教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

菅瀬 謙治

スガセ ケンジ

農学研究科 応用生命科学専攻応用生化学講座 教授

菅瀬 謙治
list
    Last Updated :2024/07/02

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 自 2023年06月, 至 現在
      日本農芸化学会
    • 自 2021年, 至 現在
      日本生物物理学会
    • 自 2008年, 至 現在
      日本核磁気共鳴学会
    • 自 2008年, 至 現在
      日本蛋白質科学会

    学位

    • 修士(工学)(横浜国立大学)
    • 博士(工学)(横浜国立大学)

    経歴

    • 自 2022年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院農学研究科 応用生命科学専攻, 教授
    • 自 2015年02月, 至 2022年03月
      京都大学, 大学院工学研究科 分子工学専攻, 准教授
    • 自 2018年04月, 至 2019年03月
      大阪大学蛋白質研究所, Institute for Protein Research, 客員フェロー
    • 自 2011年01月, 至 2015年01月
      公益財団法人サントリー生命科学財団, 生物有機科学研究所, NMRグループ長 主席研究員
    • 自 2009年04月, 至 2015年01月
      神戸大学大学院, 工学研究科, 客員准教授
    • 自 2008年10月, 至 2010年12月
      財団法人サントリー生物有機科学研究所, NMRグループ長 主席研究員
    • 自 2008年04月, 至 2008年09月
      財団法人サントリー生物有機科学研究所, 主席研究員
    • 自 1997年04月, 至 2008年03月
      財団法人サントリー生物有機科学研究所, 研究員
    • 自 2005年09月, 至 2006年08月
      The Scripps Research Institute, Department of Molecular Biology, Senior Research Associate
    • 自 2003年09月, 至 2005年08月
      The Scripps Research Institute, Department of Molecular Biology, Research Associate

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/07/02

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        動的な溶液環境におけるタンパク質の凝縮機構に関する研究
        食品成分によるタンパク質の線維化抑制機構に関する研究
        凝集と共役したタンパク質翻訳による長期記憶形成機構に関する研究
      • 研究概要

        生体内は、血流の流れや神経細胞の電場などが存在する動的な溶液環境である。近年、このような動的な溶液環境に応答して、タンパク質が液-液相分離やアミロイド線維化することがわかってきた。液-液相分離やアミロイド線維化は長期記憶形成や神経変性疾患などに関連する。私は、この動的溶液環境に応答して形成する液-液相分離やアミロイド線維化する機構を研究している。また、食品成分によるアミロイド線維化の抑制機構や凝集についても研究している。

      研究キーワード

      • E-NMR
      • 核磁気共鳴
      • Rheo-NMR
      • タンパク質凝集
      • 生物物理学
      • 構造生物学

