教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

木岡 紀幸

キオカ ノリユキ

農学研究科 応用生命科学専攻応用生化学講座 教授

木岡 紀幸
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本分子生物学会
    • 日本癌学会
    • 細胞生物学会
    • 生化学会
    • 農芸化学会

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科博士後期課程農芸化学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程農芸化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部農芸化学科, 卒業

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        細胞外マトリックス-細胞間接着による動物細胞の増殖、運動の制御機構の解明
      • 研究概要

        細胞外環境の感知システムとしての細胞接着に着目し、足場依存的増殖メカニズムの解明、細胞運動の制御、細胞間接着と細胞-細胞外マトリックス 間接着の制御機構の解明を目指しています。特にコラーゲンなど細胞外マトリックスの硬さが細胞の挙動に与える影響に着目しています。これらの研究により、がん細胞の転移、浸潤、および腎臓の組織繊維化などの「しくみ」を解明し、さらにその仕組 みを利用して体に良い(がんの転移や組織繊維化を抑えるような)食品の開発に役立てたいと考えています。

      研究キーワード

      • 細胞生物学
      • 分子生物学
      • Cell Biology
      • Molecular Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学
      • ライフサイエンス, 応用生物化学
      • ライフサイエンス, 細胞生物学

      論文

      • がんの転移,浸潤,および細胞骨格形成制御における新規細胞膜裏打ちタンパク質ビネキシンの機能解析
        木岡 紀幸
        日本農芸化学会誌, 2000年06月01日
      • ABCB1/MDR1/P-gp employs an ATP-dependent twist-and-squeeze mechanism to export hydrophobic drugs.
        Atsushi Kodan; Ryota Futamata; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Toru Nakatsu; Hiroaki Kato; Kazumitsu Ueda
        FEBS letters, 2021年03月
      • Live Cell FRET Analysis of the Conformational Changes of Human P-glycoprotein.
        Ryota Futamata; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        Bio-protocol, 2021年02月20日
      • ABCA13 dysfunction associated with psychiatric disorders causes impaired cholesterol trafficking.
        Mitsuhiro Nakato; Naoko Shiranaga; Maiko Tomioka; Hitomi Watanabe; Junko Kurisu; Mineko Kengaku; Naoko Komura; Hiromune Ando; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        The Journal of biological chemistry, 2020年12月16日
      • Stiffness of the extracellular matrix regulates differentiation into beige adipocytes.
        Kyoko Takata; Tsuyoshi Goto; Mito Kuroda; Yasuhisa Kimura; Ichiro Harada; Kazumitsu Ueda; Teruo Kawada; Noriyuki Kioka
        Biochemical and biophysical research communications, 2020年11月05日, 査読有り
      • In vivo FRET analyses reveal a role of ATP hydrolysis–associated conformational changes in human P-glycoprotein
        Ryota Futamata; Fumihiko Ogasawara; Takafumi Ichikawa; Atsushi Kodan; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        Journal of Biological Chemistry, 2020年04月10日, 査読有り
      • C-terminal of ABCA1 separately regulates cholesterol floppase activity and cholesterol efflux activity.
        Okamoto Y; Tomioka M; Ogasawara F; Nagaiwa K; Kimura Y; Kioka N; Ueda K
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2019年12月, 査読有り
      • Changes in the asymmetric distribution of cholesterol in the plasma membrane influence streptolysin O pore formation
        Fumihiko Ogasawara; Fumi Kano; Masayuki Murata; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        Scientific Reports, 2019年12月, 査読有り
      • Roles of the Mesenchymal Stromal/Stem Cell Marker Meflin in Cardiac Tissue Repair and the Development of Diastolic Dysfunction.
        Akitoshi Hara; Hiroki Kobayashi; Naoya Asai; Shigeyoshi Saito; Takahiro Higuchi; Katsuhiro Kato; Takahiro Okumura; Yasuko K Bando; Mikito Takefuji; Yasuyuki Mizutani; Yuki Miyai; Shoji Saito; Shoichi Maruyama; Keiko Maeda; Noriyuki Ouchi; Arata Nagasaka; Takaki Miyata; Shinji Mii; Noriyuki Kioka; Daniel L Worthley; Toyoaki Murohara; Masahide Takahashi; Atsushi Enomoto
        Circulation research, 2019年08月02日
      • Phosphorylation by protein kinase C stabilizes ABCG1 and increases cholesterol efflux.
        Watanabe T; Kioka N; Ueda K; Matsuo M
        Journal of biochemistry, 2019年05月, 査読有り
      • How ATP is used by P-glycoprotein to export multiple hydrophobic compounds
        Ryota Futamata; Fumihiko Ogasawara; Takafumi Ichikawa; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        2019年05月
      • Cell migration is negatively modulated by ABCA1.
        Ito S; Kioka N; Ueda K
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2019年03月, 査読有り
      • Apolipoprotein A-I directly interacts with extracellular domain 1 of human ABCA1.
        Kawanobe T; Shiranaga N; Kioka N; Kimura Y; Ueda K
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2019年03月, 査読有り
      • An amphipathic helix of vinexin α is necessary for a substrate stiffness-dependent conformational change in vinculin
        Naoya Hino; Takafumi Ichikawa; Yasuhisa Kimura; Michiyuki Matsuda; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        Journal of Cell Science, 2019年01月, 査読有り
      • Temporary sequestration of cholesterol and phosphatidylcholine within extracellular domains of ABCA1 during nascent HDL generation
        Masato Ishigami; Fumihiko Ogasawara; Kohjiro Nagao; Hidehiko Hashimoto; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        Scientific Reports, 2018年12月01日, 査読有り
      • Vinexin family (SORBS) proteins regulate mechanotransduction in mesenchymal stem cells
        Kuroda; M. Ueda; K., Kioka, N
        Scientific Reports, 2018年, 査読有り
      • Vinexin family (SORBS) proteins play different roles in stiffness-sensing and contractile force generation
        Takafumi Ichikawa; Masahiro Kita; Tsubasa S. Matsui; Ayaka Ichikawa Nagasato; Tomohiko Araki; Shian-Huey Chiang; Takuhito Sezaki; Yasuhisa Kimura; Kazumitsu Ueda; Shinji Deguchi; Alan R. Saltiel; Noriyuki Kioka
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2017年10月, 査読有り
      • Lysophosphatidylcholine export by human ABCA7
        Maiko Tomioka; Yoshinobu Toda; Noralyn B. Manucat; Hiroyasu Akatsu; Manabu Fukumoto; Nozomu Kono; Hiroyuki Arai; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS, 2017年07月, 査読有り
      • Lysophosphatidylcholine export by human ABCA7.
        Tomioka M; Toda Y; Mañucat NB; Akatsu H; Fukumoto M; Kono N; Arai H; Kioka N; Ueda K
        Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids, 2017年07月, 査読有り
      • Lysophosphatidylcholine export by human ABCA7.
        Maiko Tomioka; Yoshinobu Toda; Noralyn B Mañucat; Hiroyasu Akatsu; Manabu Fukumoto; Nozomu Kono; Hiroyuki Arai; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids, 2017年07月, 査読有り
      • Cellular force assay detects altered contractility caused by a nephritis-associated mutation in nonmuscle myosin IIA
        Shota P. Fukuda; Tsubasa S. Matsui; Takafumi Ichikawa; Taichi Furukawa; Noriyuki Kioka; Shuichiro Fukushima; Shinji Deguchi
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2017年06月, 査読有り
      • Vinculin association with actin cytoskeleton is necessary for stiffness-dependent regulation of vinculin behaviore
        Tomohiro Omachi; Takafumi Ichikawa; Yasuhisa Kimura; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        PLOS ONE, 2017年04月, 査読有り
      • Fluid shear stress applied by orbital shaking induces MG-63 osteosarcoma cells to activate ERK in two phases through distinct signaling pathways
        Takashi Fukada; Hiroki Sakajiri; Mito Kuroda; Noriyuki Kioka; Kenji Sugimoto
        Biochemistry and Biophysics Reports, 2017年03月01日, 査読有り
      • Vinculin promotes nuclear localization of TAZ to inhibit ECM stiffness-dependent differentiation into adipocytes
        Mito Kuroda; Hiroki Wada; Yasuhisa Kimura; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2017年03月, 査読有り
      • The distribution of vinculin to lipid rafts plays an important role in sensing stiffness of extracellular matrix
        Ayaka Ichikawa Nagasato; Hiroshi Yamashita; Michinori Matsuo; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2017年, 査読有り
      • ABCG1 and ABCG4 Suppress γ-Secretase Activity and Amyloid β Production.
        Sano O; Tsujita M; Shimizu Y; Kato R; Kobayashi A; Kioka N; Remaley AT; Michikawa M; Ueda K; Matsuo M
        PloS one, 2016年05月, 査読有り
      • Neurite outgrowth stimulation by n-3 and n-6 PUFAs of phospholipids in apoE-containing lipoproteins secreted from glial cells
        Mitsuhiro Nakato; Michinori Matsuo; Nozomu Kono; Makoto Arita; Hiroyuki Arai; Jun Ogawa; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2015年10月, 査読有り
      • Position 834 in TM6 plays an important role in cholesterol and phosphatidylcholine transport by ABCA1
        Shimpei Itoh; Kohjiro Nagao; Yasuhisa Kimura; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2015年05月, 査読有り
      • ABCB4 exports phosphatidylcholine in a sphingomyelin-dependent manner
        Yu Zhao; Masato Ishigami; Kohjiro Nagao; Kentaro Hanada; Nozomu Kono; Hiroyuki Arai; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2015年03月, 査読有り
      • Loss of Dlg5 expression promotes the migration and invasion of prostate cancer cells via Girdin phosphorylation
        L. Tomiyama; T. Sezaki; M. Matsuo; K. Ueda; N. Kioka
        ONCOGENE, 2015年02月, 査読有り
      • Fomiroid A, a Novel Compound from the Mushroom Fomitopsis nigra, Inhibits NPC1L1-Mediated Cholesterol Uptake via a Mode of Action Distinct from That of Ezetimibe
        Tomohiro Chiba; Tsuyoshi Sakurada; Rie Watanabe; Kohji Yamaguchi; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Hirokazu Kawagishi; Michinori Matsuo; Kazumitsu Ueda
        PLOS ONE, 2014年12月, 査読有り
      • ABCA1, ABCG1, and ABCG4 Are Distributed to Distinct Membrane Meso-Domains and Disturb Detergent-Resistant Domains on the Plasma Membrane
        Osamu Sano; Shiho Ito; Reiko Kato; Yuji Shimizu; Aya Kobayashi; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kentaro Hanada; Kazumitsu Ueda; Michinori Matsuo
        PLOS ONE, 2014年10月, 査読有り
      • The role of the interaction of the vinculin proline-rich linker region with vinexin α in sensing the stiffness of the extracellular matrix.
        Yamashita H; Ichikawa T; Matsuyama D; Kimura Y; Ueda K; Craig SW; Harada I; Kioka N
        Journal of cell science, 2014年05月, 査読有り
      • Small-Molecule-Induced Clustering of Heparan Sulfate Promotes Cell Adhesion
        Naohiro Takemoto; Tetsuya Suehara; Heidie L. Frisco; Shin-ichi Sato; Takuhito Sezaki; Kosuke Kusamori; Yoshinori Kawazoe; Sun Min Park; Sayumi Yamazoe; Yoshiyuki Mizuhata; Rintaro Inoue; Gavin J. Miller; Steen U. Hansen; Gordon C. Jayson; John M. Gardiner; Toshiji Kanaya; Norihiro Tokitoh; Kazumitsu Ueda; Yoshinobu Takakura; Noriyuki Kioka; Makiya Nishikawa; Motonari Uesugi
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2013年07月, 査読有り
      • 24(S)-hydroxycholesterol is actively eliminated from neuronal cells by ABCA1
        Akihiro Matsuda; Kohjiro Nagao; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        Journal of Neurochemistry, 2013年07月, 査読有り
      • Dlg5 interacts with the TGF-β receptor and promotes its degradation.
        Sezaki T; Tomiyama L; Kimura Y; Ueda K; Kioka N
        FEBS letters, 2013年06月05日, 査読有り
      • ATPase activity of nucleotide binding domains of human MDR3 in the context of MDR1.
        Ishigami M; Tominaga Y; Nagao K; Kimura Y; Matsuo M; Kioka N; Ueda K
        Biochimica et biophysica acta, 2013年04月, 査読有り
      • ATPase activity of nucleotide binding domains of human MDR3 in the context of MDR1
        Masato Ishigami; Yuko Tominaga; Kohjiro Nagao; Yasuhisa Kimura; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        Biochimica et Biophysica Acta - Molecular and Cell Biology of Lipids, 2013年04月
      • Non-Specific Protein Modifications by a Phytochemical Induce Heat Shock Response for Self-Defense
        Kohta Ohnishi; Shinya Ohkura; Erina Nakahata; Akari Ishisaka; Yoshichika Kawai; Junji Terao; Taiki Mori; Takeshi Ishii; Tsutomu Nakayama; Noriyuki Kioka; Shinya Matsumoto; Yasutaka Ikeda; Minoru Akiyama; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        PLOS ONE, 2013年03月, 査読有り
