教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

田中 千尋

タナカ チヒロ

地球環境学堂 資源循環学廊 教授

田中 千尋
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 米国微生物学会(American Microbidogical Society)
    • 日本農薬学会
    • 英国菌学会(The Britsh mycological Society)
    • 日本菌学会
    • 日本植物病理学会

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程農林生物学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院農学研究科博士後期課程農林生物学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都府立大学, 農学部農学科, 卒業

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        植物病原・共生菌の外界・宿主認識に関わるシグナル伝達系の解明 殺生性植物病原菌のゲノム進化に関する研究
      • 研究概要

        植物病原菌や植物共生菌は環境中の物理・化学的要因や宿主などの生物的要因を認知し,その刺激を細胞内で伝達し,特定の遺伝子を発現させて,適応することによって生きています.その機構を明らかにし,人為的にコントロールすることで有害な植物病原菌あるいは有用な植物共生菌を制御しようと研究を展開しています. 植物病原菌のゲノム配列を近縁種の菌類間で比較すると,遺伝子群の重複や獲得が認められます.これらの遺伝子群の破壊株を作出することにより,病原菌の生態における役割を明らかにしようとしています.

      研究分野

      • 環境・農学, ランドスケープ科学
      • 環境・農学, 環境農学
      • ライフサイエンス, 森林科学
      • 環境・農学, 植物保護科学
      • 環境・農学, 植物保護科学

