphorus in a corn-soybean meal diet during soaking treatment.
        Gyo-Moon Chu; Hideyuki Ohmori; Tomoyuki Kawashima; Masayuki Funaba; Tohru Matsui
        Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho, 2009年08月, 査読有り
      • Gene expression of the TGF-beta family in rat brain infected with Borna disease virus
        Yoshii Nishino; Ryo Ooishi; Sachiko Kurokawa; Kan Fujino; Masaru Murakami; Hiroo Madarame; Osamu Hashimoto; Kazutoshi Sugiyama; Masayuki Funaba
        MICROBES AND INFECTION, 2009年07月, 査読有り
      • Regulation of melanin synthesis by the TGF-beta family in B16 melanoma cells.
        Masaru Murakami; Fumihide Matsuzaki; Masayuki Funaba
        Molecular biology reports, 2009年07月, 査読有り
      • Changes in Borna disease virus genome with adaptation to host
        Satoshi Okayama; Nanako Miura; Masaru Murakami; Masayuki Funaba; Yoshii Nishino
        MICROBES AND INFECTION, 2009年05月, 査読有り
      • 濃縮脱塩梅酢の給与によるシリアンハムスターMesocricetus auratus肝臓中トリグリセリド濃度の低下
        河内浩行; 河内浩行; 田中智弘; 舟場正幸; 松井徹
        ペット栄養学会誌, 2009年04月10日, 査読有り
      • Receptor expression modulates the specificity of transforming growth factor-beta signaling pathways.
        Masaru Murakami; Hiroyuki Kawachi; Kenji Ogawa; Yoshii Nishino; Masayuki Funaba
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2009年04月, 査読有り
      • Receptor expression modulates the specificity of transforming growth factor-beta signaling pathways.
        Murakami Masaru; Kawachi Hiroyuki; Ogawa Kenji; Nishino Yoshii; Funaba Masayuki
        Genes Cells, 2009年04月
      • イヌにおける肝臓疾患の血清生化学診断指標と血漿ビタミンC濃度の関係
        森広健一郎; 菱山信也; 舟場正幸; 松井 徹
        微量栄養素研究, 2009年, 査読有り
      • Regulatory expression of Brachyury and Goosecoid in P19 embryonal carcinoma cells.
        Kohei Nakaya; Masaru Murakami; Masayuki Funaba
        Journal of cellular biochemistry, 2008年10月15日, 査読有り
      • Expression and function of alternative splice variants of the mouse TGF-beta type I receptor.
        Masaru Murakami; Shoko Kondo; Masayuki Funaba
        Cell biology international, 2008年07月, 査読有り
      • A dual role of activin A in regulating immunoglobulin production of B cells.
        Kenji Ogawa; Masayuki Funaba; Masafumi Tsujimoto
        Journal of leukocyte biology, 2008年06月, 査読有り
      • A sensitive detection of phospho-Smad1/5/8 and Smad2 in Western blot analyses.
        Masayuki Funaba; Masaru Murakami
        Journal of biochemical and biophysical methods, 2008年04月24日, 査読有り
      • Factors affecting struvite (MgNH4PO4.6H2O) crystallization in feline urine.
        Kayo Matsumoto; Masayuki Funaba
        Biochimica et biophysica acta, 2008年02月, 査読有り
      • Factors affecting struvite (MgNH4PO4 center dot 6H(2)O) crystallization in feline urine
        Kayo Matsumoto; Masayuki Funaba
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 2008年02月, 査読有り
      • Suppression of NF-kappaB and IRF-1-induced transcription of the murine IL-12 p40 by transforming growth factor-beta Smad pathway in macrophages.
        Kenji Ogawa; Masayuki Funaba; Masafumi Tsujimoto
        Molecular and cellular biochemistry, 2008年01月, 査読有り
      • ドライドッグフードのベース・イクセスと尿pHの関係.
        金子政弘; 石原 隼; 朝見恭裕; 舟場正幸
        ペット栄養学会誌. 11: 73-77., 2008年, 査読有り
      • Expression and transcriptional activity of alternative splice variants of Mitf exon 6.
        Masaru Murakami; Yasuhiro Iwata; Masayuki Funaba
        Molecular and cellular biochemistry, 2007年09月, 査読有り
      • Plasma concentration of antidiuretic hormone in response to intraruminal administration of butyrate in suckling calves
        T. Iriki; H. Aihara; M. Funaba; R. Tsuchiya; M. Abe
        LIVESTOCK SCIENCE, 2007年08月, 査読有り
      • Smad3遺伝子ノックアウトマウスの体成長について
        長谷川 佳史; 大澤 友子; 斑目 広郎; 江永 真哉; 酒井 大史; 亀岡 章一郎; 福原 裕司; 村上 賢; 鈴木 麻希子; 土田 邦博; 杉野 弘; 舟場 正幸
        日本畜産学会大会講演要旨集, 2007年03月, 査読有り
      • ネコとイヌの尿成分の比較:ストルバイト結晶化関連物質ならびに尿中窒素化合物排泄.
        大石 亮; 金子政弘; 入来常徳; 朝見恭裕; 舟場正幸
        ペット栄養学会誌. 10: 15-20., 2007年, 査読有り
      • Involvement of p38 MAP kinase and Smad3 in TGF-beta-mediated mast cell functions.
        Masayuki Funaba; Teruo Ikeda; Masaru Murakami; Kenji Ogawa; Yoshii Nishino; Kunihiro Tsuchida; Hiromu Sugino; Matanobu Abe
        Cellular signalling, 2006年12月, 査読有り
      • Activin A functions as a Th2 cytokine in the promotion of the alternative activation of macrophages.
        Kenji Ogawa; Masayuki Funaba; Yan Chen; Masafumi Tsujimoto
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2006年11月15日, 査読有り
      • Activin A functions as a Th2 cytokine in the promotion of the alternative activation of macrophages
        Kenji Gawa; Masayuki Funaba; Yan Chen; Masafumi Tsujimoto
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2006年11月, 査読有り
      • ネコの尿中ストルバイト結晶形成要因:ネコとウシの尿成分の比較
        清水紘子; 金子政弘; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌, 2006年10月, 査読有り
      • Plasma concentration of vitamin C in dogs with a portosystemic shunt.
        Nobuya Hishiyama; Hideki Kayanuma; Tohru Matsui; Hideo Yano; Tsunenori Suganuma; Masayuki Funaba; Hiroshi Fujise
        Canadian journal of veterinary research = Revue canadienne de recherche veterinaire, 2006年10月, 査読有り
      • Identification of tocopherol-associated protein as an activin/TGF-beta-inducible gene in mast cells.
        Masayuki Funaba; Masaru Murakami; Teruo Ikeda; Kenji Ogawa; Kunihiro Tsuchida; Hiromu Sugino
        Biochimica et biophysica acta, 2006年08月, 査読有り
      • Identification of tocopherol-associated protein as an activin/TGF-β-inducible gene in mast cells
        Masayuki Funaba; Masaru Murakami; Teruo Ikeda; Kenji Ogawa; Kunihiro Tsuchida; Hiromu Sugino
        Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research, 2006年08月, 査読有り
      • ドライキャットフードの脂肪含量が摂食量、見かけの消化率および水分出納に及ぼす影響
        松本圭代; 金子政弘; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌, 2006年04月, 査読有り
      • Tamm-Horsfall糖蛋白質濃度を測定するための尿サンプルの調製
        松本圭代; 植松 愛; 舟場正幸; 入来常徳; 阿部又信
        ペット栄養学会誌, 2006年04月, 査読有り
      • Requirement of Smad3 for mast cell growth.
        Masayuki Funaba; Kohei Nakaya; Teruo Ikeda; Masaru Murakami; Kunihiro Tsuchida; Hiromu Sugino
        Cellular immunology, 2006年03月, 査読有り
      • Transcriptional regulation of mouse mast cell protease-7 by TGF-beta.
        Funaba M; Ikeda T; Murakami M; Ogawa K; Nishino Y; Tsuchida K; Sugino H; Abe M
        Biochimica et biophysica acta, 2006年03月, 査読有り
      • Transcriptional regulation of mouse mast cell protease-7 by TGF-beta
        M Funaba; T Ikeda; M Murakami; K Ogawa; Y Nishino; K Tsuchida; H Sugino; M Abe
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION, 2006年03月, 査読有り
      • Transcriptional regulation of plasminogen activator inhibitor-1 by transforming growth factor-beta, activin A and microphthalmia-associated transcription factor.
        Masaru Murakami; Teruo Ikeda; Taiju Saito; Kenji Ogawa; Yoshii Nishino; Kohei Nakaya; Masayuki Funaba
        Cellular signalling, 2006年02月, 査読有り
      • Comparison of various methods for the determination of total protein in urine.
