教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

西田 眞也

ニシダ シンヤ

情報学研究科 知能情報学専攻脳認知科学講座 教授

西田 眞也
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      nishida.shinya.2xkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • Vision Sciences Society
    • 日本基礎心理学会
    • 日本心理学会
    • 日本視覚学会
    • 自 2022年01月, 至 現在
      映像情報メディア学会
    • 至 現在
      日本神経科学学会

    学位

    • 修士(文学)(京都大学)
    • 博士(文学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院文学研究科修士課程心理学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院文学研究科博士後期課程心理学専攻, 研究指導認定退学

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 文学部哲学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      大阪府立北野高等学校, Kitano High School

    経歴

    • 自 2019年04月, 至 現在
      NTT コミュニケーション科学基礎研究所, リサーチプロフェッサー, 客員上席特別研究員
    • 自 2019年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院情報学研究科, 教授
    • 自 1992年04月, 至 2019年04月
      NTT (基礎研究所・コミュニケーション科学基礎研究所), 研究員
    • 自 1990年04月, 至 1992年03月
      ATR視聴覚機構研究所, 奨励研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      人間の感覚系の研究を行っている。専門は人間の視覚で、動きを見る仕組みの分析が研究の出発点だったが、その後、形や色の知覚、時間知覚、触覚知覚、多感覚統合、といった様々な感覚情報処理に関する研究を行ってきた。とくに最近は、現実世界の知覚を理解したいという思いから、質感の研究に力を入れている。心理物理や神経科学といったサイエンスに、コンピュータビジョン、コンピュータグラフィックス、ディスプレイテクノロジー、バーチャルリアリティなどの情報工学を融合することに関心がある。

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        人間の感覚情報処理
      • 研究概要

        人間の感覚系の研究を行っている。専門は人間の視覚で、動きを見る仕組みの分析が研究の出発点だったが、その後、形や色の知覚、時間知覚、触覚知覚、多感覚統合、といった様々な感覚情報処理に関する研究を行ってきた。とくに最近は、現実世界の知覚を理解したいという思いから、質感の研究に力を入れている。心理物理や神経科学といったサイエンスに、コンピュータビジョン、コンピュータグラフィックス、ディスプレイテクノロジー、バーチャルリアリティなどの情報工学を融合することに関心がある。

      研究キーワード

      • 映像表示技術
      • 時間知覚
      • 触覚
      • 質感知覚
      • 運動知覚
      • 心理物理
      • 視覚

      研究分野

      • ライフサイエンス, 神経科学一般, 認知神経科学
      • 情報通信, 知覚情報処理
      • 人文・社会, 認知科学
      • 人文・社会, 実験心理学

