教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

生田 宏一

イクタ コウイチ

医生物学研究所 ウイルス感染研究部門 教授

生田 宏一
list
    Last Updated :2022/09/30

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 免疫制御学, 教授
    • 医学研究科, 医科学専攻 免疫制御学, 教授
    • 薬学研究科, 薬科学専攻 免疫防御学, 教授

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      ikuta.koichi.6ckyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 日本生化学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本免疫学会

    学位

    • 医学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程転入学, 修了

    出身学校・専攻等

    • 東京大学, 医学部医学科, 卒業

    経歴

    • 自 2022年04月, 至 現在
      京都大学, 医生物学研究所, 教授
    • 自 2016年10月, 至 2022年03月
      京都大学, ウイルス・再生医科学研究所, 教授
    • 自 2002年04月, 至 2016年09月
      京都大学, ウイルス研究所, 教授
    • 自 1996年07月, 至 2002年03月
      京都大学, 大学院医学研究科, 助教授
    • 自 1992年03月, 至 1997年03月
      東京大学, 医学部, 客員助教授
    • 自 1990年01月, 至 1992年02月
      スタンフォード大学, 医学部ハワード・ヒューズ医学研究所, 研究員
    • 自 1988年01月, 至 1990年01月
      スタンフォード大学, 医学部病理学講座, 博士研究員
    • 自 1987年05月, 至 1988年01月
      熊本大学, 医学部付属免疫医学研究施設, 助手
    • 自 1987年04月, 至 1987年04月
      京都大学, 医学部附属病院, 医員

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/30

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        インターロイキン7受容体(IL-7R)の免疫系における機能、IL-7Rの発現制御機構、サイトカイン産生細胞の可視化と機能解析、ステロイドホルモンによる免疫機能の制御、免疫機能の概日調節、性差免疫学
      • 研究概要

        これまで、胎児期と成体期の造血幹細胞でリンパ球に分化する能力が異なっていること、インターロイキン7というサイトカインがリンパ球抗原受容体遺伝子のDNA組換えを誘導することを明らかにしてきた。この流れを受け、現在、インターロイキン7による免疫系の構築と免疫応答の制御機構について研究をおこなっている。

      研究キーワード

      • innate lymphoid cell
      • innate-like lymphocyte
      • glucocorticoid
      • sex hormone
      • circadian rhythm
      • lymphocyte
      • microenvironment
      • IL-7 receptor
      • cytokine receptor
      • cytokine

      研究分野

      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, 病態医化学
      • ライフサイエンス, 医化学