      • Vinexin-β protects against cardiac hypertrophy by blocking the Akt-dependent signalling pathway.
        Chen K; Gao L; Liu Y; Zhang Y; Jiang DS; Wei X; Zhu XH; Zhang R; Chen Y; Yang Q; Kioka N; Zhang XD; Li H
        Basic research in cardiology, 2013年03月, 査読有り
      • ATPase activity of human ABCG1 is stimulated by cholesterol and sphingomyelin
        Hiroshi Hirayama; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Michinori Matsuo; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2013年02月, 査読有り
      • Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase regulates cyclooxygenase-2 expression by targeting mRNA stability
        Yuki Ikeda; Ryoichi Yamaji; Kazuhiro Irie; Noriyuki Kioka; Akira Murakami
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2012年12月, 査読有り
      • Role of Dlg5/lp-dlg, a Membrane-Associated Guanylate Kinase Family Protein, in Epithelial-Mesenchymal Transition in LLc-PK1 Renal Epithelial Cells
        Takuhito Sezaki; Kohki Inada; Takayuki Sogabe; Kumiyo Kakuda; Lucia Tomiyama; Yohsuke Matsuno; Takafumi Ichikawa; Michinori Matsuo; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        PLOS ONE, 2012年04月, 査読有り
      • ATP hydrolysis-dependent conformational changes in the extracellular domain of ABCA1 are associated with apoA-I binding
        Kohjiro Nagao; Kei Takahashi; Yuya Azuma; Mie Takada; Yasuhisa Kimura; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2012年01月, 査読有り
      • Liver X Receptor beta (LXR beta) Interacts Directly with ATP-binding Cassette A1 (ABCA1) to Promote High Density Lipoprotein Formation during Acute Cholesterol Accumulation
        Masako Hozoji-Inada; Youichi Munehira; Kohjiro Nagao; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年06月, 査読有り
      • Liver X Receptor beta (LXR beta) Interacts Directly with ATP-binding Cassette A1 (ABCA1) to Promote High Density Lipoprotein Formation during Acute Cholesterol Accumulation
        Masako Hozoji-Inada; Youichi Munehira; Kohjiro Nagao; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年06月, 査読有り
      • WAVE2 forms a complex with PKA and is involved in PKA enhancement of membrane protrusions
        Hiroshi Yamashita; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        Journal of Biological Chemistry, 2011年02月04日, 査読有り
      • WAVE2 Forms a Complex with PKA and Is Involved in PKA Enhancement of Membrane Protrusions
        Hiroshi Yamashita; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年02月, 査読有り
      • The Closely Related RNA helicases, UAP56 and URH49, Preferentially Form Distinct mRNA Export Machineries and Coordinately Regulate Mitotic Progression
        Tomohiro Yamazaki; Naoko Fujiwara; Hiroko Yukinaga; Miki Ebisuya; Takuya Shiki; Tomoya Kurihara; Noriyuki Kioka; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Eisuke Nishida; Seiji Masuda
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2010年08月, 査読有り
      • Crucial role of vinexin for keratinocyte migration in vitro and epidermal wound healing in vivo
        Noriyuki Kioka; Takuya Ito; Hiroshi Yamashita; Natsuko Uekawa; Tsutomu Umemoto; Soh Motoyoshi; Hiroshi Imai; Kenzo Takahashi; Hideto Watanabe; Masayasu Yamada; Kazumitsu Ueda
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2010年06月, 査読有り
      • The role of DLG5 in prostate cancer progression
        Noriyuki Kioka
        69th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, 2010年, 査読有り
      • Tyrosine phosphorylation of vinexin in v-Src-transformed cells attenuates the affinity for vinculin
        Tsutomu Umemoto; Kana Tanaka; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2009年09月, 査読有り
      • v-Src-mediated transformation suppresses the expression of focal adhesion protein vinexin
        Tsutomu Umemoto; Takahiro Inomoto; Kazumitsu Ueda; Michinari Hamaguchi; Noriyuki Kioka
        CANCER LETTERS, 2009年06月, 査読有り
      • Formation of Two Intramolecular Disulfide Bonds Is Necessary for ApoA-I-dependent Cholesterol Efflux Mediated by ABCA1
        Masako Hozoji; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年04月, 査読有り
      • The COP9 signalosome controls ubiquitinylation of ABCA1
        Yuya Azuma; Mie Takada; Minami Maeda; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2009年04月, 査読有り
      • Retroendocytosis pathway of ABCA1/apoA-I contributes to HDL formation
        Yuya Azuma; Mie Takada; Hye-Won Shin; Noriyuki Kioka; Kazuhisa Nakayama; Kazumitsu Ueda
        GENES TO CELLS, 2009年02月, 査読有り
      • Direct Interaction of Nuclear Liver X Receptor-beta with ABCA1 Modulates Cholesterol Efflux
        Masako Hozoji; Youichi Munehira; Yuika Ikeda; Makoto Makishima; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2008年10月, 査読有り
      • Direct interaction of Cucurbitacin E isolated from Alsomitra macrocarpa to actin filament
        Keiko Momma; Yuko Masuzawa; Naomi Nakai; Moeko Chujo; Akira Murakami; Noriyuki Kioka; Yasunori Kiyama; Toru Akita; Masaya Nagao
        CYTOTECHNOLOGY, 2008年01月, 査読有り
      • Sphingomyelin-dependence of cholesterol efflux mediated by ABCG1
        Osamu Sano; Aya Kobayashi; Kohjiro Nagao; Keigo Kumagai; Noriyuki Kioka; Kentaro Hanada; Kazumitsu Ueda; Michinori Matsuo
        JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2007年11月, 査読有り
      • Bile salt-dependent efflux of cellular phospholipids mediated by ATP binding cassette protein B4
        Shin-ya Morita; Aya Kobayashi; Yasukazu Takanezawa; Noriyuki Kioka; Tetsurou Handa; Hiroyuki Arai; Michinori Matsuo; Kazumitsu Ueda
        HEPATOLOGY, 2007年07月, 査読有り
      • Enhanced ApoA-I-dependent cholesterol efflux by ABCA1 from sphingomyelin-deficient chinese hamster ovary cells
        Kohjiro Nagao; Kei Takahashi; Kentaro Hanada; Noriyuki Kioka; Michinori Matsuo; Kazumitsu Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2007年05月, 査読有り
      • Involvement of phosphatases in the anchorage-dependent regulation of ERK2 activation
        Masaru Mitsushima; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2007年05月, 査読有り
      • Modulation of drug-stimulated ATPase activity of human MDR1/P-glycoprotein by cholesterol
        Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Hiroaki Kato; Michinori Matsuo; Kazumitsu Ueda
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 2007年01月, 査読有り
      • Bile salt-dependent efflux of cellular phospholipids mediated by ATP binding cassette protein B4
        Shin-ya Morita; Aya Kobayashi; Yasukazu Takanezawa; Noriyuki Kioka; Tetsurou Handa; Hiroyuki Arai; Michinori Matsuo; Kazumitsu Ueda
        Hepatology, 2007年, 査読有り
      • Vinexin beta regulates the phosphorylation of epidermal growth factor receptor on the cell surface
        Masaru Mitsushima; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        GENES TO CELLS, 2006年09月, 査読有り
      • Efflux of sphingomyelin, cholesterol, and phosphatidylcholine by ABCG1
        Aya Kobayashi; Yasukazu Takanezawa; Takashi Hirata; Yuji Shimizu; Keiko Misasa; Noriyuki Kioka; Hiroyuki Arai; Kazumitsu Ueda; Michinori Matsuo
        JOURNAL OF LIPID RESEARCH, 2006年08月, 査読有り
      • Abl kinase interacts with and phosphorylates vinexin
        Masaru Mitsushima; Honami Takahashi; Tomoyuki Shishido; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        FEBS LETTERS, 2006年07月, 査読有り
      • Purification and ATPase activity of human ABCA1
        K Takahashi; Y Kimura; N Kioka; M Matsuo; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年04月, 査読有り
      • Protein kinase A-dependent increase in WAVE2 expression induced by the focal adhesion protein vinexin
        M Mitsushima; T Sezaki; R Akahane; K Ueda; S Suetsugu; T Takenawa; N Kioka
        GENES TO CELLS, 2006年03月, 査読有り
      • SHIP2 interaction with the cytoskeletal protein Vinexin
        N Paternotte; J Zhang; Vandenbroere, I; K Backers; D Blero; N Kioka; JM Vanderwinden; Pirson, I; C Erneux
        FEBS JOURNAL, 2005年12月, 査読有り
      • Detection of ABCA7-positive cells in salivary glands from patients with Sjögren's syndrome.
        Toda Y; Aoki R; Ikeda Y; Azuma Y; Kioka N; Matsuo M; Sakamoto M; Mori S; Fukumoto M; Ueda K
        Pathology international, 2005年10月, 査読有り
      • Role of interaction with vinculin in recruitment of vinexins to focal adhesions
        H Takahashi; M Mitsushima; N Okada; T Ito; S Aizawa; R Akahane; T Umemoto; K Ueda; N Kioka
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2005年10月, 査読有り
      • Spatial distribution and functional significance of activated vinculin in living cells
        H Chen; DM Cohen; DM Choudhury; N Kioka; SW Craig
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2005年05月, 査読有り
      • Human ABCA3, a product of a responsible gene fair abca3 for fatal surfactant deficiency in newborns, exhibit unique ATP hydrolysis activity and generates intracellular multilamellar vesicles
        K Nagata; A Yamamoto; N Ban; AR Tanaka; M Matsuo; N Kioka; N Inagaki; K Ueda
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2004年11月, 査読有り
      • Extracellular signal-regulated kinase activated by epidermal growth factor and cell adhesion interacts with and phosphorylates vinexin
        M Mitsushima; A Suwa; T Amachi; K Ueda; N Kioka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年08月, 査読有り
      • alpha 1-syntrophin modulates turnover of ABCA1
        Y Munehira; T Ohnishi; S Kawamoto; A Furuya; K Shitara; M Imamura; T Yokota; S Takeda; T Amachi; M Matsuo; N Kioka; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年04月, 査読有り
      • ATP hydrolysis-dependent multidrug efflux transporter: MDRI/P-glycoprotein
        Y Kimura; M Matsuo; K Takahashi; T Saeki; N Kioka; T Amachi; K Ueda
        CURRENT DRUG METABOLISM, 2004年02月, 査読有り
      • Posttranscriptional regulation of human ABCA7 and its function for the apoA-I-dependent lipid release
        Y Ikeda; S Abe-Dohmae; Y Munehira; R Aoki; S Kawamoto; A Furuya; K Shitara; T Amachi; N Kioka; M Matsuo; S Yokoyama; K Ueda
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年11月, 査読有り
      • Genomic structure and 5 '-flanking sequences of rat N-acetylglucosaminyltransferase I gene and regulatory role of its transcriptional diversity
        T Fukada; M Ono; S Sakata; N Kioka; H Sakai; T Komano
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2003年07月, 査読有り
      • Interaction of lp-dlg/KIAA0583, a membrane-associated guanylate kinase family protein, with vinexin and beta-catenin at sites of cell-cell contact
        M Wakabayashi; T Ito; M Mitsushima; S Aizawa; K Ueda; T Amachi; N Kioka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年06月, 査読有り
      • SAFB2, a new scaffold attachment factor homolog and estrogen receptor corepressor
        SM Townson; KM Dobrzycka; AV Lee; M Air; WL Deng; KY Kang; SM Jiang; N Kioka; K Michaelis; S Oesterreich
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年05月, 査読有り
      • SAFB2, a new scaffold attachment factor homolog and estrogen receptor corepressor
        SM Townson; KM Dobrzycka; AV Lee; M Air; WL Deng; KY Kang; SM Jiang; N Kioka; K Michaelis; S Oesterreich
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年05月, 査読有り
      • Erratum: Effects of mutations of ABCA1 in the first extracellular domain on subcellular trafficking and ATP binding/hydrolysis (The Journal of Biological Chemistry (2003) 278 (8815-8819))
        Arowu R. Tanaka; Arowu R. Tanaka; Sumiko Abe-Dohmae; Tomohiro Ohnishi; Ryo Aoki; Gaku Morinaga; Kei Ichiro Okuhira; Yuika Ikeda; Fumi Kano; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Teruo Amachi; Masayuki Murata; Shinji Yokoyama; Kazumitsu Ueda