        Kayo Matsumoto; Masayuki Funaba
        Clinical chemistry and laboratory medicine, 2006年, 査読有り
      • Responses during cell preparation for functional analyses in mouse bone marrow-derived cultured mast cells.
        Masaru Murakami; Teruo Ikeda; Yoshii Nishino; Masayuki Funaba
        Cellular immunology, 2005年11月, 査読有り
      • Evaluation of meat meal, chicken meal, and corn gluten meal as dietary sources of protein in dry cat food.
        Masayuki Funaba; Yuko Oka; Shinji Kobayashi; Masahiro Kaneko; Hiromi Yamamoto; Kazuhiko Namikawa; Tsunenori Iriki; Yoshikazu Hatano; Matanobu Abe
        Canadian journal of veterinary research = Revue canadienne de recherche veterinaire, 2005年10月, 査読有り
      • Up-regulation of mouse mast cell protease-6 gene by transforming growth factor-beta and activin in mast cell progenitors.
        Masayuki Funaba; Teruo Ikeda; Masaru Murakami; Kenji Ogawa; Matanobu Abe
        Cellular signalling, 2005年01月, 査読有り
      • ドライフードの脂肪源が成ネコの摂食量、栄養素利用およびストルバイト尿石形成能に及ぼす影響.
        松本圭代; 金子政弘; 山本広美; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 8: 89-95., 2005年, 査読有り
      • ドライキャットフードの粗蛋白質水準、蛋白質源および炭水化物源が全糞採取法ならびに標識法による見かけの消化率に及ぼす影響.
        島田 毅; 加藤梢江; 金子政弘; 山本広美; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 8: 23-29., 2005年, 査読有り
      • Expression of tocopherol-associated protein in mast cells.
        Teruo Ikeda; Masaru Murakami; Masayuki Funaba
        Clinical and diagnostic laboratory immunology, 2004年11月, 査読有り
      • Reliability of RT-PCR methods for measuring relative gene expression in mast cells.
        Teruo Ikeda; Masaru Murakami; Masayuki Funaba
        Veterinary immunology and immunopathology, 2004年07月, 査読有り
      • ほ乳類におけるアクチビン作用の多様性 組織特異的転写因子MITFによるアクチビンシグナルの制御
        舟場 正幸; 池田 輝雄; 村上 賢; 小川 健司; 土田 邦博; 杉野 弘; 阿部 又信
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2004年03月
      • Evaluation of effects of dietary carbohydrate on formation of struvite crystals in urine and macromineral balance in clinically normal cats.
        Masayuki Funaba; Akira Uchiyama; Ken-ichiro Takahashi; Masahiro Kaneko; Hiromi Yamamoto; Kazuhiko Namikawa; Tsunenori Iriki; Yoshikazu Hatano; Matanobu Abe
        American journal of veterinary research, 2004年02月, 査読有り
      • ドライキャットフードの蛋白質源としてのチキンミールの評価.
        岡 優子; 小林慎司; 金子政弘; 山本広美; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 7: 123-131., 2004年, 査読有り
      • ドライキャットフードの粗蛋白質ならびに炭水化物含量が成ネコにおける見かけの消化率に及ぼす影響.
        臼井涼子; 鈴木達也; 金子政弘; 山本広美; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 7: 8-14., 2004年, 査読有り
      • ドライフードの主要蛋白質源としてのチキンミールが成ネコのストルバイト形成能に及ぼす影響.
        小林慎司; 岡 優子; 山本広美; 金子政弘; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 7: 132-138., 2004年, 査読有り
      • Transcriptional activation of mouse mast cell Protease-7 by activin and transforming growth factor-beta is inhibited by microphthalmia-associated transcription factor.
        Masayuki Funaba; Teruo Ikeda; Masaru Murakami; Kenji Ogawa; Kunihiro Tsuchida; Hiromu Sugino; Matanobu Abe
        The Journal of biological chemistry, 2003年12月26日, 査読有り
      • Transcriptional activation of mouse mast cell protease-9 by microphthalmia-associated transcription factor.
        Masaru Murakami; Teruo Ikeda; Kenji Ogawa; Masayuki Funaba
        Biochemical and biophysical research communications, 2003年11月07日, 査読有り
      • Transcriptional activation of mouse mast cell protease-9 by microphthaltma-associated transcription factor
        M Murakami; T Ikeda; K Ogawa; M Funaba
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年11月, 査読有り
      • 組織特異的転写因子MITFはSmad3によるマスト細胞プロテアーゼ-7(mMCP-7)遺伝子の転写を抑制する
        舟場 正幸; 池田 輝雄; 村上 賢; 小川 健司; 土田 邦博; 杉野 弘; 阿部 又信
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2003年09月
      • Effects of a high-protein diet versus dietary supplementation with ammonium chloride on struvite crystal formation in urine of clinically normal cats.
        Masayuki Funaba; Takayo Yamate; Yuka Hashida; Kodenta Maki; Ken Gotoh; Masahiro Kaneko; Hiromi Yamamoto; Tsunenori Iriki; Yoshikazu Hatano; Matanobu Abe
        American journal of veterinary research, 2003年08月, 査読有り
      • Altered function of murine mast cells in response to lipopolysaccharide and peptidoglycan.
        Teruo Ikeda; Masayuki Funaba
        Immunology letters, 2003年07月03日, 査読有り
      • Altered function of murine mast cells in response to lipopolysaccharide and peptidoglycan
        T Ikeda; M Funaba
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2003年07月, 査読有り
      • Role of activin A in murine mast cells: modulation of cell growth, differentiation, and migration.
        Masayuki Funaba; Teruo Ikeda; Kenji Ogawa; Masaru Murakami; Matanobu Abe
        Journal of leukocyte biology, 2003年06月, 査読有り
      • Calcium-regulated expression of activin A in RBL-2H3 mast cells.
        Masayuki Funaba; Teruo Ikeda; Kenji Ogawa; Matanobu Abe
        Cellular signalling, 2003年06月, 査読有り
      • 食餌中蛋白質ならびに炭水化物含量がネコの水分出納およびストルバイト形成に及ぼす影響.
        鈴木達也; 内山 明; 金子政弘; 山本広美; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 6: 12-20., 2003年, 査読有り
      • ドライキャットフードへのL-シスチン添加による尿の酸性化.
        大島義之; 和田沙依子; 田村充宏; 後藤 健; 金子政弘; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 6: 64-73., 2003年, 査読有り
      • Degranulation in RBL-2H3 cells: regulation by calmodulin pathway.
        Masayuki Funaba; Teruo Ikeda; Matanobu Abe
        Cell biology international, 2003年, 査読有り
      • Modulation of Smad2-mediated signaling by extracellular signal-regulated kinase.
        Masayuki Funaba; Cole M Zimmerman; Lawrence S Mathews
        The Journal of biological chemistry, 2002年11月01日, 査読有り
      • Comparison of corn gluten meal and meat meal as a protein source in dry foods formulated for cats.
        Masayuki Funaba; Chiho Matsumoto; Kunihiro Matsuki; Ken Gotoh; Masahiro Kaneko; Tsunenori Iriki; Yoshikazu Hatano; Matanobu Abe
        American journal of veterinary research, 2002年09月, 査読有り
      • 免疫細胞におけるアクチビン : マクロファージとマスト細胞での知見
        舟場正幸; 小川健司; 池田輝雄; 村上 賢; 阿部又信
        獣医生化学 = Veterinary biochemistry, 2002年04月30日, 査読有り
      • イヌ・ネコの臨床栄養(6)尿石症
        舟場正幸; 阿部又信
        ペット栄養学会誌, 2002年01月, 査読有り
      • 肥満の病態生理.
        阿部又信; 舟場正幸
        SA Medicine. 4(5): 4-10., 2002年, 査読有り
      • 給餌方法ならびに食餌中蛋白質含量がネコの排尿頻度および尿pHの日内変動に及ぼす影響.
        鈴木達也; 内山 明; 金子政弘; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 5: 113-119., 2002年, 査読有り
      • Metabolizable energy required for lactation of Beagle bitches and for growth of their puppies.
        Ohshima, S; Fukuma, Y; Funaba, M; Abe, M
        J Pet Anim Nutr. 5: 1-9., 2002年, 査読有り
      • Fish meal vs. corn gluten meal as a protein source for dry cat food.