      論文

      • Androgens Alleviate Allergic Airway Inflammation by Suppressing Cytokine Production in Th2 Cells.
        Aki Ejima; Shinya Abe; Akihiro Shimba; Susumu Sato; Takuya Uehata; Shizue Tani-Ichi; Satoru Munakata; Guangwei Cui; Osamu Takeuchi; Toyohiro Hirai; Shigeaki Kato; Koichi Ikuta
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2022年08月17日
      • Cytotoxic innate lymphoid cells sense cancer cell-expressed interleukin-15 to suppress human and murine malignancies.
        Emily R Kansler; Saïda Dadi; Chirag Krishna; Briana G Nixon; Efstathios G Stamatiades; Ming Liu; Fengshen Kuo; Jing Zhang; Xian Zhang; Kristelle Capistrano; Kyle A Blum; Kate Weiss; Ross M Kedl; Guangwei Cui; Koichi Ikuta; Timothy A Chan; Christina S Leslie; A Ari Hakimi; Ming O Li
        Nature immunology, 2022年06月, 査読有り
      • Estradiol suppresses psoriatic inflammation in mice by regulating neutrophil and macrophage functions.
        Akimasa Adachi; Tetsuya Honda; Gyohei Egawa; Shuto Kanameishi; Riko Takimoto; Toshiya Miyake; Md Razib Hossain; Mayumi Komine; Mamitaro Ohtsuki; Matthias Gunzer; Koichi Ikuta; Kenji Kabashima
        The Journal of allergy and clinical immunology, 2022年05月04日, 査読有り
      • IRF4 deficiency vulnerates B-cell progeny for leukemogenesis via somatically acquired Jak3 mutations conferring IL-7 hypersensitivity.
        Dennis Das Gupta; Christoph Paul; Nadine Samel; Maria Bieringer; Daniel Staudenraus; Federico Marini; Hartmann Raifer; Lisa Menke; Lea Hansal; Bärbel Camara; Edith Roth; Patrick Daum; Michael Wanzel; Marco Mernberger; Andrea Nist; Uta-Maria Bauer; Frederik Helmprobst; Malte Buchholz; Katrin Roth; Lorenz Bastian; Alina M Hartmann; Claudia Baldus; Koichi Ikuta; Andreas Neubauer; Andreas Burchert; Hans-Martin Jäck; Matthias Klein; Tobias Bopp; Thorsten Stiewe; Axel Pagenstecher; Michael Lohoff
        Cell death and differentiation, 2022年04月22日, 査読有り
      • Fate of adipocyte progenitors during adipogenesis in mice fed a high-fat diet
        Muhammad Bilal; Allah Nawaz; Tomonobu Kado; Muhammad Rahil Aslam; Yoshiko Igarashi; Ayumi Nishimura; Yoshiyuki Watanabe; Takahide Kuwano; Jianhui Liu; Hiroyuki Miwa; Takumi Era; Koichi Ikuta; Johji Imura; Kunimasa Yagi; Takashi Nakagawa; Shiho Fujisaka; Kazuyuki Tobe
        Molecular Metabolism, 2021年09月, 査読有り
      • IL-4-Producing Vγ1+/Vδ6+ γδ T Cells Sustain Germinal Center Reactions in Peyer's Patches of Mice.
        Leon Ullrich; Yvonne Lueder; Anna-Lena Juergens; Anneke Wilharm; Joana Barros-Martins; Anja Bubke; Abdi Demera; Koichi Ikuta; Gwendolyn Elena Patzer; Anika Janssen; Inga Sandrock; Immo Prinz; Francesca Rampoldi
        Frontiers in immunology, 2021年, 査読有り
      • High-throughput identification and quantification of single bacterial cells in the microbiota.
        Jianshi Jin; Reiko Yamamoto; Tadashi Takeuchi; Guangwei Cui; Eiji Miyauchi; Nozomi Hojo; Koichi Ikuta; Hiroshi Ohno; Katsuyuki Shiroguchi
        Nature communications, 2022年02月22日, 査読有り
      • The Roles of IL-7 and IL-15 in Niches for Lymphocyte Progenitors and Immune Cells in Lymphoid Organs.
        Koichi Ikuta; Takahiro Hara; Shinya Abe; Takuma Asahi; Daichi Takami; Guangwei Cui
        Current topics in microbiology and immunology, 2021年, 招待有り
      • Lymph Node Stromal Cells: Diverse Meshwork Structures Weave Functionally Subdivided Niches.
        Arata Takeuchi; Madoka Ozawa; Guangwei Cui; Koichi Ikuta; Tomoya Katakai
        Current topics in microbiology and immunology, 2021年, 招待有り
      • Cell wall N-glycan of Candida albicans ameliorates early hyper- and late hypo-immunoreactivity in sepsis
        Masataka Kawakita; Taiki Oyama; Ikuma Shirai; Shuto Tanaka; Kotaro Akaki; Shinya Abe; Takuma Asahi; Guangwei Cui; Fumie Itoh; Masato Sasaki; Nobuyuki Shibata; Koichi Ikuta; Tomomitsu Hatakeyama; Kazuhiko Takahara
        Communications Biology, 2021年12月, 査読有り
      • Prolonged high-intensity exercise induces fluctuating immune responses to herpes simplex virus infection via glucocorticoids
        Akimasa Adachi; Tetsuya Honda; Teruki Dainichi; Gyohei Egawa; Yosuke Yamamoto; Takashi Nomura; Saeko Nakajima; Atsushi Otsuka; Masamitsu Maekawa; Nariyasu Mano; Naoto Koyanagi; Yasushi Kawaguchi; Toshiaki Ohteki; Takashi Nagasawa; Koichi Ikuta; Akihiko Kitoh; Kenji Kabashima
        Journal of Allergy and Clinical Immunology, 2021年05月, 査読有り
      • Generation and characterization of a Meflin-CreERT2 transgenic line for lineage tracing in white adipose tissue
        Takahide Kuwano; Hironori Izumi; Muhammad Rahil Aslam; Yoshiko Igarashi; Muhammad Bilal; Ayumi Nishimura; Yoshiyuki Watanabe; Allah Nawaz; Tomonobu Kado; Koichi Ikuta; Seiji Yamamoto; Masakiyo Sasahara; Shiho Fujisaka; Kunimasa Yagi; Hisashi Mori; Kazuyuki Tobe
        PLOS ONE, 2021年03月24日, 査読有り
      • Control of immunity by glucocorticoids in health and disease
        Akihiro Shimba; Koichi Ikuta
        Seminars in Immunopathology, 2020年12月, 査読有り, 招待有り
      • Immune-enhancing effects of glucocorticoids in response to day–night cycles and stress
        Akihiro Shimba; Koichi Ikuta
        International Immunology, 2020年10月20日, 招待有り
      • Glucocorticoids regulate circadian rhythm of innate and adaptive immunity
        Akihiro Shimba; Koichi Ikuta
        Frontiers in Immunology, 2020年09月18日, 査読有り, 招待有り
      • The transcription factor E2A activates multiple enhancers that drive Rag expression in developing T and B cells
        Kazuko Miyazaki; Hitomi Watanabe; Genki Yoshikawa; Kenian Chen; Reiko Hidaka; Yuki Aitani; Kai Osawa; Rie Takeda; Yotaro Ochi; Shizue Tani-ichi; Takuya Uehata; Osamu Takeuchi; Koichi Ikuta; Seishi Ogawa; Gen Kondoh; Yin C. Lin; Hiroyuki Ogata; Masaki Miyazaki
        Science Immunology, 2020年09月04日, 査読有り
      • Innate-like CD27+CD45RBhigh γδ T Cells Require TCR Signaling for Homeostasis in Peripheral Lymphoid Organs.
        Shizue Tani-Ichi; Keisuke Wagatsuma; Takahiro Hara; Guangwei Cui; Shinya Abe; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Koichi Ikuta
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2020年05月15日, 査読有り
      • Intestinal epithelial cell-derived IL-15 determines local maintenance and maturation of intra-epithelial lymphocytes in the intestine.
        Yuanbo Zhu; Guangwei Cui; Eiji Miyauchi; Yuki Nakanishi; Hisa Mukohira; Akihiro Shimba; Shinya Abe; Shizue Tani-Ichi; Takahiro Hara; Hiroshi Nakase; Tsutomu Chiba; Atsuko Sehara-Fujisawa; Hiroshi Seno; Hiroshi Ohno; Koichi Ikuta
        International immunology, 2020年05月08日, 査読有り
      • IL-7R-Dependent Phosphatidylinositol 3-Kinase Competes with the STAT5 Signal to Modulate T Cell Development and Homeostasis.
        Guangwei Cui; Akihiro Shimba; Guangyong Ma; Kazuhiko Takahara; Shizue Tani-Ichi; Yuanbo Zhu; Takuma Asahi; Akifumi Abe; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Takahiro Hara; Jun-Ichirou Yasunaga; Hirotsugu Suwanai; Hisakata Yamada; Masao Matsuoka; Kohjiro Ueki; Yasunobu Yoshikai; Koichi Ikuta
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2020年02月15日, 査読有り
      • Chronic circadian misalignment accelerates immune senescence and abbreviates lifespan in mice.
        Hitoshi Inokawa; Yasuhiro Umemura; Akihiro Shimba; Eiryo Kawakami; Nobuya Koike; Yoshiki Tsuchiya; Munehiro Ohashi; Yoichi Minami; Guangwei Cui; Takuma Asahi; Ryutaro Ono; Yuh Sasawaki; Eiichi Konishi; Seung-Hee Yoo; Zheng Chen; Satoshi Teramukai; Koichi Ikuta; Kazuhiro Yagita
        Scientific reports, 2020年02月13日, 査読有り
      • Mesenchymal stromal cells in bone marrow express adiponectin and are efficiently targeted by an adiponectin promoter-driven Cre transgene.
        Hisa Mukohira; Takahiro Hara; Shinya Abe; Shizue Tani-Ichi; Atsuko Sehara-Fujisawa; Takashi Nagasawa; Kazuyuki Tobe; Koichi Ikuta
        International immunology, 2019年10月16日, 査読有り
      • Notch signaling controls transcription via the recruitment of RUNX1 and MYB to enhancers during T cell development
        Rodríguez-Caparrós, A; García, V; Casal, Á; López-Ros, J; García-Mariscal, A; Tani-ichi, S; Ikuta, K; Hernández-Munain, C
        J. Immunol., 2019年, 査読有り
      • Tissue maintenance of CMV-specific inflationary memory T cells by IL-15
        Nicolas S. Baumann; Nicole Torti; Suzanne P. M. Welten; Isabel Barnstorf; Mariana Borsa; Katharina Pallmer; Jennifer D. Oduro; Luka Cicin-Sain; Koichi Ikuta; Burkhard Ludewig; Annette Oxenius
        PLoS Pathogens, 2018年04月01日, 査読有り
      • Glucocorticoids Drive Diurnal Oscillations in T Cell Distribution and Responses by Inducing Interleukin-7 Receptor and CXCR4.
        Akihiro Shimba; Guangwei Cui; Shizue Tani-Ichi; Makoto Ogawa; Shinya Abe; Fumie Okazaki; Satsuki Kitano; Hitoshi Miyachi; Hisakata Yamada; Takahiro Hara; Yasunobu Yoshikai; Takashi Nagasawa; Günther Schütz; Koichi Ikuta
        Immunity, 2018年02月20日, 査読有り
      • グルココルチコイドと免疫概日リズムが制御する生体防御機構
        榛葉旭恒; 生田宏一
        医学のあゆみ, 2018年, 招待有り
      • グルココルチコイドによる免疫機能の日内変動の制御
        生田宏一; 榛葉旭恒
        アンチ・エイジング医学, 2018年, 招待有り
      • High fat diet exacerbates murine psoriatic dermatitis by increasing the number of IL-17-producing gamma delta T cells
        Satoshi Nakamizo; Tetsuya Honda; Akimasa Adachi; Takahiro Nagatake; Jun Kunisawa; Akihiko Kitoh; Atsushi Otsuka; Teruki Dainichi; Takashi Nomura; Florent Ginhoux; Koichi Ikuta; Gyohei Egawa; Kenji Kabashima
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年10月, 査読有り
      • Hematopoietic Stem Cell Niches Produce Lineage-Instructive Signals to Control Multipotent Progenitor Differentiation
        Ana Cordeiro Gomes; Takahiro Hara; Vivian Y. Lim; Dietmar Herndler-Brandstetter; Erin Nevius; Tatsuki Sugiyama; Shizue Tani-ichi; Susan Schlenner; Ellen Richie; Hans-Reimer Rodewald; Richard A. Flavell; Takashi Nagasawa; Koichi Ikuta; Joao Pedro Pereira
        IMMUNITY, 2016年12月, 査読有り
      • Fibroblastic reticular cells regulate intestinal inflammation via IL-15-mediated control of group 1 ILCs
        Cristina Gil-Cruz; Christian Perez-Shibayama; Lucas Onder; Qian Chai; Jovana Cupovic; Hung -Wei Cheng; Mario Novkovic; Philipp A. Lang; Markus B. Geuking; Kathy D. McCoy; Shinya Abe; Guangwei Cui; Koichi Ikuta; Elke Scandella; Burkhard Ludewig
        NATURE IMMUNOLOGY, 2016年12月, 査読有り
      • Sepsis-Induced Osteoblast Ablation Causes Immunodeficiency
        Asuka Terashima; Kazuo Okamoto; Tomoki Nakashima; Shizuo Akira; Koichi Ikuta; Hiroshi Takayanagi
        IMMUNITY, 2016年06月, 査読有り
      • Thy1(+)IL-7(+) lymphatic endothelial cells in iBALT provide a survival niche for memory T-helper cells in allergic airway inflammation
        Kenta Shinoda; Kiyoshi Hirahara; Tomohisa Iinuma; Tomomi Ichikawa; Akane S. Suzuki; Kaoru Sugaya; Damon J. Tumes; Heizaburo Yamamoto; Takahiro Hara; Shizue Tani-ichie; Koichi Ikuta; Yoshitaka Okamoto; Toshinori Nakayama
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2016年05月, 査読有り
      • エンハンサーによるIL-7レセプターの発現の制御
        生田宏一; 阿部昌史; 谷一靖江
        医学のあゆみ, 2016年, 査読有り
      • gamma delta T Cells Shape Preimmune Peripheral B Cell Populations
        Yafei Huang; Andrew Getahun; Ryan A. Heiser; Thiago O. Detanico; Katja Aviszus; Greg A. Kirchenbaum; Tamara L. Casper; Chunjian Huang; M. Kemal Aydintug; Simon R. Carding; Koichi Ikuta; Hua Huang; Lawrence J. Wysocki; John C. Cambier; Rebecca L. O'Brien; Willi K. Born
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2016年01月, 査読有り
      • Ectopic Aire Expression in the Thymic Cortex Reveals Inherent Properties of Aire as a Tolerogenic Factor within the Medulla
        Hitoshi Nishijima; Satsuki Kitano; Hitoshi Miyachi; Junko Morimoto; Hiroshi Kawano; Fumiko Hirota; Ryoko Morita; Yasuhiro Mouri; Kiyoshi Masuda; Issei Imoto; Koichi Ikuta; Mitsuru Matsumoto
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2015年11月, 査読有り
      • Hair follicle–derived IL-7 and IL-15 mediate skin-resident memory T cell homeostasis and lymphoma
        Takeya Adachi; Tetsuro Kobayashi; Eiji Sugihara; Taketo Yamada; Koichi Ikuta; Stefania Pittaluga; Hideyuki Saya; Masayuki Amagai; Keisuke Nagao
        Nature Medicine, 2015年10月, 査読有り
      • An Enhancer of the IL-7 Receptor alpha-Chain Locus Controls IL-7 Receptor Expression and Maintenance of Peripheral T Cells
        Akifumi Abe; Shizue Tani-ichi; Soichiro Shitara; Guangwei Cui; Hisataka Yamada; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Takahiro Hara; Ryo Abe; Yasunobu Yoshikai; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2015年10月, 査読有り
      • STAT5 Orchestrates Local Epigenetic Changes for Chromatin Accessibility and Rearrangements by Direct Binding to the TCR gamma Locus
        Keisuke Wagatsuma; Shizue Tani-ichi; Bingfei Liang; Soichiro Shitara; Ko Ishihara; Manabu Abe; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Takahiro Hara; Masanobu Nanno; Hiromichi Ishikawa; Kenji Sakimura; Mitsuyoshi Nakao; Hiroshi Kimura; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2015年08月, 査読有り
      • Memory CD8(+) T cells colocalize with IL-7(+) stromal cells in bone marrow and rest in terms of proliferation and transcription
        Oezen Sercan Alp; Sibel Durlanik; Daniel Schulz; Mairi McGrath; Joachim R. Gruen; Marcus Bardua; Koichi Ikuta; Evridiki Sgouroudis; Rene Riedel; Sandra Zehentmeier; Anja E. Hauser; Motokazu Tsuneto; Fritz Melchers; Koji Tokoyoda; Hyun-Dong Chang; Andreas Thiel; Andreas Radbruch
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2015年04月, 査読有り
      • 生体内リンパ器官におけるサイトカインニッチの解明
        生田宏一; 崔広為; 原崇裕
        感染・炎症・免疫, 2015年, 招待有り
      • gamma delta T cells affect IL-4 production and B-cell tolerance
        Yafei Huang; Ryan A. Heiser; Thiago O. Detanico; Andrew Getahun; Greg A. Kirchenbaum; Tamara L. Casper; M. Kemal Aydintug; Simon R. Carding; Koichi Ikuta; Hua Huang; John C. Cambier; Lawrence J. Wysocki; Rebecca L. O'Brien; Willi K. Born
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2015年01月, 査読有り
      • A Genome-Wide Analysis Identifies a Notch-RBP-J kappa-IL-7R alpha Axis That Controls IL-17-Producing gamma delta T Cell Homeostasis in Mice
        Masataka Nakamura; Kensuke Shibata; Shinya Hatano; Tetsuya Sato; Yasuyuki Ohkawa; Hisakata Yamada; Koichi Ikuta; Yasunobu Yoshikai
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2015年01月, 査読有り
      • Characterization of the IL-15 niche in primary and secondary lymphoid organs in vivo.