      論文

      • Effects of Phytophthora sojae inoculation under flooded conditions on growth of soybean seedlings
        Tada, T.; Kato, M.; Tanaka, C.; Shiraiwa, T.
        Plant Production Science, 2021年
      • An arabinose-induced enhancement of asexual reproduction and concomitant changes in metabolic state in the filamentous fungus Bipolaris maydis
        Yoshida, H.; Tanaka, C.
        Microbiology (Reading, England), 2021年
      • Athelia termitophila sp. nov. is the teleomorph of the termite ball fungus Fibularhizoctonia sp.
        Maekawa, N.; Yokoi, H.; Sotome, K.; Matsuura, K.; Tanaka, C.; Endo, N.; Nakagiri, A.; Ushijima, S.
        Mycoscience, 2020年
      • An adaptor protein BmSte50 interacts with BmSte11 MAPKKK and is involved in host infection, conidiation, melanization, and sexual development in Bipolaris maydis
        Sumita, T.; Izumitsu, K.; Shigeyoshi, S.; Gotoh, S.; Yoshida, H.; Tsuji, K.; Yoshida, H.; Kitade, Y.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2020年, 査読有り
      • Recombination and local population structure of the root endophytic fungus Glutinomyces brunneus based on microsatellite analyses
        Nakamura, N.; Tanaka, C.; Takeuchi-Kaneko, Y.
        Fungal Ecology, 2019年, 査読有り
      • Cla4 PAK-like kinase is required for pathogenesis, asexual/sexual development and polarized growth in Bipolaris maydis
        Kitade, Y.; Sumita, T.; Izumitsu, K.; Tanaka, C.
        Current Genetics, 2019年, 査読有り
      • Monitoring of in planta gene expression for xylan degradation and assimilation in the maize pathogen Bipolaris maydis
        Yoshida, H.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2019年, 査読有り
      • Transmission of antibiotic-resistance markers by hyphal fusion suggests partial presence of parasexuality in the root endophytic fungus Glutinomyces brunneus
        Nakamura, N.; Tanaka, C.; Takeuchi-Kaneko, Y.
        Mycological Progress, 2019年, 査読有り
      • Detection of a root-associated group of Hyaloscyphaceae (Helotiales) species that commonly colonizes Fagaceae roots and description of three new species in genus Glutinomyces
        Nakamura, N.; Hosoya, T.; Tanaka, C.; Takeuchi-Kaneko, Y.
        Mycoscience, 2018年, 査読有り
      • Homeobox transcription factor CoHox3 is essential for appressorium formation in the plant pathogenic fungus Colletotrichum orbiculare
        Yokoyama, A.; Izumitsu, K.; Sumita, T.; Tanaka, C.; Irie, T.; Suzuki, K.
        Mycoscience, 2018年, 査読有り
      • Genetic analyses of reddish-brown polyoxin-resistant mutants of Bipolaris maydis
        Chen, D.; Masumoto, H.; Kitade, Y.; Izumitsu, K.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2018年, 査読有り
      • Localization of helotialean fungi on ectomycorrhizae of Castanopsis cuspidata visualized by in situ hybridization
        Nakamura, N.; Tanaka, E.; Tanaka, C.; Takeuchi-Kaneko, Y.
        Mycorrhiza, 2018年, 査読有り
      • Seasonal changes in the content of the (oxalato)aluminate complex, an antimicrobial substance of the “shiro” of Tricholoma matsutake, and the bacterialcommunity structure in the shiro area
        Nishino K; Matsubara, K; Tanaka C; Yamaguchi M; Fujita T; Yamada A; Hirai N
        Mushroom Science and Biotechnology, 2017年03月, 査読有り
      • The (oxalato)aluminate complex as an antimicrobial substance protecting the "shiro" of Tricholoma matsutake from soil micro-organisms
        Nishino, K.; Shiro, M.; Okura, R.; Oizumi, K.; Fujita, T.; Sasamori, T.; Tokitoh, N.; Yamada, A.; Tanaka, C.; Yamaguchi, M.; Hiradate, S.; Hirai, N.
        Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 2017年, 査読有り
      • Fungal planet description sheets: 625-715
        Crous, P.W.; Wingfield, M.J.; Burgess, T.I.; Carnegie, A.J.; Hardy, G.E.S.J.; Smith, D.; Summerell, B.A.; Cano-Lira, J.F.; Guarro, J.; Houbraken, J.; Lombard, L.; Martín, M.P.; Sandoval-Denis, M.; Alexandrova, A.V.; Barnes, C.W.; Baseia, I.G.; Bezerra, J.D.P.; Guarnaccia, V.; May, T.W.; Hernández-Restrepo, M.; Stchige, A.M.; Miller, A.N.; Ordoñez, M.E.; Abreu, V.P.; Accioly, T.; Agnello, C.; Agustin Colmán, A.; Albuquerque, C.C.; Alfredo, D.S.; Alvarado, P.; Araújo-Magalhães, G.R.; Arauzo, S.; Atkinson, T.; Barili, A.; Barreto, R.W.; Bezerra, J.L.; Cabral, T.S.; Camello Rodríguez, F.C.; Cruz, R.H.S.F.; Daniëls, P.P.; Da Silva, B.D.B.; De Almeida, D.A.C.; De Carvalho, A.A.; Decock, C.A.; Delgat, L.; Denman, S.; Dimitrov, R.A.; Edwards, J.; Fedosova, A.G.; Ferreira, R.J.; Firmino, A.L.; Flores, J.A.; García, D.; Gené, J.; Giraldo, A.; Góis, J.S.; Gomes, A.A.M.; Gonçalves, C.M.; Gouliamova, D.E.; Groenewald, M.; Guéorguiev, B.V.; Guevara-Suarez, M.; Gusmão, L.F.P.; Hosaka, K.; Hubka, V.; Huhndorf, S.M.; Jadan, M.; Jurjević, Ž.; Kraak, B.; Kučera, V.; Kumar, T.K.A.; Kušan, I.; Lacerda, S.R.; Lamlertthon, S.; Lisboa, W.S.; Loizides, M.; Luangsa-Ard, J.J.; Lysková, P.; Mac Cormack, W.P.; Macedo, D.M.; Machado, A.R.; Malysheva, E.F.; Marinho, P.; Matočec, N.; Meijer, M.; Mešić, A.; Mongkolsamrit, S.; Moreira, K.A.; Morozova, O.V.; Nair, K.U.; Nakamura, N.; Noisripoom, W.; Olariaga, I.; Oliveira, R.J.V.; Paiva, L.M.; Pawar, P.; Pereira, O.L.; Peterson, S.W.; Prieto, M.; Rodríguez-Andrade, E.; Rojo De Blas, C.; Roy, M.; Santos, E.S.; Sharma, R.; Silva, G.A.; Souza-Motta, C.M.; Takeuchi-Kaneko, Y.; Tanaka, C.; Thakur, A.; Smith, M.T.; Tkalčec, Z.; Valenzuela-Lopez, N.; Van Der Kleij, P.; Verbeken, A.; Viana, M.G.; Wang, X.W.; Groenewald, J.Z.
        Persoonia: Molecular Phylogeny and Evolution of Fungi, 2017年, 査読有り
      • Characterization of the autophagy-related gene BmATG8 in Bipolaris maydis
        Sumita, T.; Izumitsu, K.; Tanaka, C.
        Fungal Biology, 2017年, 査読有り
      • A serine/threonine kinase gene BcATG1 is involved in conidiation and sclerotial development in Botrytis cinerea
        Takuya Sumita; Kosuke Izumitsu; Chihiro Tanaka
        Mycoscience, 2016年03月, 査読有り
      • Identity between the fruit bodies of Hebeloma radicosum and the mycosymbiont in ectomycorrhizas colonizing mole latrines
        Maeno, J.; Shimizu, K.; Sagara, N.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2016年, 査読有り
      • Coprinopsis novorugosobispora (Basidiomycota, Agricales), an ammonia fungus new to Canada
        Raut, J.K.; Fukiharu, T.; Shimizu, K.; Kawamoto, S.; Takeshige, S.; Tanaka, C.; Yamanaka, T.; Suzuki, A.
        Mycosphere, 2015年, 査読有り
      • MAPKK-encoding gene Ste7 in Bipolaris maydis is required for development and morphogenesis
        Kitade, Y.; Sumita, T.; Izumitsu, K.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2015年, 査読有り
      • Transformation of the mushroom species Hypsizigus marmoreus, Flammulina velutipes, and Grifola frondosa by an agrobacterium-mediated method using a universal transformation plasmid