        M Funaba; T Tanak; M Kaneko; T Iriki; Y Hatano; M Abe
        The Journal of veterinary medical science, 2001年12月, 査読有り
      • 健康なネコの尿中蛋白質の分画に関する予備的検討
        山手貴代; 舟場正幸; 入来常徳; 阿部又信
        ペット栄養学会誌, 2001年10月, 査読有り
      • Adverse effects of excess lysine in calves.
        M Abe; T Iriki; K Kaneshige; K Kuwashima; S Watanabe; H Sato; M Funaba
        Journal of animal science, 2001年05月, 査読有り
      • Effect of supplementation of dry cat food with D,L-methionine and ammonium chloride on struvite activity product and sediment in urine.
        M Funaba; T Yamate; Y Narukawa; K Gotoh; T Iriki; Y Hatano; M Abe
        The Journal of veterinary medical science, 2001年03月, 査読有り
      • Expression and localization of activin receptors during endochondral bone development.
        M Funaba; K Ogawa; M Abe
        European journal of endocrinology, 2001年01月, 査読有り
      • ネコにおける高蛋白食給与が尿中ストルバイト結晶数ならびに尿不溶性有機成分濃度に及ぼす影響.
        鈴木達也; 牧小伝太; 後藤 健; 舟場正幸; 入来常徳; 波多野義一; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 4: 7-12., 2001年, 査読有り
      • ドライまたはウエットキャットフードの消化率測定における全糞採取法と標識法の信頼性
        杉原 圭樹; 水口 永久; 後藤 健; 波多野 義一; 入来 常徳; 船場 正幸; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2001年, 査読有り
      • 成ビーグル犬の維持に要する代謝エネルギー量:外気温の関数としての算定
        大島 誠之助; 福間 義教; 舟場 正幸; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2001年, 査読有り
      • ネコの排尿頻度ならびに尿pHの日内変動:給餌方法ならびに食餌中蛋白質含量の影響
        鈴木 達也; 後藤 健; 舟場 正幸; 入来 常徳; 波多野 義一; 阿部 又信
        ペット栄養学会誌, 2001年
      • Recombinant expression and purification of smad proteins.
        M Funaba; L S Mathews
        Protein expression and purification, 2000年12月, 査読有り
      • mRNA expression of type I and type II receptors for activin, transforming growth factor-beta, and bone morphogenetic protein in the murine erythroleukemic cell line, F5-5.fl.
        H Machida; K Ogawa; M Funaba; T Mizutani; M Tsujimoto
        European journal of endocrinology, 2000年11月, 査読有り
      • Methionine imbalance and toxicity in calves.
        M Abe; H Okada; D Matsumura; H Sato; M Funaba; T Iriki
        Journal of animal science, 2000年10月, 査読有り
      • Identification and characterization of constitutively active Smad2 mutants: evaluation of formation of Smad complex and subcellular distribution.
        M Funaba; L S Mathews
        Molecular endocrinology (Baltimore, Md.), 2000年10月, 査読有り
      • Activin A stimulates type IV collagenase (matrix metalloproteinase-2) production in mouse peritoneal macrophages.
        K Ogawa; M Funaba; L S Mathews; T Mizutani
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2000年09月15日, 査読有り
      • Short communication: estimation of plasma osmolality from plasma electrolytes, glucose, and urea in calves.
        T Iriki; M Takahashi; Y Wada; M Funaba; M Abe
        Journal of dairy science, 2000年06月, 査読有り
      • 食餌の水分含量および脂肪含量がネコの尿量に及ぼす影響.
        鈴木達也; 大島義之; 後藤 健; 入来常徳; 波多野義一; 舟場正幸; 阿部又信
        ペット栄養学会誌. 3: 1-6., 2000年, 査読有り
      • イヌ・ネコの基礎栄養:(4)三大栄養素.
        舟場 正幸
        ペット栄養学会誌. 3: 82-97., 2000年, 査読有り
      • Adverse effects of excess DL-methionine in calves with different body weights.
        M Abe; T Iriki; Y Koresawa; K Inoue; M Funaba
        Journal of animal science, 1999年10月, 査読有り
      • Borna disease virus infection in domestic cats: evaluation by RNA and antibody detection.
        Y Nishino; M Funaba; R Fukushima; T Mizutani; T Kimura; R Iizuka; H Hirami; M Hara
        The Journal of veterinary medical science, 1999年10月, 査読有り
      • Borna Disease Virus Infection in Domestic Cats: Evaluation by RNA and Antibody Detection
        Yoshii Nishino; Masayuki Funaba; Ryoko Fukushima; Tetsuya Mizutani; Takashi Kimura; Reiko Iizuka; Hiroshi Hirami; Motonobu Hara
        Journal of Veterinary Medical Science, 1999年10月, 査読有り
      • Factors affecting water balance and fecal moisture content in suckling calves given dry feed.
        M Abe; Y Miyajima; T Hara; Y Wada; M Funaba; T Iriki
        Journal of dairy science, 1999年09月, 査読有り
      • 市販ドライキャットフードのベース・イクセスとネコの尿pH
        波多野義一; 舟場正幸; 大石育太郎; 持田芳照; 入来常徳; 阿部又信
        ペット栄養学会誌, 1999年04月, 査読有り
      • Immunological localization and ontogenetic development of inhibin alpha subunit in rat brain.
        H Fujimura; K Ohsawa; M Funaba; T Murata; E Murata; M Takahashi; M Abe; K Torii
        Journal of neuroendocrinology, 1999年03月, 査読有り
      • Absence of limiting amino acids in calves fed a corn and soybean meal diet past three months of age.
        M Abe; K Yamazaki; K Kasahara; T Iriki; R Kuriyama; M Funaba
        Journal of animal science, 1999年03月, 査読有り
      • Water balance and fecal moisture content in suckling calves as influenced by free access to dry feed.
        M Abe; M Matsunaga; T Iriki; M Funaba; T Honjo; Y Wada
        Journal of dairy science, 1999年02月, 査読有り
      • Effect of Solid Feed on Water Balance in Suckling Calves Given Free Access to Water
        IRIKI Tsunenori; HARA Tokiko; FUNABA Masayuki; WADA Yasunori; HONJO Toshio; ABE Matanobu
        日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 1999年01月25日, 査読有り
      • ドライキャットフードへのメチオニン添加による尿の酸性化と有害作用
        阿部 又信; 山手 貴代; 仁木 陽子; 入来 常徳; 波多野 義一; 舟場 正幸
        ペット栄養学会誌, 1999年, 査読有り
      • DIFFERENT CARTILAGE-FORMING ACTIVITIES OF CHICK AND RAT CHONDROCYTES CULTURED AT DIFFERENT CONCENTRATIONS OF SERUM
        Tomiyoshi, H; Funaba, M; Kuroda, Y
        Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究, 1998年09月30日, 査読有り
      • Utilization of nitrogen and macro-minerals in response to nutritional status in clinically normal adult cats.
        M Funaba; E Hashimoto; T Iriki; M Abe
        Experimental animals, 1998年07月, 査読有り
      • Limiting amino acids for a corn and soybean meal diet in weaned calves less than three months of age.
        M Abe; T Iriki; M Funaba; S Onda
        Journal of animal science, 1998年02月, 査読有り
      • 哺乳期子牛の水分出納, 糸球体濾過量, および尿細管からの水の再吸収に及ぼす代用乳と固形飼料の影響
        松永昌訓; 津山友美; 入来常徳; 舟場正幸; 鍵山謙介; 和田恭則; 本庄利男; 阿部又信
        Animal science journal, 1998年01月25日, 査読有り
      • 新生子牛において固形飼料と代用乳が血漿抗利尿ホルモン濃度に及ぼす影響
        松永 昌訓; 舟場 正幸; 入来 常徳; 和田 恭則; 本庄 利男; 阿部 又信
        日本畜産学会報, 1998年, 査読有り
      • Duodenal flow of microbial nitrogen estimated from urinary excretion of purine derivatives in calves after early weaning.
        M Funaba; K Kagiyama; T Iriki; M Abe
        Journal of animal science, 1997年07月, 査読有り
      • Lysine deficiency in postweaned calves fed corn and corn gluten meal diets.
        M Abe; T Iriki; M Funaba
        Journal of animal science, 1997年07月, 査読有り
      • アクチビン・ホリスタチン(アクチビン結合蛋白質)と骨形成
        舟場 正幸
        栄養生理研究会報, 1997年03月, 査読有り
      • Immunolocalization of type I or type II activin receptors in the rat brain.
        M Funaba; T Murata; H Fujimura; E Murata; M Abe; K Torii
        Journal of neuroendocrinology, 1997年02月, 査読有り
      • Quantitative RT-PCR for inhibin/activin subunits: measurements of rat hypothalamic and ovarian inhibin/activin subunit mRNAs during the estrous cycle.