        Cui G; Hara T; Simmons S; Wagatsuma K; Abe A; Miyachi H; Kitano S; Ishii M; Tani-ichi S; Ikuta K
        Proc Natl Acad Sci USA, 2014年02月, 査読有り
      • Characterization of the IL-15 niche in primary and secondary lymphoid organs in vivo
        Guangwei Cui; Takahiro Hara; Szandor Simmons; Keisuke Wagatsuma; Akifumi Abe; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Masaru Ishii; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2014年02月, 査読有り
      • Environments of B cell development
        Motokazu Tsuneto; Ekaterina Kajikhina; Katharina Seiler; Andreas Reimer; Julia Tornack; Corinne Bouquet; Szandor Simmons; Marko Knoll; Ingrid Wolf; Koji Tokoyoda; Anja Hauser; Takahiro Hara; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta; Joachim R. Gruen; Andreas Gruetzkau; Niklas Engels; Juergen Wienands; Yuki Yanagisawa; Kazuo Ohnishi; Fritz Melchers
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2014年01月, 査読有り
      • Reprint of: Environments of B cell development
        Motokazu Tsuneto; Ekaterina Kajikhina; Katharina Seiler; Andreas Reimer; Julia Tornack; Corinne Bouquet; Szandor Simmons; Marko Knoll; Ingrid Wolf; Koji Tokoyoda; Anja Hauser; Takahiro Hara; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta; Joachim R. Grün; Andreas Grützkau; Niklas Engels; Jürgen Wienands; Yuki Yanagisawa; Kazuo Ohnishi; Fritz Melchers
        Immunology Letters, 2014年, 査読有り
      • 後期T細胞分化におけるIL-7Rの機能
        谷一靖江; 生田宏一
        医学のあゆみ, 2014年, 招待有り
      • T細胞におけるIL-7レセプターの転写制御と機能
        谷一靖江; 原崇裕; 生田宏一
        臨床免疫・アレルギー科, 2014年, 招待有り
      • IL-15産生細胞の可視化—免疫系の微小環境の解明に期待
        生田宏一; 崔広為
        医学のあゆみ, 2014年, 招待有り
      • 肝細胞が産生するIL-7の機能
        生田宏一
        医学のあゆみ, 2014年, 招待有り
      • B-Cell Progenitors and Precursors Change Their Microenvironment in Fetal Liver During Early Development
        Motokazu Tsuneto; Koji Tokoyoda; Ekaterina Kajikhina; Anja E. Hauser; Takahiro Hara; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta; Fritz Melchers
        STEM CELLS, 2013年12月, 査読有り
      • Signal transducer and activator of transcription 3 (Stat3) contributes to T-cell homeostasis by regulating pro-survival Bcl-2 family genes
        Jin-Ku Lee; Cheolhee Won; Eun Hee Yi; Seung-Hyeok Seok; Myoung-Hwan Kim; Sang-Jeong Kim; Myung-Hee Chung; Hyun Gyu Lee; Koichi Ikuta; Sang-Kyu Ye
        IMMUNOLOGY, 2013年11月, 査読有り
      • CD49b-dependent establishment of T helper cell memory
        Asami Hanazawa; Koji Hayashizaki; Kenta Shinoda; Hideo Yagita; Ko Okumura; Max Loehning; Takahiro Hara; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta; Beate Eckes; Andreas Radbruch; Koji Tokoyoda; Toshinori Nakayama
        IMMUNOLOGY AND CELL BIOLOGY, 2013年09月, 査読有り
      • Lymphocyte-stromal cell interaction induces IL-7 expression by interferon regulatory factors
        Miho Sekai; Shizue Tani-ichi; Mitsutoshi Yoneyama; Takashi Fujita; Tatsuo Kina; Koichi Ikuta
        Molecular Immunology, 2013年07月, 査読有り
      • IL-7 Produced by Thymic Epithelial Cells Plays a Major Role in the Development of Thymocytes and TCR gamma delta(+) Intraepithelial Lymphocytes
        Soichiro Shitara; Takahiro Hara; Bingfei Liang; Keisuke Wagatsuma; Saulius Zuklys; Georg A. Hollaender; Hiroshi Nakase; Tsutomu Chiba; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2013年06月, 査読有り
      • 肝臓IL-7の新たな機能
        生田宏一; 原崇裕; 谷一靖江
        感染・炎症・免疫, 2013年, 招待有り
      • IL-7産生細胞のリンパ組織内分布
        原崇裕; 生田宏一
        医学のあゆみ, 2013年, 招待有り
      • Interleukin-7 receptor controls development and maturation of late stages of thymocyte subpopulations
        Shizue Tani-ichi; Akihiro Shimba; Keisuke Wagatsuma; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Kumiko Imai; Takahiro Hara; Koichi Ikuta
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2013年01月, 査読有り
      • Role of Hepatocyte-Derived IL-7 in Maintenance of Intrahepatic NKT Cells and T Cells and Development of B Cells in Fetal Liver
        Bingfei Liang; Takahiro Hara; Keisuke Wagatsuma; Jia Zhang; Kazushige Maki; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Chihiro Yabe-Nishimura; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2012年11月, 査読有り
      • Identification of IL-7-Producing Cells in Primary and Secondary Lymphoid Organs Using IL-7-GFP Knock-In Mice
        Takahiro Hara; Soichiro Shitara; Kumiko Imai; Hitoshi Miyachi; Satsuki Kitano; Hisayuki Yao; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2012年08月, 査読有り
      • αβT細胞レセプターとγδT細胞レセプターの発現制御機構 (特集 胸腺におけるT細胞の分化とその機序)
        谷一 靖江; 生田 宏一
        臨床免疫・アレルギー科, 2011年09月, 査読有り
      • 胸腺上皮細胞が産生するサイトカインとT細胞の分化 (特集 胸腺におけるT細胞の分化とその機序)
        生田 宏一; 原 崇裕; 谷一 靖江
        臨床免疫・アレルギー科, 2011年09月, 査読有り
      • The pre-TCR signal induces transcriptional silencing of the TCR gamma locus by reducing the recruitment of STAT5 and Runx to transcriptional enhancers
        Shizue Tani-ichi; Masanobu Satake; Koichi Ikuta
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2011年09月, 査読有り
      • Contribution of IL-17-producing gamma delta T cells to the efficacy of anticancer chemotherapy (vol 208, pg 491, 2011)
        Yuting Ma; Laetitia Aymeric; Clara Locher; Stephen R. Mattarollo; Nicolas F. Delahaye; Pablo Pereira; Laurent Boucontet; Lionel Apetoh; Francois Ghiringhelli; Noelia Casares; Juan Jose Lasarte; Goro Matsuzaki; Koichi Ikuta; Bernard Ryffel; Kamel Benlagha; Antoine Tesniere; Nicolas Ibrahim; Julie Dechanet-Merville; Nathalie Chaput; Mark J. Smyth; Guido Kroemer; Laurence Zitvogel
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2011年04月, 査読有り
      • Contribution of IL-17-producing gamma delta T cells to the efficacy of anticancer chemotherapy
        Yuting Ma; Laetitia Aymeric; Clara Locher; Stephen R. Mattarollo; Nicolas F. Delahaye; Pablo Pereira; Laurent Boucontet; Lionel Apetoh; Francois Ghiringhelli; Noelia Casares; Juan Jose Lasarte; Goro Matsuzaki; Koichi Ikuta; Bernard Ryffel; Kamel Benlagha; Antoine Tesniere; Nicolas Ibrahim; Julie Dechanet-Merville; Nathalie Chaput; Mark J. Smyth; Guido Kroemer; Laurence Zitvogel
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2011年03月, 査読有り
      • Upregulated IL-7 Receptor alpha Expression on Colitogenic Memory CD4(+) T Cells May Participate in the Development and Persistence of Chronic Colitis
        Tamako Shinohara; Yasuhiro Nemoto; Takanori Kanai; Kaori Kameyama; Ryuichi Okamoto; Kiichiro Tsuchiya; Tetsuya Nakamura; Teruji Totsuka; Koichi Ikuta; Mamoru Watanabe
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2011年02月, 査読有り
      • エピジェネティクスと免疫疾患
        生田宏一
        MEDCHEM NEWS 、第21 巻、第4 号、pp24- 26 、2011, 2011年, 査読有り
      • Accessibility control of TCR V-gamma region by STAT5
        Shizue Tani-ichi; Hai-Chon Lee; Sang-Kyu Ye; Koichi Ikuta
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2010年08月, 査読有り
      • Essential Role of IL-17A in the Formation of a Mycobacterial Infection-Induced Granuloma in the Lung
        Yuko Okamoto Yoshida; Masayuki Umemura; Ayano Yahagi; Rebecca L. O'Brien; Koichi Ikuta; Kenji Kishihara; Hiromitsu Hara; Susumu Nakae; Yoichiro Iwakura; Goro Matsuzaki
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2010年04月, 査読有り
      • クロマチン構造変換による免疫系の多偸腫獲得機構
        生田宏一
        神戸膠原病研究会, 神戸, 10 月22 日,2010., 2010年, 査読有り
      • Dual role for Id2 in chemical carcinogen-induced skin tumorigenesis
        Atsushi Tokuriki; Tomonori Iyoda; Kayo Inaba; Koichi Ikuta; Shinji Fujimoto; Masanobu Kumakiri; Yoshifumi Yokota
        CARCINOGENESIS, 2009年09月, 査読有り
      • Activation of the mouse TCR gamma enhancers by STAT5
        Shizue Tani-ichi; Masanobu Satake; Koichi Ikuta
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2009年09月, 査読有り
      • Cutting edge: Inhibition of NF-kappa B-mediated TSLP expression by retinoid X receptor
        Hai-Chon Lee; Mark B. Headley; Masanori Iseki; Koichi Ikuta; Steven F. Ziegler
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2008年10月, 査読有り
      • IL-17A produced by gammadelta T cells plays a critical role in innate immunity against listeria monocytogenes infection in the liver.
        Satoru Hamada; Masayuki Umemura; Takeru Shiono; Kensho Tanaka; Ayano Yahagi; M Dilara Begum; Kiyotetsu Oshiro; Yuko Okamoto; Hisami Watanabe; Kazuyoshi Kawakami; Christina Roark; Willi K Born; Rebecca O'Brien; Koichi Ikuta; Hiromichi Ishikawa; Susumu Nakae; Yoichiro Iwakura; Takao Ohta; Goro Matsuzaki
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2008年09月01日, 査読有り
      • MEK1/2 induces STAT5-mediated germline transcription of the TCR gamma locus in response to IL-7R signaling
        Kazushige Maki; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2008年07月, 査読有り
      • Physical and functional interactions between STAT5 and Runx transcription factors
        Shinya Ogawa; Masanobu Satake; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2008年05月, 査読有り
      • Transcriptional activation of mouse TCR J gamma 4 germline promoter by STAT5
        Naomi Masui; Shizue Tani-ichi; Kazushige Maki; Koichi Ikuta
        MOLECULAR IMMUNOLOGY, 2008年02月, 査読有り
      • A reporter assay for Stat5-dependent promoters without cytokine stimulation
        Tsuguto Toda; Hiroyuki Wada; Shinya Ogawa; Shizue Tani-ichi; Koichi Ikuta
        ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 2008年01月, 査読有り
      • Induction of the IL-7 receptor alpha chain in mouse peripheral B cells by glucocorticoids
        Hirofumi Shibata; Shizue Tani-ichi; Hai-Chon Lee; Kazushige Maki; Koichi Ikuta
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2007年07月, 査読有り
      • Accumulation of gamma/delta T cells in the lungs and their roles in neutrophil-mediated host defense against pneumococcal infection
        Chikara Nakasone; Natsuo Yamamoto; Masashi Nakamatsu; Takeshi Kinjo; Kazuya Miyagi; Kaori Uezu; Kiwamu Nakamura; Futoshi Higa; Hiromichi Ishikawa; Rebecca L. O'Brien; Koichi Ikuta; Mitsuo Kaku; Jiro Fujita; Kazuyoshi Kawakami
        MICROBES AND INFECTION, 2007年03月, 査読有り
      • Recombination control of the lymphocyte antigen receptor genes by chromatin structural changes
        生田宏一; 谷一靖江
        蛋白質 核酸 酵素, 2006年11月10日, 査読有り
      • Regulatory role of gamma delta T cells in the recruitment of CD4(+) and CD8(+) T cells to lung and subsequent pulmonary fibrosis
        Philip L. Simonian; Christina L. Roark; Fernando Diaz del Valle; Brent E. Palmer; Ivor S. Douglas; Koichi Ikuta; Willi K. Born; Rebecca L. O'Brien; Andrew P. Fontenot
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2006年10月, 査読有り
      • The 20th IUBMB International Congress in Kyoto
        K Ikuta; R Kageyama; T Honjo
        IUBMB LIFE, 2006年05月, 査読有り
      • Transcriptional regulation of the mouse IL-7 receptor a promoter by glucocorticoid receptor
        HC Lee; H Shibata; S Ogawa; K Maki; K Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2005年06月, 査読有り
      • Transcriptional regulation of the mouse interleukin-2 receptor beta chain gene by Ets and Egr-1
        SK Ye; TJ Kim; SS Won; TJ Yoon; TK Park; YC Yoo; YN Kim; HC Lee; K Ikuta; MH Chung; KH Lee
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2005年04月, 査読有り
      • インターロイキン7レセプターによるリンパ球抗原受容体遺伝子の組換えの制 御機構
        生田宏一
        神戸大学医学研究科大学院講義、神戸、6 月14 日、2005., 2005年, 査読有り
      • CD8 T 細胞の分化におけるSTAT5 の機能
        小川伸哉; 真木一茂; 生田宏一
        免疫コロキ ウム、有馬、2 月21 日、2005., 2005年, 査読有り
      • Generation of a transgenic animal model of hyperthyroid Graves' disease
        M Kim-Saijo; T Akamizu; K Ikuta; Y Iida; K Ohmori; K Matsubara; Y Matsuda; M Suzuki; F Matsuda; K Nakao
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2003年09月, 査読有り
      • Elimination of local macrophages in intestine prevents chronic colitis in interleukin-10-deficient mice
        N Watanabe; K Ikuta; K Okazaki; H Nakase; Y Tabata; M Matsuura; H Tamaki; C Kawanami; T Honjo; T Chiba
        DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 2003年02月, 査読有り
      • Activation and differentiation of autoreactive B-1 cells by interleukin 10 induce autoimmune hemolytic anemia in Fas-deficient antierythrocyte immunoglobulin transgenic mice
        N Watanabe; K Ikuta; S Nisitani; T Chiba; T Honjo
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2002年07月, 査読有り
      • Inducible gene knockout of transcription factor recombination signal binding protein-J reveals its essential role in T versus B lineage decision
        H Han; K Tanigaki; N Yamamoto; K Kuroda; M Yoshimoto; T Nakahata; K Ikuta; T Honjo
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2002年06月, 査読有り
      • MHC class I-dependent V gamma 4(+) pulmonary T cells regulate alpha beta T cell-independent airway responsiveness
        M Lahn; A Kanehiro; K Takeda; J Terry; YS Hahn; MK Aydintug; A Konowal; K Ikuta; RL O'Brien; EW Gelfand; WK Born
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2002年06月, 査読有り
      • Seeding of dendritic epidermal T cells in the neonatal skin is reduced in 129 strain of mice
        HC Lee; K Tomiyama; SK Ye; K Kawai; K Ikuta
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2002年05月, 査読有り
      • Accessibility control of the TCR gamma locus by the IL-7 receptor
        K. Ikuta; S.K. Ye; H.C. Lee
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2002年, 査読有り
      • The IL-7 receptor controls the accessibility of the TCR gamma locus by Stat5 and histone acetylation
        SK Ye; Y Agata; HC Lee; H Kurooka; T Kitamura; A Shimizu; T Honjo; K Ikuta
        IMMUNITY, 2001年11月, 査読有り
      • In situ class switching and differentiation to IgA-producing cells in the gut lamina propria
        S Fagarasan; K Kinoshita; M Muramatsu; K Ikuta; T Honjo
        NATURE, 2001年10月, 査読有り
      • Differential roles of cytokine receptors in the development of epidermal gamma delta T cells
        SK Ye; K Maki; HC Lee; A Ito; K Kawai; H Suzuki; TW Mak; YH Chien; T Honjo; K Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2001年08月, 査読有り
      • Requirement for C3G-dependent Rap1 activation for cell adhesion and embryogenesis
        Y Ohba; K Ikuta; A Ogura; J Matsuda; N Mochizuki; K Nagashima; K Kurokawa; BJ Mayer; K Maki; J Miyazaki; M Matsuda
        EMBO JOURNAL, 2001年07月, 査読有り
      • Induction of germline transcription in the human TCRγ locus by STAT51
        H. C. Lee; S. K. Ye; T. Honjo; K. Ikuta
        Journal of Immunology, 2001年07月01日, 査読有り
