教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

池田 俊太郎

イケダ シュンタロウ

農学研究科 応用生物科学専攻動物遺伝増殖学講座 准教授

池田 俊太郎
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部 資源生物科学科

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      ikeda.syuntaro.6ukyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 希少動物人工繁殖研究会(J-AREA)
    • 日本繁殖生物学会
    • 日本畜産学会
    • IETS(International Embryo Transfer Society)
    • SSR(Society for the Study of Reproduction)
    • International Society for DOHaD
    • Japanese Study Group on Artificial Reproduction of Endangered Animals
    • Society for Reproduction and Development (SRD)
    • Japanese Society of Animal Science
    • IETS(International Embryo Transfer Society)
    • SSR(Society for the Study of Reproduction)
    • International Society for DOHaD

    学位

    • 修士(農学)(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2019年04月, 至 現在
      京都大学大学院農学研究科准教授
    • 自 2007年04月, 至 2019年03月
      京都大学大学院農学研究科助教, Graduate School of Agriculture
    • 自 2006年09月, 至 2007年03月
      京都大学大学院農学研究科助手, Graduate School of Agriculture
    • 自 2006年04月, 至 2006年08月
      財団法人わかやま産業振興財団プロジェクト研究員
    • 自 2003年04月, 至 2006年03月
      日本学術振興会特別研究員
    • 自 2004年04月, 至 2005年04月
      内2004.4-2005.4 スペイン国SERIDA研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        哺乳動物の受精卵の発生・分化におよぼす環境要因の影響とその評価
      • 研究概要

        サステナビリティ「持続可能性」は近未来の地球上生命の安定した存続のためには取り組むべき重要な課題と言えますが、宇宙科学・地球科学的視点でとらえれば地球の環境はもともと全く持続的ではありません。天体の衝突、宇宙線、火山活動、地震といった地球上生命の活動とは別次元の要因によって地球環境は大きな変化を繰り返してきました。そんな中での、地球上生命の約40億年にわたる「生殖(分野によって繁殖とも言いますが、英語ではどちらもReproductionです)」の持続可能性にワクワクしています。「生殖」を可能にしてきたシステム・メカニズムとそれを脅かす要因についての研究にドキドキしながら取り組んでいます。翻って「生殖」の研究から、本当の意味での「持続可能性」のヒントが得られるような気がしています。

      研究キーワード

      • 家畜・牛・ほ乳類・環境・卵子・胚仔・胎仔・母子・遺伝子
      • gene expression
      • maternal-neonatal
      • maternal-fetal
      • fetus
      • embryo
      • oocyte
      • environmental factors
      • mammal
      • cattle
      • domestic animals