      論文

      • Optimizing in vitro expression balance of central dogma-related genes using parallel reaction monitoring
        Chisato Nishizawa; Shunsuke Aburaya; Yuishin Kosaka; Kenji Sugase; Wataru Aoki
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2024年05月, 査読有り
      • Applications of relaxation dispersion spectroscopy
        Sugase, K.
        Seikagaku, 2008年
      • Structural analysis of 11C, 15N labeled adenosine by solid-state NMR.
        Fujiwara, T.; Sugase, K.; Kainosyo, M.; Ono, A.; Akutsu, H.
        Nucleic acids symposium series, 1995年
      • An integrated approach of NMR experiments and MD simulations visualizes structural dynamics of a cyclic multi‐domain protein
        Tomoki Sorada; Erik Walinda; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase; Daichi Morimoto
        Protein Science, 2023年09月15日, 査読有り
      • Solution structure of the HOIL-1L NZF domain reveals a conformational switch regulating linear ubiquitin affinity
        Erik Walinda; Kenji Sugase; Naoki Ishii; Masahiro Shirakawa; Kazuhiro Iwai; Daichi Morimoto
        Journal of Biological Chemistry, 2023年08月, 査読有り
      • Conformational Fluctuations and Induced Orientation of a Protein, Its Solvation Shell, and Bulk Water in Weak Non-Unfolding External Electric Fields
        Yusuke Shuto; Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase
        The Journal of Physical Chemistry B, 2023年08月16日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 混雑環境がタンパク質の構造揺らぎと異常凝集体形成に影響を与える
        森本大智; Erik Walinda; 菅瀬謙治
        月刊「細胞」, 2023年03月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Rheo‐NMR Spectroscopy for Cryogenic‐Probe‐Equipped NMR Instruments to Monitor Protein Aggregation
        Daichi Morimoto; Erik Walinda; Akihiko Yamamoto; Ulrich Scheler; Kenji Sugase
        Current Protocols, 2022年12月, 査読有り, 招待有り
      • S03A3 Relaxation dispersion NMRによる準安定構造の検出(蛋白質の揺れ動く実像を捉える,シンポジウム,第45回日本生物物理学会年会)
        菅瀬 謙治; Dyson Jane H.; Wright Peter E.
        生物物理, 2007年
      • Counter-flow phenomena studied by nuclear magnetic resonance (NMR) velocimetry and flow simulations
        Benjamin Kohn; Erik Walinda; Kenji Sugase; Daichi Morimoto; Ulrich Scheler
        Physics of Fluids, 2022年07月, 査読有り
      • 1SB-02 Identification of an allosteric site from the analysis of protein fluctuation using NMR(1SB Exploring design principles of life,The 49th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan)
        Erisa Harada; Masakazu Sugishima; Jiro Harada; Masato Noguchi; Keiichi Fukuyama; Kenji Sugase
        Seibutsu Butsuri, 2011年, 最終著者, 責任著者
      • 1H1448 高圧NMR法で決定された高エネルギー状態が安定化されたユビキチン変異体の合理的設計と物性(蛋白質_物性 2,第49回日本生物物理学会年会)
        Souichiro Kitazawa; Maho Yagi; Kenji Sugase; Koichi Kato; Ryo Kitahara
        Seibutsu Butsuri, 2011年
      • 2P050 1E1435 障害性T細胞の機能にヒト主要組織適合複合体の揺らぎが与える影響について(蛋白質-物性(安定性,折れたたみなど),第48回日本生物物理学会年会)
        Saeko Yanaka; Kenji Sugase; Chihiro Motozono; Takamasa Ueno; Kouhei Tsumoto
        Seibutsu Butsuri, 2010年
      • 1SC0945 核内タンパク質の揺らぎと機能(1SC 生体分子の揺らぎと機能,第48回日本生物物理学会年会)
        Kenji Sugase; Erisa Harada
        Seibutsu Butsuri, 2010年, 筆頭著者, 責任著者
      • Expression, solubility monitoring, and purification of the co-folded LUBAC LTM domain by structure-guided tandem folding in autoinducing cultures.
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Tomoki Sorada; Kazuhiro Iwai; Kenji Sugase
        Protein Expression and Purification, 2021年11月, 査読有り, 最終著者
      • Effects of Weak Nonspecific Interactions with ATP on Proteins.
        Mayu Nishizawa; Erik Walinda; Daichi Morimoto; Benjamin Kohn; Ulrich Scheler; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase
        Journal of the American Chemical Society, 2021年08月11日, 査読有り, 責任著者
      • Multiple-State Monitoring of SOD1 Amyloid Formation at Single-Residue Resolution by Rheo-NMR Spectroscopy.
        Naoto Iwakawa; Daichi Morimoto; Erik Walinda; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase
        Journal of the American Chemical Society, 2021年07月21日, 査読有り, 責任著者
      • Backbone resonance assignments of the A2 domain of mouse von Willebrand factor.
        Daichi Morimoto; Masanori Osugi; Yutaka Mahana; Erik Walinda; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase
        Biomolecular NMR assignments, 2021年10月15日, 査読有り, 責任著者
      • Molecular recognition and deubiquitination of cyclic K48-linked ubiquitin chains by OTUB1
        Tomoki Sorada; Daichi Morimoto; Erik Walinda; Kenji Sugase
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2021年07月12日, 査読有り
      • Glycyrrhizin Derivatives Suppress Cancer Chemoresistance by Inhibiting Progesterone Receptor Membrane Component 1
        Yasuaki Kabe; Ikko Koike; Tatsuya Yamamoto; Miwa Hirai; Ayaka Kanai; Ryogo Furuhata; Hitoshi Tsugawa; Erisa Harada; Kenji Sugase; Kazue Hanadate; Nobuji Yoshikawa; Hiroaki Hayashi; Masanori Noda; Susumu Uchiyama; Hiroki Yamazaki; Hirotoshi Tanaka; Takuya Kobayashi; Hiroshi Handa; Makoto Suematsu
        Cancers, 2021年06月29日, 査読有り
      • Transient Diffusive Interactions with a Protein Crowder Affect Aggregation Processes of Superoxide Dismutase 1 β-Barrel.
        Naoto Iwakawa; Daichi Morimoto; Erik Walinda; Sarah Leeb; Masahiro Shirakawa; Jens Danielsson; Kenji Sugase
        The Journal of Physical Chemistry B, 2021年03月18日, 査読有り, 責任著者
      • Structural Dynamic Heterogeneity of Polyubiquitin Subunits Affects Phosphorylation Susceptibility
        Daichi Morimoto; Erik Walinda; Shingo Takashima; Mayu Nishizawa; Kazuhiro Iwai; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase
        Biochemistry, 2021年03月02日, 査読有り, 責任著者
      • Structural dynamics of double-stranded DNA with epigenome modification.
        Ayako Furukawa; Erik Walinda; Kyohei Arita; Kenji Sugase
        Nucleic Acids Research, 2021年01月25日, 査読有り, 責任著者
      • Rigorous analysis of the interaction between proteins and low water-solubility drugs by qNMR-aided NMR titration experiments
        Takuya Hirakawa; Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2021年10月06日, 査読有り, 責任著者
      • Quantitative monitoring of ubiquitination/deubiquitination reaction cycles by 18O-incorporation.
        Yuka Tanaka; Daichi Morimoto; Erik Walinda; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2020年08月20日, 査読有り
      • 剪断力により誘起される相分離の機構解明
        菅瀬 謙治; 関山 直孝; 吉田 紀生
        豊田研究報告 = Reports of Toyota Physical and Chemical Research Institute, 2020年05月, 招待有り
      • Pinpoint analysis of a protein in slow exchange using F1F2-selective ZZ-exchange spectroscopy: assignment and kinetic analysis
        Mayu Nishizawa; Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase
        Journal of Biomolecular NMR, 2020年05月, 査読有り, 責任著者
      • Conformational exchange in the potassium channel blocker ShK
        Naoto Iwakawa; Nicola J. Baxter; Dorothy C. C. Wai; Nicholas J. Fowler; Rodrigo A. V. Morales; Kenji Sugase; Raymond S. Norton; Mike P. Williamson
        Scientific Reports, 2019年12月17日, 査読有り
      • Topics from special edition 高感度Rheo-NMRによるアミロイド線維化過程のその場観察
        森本 大智; 菅瀬 謙治
        細胞, 2019年10月, 招待有り, 責任著者
      • Structural and thermodynamic basis for the recognition of the substrate-binding cleft on hen egg lysozyme by a single-domain antibody.
        Hiroki Akiba; Hiroko Tamura; Masato Kiyoshi; Saeko Yanaka; Kenji Sugase; Jose M. M. Caaveiro; Kouhei Tsumoto
        Scientific Reports, 2019年10月29日, 査読有り
      • Visualizing protein motion in Couette flow by all-atom molecular dynamics.
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Masahiro Shirakawa; Ulrich Scheler; Kenji Sugase
        Biochimica et Biophysica Acta General Subjects, 2020年02月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • NMR resonance assignments of the NZF domain of mouse HOIL-1L free and bound to linear di-ubiquitin.
        Naoki Ishii; Erik Walinda; Naoto Iwakawa; Daichi Morimoto; Kazuhiro Iwai; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        Biomolecular NMR assignments, 2019年04月, 査読有り
      • Backbone and side-chain resonance assignments of the methyl-CpG-binding domain of MBD6 from Arabidopsis thaliana.
        Naoto Iwakawa; Yutaka Mahana; Arina Ono; Izuru Ohki; Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        Biomolecular NMR assignments, 2019年04月, 査読有り
