教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

三宅 武

ミヤケ タケシ

農学研究科 地域環境科学専攻比較農業論講座 准教授

三宅 武
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本動物遺伝育種学会
    • 肉用牛研究会
    • 日本畜産学会

    学位

    • 修士(農学)(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程畜産学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部畜産学科, 卒業

    経歴

    • 自 2007年, 至 現在
      京都大学大学院農学研究科, 比較農業論講座, 准教授
    • 自 2003年, 至 2007年
      京都大学大学院農学研究科, 動物遺伝育種学, 助手に復職
    • 自 2000年, 至 2003年
      スイス・ベルン大学, 動物遺伝栄養飼養学研究所, Posdoc研究助手
    • 自 1994年, 至 2000年
      京都大学大学院農学研究科, 動物遺伝育種学, 助手

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        わが国における家畜の遺伝的多様性および遺伝的改良に関する研究
      • 研究概要

        21世紀のキーワードの一つである食料の確保並びに質の向上を図る上で、家畜の持つ種々の生産能力を遺伝的に高めていくことは重要な課題である。生産形質の発現には多くの遺伝子座の遺伝子および環境因子が関わり、複雑な発現様式を示す。家畜の生産形質情報、家系情報、さらにはDNA情報などを集積し、遺伝統計学の理論に基づく高度な数値計算処理を行うことで、有用形質の発現に関与する遺伝・環境因子を明らかにすることを目指す。

