教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

井上 治久

イノウエ ハルヒサ

iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 教授

井上 治久
list
    Last Updated :2022/09/12

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻/Department of Medicine 幹細胞医学/Stem Cell Medicine, 教授/Professor
    • 医学研究科, 医科学専攻/Department of Medical Sciences 幹細胞医学/Stem Cell Medicine, 教授/Professor

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 医学部医学科, 卒業

    経歴

    • 自 2022年, 至 現在
      京都大学iPS細胞研究所, 部門長(基盤技術研究部門)
    • 自 2019年, 至 現在
      京都大学医学部附属病院先端医療研究開発機構医療開発部(臨床研究総合センターから名称変更), プロジェクトリーダー
    • 自 2017年, 至 現在
      理化学研究所バイオリソース研究センター(バイオリソースセンターから名称変更)チームリーダー・革新知能統合研究センター 客員主管研究員
    • 自 2014年, 至 現在
      京都大学iPS細胞研究所, 教授
    • 自 2009年, 至 2015年
      独立行政法人科学技術振興機構 CREST, 研究代表
    • 自 2010年, 至 2014年
      京都大学iPS細胞研究所, 准教授
    • 自 2009年, 至 2010年
      京都大学 物質-細胞統合システム拠点iPS細胞研究所センター, 特定拠点准教授
    • 自 2005年, 至 2009年
      京都大学大学院 医学研究科, 助教 (助手から名称変更)
    • 自 2004年, 至 2005年
      米国ハーバード大学医学部, 博士研究員
    • 自 1999年, 至 2004年
      理化学研究所脳科学総合研究所センター, スタッフサイエンティスト
    • 自 1998年, 至 1999年
      国立精神・神経センター神経研究所, 流動研究員
    • 自 1997年, 至 1998年
      国立精神・神経センター神経研究所 研究生・京都大学大学院医学研究科 研究生・ハンガリー国ペイチ医科大学神経病理教室, 研究員
    • 自 1993年, 至 1997年
      財団法人住友病院神経内科勤務, Resident
    • 自 1992年, 至 1993年
      京都大学医学部附属病院神経内科, 研修医
    • 自 1992年
      京都大学医学部卒業

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/12

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        リプログラミングとデータサイエンスによる脳神経疾患研究
      • 研究概要

        本研究分野では、「リプログラミングとデータサイエンスによる脳神経疾患研究」に取り組んでいます。
        まだ治療法がない脳神経疾患の治療法を科学の力で見つけ出したい、謎に包まれている神経変性疾患が生じる理由を人工知能の力を使って明らかにしたい、
        そもそもヒトとは何なのかをテクノロジーの力で知りたい、という願いから、
        (1) ALS・アルツハイマー病など脳神経疾患の病態解明・治療法の研究
        (2) マシンラーニングを用いた神経変性研究
        (3) 霊長類幹細胞を用いた脳知性の研究
        を行っています。
        「こんなことができればいいな、知りたい、やってみたい。」という思いから始める “Dream-driven approach”が研究室のスタイルです。