      論文

      • Perceptually-Based Optimization for Radiometric Projector Compensation.
        Ryo Akiyama; Taiki Fukiage; Shin'ya Nishida
        2022 IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces Abstracts and Workshops, 2022年
      • HiddenGazeStereo: Hiding Gaze-Contingent Disparity Remapping for 2D-Compatible Natural 3D Viewing.
        Taiki Fukiage; Shin'ya Nishida
        IEEE Access, 2022年
      • An Android for Emotional Interaction: Spatiotemporal Validation of Its Facial Expressions.
        Wataru Sato; Shushi Namba; Dongsheng Yang; Shin'ya Nishida; Carlos Ishi; Takashi Minato
        Frontiers in psychology, 2021年
      • Demonstration of Perceptually Based Adaptive Motion Retargeting to Animate Real Objects by Light Projection.
        Taiki Fukiage; Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida
        IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces(VR), 2019年
      • 運動視処理における時間・空間周波数チャンネル間の非線形相互作用解析
        林隆介; 横山裕樹; 渡部修; 西田眞也
        Vision, 2016年01月
      • 二対二の曖昧運動刺激の対応問題における輝度の効果(部門B,VII.第8回大会発表要旨)
        竹内 龍人; 西田 眞也
        基礎心理学研究, 1989年
      • 仮現運動の対応問題における対応強度(B.パネル発表,VI.第7回大会発表要旨)
        竹内 龍人; 西田 眞也
        基礎心理学研究, 1988年
      • Perturbation Tolerance of Deep Neural Networks and Humans in Material Recognition
        Xing Liu; Masataka Sawayama; Ryusuke Hayashi; Mete Ozay; Takayuki Okatani; Shin'ya Nishida
        Journal of Vision, 2018年, 査読有り
      • 実験心理学(視覚心理物理)の今日的意義(実験心理学の今日的意義,第23回大会 シンポジウム2)
        西田 眞也
        基礎心理学研究, 2005年
      • B-06 テクスチャ境界の内部表現
        本吉 勇; 西田 眞也
        基礎心理学研究, 2001年
      • 時間的同期にもとづく感覚属性のバインディング
        西田 眞也; 藤崎 和香
        日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks, 2009年03月05日
      • Contrast-dependent effects of smooth pursuit eye movement on the perceived direction of ambiguous retinal motion(Summary of Awarded Presentation at the 29th Annual Meeting)
        TERAO Masahiko; MURAKAMI Ikuya; NISHIDA Shin'ya
        基礎心理学研究, 2011年
      • ステレオ手がかりと競合したKDE知覚の時間変化 : 視聴覚技術
        魚森 謙也; 西田 眞也
        テレビジョン学会技術報告, 1992年
      • エッジ情報を用いた陰影からの3次元形状推定 : 視聴覚技術
        早川 秀樹; 西田 眞也; 川人 光男
        テレビジョン学会技術報告, 1992年
      • 小特集 最近の画像認識・理解技術 4.人間の視覚はどのように運動をとらえているか?
        西田 眞也; 佐藤 隆夫
        テレビジョン学会誌, 1994年
      • 分裂・融合仮現運動の対応強度に対する輝度・色・大きさ・形の効果
        西田 眞也; 竹内 龍人
        テレビジョン学会技術報告, 1989年
      • On the assumptions behind metacognitive measurements: Implications for theory and practice
        Kiyofumi Miyoshi; Yosuke Sakamoto; Shin'ya Nishida
        Journal of Vision, 2022年09月23日
      • 異種感覚モダリティ間の同期知覚(感覚間相互作用研究の現在とこれから,2008年度第1回フォーラム)
        藤崎 和香; 西田 眞也
        基礎心理学研究, 2009年
      • The roles of lower- and higher-order surface statistics in tactile texture perception.
        Scinob Kuroki; Masataka Sawayama; Shin'ya Nishida
        Journal of neurophysiology, 2021年05月26日
      • 【視覚にまつわるFAQ】そもそも視覚の研究はなぜ必要か
        西田 眞也
        VISION, 2021年04月, 筆頭著者
      • Motion Direction Discrimination with Tactile Random-Dot Kinematograms
        Scinob Kuroki; Shin’ya Nishida
        i-Perception, 2021年03月
      • 【講演要旨】Shape Bias 獲得へ向けて: 人間の視覚発達過程に基づいた, 段階的な画像ぼかしによる 畳み込みニューラルネットワークの訓練
        吉原 創; 吹上 大樹; 西田 眞也
        VISION, 2021年01月
      • Describing the sensation of the 'velvet hand illusion' in terms of common materials.
        Takumi Yokosaka; Scinob Kuroki; Shinya Nishida
        IEEE transactions on haptics, 2020年12月21日
      • Visual perception of liquids: Insights from deep neural networks.
        Jan Jaap R van Assen; Shin'ya Nishida; Roland W Fleming
        PLoS computational biology, 2020年08月
      • Direction of Apparent Motion During Smooth Pursuit Is Determined Using a Mixture of Retinal and Objective Proximities
        Masahiko Terao; Shin’ya Nishida
        i-Perception, 2020年05月, 査読有り
      • Image statistics for material perception
        Shin’ya Nishida
        Current Opinion in Behavioral Sciences, 2019年12月
      • Gamified vision test system for daily self-check
        Kenchi Hosokawa; Kazushi Maruya; Shin'ya Nishida; Masayo Takahashi; Satoshi Nakadomari
        2019 IEEE Games, Entertainment, Media Conference (GEM), 2019年06月
      • Perceptually Based Adaptive Motion Retargeting to Animate Real Objects by Light Projection.
        Taiki Fukiage; Takahiro Kawabe; Shin Ya Nishida
        IEEE transactions on visualization and computer graphics, 2019年05月, 査読有り
      • リニアブレンディングを用いた裸眼3D映像表示への視差誘導パターンによる画質変動軽減手法 (ビジュアルコンピューティング論文特集)
        巻口 誉宗; 高田 英明; 吹上 大樹; 西田 眞也
        画像電子学会誌 The journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan : visual computing, devices & communications, 2019年, 査読有り
      • Human tactile detection of within- and inter-finger spatiotemporal phase shifts of low-frequency vibrations
        Scinob Kuroki; Shin'Ya Nishida
        Scientific Reports, 2018年12月01日, 査読有り
      • Motion Perception: From Detection to Interpretation.
        Shin'ya Nishida; Takahiro Kawabe; Masataka Sawayama; Taiki Fukiage
        Annual review of vision science, 2018年09月15日, 査読有り
      • Deformation-induced transparency resolves color scission.
        Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida
        Journal of vision, 2018年08月01日, 査読有り
      • Reducing Image Quality Variation with Motion Parallax for Glassless 3D Screens using Linear Blending Technology
        Motohiro Makiguchi; Hideaki Takada; Taiki Fukiage; Shin'ya Nishida
        SID 2018 Digest of Technical Papers, 2018年05月22日, 査読有り
      • Material and shape perception based on two types of intensity gradient information
        Masataka Sawayama; Shin'ya Nishida
        PLoS Computational Biology, 2018年04月01日, 査読有り
      • Estimating tactile perception by observing explorative hand motion of others
        Takumi Yokosaka; Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Shinya Nishida
        IEEE Transactions on Haptics, 2018年04月01日, 査読有り
      • Haptic texture perception on 3D-printed surfaces transcribed from visual natural textures
        Scinob Kuroki; Masataka Sawayama; Shin’ya Nishida
        Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 2018年, 査読有り
      • Reduction of flicker in four-stroke motion of color images
        Takahiro Kawabe; Shin’Ya Nishida
        i-Perception, 2018年01月01日, 査読有り
      • Contour junctions defined by dynamic image deformations enhance perceptual transparency
        Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2017年11月, 査読有り
      • Grouping by feature of cross-modal flankers in temporal ventriloquism
        Michaela Klimova; Shin'ya Nishida; Warrick Roseboom
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年08月, 査読有り
      • Hiding of Phase-Based Stereo Disparity for Ghost-Free Viewing Without Glasses
        Taiki Fukiage; Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida
        ACM TRANSACTIONS ON GRAPHICS, 2017年07月, 査読有り
      • Animating static objects by illusion-based projection mapping
        Taiki Fukiage; Takahiro Kawabe; Masataka Sawayama; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF THE SOCIETY FOR INFORMATION DISPLAY, 2017年07月, 査読有り
      • Integration of vibrotactile frequency information beyond the mechanoreceptor channel and somatotopy
        Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年06月, 査読有り
      • A new analytical method for characterizing nonlinear visual processes with stimuli of arbitrary distribution: Theory and applications
        Ryusuke Hayashi; Osamu Watanabe; Hiroki Yokoyama; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2017年06月, 査読有り
      • Visual wetness perception based on image color statistics
        Masataka Sawayama; Edward H. Adelson; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2017年05月, 査読有り
      • Linkage between Free Exploratory Movements and Subjective Tactile Ratings
        Takumi Yokosaka; Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        IEEE TRANSACTIONS ON HAPTICS, 2017年04月, 査読有り
      • Human perception of subresolution fineness of dense textures based on image intensity statistics
        Masataka Sawayama; Shin'ya Nishida; Mikio Shinya
        JOURNAL OF VISION, 2017年04月, 査読有り
      • Physical-Perceptual Correspondence for Dynamic Thermal Stimulation
        Hsin-Ni Ho; Katsunari Sato; Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Takashi Maeno; Shin'ya Nishida
        IEEE TRANSACTIONS ON HAPTICS, 2017年01月, 査読有り