      • Histone acetylation determines the developmentally regulated accessibility for T cell receptor gamma gene recombination
        Y Agata; T Katakai; SK Ye; M Sugai; H Gonda; T Honjo; K Ikuta; A Shimizu
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2001年04月, 査読有り
      • Molecular basis for hematopoietic/mesenchymal interaction during initiation of Peyer's patch organogenesis
        K Honda; H Nakano; H Yoshida; S Nishikawa; P Rennert; K Ikuta; M Tamechika; K Yamaguchi; T Fukumoto; T Chiba; SI Nishikawa
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2001年03月, 査読有り
      • Role of the IL-7 receptor in gamma-delta T cell development
        K Ikuta; HC Lee; SK Ye
        GAMMA-DELTA T CELLS, 2001年, 査読有り
      • Migration and differentiation of autoreactive B-1 cells induced by activated gamma/delta T cells in antierythrocyte immunoglobulin transgenic mice
        N Watanabe; K Ikuta; S Fagarasan; S Yazumi; T Chiba; T Honjo
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2000年12月, 査読有り
      • Depletion of a gamma delta T cell subset can increase host resistance to a bacterial infection
        RL O'Brien; Yin, X; SA Huber; K Ikuta; WK Born
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2000年12月, 査読有り
      • Increased frequency of surface IgA-positive plasma cells in the intestinal lamina propria and decreased IgA excretion in hyper IgA, (HIGA) mice, a murine model of IgA nephropathy with hyperserum IgA
        T Kamata; F Nogaki; S Fagarasan; T Sakiyama; N Kobayashi; S Miyawaki; K Ikuta; E Muso; H Yoshida; S Sasayama; T Honjo
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2000年08月, 査読有り
      • Alymphoplasia (aly)-type nuclear factor kappa B-inducing kinase (NIK) causes defects in secondary lymphoid tissue chemokine receptor signaling and homing of peritoneal cells to the gut-associated lymphatic tissue system
        S Fagarasan; R Shinkura; T Kamata; F Nogaki; K Ikuta; K Tashiro; T Honjo
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2000年05月, 査読有り
      • The monoclonal antibody TER-119 recognizes a molecule associated with glycophorin A and specifically marks the late stages of murine erythroid lineage
        T Kina; K Ikuta; E Takayama; K Wada; AS Majumdar; IL Weissman; Y Katsura
        BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 2000年05月, 査読有り
      • Mechanism of B1 cell differentiation and migration in GALT
        S Fagarasan; R Shinkura; T Kamata; F Nogaki; K Ikuta; T Honjo
        B 1 LYMPHOCYTES IN B CELL NEOPLASIA, 2000年, 査読有り
      • STAT5 as a molecular regulator of proliferation, differentiation and apoptosis in hematopoietic cells
        T Nosaka; T Kawashima; K Misawa; K Ikuta; ALF Mui; T Kitamura
        EMBO JOURNAL, 1999年09月, 査読有り
      • Induction of germline transcription in the TCR gamma locus by Stat5: Implications for accessibility control by the IL-7 receptor
        SK Ye; K Maki; T Kitamura; S Sunaga; K Akashi; J Domen; IL Weissman; T Honjo; K Ikuta
        IMMUNITY, 1999年08月, 査読有り
      • Expression levels of B cell surface immunoglobulin regulate efficiency of allelic exclusion and size of autoreactive B-1 cell compartment
        N Watanabe; S Nisitani; K Ikuta; M Suzuki; T Chiba; T Honjo
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1999年08月, 査読有り
      • Requirement of IL-5 for induction of autoimmune hemolytic anemia in anti-red blood cell autoantibody transgenic mice
        T Sakiyama; K Ikuta; S Nisitani; K Takatsu; T Honjo
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1999年06月, 査読有り
      • IL-7 receptor alpha(+) CD3(-) cells in the embryonic intestine induces the organizing center of Peyer's patches
        H Yoshida; K Honda; R Shinkura; S Adachi; S Nishikawa; K Maki; K Ikuta; S Nishikawa
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1999年05月, 査読有り
      • Alymphoplasia is caused by a point mutation in the mouse gene encoding nf-κb-inducing kinase
        Reiko Shinkura; Kazuhiro Kitada; Fumihiko Matsuda; Kei Tashiro; Koichi Ikuta; Misao Suzuki; Katsumi Kogishi; Tadao Serikawa; Tasuku Honjo
        Nature Genetics, 1999年05月, 査読有り
      • Antigen-driven clonal accumulation of peritoneal gamma delta T cells in vivo
        Y Kodaira; K Ikuta; S Tanaka; K Yokomuro
        IMMUNOLOGICAL INVESTIGATIONS, 1999年, 査読有り
      • 免疫グロブリン遺伝子の組換え制御におけるプレB細胞レセプターとIL-7レセプターの役割
        真木一茂; 永田喜三郎; 北村ふじ子; 生田宏一; 烏山一
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 1999年
      • Impaired anaphylactic responses with intact sensitivity to endotoxin in mice lacking a platelet-activating factor receptor
        S Ishii; T Kuwaki; T Nagase; K Maki; F Tashiro; S Sunaga; WH Cao; K Kume; Y Fukuchi; K Ikuta; J Miyazaki; M Kumada; T Shimizu
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1998年06月, 査読有り
      • Essential role of IL-7 receptor alpha in the formation of Peyer's patch anlage
        S Adachi; H Yoshida; K Honda; K Maki; K Saijo; K Ikuta; T Saito; S Nishikawa
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1998年01月, 査読有り
      • Role of cytosolic phospholipase A(2) in allergic response and parturition
        N Uozumi; K Kume; T Nagase; N Nakatani; S Ishii; F Tashiro; Y Komagata; K Maki; K Ikuta; Y Ouchi; J Miyazaki; T Shimizu
        NATURE, 1997年12月, 査読有り
      • Increased B-lymphopoiesis by interleukin 7 induces bone loss in mice with intact ovarian function: Similarity to estrogen deficiency
        C Miyaura; Y Onoe; M Inada; K Maki; K Ikuta; M Ito; T Suda
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1997年08月, 査読有り
      • Murine interleukin 4 transgenic heart allograft survival prolonged with down-regulation of the TH1 cytokine mRNA in grafts
        T Takeuchi; T Ueki; S Sunaga; K Ikuta; Y Sasaki; BX Li; N Moriyama; J Miyazaki; K Kawabe
        TRANSPLANTATION, 1997年07月, 査読有り
      • Developmentally ordered V-J recombination in mouse T cell receptor gamma locus is not perturbed by targeted deletion of the V gamma 4 gene
        S Sunaga; K Maki; Y Komagata; J Miyazaki; K Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 1997年05月, 査読有り
      • Efficient removal of loxP-flanked DNA sequences in a gene-targeted locus by transient expression of cre recombinase in fertilized eggs
        Shinji Sunaga; Kazushige Maki; Yoshinori Komagata; Koichi Ikuta; Jun-Ichi Miyazaki
        Molecular Reproduction and Development, 1997年02月, 査読有り
      • Myeloid differentiation is impaired in transgenic mice with targeted expression of a dominant negative form of retinoid X receptor beta
        S Sunaga; K Maki; E Lagasse; JCG Blanco; K Ozato; J Miyazaki; K Ikuta
        BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1997年01月, 査読有り
      • Heterogeneity of gamma delta T cells in the mouse liver
        Y Kodaira; K Ikuta; S Tanaka; JI Miyazaki; K Yokomuro
        CELLS OF THE HEPATIC SINUSOID, VOL 6, 1997年, 査読有り
      • Bronchial hyperreactivity, increased endotoxin lethality and melanocytic tumorigenesis in transgenic mice overexpressing platelet-activating factor receptor
        S Ishii; T Nagase; F Tashiro; K Ikuta; S Sato; Waga, I; K Kume; J Miyazaki; T Shimizu
        EMBO JOURNAL, 1997年01月, 査読有り
      • The V-J recombination of T cell receptor-gamma genes is blocked in interleukin-7 receptor-deficient mice
        K Maki; S Sunaga; K Ikuta
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1996年12月, 査読有り
      • Identification of novel lymphoid tissues in murine intestinal mucosa where clusters of c-kit(+) IL-7R(+) Thy1(+) lympho-hemopoietic progenitors develop
        Y Kanamori; K Ishimaru; M Nanno; K Maki; K Ikuta; H Nariuchi; H Ishikawa
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1996年10月, 査読有り
      • Preferential requirement of CD3 zeta-mediated signals for development of immature rather than mature thymocytes
        T Aoe; Y Okamoto; H Arase; K Ikuta; J Miyazaki; S Ono; M Otuji; H Ohno; S Miyatake; T Saito
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1996年07月, 査読有り
      • Interleukin 7 receptor-deficient mice lack gamma delta T cells
        K Maki; S Sunaga; Y Komagata; Y Kodaira; A Mabuchi; H Karasuyama; K Yokomuro; J Miyazaki; K Ikuta
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1996年07月, 査読有り
      • Clonal prevalence of T cells infiltrating into the pancreas of prediabetic non-obese diabetic mice
        Y Komagata; K Masuko; F Tashiro; T Kato; K Ikuta; K Nishioka; K Ito; J Miyazaki; K Yamamoto
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1996年06月, 査読有り
      • Heterogeneity of N insertion capacity in fetal hematopoietic stem cells
        Y Komagata; IL Weissman; K Ikuta
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1996年06月, 査読有り
      • Defective B-l cell development and impaired immunity against Angiostrongylus cantonensis in IL-5R alpha-deficient mice
        T Yoshida; K Ikuta; H Sugaya; K Maki; M Takagi; H Kanazawa; S Sunaga; T Kinashi; K Yoshimura; J Miyazaki; S Takaki; K Takatsu
        IMMUNITY, 1996年05月, 査読有り
      • Developmental heterogeneity of V gamma 1.1 T cells in the mouse liver
        Y Kodaira; K Yokomuro; S Tanaka; JI Miyazaki; K Ikuta
        IMMUNOLOGY, 1996年02月, 査読有り
      • INHIBITION OF PANCREATIC BETA-CELL GLUCOKINASE BY ANTISENSE RNA EXPRESSION IN TRANSGENIC MICE - MOUSE STRAIN-DEPENDENT ALTERATION OF GLUCOSE-TOLERANCE
        H ISHIHARA; F TASHIRO; K IKUTA; T ASANO; H KATAGIRI; K INUKAI; M KIKUCHI; Y YAZAKI; Y OKA; J MIYAZAKI
        FEBS LETTERS, 1995年09月, 査読有り
      • FUNCTIONAL-HETEROGENEITY IS ASSOCIATED WITH THE CELL-CYCLE STATUS OF MURINE HEMATOPOIETIC STEM-CELLS
        WH FLEMING; EJ ALPERN; N UCHIDA; K IKUTA; GJ SPANGRUDE; IL WEISSMAN
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1993年08月, 査読有り
      • STEEL FACTOR INFLUENCES THE DISTRIBUTION AND ACTIVITY OF MURINE HEMATOPOIETIC STEM-CELLS INVIVO
        WH FLEMING; EJ ALPERN; N UCHIDA; K IKUTA; IL WEISSMAN
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1993年04月, 査読有り
      • T lymphocyte development from fetal hematopoietic stem cells
        K. Ikuta; I.L. Weissman
        Seminars in Developmental Biology, 1993年, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF GAMMA-DELTA T-CELL SUBSETS FROM FETAL HEMATOPOIETIC STEM-CELLS
        K IKUTA; T KINA; MACNEIL, I; N UCHIDA; B PEAULT; YH CHIEN; IL WEISSMAN
        ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES, 1992年05月, 査読有り
      • EVIDENCE THAT HEMATOPOIETIC STEM-CELLS EXPRESS MOUSE C-KIT BUT DO NOT DEPEND ON STEEL FACTOR FOR THEIR GENERATION
        K IKUTA; IL WEISSMAN
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1992年02月, 査読有り
      • LYMPHOCYTE DEVELOPMENT FROM STEM-CELLS
        K IKUTA; N UCHIDA; J FRIEDMAN; IL WEISSMAN
        ANNUAL REVIEW OF IMMUNOLOGY, 1992年, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF GAMMA-DELTA T-CELL SUBSETS FROM FETAL HEMATOPOIETIC STEM-CELLS
        K IKUTA; T KINA; MACNEIL, I; N UCHIDA; B PEAULT; YH CHIEN; IL WEISSMAN
        CD5 B CELLS IN DEVELOPMENT AND DISEASE, 1992年, 査読有り
      • THE JUNCTIONAL MODIFICATIONS OF A T-CELL RECEPTOR GAMMA-CHAIN ARE DETERMINED AT THE LEVEL OF THYMIC PRECURSORS
        K IKUTA; IL WEISSMAN
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1991年11月, 査読有り
      • MOUSE HEMATOPOIETIC STEM-CELLS
        GJ SPANGRUDE; L SMITH; N UCHIDA; K IKUTA; S HEIMFELD; J FRIEDMAN; IL WEISSMAN
        BLOOD, 1991年09月, 査読有り
      • MOUSE HEMATOPOIETIC STEM-CELLS AND THE INTERACTION OF C-KIT RECEPTOR AND STEEL FACTOR
        K IKUTA; DE INGOLIA; J FRIEDMAN; S HEIMFELD; IL WEISSMAN
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CELL CLONING, 1991年09月, 査読有り
      • A DEVELOPMENTAL SWITCH IN THYMIC LYMPHOCYTE MATURATION POTENTIAL OCCURS AT THE LEVEL OF HEMATOPOIETIC STEM-CELLS
        K IKUTA; T KINA; MACNEIL, I; N UCHIDA; B PEAULT; YH CHIEN; IL WEISSMAN
        CELL, 1990年09月, 査読有り
      • STEPWISE PROGRESSION OF B-CELL MALIGNANCY OCCURRED IN A BONE-MARROW STROMAL CELL-DEPENDENT PRE-B-CELL CLONE
        M OGAWA; K IKUTA; Y KATSURA; S NISHIKAWA
        LEUKEMIA, 1989年04月, 査読有り
      • B-CELL ONTOGENY IN MURINE EMBRYO STUDIED BY A CULTURE SYSTEM WITH THE MONOLAYER OF A STROMAL CELL CLONE, ST2 - B-CELL PROGENITOR DEVELOPS 1ST IN THE EMBRYONAL BODY RATHER THAN IN THE YOLK-SAC
        M OGAWA; S NISHIKAWA; K IKUTA; F YAMAMURA; M NAITO; K TAKAHASHI; S NISHIKAWA
        EMBO JOURNAL, 1988年05月, 査読有り
      • EVIDENCE FOR THE INTERLEUKIN-2 DEPENDENT EXPANSION OF LEUKEMIC-CELLS IN ADULT T-CELL LEUKEMIA
        M MAEDA; N ARIMA; Y DAITOKU; M KASHIHARA; H OKAMOTO; T UCHIYAMA; K SHIRONO; M MATSUOKA; T HATTORI; K TAKATSUKI; K IKUTA; A SHIMIZU; T HONJO; J YODOI
        BLOOD, 1987年11月, 査読有り
      • HUMAN-LYMPHOCYTE FC RECEPTOR FOR IGE - SEQUENCE HOMOLOGY OF ITS CLONED CDNA WITH ANIMAL LECTINS
        K IKUTA; M TAKAMI; CW KIM; T HONJO; T MIYOSHI; Y TAGAYA; T KAWABE; J YODOI
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1987年02月, 査読有り
      • EXPRESSION AND REARRANGEMENT OF THE ALPHA-CHAIN, BETA-CHAIN, AND GAMMA-CHAIN GENES OF THE T-CELL RECEPTOR IN CLONED MURINE LARGE ANTIGRANULOCYTES LYMPHOCYTE LINES - NO CORRELATION WITH THE CYTOTOXIC SPECTRUM
        K IKUTA; M HATTORI; K WAKE; S KANO; T HONJO; J YODOI; N MINATO
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1986年08月, 査読有り
      • A JOINING-DIVERSITY-JOINING COMPLEX GENERATED BY INVERSION MECHANISM AND A VARIABLE-DIVERSITY COMPLEX IN THE BETA-CHAIN GENE OF THE HUMAN T-CELL RECEPTOR
        K IKUTA; T OGURA; A SHIMIZU; T HONJO
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1986年06月, 査読有り
      • ORIGIN OF HUMAN T-LYMPHOTROPHIC VIRUS-I-POSITIVE T-CELL LINES IN ADULT T-CELL LEUKEMIA - ANALYSIS OF T-CELL RECEPTOR GENE REARRANGEMENT
        M MAEDA; A SHIMIZU; K IKUTA; H OKAMOTO; M KASHIHARA; T UCHIYAMA; T HONJO; J YODOI
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1985年, 査読有り
      • RAT LYMPHOID-CELL LINES PRODUCING HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS .2. CONSTITUTIVE EXPRESSION OF RAT INTERLEUKIN-2 RECEPTOR
        J YODOI; M OKADA; Y TAGAYA; K TESHIGAWARA; K FUKUI; N ISHIDA; KI IKUTA; M MAEDA; T HONJO; H OSAWA; T DIAMANTSTEIN; M TATENO; T YOSHIKI
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1985年, 査読有り
      • LOW-FREQUENCY OF SOMATIC MUTATION IN BETA-CHAIN VARIABLE REGION GENES OF HUMAN T-CELL RECEPTORS
        K IKUTA; T OGURA; A SHIMIZU; T HONJO
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1985年, 査読有り