      • Overview of relaxation dispersion NMR spectroscopy to study protein dynamics and protein-ligand interactions.
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase
        Current Protocol in Protein Science, 2018年04月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Hydrogen-deuterium exchange profiles of polyubiquitin fibrils
        Daichi Morimoto; Ryo Nishizawa; Erik Walinda; Shingo Takashima; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        Polymers, 2018年02月27日, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Isolation and characterization of a minimal building block of polyubiquitin fibrils.
        Daichi Morimoto; Erik Walinda; Mayo Shinke; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        Scientific Reports, 2018年02月09日, 査読有り
      • Resolving biomolecular motion and interactions by R2 and R1ρ relaxation dispersion NMR
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase
        Methods, 2018年09月15日, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Elucidating functional dynamics by R1ρ and R2 relaxation dispersion NMR spectroscopy
        Erik Walinda; Kenji Sugase
        Experimental Approaches of NMR Spectroscopy: Methodology and Application to Life Science and Materials Science, 2017年11月23日, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Real-Time Observation of the Interaction between Thioflavin T and an Amyloid Protein by Using High-Sensitivity Rheo-NMR
        Naoto Iwakawa; Daichi Morimoto; Erik Walinda; Yasushi Kawata; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase
        International Journal of Molecular Sciences, 2017年10月28日, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Elucidation of potential sites for antibody engineering by fluctuation editing
        Saeko Yanaka; Yoshitaka Moriwaki; Kouhei Tsumoto; Kenji Sugase
        Scientific Reports, 2017年08月30日, 査読有り, 責任著者
      • High-Sensitivity Rheo-NMR Spectroscopy for Protein Studies
        Daichi Morimoto; Erik Walinda; Naoto Iwakawa; Mayu Nishizawa; Yasushi Kawata; Akihiko Yamamoto; Masahiro Shirakawa; Ulrich Scheler; Kenji Sugase
        Analytical Chemistry, 2017年07月18日, 査読有り, 責任著者
      • Biological and Physicochemical Functions of Ubiquitylation Revealed by Synthetic Chemistry Approaches
        Daichi Morimoto; Erik Walinda; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        International Journal of Molecular Sciences, 2017年05月27日, 査読有り, 招待有り
      • F1F2-selective NMR spectroscopy
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase
        Journal of Biomolecular NMR, 2017年05月, 査読有り, 責任著者
      • Exploration of the Conformational Dynamics of Major Histocompatibility Complex Molecules
        Saeko Yanaka; Kenji Sugase
        Frontiers in Immunology, 2017年05月29日, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Backbone resonance assignments of monomeric SOD1 in dilute and crowded environments
        Naoto Iwakawa; Daichi Morimoto; Erik Walinda; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        Biomolecular NMR Assignments, 2017年04月, 査読有り
      • Practical considerations for investigation of protein conformational dynamics by 15N R1ρ relaxation dispersion
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase
        Journal of Biomolecular NMR, 2017年03月, 査読有り, 責任著者
      • The helical propensity of the extracellular loop is responsible for the substrate specificity of Fe(III)-phytosiderophore transporters
        Erisa Harada; Kenji Sugase; Kosuke Namba; Yoshiko Murata
        FEBS Letters, 2016年12月, 査読有り
      • Ubiquitylation Directly Induces Fold Destabilization of Proteins
        Daichi Morimoto; Erik Walinda; Harumi Fukada; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        Scientific Reports, 2016年12月19日, 査読有り
      • Dynamics of the Extended String-Like Interaction of TFIIE with the p62 Subunit of TFIIH
        Masahiko Okuda; Junichi Higo; Tadashi Komatsu; Tsuyoshi Konuma; Kenji Sugase; Yoshifumi Nishimura
        Biophysical Journal, 2016年09月06日, 査読有り
      • Use of glass capillaries to suppress thermal convection in NMR tubes in diffusion measurements
        Takashi Iwashita; Tsuyoshi Konuma; Erisa Harada; Shoko Mori; Kenji Sugase
        Magnetic Resonance in Chemistry, 2016年09月, 査読有り
      • Dual function of phosphoubiquitin in E3 activation of parkin
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        Journal of Biological Chemistry, 2016年08月05日, 査読有り
      • Efficient identification and analysis of chemical exchange in biomolecules by R-1 rho relaxation dispersion with Amaterasu
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Mayu Nishizawa; Masahiro Shirakawa; Kenji Sugase
        Bioinformatics, 2016年08月15日, 査読有り, 責任著者
      • Quantitative analysis of protein-ligand interactions by NMR
        Ayako Furukawa; Tsuyoshi Konuma; Saeko Yanaka; Kenji Sugase
        Progress in Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy, 2016年08月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Haem-dependent dimerization of PGRMC1/Sigma-2 receptor facilitates cancer proliferation and chemoresistance
        Yasuaki Kabe; Takanori Nakane; Ikko Koike; Tatsuya Yamamoto; Yuki Sugiura; Erisa Harada; Kenji Sugase; Tatsuro Shimamura; Mitsuyo Ohmura; Kazumi Muraoka; Ayumi Yamamoto; Takeshi Uchida; So Iwata; Yuki Yamaguchi; Elena Krayukhina; Masanori Noda; Hiroshi Handa; Koichiro Ishimori; Susumu Uchiyama; Takuya Kobayashi; Makoto Suematsu
        Nature Communications, 2016年03月, 査読有り
      • Extracting protein dynamics information from overlapped NMR signals using relaxation dispersion difference NMR spectroscopy
        Tsuyoshi Konuma; Erisa Harada; Kenji Sugase
        Journal of Biomolecular NMR, 2015年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Dynamic changes in CCAN organization through CENP-C during cell-cycle progression
        Harsh Nagpal; Tetsuya Hori; Ayako Furukawa; Kenji Sugase; Akihisa Osakabe; Hitoshi Kurumizaka; Tatsuo Fukagawa
        Molecular Biology of the Cell, 2015年11月01日, 査読有り
      • Conformational propensities of intrinsically disordered proteins influence the mechanism of binding and folding
        Munehito Arai; Kenji Sugase; H. Jane Dyson; Peter E. Wright
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2015年08月, 査読有り
      • Backbone assignments of the apo and Zn(II) protoporphyrin IX-bound states of the soluble form of rat heme oxygenase-1
        Erisa Harada; Masakazu Sugishima; Jiro Harada; Masato Noguchi; Keiichi Fukuyama; Kenji Sugase
        Biomolecular NMR assignments, 2015年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Distal regulation of heme binding of heme oxygenase-1 mediated by conformational fluctuations
        Erisa Harada; Masakazu Sugishima; Jiro Harada; Keiichi Fukuyama; Kenji Sugase
        Biochemistry, 2015年01月20日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • NMR緩和分散法による動的構造解析
        菅瀬 謙治
        分光研究, 2015年01月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Revealing the peptide presenting process of human leukocyte antigen through the analysis of fluctuation
        Saeko Yanaka; Takamasa Ueno; Kouhei Tsumoto; Kenji Sugase
        Biophysics, 2015年, 査読有り, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • Solution Structure of the Ubiquitin-associated (UBA) Domain of Human Autophagy Receptor NBR1 and Its Interaction with Ubiquitin and Polyubiquitin
        Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase; Tsuyoshi Konuma; Hidehito Tochio; Masahiro Shirakawa
        Journal of Biological Chemistry, 2014年05月16日, 査読有り
      • Solid-state NMR spectra of lipid-anchored proteins under magic angle spinning
        Kaoru Nomura; Erisa Harada; Kenji Sugase; Keiko Shimamoto
        Journal of Physical Chemistry B, 2014年03月06日, 査読有り
      • Quantitative analysis of location- and sequence-dependent deamination by APOBEC3G using real-time NMR spectroscopy.
        Ayako Furukawa; Kenji Sugase; Ryo Morishita; Takashi Nagata; Tsutomu Kodaki; Akifumi Takaori-Kondo; Akihide Ryo; Masato Katahira
        Angewandte Chemie International Edition, 2014年02月24日, 査読有り
      • 2P064 NMRを用いた動的構造解析により明らかとなったヒト主要組織適合複合体のペプチド認識、及び構造維持機構(01C. 蛋白質:物性,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
        Yanaka Saeko; Sugase Kenji; Ueno Takamasa; Tsumoto Kouhei
        生物物理, 2014年