        Hatoh, K.; Izumitsu, K.; Morita, A.; Shimizu, K.; Ohta, A.; Kawai, M.; Yamanaka, T.; Neda, H.; Ota, Y.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2013年, 査読有り
      • Ophiocordyceps sessilis sp. nov., a new species of Ophiocordyceps on Camponotus ants in Japan
        Kaitsu, Y.; Shimizu, K.; Tanaka, E.; Shimano, S.; Uchiyama, S.; Tanaka, C.; Kinjo, N.
        Mycological Progress, 2013年, 査読有り
      • Examining the factors influencing leaf disease intensity of Kalopanax septemlobus (Thunb. ex Murray) Koidzumi (Araliaceae) over multiple spatial scales: from the individual, forest stand, to the regions in the Japanese Archipelago
        Sakaguchi S; Yamasaki M; Tanaka C; Isagi Y
        Journal of Ecology and Field Biology, 2012年10月, 査読有り
      • Phylogenetic relationship and species delimitation of matsutake and allied species based on multilocus phylogeny and haplotype analyses
        Ota, Y.; Yamanaka, T.; Murata, H.; Neda, H.; Ohta, A.; Kawai, M.; Yamada, A.; Konno, M.; Tanaka, C.
        Mycologia, 2012年, 査読有り
      • Rapid and simple preparation of mushroom DNA directly from colonies and fruiting bodies for PCR
        Izumitsu, K.; Hatoh, K.; Sumita, T.; Kitade, Y.; Morita, A.; Gafur, A.; Ohta, A.; Kawai, M.; Yamanaka, T.; Neda, H.; Ota, Y.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2012年, 査読有り
      • Cloning of Sal1, a scytalone dehydratase gene involved in melanin biosynthesis in Cochliobolus heterostrophus
        Saitoh, Y.; Izumitsu, K.; Morita, A.; Shimizu, K.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2012年, 査読有り
      • Molecular organization of the mating type (Mat) locus of Exserohilum monoceras (Setosphaeria monoceras), a bioherbicide agent for Echinochloa weeds
        Morita, A.; Saitoh, Y.; Izumitsu, K.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2012年, 査読有り
      • Teleomorph formation of Setosphaeria monoceras, a perfect state of Exserohilum monoceras, by Japanese isolates
        Morita, A.; Saitoh, Y.; Izumitsu, K.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2012年, 査読有り
      • Genetic diversity of Tricholoma matsutake and close allies associated with broad-leaved trees in Asia
        Wan J; Koike A; Yamanaka K; Sotome K; Morinaga T; Tanaka C; Terashima Y; Aimi T
        Mushroom Science and Biotechnology, 2012年01月, 査読有り
      • Defense response of a pepper cultivar cv. Sy-2 is induced at temperatures below 24°C
        Koeda S; Hosokawa M; Kang B-C; Tanaka C; Choi D; Sano S; Shiina T; Doi M; Yazawa S
        Journal of Plant Research, 2012年, 査読有り
      • Genetic diversity of termite-egg mimicking fungi "termite balls" within the nests of termites
        Yashiro, T.; Matsuura, K.; Tanaka, C.
        Insectes Sociaux, 2011年, 査読有り
      • Simple transformation of the rice false smut fungus Villosiclava virens by electroporation of intact conidia
        Tanaka, E.; Kumagawa, T.; Tanaka, C.; Koga, H.
        Mycoscience, 2011年, 査読有り
      • Coprinopsis austrophlyctidospora sp. nov., an agaric ammonia fungus from Southern Hemisphere plantations and natural forests
        Fukiharu, T.; Bougher, N.L.; Buchanan, P.K.; Suzuki, A.; Tanaka, C.; Sagara, N.
        Mycoscience, 2011年, 査読有り
      • Probing the role of tryptophan-derived secondary metabolism in defense responses against Bipolaris oryzae infection in rice leaves by a suicide substrate of tryptophan decarboxylase
        Ishihara, A.; Nakao, T.; Mashimo, Y.; Murai, M.; Ichimaru, N.; Tanaka, C.; Nakajima, H.; Wakasa, K.; Miyagawa, H.
        Phytochemistry, 2011年, 査読有り
      • Coprinopsis neophlyctidospora sp. nov., a new ammonia fungus from boreal forests in Canada
        Raut, J.K.; Suzuki, A.; Fukiharu, T.; Shimizu, K.; Kawamoto, S.; Tanaka, C.
        Mycotaxon, 2011年, 査読有り
      • The community structures of fungivorous insects on amanita muscaria in New Zealand
        Osawa, N.; Toft, R.; Tuno, N.; Kadowaki, K.; Fukiharu, T.; Buchanan, P.K.; Tanaka, C.
        New Zealand Entomologist, 2011年, 査読有り
      • Fungal toxins relevant to animals - the case of Amanita
        Tuno, N.; Osawa, N.; Tanaka, C.
        Behavioral and Chemical Ecology, 2010年
      • ChMCO1 of cochliobolus heterostrophus is a new class of metallo-oxidase, playing an important role in DHN-melanization
        Saitoh, Y.; Izumitsu, K.; Morita, A.; Shimizu, K.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2010年, 査読有り
      • Class I hydrophobin BcHpb1 is important for adhesion but not for later infection of Botrytis cinerea
        Izumitsu, K.; Kimura, S.; Kobayashi, H.; Morita, A.; Saitoh, Y.; Tanaka, C.
        Journal of General Plant Pathology, 2010年, 査読有り
      • A copper-transporting ATPase BcCCC2 is necessary for pathogenicity of Botrytis cinerea
        Saitoh, Y.; Izumitsu, K.; Morita, A.; Tanaka, C.
        Molecular Genetics and Genomics, 2010年, 査読有り
      • Taxonomic reconsideration of a sequestrate fungus, Octaviania columellifera, with the proposal of a new genus, Heliogaster, and its phylogenetic relationships in the Boletales
        Orihara, T.; Sawada, F.; Ikeda, S.; Yamato, M.; Tanaka, C.; Shimomura, N.; Hashiya, M.; Iwase, K.
        Mycologia, 2010年, 査読有り
      • 病原糸状菌の浸透圧応答シグナル伝達経路
        田中 千尋; 泉津 弘佑; 吉見 啓; 清水 公徳; 木村 真; 本山 高幸
        化学と生物, 2009年09月01日
      • 日本国内におけるタケ・ササ類のてんぐ巣症状
        田中 栄爾; 田中 千尋; 柴田 昌三
        日本菌学会会報, 2009年05月, 査読有り
      • Dic2 and Dic3 loci confer osmotic adaptation and fungicidal sensitivity independent of the HOG pathway in Cochliobolus heterostrophus
        Izumitsu, K.; Yoshimi, A.; Hamada, S.; Morita, A.; Saitoh, Y.; Tanaka, C.
        Mycological Research, 2009年, 査読有り
      • Accumulation of hydroxycinnamic acid amides induced by pathogen infection and identification of agmatine coumaroyltransferase in Arabidopsis thaliana
        Muroi, A.; Ishihara, A.; Tanaka, C.; Ishizuka, A.; Takabayashi, J.; Miyoshi, H.; Nishioka, T.
        Planta, 2009年, 査読有り
      • The MAPKK kinase ChSte11 regulates sexual/asexual development, melanization, pathogenicity, and adaptation to oxidative stress in Cochliobolus heterostrophus
        Izumitsu, K.; Yoshimi, A.; Kubo, D.; Morita, A.; Saitoh, Y.; Tanaka, C.
        Current Genetics, 2009年, 査読有り
      • Phylogenetic analysis of heavy-metal ATPases in fungi and characterization of the copper-transporting ATPase of Cochliobolus heterostrophus
        Saitoh, Y.; Izumitsu, K.; Tanaka, C.
        Mycological Research, 2009年, 査読有り
      • Characterization of the BMR1 gene encoding a transcription factor for melanin biosynthesis genes in the phytopathogenic fungus Bipolaris oryzae
        Kihara, J.; Moriwaki, A.; Tanaka, N.; Tanaka, C.; Ueno, M.; Arase, S.
        FEMS Microbiology Letters, 2008年, 査読有り
      • Identification and sterilization of epiphytic bacterial flora near hydrangea shoot apical meristems
        Kitamura, Y.; Hosokawa, M.; Tanaka, C.; Yazawa, S.
        Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 2008年, 査読有り
      • Villosiclava virens gen. nov., comb. nov., teleomorph of Ustilaginoidea virens, the causal agent of rice false smut
        Tanaka, E.; Ashizawa, T.; Sonoda, R.; Tanaka, C.
        Mycotaxon, 2008年, 査読有り
      • Isolation of basidiomycetous anamorphic yeast-like fungus Meira argovae found on Japanese bamboo
        Tanaka, E.; Shimizu, K.; Imanishi, Y.; Yasuda, F.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2008年, 査読有り
      • Identification of Cylindrocladium sp. causing damping-off disease of Japanese black pine (Pinus thunbergii) and factors affecting the disease severity in a black locust (Robinia pseudoacacia)-dominated area
        Taniguchi, T.; Tanaka, C.; Tamai, S.; Yamanaka, N.; Futai, K.
        Journal of Forest Research, 2008年, 査読有り
      • Geraniol dehydrogenase, the key enzyme in biosynthesis of the alarm pheromone, from the astigmatid mite Carpoglyphus lactis (Acari: Carpoglyphidae)
        Noge, K.; Kato, M.; Mori, N.; Kataoka, M.; Tanaka, C.; Yamasue, Y.; Nishida, R.; Kuwahara, Y.
        FEBS Journal, 2008年, 査読有り
      • The tryptophan pathway is involved in the defense responses of rice against pathogenic infection via serotonin production
        Ishihara, A.; Hashimoto, Y.; Tanaka, C.; Dubouzet, J.G.; Nakao, T.; Matsuda, F.; Nishioka, T.; Miyagawa, H.; Wakasa, K.
        Plant Journal, 2008年, 査読有り
      • Phylogenetic study of clavicipitaceous fungi using acetaldehyde dehydrogenase gene sequences
        Tanaka, E.; Tanaka, C.
        Mycoscience, 2008年, 査読有り
      • Two-component response regulators Ssk1p and Skn7p additively regulate high-osmolarity adaptation and fungicide sensitivity in Cochliobolus heterostrophus
        Izumitsu, K.; Yoshimi, A.; Tanaka, C.
        Eukaryotic Cell, 2007年, 査読有り
      • Tolerance of Drosophila flies to ibotenic acid poisons in mushrooms
        Tuno, N.; Takahashi, K.H.; Yamashita, H.; Osawa, N.; Tanaka, C.
        Journal of Chemical Ecology, 2007年, 査読有り
      • Survey of stream spora of Penang Island and the Malay Peninsula
        Hosoya T; Tanaka C; Yamada A; Baharuddin S
        Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series. B, 2006年, 査読有り
      • The histidine kinase Dic1p regulates HOG1-MAPK involved in glycerol accumulation of Cochliobolus heterostrophus.
        Tanaka C; Izumitsu K; Yoshimi A
        Meyer W, Pearce C (eds.) 8th International Mycological Congress pp. 1-6, Medimond Srl, Bologna, Italy, 2006年
      • Cryptococcus neoformansのハイブリッド型Histidine kinaseをコードする遺伝子CnNiK1の機能解析
        清水 公徳; 渡辺 哲; 亀井 克彦; Antra Drivinya; 吉見 啓; 田中 千尋; 川本 進
        日本医真菌学会雑誌, 2005年08月
      • Cryptococcus neoformans のハイブリッド型 Histidine kinase をコードする遺伝子 CnNiK1 の機能解析
        清水 公徳; 渡辺 哲; 亀井 克彦; Drivinya Antra; 吉見 啓; 田中 千尋; 川本 進
        日本医真菌学会総会プログラム・抄録集, 2005年, 査読有り
      • Group III histidine kinase is a positive regulator of Hog1-type mitogen-activated protein kinase in filamentous fungi
        Yoshimi, A.; Kojima, K.; Takano, Y.; Tanaka, C.
        Eukaryotic Cell, 2005年, 査読有り
      • New host record for three scuttle flies, Megaselia flava, M. kanekoi and M. gotoi (Diptera: Phoridae), on the poisonous fungus Amanita ibotengutake (Agaricales: Amanitaceae)
        Yamashita, H.; Tanaka, C.; Nakayama, H.; Tuno, N.; Osawa, N.
        Entomological Science, 2005年, 査読有り
      • Identification of astigmatid mites using the second internal transcribed spacer (ITS2) region and its application for phylogenetic study
        Noge, K.; Mori, N.; Tanaka, C.; Nishida, R.; Tsuda, M.; Kuwahara, Y.
        Experimental and Applied Acarology, 2005年, 査読有り
      • Cutaneous alternariosis in an immunocompetent patient: analysis of the internal transcribed spacer region of rDNA and Brm2 of isolated Alternaria alternata
        M Ono; C Nishigori; C Tanaka; S Tanaka; M Tsuda; Y Miyachi
        BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY, 2004年04月, 査読有り
      • Accumulation of HDMBOA-Glc is induced by biotic stresses prior to the release of MBOA in maize leaves
        Oikawa, A.; Ishihara, A.; Tanaka, C.; Mori, N.; Tsuda, M.; Iwamura, H.
        Phytochemistry, 2004年, 査読有り
      • Fungicide activity through activation of a fungal signalling pathway
        Kojima, K.; Takano, Y.; Yoshimi, A.; Tanaka, C.; Kikuchi, T.; Okuno, T.
        Molecular Microbiology, 2004年, 査読有り
      • Molecular phylogeny and biogeography of the widely distributed Amanita species, A. muscaria and A. pantherina
        Oda, T.; Tanaka, C.; Tsuda, M.
        Mycological Research, 2004年, 査読有り
      • Cloning and characterization of the histidine kinase gene Dic1 from Cochliobolus heterostrophus that confers dicarboximide resistance and osmotic adaptation
        Yoshimi, A.; Tsuda, M.; Tanaka, C.
        Molecular Genetics and Genomics, 2004年, 査読有り
      • Induced resistance against Fusarium diseases of Cymbidium species by weakly virulent strain HPF-1 (Fusarium sp.)
        Ichikawa K; Kawasaki S; Tanaka C; Tsuda M
        Journal of General Plant Pathology, 2003年12月, 査読有り
      • Phenylpropanoid amides of serotonin accumulate in witches’ broom diseased bamboo
        Eiji Tanaka; Chihiro Tanaka; Naoki Mori; Yasumasa Kuwahara; Mitsuya Tsuda
        Phytochemistry, 2003年11月, 査読有り
      • Species separation in Curvularia “geniculata” group inferred from Brn1 gene sequences
        Guangyu Sun; Shinichi Oide; Eiji Tanaka; Chihiro Tanaka; Mitsuya Tsuda; Kiminori Shimizu
        Mycoscience, 2003年06月, 査読有り
      • Conidium morphology of Curvularia geniculata and allied species
        Masayo Hosokawa; Chihiro Tanaka; Mitsuya Tsuda
        Mycoscience, 2003年06月, 査読有り
      • Characterization and genetic analysis of laboratory mutants of Cochliobolus heterostrophus resistant to dicarboximide and phenylpyrrole fungicides
        Akira Yoshimi; Junko Imanishi; Abdul Gafur; Chihiro Tanaka; Mitsuya Tsuda
        Journal of General Plant Pathology, 2003年04月, 査読有り
      • Indole-3-acetic acid biosynthesis in Aciculosporium take, a causal agent of witches' broom of bamboo.
        Tanaka E; Tanaka C; Ishihara A; Kuwahara Y; Tsuda M
        J Gen Plant Pathol, 2003年02月, 査読有り
      • Protoplast isolation and transformation of Exserohilum turcicum
        Zhou, Y.L.; Tanaka, C.; Matsushim, S.; Tsuda, M.
        Sheng wu gong cheng xue bao = Chinese journal of biotechnology, 2003年
      • GST融合イネPR-3キチナーゼの精製とその作用特性の解析
        築山拓司; 中﨑鉄也; 寺地徹; 田中千尋; 奥本裕; 谷坂隆俊
        近畿作物・育種研究2002) 47号: 51-54,48号: 47-51, 2003年, 査読有り
      • Saprobic and ectomycorrhizal ammonia fungi in the Southern Hemisphere
        Suzuki, A.; Fukiharu, T.; Tanaka, C.; Ohono, T.; Buchanan, P.K.
        New Zealand Journal of Botany, 2003年, 査読有り
      • PCR-based specific detection of Ustilaginoidea virens and Ephelis japonica