      MISC

      • 【免疫系の概日リズム】グルココルチコイドによる免疫応答能の概日制御
        榛葉 旭恒; 生田 宏一
        医学のあゆみ, 2022年04月
      • 【γδT細胞による生体制御】γδT細胞の恒常性維持機構
        谷一 靖江; 生田 宏一
        炎症と免疫, 2022年04月
      • Tリンパ球の分化と機能におけるIL-7受容体シグナルの役割
        崔 広為; 谷一 靖江; 生田 宏一
        生化学, 2021年12月, 招待有り
      • IL-7とγδT細胞の分化
        生田 宏一
        Minophagen Medical Review, 2006年11月
      • クロマチン構造変換によるリンパ球抗原受容体遺伝子の組換え制御機構
        生田 宏一
        生化学, 2004年01月
      • ヒストン修飾によるリンパ球分化の制御
        生田 宏一
        臨床免疫, 2003年12月
      • 【免疫2003】免疫細胞のシグナル伝達 IL-7レセプターによるTCRγ遺伝子座の組換えの制御
        生田 宏一; ぜい 相奎; 李 海天
        Molecular Medicine, 2002年12月
      • 【免疫研究の最前線 高次複雑系免疫システムの包括的理解をめざして】リンパ球分化の分子メカニズム IL-7レセプターによるTCRγ遺伝子座のaccessibility調節機構
        生田 宏一; ぜい 相奎; 李 海天
        蛋白質・核酸・酵素, 2002年12月
      • ヒストンのアセチル化による抗原レセプター遺伝子組換え制御
        縣 保年; 生田 宏一
        臨床免疫, 2001年12月
      • 免疫組織 IL-7レセプターシグナルによるTCRγ遺伝子座の組換え制御
        生田 宏一; ぜい 相奎; 李 海天; 縣 保年
        Annual Review免疫, 2001年12月
      • Genetic Disease 先天性免疫不全症の分子遺伝学
        生田 宏一
        遺伝子医学, 2001年11月
      • TCR遺伝子再構成におけるgermline転写の役割
        生田 宏一; ぜい 相奎; 李 海天
        臨床免疫, 2001年10月
      • 【クロマチン修飾と構造変換】クロマチン修飾とリモデリングによる抗原レセプター遺伝子組換え制御
        縣 保年; 生田 宏一
        実験医学, 2001年10月
      • 【抗原レセプター遺伝子の再構成とクラススイッチの制御機構】IL-7レセプターシグナルによるTCRγ遺伝子再構成の制御
        生田 宏一; ぜい 相奎; 李 海天
        実験医学, 2001年03月
      • 【DNA修復機構】DNA修復酵素によるリンパ球抗原受容体遺伝子の多様性獲得機構
        生田 宏一; Ye Sang-Kyu; Lee Hai-Chon
        細胞工学, 2000年09月
      • 【T細胞の分化をめぐって】TCR遺伝子再構成の誘導機構
        生田 宏一
        臨床免疫, 2000年03月
      • 【臨床遺伝子学'99 免疫研究の最前線】リンパ球の発生・分化 IL-7受容体によるTCRγ遺伝子組換えの調節
        生田 宏一
        最新医学, 1999年09月
      • 【生体応答学の新展開】免疫応答 液性免疫応答
        生田 宏一
        医学のあゆみ, 1999年05月
      • 【胸腺T細胞の分化をめぐって】T細胞レセプター遺伝子の再構成とIL-7シグナル
        生田 宏一
        臨床免疫, 1999年03月
      • IL-7とγδT細胞の分化
        生田 宏一
        アレルギー科, 1999年02月
      • 【免疫系の再構築とその制御】初期分化機構
        生田 宏一
        血液・免疫・腫瘍, 1999年01月
      • 【T細胞レセプター遺伝子の再構成】TCR遺伝子再構成とIL-7レセプターシグナル
        生田 宏一; Kyu Ye Sang; 真木 一茂
        臨床免疫, 1998年09月
      • 【遺伝子異常と骨代謝】遺伝子異常の解析法 疾患モデルとしてのトランスジェニック動物
        須永 真司; 生田 宏一
        腎と骨代謝, 1998年07月
      • IL-7とT細胞レセプター遺伝子再構成
        生田 宏一
        臨床免疫, 1998年05月
      • 【免疫反応の最前線 NK T細胞とγδT細胞】γδT細胞の分化
        生田 宏一; 須永 真司; 真木 一茂
        炎症と免疫, 1997年10月
      • サイトカインと免疫調節 IL-7レセプター欠損マウスとγδT細胞の分化
        生田 宏一; 真木 一茂; 須永 真司
        Molecular Medicine, 1997年09月
      • IL-7レセプターのノックアウトマウス
        生田 宏一; 真木 一茂; 須永 真司
        免疫Immunology Frontier, 1997年06月
      • 肝関連リンパ球 肝に分布するγδT細胞のheterogeneityの解析
        小平 祐造; 生田 宏一; 馬渕 綾子; 田中 茂夫; 横室 公三
        肝類洞壁細胞研究の進歩, 1997年04月
      • c-mpl遺伝子と造血幹細胞分化
        須永 真司; 生田 宏一
        最新医学, 1996年11月
      • T細胞レセプター遺伝子再構成の年齢による変化
        生田 宏一
        臨床免疫, 1993年11月
      • γδ型T細胞の分化
        生田 宏一
        免疫Immunology Frontier, 1993年02月
      • 造血幹細胞の個体発生とγδ型細胞の分化
        生田 宏一
        Medical Immunology, 1992年08月
      • 胎児期造血幹細胞からのγδ型T細胞の分化
        生田 宏一
        細胞工学, 1992年07月
      • リンパ球のホーミング・レセプター
        生田 宏一
        Medical Immunology, 1990年09月
      • 造血幹細胞の鈍化 マウス全能性造血幹細胞の単離と動物モデルを用いたヒト造血幹細胞研究の可能性
        並川 玲子; 生田 宏一; 金島 秀人
        実験医学, 1989年10月
      • 全能性造血幹細胞の純化
        生田 宏一
        生体防御, 1989年10月
      • FcεRの構造と発現調節
        河辺 拓己; 高見 正明; 生田 宏一
        最新医学, 1987年04月
      • 免疫応答の多様性を支えるしくみ T細胞抗原受容体の多様性発現機構
        生田 宏一; 本庶 佑
        化学と生物, 1986年01月
      • 成人T細胞性白血病(ATL)に由来するT細胞株の起源 T細胞抗原受容体遺伝子を用いたクローン解析
        前田 道之; 清水 章; 生田 宏一
        Medical Immunology, 1985年11月
      • P108 血小板活性化因子(PAF)受容体トランスジェニックマウス : PAFの心血管系に対する作用
        中島 敏明; 瀬崎 和典; 山下 武志; 小俣 政男; 石井 聡; 和賀 巌; 清水 孝雄; 田代 文; 生田 宏一; 宮崎 純一
        Japanese circulation journal, 1995年03月01日
      • ヒストンアセチル化によるTCRγ遺伝子V-J組換えの制御機構
        縣 保年; 片貝 智哉; Ye Sang-Kyu; 生田 宏一; 清水 章
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2000年11月
      • T細胞の維持と免疫応答におけるIL-7受容体の発現制御と機能
        榛葉旭恒; 生田宏一
        臨床免疫・アレルギー科, 2020年09月25日, 招待有り
      • グルココルチコイドによる免疫応答の日内変動制御
        榛葉旭恒; 生田宏一
        感染・炎症・免疫, 2019年, 招待有り
      • グルココルチコイドによる正負の免疫制御
        榛葉旭恒; 生田宏一
        生体の科学, 2019年, 招待有り
      • 概日リズムが制御する免疫応答の日内変動と炎症疾患
        榛葉旭恒; 生田宏一
        実験医学, 2019年, 招待有り
      • Osteoblasts mediate immunosuppression during sepsis by regulating lymphopoiesis
        Asuka Terashima; Kazuo Okamoto; Tomoki Nakashima; Koichi Ikuta; Hiroshi Takayanagi
        CYTOKINE, 2017年12月
      • Glucocorticoids Drive Circadian Changes in T-Cell Homing and Response via IL-7 Receptor
        Akihiro Shimba; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2017年05月
      • Competitive signaling between STAT5 and PI3K of the IL-7R modulates T cell development and homeostasis in vivo
        G. Cui; A. Shimba; S. Tani-ichi; T. Hara; K. Ikuta
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2016年08月
      • Role of TCR gamma enhancer 'E gamma 4' for the development and function of gamma delta T cells
        S. Tani-ichi; K. Ikuta
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2016年08月
      • Hematopoietic stem cell niches control multipotent progenitor differentiation
        Joao P. Pereira; Vivian Lim; Ana Gomes; Takahiro Hara; Dietmar Herndler-Brandstetter; Richard A. Flavell; Takashi Nagasawa; Koichi Ikuta
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2016年05月
      • 肝臓IL-7の新たな機能
        生田宏一; 原崇裕; 谷一靖江
        感染 炎症 免疫, 2014年
      • STAT5によるTCRγ遺伝子座の組換え制御機構
        生田宏一; 谷一靖江
        医学のあゆみ, 2011年
      • Role of the IL-7 receptor in γδT-cell development from hematopoietic stem cells.
        生田宏一; 谷一靖江
        Hematopoietic Stem Cell Biology, Humana Press Inc., 2009年
      • 自然免疫リンパ球を介した肺炎球菌感染初期防御におけるIFN-γの役割
        八田 益充; 仲松 正司; 仲宗根 力; 仲村 究; 宮里 明子; 藤田 次郎; 賀来 満夫; 川上 和義; 谷口 克; 中山 俊憲; 生田 宏一; O'Brien Rebecca L
        感染症学雑誌, 2007年01月
      • クロマチン構造変換によるリンパ球 抗原受容体遺伝子の組換え制御
        生田宏一; 谷一靖江
        蛋白質 核酸 酵素, 2006年
      • 細菌感染症と宿主応答 自然免疫 肺炎球菌感染により活性化されたNKT細胞とγδT細胞におけるIFN-γ産生の解析
        八田益充; 仲松正司; 仲宗根力; 中村究; 宮里明子; 藤田次郎; 中山俊憲; 谷口克; 生田宏一; 賀来満夫; 川上和義
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2006年
      • Elimination of local macrophages in the intestine prevents chronic colitis in interleukin-10 deficient mice
        N Watanabe; K Ikuta; K Okazaki; H Nakase; Y Tabata; M Matsuura; H Tamaki; T Honjo; T Chiba
        GASTROENTEROLOGY, 2002年04月
      • ヒストンアセチル化によるV(D)J組換えのaccessibility制御機構
        県保年; YE S‐K; 片貝智哉; 菅井学; 権田裕之; 本庶佑; 生田宏一; 清水章
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2000年11月25日
      • Increased resistance to bacterial infection in mice lacking V gamma 1+gamma delta T cells.
        RL O'Brien; EK Pflum; Yin, X; A Konoval; SA Huber; K Ikuta; WK Born
        FASEB JOURNAL, 2000年04月
      • Differentiation and migration of B1 cells in GALT
        S Fagarasan; R Shinkura; T Kamata; F Nogaki; K Ikuta; T Honjo
        FASEB JOURNAL, 2000年04月
      • Murine IL-4 transgenic heart allograft survival was prolonged with downregulation of TH1 cytokine mRNAs in grafts.
        T Takeuchi; K Ikuta; T Ueki; Y Sasaki; N Moriyama; K Kawabe; J Miyazaki
        JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY, 1996年09月
      • 発生工学によるPAF受容体の機能の解析
        石井 聡; 粂 和彦; 和泉 孝志; 清水 孝雄; 長瀬 隆英; 福地 義之助; 桑木 共之; 熊田 衛; 田代 文; 生田 宏一; 宮崎 純一; 野間 正名
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • NODマウスのすい島浸潤T細胞クローナリティーのPCR‐SSCP法による解析
        田代文; 駒形嘉紀; 増子佳世; 生田宏一; 加藤智啓; 伊藤幸治; 西岡久寿樹; 山本一彦; 宮崎純一
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 1994年10月
      • NODマウスのすい島浸潤T細胞クローナリティーのPCR‐SSCP法による解析
        駒形嘉紀; 増子佳世; 生田宏一; 加藤智啓; 伊藤幸治; 西岡久寿樹; 山本一彦; 宮崎純一
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 1993年10月