        Journal of Biological Chemistry, 2003年04月18日
      • Effects of mutations of ABCA1 in the first extracellular domain on subcellular trafficking and ATP binding/hydrolysis
        AR Tanaka; S Abe-Dohmae; T Ohnishi; R Aoki; G Morinaga; K Okuhira; Y Ikeda; F Kano; M Matsuo; N Kioka; T Amachi; M Murata; S Yokoyama; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年03月, 査読有り
      • Effect of cisplatin treatment on speckled distribution of a serine/arginine-rich nuclear protein CROP/]Luc7A
        H Umehara; Y Nishii; M Morishima; Y Kakehi; N Kioka; T Amachi; J Koizumi; M Hagiwara; K Ueda
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年02月, 査読有り
      • 細胞増殖シグナルの足場依存性に関与する新規細胞骨格タンパク質に関する研究
        木岡 紀幸
        日本農芸化学会誌, 2003年, 査読有り
      • A novel focal adhesion protein involved in the anchorage dependence of growth factor signaling
        N Kioka
        NIPPON NOGEIKAGAKU KAISHI-JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND AGROCHEMISTRY, 2003年, 査読有り
      • 細胞接着・細胞骨格とシグナル伝達を制御する新しいタンパク質ファミリー : ビネキシン, CAP/ポンシン, ArgBP2
        木岡 紀幸
        生化學, 2002年11月25日, 査読有り
      • A novel adaptor protein family regulating cytoskeletal organization and signal transduction - Vinexin, CAP/ponsin, ArgBP2
        N Kioka
        SEIKAGAKU, 2002年11月, 査読有り
      • ATP binding/hydrolysis by and phosphorylation of peroxisomal ATP-binding cassette proteins PMP70 (ABCD3) and adrenoleukodystrophy protein (ABCD1)
        AR Tanaka; K Tanabe; M Morita; M Kurisu; Y Kasiwayama; M Matsuo; N Kioka; T Amachi; T Imanaka; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年10月, 査読有り
      • Vinexin beta regulates the anchorage dependence of ERK2 activation stimulated by epidermal growth factor
        A Suwa; M Mitsushima; T Ito; M Akamatsu; K Ueda; T Amachi; N Kioka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年04月, 査読有り
      • Vinexin, CAP/ponsin, ArgBP2: a novel adaptor protein family regulating cytoskeletal organization and signal transduction
        N Kioka; K Ueda; T Amachi
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2002年02月, 査読有り
      • 細胞膜裏打ちタンパク質による細胞接着/細胞骨格とシグナル伝達の制御
        木岡 紀幸
        実験医学,20(2) 237, 2002年, 査読有り
      • Expression of vinexin alpha in the dorsal half of the eye and in the cardiac outflow tract and atrioventricular canal
        T Kawauchi; M Ikeya; S Takada; K Ueda; M Shirai; Y Takihara; N Kioka; T Amachi
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 2001年08月, 査読有り
      • Human ABCA1 contains a large amino-terminal extracellular domain homologous to an epitope of Sjögren's Syndrome.
        Tanaka AR; Ikeda Y; Abe-Dohmae S; Arakawa R; Sadanami K; Kidera A; Nakagawa S; Nagase T; Aoki R; Kioka N; Amachi T; Yokoyama S; Ueda K
        Biochemical and biophysical research communications, 2001年05月, 査読有り
      • Human ABCA1 contains a large amino-terminal extracellular domain homologous to an epitope of Sjögren's syndrome
        Arowu R. Tanaka; Yuika Ikeda; Sumiko Abe-Dohmae; Reijiro Arakawa; Keishi Sadanami; Akinori Kidera; Satoshi Nakagawa; Takahiro Nagase; Ryo Aoki; Noriyuki Kioka; Teruo Amachi; Shinji Yokoyama; Kazumitsu Ueda
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2001年, 査読有り
      • Functional analysis of a mutant sulfonylurea receptor, SUR1-R1420C, that is responsible for persistent hyperinsulinemic hypoglycemia of infancy
        M Matsuo; S Trapp; Y Tanizawa; N Kioka; T Amachi; Y Oka; FM Ashcroft; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2000年12月, 査読有り
      • Different binding properties and affinities for ATP and ADP among sulfonylurea receptor subtypes, SUR1, SUR2A, and SUR2B
        M Matsuo; K Tanabe; N Kioka; T Amachi; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2000年09月, 査読有り
      • Nonequivalent nucleotide trapping in the two nucleotide binding folds of the human multidrug resistance protein MRP1
        K Nagata; M Nishitani; M Matsuo; N Kioka; T Amachi; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2000年06月, 査読有り
      • Direct photoaffinity labeling of Kir6.2 by [gamma-P-32]ATP-[gamma]4-azidoanilide
        K Tanabe; SJ Tucker; FM Ashcroft; P Proks; N Kioka; T Amachi; K Ueda
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年06月, 査読有り
      • CROP/Luc7A, a novel serine/arginine-rich nuclear protein, isolated from cisplatin-resistant cell line
        Y Nishii; M Morishima; Y Kakehi; K Umehara; N Kioka; Y Terano; T Amachi; K Ueda
        FEBS LETTERS, 2000年01月, 査読有り
      • ATP binding properties of the nucleotide-binding folds of SUR1
        M Matsuo; N Kioka; T Amachi; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • Vinexin forms a signaling complex with Sos and modulates epidermal growth factor-induced c-Jun N-terminal kinase/stress-activated protein kinase activities
        M Akamatsu; S Aota; A Suwa; K Ueda; T Amachi; KM Yamada; SK Akiyama; N Kioka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • Comparative aspects of the function and mechanism of SUR1 and MDR1 proteins.
        Ueda K; Matsuo M; Tanabe K; Morita K; Kioka N; Amachi T
        Biochimica et biophysica acta, 1999年12月, 査読有り
      • A novel mammalian nuclear protein similar to Schizosaccharomyces pombe Prp1p/Zer1p and Saccharomyces cerevisiae Prp6p pre-mRNA splicing factors.
        Nishikimi A; Mukai J; Kioka N; Yamada M
        Biochimica et biophysica acta, 1999年11月, 査読有り
      • A novel mammalian nuclear protein similar to Schizosaccharomyces pombe Prp1p/Zer1p and Saccharomyces cerevisiae Prp6p pre-mRNA splicing factors
        A Nishikimi; J Mukai; N Kioka; M Yamada
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEIN STRUCTURE AND MOLECULAR ENZYMOLOGY, 1999年11月, 査読有り
      • Structure and transcription of the gene coding for polypeptide chain elongation factor 1 alpha of medaka Oryzias latipes
        M Kinoshita; T Nakata; T Yabe; K Adachi; Y Yokoyama; T Hirata; E Takayama; S Mikawa; N Kioka; M Takahashi; H Toyohara; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 1999年10月, 査読有り
      • cDNA cloning of polypeptide chain elongation factor 1 alpha from medaka Oryzias latipes
        M Kinoshita; T Nakata; K Adachi; T Yabe; Y Yokoyama; H Toyohara; T Hirata; E Takayama; S Mikawa; N Kioka; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 1999年02月, 査読有り
      • Vinexin: A novel vinculin-binding protein with multiple SH3 domains enhances actin cytoskeletal organization
        N Kioka; S Sakata; T Kawauchi; T Amachi; SK Akiyama; K Okazaki; C Yaen; KM Yamada; S Aota
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1999年01月, 査読有り
      • Expression and characterization of rat UDP-N-acetylglucosamine: alpha-3-D-mannoside beta-1,2-N-acetylglucosaminyltransferase I in Saccharomyces cerevisiae
        S Yoshida; M Suzuki; S Yamano; M Takeuchi; H Ikenaga; N Kioka; H Sakai; T Komano
        GLYCOBIOLOGY, 1999年01月, 査読有り
      • Expression and characterization of rat UDP-N-acetylglucosamine: alpha-3-D-mannoside beta-1,2-N-acetylglucosaminyltransferase I in Saccharomyces cerevisiae
        S Yoshida; M Suzuki; S Yamano; M Takeuchi; H Ikenaga; N Kioka; H Sakai; T Komano
        GLYCOBIOLOGY, 1999年01月, 査読有り
      • Vinexin: A novel vinculin-binding protein with multiple SH3 domains enhances actin cytoskeletal organization
        N Kioka; S Sakata; T Kawauchi; T Amachi; SK Akiyama; K Okazaki; C Yaen; KM Yamada; S Aota
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1999年01月, 査読有り
      • Different response to inflammation of the multiple mRNAs of rat N-acetylglucosaminyltransferase I with variable 5 '-untranslated sequences
        T Fukada; N Kioka; J Nishiu; S Sakata; H Sakai; M Yamada; T Komano
        FEBS LETTERS, 1998年10月, 査読有り
      • 細胞骨格を利用した病原性細菌の巧妙な細胞内,細胞間移動の戦略
        木岡紀幸
        生物工学会誌, 1998年06月, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF RAT N-ACETYLGLUCOSAMINYLTRANSFERASE-I EXPRESSED IN ESCHERICHIA-COLI
        J NISHIU; N KIOKA; T FUKADA; H SAKAI; T KOMANO
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1995年09月, 査読有り
      • ZINC-INDUCED ACTIVATION OF RAINBOW-TROUT METALLOTHIONEIN-A PROMOTER IN TRANSGENIC MEDAKA
        M KINOSHITA; H TOYOHARA; M SAKAGUCHI; N KIOKA; T KOMANO; K INOUE; S YAMASHITA; M SATAKE; Y WAKAMATSU; K OZATO
        FISHERIES SCIENCE, 1994年06月, 査読有り
      • CLONING OF A CDNA-ENCODING N-ACETYLGLUCOSAMINYLTRANSFERASE-I FROM RAT-LIVER AND ANALYSIS OF ITS EXPRESSION IN RAT-TISSUES
        T FUKADA; K IIDA; N KIOKA; H SAKAI; T KOMANO
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1994年01月, 査読有り
      • Cloning of a cDNA Encoding yV-Acetylglucosaminyltransferase I from Rat Liver and Analysis of Its Expression in Rat Tissues
        Takashi Fukada; Kenji Iida; Noriyuki Kioka; Hiroshi Sakai; Tohru Komano
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 1994年, 査読有り
      • 糖転移酵素遺伝子の解析
        木岡 紀幸
        化学,48/6,428, 1993年, 査読有り
      • HUMAN P-GLYCOPROTEIN TRANSPORTS CORTISOL, ALDOSTERONE, AND DEXAMETHASONE, BUT NOT PROGESTERONE
        K UEDA; N OKAMURA; M HIRAI; Y TANIGAWARA; T SAEKI; N KIOKA; T KOMANO; R HORI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年12月, 査読有り
      • TRANSPORT OF DIGOXIN BY HUMAN P-GLYCOPROTEIN EXPRESSED IN A PORCINE KIDNEY EPITHELIAL-CELL LINE (LLC-PK1)
        Y TANIGAWARA; N OKAMURA; M HIRAI; M YASUHARA; K UEDA; N KIOKA; T KOMANO; R HORI
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 1992年11月, 査読有り
      • QUERCETIN, A BIOFLAVONOID, INHIBITS THE INCREASE OF HUMAN MULTIDRUG RESISTANCE GENE (MDR1) EXPRESSION CAUSED BY ARSENITE
        N KIOKA; N HOSOKAWA; T KOMANO; K HIRAYOSHI; K NAGATA; K UEDA
        FEBS LETTERS, 1992年04月, 査読有り
      • HEAT-SHOCK RESPONSIVE ELEMENTS IN THE INDUCTION OF THE MULTIDRUG RESISTANCE GENE (MDR1)
        N KIOKA; Y YAMANO; T KOMANO; K UEDA
        FEBS LETTERS, 1992年04月, 査読有り
      • STRUCTURAL-ANALYSIS OF REPETITIVE DNA-SEQUENCES IN THE GOAT GROWTH-HORMONE GENE REGION
        Y YAMANO; M ABE; S MIKAWA; N KIOKA; E MANABE; H SAKAI; T KOMANO; K UTSUMI; A IRITANI
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1991年03月, 査読有り
      • 多剤耐性の分子機構
        木岡 紀幸
        腫瘍と感染,3/6,443, 1990年, 査読有り
      • DETECTION OF MULTIDRUG RESISTANCE (MDR1) GENE RNA EXPRESSION IN HUMAN-TUMORS BY A SENSITIVE RIBONUCLEASE PROTECTION ASSAY
        K UEDA; Y YAMANO; N KIOKA; Y KAKEHI; O YOSHIDA; MM GOTTESMAN; PASTAN, I; T KOMANO
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1989年11月, 査読有り
      • P-GLYCOPROTEIN GENE (MDR1) CDNA FROM HUMAN ADRENAL - NORMAL P-GLYCOPROTEIN CARRIES GLY185 WITH AN ALTERED PATTERN OF MULTIDRUG RESISTANCE
        N KIOKA; J TSUBOTA; Y KAKEHI; T KOMANO; MM GOTTESMAN; PASTAN, I; K UEDA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1989年07月, 査読有り
      • CLONING AND SEQUENCING OF GOAT GROWTH-HORMONE GENE
        N KIOKA; E MANABE; M ABE; H HASHI; M YATO; M OKUNO; Y YAMANO; H SAKAI; T KOMANO; K UTSUMI; A IRITANI
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1989年06月, 査読有り
      • A RUNAWAY-REPLICATION PLASMID PSY343 CONTAINS 2 SSI SIGNALS
        JD BAHK; N KIOKA; H SAKAI; T KOMANO
        PLASMID, 1988年11月, 査読有り
      • NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF THE GROWTH-HORMONE GENE CDNA FROM GOAT CAPRA-HIRCUS L (TOKARA)
        M YATO; Y YAMANO; K OYABAYASHI; M OKUNO; N KIOKA; E MANABE; H HASHI; H SAKAI; T KOMANO; K UTSUMI; A IRITANI
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1988年04月, 査読有り
      • CLONING AND SEQUENCING OF CDNA THAT ENCODES GOAT GROWTH-HORMONE
        Y YAMANO; K OYABAYASHI; M OKUNO; M YATO; N KIOKA; E MANABE; H HASHI; H SAKAI; T KOMANO; K UTSUMI; A IRITANI
        FEBS LETTERS, 1988年02月, 査読有り