      研究キーワード

      • 動物遺伝育種学
      • Animal Breeding and Genetics

      研究分野

      • ライフサイエンス, 動物生産科学
      • ライフサイエンス, 動物生産科学

      論文

      • わが国の畜産データ解析およびssGBLUP ゲノミック評価のための統合情報システムの開発
        三宅 武; 小川伸一郎
        肉用牛研究会報, 2021年07月, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • LDHA gene is associated with pigeon survivability during racing competitions.
        Ramadan S; Miyake T; Yamaura J; Inoue-Murayama M
        PLoS One, 2018年05月, 査読有り
      • サラブレッド競走馬の季節代償性発育を考慮できる発育曲線推定法の一提案
        小野田智昭; 三宅 武; 山本竜太; 澤村恭平; 村瀬晴崇; 南保泰雄; 井上喜信; 松井 朗
        馬の科学, 2016年
      • Multiple marker effects of single nucleotide polymorphisms in three genes, AKIRIN2, EDG1 and RPL27A, for marbling development in Japanese Black cattle
        Shin Sukegawa; Takeshi Miyake; Takayuki Ibi; Yoichi Takahagi; Hiroshi Murakami; Fumiki Morimatsu; Takahisa Yamada
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2014年03月, 査読有り
      • An approach of estimating individual growth curves for young thoroughbred horses based on their birthdays.
        Tomoaki Onoda; Ryuta Yamamoto; Kyohei Sawamura; Harutaka Murase; Yasuo Nambo; Yoshinobu Inoue; Akira Matsui; Takeshi Miyake; Nobuhiro Hirai
        Journal of equine science, 2014年, 査読有り
      • Empirical growth curve estimation considering multiple seasonal compensatory growths of body weights in Japanese Thoroughbred colts and fillies.
        T Onoda; R Yamamoto; K Sawamura; Y Inoue; H Murase; Y Nambo; T Tozaki; A Matsui; T Miyake; N Hirai
        Journal of animal science, 2013年12月, 査読有り
      • DNA Polymorphism within LDH-A Gene in Pigeon (Columba livia)
        Sherif Ramadan; Junichi Yamaura; Takeshi Miyake; Miho Inoue-Murayama
        JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 2013年07月, 査読有り
      • Empirical Percentile Growth Curves with Z-scores Considering Seasonal Compensatory Growths for Japanese Thoroughbred Horses.
        Tomoaki Onoda; Ryuta Yamamoto; Kyohei Sawamura; Harutaka Murase; Yasuo Nambo; Yoshinobu Inoue; Akira Matsui; Takeshi Miyake; Nobuhiro Hirai
        Journal of equine science, 2013年, 査読有り
      • Heritability estimates for racing performance in Japanese Thoroughbred racehorses using linear and non-linear model analyses
        T. Tozaki; T. Miyake; H. Kakoi; H. Gawahara; K. Hirota; Y. Nakano; M. Kurosawa
        JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS, 2012年10月, 査読有り
      • A cohort study of racing performance in Japanese Thoroughbred racehorses using genome information on ECA18
        T. Tozaki; E. W. Hill; K. Hirota; H. Kakoi; H. Gawahara; T. Miyake; S. Sugita; T. Hasegawa; N. Ishida; Y. Nakano; M. Kurosawa
        ANIMAL GENETICS, 2012年02月, 査読有り
      • Sequence Variants at the myostatin Gene Locus Influence the Body Composition of Thoroughbred Horses
        Teruaki Tozaki; Fumio Sato; Emmeline W. Hill; Takeshi Miyake; Yoshiro Endo; Hironaga Kakoi; Hitoshi Gawahara; Kei-ichi Hirota; Yasuko Nakano; Yasuo Nambo; Masahiko Kurosawa
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2011年12月, 査読有り
      • Analysis of Genetic Diversity of Egyptian Pigeon Breeds
        Sherif Ramadan; Hideaki Abe; Azusa Hayano; Junichi Yamaura; Tomoaki Onoda; Takeshi Miyake; Miho Inoue-Murayama
        JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 2011年04月, 査読有り
      • A genome-wide scan for tying-up syndrome in Japanese Thoroughbreds
        T. Tozaki; K. Hirota; S. Sugita; N. Ishida; T. Miyake; H. Oki; T. Hasegawa
        ANIMAL GENETICS, 2010年12月, 査読有り
      • A genome-wide association study for racing performances in Thoroughbreds clarifies a candidate region near the MSTN gene
        T. Tozaki; T. Miyake; H. Kakoi; H. Gawahara; S. Sugita; T. Hasegawa; N. Ishida; K. Hirota; Y. Nakano
        ANIMAL GENETICS, 2010年12月, 査読有り
      • Replicated association of the single nucleotide polymorphism in EDG1 with marbling in three general populations of Japanese Black beef cattle
        Shin Sukegawa; Takeshi Miyake; Yoichi Takahagi; Hiroshi Murakami; Fumiki Morimatsu; Takahisa Yamada; Yoshiyuki Sasaki
        BMC Research Notes, 2010年, 査読有り
      • Association of single nucleotide polymorphisms in the endothelial differentiation sphingolipid G-protein-coupled receptor 1 gene with marbling in Japanese Black beef cattle
