教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

立山 由紀子

タテヤマ ユキコ

医学研究科 社会健康医学系専攻健康要因学講座予防医療学 特定助教

立山 由紀子
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    所属学協会

    • 日本公衆衛生学会
    • 日本疫学会
    • 日本国際保健医療学会

    学位

    • 専門職(社会健康医学)(京都大学)
    • 博士(医学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学, 社会疫学、グローバルヘルス

      論文

      • The validity and reliability of the Japanese version of RU-SATED.
        Furihata R; Tateyama Y; Nakagami Y; Akahoshi T; Itani O; Kaneita Y; Buysse DJ
        Sleep Medicine. in press, 2022年03月, 査読有り
      • Health Observation App for COVID-19 Symptom Tracking Integrated With Personal Health Records: Proof of Concept and Practical Use Study.
        Keiichi Yamamoto; Tsubasa Takahashi; Miwa Urasaki; Yoichi Nagayasu; Tomonari Shimamoto; Yukiko Tateyama; Keiichi Matsuzaki; Daisuke Kobayashi; Satoshi Kubo; Shigeyuki Mito; Tatsuya Abe; Hideo Matsuura; Taku Iwami
        JMIR mHealth and uHealth, 2020年07月06日, 査読有り
      • Overlap of traditional bullying and cyberbullying and correlates of bullying among Taiwanese adolescents: a cross-sectional study.
        Chia-Wen Wang; Patou Masika Musumari; Teeranee Techasrivichien; S Pilar Suguimoto; Yukiko Tateyama; Chang-Chuan Chan; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara; Takeo Nakayama
        BMC public health, 2019年12月30日, 査読有り
      • Dietary habits, body image, and health service access related to cardiovascular diseases in rural Zambia: A qualitative study
        Yukiko Tateyama; Patou Masika Musumari; Teeranee Techasrivichien; S. Pilar; Suguimoto; Richard Zulu; Christopher Dube; Mitchell D. Feldman; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        PLOS ONE, 2019年02月, 査読有り, 筆頭著者
      • Obesity matters but is not perceived: A cross-sectional study on cardiovascular disease risk factors among a population-based probability sample in rural Zambia
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S. Pilar; Suguimoto; Richard Zulu; Mubiana Macwan'gi; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        PLOS ONE, 2018年11月, 査読有り, 筆頭著者
      • Hypertension, its correlates and differences in access to healthcare services by gender among rural Zambian residents: a cross-sectional study.
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S Pilar Suguimoto; Anita Nyaboke Ongosi; Richard Zulu; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        BMJ open, 2022年04月08日, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • 大学生協との連携による「食育」の取り組み ヘルシー弁当」の開発と展開