      研究分野

      • ライフサイエンス, 動物生産科学
      • ライフサイエンス, 動物生産科学

      論文

      • Genome-wide profiling of histone H3K4me3 and H3K27me3 modifications in individual blastocysts by CUT&Tag without a solid support (NON-TiE-UP CUT&Tag)
        Kazuki Susami; Shuntaro Ikeda; Yoichiro Hoshino; Shinnosuke Honda; Naojiro Minami
        Scientific Reports, 2022年07月, 査読有り, 責任著者
      • Comparative analysis of histone H3K27me3 modifications between blastocysts and somatic tissues in cattle
        Satomi Yamazaki; Shuntaro Ikeda; Naojiro Minami
        Animal Science Journal, 2022年01月, 査読有り, 責任著者
      • 体外受精卵産子はなぜ過大子が生まれるのか
        池田俊太郎
        家畜診療, 2021年11月, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 初期胚のエピゲノムと生殖補助医療における潜在的重要性
        池田俊太郎
        第13回生殖補助医療胚培養士セミナー要旨集, 2021年09月, 招待有り, 責任著者
      • Comparative analysis of histone H3K4me3 modifications between blastocysts and somatic tissues in cattle
        Mao Ishibashi; Shuntaro Ikeda; Naojiro Minami
        Scientific Reports, 2021年04月, 査読有り, 責任著者
      • Embryonic MTHFR contributes to blastocyst development
        Hiroki Ishitani; Shuntaro Ikeda; Kai Egashira; Miki Sugimoto; Shinichi Kume; Naojiro Minami; Takeshi Ohta
        Journal of Assisted Reproduction and Genetics, 2020年08月, 査読有り, 責任著者
      • H4K20 monomethylation inhibition causes loss of genomic integrity in mouse preimplantation embryos
        Daiki SHIKATA; Takuto YAMAMOTO; Shinnosuke HONDA; Shuntaro IKEDA; Naojiro MINAMI
        Journal of Reproduction and Development, 2020年, 査読有り
      • Synthesis and maintenance of lipid droplets are essential for mouse preimplantation embryonic development
        Ryutaro Aizawa; Megumi Ibayashi; Takayuki Tatsumi; Atsushi Yamamoto; Toshiaki Kokubo; Naoyuki Miyasaka; Ken Sato; Shuntaro Ikeda; Naojiro Minami; Satoshi Tsukamoto
        Development, 2019年11月15日, 査読有り
      • 大学のデスクに座って考えたウシ体外受精卵生産の課題
        池田 俊太郎
        日本胚移植学雑誌, 2019年04月, 査読有り, 招待有り, 責任著者
      • Effects of supplemental water-soluble β-carotene on IgA induction in the intestine and mammary glands of lactating mice.
        Murata R; Sugimoto M; Ikeda S; Nakatsuji Y; Kume S
        Trace Nutrients Research, 2018年12月, 査読有り
      • 栄養素による初期胚のエピジェネティック制御 ―DOHaDの視点から―
        池田 俊太郎
        日本胚移植学雑誌, 2018年09月, 責任著者
      • Effects of supplemental β-carotene on colostral immunoglobulin and plasma β-carotene and immunoglobulin in Japanese Black cows
        Ishida M; Nishijima Y; Ikeda S; Yoshitani K; Obata A; Sugie Y; Aoki Y; Yamaji T; Fujita M; Nakatsuji Y; Kume S
        Anim. Sci. J., 2018年08月, 査読有り
      • Long-term culture of undifferentiated spermatogonia isolated from immature and adult bovine testes
        Suyatno; Yuka Kitamura; Shuntaro Ikeda; Naojiro Minami; Masayasu Yamada; Hiroshi Imai
        Molecular Reproduction and Development, 2018年03月01日, 査読有り
      • The RPMI-1640 vitamin mixture promotes bovine blastocyst development in vitro and downregulates gene expression of TXNIP with epigenetic modification of associated histones
        S. Ikeda; M. Sugimoto; S. Kume
        Journal of Developmental Origins of Health and Disease, 2018年02月01日, 査読有り, 責任著者
      • Lipofection of siRNA into bovine 8-16-cell stage embryos using zona removal and the well-of-the-well culture system
        Shuntaro Ikeda; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        Journal of Reproduction and Development, 2018年, 査読有り, 責任著者
      • Role of methionine adenosyltransferase 2A in bovine preimplantation development and its associated genomic regions
        Shuntaro Ikeda; Ryouka Kawahara-Miki; Hisataka Iwata; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年06月, 査読有り, 責任著者
      • Effects of β-carotene-enriched dry carrots on β-carotene status and colostral immunoglobulin in β-carotene-deficient Japanese Black cows.
        Nishijima Y; Taniguchi S; Ikeda S; Yoshitani K; Hamano T; Tani H; Fujita M; Murakami K; Kogusa K; Sato K; Sugimoto M; Kume S
        Anim. Sci. J., 2017年04月, 査読有り
      • 泌乳マウスの小腸と乳腺における免疫グロブリンA産生に及ぼす乾燥ニンジンの影響
        阪上真優; 池田俊太郎; 杉本実紀; 小草啓輔; 佐藤健史; 久米新一
        関西畜産学会報, 2017年03月, 査読有り
      • 黒毛和種繁殖牛の分娩直後の血漿中免疫グロブリン濃度の変動要因と分娩後の血漿中免疫グロブリン濃度に及ぼす乾燥ニンジン給与の影響
        石田真穂; 西島嘉隆; 谷口紗耶; 北村勇人; 池田俊太郎; 葭谷健一; 濱野貴史; 谷浩; 藤田雅彦; 村上賢司; 小草啓輔; 佐藤健史; 杉本実紀; 久米新一
        日本畜産学会報, 2017年, 査読有り
      • 黒毛和種繁殖牛の分娩前後の血漿成分に及ぼす乾燥ニンジン給与の影響
        葭谷健一; 谷口紗耶; 濱野貴史; 谷浩; 藤田雅彦; 村上賢司; 池田俊太郎; 小草啓輔; 佐藤健史; 久米新一
        肉用牛研究会報, 2017年, 査読有り
      • Relationships between immunoglobulin M and immunoglobulin G or A in colostrum of Japanese black multiparous cows
        Saya Taniguchi; Mengdong Wang; Shuntaro Ikeda; Hidetugu Yoshioka; Hiroshi Nagase; Shoko Kitamura; Erina Itoyama; Hiroaki Murakami; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2016年04月, 査読有り
      • 離乳仔マウスと泌乳マウスのIgA産生に及ぼすペプチド亜鉛の影響
        橋本知明; 松山奈央; 杉本実紀; 池田俊太郎; 久米新一
        微量栄養素研究, 2016年, 査読有り
      • 家畜初期胚におけるニュートリエピジェネティクス-One-carbon metabolism の初期胚発生における役割-
        池田 俊太郎
        栄養生理研究会報, 2016年, 査読有り, 責任著者
      • Methionine-dependent histone methylation at developmentally important gene loci in mouse preimplantation embryos
        Mari Kudo; Shuntaro Ikeda; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        JOURNAL OF NUTRITIONAL BIOCHEMISTRY, 2015年12月, 査読有り, 責任著者
      • Relationships between immunoglobulin and fat-soluble vitamins in colostrum of Japanese Black multiparous cows
        Mengdong Wang; Shuntaro Ikeda; Hidetugu Yoshioka; Hiroshi Nagase; Shoko Kitamura; Erina Itoyama; Hiroaki Murakami; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2015年07月, 査読有り