        T. Yamada; M. Itoh; S. Nishimura; Y. Taniguchi; T. Miyake; S. Sasaki; S. Yoshioka; T. Fujita; K. Shiga; M. Morita; Y. Sasaki
        ANIMAL GENETICS, 2009年04月, 査読有り
      • Association of a single nucleotide polymorphism in titin gene with marbling in Japanese Black beef cattle
        Takahisa Yamada; Seiki Sasaki; Shin Sukegawa; Sachiyo Yoshioka; Youichi Takahagi; Mitsuo Morita; Hiroshi Murakami; Fumiki Morimatsu; Tatsuo Fujita; Takeshi Miyake; Yoshiyuki Sasaki
        BMC Research Notes, 2009年, 査読有り
      • Association of a single nucleotide polymorphism in titin gene with marbling in Japanese Black beef cattle
        Takahisa Yamada; Seiki Sasaki; Shin Sukegawa; Sachiyo Yoshioka; Youichi Takahagi; Mitsuo Morita; Hiroshi Murakami; Fumiki Morimatsu; Tatsuo Fujita; Takeshi Miyake; Yoshiyuki Sasaki
        BMC Research Notes, 2009年, 査読有り
      • Association of a single nucleotide polymorphism in ribosomal protein L27a gene with marbling in Japanese Black beef cattle
        Takahisa Yamada; Seiki Sasaki; Shin Sukegawa; Takeshi Miyake; Tatsuo Fujita; Hiroyuki Kose; Mitsuo Morita; Youichi Takahagi; Hiroshi Murakami; Fumiki Morimatsu; Yoshiyuki Sasaki
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2009年, 査読有り
      • Novel SNP in 5′ flanking region of EDG1 associated with marbling in Japanese Black beef cattle
        T. Yamada; S. Sasaki; S. Sukegawa; T. Miyake; T. Fujita; H. Kose; M. Morita; Y. Takahagi; H. Murakami; F. Morimatsu; Y. Sasaki
        Animal Science Journal, 2009年, 査読有り
      • Estimation of heritability for superficial digital flexor tendon injury by Gibbs sampling in the Thoroughbred racehorse
        H. Oki; T. Miyake; Y. Kasashima; Y. Sasaki
        JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS, 2008年12月, 査読有り
      • Effectiveness of adjusting for heterogeneity of variance in genetic evaluation of Japanese Black cattle
        H. Nakaoka; A. Narita; T. Ibi; Y. Sasae; T. Miyake; T. Yamada; Y. Sasaki
        JOURNAL OF ANIMAL SCIENCE, 2007年10月, 査読有り
      • Estimation of heritability and genetic correlation for behavioural responses by Gibbs sampling in the Thoroughbred racehorse
        H. Oki; R. Kusunose; H. Nakaoka; A. Nishiura; T. Miyake; Y. Sasaki
        JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS, 2007年08月, 査読有り
      • Comparison of genetic gains per year for carcass traits among breeding programs in the Japanese Brown and the Japanese Black cattle
        Y Sasaki; T Miyake; C Gaillard; T Oguni; M Matsumoto; M Ito; T Kurahara; Y Sasae; K Fujinaka; S Ohtagaki; T Dougo
        JOURNAL OF ANIMAL SCIENCE, 2006年02月, 査読有り
      • Exploration of genes showing intramuscular fat deposition-associated expression changes in musculus longissimus muscle
        Y Sasaki; K Nagai; Y Nagata; K Doronbekov; S Nishimura; S Yoshioka; T Fujita; K Shiga; T Miyake; Y Taniguchi; T Yamada
        ANIMAL GENETICS, 2006年02月, 査読有り
      • MCMC法を用いたベイズ推定法に基づく複数QTLマッピング法の特徴と有効性
        三宅武; 山田宜永; 中岡博史; 成田暁; 佐々木義之
        動物遺伝育種研究, 2006年, 査読有り
      • Estimation of heritability for Tying-up syndrome in the Thoroughbred racehorse by Gibbs sampling
        H Oki; T Miyake; T Hasegawa; Y Sasaki
        JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS, 2005年10月, 査読有り
      • Comparison of genetic gains per year for carcass traits among breeding programs in the Japanese Brown and the Japanese Black cattle (jointly worked)
        三宅 武
        J. Anim. Sci.,(in press), 2005年, 査読有り
      • 黒毛和種におけるウシモリブデン補酵素(MCSU)欠損症遺伝子型と産肉成績との関連性の解析
        三宅 武
        動物遺伝育種研究 = The journal of animal genetics, 2004年11月01日, 査読有り
      • 家畜におけるQTL解析法の現状と課題
        三宅 武
        動物遺伝育種研究 = The journal of animal genetics, 2004年11月01日, 査読有り
      • Estimation of heritability of laryngeal hemiplegia in the thoroughbred horse by Gibbs sampling (Japanese, jointly worked)
        三宅 武
        J. Equine Sci.(J),41/155-162, 2004年, 査読有り
      • Current and future subjects for QTL analysis methods in livestock (jointly worked)
        三宅 武
        J. Anim. Genet.,32/43-52, 2004年, 査読有り
      • Association between the deletion mutant allele of MCSU deficiency and carcass traits in Japanese Black cattle (jointly worked)
        三宅 武
        J. Anim. Genet.,32/11-16, 2004年, 査読有り
      • Gibbs Samplingによる競走馬における上喉頭片麻痺の遺伝率推定