      研究キーワード

      • ALS
      • 認知症
      • アルツハイマー病
      • iPS細胞
      • 遺伝子治療
      • ワクチン

      研究分野

      • ライフサイエンス, 神経科学一般
      • ライフサイエンス, 医化学

      論文

      • Cellular analysis of SOD1 protein-aggregation propensity and toxicity: a case of ALS with slow progression harboring homozygous SOD1-D92G mutation.
        Masanori Sawamura; Keiko Imamura; Rie Hikawa; Takako Enami; Ayako Nagahashi; Hodaka Yamakado; Hidenori Ichijo; Takao Fujisawa; Hirofumi Yamashita; Sumio Minamiyama; Misako Kaido; Hiromi Wada; Makoto Urushitani; Haruhisa Inoue; Naohiro Egawa; Ryosuke Takahashi
        Scientific Reports, 2022年07月25日, 査読有り
      • 血管性認知症の再定義 遺伝性脳小血管病CADASILのin vitroモデル iPS細胞由来壁細胞を用いた病態メカニズムの解明
        山本 由美; 小嶋 勝利; 田浦 大輔; 曽根 正勝; 鷲田 和夫; 江川 斉宏; 近藤 孝之; 皆川 栄子; 月田 香代子; 江浪 貴子; 冨本 秀和; 水野 敏樹; 高橋 良輔; 猪原 匡史; 井上 治久
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月
      • iPS細胞を用いたてんかん研究
        近藤 孝之; 井上 治久; 松本 理器; 池田 昭夫; 高橋 良輔
        Epilepsy: てんかんの総合学術誌, 2010年11月
      • iPSC-based drug repositioning identifies Src/c-Abl as a therapeutic target for ALS motor neurons.
        Imamura K; Izumi Y; Watanabe A; Tsukita K; Woltjen K; Yamamoto T; Hotta A; Kondo T; Kitaoka S; Ohta A; Tanaka A; Watanabe D; Morita M; Kaji R; Takuma H; Tamaoka A; Kunath T; Wray S; Furuya H; Era T; Fujisawa T; Nishotoh H; Kengo H; Ichijo H; Julien J-P; Obata N; Hosokawa M; Akiyama H; Ayaki T; Ito H; Takahashi R; Yamanaka S; Inoue H
        Science Translational Medicine, 2017年05月, 査読有り
      • CDiP technology for reverse engineering of sporadic Alzheimer’s disease
        Kondo T; Yada Y; Ikeuchi T; Inoue H
        Journal of Human Genetics, 2022年06月10日, 査読有り, 責任著者
      • TDP-43 regulates cholesterol biosynthesis by inhibiting sterol regulatory element-binding protein 2
        Egawa N; Izumi Y; Suzuki H; Tsuge I; Fujita K; Shimano H; Izumikawa K; Takahashi N; Tsukita K; Enami T; Nakamura M; Watanabe A; Naitoh M; Suzuki S; Seki T; Kobayashi K; Toda T; Kaji R; Takahashi R; Inoue H
        Scientific reports, 2022年05月14日, 査読有り, 責任著者
      • Induction of inverted morphology in brain organoids by vertical-mixing bioreactors
        Suong D; Imamura K; Inoue I; Kabai R; Sakamoto S; Okumura T; Kato Y; Kondo T; Yada Y; Klein W; Watanabe A; Inoue H
        Commun Biol, 2021年10月22日, 査読有り, 責任著者
      • Simple derivation of skeletal muscle from human pluripotent stem cells using temperature‐sensitive Sendai virus vector
        Tan G; Kondo T; Imamura K; Suga M; Enami T; Nagahashi A; Tsukita K; Inoue I; Kawaguchi J; Shu T; Inoue H
        J Cell Mol Med, 2021年10月, 査読有り, 責任著者
      • DNA damage in embryonic neural stem cell determines FTLDs’ fate via early-stage neuronal necrosis
        Homma H; Tanaka H; Jin M; Jin X; Huang Y; Yoshioka Y; Bertens JF C; Tsumaki K; Kondo K; Shiwaku H; Tagawa K; Akatsu H; Atsuta N; Katsuno M; Furukawa K; Ishiki A; Waragai M; Ohtomo G; Iwata A; Yokota T; Inoue H; Arai H; Sobue G; Sone M; Fujita K; Okazawa H
        Life Science Alliance, 2021年07月15日, 査読有り
      • Repurposing bromocriptine for Aβ metabolism in Alzheimer’s disease (REBRAnD) study: randomised placebo-controlled double-blind comparative trial and open-label extension trial to investigate the safety and efficacy of bromocriptine in Alzheimer’s disease with presenilin 1 (PSEN1) mutations
        Kondo T; Banno H; Okunomiya T; Amino Y; Endo K; Nakakura A; Uozumi R; Kinoshita A; Tada H; Morita S; Ishikawa H; Shindo A; Yasuda K; Taruno Y; Maki T; Suehiro T; Mori K; Ikeda M; Fujita K; Izumi Y; Kanemaru K; Ishii K; Shigenobu K; Kutoku Y; Sunada Y; Kawakatsu S; Shiota S; Watanabe T; Uchikawa O; Takahashi R; Tomimoto H; Inoue H
        BMJ Open, 2021年06月30日, 査読有り, 責任著者
      • iPSC screening for drug repurposing identifies anti‐RNA virus agents modulating host cell susceptibility
        Imamura K; Sakurai Y; Enami T; Shibukawa R; Nishi Y; Ohta A; Shu T; Kawaguchi J; Okada S; Hoenen T; Yasuda J; Inoue H
        FEBS Open Bio, 2021年04月06日, 査読有り, 責任著者
      • microRNA-33 maintains adaptive thermogenesis via enhanced sympathetic nerve activity
        Horie T; Nakao T; Miyasaka Y; Nishino T; Matsumura S; Nakazeki F; Ide Y; Kimura M; Tsuji S; Ruiz Rodriguez R; Watanabe T; Yamasaki T; Xu S; Otani C; Miyagawa S; Matsushita K; Sowa N; Omori A; Tanaka J; Nishimura C; Kuwabara Y; Baba O; Watanabe S; Nishi H; Nakashima Y; R. Picciotto M; Inoue H; Watanabe D; Nakamura K; Sasaki T; Kimura T; Ono K
        Nature Communications, 2021年02月16日, 査読有り
      • Prediction model of ALS by deep learning with patient iPSCs
        Imamura K; Yada Y; Izumi Y; Morita M; Kawata A; Arisato T; Nagahashi A; Enami T; Tsukita K; Kawakami H; Nakagawa M; Takahashi R; Inoue H
        Annals of Neurology, 2021年02月, 査読有り, 責任著者
      • Dopaminergic neurons in chromosome 22q11.2 deletion syndrome
        Inoue H
        EBioMedicine, 2021年01月06日, 筆頭著者, 責任著者
      • Reprogramming the brain in and out of diseased states
        Karagiannis P; Muotri A; Inoue H
        Molecular and Cellular Neuroscience, 2021年01月, 査読有り
      • Prediction of Compound Bioactivities Using Heat-Diffusion Equation
        Hidaka T; Imamura K; Hioki T; Takagi T; Giga Y; Giga M; Nishimura Y; Kawahara Y; Hayashi S; Niki T; Fushimi M; Inoue H
        Patterns, 2020年12月11日, 査読有り, 責任著者
      • Generation of a human induced pluripotent stem cell line, BRCi009-A, derived from a patient with glycogen storage disease type 1a
        Katagami Y; Kondo T; Suga M; Yada Y; Imamura K; Shibukawa R; Sagara Y; Okanishi Y; Tsukita K; Hirayama K; Era T; Inoue H
        Stem Cell Research, 2020年12月, 査読有り, 責任著者
      • From in vitro to in vivo reprogramming for neural transdifferentiation: An approach for CNS tissue remodeling using stem cell technology
        Egawa N; Suzuki H; Takahashi R; Hayakawa K; Li W; Lo E H; Arai K; Inoue H
        J Cereb Blood Flow Metab., 2020年09月, 査読有り, 責任著者
      • ALS, a cellular whodunit on motor neuron degeneration
        Karagiannis P; Inoue H
        Mol Cell Neurosci., 2020年07月, 査読有り, 責任著者
      • Generation of a human induced pluripotent stem cell line, BRCi005-A, derived from a Best disease patient with BEST1 mutations
        Kamata K; Otsuka Y; Imamura K; Akio A; Kondo T; Suga M; Shibukawa R; Okanishi Y; Sagara Y; Tsukita K; Yasukawa T; Usui H; Muguruma K; Tsujikawa A; Inoue H
        Stem Cell Research, 2020年05月, 査読有り, 責任著者
      • Generation of a human induced pluripotent stem cell line derived from a Parkinson's disease patient carrying SNCA duplication
        Suzuki H; Egawa N; Kondo T; Imamura K; Enami T; Tsukita K; Suga M; Shibukawa R; Okanishi Y; Uchiyama T; Inoue H; Takahashi R
        Stem Cell Research, 2020年05月, 査読有り, 責任著者
      • Evaluation of Toxic Amyloid β42 Oligomers in Rat Primary Cerebral Cortex Cells and Human iPS-derived Neurons Treated with 10-Me-Aplog-1, a New PKC Activator
        Murakami K, Yoshimura M, Nakagawa S, Kume T, Kondo T, Inoue H, Irie K
        Int J Mol Sci., 2020年02月, 査読有り
      • Human iPS cell-derived mural cells as an in vitro model of hereditary cerebral small vessel disease
        Yamamoto Y, Kojima K, Taura D, Sone M, Washida K, Egawa N, Kondo T, Minakawa E, Tsukita K, Enami T, Tomimoto H, Mizuno T, Kalaria N R, Inagaki N, Takahashi R, Shiba Harada M, Ihara M, Inoue H
        Mol Brain., 2020年, 査読有り, 責任著者
      • Nasal vaccine delivery attenuates brain pathology and cognitive impairment in tauopathy model mice
        Takeuchi H, Imamura K, Ji B, Tsukita K, Enami T, Takao K, Miyakawa T, Hasegawa M, Sahara N, Iwata N, Inoue M, Tabira T, Hara H, Ono M, Trojanowski J, Lee V, Takahashi R, Suhara T, Higuchi M, Inoue H
        NPJ Vaccines., 2020年, 査読有り, 責任著者
      • Galectin 3-binding protein suppresses amyloid-β production by modulating β-cleavage of amyloid precursor protein
        Seki T, Kanagawa M, Kobayashi K, Kowa H, Yahata N, Maruyama K, Iwata N, Inoue H, Toda T
        J Biol Chem., 2020年, 査読有り
      • Induced pluripotent stem cell-based Drug Repurposing for Amyotrophic lateral sclerosis Medicine (iDReAM) study: protocol for a phase I dose escalation study of bosutinib for amyotrophic lateral sclerosis patients
        Imamura K, Izumi Y, Banno H, Uozumi R, Morita S, Egawa N, Ayaki T, Nagai M, Nishiyama K, Watanabe Y, Hanajima R, Oki R, Fujita K, Takahashi N, Ikeda T, Shimizu A, Morinaga A, Hirohashi T, Fujii Y, Takahashi R, Inoue H
        BMJ Open., 2019年12月, 査読有り, 責任著者
      • Brief review: Can modulating DNA methylation state help the clinical application of oligodendrocyte precursor cells as a source of stem cell therapy?
        Egawa N; Chung KK; Takahashi R; Lo EH; InoueH; Arai K
        Brain Res., 2019年11月15日, 査読有り
      • Modeling Neurological Disorders With Human Pluripotent Stem Cell-Derived Astrocytes
        Suga M; Kondo T; Inoue H
        Int J Mol Sci., 2019年08月08日, 査読有り, 責任著者
      • High molecular weight amyloid β1-42 oligomers induceneurotoxicity via plasma membrane damage
        Yasumoto T, Takamura Y, Tsuji M, Watanabe-Nakayama T, Imamura K, Inoue H, Nakamura S, Inoue T, Kimura A, Yano S, Nishijo H, Kiuchi Y, David B
        FASEB J., 2019年05月, 査読有り
      • Functional evaluation of PDGFB-variants in idiopathic basal ganglia calcification, using patient-derived iPS cells
        Sekine S, Kaneko M, Tanaka M, Ninomiya Y, Kurita H, Inden M, Yamada M, Hayashi Y, Inuzuka T, Mitsui J, Ishiura H, Iwata A, Fujigasaki H, Tamaki H, Tamaki R, Kito S, Taguchi Y, Tanaka K, Atsuta N, Sobue G, Kondo T, Inoue H, Tsuji S, Hozumi I
        Sci Rep., 2019年04月05日, 査読有り
      • Generation of a human induced pluripotent stem cell line, BRCi001-A, derived from a patient with mucopolysaccharidosis type I
        Suga, M; Kondo, T; Imamura, K; Shibukawa, R; Okanishi, Y; Sagara, Y; Tsukita, K; Enami, T; Furujo, M; Saijo, K; Nakamura, Y; Osawa, M; Saito, M.K; Yamanaka, S; Inoue, H
        Stem Cell Res., 2019年04月, 査読有り, 責任著者
      • MiR-33a is a therapeutic target in SPG4-related hereditary spastic paraplegia human neurons
        Nakazeki F; Tsuge I; Horie T; Imamura K; Tsukita K; Hotta A; Baba O; Kuwabara Y; Nishino T; Nakao T; Nishiga M; Nishi H; Nakashima Y; Ide Y; Koyama S; Kimura M; Tsuji S; Naitoh M; Suzuki S; Isumi Y; Kawarai T; Kaji R; Kimura T; Inoue H; Ono K
        Clin Sci (Lond)., 2019年02月22日, 査読有り, 責任著者
      • Establishment of human induced pluripotent stem cell line from a patient with Angelman syndrome carrying the deletion of maternal chromosome 15q11.2-q13
        Niki T, Imamura K, Enami T, Kinoshita M, Inoue H
        Stem Cell Res., 2019年01月, 査読有り, 責任著者
      • Induced Pluripotent Stem Cells and Their Use in Human Models of Disease and Development
        Karagiannis P; Takahashi K; Saito M; Yoshida Y; Okita K; Watanabe A; Inoue H; Yamashita JK; Todani M; Nakagwa M; Osawa M; Yashiro Y; Yamanaka S; Osafune K
        Physiol Rev., 2019年01月01日, 査読有り
      • A small-molecule inhibitor of SOD1-Derlin-1 interaction ameliorates pathology in an ALS mouse model
        Tsuburaya N; Homma K; Higuchi T; Balia A; Yamakoshi H; Shibata N; Nakamura S; Nakagawa H; Ikeda SI; Umezawa N; Kato N; Yokoshima S; Shibuya M; Shimonishi M; Kojima H; Okabe T; Nahano T; Naguro I; Imamura K; Inoue H; Fujisawa T; Ichijo H
        Nat Commun., 2018年07月10日, 査読有り
      • Overexpressed wild-type superoxide dismutase 1 exhibits amyotrophic lateral sclerosis-related misfolded conformation in induced pluripotent stem cell-derived spinal motor neurons
        Komatsu K; Imamura K; Yamashita H; Julien JP; Takahashi R; Inoue H
        Neuroreport., 2018年01月03日, 査読有り, 責任著者
      • A simplified and sensitive method to identify Alzheimer's disease biomarker candidates using patient-derived induced pluripotent stem cells (iPSCs)
        Shirotani K, Matsuo K, Ohtsuki S, Masuda T, Asai M, Kutoku Y, Ohsawa Y, Sunada Y, Kondo T, Inoue H, Iwata N
        J Biochem., 2017年12月01日, 査読有り
      • iPSC-Based Compound Screening and In Vitro Trials Identify a Synergistic Anti-amyloid β Combination for Alzheimer’s Disease
        Kondo T; Imamura K; Funayama M; Tsukita K; Miyake M; Ohta A; Woltjen K; Nakagawa M; Asada T; Arai T; Kawakatsu S; Izumi Y; Kaji R; Iwata N; Inoue H
        Cell Rep., 2017年11月21日, 査読有り, 責任著者
      • Establishment of DYT5 patient-specific induced pluripotent stem cells with a GCH1 mutation
        Murakamia N, Ishikawa T, Kondo T, Imamura K, Tsukita K, Enami T, Funayama M, Shibukawa R, Matsumoto S, Izumi Y, Ohta E, Obata F, Kaji R, Inoue H
        Stem Cell Res., 2017年10月, 査読有り, 責任著者
      • Induced pluripotent stem cells derived from a patient with familial idiopathic basal ganglia calcification (IBGC) caused by a mutation in SLC20A2 gene
        Sekine S, Kondo T, Murakami N, Imamura K, Enami T, Shibukawa R, Tsukita K, Funayama M, Inden M, Kurita H, Hozumi I, Inoue H
        Stem Cell Res., 2017年10月, 査読有り, 責任著者
      • Induced pluripotent stem cells derived from an autosomal dominant lateral temporal epilepsy (ADLTE) patient carrying S473L mutation in leucine-rich glioma inactivated 1 (LGI1)
        Tan G W, Kondo T, Murakamia N, Imamura K, Enami T, Tsukita K, Shibukawa R, Funayama M, Matsumoto R, Ikeda A, Takahashi R, Inoue H
        Stem Cell Res., 2017年10月, 査読有り, 責任著者
      • Prenatal neurogenesis induction therapy normalizes brain structure and function in Down syndrome mice
        akano-Kobayashi A, Awaya T, Kii I, Sumida Okuno Y, Yoshida S, Sumida T, Inoue H, Hosoya T, Hagiwara M
        Proc Natl Acad Sci U S A., 2017年09月19日, 査読有り
      • Antisense Oligonucleotides Reduce RNA Foci in Spinocerebellar Ataxia 36 Patient iPSCs
        Matsuzono K, Imamura K, Murakami N,Tsukita K,Yamamoto T, Izumi Y, Kaji R,Ohta Y, Yamashita T, Abe K, Inoue H
        Mol Ther Nucleic Acids., 2017年09月15日, 査読有り, 責任著者
      • Analysis of neural crest cells from Charcot-Marie-Tooth disease patients demonstrates disease-relevant molecular signature
        Kitani-Morii F, Imamura K, Kondo T, Ohara R, Enami T, Shibukawa R, Yamamoto T, Sekiguchi K, Toguchida J, Mizuno T, Nakagawa M, Inoue H
        Neuroreport., 2017年09月06日, 査読有り, 責任著者
      • Idiopathic Parkinson's disease patient-derived induced pluripotent stem cells function as midbrain dopaminergic neurons in rodent brains
        Kikuchi T; Morizane A; Doi D; Okita K; Nakagawa M; Yamakado H; Inoue H; Takahashi R; Takahashi J
        J Neurosci Res., 2017年09月, 査読有り
      • Human iPS cell-derived dopaminergic neurons function in a primate Parkinson's disease model
        Kikuchi T; Morizane A; Doi D; Magotani H; Onoe H; Hayashi T; Mizuma H; Takara S; Takahashi R; Inoue H; Morita S; Yamamoto M; Okita K; Nakagawa M; Parmar M; Takahashi J
        Nature., 2017年08月30日, 査読有り
      • TDP-43 stabilises the processing intermediates of mitochondrial transcripts
        Izumikawa K, Nobe Y, Yoshikawa H, Ishikawa H, Miura Y, Nakayama H, Nonaka T, Hasegawa M, Egawa N, Inoue H, Nishikawa K, Yamano K, Simpson R, Taoka M, Yamauchi Y, Isobe T, Takahashi N
        Sci Rep., 2017年08月09日, 査読有り
      • The Src/c-Abl pathway is a potential therapeutic target in amyotrophic lateral sclerosis
        Imamura K, Izumi Y, Watanabe A, Tsukita K, Woltjen K, Yamamoto T, Hotta A, Kondo T, Kitaoka S, Ohta A, Tanaka A, Watanabe D, Morita M, Takuma H, Tamaoka A, Kunath T, Wray S, Furuya H, Era T, Makioka K, Okamoto K, Fujisawa T, Nishitoh H, Homma K, Ichijo H, Julien JP, Obata N, Masato H, Akiyama H, Kaneko S, Ayaki T, Ito H, Kaji R, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H
        Sci Transl Med., 2017年05月24日, 査読有り, 責任著者
      • Proteasome impairment in neural cells derived from HMSN-P patient iPSCs
        Murakami N, Imamura K, Izumi Y, Egawa N, Tsukita K, Enami T, Yamamoto T, Kawarai T, Kaji R, Inoue H
        Mol Brain., 2017年02月15日, 査読有り, 責任著者
      • Induced pluripotent stem cell technology: a decade of progress
        Shi Y; Inoue H; Wu J; Yamanaka S
        Nature Reviews Drug Discovery, 2017年02月, 査読有り, 筆頭著者
      • Simple Derivation of Spinal Motor Neurons from ESCs/iPSCs Using Sendai Virus Vectors
        Goto K; Imamura K; Komatsu K; Mitani K; Aiba K; Nakatsuji N; Inoue M; Kawata A; Yamashita H; Takahashi R; Inoue H
        Mol Ther Methods Clin Dev., 2017年01月10日, 査読有り, 責任著者
      • Modeling drug-induced neuropathy using human iPSCs for predictive toxicology
        Ohara R; Imamura K; Morii F; Egawa N; Tsukita K; Enami T; Shibukawa R; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        Clin Pharmacol Ther., 2017年01月, 査読有り, 責任著者
      • Genetic and pharmacological correction of aberrant dopamine synthesis using patient iPSCs with BH4 metabolism disorders
        Ishikawa T, Imamura K, Koshiba Y, Hara S, Ichinose H, Furujo M, Kinoshita M, Oeda T, Takahashi J, Takahashi R, Inoue H
        Hum Mol Genet., 2016年12月01日, 査読有り, 責任著者
      • Multimodal Imaging for DREADD-Expressing Neurons in Living Brain and Their Application to Implantation of iPSC-Derived Neural Progenitors
        Ji B, Kaneko H, Minamimoto T, Inoue H, Takeuchi H, Kumata K, Zhang M-R, Aoki I, Seki C, Ono M, Tokunaga M, Tsukamoto S, Tanabe K, Shin R-M, Minamihisamitsu T, Kito S, Richmond B J, Suhara T, Higuchi M
        J Neurosci., 2016年11月09日, 査読有り
      • Vulnerability of Purkinje Cells Generated from Spinocerebellar Ataxia Type 6 Patient-Derived iPSCs
        Ishida, Y; Kawakami H; Kitajima H; Nishiyama A; Sasai Y; Inoue H; Muguruma K
        Cell Rep., 2016年11月01日, 査読有り
      • Vulnerability of Purkinje Cells Generated from Spinocerebellar Ataxia Type 6 Patient-Derived iPSCs
        Ishida Y; Kawakami H; Kitajima H; Nishiyama A; Sasai Y; InoueH; Muguruma K
        Cell Rep., 2016年11月01日, 査読有り
      • Calcium dysregulation contributes to neurodegeneration in FTLD patient iPSC-derived neurons
        Imamura K, Sahara N, Kanaan N M., Tsukita K, Kondo T, Kutoku Y, Ohsawa Y, Sunada Y, Kawakami K, Hotta A, Yawata S, Watanabe D, Hasegawa M, Trojanowski J Q., Lee V M.-Y., Suhara T, Higuchi M, Inoue H