        八木 亜紀; 大坪 沙織; 松崎 慶一; 馬渕 直子; 江邉 紋華; 岡林 里枝; 小林 大介; 立山 由紀子; 松浦 順三; 國見 伸行; 石見 拓
        CAMPUS HEALTH, 2021年03月
      • ヘルシー・ゴリラプラス弁当 学生企画・大学発信のヘルシーキャンパス活動
        岡田 彩花; 鈴木 彩奈; 明珍 麗愛; 誉田 真子; 石田 真美; 西岡 典宏; 古板 規子; 立山 由紀子; 岡林 里枝; 石見 拓
        CAMPUS HEALTH, 2021年03月
      • 京都大学でのヘルシーキャンパスの取り組み(第4報) オンラインイベントの紹介
        江邉 紋華; 島本 大也; 八木 亜紀; 立山 由紀子; 岡林 里枝; 石見 拓
        CAMPUS HEALTH, 2021年03月
      • 大学生協との連携による「食育」の取り組み 「ヘルシー弁当」の開発と展開
        八木 亜紀; 大坪 沙織; 松崎 慶一; 馬渕 直子; 江邉 紋華; 岡林 里枝; 小林 大介; 立山 由紀子; 松浦 順三; 國見 伸行; 石見 拓
        全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 2020年11月
      • ヘルシー・ゴリラプラス弁当 学生企画・大学発信のヘルシーキャンパス活動
        岡田 彩花; 鈴木 彩奈; 明珍 麗愛; 誉田 真子; 石田 真美; 西岡 典宏; 古板 規子; 立山 由紀子; 岡林 里枝; 石見 拓
        全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 2020年11月
      • 京都大学でのヘルシーキャンパスの取り組み(第4報) オンラインイベントの紹介
        江邉 紋華; 島本 大也; 八木 亜紀; 立山 由紀子; 岡林 里枝; 石見 拓
        全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 2020年11月
      • Prevalence and correlates of elevated HbA1c in rural Zambia: A population-based cross-sectional study
        Y Tateyama; T Techasrivichien; P M Musumari; M Macwan’gi; R Zulu; C Dube; S P Suguimoto; M Ono-Kihara; M Kihara
        European Journal of Public Health, 2020年09月01日, 査読有り, 筆頭著者
      • 列島ランナー(137)ザンビアの人々の生活習慣病に向き合う
        立山 由紀子
        公衆衛生 = The journal of public health practice, 2020年08月, 筆頭著者
      • 京都大学でのヘルシーキャンパスの取り組み(第3報)
        八木 亜紀; 岡林 里枝; 上床 輝久; 小林 大介; 松崎 慶一; 島本 大也; 立山 由紀子; 井上 育子; 大坪 沙織; 雜賀 真梨; 高山 宏江; 川村 孝; 石見 拓
        CAMPUS HEALTH, 2020年03月
      • 京都大学ヘルシーキャンパス・プロモーターの取り組み
        誉田 真子; 石田 真美; 大西 良佳; 鈴木 彩奈; 内藤 アンネグレート素; 西岡 典宏; 明珍 麗愛; 渡辺 友里恵; 立山 由紀子; 島本 大也; 岡林 里枝; 石見 拓
        CAMPUS HEALTH, 2020年03月
      • 京都大学ヘルシーキャンパス・プロモーターの取り組み
        誉田 真子; 石田 真美; 大西 良佳; 鈴木 彩奈; 内藤 アンネグレート素; 西岡 典宏; 明珍 麗愛; 渡辺 友里恵; 立山 由紀子; 島本 大也; 岡林 里枝; 石見 拓
        全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 2019年09月, 査読有り
      • ザンビア農村部における高血圧の現状と特徴-確率比例サンプリングを用いた住民調査-
        立山由紀子; 立山由紀子; TECHASRIVICHIEN Teeranee; MUSUMARI Patou Masika; MACWAN’GI Mubiana; ZULU RICHARD; DUBE Christopher; SUGIMOTO S. Pilar; SUGIMOTO S. Pilar; 木原雅子; 木原正博
        日本国際保健医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2019年
      • ザンビア農村部住民における過体重・肥満の現状および自己体重の認識に関する研究
        立山 由紀子; Techasrivichien Teeranee; Musumari Patou Masika; Macwan'gi Mubiana; Zulu Richard; Dube Christopher; Suguimoto S. Pilar; 木原 雅子; 木原 正博
        国際保健医療, 2018年09月, 査読有り
      • “Overweight” adults think they are “underweight”: a household survey in rural Zambia