        Zhou, Y.-L.; Izumitsu, K.; Sonoda, R.; Nakazaki, T.; Tanaka, E.; Tsuda, M.; Tanaka, C.
        Journal of Phytopathology, 2003年, 査読有り
      • GST融合タンパク質発現系を用いたイネPR-3キチナーゼの精製
        築山拓司; 中崎鉄也; 寺地 徹; 田中千尋; 奥本 裕; 谷坂隆俊
        近畿作育研究 48:47-51, 2003年, 査読有り
      • 畑地における窒素の挙動とその制御(5)固定化担体を用いた脱窒バイオリアクターの開発とその性能試験.
        北川陽介; 山岸真孝; 斎藤禎一; 田中千尋; 三野 徹
        畑地農業, 2003年
      • Genetic transformation of Exserohilum turcicum mediated by Agrobacterium tumefaciens.
        Zhou Y-L; Tanaka C; Tsuda M
        Mycosystema, 2003年, 査読有り
      • Accumulation of anthraquinones in the reddish brown-colored polyoxin-resistant mutants of Cochliobolus heterostrophus
        Chihiro Tanaka; Mitsuya Tsuda; Hisashi Miyagawa; Yasumasa Kuwahara
        Mycoscience, 2002年08月, 査読有り
      • Two new species of Amanita from Japan
        Takashi Oda; Chihiro Tanaka; Mitsuya Tsuda
        Mycoscience, 2002年08月, 査読有り
      • Polyoxin Resistance of Reddish Brown Laboratory Mutants of Cochliobolus heterostrophus
        Tanaka C; Shimizu K; Gafur A; Tsuda M
        Journal of General Plant Pathology, 2002年05月, 査読有り
      • Heteroepichloë, gen. nov. (Clavicipitaceae; Ascomycotina) on bamboo plants in East Asia
        Tanaka E; Tanaka C; Gafur A; Tsuda M
        Mycoscience, 2002年04月, 査読有り
      • タケ類てんぐ巣病菌の伝播および種内変異
        田中栄爾; 田中千尋; 津田盛也
        森林研究, 2002年, 査読有り
      • Phytotoxic sesterterpene, 11-epiterpestacin, from bipolaris sorokiniana NSDR-011
        Nihashi, Y.; Lim, C.-H.; Tanaka, C.; Miyagawa, H.; Ueno, T.
        Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 2002年, 査読有り
      • Amanita ibotengutake sp. nov., a poisonous fungus from Japan.
        Oda T; Yamazaki T; Tanaka C; Terashita T; Taniguchi N; Tsuda M
        Mycological Progress, 2002年, 査読有り
      • ITS rDNA variation of the Coprinopsis phlyctidospora (syn.: Coprinus phlyctidosporus) complex in the Northern and Southern Hemispheres
        Suzuki, A.; Tanaka, C.; Bougher, N.L.; Tommerup, I.C.; Buchanan, P.K.; Fukiharu, T.; Tsuchida, S.; Tsuda, M.; Oda, T.; Fukada, J.; Sagara, N.
        Mycoscience, 2002年, 査読有り
      • Amanita concentrica: A new species in Amanita section Amanita from Japan
        Oda, T.; Tanaka, C.; Tsuda, M.
        Mycoscience, 2002年, 査読有り
      • Studies on iprodione resistance in Cochliobolus heterostrophus.
        Gafur A; Tanaka C; Shimizu K; Ouchi S; Tsuda M
        In Zeng S, Zhou G, Li H (eds.), Plant Diseases and Their Control. pp. 162-164, China Agricultural ScienTech Press, Beijing, China, 2001年
      • Amanita imazekii - A new species in amanita section caesareae
        Oda, T.; Tanaka, C.; Tsuda, M.
        Mycologia, 2001年, 査読有り
      • Phylogenetic studies of ephelis species from various locations and hosts in Asia
        Tanaka, E.; Kawasaki, S.; Matsumura, K.; Kusuda, R.; Tanaka, C.; Peng, Y.-L.; Tsukiboshi, T.; Tsuda, M.
        Mycological Research, 2001年, 査読有り
      • Symbiosis of a termite and a sclerotium-forming fungus: Sclerotia mimic termite eggs
        K Matsuura; C Tanaka; T Nishida
        ECOLOGICAL RESEARCH, 2000年12月, 査読有り
      • Amanita sinensis, new to Japan and Nepal
        Takashi Oda; Chihiro Tanaka; Mitsuya Tsuda
        Mycoscience, 2000年08月, 査読有り
      • Molecular phylogeny of Japanese Amanita species based on nucleotide sequences of the internal transcribed spacer region of nuclear ribosomal DNA
        Oda, T.; Tanaka, C.; Tsuda, M.
        Mycoscience, 1999年, 査読有り
      • Genetic analysis of Cochliobolus heterostrophus polyoxinresistant mutants
        Abdul Gafur; Chihiro Tanaka; Kiminori Shimizu; Seiji Ouchi; Mitsuya Tsuda
        Mycoscience, 1998年07月, 査読有り
      • Phylogeny of Bipolaris inferred from nucleotide sequences of Brn1, a reductase gene involved in melanin biosynthesis
        Shimizu, K.; Tanaka, C.; Peng, Y.-L.; Tsuda, M.
        Journal of General and Applied Microbiology, 1998年, 査読有り
      • Molecular analysis and characterization of the Cochliobolus heterostrophus β-tubulin gene and its possible role in conferring resistance to benomyl
        Gafur A; Tanaka C; Shimizu K; Ouchi S; Tsuda M
        Journal of General and Applied Microbiology, 1998年, 査読有り
      • Pheromone Studies on Astigmatid Mites: Recent Progress - A Comparison of Molecular Phylogeny, Distribution and Function of Female Sex Pheromone in Caloglyphus spp. (Acarina: Acaridae)
        Kuwahara, Y.; Mori, N.; Shimizu, K.; Tanaka, C.; Tsuda, M.
        Journal of Asia-Pacific Entomology, 1998年, 査読有り
      • A PCR-based method for mating type determination in Cochliobolus heterostrophus
        Abdul Gafur; Chihiro Tanaka; Seiji Ouchi; Mitsuya Tsuda
        Mycoscience, 1997年, 査読有り
      • Cloning of Brn1, a reductase gene involved in melanin biosynthesis in Cochliobolus heterostrophus
        Shimizu, K.; Tanaka, C.; Tsuda, M.
        Journal of General and Applied Microbiology, 1997年, 査読有り
      • Host range of Aciculosporium take, the causal agent of witches' broom of bamboo plants.
        Tsuda M; Shimizu K; Matsumura K; Tanaka E; Tanaka C; Doi Y
        Bull Natl Sci Mus Tokyo Ser B, 1997年, 査読有り
      • Genetic analyses of Cochliobolus heterostrophus albino mutant with deficiencies at two loci
        Kiminori Shimizu; Chihiro Tanaka; Mitsuya Tsuda
        Mycoscience, 1996年10月, 査読有り
      • Genetic analysis of Cochliobolus heterostrophus beige mutant
        Chihiro Tanaka; Naoki Taniguchi; Mitsuya Tsuda
        Mycological Research, 1995年05月, 査読有り
      • RFLP analysis for species separation in the genera Bipolaris and Curvularia
        Minoru Nakada; Chihiro Tanaka; Koichiro Tsunewaki; Mitsuya Tsuda
        Mycoscience, 1994年10月, 査読有り
      • The Pgr1 mutant of Cochliobolus heterostrophus lacks a p-diphenol oxidase involved in naphthalenediol melanin synthesis
        Chihiro Tanaka; Sohkichi Tajima; Iwao Furusawa; Mitsuya Tsuda
        Mycological Research, 1992年11月, 査読有り
      • Electrophoretic separation of chromosomes of some graminicolous fungi.
        Tanaka C; Nakada M; Tsuda M
        Trans Mycol Soc Jpn, 1992年, 査読有り
      • New perylenequinones from Shiraia bambusicola
        Kishi, T.; Tahara, S.; Taniguchi, N.; Tsuda, M.; Tanaka, C.; Takahashi, S.
        Planta Medica, 1991年, 査読有り
      • Genetic analysis and characterization of Cochliobolus heterostrophus colour mutants
        Chihiro Tanaka; Yasuyuki Kubo; Mitsuya Tsuda
        Mycological Research, 1991年01月, 査読有り
      • 朝日の森のきのこ類.
        本郷次雄; 田中千尋; 服部 力; 稲塚岳博; 山中高史; 村上康明; 吹春俊光
        森林文化研究, 1989年
      • A new synanamorph of Shiraia bambusicola.
        Tsuda M; Tanaka C; Kishi T; Amano N; Doi Y
        Trans Mycol Soc Jpn, 1989年, 査読有り
      • Comparison of mutagens in Cochliobolus heterostrophus mutagenesis.
        Tanaka C; Kubo Y; Tsuda M
        Ann Phytopatol Soc Jpn, 1988年, 査読有り