        Sci Rep., 2016年10月10日, 査読有り, 責任著者
      • Cytoplasmic aggregates of dynactin in iPSC-derived tyrosine hydroxylase-positive neurons from a patient with Perry syndrome
        Mishima T; Ishikawa T; Imamura K; Kondo T; Koshiba Y; Tkahashi R; Takahashi J; Watanabe A; Fujii N; Tsuboi Y; Inoue H
        Parkinsonism Relat Disord., 2016年09月, 査読有り, 責任著者
      • Modeling Alexander disease with patient iPSCs reveals cellular and molecular pathology of astrocytes
        Kondo T, Funayama M, Miyake M, Tsukita K, Era T, Osaka H, Ayaki T, Takahashi R, Inoue H
        Acta Neuropathol Commun., 2016年07月11日, 査読有り, 責任著者
      • Engineering the AAVS1 locus for consistent and scalable transgene expression in human iPSCs and their differentiated derivatives
        Oceguera-Y F, Kim SI, Matsumoto T, Tan GW, Xiang L, Hatani T, Kondo T, Ikeya M, Yoshida Y, Inoue H, Woltjen K
        Methods., 2016年05月15日, 査読有り
      • [Dementia Study Using Induced Pluripotent Stem Cells]
        Matsuzono K; Abe K; Inoue H
        Nihon Rinsho., 2016年03月, 責任著者
      • CHCHD2 is down-regulated in neuronal cells differentiated from iPS cells derived from patients with lissencephaly
        Shimojima K, Okumura A, Hayashi M, Kondo T, Inoue H, Yamamoto T
        Genomics., 2015年10月, 査読有り
      • Modeling the Early Phenotype at the Neuromuscular Junction of Spinal Muscular Atrophy Using Patient-Derived iPSCs
        Yoshida M, Kitaoka S, Egawa N, Yamane M, Ikeda R, Tsukita K, Amano N, Watanabe A, Morimoto M, Takahashi J, Hosoi H, Nakahatan T, Inoue H, Saito Megumu
        Stem Cell Rep., 2015年04月, 査読有り
      • A second pedigree with amyloid-less familial Alzheimer's disease harboring an identical mutation in the amyloid precursor protein gene (E693delta)
        Kutoku Y; Ohsawa Y; Kuwano R; Ikeuchi T; Inoue H; Ataka S; Shimada H; Mori H; Sunada Y
        Intern Med., 2015年01月, 査読有り
      • Focal Transplantation of Human iPSC-Derived Glial-Rich Neural Progenitors Improves Lifespan of ALS Mice
        Kondo T, Funayama M, Tsukita K, Hotta A, Yasuda A, Nori S, Kaneko S, Nakamura M,Takahashi R,Okano H, Yamanaka S, Inoue H
        Stem Cell Reports., 2014年08月, 査読有り, 責任著者
      • Regenerative medicine for ALS using human iPS cells
        Inoue H
        Research Frontiers, 2014年05月, 筆頭著者, 責任著者
      • IPS cells: A game changer for future medicine
        Inoue H, Nagata N, Kurokawa H, Yamanaka S
        EMBO J., 2014年03月03日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • A chemical probe that labels human pluripotent stem cells
        Hirata N; Nakagawa M; Fujibayashi Y; Yamauchi K; Murata A; Minami I; Tomioka M; Kondo T; Kuo TF; Endo H; Inoue H; Sato S; Ando S; Kawazoe Y; Aiba K; Nagata K; Kawase E; Chang YT; Suemori H; Eto K; Nakauchi H; Yamanaka S; Nakatsuji N; Ueda K; Uesugi M
        Cell Rep., 2014年03月, 査読有り
      • [Cellular Models for Individualized Medicine in Alzheimer's Disease Using Patient-Derived Induced Pluripotent Stem Cells]
        Asai M; Shirotani K; Kondo T; Inoue H; Iwata N
        Nihon Yakurigaku Zasshi., 2014年01月
      • [New and future treatments for neurological disorders--knowledge essential to daily clinics and future prospects. Topics: 15. Therapeutic application of iPS cells]
        Kondo T; Inoue H; Takahashi R
        Nihon Naika Gakkai Zasshi., 2013年08月
      • Bereitschaftspotential augmentation by neuro-feedback training in Parkinson's disease
        Fumuro T; Matsuhashi M; Mitsueda T; Inouchi M; Hitomi T; Nakagawa T; Matsumoto R; Kawamata J; Inoue H; Mima T; Takahashi R; Ikeda A
        Clin Neurophysiol., 2013年07月, 査読有り
      • Response to comment on "Drug screening for ALS using patient-specific induced pluripotent stem cells"
        Egawa N; Kitaoka S; Tsukita K; Naitoh M; Takahashi K; Yamamoto T; Adachi F; Kondo T; Okita K; Asaka I; Aoi T; Watanabe A; Yamada Y; Morizane A; Takahashi J; Ayaki T; Ito H; Yoshikawa K; Yamawaki S; Suzuki S; Watanabe D; Hioki H; Kaneko T; Makioka K; Okamoto K; Takuma H; Tamaoka A; Hasegawa K; Nonaka T; Hasegawa M; Kawata A; Yoshida M; Nakahata T; Takahashi R; Marchetto MC; Gage FH; Yamanaka S; Inoue H
        Sci Transl Med., 2013年06月, 責任著者
      • Modeling Alzheimer's disease with iPSCs reveals stress phenotypes associated with intracellular Aβ and differential drug responsiveness
        Kondo T, Asai M, Tsukita K, Kutoku Y, Ohsawa Y, Sunada Y, Imamura K, Egawa N, Yahata N, Okita K, Takahashi K, Asaka I, Aoi T, Watanabe A, Watanabe K, Kadoya C, Nakano R, Watanabe D, Maruyama K, Hori O, Hibino S, Choshi T, Nakahata T, Hioki H, Kaneko T, Naitoh M, Yoshikawa K, Yamawaki S, Suzuki S, Hata R, Ueno S, Seki T, Kobayashi K, Toda T, Murakami K, Irie K, Klein WL, Mori H, Asada T, Takahashi R, Iwata N, Yamanaka S, Inoue H
        Cell Stem Cell., 2013年04月, 査読有り, 責任著者
      • [iPS Cell Technology for Neurodegenerative Disease]
        Inoue H
        Nihon Naika Gakkai Zasshi., 2013年, 筆頭著者
      • [ALS disease modeling and drug screening using patient-specific iPS cells]
        Egawa N; Inoue H
        Rinsho Shinkeigaku., 2013年, 責任著者
      • Cellular Replacement Therapy in Neurodegenerative Diseases Using Induced Pluripotent Stem Cells
        Kondo T; Takahashi R; Inoue H
        Stem Cells and Cancer Stem Cells., 2012年09月, 責任著者
      • Research on Neurodegenerative Diseases Using Induced Pluripotent Stem Cells
        Imamura K; Inoue H
        Psychogeruatrics., 2012年06月, 査読有り, 責任著者
      • α-Synuclein BAC transgenic mice as a model for Parkinson's disease manifested decreased anxiety-like behavior and hyperlocomotion
        Yamakado H, Moriwaki Y, Yamasaki N, Miyakawa T, Kurisu J, Uemura K, Inoue H, Takahashi M, Takahashi R
        Neurosci Res., 2012年06月, 査読有り
      • [ALS Patient-Specific iPS Cells]
        Inoue H
        Rinsho Shinkeigaku., 2012年, 筆頭著者, 責任著者
      • Motor neuron-specific disruption of proteasomes, but not autophagy, replicates amyotrophic lateral sclerosis
        Tashiro Y; Urushitani M; Inoue H; Koike M; Uchiyama Y; Komatsu M; Tanaka K; Yamazaki M; Abe M; Misawa H; Sakimura K; Ito H; Tkahashi R
        J Biol Chem., 2012年, 査読有り
      • Donor-dependent variations in hepatic differentiation from human-induced pluripotent stem cells
        Kajiwara M; Aoi T; Okita K; Takahashi R; Inoue H; Takayama N; Endo H; Eto K; Toguchida J; Uemoto S; Yamanaka S
        Proc Natl Acad Sci U S A., 2012年, 査読有り
      • Amyotrophic lateral sclerosis model derived from human embryonic stem cells overexpressing mutant superoxide dismutase 1
        Wada T; Goparaju SK; Tooi N; Inoue H; Takahashi R; Nakatsuji N; Aiba K
        Stem Cells Transl Med., 2012年, 査読有り
      • Drug screening for ALS using patient-specific induced pluripotent stem cells
        Egawa N; Kitaoka S; Tsukita K; Naitoh M; Takahashi K; Yamamoto T; Adachi F; Kondo T; Okita K; Asaka I; Aoi T; Watanabe A; Yamada Y; Morizane A; Takahashi J; Ayaki T; Ito H; Yoshikawa K; Yamawaki S; Suzuki S; Watanabe D; Hioki H; Kaneko T; Makioka K; Okamoto K; Takuma H; Tamaoka A; Hasegawa K; Nonaka T; Hasegawa M; Kawata A; Yoshida M; Nakahata T; Takahashi R; Marchetto MC; Gage FH; Yamanaka S; Inoue H
        Sci Transl Med., 2012年, 査読有り, 責任著者
      • The Use of Induced Pluripotent Stem Cells in Drug Development
        Inoue H, Yamanaka S
        Clin Pharmacol Ther., 2011年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Induced pluripotent stem cell technology for the study of neurodegenerative diseases
        Kitaoka S; Kondoh H; Inoue H
        Induced Stem Cells., 2011年, 責任著者
      • [Induced pluripotent stem cell]
        Yahata N; Inoue H
        Nihon rinsho., 2011年, 責任著者
      • iPS cells and RNA splicing in ophthalmologic disease
        Egawa N; Inoue H
        Neuro-Ophthalmology Japan., 2011年, 責任著者
      • [Neurodegenerative disease-specific induced pluripotent stem cell research]
        Inoue H
        Rinsho Shinkeigaku., 2011年, 筆頭著者, 責任著者
      • Induced Pluripotent Stem Cell Technology for the Study of Neurodegenerative Diseases
        Kitaoka S; Kondoh H; Inoue H
        Stem Cell Research Journal., 2011年, 責任著者
      • N-cadherin regulates p38MAPK signaling via association with JLP: Implications for neurodegeneration in Alzheimer’s disease
        Ando K, Uemura K, Kuzuya A, Maesako M, Asada-Utsugi M, Kubota M, Aoyagi N, Yoshioka K, Okawa K, Inoue H, Kawamata J, Shimohama S, Arai T, Takahashi R, Kinoshita A
        J Biol Chem., 2011年, 査読有り
      • Anti-Aβ drug screening platform using human iPS cell-derived neurons for the treatment of Alzheimer's disease
        Yahata N; Asai M; Kitaoka S; Takahashi K; Hioki H; Kaneko T; Maruyama K; Saido TC; Asaka I; Nakahata T; Asada T; Yamanaka S; Iwata N; Inoue H
        PLoS One., 2011年, 査読有り, 責任著者
      • The endoplasmic reticulum stress sensor, ATF6α, protects against neurotoxin-induced dopaminergic neuronal death
        Egawa N; Yamamoto K; Inoue H; Hikawa R; Nishi K; Mori K; Takahashi R
        J Biol Chem., 2011年, 査読有り
      • Chemical Library Screening Identifies a Small Molecule That Downregulates SOD1 Transcription for Drugs to Treat Amyotrophic Lateral Sclerosis
        Murakami G, Inoue H, Tsukita K, Asai Y, Amagai Y, Aiba K, Shimogawa H, Uesugi M, Nakatsuji N, Takahashi R
        J Biomol Screen., 2011年, 査読有り, 責任著者
      • Thromboxane receptor activation enhances striatal dopamine release, leading to suppression of GABAergic transmission and enhanced sugar intake
        Mitsumori T, Furuyashiki T, Momiyama T, Nishi A, Shuto T, Hayakawa T, Ushikubi F, Kitaoka S, Aoki T, Inoue H, Matsuoka T, Narumiya S
        Eur J Neurosci., 2011年, 査読有り
      • P301S Mutant Human Tau Transgenic Mice Manifest Early Symptoms of Human Tauopathies with Dementia and Altered Sensorimotor Gating
        Takeuchi H, Iba M, Inoue H, Higuchi M, Takao K, Tsukita K, Karatsu Y, Iwamoto Y, Miyakawa T, Suhara T, Trojanowski JQ, Lee VMY, Takahashi R
        PLoS One., 2011年, 査読有り, 責任著者
      • Neurodegenerative disease-specific induced pluripotent stem cell research
        Inoue H
        Experimental Cell Research, 2010年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • [Frontline in the research of regenerative medicine]
        Inoue H; Okano H
        Rinsho Shinkeigaku., 2010年
      • Regulational Role of Mitochondria on Ageing and Senescence
        Kondoh H; Inoue H; Takaori-Kondo A; Mikawa T; Minami M
        Horizons in DNA Research, 2010年
      • Loss of PINK1 in medaka fish (Oryzias latipes) causes late-onset decrease in spontaneous movement
        Matsui H, Taniguchi Y, Inoue H, Kobayashi Y, Sakaki Y, Toyoda A, Uemura K, Kobayashi D, Takeda S, Takahashi R
        Neurosci Res., 2010年, 査読有り
      • Proteasome inhibition in medaka brain induces the features of Parkinson's disease
        Matsui H; Ito H; Taniguchi Y; Inoue H; Takeda S; Takahashi R
        J Neurochem, 2010年, 査読有り
      • Leukoencephalopathy with cognitive impairment following tocilizumab for the treatment of rheumatoid arthritis (RA)
        Kobayashi K; Okamoto Y; Inoue H; Usui T; Ihara M; Kawamata J; Miki Y; Mimori T; Tomimoto, H; Takahashi R
        Intern Med., 2009年, 査読有り
      • [Case of optic neuritis associated with cerebral autosomal recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy (CARASIL)]
        Hashida N; Ito S; Hasegawa T; Kajita T; Morifuji H; Yamazaki Y; Sakagami K; Yokotani S; Tanaka T; Endoh B; Egawa N; Inoue H; Tomimoto H; Takahashi R
        Nippon Ganka Gakkai Zasshi., 2009年
      • A chemical neurotoxin, MPTP induces Parkinson's disease like phenotype, movement disorders and persistent loss of dopamine neurons in medaka fish
        Matsui H, Taniguchi Y, Inoue H, Uemura K, Takeda S, Takahashi R
        Neurosci Res., 2009年, 査読有り
      • Autoimmune autonomic ganglionopathy with Sjögren's syndrome: significance of ganglionic acetylcholine receptor antibody and therapeutic approach
        Kondo T; Inoue H; Usui T; Mimori T; Tomimoto H; Vernino S; Takahashi R
        Auton Neurosci., 2009年, 査読有り, 責任著者
      • Nicotinic receptor stimulation protects nigral dopaminergic neurons in rotenone-induced Parkinson's disease models
        Takeuchi H; Yanagida T; Inden M; Takata K; Kitamura Y; Yamakawa K; Sawada H; Izumi Y; Yamamoto N; Kihara T; Uemura K; Inoue H; Taniguchi T; Akaike A; Takahashi R; Shimohama S
        J Neurosci Res., 2009年, 査読有り
      • Pael-R transgenic mice crossed with parkin deficient mice displayed progressive and selective catecholaminergic neuronal loss
        Wang HQ, Imai Y, Inoue H, Kataoka A, Iita S, Nukina N, Takahashi R
        J Neurochem., 2008年, 査読有り
      • Accumulation of HtrA2/Omi in Neuronal and Glial Inclusions in Brains With alpha-Synucleinopathies
        Kawamoto Y, Kobayashi Y, Suzuki Y, Inoue H, Tomimoto H, Akiguchi I, Budka H, Martins LM, Downward J, Takahashi R
        J Neuropathol Exp Neurol., 2008年, 査読有り
      • Rac-GAP α-Chimerin Regulates Motor-Circuit Formation as a Key Mediator of EphrinB3/EphA4 Forward Signaling
        Takuji Iwasato; Hironori Katoh; Hiroshi Nishimaru; Yukio Ishikawa; Haruhisa Inoue; Yoshikazu M. Saito; Reiko Ando; Mizuho Iwama; Ryosuke Takahashi; Manabu Negishi; Shigeyoshi Itohara
        Cell, 2007年08月, 査読有り
      • Inhibition of the leucine-rich repeat protein LINGO-1 enhances survival, structure, and function of dopaminergic neurons in Parkinson’s disease models
        Inoue H, Lin L, Lee X, Shao Z, Mendes S, Snodgrass-Belt P, Sweigard H, Engber T, Pepinsky B, Yang L, Beal MF, Mi S, Isacson O
        Proc Natl Acad Sci U S A., 2007年, 査読有り, 筆頭著者
      • Pael receptor is involved in dopamine metabolism in the nigrostriatal system
        Imai Y, Inoue H, Kataoka A, Wang HQ, Masuda M, Ikeda T, Tsukita K, Soda M, Kodama T, Fuwa T, Honda Y, Kaneko S, Matsumoto S, Wakamatsu K, Ito S, Miura M, Aosaki T, Itohara S, Takahashi R
        Neurosci Res., 2007年, 査読有り
      • Pael-R is accumulated in Lewy bodies of Parkinson's disease
        Murakami T, Shoji M, Imai Y, Inoue H, Kawarabayashi T, Matsubara E, Harigaya Y, Sasaki A, Takahashi R, Abe K
        Ann Neurol., 2004年, 査読有り
      • VAChT-Cre.Fast and VAChT-Cre.Slow: Postnatal expression of Cre recombinase in somatomotor neurons with different onset
        Misawa H; Nakata K; Toda K; Matsuura J; Oda Y; Inoue H; Taneno M; Takahashi R
        Genesis., 2003年, 査読有り
      • The crucial role of caspase-9 in the disease progression of a transgenic ALS mouse model
        Inoue H; Tsukita K; Iwasato T; Suzuki Y; Tomioka M; Tateno M; Nagap M; Kawata A; Saido TC; Miura M; Misawa H; Itohara S; Takahashi R
        EMBO Journal., 2003年, 査読有り, 筆頭著者
      • Magnetic resonance imaging of primary spinal intramedullary lymphoma
        Nakamizo T, Inoue H, Udaka F, Oda M, Kawai M, Uemura K, Takahashi M, Nishinaka K, Sawada H, Kameyama M, Koyama T
        J Neuroimaging., 2002年, 査読有り
      • An unfolded putative transmembrane polypeptide, which can lead to endoplasmic reticulum stress, is a substrate of Parkin
        Imai Y, Soda M, Inoue H, Hattori N, Mizuno Y, Takahashi R
        Cell., 2001年, 査読有り
      • Transgenic mice with Alzheimer presenilin 1 mutations show accelerated neurodegeneration without amyloid plaque formation
        Chui DH, Tanahashi H, Ozawa K, Ikeda S, Checler F, Ueda O, Suzuki H, Araki W, Inoue H, Shirotani K, Takahashi K, Gallyas F, Tabira T
        Nat Med., 1999年, 査読有り
      • Serial analysis of gene expression in a microglial cell line
        Inoue H, Sawada M, Ryo A, Tanahashi H, Wakatsuki T, Hada A, Kondoh N, Nakagaki K, Takahashi K, Suzumura A, Yamamoto M, Tabira T
        Glia., 1999年, 査読有り, 筆頭著者
      • [Secondary Parkinsonism Following Midbrain Hemorrhage]
        Inoue H; Udaka F; Takahashi M; Nishinaka K; Kameyama M
        Rinsho Shinkeigaku., 1997年, 筆頭著者
      • [A Case of Adult-Onset Neurenteric Cyst Presenting as Chronic Progressive Muscular Atrophy in Lower Legs]
        Inoue H; Udaka F; Nishinaka K; Kameyama M; Amano S
        Rinsho Shinkeigaku., 1997年, 筆頭著者
      • [Monocular Photopsia Preceding With Neovascular Glaucoma Due to Internal Carotid Artery Occlusion; A Case Report]
        Urushitani M; Inoue H; Udaka F; Kameyama M
        Rinsho Shinkeigaku., 1996年, 筆頭著者
      • [A case of a thoracic extradural arachnoid cyst presenting with slowly progressive muscle weakness in the right upper and lower limbs]
        Inoue H; Nishinaka K; Urushitani M; Udaka F; Kameyama M
        Rinsho Shinkeigaku., 1996年, 筆頭著者
      • [Persistent Cerebellar Ataxia Following Typhoid Fever]
        Inoue H; NIshinaka K; Urushitani M; Udaka F; Kameyama M
        Rinsho Shinkeigaku., 1995年, 筆頭著者
      • Metabolites of soil microorganisms modulate amyloid β production in Alzheimer’s neurons
        Kondo T; Yamamoto T; Okayama K; Narumi H; Inoue H
        Scientific Reports, 2022年03月02日, 査読有り, 責任著者
      • High Mobility Group A1 Regulates Transcription Levels of Oligodendrocyte Marker Genes in Cultured Oligodendrocyte Precursor Cells
        Egawa N; Hamanaka G; K Chung; Ishikawa H; Shindo A; Maki T; Takahashi R; Inoue H; Eng H. Lo; Arai K
        International Journal of Molecular Sciences, 2022年02月17日, 査読有り
      • Dissection of the polygenic architecture of neuronal Aβ production using a large sample of individual iPSC lines derived from Alzheimer’s disease patients
        Kondo T; Hara N; Koyama S; Yada Y; Tsukita K; Nagahashi A; Ikeuchi T; Ishii K; Asada T; Arai T; Yamada R; Japanese Alzheimer'sDisease Neuroimaging Initiative(J-ADNI), Alzheimer’sDisease Neuroimaging Initiative (ADNI); Inoue H
        Nature Aging, 2022年02月17日, 査読有り, 責任著者
      • One-step induction of photoreceptor-like cells from human iPSCs by delivering transcription factors
        Otsuka Y; Imamura K; Oishi A; Kondo T; Suga M; Yada Y; Shibukawa R; Okanishi Y; Sagara Y; Tsukita K; Tsujikawa A; Inoue H
        iScience, 2022年04月15日, 査読有り, 責任著者