      • 1P035 Sox2 のDNA 結合ドメインの構造揺らぎとDNA 結合に付随するフォールディング(蛋白質: 構造機能相関,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
        Erisa Harada; Tsuyoshi Konuma; Syoko Mori; Kenji Sugase
        生物物理, 2014年, 最終著者, 責任著者
      • Peptide-dependent Conformational Fluctuation Determines the Stability of the Human Leukocyte Antigen Class I Complex
        Saeko Yanaka; Takamasa Ueno; Yi Shi; Jianxun Qi; George F. Gao; Kouhei Tsumoto; Kenji Sugase
        Journal of Biological Chemistry, 2014年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • 実践relaxation dispersion法
        菅瀬 謙治
        NMR, 2013年10月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Fast and accurate fitting of relaxation dispersion data using the flexible software package GLOVE
        Kenji Sugase; Tsuyoshi Konuma; Jonathan C. Lansing; Peter E. Wright
        Journal of Biomolecular NMR, 2013年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • Solution structure of the Q41N variant of ubiquitin as a model for the alternatively folded N2 state of ubiquitin
        Soichiro Kitazawa; Tomoshi Kameda; Maho Yagi-Utsumi; Kenji Sugase; Nicola J. Baxter; Koichi Kato; Michael P. Williamson; Ryo Kitahara
        Biochemistry, 2013年03月19日, 査読有り
      • 緩和分散NMR法による動的構造解析
        谷中 冴子、菅瀬 謙治
        蛋白質科学会アーカイブ, 2013年, 査読有り, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • The Monomer–Seed Interaction Mechanism in the Formation of the β2-Microglobulin Amyloid Fibril Clarified by Solution NMR Techniques
        Kotaro Yanagi; Kazumasa Sakurai; Yuichi Yoshimura; Tsuyoshi Konuma; Young-Ho Lee; Kenji Sugase; Takahisa Ikegami; Hironobu Naiki; Yuji Goto
        Journal of Molecular Biology, 2012年09月, 査読有り
      • 1PT112 Solution stucture of the alternatively folded state of ubiquitin(The 50th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan)
        Soichiro Kitazawa; Tomoshi Kameda; Maho Yagi; Kenji Sugase; Nicky Baxter; Koichi Kato; Michael P. Williamson; Ryo Kitahara
        Seibutsu Butsuri, 2012年
      • Boosting Protein Dynamics Studies Using Quantitative Nonuniform Sampling NMR Spectroscopy
        Yoh Matsuki; Tsuyoshi Konuma; Toshimichi Fujiwara; Kenji Sugase
        The Journal of Physical Chemistry B, 2011年11月24日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Elucidating slow binding kinetics of a protein without observable bound resonances by longitudinal relaxation NMR spectroscopy
        Kenji Sugase
        Journal of Biomolecular NMR, 2011年07月, 査読有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Lipopolysaccharide induces raft domain expansion in membrane composed of a phospholipid-cholesterol-sphingomyelin ternary system
        Kaoru Nomura; Masahide Maeda; Kenji Sugase; Shoichi Kusumoto
        Innate Immunity, 2011年06月
      • Calcitonin in a protochordate, Ciona intestinalis - the prototype of the vertebrate calcitonin/calcitonin gene-related peptide superfamily
        Toshio Sekiguchi; Nobuo Suzuki; Nobuyuki Fujiwara; Masato Aoyama; Tsuyoshi Kawada; Kenji Sugase; Yoshiko Murata; Yuichi Sasayama; Michio Ogasawara; Honoo Satake
        FEBS Journal, 2009年08月, 査読有り
      • Specific transporter for iron(III): Phytosiderophore complex involved in iron uptake by barley roots
        Yoshiko Murata; Emiko Harada; Kenji Sugase; Kosuke Namba; Manabu Horikawa; Jian Feng Ma; Naoki Yamaji; Daisei Ueno; Kyosuke Nomoto; Takashi Iwashita; Shoichi Kusumoto
        Pure and Applied Chemistry, 2008年01月01日
      • 低存在比の状態を解析する新しいNMR技術 : R_2分散法の開発
        菅瀬 謙治
        生物物理, 2008年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Relaxation Dispersion 法の生化学への応用
        菅瀬 謙治
        生化学, 2008年08月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Overexpression of post-translationally modified peptides in Escherichia coli by co-expression with modifying enzymes
        Sugase, K.; L; es, M.A.; Wright, P.E.; Martinez-Yamout, M.
        Protein Expression and Purification, 2008年02月, 査読有り, 筆頭著者
      • Tailoring Relaxation Dispersion Experiments for Fast-Associating Protein Complexes
        Kenji Sugase; Jonathan C. Lansing; H. Jane Dyson; Peter E. Wright
        Journal of the American Chemical Society, 2007年11月01日, 査読有り, 筆頭著者
      • Structural element responsible for the Fe(III)-phytosiderophore specific transport by HvYS1 transporter in barley
        Emiko Harada; Kenji Sugase; Kosuke Namba; Takashi Iwashita; Yoshiko Murata
        FEBS Letters, 2007年09月04日, 査読有り
      • 天然変性状態と遭遇複合体
        菅瀬 謙治
        蛋白質核酸酵素, 2007年08月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Solution structure of agelenin, an insecticidal peptide isolated from the spider Agelena opulenta, and its structural similarities to insect-specific calcium channel inhibitors
        Nahoko Yamaji; Kenji Sugase; Terumi Nakajima; Takafumi Miki; Minoru Wakamori; Yasuo Mori; Takashi Iwashita
        FEBS Letters, 2007年08月07日, 査読有り
      • レスベラトロールがメタボリックシンドロームを改善する?
        菅瀬 謙治
        ファルマシア, 2007年07月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Mechanism of coupled folding and binding of an intrinsically disordered protein
        Kenji Sugase; H. Jane Dyson; Peter E. Wright
        Nature, 2007年06月, 査読有り, 筆頭著者
      • Solution structure of IsTX, a male scorpion toxin from O-madagascariensis
        Nahoko Yamaji; Li Dai; Kenji Sugase; Marta Andriantsiferana; Terumi Nakajima; Takashi Iwashita
        Peptides 2004, Proceedings, 2005年, 査読有り
      • Solution structure of IsTX. A male scorpion toxin from Opisthacanthus madagascariensis (Ischnuridae)
        Nahoko Yamaji; Li Dai; Kenji Sugase; Marta Andriantsiferana; Terumi Nakajima; Takashi Iwashita
        European Journal of Biochemistry, 2004年09月10日, 査読有り
      • Receptor-bound characteristics of MiniANP analyzed by NMR, MM/MD, and the use of unusual amino acids
        K. Sugase; M. Horikawa; M. Ishiguro
        Peptide Revolution: Genomics, Proteomics & Therapeutics, 2004年, 査読有り
      • Restriction of a Peptide Turn Conformation and Conformational Analysis of Guanidino Group Using Arginine-Proline Fused Amino Acids:  Application to Mini Atrial Natriuretic Peptide on Binding to the Receptor
        Kenji Sugase; Manabu Horikawa; Masako Sugiyama; Masaji Ishiguro
        Journal of Medicinal Chemistry, 2004年01月01日, 査読有り, 筆頭著者
      • Structure–activity relationships for mini atrial natriuretic peptide by proline-Scanning mutagenesis and shortening of peptide backbone
        Kenji Sugase; Yoshiaki Oyama; Katsuhiko Kitano; Hideo Akutsu; Masaji Ishiguro
        Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2002年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Designing Analogues of Mini Atrial Natriuretic Peptide Based on Structural Analysis by NMR and Restrained Molecular Dynamics
        Kenji Sugase; Yoshiaki Oyama; Katsuhiko Kitano; Takashi Iwashita; Toshimichi Fujiwara; Hideo Akutsu; Masaji Ishiguro
        Journal of Medicinal Chemistry, 2002年02月01日, 査読有り, 筆頭著者
      • NMRと分子動力学計算による構造解析に基づいたminiANPのアナログデザイン
        菅瀬 謙治; 小山 嘉晃; 北野 勝彦; 岩下 孝; 藤原 敏道; 阿久津 秀雄; 石黒 正路
        情報化学討論会・構造活性相関シンポジウム講演要旨集, 2001年, 筆頭著者
      • Characterization of a Receptor-Bound Conformation of Mini Atrial Natriuretic Peptide
        K. Sugase; Y. Oyama; K. Kitano; T. Iwashita; T. Fujiwara; H. Akutsu; M. Ishiguro
        Biochemical Society Transactions, 2000年10月01日, 筆頭著者
      • Synthesis of the cyclic heptapeptide Substance P antagonist, dihydro-WIN67689 and determination of the stereochemistry of the modified tyrosine moiety
        Yuan-Qiang Li; Kenji Sugase; Masaji Ishiguro
        Tetrahedron Letters, 1999年12月, 査読有り
      • 13C-13C and 13C-15N Dipolar Correlation NMR of Uniformly Labeled Organic Solids for the Complete Assignment of Their 13C and 15N Signals: An Application to Adenosine
        Toshimichi Fujiwara; Kenji Sugase; Masatsune Kainosho; Akira Ono; Akira Ono; Hideo Akutsu
        Journal of the American Chemical Society, 1995年11月, 査読有り
      • 18 ムギネ酸類を介したイネ科植物の鉄取り込み機構(口頭発表の部)
        村田 佳子; 難波 康祐; 馬 建鋒; 菅瀬 謙治; 堀川 学; 岩下 孝; 楠本 正一
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2009年09月01日
      • Structural Insights into Methylated DNA Recognition by the Methyl-CpG Binding Domain of MBD6 from Arabidopsis thaliana
        Yutaka Mahana; Izuru Ohki; Erik Walinda; Daichi Morimoto; Kenji Sugase; Masahiro Shirakawa
        ACS Omega, 2022年01月19日, 査読有り