      • Sanshool on The Fingertip Interferes with Vibration Detection in a Rapidly-Adapting (RA) Tactile Channel
        Scinob Kuroki; Nobuhiro Hagura; Shin'ya Nishida; Patrick Haggard; Junji Watanabe
        PLOS ONE, 2016年12月, 査読有り
      • Multiple-stage ambiguity in motion perception reveals global computation of local motion directions
        Andrew T. Rider; Shin'ya Nishida; Alan Johnston
        JOURNAL OF VISION, 2016年12月, 査読有り
      • A new analytical method for characterizing nonlinear visual processes
        Ryusuke Hayashi; Hiroki Yokoyama; Osamu Watanabe; Shin'ya Nishida
        PERCEPTION, 2016年08月, 査読有り
      • An Adaptable Metric Shapes Perceptual Space.
        Rumi Hisakata; Shin'ya Nishida; Alan Johnston
        Current biology : CB, 2016年07月25日, 査読有り
      • Seeing jelly: Judging elasticity of a transparent object
        Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida
        Proceedings of the ACM Symposium on Applied Perception, SAP 2016, 2016年07月22日, 査読有り
      • Visual recognition of Shitsukan
        Shin'ya Nishida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Perception of material properties
        Shin'ya Nishida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Deformation Lamps: A Projection Technique to Make Static Objects Perceptually Dynamic
        Takahiro Kawabe; Taiki Fukiage; Masataka Sawayama; Shin'ya Nishida
        ACM TRANSACTIONS ON APPLIED PERCEPTION, 2016年03月, 査読有り
      • Neural timing signal for precise tactile timing judgments
        Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY, 2016年03月, 査読有り
      • Neural correlates of the time marker for the perception of event timing
        Kaoru Amano; Liang Qi; Yoshikazu Terada; Shin’ya Nishida
        eNeuro, 2016年, 査読有り
      • Seeing liquids from static snapshots
        Vivian C. Paulun; Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida; Roland W. Fleming
        VISION RESEARCH, 2015年10月, 査読有り
      • Perception of material properties
        Roland W. Fleming; Shin'ya Nishida; Karl R. Gegenfurtner
        VISION RESEARCH, 2015年10月, 査読有り
      • Perceptual transparency from image deformation
        Takahiro Kawabe; Kazushi Maruya; Shin'ya Nishida
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2015年08月, 査読有り
      • Deformation Lamps: A projection technique to make a static picture dynamic
        Takahiro Kawabe; Masataka Sawayama; Shin'ya Nishida
        ACM SIGGRAPH 2015 Emerging Technologies, SIGGRAPH 2015, 2015年07月31日, 査読有り
      • Impact of hand and object colors on object temperature perception.
        Ho HN; Iwai D; Yoshikawa Y; Watanabe J; Nishida S
        Temperature (Austin, Tex.), 2015年07月, 査読有り
      • Seeing liquids from visual motion
        Takahiro Kawabe; Kazushi Maruya; Roland W. Fleming; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2015年04月, 査読有り
      • Visual perception of materials: The science of stuff
        Roland W. Fleming; Karl R. Gegenfurtner; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2015年04月, 査読有り
      • Sensory adaptation for timing perception
        Warrick Roseboom; Daniel Linares; Shin'ya Nishida
        PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 2015年04月, 査読有り
      • Apparent Time Interval of Visual Stimuli Is Compressed during Fast Hand Movement
        Takumi Yokosaka; Scinob Kuroki; Shin'ya Nishida; Junji Watanabe
        PLOS ONE, 2015年04月, 査読有り
      • Infants' visual system nonretinotopically integrates color signals along a motion trajectory
        Jiale Yang; Junji Watanabe; So Kanazawa; Shin'ya Nishida; Masami K. Yamaguchi
        JOURNAL OF VISION, 2015年, 査読有り
      • Enhancement of motion perception in the direction opposite to smooth pursuit eye movement
        Masahiko Terao; Ikuya Murakami; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2015年, 査読有り
      • Effects of frequency separation and diotic/dichotic presentations on the alternation frequency limits in audition derived from a temporal phase discrimination task
        Shoko Kanaya; Waka Fujisaki; Shin'ya Nishida; Shigeto Furukawa; Kazuhiko Yokosawa
        PERCEPTION, 2015年, 査読有り
      • Combining colour and temperature: A blue object is more likely to be judged as warm than a red object
        Hsin-Ni Ho; Daisuke Iwai; Yuki Yoshikawa; Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        SCIENTIFIC REPORTS, 2014年07月, 査読有り
      • Rendering fine hair-like objects with Gaussian noise
        Mikio Shinya; Shin'ya Nishida
        Proceedings of the ACM Symposium on Applied Perception, SAP 2014, 2014年, 査読有り
      • Adaptation reveals mechanisms for enhanced representation of common and novel temporal relationships
        Warrick Roseboom; Daniel Linares; Shin'ya Nishida
        INTERNATIONAL CONFERENCE ON TIMING AND TIME PERCEPTION, 2014年, 査読有り
      • Shape and material from intensity gradient: A hypothesis
        Masataka Sawayama; Shin'ya Nishida
        I-PERCEPTION, 2014年, 査読有り
      • Image deformation as a perceptual cue to a transparent layer
        Takahiro Kawabe; Kazushi Maruya; Shin'ya Nishida
        I-PERCEPTION, 2014年, 査読有り
      • Optimal audiovisual integration of object appearance and impact sounds in human perception of materials
        Waka Fujisaki; Naokazu Goda; Isamu Motoyoshi; Hidehiko Komatsu; Shin'ya Nishida
        I-PERCEPTION, 2014年, 査読有り
      • Non-uniform flow aftereffect produced by adaptation to sparse uni-directional motion flows
        Kazushi Maruya; Shin'ya Nishida
        I-PERCEPTION, 2014年, 査読有り
      • A directional bias of apparent position shift of a moving element with a hard edge
        Rumi Hisakata; Shin'ya Nishida
        I-PERCEPTION, 2014年, 査読有り
      • Visual perception of object qualities and materials
        Shin'ya Nishida
        I-PERCEPTION, 2014年, 査読有り
      • Vibrotactile Frequency Discrimination Performance with Cross-Channel Distractors
        Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        HAPTICS: NEUROSCIENCE, DEVICES, MODELING, AND APPLICATIONS, 2014年, 査読有り
      • Audiovisual integration in the human perception of materials
        Waka Fujisaki; Naokazu Goda; Isamu Motoyoshi; Hidehiko Komatsu; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2014年, 査読有り
      • The cross-modal double flash illusion depends on featural similarity between cross-modal inducers.
        Warrick Roseboom; Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida
        Scientific reports, 2013年12月06日, 査読有り
      • Contribution of within- and cross-channel information to vibrotactile frequency discrimination
        Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        BRAIN RESEARCH, 2013年09月, 査読有り
      • Effects of color on perceived temperature
        Hsin-Ni Ho; Daisuke Iwai; Yuki Yoshikawa; Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        Perception, 2013年08月, 査読有り
      • The sense of agency is action-effect causality perception based on cross-modal grouping
        Takahiro Kawabe; Warrick Roseboom; Shin'ya Nishida
        PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 2013年07月, 査読有り
      • Effect of form cues on 1D and 2D motion pooling
        Mark Edwards; Carlos R. Cassanello; David R. Badcock; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2013年01月, 査読有り
      • Direction of visual apparent motion driven by perceptual organization of cross-modal signals
        Warrick Roseboom; Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2013年, 査読有り
      • Rapid encoding of relationships between spatially remote motion signals
        Kazushi Maruya; Alex O. Holcombe; Shin'ya Nishida
        Journal of Vision, 2013年, 査読有り
      • Audio-Visual Temporal Recalibration Can be Constrained by Content Cues Regardless of Spatial Overlap.
        Warrick Roseboom; Takahiro Kawabe; Shin'ya Nishida
        Frontiers in psychology, 2013年, 査読有り
      • A synchronous surround increases the motion strength gain of motion
        Daniel Linares; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2013年, 査読有り
      • Human neural responses involved in spatial pooling of locally ambiguous motion signals
        Kaoru Amano; Tsunehiro Takeda; Tomoki Haji; Masahiko Terao; Kazushi Maruya; Kenji Matsumoto; Ikuya Murakami; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY, 2012年06月, 査読有り
      • 視覚と聴覚の属性内および属性間の対応付けにおける時間周波数限界の比較