      • 離乳後マウスの小腸におけるIgA 産生に及ぼすビタミンC の影響(論文)
        泉谷紗也佳; 杉本実紀; 池田俊太郎; 久米新一
        微量栄養素研究, 2015年, 査読有り
      • 黒毛和種繁殖牛の初乳中免疫グロブリン含量に及ぼす乾燥ニンジン給与の影響
        谷口紗耶; 王蒙東; 池田俊太郎; 吉岡秀貢; 長瀬祐士; 北村祥子; 糸山恵理奈; 村上弘明; 小草啓輔; 佐藤健史; 杉本実紀; 久米新一
        日本畜産学会報, 2015年, 査読有り
      • 泌乳マウスの乳腺における免疫グロブリンA産生に及ぼすガラクトオリゴ糖の影響
        酒井豪太; 前田佳祐; 杉本実紀; 池田俊太郎; 木村一雅; 久米新一
        日本畜産学会報, 2015年, 査読有り
      • 泌乳マウスの飲水量と腎機能に及ぼす塩化カリウム給与水準の影響
        宿院享; 杉本実紀; 池田俊太郎; 久米新一
        日本畜産学会報, 2014年12月, 査読有り
      • The Effects of Calcitonin on the Development of and Ca2+ Levels in Heat-shocked Bovine Preimplantation Embryos In Vitro
        Shumpei Kamano; Shuntaro Ikeda; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2014年08月, 査読有り, 責任著者
      • Effects of astaxanthin-enriched yeast on mucosal IgA induction in the jejunum and ileum of weanling mice
        Tatsuhiko Nagayama; Miki Sugimoto; Shuntaro Ikeda; Shinichi Kume
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2014年04月, 査読有り
      • Midkine and cytoplasmic maturation of mammalian oocytes in the context of ovarian follicle physiology
        Shuntaro Ikeda; Masayasu Yamada
        BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2014年02月, 査読有り
      • Effects of supplemental β-cryptoxanthin on IgA-secreting cells in the intestine and mammary glands of lactating mice.
        Wang M; Sugimoto M; Ikeda S; Mukai K; Kume S
        Trace Nutrient Research, 2014年, 査読有り
      • Effects of supplemental β-carotene on mucosal IgA induction in the jejunum and ileum of mice after weaning.
        Nishida, Keita; Sugimoto, Miki; Ikeda, Shuntaro; Kume, Shinichi
        The British journal of nutrition, 2014年01月, 査読有り
      • Astaxanthin ameliorates heat stress-induced impairment of blastocyst development In Vitro: -astaxanthin colocalization with and action on mitochondria-
        T. Kuroki; S. Ikeda; T. Okada; T. Maoka; A. Kitamura; M. Sugimoto; S. Kume
        JOURNAL OF ASSISTED REPRODUCTION AND GENETICS, 2013年06月, 査読有り, 責任著者
      • Effects of high potassium chloride supplementation on water intake and bodyweight gains in pregnant and lactating mice
        Iori Murai; Susumu Shukuin; Miki Sugimoto; Shuntaro Ikeda; Shin-ichi Kume
        Animal Science Journal, 2013年06月, 査読有り
      • Effects of coumestrol administration to maternal mice during pregnancy and lactation on immunoblogulin A-secreting cells in mammary glands
        Mengdong Wang; Miki Sugimoto; Shuntaro Ikeda; Shinichi Kume
        Animal Science Journal, 2013年04月, 査読有り
      • Effects of Folic Acid on the Development and Oxidative Stress of Mouse Embryos Exposed to Heat Stress
        H. Koyama; S. Ikeda; M. Sugimoto; S. Kume
        REPRODUCTION IN DOMESTIC ANIMALS, 2012年12月, 査読有り
      • Midkine, a factor promoting cytoplasmic maturation of oocytes
        Masayasu Yamada; Yuuki Isaji; Shuntaro Ikeda
        Midkine: From Embryogenesis to Pathogenesis and Therapy, 2012年11月01日, 査読有り
      • Investigation of hydration processes of the equine hoof via nuclear magnetic resonance microscopy
        Miki Sugimoto; Atsutoshi Kuwano; Shuntaro Ikeda; Shin-ichi Kume; Eiru Yoshihara; Shinya Wada
        AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH, 2012年11月, 査読有り
      • Roles of One-carbon Metabolism in Preimplantation Period-Effects on Short-term Development and Long-term Programming-
        Shuntaro Ikeda; Hiroyuki Koyama; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2012年02月, 査読有り, 責任著者
      • Importance of Methionine Metabolism in Morula-to-blastocyst Transition in Bovine Preimplantation Embryos
        Shuntaro Ikeda; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2012年02月, 査読有り, 責任著者
      • Effects of coumestrol administration to maternal mice during pregnancy and lactation on renal Ca metabolism in neonatal mice
        Michihisa Ueda; Yoshihiro Horiguchi; Miki Sugimoto; Shuntaro Ikeda; Shinichi Kume
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2012年, 査読有り
      • Effects of bisphenol A administration to pregnant mice on serum Ca and intestinal Ca absorption
        Hinako Otsuka; Miki Sugimoto; Shuntaro Ikeda; Shinichi Kume
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2012年, 査読有り
      • Effects of Coumestrol Administration to Pregnant and Lactating Mice on Intestinal Alkaline Phosphatase Activity
        Yuka Kirihata; Yoshihiro Horiguchi; Michihisa Ueda; Miki Sugimoto; Shuntaro Ikeda; Shinichi Kume
        PHYTOTHERAPY RESEARCH, 2011年05月, 査読有り
      • Effects of supplemental β-carotene with whey on IgA transfer from maternal milk and mucosal IgA induction in neonatal mice and calves
        Y. Nishiyama; K. Yasumatsuya; K. Kasai; M. Sakase; O. Nishino; M. Akaike; T. Nagase; M. Sugimoto; S. Ikeda; S. Kume
        Livestock Science, 2011年05月, 査読有り
      • Supplemental beta-carotene increases IgA-secreting cells in mammary gland and IgA transfer from milk to neonatal mice
        Yoshitaka Nishiyama; Miki Sugimoto; Shuntaro Ikeda; Shinichi Kume
        BRITISH JOURNAL OF NUTRITION, 2011年01月, 査読有り
      • Effects of Astaxanthin-containing Oil on Development and Stress-related Gene Expression of Bovine Embryos Exposed to Heat Stress
        T. Namekawa; S. Ikeda; M. Sugimoto; S. Kume
        REPRODUCTION IN DOMESTIC ANIMALS, 2010年12月, 査読有り
      • Dynamic Expression of Vimentin in Bovine Blastocysts in Extended In Vitro Culture
        S. Ikeda; M. Sugimoto; S. Kume
        REPRODUCTION IN DOMESTIC ANIMALS, 2010年04月, 査読有り, 責任著者
      • Expression of Methylation Pathway Enzymes in Bovine Oocytes and Preimplantation Embryos
