教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

白石 英秋

シライシ ヒデアキ

生命科学研究科 統合生命科学専攻遺伝機構学講座 准教授

白石 英秋
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    所属学協会

    • 自 2020年07月, 至 現在
      日本遺伝学会
    • 自 2014年01月, 至 現在
      日本農芸化学会
    • 自 2010年01月, 至 現在
      日本藻類学会
    • 自 1983年01月, 至 2009年12月
      日本分子生物学会
    • 自 1989年01月, 至 2000年12月
      日本植物学会

    学位

    • 理学修士(京都大学)
    • 理学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程生物物理学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程生物物理学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      群馬県立前橋高等学校, ぐんまけんりつまえばしこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2007年04月, 至 現在
      京都大学大学院生命科学研究科, 准教授
    • 自 1999年, 至 2007年03月
      京都大学大学院生命科学研究科, 助教授
    • 自 1994年, 至 1999年
      京都大学大学院理学研究科, Graduate School of Science, 講師
    • 自 1998年08月, 至 1998年12月
      Washington University in St. Louis, Visiting Professor
    • 自 1993年, 至 1994年
      京都大学理学部助手, Faculty of Science
    • 自 1989年, 至 1993年
      基礎生物学研究所助手

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

         水の中で光合成を行って生活している微生物は、サイズが小さく、人の目に触れる機会がほとんど無いため、これまで人類にはあまり利用されてこなかった。しかし、これらの微生物は人の目に触れにくいところで多様な進化を遂げており、中には人類にとって有用な形質を持っているものもいる。分子遺伝学のバックグラウンドを生かして、これらの光合成微生物を使った新しい切り口の研究にチャレンジしている。
      • 研究概要

         シアノバクテリアは酸素発生型の光合成を行う細菌で、30億年ほど前に地球上に誕生して以来、地球上で多様な進化を遂げてきた。それらは、基礎的な生物学の研究材料として魅力的であると同時に、実用の面でも大きな可能性を秘めた生物群である。それらの中で特徴的な形質を持つものについて、分子遺伝学的な解析を進めている。そのような研究を通じて、地球環境問題や食糧問題の解決に貢献することを目指している。もうひとつ実験に用いてきた微細緑藻のボルボックスは、多細胞生物の進化の研究に適した生物である。単細胞生物から多細胞生物がどのようなしくみで進化してきたのか、そのメカニズムに迫るために、体細胞の細胞死、幼生体の孵化、生殖細胞の成熟など、ボルボックスの生活環の特徴的なステージで働く遺伝子や遺伝子産物の解析を進めてきた。