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S.Pilar Suguimoto; Richard Zulu; Mubiana Macwan'gi; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        European Journal of Public Health, Volume 27, Issue suppl_3, November 2017, ckx187.226, https://doi.org/10.1093/eurpub/ckx187.226, 2017年11月, 査読有り
      • ザンビア農村部住民における過体重・肥満の現状および自己体重の認識に関する研究
        立山 由紀子; Techasrivichien Teeranee; Musumari Patou Masika; Macwan'gi Mubiana; Zulu Richard; Dube Christopher; Suguimoto S. Pilar; 木原 雅子; 木原 正博
        グローバルヘルス合同大会プログラム・抄録集, 2017年11月, 査読有り
      • ザンビア農村部住民における非感染性疾患のリスク要因の検討:ミックスドメソッド研究(第I相:質的研究)
        立山由紀子; MUSUMARI Patou; TECHASRIVICHIEN Teeranee; MACWAN’GI Mubiana; ZULU Richard; DUBE Christopher; SUGUIMOTO S.Pilar; 木原雅子; 木原正博
        日本疫学会学術総会講演集(Web), 2017年01月, 査読有り
      • 海外及び国内のHIV/性感染症の流行とリスク情報の収集分析に関する研究(3) 我国のSTI流行及び妊娠中絶率等の動向に関する研究
        立山由紀子; 木原雅子; 木原正博
        厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業) 薬物乱用・依存者、性感染症患者のHIV感染状況及び内外のHIV流行等の動向に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web), 2017年
      • 性感染症患者のHIV感染と行動のモニタリングに関する研究
        荒川創一; 立山由紀子; 木原正博; 安田晶子; 澤村正之; 佐々木寛; 伊藤雅康; 波多野紘一; 和泉孝治; 渡辺朝香; 野村真康; 下垣博義; 澤田益臣
        厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業) 薬物乱用・依存者、性感染症患者のHIV感染状況及び内外のHIV流行等の動向に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web), 2017年
      • 性感染症患者のHIV感染と行動のモニタリングに関する研究
        荒川創一; 立山由紀子; 木原正博; 安田晶子; 澤村正之; 佐々木寛; 細部高英; 伊藤雅康; 波多野紘一; 和泉孝治; 渡辺朝香; 野村真康; 郷司和男; 下垣博義; 澤田益臣
        厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業) 薬物乱用・依存者、性感染症患者のHIV感染状況及び内外のHIV流行等の動向に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書, 2016年
      • 海外及び国内のHIV/性感染症の流行とリスク情報の収集分析に関する研究(3) 我国のSTI流行及び妊娠中絶率等の動向に関する研究
        木原雅子; 立山由紀子; 木原正博
        厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業) 薬物乱用・依存者、性感染症患者のHIV感染状況及び内外のHIV流行等の動向に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書, 2016年
      • 海外及び国内のHIV/性感染症の流行とリスク情報の収集分析に関する研究(3) 我国の STI 流行及び妊娠中絶率等の動向に関する研究
        木原正博; 立山由紀子; 木原雅子
        厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業) 高リスク層のHIV感染監視と予防啓発及び内外のHIV関連疫学動向のモニタリングに関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, 2015年
      • 性感染症患者のHIV感染と行動のモニタリングに関する研究
        荒川創一; 木原正博; 安田晶子; 尾上泰彦; 澤村正之; 佐々木寛; 細部高英; 伊藤雅康; 波多野紘一; 和泉孝治; 渡辺朝香; 野村真康; 郷司和男; 下垣博義; 澤田益臣; 立山由紀子
        厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業) 高リスク層のHIV感染監視と予防啓発及び内外のHIV関連疫学動向のモニタリングに関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, 2015年