        Shuntaro Ikeda; Takahiro Namekawa; Miki Sugimoto; Shin-Ichi Kume
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL ZOOLOGY PART A-ECOLOGICAL GENETICS AND PHYSIOLOGY, 2010年03月, 査読有り, 責任著者
      • 離乳後のマウスの窒素利用効率および糞中IgAに及ぼすホエータンパク質あるいは脱脂乳タンパク質給与の影響
        高木菜穂子; 長谷川清香; 池田俊太郎; 杉本実紀; 久米新一
        関西畜産学会報 166:1-9., 2010年, 査読有り
      • Effects of high potassium chloride supplementation on water intake, urine volume and nitrogen balance in mice
        Iori Murai; Miki Sugimoto; Shuntaro Ikeda; Shin-ichi Kume
        ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 2010年, 査読有り
      • Enhancement of histone acetylation by trichostatin A during in vitro fertilization of bovine oocytes affects cell number of the inner cell mass of the resulting blastocysts
        Shuntaro Ikeda; Atsuhiro Tatemizo; Daisaku Iwamoto; Shunji Taniguchi; Yoichiro Hoshino; Tomoko Amano; Kazuya Matsumoto; Yoshihiko Hosoi; Akira Iritani; Kazuhiro Saeki
        ZYGOTE, 2009年08月, 査読有り
      • Evaluation of urinary nitrogen excretion from plasma urea nitrogen in dry and lactating cows
        S. Kume; K. Numata; Y. Takeya; Y. Miyagawa; S. Ikeda; M. Kitagawa; K. Nonaka; T. Oshita; T. Kozakai
        ASIAN-AUSTRALASIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCES, 2008年08月, 査読有り
      • The effect of vitamin C supplementation on plasma concentration and urinary excretion of vitamin C in cattle
        L. Padilla; T. Matsui; S. Ikeda; M. Kitagawa; H. Yano
        JOURNAL OF ANIMAL SCIENCE, 2007年12月, 査読有り
      • Retinoid receptor-specific agonists regulate bovine in vitro early embryonic development, differentiation and expression of genes related to cell cycle arrest and apoptosis
        A. Rodriguez; C. Diez; J. N. Caamano; C. de Frutos; L. J. Royo; M. Munoz; S. Ikeda; N. Facal; M. Alvarez-Viejo; E. Gomez
        THERIOGENOLOGY, 2007年11月, 査読有り
      • Abilities of cumulus and granulosa cells to enhance the developmental competence of bovine oocytes during in vitro maturation period are promoted by midkine; a possible implication of its apoptosis suppressing effects
        S. Ikeda; K. Saeki; H. Imai; M. Yamada
        REPRODUCTION, 2006年10月, 査読有り
      • Apoptosis-independent poor morphology of bovine embryos produced by multiple ovulation
        S. Ikeda; J. M. Prendes; C. Alonso-Montes; A. Rodriguez; C. Diez; M. Kitagawa; H. Imai; E. Gomez
        REPRODUCTION IN DOMESTIC ANIMALS, 2006年10月, 査読有り, 責任著者
      • Retinoids during the in vitro transition from bovine morula to blastocyst
        A. Rodriguez; C. Diez; S. Ikeda; L. J. Royo; J. N. Caamano; C. Alonso-Montes; F. Goyache; I. Alvarez; N. Facal; Enrique Gomez
        HUMAN REPRODUCTION, 2006年08月, 査読有り
      • Nuclear receptors, small molecules and reproductive biothechnology.
        Gomez E; Diez C; Caamano JN; Goyache F; Royo LJ; Rodriguez A; de Frutos C; Facal N; Ikeda S
        AETE Newsletter 25:11-13., 2006年
      • Oocytes recovered from cows treated with retinol become unviable as blastocysts produced in vitro
        C Hidalgo; C Diez; P Duque; JM Prendes; A Rodriguez; F Goyache; Fernandez, I; N Facal; S Ikeda; C Alonso-Montes; E Gomez
        REPRODUCTION, 2005年04月, 査読有り
      • The roles of vitamin A for cytoplasmic maturation of bovine oocytes
        S Ikeda; M Kitagawa; H Imai; M Yamada
        JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2005年02月, 査読有り
      • Apoptosis in cumulus cells during in vitro maturation of bovine cumulus-enclosed oocytes
        S Ikeda; H Imai; M Yamada
        REPRODUCTION, 2003年03月, 査読有り
      • Effects of EDTA saturated with Ca2+ (Ca-EDTA) on pig, bovine and mouse oocytes at the germinal vesicle stage during maturation culture and the involvement of chelation of Zn2+ in pronuclear formation induction by Ca-EDTA
        T Azuma; T Kondo; S Ikeda; H Imai; M Yamada
        REPRODUCTION, 2002年08月, 査読有り
      • Alleviation of the two-cell block of ICR mouse embryos by polyaminocarboxylate metal chelators
        T Matsukawa; S Ikeda; H Imai; M Yamada
        REPRODUCTION, 2002年07月, 査読有り
      • Nuclear translocation of a pre-mRNA splicing factor, p100(prp1/zer1/prp6), in mouse 1-cell embryos
        A Nishikimi; J Mukai; S Ikeda; M Yamada
        JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2002年06月, 査読有り
      • Localization of nitric oxide synthase activity in unfertilized oocytes and fertilized embryos during preimplantation development in mice
        A Nishikimi; T Matsukawa; K Hoshino; S Ikeda; Y Kira; EF Sato; M Inoue; M Yamada
        REPRODUCTION, 2001年12月, 査読有り
      • Ethylenediamine-N,N,N ',N '-tetraacetic acid induces parthenogenetic activation of porcine oocytes at the germinal vesicle stage, leading to formation of blastocysts
        T Azuma; S Ikeda; T Kondo; H Imai; M Yamada
        BIOLOGY OF REPRODUCTION, 2001年02月, 査読有り
      • Effects of midkine during in vitro maturation of bovine oocytes on subsequent developmental competence
        S Ikeda; K Ichihara-Tanaka; T Azuma; T Muramatsu; M Yamada
        BIOLOGY OF REPRODUCTION, 2000年10月, 査読有り
      • cDNA cloning of bovine midkine and production of the recombinant protein, which affects in vitro maturation of bovine oocytes
        S Ikeda; A Nishikimi; K Ichihara-Tanaka; T Muramatsu; M Yamada
        MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2000年09月, 査読有り
      • In vitro maturation of bovine oocytes with fractions of bovine follicular fluid separated by heparin affinity chromatography
        Shuntaro Ikeda; Tohru Azuma; Shu Hashimoto; Masayasu Yamada
        Journal of Reproduction and Development, 1999年, 査読有り