      研究キーワード

      • Arthrospira
      • スピルリナ
      • 分子生物学
      • Molecular Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • The use of a 3-(4,5-dimethylthiazol-2-yl)-2,5-diphenyl tetrazolium bromide–based colorimetric assay in the viability analysis of the filamentous cyanobacterium Arthrospira platensis
        Hideaki Shiraishi; Akiko Toyoda
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2021年02月24日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Growth of the edible microalga Arthrospira platensis in relation to boron supply.
        S. Tadama; H. Shiraishi
        International Journal of GEOMATE, 2017年02月, 査読有り
      • Cryopreservation of the edible alkalophilic cyanobacterium Arthrospira platensis
        Hideaki Shiraishi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2016年, 査読有り
      • Association of heterotrophic bacteria with aggregated Arthrospira platensis exopolysaccharides: implications in the induction of axenic cultures
        Hideaki Shiraishi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2015年02月, 査読有り
      • The AplI restriction-modification system in an edible cyanobacterium, arthrospira (spirulina) platensis NIES-39, recognizes the nucleotide sequence 5′-CTGCAG-3′
        H. Shiraishi; Y. Tabuse
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2013年04月, 査読有り
      • Hatching enzyme of Volvox: a possible implication in the evolution of multicellularity.
        H. Shiraishi
        Journal of Biochemical Technology, 2008年, 査読有り, 招待有り
      • A posttranslationally regulated protease, VheA, is involved in the liberation of juveniles from parental spheroids in Volvox carteri
        Kazutake Fukada; Tan Inoue; Hideaki Shiraishi
        PLANT CELL, 2006年10月, 査読有り
      • Genes specifically expressed in sexually differentiated female spheroids of Volvox carteri
        N Aono; T Inoue; H Shiraishi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2005年10月, 査読有り
      • snoRNA
        白石 英秋
        生化学, 77, 448., 2005年, 招待有り
      • Erratum: Generation of a catalytic module on a self-folding RNA (RNA (2004) 10 (1900-1906))
        Yoshioka W; Ikawa Y; Jaeger L; Shiraishi H; Inoue T
        RNA, 2005年, 査読有り
      • Non-coding RNA: 遺伝子発現と進化
        白石英秋
        蛋白質 核酸 酵素, 2004年12月, 招待有り
      • Generation of a catalytic module on a self-folding RNA
        W Yoshioka; Y Ikawa; L Jaeger; H Shiraishi; T Inoue
        RNA-A PUBLICATION OF THE RNA SOCIETY, 2004年12月, 査読有り
      • Artificial modules for enhancing rate constants of a group I intron ribozyme without a P4-P6 core element
        SJ Ohuchi; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年01月, 査読有り
      • Selections for constituting new RNA-protein interactions in catalytic RNP
        S Atsumi; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2003年01月, 査読有り
      • Two conserved structural components, A-rich bulge and P4 XJ6/7 base-triples, in activating the group I ribozymes
        Y Ikawa; T Yoshimura; H Hara; H Shiraishi; T Inoue
        GENES TO CELLS, 2002年12月, 査読有り
      • Role of a conserved J8/7 X P4 base-triple in the Tetrahymena ribozyme
        Y Ohki; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2002年11月, 査読有り
      • Modular engineering of a Group I intron ribozyme
        SJ Ohuchi; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2002年08月, 査読有り
      • Mispaired P3 region in the hierarchical folding pathway of the Tetrahymena ribozyme
        Y Ohki; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        GENES TO CELLS, 2002年08月, 査読有り
      • Palindromic repetitive elements in the mitochondrial genome of Volvox
        N Aono; T Shimizu; T Inoue; H Shiraishi
        FEBS LETTERS, 2002年06月, 査読有り
      • Design, construction, and analysis of a novel class of self-folding RNA
        Y Ikawa; K Fukada; S Watanabe; H Shiraishi; T Inoue
        STRUCTURE, 2002年04月, 査読有り
      • Relationship between the self-splicing activity and the solidity of the master domain of the Tetrahymena Group I ribozyme