      MISC

      • 根部内生菌Glutinomyces brunneus集団間における遺伝的分化の検出
        中村 慎崇; 田中 千尋; 竹内 祐子
        第129 回日本森林学会大会, 2018年03月
      • マイクロサテライトマーカーを用いたブナ科樹木の根部に定着するビョウタケ目菌の集団構造解析
        中村 慎崇; 田中 千尋; 竹内 祐子
        環境微生物系学会合同大会2017, 2017年08月
      • ブナ科樹木根部から検出されるビョウタケ目菌の集団構造の解析
        中村 慎崇; 田中 千尋; 竹内 祐子
        日本菌学会60 周年記念大会, 2016年09月
      • マツタケ菌根が生産する抗菌性アルミニウム錯体の生態学
        西野勝俊; 城美沙緒; 大泉一也; 大倉龍起; 藤田徹; 山口宗義; 山田明義; 田中千尋; 笹森貴裕; 時任宣博; 平井伸博
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年03月05日
      • ブナ科樹木の根から検出されるビョウタケ目菌の多様性とその分類学的位置づけ
        中村 慎崇; 細矢 剛; 田中 千尋; 竹内 祐子
        第127回日本森林学会大会学術講演集, 2016年03月
      • ブナ科樹木の根にみられるビョウタケ目菌の多様性
        中村 慎崇; 田中 千尋; 竹内 祐子
        第126回日本森林学会大会学術講演集, 2015年03月
      • Mechanism of tolnifanide resistance: Single amino acid substitutions of geranylgeranyl transferase and farnesyl transferase confer tolnifanide-resistances
        Kosuke Izumitsu; Hisashi Miyagawa; Chihiro Tanaka
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2014年08月
      • ツブラジイ外生菌根におけるビョウタケ目内生菌群集に関する研究
        中村慎崇; 田中千尋; 竹内祐子
        第125回日本森林学会大会, 2014年03月28日
      • シロイヌナズナの病原菌感染応答におけるヒドロキシ桂皮酸アミド生合成に関する研究
        室井敦; 石原亨; 田中千尋; 石塚晃啓; 高林純示; 三芳秀人; 西岡孝明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月05日
      • 小学校における天体単元指導の工夫
        田中 千尋; Tanaka Chihiro
        研究紀要, 2010年03月
      • トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害がイネの抵抗反応に及ぼす影響
        中尾崇人; 石原亨; 田中千尋; 三芳秀人; 若狭暁; 宮川恒
        植物の生長調節, 2009年10月06日
      • トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害剤がイネの感染応答に及ぼす影響
        石原亨; 中尾崇人; 田中千尋; 宮川恒; 三芳秀人; 若狭暁
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2009年02月27日
      • (155) トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(32) : トウモロコシごま葉枯病菌のレスポンスレギュレータChSsk1およびChSkn7は高浸透圧ストレス適応と薬剤感受性を相加的に制御している(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)
        泉津 弘佑; 吉見 啓; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2007年08月25日
      • 2種のレスポンスレギュレータSsk1ならびにSkn7がジカルボキシイミド・フェニルピロール剤の殺菌活性発現に関与する
        泉津 弘佑; 吉見 啓; 田中 千尋
        講演要旨集, 2007年03月09日
      • (154) トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究 : (29)トウモロコシごま葉枯病菌におけるPbs2型MAPKK遺伝子の機能解析(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨)
        泉津 弘佑; 吉見 啓; 高野 義孝; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2006年11月25日
      • (75) トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(28) : 糸状菌におけるHog1型MAPKの活性はDic1型ヒスチジンキナーゼによって制御される(平成17年度日本植物疾理学会大会講演要旨)
        吉見 啓; 小島 海平; 高野 義孝; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2005年08月25日
      • (76) トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(29) : トウモロコシごま葉枯病菌におけるcAMPシグナル伝達経路関連遺伝子BmRpk1, BmCyr1のクローニングおよび機能解析(平成17年度日本植物疾理学会大会講演要旨)
        泉津 弘佑; 吉見 啓; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2005年08月25日
      • 排水位管理による転作田からの窒素流出削減効果
        中村公人; 谷口麻紀; 三野 徹; 齋藤禎一; 田中千尋; 山本 新
        平成17年度農業土木学会大会講演要旨集, 2005年08月
      • いもち病感染およびシグナル物質処理によるイネPR‐3キチナーゼ遺伝子の発現
        築山拓司; 井上国世; 中崎鉄也; 寺地徹; 田中千尋; 三上文三; 奥本裕; 谷坂隆俊
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005年03月05日
      • (47) トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(25) : トウモロコシごま葉枯病菌の浸透圧応答MAPKKK遺伝子の機能解析(関西部会講演要旨, 平成16年度地域部会講演要旨)
        濱田 昌子; 吉見 啓; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2005年02月25日
      • (48) トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(26) : トウモロコシごま葉枯病菌の高浸透圧処理ならびにジカルボキシミド系殺菌剤処理によるグリセロールの蓄積について(関西部会講演要旨, 平成16年度地域部会講演要旨)
        伊藤 説子; 吉見 啓; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2005年02月25日
      • (49) トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(27) : トウモロコシごま葉枯病菌におけるPbs2型MAPキナーゼキナーゼ遺伝子のクローニング(関西部会講演要旨, 平成16年度地域部会講演要旨)
        吉見 啓; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2005年02月25日
      • イネキチナーゼ遺伝子のいもち病特異的発現を制御する転写調節因子の同定
        築山拓司; 井上国世; 奥本裕; 寺地徹; 田中千尋; 中崎鉄也; 谷坂隆俊
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2005年
      • 分子生物学的手法による嫌気脱窒バイオリアクター中の微生物群集の解析
        齋藤禎一; 北川陽介; 中村公人; 田中千尋; 三野 徹
        平成16年度農業土木学会大会講演要旨集, 2004年09月
      • (29)トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(24) : トウモロコシごま葉枯病菌のヒスチジンキナーゼ欠損株におけるHog1型MAPキナーゼのリン酸化(平成16年度日本植物病理学会大会講演要旨)
        吉見 啓; 小島 海平; 高野 義孝; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2004年08月25日
      • 18SリボソームDNA領域を用いたコナダニ類の分子系統解析(一般講演)(第12回日本ダニ学会大会講演要旨)
        野下 浩二; 森 直樹; 田中 千尋; 西田 律夫; 津田 盛也; 桑原 保正
        日本ダニ学会誌, 2004年05月25日
      • イネPR‐3キチナーゼCHT1,CHT4およびCHT5の作用特性の比較解析
        築山拓司; 井上国世; 中崎鉄也; 寺地徹; 田中千尋; 三上文三; 奥本裕; 谷坂隆俊
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2004年03月05日
      • (19)トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(22) : トウモロコシごま葉枯病菌におけるHog1型MAPキナーゼ遺伝子のクローニング(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨)
        吉見 啓; 小鳥 海平; 高野 義孝; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2004年02月25日
      • (20)トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(23) : トウモロコシごま葉枯病菌の浸透圧応答MAPKKK遺伝子のクローニング(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨)
        濱田 昌子; 吉見 啓; 田中 千尋
        日本植物病理學會報, 2004年02月25日
      • (22)Fludioxonilおよび高浸透圧ストレスによるウリ類炭そ病菌のOsc1MAPキナーゼカスケードの活性化(関西部会講演要旨)(平成15年度地域部会講演要旨)
        小島 海平; 高野 義孝; 吉見 啓; 田中 千尋; 奥野 哲郎
        日本植物病理學會報, 2004年02月25日
      • (251)トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(20)トウモロコシごま葉枯病菌dicarboximide耐性変異株のカタラーゼ活性について(平成15年度日本植物病理学会大会講演要旨)
        吉見 啓; 田中 千尋; 津田 盛也
        日本植物病理學會報, 2003年08月25日
      • トウモロコシごま葉枯病菌ダイカルボキシイミド耐性菌におけるヒスチヂンキナーゼ遺伝子の変異について
        吉見 啓; 田中 千尋; 津田 盛也
        講演要旨集, 2003年03月14日
      • (78)トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(20) : トウモロコシごま葉枯病菌iprodione耐性株のprocymidoneならびにfuldioxonilに対する交差耐性
        吉見 啓; 田中 千尋; 津田 盛也
        日本植物病理學會報, 2003年02月25日
      • 大腸菌組換え体タンパク質発現系によるイネPR-3キチナーゼアイソザイムの作用特性の解析
        築山 拓司; 中崎 鉄也; 寺地 徹; 田中 千尋; 奥本 裕; 谷坂 隆俊
        育種学研究 = Breeding research, 2002年08月26日
      • (199)トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(19)トウモロコシごま葉枯病菌におけるヒスチジンキナーゼ遺伝子の変異とdicarboximide剤耐性ならびに浸透圧感受性の関係(平成14年度 日本植物病理学会大会講演要旨)
        吉見 啓; 田中 千尋; 津田 盛也
        日本植物病理學會報, 2002年08月25日
      • DNA を用いた無気門亜目ダニの種の認識(第 10 回日本ダニ学会大会講演要旨)
        野下 浩二; 森 直樹; 田中 千尋; 津田 盛也; 桑原 保正
        日本ダニ学会誌, 2002年05月25日
      • トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(18)トウモロコシごま葉枯病菌のdicarboximide剤耐性株におけるヒスチジンキナーゼ遺伝子の変異(関西部会講演要旨)
        吉見 啓; 田中 千尋; 津田 盛也
        日本植物病理學會報, 2002年04月25日
      • (372)トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(17)トウモロコシごま葉枯病菌におけるヒスチジンキナーゼ遺伝子のクローニング
        吉見 啓; 田中 千尋; 津田 盛也
        日本植物病理學會報, 2001年08月25日
      • トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究 : (16)トウモロコシごま葉枯病菌のdicarboximide耐性と浸透圧感受性遺伝子の同定(関西部会講演要旨)
        吉見 啓; 田中 千尋; 津田 盛也
        日本植物病理學會報, 2000年12月25日
      • トウモロコシごま葉枯病菌の遺伝学的研究(15) : トウモロコシごま葉枯病菌のdicarboximide耐性株の浸透圧感受性について
        田中 千尋; 吉見 啓; 今西 淳子; 津田 盛也
        日本植物病理學會報, 2000年08月25日
      • I117 コナダニの分子系統学的研究(飼育法・栄養学,分類学・系統学・進化学)
        野下 浩二; 森 直樹; 田中 千尋; 西田 律夫; 津田 盛也; 桑原 保正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2000年03月29日
      • 学校教育と博物館との連携をめざして
        田中 千尋; Tanaka Chihiro
        研究紀要, 1995年12月

