教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

渡邊 仁美

ワタナベ ヒトミ

医生物学研究所 附属再生実験動物施設 助教

渡邊 仁美
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 遺伝子改変動物学, 助教
    • 医学研究科, 医科学専攻 遺伝子改変動物学, 助教

    学位

    • 修士(学術)(放送大学)

    ID,URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 実験動物学

      論文

      • Distinct Foxp3 enhancer elements coordinate development, maintenance, and function of regulatory T cells
        Ryoji Kawakami; Yohko Kitagawa; Kelvin Y. Chen; Masaya Arai; Daiya Ohara; Yamami Nakamura; Keiko Yasuda; Motonao Osaki; Norihisa Mikami; Caleb A. Lareau; Hitomi Watanabe; Gen Kondoh; Keiji Hirota; Naganari Ohkura; Shimon Sakaguchi
        Immunity, 2021年05月
      • Circadian key component CLOCK/BMAL1 interferes with segmentation clock in mouse embryonic organoids
        Yasuhiro Umemura; Nobuya Koike; Yoshiki Tsuchiya; Hitomi Watanabe; Gen Kondoh; Ryoichiro Kageyama; Kazuhiro Yagita
        2020年10月31日
      • Foxp3+ Regulatory T Cells Inhibit CCl4-Induced Liver Inflammation and Fibrosis by Regulating Tissue Cellular Immunity
        Yoshinobu Ikeno; Daiya Ohara; Yusuke Takeuchi; Hitomi Watanabe; Gen Kondoh; Kojiro Taura; Shinji Uemoto; Keiji Hirota
        Frontiers in Immunology, 2020年10月15日
      • Strain-Dependent Prion Infection in Mice Expressing Prion Protein with Deletion of Central Residues 91-106.
        Keiji Uchiyama; Hironori Miyata; Yoshitaka Yamaguchi; Morikazu Imamura; Mariya Okazaki; Agriani Dini Pasiana; Junji Chida; Hideyuki Hara; Ryuichiro Atarashi; Hitomi Watanabe; Gen Kondoh; Suehiro Sakaguchi
        International journal of molecular sciences, 2020年10月01日

      MISC

      • 概日時計コア因子CLOCK/BMAL1による体節時計振動への干渉作用
        梅村康浩; 小池宣也; 土谷佳樹; 渡邊仁美; 近藤玄; 影山龍一郎; 影山龍一郎; 八木田和弘
        日本生理学雑誌(Web), 2022年

      受賞

      • 2011年10月23日
        IVF学会, 優秀賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 新規GPIアンカー型タンパク質が解き明かす雄性妊娠制御
        若手研究
        小区分42030:動物生命科学関連
        京都大学
        渡邊 仁美
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        精子運動性解析;GPIアンカー型タンパク質;体外受精;受精;マウス
      • マウス個体を利用したヒト免疫系の再構築
        基盤研究(B)
        小区分42040:実験動物学関連
        大阪大学
        竹田 潤二
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ヒト化マウス;HLA;細胞融合;マウスES細胞;マウス ES細胞;HLA遺伝子座;ヒト免疫系の再構築;遺伝子組み換え
      • 免疫担当細胞と共生細菌が織りなす精子成熟誘導因子の発動
        若手研究(B)
        京都大学
        渡邊 仁美
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        精子;Lipocalin2;免疫担当細胞;常在細菌叢;性ホルモン制御;精子活性化;子宮粘膜;RAG2依存性免疫細胞;インヒビン;卵巣腫瘍;卵巣由来分泌因子;Lcn2;免疫細胞;生殖ホルモン;Lcn2;受精メカニズム;精子成熟化シグナル
      list
        Last Updated :2022/11/23

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2022年05月01日
          安全衛生委員会 委員
        • 自 2016年10月01日
          化学物質管理委員会 委員

        ページ上部へ戻る