        Y Oe; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2002年03月, 査読有り
      • Cloning and characterization of novel extensin-like cDNAs that are expressed during late somatic cell phase in the green alga Volvox carteri
        T Shimizu; T Inoue; H Shiraishi
        GENE, 2002年02月, 査読有り
      • Design and development of a catalytic ribonucleoprotein
        S Atsumi; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        EMBO JOURNAL, 2001年10月, 査読有り
      • A senescence-associated S-like RNase in the multicellular green alga Volvox carteri
        T Shimizu; T Inoue; H Shiraishi
        GENE, 2001年08月, 査読有り
      • A comparative study on two GNRA-tetraloop receptors: 11-nt and IC3 motifs
        Y Ikawa; K Nohmi; S Atsumi; H Shiraishi; T Inoue
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2001年08月, 査読有り
      • Conserved base-pairings between C266-A268 and U307-G309 in the P7 of the Tetrahymena ribozyme is nonessential for the in vitro self-splicing reaction
        Y Oe; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2001年06月, 査読有り
      • Self-splicing of the Tetrahymena group I ribozyme without conserved base-triples
        Y Ikawa; W Yoshioka; Y Ohki; H Shiraishi; T Inoue
        GENES TO CELLS, 2001年05月, 査読有り
      • A deteriorated triple-helical scaffold accelerates formation of the Tetrahymena ribozyme active structure
        Y Ohki; Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        FEBS LETTERS, 2001年03月, 査読有り
      • A simulated molecular evolution from minimal catalytic domain of a group I ribozyme.
        S.J. Ohuchi; Y. Ikawa; H. Shiraishi; T. Inoue
        Nucleic Acids Res Suppl, 2001年, 査読有り
      • Minimal catalytic domain of a group I self-splicing intron RNA
        Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        NATURE STRUCTURAL BIOLOGY, 2000年11月, 査読有り
      • Structure-function relationships of two closely related group IC3 intron ribozymes from Azoarcus and Synechococcus pre-tRNA
        Y Ikawa; D Naito; H Shiraishi; T Inoue
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2000年09月, 査読有り
      • A small structural element, Pc-J5/5a, plays dual roles in a group IC1 intron RNA
        Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年07月, 査読有り
      • Requirements for alternative forms of the activator domain, P5abc, in the Tetrahymena ribozyme
        Y Naito; H Shiraishi; T Inoue
        FEBS LETTERS, 2000年01月, 査読有り
      • Characterization of P8 and J8/7 elements in the conserved core of the Tetrahymena group I intron ribozyme
        Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年01月, 査読有り
      • A conserved motif in group IC3 introns is a new class of GNRA receptor
        Y Ikawa; D Naito; N Aono; H Shiraishi; T Inoue
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1999年04月, 査読有り
      • Trans-activation of the Tetrahymena group I intron ribozyme via a non-native RNA-RNA interaction
        Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1999年04月, 査読有り
      • P5abc of the Tetrahymena ribozyme consists of three functionally independent elements
        Y Naito; H Shiraishi; T Inoue
        RNA-A PUBLICATION OF THE RNA SOCIETY, 1998年07月, 査読有り
      • Trans-activation of the Tetrahymena ribozyme by its P2-2.1 domains
        Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1998年03月, 査読有り
      • Identification of the nucleotides in the A-rich bulge of the Tetrahymena ribozyme responsible for an efficient self-splicing reaction
        Y Ikawa; A Okada; H Imahori; H Shiraishi; T Inoue
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年10月, 査読有り
      • Long-range interaction between the P2.1 and P9.1 peripheral domains of the tetrahymena ribozyme
        Y Ikawa; H Ohta; H Shiraishi; T Inoue
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1997年05月, 査読有り
      • Characterization of the newly constructed domains that replace P5abc within the Tetrahymena ribozyme
        Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        FEBS LETTERS, 1996年09月, 査読有り