      MISC

      • マウス1細胞期はいにおいて細胞周期のG2期への進行にしたがって核内に蓄積される新規100-kDaタンパクcDNAのクローニング
        錦見昭彦; 向井二郎; 木岡紀幸; 今井裕; 山田雅保
        日本畜産学会大会講演要旨, 1999年
      • 細胞骨格タンパク質ビネキシンの3番目のSH3領域とグアニンヌクレオチド交換因子Sosの相互作用
        赤松 政彦; 青田 伸一; 坂田 昌平; 天地 輝夫; K. AKIYAMA Steven; 木岡 紀幸
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年12月01日
      • NF-κBの核移行シグナルを標的として作製した抗ペプチド抗体により認識されるタンパク質のマウスはいにおける細胞内局在
        綿見昭彦; 向井二郎; 木岡紀幸; 今井裕; 山田雅保
        日本繁殖生物学会講演要旨, 1998年
      • 細胞接着斑裏打ちタンパク質を介した細胞のメカノセンス機構の解明 : 幹細胞が組織の堅さを感知する仕組み
        木岡 紀幸
        旭硝子財団助成研究成果報告, 2013年
      • 細胞接着/細胞骨格とシグナル伝達を制御する蛋白質 SH3(Src homology 3)領域を3つもつ新しい遺伝子ファミリービネキシン, CAP/ポンシン, ArgBP2
        木岡 紀幸
        化学と生物, 1999年12月25日
      • 化学誘導性二量体化を用いた脂質修飾酵素の接着斑一過的局在化システムの構築
        増元亮裕; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • 接着斑領域の細胞膜は特殊な脂質組成を有する
        立花大; 長尾耕治郎; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本細胞生物学会大会(Web), 2021年
      • 哺乳類細胞を用いた接着斑タンパク質ビネキシンαの精製系構築
        鎌田一希; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • 脂質輸送体ABCA1のHDL産生活性およびコレステロールフロップ活性の調節
        小笠原史彦; 岡本雄介; 木村泰久; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • 化学誘導性二量体化を用いたPIP5Kの接着斑一過的局在化システムの開発
        増元亮裕; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • Cryo-EM解析を目指した脂質輸送型ABC蛋白質の生産・調製基盤の構築
        小段篤史; 光岡薫; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • SORBSタンパク質は間葉系幹細胞の未分化状態維持に関わるメフリンの発現量を調節する
        高橋真助; 柴原正和; 榎本篤; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • ヒト多剤輸送体MDR1の基質依存的活性がコレステロールによって誘導される機構の熱力学的解析
        岩村紗花; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • 細胞の細胞外マトリックスの硬さ感知に関与する新規タンパク質の同定
        田辺修平; 柴原正和; 立花大; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • がん細胞の増殖と遊走に対するコラーゲンペプチドの効果
        倉田淳代; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • リポソームを用いたヒトABCA1のステロール特異性解析
        坂田和樹; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • 接着斑細胞膜とGPMV法で単離した細胞膜の脂質組成の比較
        立花大; 箕浦広大; 長尾耕治郎; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2021年
      • ヒトABCA1の活性誘導とステロール構造の関連解析
        坂田和樹; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        脂質生化学研究, 2021年
      • がん細胞に対するコラーゲンペプチドの効果
        倉田淳代; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2020年
      • コレステロールによるMDR1の活性誘導とrhodamine化合物の構造関連性
        岩村紗花; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本生化学会大会(Web), 2020年
      • ABCA1のHDL産生活性およびコレステロールフロップ活性の調節
        岡本雄介; 小笠原史彦; 木村泰久; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光
        脂質生化学研究, 2020年
      • HPLC-ELSDによるABCA1,ABCB4の脂質排出活性測定
        高橋智; 北悠人; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        トランスポーター研究会年会抄録集, 2020年
      • 接着斑タンパク質ビネキシンαは相分離に関与するか?
        鎌田一希; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本生化学会大会(Web), 2020年
      • コレステロール輸送体ABCA1の生理的役割のメダカを用いた解析
        二股良太; 木下政人; 木村泰久; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光
        脂質生化学研究, 2020年
      • 巨大リポソーム(GUV)を用いたヒトABCA1の新規機能解析手法の開発
        坂田和樹; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        脂質生化学研究, 2020年
      • 光誘導性二量体化及び化学誘導性二量体化を用いた接着斑へのタンパク質の一過的局在化システム
        増元亮裕; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本生化学会大会(Web), 2020年
      • 巨大リポソーム(GUV)を用いたヒトABCA1の再構成系の開発
        坂田和樹; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本生化学会大会(Web), 2020年
      • HDL形成初期反応解析のための再構成系の構築
        坂田和樹; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2020年
      • コレステロールがヒト多剤輸送体MDR1の基質輸送を促進する機構の解析
        岩村紗花; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2020年
      • ビネキシンα/CAP依存的に接着斑に局在するタンパク質の単離と解析
        柴原正和; 阿部雄一; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2020年
      • 硬さ感知・応答に関与する新規接着斑タンパク質の探索を目指したプロテオーム解析
        柴原正和; 立花大; 阿部雄一; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • ABCA1とABCB4はアシル鎖非特異的にホスファチジルコリンを排出する
        高橋智; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • ビネキシンファミリータンパク質が間葉系幹細胞の分化を調節する分子基盤の解明
        高橋真助; 黒田美都; 阿部雄一; 木村泰久; 木岡紀幸
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2019年
      • ELSD法を用いたヒトABCタンパク質の脂質輸送能解析手法の構築
        高橋智; 北悠人; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2019年
      • ApoA-Iを封入した巨大リポソーム(GUV)の作製
        坂田和樹; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2019年
      • ヒト多剤輸送体 P-糖タンパク質の酵素活性にコレステロールが与える影響の解析
        岩村紗花; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2019年
      • 極性脂質に含まれるヒトABCG4の輸送基質探索および認識機構の解析
        末永光; 見月俊吾; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2019年
      • 細胞膜コレステロール濃度の上昇に依存したABCA1によるHDL産生速度の増加
        小笠原史彦; 木村泰久; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光
        脂質生化学研究, 2019年
      • リン脂質輸送体ABCB4の第4膜貫通ヘリックスに存在するプロリンの機能解析
        小川峻; 末永健人; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2019年
      • 多剤輸送体P-glycoprotein(ABCB1)による薬剤輸送には2分子のATP結合・加水分解が共役する
        二股良太; 小笠原史彦; 市川尚文; 木村泰久; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本生化学会大会(Web), 2019年
      • 接着斑細胞膜の単離手法の確立とビンキュリンの接着斑細胞膜への影響
        立花大; 柴原正和; 大町朋弘; 箕浦広大; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2019年
      • HPLC-ELSDによるヒトABCタンパク質の脂質排出活性測定手法の確立
        高橋智; 北悠人; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2019年
      • ABCA1によるコレステロール輸送の生理的重要性
        小笠原史彦; 木村泰久; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光
        日本生化学会大会(Web), 2019年
      • コレステロール結合性細菌毒素ストレプトリジンOを用いたABCA1によるコレステロール輸送の証明
        小笠原史彦; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        脂質生化学研究, 2018年
      • ヒト由来浮遊培養細胞への遺伝子導入手法の検討
        木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2018年
      • 生細胞膜上でヒト多剤輸送体MDR1(ABCB1)の構造変化の際にATPが果たす役割の解明
        二股良太; 小笠原史彦; 市川尚文; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本生化学会大会(Web), 2018年
      • ABCG4が輸送する極性脂質中の未知基質の探索
        末永光; 見月俊吾; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光; 木村泰久
        日本生化学会大会(Web), 2018年
      • ABCAサブファミリータンパク質のC末端領域の機能解明を目的としたキメラタンパク質の解析
        岡本雄介; 永田紅; 笠井倫志; 木村泰久; 木岡紀幸; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本生化学会大会(Web), 2018年
      • ヒト多剤輸送体(MDR1)の輸送基質取り込み機構の解析
        木村泰久; 井上修一; 末永健人; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本生化学会大会(Web), 2018年
      • 超音波処理を用いた接着斑の単離
        柴原正和; 箕浦広大; 市川尚文; 木村泰久; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 木岡紀幸; 木岡紀幸
        日本生化学会大会(Web), 2018年
      • ATP加水分解活性を指標としたヒトABCG4の輸送基質特異性解析
        末永光; 見月俊吾; 木岡紀幸; 植田和光; 木村泰久
        トランスポーター研究会年会抄録集, 2018年
      • ABCA1とapoA-Iによるコレステロール排出メカニズム解明への新しい定量的アプローチ
        三好里奈; 小笠原史彦; 石神正人; 永田紅; 永田紅; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年
      • ビネキシンのホスファチジン酸結合領域の解析
        伊藤有亮; 市川尚文; 折田雄一郎; 安部真人; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 三芳秀人; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年
      • コレステロール認識配列CRACは,ヒトABCG4のコレステロール輸送において重要である
        見月俊吾; 木村泰久; 木岡紀幸; 松尾道憲; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年
      • 細胞-ECM間接着領域の細胞膜は脂質ラフト様の脂質組成を有する
        箕浦広大; 市川尚文; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web), 2017年
      • ビネキシンαの両親媒性ヘリックスはビンキュリンの構造変化に必要である
        日野直也; 市川尚文; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年
      • 間葉系幹細胞分化のレチノイン酸制御に与える接着斑タンパク質ビネキシンの影響
        高田恭子; 黒田美都; 黒田美都; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 木岡紀幸; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年
      • ヒトABCB6に存在する機能未知膜ドメイン(TMD0)の解析
        西澤奈美; 木村泰久; 大貫元; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • キノコ由来新規化合物がNPC1L1依存性コレステロール取込みに及ぼす影響
        千場智尋; 千場智尋; 櫻田剛史; 渡邊理恵; 山口宏二; 木村泰久; 木岡紀幸; 河岸洋和; 河岸洋和; 松尾道憲; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • ビネキシンαとホスファチジン酸の相互作用解析
        伊藤有亮; 市川尚文; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • ヒトABCG4に存在するコレステロール認識配列の機能解析
        見月俊吾; 木村泰久; 木岡紀幸; 松尾道憲; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • ビネキシンαの両親媒性ヘリックスはテーリンと協調的にビンキュリンと相互作用する
        日野直也; 市川尚文; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 木岡紀幸
        日本細胞生物学会大会(Web), 2016年
      • HDL産生の鍵を握るABCA1のC末端領域の機能解析
        岡本雄介; 永田紅; 笠井倫志; 楠見明弘; 楠見明弘; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • 原子間力顕微鏡(AFM)観察に向けたABCタンパク質サンプルの最適化
        山原一晃; 木村泰久; 柴田幹大; 内橋貴之; 内橋貴之; 安藤敏夫; 安藤敏夫; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • ヒトABCA1の細胞外ドメインに対するモノクローナル抗体の作製とエピトープ探索
        三好里奈; 富岡麻衣子; 小笠原史彦; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • ABCA1細胞外ドメインのHDL産生における役割の解析
        小笠原史彦; 石神正登; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • HDL産生におけるABCA1細胞外ドメインの脂質蓄積機能
        小笠原史彦; 石神正登; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光; 植田和光
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • 接着斑タンパク質ビネキシンαの両親媒性ヘリックスはビンキュリンの構造変化を引き起こすために必要である
        日野直也; 市川尚文; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 木岡紀幸
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • ビンキュリンの細胞外マトリクスの硬さ感知にはアクチン繊維結合が必要である
        大町朋弘; 市川尚文; 木村泰久; 植田和光; 植田和光; 木岡紀幸
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • ABCG4のTM6に存在するCRAC domainの機能解析
        見月俊吾; 木村泰久; 木岡紀幸; 松尾道憲; 植田和光; 植田和光
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • 細胞-細胞外マトリックス間接着のメカノセンサー
        木岡紀幸
        生体の科学, 2019年08月15日, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • 細胞収縮力アッセイ
        出口 真次; 松井 翼; 市川 尚文; 木岡 紀幸
        月刊「細胞」, 2019年
      • 細胞収縮力のアッセイ − メカノバイオロジー研究のツール
        出口 真次; 松井 翼; 市川 尚文; 木岡 紀幸
        Precision Medicine, 2018年10月
      • ヒトMDR1の基質取り込みゲート機構の解析
        末永健人; 井上修一; 木村泰久; 木岡紀幸; 加藤博章; 植田和光
        日本農芸化学会2015年度大会, 2015年
      • 細胞外基質の硬さを感知するメカノセンサー
        木岡紀幸
        日本農芸化学会2016年度大会, 2015年
      • NPC1L1依存的なコレステロール取込みを阻害するクロサルノコシカケ由来新規天然物fomiroid Aの同定