      MISC

      • ユビキチン化に伴うタンパク質構造不安定化
        森本大智; WALINDA Erik; 菅瀬謙治; 深田はるみ; 曽友深; 蔭山俊; 蔭山俊; 星野大; 藤井高志; 土屋光; 佐伯泰; 有田恭平; 有吉眞理子; 杤尾豪人; 岩井一宏; 難波啓一; 難波啓一; 小松雅明; 小松雅明; 田中啓二; 白川昌宏
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2014年
      • ヒト主要組織適合複合体の揺らぎが安定性に与える影響について
        谷中冴子; 菅瀬謙治; 上野貴将; 津本浩平
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2012年
      • ヒト主要組織適合複合体の安定化機構に関する解析
        谷中冴子; 菅瀬謙治; 上野貴将; 津本浩平
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2012年
      • ヒト主要組織適合複合体(HLA)の揺らぎが傷害性T細胞(CTL)に与える影響について
        谷中冴子; 菅瀬謙治; 上野貴将; 津本浩平
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2011年
      • ヒト主要組織適合複合体の動的構造と傷害性T細胞の活性の関連について
        谷中冴子; 上野貴将; 本園千尋; 菅瀬謙治; 津本浩平
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2010年
      • ヒト主要組織適合複合体の動的なペプチド認識および構造維持機構
        谷中冴子; 菅瀬謙治; 上野貴将; 津本浩平
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2013年
      • NMRを用いたヒト主要組織適合複合体の動的なペプチド認識及び構造維持機構の解明
        谷中冴子; 上野貴将; YI Shi; QI Jianxun; GAO George; 津本浩平; 菅瀬謙治
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2013年
      • Characterization of a Receptor-Bound Conformation of Mini Atrial Natriuretic Peptide
        SUGASE Kenji; OYAMA Yoshiaki; KITANO Katsuhiko; IWASHITA Takashi; FUJIWARA Toshimichi; AKUTSU Hideo; ISHIGURO Masaji
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2001年03月01日
      • The deamination of APOBEC3G os controlled by the sliding-direction-dependent catalytic activity, and anti-prion activity of an RNA aptamer and its structural basis
        Furukawa, A; Sugase, K; Morishita, R; Nagata, T; Takaori-Kondo, A; Ryo, A; Mashima, T; Nishikawa, F; Nishikawa, S; Kamatari, Y; Kuwata, K; Katahira, M
        The 10th Korea-Japan Bilateral Symposium, 2013年, 招待有り
      • タンパク質の構造破綻とその関連疾患 物性化学から臨床まで 細胞内におけるユビキチン陽性タンパク質凝集体の形成機構の解明
        森本 大智; ヴァリンダ・エリック; 深田 はるみ; 菅瀬 謙治; 蔭山 俊; 星野 大; 難波 啓一; 小松 雅明; 田中 啓二; 白川 昌宏
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2016年09月
      • 細胞周期中のCCANの構成の動的な変化(Dynamic Change of CCAN organization during the cell cycle)
        Nagpal Harsh; 堀 哲也; Furukawa Ayako; 菅瀬 謙治; 越阪部 晃永; 胡桃坂 仁志; 深川 竜郎
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • Deamination mechanism of an anti-HIV APOBEC3G coupled with sliding on single-stranded DNA as analyzed by real-time NMR monitoring method
        K. Kanba; A. Furukawa; K. Sugase; T. Nagata; M. Katahira
        The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry.Fukuoka, 2014年11月
      • Real-time NMR monitoring of enzymatic reaction of anti-HIV protein, structure of anti-prion RNA aptamer and wood biomass analysis
        Kanba, K; Mashima, T; Okamura, H; Furukawa, A; Sugase, K; Nishimura, H; Watanabe, T; Nagata, T; Katahira, M
        The 5th Japan-Taiwan NMR symposium, 2014年09月
      • Functional mechanism of an anti-HIV protein, APOBEC3G, as revealed by real-time NMR monitoring of its enzymatic reaction
        K. Kanba; A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; T. Nagata; M. Katahira
        XXVIth International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems.Dallas, 2014年08月
      • The Dynamic Peptide Recognition And Stabilization Mechanism Of Human Leukocyte Antigen B*35:01
        Saeko Yanaka; Takamasa Ueno; Kouhei Tsumoto; Kenji Sugase
        PROTEIN SCIENCE, 2014年07月
      • Elucidation Of The Nonspecific DNA-Binding Mechanism Of The POU Homeodomain Using NMR
        Tsuyoshi Konuma; Erisa Harada; Takashi Oda; Mamoru Sato; Kenji Sugase
        PROTEIN SCIENCE, 2014年07月
      • Functional mechanism of anti-HIV protein, APOBEC3G, elucidated by real-time monitoring of enzymatic reaction, and anti-prion activity of an RNA aptamer with its structural basis
        K. Kanba; A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; T. Nagata; M. Katahira
        The 45th Annual Meeting of Korean Magnetic Resonance Society, 2014年07月, 招待有り
      • ヘムオキシゲナーゼ分子表面に存在するF79の変異導入解析から見出された電子伝達機構
        原田 二朗; 原田 英里砂; 東元 祐一郎; 佐藤 秀明; 杉島 正一; 平 順一; 福山 恵一; 菅瀬 謙治; 野口 正人
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2012年12月
      • 抗HIV宿主因子 APOBEC3Gの位置依存的デアミネーション反応機構の解明
        Furukawa, A; Sugase, K; Morishita, R; Nagata, T; Ryo, A; Takaori, A; Katahira, M
        日本生物物理学会第50回年会.名古屋, 2012年09月
      • Elucidation of the location-dependent deamination reaction mechanism of an anti-HIV factor,APOBEC3G
        A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; A. Ryo; A. akaori; T. Nagata; M. Katahira
        XXV international Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems,2012.Lyon,2012.8.19-24., 2012年08月
      • Anti-prion activity and it strucural basis of RNAaptamer, and sliding-direction-dependent deaminase activity of anti-HIV enzyme
        T. Mashima; A. Furukawa; K. Sugase; H. Fujiwara; F. Nishikawa; R. Morishita; A. Ryo; Y. Kamatari; T. Nagata; S. Nishikawa; K. Kuwata; M. Katahira
        XXV international Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems,2012.Lyon,2012.8.19-24., 2012年08月
      • アミロイド線維形成時に現れる過渡的中間体のキャラクタリゼーション
        柳浩太郎; 櫻井一正; 吉村優一; 小沼剛; LEE Young‐Ho; 菅瀬謙治; 池上貴久; 内木宏延; 後藤祐児
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2012年05月31日
      • Sliding-direction-dependent activity of anti-HIV enzyme,and structural basis of anti-prion activity of RNA aptamer
        Furukawa, A; Mashima, T; Sugase, K; Fujiwara, H; Nagata, T; Morishita, R; Ryo, A; Nishikawa, F; Nishikawa, S; Kamatari, KO; Kuwata, K; Katahira, M
        Korea-Japan Bilateral NMR Symposium,2012.Seoul,2012.3.16, 2012年03月16日
      • Design Strategy for High Free-Energy States of Proteins Based on High-Pressure NMR Study: Alternatively Folded Conformation of Ubiquitin
        Ryo Kitahara; Soichiro Kitazawa; Maho Yagi-Utsumi; Akemi Ido; Makoto Urushitani; Kenji Sugase; Koichi Kato
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2012年01月
      • Real-time monitoring of the cytidine deamination along single-stranded DNA by an anti-HIV factor, APOBEC3G
        Furukawa, A; Sugase, K; Morishita, R; Nagata, T; Ryo, A; Takaori, A; Katahira, M
        The International Symposium on Nuclear Magnetic Resonance 2011, 2011年11月
      • Base-deamination rate dependent on the direction of sliding of an enzyme along DNA as revealed by numerical analysis of NMR data, and wood biomass studied by solution NMR
        NISHIMURA Hiroshi; FURUKAWA Ayako; OKAMURA Hideyasu; KOZAWA Yu; MORISHITA Ryo; RYO Akihide; SUGASE Kenji; WATANABE Takashi; KATAHIRA Masato
        Abstr Annu Meet NMR Soc Jpn, 2011年10月21日, 査読有り
      • ヘムオキシゲナーゼの変異体の解析から考察される電子伝達経路
        原田 二朗; 原田 英里砂; 東元 祐一郎; 佐藤 秀明; 杉島 正一; 平 順一; 福山 恵一; 菅瀬 謙治; 野口 正人
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2011年09月
      • 溶液NMRによるβ2ミクログロブリンアミロイド線維形成のモノマー‐線維核相互作用機構の解明
        櫻井一正; 柳浩太郎; 吉村優一; 小沼剛; 菅瀬謙治; 池上貴久; 内木宏延; 後藤祐児
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2011年05月27日
      • SOLUTION STRUCTURE OF ISTX, A MALE SCORPION TOXIN FROM O. MADAGASCARIENSIS
        N. Yamaji; L. Dai; K. Sugase; M. Andriantsiferana; T. Nakajima; T. Iwashita
        JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, 2004年
      • Receptor-bound characteristics of minianp analyzed by NMR, MM/MD, and the use of unusual amino acids
        K Sugase; M Horikawa; M Ishiguro
        BIOPOLYMERS, 2003年
      • 同位体標識生体分子構造解析のための多次元固体高分解能NMR
        佐々 建太郎; 菅瀬 謙治; 森川 晋司; 藤原 敏道; 阿久津 秀雄
        生物物理, 1997年10月