      • Genetic analysis of the structure and function of RNase P from E-coli
        H Shiraishi; Y Shimura
        MOLECULAR BIOLOGY REPORTS, 1996年, 査読有り
      • Structure, function and molecular evolution of Group I intron ribozyme.
        Y. Ikawa; Y. Naito; H. Shiraishi; T. Inoue
        Nucleic Acids Symp Ser, 1996年, 査読有り
      • The Tetrahymena ribozyme tolerates diverse activator domains that replace P5abc
        Y Ikawa; H Shiraishi; T Inoue
        TRACING BIOLOGICAL EVOLUTION IN PROTEIN AND GENE STRUCTURES, 1995年
      • 2 AMIDOPHOSPHORIBOSYLTRANSFERASE GENES OF ARABIDOPSIS-THALIANA EXPRESSED IN DIFFERENT ORGANS
        T ITO; H SHIRAISHI; K OKADA; Y SHIMURA
        PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 1994年10月, 査読有り
      • GENETIC COMPLEMENTATION OF A FLORAL HOMEOTIC MUTATION, APETALA3, WITH AN ARABIDOPSIS-THALIANA GENE HOMOLOGOUS TO DEFICIENS OF ANTIRRHINUM-MAJUS
        H OKAMOTO; A YANO; H SHIRAISHI; K OKADA; Y SHIMURA
        PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 1994年10月, 査読有り
      • NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF A TRANSMEMBRANE PROTEIN (TMP-C) CDNA IN ARABIDOPSIS-THALIANA
        T KINOSHITA; HARANISHIMURA, I; H SIRAISHI; K OKADA; Y SHIMURA; M NISHIMURA
        PLANT PHYSIOLOGY, 1994年08月, 査読有り
      • NUCLEOTIDE-SEQUENCES RECOGNIZED BY THE AGAMOUS-MADS DOMAIN OF ARABIDOPSIS-THALIANA IN-VITRO
        H SHIRAISHI; K OKADA; Y SHIMURA
        PLANT JOURNAL, 1993年08月, 査読有り
      • PROTEINS INDUCED BY PHYSICAL STIMULI IN ROOT-TIPS OF ARABIDOPSIS-THALIANA SEEDLINGS
        K SAKAMOTO; H SHIRAISHI; K OKADA; Y SHIMURA
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 1993年03月, 査読有り
      • THE GENE AND THE RNA FOR THE PRECURSOR TO THE PLASTID-LOCATED GLYCEROL-3-PHOSPHATE ACYLTRANSFERASE OF ARABIDOPSIS-THALIANA
        NISHIDA, I; Y TASAKA; H SHIRAISHI; N MURATA
        PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 1993年01月, 査読有り
      • EFFICIENT TRANSFORMATION OF ARABIDOPSIS-THALIANA - COMPARISON OF THE EFFICIENCIES WITH VARIOUS ORGANS, PLANT ECOTYPES AND AGROBACTERIUM STRAINS
        K AKAMA; H SHIRAISHI; S OHTA; K NAKAMURA; K OKADA; Y SHIMURA
        PLANT CELL REPORTS, 1992年12月, 査読有り
      • A CDNA CLONE ENCODING HBP-1B HOMOLOG IN ARABIDOPSIS-THALIANA
        T KAWATA; T IMADA; H SHIRAISHI; K OKADA; Y SHIMURA; M IWABUCHI
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1992年03月, 査読有り
      • 花の器官発生を制御する遺伝子.
        白石英秋
        細胞, 24, 160-164,, 1992年
      • 花の器官形成の遺伝的制御.
        白石英秋
        Plant Science Tomorrow (Plant Science Tomorrow 刊行会), 6, 6-7., 1992年
      • アラビドプシスとその変異体
        白石英秋; 岡田清孝; 志村令郎
        現代化学増刊, 1991年09月
      • 第4回アラビドプシス研究会議.
        白石英秋
        学術月報, 43, 949-950., 1990年, 招待有り
      • Random introduction of localized single nucleotide substitutions into cloned DNA.
        H. Shiraishi; Y. Shimura
        DNA and Protein Engineering Techniques, 1990年, 査読有り, 招待有り
      • GENETICS OF TRANSFER-RNA PROCESSING IN ESCHERICHIA-COLI
        Y SHIMURA; H SHIRAISHI
        METHODS IN ENZYMOLOGY, 1990年, 査読有り
      • THE GENOMIC GENE AND CDNA FOR THE PLASTIDIAL GLYCEROL-3-PHOSPHATE ACYLTRANSFERASE OF ARABIDOPSIS
        NISHIDA, I; Y TASAKA; H SHIRAISHI; K OKADA; Y SHIMURA; T BEPPU; N MURATA
        PLANT LIPID BIOCHEMISTRY, STRUCTURE AND UTILIZATION, 1990年, 査読有り
      • FUNCTIONAL DOMAINS OF THE RNA COMPONENT OF RIBONUCLEASE-P REVEALED BY CHEMICAL PROBING OF MUTANT RNAS
        H SHIRAISHI; Y SHIMURA
        EMBO JOURNAL, 1988年12月, 査読有り
      • A RAPID AND EFFICIENT METHOD FOR TARGETED RANDOM MUTAGENESIS
        H SHIRAISHI; Y SHIMURA
        GENE, 1988年04月, 査読有り
      • MUTATIONS AFFECTING 2 DISTINCT FUNCTIONS OF THE RNA COMPONENT OF RNASE-P
        H SHIRAISHI; Y SHIMURA
        EMBO JOURNAL, 1986年12月, 査読有り
      • tRNA生合成およびプロセシング
        白石英秋; 志村令郎
        細胞工学, 1986年03月
      • Aspects of RNA catalysis in RNA processing.
        Y Shimura; H Shiraishi; H Sakamoto
        Advances in biophysics, 1986年, 査読有り, 招待有り