        金谷 翔子; 藤崎 和香; 西田 眞也; 横澤 一彦
        VISION, 2012年
      • Dissociation of vibrotactile frequency discrimination performances for supra-threshold and near-threshold vibrations
        Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 2012年, 査読有り
      • Directional remapping in tactile inter-finger apparent motion: a motion aftereffect study
        Scinob Kuroki; Junji Watanabe; Kunihiko Mabuchi; Susumu Tachi; Shin'ya Nishida
        EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 2012年01月, 査読有り
      • Surround facilitation for rapid motion perception
        Daniel Linares; Isamu Motoyoshi; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2012年, 査読有り
      • Audio-Visual Speech Timing Sensitivity Is Enhanced in Cluttered Conditions
        Warrick Roseboom; Shin'ya Nishida; Waka Fujisaki; Derek H. Arnold
        PLOS ONE, 2011年04月, 査読有り
      • No interaction of first- and second-order signals in the extraction of global-motion and optic-flow
        Carlos R. Cassanello; Mark Edwards; David R. Badcock; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2011年02月, 査読有り
      • Effect of the luminance signal on adaptation-based time compression
        Inci Ayhan; Aurelio Bruno; Shin'ya Nishida; Alan Johnston
        JOURNAL OF VISION, 2011年, 査読有り
      • Advancement of motion psychophysics: Review 2001-2010
        Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2011年, 査読有り
      • Duration compression at low luminance contrast
        Inci Ayhan; Aurelio Bruno; Shin'ya Nishida; Alan Johnston
        PERCEPTION, 2011年, 査読有り
      • Tactile duration compression by vibrotactile adaptation
        Junji Watanabe; Tomohiro Amemiya; Shin'ya Nishida; Alan Johnston
        NEUROREPORT, 2010年09月, 査読有り
      • A common perceptual temporal limit of binding synchronous inputs across different sensory attributes and modalities
        Waka Fujisaki; Shin'ya Nishida
        PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 2010年08月, 査読有り
      • Smooth Pursuit Eye Movements Improve Temporal Resolution for Color Perception
        Masahiko Terao; Junji Watanabe; Akihiro Yagi; Shin'ya Nishida
        PLOS ONE, 2010年06月, 査読有り
      • Conditional spatial-frequency selective pooling of one-dimensional motion signals into global two-dimensional motion
        Kazushi Maruya; Kaoru Amano; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2010年06月, 査読有り
      • Somatotopic dominance in tactile temporal processing
        Shinobu Kuroki; Junji Watanabe; Naoki Kawakami; Susumu Tachi; Shin'ya Nishida
        EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 2010年05月, 査読有り
      • Perceptual ambiguity of bistable visual stimuli causes no or little increase in perceptual latency
        Shigekazu Takei; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2010年, 査読有り
      • Spatial pooling of one-dimensional second-order motion signals
        Kazushi Maruya; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2010年, 査読有り
      • How Motion Signals Are Integrated Across Frequencies: Study on Motion Perception and Ocular Following Responses Using Multiple-Slit Stimuli
        Ryusuke Hayashi; Yuko Sugita; Shin'ya Nishida; Kenji Kawano
        JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY, 2010年01月, 査読有り
      • The time marker account of cross-channel temporal judgments
        Shin'ya Nishida; Alan Johnston
        Space and Time in Perception and Action, 2010年01月01日, 査読有り
      • Two Principles of High-Level Human Visual Processing Potentially Useful for Image and Video Quality Assessment
        Shin'ya Nishida
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2009年12月, 査読有り
      • Spatial-frequency tuning in the pooling of one- and two-dimensional motion signals
        Kaoru Amano; Mark Edwards; David R. Badcock; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2009年11月, 査読有り
      • Audio-tactile superiority over visuo-tactile and audio-visual combinations in the temporal resolution of synchrony perception
        Waka Fujisaki; Shin'ya Nishida
        EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 2009年09月, 査読有り
      • Perceived depth of curved lines in the presence of cyclovergence
        Hiroyuki Mitsudo; Hirohiko Kaneko; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2009年02月, 査読有り
      • Close Similarity Between Spatiotemporal Frequency Tunings of Human Cortical Responses and Involuntary Manual Following Responses to Visual Motion
        Kaoru Amano; Toshitaka Kimura; Shin'ya Nishida; Tsunehiro Takeda; Hiroaki Gomi
        JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY, 2009年02月, 査読有り
      • Adaptive pooling of visual motion signals by the human visual system revealed with a novel multi-element stimulus
        Kaoru Amano; Mark Edwards; David R. Badcock; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2009年, 査読有り
      • The spatial tuning of adaptation-based time compression
        Inci Ayhan; Aurelio Bruno; Shin'ya Nishida; Alan Johnston
        JOURNAL OF VISION, 2009年, 査読有り
      • The sliding window of audio-visual simultaneity
        Warrick Roseboom; Shin'ya Nishida; Derek H. Arnold
        JOURNAL OF VISION, 2009年, 査読有り
      • Visually-based temporal distortion in dyslexia
        Alan Johnston; Aurelio Bruno; Junji Watanabe; Ben Quansah; Natasha Patel; Steven Dakin; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2008年08月, 査読有り
      • Reduction of stimulus visibility compresses apparent time intervals
        Masahiko Terao; Junji Watanabe; Akihiro Yagi; Shin'ya Nishida
        NATURE NEUROSCIENCE, 2008年05月, 査読有り
      • Image statistics for surface reflectance perception
        Lavanya Sharan; Yuanzhen Li; Isamu Motoyoshi; Shin'ya Nishida; Edward H. Adelson
        JOURNAL OF THE OPTICAL SOCIETY OF AMERICA A-OPTICS IMAGE SCIENCE AND VISION, 2008年04月, 査読有り
      • Top-down feature-based selection of matching features for audio-visual synchrony discrimination
        Waka Fujisaki; Shin'ya Nishida
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2008年03月, 査読有り
      • Image information processing by the human visual system
        Shin'ya Nishida
        Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers, 2008年, 査読有り
      • Tactile motion aftereffects produced by appropriate presentation for mechanoreceptors
        Junji Watanabe; Seiichiro Hayashi; Hiroyuki Kajimoto; Susumu Tachi; Shin'ya Nishida
        EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 2007年07月, 査読有り
      • Image statistics and the perception of surface qualities
        Isamu Motoyoshi; Shin'ya Nishida; Lavanya Sharan; Edward H. Adelson
        NATURE, 2007年05月, 査読有り
      • Feature-based processing of audio-visual synchrony perception revealed by random pulse trains
        Waka Fujisaki; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2007年04月, 査読有り
      • Two mechanisms underlying the effect of angle of motion direction change on colour-motion asynchrony
        Kaoru Amano; Alan Johnston; Shin'ya Nishida
        VISION RESEARCH, 2007年03月, 査読有り
      • Human visual system integrates color signals along a motion trajectory
        Shin'ya Nishida; Junji Watanabe; Ichiro Kuriki; Toyotaro Tokimoto
        CURRENT BIOLOGY, 2007年02月, 査読有り
      • A method for generating a "purely first-order" dichoptic motion stimulus
        Ryusuke Hayashi; Shin'ya Nishida; Andreas Tolias; Nikos K. Logothetis
        JOURNAL OF VISION, 2007年, 査読有り
      • Veridical perception of moving colors by trajectory integration of input signals
        Junji Watanabe; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF VISION, 2007年, 査読有り
      • Spatiotemporal tuning of rapid interactions between visual-motion analysis and reaching movement
        Hiroaki Gomi; Naotoshi Abekawa; Shin'ya Nishida
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2006年05月, 査読有り
      • Estimation of the timing of human visual perception from magnetoencephalography
        K Amano; N Goda; S Nishida; Y Ejima; T Takeda; Y Ohtani
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2006年04月, 査読有り
      • Visual search for a target changing in synchrony with an auditory signal
        W Fujisaki; A Koene; D Arnold; A Johnston; S Nishida
        PROCEEDINGS OF THE ROYAL SOCIETY B-BIOLOGICAL SCIENCES, 2006年04月, 査読有り
      • Spatially localized distortions of event time