      講演・口頭発表等

      • Rheo-NMRによる アミロイド線維化過程のリアルタイム計測
        菅瀬謙治
        第42回 日本認知症学会学術集会, 2023年11月25日, 招待有り
      • 動的溶液環境下の タンパク質の動的構造
        菅瀬謙治
        基雕加5学最新NMR解析法 第7回ワークショップ タンパク質のダイナミクスと機能, 2023年10月03日, 招待有り
      • NMRによる動的溶液環境に応答する天然変性タンパク質の動的構造解析
        菅瀬謙治
        2022年度 中性子構造生物学研究会「天然変性タンパク質」, 2023年03月22日, 招待有り
      • High-sensitivity Rheo-NMR
        Kenji Sugase
        The 7th International Symposium on Drug Discovery and Design by NMR, 2022年10月27日, 招待有り
      • Mechanism of amyloid fibrillation of a protein driven by flow-induced physical perturbation
        Kenji Sugase
        Joint Meeting of the 20th KIAS Conference on "Protein Structure and Function", 2022年09月14日, 招待有り
      • 基礎講座
        菅瀬謙治
        第21回若手NMR研究会, 2021年09月, 招待有り
      • Rheo-NMRによるタンパク質のアミロイド線維化過程のリアルタイム計測
        菅瀬謙治
        第21回日本蛋白質科学会年会, 2021年06月, 招待有り
      • 高感度Rheo-NMRによる剪断流中のタンパク質の動的構造解析
        菅瀬謙治
        20-1 NMR研究会, 2020年12月20日, 招待有り
      • In situ Monitoring of Amyloid Fibril Formation Processes Using Rheo-NMR
        Sugase K; Morimoto D; Walinda E; Iwakawa N; Yamamoto A; Scheler U
        8th Asia-Pacific NMR Symposium 2019, 2019年07月04日, 招待有り
      • In situ monitoring of amyloid fibril formation processes using Rheo-NMR
        Kenji Sugase
        RIKEN Symposium Recent Progress in Protein Conformation and Aggregation, 2019年01月24日, 招待有り
      • 高感度Rheo-NMRによるタンパク質線維化のその場解析
        菅瀬 謙治
        日本表面真空学会 2018年9月研究例会, 2018年09月28日, 招待有り
      • High-Sensitivity Rheo-NMR Spectroscopy for Protein Studies
        Kenji Sugase
        JGP-Chem Kyoto-Bordeaux Faculty & Student Research Workshop on Chiral Nanostructures for Photonic Applications, 2017年10月26日, 招待有り
      • 天然変性タンパク質の 動的構造研究の進展
        菅瀬 謙治
        第89回 日本生化学会大会, 2016年09月27日, 招待有り
      • Elucidation of potential sites for antibody engineering by fluctuation editing
        Kenji Sugase
        The 5th International Symposium on Drug Discovery and Design by NMR, 2016年08月30日, 招待有り
      • 天然変性タンパク質の 多様な標的分子結合機構
        菅瀬 謙治
        第16回 日本蛋白質科学会年会, 2016年06月09日, 招待有り
      • NMRによる生体高分子の動的構造解析
        菅瀬 謙治
        新学術領域「柔らかな分子系」ワークショップ 『ダイナミクス観測からタンパク質の「柔らかさ」を観る』, 2016年03月01日, 招待有り
      • NMRによる天然変性タンパク質の 動的構造の先端研究
        菅瀬 謙治
        日本分光学会NMR分光部会 集中講義, 2015年09月30日, 招待有り
      • Heme oxygenase-2 activity regulated by the C-terminal intrinsically disordered region
        Kenji Sugase
        The 11th Japan-Korea Bilateral Symposium on Biological NMR & International NMR Symposium on Pharmaceutical NMR, 2014年12月19日, 招待有り
      • ヒト主要組織適合複合体の 動的なペプチド認識と構造維持機構
        菅瀬 謙治
        日本生物物理学会 東北支部会2014, 2014年09月05日, 招待有り
      • Structural dynamics of Sox2 upon binding to DNA
        Kenji Sugase
        ICMRBS XXVI, 2014年08月25日, 招待有り
      • Dynamics of nuclear proteins analyzed by relaxation NMR spectroscopy
        Kenji Sugase
        The 4th Asia Pacific Protein Association Conference, 2014年05月18日, 招待有り
      • HLA-HIV由来抗原ペプチド複合体-水 のダイナミクスと抗原提示能
        菅瀬謙治
        関西創薬化学コミュニティ, 2014年03月07日, 招待有り
      • Mechanism of the distal regulation of substrate binding through intrinsic fluctuation in an enzyme
        Kenji Sugase
        The 10th Korea-Japan Bilateral Symposium on Biological NMR, 2013年07月04日, 招待有り
      • 揺らぎが制御するヘム分解酵素反応の遠位効果
        菅瀬謙治
        第14回若手NMR研究会, 2013年06月30日, 招待有り
      • Regulation of substrate-binding by a hidden distal effect via intrinsic fluctuation
        Kenji Sugase
        Academia Sinica Seminor, 2013年01月30日, 招待有り
      • R2 dispersion spectroscopy
        Kenji Sugase
        2013 Taiwan magnetic resonance society annual meeting, 2013年01月29日, 招待有り
      • Mechanism of coupled folding and binding of an intrinsically disordered protein
        Kenji Sugase
        2013 Taiwan magnetic resonance society annual meeting, 2013年01月29日, 招待有り
      • Regulation of substrate-binding by a hidden distal effect via intrinsic fluctuation
        Kenji Sugase
        4-th France-Japan Joint Seminar, 2013年01月07日, 招待有り
      • Relaxation NMR for protein dynamics and interaction studies
        菅瀬謙治
        Pharmaceutical NMR lecture series in Osaka, 2012年10月25日, 招待有り
      • 動的構造解析による酵素ヘムオキシゲナーゼのヘム認識機構の解明
        菅瀬謙治
        第45回構造生物応用研究会, 2012年06月16日, 招待有り
      • 揺らぎから機能をどのように見るか
        菅瀬謙治
        よこはまNMR構造生物学研究会 第43回ワークショップ:計算科学とNMRの融合に向けて, 2012年02月06日, 招待有り
      • 天然変性タンパク質の共役した折り畳みと結合のメカニズム
        菅瀬謙治
        神戸大学先端融合科学シンポジウム, 2012年01月30日, 招待有り
      • 蛋白質の構造変化を捉えるNMR分光法
        菅瀬謙治
        京都大学分子工学コロキウム, 2011年12月20日, 招待有り
      • 動的構造解析による酵素ヘムオキシゲナーゼの機能発現メカニズムの解明
        菅瀬謙治
        第17回創薬情報研究会, 2011年09月13日, 招待有り
      • ヘム分解酵素の動的構造解析-蛋白質工学への応用をめざして
        菅瀬謙治
        よこはまNMR構造生物学研究会 第41回ワークショップ 「最先端NMR技術で切り拓く構造生物学の未来」, 2011年03月02日, 招待有り
      • 核内蛋白質の構造変化と機能
        菅瀬謙治
        首都大学東京コロキウム, 2011年01月26日, 招待有り
      • NMRによる蛋白質の動的構造解析 -核内蛋白質と酵素の標的分子認識機構-
        菅瀬謙治
        大阪大学バイオ関連多目的研究施設セミナー, 2010年11月11日, 招待有り
      • Fluctuation and function of nuclear proteins
        菅瀬謙治; 原田英里砂
        第48回日本生物物理学会年会, 2010年09月20日, 招待有り
      • NMRによるヘムオキシゲナーゼのヘム認識機構の解明
        原田英里砂; 杉島正一; 野口正人; 福山恵一; 菅瀬謙治
        大阪大学蛋白質研究所セミナー, 2010年07月30日, 招待有り
      • NMRによる天然変性タンパク質の動的構造解析
        菅瀬謙治
        第10回日本蛋白質科学会年会, 2010年06月18日, 招待有り
      • 動きの面から見た核内タンパク質の機能
        菅瀬謙治
        ターゲットタンパク研究プログラム第3回研究交流会, 2010年03月04日, 招待有り
      • 天然変性状態と機能の相関
        菅瀬謙治
        第32回日本分子生物学会年会, 2009年12月11日, 招待有り
      • Elucidating protein-protein interactions using relaxation dispersion spectroscopy
        菅瀬謙治
        大阪大学 産業科学研究所セミナー, 2009年10月16日, 招待有り
      • 天然変性タンパク質の構造と機能の最前線
        菅瀬謙治
        第49回生命科学 夏の学校, 2009年08月30日, 招待有り
      • 天然変性タンパク質の構造変化と機能
        菅瀬謙治
        北海道大学セミナー, 2009年06月01日, 招待有り
      • Elucidating protein-protein interactions using relaxation spectroscopy on high-field NMR
        Kenji Sugase
        IMS Nanoforum “New Vistas of Molecular Sciences by Ultra-high Field NMR Spectroscopy”, 2009年01月22日, 招待有り
      • Relaxation Dispersion法を用いた機能相関
        菅瀬謙治
        BMB2008, 2008年12月11日, 招待有り
      • NMRで分かる分子間相互作用のダイナミクス
        菅瀬謙治
        立命館大学理工学研究所シンポジウム タンパク質NMR研究の最前線, 2008年11月29日, 招待有り
      • 緩和速度解析による“見えない相互作用”の検出
        菅瀬謙治
        理研NMR講演会, 2008年10月06日, 招待有り
      • NMRで分かるタンパク質のダイナミクス
        菅瀬謙治
        第9回若手NMR研究会, 2008年09月15日, 招待有り
      • NMRで分かる分子間相互作用のダイナミクス
        菅瀬謙治
        横浜市立大学セミナー, 2008年09月05日, 招待有り
      • 天然変性蛋白質と遭遇複合体
        菅瀬謙治; H. Jane Dyson; Peter E. Wright
        第8回日本蛋白質科学会年会, 2008年06月10日, 招待有り
      • NMRによる構造変化の研究
        菅瀬謙治
        大阪大学蛋白質研究所セミナー, 2008年03月03日, 招待有り
      • Relaxation dispersion NMRによる準安定構造の検出
        菅瀬謙治; H. Jane Dyson; Peter E. Wright
        日本生物物理学会第45回年会, 2007年12月21日, 招待有り
      • 天然変性蛋白の連結した結合と折り畳みのメカニズム
        菅瀬謙治
        GCOE・P&P先端技術講習会, 2007年11月07日, 招待有り
      • Protein-protein interaction characterized by NMR relaxation dispersion spectroscopy
        Kenji Sugase
        International Symposium on Drug Discovery and Design by NMR, 2007年10月22日, 招待有り
      • NMR Relaxation dispersion法により描写される蛋白質-蛋白質相互作用の中間体
        菅瀬謙治
        日本薬学会東海支部 特別講演会, 2007年09月19日, 招待有り
      • 結合と連動した蛋白質フォールディングの熱力学と動力学
        菅瀬謙治; H. Jane Dyson; Peter E. Wright
        大阪大学蛋白質研究所セミナー, 2006年09月29日, 招待有り
      • タンパク質の構造解析手法と In silicoスクリーニングへの応用事例 ~AlphaFold、In silico創薬、NMR、X線、クライオ電子顕微鏡~
        森本大智; 菅瀬謙治, 分担執筆, 第3節 タンパク質を多角的に捉えるNMR測定法
        技術情報協会, 2023年07月
      • NMRによる有機材料分析とその試料前処理、データ解釈
        森本大智; 菅瀬謙治, 共著, 第2節 Rheo-NMRによる生体高分子の動的構造解析
        技術情報協会, 2021年09月
      • Experimental Approaches of NMR Spectroscopy
        Walinda E; Sugase K, 共著, chapter 7: Elucidating functional dynamics by R1ρ and R2 relaxation dispersion NMR spectroscopy.
        Springer, 2018年, 査読無し
      • 揺らぎ・ダイナミクスと生体機能 物理化学的視点から見た生体分子
        菅瀬 謙治, 共著, 5章 NMR
        化学同人, 2013年09月, 査読無し
      • Handbook of Oxytocin Research: Synthesis, Storage and Release, Actions and Drug Forms
        Kawada T; Sekiguchi T; Sugase K; Kanda A; Satake H, 共著, 59-85
        Nova Science Publishers, 2009年, 査読無し
      • Water and Biomolecules: Physical Chemistry of Life Phenomena (Biological and Medical Physics, Biomedical Engineering)
        Wright PE; Felitsky DJ; Sugase K; Dyson HJ, 共著, 1-11
        Springer-Verlag, 2009年, 査読無し