        千場 智尋; 櫻田 剛史; 渡邊 理恵; 山口 宏二; 木村 泰久; 木岡 紀幸; 河岸 洋和; 松尾 道憲; 植田 和光
        日本農芸化学会2015年度大会, 2015年
      • ヒトMDR1の内向き構造安定化機構の検討
        津山智美; 木村泰久; 木岡紀幸; 加藤博章; 植田和光
        日本農芸化学会2015年度大会, 2015年
      • 細胞外マトリクスの硬さ感知におけるビンキュリンのアクチン繊維結合能の重要性
        大町朋弘; 市川尚文; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会2015年度大会, 2015年
      • 接着斑タンパク質ビネキシンαの両親媒性へリックスはビンキュリンと相互作用する
        日野直也; 市川尚文; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会2015年度大会, 2015年
      • 「細胞外マトリックスの硬さ」に依存した脂肪細胞分化には接着斑タンパク質ビンキュリンが必要である
        黒田美都; 和田洋樹; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会関西支部例会第488回講演会, 2015年
      • HDL産生時にABCA1は輸送したコレステロールを一時的に細胞外ドメイン内に蓄積する
        石神正登; 長尾耕治郎; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        日本農芸化学会関西支部例会第488回講演会, 2015年
      • ビンキュリン-ビネキシンα相互作用は細胞外マトリクスの硬さを感知するメカノセンサーである
        木岡 紀幸; 市川 尚文; 山下 寛; 長里 彩花; 黒田 美都; 植田 和光
        平成26年度「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」公開シンポジウム, 2015年
      • 細胞外マトリクスの硬さの感知におけるビンキュリン-ビネキシンα相互作用
        市川尚文; 山下寛; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本癌学会シンポジウム/共同利用・共同研究拠点シンポジウム「がん幹細胞・微小環境・分子標的 〜がん進展制御への挑戦」, 2015年
      • Loss of Dlg5 expression promotes the migration and invasion of prostate cancer cells via Girdin phosphorylation.
        L. Tomiyama; T. Sezaki; M. Matsuo; K. Ueda; N. Kioka
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2014年12月
      • Distribution of vinculin to lipid rafts is involved in sensing ECM stiffness
        A. Nagasato; H. Yamashita; M. Matsuo; K. Ueda; N. Kioka
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2014年12月
      • Comparison of the effect of the vinexin family proteins on vinculin-mediated mechanosensing.
        T. Ichikawa; M. Kita; T. Sezaki; S. Chiang; A. R. Saltiel; Y. Kimura; K. Ueda; N. Kioka
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2014年12月
      • 細胞外マトリクスの硬さの感知におけるビンキュリン-ビネキシンα相互作用
        市川尚文; 山下寛; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        平成26年度がん若手研究者ワークショップ, 2014年05月
      • 脂肪細胞分化の「細胞外マトリクスの硬さ」依存性に接着斑タンパク質ビンキュリンが必要である
        黒田美都; 和田洋樹; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年
      • ABCB4によるホスファチジルコリン排出はスフィンゴミエリンに依存する
        趙 禹; 石神正登; 長尾耕治郎; 花田健太郎; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年
      • ヒトMDR1の輸送基質導入ゲートの解析
        井上修一; 木村泰久; 木岡紀幸; 松尾道憲; 加藤博章; 植田和光
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年
      • ?ビネキシンαのN末端側領域は細胞外マトリクスの硬さの感知に必要である
        市川尚文; 山下寛; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年
      • 精製タンパク質を用いたヒトABCタンパク質の機能解析
        木村泰久; 平山裕士; 井上修一; 津山智美; 木岡紀幸; 松尾道憲; 加藤博章; 植田和光
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年
      • 結合能と接着斑増強効果を指標としたビネキシンファミリー(Sorbs)タンパク質の機能の比較解析
        喜多真弘; 市川尚文; 瀬崎拓人; 松尾道憲; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年
      • オメガ3脂肪酸によるリポタンパク質の質的制御を介した生理作用
        松尾 道憲; 斉藤 貴将; 中塔 充宏; 木岡 紀幸; 小川 順; 植田 和光
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年
      • ECMの硬さ感知に応答したビンキュリンの脂質ラフトへの移行
        長里彩花; 山下寛; 市川尚文; 松尾道憲; 植田和光; 木岡紀幸
        第9回メカノセンシング研究会, 2014年
      • ナノディスクを用いたヒトABCA1の機能解析系の構築
        川野邊峻哲; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        第37回日本分子生物学会, 2014年
      • ヒトMDR1の基質認識に関わる疎水性アミノ酸の同定
        津山智美; 木村泰久; 木岡紀幸; 加藤博章; 植田和光
        第37回日本分子生物学会, 2014年
      • 接着斑タンパク質ビネキシンは軟骨細胞分化に関与している
        椀谷友紀; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        第87回日本生化学会大会, 2014年
      • 接着斑タンパク質ビンキュリンによる細胞外基質の硬さ感知には脂質ラフト局在化が必要である
        長里彩花; 山下寛; 市川尚文; 松尾道憲; 植田和光; 木岡紀幸
        第87回日本生化学会大会, 2014年
      • 精製タンパク質を用いたヒトABCG4の機能解析
        木村泰久; 平山裕士; 木岡紀幸; 松尾道憲; 植田和光
        第87回日本生化学会大会, 2014年
      • 細胞外マトリックスの硬さに応じた脂肪細胞分化にビンキュリンが与える影響
        黒田美都; 和田洋樹; 植田和光; 木岡紀幸
        第87回日本生化学会大会, 2014年
      • 軟骨細胞分化における接着斑タンパク質ビネキシンの役割
        椀谷友紀; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        2014年度日本農芸化学会関西支部大会 日本農芸化学会創立90周年・関西支部創立80周年記念大会 「食と生命を科学して80周年?そして未来へ」, 2014年
      • 接着斑タンパク質ビンキュリンは間葉系幹細胞のECMの硬さ依存的な脂肪細胞分化に必要である
        黒田美都; 和田洋樹; 植田和光; 木岡紀幸
        第19回日本肥満学会アディポサイエンスシンポジウム, 2014年
      • ヒトMDR1の第4、第10膜貫通へリックスの基質導入ゲートとしての機能の解析
        井上修一; 木村泰久; 木岡紀幸; 松尾道憲; 加藤博章; 植田和光
        第36回日本分子生物学会, 2013年
      • ヒトMDR1の基質結合部位に存在する芳香族アミノ酸の解析
        津山智美; 木村泰久; 木岡紀幸; 松尾道憲; 加藤博章; 植田和光
        第36回日本分子生物学会, 2013年
      • ビネキシンファミリー(Sorbs)タンパク質の機能の比較解析
        喜多真弘; 市川尚文; 瀬崎拓人; 松尾道憲; 植田和光; 木岡紀幸
        第36回日本分子生物学会, 2013年
      • 接着斑タンパク質ビンキュリンは間葉系幹細胞のECMの硬さ依存的な脂肪細胞分化抑制に必要である
        黒田美都; 和田洋樹; 植田和光; 木岡紀幸
        第36回日本分子生物学会, 2013年
      • 細胞外マトリックスの硬さを感知するメカノセンサーとしての“接着斑”
        木岡紀幸
        理研シンポジウム「最先端光計測とライフサイエンスの近未来-バイオラマン2017-, 2013年
      • 細胞外マトリクスの硬さの感知におけるビンキュリン-ビネキシンα相互作用
        市川尚文; 山下寛; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        第480回農芸化学会関西支部講演会, 2013年
      • 精製タンパク質を用いたヒトABCB6の機能解析
        大貫元; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        日本農芸化学会2013年度大会, 2013年
      • ビネキシンは細胞外基質の硬さに依存したアクチン繊維の増強に必要である
        市川尚文; 山下寛; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会2013年度大会, 2013年
      • 接着斑タンパク質ビンキュリン、ビネキシンは間葉系幹細胞の脂肪細胞分化を調節している
        和田洋樹; 山下寛; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会2013年度大会, 2013年
      • 接着斑タンパク質ビンキュリンの脂質ラフト局在化にはPIP2との相互作用が必要である
        長里彩花; 山下寛; 市川尚文; 松尾道憲; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会2013年度大会, 2013年
      • Vinexin-dependent distribution of vinculin to lipid rafts stabilizes vinculin at focal adhesions.
        H. Yamashita; A. Nagasato; T. Ichikawa; M. Matsuo; K. Ueda; N. Kioka
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2012年
      • Roles of Dlg5, a Crohn's disease associated protein, as a regulator of TGF-beta signals and epithelial to mesenchymal transition
        T. Sezaki; K. Inada; L. Tomiyama; K. Ueda; N. Kioka
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2012年
      • KATPチャネル複合体のサブユニット間相互作用部位の探索
        井上修一; 木村泰久; 木岡紀幸; 松尾道憲; 植田和光
        第85回日本生化学会大会, 2012年
      • ビネキシンファミリー(Sorbs)タンパク質三重発現抑制細胞の作製
        喜多真弘; 市川尚文; 瀬崎拓人; 松尾道憲; 植田和光; 木岡紀幸
        第35回日本分子生物学会, 2012年
      • ヒトABCB6の精製と機能解析
        大貫元; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        第85回日本生化学会大会, 2012年
      • ATP感受性カリウムチャネル複合体の精製と単粒子解析によるサブユニット構造決定
        YASUHISA KIMURA; Ryo Kanno; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Kaoru Mitsuoka; Hiroaki Kato; Kazumitsu Ueda
        第35回日本分子生物学会年会, 2012年
      • 細胞外マトリックスの堅さの感知におけるビンキュリン-ビネキシン相互作用
        木岡紀幸
        第35回日本分子生物学会年会, 2012年
      • クローン病関連タンパク質Dlg5とTGF-bI型及びII型受容体との相互作用
        瀬崎 拓人; Lucia Tomiyama; 植田 和光; 木岡 紀幸
        2012年度農芸化学会関西支部大会, 2012年
      • ヒトABCG1の大量発現、精製及び活性評価
        平山裕士; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        第7回トランスポーター研究会, 2012年
      • KATPチャネル複合体の単粒子解析
        木村泰久; 菅野亮; 松尾道憲; 木岡紀幸; 光岡薫; 加藤博章; 植田和光
        日本顕微鏡学会 第68回研究会, 2012年
      • 接着斑でのメカノセンシングにおけるビネキシンの役割
        山下 寛; 市川 尚文; 松山 大輔; 植田 和光; 木岡 紀幸
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • 間葉系幹細胞における接着斑タンパク質ビンキュリンの細胞外基質の堅さに応じた挙動変化
        和田 洋樹; 山下 寛; 植田 和光; 木岡 紀幸
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • 接着斑タンパク質ビンキュリンは脂質ラフトに局在する
        長里 彩花; 山下 寛; 市川 尚文; 植田 和光; 木岡 紀幸
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • クローン病関連タンパク質Dlg5とTGF-βI型受容体の結合部位の同定
        瀬崎 拓人; 市川 尚文; Lucia Tomiyama; 植田 和光; 木岡 紀幸
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • ビネキシンはビンキュリンの活性化を促進する
        市川 尚文; 山下 寛; 木村 泰久; 植田 和光; 木岡 紀幸
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • ヒトABCG1の精製および活性評価
        平山裕士; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • ヒト培養細胞を用いた哺乳類膜タンパク質大量生産系-KATPチャネル複合体の精製-
        木村泰久; 菅野亮; 松尾道憲; 木岡紀幸; 光岡薫; 加藤博章; 植田和光
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • 昆虫細胞を用いたヒトABCB6の大量発現および精製
        大貫元; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • 食品成分による生体タンパク質品質管理機構の活性化
        大西 康太; 中畑 恵利奈; 石坂 朱里; 河合 慶親; 寺尾 純二; 木岡 紀幸; 入江 一浩; 村上 明
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • 天然変性領域を介した蛋白質間相互作用と細胞外環境の感知
        木岡紀幸
        2012年度日本農芸化学会, 2012年
      • Both specific and non-specific protein modifications by zerumbone may contribute to its bioactivities.
        Kohta Ohnishi; Akari Ishisaka; Taiki Mori; Yoshichika Kawai; Junji Terao; Takeshi Ishii; Tsutomu Nakayama; Noriyuki Kioka; Kazuhiro Irie; Akira Murakami
        The 5th International Conference on Food Factors, 2011年11月, 査読有り
      • ヒト培養細胞による哺乳類膜タンパク質の大量発現系
        木村泰久; 菅野亮; 松尾道憲; 木岡紀幸; 光岡薫; 加藤博章; 植田和光
        第6回 トランスポーター研究会年会, 2011年06月11日
      • ヒト培養細胞を用いた哺乳類膜タンパク質大量発現系の構築 -KATPチャネル複合体の精製-
        木村泰久; 菅野亮; 松尾道憲; 木岡紀幸; 光岡薫; 加藤博章; 植田和光
        第37回 日本生体エネルギー研究会, 2011年
      • 高密度リポタンパク質(HDL)産生機構の解析? ABCA1のATPに依存した構造変化とapoA-I結合
        長尾耕治郎; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        2011年度 日本農芸化学会関西・中部支部合同大会, 2011年
      • ビンキュリンはビネキシンに依存して脂質ラフトと相互作用する
        山下 寛; 市川 尚文; 長里 彩花; 植田 和光; 木岡 紀幸
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • 大腸菌発現系による核内受容体Liver X receptor bの発現・精製
        竹田知世; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • ABCA1のC末端領域ロイシンジッパー様モチーフによる機能制御
        永岩耕太; 長尾耕治郎; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • ヒトABCG1の精製・活性評価系の構築
        平山裕士; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • ATP加水分解に依存したABCA1の細胞外領域の構造変化がapoA-Iとの結合に必須である
        長尾耕治郎; 高橋圭; 吾妻佑哉; 木村泰久; 松尾道憲; 木岡紀幸; 植田和光
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • ビネキシンはビンキュリンとアクチン繊維の複合体形成を促進する
        市川 尚文; 山下 寛; 木村 泰久; 植田 和光; 木岡 紀幸
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • クローン病関連タンパク質Dlg5/lp-dlgによるTGF-β受容体の分解制御
        瀬崎 拓人; Lucia Tomiyama; 稲田 康輝; 植田 和光; 木岡 紀幸