      講演・口頭発表等

      • 調剤薬局における健康増進サービスの利用促進に向けた 一般市民のニーズ調査
        島本 大也; 立山 由紀子; 誉田 眞子
        第80回日本公衆衛生学会総会, 東京, 2021年12月21-23日
      • 社会的ジェットラグが増大した大学生に対する遠隔システムによる睡眠改善支援の効果検証.
        降籏隆二; 牧野佑斗; 木全俊介; 島本大也; 立山由紀子; 中神由香子; 岡林里枝; 清原康介; 石見拓
        不眠研究会第37回研究発表会. 2021年12月4日. WEB, 2021年12月04日
      • 大学間連携による健康増進の取り組み:ウォーキングチャレンジ
        立山 由紀子; 島本 大也; 伊東 宏; 市川 寛; 須賀 英道; 豊田 久美子; 水野 恵; 石見 拓
        第59回全国大学保健管理研究集会, 2021年10月06日
      • Prevalence and correlates of elevated HbA1c in rural Zambia: A population-based cross-sectional study
        Y Tateyama; T Techasrivichien; P M Musumari; M Macwan’gi; R Zulu; C Dube; S P Suguimoto; M Ono-Kihara; M Kihara
        16th World Congress on Public Health programme 2020, Online event, 12-16 October 2020, 2020年10月14日
      • アフリカの健康課題 ~食習慣とライフスタイルに注目して~
        立山由紀子
        第249回 アフリカ地域研究会, 2020年02月20日, 招待有り
      • Overview of Non-communicable Diseases-related Situation in Zambia
        立山由紀子
        CUNY Health Collaboration Forum: Japan & Global Perspectives, 2020年01月22日, 招待有り
      • ザンビア農村部における高血圧の現状と特徴 ‐ 確率比例サンプリングを用いた住民調査 ‐
        立山 由紀子; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; Mubiana Macwan’gi; Richard Zulu; Christopher Dube; S.Pilar Suguimoto; 木原 雅子; 木原 正博
        第34回日本国際保健医療学会学術大会, 三重, 2019年12月
      • 京都大学ヘルシーキャンパス・プロモーターの取り組み
        誉田 真子; 石田 真美; 大西 良佳; 鈴木 彩奈; 内藤 アンネグレート 素; 西岡 典宏; 明珍 麗愛; 渡辺 友里恵; 立山 由紀子; 島本 大也; 岡林 里枝; 石見 拓
        第57回全国大学保健管理研究集会, 2019年10月
      • I have never had my blood pressure checked: A cross-sectional study on hypertension among rural residents of Zambia
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S.Pilar Suguimoto; Richard Zulu; Mubiana Macwan'gi; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        American Public Health Association Annual Meeting and Expo. San Diego, United States., 2018年11月
      • “Overweight” adults think they are “underweight”: a household survey in rural Zambia
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S.Pilar Suguimoto; Richard Zulu; Mubiana Macwan'gi; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        10th European Public Health Conference. Stockholm, Sweden., 2017年11月
      • Socio-epidemiological study on risk factors of non-communicable diseases among adult population in rural Zambia: A Mixed-Method Study (Phase Ⅱ quantitative study)
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S.Pilar Suguimoto; Richard Zulu; Mubiana Macwan'gi; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        kickoff symposium: Kyoto University Interdisciplinary Unit for African Studies. Kyoto. Japan., 2017年03月, 招待有り
      • ザンビア農村部住民に おける非感染性疾患のリスク要因の検討:ミックスドメソッド研究(第I相:質的研究)
        立山 由紀子; Patou Masika Musumari; Teeranee Techasrivichien; Mubiana Macwan’gi; Richard Zulu; Christopher Dube; S.Pilar Suguimoto; 木原 雅子; 木原 正博
        第27回 日本疫学会学術総会, 山梨, 2017年01月
      • Socioepidemiological study on risk factors of non-communicable diseases among adult population in rural Zambia: A Mixed-Method Study (PhaseⅡ quantitative study)
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S.Pilar Suguimoto; Richard Zulu; Mubiana Macwan'gi; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        2016 Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchers, Kyoto, Japan., 2016年12月
      • A qualitative study on Knowledge, Awareness, and related socio-cultural risk behaviors of non-communicable diseases in rural Zambia
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S.Pilar Suguimoto; Richard Zulu; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        2015 Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchers, Kyoto, Japan., 2015年12月
      • “Eating too much salt is bad, I know, but I just can’t stop”: Risk perception, behavior and socio-cultural factors related to non-communicable diseases in rural Zambia
        Yukiko Tateyama; Teeranee Techasrivichien; Patou Masika Musumari; S.Pilar Suguimoto; Richard Zulu; Christopher Dube; Masako Ono-Kihara; Masahiro Kihara
        APRU 2015 Global Health Workshop, Osaka, Japan., 2015年10月
      • ザンビア共和国農村部住民における非感染性疾患に関連するリスク認知・行動および社会文化的要因に関する質的研究.
        立山由紀子; MUSUMARI Patou; TECHASRIVICHIEN Teeranee; ZULU Richard; DUBE Christopher; SUGUIMOTO S.Pilar; 木原雅子; 木原正博
        日本国際保健医療学会 第33回西日本地方会, 鹿児島., 2015年03月