      MISC

      • ウシGDF-9(growth differentiation factor 9)cDNAのクローニング
        錦見昭彦; 池田俊太郎; 松川朋子; 今井裕; 山田雅保
        日本畜産学会大会講演要旨, 2000年
      • マウス着床前はいの発生に及ぼすEDTAの効果について
        松川朋子; 錦見昭彦; 池田俊太郎; 今井裕; 山田雅保
        日本畜産学会大会講演要旨, 2000年
      • ウシ未成熟裸化卵子の体外成熟におよぼすミッドカインの影響 か粒層細胞馴化培地の効果
        池田俊太郎; 錦見昭彦; 市原啓子; 村松喬; 今井裕; 山田雅保
        日本畜産学会大会講演要旨, 2000年
      • ウシ裸化未成熟卵子の体外成熟に対するミッドカインの影響
        池田俊太郎; 錦見昭彦; 市原啓子; 村松喬; 今井裕; 山田雅保
        日本胚移植学雑誌, 2000年
      • ウシミッドカイン(MK)のcDNAクローニングとウシ卵子細胞質成熟促進因子としての組み換えタンパクの作製
        池田俊太郎; 錦見昭彦; 市原啓子; 村松喬; 山田雅保
        食肉に関する助成研究調査成果報告書, 2000年
      • 組み換えウシミッドカインの作製とウシ卵子体外成熟における機能解析
        池田俊太郎; 錦見昭彦; 市原啓子; 村松喬; 今井裕; 山田雅保
        Journal of Reproduction and Development, 2000年
      • ウシ卵子体外成熟培地へのミッドカインの添加が体外受精後のはい発生に及ぼす影響 ヘパリン結合部位の重要性
        池田俊太郎; 市原啓子; 東徹; 錦見昭彦; 村松喬; 今井裕; 山田雅保
        日本畜産学会大会講演要旨, 1999年
      • ウシ胎盤のヒストンH3K4me3修飾の全ゲノムプロファイル
        服部佳乃子; 池田俊太郎; 江頭海; 可知正行; 増田康充; 星野洋一郎; 太田毅; 南直治郎
        第71回関西畜産学会大会(2021.10.2・神戸・Web開催), 2021年10月02日
      • ウシ胚盤胞と体組織のヒストンH3K4me3修飾のゲノムワイド比較解析
        石橋真和; 池田俊太郎; 南直治郎
        第70回関西畜産学会大会(2020.10.3-4・京都・Web開催), 2020年10月04日, 責任著者
      • ウシ桑実胚でのヒストンメチル化プロファイリングおよびMAT2Aの寄与の解析
        太田愛里; 池田俊太郎; 篠澤章久; 岩田尚孝; 杉本実紀; 久米新一; 南直治郎; 太田毅
        第70回関西畜産学会大会(2020.10.3-4・京都・Web開催), 2020年10月04日, 責任著者
      • マウス初期発生におけるPwp1の機能解析
        井角康寛; 鷹巣篤志; 山本琢人; 池田俊太郎; 南直治郎
        第113回日本繁殖生物学会大会(2020.9.24-25・仙台・Web開催), 2020年09月25日
      • マウス卵母細胞および初期胚におけるエレクトロポレーションを用いた複数遺伝子のノックダウン
        山本琢人; 須佐見和生; 池田俊太郎; 南直治郎
        第113回日本繁殖生物学会大会(2020.9.24-25・仙台・Web開催), 2020年09月25日
      • ERVとキメラ転写産物を形成するヒストンアルギニンメチル化酵素Prmt6の機能解析
        畑村茉穂; 本多慎之介; 国本悠里; 池田俊太郎; 南直治郎
        第113回日本繁殖生物学会大会(2020.9.24-25・仙台・Web開催), 2020年09月25日
      • ウシ胚盤胞と肝臓のH3K4me3修飾のゲノムワイド比較解析
        石橋真和; 池田俊太郎; 南直治郎
        第113回日本繁殖生物学会大会(2020.9.24-25・仙台・Web開催), 2020年09月25日, 責任著者
      • ウシ初期胚におけるヒストンメチル化修飾への外因性メチオニンの関与
        太田愛里; 池田俊太郎; 杉本実紀; 南直治郎; 太田毅
        第113回日本繁殖生物学会大会(2020.9.24-25・仙台・Web開催), 2020年09月25日, 責任著者
      • メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素(MTHFR)の胚盤胞発生への寄与について
        石谷 洋希; 池田 俊太郎; 杉本 実紀; 南 直治郎; 太田 毅
        第8回 関西生殖医学集談会 (2020.2.29: 大阪) (誌上発表), 2020年04月, 責任著者
      • 卵母細胞特異的多コピー遺伝子Oog1のノックアウト解析
        国本悠里; 三木佑果; 塚本智史; 堀居拓郎; 畑田出穂; 池田俊太郎; 南直治郎
        第8回 関西生殖医学集談会 (2020.2.29: 大阪) (誌上発表), 2020年02月29日
      • マウス初期胚におけるH4K20のメチル化状態の変化に関する研究
        山本琢人; 池田俊太郎; 南直治郎
        第64回日本生殖医学会学術講演会(2019.11.7~8:神戸国際会議場), 2019年11月07日
      • ウシ初期胚のヒストンメチル化におけるメチオニンアデノシルトランスフェラーゼの役割
        太田 愛里; 池田 俊太郎; 杉本 実紀; 南 直治郎; 太田 毅
        第112回日本繁殖生物学会大会(2019.9.2~5:北海道大学高等教育推進機構), 2019年09月05日, 責任著者
      • マウス初期胚発生におけるヒストンアルギニンメチル化酵素Prmt6の役割
        本多慎之介; 国本悠里; 池田俊太郎; 南直治郎
        第112回日本繁殖生物学会大会(2019.9.2~5:北海道大学高等教育推進機構), 2019年09月03日
      • ウシ初期胚発生における内在性レトロウイルスの発現動態について
        池田俊太郎; 本多慎之介; 南直治郎
        第3回日本胚移植技術研究会大会(2019.8.28~30: ホテルアバローム紀の国), 2019年08月30日, 筆頭著者
      • ウシ初期胚における葉酸代謝酵素SHMT2の機能解析
        石谷洋希; 池田俊太郎; 杉本実紀; 久米新一
        第111回日本繁殖生物学会大会 (2018.9.12~16: 信州大学上田キャンパス), 2018年09月
      • ウシ初期胚におけるインプリント遺伝子KCNQ1OT1の発現について
        池田俊太郎; 杉本実紀; 久米新一
        第111回日本繁殖生物学会大会 (2018.9.12~16: 信州大学上田キャンパス), 2018年09月
      • 泌乳マウスの小腸と乳腺のIgA 産生に及ぼす水溶性β-カロテンの影響
        村田陸; 杉本実紀; 池田俊太郎; 中辻幸信; 久米新一
        第35回日本微量栄養素学会学術集会, 2018年06月
      • 黒毛和種繁殖雌牛の初乳中免疫グロブリンに及ぼすβカロテンの影響
        西島嘉隆; 石田真穂; 池田俊太郎; 葭谷健一; 小畑敦俊; 杉江勇二; 青木義和; 山路泰介; 藤田雅彦; 中辻幸信; 久米新一