      MISC

      • 藍藻 Arthrospira platensis(スピルリナ)の実験系の整備とその代表的な可視突然変異
        白石英秋; 木村仁美; 高井舞香
        日本遺伝学会第92回大会(2020年9月16-18日), 2020年09月, 査読有り
      • 食用藍藻 Arthrospira platensis の持つ DNA 分解酵素の解析
        林 翔太; 白石 英秋
        日本藻類学会第43回大会(京都、2019.3.16-17)(藻類, 67(1), 69 (2019)), 2019年03月, 査読有り
      • Arthrospira platensis の細胞抽出液に含まれるDNA分解酵素の解析
        林翔太; 白石英秋
        京都大学植物縦横無尽の会 第14回ワークショップ(京都、2018年10月10日), 2018年10月
      • Does Arthrospira platensis have strong non-specific deoxyribonucleases?
        林翔太; 白石英秋
        The 17th Joint Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology among National Taiwan University, the University of Tsukuba, and Kyoto U (Kyoto, Japan; June 30, 2018), 2018年06月
      • らせん状藍藻 Arthrospira platensis の滑走運動における螺旋形態の役割
        白石英秋; 笹瀬茉莉; 坂井田彩野
        日本藻類学会第42回大会(仙台、2018年3月24-25日), 2018年03月, 査読有り
      • シアノバクテリア Arthrospira platensis の滑走運動における個体の螺旋形態の役割
        白石英秋; 坂井田彩野
        2017年 生体運動研究合同班会議(神戸, 2017年1月6-8日), 2017年01月
      • Growth of the edible alkalophilic alga Arthrospira platensis in relation to boron.
        田玉翔太郎; 白石英秋
        The Second International Conference on Science, Engineering and Environment (Tsu, Japan; Nov. 21-23, 2016), 2016年11月, 査読有り
      • 食用藍藻 Arthrospira platensis の実験手法の整備 ― 無菌化と凍結保存法を中心に ―
        白石 英秋
        ラン藻ゲノム交流会(東大駒場キャンパス, 2016.6.25), 2016年06月, 招待有り
      • Cryopreservation of the edible filamentous cyanobacterium Arthrospira platensis
        白石英秋
        12th Workshop on Cyanobacteria (Tempe, U.S.A: May 19–22, 2016)), 2016年05月, 査読有り
      • Arthrospira属の食用シアノバクテリアの凍結保存方法
        白石英秋; 田玉翔太郎; 廣田翔平; 坂井田彩野
        日本農芸化学会2016年度大会(札幌コンベンションセンター, 2016.3.27〜30), 2016年03月, 査読有り
      • 食用藍藻 Arthrospira(スピルリナ)の種々の株における,凍結保存の至適条件の多様性
        白石英秋
        日本藻類学会第40回大会(日本歯科大学、東京、2016.3.19–20)(藻類, 64(1), 84 (2016)), 2016年03月, 査読有り
      • 繊維状シアノバクテリア Arthrospira platensis の滑走運動の解析
        坂井田彩野; 白石英秋
        第38回日本分子生物学会年会(神戸ポートアイランド, 2015.12.1〜4), 2015年12月, 査読有り
      • Towards genetic manipulation of the edible cyanobacterium Arthrospira platensis: Axenic culture production, clonal manipulation, and cryopreservation
        白石英秋
        15th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes (Tübingen, Germany: Aug. 2-6, 2015), 2015年08月, 査読有り
      • 藍藻に特有の新規NADP還元酵素の解析
        濱口朋江; 廣田翔平; 白石英秋
        日本藻類学会第39回大会(九州大学箱崎キャンパス, 2015.3.21〜22)(藻類, 63(1), 71 (2016)), 2015年03月, 査読有り
      • Exopolysaccharides produced by Arthrospira (Spirulina) platensis and their implications in the induction of axenic cultures
        白石 英秋
        5th Congress of the International Society for Applied Phycology (Sydney, June 22-26, 2014), 2014年06月, 査読有り
      • 藍藻 Arthrospira (Spirulina) が培養液中に産生する細胞外多糖凝集体と細菌との会合:無菌系統作出の際の新視点
        白石英秋
        日本藻類学会第38回大会(東邦大学習志野キャンパス, 2014.3.14〜16; 要旨集 p. 54 (B28))(藻類, 62(1), 54), 2014年03月, 査読有り
      • 食用藍藻 Arthrospira (Spirulina) platensis の無菌化における問題点の解消
        白石英秋
        第10回クラミドモナス研究会「微細藻研究のブレイクスルー」(基礎生物学研究所, 2013.11.29〜30; 要旨集 p. 21 (P19)), 2013年11月29日
      • Arthrospira platensis の迅速な無菌化法
        白石英秋
        ラン藻の分子生物学 2013 〜多様化するラン藻研究:収斂から拡散へ〜(かずさアカデミアホール, 2013.11.22〜23; 要旨集 p. 25 (P-23)), 2013年11月22日
      • 糸状性藍藻 Arthrospira platensis の突然変異
        白石英秋
        NGS現場の会 第三回研究会(神戸国際会議場, 2013.9.4〜2013.9.5; 要旨集 p. 69 (2-99-B)), 2013年09月, 査読有り
      • Analysis of restriction-modification systems in Arthrospira platensis NIES-39.
        Shiraishi, H
        ESF-EMBO Symposium, Molecular bioenergetics of cyanobacteria: Shaping the environment (Pultusk, Poland; Apr. 15-20, 2013), 2013年04月17日, 査読有り
      • 食用藍藻 Arthrospira (Spirulina) platensis NIES-39 の制限修飾系 Apl I の解析
        白石英秋; 田伏洋介
        日本農芸化学会2013年度大会(東北大学, 2013年3月24-28日), 2013年03月26日, 査読有り
      • 藍藻 Arthrospira platensis(スピルリナ)の制限修飾系の解析
        白石英秋; 田伏洋介
        日本藻類学会第37回大会(山梨大学, 2013.3.27〜2013.3.29)(藻類, 61(1), p. 62 (2013)), 2013年03月, 査読有り
      • ボルボックスがおこなうタンパク質の分泌生産
        白石英秋
        第10回 自然に学ぶものづくりフォーラム, 2012年10月, 招待有り
      • ラン藻のモリブデン補因子の生合成系遺伝子の解析
        白石英秋
        ラン藻の分子生物学 2011 〜ゲノム15年:これからのラン藻研究〜(2011年12月2-3日、木更津), 2011年12月, 査読有り
      • Arthrospira platensis(スピルリナ)の制限修飾系酵素の解析
        田伏洋介; 井上丹; 白石英秋
        第34回日本分子生物学会年会, 2011年12月, 査読有り
      • Generation of a catalytic module on a self-folding RNA (vol 10, pg 1900, 2004)
        W Yoshioka; Y Ikawa; L Jaeger; H Shiraishi; T Inoue
        RNA-A PUBLICATION OF THE RNA SOCIETY, 2005年01月