      MISC

      • プレセニリン1変異アルツハイマー病に対するブロモクリプチンの臨床試験プロトコル
        坂野 晴彦; 近藤 孝之; 奥宮 太郎; 網野 祥子; 魚住 龍史; 森田 智視; 新堂 晃大; 眞木 崇州; 池田 学; 和泉 唯信; 金丸 和富; 石井 賢二; 釜江 和恵; 砂田 芳秀; 川勝 忍; 渡邉 敏文; 内川 治; 高橋 良輔; 冨本 秀和; 井上 治久
        臨床神経学, 2021年09月
      • Galectin 3 binding protein suppresses A beta production by modulating beta-cleavage of amyloid precursor protein
        Tsuneyoshi Seki; Motoi Kanagawa; Kazuhiro Kobayashi; Hisatomo Kowa; Naoki Yahata; Kei Maruyama; Nobuhisa Iwata; Haruhisa Inoue; Tatsushi Toda
        NEUROLOGY, 2020年04月
      • 神経新生促進によるダウン症モデルにおける脳発達障害の是正
        小林 亜希子; 粟屋 智就; 喜井 勲; 隅田 有人; 奥野 友紀子; 和根崎 圭子; 吉田 優; 隅田 ともえ; 井上 治久; 細谷 孝充; 萩原 正敏
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月
      • 神経新生促進によるダウン症モデルにおける脳発達障害の是正
        小林 亜希子; 粟屋 智就; 喜井 勲; 隅田 有人; 奥野 友紀子; 和根崎 圭子; 吉田 優; 隅田 ともえ; 井上 治久; 細谷 孝充; 萩原 正敏
        生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月
      • Neuroprotective effects of nicotic receptor stimulation by ER stress and autophagy regulation
        Hiroki Takeuchi; Haruhisa Inoue; Akinori Akaike; Hideyuki Sawada; Shun Shimohama; Ryosuke Takahashi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2009年
      • 頭皮上直流電位変動に対する自律訓練法 パーキンソン病の運動準備電位に対する影響
        文室 知之; 松橋 眞生; 三枝 隆博; 井内 盛遠; 松本 理器; 川又 純; 井上 治久; 高橋 良輔; 池田 昭夫
        臨床神経生理学, 2008年10月
      • Axonal regeneration as a therapeutic target toward Parkinson's disease
        Haruhisa Inoue; Ryosuke Takahashi; Lin Ling; Mi Sha; Ole Isacson
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • PARK4 mouse model
        Hodaka Yamakado; Yasuhiro Moriwaki; Jyunko Kurisu; Naoko Tsunekawa; Nobuyuki Yamasaki; Tsuyoshi Miyakawa; Kengo Uemura; Haruhisa Inoue; Ryosuke Takahashi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • Nicotinic receptor stimulation protects nigral dopaminergic neurons in rotenone-induced Parkinson's disease models
        Takeuchi Hiroki; Yoshihisa Kitamura; Hideyuki Sawada; Kengo Uemura; Haruhisa Inoue; Takashi Taniguchi; Akinori Akaike; Ryosuke Takahashi; Shun Shimohama
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • Cell protection and death induction of ATF6 alpha, in ER stress response induced by Pael-R
        Naohiro Egawa; Keisuke Yamamoto; Haruhisa Inoue; Kengo Uemura; Satoshi Ogawa; Kazutoshi Mori; Ryosuke Takahashi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年
      • How does ephrinB3/EphA4 signaling regulate motor-circuit formation'?
        Takuji Iwasato; Hironori Katoh; Hiroshi Nishimaru; Yukio Ishikawa; Haruhisa Inoue; Y. M. Saito; R. Ando; M. Iwama; Ryosuke Takahashi; Manabu Negishi; Shigeyoshi Itohara
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年
      • 上位頸椎レベルより髄液漏を来たした低髄液圧症候群の一症例
        須田 謙史; 人見 健文; 井上 治久; 冨本 秀和; 高橋 良輔
        日本頭痛学会誌, 2006年11月
      • caspase-9とALS。
        井上治久; 高橋良輔
        臨床検査, 2004年
      • 患者由来iPS細胞を利用したアルツハイマー病のバイオマーカーの探索
        岩田 修永; 松尾 和哉; 大槻 純男; 浅井 将; 近藤 孝之; 井上 治久; 城谷 圭朗
        Dementia Japan, 2016年10月
      • アルツハイマー病サブグループのバイオマーカーの探索
        松尾 和哉; 吉崎 涼平; 大槻 純男; 浅井 将; 城谷 圭朗; 近藤 孝之; 井上 治久; 岩田 修永
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2016年09月
      • アルツハイマー病患者iPS細胞由来神経細胞におけるオートファジーの機能破綻
        森田 知樹; 小出 恵理子; 八田 大典; 渡辺 かおり; 近藤 孝之; 浅井 将; 城谷 圭朗; 井上 治久; 岩田 修永
        Dementia Japan, 2015年09月
      • 認知症研究におけるCell Biology I リソソーム・オートファジー アルツハイマー病iPS細胞由来神経細胞のオートファジー関連分子の解析
        城谷 圭朗; 能登 雄太; 高橋 茜; 森田 知樹; 小出 恵理子; 浅井 将; 近藤 孝之; 井上 治久; 岩田 修永
        Dementia Japan, 2014年10月
      • アルツハイマー病における個別化医療の可能性 孤発性および家族性アルツハイマー病患者由来iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析
        浅井 将; 城谷 圭朗; 近藤 孝之; 井上 治久; 岩田 修永
        日本薬理学雑誌, 2014年01月
      • Donor-dependent variations in hepatic differentiation from human-induced pluripotent stem cells (vol 109, pg 12538, 2012)
        Masatoshi Kajiwara; Takashi Aoi; Keisuke Okita; Ryosuke Takahashi; Haruhisa Inoue; Naoya Takayama; Hiroshi Endo; Koji Eto; Junya Toguchida; Shinji Uemoto; Shinya Yamanaka
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2012年09月
      • iPS細胞由来神経細胞におけるAβ産生とセクレターゼ阻害剤に対する応答
        浅井 将; 八幡 直樹; 北岡 志保; 高橋 和利; 浅香 勲; 日置 寛之; 金子 武嗣; 丸山 敬; 西道 隆臣; 中畑 龍俊; 朝田 隆; 山中 伸弥; 岩田 修永; 井上 治久
        Dementia Japan, 2011年10月
      • An approach to the generation of AR-JP mouse model: Crossbreeding of Pael-R transgenic mice with Parkin knockout mice
        Hua-Qin Wang; Yuzuru Imai; Haruhisa Inoue; Ayane Kataoka; Sachiko Iita; Nobuyuki Nukina; Ryosuke Takahashi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2006年
      • Galectin 3 binding proteinはBACE1活性を制御しAβ産生を抑制する
        関 恒慶; 金川 基; 小林 千浩; 古和 久朋; 八幡 直樹; 丸山 敬; 岩田 修永; 井上 治久; 戸田 達史
        Dementia Japan, 2019年10月, 査読有り
      • Galectin 3 binding proteinは内在性のβ-セクレターゼ活性を制御することでAβ産生を抑制する
        関 恒慶; 金川 基; 小林 千浩; 古和 久朋; 八幡 直樹; 丸山 敬; 岩田 修永; 井上 治久; 戸田 達史
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月, 査読有り
      • γセクレターゼによるAPP-CTFβのγ切断部位を調節する内在性分子の解析
        岩田 修永; 松尾 和哉; 森田 知樹; 渡辺 かおり; 八田 大典; 浅井 将; 八幡 直樹; 近藤 孝之; 井上 治久; 関 恒慶; 小林 千浩; 戸田 達史; 城谷 圭朗
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2016年09月
      • ALS drug discovery using AI platform with patient iPSC panel
        Imamura K; Inoue H
        32nd International Symposium on ALS/MND2021(WEB開催), 2021年11月09日
      • AI drug discovery with patient iPSC panel for ALS treatment
        Imamura K; Hidaka T; Hioki T; Takagi T; Giga Y; Giga M; Nishimura Y; Kawahara Y; Hayashi S; Niki T; Fushimi M; Inoue H
        PACTALS 2021 NAGOYA(ポスター発表), 愛知(ハイブリッド開催), 2021年09月17日
      • Generation of a human induced pluripotent stem cell line derived from a Parkinson’s disease patient with SNCA duplication
        Suzuki H; Egawa N; Kondo T; Imamura K; Enami T; Tsukita K; Suga M; Shibukawa R; Okanishi Y; Uchiyama T; Inoue H; Takahashi R
        第14回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, (ポスター発表), 福岡(ハイブリッド開催), 2021年02月22日
      • Generation of a human induced pluripotent stem cell line derived from a Parkinson’s disease patient demonstrating SNCA duplication
        Suzuki H; Egawa N; Kondo T; Imamura K; Enami T; Tsukita K; Suga M; Shibukawa R; Okanishi Y; Uchiyama T; Inoue H; Takahashi R
        第43回日本神経科学大会, (ポスター発表), WEB開催., 2020年07月29日
      • iPS細胞を用いた筋萎縮性側索硬化症の研究
        川澄侑哉; 今村恵子; 井上治久
        京都大学メディカルイノベーション卓越大学院プログラム 医薬系研究交流サロン, (ポスター発表), 京都., 2020年01月30日
      • 患者由来iPS細胞を用いた遺伝性脳小血管病の病態研究
        山本由美; 小嶋勝利; 田浦大輔; 曽根正勝; 鷲田和夫; 江川斉宏; 近藤孝之; 皆川栄子; 月田香代子; 江浪貴子; 冨本秀和; 水野敏樹; 稲垣暢也; 高橋良輔; 斯波真理子; 猪原匡史; 井上治久
        The 38th Annual Meeting of Japan Society for Dementia Research シンポジウム12(ポスター発表), 東京., 2019年11月08日
      • Establishment of iPS cell line from Parkinson’s disease patient carrying SNCA A53T mutation
        Suzuki H; Egawa N; Kondo T; Imamura K; Suga M; Shibukawa R; Okanishi Y; Goto K; Takahashi R
        60th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Osaka., 2019年05月25日
      • Trial for improvement of hair cell induction method from human iPSC
        Ohnishi H, Skerleva D, Okuyama H, Miyamoto T, Matsuura S, Kirino K, Yamamoto N, Ito J, Omori K, Saito M, Tsukita K, Inoue H, and Nakagawa T
        Association for research in Otolaryngology 38th Annual MidWinter Meeting, Baltimore, USA., 2019年02月09日
      • ドラッグリポジショニングによるALS治療薬開発のための薬物動態評価
        今村恵子; 井上治久
        平成30年度AMED再生医療研究交流会, (ポスター発表), 東京., 2018年09月12日
      • Prenatal neurogenesis induction therapy normalizes brain structure and function in Down syndrome mice
        Nakano-Kobayashi A; Awaya T; Kii I; Sumida Y; Okuno Y; Yoshida S; Sumida T; Inoue H; Hosoya T; Hagiwara M
        The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, (Oral Session)Kobe., 2018年07月28日
      • Src/c-Abl inhibitors attenuate neurodegeneration in amyotrophic lateral sclerosis
        Imamura K; Inoue H
        The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,(Poster Session), Kobe., 2018年07月28日
      • iPSC-Based Compound Screening and In Vitro Trials Identify a Synergistic Anti-amyloid β Combination for Alzheimer’s Disease
        Kondo T; Inoue H
        The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,(Poster Session), Kobe., 2018年07月26日
      • 霊長類モデルを用いたパーキンソン病に対する細胞移植治療の非臨床試験
        菊地哲広; 森実飛鳥; 土井大輔; 孫谷弘明; 高橋良輔; 井上治久; 沖田圭介; 中川誠人; 高橋淳
        The 17th Congress of the Japanese Society for Regenerative Medicine (Web)., 2018年03月21日
      • iPSC-based compound screening and toxicity evaluation for drug development
        Kondo T; Yada Y; Yoshida Y; Inoue H
        第4回若手BRC Conference, (ポスター発表), つくば., 2017年11月29日
      • てんかん研究への応用を目指したiPS細胞技術開発
        近藤孝之; 井上治久
        第51回日本てんかん学会学術集会, 京都, 2017年11月03日
      • Modeling Charcot-Marie-Tooth disease using patient iPSCs
        Ohara R; Imamura K; Morii F; Egawa N; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        58th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kyoto., 2017年09月16日
      • iPSC model for demyelinating Charcot-Marie-Tooth disease
        Kitani-Morii F; Imamura K; Kondo T; Ohara R; Yamamoto T; Sekiguchi K; Toguchida J; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        58th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kyoto., 2017年09月16日
      • Modeling Charcot-Marie-Tooth disease using patient iPSCs
        Ohara R; Imamura K; Morii F; Egawa N; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        58th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kyoto., 2017年09月16日
      • Modeling Alexander disease with patient iPSCs reveals cellular and molecular pathology of astrocytes
        Kondo T; Funayama M; Miyake M; Tsukita K; Era T; Osaka H; Ayaki T; Takahashi R; Inoue H
        58th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kyoto., 2017年09月16日
      • Neuronal activity modulates oligomeric tau-mediated neurodegeneration in FTLD-Tau neurons
        Imamura K; Sahara N; Inoue H
        58th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kyoto., 2017年09月16日
      • Human iPSC disease modeling of Perry syndrome
        Mishima T; Ishikawa T; Imamura K; Kondo T; Koshiba Y; Takahashi R; Takahashi J; Watanabe A; Fujii N; Tsuboi Y; Inoue H
        58th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kyoto., 2017年09月16日
      • Modeling Charcot-Marie-Tooth disease using patient iPSCs
        Ohara R; Imamura K; Morii F; Egawa N; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Chiba., 2017年07月20日
      • Oligomeric tau contributes to neurodegeneration in FTLD patient iPSC-derived neurons
        Imamura K; Sahara N; Inoue H
        The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Chiba., 2017年07月20日
      • Modeling Charcot-Marie-Tooth disease using patient iPSCs
        Ohara R; Imamura K; Morii F; Egawa N; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Chiba., 2017年07月20日
      • Vulnerability of Purkinje Cells Generated from Spinocerebellar Ataxia Type 6 Patient-Derived iPSCs
        Ishida Y, Kawakami H, Kitajima H, Nishiyama A, Sasai Y, Inoue H, Muguruma K
        The 15th The ISSCR annual meeting (ISSCR2017), Boston, USA., 2017年06月14日
      • 霊長類パーキンソン病モデルへのヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞移植
        菊地哲広, 森實飛鳥, 土井大輔, 井上治久, 高橋良輔, 沖田圭介, 中川誠人, 高橋淳
        The 16th Congress of the Japanese Society for Regenerative Medicine, Miyagi., 2017年03月07日
      • iPS細胞を用いた認知症モデルの可能性:iPS細胞モデルとマウスモデルについて
        今村恵子; 井上治久
        The 35th Annual Meeting of Japan Society for Dementia Research, Tokyo., 2016年12月03日
      • Regenerative Medicine for Cardiac and Neural Diseases
        Kondo T; Inoue H
        第二回京都―スイスシンポジウム2016, 京都., 2016年10月31日
      • Modeling Familial Epilepsy Using Patient-induced Pluripotent Stem Cells
        Tan, G. W; Kondo T; Inoue H
        CiRA Retreat 2016, Awaji., 2016年07月29日
      • Modeling spinocerebellar ataxia type 36 using patient induced pluripotent stem cells
        Matsuzono K; Imamura K; Murakami N; Kondo T; Izumi Y; Kaji R; Yamashita T; Abe K; Inoue H
        CiRA Retreat 2016, Awaji., 2016年07月29日
      • Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from human iPSCs/ESCs
        Goto K; Imamura K; Mitani K; Aiba K; Nakatsuji N; Takahashi R; Inoue H
        CiRA Retreat 2016, Awaji., 2016年07月29日
      • Modeling HMSN-P motor neurons using patient iPSCs with mutant TFG
        Murakami N; Imamura K; Egawa N; Kondo T; Izumi Y; Kaji R; Inoue H
        CiRA Retreat 2016, Awaji., 2016年07月29日
      • Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from iPSCs/ESCs
        Goto K; Imamura K; Mitani K; Aiba K; Nakatsuji N; Takahashi R; Inoue H
        The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama., 2016年07月21日
      • Modeling Asidan/SCA36 using patient iPSCs for therapy development
        松薗構佑; 今村恵子; 村上永尚; 近藤孝之; 和泉唯信; 梶龍兒; 阿部康二; 井上治久
        国際Asidanシンポジウム, 福山., 2016年07月02日
      • Modeling HMSN-P motor neurons using patient iPSCs with mutant TFG
        Murakami N; Imamura K; Kondo T; Izumi Y; Kaji R; Inoue H
        57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kobe., 2016年06月03日
      • An iPS cell model of CADASIL: insights into the pathogenesis of a hereditary small vessel disease
        Yamamoto Y; Kojima K; Taura D; Sone M; Washida K; Egawa N; Kondo T; Minakawa N E; Tsukita K; Enami T; Tomimoto H; Mizuno T; Takahashi R; Ihara M; Inoue H
        57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kobe., 2016年05月18日
      • Library screening to identify compounds that promote MNs generation from iPSCs
        Goto K; Imamura K; Mitani K; Aiba K; Nakatsuji N; Takahashi R; Inoue H
        57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kobe., 2016年05月18日
      • A cellular model for Perry syndrome using patient iPSCs
        Mishima T; Ishikawa T; Imamura K; Kondo T; Koshiba Y; Takahashi R; Takahashi J; Watanabe A; Fujii N; Tsuboi Y; Inoue H
        57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kobe., 2016年05月18日
      • Modeling idiopathic basal ganglia calcification using patient iPSCs
        Sekine S; Kondo T; Miki K; Yoshida Y; Kurita H; Inden M; Hozumi I; Inoue H
        57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kobe., 2016年05月18日
      • Modeling Charcot-Marie-Tooth disease using patient-induced pluripotent stem cells
        Morii F; Imamura K; Ohara R; Shibata M; Sekiguchi K; Ikeya M; Toguchida J; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kobe., 2016年05月18日
      • Modeling spinocerebellar ataxia type 36 using patient induced pluripotent stem cells
        Matsuzono K; Murakami N; Imamura K; Kondo T; Tsukita K; Enami T; Izumi Y; Kaji R; Abe K; Inoue H
        57th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kobe., 2016年05月18日
      • CHCHD2 is down-regulated in neuronal cells differentiated from iPS cells derived from patients with lissencephaly
        Shimojima K, Okamura A, Hayashi M, Kondo T, Inoue H, Yamamoto T
        The 13th International Congress of Human Genetics (ICHG2016), Kyoto., 2016年04月03日
      • 高品質な分化細胞・組織を用いた神経系および視 覚系難病のin vitroモデル化と治療法の開発 〜疾患特異的iPS細胞を活 用した難病研究【共同研究拠点】〜
        井上治久; 六車恵子
        平成27年度AMED再生医療公開シンポジウム, 東京, 2016年01月25日
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた特発性基底核石灰化症(IBGC) の細胞モデル作製
        関根信一郎; 近藤孝之; 三木健嗣; 吉田善紀; 栗田尚佳; 位田雅俊; 保住 功; 井上治久
        iPS細胞を用いた疾患・創薬研究 ~科学者達による挑 戦~ iPS 細胞を用いた疾患・創薬研究, 東京., 2015年12月14日