        日本畜産学会第124回大会(2018.3.28~30:東大弥生キャンパス), 2018年03月
      • ウシ初期胚における葉酸サイクル関連酵素の発現動態と機能の解析
        石谷洋希; 池田俊太郎; 杉本実紀; 久米新一
        日本畜産学会第124回大会(2018.3.28~30:東大弥生キャンパス), 2018年03月
      • 黒毛和種繁殖牛と新生子牛の血漿免疫グロブリンに及ぼすβ-カロテンの影響
        石田真穂; 西島嘉隆; 池田俊太郎; 葭谷健一; 小畑敦俊; 杉江勇二; 青木義和; 山路泰介; 藤田雅彦; 中辻幸信; 杉本実紀; 久米新一
        第55回肉用牛研究会大会(2017.11.15~16:出雲市), 2017年11月
      • B vitamin mixture promotes bovine blastocyst development in vitro and downregulates gene expression of TXNIP with epigenetic modification of associated histones
        Ikeda S; Sugimoto M; Kume S
        4th World Congress of Reproductive Biology (2017.9.27~29: Okinawa, Japan), 2017年09月
      • 簡易かつ高効率なウシ8-16細胞期胚へのsiRNA導入法
        池田俊太郎; 杉本実紀; 久米新一
        第1回日本胚移植技術研究会大会(第24回日本胚移植研究会大会[京都大学]), 2017年09月
      • 黒毛和種繁殖牛の分娩後の血漿免疫グロブリンの変動要因と乾燥ニンジン給与の影響
        石田他
        日本畜産学会第122回大会(神戸大学), 2017年03月
      • β-カロテン不足の黒毛和種牛の初乳中免疫グロブリンに及ぼす乾燥ニンジンの影響
        西島他
        第66回関西畜産学会大会(香川大学), 2016年10月
      • 泌乳マウスの小腸と乳腺におけるIgA 産生に及ぼす乾燥ニンジンの影響
        阪上他
        第66回関西畜産学会大会(香川大学), 2016年10月
      • 離乳後マウスと泌乳マウスのIgA産生に及ぼすペプチド亜鉛の影響
        橋本他
        第33回日本微量栄養素学会学術集会(京都市), 2016年06月
      • ウシ着床前胚におけるMATの阻害がIGFBP3遺伝子近傍のヒストン修飾に及ぼす影響
        池田 俊太郎; 杉本 実紀; 久米 新一
        日本畜産学会大会講演要旨集, 2016年03月
      • ウシ着床前胚におけるMATの阻害がIGFBP3近傍のヒストン修飾に及ぼす影響
        池田他
        日本畜産学会第121回大会(日本獣医生命科学大学), 2016年03月
      • 黒毛和種繁殖牛の分娩前後の血漿成分に及ぼす給与粗飼料と乾燥ニンジンの影響
        葭谷他
        第53回肉用牛研究会岩手大会(奥州市), 2015年09月
      • ウシ着床前胚におけるメチオニンアデノシルトランスフェラーゼの阻害による遺伝子発現の変化
        池田他
        第108回日本繁殖生物学会大会(宮崎大学), 2015年09月
      • マウス着床前胚におけるメチオニン依存的なヒストンのメチル化
        工藤他
        第108回日本繁殖生物学会大会(宮崎大学), 2015年09月
      • 黒毛和種繁殖牛の初乳中免疫グロブリンに及ぼす乾燥ニンジン給与の影響
        谷口他
        日本畜産学会第120回大会(酪農学園大学), 2015年09月
      • 黒毛和種経産牛の分娩前後の血漿成分に及ぼす乾燥ニンジン給与の影響
        谷口他
        第65回関西畜産学会大会(愛媛大学), 2015年09月
      • 離乳後マウスの小腸におけるIgA産生に及ぼすビタミンCの影響
        泉谷他
        第32回日本微量栄養素学会学術集会(京都市), 2015年05月
      • ウシ着床前胚の発生におけるメチオニンアデノシルトランスフェラーゼの役割
        池田他
        日本畜産学会第119回大会(宇都宮), 2015年03月
      • マウス着床前胚の発生と細胞系列関連遺伝子の発現制御におけるメチオニンの役割
        工藤他
        日本畜産学会第119回大会(宇都宮), 2015年03月
      • 泌乳マウスのIgGとIgA産生に及ぼす乾燥ニンジンの影響
        阪上他
        日本畜産学会第119回大会(宇都宮), 2015年03月
      • 黒毛和種経産牛の初乳中IgGとIgA産生におけるIgMの評価
        谷口他
        日本畜産学会第119回大会(宇都宮), 2015年03月
      • Expression of myo-inositol oxygenase in bovine preimplantation embryos and its regulation by anti-oxidative vitamins
        Ikeda他
        41st41st Annual Conference of the International Embryo Transfer Society, Versailles, France, 2015年01月, 査読有り
      • 黒毛和種経産牛の初乳中免疫グロブリンと脂溶性ビタミンの関係
        王他
        第52回肉用牛研究会京都大会(京都), 2014年09月
      • 黒毛和種経産牛と泌乳マウスの免疫グロブリン産生とビタミンEの関係
        王他
        第64回関西畜産学会大会(東広島), 2014年09月
      • 器官培養マウス新生仔卵巣における卵胞形態に対する培養温度の影響
        杉本他
        第64回関西畜産学会大会(東広島), 2014年09月
      • 泌乳マウスの小腸と乳腺のIgA産生に及ぼすβ-クリプトキサンチンの影響
        王他
        第31回日本微量栄養素学会学術集会(吹田), 2014年06月
      • Simple method for emulsification of lipophilic nutrients that affect preimplantation development of bovine embryos in vitro
        Ikeda S
        40th Annual Conference of the International Embryo Transfer Society, Reno, NV, USA, 2014年01月, 査読有り
      • Disruption of methionine metabolism may cause aberrant protein expression of TEAD4 and CDX2 in bovine preimplantation embryos in vitro
        Ikeda S
        8th DOHaD World Congress, Singapore, 2013年11月, 査読有り
