教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

小川 拓哉

オガワ タクヤ

化学研究所 環境物質化学研究系 助教

小川 拓哉
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 農学研究科, 応用生命科学専攻 生体分子機能講座, 助教

    学位

    • 修士(農学)(名古屋大学)
    • 博士(農学)(名古屋大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        リン脂質やω3系高度不飽和脂肪酸の代謝
        真正細菌における低温適応の分子機構
      • 研究概要

        エイコサペンタエン酸 (EPA) やドコサヘキサエン酸 (DHA) などのオメガ3系高度不飽和脂肪酸は、人にとって健康維持・増進効果のある機能性食品成分であるが、微生物もEPA・DHAを生産し、生命活動に役立てていることが知られている。私の研究ではEPA生産性の低温菌Shewanella livingstonensis Ac10を対象として、生化学的な解析を通し、EPAやEPA含有リン脂質の生産機構、およびオメガ3系高度不飽和脂肪酸の代謝変換能を明らかにすることを目指している。これらの研究を通じて、本菌がもつ低温環境に適応する能力を分子レベルで理解したり、微生物が持つ新奇機能を見つけ開発することを目標としている。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 応用微生物学

      論文

      • Development of a Simple and Rapid Method for In Situ Vesicle Detection in Cultured Media.
        Kenichi Kawano; Fumiaki Yokoyama; Jun Kawamoto; Takuya Ogawa; Tatsuo Kurihara; Shiroh Futaki
        Journal of molecular biology, 2020年09月12日, 査読有り
      • Role of acyl-CoA dehydrogenases from Shewanella livingstonensis Ac10 in docosahexaenoic acid conversion.
        Yustina Yusuf; Takuya Ogawa; Jun Kawamoto; Tatsuo Kurihara
        Biochemical and biophysical research communications, 2020年07月30日, 査読有り
      • Lysophosphatidic acid acyltransferase from the thermophilic bacterium Thermus thermophilus HB8 displays substrate promiscuity
        Takuya Ogawa; Nittikarn Suwanawat; Yosuke Toyotake; Bunta Watanabe; Jun Kawamoto; Tatsuo Kurihara
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2020年05月26日, 査読有り
      • A Novel Lysophosphatidic Acid Acyltransferase of Escherichia coli Produces Membrane Phospholipids with a cis-vaccenoyl Group and Is Related to Flagellar Formation.
        Yosuke Toyotake; Masayoshi Nishiyama; Fumiaki Yokoyama; Takuya Ogawa; Jun Kawamoto; Tatsuo Kurihara
        Biomolecules, 2020年05月11日, 査読有り
      • Bioconversion From Docosahexaenoic Acid to Eicosapentaenoic Acid in the Marine Bacterium Shewanella livingstonensis Ac10.
        Takuya Ogawa; Kazuki Hirose; Yustina Yusuf; Jun Kawamoto; Tatsuo Kurihara
        Frontiers in microbiology, 2020年, 査読有り
      • Genetic characterization and functional implications of the gene cluster for selective protein transport to extracellular membrane vesicles of Shewanella vesiculosa HM13
        Kouhei Kamasaka; Jun Kawamoto; Chen Chen; Fumiaki Yokoyama; Tomoya Imai; Takuya Ogawa; Tatsuo Kurihara
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2020年, 査読有り
      • Development of a regulatable low-temperature protein expression system using the psychrotrophic bacterium, Shewanella livingstonensis Ac10, as the host
        Soichiro Kawai; Jun Kawamoto; Takuya Ogawa; Tatsuo Kurihara
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2019年11月02日, 査読有り
      • Purification and characterization of 1-acyl-sn-glycerol-3-phosphate acyltransferase with a substrate preference for polyunsaturated fatty acyl donors from the eicosapentaenoic acid-producing bacterium Shewanella livingstonensis Ac10
        小川 拓哉; 田中 麻子; 川本 純; 栗原 達夫
        Journal of Biochemistry, 2018年07月, 査読有り
      • 細菌におけるω3長鎖高度不飽和脂肪酸の生合成と生理機能
        栗原 達夫; 川本 純; 小川 拓哉
        ビタミン, 2017年, 査読有り, 招待有り
      • A cis-prenyltransferase from Methanosarcina acetivorans catalyzes both head-to-tail and nonhead-to-tail prenyl condensation
        Takuya Ogawa; Koh-ichi Emi; Kazushi Koga; Tohru Yoshimura; Hisashi Hemmi
        FEBS JOURNAL, 2016年06月, 査読有り
      • A phytoene desaturase homolog gene from the methanogenic archaeon Methanosarcina acetivorans is responsible for hydroxyarchaeol biosynthesis
        Takeshi Mori; Keisuke Isobe; Takuya Ogawa; Tohru Yoshimura; Hisashi Hemmi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2015年10月, 査読有り
      • A highly selective biosynthetic pathway to non-natural C-50 carotenoids assembled from moderately selective enzymes
        Maiko Furubayashi; Mayu Ikezumi; Shinichi Takaichi; Takashi Maoka; Hisashi Hemmi; Takuya Ogawa; Kyoichi Saito; Alexander V. Tobias; Daisuke Umeno
        NATURE COMMUNICATIONS, 2015年07月, 査読有り
      • A novel geranylgeranyl reductase from the methanogenic archaeon Methanosarcina acetivorans displays unique regiospecificity
        Takuya Ogawa; Keisuke Isobe; Takeshi Mori; Susumu Asakawa; Tohru Yoshimura; Hisashi Hemmi
        FEBS JOURNAL, 2014年07月, 査読有り
      • Geranylgeranyl Reductase and Ferredoxin from Methanosarcina acetivorans Are Required for the Synthesis of Fully Reduced Archaeal Membrane Lipid in Escherichia coli Cells
        Keisuke Isobe; Takuya Ogawa; Kana Hirose; Takeru Yokoi; Tohru Yoshimura; Hisashi Hemmi
        JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • Substrate specificity of undecaprenyl diphosphate synthase from the hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix
        Takeshi Mori; Takuya Ogawa; Tohru Yoshimura; Hisashi Hemmi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2013年06月, 査読有り
      • Connected cavity structure enables prenyl elongation across the dimer interface in mutated geranylfarnesyl diphosphate synthase from Methanosarcina mazei
        Takuya Ogawa; Tohru Yoshimura; Hisashi Hemmi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2011年06月, 査読有り
      • Geranylfarnesyl diphosphate synthase from Methanosarcina mazei: Different role, different evolution
        Takuya Ogawa; Tohru Yoshimura; Hisashi Hemmi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2010年02月, 査読有り