      講演・口頭発表等

      • Dicarboximide and phenylpyrole resistant genes in Cochliobolus heterostrophus, Dic2 and Dic3 are independent of HOG pathway
        4th International Symposium on Pesticides and Environmental Safety, 2012年09月19日, IUPAC
      • 植物病原糸状菌の浸透圧応答シグナル伝達系
        日本農芸化学会2008年度大会シンポジウム, 2008年, 日本農芸化学会
      • Two-component signaling system for osmotic regulation and fungicide sensitivity in Cochliobolus heterostrophus.
        24th Fungal Getetics Conference, 2007年03月21日, Genetics Society of America
      • 「菌類の外来種問題-それってなあに?-」
        公開講演「菌類にもある外来種と絶滅危惧種問題」, 2006年11月23日, 国立科学博物館・日本菌学会

      書籍等出版物

      • 野生植物の感染症.感染症の生態学(日本生態学会編)pp. 169-182
        佐橋憲生; 田中千尋, 分担執筆
        共立出版,東京, 2016年03月, 査読無し
      • 現代菌類学大鑑
        堀越孝雄; 清水公徳; 白坂憲章; 鈴木彰; 田中千尋; 服部力; 山中高史, 共訳
        共立出版,東京, 2016年02月, 査読無し
      • Fungal toxins relevant to animals ―the case of Amanita. In: Zhang W and Liu H (eds.) Behavioral and Chemical Ecology, pp. 235-250
        Tuno N; Tanaka C; Osawa N
        Nova Science Publishers, NY, USA, 2010年, 査読無し
      • Two-Component signaling system in filamentous fungi and the mode of action of dicarboximide and phenylpyrrole fungicides. In: Carisse O (ed.) Fungicides, pp. 523-538
        Tanaka C; Izumitsu K
        InTech, Rijeka, Croatia, 2010年, 査読無し
      • 南半球に進出したベニテングタケ,おいしいきのこ 毒きのこ(大作晃一・吹春俊光)pp.118-119
        田中千尋, 分担執筆
        主婦の友社,東京, 2010年, 査読無し
      • 真菌類. 微生物学 (青木健次編著)pp. 35-39
        田中千尋
        化学同人,京都, 2007年, 査読無し
      • 微生物の生態と地球化学的物質循環への寄与. 微生物学(青木健次編著)pp. 171-183
        田中千尋, 分担執筆
        化学同人,京都, 2007年, 査読無し
      • 植物を病気から守る. 21 世紀の農学 第3巻(佐久間正幸編)pp. 195-241
        田中千尋; 奥野哲郎, 分担執筆
        京大出版会,京都, 2007年, 査読無し
      • 菌類集団の多様性と種分化.菌類・細菌・ウイルスの多様性と系統(杉山純多編)pp. 137-143
        津田盛也; 田中千尋, 分担執筆
        裳華房, 東京, 2005年, 査読無し
      • 菌蕈類テングタケ属の形態進化と分子進化.菌類・細菌・ウイルスの多様性と系統(杉山純多編)pp. 293-294
        津田盛也; 田中千尋, 分担執筆
        裳華房, 東京, 2005年, 査読無し

      受賞

      • 2012年05月26日
        日本菌学会, 日本菌学会賞
      • 2013年08月20日
        Asian Mycological Association, Distinguished Asian Mycologist Award