        T Murata; T Takizawa; M Funaba; H Fujimura; E Murata; M Takahashi; K Torii
        Endocrine journal, 1997年02月, 査読有り
      • Suppressed bone induction by follistatin in spontaneously hypercholesterolemic rat bone.
        M Funaba; T Murata; E Murata; K Ogawa; M Abe; M Takahashi; K Torii
        Life sciences, 1997年, 査読有り
      • Increased cartilage and bone formation in spontaneously hypercholesterolemic rats.
        M Funaba; T Murata; E Murata; M Abe; M Takahashi; K Torii
        Life sciences, 1997年, 査読有り
      • Quantitation of mouse and rat beta-actin mRNA by competitive polymerase chain reaction using capillary electrophoresis.
        T Murata; T Takizawa; M Funaba; H Fujimura; E Murata; K Torii
        Analytical biochemistry, 1997年01月01日, 査読有り
      • Limiting amino acids for early-weaned calves fed a corn and soybean meal diet and response of plasma free amino acid concentrations to abomasally supplemented amino acids.
        Abe, M; Sekine, S; Funaba, M; Iriki, T
        Anim Sci Technol (Jpn). 68: 18-28., 1997年, 査読有り
      • Identification of limiting amino acids in calves receiving two levels of corn-soybean meal diet above four months of age.
        Abe, M; Iriki, T; Kasahara, K; Funaba, M
        Anim Sci Technol (Jpn). 68: 631-639., 1997年, 査読有り
      • Effect of abomasal administration of L-glutamine on nitrogen balance and plasma amino acid concentrations in young calves.
        Iriki, T; Yamazaki, K; Funaba, M; Abe, M
        Anim Sci Technol (Jpn). 68: 263-272., 1997年, 査読有り
      • Adverse effects of excess methionine in calves.
        Iriki, T; Funaba, M; Abe, M
        Anim Sci Technol (Jpn). 68: 1111-1117., 1997年, 査読有り
      • Relationship among nitrogen balance, intestinal flow of microbial nitrogen and bone growth in calves weaned early
        M Funaba; K Kagiyama; T Iriki; M Abe
        RUMEN MICROBES AND DIGESTIVE PHYSIOLOGY IN RUMINANTS, 1997年, 査読有り
      • Effects of a high-protein diet on mineral metabolism and struvite activity product in clinically normal cats.
        M Funaba; M Hashimoto; C Yamanaka; Y Shimogori; T Iriki; S Ohshima; M Abe
        American journal of veterinary research, 1996年12月, 査読有り
      • Follistatin and activin in bone: expression and localization during endochondral bone development.
        M Funaba; K Ogawa; T Murata; H Fujimura; E Murata; M Abe; M Takahashi; K Torii
        Endocrinology, 1996年10月, 査読有り
      • Unique recognition of activin and inhibin by polyclonal antibodies to inhibin subunits.
        M Funaba; T Murata; H Fujimura; E Murata; M Abe; M Takahashi; K Torii
        Journal of biochemistry, 1996年05月, 査読有り
      • Bone growth rather than myofibrillar protein turnover is strongly affected by nutritional restriction at early weaning of calves.
        M Funaba; S Saito; K Kagiyama; T Iriki; M Abe
        The Journal of nutrition, 1996年04月, 査読有り
      • Effect of chronic high protein intake on magnesium, calcium, and phosphorus balance in growing cats.
        M Hashimoto; M Funaba; M Abe; S Ohshima
        Experimental animals, 1996年01月, 査読有り
      • Effect of abomasal administration of lysine and methionine or lysine alone on nitrogen balance and plasma free amino acid concentrations in early-weaned calves fed a corn and soybean meal diet.
        Abe, M; Iriki, T; Onda, S; Iwano, F; Funaba, M
        Anim Sci Technol (Jpn). 67: 1058-1067., 1996年, 査読有り
      • Plasma allantoin concentration in response to changes in nutritional status of calves
        K. Kagiyama; M. Funaba; T. Iriki; M. Abe
        Asian-Australasian Journal of Animal Sciences, 1996年, 査読有り
      • Effect of continuous infusion of lysine via different routes and hepatic vagotomy on dietary choice in rats.
        M Inoue; M Funaba; R L Hawkins; M Mori; K Torii
        Physiology & behavior, 1995年08月, 査読有り
      • 哺乳子牛の内因性アラントイン排泄に及ぼす栄養水準の影響
        鍵山謙介; 舟場正幸; 入来常徳; 阿部又信
        日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 1995年05月25日, 査読有り
      • POST-WEANING EXCRETION OF PURINE DERIVATIVES BY YOUNG CALVES
        M FUNABA; K KAGIYAMA; T IRIKI; M ABE
        CANADIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCE, 1995年03月, 査読有り
      • VALIDITY OF NRC METHOD FOR ESTIMATING METABOLIZABLE ENERGY VALUE OF LABORATORY DRY CANINE DIETS
        S OHSHIMA; Y FUKUMA; T SUZUKI; M FUNABA; M ABE
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1995年01月, 査読有り
      • DIETARY-PROTEIN LEVELS AFFECT WATER-INTAKE AND URINARY-EXCRETION OF MAGNESIUM AND PHOSPHORUS IN LABORATORY CATS
        M HASHIMOTO; M FUNABA; M ABE; S OHSHIMA
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1995年01月, 査読有り
      • CHARACTERISTIC RELATION BETWEEN DIETARY METABOLIZABLE ENERGY CONTENT AND DIGESTIBLE ENERGY CONTENT IN LABORATORY CATS
        M HASHIMOTO; M FUNABA; S OHSHIMA; M ABE
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1995年01月, 査読有り
      • Characteristic relation between dietary metabolizable energy content and digestible energy content in laboratory cats.
        M Hashimoto; M Funaba; S Ohshima; M Abe
        Experimental animals, 1995年01月, 査読有り
      • Dietary protein levels affect water intake and urinary excretion of magnesium and phosphorus in laboratory cats.
        M Hashimoto; M Funaba; M Abe; S Ohshima
        Experimental animals, 1995年01月, 査読有り
      • Validity of NRC method for estimating metabolizable energy value of laboratory dry canine diets.
        S Ohshima; Y Fukuma; T Suzuki; M Funaba; M Abe
        Experimental animals, 1995年01月, 査読有り
      • Changes in nitrogen balance with age in calves weaned at 5 or 6 weeks of age.
        M Funaba; K Kagiyama; T Iriki; M Abe
        Journal of animal science, 1994年03月, 査読有り
      • The changes in magnesium metabolism with aging in rats fed a high casein diet.
        Ashida, K; Funaba, M; Hosoi, E; Matsui, T; Yano, H
        J Jpn Soc Mag Res. 13: 207-216., 1994年, 査読有り
      • 血漿アラントイン濃度および尿中プリン誘導体-クレアチニン比は仔牛の微生物態蛋白質供給量の鋭敏な指標ではない
        入来 常徳; 舟場 正幸; 畑野 元子; 阿部 又信
        日本畜産学会報, 1994年, 査読有り
      • 固形飼料給与の遅延が哺乳期子牛の水分出納に及ぼす影響
        入来 常徳; 松井 玲子; 舟場 正幸; 阿部 又信
        日本畜産学会報, 1994年, 査読有り
      • 9週齢における突然の離乳が子牛の尿中プリン誘導体排泄量に及ぼす影響
        鍵山謙介; 舟場正幸; 入来常徳; 阿部又信
        日本畜産学会報, 1994年, 査読有り
      • Activin A: serum levels and immunohistochemical brain localization in rats given diets deficient in L-lysine or protein.