      • iPS細胞を用いた脊髄小脳変性症36 型の疾患・創薬研究
        松薗構佑; 村上永尚; 今村恵子; 近藤孝之; 月田香代子; 江浪貴子; 和泉; 唯信; 梶 龍兒; 阿部康二; 井上治久
        iPS細胞を用いた疾患・創薬研究 ~科学者達による挑 戦~ iPS 細胞を用いた疾患・創薬研究, 東京., 2015年12月14日
      • 患者iPS細胞を用いた小児パーキンソ ニズムモデルの作製
        石川泰三; 三嶋崇靖; 小芝泰; 古城真秀子; 木下真幸子; 近藤孝之; 今村; 恵子; 高橋良輔; 高橋淳; 井上治久
        iPS細胞を用いた疾患・創薬研究 ~科学者達による挑 戦~ iPS 細胞を用いた疾患・創薬研究, 東京., 2015年12月14日
      • iPS細胞/ES細胞から運動ニューロンへの分化を促進する化合物 同定のスクリーニング
        後藤和也; 今村恵子; 三谷幸之介; 饗庭一博; 中辻憲夫; 髙橋良輔; 井; 井上治久
        iPS細胞を用いた疾患・創薬研究 ~科学者達による挑 戦~ iPS 細胞を用いた疾患・創薬研究, 東京., 2015年12月14日
      • Modeling for hereditary neuropathy using patient-induced pluripotent stem cells
        Morii F; Imamura K; Ohara R; Shibata M; Sekiguchi K; Ikeya M; Toguchida J; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        iPS細胞を用いた疾患・創薬研究 ~科学者達による挑 戦~ iPS 細胞を用いた疾患・創薬研究, 東京., 2015年12月14日
      • Modeling hereditary neuropathy using patient iPSCs with mutant TFG
        Murakami N; Imamura K; Kondo T; Ohara R; Koizumi H; Kawarai T; Izumi Y; Nakagawa M; Kaji R; Inoue H
        iPS細胞を用いた疾患・創薬研究 ~科学者達による挑 戦~ iPS 細胞を用いた疾患・創薬研究, 東京., 2015年12月14日
      • Genomic correction of mutant TDP-43 iPS cells
        Tsuge I; Tsukita K; Suzuki S; Sakuma T; Yamamoto T; Hotta A; Inoue H
        iPS細胞を用いた疾患・創薬研究 ~科学者達による挑 戦~ iPS 細胞を用いた疾患・創薬研究, 東京., 2015年12月14日
      • 神経疾患創薬シーズの探索と薬剤毒性評価
        井上治久
        iPS細胞を用いた疾患・創薬研究 ~科学者達による挑 戦~ iPS 細胞を用いた疾患・創薬研究, 東京., 2015年12月14日
      • 遺伝性運動感覚ニューロパチーiPS細胞モデルの解析
        村上永尚; 和泉唯信; 今村恵子; 近藤孝之; 梶龍兒; 井上治久
        第37回神経組織培養研究会.霧島, 2015年11月07日
      • ヒトiPS/ES細胞から運動ニューロンへの分化を促進する化合物 のスクリーニング
        後藤和也; 今村恵子; 三谷幸之介; 饗庭一博; 中辻憲夫; 髙橋良輔; 井; 井上治久
        第37回神経組織培養研究会.霧島, 2015年11月07日
      • Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from human iPSCs/ESCs
        Goto K; Imamura K; Mitani K; Aiba K; Nakatsuji N; Takahashi R; Inoue H
        京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座臨床神経学 リトリート2015, 髙島., 2015年10月11日
      • 患者由来iPS細胞を用いたアルツハイマー病研究
        近藤孝之; 井上治久
        The 34th Annual Meeting of Japan Society for Dementia Research, Aomori., 2015年10月04日
      • iPS細胞由来大脳皮質神経細胞を用いた前頭側頭葉変性症の解析
        今村恵子; 井上治久
        The 34th Annual Meeting of Japan Society for Dementia Research, Aomori., 2015年10月04日
      • Recapitulating neural disease by iPS-cell derived astrocytes of patients
        Kondo T; Inoue H
        The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe., 2015年07月29日
      • Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from iPSCs/ESCs
        Goto K; Imamura K; Mitani K; Aiba K; Nakatsuj N; Takahashi R; Inoue H
        The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe., 2015年07月28日
      • Modeling for hereditary neuropathy using patient-induced pluripotent stem cells
        Morii F; Ohara R; Imamura K; Shibata M; Sekiguchi K; Ikeya M; Toguchida J; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Niigata., 2015年05月23日
      • Modeling Charcot-Marie-Tooth disease using patient iPSCs
        Ohara R; Morii F; Egawa N; Okita K; Mizuno T; Nakagawa M; Yamanaka S; Inoue H
        56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Niigata., 2015年05月22日
      • Genomic correction of mutant TDP-43 iPSCs
        Tsuge I; Tsukita K; Naito M; Suzuki S; Sakuma T; Yamamoto T; Hotta A; Yamanaka S; Inoue H
        56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Niigata., 2015年05月21日
      • FUS遺伝子変異を伴う筋萎縮性側索硬化症の臨床像:若年発症例を含む4症例の検討
        引網亮太; 端祐一郎; 山門穂高; 辰己新水; 山下博史; 澤本伸克; 辻輝 之; 川本未知; 幸原伸夫; 井上治久; 漆谷真; 高橋良輔
        56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Niigata., 2015年05月21日
      • Modeling HMSNP motor neurons using patient iPSCs with mutant TFG
        Murakami N; Egawa N; Ohara R; Koizumi H; Imamura K; Kondo T; Kawarai T; Izumi Y; Nakagawara M; Kaji R; Inoue H
        56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Niigata., 2015年05月21日
      • Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from human iPSCs/ESCs
        Goto K; Imamura K; Mitani K; Aiba K; Nakatsuji N; Takahashi R; Inoue H
        56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Niigata., 2015年05月21日
      • Specific phenotypes of motor neurons derived from spinal muscular atrophy
        Egawa N; Goto K; Yoshida M; Enami T; Tsukita K; Imamura K; Nakahara T; Takahashi R; Saito M; Inoue H
        56th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Niigata., 2015年05月21日
      • A cellular model for ALS using patient iPSCs with mutant TFG
        Murakami N; Egawa N; Izumi Y; Kaji R; Inoue H
        CiRA Retreat 2015, Otsu., 2015年05月19日
      • Modeling for hereditary neuropathy using patient-induced pluripotent stem cells
        Morii F; Ohara R; Imamura K; Shibata M; Sekiguchi K; Ikeya M; Toguchida J; Mizuno T; Nakagawa M; Inoue H
        CiRA Retreat 2015, Otsu., 2015年05月19日
      • 特発生基底核石灰症(IBGC)(‘ファール病’)の疾患特異的iPS細胞の作製と創薬
        位田雅俊; 関根信一郎; 栗田尚佳; 保住功; 村上永尚; 井上治久
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • 遺伝性てんかん患者由来のiPS細胞樹立
        近藤孝之; 月田香代子; 木下真幸子; 松本理器; 池田昭夫; 高橋良輔; 井上治久
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • iPS Cell Modeling of Parkison’s Disease with LRRK2 I2020T Mutation
        Koshiba Y; Morizane A; Yamakado H; Kikuchi T; Doi D; Hasegawa K; Inoue H; Takahashi J; Takahashi R
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • 遺伝性パーキンソン病患者由来iPS細胞の樹立
        石川泰三; 三嶋崇晴; 小芝泰; 後藤和也; 近藤孝之; 今村恵子; 山下拓史; 長谷川一子; 澤田秀幸; 高橋良輔; 高橋淳; 坪井義夫; 井上治久
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • 患者iPS細胞を用いた遺伝性末 梢神経障害モデルの作製
        森井芙貴子; 大原亮; 今村恵子; 柴田光章; 関口和也; 池谷真; 戸口田淳也; 水野敏樹; 中川正法; 井上治久
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • Modeling Charcot-Marie-Tooth disease using patient iPSCs
        Ohara R; Morii F; Egawa N; Okita K; Mizuno T; Nakagawa M; Yamanaka S; Inoue H
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from human iPSCs/ESCs
        Goto K; Imamura K; Mitani K; Aiba K; Nakatsuji N; Takahashi R; Inoue H
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • 運動ニューロン疾患患者iPS細胞の遺伝子修復
        村上永尚; 津下到; 森井芙貴子; 月田香代子; 和泉唯信; 梶龍兒; 井上治久
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • Establishment of genome-edited ALS iPSCs for examination of TDP-43 contribution
        Tsuge I; Tsukita K; Naito M; Suzuki S; Sakuma T; Yamamoto T; Yamanaka S; Inoue H
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • Generation of subcerebral projection neurons derived from human iPS cells
        Imamura K; Tsukita K; Inoue H
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • Specific phenotypes of motor neurons derived from spinal muscular atrophy
        Egawa N; Goto K; Yoshida M; Enami T; Tsukita K; Imamura K; Nakahara T; Takahashi R; Saito M; Inoue H
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」, 東京., 2015年02月23日
      • Autophagy dysfunction in the neuronal cells derived from Alzheimer’s disease patients
        Morita T; Koide E; Watanabe K; Kondo T; Asai M; Shirotani K; Inoue H; Iwata N
        第18回武田科学振興財団生命科学シンポジウム, 吹田, 2015年01月15日
      • Focal Transplantation of Human iPSC-Derived Glial-Rich Neural Progenitors Improves Lifespan of ALS Mice
        Kondo T; Funayama M; Tsukita K; Hotta A; Yasuda A; Nori S; Kaneko S; Nakamura M; Takahashi R; Okano H; Yamanaka S; Inoue H
        第18回武田科学振興財団生命科学シンポジウム, 吹田, 2015年01月15日
      • Induced pluripotent stem cells derived from idiopathic parkinson’s disease patients differentiate into midbrain dopaminergic neurons and improve motor function of parkinson’s disease model rats
        Okita K, Kikuchi T, Morizane A, Doi D, Nakagawa M, Inoue H, Takahashi R, Takahashi J
        ISSCR Annual Meeting 2015, 2015年
      • Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from human iPSCs/ESCs
        Goto K, Imamura K, Mitani K, Aiba K, Nakatsuji N, Takahashi R, Inoue H
        The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2014年09月11日
      • Specific phenotypes of motor neurons derived from spinal muscular disease
        Egawa N, Yoshida M, Enami T, Tsukita K, Imamura K, Nakahata T, Takahashi R, Saito M, Inoue H
        The 37th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2014年09月11日
      • iPS 細胞モデルによるLRRK2 I2020T 変異パーキンソン病の研究
        小芝泰; 森實飛鳥; 菊地哲広; 山門穂高; 陣上直人; 土井大輔; 西村周泰; 皆川栄子; 江川斉宏; 井上治久; 高橋淳; 高橋良輔
        55th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Fukuoka., 2014年05月23日
      • 神経系細胞分化過程の遺伝子解析によるアルツハイマー病病態制御遺伝子の検索
        関恒慶; 小林千浩; 八幡直樹; 浅井将; 岩田修永; 井上治久; 戸田達史
        55th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Fukuoka., 2014年05月23日
      • ヒトiPS細胞由来のアストロサイトを用いたALSモデルマウスの脊髄移植治療
        近藤孝之; 舟山美里; 月田香代子; 堀田秋津; 安田明正; 海苔聡; 金子慎二郎; 中村雅也; 高橋良輔; 岡野栄之; 山中伸弥; 井上治久
        55th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Fukuoka., 2014年05月22日
      • 家族性筋萎縮性側索硬化症患者由来iPS細胞を用いた疾患モデルの作製
        今村恵子; 和泉唯信; 月田香代子; 古谷博和; 江良択実; 中畑龍俊; 梶龍兒山中伸弥; 井上治久
        55th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Fukuoka., 2014年05月22日
      • 遺伝性腫瘍 基礎と臨床の架け橋 患者由来iPS細胞を用いた家族性腫瘍疾患VHL病に対する新規治療法創出の試み
        中村 英二郎; 室伏 善照; 今村 恵子; 丹羽 明; 杉山 愛子; 木下 和生; 新垣 隆一郎; 柴崎 昇; 山崎 俊成; 神波 大己; 斎藤 潤; 井上 治久; 小川 修
        日本癌学会総会記事, 2014年
      • アルツハイマー病患者iPS細胞由来神経系細胞におけるAβオリゴマーの細胞毒性
        中野梨絵; 浅井 将; 近藤孝之; 月田香代子; 渡邊かおり; 門谷千恵; 村上一馬; 入江一浩; Klein L. William; 森 啓; 丸山 敬; 朝田 隆; 城谷圭朗; 井上治久; 岩田修永
        The 32nd Annual Meeting of Japan Society for Dementia Research, Matsumoto., 2013年11月08日
      • 患者由来iPS細胞を用いた孤発性アルツハイマー病のサブタイプ化と個別化医療を目指した創薬研究
        岩田修永; 近藤孝之; 浅井 将; 月田香代子; 渡邊かおり; 門谷千恵; 村上一馬; 入江一浩; Klein L. William; 森 啓; 丸山 敬; 朝田 隆; 井上治久
        第23回日本臨床精神神経薬理学会・第43回日本神経精神薬理学会 合同年会, 沖縄., 2013年10月25日
      • Chemical library screening to identify a small molecule that promotes motor-neuron generation for the treatment of ALS
        Goto K; Imamura K; Inoue H; Takahashi R
        京都大学神経内科リトリート2013, 髙島, 2013年10月13日
      • 患者由来iPS細胞を用いた筋萎縮性側索硬化症の病態再現
        江川斉宏; 井上治久
        第86回日本生化学会大会 シンポジウム「iPS細胞技術を用いた神経疾患研究の進歩と今後の展望」, 横浜., 2013年09月13日
      • iPS細胞技術を用いた神経疾患研究の進歩と今後の展望 神経分化過程におけるAβ40とAβ42の産生比の変化とその責任遺伝子の解析
        浅井 将; 中野 梨絵; 荒木 希; 渡邊 かおり; 八幡 直樹; 関 恒慶; 小林 千浩; 戸田 達史; 城谷 圭朗; 井上 治久; 岩田 修永
        第86回日本生化学会大会 シンポジウム「iPS細胞技術を用いた神経疾患研究の進歩と今後の展望」, 横浜., 2013年09月13日
      • Modeling Alzheimer’s disease using induced pluripotent stem cells from familial and sporadic Alzheimer's disease patients
        Shirotani K, Kondo T, Asai M, Tsukita K, Watanabe K, Maruyama K, Murakami K, Irie K, Klein WL, Mori H, Asadam T, Inoue H, Iwata N
        Alzheimer's Association International Conference (AAIC 2013), Boston, USA., 2013年07月14日
      • iPS細胞作成法とトピックス
        第35回神経組織培養研究会, 吹田., 2013年06月29日
      • Generation of motor neurons through patient-specific iPSCs with mutant TDP-43
        Egawa N, Takahashi R, Inoue H
        The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kyoto, Japan., 2013年06月21日
      • Efficient derivation of functional astrocytes from human induced pluripotent stem cells
        Kondo T, Takahashi R, Inoue H
        The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kyoto, Japan., 2013年06月20日
      • iPS Cell Modeling of Genetic Parkinson's Disease
        Koshiba Y, Morizane A, Yamakado H, Kikuchi T, Doi D, Nishimura K, Minakawa E, Egawa N, Kondo T, Inoue H, Takahashi J, Takahashi R
        The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kyoto, Japan., 2013年06月20日
      • Spinal Motor Neurons Generated from Induced Pluripotent Stem Cells Derived from Spinal Muscular Atrophy Patients Failed to Cluster Acetylcholine Receptors at The Neuromuscular Junctions
        Yoshida M, Kitaoka S, Yamane M, Tsukita K, Inoue H, Saito M, Nakahata T
        ISSCR 11th Annual Meeting, Boston, MA, USA., 2013年06月13日
      • Induced Pluripotent Stem Cells Derived From Idiopathic Parkinson's Disease Patients Differentiate into Midbrain Dopaminergic Neurons
        Kikuchi T, Morizane A, Doi D, Okita K, Inoue H, Takahashi J
        ISSCR 11th Annual Meeting, Boston, MA, USA., 2013年06月13日
      • 上位運動ニューロン解析に向けたヒトiPS細胞由来投射ニューロンの作製
        今村恵子; 月田香代子; 江川斉宏; 近藤孝之; 井上治久
        54th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2013年06月01日
      • 既存薬によるSOD1転写を標的とした筋萎縮性側索硬化症の開発
        村上学; 井上治久; 月田香代子; 淺井康行; 饗庭一博; 天貝祐地; 山下博史; 植村健吾; 伊東秀文; 下川浩輝; 上杉志成; 中辻憲夫; 高橋良輔
        54th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2013年06月01日
      • 疾患特異的iPS細胞モデルによる遺伝性パーキンソン病の研究
        小芝 泰; 森實飛鳥; 山門穂高; 菊地哲宏; 皆川栄子; 土井大輔; 西村周泰; 江川斉宏; 井上治久; 高橋 淳; 高橋良輔
        54th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2013年06月01日
      • 筋萎縮性側索硬化症モデルマウス由来iPS細胞は、運動ニューロン死を再現する
        小松研一; 井上治久; 山下博史; 近藤孝之; 植村健吾; 高橋良輔
        54th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2013年06月01日
      • 家族性アルツハイマー病患者由来iPS細胞の樹立と解析
        近藤孝之; 八幡直樹; 舟山美里; 月田香代子; 浅井 将; 岩田修永; 川勝 忍; 和泉唯信; 梶 龍兒; 朝田 隆; 高橋良輔; 井上治久
        54th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2013年05月30日
      • iPS細胞を用いたALSの病態解析
        江川斉宏; 井上治久
        54th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Symposium「iPS細胞研究の現状と展望」, Tokyo., 2013年05月29日
      • 疾患iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析~一括りにされていた孤発性アルツハイマー病のサブタイプの同定~
        門谷千恵; 浅井 将; 近藤孝之; 渡邊かおり; 中野梨絵; 井上治久; 岩田修永
        平成25年度日本生化学会九州支部例会, 佐賀., 2013年05月19日
      • Spinal Motor Neurons Generated from Induced Pluripotent Stem Cells Derived from Spinal Muscular Atrophy Patients Failed To Cluster Acetylcholine Receptors at the Neuromuscular Junction
        Yoshida M, Kitaoka S, Yamane M, Tsukita K, Nakahata T, Inoue H, Saito M
        The American Academy of Neurology 65th Annual Meeting, San Diego, CA, USA., 2013年03月19日
      • Generation of Motor Neurons through Patient-Specific iPSCs with Mutant TDP-43
        Egawa N, Tsukita K, Takahashi K, Okita K, Nakahata T, Yamanaka S, Inoue H
        CiRA International Symposium 2013 , Kyoto, Japan., 2013年03月11日
      • Fluorescent Chemical Probes for Human Stem Cells
        Hirata N, Nakagawa M, Fujibayashi Y, Yamauchi K, Murata A, Minami I, Tomioka M, Kondo T, Kuo TF, Endo H, Inoue H, Sato S, Ando S, Kawazoe Y, Aiba K, Nagata K, Kawase K, Chang YT, Suemori H, Eto K, Nakauchi H, Yamanaka S, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi K
        CiRA International Symposium 2013 , Kyoto, Japan., 2013年03月11日
      • Anti-Aβ drug validation using human iPS cell-derived neurons for the treatment of Alzheimer's disease
        Asai M, Yahata N, Iwata N, Inoue H
        The 11th International Conference on Alzheimer's & Parkinson's Diseases (AD/PD 2013), Florence, Italy., 2013年03月07日
      • Generation Motor Neurons Through Patient-specific Ipscs With Mutant Tdp-43
        Egawa N, Tsukita K, Takahashi K, Okita K, Yoshikawa K, Yamawaki S, Naitoh M, Suzuki S, Okamoto K, Takuma H, Tamaoka A, Nakahata T, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H
        The 23rd International Symposium on ALS/MND, Chicago, USA., 2012年12月05日
      • Generation motor neurons through patient-specific iPSCs with mutant TDP-43
        Egawa N, Inoue H
        Cold Spring Harbor Laboratory: Neurodegenerative Diseases, New York, USA., 2012年11月28日
      • Anti-Amyloid β drug validation using human iPS cell-derived neurons for the treatment of Alzheimer's disease
        Yahata N, Asai M, Iwata N, Inoue H