        三宅 武
        馬の科学, 2004年, 査読有り
      • Estimation of heritability of laryngeal Hemiplegia in the Thoroughbred horse by gibbs sampling
        Takayuki Ibi; Takeshi Miyake; Seiji Hobo; Hironori Oki; Nobushige Ishida; Yoshiyuki Sasaki
        Journal of Equine Science, 2003年09月, 査読有り
      • A congenic strain (F344.OLETF-Imfm) displays the existence of intramuscular fat accumulation QTL on rat chromosome 1
        H Tanomura; Y Taniguchi; Y Muramatsu; H Kose; T Miyake; K Matsumoto; T Yamada; Y Sasaki
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 2003年07月, 査読有り
      • Aspects and prospects of QTL analysis for marbling gene (mini review)(jointly worked)
        三宅 武
        J. Anim. Genet.,30/21-28, 2003年, 査読有り
      • A behaviour test on German Shepherd dogs: heritability of seven different traits
        S Ruefenacht; S Gebhardt-Henrich; T Miyake; C Gaillard
        APPLIED ANIMAL BEHAVIOUR SCIENCE, 2002年10月, 査読有り
      • Statistical genetic studies on cattle breeding for dairy productivity in Bangladesh: II. Estimation of reciprocal and heterosis effects and optimum crossbreeding system between the local breeds and exotic breeds for milk performance
        KB Hossain; S Takayanagi; T Miyake; AKFH Bhuiyan; Y Sasaki
        ASIAN-AUSTRALASIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCES, 2002年06月, 査読有り
      • Statistical genetic studies on cattle breeding for dairy productivity in Bangladesh: I. Genetic improvement for milk performance of local cattle populations
        KB Hossain; S Takayanagi; T Miyake; K Moriya; AKFH Bhuiyan; Y Sasaki
        ASIAN-AUSTRALASIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCES, 2002年05月, 査読有り
      • Detection of a quantitative trait locus for intramuscular fat accumulation using the OLETF rat
        H Tanomura; T Miyake; Y Taniguchi; N Manabe; H Kose; K Matsumoto; T Yamada; Y Sasaki
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2002年01月, 査読有り
      • Identification of epistatic interactions involved in non-insulin-dependent diabetes mellitus in the Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rat
        T Yamada; T Miyake; K Sugiura; A Narita; K Wei; SW Wei; DH Moralejo; T Ogino; C Gaillard; Y Sasaki; K Matsumoto
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 2001年04月, 査読有り
      • Detection of rat model useful for genetic analysis of intramuscular fat accumulation(jointly worked)
        三宅 武
        J. Anim. Genet.,29/3-10, 2001年, 査読有り
      • Dissociation of epistatic effects involved in fasting and postprandial hyperglycemia
        A Narita; T Miyake; T Yamada; Y Taniguchi; K Matsumoto; Y Sasaki
        RESEARCH COMMUNICATIONS IN MOLECULAR PATHOLOGY AND PHARMACOLOGY, 2000年, 査読有り
      • Identification of novel non-insulin-dependent diabetes mellitus susceptibility loci in the Otsuka Long-Evans Tokushima fatty rat by MQM-mapping method
        K Sugiura; T Miyake; Y Taniguchi; T Yamada; DH Moralejo; SW Wei; KC Wei; Y Sasaki; K Matsumoto
        MAMMALIAN GENOME, 1999年12月, 査読有り
      • Accuracy of detection of major genes segregating in outbred population by Gibbs sampling using phenotypic values of quantitative traits
        T Miyake; C Gaillard; K Moriya; Y Sasaki
        JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS-ZEITSCHRIFT FUR TIERZUCHTUNG UND ZUCHTUNGSBIOLOGIE, 1999年08月, 査読有り
      • Bayesian analysis for existence of segregation of major genes affecting carcass traits in Japanese Black cattle population
        T Miyake; T Dogo; K Moriya; Y Sasaki
        JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS-ZEITSCHRIFT FUR TIERZUCHTUNG UND ZUCHTUNGSBIOLOGIE, 1999年06月, 査読有り
      • Influence of initial values on estimates by mixed inheritance model with Gibbs sampling
        T Miyake; K Moriya; Y Sasaki
        JOURNAL OF ANIMAL BREEDING AND GENETICS-ZEITSCHRIFT FUR TIERZUCHTUNG UND ZUCHTUNGSBIOLOGIE, 1999年02月, 査読有り
      • 日本短角種の発育性および飼料利用性に関する遺伝率並びに遺伝および環境相関のREML推定
        三宅武; 守屋和幸; 佐々木義之; 犬飼史郎; 西田清; 小野寺勉; 伊藤盛徳; 桜庭記与士; LIU Q
        肉用牛研究会報, 1998年12月, 査読有り
      • 有限遺伝子座を仮定した選抜シミュレーション集団におけるBLUP法による育種価予測
        三宅武; 守屋和幸; 佐々木義之
        Anim Sci Technol, 1995年03月, 査読有り
      • BLUP法による屠肉性に関する種雄牛評価のための最適モデルの選択
        三宅武; 守屋和幸; 佐々木義之
        Anim Sci Technol, 1995年03月, 査読有り