        A Johnston; DH Arnold; S Nishida
        CURRENT BIOLOGY, 2006年03月, 査読有り
      • MEG responses correlated with the visual perception of velocity change
        K Amano; S Nishida; T Takeda
        VISION RESEARCH, 2006年02月, 査読有り
      • Interactions and integrations of multiple sensory channels in human brain
        Shin'ya Nishida
        2006 IEEE International Conference on Multimedia and Expo - ICME 2006, Vols 1-5, Proceedings, 2006年, 査読有り
      • Temporal frequency characteristics of synchrony-asynchrony discrimination of audio-visual signals
        W Fujisaki; S Nishida
        EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 2005年10月, 査読有り
      • Large-field visual motion directly induces an involuntary rapid manual following response
        N Saijo; Murakami, I; S Nishida; H Gomi
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2005年05月, 査読有り
      • Timing sight and sound
        DH Arnold; A Johnston; S Nishida
        VISION RESEARCH, 2005年05月, 査読有り
      • Perisaccadic perception of continuous flickers
        J Watanabe; A Noritake; T Maeda; S Tachi; S Nishida
        VISION RESEARCH, 2005年02月, 査読有り
      • Luminance re-mapping for the control of apparent material
        Isamu Motoyoshi; Shin'ya Nishida; Edward H. Adelson
        Proceedings - APGV 2005: 2nd Symposium on Applied Perception in Graphics and Visualization, 2005年, 査読有り
      • Depth perception from second-order-motion stimuli yoked to head movement
        M Ichikawa; S Nishida; H Ono
        VISION RESEARCH, 2004年11月, 査読有り
      • Contrast-reversing global-motion stimuli reveal local interactions between first- and second-order motion signals
        M Edwards; S Nishida
        VISION RESEARCH, 2004年07月, 査読有り
      • Recalibration of audiovisual simultaneity
        W Fujisaki; S Shimojo; M Kashino; S Nishida
        NATURE NEUROSCIENCE, 2004年07月, 査読有り
      • Motion-based analysis of spatial patterns by the human visual system
        S Nishida
        CURRENT BIOLOGY, 2004年05月, 査読有り
      • Cross-orientation summation in texture segregation
        Motoyoshi, I; SY Nishida
        VISION RESEARCH, 2004年, 査読有り
      • Enhanced neural responses correlated with perceptual binding of color and motion
        K. Amano; S. Nishida; T. Takeda
        Neurology and Clinical Neurophysiology, 2004年, 査読有り
      • Neuroimaging of direction-selective mechanisms for second-order motion
        S Nishida; Y Sasaki; Murakami, I; T Watanabe; RBH Tootell
        JOURNAL OF NEUROPHYSIOLOGY, 2003年11月, 査読有り
      • Gaze modulation of visual aftereffects
        S Nishida; Motoyoshi, I; RA Andersen; S Shimojo
        VISION RESEARCH, 2003年03月, 査読有り
      • Last but not least - Golfers may have to overcome a persistent visuospatial illusion
        A Johnston; CP Benton; S Nishida
        PERCEPTION, 2003年, 査読有り
      • Interaction between first- and second-order motion signals at the local motion scale
        Mark Edwards; Shin'ya Nishida
        Journal of Vision, 2003年, 査読有り
      • Recalibration of audiovisual simultaneity by adaptation to a constant time lag
        Waka Fujisaki; Shinsuke Shimojo; Makio Kashino; Shin'ya Nishida
        Journal of Vision, 2003年, 査読有り
      • Spatiotemporal interactions in detection of texture orientation modulations
        Motoyoshi, I; S Nishida
        VISION RESEARCH, 2002年11月, 査読有り
      • Marker correspondence, not processing latency, determines temporal binding of visual attributes
        S Nishida; A Johnston
        CURRENT BIOLOGY, 2002年03月, 査読有り
      • Micropattern orientation and spatial localization
        DRT Keeble; S Nishida
        VISION RESEARCH, 2001年12月, 査読有り
      • Visual response saturation to orientation contrast in the perception of texture boundary
        Motoyoshi, I; S Nishida
        JOURNAL OF THE OPTICAL SOCIETY OF AMERICA A-OPTICS IMAGE SCIENCE AND VISION, 2001年09月, 査読有り
      • Temporal resolution of orientation-based texture segregation
        Motoyoshi, I; S Nishida
        VISION RESEARCH, 2001年07月, 査読有り
      • Time perception: Brain time or event time?
        A Johnston; S Nishida
        CURRENT BIOLOGY, 2001年06月, 査読有り
      • A motion aftereffect seen more strongly by the non-adapted eye: evidence of multistage adaptation in visual motion processing
        S Nishida; H Ashida
        VISION RESEARCH, 2001年03月, 査読有り
      • Gaze modulation of visual aftereffects
        Shin'ya Nishida; Isamu Motoyoshi; Shinsuke Shimojo
        Journal of Vision, 2001年, 査読有り
      • Visual response saturation to orientation contrast in the perception of texture boundary
        Isamu Motoyoshi; Shin’ya Nishida
        Journal of the Optical Society of America A: Optics and Image Science, and Vision, 2001年, 査読有り
      • Erratum: A motion aftereffect seen more strongly by the non-adapted eye: Evidence of multistage adaptation in visual motion processing (Vision Research (2001) 41 (561-570) PII: S0042698900002753))
        Shin'ya Nishida; Hiroshi Ashida
        Vision Research, 2001年, 査読有り
      • A hierarchical structure of motion system revealed by interocular transfer of flicker motion aftereffects
        S Nishida; H Ashida
        VISION RESEARCH, 2000年, 査読有り
      • Is the size aftereffect direction selective?
        Shin'ya Nishida; Isamu Motoyoshi; Tatsuto Takeuchi
        Vision Research, 1999年10月, 査読有り
      • Global-motion detection with transparent-motion signals
        M Edwards; S Nishida
        VISION RESEARCH, 1999年06月, 査読有り
      • Influence of motion signals on the perceived position of spatial pattern
        S Nishida; A Johnston
        NATURE, 1999年02月, 査読有り
      • Adaptation in the processing of interaural time differences revealed by the auditory localization aftereffect
        Makio Kashino; Shin'ya Nishida
        Journal of the Acoustical Society of America, 1998年06月, 査読有り
      • Use of image-based information in judgments of surface-reflectance properties
        Shin’Ya Nishida; Mikio Shinya
        Journal of the Optical Society of America A: Optics and Image Science, and Vision, 1998年, 査読有り
      • Dual multiple-scale processing for motion in the human visual system
        S Nishida; T Ledgeway; M Edwards
        VISION RESEARCH, 1997年10月, 査読有り
      • Linking lower and higher stages of motion processing?
        Mareschal, I; H Ashida; PJ Bex; S Nishida; FAJ Verstraten
        VISION RESEARCH, 1997年07月, 査読有り
      • Contrast dependencies of two types of motion aftereffect
        Shin'Ya Nishida; Hiroshi Ashida; Takao Sato
        Vision Research, 1997年03月
      • Simultaneous motion contrast across space: Involvement of second-order motion?
        Shin'ya Nishida; Mark Edwards; Takao Sato
        Vision Research, 1997年01月
      • Contrast sensitivity of the motion system
        Mark Edwards; David R. Badcock; Shin'ya Nishida
        Vision Research, 1996年, 査読有り
      • Illusory line motion in visual search: Attentional facilitation or apparent motion?
        Kawahara, J; Yokosawa, K; Nishida, S; Sato, T
        Perception, 1996年
      • Motion aftereffect with flickering test patterns reveals higher stages of motion processing
        Shin'ya Nishida; Takao Sato
        Vision Research, 1995年
      • COMPLETE INTEROCULAR TRANSFER OF MOTION AFTEREFFECT WITH FLICKERING TEST
        S NISHIDA; H ASHIDA; T SATO
        VISION RESEARCH, 1994年10月, 査読有り
      • POSITIVE MOTION AFTER-EFFECT INDUCED BY BANDPASS-FILTERED RANDOM-DOT KINEMATOGRAMS
        S NISHIDA; T SATO
        VISION RESEARCH, 1992年09月, 査読有り
      • INHIBITORY INTERACTION IN A SPLIT FUSION APPARENT MOTION - LACK OF SPATIAL-FREQUENCY SELECTIVITY
        S NISHIDA; Y OHTANI; Y EJIMA
        VISION RESEARCH, 1992年08月, 査読有り
      • 2 MECHANISMS FOR MOTION PERCEPTION IN THE HUMAN VISUAL-SYSTEM
        S NISHIDA; T SATO
        IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN COMMUNICATION : PROCEEDINGS, 1992年, 査読有り
      • CONTRIBUTION OF TRANSIENT AND SUSTAINED RESPONSES TO THE PERCEPTION OF APPARENT MOTION
        Y OHTANI; Y EJIMA; SY NISHIDA
        VISION RESEARCH, 1991年, 査読有り
      • Visual discrimination of optical material properties: A large-scale study.
        Masataka Sawayama; Yoshinori Dobashi; Makoto Okabe; Kenchi Hosokawa; Takuya Koumura; Toni P Saarela; Maria Olkkonen; Shin'ya Nishida
        Journal of vision, 2022年02月01日