      産業財産権

      • 特願2023-170462, 剪断流を発生させる器具
        菅瀬謙治; 森本大智; 山本昭彦; 保科好秀
      • 特許第7255801号, 特開2020-204481, 特願2019-111013, 剪断流を発生させる器具
        菅瀬謙治; 森本大智; 保科好秀

      メディア報道

      • ATPがタンパク質凝集を抑制
        科学新聞, 3面, 2021年08月20日, 新聞・雑誌
      • たんぱく質アミロイド線維化 ATP、結合抑える
        日刊工業新聞, 17面, 2021年08月13日, 新聞・雑誌
      • 高分解能で過程観察 アミロイド線維化発症の仕組み解明へ
        日刊工業新聞2, 2021年07月20日, 新聞・雑誌

      外部資金:科学研究費補助金

      • NMRによる二本鎖DNAの局所的な構造ゆらぎの研究
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2021年09月10日, 至 2023年03月31日, 交付
        NMR;二本鎖DNA;動的構造;エピゲノム修飾;溶液環境
      • 液-液相分離から始まるαシヌクレインのアミロイド線維化機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分43040:生物物理学関連
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        液-液相分離;アミロイド線維;αシヌクレイン;剪断流;Rheo-NMR;アミロイド線維化
      • 細胞内のタンパク質と薬剤の解離定数を決定するための新規方法論開発
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2020年07月30日, 至 2022年03月31日, 完了
        タンパク質-薬剤相互作用;難水溶性薬剤;解離定数;in-cell NMR;19F-NMR;化学交換;タンパク質‐薬剤相互作用;細胞内環境;NMR
      • Rheo-NMRによる乱流の速度イメージング
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分13:物性物理学およびその関連分野
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2018年10月09日, 至 2022年03月31日, 完了
        Rheo-NMR;速度イメージング;off-center Couette cell;乱流;タンパク質凝集;線維化
      • Rheo-NMRによる夾雑環境と剪断力がタンパク質の安定性に及ぼす影響の解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        細胞内夾雑環境;タンパク質;安定化/不安定化;アミロイド線維化;ATP;NMR;Rheo-NMR;夾雑環境;剪断力;安定性;細胞抽出液
      • Rheo-NMRによるアミロイド線維化機構の解明と新規Rheo-NMR装置の開発
        挑戦的研究(萌芽)
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2017年06月30日, 至 2020年03月31日, 完了
        Rheo-NMR;タンパク質;アミロイド線維;NMR;レオロジー;蛋白質;生物物理;流体
      • PINK1/リン酸化ユビキチンによるユビキチン転移酵素Parkinの活性化機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        parkin;リフォールディング;大量発現系;NMR;タンパク質;分子認識;Parkin;ユビキチン;動的構造;PINK1;リン酸化ユビキチン;蛋白質;生物物理;高分子構造・物性
      • 超高速in-cell NMR動的構造解析法によるSox2の細胞内動態解明
        挑戦的萌芽研究
        公益財団法人サントリー生命科学財団
        菅瀬 謙治
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        in-cell NMR;タンパク質;揺らぎ;高速測定;高速NMR法
      • 非特異―特異複合体形成の動的構造解析による転写因子のDNA認識機構の解明
        若手研究(B)
        公益財団法人サントリー生命科学財団
        原田 英里砂
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        NMR;蛋白質構造
      • 天然変性タンパク質としての観点に基づくiPS細胞誘導因子Sox2の動態と機能解析
        若手研究(B)
        公益財団法人サントリー生命科学財団;(財)サントリー生物有機科学研究所
        菅瀬 謙治
        自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        分子認識及び相互作用;分子認識および相互作用
      • スルホベタイン類によるタンパク質凝集防止機構の解明と不安定タンパク質への応用
        基盤研究(C)
        群馬大学
        若松 馨
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        タンパク質;凝集防止;安定化;スルホベタイン;メカニズム;運動性;オスモライト;分子サイズ;溶解度;凝集;変性;抗体;精製;収率;効率化;構造多型;NMR;NDSB;立体構造解析
      • イネ科植物のムギネ酸類による鉄取り込み機構の解明
        基盤研究(B)
        公益財団法人サントリー生命科学財団
        村田 佳子
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        ムギネ酸;鉄錯体;イネ科植物;トランスポーター;ファイトシデロフォア;ムギネ酸鉄錯体トランスポーター;基質選択性;イネ科食物;オオムギ;光親和標識体;鉄輸送;標識体
      • 天然変性タンパク質の動的構造解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        横浜市立大学
        明石 知子
        自 2009年07月23日, 至 2014年03月31日, 完了
        蛋白質;生体分子;NMR;質量分析;天然変性;NMR;蛋白;生子
      • NMR緩和分散法によるiPS細胞誘導因子Oct3/4の揺らぎの検出
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        公益財団法人サントリー生命科学財団
        菅瀬 謙治
        自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        揺らぎの検出;蛋白質;NMR
      • 膜との相互作用によるグレリンの生理活性の調節機構
        若手研究(B)
        (財)サントリー生物有機科学研究所
        菅瀬 謙治
        自 2003年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        グレリン;リン脂質膜;マイクロカロリメトリー
      • Rheo-NMRとRheo-MDによるタンパク質が流れの中で会合する機構解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        剪断流;会合;Rheo-NMR;Rheo-MD;αシヌクレイン
      • NMRを用いた動的溶液環境に応答するタンパク質の原子レベル解析
        学術変革領域研究(B)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2022年05月20日, 至 2025年03月31日, 交付
        ATP;非膜オルガネラ;アミロイド線維;Rheo-NMR;電場NMR;in-cell NMR;膜なしオルガネラ
      • 動的溶液科学の推進
        学術変革領域研究(B)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        関山 直孝
        自 2022年05月20日, 至 2025年03月31日, 交付
        液液相分離;非膜型オルガネラ;天然変性タンパク質;アミロイド線維;動的溶液環境;液-液相分離;アミロイド線維化
      • 電場中のタンパク質の解析基盤構築とその応用
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        菅瀬 謙治
        自 2022年10月07日, 至 2026年03月31日, 交付
        電場;NMR;タンパク質;電気泳動;凝集
      • 溶液環境による分子凝集制御機構の究明と分子設計ツールの創成
        基盤研究(B)
        小区分32010:基礎物理化学関連
        名古屋大学
        吉田 紀生
        自 2024年04月01日, 至 2028年03月31日, 交付
        3D-RISM;酸化還元;超分子ゲル;分子シミュレーション;モンテカルロ法