      MISC

      • Polymorphism in LDHA gene is associated with pigeon racing performance.
        Ramadan S; Miyake T; Yamaura J; Inoue-Murayama M
        Kickoff symposium of African Unit. 2017年3月11日 京都大学稲盛財団記念館(京都市), 2017年
      • Analysis of genetic diversity of Egyptian native livestock based on microsatellite markers.
        Ramadan S; Abe H; Hayano A; Yamaura J; Miyake T; Inoue-Murayama M
        The 15th Kyoto University International Symposium: Biodiversity, Zoos and Aquariums “The Message from Animals” (2010/09, Nagoya), 2010年, 査読有り
      • 競走馬における抗体応答の遺伝的影響に関する研究
        三宅 武
        日本動物遺伝育種学会第11回年次大会, 2010年, 査読有り
      • サラブレッドの季節代償性発育およびトレーニング負荷を考慮できる新たな標準発育曲線
        三宅 武
        日本ウマ科学会第23回学術集会, 2010年, 査読有り
      • 山本鳩舎におけるレース鳩の帰巣能力に関する統計遺伝学的調査
        三宅 武
        日本動物遺伝育種学会第10回記念大会, 2009年, 査読有り
      • 黒毛和種集団の広域種牛評価によるサブクラス間不均一分散の補正の有効性
        中岡博史; 三宅武; 揖斐隆之; 佐々江洋太郎; 山田宜永; 佐々木義之
        動物遺伝育種研究, 2006年12月01日
      • 黒毛和種牛の産肉性に関する選抜指数の設定
        DORONBEKOV Kanat; 揖斐隆之; 佐々江洋太郎; 三宅武; 佐々木義之
        日本畜産学会大会講演要旨, 2006年03月20日
      • 枝肉形質間の遺伝相関係数に基づく肉牛品種間系統樹の作成ならびに遺伝的距離の検討
        三宅武; 中岡博史; 小谷基; 広岡博之; 小邦朋子; 住尾善彦; 松本道夫; 伊藤雅之; 倉原貴美; 揖斐隆之; 佐々江洋太郎; 藤中邦則; 太田垣進; 道後泰治; 佐々木義之
        肉用牛研究会報, 2005年12月20日
      • Gibbs Samplingによる黒毛和種枝肉におけるかしの遺伝率推定
        揖斐隆之; 三宅武; 佐々木義之
        肉用牛研究会報, 2005年12月20日
      • Gibbs Samplingによる黒毛和牛枝肉におけるかしの遺伝率推定
        揖斐隆之; 三宅武; 佐々江洋太郎; 佐々木義之
        日本畜産学会大会講演要旨, 2005年03月20日
      • 大分県および兵庫県における黒毛和種の産肉性形質に関する遺伝的趨勢
        三宅 武; 伊藤 雅之; 倉原 貴美; 藤田 達男; 志賀 一穂; 藤中 邦則; 佐々木 義之
        肉用牛研究会報, 2005年01月22日
      • 枝肉形質間の遺伝相関係数に基づく肉牛品種間系統樹の作成ならびに遺伝的距離の検討
        三宅武; 中岡博史; 小谷基; 広岡博之; 小邦朋子; 住尾善彦; 松本道夫; 伊藤雅之; 倉原貴美; 揖斐隆之; 佐々江洋太郎; 藤中邦則; 太田垣進; 道後泰治; 佐々木義之
        肉用牛研究会大会, 2005年
      • 黒毛和種および褐毛和種の枝肉形質に関する遺伝性の類似(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第103回日本畜産学会大会講演要旨,p.137, 2004年, 査読有り
      • 連鎖状態にある複数QTLを検出するためのQTLマッピング法に関する検討(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第103回日本畜産学会大会講演要旨,p.141, 2004年, 査読有り
      • ウシ育種へのQTL解析の利用 in JICA教育セミナー「ウシの育種のための新しい戦略」(口頭発表)
        三宅 武
        第29回国際動物遺伝学会議プログラム,, 2004年, 査読有り
      • 筋肉内脂肪蓄積能力の異なるウシ最長筋組織における発現プロファイリングを用いたウシ脂肪交雑原因遺伝子の探索(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第103回日本畜産学会大会講演要旨,p.142, 2004年, 査読有り
      • Segregation analysis with mixed inheritance models for binary traits in livestock: A comparison between Bayesian and maximum likelihood methods(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 29th Int. Conf. Anim. Genet.,p.50, 2004年, 査読有り
      • Identification of the genes responsible for beef marbling 2. Identification of candidates of beef marbling genes by functional retrieval and confirmation of expression pattern(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 29th Int. Conf. Anim. Genet.,p.70, 2004年, 査読有り
      • Identification of the genes responsible for beef marbling 1. Exploration of differentially expressed genes between high and low marbled steers(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 29th Int. Conf. Anim. Genet.,p.70, 2004年, 査読有り
      • 大分県および兵庫県における黒毛和種の産肉性形質に関する遺伝的趨勢
        三宅武; 伊藤雅之; 倉原貴美; 藤田達男; 志賀一穂; 藤中邦則; 佐々木義之
        肉用牛研究会大会, 2004年, 査読有り