      講演・口頭発表等

      • ストレスはグルココルチコイドを介してTh17細胞の分化を促進し腸炎を増悪させる
        榛葉旭恒; 生田宏一
        Kyoto T Cell Conference 第30回学術集会, 2021年10月09日
      • ステロイドホルモンによる免疫機能とアレルギーの制御
        生田宏一; 榛葉旭恒; 江島亜希
        日本アレルギー学会学術集会、JSA-JSI Joint Session, 2021年10月08日
      • 胎児肝臓に由来する1型自然リンパ球の同定
        旭拓真; 阿部真也; 崔広為; 榛葉旭恒; 生田宏一
        Kyoto T Cell Conference 第30回学術集会, 2021年10月08日
      • グルココルチコイドによる免疫の概日制御
        Ikuta, K; Shimba, A
        第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月03日, 招待有り
      • 免疫学の視点からコロナ時代を見る
        生田宏一
        東京大学医学部 医学序論連続講座シリーズXX「医の原点」, 2020年10月01日, 招待有り
      • Thymic IL-15 niche controls anti-tumor immunity by regulating a novel subset of iNKT cells
        Cui, G; Ikuta, K
        第48回日本免疫学会学術集会, 2019年12月13日
      • Role of local IL-7 in maintenance of ILC2s
        Takami, D; Abe, S; Shimba, A; Asahi, T; Zhu, Y; Ejima, A; Tani-ichi, S; Hara, T; Cui, G; Ikuta, K
        第48回日本免疫学会学術集会, 2019年12月13日
      • The cytokine-producing immune microenvironment for innate lymphocytes
        Ikuta, K; Cui, G; Abe, S; Asahi, T; Hara, T
        第48回日本免疫学会学術集会, 2019年12月13日, 招待有り
      • Control of immunity by glucocorticoids
        Shimba, A; Ikuta, K
        第48回日本免疫学会学術集会, 2019年12月12日, 招待有り
      • Estrogens suppress T cell production by a TEC-dependent mechanism
        Abe, S; Ejima, A; Shimba, A; Mori, M; Cui, G; Asahi, T; Takami, D; Hara, T; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        第48回日本免疫学会学術集会, 2019年12月11日
      • Function of IL-7Ralpha in regulatory T cells
        Tani-ichi, S; Mukohira, H; Hara, T; Ikuta, K
        第48回日本免疫学会学術集会, 2019年12月11日
      • 気管支喘息においてアンドロゲンはTh2細胞分化を抑制することで症状を緩和する
        江島亜希; 岡崎史恵; 榛葉旭恒; 生田宏一
        第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月06日
      • グルココルチコイドによるT細胞応答の概日制御
        生田宏一; 榛葉旭恒
        第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月03日, 招待有り
      • マウス喘息モデルにおける性ステロイドホルモンの影響の解析
        江島亜希; 岡崎史恵; 榛葉旭恒; 生田宏一
        第41回日本分子生物学会年会, 2019年11月30日
      • NK細胞の分化を支持するIL-15産生性骨髄微小環境の解明
        阿部真也; 原崇裕; 崔広為; 生田宏一
        Kyoto T Cell Conference 第29回学術集会, 2019年06月08日
      • 制御性T細胞におけるIL-7レセプターの役割
        谷一靖江; 生田宏一
        Kyoto T Cell Conference 第29回学術集会, 2019年06月07日
      • The effects of sex steroid hormones in the mouse model of asthma
        Ejima, A; Okazaki, F; Shimba, A; Ikuta, K
        The 17th International Student Seminar, 2019年03月06日
      • Analysis on IL7- and IL15-producing microenvironment in the lung
        Takami, D; Abe, S; Ikuta, K
        The 17th International Student Seminar, 2019年03月06日
      • Local IL-15 dependency of liver-resident ILC1
        Asahi, T; Shimba, A; Cui, G; Abe, S; Ikuta, K
        The 17th International Student Seminar, 2019年03月06日
      • Intestinal epithelial cell-derived IL-15 supports the homeostasis of intraepithelial lymphocytes
        Zhu, Y; Cui, G; Shimba, A; Abe, S; Hara, T; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月12日
      • CXCL12-expressing bone marrow stromal cells express adiponectin and are targeted by Adipoq-Cre transgene
        Mukohira, H; Hara, T; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月10日
      • Hematopoietic cell-derived IL-15 supports the development and maintenance of NK, NKT and memory CD8 T cells in bone marrow
        Abe, S; Hara, T; Cui, G; Asahi, T; Ikuta, K
        第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月10日
      • Local IL-15 dependency of liver-resident ILC1
        Asahi, T; Shimba, A; Cui, G; Abe, S; Zhu, Y; Ejima, A; Takami, D; Tani-ichi, S; Hara, T; Ikuta, K
        第47回日本免疫学会学術集会, 2018年12月10日
      • Intestinal epithelial cell-derived IL-15 supports the homeostasis of intraepithelial lymphocytes
        Zhu, Y; Cui, G; Ikuta, K
        The 25th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, 2018年10月26日
      • Competition between STAT5 and PI3K of IL-7R modulates T cell development and homeostasis
        Cui, G; Ikuta, K
        The 25th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, 2018年10月26日
      • Glucocorticoids drive diurnal homing and response of T cells by inducing IL-7R and CXCR4
        生田宏一
        徳島大学医学研究科大学院セミナー, 2018年09月27日
      • 胸腺内IL-15産生性免疫微小環境の機能解析
        崔広為; 生田宏一
        Kyoto T Cell Conference 第28回学術集会, 2018年06月15日
      • Glucocorticoids drive diurnal oscillation in T cell distribution and response by inducing interleukin-7 receptor and chemokine receptor CXCR4
        Shimba, A; Cui, G; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        The 16th International Student Seminar, 2018年03月01日
      • Glucocorticoids drive diurnal homing and response of T cells by inducing IL-7R and CXCR4
        生田宏一
        福井大学医学研究科大学院セミナー, 2018年01月19日
      • Competition between STAT5 and PI3K of the IL-7R modulates T cell and type 2 ILC development in vivo
        Cui, G; Shimba, A; Zhu, Y; Tani-ichi, S; Hara, T; Ikuta, K
        第46回日本免疫学会学術集会, 2017年12月14日
      • Glucocorticoids drive diurnal changes in distribution and response of T cells via IL-7 receptor expression
        Shimba, A; Cui, G; Ikuta, K
        第46回日本免疫学会学術集会, 2017年12月14日
      • Exploring the signals upregulating IL-7Ra expression via NFkB activation in T cells
        Tani-ichi, S; Ikuta, K
        第46回日本免疫学会学術集会, 2017年12月14日
      • グルココルチコイドはIL-7受容体の発現を介してT細胞の体内分布および活性化の日内変動を制御する
        岡崎史恵; 榛葉旭恒; 崔広為; 生田宏一
        ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会), 2017年12月06日, 招待有り
      • Osteoblasts mediate immunosuppression during sepsis by regulating lymphopoiesis
        Terashima, A; Okamoto, K; Nakashima, T; Ikuta, K; Takayanagi, H
        The 5th Annual Meeting of the International Cytokine and Interferon Society, 2017年10月30日
      • Glucocorticoids drive diurnal homing and response of T cells via IL-7R expression
        生田宏一
        東京理科大学生命医科学研究所セミナー, 2017年08月02日, 招待有り
      • IL-7Ra signaling upregulates growth hormone signaling-related gene in naive T cells
        Tani-ichi, S; Ikuta, K
        Keystone Symposium: Integrating Metabolism and Immunity, 2017年06月01日
      • Glucocorticoids drive circadian changes in T-cell homing and response via IL-7 receptor
        Shimba, A; Ikuta, K
        Immunology 2017 (AAI), 2017年05月15日
      • Regulation of IL-7 receptor expression by a proximal enhancer
        Shimba, A; Cui, G; Tani-ichi, S; Hara, T; Ikuta, K
        KTCC 2017, 2017年03月16日
      • Competitive signaling between STAT5 and PI3K of IL-7R modulates T cell development and homeostasis in vivo
        Cui, G; Shimba, A; Tani-ichi, S; Hara, T; Ikuta, K
        KTCC 2017, 2017年03月16日
      • Identification of bone marrow IL-7 niche critical for B lymphopoiesis
        Hara, T; Ikuta, K
        KTCC 2017, 2017年03月16日
      • Roles of IL-7 in development and response of the immune system.
        Ikuta, K
        The 11th International Symposium of the Institute Network, 2017年01月27日
      • Immunodeficiency caused by sepsis-induced osteoblast ablation
        寺島明日香; 岡本一男; 審良静男; 生田宏一; 高柳広
        第45回日本免疫学会学術集会, 2016年12月
      • Local function of the IL-15 niche in thymus
        崔広為; 榛葉旭恒; 阿部真也; 朱媛博; 向平妃沙; 谷一靖江; 原崇裕; 生田宏一
        第45回日本免疫学会学術集会, 2016年12月
      • Identification of IL-15 niche for NK cells in bone marrow
        阿部真也; 原崇裕; 崔広為; 生田宏一
        第45回日本免疫学会学術集会, 2016年12月
      • Role of glucocorticoids in T cell homeostasis and T cell response
        榛葉旭恒; 崔広為; 阿部真也; 朱媛博; 向平妃沙; 谷一靖江; 原崇裕; 生田宏一
        The 23rd East Asia Joint Symposium, 2016年10月
      • Visualizing the immune microenvironment by reporter mice
        生田宏一
        富山大学医学研究科大学院セミナー, 2016年10月
      • Role of TCRγ enhancer ‘Eγ4’ for the development and function of γδ T cells
        谷一靖江; 生田宏一
        International Congress of Immunology 2016, 2016年08月
      • Roles of IL-7 in development and response of the immune system
        生田宏一
        サバンチ大学セミナー, 2016年06月
      • 骨髄におけるリンパ球分化を制御するIL-7産生ストローマ細胞の同定
        原崇裕; 生田宏一
        第26回Kyoto T Cell Conference, 2016年05月
      • Competitive balance between STAT5 and PI3K signaling pathways of IL-7R modulates T cell development and homeostasis in vivo
        崔広為; 榛葉旭恒; 朱媛博; 小川真; 谷一靖江; 原崇裕; 生田宏一
        第26回Kyoto T Cell Conference, 2016年05月
      • 腸管関連リンパ組織におけるIL-7ニッチの同定と特徴
        阿部真也; 原崇裕; 生田宏一
        BMB2015, 2015年12月
      • Regulation of IL-7R expression in dendritic cells
        谷一靖江; 生田宏一
        第44回日本免疫学会学術集会, 2015年11月
      • Differential roles of IL-7 and IL-2 receptor signals in lymphocyte differentiation and development revealed by IL-7Rα/IL-2Rβ chimera knock-in mice
        榛葉旭恒; 谷一靖江; 増田喬子; 崔広為; 小川真; 阿部真也; 原崇裕; 河本宏; 生田宏一
        第44回日本免疫学会学術集会, 2015年11月
      • STAT5 and PI3K signals of the IL-7R play differential roles in T cell development and homeostasis revealed by novel IL-7Rα mutant mice
        崔広為; 榛葉旭恒; 谷一靖江; 小川真; 阿部真也; 原崇裕; 生田宏一
        第44回日本免疫学会学術集会, 2015年11月
      • Identification and characterization of IL-7 niche in gut-associated lymphoid tissue
        原崇裕; 生田宏一
        第44回日本免疫学会学術集会, 2015年11月
      • Characterization of the IL-15 niche in vivo
        Cui, G; Hara, T; Simmons, S; Ishii, M; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        The 6th FIMSA Congress, 2015年07月
      • グルココルチコイドはIL-7Rを誘導し、CXCR4を介したT細胞体内分布の日内変動を制御する
        榛葉旭恒; 谷一靖江; 生田宏一
        第25回Kyoto T Cell Conference, 2015年05月
      • 末梢組織でのガンマデルタT細胞維持におけるTCRシグナルの必要性
        谷一靖江; 生田宏一
        第24回Kyoto T Cell Conference, 2014年05月
      • 免疫微小環境の可視化と機能解析
        生田宏一
        第1回免疫代謝セミナー、富山、2014年7月31日, 2014年
      • Visualizing immune microenvironment by reporter mice
        生田宏一
        徳島大学疾患酵素学研究センターセミナー、徳島、2014年1月16日, 2014年
      • Distribution and function of IL-7- and IL-15-expressing cells in intestines
        原崇裕; 崔広為; 生田宏一
        第43回日本免疫学会学術集会、京都、2014年12月12日, 2014年
      • Approaches to identify Aire-regulated non-tissue-restricted antigen genes by the ectopic expression of Aire in thymic cortex
        西嶋仁; 森本純子; 毛利安宏; 河野弘; 生田宏一; 松本満
        第43回日本免疫学会学術集会、京都、2014年12月10日, 2014年
      • Differential roles of IL-7 and IL-2 receptor signals in lymphocyte development and maintenance revealed by IL-7Rα/IL-2Rβ chimera knock-in mice
        榛葉旭恒; 谷一靖江; 増田喬子; 原崇裕; 河本宏; 生田宏一
        第43回日本免疫学会学術集会、京都、2014年12月10日, 2014年
      • Identification and characterization of IL-15-expressing cells in vivo
        Cui, G; Hara, T; Simmons, S; Wagatsuma, K; Abe, A; Ishii, M; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        The 9th International Symposium of the Institute Network, Osaka, June 19, 2014年
      • Distribution and function of IL-7-expressing cells in intestines
        原崇裕; 崔広為; 設楽宗一朗; 生田宏一
        第42回日本免疫学会学術集会、千葉、2013年12月11日, 2013年
      • Notch-RBP-Jκ-IL-7Rα pathway plays a pivotal role in the maintenance of IL-17-producing γδ T cells