      外部資金:その他

      • 電場中の生体分子の挙動を原子レベルで解析できる高感度・高分解能 電場NMR装置の開発 (2023年度分)
        公益財団法人JKA, 自転車等機械振興事業
        自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
        研究代表者
      • 酸化還元状態と共役したタンパク質の液-液相分離の解析と制御を可能にする分子ツールの開発
        豊田理研, 豊田理研スカラー共同研究
        自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
        菅瀬謙治
      • 操作性良く高感度測定ができる新型Rheo-NMR装置の開発  (2022年度分)
        公益財団法人JKA, 自転車等機械振興事業
        自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
        研究代表者
      • 緑茶カテキンによるアミロイド線維化抑制機構の解明
        一般財団法人東洋水産財団, 学術研究助成
        自 2022年06月01日, 至 2023年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 新型コロナウイルス感染の重篤化に繋がるvWFが流れにより構造変化する機構の解明
        公益財団法人小柳財団, 研究助成
        自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 新型コロナ感染の重症化を引き起こす vWF の構造変化機構の解明
        東京化成化学振興財団, 研究助成
        自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 生命科学におけるATP-Mg会合体の構造と機能の解明
        京都大学教育研究振興財団, 研究活動推進支援
        自 2020年05月01日, 至 2021年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 光照射化における励起状態解析に基づく機能性分子の物性評価
        公益財団法人豊田理化学研究所, 豊田理研スカラー共同研究(Phase 2)
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 光照射化における励起状態解析に基づく機能性分子の物性評価
        公益財団法人豊田理化学研究所, 豊田理研スカラー共同研究(Phase 1)
        自 2019年11月01日, 至 2020年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 剪断力により誘起される相分離の機構解明
        公益財団法人豊田理化学研究所, 豊田理研スカラー共同研究(Phase 2)
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 剪断力により誘起される相分離の機構解明
        公益財団法人豊田理化学研究所, 豊田理研スカラー共同研究 (Phase 1)
        自 2018年11月01日, 至 2019年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 世界最高感度Rheo-NMR装置の開発
        公益財団法人豊田理化学研究所, 豊田理研スカラー
        自 2018年04月01日, 至 2018年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 緑茶カテキンによるパーキンソン病予防効果の科学的立証
        一般財団法人生産開発科学研究所, 生研学術奨励資金
        自 2018年02月01日, 至 2019年01月31日
        代表
      • in-cell NMRによる細胞中のライソゾーム病関連酵素の構造解析
        日本応用酵素協会, 酵素研究助成
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • Rheo-NMR法によるアミロイド線維形成メカニズムの解明
        自然科学研究機構, 融合発展促進研究プロジェクト
        自 2016年10月01日, 至 2018年03月31日
        菅瀬 謙治
        代表
      • 操作性良く高感度測定ができる新型Rheo-NMR装置の開発 補助事業 (2021年度分)
        公益財団法人JKA, 自転車等機械振興事業
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表
      • Mechanism of the coupled folding and binding of an intrinsically disordered protein
        The Skaggs Scholarship
        自 2005年09月01日, 至 2006年08月31日
        Kenji Sugase
      list
        Last Updated :2024/07/02

        教育

        担当科目

        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          応用生命科学 III
          CA03, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生体高分子化学講義
          CA21, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          Advanced Applied Biochemistry
          CA29, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生体高分子化学専攻演習
          CF02, 前期, 農学研究科, 1.5
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生体高分子化学専攻演習
          CF02, 後期, 農学研究科, 1.5
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生体高分子化学専攻実験
          CG02, 前期, 農学研究科, 3
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生体高分子化学専攻実験
          CG02, 後期, 農学研究科, 3
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          一般生体高分子化学
          5633, 前期, 農学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          分析化学
          5622, 前期, 農学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          応用生命科学入門I
          5601, 前期, 農学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          応用生命科学概論
          5801, 前期, 農学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生体高分子構造論
          5635, 後期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生体高分子化学講義
          CA21, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          応用生命科学 III
          CA03, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          Advanced Applied Biochemistry
          CA29, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生体高分子化学専攻演習2
          CB20, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生体高分子化学専攻演習1
          CB19, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生化学実験
          5669, 通年集中, 農学部, 3
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生体高分子化学専攻実験2
          CC20, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生体高分子化学専攻実験1
          CC19, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生体高分子構造論
          5635, 後期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          一般生体高分子化学
          5633, 前期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          分析化学
          5622, 前期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          応用生命科学入門I
          5601, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Advanced Applied Biochemistry
          CA29, 後期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理化学基礎及び演習
          7102, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学専攻実験1
          CC19, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学専攻演習1
          CB19, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学講義
          CA21, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生命科学 III
          CA03, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学専攻演習2
          CB20, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生体高分子化学専攻実験2
          CC20, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生命科学入門I
          5601, 前期, 農学部, 2
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理化学III(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物理化学III(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体分子機能化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          化学実験の安全指針
          前期集中, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理化学III(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          化学実験の安全指針
          前期集中, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理化学III(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体分子機能化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          化学実験の安全指針
          前期集中, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理化学III(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理化学基礎及び演習
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学実験の安全指針
          前期集中, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理化学基礎及び演習[工化4]
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理化学Ⅲ(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生体分子機能化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子分光学
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学実験の安全指針
          前期集中, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理化学III(先端化学)
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理化学基礎及び演習[工化4]
          前期, 工学部

        博士学位審査

        • Physiological and biochemical studies on microbial 2´-deoxyribonucleotide biosynthesis and oxidative pyrimidine metabolism(微生物の2′-デオキシリボヌクレオチド生合成および酸化的ピリミジン代謝に関する生理学的ならびに生化学的研究)
          出口 賢児, 農学研究科, 副査
          2024年03月25日
        • Insights into the structure and functionality of feruloyl esterases for the efficient utilization of lignocellulosic biomass(リグノセルロース系バイオマスの有効活用に向けたフェルラ酸エステラーゼの構造と機能に関する研究)
          APISAN PHIENLUPHON, エネルギー科学研究科, 副査
          2024年03月25日
        • Development of functional cellomics for comprehensive analysis of the relationship between neural networks and behavior in Caenorhabditis elegans(線虫の神経ネットワークと行動の連関を網羅的に解析するためのファンクショナルセロミクス法の開発)
          山内 悠至, 農学研究科, 主査
          2023年03月23日
        • Development of Direct Electron Transfer-Type Cascade System by Alcohol and Aldehyde Dehydrogenases(アルコール/アルデヒド脱水素酵素による直接電子移動型カスケード反応系の開発)
          足立 大宜, 農学研究科, 副査
          2023年03月23日

        指導学生の業績:受賞

        • APNMR Poster Award
          Kota Yoshioka, ISMAR-APNMR2021, 2021年08月27日
        • APNMR Poster Award
          Takuya Hirakawa, ISMAR-APNMR, 2021年08月27日
        list
          Last Updated :2024/07/02

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2023年04月01日, 至 2025年03月31日
            将来構想検討委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
            工学研究科・工学部図書委員会 委員
          list
            Last Updated :2024/07/02

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2023年05月, 至 現在
              関西支部参与会, 日本農芸化学会
            • 自 2023年03月, 至 現在
              会誌編集委員, 日本生物物理学会

            学術貢献活動

            • 動的溶液環境によるタンパク質の自己凝縮メカニズムの探求:新たな視点と未来への展望
              企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等
              第24回日本蛋白質科学会年会, 自 2024年06月12日
            • 動的溶液環境が駆動する生体内液液相分離とアミロイド線維化
              企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等
              第61回日本生物物理学会年会, 自 2023年11月15日
            • 動的溶液環境の視点から切り拓くタンパク質の自己凝縮過程の統合的理解
              企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等
              第23回日本蛋白質化学会, 自 2023年07月07日
            • 動的溶液環境が駆動するタンパク質凝集
              企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等
              第60回日本生物物理学会, 自 2022年09月28日
            • 動的溶液環境が駆動する天然変性タンパク質の自己凝縮過程
              企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等
              第22回日本蛋白質科学会, 自 2022年06月09日

            ページ上部へ戻る