      • 脂肪交雑の遺伝率推定に関する閾値モデル分析の有効性(共著、口頭発表)
        三宅 武
        動物遺伝育種研究,31/51, 2003年, 査読有り
      • Multiple QTL mapping with epistatic interactions for non-insulin-dependent diabetes mellitus in rat(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 28th Int. Conf. Anim. Genet.,p.174, 2002年, 査読有り
      • Application of constraints on parameters in segregation analysis for binary traits using Gibbs sampling(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 7th. World Congr. Genet. Appl. Livest. Prod.,32/609-612, 2002年, 査読有り
      • 複数のQTLとQTL間交互作用を含むQTL解析法としてのMC-IM法の有効性(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第98回日本畜産学会講演要旨,p.99, 2001年, 査読有り
      • 筋肉内脂肪蓄積モデルラットにおける脂肪蓄積関連形質およびC/EBP群発現の経時的比較解析(共著、口頭発表)
        三宅 武
        動物遺伝育種研究,29/67, 2001年, 査読有り
      • Segregation analysis for binary traits with Gibbs sampling(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 10th Conf. Int. Genet. Epidemiol. Soc.,p.4, 2001年, 査読有り
      • OLETFラットにおける筋肉内脂肪蓄積に関わる遺伝子の染色体マッピング(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第98回日本畜産学会講演要旨,p.98, 2001年, 査読有り
      • OLETFラットを利用した最長筋肉内脂肪量に関するQTL解析:MC-IM法とIM法の比較検討(共著、口頭発表)
        三宅 武
        動物遺伝育種研究,29/58, 2001年, 査読有り
      • Multiple QTL mapping with epistatic interactions using Monte Carlo position sampling(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 52nd Ann. Meet. Europ. Assoc. Anim. Prod.,p.4, 2001年, 査読有り
      • Gibbs Samplingによる競走馬における上部気道疾患の遺伝率の推定(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第99回日本畜産学会大会講演要旨,p.45, 2001年, 査読有り
      • Application of MC-IM for QTL mapping for Non-Insulin-Dependent Diabetes Mellitus(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 52nd Ann. Meet. Europ. Assoc. Anim. Prod.,p.19, 2001年, 査読有り
      • バイナリ閾値形質に関する遺伝率推定法としてのGibbs samplingの有効性(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第97回日本畜産学会大会講演要旨,p.46, 2000年, 査読有り
      • ラット最長筋内脂肪量の組織化学的想定法の確立ならびにOLETF, F344, およびそれらのF1間の比較(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第97回日本畜産学会大会講演要旨,p.61, 2000年, 査読有り
      • ラットを利用した筋肉内脂肪蓄積の遺伝的解析モデルの検出(共著、口頭発表)
        三宅 武
        動物遺伝育種研究,28/133, 2000年, 査読有り
      • QTL間交互作用の2段階permutation testによる検出法およびラットの血糖値に関するQTL解析への応用(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第97回日本畜産学会大会講演要旨,p.61, 2000年, 査読有り
      • マーカー間交互作用を取り込んだQTLマッピング(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第95回日本畜産学会大会講演要旨,p.128, 1999年, 査読有り
      • 遺伝子マーカーによるエピスタシス検出についての閾値決定のためのPermutaion test(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第96回日本畜産学会大会講演要旨,p.66, 1999年, 査読有り
      • 複数のQTLを考慮したオリゴジェニックモデルによるQTLマッピングの有効性(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第95回日本畜産学会大会講演要旨,p.128, 1999年, 査読有り
      • 血糖値を支配するQTL間交互作用の検出(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第95回日本畜産学会大会講演要旨,p.127, 1999年, 査読有り
      • 画像解析情報により推定した肉牛の枝肉構成に関する遺伝性(共著、口頭発表)
        三宅 武
        関西畜産学会報,143/23, 1999年, 査読有り
      • モンテカルロ法による複数のQTLとQTL間交互作用を考慮したモデルに基づくQTL解析法(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第96回日本畜産学会大会講演要旨,p.67, 1999年, 査読有り
      • Gibbs samplingによるバイナリ閾値形質の遺伝率推定における母数効果および閾値の影響(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第95回日本畜産学会大会講演要旨,p.127, 1999年, 査読有り