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • ヒト培養細胞による哺乳類膜タンパク質の大量発現系構築
        木村泰久; 菅野亮; 松尾道憲; 木岡紀幸; 光岡薫; 加藤博章; 植田和光
        第84回日本生化学会大会, 2011年
      • PKA forms a complex with WAVE2 and controls lamellipodia formation
        YAMASHITA Hiroshi; UEDA Kazumitsu; KIOKA Noriyuki
        日本細胞生物学会大会要旨集, 2010年05月07日, 査読有り
      • ビネキシンとビンキュリンの結合は接着班のビンキュリンを安定化させる
        木岡紀幸
        BMB2010, 2010年, 査読有り
      • クローン病関連因子Dlg5によるTGF-シグナル経路の制御
        木岡紀幸
        日本農芸化学会2011年度大会, 2010年, 査読有り
      • メカノセンサーとしてのビネキシン-ビンキュリン相互作用
        木岡紀幸
        日本農芸化学会2011年度大会, 2010年, 査読有り
      • 表皮細胞の運動と創傷治癒における細胞接着関連タンパク質ビネキシンの重要性
        木岡紀幸
        2010年度日本農芸化学会関西支部大会, 2010年, 査読有り
      • ビネキシンは接着斑におけるビンキュリンの動態を調節する
        Noriyuki Kioka
        Gordon Conferences "Signaling by adhesion receptor", 2010年, 査読有り
      • ヒト多剤トランスポーター(MDR1)の基質認識におけるコレステロールの寄与:コレステロール充填モデル
        木岡紀幸
        第5回トランスポーター研究会年会, 2010年, 査読有り
      • Novel post-translational regulation of ABCA1 in HDL formation
        Noriyuki Kioka
        Keystone Symposia Bioactive Lipids: Biochemistry and Diseases, 2010年, 査読有り
      • A novel post-translational regulation of ABCA1 to keep ABCA1 on standby for HDL formation in acute cholesterol accumulation
        Noriyuki Kioka
        HDL 2010 Workshop, 2010年, 査読有り
      • Zerumbone is covalently bound to the key proteins involved in inflammatory and self-defense mechanisms
        Noriyuki Kioka
        The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010年, 査読有り
      • ヒト培養細胞を用いたATP感受性カリウムチャネルの大量発現・精製手法の開発
        木村泰久; 平山裕士; 木岡紀幸; 松尾通憲; 加藤博章; 植田和光
        生化学, 2009年09月25日
      • ヒト培養細胞を用いたATP感受性カリウムチャネル複合体の大量生産,高純度精製
        木村泰久; 平山裕士; 松尾道憲; 木岡紀幸; 加藤博章; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月05日
      • クローン病関連タンパク質Dlg5/lp-dlgによるLLc-PK1細胞の上皮間葉転換の制御機構
        木岡紀幸
        第82回 日本生化学会大会, 2009年, 査読有り
      • PKAによる細胞運動制御機構の解析
        木岡紀幸
        第82回 日本生化学会大会, 2009年, 査読有り
      • Crohn’s Disease Associated Protein Dlg5/Lp-Dlg Controls Epithelial Mesenchymal Transition in Llcpk1
        Noriyuki Kioka
        ASCB 49th Annual Meeting, 2009年, 査読有り
      • PKA Forms a Complex with WAVE2 and Controls Lamellipodia Formation.
        Noriyuki Kioka
        ASCB 49th Annual Meeting, 2009年, 査読有り
      • アクチン重合活性化タンパク質WAVE2はPKAと複合体を形成する
        木岡紀幸
        日本農芸化学会2009年大会, 2009年, 査読有り
      • ヒト培養細胞を用いたヒトABCタンパク質大量発現・精製手法の構築
        木村泰久; 平山裕士; 木岡紀幸; 松尾道憲; 加藤博章; 植田和光
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2008年09月10日
      • Enhanced clustering of .ALPHA.5 integrin and fibronectin fibrillogenesis in vinexin deficient mouse embryonic fibroblasts
        TAKAHASHI Honami; TAKEGAMI Megumi; SOGABE Takayuki; UEDA Kazumitsu; KIOKA Noriyuki
        日本細胞生物学会大会要旨集, 2008年06月05日, 査読有り
      • ヒト培養細胞を用いたヒトABCトランスポーターの大量発現系の構築および精製条件スクリーニング手法の開発
        木村泰久; 平山裕士; 浅見成美; 木岡紀幸; 松尾道憲; 加藤博章; 植田和光
        生化学, 2008年
      • Dlg5/lp-dlgによるLLc-PK1細胞の上皮間葉転換の制御
        木岡紀幸
        平成20年度日本農芸化学会関西支部大会, 2008年, 査読有り
      • ビネキシン欠損細胞でのフィブロネクチン繊維化の亢進
        木岡紀幸
        第55回マトリックス研究会大会・第40回 日本結合組織学会学術大会, 2008年, 査読有り
      • がん遺伝子v-Src形質転換細胞におけるインテグリン裏打ちタンパク質ビネキシンのチロシンリン酸化
        木岡紀幸
        日本農芸化学会2008年大会, 2008年, 査読有り
      • Roles of Dlg5/lp-dlg in epithelial to mesenchymal transition of LLc-PK1 cells
        Noriyuki Kioka
        第60回 日本細胞生物学会大会, 2008年, 査読有り
      • A crucial role of vinexin for keratinocyte migration in vitro and epidermal wound healing in vivo
        Noriyuki Kioka
        第60回 日本細胞生物学会大会, 2008年, 査読有り
      • WAVE2はPKAホロ酵素と複合体を形成する」
        木岡紀幸
        第31回 日本分子生物学会年会・第81回 日本生化学会大会 合同大会, 2008年, 査読有り
      • Focal adhesion protein vinexin interacts with and stabilizes Wasp-family verprolin-homologous protein (WAVE) 2
        Masaru Mitushima; Takuhito Sezaki; Rje Akahane; Kazumitsu Ueda; Shiro Suetsugu; Tadaomi Takenawa; Noriyuki Kioka
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2005年06月
      • ERK2 activated by EGF and cell adhesion interacts with and phosphorylates vinexin
        O. Masaru Mitsushima; Kazumitsu Ueda; Noriyuki Kioka
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月
      • Functional analysis of ABCA3, an ABC protein highly expressed in alveolar type II cells
        Koh Nagata; Michinori Matsuo; Noriyuki Kioka; Nobuhiro Ban; Nobuya Inagaki; Kazumitsu Ueda
        CELL STRUCTURE AND FUNCTION, 2004年05月
      • Effects of mutations of ABCA1 in the first extracellular domain on subcellular trafficking and ATP binding/hydrolysis. (vol 278, pg 8815, 2003)
        AR Tanaka; S Abe-Dohmae; T Ohnishi; R Aoki; G Morinaga; K Okuhira; Y Ikeda; F Kano; M Matsuo; N Kioka; T Amachi; M Murata; S Yokoyama; K Ueda
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年04月
      • Fuel adhesion targeting of vinexin beta reveals a requirement for adhesion-dependent exposure of the polyproline region of vinculin
        DM Cohen; SW Craig; N Kioka
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2002年11月
      • ヒトMDR1の昆虫細胞での大量発現,精製及びATP加水分解活性の測定
        木村泰久; 森永学; 松尾道憲; 松本崇; 加藤博章; 木岡紀幸; 天知輝夫; 植田和光
        日本農芸化学会誌, 2001年03月05日
      • Comparative aspects of the function and mechanism of SUR1 and MDR1 proteins
        K Ueda; M Matsuo; K Tanabe; K Morita; N Kioka; T Amachi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOMEMBRANES, 1999年12月
      • Behavior of the 100-kDa protein, a novel mammalian splicing factor, in mouse preimplantation embryos.
        A Nishikimi; J Mukai; N Kioka; M Yamada
        BIOLOGY OF REPRODUCTION, 1999年
      • Effects of integrin activation on cell proliferation and the cell cycle.
        N Kioka; MJ Humphries; SK Akiyama
        FASEB JOURNAL, 1996年04月
      • Structures Directing Initiation of DNA Synthesis on Single-strand DNA Templates
        H. Sakai; J. D. Bahk; H. Hiasa; Y. Honda; K. Iwamoto; T. Horimoto; N. Kioka; G. N. Godson; T. Komano
        A Pre-symposium to the 14th International Congress of Biochemistry, Local Changes in DNA Structure and their Biological Implications, 1988年, 査読有り
      • Substrate entry mechanism of human MDR1
        Yasuhisa Kimura; Shuichi Inoue; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        7th FEBS special meeting “ATP-Binding Cassette (ABC) Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Diseases”
      • Analyses of chimera proteins of ABCA1 suggest the importance of the C-terminal domain of ABCA2 and ABCA13, linked to the Alzheimer’s disease and schizophrenia
        〇Yusuke Okamoto; Koh Nagata; Rinshi Kasai; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        7th FEBS special meeting “ATP-Binding Cassette (ABC) Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Diseases”
      • Functional analysis of transmembrane helix 4 of human ABCB4
        〇Shun Ogawa; Kento Suenaga; Noriyuki Kioka; Yasuhisa Kimura; Kazumitsu Ueda
        7th FEBS special meeting “ATP-Binding Cassette (ABC) Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Diseases”
      • Live cell analysis of the conformational changes in human multidrug transporter MDR1
        〇Ryota Futamata; Fumihiko; Ogasawara; Takafumi Ichikawa; Yasuhisa Kimura; Noriyuki Kioka; Kazumitsu Ueda
        7th FEBS special meeting “ATP-Binding Cassette (ABC) Proteins: From Multidrug Resistance to Genetic Diseases”
      • キメラタンパク質を用いたABCAサブファミリータンパク質のC末端領域の機能解析
        岡本雄介; 永田紅; 笠井倫志; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        日本農芸化学会 2018年度大会
      • 超音波処理を用いた接着斑単離法の確立
        柴原正和; 市川尚文; 箕浦広大; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会 2018年度大会
      • リン脂質輸送体ABCB4の 基質取り込みゲートの解析
        小川峻; 末永健人; 木岡紀幸; 木村泰久; 植田和光
        日本農芸化学会 2018年度大会
      • 間葉系幹細胞の細胞外基質の硬さに対する応答におけるSORBSファミリータンパク質の役割
        黒田美都; 植田和光; 木岡紀幸
        日本農芸化学会 2018年度大会
      • ヒト多剤排出ポンプMDR1 (ABCB1)の構造変化において ATPが果たす役割の検討
        二股良太; 小笠原史彦; 市川尚文; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        日本農芸化学会2018年度名古屋大会
      • ヒトABCB4の第4膜貫通ヘリックスの機能解析
        小川峻; 末永健人; 木岡紀幸; 木村泰久; 植田和光
        2017年度生命科学系学会合同年次大会
      • ABCA1は細胞内でコレステロールを動かすことによって細胞遊走を制御する
        伊藤志帆; 木岡紀幸; 植田和光
        2017年度生命科学系学会合同年次大会
      • 接着斑タンパク質ビネキシンがレチノイン酸により制御される間葉系幹細胞分化に与える効果
        高田恭子; 黒田美都; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        2017年度生命科学系学会合同年次大会
      • 接着斑タンパク質ビネキシンおよびCAPはYAP/TAZの核局在を調節する
        黒田美都; 植田和光; 木岡紀幸
        2017年度生命科学系学会合同年次大会
      • 細胞外マトリックスの硬さによる細胞分化制御へのビンキュリンーYAP/TAZ系の関与
        黒田美都; 市川尚文; 長里彩花; 大町朋弘; 木村泰久; 植田和光; 木岡紀幸
        2017年度生命科学系学会合同年次大会
      • ポルフィリンのカルボキシル基はヒトABCB6によるポルフィリン認識に重要である
        西澤奈美; 木村泰久; 大貫元; 木岡紀幸; 植田和光
        2017年度生命科学系学会合同年次大会
      • 定量的アプローチによるABCA1とapoA-Iによる脂質排出メカニズムの解明
        三好里奈; 小笠原史彦; 石神正登; 永田紅; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        2017年度生命科学系学会合同年次大会
      • 分子内FRETを用いたヒト多剤 排出ポンプMDR1(ABCB1)の 構造変化解析手法の確立
        二股良太; 小笠原史彦; 市川尚文; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        2017年度生命科学系学会合同年次大会
      • ヒトABCB4の基質取り込み経路の検討
        小川峻; 末永健人; 木岡紀幸; 木村泰久; 植田和光
        日本農芸化学会 関西・中四国・ 西日本支部 2017年度 合同大阪大会
      • 分子内FRETを用いたヒト多剤排出ポンプMDR1(ABCB1)変異体の構造変化解析
        二股良太; 小笠原史彦; 市川尚文; 木村泰久; 木岡紀幸; 植田和光
        日本農芸化学会 関西・中四国・ 西日本支部 2017年度 合同大阪大会
      • 間葉系幹細胞の脂肪細胞分化におけるビネキシンファミリータンパク質の役割
        黒田美都; 植田和光; 木岡紀幸
        第22回アディポサイエンス・シンポジウム
      • 細胞遊走とコレステロール合成に与えるABCA1の影響
        伊藤志帆; 木岡紀幸; 植田和光
        第69回日本細胞生物学会大会
      • ビンキュリンは細胞外基質の硬さに応じてTAZの核局在を促進し、脂肪細胞への分化 を抑制する
        黒田美都; 和田洋樹; 植田和光; 木岡紀幸
        第69回日本細胞生物学会大会
      • 細胞外基質の硬さの感知と収縮力発生におけるビネキシンファミリータンパク質の役割
        市川尚文; 喜多真弘; 植田和光; 木岡紀幸
        第69回日本細胞生物学会大会