        中村真隆; 柴田健輔; 山田久方; 生田宏一; 吉開泰信
        第42回日本免疫学会学術集会、千葉、2013年12月11日, 2013年
      • Role of a TCRγ enhancer, Eγ4, in differentiation and function of γδ T cell subsets
        谷一靖江; 我妻慶祐; 生田宏一
        第42回日本免疫学会学術集会、千葉、2013年12月11日, 2013年
      • Distribution and function of IL-7-expressing cells in large intestine
        Hara, T; Ikuta, K
        The 4th Workshop on Synthetic Immunology, Kyoto, November 16, 2013年
      • Identification and characterization of the IL-15-expressing cells in vivo
        Cui, G; Hara, T; Simmons, S; Wagatsuma, K; Tani-ichi, S; Ishii, M; Ikuta, K
        The 20th East Asia Joint Symposium on Global Medical Science for the 22th Century, Tokyo, November 7, 2013年
      • Visualizing the immune microenvironment by reporter mice
        Ikuta, K; Cui, G; Shitara, S; Liang, B; Tani-ichi, S; Hara, T
        The 20th East Asia Joint Symposium on Global Medical Science for the 22th Century, Tokyo, November 7, 2013年
      • Distribution and function of IL-7-expressing cells in the intestinal tissues
        Hara, T; Ikuta, K
        The 8th International Symposium of the Institute Network, Kyoto, June 27, 2013年
      • Differential roles of Jγ promoters and Eγ enhancers in controlling chromatin accessibility of the TCRγ locus by STAT5
        Wagatsuma, K; Tani-ichi, S; Shimba, A; Liang, B; Shitara, S; Hara, T; Ikuta, K
        The 6th International Workshop of Kyoto T Cell Conference 2013, Kyoto, June 4-5, 2013年
      • Visualization and characterization of IL-7- and IL-15-expressing cells in vivo
        Hara, T; Cui, G; Shitara, S; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        The 6th International Workshop of Kyoto T Cell Conference 2013, Kyoto, June 4-5, 2013年
      • Visualization of the immune microenvironment by reporter mice
        Ikuta, K; Cui, G; Shitara, S; Liang, B; Tani-ichi, S; Hara, T
        The 6th International Workshop of Kyoto T Cell Conference 2013, Kyoto, June 7, 2013年
      • STAT5 motifs in the T cell receptor Jγ promoters control the local chromatin accessibility and rearrangements of the Jγ gene segments
        Wagatsuma, K; Tani-ichi, S; Liang, B; Shitara, S; Miyachi, H; Kitano, S; Kimura, H; Hara, T; Ikuta, K
        The 11th International Student Seminar, Kyoto, March 5-6, 2013年
      • Interleukin-7 produced by thymic epithelial cells plays a major role in the development of thymocytes and TCRγδ+ intraepithelial lymphocytes
        Shitara, S; Hara, T; Liang, B; Wagatsuma, K; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        The 11th International Student Seminar, Kyoto, March 5-6, 2013年
      • Differential role of IL-7 and IL-2 receptor signals in development and maintenance of lymphocytes revealed by IL-7Rα/IL-2Rβ chimera knock-in mouse
        Shimba, A; Tani-ichi, S; Ikuta, K
        The 11th International Student Seminar, Kyoto, March 5-6, 2013年
      • Requirement of Aire expression within thymic medulla but not cortex for establishing self-tolerance
        西嶋仁; 森本純子; 毛利安宏; 西川裕美子; 生田宏一; 松本満
        第42回日本免疫学会学術集会、千葉、2013年12月11日, 2013年
      • Notch-RBP-JK-IL-7 receptor alpha axis is essential for the maintenance of IL- 17-producing ys T cells
        柴田健輔; 中村真隆; 山田久方; 生田宏一; 吉開泰信
        第41 回 日本免疫学会学術集会、神戸、2012 年12 月7 日, 2012年
      • Interleukin-7 produced by thymic epithelial cells controls development and maturation of thymocytes
        設楽宗一朗; 原崇裕; 生田宏一
        第41 回日本免疫学会学術集会、神戸、2012 年12 月6 日, 2012年
      • Visualization and characterization of IL-15-expressing cells in vivo by IL-15-CFP knock-in mice
        崔広為; 原崇裕; 我妻慶祐; 生田宏一
        第41 回日本免疫学会学術集会、神戸、2012 年12 月5 日, 2012年
      • Enhancers control locus-wide accessibility of the TCRy locus in vivo
        我妻慶祐; 谷一靖江; 生田宏一
        第41 回日本免疫学会学術集会、神戸、2012 年12 月5日, 2012年
      • Local function of IL-7 produced by hepatocytes.
        Liang B; Hara T; Wagatsuma K; Shitara S; Tani-ichi S; Ikuta K
        The 10th International Student Seminar, Kyoto, March 5-8, 2012 ・, 2012年
      • Distribution and function of IL-7-producing cells in lymphoid organs.
        Ikuta K; Hara T; Liang B; Cui G; Wagatsuma K; Tani-ichi S
        The Global COE Liaison Laboratory regular seminar, Kumamoto, July 18, 2012 ., 2012年
      • NFkB とAP-1 シグナルはCNS を介してIL-7R の発現レベルを制御する
        谷一靖江; 生田宏一
        第22 回Kyoto T Cell Conference 、京都、2012 年7 月6 日, 2012年
      • Distribution and function of IL-7-expressing cells in lymphoid organs.
        生田宏一
        岐阜大学医学研究科大学院セミナー, 岐阜, 2011年9月9日, 2011年
      • STAT motifs in Jγ promoters are essential for Vγ-Jγ rearrangements of Jγ gene segments.
        Wagatsuma K; Tani-ichi S; Ikuta K
        The 9th International Student Seminar, Kyoto, March 7-9, 2011., 2011年
      • リンパ管内皮細胞が産生するIL-7 は末梢T 細胞の組織分布を制御する
        原崇裕; 生田宏一
        第40 回日本免疫学会学術集会、千葉、2011 年11 月28 日, 2011年
      • JY プロモーターのSTAT モチーフ はJY 遺伝子断片のV-J 組換えに必須である
        我妻慶祐; 谷一靖江; 梁冰霏; 設楽宗一朗; 生田宏一
        第40 回日本免疫学会学術集会、千葉、 2011 年11 月27 日, 2011年
      • 腸管上皮内Y6T 細胞は胸腺に由来する
        設楽宗一朗; 梁冰霏; 原崇裕; 我妻慶祐; 生田宏一
        第40 回日本免疫学会学術集会、千葉、2011 年11 月27 日, 2011年
      • T 細胞分化後期におけるIL- フレセプターの役割
        谷一靖江; 生田宏一
        第40 回日本免疫学会学術集会、千葉、2011 年11 月27 日, 2011年
      • STAT5 はTCRJy プロモーターのSTAT モチーフを介してJY 遺伝子の組換えを制御する
        我妻慶祐; 谷一靖江; 梁冰霏; 生田宏一
        第84 回日本生化学会大会、京都、2011 年 9 月24 日, 2011年
      • 小腸上皮内Y6T 細胞は胸腺に由来する
        設楽宗一朗; 梁冰霏; 原崇裕; 生田宏一
        第21 回Kyoto T Cell Conference 、京都、2011 年6 月11 日, 2011年
      • T 細胞分化の後期におけるIL-7R の機能
        谷一靖江; 生田宏一
        第21 回Kyoto T Cell Conference 、京都、2011 年6 月10 日, 2011年
      • IL-7Ra 鎖遺伝子の近位エンハンサーは末梢T 細胞のIL- 7R の発現を制御する
        阿部昌史; 谷一靖江; 生田宏一
        第21 回Kyoto T Cell Conference 、京都、2011 年6 月10 日, 2011年
      • IL-7 signal controls differentiation of CD8 T cells and maintenance of peripheral T cells.
        Abe A; Tani-ichi S; Ikuta K
        The 14th International Congress of Immunology, Kobe, August 25, 2010, 2010年
      • リンパ組織におけるIL-7 産生細胞の分布と機能
        生田宏一
        三重大学医学研究科大学院セミナー, 津, 12 月14 日,2010., 2010年
      • Accessibility of the TCRy locus by a chromatin remodeling factor BRG1.
        Sumi C; Tani-ichi S; Ikuta K
        The 7th International Student Seminar, Kyoto, March 12, 2009 ・, 2009年
      • IL-7 産生ストローマ細胞のリンパ組織内分布
        原崇裕; 谷一靖江; 梁冰霏; 生田宏一
        第39 回日本免疫学会学術集会、大阪、12 月3 日、2009., 2009年
      • 胸線上皮細胞が産生するIL-7 の局所的役割
        生田宏一; 原崇裕; 梁冰霏; 谷一靖江
        第 39 回日本免疫学会学術集会、大阪、12 月2 日、2009., 2009年
      • BrglによるTCRy 遺伝子座の制御
        角知代; 谷一靖江; 生田宏一
        第5 回京都大学ウイル ス研究所学術交流会、京都, 2008年12月22日
      • Stat5 によるTCRy 遺伝子座エンハンサー領域の制御
        谷一靖江; 佐竹正延; 生田宏一
        第 38 回日本免疫学会学術集会、京都、2008年12月2日, 2008年
      • Production of IL-7 by lymphocyte-stromal cell crosstalk
        SEKAI Miho; KINA Tatsuo; IKUTA Koichi
        第37 回日本免疫学会総会・学術集会(2007.11.20-22.東京), 2007年
      • Control of the TCRγ Locus Accessibility by Stat5 and Histone Modifications.
        Ikuta. K
        The 14th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research. The Institute of Medical Science, the University of Tokyo, Tokyo, November 13, 2007., 2007年
      • 転写因子IRF によるストローマ細胞のIL-7 産生機構
        瀬海美穂; 喜納辰夫; 生田宏一
        第17 回Kyoto T Cell Conference 学術集会(2007.6.15-16.京都), 2007年
      • リンパ球とストローマ細胞の相互作用によるIL-7 の産 生誘導機構
        瀬海美穂; 喜納辰夫; 生田宏一
        第4 回京都大学ウイルス研究所学術交流会、京都、12 月20 日、2007., 2007年
      • Regulation of TCRy enhancer element by Stat5
        谷一靖江; 生田宏一
        第30 回日本分子生物学会年会/ 第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、12 月14 日、2007., 2007年
      • Bone marrow transplantation with newborn thymus grafts can rescue superlethally irradiated mice: possible role of IL-7-dependent mechanism.
        Hosaka N; Miyake T; Cui W; Nishida A; Takagi T; Inaba M; Ikuta K; Ikehara S
        第36 回日本免疫学会学術集会, 大阪, 12月12日, 2006., 2006年
      • Id2-deficient mice are susceptible to skin tumorigenesis but resistant to tumor proliferation.
        Tokuriki A; Ikuta K; Yokota Y
        The 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, June 22, 2006., 2006年
      • 転写因子STAT 5 とRUNX ファミリーの会合と相互抑制
        小川伸哉; 佐竹正延; 生田宏一
        第3 回京都大 学ウイルス研究所学術交流会、京都、12 月21 日、2006, 2006年
      • I L7R シグナルによるMEK を介したTCRy 遺伝子座のVJ組換え制御機構の解析.
        真木一茂; 生田宏一
        第36 回日本免疫学会学術集会、大阪、12 月13 日、2006., 2006年
      • 肺炎球菌感染により活性化されたNKT 細胞とY6T 細胞におけるIFN-y 産生の解析
        八田益充; 仲松正司; 仲宗根力; 中村究; 宮里明子; 藤田次郎; 中山悛憲; 谷口克; 生田宏一; 賀来満夫; 川上和義
        第36 回日本免疫学会学術集会ワークショップ, 大阪,12 月12 日, 2006, 2006年
      • マウス樹状細胞におけるI L7 とTSLP の機能
        生田宏一
        第36 回日本免疫学会学術集会ワークショツ プ、大阪、12 月13 日、2006., 2006年
      • 転写因子によるTCR VY 遺伝子の組換え制御機構
        谷一靖江; 生田宏一
        第36 回日本免疫学会学術集会, 大阪,12 月12日, 2006., 2006年
      • グルココルチコイドによる未梢B 細胞のインターロイキンフ レセプター再発現機構の解析
        柴田寛文; 真木一茂; 生田宏一
        第2 回生命科学研究科・ウイルス研究所学生フェスティバル, 京都,10 月19 日, 2006., 2006年
      • 転写因子によるVy 遺伝子の特異的組換え制御機構
        谷一靖江; 林聡子; 玉置信行; 小寺香里; 坂本修士; 縣保年; 生田宏一
        第16 回Kyoto T Cell Conference 、京都,6 月3 日, 2006., 2006年
      • The IL-7 receptor controls the accessibility of the TCRγ locus by MAPK pathway
        Maki K; Hayashi S; Ikuta K
        The 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, June 21, 2006., 2006年
      • Role of IL-7 receptor during lymphocyte development.
        Lee H. C; Shibata H; Ogawa S; Maki K; Ikuta K
        The 2nd RCAI Workshop "Epigenetic Regulation during Immune System Development", Yokohama, April 15, 2005., 2005年
      • Regulation of IL-7 receptor expression during T cell development.
        Ogawa S; Shibata H; Lee H. C; Maki K; Ikuta K
        The 4th International Workshop of Kyoto T Cell Conference, Kyoto, April 8, 2005., 2005年
      • TCRγ locus の組換えにおける転写因子STAT5 の関与
        谷一靖江; 生田宏一
        第2 回京都 大学ウイルス研究所学術交流会、京都、12 月16 日、2005., 2005年
      • STAT5 によるTCRγ 鎖V 領域の組換え誘導機構
        谷一靖江; 李海天; 生田宏一
        第35 回 日本免疫学会学術集会、横浜、12 月14 日、2005., 2005年
      • IL-7R シグナルによるMAP キナーゼを介したTCRγ 遺伝子座のV-J 組換え制御機構の解析
        真木一茂; 生田宏一
        第35 回日本免疫学会学術集会 ワークショップ、横浜、12 月 14 日、2005, 2005年
      • 肺炎球菌気道感染初期防御におけるγδ T 細胞の役割
        仲宗根力; 山本夏男; 仲松正司; 金城武士; 比嘉太; 石川博通; O'BRIEN Rebecca L; 生田 宏一; 藤田次郎; 川上和義
        第 35 回日本免疫学会学術集会 ワークショップ、横浜、12 月13 日、2005, 2005年
      • 免疫系の多様性獲得機構—エピジェネティクスでどこまでわかったのか
        生田宏一
        第 45 回 生化学若い研究者の会 夏の学校、シンポジウム、京都、8 月20 日、2005, 2005年
      • Role of the IL-7 receptor in γδ T-cell development from hematopoietic stem cells
        Ikuta, K; Tani-ichi, S
        In “Hematopoietic Stem Cell Biology”. Kondo, M., ed. Humana Press Inc. pp143-159, 2009年, 査読無し
      • Developmental potential of fetal hematopoietic stem cells.
        Ikuta, K; Komagata, Y, 分担執筆
        In " Hematopoietic stem cells: Biology and therapeutic applications". Levitt, D. J., and Mertelsmann, R. eds. pp69-83., 1995年, 査読無し