      書籍等出版物

      • ザンビアを知るための55章
        島田, 周平; 大山, 修一, 分担執筆, 【コラム18】ザンビア人と食用油
        明石書店, 2020年08月
      • 若者から始める健康管理
        一般社団法人国立大学保健管理施設協議会, 分担執筆, 第2章 その他の健診と検診
        保健同人社, 2020年02月17日
      • グローバルヘルス 世界の健康と対処戦略の最新動向
        木原正博; 木原雅子, 共訳, 第13章:非感染性疾患、第19章:グローバルヘルスで活躍する人々
        メディカルサイエンスインターナショナル, 2017年09月28日
      • 質的研究法:その理論と方法 - 健康・社会科学分野における展開と展望
        木原雅子; 木原正博, 共訳, 第16章:質的な異文化研究、第17章:オンラインの質的研究
        メディカルサイエンスインターナショナル, 2022年05月06日

      受賞

      • 2014年
        京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻課題研究発表

      外部資金:科学研究費補助金

      • ザンビアにおけるモバイルヘルスを活用した生活習慣病予防介入プログラムの開発
        若手研究
        小区分58030:衛生学および公衆衛生学分野関連:実験系を含まない
        京都大学
        立山 由紀子
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        モバイルヘルス;NCDs;肥満;健康管理;ザンビア
      • 外国人留学生に対する肥満実態とモバイル端末を用いた行動変容プログラムの開発
        研究活動スタート支援
        0908:社会医学、看護学およびその関連分野
        京都大学
        立山 由紀子
        自 2019年08月30日, 至 2021年03月31日, 交付
        肥満;行動変容;モバイル端末;外国人留学生;社会文化環境要因

      外部資金:その他

      • 外国人留学生に対する肥満実態とモバイル端末を用いた行動変容プログラムの開発
        京都大学若手研究者スタートアップ研究費
        自 2019年04月01日, 至 2019年09月30日
        立山由紀子
      • ザンビア共和国における非感染性疾患(NCDs)のリスク要因に関する研究:社会経済的、人口属性的、 行動・ライフスタイル的、身体・生物学的リスク要因の検討
        京都大学グローバル生存学大学院連携プログラム
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        立山由紀子
      • ザンビア共和国における生活習慣病のリスク要因に関する研究 ~都市-農村間および異なる所得層間 の文化、社会経済、行動、栄養、生物学的リスク要因の検討~
        京都大学グローバル生存学大学院連携プログラム
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        立山由紀子
      • ザンビア共和国における生活習慣病のリスク要因に関する研究 ~都市-農村間および異なる所得層間 の文化、社会経済、行動、栄養、生物学的リスク要因の検討~
        京都大学グローバル生存学大学院連携プログラム
        自 2015年10月01日, 至 2016年03月31日
        立山由紀子
      • Socio-epidemiological study on risk factors of non-communicable diseases among adult population in selected urban and rural districts of Zambia
        国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS) アフリカでのグローバル人材育成プログラム(GLTP)
        自 2015年, 至 2016年
        立山由紀子
      list
        Last Updated :2022/05/14

        学術・社会貢献

        学術貢献活動

        • 第7回アフリカ開発会議(TICAD7) 公式サイドイベント:アフリカにおけるSDGs達成とTICAD推進に向けて-日本発若手研究者の貢献‐(モバイルヘルスによるSDGsへの貢献)
          企画立案・運営等
          自 2019年08月30日
        • 第5回AIDS文化フォーラムin京都:世界のエイズ(ザンビアにおけるエイズ対策~住民目線での活動を通して~)
          企画立案・運営等
          自 2015年10月03日

        ページ上部へ戻る