      • Gibbs samplingを用いた混合遺伝モデルによりQTL遺伝子型の分離家系を特定する(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第96回日本畜産学会大会講演要旨,p.67, 1999年, 査読有り
      • Factors affecting milk production traits from crossbred population in Bangladesh(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第96回日本畜産学会大会講演要旨,p.55, 1999年, 査読有り
      • Restricted Maximum Likelihood estimation of heritabilities for carcass traits in crossbred between Japanese Black and Holstein using genetic group.
        HOSSAIN K B; MIYAKE T; MORIYA K; SASAKI Y
        日本畜産学会大会講演要旨, 1998年03月, 査読有り
      • 主働遺伝子を含む量的形質に関する遺伝分散のREML推定ならびに育種価推定
        宮本拓平; 守屋和幸; 三宅武; 佐々木義之
        日本畜産学会大会講演要旨, 1998年03月, 査読有り
      • Gibbs samplingによる量的形質に関与する主働遺伝子の遺伝子型およびポリジーン効果のベイズ推定
        大野涼太; 三宅武; 守屋和幸; 佐々木義之
        日本畜産学会大会講演要旨, 1998年03月, 査読有り
      • 黒毛和種屠肉性形質に関与する主働遺伝子が遺伝子型分離している副集団の探索(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第94回日本畜産学会大会講演要旨,p.224, 1998年, 査読有り
      • Gibbs samplingを用いたベイズ法バイナリ形質モデルによるバイナリ形質に関する遺伝的パラメータの推定(共著、口頭発表)
        三宅 武
        日本畜産学会関西支部報,140/15, 1998年, 査読有り
      • Bayesian analysis for existence of segregation of major genes affecting marbling in Japanese Black cattle population(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 6th. World Congr. Genet. Appl. Livest. Prod.,Vol 26. 389-392, 1998年, 査読有り
      • 集団の表現型分布を利用したGibbs samplingによる主働遺伝子検出法に関する検討(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第93回日本畜産学会大会講演要旨,p.108, 1997年, 査読有り
      • Major Gene Indexを用いた主働遺伝子検出に関するシミュレーションによる検討(共著、口頭発表)
        三宅 武
        日本畜産学会関西支部会報,137/20, 1997年, 査読有り
      • 屠肉性形質に関する種雄牛評価モデルとしての個体モデルとMGSモデルとの比較―フィールド記録に基づく検討
        芳野靖弘; 三宅武; 松本道夫; 守屋和幸; 佐々木義之
        日本畜産学会大会講演要旨, 1996年03月, 査読有り
      • Working up animal breeding and genetics home page in Japan(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 8th AAAP Anim. Sci. Congr.,Vol 1. 533-543, 1996年, 査読有り
      • Detection of major genes segregating in carcass traits using field records of cattle(共著、口頭発表)
        三宅 武
        In Proc. 8th AAAP Anim. Sci. Congr.,Vol 2. 404-405, 1996年, 査読有り
      • 種雄牛評価に伴う情報の取り込みによる雌牛の二段階評価法(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第88回日本畜産学会大会講演要旨,p.222, 1994年, 査読有り
      • 有限遺伝子産を仮定した選抜シミュレーション集団におけるBLUP法による育種価予測(共著、口頭発表)
        三宅 武
        日本畜産学会関西支部報,128/37, 1994年, 査読有り
      • 屠肉性形質に関する種雄牛評価を想定した場合における母方祖父モデルと個体モデルの比較(共著、口頭発表)
        三宅 武
        第85回日本畜産学会大会講演要旨,p.175, 1992年, 査読有り
      • 全記録を用いて得られた種雄牛評価値を取り込んだ雌雄同時評価モデルによる雌牛評価(共著、口頭発表)
        三宅 武
        日本畜産学会関西支部報,122/34, 1992年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • 国産農用馬の産肉性に関する遺伝的能力評価の試み
        三宅 武; 山下大輔; 徳重寛司; 稲津和治; 内田雄治; 中山清秀; 永峰一弘
        日本ウマ科学会第32回学術集会, 2019年11月26日
      • 鳥取県黒毛和種の脂肪酸関連形質に関するssGBLUP ゲノミック評価の試み
        三宅 武; 井上喜信; 小江敏明; 井上真寛
        肉用牛研究会第57回大会, 2019年11月14日
      • 国産家畜の育種価評価のためのデータ前処理プログラムライブラリの開発
        三宅 武
        日本畜産学会第125大会, 2019年03月28日
      • 馬の牽引能力及び産肉能力の評価方法について
        三宅 武
        平成30年度生産技術研修会(地方競馬全国協会・日本馬事協会), 2018年11月19日, 招待有り
      • 64bit時代における家畜のゲノミック遺伝的評価システムの開発
        三宅武; 守屋和幸; 小野田智昭; 井上喜信; 勝田智博; 穴田勝人; 祝前博明
        日本畜産学会第124回大会, 2018年03月28日
      • 盲導犬の効率的な遺伝的改良のための遺伝統計学入門
        三宅 武
        第一回盲導犬育成ジャパンセミナー, 2016年02月04日, 招待有り