      外部資金:科学研究費補助金

      • ダイズ土壌病害発生要因の定量的解析
        基盤研究(B)
        小区分39020:作物生産科学関連
        京都大学
        白岩 立彦
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        ダイズ;土壌病害;発病要因;IPM;空間変動解析
      • 殺菌剤作用発現に関わるSKN7経路の解明
        基盤研究(C)
        小区分39040:植物保護科学関連
        京都大学
        田中 千尋
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        高浸透圧シグナル応答;ダイカルボキシイミド;フェニルピロール;薬剤耐性;ゲノム比較;メカニズム;MSUD;Meiotic Silencing;シグナル伝達;SKN7;Dic3;SART3;PRP24
      • 抗菌物質シュウ酸アルミニウムを利用したマツタケシロの生長戦略
        基盤研究(B)
        京都大学
        平井 伸博
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        マツタケ;抗菌物質;シュウ酸アルミニウム;菌根;アカマツ;リン酸
      • 進化的に保存された付着器形成に関わる物理的疎水面認識機構の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        田中 千尋
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        付着器形成;形態形成;糸状菌;Sho1;Msb2;Opy2;多糖類
      • 外来きのこ定着が進行するニュージーランド森林における菌根共生環境因子の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        田中 千尋
        自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        菌根菌;ナンキョクブナ;ブナ科;Glutinomyces;外生菌根;寄生;Heterokryosis;菌類;きのこ;根圏;ラジアータマツ;アカマツ;シイ;森林
      • ブナ科樹木を加害するキクイムシ類と共生菌に関する群集生態学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        大澤 直哉
        自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        キクイムシ;群集;個体群動態;生態的特性;共生菌;ブナ科;捕食者;ナラ枯れ;昆虫;森林
      • 植物病原菌ゲノミクス手法を用いた殺菌剤作用点同定基盤の確立およびその応用
        研究活動スタート支援
        滋賀県立大学
        泉津 弘佑
        自 2013年08月30日, 至 2015年03月31日, 完了
        殺菌剤;薬剤耐性;作用機構;プレニル化;耐性化機構;ゲラニルゲラニルトランスフェラーゼ;全ゲノムシークエンス;植物病原菌
      • 捕食性侵入種による在来種の競争排除に関する群集生態学的研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        大澤 直哉
        自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        侵入生物;個体群管理;天敵;群集;分子遺伝;ナミテントウ;外来種
      • マツタケ菌根のケミカルエコロジー
        基盤研究(B)
        京都大学
        平井 伸博
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        森林生態;保護;保全;菌根;マツタケ;抗菌物質;シュウ酸;アカマツ
      • 外生菌根共生の分子研究基盤整備と共生機構の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        田中 千尋
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        外生菌根菌;ホンシメジ;バカマツタケ;マツタケ;ハタケシメジ;Agrobacterium;形質転換;ゲノム;きのこ;菌根;半数体;胞子発芽;酪酸;ショウロ;相同組換え
      • 人為的に導入された日本在来の海外侵入生物の管理システムに関する応用生態学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        大澤 直哉
        完了
        動物;昆虫;生態学;生態系修復・整備;侵入生物;害虫管理;保全生物;ナミテントウ;生態系修復;保全生物学
      • ニュージーランドにおける外来菌根菌のナンキョクブナ林侵入定着に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        田中 千尋
        完了
        外来種;適応;ベニテングタケ;ナンキョクブナ;菌根菌;宿主;菌類;森林生物;進化;アンモニア菌;Amanita muscaria;外来生物;侵入種;南極ブナ;Nothofagus;昆虫相
      • きのこときのこを利用する昆虫の相互関係に関する群集生態学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        田中 千尋
        完了
        キノコ;テングタケ属;菌食者;ショウジョウバエ;ノミバエ;イボテン酸;キノコ毒;毒キノコ;Ibotenic acid;Muscimol;Amanita;Drosophila;Mycophagy;susceptibility;tolerance;Amanita ibotengutake;Amanita pseudoporphyl;きのこ毒;昆虫相;Amanita pseudoporphyria;ibotenic acid;muscimol;Amanita pantherina;蛍光分析, Mushrooms;Amanita;Mycophagy;Dorosphila;Phoridae;Ibotenic acid;Muscimol;ibotenutake
      • 森林内遷移過程における初期侵入性菌類の分散と定着に関する研究
        基盤研究(C)
        千葉県立中央博物館
        吹春 俊光
        完了
        Hebeloma spoliatum;Copinopsis plyctidospora;マイクロサテライト;Copinopsis austrophlyctidospora;隠蔽種;アンモニア菌;アシナガヌメリ;外生菌根菌;ハラタケ目;ザラミノヒトヨタケ;内生菌根菌;担子菌類, Hebeloma spoliatum;Coprinopsis phlyctidospora;Smicrosatellite marker;Coprinopsis austrophlyctidospora;cryptic species
      • 植物病原菌のダイカルボキシイミド耐性とその発現機構の解明
        奨励研究(A)
        京都大学
        田中 千尋
        完了
        Histidine kinase;Bipolaris maydis;Cochliobolus heterostrophus;Osmotic sensitivity;Resistance;Dicarboxyimide;ダイカルボキシイミド;耐性菌;ビスチジンキナーゼ;Botrytis cinerea;Neurospora crassa;MAPキナーゼ;イプロジオン
      • トウモロコシごま葉枯病菌のポリオキシン耐性に関する生化遺伝学的研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        田中 千尋
        完了
        Anthraquinone;Bipolaris maydis;Chrysophanol;Cochliobolus heterostrophus;Emodin;Polyoxin;Resistant
      • 中国雲南省及び福建省武夷山地の隠花植物相・菌類相に関する研究
        国際学術研究
        国立科学博物館
        土居 祥みち;土居 祥兌;土居祥 みち
        完了
        中国の植生;中国植物;中国産菌類;中国産蘚苔類;中国産シダ類;中国産地衣類;雲南;東中国;中国雲南省;中国武夷山地;中国産種子植物;中国産シダ植物;中国産イネ科寄生菌類;中国蘚苔植物相;菌類の地理分布, Vegetation of China;Plants of China;Fungi of China;Bryophytes of China;Pteridophytes of China;Lichen of China;Yunnan;Eastern China

      外部資金:その他

      • イネ科植物葉枯病菌の遺伝学的研究
        自 1993年
      • 高等菌類の遺伝生態学的研究
        自 1993年
      • 殺菌剤ターゲットとしての糸状菌類のシグナル伝達システムの解明
        自 1993年
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          資源生物科学概論IV
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          微生物制御科学
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          微生物環境制御学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          微生物環境制御学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          微生物生態学
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          資源生物科学概論B
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微生物制御科学
          後期, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微生物環境制御学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微生物環境制御学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          資源生物科学概論B
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微生物生態学特論
          後期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微生物環境制御学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微生物環境制御学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微生物制御科学
          後期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微生物環境制御学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微生物環境制御学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微生物環境制御学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微生物環境制御学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          資源生物科学概論B
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物環境制御学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物環境制御学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物環境制御学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物環境制御学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物環境制御学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物環境制御学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物生態学特論
          後期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          資源生物科学概論B
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物制御科学
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物環境制御学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物環境制御学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物環境制御学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物環境制御学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物環境制御学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物環境制御学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生態学
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          資源生物科学概論B
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          微生物環境制御学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          微生物環境制御学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          微生物環境制御学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          微生物環境制御学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          微生物生態学特論
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          資源生物科学概論B
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          微生物制御科学
          後期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          微生物環境制御学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          微生物環境制御学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          微生物環境制御学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          微生物環境制御学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          資源生物科学概論B
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球資源・生態系管理論
          前期, 地球環境学舎
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          微生物学
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          微生物環境制御学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          微生物環境制御学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          微生物環境制御学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          微生物環境制御学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          微生物生態学特論
          後期, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          資源生物科学概論B
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          博物館実習(自然史)
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球資源・生態系管理論
          前期, 地球環境学舎
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          微生物制御科学
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          微生物環境制御学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          微生物環境制御学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          微生物環境制御学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          微生物環境制御学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生産生態科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          真菌科学
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          インターン研修II
          前期不定, 地球環境学舎
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          インターン研修I
          後期不定, 地球環境学舎
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          資源生物科学概論B
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          農薬科学
          後期, 農学部
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            学術情報メディアセンター協議員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            情報環境機構KUINS利用負担金検討委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            総合博物館運営委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日
            環境・安全・衛生委員会 委員
          • 自 2013年04月01日
            農学研究科 情報セキュリティ・システム委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            地域環境科学専攻長
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            評価委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            防火・防災委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            資源生物学科 学科長
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            環境・安全・衛生委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            地球環境学堂 インターン研修委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            農学研究科 環境・安全・衛生委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地球環境学堂 執行部会 構成員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地球環境学堂 組織・制度委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地球環境学堂 財務委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地球環境学堂 外部資金等審査委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地球環境学堂 教務委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地球環境学堂 インターン研修委員会 委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地球環境学堂 兼業審査委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            地球環境学堂 利益相反審査委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/05/14

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2019年, 至 2021年
              会長, 一般社団法人日本菌学会
            • 自 2017年, 至 2018年
              理事, 一般社団法人日本菌学会
            • 自 2013年, 至 2016年
              評議員, 日本菌学会
            • 自 2011年, 至 2012年
              理事, 日本菌学会
            • 自 2009年, 至 2010年
              評議員, 日本菌学会
            • 自 2005年, 至 2008年
              理事, 日本菌学会
            • 自 2001年, 至 2004年
              評議員, 日本菌学会
            • 農薬バイテク協議委員, 日本農薬学会

            ページ上部へ戻る