        The 42nd Annual Meeting of the Society for Neuroscience, New Orleans, USA., 2012年10月17日
      • Generation motor neurons through patient-specific iPSCs with mutant TDP-43
        Egawa N, Tsukita K, Takahashi K, Okita K, Yoshikawa K, Yamawaki S, Naitoh M, Suzuki S, Okamoto K, Takuma H, Tamaoka A, Nakahata T, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H
        The 42nd Annual Meeting of the Society for Neuroscience, New Orleans, USA., 2012年10月15日
      • Chemical library screening identifies a small molecule that downregulates SOD1 transcription for drugs to treat amyotrophic lateral sclerosis
        Murakami G, Inoue H, Tsukita K, Asai Y, Aiba K, Amagai Y, Shimogawa H, Uesugi M, Nakatsuji N, Takahashi R
        The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya, Japan., 2012年09月19日
      • The analysis of 26S proteasome conditional knockout mice for the mechanisms of neurodegenerative diseases
        Tashiro Y, Ito H, Inoue H, Yamazaki M, Abe M, Misawa H, Sakimura K, Takahashi R
        The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya, Japan., 2012年09月19日
      • Generation of disease-specific induced pluripotent stem cells from familial amyotrophic lateral sclerosis
        Kondo T, Kitaoka S, Tsukita K, Takahashi K, Okita K, Yoshikawa K, Yamawaki S, Naitoh Motoko, Suzuki S, Izumi Y, Kaji R, Takuma Hiroshi, Tamaoka Akira, Morita M, Nakano I, Kawata A, Nakahata T, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H
        The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya, Japan., 2012年09月19日
      • Anti-Aβ drug screening platform using human iPS cell-derived neurons for the treatment of Alzheimer's disease
        Yahata N, Asai M, Iwata N, Inoue H
        The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya, Japan., 2012年09月18日
      • 人工多能性幹細胞作製技術を応用した神経変性疾患細胞機能•回路異常病理の解明
        井上治久
        2012年度 包括脳ネットワーク夏のワークショップ 新学術領域研究 『シナプス•ニューロサーキットパソロジーの創成』, 仙台., 2012年07月25日
      • アレキサンダー病 iPS細胞の作製と疾患表現型解析
        井上治久
        平成24年度 精神・神経疾患研究開発費 精神・神経疾患のiPS細胞を用いた診断・治療法の開発に関する戦略的研究 キックオフミーティング, 東京., 2012年07月05日
      • induced pluripotent stem cells derived from idiopathic parkinson's disease patients differentiate into midbrain dopaminergic neurons
        Kikuchi T, Morizane A, Doi D, Okita K, Inoue H, Takahashi J
        ISSCR 10th Annual Meeting, Yokohama, Japan., 2012年06月14日
      • Generation of patient-specific induced pluripotent stem cells carrying mutation in sod1
        Kitaoka S, Tsukita K, Takahashi K, Okita K, Yamada Y, Izumi Y, Kaji R, Nakahata T, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H
        ISSCR 10th Annual Meeting, Yokohama, Japan., 2012年06月14日
      • Establishment of iPS cells from amyotrophic lateral sclerosis model mice and motor neuronal differentiation
        Komatsu K, Inoue H, Yamashita H, Kondo T, Kitaoka S, Takahashi R
        ISSCR 10th Annual Meeting, Yokohama, Japan., 2012年06月14日
      • Chemical library screening identifies a small molecule that downregulates SOD1 transcription for drugs to treat amyotrophic lateral sclerosis
        Murakami G, Inoue H, Asai Y, Aiba K, Itoh H, Uesugi M, Nakatsuji N, Takahashi R
        13th Asian Oceanian Congress of Neurology, Melbourne, Australia., 2012年06月04日
      • 既存薬によるSOD1転写を標的とした筋萎縮性側索硬化症新規治療法の開発
        村上学; 井上治久; 月田香代子; 伊藤秀文; 淺井康行; 天貝裕地; 饗庭一博; 下川浩輝; 上杉志成; 中辻憲夫; 高橋良輔
        53rd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2012年05月25日
      • 筋萎縮性側索硬化症モデルマウスiPS細胞の樹立および運動ニューロンへの分化
        小松研一; 井上治久; 山下博史; 近藤孝之; 高橋良輔
        53rd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2012年05月25日
      • ヒトP301S変異タウトランスジェニックマウスの病初期におけるプレパルス抑制
        竹内啓喜; 井上治久; 樋口真人; 高雄啓三; 月田香代子; 唐津歓子; 岩本由美子; 宮川剛; 須原哲也; 高橋良輔
        第53回日本神経学会学術大会, 東京., 2012年05月25日
      • ウンフェルリヒト・ルントボルグ病患者由来iPS細胞の樹立
        近藤孝之; 池田昭夫; 松本理器; 池田仁; 井上有史; 高橋良輔; 井上治久
        53rd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2012年05月24日
      • 脊髄運動神経特異的26Sプロテアソームサブユニット欠損マウスはALS的病理所見を伴う運動神経細胞死を呈する
        田代善崇; 伊東秀文; 井上治久; 山崎真弥; 阿部学; 三澤日出巳; 崎村建司; 高橋良輔
        53rd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2012年05月23日
      • ヒトiPS細胞を用いたアルツハイマー病治療薬探索基盤の開発
        浅井 将; 八幡直樹; 丸山 敬; 西道隆臣; 岩田修永; 井上治久
        第85回日本薬理学会年会, 京都., 2012年03月16日
      • Establishment of iPS cells from amyotrophic lateral sclerosis model mice and motor neuronal differentiation
        Komatsu K, Inoue H, Kondo T, Kitaoka S, Takahashi R
        The XXth World Congress of Neurology. Marrakesh, Morocco., 2011年11月16日
      • The analysis of 26S proteasome conditional knockout mice for the mechanisms of neurodegenerative diseases
        Tashiro Y, Ito H, Inoue H, Yamazaki M, Abe M, Misawa H, Sakimura K, Takahashi R
        The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2011年09月17日
      • Induction of astrocyte differentiation from human induced pluripotent stem cells carrying mutant SOD1
        Kitaoka S, Tsukita K, Takahashi K, Okita K, Kondo T, Yoshikawa K, Yamawaki S, Naitoh M, Suzuki S, Izumi Y, Kaji R, Takuma H, Tamaoka A, Morita M, Nakano I, Kawata A, Nakahata T, Takahashi R, Yamanaka S, Inoue H
        The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2011年09月16日
      • Chemical library screening identifies a small molecule that downregulates SOD1 transcription for drugs to treat amyotrophic lateral sclerosis
        Murakami G, Inoue H, Tsukita K, Asai Y, Amagai Y, Aiba K, Shimogawa H, Uesugi M, Nakatsuji N, Takahashi R
        The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2011年09月15日
      • Generation of induced pluripotent stem cells from a familial Alzheimer's disease patient
        Yahata N, Tsukita K, Karatsu Y, Adachi F, Asaka I, Okita K, Izumi Y, Kaji R, Kawakatsu S, Asada T, Yamanaka S, Inoue H
        The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2011年09月15日
      • Establishment of iPS cells from amyotrophic lateral sclerosis model mice and motor neuronal differentiation
        Komatsu K, Inoue H, Kondo T, Kitaoka S, Takahashi K, Yamanaka S, Takahashi R
        The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2011年09月15日
      • Generation of disease-specific induced pluripotent stem cells from sporadic Parkinson's disease patients
        Kondo T, Inoue H, Minakawa E, Koshiba Y, Washida K, Egawa N, Takahashi K, Nakahata T, Yamanaka S, Takahashi R
        The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2011年09月15日
      • Decreased anxiety-like behavior in alpha-synuclein BAC transgenic mice recapitulates early non-motor symptoms in Parkinson disease
        Yamakado H, Moriwaki Y, Yamasaki N, Kurisu J, Miyakawa T, Uemura K, Inoue H, Takahashi T
        The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2011年09月15日
      • Chemical Library Screening Identifies a Small Molecule That Downregulates SOD1 Transcription for Drugs to Treat Amyotrophic Lateral Sclerosis
        Murakami G, Inoue H, Tsukita K, Amagai Y, Aiba K, Shimogawa H, Uesugi M, Nakatsuji N, Takahashi R
        The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Yokohama, Japan., 2011年09月15日
      • iPS細胞由来神経細胞におけるAβ産生とセクレターゼ阻害剤に対する応答
        浅井 将; 八幡 直樹; 北岡 志保; 高橋 和利; 浅香 勲; 日置 寛之; 金子 武嗣; 丸山 敬; 西道 隆臣; 中畑 龍俊; 朝田 隆; 山中 伸弥; 岩田 修永; 井上 治久
        第84回日本生化学会大会, 京都., 2011年08月26日
      • iPS細胞由来神経細胞におけるシナプス機能可視化の試み
        今村恵子; 上窪裕二; 櫻井隆; 井上治久
        2011年度 包括脳ネットワーク夏のワークショップ 新学術領域研究『シナプス•ニューロサーキットパソロジーの創成』, 神戸., 2011年08月22日
      • 筋萎縮性側索硬化症モデルマウスiPS細胞の樹立および運動ニューロンへの分化
        小松研一; 井上治久; 近藤孝之; 北岡志保; 一阪朋子; 高橋和利; 山中伸弥; 高橋良輔
        52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Nagoya., 2011年05月19日
      • 小胞体ストレスに対するニコチンのドーパミン(DA)神経保護
        竹内啓喜; 井上治久; 赤池昭紀; 澤田秀幸; 下濱俊; 高橋良輔
        52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Nagoya., 2011年05月19日
      • 神経変性疾患モデル作製のための26Sプロテアソームコンディショナルノックアウト マウスの確立と解析
        田代善崇; 伊東秀文; 井上治久; 山崎真弥; 阿部学; 三澤日出巳; 崎村建司; 高橋良輔
        52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Nagoya., 2011年05月19日
      • 転写を標的とした家族性筋萎縮性側索硬化症新規治療法の開発
        村上学; 井上治久; 月田香代子; 淺井康行; 饗庭一博; 天貝裕地; 下川浩輝; 上杉志成; 中辻憲夫; 高橋良輔
        52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Nagoya., 2011年05月19日
      • 変異SOD1を有するALS患者由来iPS細胞の樹立とアストロサイトへの分化
        北岡志保; 井上治久; 月田香代子; 高橋和利; 近藤孝之; 吉川勝宇; 山脇聖子; 内藤素子; 鈴木茂彦; 伊東秀文; 和泉唯信; 梶 龍兒; 宅間浩; 玉岡晃; 森田光哉; 中野今治; 川田明広; 中畑龍俊; 高橋良輔; 山中伸弥
        52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Nagoya., 2011年05月19日
      • Neurodegenerative disease-specific induced pluripotent stem cell research
        Inoue H
        第84回日本薬理学会, 横浜., 2011年03月22日
      • iPS細胞を駆使した神経変性疾患病因機構の解明
        井上治久
        CREST/さきがけ「iPS細胞」研究領域 合同シンポジウム, 東京., 2011年01月14日
      • Induced pluripotent stem cells derived from Parkinson's disease patient differentiated into midbrain dopaminergic neurons
        Kikuchi T; Morizane A; Okita K; Inoue H; Takahashi J
        ISSCR 9th annual meeting, 2011年
      • 神経疾患に対する移植治療開発
        井上治久
        再生医療の実現化プロジェクト 平成22年度成果報告会, 東京, 2010年12月03日
      • Transcription-targeted drug discovery for SOD1-mediated ALS using high-throughput screening technique
        Murakami G, Inoue H, Tsukita K, Asai Y, Amagai Y, Aiba K, Uesugi M, Nakatsuji N, Takahashi R
        The 40th Annual Meeting of the Society for Neuroscience, San Diego, USA., 2010年11月17日
      • Analysis of motor neurons derived from induced pluripotent stem cells from ALS patients
        Kitaoka S, Inoue H, Tsukita K, Kawada M, Naitoh M, Takahashi K, Yoshikawa K, Kondo T, Yamawaki S, Watanabe D, Suzuki S, Takahashi R, Yamanaka S
        The 40th Annual Meeting of the Society for Neuroscience, San Diego, USA., 2010年11月17日
      • Generation of disease-specific induced pluripotent stem cells from Alzheimer’s disease patients
        Yahata N, Inoue H, Kitaoka S, Tsukita K, Kondo T, Egawa N, Asaka I, Takahashi K, Nakahata T, Kawakatsu S, Takahashi R, Asada T, Yamanaka S
        The 40th Annual Meeting of the Society for Neuroscience, San Diego, USA., 2010年11月14日
      • 頭皮上直流電位変動の視覚提示による神経フィードバック法:パーキンソン病患者の運動準備電位の改善
        文室知之; 松橋眞生; 三枝隆博; 井内盛遠; 松本理器; 川又純; 井上治久; 高橋良輔; 池田昭夫
        第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 京都., 2010年10月08日
      • 次世代の精神薬理の研究手法
        成田年; 永井拓; 橋本恵理; 今井哲司; 井上治久; 岡野ジェイムス洋尚; 池田和隆
        第20回日本臨床精神神経薬理学会・第40回日本神経精神薬理学会 合同年会, スタディグループ6, 仙台., 2010年09月16日
      • Roles of thromboxane receptor in dopaminergic signaling in the striatum
        Mitsumori T, Furuyashiki T, Kitaoka S, Inoue H, Matsuoka T, Narumiya S
        The 33rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Japan., 2010年09月03日
      • Generation of disease-specific induced pluripotent stem cells from hereditary Parkinson’s disease
        Kondo T, Inoue H, Egawa N, Yoshikawa K, Yamawaki S, Naitoh M, Suzuki S, Takahashi K, Hasegawa K, Nakahata T, Yamanaka S, Takahashi R
        The 33rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Japan., 2010年09月03日
      • Development of therapies and monitoring against tauopathies with dementia
        Takeuchi H, Inoue H, Higuchi M, Tsukita K, Trojanowski J, Lee V, Ji B, Takahashi R, Suhara T
        The 33rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Japan., 2010年09月02日
      • Establishment of iPS cells from amyotrophic lateral sclerosis model mice
        Komatsu K, Inoue H, Kondo T, Kitaoka S, Ichisaka T, Takahashi K, Yamanaka S, Takahashi R
        The 33rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Japan., 2010年09月02日
      • Differentiation of induced pluripotent stem cells from ALS patients generates motor neurons
        Kitaoka S, Inoue H, Tsukita K, Kawada M, Naitoh M, Takahashi K, Yoshikawa K, Kondo T, Yamawaki S, Watanabe D, Suzuki S, Nakahata T, Takahashi R, Yamanaka S
        The 33rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Japan., 2010年09月02日
      • Functional Neuro Muscular Culture Derived From Human iPS Cells
        Baba S, Hua E, Nakamura K, Sears M, Inoue H, Conklin BR
        ISSCR 8th Annual Meeting, San Francisco, USA., 2010年06月16日
      • 若年性アルツハイマー病患者由来iPS細胞の樹立・解析
        八幡直樹; 井上治久; 北岡志保; 月田香代子; 近藤孝之; 江川斉宏; 浅香勲; 高橋和利; 中畑龍俊; 川勝忍; 高橋良輔; 朝日隆; 朝日隆; 山中伸弥
        第51回日本神経学会総会, 東京., 2010年05月22日
      • 変異SOD1を有するALS患者由来iPS細胞の樹立と脊髄運動ニューロンへの分化
        北岡志保; 井上治久; 月田香代子; 川田三代; 高橋和利; 近藤孝之; 吉川勝宇; 山脇聖子; 内藤素子; 鈴木茂彦; 伊東秀文; 和泉唯信; 森田光哉; 中野今治; 川田明広; 中畑龍俊; 高橋良輔; 山中伸弥
        51st Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2010年05月21日
      • 遺伝性パーキンソン病患者由来iPS細胞の樹立・解析
        江川斉宏; 井上治久; 近藤孝之; 吉川勝宇; 山脇聖子; 内藤素子; 鈴木茂彦; 高橋和利; 長谷川一子; 中畑龍俊; 山中伸弥; 高橋良輔
        51st Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2010年05月20日
      • ヒトES 細胞由来家族性ALS モデル系の樹立
        和田圭樹; 饗庭一博; 遠井紀江; 井上治久; 高橋良輔; 中辻憲夫
        第9回日本再生医療学会総会, 広島., 2010年03月18日
      • 神経変性疾患のプロテオミクス
        高野真; 井上治久; 高橋良輔
        第4回プロテオミクス・構造生物学講演会, 京都., 2010年01月30日
      • 遺伝性パーキンソン病患者由来iPS細胞の樹立・解析
        江川斉宏; 井上治久; 近藤孝之; 吉川勝宇; 山脇聖子; 内藤素子; 鈴木茂彦; 高橋和利; 長谷川一子; 中畑龍俊; 山中伸弥; 高橋良輔
        51st Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo. Program・Abstract., 2010年
      • 変異SOD1を有するALS患者由来iPS細胞の樹立と脊髄運動ニューロンへの分化
        北岡志保; 井上治久; 月田香代子; 川田三代; 高橋和利; 近藤孝之; 吉川勝宇; 山脇聖子; 内藤素子; 鈴木茂彦; 伊東秀文; 和泉唯信; 森田光哉; 中野今治; 川田明広; 中畑龍俊; 高橋良輔; 山中伸弥
        51st Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo. Program・Abstract., 2010年
      • Medaka models for Parkinson’s disease
        松井秀彰; 谷口善仁; 武田俊一; 植村健吾; 小林芳人; 竹内秀明; 井上治久; 高橋良輔
        第32回日本分子生物学会年会, 横浜., 2009年12月09日
      • Analysis of Pael-R complex components as Parkin substrates
        澤田知世; 井上治久; 植村健吾; 今居譲; 服部信孝; 北山滋雄; 高橋良輔
        第32回日本分子生物学会年会, 横浜., 2009年12月09日
      • Establishment of A Human Embryonic Stem Cell-Derived Familial ALS Model
        Wada T, Aiba K, Tooi N, Inoue H, Takahashi R, Nakatsuji N
        20th International Symposium on ALS/MND, Berlin, Germany., 2009年12月09日
      • Molecular neuroimaging diagnosis and immunization therapies against tauopathies.
        Takeuchi H, Inoue H, Higuchi M, Tsukita K, Ji B, Trojanowski JQ, Lee Virginia MY, Takahashi R, Suhara T
        7th Annual Congress of IDDST Shanghai, China., 2009年10月25日
      • Endoplasimic reticulum stress sensor ATF6α plays a critical role in the protection from 1-methyl-4-phenyl-1, 2, 3, 6-tetrahydropyridine-induced dopaminergic neuronal death
        Egawa N, Yamamoto K, Inoue H, Nishi K, Mori K, Takahashi R
        Neuroscience 2009, Chicago, USA., 2009年10月20日
      • Development of therapies and monitoring for tauopathies with dementia
        Takeuchi H, Inoue H, Higuchi M, Tsukita K, Trojanowski JQ, Lee VM Y, Ji B, Takahashi1 R, Suhara T
        Neuroscience 2009, Chicago, USA., 2009年10月18日
      • The analysis of 26S proteasome conditional knockout mice for motor neuron degenerative model
        Tashiro Y, Inoue H, Yamazaki M, Abe M, Misawa H, Sakimura K, Takahashi R
        Neuroscience 2009, Chicago, USA., 2009年10月18日
      • パーキンソン病のアンヘドニア有病率に関する全国調査 - 予備的検討 -
        永山寛; 濱田晋輔; 前田哲也; 長谷川隆文; 門脇太郎; 赫寛雄; 波田野琢; 久保紳一郎; 吉岡雅之; 野本信篤; 狩野修; 井上学; 志村秀樹; 高橋竜哉; 渡辺宏久; 内山剛; 井上治久; 金子鋭; 高橋哲也; 馬場康彦
        第3回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 東京., 2009年10月08日
      • The establishment and analysis of 26S proteasome conditional knockout mice for exploring the mechanisms of neurodegenerative diseases
        Tashiro Y, Inoue H, Yamazaki M, Abe M, Misawa H, Sakimura K, Takahashi R
