教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

福島 祐二

フクシマ ユウジ

医学研究科 認知症制御学講座(産学共同) 特定助教

福島 祐二
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    所属学協会

    • 日本免疫学会
    • 日本分子生物学会

    学位

    • 修士(農学)(広島大学)
    • 博士(農学)(広島大学)

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 現在
      京都大学 医学研究科, 特定助教
    • 自 2011年04月, 至 2017年03月
      京都大学 医学研究科, 研究員
    • 自 2010年04月, 至 2011年03月
      広島大学 生物圏科学研究科, 特任助教

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        免疫老化機構とそれを基盤とする疾患発生機序の解明
      • 研究概要

        加齢に伴う免疫系の機能変容(免疫老化)は老化関連疾患の発生頻度を増加させる要因のひとつであるが、そのメカニズムは不明である。私たちは自己免疫疾患、神経系疾患、がん等の抑制に貢献することを目指し、免疫老化の一因となる特異なT細胞亜集団(特に老化関連T細胞)や分子制御機構に着目した基盤的および応用的研究を行っている。

      研究キーワード

      • 免疫老化
      • 自己免疫
      • がん
      • 中枢神経

      研究分野

      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, 病態神経科学
      • ライフサイエンス, 腫瘍生物学

      論文

      • cis interaction of CD153 with TCR/CD3 is crucial for the pathogenic activation of senescence-associated T cells.
        Yuji Fukushima; Keiko Sakamoto; Michiyuki Matsuda; Yasunobu Yoshikai; Hideo Yagita; Daisuke Kitamura; Misaki Chihara; Nagahiro Minato; Masakazu Hattori
        Cell reports, 2022年09月20日, 査読有り
      • CD153/CD30 signaling promotes age-dependent tertiary lymphoid tissue expansion and kidney injury.
        Yuki Sato; Akiko Oguchi; Yuji Fukushima; Kyoko Masuda; Naoya Toriu; Keisuke Taniguchi; Takahisa Yoshikawa; Xiaotong Cui; Makiko Kondo; Takeshi Hosoi; Shota Komidori; Yoko Shimizu; Harumi Fujita; Li Jiang; Yingyi Kong; Takashi Yamanashi; Jun Seita; Takuya Yamamoto; Shinya Toyokuni; Yoko Hamazaki; Masakazu Hattori; Yasunobu Yoshikai; Peter Boor; Jürgen Floege; Hiroshi Kawamoto; Yasuhiro Murakawa; Nagahiro Minato; Motoko Yanagita
        The Journal of clinical investigation, 2022年01月18日, 査読有り
      • The impact of senescence-associated T cells on immunosenescence and age-related disorders
        Fukushima Y; Minato N; Hattori M
        Inflammation and regeneration, 2018年, 査読有り, 招待有り
      • The potential role of Osteopontin in the maintenance of commensal bacteria homeostasis in the intestine.
        Koyu Ito; Akira Nakajima; Yuji Fukushima; Keiichiro Suzuki; Keiko Sakamoto; Yoko Hamazaki; Kouetsu Ogasawara; Nagahiro Minato; Masakazu Hattori
        PloS one, 2017年, 査読有り
      • Osteopontin in Spontaneous Germinal Centers Inhibits Apoptotic Cell Engulfment and Promotes Anti-Nuclear Antibody Production in Lupus-Prone Mice.
        Keiko Sakamoto; Yuji Fukushima; Koyu Ito; Michiyuki Matsuda; Shigekazu Nagata; Nagahiro Minato; Masakazu Hattori
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2016年09月15日, 査読有り
      • A CD153(+)CD4(+) T Follicular Cell Population with Cell-Senescence Features Plays a Crucial Role in Lupus Pathogenesis via Osteopontin Production
        Suhail Tahir; Yuji Fukushima; Keiko Sakamoto; Kyosuke Sato; Harumi Fujita; Joe Inoue; Toshimitsu Uede; Yoko Hamazaki; Masakazu Hattori; Nagahiro Minato
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2015年06月, 査読有り
      • Molecular cloning of chicken interleukin-5 receptor alpha-chain and analysis of its binding specificity
        Yuji Fukushima; Tomohiro Miyai; Manami Kumagae; Hiroyuki Horiuchi; Shuichi Furusawa
        DEVELOPMENTAL AND COMPARATIVE IMMUNOLOGY, 2012年07月, 査読有り
      • Construction of an Insertion Vector for Gene Targeting of Chicken Lens-specific Gene
        Yuji Fukushima; Masaharu Sato; Haruo Matsuda; Shuichi Furusawa; Hiroyuki Horiuchi
        JOURNAL OF POULTRY SCIENCE, 2010年04月, 査読有り
      • Induction of Immune Suppression in the Chick by an Optimal Dose of an Immunizing Antigen in the Presence of its Specific Maternal Antibody
        Mohamed Fahmy Abou Elazab; Yuji Fukushima; Yukihiro Fujita; Hiroyuki Horiuchi; Haruo Matsuda; Shuichi Furusawa
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2010年03月, 査読有り
      • Prolonged Suppression of Chick Humoral Immune Response by Antigen Specific Maternal Antibody
        Mohamed Fahmy Abou Elazab; Yuji Fukushima; Hiroyuki Horiuchi; Haruo Matsuda; Shuichi Furusawa
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2009年04月, 査読有り
      • Cloning of the chicken interleukin-13 receptor alpha 2 gene and production of a specific monoclonal antibody
        Miki Miyoshi; Hiroyuki Horiuchi; Yuji Fukushima; Haruo Matsuda; Shuichi Furusawaa
        DEVELOPMENTAL AND COMPARATIVE IMMUNOLOGY, 2007年, 査読有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • 非定型TCR複合体を形成する機能不全耐性T細胞集団の作出とがん治療への応用
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分50:腫瘍学およびその関連分野
        京都大学
        福島 祐二
        自 2022年06月30日, 至 2025年03月31日, 交付
        T細胞機能不全;非定型TCR;活性制御;がん
      • メモリーT細胞を直接標的とした新規アジュバントの創出
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分42:獣医学、畜産学およびその関連分野
        京都大学
        服部 雅一
        自 2018年06月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        CD153;メモリーT細胞;CD3複合体;免疫チェックポイント分子;免疫老化;老化関連T細胞;CD153リバースシグナル;アジュバント;CD30L;CD30
      • 老化関連T細胞誘導メカニズムの解明と人為的制御
        基盤研究(B)
        京都大学
        服部 雅一
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        免疫老化;老化関連T細胞;CD153;CD3複合体;リバースシグナル;加齢関連疾患;オステオポンチン;CD153リバースシグナル;TCRシグナル抑制;T細胞;自己抗体;CD163-CD30相互作用;TCRシグナル阻害;免疫学;老化;自己免疫疾患;SLE
      • 免疫老化の分子メカニズムの解明とワクチン開発への応用
        基盤研究(C)
        京都大学
        服部 雅一
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        免疫老化;T細胞;PD-1;CD153;オステオポンチン;全身性エリテマトーデス;死細胞処理;貪食;自己免疫疾患;自己抗体;老化関連T細胞;胚中心;miR181a

      外部資金:その他

      • 免疫老化関連分子を活用した免疫監視機構の人為的強化
        武田科学振興財団, 医学系研究助成
        自 2022年
        福島 祐二

      ページ上部へ戻る