        K Torii; K Hanai; K Oosawa; M Funaba; A Okiyama; M Mori; T Murata; M Takahashi
        Physiology & behavior, 1993年09月, 査読有り
      • 脂肪摂取と肥満 (犬と猫の肥満<特集>)
        舟場 正幸; 阿部 又信
        獣医畜産新報, 1993年06月, 査読有り
      • 11週齢離乳前後の子牛におけるプリン誘導体の尿中排泄と微生物態蛋白質の供給
        阿部 又信; 舟場 正幸; 川島 岡; 入来 常徳
        日本畜産学会報, 1993年, 査読有り
      • 飼料の蛋白質含量が牛のルーメン内に投与された非保護アミノ酸の異化に及ぼす影響
        入来 常徳; 武内 紀憲; 舟場 正幸; 和田 恭則; 阿部 又信
        日本畜産学会報, 1993年, 査読有り
      • 子牛の離乳後におけるカルシウム代謝の変化
        舟場 正幸; 高橋 一夫; 入来 常徳; 阿部 又信
        日本畜産学会報, 1993年, 査読有り
      • イオノフォアの十二指腸内投与が去勢牛の代謝に及ぼす影響
        入来常徳; 舟場正幸; 井上幸彦; 阿部又信
        日本畜産学会報, 1993年, 査読有り
      • 第一胃内微生物に対する窒素源としての第一胃内分解性飼料蛋白質の評価
        阿部 又信; 舟場 正幸; 入来 常徳; 小川 晃史
        日本畜産学会報, 1992年, 査読有り
      • 新生子牛において代用乳の脂肪酸組成が消化率,下痢発生および脂質代謝に及ぼす影響
        阿部 又信; 入来 常徳; 池田 一明; 舟場 正幸
        日本畜産学会報, 1992年, 査読有り
      • イオノフォアの静脈内投与が去勢牛の代謝に及ぼす影響
        阿部又信; 入来常徳; 井上幸彦; 舟場正幸
        日本畜産学会報, 1992年, 査読有り
      • 脂肪酸カルシウム塩のTDN含量
        阿部又信; 入来常徳; 舟場正幸
        日本畜産学会報, 1992年, 査読有り
      • 高タンパク質飼料の摂取がめん羊のカルシウム代謝に及ぼす影響
        舟場 正幸; 鍋田 肇; 矢野 秀雄; 川島 良治
        日本畜産学会報, 1991年07月, 査読有り
      • 高タンパク質飼料給与がめん羊およびラットのカルシウム代謝に及ぼす影響
        舟場正幸; 矢野秀雄; 川島良治
        栄養生理研究会報, 1991年03月, 査読有り
      • 1週齢導入仔牛における下痢発症に及ぼす幾つかの要因について.
        舟場正幸; 都築謙治; 入来常徳; 阿部又信
        肉研会報. 52: 35-40., 1991年, 査読有り
      • めん羊のMg代謝に及ぼす内分泌要因.
        矢野秀雄; 松井 徹; 舟場正幸; 川島良治
        家畜生化研報. 26: 67-78., 1991年, 査読有り
      • Urinary excretion of purine derivatives as an estimator of microbial protein synthesized in the rumen.
        Iriki, T; Funaba, M; Ogawa, A; Abe, M
        Bull Azabu Univ Vet Med. 12: 15-19., 1991年, 査読有り
      • 暑熱環境がラットのセレニウム(Se)代謝に及ぼす影響
        加藤健; 舟場正幸; 熊谷元; 矢野秀雄; 川島良治
        微量栄養素研究, 1991年, 査読有り
      • 飼料中穀類含量がめん羊のカルシウム代謝に及ぼす影響
        舟場 正幸; 矢野 秀雄; 川島 良治
        日本畜産学会報, 1990年12月, 査読有り
      • Effects of a high protein diet on bone formation and calcium metabolism in rats.
        M Funaba; T Kawashima; H Yano; R Kawashima
        Journal of nutritional science and vitaminology, 1990年12月, 査読有り
      • 高エネルギーならびに高タンパク質飼料給与がめん羊のカルシウム,リン代謝に及ぼす影響
        舟場 正幸; 鍋田 肇; 矢野 秀雄; 川島 良治
        日本畜産学会報, 1990年02月, 査読有り
      • 尿中正味酸排泄濃度迅速定量法のめん羊の尿への応用
        舟場 正幸; 矢野 秀雄; 川島 良治
        日本畜産学会報, 1990年01月, 査読有り
      • 高蛋白質食摂取ラットのCa代謝と骨形成について.
        舟場正幸; 川島知之; 矢野秀雄; 川島良治
        微量栄養素研究. 7: 79-84., 1990年, 査読有り
      • 1,25-dihydroxycholecalciferol投与がめん羊の血中マグネシウム濃度に及ぼす影響.
        内田典芳; 舟場正幸; 松井 徹; 矢野秀雄; 川島良治
        マグネシウム. 9: 29-37., 1990年, 査読有り
      • Effect of protein-energy restriction, pregnancy and lactation on the development of long bone in growing sheep.
        Funaba, M; Saita, J; Nokubo, T; Kaneko, O; Kanagawa, Y; Yano, H; Kawashima, R
        Asian-Austalasian J Anim Sci. 3: 125-133., 1990年, 査読有り
      • Effects of high protein diet and sodium bicarbonate supplementation on calcium metabolism in rats.
        M Funaba; H Yano; R Kawashima
        Journal of nutritional science and vitaminology, 1989年10月, 査読有り
      • 低蛋白質または低エネルギー飼料摂取がラットおよび牛の骨成長に及ぼす影響
        矢野秀雄; 松井 徹; 舟場正幸; 川島良治
        栄養生理研究会報, 1988年09月, 査読有り
      • Effect of thyroxine injection on bone growth in malnourished rats at different growth stages.
        Y Kanagawa; M Funaba; T Matsui; H Yano; R Kawashima
        Journal of nutritional science and vitaminology, 1987年02月, 査読有り

      MISC

      • 研究科分 多様な分化制御転写因子Mitfの役割 (平成19年度麻布大学公的研究助成金事業研究成果報告)
        村上 賢; 舟場 正幸
        麻布大学雑誌, 2008年
      • マスト細胞活性化機構の解析を中心としたアレルギー疾患に及ぼすコプラナーPCBsの影響(麻布大学ハイテク・リサーチ・センター研究プロジェクト)
        池田 輝雄; 舟場 正幸; 村上 賢
        麻布大学雑誌, 2006年
      • 免疫応答におけるマスト細胞活性化機構に関する研究 : Toll-like receptorによるマスト細胞活性化について
        池田 輝雄; 舟場 正幸; 村上 賢
        麻布大学雑誌, 2005年
      • 哺乳期子牛の水分出納, 糸球体濾過量, および尿細管からの水の再吸収に及ぼす代用乳と固形飼料の影響
        松永 昌訓; 津山 友美; 入来 常徳; 舟場 正幸; 鍵山 謙介; 和田 恭則; 本庄 利男; 阿部 又信
        Animal science journal, 1998年01月25日
      • PCB126はマスト細胞免疫能に影響するか?(一般演題11,第82回麻布獣医学会講演抄録)
        池田 輝雄; 舟場 正幸; 村上 賢; 代田 欣二
        麻布大学雑誌, 2007年
      • 研究サブ・グループ5 マスト細胞活性化機構の解析を中心としたアレルギー疾患に及ぼすコプラナーPCBsの影響(平成14年度麻布大学公的研究助成金事業研究成果報告)
        池田 輝雄; 舟場 正幸
        麻布大学雑誌, 2002年
      • 免疫応答におけるマスト細胞活性化機構に関する研究 : 細菌抗原による活性化(平成14年度麻布大学公的研究助成金事業研究成果報告)
        池田 輝雄; 舟場 正幸; 松田 浩珍
        麻布大学雑誌, 2002年
      • 哺乳期子牛における固形飼料給与時期の違いが水分代謝および糞水分含量に及ぼす影響とその原因
        松永 昌訓; 入来 常徳; 舟場 正幸; 阿部 又信
        肉用牛研究会報, 1997年02月10日
      • マスト細胞活性化機構の解析を中心としたアレルギー疾患に及ぼすコプラナーPCBsの影響(研究サブ・グループ5,麻布大学ハイテク・リサーチ・センター研究プロジェクト「ダイオキシン類(コプラナーPCBsなど)の生体影響評価と植物による環境モニタリングおよび環境浄化技術の開発」,ハイテク,平成15年度麻布大学公的研究助成金事業研究成果報告)
        池田 輝雄; 舟場 正幸
        麻布大学雑誌, 2004年
      • アクチビンによるマスト細胞特異的プロテアーゼ発現の制御
        舟場 正幸; 池田 輝雄; 村上 賢; 小川 健司; 阿部 又信
        獣医生化学 = Veterinary biochemistry, 2001年10月31日
      • ボルナ病ウイルス感染ラットにおける脳内TGF-β関連遺伝子の発現解析
        西野佳以; 大石亮; 黒河佐知子; 藤野寛; 村上賢; 斑目広郎; 杉山和寿; 橋本統; 舟場正幸
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2009年