      MISC

      • EPA、DHAをつくる有用細菌
        小川 拓哉
        生物工学会誌2019, 2019年10月, 招待有り
      • 海洋性Shewanella属細菌によるω-3系高度不飽和脂肪酸の変換経路の解明
        小川 拓哉; 廣瀬 和樹; 川本 純; 栗原 達夫
        第66回日本生化学会近畿支部例会, 2019年05月
      • 低温菌Shewanella livingstonensis Ac10におけるドコサヘキサエン酸からエイコサペンタエン酸への変換機構の解析
        廣瀬 和樹; 小川 拓哉; 川本 純; 栗原 達夫
        極限環境生物学会第19会例会, 2018年12月
      • PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF 1-ACYL-SN-GLYCEROL-3-PHOSPHATE ACYLTRANSFERASE THAT PRODUCES EICOSAPENTAENOIC ACID-CONTAINING PHOSPHOLIPIDS
        小川 拓哉; 田中 麻子; 川本 純; 栗原 達夫
        Extremophiles 2018, 2018年09月16日
      • 低温菌Pseudoalteromonas sp. Sq02株を用いたタンパク質低温生産システムの開発
        河合総一郎; Aken Puti Wanguyun; 川本 純; 小川拓哉; 栗原達夫
        日本生化学会第65回近畿支部例会, 2018年05月26日
      • 低温菌 Shewanella sp. HM13の膜小胞輸送による選択的タンパク質分泌に関与する遺伝子の探索
        釜阪 紘平; Chen CHEN; 横山 文秋; 川本 純; 今井 友也; 小川 拓哉; 栗原 達夫
        日本農芸化学会 2018 年度大会, 2018年03月16日
      • 低温菌における機能性多価不飽和脂肪酸の細胞内局在の可視化
        川本純; 徳永智久; 渡辺文太; 小川拓哉; 栗原達夫
        日本農芸化学会2018年度大会,名古屋, 2018年03月16日
      • 好熱菌 Thermus thermophilus 由来 リゾホスファチジン酸アシル基転移酵素の基質特異性の解析
        小川 拓哉; Nittikarn Suwanawa; 豊竹 洋佑; 渡辺 文太; 川本 純; 栗原 達夫
        日本農芸化学会2018年度大会, 2018年03月
      • Purification and characterization of a lysophosphatidic acid acyltransferase from an eicosapentaenoic acid-producing bacterium Shewanella livingstonensis Ac10
        小川 拓哉
        International workshop on microbes in hostile environments, 2017年12月, 招待有り
      • EPA 生産菌Shewanella livingstonensis Ac10 のリゾホスファチジン酸アシル基転移酵素の精製と 特性評価
        小川 拓哉; 田中 麻子; 川本 純; 栗原 達夫
        特殊環境微生物セミナー 2017, 2017年10月
      • Purification and characterization of a thermostable 1-acyl-sn-glycerol-3-phosphate acyltransferase (PlsC)
        Nittikarn Suwanawat; Takuya Ogawa; Asako Tanaka; Jun Kawamoto; Tatsuo Kurihara
        2017年度酵素補酵素研究会, 2017年06月
      • 細菌型リゾホスファチジン酸アシル基転移酵素の精製とキャラクタリゼーション
        小川 拓哉; 田中麻子; Nittikarn Suwanawat; 川本純; 栗原達夫
        第64回日本生化学会近畿支部例会, 2017年05月
      • 細菌におけるエイコサペンタエン酸の生理機能
        栗原達夫; 川本純; 渡辺文太; 小川拓哉
        日本農芸化学会2017年度大会,京都, 2017年03月20日
      • Interaction between proteins involved in the biosynthesis of EPA-containing phospholipids in a psychrotrophic bacterium, Shewanella livingstonensis Ac10
        Chen Tsai-Min; Ryutaro OGURA; Takuya OGAWA; Jun KAWAMOTO; Tatsuo KURIHARA
        日本農芸化学会 2017 年度大会, 2017年03月17日
      • 低温性Shewanella属細菌の色素生産に関与するリゾホスファチジン酸アシル基転移酵素ホモログの機能解析
        小川 拓哉; 太田昌希; 川本純; 栗原達夫
        日本農芸化学会2017年度大会, 2017年03月
      • 低温性Shewanella属細菌由来1-アシル-sn-グリセロール-3-リン酸アシル基転移酵素PlsCの酵素学的特性解析
        小川 拓哉; 田中麻子; 川本純; 栗原達夫
        第17回極限環境生物学会年会, 2016年11月
      • 低温菌 Shewanella livingstonensis Ac10 による菌体外膜小胞の生産とエイコサペンタエン酸生産能の欠損が膜小胞分泌におよぼす影響
        横山文秋; 今井友也; 川本 純; 小川拓哉; 栗原達夫
        第89回日本生化学会大会, 2016年09月25日
      • Molecular Characterization of Eicosapentaenoic Acid-Containing Membrane Vesicles Produced by a Psychrotrophic Bacterium, Shewanella livistonensis Ac10