      • カリウムを多給した高泌乳牛とマウスの分娩前後における水摂取量の評価
        宿院他
        日本畜産学会第116回大会(広島), 2013年03月
      • 妊娠および泌乳期マウスの飲水量と増体に及ぼす塩化カリウム給与の影響
        宿院他
        第62回関西畜産学会大会(和歌山), 2012年09月
      • 泌乳マウスの増体とIgA産生に及ぼすβ-クリプトキサンチン給与の影響
        王他
        第62回関西畜産学会大会(和歌山), 2012年09月
      • 器官培養マウス新生仔卵巣に対する培養温度の影響
        杉本他
        日本畜産学会第115回大会(名古屋), 2012年03月
      • ウシ初期胚におけるアスタキサンチンの暑熱ストレス緩解効果
        黒木他
        日本畜産学会第115回大会(名古屋), 2012年03月
      • Expression of Glucocorticoid Receptor and Hydroxysteroid 11-beta Dehydrogenases in Bovine Preimplantation Embryos
        Shuntaro Ikeda; Miki Sugimoto; Shinichi Kume
        JOURNAL OF DEVELOPMENTAL ORIGINS OF HEALTH AND DISEASE, 2011年09月, 査読有り
      • 暑熱曝露したマウス初期胚に対する葉酸の活性酸素種除去作用
        小山他
        第61回関西畜産学会大会(岡山), 2011年09月
      • 泌乳マウスの乳腺におけるIgA産生に及ぼすクメステロール投与の影響
        王他
        第61回関西畜産学会大会(岡山), 2011年09月
      • メチオニン代謝の阻害がウシ体外受精卵の発生に及ぼす影響
        池田他
        第14回日本繁殖生物学会大会(盛岡), 2011年09月
      • マウス初期胚に対する葉酸の暑熱ストレス緩解効果
        小山他
        第60回関西畜産学会大会(京都), 2010年09月
      • ウシ初期胚におけるアスタキサンチンの取り込みについて
        黒木他
        第60回関西畜産学会大会(京都), 2010年09月
      • マウスとウシの卵母細胞および胚盤胞におけるMat1a遺伝子のメチル化解析
        池田他
        第103回日本繁殖生物学会大会(十和田), 2010年09月
      • ウシ孵化前胚におけるグルココルチコイド受容体の発現
        池田俊太郎; 行川貴浩; 杉本実紀; 久米新一
        日本畜産学会大会講演要旨, 2010年03月28日
      • Effects of Coumestrol Administration for Maternal Mice during Pregnancy on Ca Metabolism in Neonatal Mice
        Ueda, M; Horiguchi, Y; Sugimoto, M; Ikeda, S; Kume, S
        The 14th Animal Science Congress of the Asian -Australasian Association of Animal Production Societies, 2010年
      • アスタキサンチン製剤がウシ初期胚におけるストレス関連遺伝子の発現におよぼす影響
        行川他
        第59回関西畜産学会, 2009年08月
      • 新生仔マウスのカルシウム代謝に及ぼすクメステロール投与の影響
        上田 道久; 堀口 善裕; 池田 俊太郎; 杉本 実紀; 久米 新一
        第59回関西畜産学会, 2009年
      • 泌乳期マウスへのβカロテン給与が母体および新生仔のIgA産生に及ぼす影響
        西山 佳孝; 池田 俊太郎; 杉本 実紀; 久米 新一
        第59回関西畜産学会, 2009年
      • EXPRESSION OF ENZYMES RELATED TO HOMOCYSTEINE METABOLISM AND HOMOCYSTEINE SENSITIVITY IN BOVINE PREIMPLANTATION EMBRYOS
        S. Ikeda; M. Sugimoto; S. Kume
        REPRODUCTION FERTILITY AND DEVELOPMENT, 2009年, 査読有り
      • ウシ初期胚に対する暑熱ストレスの影響とアスタキサンチン製剤による緩解効果
        行川他
        第101回日本繁殖生物学会大会(福岡), 2008年09月
      • 離乳後のマウスの増体率、窒素出納およびIgA産生に及ぼすホエータンパク質の影響
        高木 菜穂子; 長谷川 清香; 池田 俊太郎; 杉本 実紀; 久米 新一
        第58回関西畜産学会大会, 2008年
      • Spatial and temporal formation of vimentin filament in bovine post-hatching blastocyst in vitro
        Shuntaro Ikeda; Miki Sugimoto; Shin-ichi Kume
        BIOLOGY OF REPRODUCTION, 2008年, 査読有り
      • 乳牛および肉牛の血漿尿素態窒素による尿中窒素排泄量の推定
        久米新一; 沼田慶介; 竹谷悠佑; 宮川友希; 池田俊太郎; 北川政幸; 野中和久; 大下友子; 小酒井貴晴
        日本畜産学会大会講演要旨, 2007年09月26日
      • マウス着床前はいの発生におけるヘテロ三量体Gタンパクの関与
        吉場聡子; 黒坂哲; 池田俊太郎; 今井裕; 山田雅保
        日本畜産学会大会講演要旨, 2002年
      • EDTA-induced pronuclear formation of porcine oocytes during maturation periods; Effects on expression levels of cdc2/cyclin B and MAP kinase activity.
        T Kondo; T Azuma; S Ikeda; H Imai; M Yamada
        BIOLOGY OF REPRODUCTION, 2001年
      • Artificial activation by treatment with EDTA of porcine oocytes at the GV stage.
        T Azuma; S Ikeda; M Yamada
        BIOLOGY OF REPRODUCTION, 2000年
      • Effect of midkine during in vitro maturation of bovine oocytes on subsequent developmental competence
        S Ikeda; T Azuma; K Ichihara; T Muramatsu; M Yamada
        THERIOGENOLOGY, 1999年01月