      講演・口頭発表等

      • 膜領域としての細胞接着斑細胞膜
        木岡 紀幸
        第91回 日本生化学会大会シンポジウム, 2018年09月26日
      • Vinculin and SORBS (vinexin) family proteins in mechanosensing and mechanotransduction
        木岡 紀幸
        3rd International Symposium on Mechanobiology, 2017年12月12日, 招待有り
      • 細胞外マトリックスの硬さによる細胞分化制御へのビンキュリンーYAP/TAZ系の関与
        木岡 紀幸
        2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月07日
      • ビネキシンαの両親媒性ヘリックスはテーリンと協調的にビンキュリンと相互作用する
        日野 直也; 市川 尚文; 木村 泰久; 植田 和光; 木岡 紀幸
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2016年05月, (一社)日本細胞生物学会
      • 接着斑タンパク質ビネキシンαの両親媒性へリックスはビンキュリンの構造変化を引き起こすために必要である
        日野 直也; 市川 尚文; 木村 泰久; 植田 和光; 木岡 紀幸
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月, (公社)日本生化学会
      • ビネキシンαの両親媒性ヘリックスはビンキュリンの頭部と相互作用する
        日野 直也; 市川 尚文; 木村 泰久; 植田 和光; 木岡 紀幸
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2015年06月, (一社)日本細胞生物学会
      • 細胞外マトリックスの堅さの感知におけるビンキュリン-ビネキシン相互作用
        第35回日本分子生物学会 ワークショップ, 2012年12月11日, 分子生物学会

      書籍等出版物

      • 糖転移酵素遺伝子の単離と解析
        木岡 紀幸
        遺伝子の構造と機能//学会出版センター,/,173, 1998年, 査読無し

      Works(作品等)

      • ビネキシンによるJNK/SAPKの制御
        自 1999年
      • Regulation ob JNK/SAPK activation by vinexin
        自 1999年