      講演・口頭発表等

      • 食品に適した藻類とその培養技術
        白石英秋
        次世代タンパク質に向けたフードテックの市場・技術動向, 2021年02月15日, 技術情報協会, 招待有り
      • 食用藍藻 Arthrospira(スピルリナ)の培養と遺伝的取扱い
        白石 英秋
        藍藻の分子生物学2019, 2019年11月30日, かずさDNA研究所, 招待有り
      • アフリカ産のシアノバクテリアの現在・過去・未来
        白石 英秋
        京都大学植物縦横無尽の会 第14回ワークショップ, 2018年10月10日, 京都大学植物縦横無尽の会, 招待有り
      • スピルリナ(食用シアノバクテリア Arthrospira)の実験系としての整備:無菌化、凍結保存、細胞運動
        白石 英秋
        アドバンス生命理学特論, 2017年03月10日, 名古屋大学大学院理学研究科, 招待有り
      • 仮説、モデル、対照実験
        「生物科学セミナーIII」講演会, 2011年11月28日, 島根大学生物資源科学部生物科学科, 招待有り

      書籍等出版物

      • バイオ研究のための実験デザイン
        白石英秋
        メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2011年, 査読無し
      • ノーベル賞の生命科学入門 RNAが拓く新世界(菊池洋編)
        白石英秋
        講談社(第5章「RNA酵素の発見」を執筆), 2009年, 査読無し
      • RNAi(G. J. Hannon 編、日本語版監修 中村義一)
        白石 英秋
        メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2004年, 査読無し
      • 「フライフェルダー 分子生物学(上・下)」(志村令郎ほか訳)
        白石 英秋
        化学同人, 1989年, 査読無し

      受賞

      • 2016年11月22日
        The GEOMATE International Society, Best Paper Award (The Second International Conference on Science, Engineering and Environment)