      講演・口頭発表等

      • Imprinted genes, energy-saving, and early embryos In: TAISHITSU Science from the viewpoint of Artificial Energy-Saving TAISHITSU model
        池田俊太郎
        第44回日本分子生物学会(パシフィコ横浜), 2021年12月02日, 招待有り
      • 家畜生産のための受精卵のエピジェネティックリソースを探る 於:個人企画シンポジウム「初期栄養とエピジェネティクス機構を活用した新しい動物生産」
        池田俊太郎
        日本畜産学会第128回大会(九州大学・Web開催), 2021年03月30日, 招待有り
      • 受精卵を取り巻く環境とエピジェネティクス 於:公募型シンポジウム「エピジェネティックコントロールの新展開―環境要因から人為制御までー」
        池田俊太郎
        第112回日本繁殖生物学会大会, 2019年09月05日, 招待有り
      • Nutri-epigenetics of bovine embryos ーshort-term and possible long-term effectsー
        池田 俊太郎
        RIKEN EPIGENETICS in Wako (Epigenome Manipulation and Recent Advances in Epigenetics), 2019年02月15日, 招待有り
      • 大学のデスクに座って考えた体外受精卵生産の課題 於:シンポジウム「ウシ胚体外生産と活用に向けた課題」
        池田 俊太郎
        第2回日本胚移植技術研究会大会 (2018.9.19~21: 三重大学), 2018年09月20日, 招待有り
      • 乳牛の生産生理とメチル化
        池田 俊太郎
        第1回乳牛アミノ酸栄養勉強会, 2017年05月19日, 招待有り
      • 受精卵のニュートリエピジェネティクス―One-carbon metabolismの視点から―
        池田 俊太郎
        第14回発生工学研究センターセミナー, 2016年09月26日, 招待有り
      • 家畜初期胚におけるニュートリエピジェネティクス-One-carbon metabolism の初期胚発生における役割-
        池田 俊太郎
        平成28年度家畜栄養生理研究会春季集談会, 2016年03月26日, 招待有り
      • 着床前発生におけるone-carbon metabolismの役割
        池田 俊太郎
        第60回日本生殖医学会学術講演会, 2015年04月27日, 招待有り
      • 栄養・エピジェネティクス・初期胚発生
        第3回分子発生学セミナー「生殖細胞・発生とエピジェネティクス」, 2013年03月04日, 招待有り

      書籍等出版物

      • Midkine: from Embryogenesis to Pathogenesis and Therapy
        Mine Erguven他編集
        Springer, 2012年05月29日, 査読無し

      産業財産権

      • 特許5410782, 特開2010-187629, 特願2009-37625, 人工受精用培地組成物

      外部資金:科学研究費補助金

      • 過大子のリスク低減を目指したウシ体外受精卵のエピゲノム解析
        基盤研究(B)
        小区分42010:動物生産科学関連
        京都大学
        池田 俊太郎
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        体外受精;過大子;受精卵;エピジェネティクス;ヒストン
      • 哺乳動物の初期胚におけるニュートリエピジェネティクス
        基盤研究(C)
        京都大学
        池田 俊太郎
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        エピジェネティクス;ニュートリエピジェネティクス;初期胚;着床前胚;ウシ;One-carbon metabolism;受精卵
      • 乳化脂質を用いたウシ体外受精胚の発生促進
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        池田 俊太郎
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        ウシ;受精卵;初期胚;体外受精;脂質;乳化;体外培養;IVM-F-C;胚盤胞;栄養と繁殖
      • ウシ初期胚のエピジェネティクスにおけるメチル基経路の役割
        若手研究(B)
        京都大学
        池田 俊太郎
        完了
        ウシ;卵母細胞;着床前胚;栄養と繁殖;メチル基経路;エピジェネティクス;胚盤胞;葉酸・メチオニンサイクル;メチオニン;初期胚
      • 飼料性メチル基供与体がウシ胚の発生とエピジェネティクスにおよぼす影響
        若手研究(B)
        京都大学
        池田 俊太郎
        完了
        栄養と繁殖;メチル基栄養;ウシ;初期胚;エピジェネティクス;着床前胚;飼料性メチル基供与体;エピジェネティク;メチル化;家畜;胚盤胞;発生;分化;メチル基供与体

      外部資金:その他

      • 侵害受容器の活性制御に基づく家畜受精卵の新規ストレス軽減方法
        財団法人旗影会平成25年度研究助成金
        自 2013年06月01日, 至 2014年03月31日
        池田俊太郎
      • 受精卵期に経済形質をプログラミングする培養方法の創出
        財団法人旗影会平成27年度研究助成金
        自 2015年06月01日, 至 2015年03月31日
        池田俊太郎
      • ウシ受精卵の発生とエピジェネティクスにおける葉酸サイクル関連酵素の役割
        財団法人旗影会平成30年度研究助成金
        自 2018年06月01日, 至 2019年03月31日
        池田俊太郎
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生殖生物学演習1
          DB30, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          細胞生物学II
          5073, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物生殖生物学
          5156, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用動物科学技術論と実習II
          1046, 前期集中, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生殖生物学専攻実験2
          DC31, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用動物科学演習II
          5295, 通年, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用動物科学演習I
          5293, 通年, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生殖生物学専攻実験1
          DC30, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生殖生物学演習2
          DB31, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生殖生物学特論
          DA25, 後期, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          動物分子生理学II
          5717, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          資源生物科学専門外書講義II
          5189, 後期, 農学部, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体機構学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体機構学演習
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体機構学特論
          農学研究科
        • 資源生物科学基礎実験
        • 資源生物科学実験及び実験法Ⅰ、Ⅱ
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体機構学特論
          後期, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体機構学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体機構学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体機構学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体機構学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体機構学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体機構学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体機構学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体機構学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体機構学特論
          後期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体機構学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体機構学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体機構学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体機構学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体機構学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体機構学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体機構学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体機構学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体機構学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体機構学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体機構学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体機構学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体機構学特論
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          畜産技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体機構学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体機構学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体機構学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生体機構学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          畜産技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          動物生殖学
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生殖生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生殖生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生殖生物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生殖生物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          動物生殖学
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用動物科学技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生殖生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生殖生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生殖生物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生殖生物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生殖生物学特論
          後期, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞生物学II
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          動物生殖学
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用動物科学技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用動物科学演習II
          通年, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用動物科学演習I
          通年, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生殖生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生殖生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生殖生物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生殖生物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞生物学II
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          資源生物科学専門外書講義II(資源動物G)
          後期, 農学部
        list
          Last Updated :2022/08/06

          学術・社会貢献

          委員歴

          • 自 2020年06月, 至 現在
            編集委員, 肉用牛研究会
          • 自 2019年09月, 至 現在
            評議委員, 日本繁殖生物学会
          • 自 2019年04月, 至 2021年03月
            庶務幹事, 関西畜産学会
          • 自 2019年01月, 至 現在
            プログラム委員, 日本繁殖生物学会
          • 自 2012年, 至 現在
            編集委員, The Society for Reproduction and Development

          ページ上部へ戻る