      受賞

      • 2002年
        日本免疫学会, 日本免疫学会賞
      • 2002年
        日本免疫学会, 日本免疫学会賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • グルココルチコイドによる自己免疫疾患の誘導機構
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分49:病理病態学、感染・免疫学およびその関連分野
        京都大学
        生田 宏一
        自 2020年07月30日, 至 2022年03月31日, 交付
        グルココルチコイド;自己免疫疾患;Th17細胞;実験的自己免疫性脳脊髄炎;関節リウマチ
      • 自然免疫系リンパ球を支えるIL-15産生性微小環境の同定と病態における役割
        基盤研究(B)
        小区分49070:免疫学関連
        京都大学
        生田 宏一
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        自然免疫;サイトカイン;微小環境;腫瘍免疫;IL-15
      • グルココルチコイドとIL-7レセプターによるT細胞の体内動態と機能の制御
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        生田 宏一
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ステロイド;T細胞;IL-7;概日リズム;内分泌系;適応免疫;糖質コルチコイド;免疫学;内科;感染症;生理学
      • サイトカイン産生性免疫微小環境による自然免疫系細胞と慢性炎症・感染防御の制御
        基盤研究(B)
        京都大学
        生田 宏一
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        リンパ球;生体分子;発生・分化;サイトカイン;ストローマ細胞;NK細胞;自然リンパ球;免疫学;感染症;リンパ組織;Tリンパ球;Bリンパ球;骨芽細胞
      • サイトカイン産生性免疫微小環境の機能解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        サイトカイン;リンパ組織;Tリンパ球;Bリンパ球;NK細胞;自然リンパ球;ストローマ細胞;骨芽細胞;免疫学;感染症;生体分子;発生・分化
      • IL-15産生性ストローマ細胞の局所機能の解明
        特別研究員奨励費
        京都大学
        自 2015年04月24日, 至 2017年03月31日, 完了
        サイトカイン;リンパ組織;Tリンパ球;NK細胞;NKT細胞;ストローマ細胞;血管内皮細胞
      • IL-15産生細胞の生体内における分布と機能
        基盤研究(C)
        京都大学
        生田 宏一
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        免疫細胞;微小環境;サイトカイン;ストローマ細胞;IL-15;免疫組織
      • サイトカイン産生性免疫微小環境の可視化と機能解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        免疫学;免疫組織;微小環境;サイトカイン;ストローマ細胞;IL-15
      • IL-7産生細胞の生体内における分布と機能
        基盤研究(C)
        京都大学
        生田 宏一
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        サイトカイン;IL-7;ストローマ細胞;小腸上皮内リンパ球;γδ T細胞;インターロイキン7;リンパ組織;遺伝子改変マウス;胸腺;NKT細胞;胸腺上皮細胞;GFP;T細胞
      • 自然免疫と獲得免疫を橋渡しするIL-7レセプターの機能解析と感染症防除への応用
        基盤研究(C)
        京都大学
        真木 一茂
        自 2006年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        サイトカイン;シグナル伝達;γδT細胞;グルココルチコイド;γδ T細胞;樹状細胞, Cytokine;Signal transduction;γδ T cell;Glucocorticold
      • IL-7レセプターを指標としたB細胞記憶形成機構の解明
        萌芽研究
        京都大学
        生田 宏一
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        インターロイキン;IL-7;IL-7レセプター;B細胞;グルココルチコイド;転写;免疫応答
      • T細胞の選択と記憶形成程におけるIL-7レセプターの機能
        基盤研究(B)
        京都大学
        生田 宏一
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        T細胞;インターロイキン;IL-7;IL-レセプター;樹状細胞;免疫応答;補助刺激分子;IL-7レセプター, T cell;interleukin;IL-7;IL-7 receptor;dendritic cell;immune response;costimulatory molecule
      • IL-7レセプターの発現制御による免疫監視システムの形成と維持機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        インターロイキン;IL-7;IL-7レセプター;樹状細胞;免疫応答;補助刺激分子;IL-7 レセプター
      • IL-7レセプターの発現制御による免疫監視システムの形成と維持機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2004年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;インターロイキン7;T細胞;T細胞抗原受容体;転写;グルココルチコイド
      • 転写因子Ikarosによる胸線T細胞の細胞周期と細胞死の制御
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2004年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;インターロイキン7;T細胞;T細胞抗原受容体;転写;グルココルチコイド
      • リンパ系前駆細胞の生成過程におけるIL-7レセプターの機能
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2003年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;インターロイキン7;T細胞;T細胞抗原受容体;転写;グルココルチコイド
      • 獲得免疫の成立過程におけるIL-7レセプターの機能
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2003年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;インターロイキン7;T細胞;T細胞抗原受容体;転写
      • ヒストン・メチル化によるTCRβ遺伝子座の対立遺伝子排除の制御
        萌芽研究
        京都大学
        生田 宏一
        自 2002年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;Stat;γδT細胞;T細胞抗原受容体;シグナル伝達;DNA組換え;ヒストンアセチル化;転写共役因子
      • バセドウ病を発症した抗TSH受容体抗体遺伝子導入マウスによる病因解明と応用研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        赤水 尚史
        自 2002年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        バセドウ病;甲状腺機能亢進症;トランスジェニックマウス;TSHレセプター;トランスジェニックマウル;TSHレセプター抗体, Grave's disease;Autoimmune thyroid disease;Transgenic mouse;TSH receptor
      • クロマチン修飾によるリンパ球抗原受容体遺伝子座の組換え制御
        基盤研究(B)
        京都大学
        生田 宏一
        自 2002年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;Stat;γδT細胞;T細胞抗原受容体;シグナル伝達;DNA組換え;ヒストンアセチル化;転写共役因子;サイトカイン;ヒストン修飾;クロマチン;サイトカインレセプタ, cytokine;Stat;γδ T cell;T cell antigen receptor;signal transduction;DNA recombination;histone modification;chromatin
      • T細胞分化におけるIL-7レセプターによる細胞周期と細胞死の制御
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2002年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;インターロイキン7;T細胞;T細胞抗原受容体;転写;シグナル伝達
      • 獲得免疫の成立過程におけるIL-7レセプターの機能
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        生田 宏一
        自 2002年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;インターロイキン7;T細胞;T細胞抗原受容体;転写;シグナル伝達
      • リンパ球の初期分化を誘導・制御するシグナル伝達機構
        特定領域研究
        生物系
        東京医科歯科大学
        烏山 一
        自 2000年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        B細胞分化;チロシンリン酸化;Btk;Sab;T細胞レセプター遺伝子;ヒストンアセチル化;抗原提示細胞;Ly49Q;シグナル伝達;PLCγ2;IL-7レセプター;マクロファージ活性化;プレB細胞レセプター;BLNK;サイトカイン;STAT;NK細胞;CD94
      • IL-7レセプター・シグナル伝達分子によるV-J組み換え誘導機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        生田 宏一
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;Stat;γδT細胞;シグナル伝達;DNA組換え;ヒストンアセチル化;転写共役因子;レトロウイルス;STAT;レトロウィルス, cytokine receptor;Stat;γδT cell;signal transduction;DNA recombination;histone acetylation;transcriptional coactivator;retrovirus
      • IL-7レセプター欠失マウスによる細胞内シグナル分子のT細胞分化における機能解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        生田 宏一
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;Stat;γδT細胞;シグナル伝達;DNA組換え;ヒストンアセチル化;転写共役因子;レトロウイルス;STAT;レトロウィルス, cytokine receptor;Stat;γδ T cell;signal transduction;DNA recombination;histone acetylation;transcriptional coactivator;retrovirus
      • IL-クレセプターによるTCRγ遺伝子のV-J組み換え誘導機構
        特定領域研究(A)
        京都大学
        生田 宏一
        自 1998年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;STAT;γδT細胞;シグナル伝達;レトロウィルス;DNA組換え;T細胞レセプター
      • 造血細胞の遺伝子操作
        特定領域研究(A)
        生物系
        自治医科大学
        小澤 敬也
        自 1998年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        遺伝子治療;造血幹細胞;選択的増幅遺伝子;コモンマーモセット;レトロウイルスベクター;突然変異マウス;サイトカインレセプター;トランスポゾンシステム;コンディショナルターゲティング;サイトカイン;V-J組換え;発作性夜間血色素尿症(PNH);ジーンターゲティング;ケモカイン;クローン優位性
      • IL-7レセプターによるTCRγ遺伝子のV-J組換え誘導機構
        特定領域研究(A)
        京都大学
        生田 宏一
        自 1998年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        STAT;サイトカインレセプター;V-J組換え;転写誘導
      • IL-7レセプター欠失マウスによるリンパ球の分化・増殖機構の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        生田 宏一
        自 1997年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        サイトカインレセプター;Bcl-2;γδT細胞;トランスジェニックマウス;サイトカイン;T細胞, IL-7 receptor;Bcl-2;gammadelta T cell;transgenic mouse
      • IL-7レセプター欠失マウスによるリンパ球初期分化機構の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        生田 宏一
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        サイトカイン;レセプター;標的遺伝子組み換え;T細胞;トランスジェニックマウス;胸腺
      • マウス発生工学によるc-mplとトロンボポイエチンを介した巨核球増殖機構の解析
        重点領域研究
        東京大学
        生田 宏一
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        癌遺伝子;巨核球;トロンボポイエチン;トランスジェニックマウス
      • 胚幹細胞への欠失変異導入法の開発
        重点領域研究
        東北大学
        宮崎 純一
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        ノックアウトマウス;ジーンターゲッティング;ES細胞
      • 標的遺伝子組み換えと胚盤胞相補法によるサイトカイン受容体遺伝子の機能解析
        一般研究(C)
        東京大学
        生田 宏一
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        IL-7レセプター;標的遺伝子組み換え;マウス
      • 標的遺伝子組み換えによる造血幹細胞の新しい受容体型癌遺伝子c-mplの解析
        重点領域研究
        東京大学
        生田 宏一
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        標的遺伝子組み換え;サイトカイン・レセプター;マウス
      • 胎児期造血幹細胞のストローマ細胞による増幅と分化能の変化
        重点領域研究
        東京大学
        生田 宏一
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        造血幹細胞;胎児胸腺器官培養;T細胞レセプター;RT-PCR;N配列
      • 胚幹細胞への欠失変異導入法の開発
        重点領域研究
        東北大学
        宮崎 純一
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        標的組み換え法;胚幹細胞;ノックアウトマウス
      • 造血幹細胞レベルでのT細胞レセプターN配列挿入の調節機構
        一般研究(C)
        東京大学
        生田 宏一
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        造血幹細胞;T細胞レセプター;γδ型T細胞;N配列;胸腺;PCR
      • 胚幹細胞への欠失変異導入法の開発
        重点領域研究
        東京大学
        宮崎 純一
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        胚幹細胞;ジーンターゲッティング;変異導入

      外部資金:その他

      • ゲノム改変によるインターロイキン7レセプター発現制御機構の解析 (平成27年度分)
        二国間交流事業共同研究・セミナー
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        生田 宏一
      • ゲノム改変によるインターロイキン7レセプター発現制御機構の解析 (平成28年度分)
        二国間交流事業共同研究・セミナー
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        生田 宏一
      • ゲノム改変によるインターロイキン7レセプター発現制御機構の解析 (平成29年度分)
        二国間交流事業共同研究・セミナー
        自 2017年04月01日, 至 2017年08月31日
        生田 宏一
      • ゲノム改変によるインターロイキン7レセプター発現制御機構の解析 (平成29年度分)
        二国間交流事業共同研究・セミナー
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        生田 宏一
      list
        Last Updated :2022/09/30

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          免疫・アレルギー・感染(修士実習)
          E039, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          免疫・アレルギー・感染(修士演習)
          E038, 通年不定, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          感染防御学2
          A217, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          感染防御学1
          A216, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生体分子薬学実験
          3204, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生物科学概論
          8103, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          免疫学I
          8014, 後期, 医学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生体分子薬学実習
          4204, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          免疫・アレルギー・感染(演習)
          P005, 通年不定, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬生命科学概論
          1027, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          感染防御学I
          C216, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          21COE化学講義3(理)
          8001, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生体分子薬学演習
          2304, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          免疫・アレルギー・感染(実習)
          P006, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子遺伝学II
          3726, 前期, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          感染防御学II
          C217, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤生物化学実験技術
          1207, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学研究の第一線に立つI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学研究の第一線に立つI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          免疫・アレルギー・感染(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          免疫・アレルギー・感染(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          免疫・アレルギー・感染(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          免疫・アレルギー・感染(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          免疫学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          免疫・アレルギー・感染(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          免疫・アレルギー・感染(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医科学特論
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          免疫学II
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          免疫学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          免疫・アレルギー・感染(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          免疫・アレルギー・感染(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          免疫・アレルギー・感染(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          免疫・アレルギー・感染(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染防御学II(免疫学・ウイルス学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染防御学I(微生物・ウイルス学)
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          免疫学II
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          免疫学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          免疫・アレルギー・感染(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          免疫・アレルギー・感染(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          免疫・アレルギー・感染(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          免疫・アレルギー・感染(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染防御学II(免疫・ウイルス学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染防御学I(微生物・ウイルス学)【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
          B8免疫学
          医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          免疫学II
          前期後半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          免疫学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          免疫・アレルギー・感染(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          免疫・アレルギー・感染(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          免疫・アレルギー・感染(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          免疫・アレルギー・感染(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子遺伝学II
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染防御学I【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染防御学II【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科

        博士学位審査

        • Increased expression of programmed cell death ligand 1 and galectin 9 in transplant recipients who achieved tolerance after immunosuppression withdrawal (免疫抑制剤中止後免疫寛容を達成した肝移植後レシピエントにおけるprogrammed cell death ligand 1とgalectin 9の高発現)
          NGUYEN HAI NAM, 医学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • High programmed death ligand 1 expression in carcinomatous components predicts a poor prognosis in pulmonary pleomorphic carcinoma (肺多形癌の上皮成分におけるプログラム細胞死リガンド1(PD-L1)高発現は予後不良を予測する)
          野口 未紗, 医学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Identification of CXCL12-abundant reticular cells in human adult bone marrow (成人骨髄におけるCXCL12-abundant reticular 細胞の同定)
          青木 一成, 医学研究科, 主査
          2021年09月24日
        • CCL2-CCR2 signaling in the skin drives surfactant-induced irritant contact dermatitis via IL-1β-mediated neutrophil accumulation (皮膚におけるCCL2-CCR2シグナルはIL-1βによる好中球浸潤を介して界面活性剤誘発性刺激性皮膚炎を惹起する)
          渋谷 倫太郎, 医学研究科, 副査
          2021年11月24日

        指導学生の業績:受賞

        • 井上研究奨励賞
          Sang-Kyu Ye, 井上科学振興財団, 2003年
        • 井上研究奨励賞
          榛葉旭恒, 井上科学振興財団, 2019年02月04日
        list
          Last Updated :2022/09/30

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年09月30日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
            放射性同位元素等管理委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            図書館協議会 協議員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            医学図書館運営委員会 委員
          • 次世代研究者育成センター専門委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            ウイルス研究所衛生管理者
          • 自 2013年07月01日, 至 2015年06月30日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2015年04月21日, 至 2015年05月13日
            京都大学研究公正推進委員会 研究データ保存のルール制定の作業部会
          • 自 2017年05月16日
            研究活動上の行動規範に関する検討ワーキンググループ 委員
          • 自 2017年05月16日, 至 2018年03月31日
            研究活動上の行動規範に関する検討ワーキンググループ 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            京都大学研究戦略タスクフォース プログラムオフィサー
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年09月30日
            医学研究科運営委員会
          • 自 2017年07月01日, 至 2018年06月30日
            京都大学白眉センター伯楽会議 委員
          • 自 2020年10月28日, 至 2022年09月30日
            研究戦略タスクフォース プログラムオフィサー

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日
            業績評価委員会 委員
          • 自 2021年07月01日
            感染症モデル研究センター運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            共同利用機器等委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            自己点検・評価委員会 委員長
          • 自 2016年10月01日
            人権委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            ウイルス・再生医科学研究所 副所長
          • 自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日
            広報委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            職員等配置検討委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            図書委員会 委員長
          • 自 1993年09月27日
            コンピュータ・ネットワーク委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            自己点検・評価委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            共同利用機器等委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            霊長類小委員会
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            病原体安全管理委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            安全衛生委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            予算委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            教育委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            動物実験委員会 委員長
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            職員等配置検討委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            図書委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日
            自己点検・評価委員会 委員
          • 安全衛生委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            ウイルス動物実験専門委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            (旧ウイルス研)共同利用機器等委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/09/30

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2003年, 至 現在
              評議員, 日本生化学会
            • 自 1997年, 至 現在
              評議員, 日本免疫学会
            • 自 2005年, 至 2010年
              学会のあり方検討委員会委員, 日本免疫学会
            • 自 2000年, 至 2005年
              教育推進委員会委員, 日本免疫学会

            ページ上部へ戻る