        The 32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya, Japan., 2009年09月18日
      • BMP signaling through BMPIRA regulate gliosis in the sub-acute phase.
        Yamada M, Kitamura N, Sahara N, Takashima A, Inoue H, Takahashi R, Mishina Y
        The 32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya, Japan., 2009年09月16日
      • Development of a high-throughput screening assay for drug discovery in SOD1-mediated ALS
        Murakami G, Inoue H, Tsukita K, Asai Y, Aiba K, Amagai Y, Uesugi M, Nakatsuji N, Takahashi R
        The 32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya., 2009年09月16日
      • Various models for Parkinson’s disease using mutant medaka and toxin-treated medaka
        Matsui H, Ito H, Taniguchi Y, Inoue H, Takeda S, Takahahsi R
        The 32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya., 2009年09月16日
      • The role of ER stress sensor ATF6α in the pathogenesis of Parkinson's disease
        Egawa N, Yamamoto K, Inoue H, Nishi K, Mori K, Takahashi R
        The 32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Nagoya., 2009年09月16日
      • Immunization therapies toward tauopathies
        Takeuchi H, Inoue H, Higuchi M, Tsukita K, Ji B, Trojanowski JQ, Lee Virginia MY, Takahashi R, Suhara T
        2009 4th China Medical Biotech Forum, Dailan, China., 2009年08月09日
      • 筋萎縮性側索硬化症坐骨神経のプロテオーム解析
        高野真; 井上治久; 辻輝之; 大川克也; 川田明広; 高橋良輔
        50th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Sendai., 2009年05月20日
      • Parkin 変異メダカとATP13A2変異メダカの解析
        松井秀彰; 谷口善仁; 小林芳人; 井上治久; 武田俊一; 高橋良輔
        50th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Sendai., 2009年05月20日
      • PET疾患診断研究拠点個別研究課題 タウオパチー型認知症の治療とモニタリング技術の開発
        井上治久
        第5回PET運営委員会, 2009年01月20日
      • 低分子化合物と幹細胞を用いた筋萎縮性側索硬化症の治療法の研究
        井上治久
        「筋萎縮性側索硬化症の病態に基づく画期的治療法の開発」班班会議, 2009年01月16日
      • 自律神経障害の新たな疾患概念:Autoimmune Autonomic Ganglionopathy
        近藤孝之; 井上治久; 冨本秀和; 高橋良輔
        第61回日本自律神経学会総会 シンポジウム「自律神経学における最近のトピックス」, 横浜., 2008年11月07日
      • メダカパーキンソン病モデル
        松井秀彰; 谷口善仁; 武田俊一; 井上治久; 小林芳人; 植村健吾; 竹内秀明; 高橋良輔
        Movement Disorder Society, Japan 第2回学術集会, 京都., 2008年10月04日
      • パエル受容体が誘導する小胞体ストレス応答におけるATF6αの役割
        江川斉宏; 山本敬祐; 小川智; 井上治久; 植村健吾; 西克典; 森和俊; 高橋良輔
        Movement Disorder Society, Japan 第2回学術集会, 京都., 2008年10月02日
      • ロテノンパーキンソン病モデルにおけるニコチンのドーパミン神経保護
        竹内啓喜; 北村佳久; 澤田秀幸; 井上治久; 植村健吾; 谷口隆之; 赤池昭紀; 高橋良輔; 下濱俊
        Movement Disorder Society, Japan 第2回学術集会, 京都., 2008年10月02日
      • Medaka Parkinson model
        松井秀彰; 谷口善仁; 武田俊一; 井上治久; 小林芳人; 植村健吾; 竹内秀明; 高橋良輔
        第14回小型魚類学会, 名古屋, 2008年09月20日
      • パーキンソン病における中脳ドーパミン作動性神経機能障害治療標的としての軸索再生
        井上治久; 高橋良輔; Ling Lin; Sha Mi; Ole Isacson
        第6回神経科学研究会, 東京., 2008年09月20日
      • タウオパチー型認知症の治療とモニタリング技術の開発
        井上治久
        分子イメージング研究プログラム合同研究討論会, 京都, 2008年08月05日
      • Development of a high-throughput screening assay for drug discovery in SOD1-mediated ALS
        Murakami G, Inoue H, Tsukita K, Asai Y, Aiba K, Amagai Y, Uesugi M, Nakatsuji N, Takahashi R
        The 31st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Tokyo, Japan., 2008年07月11日
      • Features of PINK1 KO medaka
        Matsui H, Taniguchi Y, Takeuchi H, Kobayashi Y, Inoue H, Uemura K, Takeda S, Takahahsi R
        The 31st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Tokyo, Japan., 2008年07月10日
      • 家族性筋萎縮性側索硬化症治療標的分子の標的細胞における発現モニタリングシステムの確立
        井上治久; 村上学; 月田香代子; 淺井康行; 饗庭一博; 天貝裕地; 上杉志成; 中辻憲夫; 高橋良輔
        The 26th Annual Meeting of Japanese Society of Neurological Therapeutics, Yokohama., 2008年06月26日
      • Blocking of LINGO-1 activity using LINGO-1-Fc decoy protein enhances survival of dopaminergic neurons in Parkinson’s disease models
        Inoue H, Takahashi R, Lin L, Mi S, Isacson O
        The 14th Annual Meeting of Japan Society of Gene Therapy 2008, Sapporo, Japan., 2008年06月13日
      • パーキンソン病における中脳ドーパミン神経機能障害治療標的としての軸索再生
        井上治久; 高橋良輔; Lin Ling; Mi Sha; Isacson Ole
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月17日
      • 高齢でてんかん重積で初発し対抗GluR抗体陽性の担癌患者の検討
        麓直浩; 井上治久; 松本理器; 野村明成; 高橋幸利; 池田昭夫; 高橋良輔
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月17日
      • メダカにおけるParkinノックアウトモデルの作製
        小林芳人; 松井秀彰; 谷口善仁; 植村健吾; 井上治久; 武田俊一; 高橋良輔
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月17日
      • パーキンソン病メダカモデルの作製
        松井秀彰; 谷口善仁; 武田俊一; 植村健吾; 小林芳人; 井上治久; 高橋良輔
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月17日
      • 変異型ヒトSOD1(G93A)過剰発現マウスにおける14-3-3蛋白の免疫組織化学的検討
        白樫義知; 本城靖之; 井上治久; 河本泰裕; 冨本秀和; 高橋良輔
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月16日
      • 転写を標的とした家族性筋萎縮性側索硬化症新規治療法の開発
        村上学; 井上治久; 月田香代子; 淺井康行; 饗庭一博; 天貝裕地; 上杉志成; 中辻憲夫; 高橋良輔
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月16日
      • ニコチンの中脳ドーパミン(DA)神経保護と凝集体形成への効果
        竹内啓喜; 植村健吾; 井上治久; 高橋良輔; 北村佳久; 谷口隆之; 赤池昭紀; 澤田秀幸; 下濱俊
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月16日
      • PARK4マウスモデルの作製
        山門穂高; 森脇康博; 栗栖純子; 常川直子; 宮川剛; 植村健吾; 井上治久; 高橋良輔
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月16日
      • 筋萎縮性側索硬化症における白質路の障害:磁気刺激と拡散強調画像による検討
        近藤孝之; 澤本伸克; 井上治久; 松本理器; 川又純; 池田昭夫; 福山秀直; 高橋良輔
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月15日
      • パエル受容体による小胞体ストレスに対する小胞体ストレスマーカーATF6の関与
        江川斉宏; 山本敬祐; 井上治久; 植村健吾; 小川智; 森和俊; 高橋良輔
        49th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2008年05月15日
      • 筋萎縮性側索硬化症における白質変性の評価
        近藤孝之; 澤本伸克; 井上治久; 松本理器; 川又純; 池田昭夫; 福山秀直; 高橋良輔
        第49回日本神経学会総会, 横浜., 2008年05月15日
      • 京大神経内科における神経筋疾患の遺伝子診断の現状と課題
        川又純; 井上治久; 高橋良輔; 富和清隆; 沼部博直; 小杉眞司
        第49回日本神経学会総会, 横浜., 2008年05月15日
      • 多発性脳梗塞とlivedo racemosaを呈した一症例〜Sneddon症候群と血管炎症について
        内田司; 近藤孝之; 井上治久; 松村由美; 川又純; 冨本秀和; 高橋良輔
        OSK, 2008年05月
      • 胚性幹細胞と低分子化合物ライブラリーを用いた筋萎縮性側索硬化症の治療法の研究
        井上治久; 村上学; 月田香代子; 高橋良輔; 中辻憲夫; 上杉志成; 饗庭一博; 淺井康行
        厚生労働科学研究費補助金筋萎縮性側索硬化症の画期的診断•治療法に関する研究班平成19年度班会議, 東京, 2008年01月18日
      • パーキンソン病におけるパエル受容体の病態生理的役割の解明
        王華芹; 今居譲; 井上治久; 片岡礼音; 飯田佐知子; 貫名信行; 高橋良輔
        平成19年度特定領域研究「統合脳」5領域冬の公開シンポジウム, 東京, 2007年12月24日
      • 横紋筋融解症を合併したニセクロハツ中毒の1例
        小林勝哉; 近藤孝之; 井上治久; 西山慶; 横山勝教; 瀬川一; 川又純; 高橋良輔
        Japanese Society of Neurology 87th Kinki Branch, Osaka., 2007年12月01日
      • HTSを用いた遺伝性ALS原因遺伝子変異SOD1転写抑制化合物/薬剤の同定
        井上治久
        SCDIー京大再生研合同月例会, 京都., 2007年11月05日
      • Rac-GAP α-Chimerin regulates motor-circuit formation as a key mediator of EphrinB3/EphA4 forward signaling
        Iwasato T, Katoh H, Nishimaru H, Ishikawa Y, Inoue H, Saito MY, Ando R, Iwama M, Takahashi R, Negishi M, Itohara S
        The 37th Annual meeting of Society for Neuroscience, San Diego, USA., 2007年11月03日
      • 急性の排尿障害を来たした帯状疱疹ウィルス感染症の一例
        麓直浩; 東谷暢也; 植村健吾; 井上治久; 高橋良輔; 下津浦宏
        第12回日本神経感染症学会学術集会, ワークショップ「脊髄炎」, 福岡., 2007年10月12日
      • Autoimmune autonomic neuropathy with Sjögren syndrome: significance of anti ganglionic acetylcholine receptor antibody
        Kondo K, Suda K, Inoue H, Tomimoto H, Takahashi R, Usui T, Mimori T, Vernino S
        5th congress of the international society for autonomic neuroscience, Kyoto, Japan., 2007年10月06日
      • 筋萎縮性側索硬化症に対する幹細胞由来運動ニューロン移植治療の試みとパーキンソン病に対する新規治療法の開発
        井上治久
        財団法人山田科学振興財団研究交歓会, 大阪., 2007年09月29日
      • Pael-R Transgenic Mouse Crossed With Parkin Deficient Mouse Displays Persistent Endoplasmic Reticulum Stress, Reduction In Mitochondrial Complex I Activity And Selective Dopaminergic Neuronal Death
        Wang HQ, Imai Y, Inoue H, Kataoka A, Iita S, Nukina N, Takahashi R
        FASEB Summer Research Conferences, Indian Wells, USA., 2007年07月31日
      • ぶどう膜炎を合併し、神経サルコイドーシスが疑われた脊髄炎の一例
        橡谷真由; 村原貴史; 井上治久; 冨本秀和; 高橋良輔
        第7回神経画像研究会, 京都., 2007年07月14日
      • CADASIL/CARASILにおける側頭極病変の意義
        櫻井健世; 高橋由佳子; 江川斉宏; 葛谷聡; 井上治久; 冨本秀和; 高橋良輔
        第33回OSK, 大阪., 2007年06月30日
      • 禿頭と腰痛を伴う遺伝性血管性白質脳症(CARASIL)における頭部MRIの側頭極病変の意義
        遠藤文司; 冨本秀和; 井上治久; 池田昭夫; 高橋良輔
        日本神経学会第86回近畿地方会, 大阪., 2007年06月23日
      • シェーグレン症候群を合併する自己免疫性自律神経ニューロパチー
        近藤孝之; 須田謙史; 井上治久; 冨本秀和; 高橋良輔; 臼井崇; 三森経世; Steven Vernino
        OSK, 京都., 2006年12月16日
      • 右大脳半球全体の広範な障害を認めた一例
        木村健介; 山門穂高; 井上治久; 冨本秀和; 高橋良輔
        第6回神経画像研究会, 京都., 2006年12月07日
      • パーキンソン病モデルマウスの開発
        高橋良輔; 王華芹; 今居譲; 井上治久; 片岡綾音; 祖田真理子; 貫名信行
        47th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2006年05月11日
      • Crossbreeding of Pael-R/GPR37 transgenic mice with parkin knockout mice
        Takahashi R, Wang HQ, Imai Y, Inoue H, Kataoka A, Soda M, Nukina N
        The 35th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington, DC, USA., 2005年11月15日
      • Caspase-independent cell death pathway in a transgenic mouse model of amyotrophic lateral sclerosis
        Inoue H, Suzuki Y, Nagao M, Takahashi R
        World Congress of Neurology, Sydney, Australia., 2005年11月08日
      • Implantation of pre-differentiated embryonic stem (ES) cells or primary spinal cord precursors to restore function in the SOD1G93A rat model of ALS
        Hedlund E, Cizkova D, Kakinohana O, Inoue H, Hefferan M, Ferree A, Marsala M, Isacson O
        7th International Congress of the Cell Transplant Society, Boston, USA., 2004年11月17日
      • Implantation of pre-differentiated embryonic stem (ES) cells or primary spinal cord recursors to restore function in the SOD1G93A rat model of ALS
        Hedlund E, Cizkova D, Ferree A, Kakinohana O, Hefferan M, Inoue H, Marsala M, Isacson O
        he 34th Annual meeting of Society for Neuroscience, San Diego, USA., 2004年10月23日
      • カスパーゼ-9はALSモデルマウスの症状進行に寄与する
        高橋良輔; 井上治久; 長尾雅裕; 川田明広
        45th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2004年05月11日
      • ミトコンドリアから放出されるセリンプロテアーゼHtrA2と神経細胞死
        高橋良輔; 鈴木泰行; 井上治久
        The 26th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society Symposium 「ミトコンドリアの機能・動態と神経細胞死」, Nagoya., 2003年07月25日
      • 抗アポトーシス分子p35はALSマウスの発症時期を遅延させ生存期間を延長する
        井上治久; 岩里琢治; 月田香代子; 糸原重美; 三浦正幸; 三澤日出巳; 高橋良輔
        44th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 2003年05月16日
      • XIAP inhibits the mitochondria-dependent apoptotic pathway and prolongs the lifespan in a transgenic animal model of amyotrophic lateral sclerosis
        Inoue H, Urushitani M, Suzuki Y, Tateno M, Usami T, Sakamoto K, Misawa H, Takahashi R
        The 32nd Annual meeting of Society for Neuroscience, Orlando, USA., 2002年11月02日
      • コリン作動性神経特異的p35 発現マウスの作製
        井上治久; 宇佐美智子; 三澤日出巳; 高橋良輔
        43rd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Sapporo., 2002年05月29日
      • 常染色体劣性若年性パーキンソン病におけるPael recepter、ER ストレスについての検討
        今居譲; 井上治久; 高橋良輔
        43rd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Sapporo., 2002年05月29日
      • 遺伝性パーキンソン病と小胞体ストレス
        今居譲; 祖田真理子; 高橋良輔; 井上治久
        第24回日本分子生物学会年会, 横浜., 2001年12月09日
      • Cholinergic neuronspecific expression of CRE recombinase in the mouse
        Inoue H, Iwasato T, Misawa H, Usami T, Tateno M, Itohara S, Takahashi R
        The 31st Annual meeting of Society for Neuroscience, San Diego, USA., 2001年11月10日
      • Cholinergic neuron-specific expression of Cre recombinase in the mouse
        井上治久; 岩里琢治; 舘野美成子; 三澤日出巳; 糸原重美; 高橋良輔
        第24回・第44回日本神経化学合同大会(Neuro2001), 京都., 2001年09月28日
      • コリン作動性神経特異的遺伝子発現制御システムの確立
        井上治久; 岩里琢治; 舘野美成子; 三澤日出巳; 糸原重美; 高橋良輔
        42nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 2001年05月11日
      • SAGE法によるミクログリア/マクロフアージの遺伝子解析
        井上治久; 高橋慶吉; 棚橋浩; 田平武; 澤田誠; 梁明秀; 羽田亮之; 若月徹; 近藤信夫; 山本三毅夫; 錫村明生
        40th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Tokyo., 1999年05月19日
      • アルツハイマー型痴呆脳におけるPresenilin 1 蛋白のN端およびC端フラグメントの病的意義について老人斑およびNeurofibrillary Tangleとの関連
        崔得華; 城谷圭郎; 棚橋浩; 秋山治彦; 井上治久; 朱忠良; 小澤和春; 高橋慶吉; 巻淵隆夫; 田平武
        第16回日本痴呆学会, 横浜., 1997年10月04日
      • 当院における脊髄小脳変性症
        和泉唯信; 宇高不可思; 林幼偉; 植村健吾; 藤澤道子; 高橋牧郎; 井上治久; 西中和人; 亀山正邦; 松山善次郎; 川上秀史; 中村重信
        38th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 1997年05月15日
      • 脳内小梗塞巣のMRIと病理像との対比
        宇高不可思; 西中和人; 藤澤道子; 井上治久; 和泉唯信; 植村健吾; 高橋牧郎; 林幼偉; 亀山正邦
        38th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 1997年05月14日
      • 透析患者における脳梗塞の経時的観察とその増悪因子についての検討
        西中和人; 藤澤道子; 井上治久; 和泉唯信; 植村健吾; 高橋牧郎; 林幼偉; 宇高不可思; 亀山正邦; 阪口勝彦
        38th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Yokohama., 1997年05月14日
      • 当院における脊髄小脳変性症
        当院における脊髄小脳変性症
        第38回日本神経学会総会, 1997年
      • 中脳出血後,対側上下肢に歯車様固縮,動作緩慢,安静時振戦を呈した1例
        井上治久; 宇高不可思; 林幼偉; 和泉唯信; 植村健吾; 藤澤道子; 高橋牧郎; 西中和人; 亀山正邦
        日本神経学会 第65回近畿地方会, 和歌山., 1996年12月07日
      • 肝性脳症のT1強調MRI所見とマンガン(Mn) 仮説の検討
        宇高不可思; 西中和人; 川村和之; 井上治久; 藤澤道子; 和泉唯信; 高橋牧朗; 亀山正邦; 児玉光生; 漆谷真; 景山卓; 澤田秀幸
        37th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Omiya., 1996年05月17日
      • Shy-Drager 症候群の排尿障害の特徴と、その治療の試み
        西中和人; 井上治久; 藤澤道子; 川村和之; 景山卓; 漆谷真; 宇高不可思; 伊東博; 板谷宏彬; 亀山正邦
        大阪神経筋難病研究会, 大阪., 1996年03月
      • 著名な多発性脳神経障害を呈した難治性硬膜炎の一例
        景山卓; 藤澤道子; 井上治久; 川村和之; 漆谷真; 西中和人; 宇高不可思; 亀山正邦
        第15回OSK, 京都., 1995年12月16日
      • 右上下肢の筋力低下を呈し,手術により改善した胸椎硬膜外くも膜嚢腫の1例
        井上治久; 西中和人; 藤澤道子; 川村和之; 景山卓; 漆谷真; 宇高不可思; 亀山正邦; 鈴木豪; 小山素麿
        日本神経学会 第63回近畿地方会, 大阪., 1995年12月09日
      • 電気生理学的に脱髄性病変を認め,副腎皮質ステロイド薬が著効を示したNeuralgic amyotrophy の1例
        川村和之; 藤澤道子; 井上治久; 景山卓; 漆谷真; 西中和人; 宇高不可思; 亀山正邦; 児玉光生; 梶龍兒
        第14回OSK, 大阪., 1995年06月24日
      • 腸チフス罹病後に小脳性運動失調が遷延した1例
        井上治久; 西中和人; 藤澤道子; 川村和之; 景山卓; 漆谷真; 児玉光生; 宇高不可思; 亀山正邦
        第62回近畿地方会, 大阪., 1995年06月17日
      • 肝性脳症のT1強調MRI所見とマンガン(Mn)仮説の検討
        西中和人; 井上治久; 宇高不可思; 漆谷真; 景山卓; 川村和之; 藤澤道子; 亀山正邦; 児玉光生
        36th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Nagoya., 1995年05月17日
      • 透析患者における無症候性脳梗塞の頻度とその危険因子
        西中和人、井上治久、宇高不可思、漆谷真、景山卓、川村和之、藤澤道子、亀山正邦、児玉光生
        第36回日本神経学会総会, 名古屋., 1995年05月17日
      • パーキンソン病の日内変動に対するL-dopa単剤およびL-dopa・DCI合剤の併用療法について
        景山卓、漆谷真、井上治久、藤澤道子、川村和之、西中和人、宇高不可思、亀山正邦
        大阪神経筋難病研究会, 大阪., 1995年03月
      • 菲薄化した脳梁を有する複雑型家族性痙性対麻痺の1例
        景山卓; 井上治久; 川村和之; 漆谷真; 児玉光生; 西中和人; 宇高不可思; 亀山正邦; 芹生直行
        第13回OSK, 京都., 1994年12月17日
      • MRIにて脊髄小脳路の造影所見を認めた Miller-Fisher 症候群の1例
        漆谷真; 井上治久; 川村和之; 景山卓; 児玉光生; 西中和人; 宇高不可思; 亀山正邦
        日本神経学会 第61回近畿地方会, 京都., 1994年12月03日
      • 血液透析患者における脳MRI
        西中和人、井上治久、宇高不可思、亀山正邦、阪口勝彦
        第43回大阪透析研究会, 大阪., 1994年09月
      • 痴呆を呈したSneddon症候群のSPECT,MRI所見
        澤田秀幸; 景山卓; 川村和之; 井上治久; 漆谷真; 児玉光夫; 西谷和人; 宇高不可思; 亀山正邦
        痴呆を呈したSneddon症候群のSPECT, MRI所見, 大阪., 1994年07月16日
      • MRIが診断に有用であった脊髄円錐部血管奇形の一例
        川村和之; 井上治久; 漆谷真; 景山卓; 児玉光生; 西中和人; 宇高不可思; 亀山正邦; 小山素麿
        日本神経学会 第60回近畿地方会, 大阪., 1994年06月24日
      • 低酸素性脳症の重症度と画像診断所見
        宇高不可思、西中和人、児玉光生、漆谷真、景山卓、川村和之、井上治久、亀山正邦
        35th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Fukuoka., 1994年05月20日
      • 各種神経疾患における骨塩量の計測
        児玉光生、井上治久、川村和之、景山卓、漆谷真、西中和人、宇高不可思、亀山正邦
        35th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Fukuoka., 1994年05月19日
      • 有痛性筋痙攣を認めたpure Quadriceps myopathyの1例
        漆谷真; 川村和之; 井上治久; 景山卓; 児玉光生; 西中和人; 宇高不可思; 亀山正邦; 梶龍兒; 藤村晴俊
        日本神経学会 第59回近畿地方会, 大阪., 1993年12月04日, 招待有り
      • 抗GM1抗体の上昇を伴い,多巣性の伝導ブロックを認め臨床的に平山病が疑われた1例
        井上治久; 進藤克郎; 西村正樹; 澤田秀行; 梶龍児; 秋口一郎; 木村淳; 漆谷真; 亀山正邦
        日本神経学会 第58回近畿地方会, 奈良., 1993年06月26日, 招待有り