      MISC

      • 中心視野と周辺視野で公平なディスプレイデザインの視覚心理学的検討
        松永大河; YANG Yung-Hao; 三好清文; 西田眞也
        映像情報メディア学会技術報告, 2022年
      • Creativity and Technology-designing for an unknown future 錯覚現象を応用した物体の触り心地変調手法
        横坂拓巳; 黒木忍; 西田眞也
        NTT技術ジャーナル, 2021年
      • ぼけた画像を体験することが視覚系に与える効果のin silico分析
        西田眞也; 西田眞也; 吉原創; 吹上大樹
        Vision, 2021年
      • 周辺視野を活用した情報検索効率化の検討
        松永大河; YANG Yung-Hao; 三好清文; 西田眞也; 西田眞也
        Vision, 2021年
      • 物体の光学的特性が物体の回転運動の速度知覚に与える影響
        西田眞也; 西田眞也; VAN ASSEN Jan Jaap R
        Vision, 2020年
      • 反応時間および同時性知覚の神経基盤
        天野薫; 天野薫; 西田眞也; 西田眞也
        基礎心理学研究, 2020年
      • ヒト児童における光沢質感の知覚
        伊村知子; 澤山正貴; 白井述; 友永雅己; 西田眞也
        基礎心理学研究, 2018年
      • 触り方から触り心地をどれくらい説明できるか-自由探索時と触り心地評価時の比較-
        横坂拓巳; 黒木忍; 渡邊淳司; 西田眞也
        基礎心理学研究, 2016年
      • サッカードによって縮んだ空間に基づく運動対応
        寺尾将彦; 村上郁也; 西田眞也
        基礎心理学研究, 2012年
      • 質感知覚の心理物理学
        西田 眞也
        研究報告グラフィクスとCAD(CG), 2011年11月10日
      • 質感知覚の心理物理学
        西田 眞也
        研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM), 2011年11月10日
      • 刺激のコントラストに依存した追跡眼球運動による運動刺激への影響
        寺尾将彦; 村上郁也; 西田眞也
        基礎心理学研究, 2011年
      • テクスチャ境界の内部表現
        本吉勇; 西田真也
        基礎心理学研究, 2001年
      • 5)エッジ情報を用いた陰影からの3次元形状推定(視聴覚技術研究会)
        早川 秀樹; 西田 眞也; 川人 光男
        テレビジョン学会誌, 1993年02月20日
      • 頭部運動を許容する遠隔サッカード検出手法の検討
        渡邊 淳司; 関口 大陸; 安藤 英由樹; 前田 太郎; 西田 眞也; 舘 〓
        日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference, 2003年09月17日
      • 視覚における運動の知覚 : 計算論的アプローチと神経メカニズム
        西田 眞也
        光学, 1999年05月10日
      • 空間周波数の異なる運動間の相互作用 : 視聴覚技術
        柳 淳二; 西田 眞也; 佐藤 隆夫
        テレビジョン学会技術報告, 1994年09月29日
      • 8)分裂・融合仮現運動の対応強度に対する輝度・色・大きさ・形の効果(視覚情報研究会)
        西田 眞也; 竹内 龍人
        テレビジョン学会誌, 1989年08月20日
      • 2)空間周波数の異なる運動間の相互作用(視聴覚技術研究会)
        柳 淳二; 西田 眞也; 佐藤 隆夫
        テレビジョン学会誌, 1994年12月20日
      • 裸眼で2D映像がクリアに見える3D映像生成技術 (特集 人に迫るAI,人に寄り添うAI : corevoを支えるコミュニケーション科学)
        吹上 大樹; 河邉 隆寛; 西田 眞也
        NTT技術ジャーナル, 2017年09月
      • 2020 Entertainment : エンタメ×ICTによる新たなおもてなし (特集 2020 Showcaseの取り組み)
        西谷 智広; 小野 朗; 兼清 知之; 山口 高弘; 亀田 明男; 西田 眞也; 中川 純一; 巻口 誉宗
        NTT技術ジャーナル, 2016年10月
      • 触覚における正弦波振動・振幅変調振動の位相弁別能に関する基礎検討
        黒木 忍; 渡邊 淳司; 西田 眞也
        日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 2012年09月12日
      • 質感認知研究のための実験手法:テクスチャ合成による3次元形状の生成
        澤山 正貴; 岡部 誠; 西田 眞也; 土橋 宜典
        基礎心理学研究, 2017年
      • 5-3 静止した2 次元実対象を運動情報によって錯覚的に変形させる光投影手法(第5部門 デモセッション)
        河邉 隆寛; 澤山 正貴; 丸谷 和史; 西田 眞也
        映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2014年09月01日
      • Not glass but plastic — Audiovisual integration in human material perception
        Nishida S; Fujisaki W; Goda N; Motoyoshi, I; Komatsu H
        Perception (ECVP 2012 Abstracts), 2012年09月
      • 7-4 人間の「細かさ」視知覚の基本特性(第7部門[テーマ講演]質感知覚と映像表現・メディア処理)
        新谷 幹夫; 西田 眞也
        映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2012年08月29日
      • 7-5 ノイズ付加による「細かく」見せる画像生成(第7部門[テーマ講演]質感知覚と映像表現・メディア処理)
        新谷 幹夫; 西田 眞也
        映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2012年08月29日
      • 物体の材質知覚における視聴覚情報統合 映像情報と音情報の双方に基づいた相補的なクロスモーダル材質知覚
        藤崎和香; 郷田直一; 本吉勇; 小松英彦; 西田眞也
        日本心理学会大会発表論文集, 2012年08月
      • Independent local adaptation of tactile frequency and duration
        J. Watanabe; T. Amemiya; S. Nishida; A. Johnston
        PERCEPTION, 2008年
      • Distorting the apparent duration of visual events
        A. Johnston; J. Watanabe; A. Bruno; D. H. Arnold; S. Nishida
        PERCEPTION, 2006年
      • Motion-based colour integration in ambiguous motion
        J. Watanabe; S. Nishida
        PERCEPTION, 2006年
      • Predicting manual reaction time from magnetoencephalography
        天野 薫; 西田眞也; 郷田直一; 江島義道; 武田常広; 大谷芳夫
        脳と心のメカニズム第6回冬のワークショップ, 2006年01月
      • ヒト高次脳機能における感覚間統合
        積山 薫; 北川 智利; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 北澤 茂; 山口 真美
        日本心理学会大会発表論文集, 2006年
      • 順応パラダイムを用いた触時間知覚の研究(日本基礎心理学会第25回大会,大会発表要旨)
        渡邊 淳司; 雨宮 智浩; 安藤 英由樹; 西田 眞也; Johnston Alan
        基礎心理学研究, 2006年
      • Predicting manual reaction time to visual stimuli by integrator model of MEG
        Amano K; Ohtani Y; Goda N; Nishida S; Ejima Y; Takeda T
        Society for Neuroscience 35th Annual Meeting (Neuroscience 2005), 2005年11月
      • MEG応答と反応時間の対応 -Integratorモデルによる検討
        天野薫; 大谷芳夫; 郷田直一; 西田眞也; 江島義道; 武田常広
        第20回日本生体磁気学会, 2005年07月
      • Predicting manual reaction time to visual motion by temporal integrator model of MEG response
        Amano K; Nishida S; Ohtani Y; Goda N; Ejima Y; Takeda T
        Journal of Vision (VSS 2005 Abstracts), 2005年05月
      • Adaptation to skewed image statistics alters the perception of glossiness and lightness
        Motoyoshi, I; S Nishida; EH Adelson
        PERCEPTION, 2005年
      • Comparison of audiovisual temporal synchrony perception with visual motion perception suggests a general feature-matching model for cross-attribute binding
        S Nishida; W Fujisaki
        PERCEPTION, 2005年
      • Motion-based colour integration along S-cone modulation
        J Watanabe; Kuriki, I; S Nishida
        PERCEPTION, 2005年
      • Leaky integrator モデルを用いたMEGとRTの解析
        天野薫; 大谷芳夫; 郷田直一; 西田眞也; 江島義道; 武田常広
        Vision (日本視覚学会2005年冬季大会抄録), 2005年01月
      • 視覚刺激に誘発される反射的腕応答 視覚入力特性に依存した腕応答変化
        安部川直稔; 西田真也; 五味裕章
        電子情報通信学会技術研究報告, 2004年03月19日
      • Motion-induced colour mixture: objective evaluation by colour matching
        J Watanabe; Kuriki, I; S Tachi; S Nishida
        PERCEPTION, 2004年
      • 広い視野の突然の動きに対する反射的な腕運動生成
        西条直樹; 村上郁也; 西田真也; 五味裕章
        生体・生理工学シンポジウム論文集, 2003年10月06日
      • 順応現象を用いた視聴覚間の同時性を判断するメカニズムの検討
        藤崎 和香; 下條 信輔; 柏野 牧夫; 西田 眞也
        日本音響学会研究発表会講演論文集, 2003年03月18日
      • The effects of temporal adaptation on the perception of flicker duration
        A Johnston; DH Arnold; S Nishida
        PERCEPTION, 2003年
      • Recalibration of temporal tuning of an audio-visual interaction by adaptation to a constant time lag
        S Nishida; W Fujisaki; M Kashino; S Shimojo
        PERCEPTION, 2003年
      • Twinkle time: The effects of temporal flicker rate upon judgments of relative durations
        DH Arnold; A Johnston; S Nishida
        PERCEPTION, 2003年
      • Opponency between first- and second-order local-motion units
        M Edwards; S Nishida
        AUSTRALIAN JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2002年04月
      • A motion aftereffect seen more strongly by the non-adapted eye: evidence of multistage adaptation in visual motion processing (vol 41, pg 561, 2001)
        S Nishida; H Ashida
        VISION RESEARCH, 2001年05月
      • Rapid saturation of visual response to orientation contrast in texture segregation.
        Motoyoshi, I; S Nishida
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2001年03月
      • Perceptual asynchrony between colour changes and luminance gradient changes.
        S Nishida; A Johnston
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2001年03月
      • An exocentric pointing illusion affecting a common visuomotor task.
        A Johnston; CP Benton; S Nishida
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2001年03月
      • Dissociation of perceived temporal synchrony and response latency for changes in colour and motion.
        S Nishida; A Johnston
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2000年03月
      • Temporal-frequency characteristics of two subsystems involved in orientation-based texture segregation.
        Motoyoshi, I; S Nishida
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2000年03月
      • Perceptual delay for rapid direction alternations: A new account in terms of the dichotomy of first-order and second-order temporal changes
        S. Nishida; A. Johnston
        PERCEPTION, 2000年
      • Perceptual asynchrony of colour and motion results from repetitive alternation
        S Nishida; A Johnston
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1999年03月
      • Influence of the motion aftereffect on position judgment
        S. Nishida; A. Johnston
        PERCEPTION, 1998年
      • Orientation does not affect 3-Gabor bisection performance
        DRT Keeble; S Nishida
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1997年03月
      • What is the transition point between static and dynamic motion aftereffects?
        H. Ashida; F. A. J. Verstraten; S. Nishida
        PERCEPTION, 1997年
      • Extraction of motion transparency: No direction specific masking
        M Edwards; S Nishida
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1996年02月
      • Depth perception from second order motion yoked to head movement
        M Ichikawa; H Ono; S Nishida; T Sato
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1996年02月
      • Can second-order stimuli generate simultaneous motion contrast?
        S Nishida; M Edwards; T Sato
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1996年02月
      • PERFECT INTEROCULAR TRANSFER OF FLICKER MOTION AFTER-EFFECT
        S NISHIDA; H ASHIDA; T SATO
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1994年03月
      • DOES AN ENVELOPE-DETECTING MECHANISM MEDIATE STEREOPSIS FOR BAND-LIMITED STIMULI
        T SATO; S NISHIDA
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1994年03月
      • 2 KINDS OF MOTION AFTEREFFECT REVEAL DIFFERENT TYPES OF MOTION PROCESSING
        S NISHIDA; T SATO
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1993年03月
      • 2ND-ORDER DEPTH-PERCEPTION WITH TEXTURE-DEFINED RANDOM-CHECK STEREOGRAMS
        T SATO; S NISHIDA
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1993年03月
      • POSITIVE MOTION AFTEREFFECT INDUCED BY A BANDPASS RANDOM DOT KINEMATOGRAM
        S NISHIDA; T SATO
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1991年03月
      • 画像における質感認知の心理物理学的分析 (画像情報に基づく質感表現・認知研究の最前線)
        西田 眞也
        光学 = Japanese journal of optics : a publication of the Optical Society of Japan, the Japan Society of Applied Physics, 2014年07月
      • 画像符号化技術を意識した人間の視覚系の研究
        西田真也
        第21回PCSJ特別講演, 伊豆, Nov. 2006, 2006年