      外部資金:科学研究費補助金

      • 多細胞シアノバクテリアが持つ水陸両用運動装置の解明
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分44:細胞レベルから個体レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        白石 英秋
        自 2018年06月29日, 至 2021年03月31日, 完了
        細胞運動;シアノバクテリア;微細藻;スピルリナ;微生物;突然変異;原核生物
      • シアノバクテリアにおけるアルカン生合成系のスカベンジング経路の研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        白石 英秋
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        シアノバクテリア;酸化還元酵素;ギ酸;ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸
      • RNA触媒機能の分子基盤
        特定領域研究(A)
        京都大学
        井上 丹
        完了
        RNA;リボザイム;グループIイントロン;分子デザイン;ハンマーヘッド型リボザイム;snRNP;リボソーム;スプライソソーム;ヘアピン型リボザイム;ンマーヘッド型リボザイム;G167;GNRA-receptor 4;マキシザイム;U6snRNA;RNase P;23SリボソームRNA;酵素;分子設計;反応機構;スプライシング;catalyticRNA, RNA;ribozyme;catakytic RNA;snRNA;RNP;group I introns;hammerhead ribozyme;splicing
      • ボルボックスを用いた多細胞体制構築機構の分子遺伝学的研究
        萌芽的研究
        京都大学
        白石 英秋
        完了
        ボルボックス;体細胞;生殖細胞;ミトコンドリア;プロテインキナーゼ;多細胞生物;突然変異体;プロテイン・キナーゼ
      • RNA酵素(リポザイム)の分子進化に関する実証的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        井上 丹
        完了
        RNA;リボザイム;酵素;テトラヒメナ;in vitro selection;分子進化, RNA;ribozyme;enzyme;Tetrahymena;in vitro selection
      • グループII・イントロンの機能構造の研究
        重点領域研究
        京都大学
        白石 英秋
        完了
        グループIIイントロン;RNA;リボザイム
      • シロイヌナズナの突然変異体を用いた雄蘂形成過程の研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        白石 英秋
        完了
        雄しべ;シロイヌナズナ;突然変異体
      • グループII・イントロンの機能構造の研究
        重点領域研究
        京都大学
        白石 英秋
        完了
        グループIIイントロン;スプライシング;分子生物学
      • アラビドプシスの花器発生制御遺伝子の分離解析
        国際学術研究
        岡崎国立共同研究機構
        岡田 清孝
        完了
        植物器官発生;遺伝子解析;シロイヌナズナ;形質転換;突然変異体;オメオティック突然変異;トランスジェニック植物;DNAデータベース;ホメオティック突然変異, plant floral organogenesis;gene analysis;Arabidopsis thaliana;transformation;mutant;homeotic mutation;transgenic plants;DNA database

      外部資金:その他

      • ボルボックスに学ぶ光合成によるタンパク質分泌生産
        積水化学・自然に学ぶものづくり研究助成プログラム
        自 2009年09月, 至 2010年10月
        白石英秋
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 生物化学演習
        • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
          化学実験
          通年, 理学部
        • 現代化学セミナー
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          化学課題研究17
          通年, 理学部
        • 教職総合演習
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子遺伝学I
          後期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          化学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学概論A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物化学演習
          後期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物化学演習
          後期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          化学課題研究17
          通年, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物化学II
          前期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          植物生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学概論I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物化学演習
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物化学II
          前期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          植物生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学概論I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          植物生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物化学IV
          前期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
          化学実験
          通年, 理学部
        • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
          化学実験
          通年, 理学部
        • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
          化学実験
          通年, 理学部
        • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
          基礎化学実験
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月01日, 至 2015年03月31日
          (統合生命科学専攻)特別実験及び演習第1
          生命科学研究科
        • 自 2011年04月01日, 至 2015年03月31日
          (統合生命科学専攻)特別実験及び演習第2
          生命科学研究科
        • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月01日
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習
          生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          植物生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物化学IV
          前期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          植物生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物化学IV
          前期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          植物生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物化学IV
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          植物生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物化学IV
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:生命現象はいかにして読み解かれるか
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          植物生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学IV
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (遺伝子動態学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:英文テキストと実験で学ぶ一歩進んだ分子 …
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          植物生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学IV
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (遺伝子動態学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2017年09月19日
            京都大学国際交流センター外国人留学生日本語・日本文化研修委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2015年03月31日
            放射線障害予防小委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            京都大学組換えDNA実験安全委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2023年03月31日
            放射線予防小委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2006年04月01日, 至 2019年07月31日
            RI委員会委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2017年03月31日
            中期目標・中期計画検討委員会
          • 自 2014年10月01日, 至 2019年07月31日
            生命科学研究科RI統括主任者
          • 自 2015年10月01日
            データ保全委員会委員
          • 自 2017年04月01日
            安全・環境保全委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2019年07月31日
            附属放射線生物研究センター放射線障害防止委員会 委員
          • 自 2019年08月01日
            放射線障害防止委員会2号(農生棟) 委員(主任者)

          ページ上部へ戻る