      • 多機能分子群であるTGF-βファミリーが多機能である理由 : シグナル伝達の観点からの検討
        舟場 正幸; 池田 輝雄; 村上 賢
        麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University, 2007年03月31日
      • マスト細胞活性化機構の解析を中心としたアレルギー疾患に及ぼすコプラナーPCBsの影響
        池田 輝雄; 舟場 正幸; 村上 賢
        麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University, 2007年03月31日
      • 免疫応答におけるマスト細胞活性化機構に関する研究 : Toll-like receptorによるマスト細胞の活性化について
        池田 輝雄; 舟場 正幸; 村上 賢
        麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University, 2007年03月31日
      • ウイルス性神経障害における発症関連因子の研究
        西野 佳以; 斑目 広郎; 舟場 正幸
        麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University, 2007年03月31日
      • 多様な分化制御因子である転写因子Mitfの役割
        村上 賢; 舟場 正幸; 池田 輝雄
        麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University, 2007年03月31日
      • TGF-βファミリーの情報伝達機構 : 普遍的機構と標的細胞特異的機構 : 随想的報告書
        舟場 正幸; 村上 賢; 西野 佳以
        麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University, 2007年03月31日
      • アクチビンの情報伝達に関する分子機構 : 普遍的伝達と組織特異的伝達
        舟場 正幸; 池田 輝雄; 阿部 又信
        麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University, 2005年03月31日
      • ラットにおける反復ストレスおよびマグネシウム欠乏が尿中低分子代謝物質濃度に及ぼす影響
        遠藤日菜子; 井原翼; 二見崇史; 舟場正幸; 松井徹; 友永省三
        第37回日本微量栄養素学会学術集会, 2020年05月
      • マウス眼窩脂肪組織は発熱器官である
        杉山 真言; 大関 貴大; 金田 規寿; 吉岡 一機; 舟場 正幸; 橋本 統
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2019年08月
      • 国内の市販ネコ用フードにおけるタウリンおよびメチオニンの栄養評価
        菅野大; 清水いと世; 舟場正幸; 松井徹; 友永省三
        ペット栄養学会誌, 2021年, 査読有り
      • マグネシウム欠乏がラットの尿中低分子代謝物質排泄に及ぼす影響
        二見崇史; 友永省三; 井原翼; 舟場正幸; 松井徹
        第36回日本微量栄養素学会学術集会, 2019年06月
      • 鉄負荷に対する肝細胞の応答
        Chen Hsuan-Ju; 杉山 真言; 下河 史枝; 村上 賢; 橋本 統; 松井 徹; 舟場 正幸
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2019年04月
      • マウス眼窩脂肪組織の解析
        杉山真言; 大関貴大; 金田規寿; 吉岡一機; 舟場正幸; 橋本 統
        日本解剖学会 東北・北海道連合支部学術集会, 2018年09月
      • ヘプシジン転写調節機構について
        金森耀平; 村上賢; 杉山真言; 橋本統; 松井徹; 舟場正幸
        日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年08月
      • マグネシウム欠乏が卵巣摘出ラットの腓腹筋中低分子代謝物質濃度に及ぼす影響
        西山真奈美; 中川良祐; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        第35回微量栄養素学会学術集会, 2018年06月
      • 黒毛和種肥育牛におけるビタミンA制限が筋組織と皮下および腸間膜脂肪の低分子代謝物質濃度に及ぼす影響
        鈴木実佳; Wong Yun Yi; 友永省三; 吉岡秀貢; 糸山恵理奈; 北村祥子; 長瀬祐士; 村上弘明; 星野洋一郎; 舟場正幸; 松井徹
        日本畜産学会第124回大会, 2018年03月
      • Negative Regulation of Canine Osteoclastogenesis and Mitf-E Expression by Transforming Growth Factor-beta.
        Masaru Murakami; Kumiko Asai; Fumie Shimokawa; Masaharu Hisasue; Masayuki Funaba
        JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH, 2017年12月
      • ウシ骨格筋におけるUcp1の発現
        金森耀平; MABROUK Abd Eldaim; MABROUK Ab; Eldaim; 橋本統; 大津寄洋史; 山田知哉; 村上賢; 恩田賢; 佐藤礼一郎; 喬宇航; 友永省三; 松井徹; 舟場正幸
        日本畜産学会大会講演要旨, 2017年09月06日
      • HB2褐色脂肪前駆細胞の分化過程における低分子代謝物質の変化
        鈴木実佳; 友永省三; 河田照雄; 松井徹; 舟場正幸
        第71回日本栄養・食糧学会大会, 2017年05月
      • ヒト,マウス,ラット由来肝細胞におけるIL‐1 βによるヘプシジン発現誘導
        金森耀平; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 2017年04月28日
      • β3アドレナリン受容体アゴニストが褐色脂肪組織および白色脂肪組織中の低分子代謝物質濃度に及ぼす影響
        冨士本有佑; 橋本統; 友永省三; 松井徹; 舟場正幸
        日本畜産学会第122回大会, 2017年03月
      • βアドレナリン受容体アゴニストが褐色脂肪細胞内低分子代謝物質濃度に及ぼす影響
        冨士本有佑; 友永省三; 河田照雄; 松井徹; 舟場正幸
        第55回日本栄養・食糧学会近畿支部大会, 2016年10月
      • 黒毛和種母牛の栄養不足が母仔の低分子代謝物質に及ぼす影響
        西浦誠; 高橋秀之; 衛藤哲次; 塩塚雄二; 藤野亮一; 後藤貴文; 舟場正幸; 松井徹; 友永省三
        第10回メタボロームシンポジウム, 2016年10月
      • 黒毛和種牛の母乳、母牛血漿および仔牛血漿におけるメタボローム解析
        友永省三; 西浦誠; 高橋秀之; 衛藤哲次; 塩塚雄二; 藤野亮一; 後藤貴文; 舟場正幸; 松井徹
        第66回関西畜産学会大会, 2016年10月
      • 炎症によるヘプシジン発現亢進の仲介因子アクチビンB
        金森耀平; 杉山真言; 橋本統; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 2016年09月14日
      • 肥育牛の脂肪組織中に褐色/べージュ脂肪細胞が存在することの証明ならびに飼料条件の変化に伴う活性の変化
        舟場 正幸; 山田 知哉; 橋本 統; 村上 賢; 金森 燿平; 松井 徹
        栄養生理研究会報, 2016年09月
      • ボルナ病ウイルスの病原性発現メカニズム解明の研究動向 : TGF-βファミリー経路の関与 (日本獣医師会学会学術誌) -- (産業動物臨床・家畜衛生関連部門)
        西野 佳以; 村上 賢; 舟場 正幸
        日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association, 2016年09月
      • アクチビンBによるヘプシジン遺伝子発現の誘導をLDN‐193189は遮断しない
        金森耀平; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本微量栄養素学会学術集会講演要旨集, 2016年06月08日
      • ACTIVIN B PRODUCED BY SINUSOIDAL ENDOTHELIAL/KUPFFER CELLS IN RESPONSE TO INFLAMMATORY STIMULI INDUCES HEPCIDIN EXPRESSION THROUGH UNCANONICAL SIGNALING IN HEPATOCYTES
        Y. Kanamori; M. Sugiyama; O. Hashimoto; M. Murakami; T. Matsui; M. Funaba
        HAEMATOLOGICA, 2016年06月
      • マグネシウム欠乏がラットの肝臓中低分子代謝物質濃度に及ぼす影響
        重松芽衣; 中川良祐; 友永省三; 松井徹; 舟場正幸
        第70回日本栄養・食糧学会大会, 2016年05月
      • C2C12筋芽細胞の分化過程における低分子代謝物質の変動
        Wong Yun Li; 友永省三; 松井徹; 舟場正幸
        日本畜産学会第121回大会, 2016年03月
      • 黒毛和種去勢牛の脂肪組織由来間質脈管系細胞から分化した脂肪細胞はUCP-1を発現する
        喬宇航; 村上賢; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        日本畜産学会第121回大会, 2016年03月
      • Regulation of hepcidin expression by IL-1beta-NFkappaB signaling.