        Yokoyama Fumiaki; Jun Kawamoto; Tomoya Imai; Takuya Ogawa; Tatsuo Kurihara
        Extremophiles 2016 11th International Congress on Extremophiles, 2016年09月12日
      • 真正細菌型1-アシルグリセロール-3-リン酸アシル基転移酵素PlsCの精製と酵素学的特性解析
        小川 拓哉; 田中麻子; 川本純; 栗原達夫
        第89回日本生化学会大会, 2016年09月
      • Purification and enzymatic characterization of bacterial 1-acyl-sn-glycerol-3-phosphate acyltransferase PlsC
        小川 拓哉; 田中麻子; 川本純; 栗原達夫
        The Fifth International Conference on Cofactors & Active Enzyme Molecule 2016, 2016年09月
      • 低温菌 Shewanella livingstonensis Ac10 の菌体外膜小胞の特性とエイコサペンタエン酸が小胞形成に与える影響の解析
        横山文秋; 今井友也; 川本 純; 小川拓哉; 栗原達夫
        第63回 日本生化学会 近畿支部例会, 2016年05月21日
      • 低温菌 Shewanella livingstonensis Ac10 の菌体外膜小胞の解析
        横山 文秋; 川本 純; 今井 友也; 小川 拓哉; 栗原 達夫
        日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月
      • メタン生成アーキア由来のシス型プレニルトランスフェラーゼホモログに触媒されるhead-to-tail型およびnon-head-to-tail型縮合
        小川拓哉; 吉村徹; 邊見久
        日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月
      • Identification and application of a novel, regiospecific geranylgeranyl reductase from the methanogenic archaeon Methanosarcina acetivorans
        小川拓哉; 磯部圭祐; 浅川晋; 吉村徹; 邊見久
        持続可能社会構築のための酵素と微生物の科学と工学に関する新潮流 日本−イタリアシンポジウム, 2014年11月
      • Creation of unnatural compounds using a novel geranylgeranyl reductase from the methanogenic archaeon Methanosarcina acetivorans
        小川拓哉; 磯部圭祐; 森健; 浅川晋; 吉村徹; 邊見久
        第87回日本生化学会大会, 2014年10月
      • メタン生成アーキア由来のω-末端特異的ゲラニルゲラニル基還元酵素
        小川拓哉; 磯部圭祐; 森健; 浅川晋; 吉村徹; 邊見久
        第24回イソプレノイド研究会例会, 2014年09月
      • メタン生成アーキア由来新奇プレニル基還元酵素の生理的役割
        小川拓哉; 磯部圭祐; 吉村徹; 邊見久
        日本ビタミン学会第66回大会, 2014年06月
      • Exploring novel enzymes involved in archaeal membrane lipid biosynthesis
        小川拓哉; 磯部圭祐; 吉村徹; 邊見久
        Archaea: Ecology, Metabolism & Molecular Biology, 2013年07月
      • アーキア膜脂質生合成に関わる新奇フラビン酵素(2)
        小川拓哉; 磯部圭祐; 吉村徹; 邊見久
        日本ビタミン学会第65回大会, 2013年05月
      • 1P-052 超好熱性アーキアAeropyrum pernixにおけるプレニル二リン酸合成酵素の機能解析(酵素学,酵素工学,一般講演)
        森 健; 小川 拓哉; 吉村 徹; 邊見 久
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2013年
      • Chain length determination mechanism of geranylfarnesyl diphosphate synthase from methanogenic archaeon Methanosarcina mazei
        小川拓哉; 吉村徹; 邊見久
        The International Conference of Natural Product Biosynthesis, 2012年06月
      • Construction of long-chain prenyl diphosphate synthase by connecting cavities between subunits
        小川拓哉; 吉村徹; 邊見久
        第84回日本生化学会大会, 2011年09月
      • メタン生成アーキア由来ゲラニルファルネシル二リン酸合成酵素の生成物鎖長決定機構
        小川拓哉; 吉村徹; 邊見久
        第20回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会, 2010年09月
      • メタン生成アーキア由来ゲラニルファルネシル二リン酸合成酵素
        小川拓哉; 吉村徹; 邊見久
        日本農芸化学会2010年度大会, 2010年03月