      産業財産権

      • 特開2022-002141, 特願2021-167862, 映像表示装置、映像投影装置、それらの方法、プログラム
        河邉 隆寛; 西田 眞也; 丸谷 和史; 澤山 正貴
      • 特許第6927414号, WO2021-100086, 特開2021-106049, 特願2021-067055, テクスチャ生成装置、テクスチャ生成方法、およびプログラム
        黒木 忍; 澤山 正貴; 西田 眞也
      • 特許第6759347号, 特願2018-540966, 画像生成装置、画像生成方法、およびプログラム
        河邉 隆寛; 吹上 大樹; 西田 眞也
      • 特許第7040422号, 特開2020-087069, 特願2018-221942, 動きベクトル生成装置、投影像生成装置、動きベクトル生成方法、およびプログラム
        吹上 大樹; 西田 眞也; 河邉 隆寛
      • 特許第6965914号, 特開2020-030843, 特願2019-195980, 映像生成装置、その方法、プログラム
        河邉 隆寛; 西田 眞也; 丸谷 和史; 澤山 正貴
      • 特許第7052513号, 特開2019-185589, 特願2018-078327, 画像生成装置、画像生成方法、プログラム
        巻口 誉宗; 高田 英明; 吹上 大樹; 西田 眞也
      • 特開2018-197879, 特願2018-159139, データ構造
        河邉 隆寛; 西田 眞也
      • 特許第6611837号, 特開2018-078660, 特願2018-022975, 映像呈示装置、その方法、データ構造、プログラム
        河邉 隆寛; 西田 眞也; 丸谷 和史; 澤山 正貴
      • 特許第6615824号, WO2018-056086, 特開2018-056983, 特願2017-089682, 画像生成装置、画像生成方法、データ構造、およびプログラム
        吹上 大樹; 西田 眞也; 河邉 隆寛
      • 特許第6556680号, 特開2018-050216, 特願2016-185085, 映像生成装置、映像生成方法、およびプログラム
        吹上 大樹; 西田 眞也; 河邉 隆寛
      • 特許第6283620号, 特開2016-147011, 特願2015-026560, 所定の空間における生体情報取得装置、生体情報取得方法及び生体情報取得プログラム
        佐藤 尚; 渡邊 淳司; 塚田 信吾; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • 特許第6273342号, 特開2017-084395, 特願2016-250549, 映像生成装置、映像生成方法、プログラム
        河邉 隆寛; 丸谷 和史; 西田 眞也
      • 特許第6267656号, 特開2016-126642, 特願2015-001403, 画像処理方法、画像処理装置、およびプログラム
        河邉 隆寛; 澤山 正貴; 西田 眞也
      • 特許第6244315号, 特開2016-128945, 特願2015-002805, 質感操作方法、質感操作装置、およびプログラム
        澤山 正貴; 西田 眞也
      • 特許第6240716号, 特開2016-170817, 特願2016-124261, 関係性判定装置、学習装置、関係性判定方法、学習方法及びプログラム
        渡邊 淳司; 塚田 信吾; 佐藤 尚; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • 特許第6461836号, 特開2017-143450, 特願2016-024298, 対象に動きの変化が与えられているように知覚させる装置、およびその方法
        河邉 隆寛; 西田 眞也
      • 特開2017-142408, 特願2016-024300, 情報呈示システム、情報呈示方法、およびデータ構造
        西田 眞也; 吹上 大樹; 河邉 隆寛
      • 特許第6466354号, 特開2017-142407, 特願2016-024299, 装置、映像投影装置、映像投影システム、映像表示装置、映像生成装置、それらの方法、プログラム、およびデータ構造
        河邉 隆寛; 西田 眞也
      • 特開2017-084395, 特願2016-250549, 映像生成装置、映像生成方法、プログラム
        河邉 隆寛; 丸谷 和史; 西田 眞也
      • 特許第6108351号, 特開2015-099428, 特願2013-237811, 温度感覚制御装置、色決定装置、温度感覚制御方法、色決定方法及びプログラム
        ホー シンニー; 渡邊 淳司; 西田 眞也; 岩井 大輔; 吉川 佑生
      • 特許第6069115号, 特開2015-007883, 特願2013-132609, 映像生成装置、映像生成方法、プログラム
        河邉 隆寛; 丸谷 和史; 西田 眞也
      • 特許第6031429号, 特開2015-090516, 特願2013-229286, 粘性感覚呈示装置、その方法、およびプログラム
        横坂 拓巳; 渡邊 淳司; 西田 眞也
      • 特開2016-170817, 特願2016-124261, 関係性判定装置、学習装置、関係性判定方法、学習方法及びプログラム
        渡邊 淳司; 塚田 信吾; 佐藤 尚; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • 特開2016-147011, 特願2015-026560, 所定の空間における生体情報取得装置、生体情報取得方法及び生体情報取得プログラム
        佐藤 尚; 渡邊 淳司; 塚田 信吾; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • 特開2016-149077, 特願2015-026542, イベント判定装置、イベント判定方法及びイベント判定プログラム
        渡邊 淳司; 塚田 信吾; 佐藤 尚; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • 特開2016-149076, 特願2015-026529, 関係性判定装置、関係性判定方法及び関係性判定プログラム
        渡邊 淳司; 塚田 信吾; 佐藤 尚; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • 特開2016-149078, 特願2015-026554, 機器制御装置、方法およびプログラム
        渡邊 淳司; 塚田 信吾; 佐藤 尚; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • 特許第5978331号, 特開2016-149076, 特願2015-026529, 関係性判定装置、関係性判定方法及び関係性判定プログラム
        渡邊 淳司; 塚田 信吾; 佐藤 尚; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • 特開2016-128945, 特願2015-002805, 質感操作方法、質感操作装置、およびプログラム
        澤山 正貴; 西田 眞也
      • 特開2016-126642, 特願2015-001403, 画像処理方法、画像処理装置、プログラム、およびデータ構造
        河邉 隆寛; 澤山 正貴; 西田 眞也
      • 特許第5961589号, 特開2015-018353, 特願2013-144188, 映像生成装置、方法及びプログラム
        河邉 隆寛; 丸谷 和史; 西田 眞也
      • 特許第5883960号, 特願2015-026542, イベント判定装置、イベント判定方法及びイベント判定プログラム
        渡邊 淳司; 塚田 信吾; 佐藤 尚; 柏野 牧夫; 西田 眞也; 住友 弘二; 河西 奈保子; 守谷 健弘; 鎌本 優; ガブリエル パブロ ナバ; 白木 善史
      • WO2015-163317, WO2015-163317, JP2015062093, 映像呈示装置、動的錯覚呈示装置、映像生成装置、それらの方法、データ構造、プログラム
        河邉 隆寛; 西田 眞也; 丸谷 和史; 澤山 正貴
      • 特開2015-099428, 特願2013-237811, 温度感覚制御装置、色決定装置、温度感覚制御方法、色決定方法及びプログラム
        ホー シンニー; 渡邊 淳司; 西田 眞也; 岩井 大輔; 吉川 佑生
      • 特開2015-090516, 特願2013-229286, 粘性感覚呈示装置、その方法、およびプログラム
        横坂 拓巳; 渡邊 淳司; 西田 眞也
      • 特開2015-060274, 特願2013-191828, 振動提示装置
        黒木 忍; 渡邊 淳司; 西田 眞也
      • 特開2015-018353, 特願2013-144188, 映像生成装置、方法及びプログラム
        河邉 隆寛; 丸谷 和史; 西田 眞也
      • 特開2015-007883, 特願2013-132609, 映像生成装置、映像生成方法、プログラム
        河邉 隆寛; 丸谷 和史; 西田 眞也
      • 特許第4690371号, 特開2009-049627, 特願2007-212683, スケーラブル画像符号化方法,復号方法,符号化装置,復号装置およびそれらのプログラムとその記録媒体
        坂東 幸浩; 早瀬 和也; 高村 誠之; 上倉 一人; 八島 由幸; 西田 眞也; 本吉 勇
      • 特許第4659005号, 特開2009-049626, 特願2007-212682, テクスチャ合成に基づく動画像符号化方法,復号方法,符号化装置,復号装置およびそれらのプログラムとその記録媒体
        坂東 幸浩; 早瀬 和也; 高村 誠之; 上倉 一人; 八島 由幸; 西田 眞也; 本吉 勇
      • 特許第4348238号, 特開2005-354303, 特願2004-171649, 遠隔通信方法及び装置
        守谷 健弘; 藤崎 和香; 西田 眞也; 柏野 牧夫
      • 特開2009-049627, 特願2007-212683, スケーラブル画像符号化方法,復号方法,符号化装置,復号装置およびそれらのプログラムとその記録媒体
        坂東 幸浩; 早瀬 和也; 高村 誠之; 上倉 一人; 八島 由幸; 西田 眞也; 本吉 勇
      • 特開2009-049626, 特願2007-212682, テクスチャ合成に基づく動画像符号化方法,復号方法,符号化装置,復号装置およびそれらのプログラムとその記録媒体
        坂東 幸浩; 早瀬 和也; 高村 誠之; 上倉 一人; 八島 由幸; 西田 眞也; 本吉 勇
      • 特開2005-354303, 特願2004-171649, 遠隔通信方法及び装置
        守谷 健弘; 藤崎 和香; 西田 眞也; 柏野 牧夫