        Y. Kanamori; M. Murakami; T. Matsui; M. Funaba
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年
      • HepG2細胞におけるIL‐1βによるヘプシジン遺伝子発現誘導
        金森耀平; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2016年
      • マグネシウム欠乏が培養肝細胞ならびにマクロファージの低分子代謝産物量に及ぼす影響
        重松芽衣; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        第35回日本マグネシウム学会学術集会, 2015年11月
      • IL‐1βによる鉄吸収抑制因子ヘプシジンの転写調節
        金森耀平; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本畜産学会大会講演要旨, 2015年09月11日
      • JNKは鉄代謝調節因子ヘプシジンの転写を正に調節する
        金森耀平; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集, 2015年09月01日
      • ウシ骨格筋中微量元素含量と筋繊維型の関係
        松井徹; 後藤貴文; 船津祥一郎; 友永省三; 舟場正幸
        日本畜産学会第120回大会, 2015年09月
      • 黒毛和種牛の初乳におけるメタボローム解析の検討
        西浦誠; 高橋秀之; 矢野純司; 衛藤哲次; 塩塚雄二; 藤野亮一; 後藤貴文; 舟場正幸; 松井徹; 友永省三
        日本畜産学会第120回大会, 2015年09月
      • IL‐1βはC/EBPファミリーを介して鉄代謝調節ペプチドであるヘプシジンの発現を誘導する
        金森耀平; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • L 型カルシウムチャネル阻害剤がマグネシウム欠乏ラットの血漿中低分子代謝物質濃度に及ぼす影響
        友永省三; 山本茜; 舟場正幸; 松井徹
        第34回 日本マグネシウム学会学術集会, 2014年11月22日
      • マグネシウム欠乏ラットの血漿中メタボローム解析
        山本茜; 矢野純司; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        第53回 日本栄養・食糧学会近畿支部大会, 2014年10月25日
      • TGF‐βファミリーによる脂肪細胞の機能制御
        喬宇航; 金森耀平; 松井徹; 舟場正幸
        日本微量栄養素学会学術集会講演要旨集, 2014年05月20日
      • 血清によるヘプシジン遺伝子発現の誘導はプロモーター上のBMP‐RE1,STAT‐BS,TREを介して起こる
        金森耀平; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本微量栄養素学会学術集会講演要旨集, 2014年05月20日
      • 黒毛和種牛の肥育過程における多様な血漿中代謝産物濃度変化の解析
        友永省三; 丸山新; 舟場正幸; 松井徹
        日本畜産学会 第118回大会, 2014年03月28日
      • ラットにおける成長が血漿中遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響
        矢野純司; 西浦誠; 舟場正幸; 松井徹; 友永省三
        日本アミノ酸学会 第7回学術大会, 2013年11月02日
      • ラットにおいてマグネシウム欠乏が血漿および組織中遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響
        西浦誠; 友永省三; 矢野純司; 舟場正幸; 松井徹
        第33回 日本マグネシウム学会学術集会, 2013年09月28日
      • ウシ白色脂肪組織中における褐色脂肪細胞関連遺伝子の発現:ホールクロップサイレージ飼料給与の影響
        金森耀平; 山田知哉; 浅野宏輝; 木田龍佑; 喬宇航; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        日本畜産学会 第117回大会, 2013年09月10日
      • UPLC/MS/MS による筋肉内ジペプチドおよび構成アミノ酸群分析の試み
        友永省三; 松川典子; 塚原隆充; 金森耀平; 木田龍佑; 舟場正幸; 松井徹
        日本畜産学会 第117回大会, 2013年09月10日
      • GC/MS によるウシ尿中遊離アミノ酸迅速分析法の検討
        友永省三; 矢野純司; 西浦誠; 舟場正幸; 松井徹
        関西畜産学会 第63回大会, 2013年09月05日
      • NMDAレセプターアンタゴニスト投与がマグネシウム欠乏ラットの肝臓における炎症反応に及ぼす影響
        山本茜; 武本智嗣; 友永省三; 舟場正幸; 松井徹
        第30回 日本微量栄養素学会学術集会, 2013年06月08日
      • ラットにおけるマグネシウム欠乏が含硫アミノ酸代謝に及ぼす影響
        友永省三; 金 己鉉; 舟場正幸; 松井徹
        第30回 日本微量栄養素学会学術集会, 2013年06月08日
      • マグネシウム欠乏と高脂肪・高スクロース飼料がラットの血漿遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響
        友永省三; 武本智嗣; 舟場正幸; 松井徹
        第67回 日本栄養・食糧学会大会, 2013年05月26日
      • 肝細胞培養系とヘプシジン遺伝子発現
        金森耀平; 村上賢; 松井徹; 舟場正幸
        日本微量栄養素学会学術集会講演要旨集, 2013年05月20日
      • NMDAレセプターアンタゴニスト投与がマグネシウム欠乏ラットの肝臓における酸化ストレスおよび炎症反応に及ぼす影響
        山本 茜; 友永 省三; 舟場 正幸
        微量栄養素研究, 2013年
      • ラットにおけるマグネシウム欠乏が血漿遊離アミノ酸に及ぼす影響
        友永省三; 金 己鉉; 舟場正幸; 松井徹
        第32回日本マグネシウム学会学術集会, 2012年11月17日
      • マグネシウム欠乏が血漿中遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響
        友永省三; 金 己鉉; 舟場正幸; 松井徹
        日本栄養・食糧学会第51回近畿支部大会, 2012年10月20日
      • BMP4による筋分化調節
        梅本 岳尚; 村上 賢; 舟場 正幸; 松井 徹
        栄養生理研究会報, 2011年10月12日
      • Changes in Borna disease virus genome with adaptation to host
        Satoshi Okayama; Nanako Miura; Masaru Murakami; Masayuki Funaba; Yoshii Nishino
        MICROBES AND INFECTION, 2009年05月, 査読有り
      • NFAT and c-Maf are responsible for Th2-specific expression of activin A
        Ogawa K; Funaba M; Tsujimoto M
        The 3rd Congress of Asian Association of Veterinary Anatomists, 2009年, 査読有り
      • Modulation of signal specificity of the TGF-β family related to the receptor expression
        Murakami M; Ogawa K; Funaba M
        48th The American Society for Cell Biology Annual Meeting, 2008年, 査読有り
      • Expression and transcriptional activity of microphthalmia-associated transcription factor isoforms during osteoclastogenesis
        M. Murakami; Y. Iwata; M. Funaba
        JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH, 2007年09月
      • Activin is an autocrine factor to stimulate type IV collagenase (MMP-2) production in mouse peritoneal macrophages
        K Ogawa; M Funaba; LS Mathews; T Mizutani
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 1999年11月
      • Identification and characterization of constitutively active Smad2 mutants: Evaluation of subcellular distribution and formation and structure of Smad complex.
        M Funaba; LS Mathews
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 1999年11月
      • Anti-activin A antibody (IgY) specifically neutralizes various activin A activities.
        T Murata; S Saito; M Shiozaki; R Z Lu; Y Eto; M Funaba; M Takahashi; K Torii
        Proceedings of the Society for Experimental Biology and Medicine. Society for Experimental Biology and Medicine (New York, N.Y.), 1996年01月, 査読有り
      • Effect of selective vagotomy on dietary choice between L-lysine deficient and protein-free diets in rats
        M Inoue; M Funaba; RL Hawkins; M Mori; K Torii
        CHEMICAL SENSES, 1995年12月
      • SELECTION AMONG PROTEIN-FREE, LYSINE DEFICIENT OR SUFFICIENT DIETS AND EFFECT OF HEPATIC VAGOTOMY IN RATS
        M INOUE; K TORII; RL HAWKINS; M FUNABA; M MORI
        FASEB JOURNAL, 1994年03月
      • BRAIN LOCALIZATION OF ACTIVIN AND INHIBIN AS POSSIBLE NEUROTROPHIC FACTORS FOR PLASTICITY TO COMPENSATE FOR PROTEIN OR L-LYSINE DEFICIENCY
        K TORII; K OOSAWA; T MURATA; M FUNABA; M TAKAHASHI; T ONO
        FASEB JOURNAL, 1993年02月

      書籍等出版物

      • Handbook of Hormones. Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research
        Yohei Kanamori; Masayuki Funaba, 共著, Chapter 53. Hepcidin antimicrobial peptide.
        Academic Press, 2021年
      • Activin, Follistatin, and Bone. In: Skeletal Growth Factors (Canalis, E. ed.)
        Funaba M; Ogawa K; Murata T; Abe M
        Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, PA.,263-8., 2000年, 査読無し
      • Relationship among Nitrogen Balance, Intestinal Flow of Microbial Nitrogen and Bone Growth in Calves Weaned Early. In: Rumen Microbes and Digestive Physiology in Ruminants (Onodera, R., Itabashi, H., Ushida, K., Yano, H., Sasaki, Y. eds.)