      書籍等出版物

      • 動物遺伝育種学
        三宅 武, 分担執筆, 選抜と選抜育種
        朝倉書店, 2017年, 査読無し
      • 変量効果の推定とBLUP法
        三宅 武, 分担執筆, 第7章・データの構築と変量効果推定の実際, 第11章8節・社会科学分野への応用
        京都大学学術出版会, 2007年, 査読無し
      • Genetic dissection of non-insulin-dependent diabetes mellitus in the OLETF rat(共著)
        三宅 武
        Animal Frontier Sciences,, 2003年, 査読無し
      • Genetic dissection of non-insulin-dependent diabetes mellitus in the OLETF rat (jointly worked)
        三宅 武
        Hokuto Shobo,, 2003年, 査読無し
      • 動物遺伝育種学事典(動物遺伝育種シンポジウム組織委員会編)(共著)
        三宅 武
        朝倉書店,, 2001年, 査読無し
      • 家畜ゲノム解析と新たな家畜育種戦略(動物遺伝育種シンポジウム組織委員会編)(共著)
        三宅 武
        シュプリンガー・フェアラーク東京,, 2000年, 査読無し
      • 動物遺伝育種学実験法
        三宅 武, 分担執筆, 第5章3節・遺伝子数の推定, 第11章・データの統計処理
        朝倉書店, 1998年, 査読無し

      受賞

      • 2002年
        Experimental Animals, 2001年Experimental Animals 最優秀論文賞(研究分担)
      • 2006年
        社団法人中央畜産会, 平成17年度畜産大賞研究開発部門最優秀賞(研究分担)

      外部資金:科学研究費補助金

      • ウシにおける脂肪蓄積の分子機構
        基盤研究(A)
        京都大学
        佐々木 義之
        完了
        ウシ;分子遺伝学;統計遺伝学;脂肪細胞分化;発現制御;免疫染色;主働遺伝子;Gibbs Sampling法;転写制御因子;クローニング, Cattle;Molecular genetics;Statistical genetics;Adipocyte diffentiation;Gene regulation;Immunohistochemistry;Major genes;Gibbs sampling

      外部資金:その他

      • 肉用牛の遺伝的評価法に関する研究
      • (平成28年度分)
        遺伝情報活用育種改良促進事業
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        三宅 武
      • (平成29年度分)
        遺伝情報活用育種改良促進事業
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        三宅 武
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基礎情報処理〔農学部〕
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物統計学
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          日本の農業と環境
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          比較資源環境学
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          比較農業論実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          比較農業論演習
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基礎情報処理
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          比較農業論演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          比較農業論実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          比較農業論演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          比較農業論実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          比較農業論特論1
          前期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          比較農業論特論4
          後期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          比較農業論特論5
          後期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          比較農業論特論6
          前期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較農業論実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較農業論実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較農業論演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較農業論演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較農業論特論1
          前期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較農業論特論4
          後期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較農業論特論5
          後期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          比較農業論特論6
          前期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論特論1
          前期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論特論4
          後期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          比較農業論特論5
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論特論1
          前期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論特論4
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論特論5
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          比較農業論特論6
          前期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較農業論実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較農業論実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較農業論演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較農業論演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較農業論特論1
          前期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較農業論特論4
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較農業論特論5
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          比較農業論特論6
          前期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          比較農業論実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          比較農業論実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          比較農業論演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          比較農業論演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          比較農業論実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          比較農業論実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          比較農業論演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          比較農業論演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          情報基礎[農学部]
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          日本の農業と環境
          前期, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          比較資源環境学
          後期, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          比較農業論実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          比較農業論実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          比較農業論演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          比較農業論演習2
          通年, 農学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            情報教育専門委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日
            京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2014年06月04日, 至 2018年03月31日
            情報環境機構教育システム運用委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            情報環境機構教育用コンピュータシステム運用委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            情報環境機構教育用コンピュータシステム運用委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            情報環境機構教育システム運用委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            高等教育研究開発推進センター教育コンテンツ活用推進委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            情報環境機構研究システム運用委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2007年04月01日, 至 2022年03月31日
            比較農業論講座運営協議員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2019年03月31日
            情報セキュリティ・システム委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/05/14

            学術・社会貢献

            学術貢献活動

            • 京都大学動物遺伝育種学合同セミナー、Daniel Gianola 博士公開講演会・討論会「家畜育種学・量的遺伝学における統計的手法の過去現在未来」
              企画立案・運営等
              横井伯英・三宅武(共同開催), 自 2019年10月21日

            ページ上部へ戻る