      受賞

      • 2003年
        農芸化学奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 細胞外基質による細胞機能制御機構の包括的理解とその応用基盤の研究
        基盤研究(A)
        中区分38:農芸化学およびその関連分野
        京都大学
        木岡 紀幸
        自 2021年04月05日, 至 2025年03月31日, 交付
        接着斑;細胞外マトリックス;細胞分化;メカノバイオロジー;コラーゲン
      • 接着斑細胞膜は特殊な膜領域で細胞機能を調節するか?
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分38:農芸化学およびその関連分野
        京都大学
        木岡 紀幸
        自 2019年06月28日, 至 2022年03月31日, 交付
        接着斑;細胞外マトリックス;細胞膜;脂質
      • 細胞外基質の硬さによる細胞機能制御の分子機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分38060:応用分子細胞生物学関連
        京都大学
        木岡 紀幸
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        コラーゲン;細胞外マトリックス;細胞分化;接着斑;メカノバイオロジー;細胞接着;間葉系幹細胞;脂肪細胞;ビンキュリン;骨芽細胞
      • ビタミンAによる脂肪細胞の分化制御を調節する新規メカニズムの探索
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        木岡 紀幸
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ビタミンA;脂肪細胞;細胞外マトリックス;間葉系幹細胞;コラーゲン;レチノイン酸;分化
      • 脂肪細胞の褐色化を調節する新規メカニズムの探索と解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        木岡 紀幸
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        脂肪細胞;コラーゲン;メカノバイオロジー;褐色脂肪;細胞外マトリックス;褐色脂肪細胞
      • 細胞外マトリックスの硬さによる上皮管腔組織形成の制御
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        木岡 紀幸
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        細胞外マトリックス;嚢胞;管腔;乳腺上皮細胞;上皮細胞;管腔形成
      • メタボリック症候群改善を目指したマクロファージの細胞移動抑制因子の探索
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        木岡 紀幸
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        メタボリック症候群;糖尿病;マクロファージ;細胞遊走;細胞接着;炎症;生活習慣病
      • 細胞外基質の堅さの感知に関わる分子メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        木岡 紀幸
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        細胞外マトリックス;コラーゲン;メカノバイオロジー;がん;接着斑;細胞接着;生体分子;シグナル伝達;細胞・組織;癌;細胞分化
      • 環境センサーと環境コントローラーとしての接着領域裏打ちタンパク質の生理機能の解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        木岡 紀幸
        完了
        細胞接着;がん;細胞骨格;細胞外基質;シグナル伝達;細胞・組織;細胞外基室;コラーゲン
      • インテグリン裏打ち蛋白質とがん細胞の接着・運動制御
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        木岡 紀幸
        完了
        細胞接着;細胞骨格;アクチン;上皮間葉転換;ビネキシン;がん;細胞運動;シグナル伝達
      • 細胞接着斑裏打ち蛋白質ビネキシンの生理機能の解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        木岡 紀幸
        完了
        細胞運動;創傷治癒;上皮間葉転換;細胞接着;シグナル伝達;がん;再生医学;ビネキシン;細胞骨格;分化;アクチン;浸潤;足場依存性, Cell Adhesion;Wound healing;Tumorigenesis;Migration;Signal transduction
      • ABC蛋白の多機能性と生命維持機構
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        植田 和光
        完了
        ABC蛋白質;生活習慣病;コレステロール;糖尿病;癌;トランスポーター;ABCタンパク質;チャネル;動脈硬化;膜タンパク質;構造解析;遺伝病;ATP;レセプター
      • 細胞膜裏打ち蛋白質ビネキシンの生理機能の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        木岡 紀幸
        完了
        細胞接着;ビネキシン;ビンチュリン;足場依存性;裏打ちタンパク質;ビンキュリン;細胞骨格;アクチン;裏打ち蛋白質, Cell Adhesion;Vinexin;Vinculin;Anchorage-dependence;foal adhesion protein
      • コレステロール体内恒常性に関与するATP依存トランスポーターの分子基盤
        基盤研究(B)
        京都大学
        植田 和光
        完了
        コレステロール;トランスポーター;ABCタンパク質;動脈硬化;3次元構造解析;高脂血症;ABCA1;糖尿病;生活習慣病;リン脂質;構造解析, ABC proteins;cholesterol;atherosclerosis;α1-syntrophin;lipid;HDL;transporter;membrane
      • 細胞膜裏打ち蛋白質による足場依存的細胞増殖と浸潤の制御
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        木岡 紀幸
        完了
        細胞密着;細胞骨格;アクチン;ビネキシン;ビンキュリン;足場依存性;細胞接着;裏打ち蛋白質;増殖シグナル;MARK
      • 細胞の増殖シグナル及び癌の浸潤転移における新規裏打蛋白質ビネキシンの機能解析
        奨励研究(A)
        京都大学
        木岡 紀幸
        完了
        ビネキシン;足場依存性;増殖シグナル;ビンキュリン;MAPK;細胞接着;足場依存;細胞増殖;MAPキナーゼ
      • 細胞の増殖シグナル及び癌の浸潤転移における新規裏打蛋白質ビネキシンの機能解析
        特定領域研究(C)
        生物系
        京都大学
        木岡 紀幸
        完了
        細胞接着;ビンキュリン;足場依存;細胞増殖;MAPキナーゼ
      • 長鎖および極長鎖脂肪酸の合成および分解機構解明による脂質代謝調節
        基盤研究(B)
        京都大学
        天知 輝夫
        完了
        脂肪酸;コレステロール;リン脂質;ABCタンパク質;トランスポーター;ペルオキシソーム;ABCA1;動脈硬化;ATP;遺伝子;クローニング;ベーター酸化, fatty acids;cholesterol;phospholipids;ABC proteins;transporter;peroxisome;ABCA1;atherosclerosis
      • 裏打蛋白ビネキシンとSosの相互作用からみた細胞骨格とシグナル伝達のクロストーク
        特定領域研究(A)
        生物系
        京都大学
        木岡 紀幸
        完了
        SH3;Signal Transduction;JNK;Sos;vinculin
      • ABC蛋白の機能の多様性の分子基盤
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        植田 和光
        完了
        ABCタンパク質;トランスポーター;チャネル;動脈硬化;膜タンパク質;コレステロール;自己免疫疾患;生活習慣病;糖尿病;癌;遺伝病;ATP;レセプター;残耐射性
      • 細胞内ATPセンサーを介した新しいシグナル伝達機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        植田 和光
        完了
        ABCタンパク質;トランスポーター;K^+チャネル;CFTR;MDRI;SUR;シグナル伝達;ATP;P-糖タンパク質;MDR;MRP;糖尿病;癌;ABCス-パファミリー;k^+チャネル;多剤耐性;分子生物学;生化学, ABC proteins;transporter;K^+ channel;CFTR;MDRI;SUR;signal transductron;ATP
      • 接着阻害作用を有する脂溶性糖質からのがん転移阻害剤の分子設計
        基盤研究(B)
        三重大学
        柏村 直樹
        完了
        脂溶性糖質;がん転移阻害活性;ヒト培養がん細胞株;抗接着作用;部分ベンジル化糖;プリン誘導体;細胞接着阻害;がん転移阻害;抗炎症活性;部分置換糖質;ヒトがん細胞;マウス乳がん細胞;脂溶性糖質誘導体;がん転移自然モデル;がん転移血行モデル;細胞毒性;トリチルヌクレオシド;トリチルシクロデキストリン;がん転移;血管内皮細胞;接着分子;がん細胞浸潤;トリチル化糖, lipophilic sugars;antimetstatic activities;human cancer cell lines;antiadhesive action;partially benzylated sugars;purine derivatives
      • N-アセチルグルコサミン転移酵素I遺伝子の発現制御機構と機能の解析
        重点領域研究
        京都大学
        駒野 徹
        完了
        Glycosyltransferase;N-acetylglucosaminyltransferase
      • P糖蛋白質の物質輸送およびチャネル活性とATP加水分解の共役
        重点領域研究
        京都大学
        植田 和光
        完了
        多剤耐性;P-糖蛋白質;MDR1遺伝子;癌;トランスポーター;ATPase;クロライドチャネル;酵母
      • P-糖蛋白質の正常機能解析と誘導発現機構解析に基づいた多剤耐性克服法の開発
        がん特別研究
        京都大学
        植田 和光
        完了
        P糖蛋白質;多剤耐性;癌;抗癌剤;トランスポーター;癌遺伝子;ステロイドホルモン;シクロスポリンA
      • ステロイドホルモン・トランスポーターP-糖蛋白質の機能解析
        一般研究(C)
        京都大学
        植田 和光
        完了
        P-糖蛋白質;多剤耐性;MDR1遺伝子;ステロイドホルモン;物質輸送;分子生物学;癌;トランスポーター;ジゴキシン, P-glycoprotein;Multidrug resistance;Steroid hormone;MDR1 gene;Cancer;Transporter;Chemotherapy
      • P-糖蛋白質の正常機能解析と誘導発現機構解析に基づいた多剤耐性克服法の開発
        がん特別研究
        京都大学
        植田 和光
        完了
        多剤耐性;Pー糖蛋白質;MDR1遺伝子;遺伝子発現;癌遺伝子;分子生物学;免疫抑制剤;物質輸送
      • 新しい発現調節遺伝子の開発と利用
        一般研究(A)
        京都大学
        駒野 徹
        完了
        複製開始領域;Btのプロモーター;SSIシグナル;熱ショックレスポンス;多剤耐性;糖鎖工学;DNA合成開始領域;プライマ-ゼ結合部位;ステム・ル-プ構造;転写調節機構;CRP結合部位;部位特異的変異;融合遺伝子;転写調節部位, Replication initiation region;Promoter of BT;SSI signal;Heat shock response;Multi-drug resistance;Glyco-technology

      外部資金:その他

      • シグナル伝達と細胞分化におけるインテグリン裏打ちタンパク質の機能解析
      • インテグリン裏打ち蛋白質による細胞骨格と細胞運動の制御
        自 2002年
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生理化学概論
          X101, 後期集中, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          課題研究(応用生命科学科)
          5685, 通年, 農学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          細胞生化学専攻演習1
          CB17, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          細胞生化学専攻実験1
          CC17, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          構造生物学
          5638, 前期集中, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Advanced Applied Biochemistry
          CA29, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生命科学 III
          CA03, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子細胞生物学I
          5656, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          細胞生化学講義
          CA20, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          細胞生化学専攻実験2
          CC18, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          細胞生化学専攻演習2
          CB18, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生命科学入門III
          5605, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生理化学概論
          M212, 後期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子生物学実験
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          細胞生化学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          細胞生化学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子生物学実験
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子細胞生物学Ⅰ
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子細胞生物学Ⅰ
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子生物学実験
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          細胞生化学講義
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          細胞生化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          細胞生化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学Ⅰ
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子生物学実験
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          細胞生化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          細胞生化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          細胞生化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          情報基礎演習[農学部]
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子生物学実験
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学Ⅰ
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞生化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞生化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞生化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞生化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞生化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子生物学実験
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学Ⅰ
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞生化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞生化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞生化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞生化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞生化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞生化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞生化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子生物学実験
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞生化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞生化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞生化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞生化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞生化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞生化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞生化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子生物学実験
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用生命科学III
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞生化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞生化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞生化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞生化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞生化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子生物学II
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生命科学III
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞生化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞生化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞生化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞生化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞生化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Advanced Applied Biochemistry
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子生物学II
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学III
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞生化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞生化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞生化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞生化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞生化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Advanced Applied Biochemistry
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学I
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          専門外国書講読(応用生命)
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用生命科学 III
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用生命科学入門III
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          構造生物学
          前期集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞生化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞生化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞生化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞生化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞生化学講義
          前期集中, 農学研究科

        博士学位審査

        • Studies on a Bioactive Substance for Epidermal Barrier Improvement Derived from Fermented Barley Extract  (発酵大麦エキス由来皮膚バリア機能改善物質に関する研究)
          丸岡 生行, 農学研究科, 副査
          2021年11月24日
        • ABC蛋白質のATP共役機構と新規生理的役割に関する研究
          二股 良太, 農学研究科, 主査
          2022年03月23日
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            大学評価委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            評価委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            応用生命科学科長
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
            図書委員会 委員
          • 自 2005年04月01日, 至 2021年03月31日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究科教務委員会 委員

          ページ上部へ戻る