        Funaba M; Kagiyama K; Iriki T; Abe M
        Japan Sci. Soc. Press, Tokyo, Japan and S. Karger, Basel, Switzerland.,121-30., 1997年, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • ウシのヘプシジン(鉄代謝調節ホルモン)発現制御機構の特異性解明
        基盤研究(C)
        小区分42010:動物生産科学関連
        京都大学
        舟場 正幸
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        畜産学;栄養学;シグナル伝達;ヘプシジン;ウシ
      • 肥育牛におけるUCP1の発現調節機構解明と生産性への影響
        基盤研究(B)
        小区分42010:動物生産科学関連
        京都大学
        松井 徹
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        UCP1;肥育牛;畜産学;栄養学
      • TGF-βファミリーならびに副腎皮質ホルモンはいかにボルナウイルスを制御するのか
        基盤研究(C)
        小区分42020:獣医学関連
        京都産業大学
        西野 佳以
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        ウイルス;ボルナ病ウイルス;副腎皮質ホルモン;ストレス;コルチコステロン;神経疾患;病態;環境要因;ボルナウイルス;メカニズム;TGF-β
      • ヘプシジンによる子牛の鉄代謝調節:ヘプシジン発現と活性調節機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        舟場 正幸
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        畜産学;栄養学;シグナル伝達
      • 肥育牛骨格筋におけるエネルギー浪費の新奇メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        松井 徹
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        畜産学;栄養学
      • TGF-βによるイヌ破骨細胞形成調節:マウス破骨細胞形成モデルと異なる機構の解明
        基盤研究(C)
        麻布大学
        村上 賢
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        発生・分化;破骨細胞分化;TGF-β;イヌ
      • TGF-βファミリーシグナルの調節によるイヌ脂肪細胞の機能制御
        基盤研究(C)
        京都大学
        舟場 正幸
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        脂肪細胞;イヌ;TGF-βファミリー
      • ウイルス性神経疾患に影響を及ぼす宿主要因と環境要因
        基盤研究(C)
        京都産業大学
        西野 佳以
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        ウイルス;ボルナ病ウイルス;ストレス;TGF-β;神経疾患;神経細胞;コルチコステロン;グリア細胞;ストレス反応;マウス;感染症;ミフェプリストン;グルココルチコイドレセプター;脳神経疾患;副腎皮質ホルモン;宿主因子;環境要因;宿主要因
      • 組織特異的転写因子Mitfが破骨細胞分化ならびに機能において果たす役割とその機構
        基盤研究(C)
        麻布大学
        村上 賢
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        破骨細胞分化;転写因子;Mitf;転写因子Mitf
      • 褐色脂肪細胞制御による新たなウシ肥育技術開発に向けた基礎研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        舟場 正幸
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        褐色脂肪細胞;ウシ;脂肪組織;転写因子
      • 筋線維型調節を可能にする未利用飼料資源の発掘
        基盤研究(B)
        京都大学
        松井 徹
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        筋線維型;Pgc1α;飼料;肉色;肥育牛
      • 破骨細胞分化に及ぼすTGF-βファミリーとMitfの役割
        基盤研究(C)
        麻布大学
        村上 賢
        完了
        TGF-βファミリー;Mitf;遺伝子発現制御;破骨細胞分化;シグナル伝達
      • 胚性多分化能細胞から中胚葉系列細胞への分化におけるTGF-βファミリー
        基盤研究(C)
        京都大学;麻布大学
        舟場 正幸
        完了
        TGF-βファミリー;胚性多分化能細胞;分化;中胚葉系列細胞
      • ボルナ病における中枢神経障害機構の解明
        基盤研究(C)
        麻布大学
        西野 佳以
        完了
        ボルナ病;ボルナ病ウイルス;中枢神経疾患;遺伝子変異;行動異常;運動機能障害;実験感染;ラット;馴化;TGF-βファミリー;行動学的異常;神経症状;中枢神経系;運動機能疾患
      • 多能性骨髄幹細胞から免疫担当細胞への分化に及ぼすTGF-βファミリーの役割
        基盤研究(C)
        麻布大学
        村上 賢
        完了
        TGF-βファミリー;シグナル伝達;遺伝子発現制御;多能性幹細胞;中胚葉マーカー遺伝子;Mitf;Brachyury(Bra);Goosecoid(Gsc);Nodal;A6細胞;P19細胞;Brachyury;Goosecoid;nodal;TGF-β;activin;goosecoid, TGF-β family;signal transduction;regulatory gene expression;pluripotent stem cells;mesodermal gene markers;Mitf
      • 自然免疫でのマスト細胞活性化機序の解析
        基盤研究(C)
        麻布大学
        池田 輝雄
        完了
        mast cell;BMMC;lipopolysaccharide;自然免疫;peptidoglycan;サイトカイン;DNAアレイ;mmp;FimH;大腸菌, mast cell;Bone marrow derived mast cell;lipopolysaccharide;innate immunity;peptidoglycan;cytokine;DNA array
      • TGF-βファミリーによるマスト細胞の機能調節とその分子機構
        基盤研究(C)
        麻布大学
        舟場 正幸
        完了
        TGF-βファミリー;マスト細胞;シグナル伝達;分化;activin A;TGF-β;tocopherol-associated protein;遊走能;Smad3;p38キナーゼ;activin;BMP;MITF;Smad, TGF-β family;mast cell;signal transduction;cell differentiation
      • マスト細胞におけるアクチビンの役割:発現、機能ならびに作用機構について
        若手研究(B)
        麻布大学
        舟場 正幸
        完了
        アクチビン;マスト細胞;遺伝子発現;カルモジュリン;遊走;マスト細胞プロテアーゼ-1;分化;AP-1;ATF;転写調節
      • 軟骨・骨組織からのホリスタチン関連蛋白遺伝子のクローニングと機能解析
        奨励研究(A)
        麻布大学
        舟場 正幸
        完了
      • 哺乳動物の栄養素利用調節機能とその機構
        奨励研究(A)
        麻布大学
        舟場 正幸
        完了
        栄養;同化調節;栄養素利用;哺乳動物
      • 早期離乳後の子牛における窒素代謝の変化
        一般研究(C)
        麻布大学
        阿部 又信
        完了
        子牛;早期離乳;窒素代謝;プリン誘導体;IGF-I;3-メチルヒスチジン;小腸移行微生物窒素;代償性成長

      外部資金:その他

      • カプサイシンによる褐色脂肪細胞活性化機構
        2016年度 旗影会研究助成
        自 2016年06月01日, 至 2017年03月31日
        舟場正幸
      • TGF-βファミリーの情報伝達機構
        日本私立学校振興事業団・大学院高度化研究費
        自 2007年, 至 2007年
        舟場正幸
      • TGF-βファミリーの情報伝達機構:普遍的機構と標的細胞特異的機構
        日本私立学校振興事業団・大学院高度化研究費
        自 2006年, 至 2006年
        舟場正幸
      • 多機能分子群であるTGF-βファミリーが多機能である理由:シグナル伝達の観点からの検討
        日本私立学校振興事業団・大学院高度化研究費
        自 2005年, 至 2005年
        舟場正幸
      • アクチビンの情報伝達に関する分子機構:普遍的伝達と組織特異的伝達
        日本私立学校振興事業団・大学院高度化研究費
        自 2003年, 至 2004年
        舟場正幸
      list
        Last Updated :2022/08/15

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用動物科学技術論と実習II
          1046, 前期集中, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物栄養科学演習1
          DB32, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物栄養科学
          5158, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物栄養科学専攻実験1
          DC32, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物栄養科学専攻実験2
          DC33, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          資源生物科学概論A
          5112, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          資源生物科学専門外書講義II
          5189, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          細胞生物学I
          5071, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物栄養機能学
          5237, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物分子生理学II
          5717, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物栄養科学演習2
          DB33, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物代謝調節学特論
          DA28, 前期, 農学研究科, 2
        • 動物栄養学
        • 動物栄養機能学
        • 資源生物科学専門外書講義I
        • 資源生物科学実験及び実験法I, II
        • 応用動物科学演習I, II
        • 課題研究
        • 動物栄養代謝学特論
        • 動物栄養科学演習
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          動物栄養科学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          動物栄養科学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          動物栄養科学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          動物代謝調節学特論
          前期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          動物栄養科学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          動物栄養科学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ヒトの栄養とペットの栄養
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          動物栄養科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          動物栄養科学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          動物栄養科学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          動物栄養科学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物代謝調節学特論
          前期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物栄養科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物栄養科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物栄養科学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物栄養科学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物栄養科学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          動物栄養科学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          動物栄養科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          動物栄養科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          動物栄養科学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          動物栄養科学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          動物栄養科学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          動物栄養科学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          資源生物科学専門外書講義II
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          動物代謝調節学特論
          前期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          動物栄養科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          動物栄養科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          動物栄養科学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          動物栄養科学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          資源生物科学専門外書講義II
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物栄養科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物栄養科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物栄養科学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物栄養科学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          動物代謝調節学特論
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          動物栄養科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          動物栄養科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          動物栄養科学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          動物栄養科学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          資源生物科学専門外書講義I(資源動物G)
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物栄養学
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物栄養機能学
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物栄養科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物栄養科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物栄養科学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物栄養科学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        list
          Last Updated :2022/08/15

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 農学研究科国際協力委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            研究活動推進委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            FD委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            広報委員会 委員

          ページ上部へ戻る