      講演・口頭発表等

      • Shewanella属細菌の低温適応に重要なエイコサペンタエン酸含有リン脂質の巧みな生合成機構
        小川 拓哉
        日本生化学会第91回大会, 2018年09月24日, 招待有り

      書籍等出版物

      • 細菌におけるω3長鎖高度不飽和脂肪酸の生合成と生理機能
        栗原 達夫; 川本 純; 小川 拓哉, 共著
        日本ビタミン学会, 2017年09月, 査読無し

      受賞

      • 2014年10月16日
        日本生化学会大会, 若手優秀発表賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • β酸化経路の再考に基づくω-3高度不飽和脂肪酸の代謝変換の研究
        基盤研究(C)
        小区分38020:応用微生物学関連
        京都大学
        小川 拓哉
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        高度不飽和脂肪酸;生物変換;海洋性細菌;β酸化酵素;リン脂質アシル基転移酵素
      • 細菌のω-3系高度不飽和脂肪酸の代謝に関わる新規タンパク質の探索と機能解明
        若手研究
        小区分38020:応用微生物学関連
        京都大学
        小川 拓哉
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        ω-3高度不飽和脂肪酸;エイコサペンタエン酸;ドコサヘキサエン酸;海洋性細菌;微生物変換;β酸化酵素;ω-3系高度不飽和脂肪酸;Shewanella;極限環境微生物;β酸化;Shewanella属細菌
      • 酵素学的研究によるホスファチジン酸のde novo合成を担う分子基盤の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        小川 拓哉
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        アシルグリセロールリン酸アシル基転移酵素;グリセロリン脂質;脂質代謝;リン脂質;細胞膜組成;阻害剤開発;PlsC;変異解析;アシル基転移酵素;膜タンパク質
      • 細菌における生体膜の不均一性を生み出すアシル基転移酵素の研究
        研究活動スタート支援
        京都大学
        小川 拓哉
        自 2015年08月28日, 至 2017年03月31日, 完了
        リゾホスファチジン酸アシル基転移酵素;低温適応;脂質代謝;PlsC;膜タンパク質;リン脂質代謝;アシル基転移酵素;細胞膜生合成;リン脂質アシル基転移酵素;グリセロリン脂質;色素
      • 細菌における高度不飽和脂肪酸含有生体膜ドメインの形成機構と生理機能
        基盤研究(B)
        京都大学
        栗原 達夫
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        生体膜;高度不飽和脂肪酸;エイコサペンタエン酸;リン脂質;アシル化タンパク質;マイクロドメイン;細菌
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子微生物科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子微生物科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子微生物科学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子微生物科学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子微生物科学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子微生物科学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子微生物科学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子微生物科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子微生物科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子微生物科学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子微生物科学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子微生物科学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子微生物科学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子微生物科学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子微生物科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子微生物科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子微生物科学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子微生物科学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子微生物科学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎化学実験
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子微生物科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子微生物科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子微生物科学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子微生物科学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子微生物科学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子微生物科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子微生物科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子微生物科学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子微生物科学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子微生物科学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子微生物科学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子微生物科学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子微生物科学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子微生物科学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子微生物科学講義
          前期集中, 農学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会 委員

          ページ上部へ戻る