      受賞

      • 2014年04月
        文部科学省, 科学技術分野の文部科学大臣表彰
      • 2006年11月
        日本心理学会, 国際賞(奨励賞)
      • 2006年02月
        日本学術振興会, 学術振興会賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 視覚・聴覚・触覚・言語情報からの深奥質感認識の統一的理解
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅳ)
        京都大学
        西田 眞也
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        質感;視覚;触覚;聴覚;オノマトペ
      • 実世界の奥深い質感情報の分析と生成
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅳ)
        京都大学
        西田 眞也
        自 2020年11月19日, 至 2025年03月31日, 交付
        質感;価値;情動;リアリティ;アート
      • 多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        西田 眞也
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        質感認識;質感脳科学;質感情報科学;質感生成
      • 人間の運動視の情報処理過程および内部情報表現のシミュレーションモデルの構築
        基盤研究(A)
        中区分61:人間情報学およびその関連分野
        京都大学
        西田 眞也
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        視覚系シミュレータ;運動視;メタマー;人工神経回路;映像メディア技術
      • 多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        自 2015年06月29日, 至 2020年03月31日
      • 多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学;日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所
        西田 眞也
        自 2015年11月06日, 至 2022年03月31日, 交付
        質感;情報工学;認知科学;神経科学;感性情報学;認知工学
      • 信号変調に基づく視聴触覚の質感認識機構
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学;日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所
        西田 眞也
        自 2015年06月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        質感;情報工学;認知科学;神経科学;感性情報学;深層学習;高次脳機能障害;スタイル変換;実験系心理学
      • 多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学;日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所
        西田 眞也
        自 2015年06月29日, 至 2020年03月31日, 交付
        質感;情報工学;認知科学;神経科学;感性情報学
      • 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
        木村 實
        自 2010年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        脳科学;研究支援;研究集会;研究リソース;技術開発;若手研究者育成支援;研究リソース支援;技術開発支援;ブレインバンク;脳画像データベース;モデル動物;脳分子プロファイル;ウイルスベクター
      • 質感認知に関わる視聴触覚情報の心理物理的分析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所
        西田 眞也
        自 2010年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        質感;視覚;触覚;マルチモーダル;光沢感;色覚;プロジェクションマッピング;画像;カラーディスプレイ;透明感;画像統計量
      • 質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        生理学研究所
        小松 英彦
        自 2010年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        脳・神経;認知科学;コンピュータビジョン;心理物理学;質感科学
      list
        Last Updated :2022/11/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          心理学(特殊講義)
          M341, 前期, 文学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          認知科学基礎論
          3151, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Seminar on IST III
          3195, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          知能情報学セミナー IV
          3196, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Seminar on IST II
          3193, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          認知心理学特論VI
          7227, 前期, 教育学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          認知科学演習
          7424, 後期, 教育学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          知能情報学セミナー III
          3194, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          知能情報学セミナー II
          3192, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          認知科学演習
          3161, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Seminar on IST I
          3191, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Seminar on IST IV
          3197, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          知能情報学セミナー I
          3190, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:人間の感覚情報処理入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:人間の感覚情報処理入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Seminar on IST III
          後期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Seminar on IST II
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Seminar on IST I
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Seminar on IST IV
          後期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          知能情報学セミナー III
          後期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          知能情報学セミナー II
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          知能情報学セミナー I
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          知能情報学セミナー IV
          後期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知科学演習
          後期, 教育学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知科学演習
          後期, 情報学研究科

        博士学位審査

        • バーチャルリアリティ環境における空間認識と姿勢制御メカニズムの検討
          藤本 花音, 文学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Refraction and Absorption for Underwater Shape Recovery (屈折と吸収のモデル化による水中物体の3次元形状復元)
          Meng-Yu Jennifer Kuo, 情報学研究科, 副査
          2021年09月24日
        • Informatics Approaches for Understanding Human Facial Attractiveness Perception and Visual Attention  (人間の顔の魅力知覚と視覚的注意の情報学的アプローチによる解明)
          童 松, 情報学研究科, 副査
          2021年05月24日
        list
          Last Updated :2022/11/23

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            教務委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            評価・広報委員会副委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            教務委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            教務委員会委員長
          list
            Last Updated :2022/11/23

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2017年10月, 至 現在
              会員(第一部), 日本学術会議
            • 自 2021年06月, 至 2025年06月
              Director, Vision Sciences Society
            • 自 2006年10月, 至 2017年09月
              連携会員, 日本学術会議
            • 自 2008年, 至 2017年
              Editorial Board Member, Vision Research
            • 自 2017年
              Editorial Board Member, Multisensory Research
            • 自 2007年
              Editorial Board Member, Journal of Vision
            • 幹事、会長(2014-2018), 日本視覚学会
            • 自 2021年12月, 至 現在
              副構想ディレクター, 内閣府ムーンショット型研究開発事業目標9

            ページ上部へ戻る