      講演・口頭発表等

      • 認知症のゲノム医療 iPS細胞研究から認知症ゲノム医療へ
        井上治久
        第40回日本認知症学会学術集会 シンポジウム16, ハイブリッド開催, 2021年11月28日, 招待有り
      • リプログラミング技術を用いた認知症研究
        井上治久
        第40回日本認知症学会学術集会 オンラインシンポジウム2,オンデマンド配信, 2021年11月26日, 招待有り
      • リプログラミング技術とAIを用いた創薬研究開発
        井上治久
        第40回日本認知症学会学術集会 アフタヌーンセミナー2, ハイブリッド開催, 2021年11月26日, 招待有り
      • iPS細胞による難病の研究
        井上治久
        「近畿SCD・MSA友の会」創立40周年記念 iPS細胞医療講演会, ハイブリッド開催, 2021年11月21日, 招待有り
      • iPS細胞とAIを用いた脳神経疾患研究
        井上治久
        第12回ニューロフォーラム東京, ハイブリッド開催, 2021年11月12日, 招待有り
      • リプログラミング技術を用いたALS研究
        井上治久
        第7回Nagoya Neurology Forum, ハイブリッド開催, 2021年11月09日, 招待有り
      • リプログラミング技術を用いた創薬基盤開発
        井上治久
        理研バイオリソースセンター設立20周年記念シンポジウム, WEB開催, 2021年10月21日, 招待有り
      • iPSC-based translational research and innovation for amyotrophic lateral sclerosis
        Inoue H
        PACTALS 2021 NAGOYA, Topic symposium iPS cell technology bringing innovation to therapeutic development for ALS, Nagoya, 2021年09月17日, 招待有り
      • 患者iPS細胞パネルを用いたAI創薬・診断支援の研究
        井上治久
        令和3年度AMED再生・細胞医療・遺伝子治療研究開発交流会, ハイブリッド開催, 2021年09月08日, 招待有り
      • 認知症のiPS細胞研究のお話
        井上治久
        日本認知症予防学会 第9回米子研修会ランチョンセミナー, WEB開催, 2021年09月05日, 招待有り
      • リプログラミング技術を用いた神経難病の研究
        井上治久
        第1回MBTコンソーシアム, WEB開催, 2021年09月04日, 招待有り
      • AI drug discovery and diagnosis support with ALS patient iPSC panel
        Inoue H
        The 44th Annual Meeting of the Japan Neuriscience Society The 1st CJK International Meeting, Kobe(Hybrid), 2021年07月30日, 招待有り
      • Deep LearningとALS iPS細胞を用いた疾患予測テクノロジー ―人工知能のALS検知・診断への応用―
        井上治久
        33rd AIP Open Seminar, WEB開催, 2021年07月14日, 招待有り
      • ヒト幹細胞を用いた脳神経疾患の研究
        井上治久
        第4回曙橋神経懇話会, WEB開催, 2021年07月13日, 招待有り
      • アルツハイマー病の基礎研究の進歩~iPS細胞研究を中心に~
        井上治久
        第10回認知症予防学会学術集会, ハイブリッド開催, 2021年06月25日, 招待有り
      • リプログラミング技術を用いた脳神経疾患研究
        井上治久
        第4回クリニカルニューロサイエンス in 愛媛, WEB開催, 2021年06月04日, 招待有り
      • Drug discovery for neurodegenerative disorders using disease-specific iPSCs
        Inoue H
        62nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Kyoto(Hybrid), 2021年05月19日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた脳神経疾患の研究
        井上治久
        第159回山口県医師会生涯研修セミナー, WEB開催, 2021年05月16日, 招待有り
      • てんかんの新知見とパラダイムシフト
        井上治久
        第4回 Kinki Epilepsy Summit, WEB開催, 2021年04月24日, 招待有り
      • 疾患特異的オルガノイドによる脳神経疾患研究
        井上治久
        第20回日本再生医療学会総会 シンポジウム23 My Medicine (マイ・メディシン) —テクノロジーとともに開く新時代の医療, WEB開催, 2021年03月13日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた創薬応用の最前線
        井上治久
        第7回 再生医療EXPO大阪, 2021年02月25日, 招待有り
      • リプログラミング技術を用いた認知症の研究
        井上治久
        第39回日本認知症学会学術集会, 名古屋(ハイブリッド開催), 2020年11月26日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        第25回日本難病看護学会 第8回日本難病医療ネットワーク学会 合同学術集会, WEB開催, 2020年11月21日, 招待有り
      • Extracellular Tau as a therapeutic target of FTLD
        Inoue H
        open-access NRI Webinar series, Neuroregeneration Institute, McLean Hospital/Harvard Medical School, MA, USA, 2020年09月09日, 招待有り
      • Investigator-Initiated Clinical Trial of Bosutinib in ALS:iPSC-based Drug Repurposing for ALS Medicine (iDReAM)
        Inoue H
        61st Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Okayama, Japan, 2020年08月31日, 招待有り
      • Dementia research using human stem cell models
        Inoue H
        The 43rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Japan, 2020年07月29日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患研究
        井上 治久
        iPS細胞研究の最前線, 第41回 日本炎症・再生医学会, 東京, 2020年07月08日, 招待有り
      • Basic and translational disease modeling with patient iPSC-derived neural cells
        Inoue H
        ISSCR 2020 VIRTUAL, Modeling Development and Disease: Neural, 2020年06月25日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        iPS細胞を用いた神経疾患に対する病態解明と治療戦略, 第19回日本再生医療学会総会, WEB開催, 2020年05月18日, 招待有り
      • 脳神経疾患iPS細胞研究Update
        井上治久
        第11回 西播磨ブレインサイエンス研究会,・西播磨ブレインサイエンス研究会, 新潟, 2020年02月04日, 招待有り
      • iPS創薬の取り組み アカデミアの立場から
        井上治久
        神戸ポートアイランド創薬フォーラム(第29回)、神戸再生医療勉強会(2019年度 第4回)共同開催企画, 神戸, 2019年12月11日, 招待有り
      • Modeling astrocyte-related diseases using patient iPSCs
        Inoue H
        第24回グリア研究会, 東京, 2019年11月30日, 招待有り
      • Basic and translational neuroscience using patient iPSCs
        Inoue H
        BDR-CiRA Exchange Seminar, 神戸, 2019年11月12日, 招待有り
      • iPS細胞を用いたALSの治療薬研究開発
        井上治久
        島根県難病フォーラム in 松江, 2019年11月02日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患の研究
        井上治久
        第53回日本てんかん学会学術集会, 神戸, 2019年10月31日, 招待有り
      • 研究のお話―受験をされる方へ―
        井上治久
        駿台予備学校大阪南校 2019全国国公立大学医学部医学科説明会, 大阪, 2019年10月27日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患創薬研究
        井上治久
        第59回日本臨床化学会年次学術集会, 仙台, 2019年09月28日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた脳神経疾患研究
        井上治久
        第18回岐阜脳神経研究会, 岐阜, 2019年09月13日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        Neurology Seminar in HAMAMATSU, 2019年09月09日, 招待有り
      • Forum RIKEN Symposium,Understanding the molecular basis of neuropsychiatric disorders
        Inoue H
        From rare to common neurological diseases;patient iPSC study, 埼玉, 2019年07月29日, 招待有り
      • 神経変性疾患iPS細胞を用いた神経科学研究
        井上治久
        第42回日本神経科学大会, 第62回日本神経化学会大会、新潟, 2019年07月28日, 招待有り
      • 脳神経疾患iPS細胞研究
        第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会, 2019年07月25日, 招待有り
      • オールジャパンブレインネットワーク構築に基づく難治性精神・神経疾患根治療法開発,iPS細胞を用いた希少神経難病の研究
        井上治久
        第42回日本神経科学大会, 第62回日本神経化学会大会、新潟, 2019年07月25日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患の研究
        井上治久
        令和元年度芝蘭会三重支部総会, 三重, 2019年07月15日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        第19回奈良認知症研究会, 奈良, 2019年07月04日, 招待有り
      • iPS細胞/幹細胞が拓く最新医学研究
        井上治久
        第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会, 熊本, 2019年05月23日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        - 新適塾 -「未来創薬への誘い」第46回会合, 大阪, 2019年04月11日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた創薬研究
        井上治久
        未来へ繋がる最先端治療講演会〜iPS細胞研究から酸関連疾患マネジメントまで〜, 京都, 2019年03月16日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        第22回認知症を語る会, 東京, 2019年02月23日, 招待有り
      • iPSCs for neurological disorders: A decade of progress, hurdles, and beyond
        Inoue H
        International Symposium on NEW FRONTIER in NEUROSCIENCE, Kanazawa, Japan, 2019年02月07日, 招待有り
      • バイオリソースとしてのiPS細胞とその利活用
        井上治久
        サントリーウエルネス健康科学研究所セミナー, 京都, 2018年12月05日, 招待有り
      • バイオリソースとしてのiPS細胞とその利活用
        井上治久
        関西医薬品協会 平成30年度第2回研究開発推進会議, 大阪, 2018年12月04日, 招待有り
      • 幹細胞技術を用いた神経疾患研究
        井上治久
        第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会合同年会, 東京, 2018年11月15日, 招待有り
      • Neurological disease modeling and drug discovery using human iPSC platform
        Inoue H
        第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会 Symposium 10、神戸, 2018年09月06日, 招待有り
      • バイオリソースとしてのiPS細胞とその利活用
        井上治久
        公益財団法人京都産業21 けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)主催 第16回「大学リレーセミナー」, 京都, 2018年07月25日, 招待有り
      • アルツハイマー病のiPS細胞研究
        井上治久
        第22回近畿老年期認知症研究会, 大阪, 2018年07月14日, 招待有り
      • 神経変性疾患のiPS創薬研究
        井上治久
        第39回日本炎症・再生医学会-炎症と再生の融合-, 東京, 2018年07月11日, 招待有り
      • Controversy3「PDの病態はiPS細胞で再現できるか CN3-2 No」
        井上治久
        第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 京都, 2018年07月07日, 招待有り
      • Human pluripotent stem cells in neurological disease modeling and drug discovery
        Inoue H
        The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018). Kyoto, Japan, 2018年07月04日, 招待有り
      • Disease modeling and drug discovery using iPSC platform
        井上治久
        同志社大学セミナー「幹細胞技術を用いた神経疾患研究」, 京都, 2018年06月08日, 招待有り
      • iPS細胞を用いたパーキンソン病関連疾患の研究
        井上治久
        FP conference, 東京, 2018年06月04日, 招待有り
      • 新の研究と治療
        井上治久
        日本ALS協会静岡県支部総会講演, 静岡, 2018年06月03日, 招待有り
      • Drug Discovery using iPSC Platforms :Human Pluripotent Stem Cells in Neurological Drug Discovery
        Inoue H
        Keystone Symposia Conference, “iPSCs: A decade of Progress and Beyond”. California, USA., 2018年03月26日, 招待有り
      • Modeling dementia using patient iPSCs
        Inoue H
        第36回日本認知症学会学術集会 シンポジウム4「ヒトにおけるオリゴマー仮説のエビデンス」 金沢, 2017年11月24日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた治療法の開発
        井上治久
        第35回日本神経治療学会総会, 大宮, 2017年11月17日, 招待有り
      • iPS細胞による神経疾患モデル化と創薬研究
        井上治久
        日本人類遺伝学会第62回大会, 神戸, 2017年11月16日, 招待有り
      • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬開発と実用化
        井上治久
        野村證券セミナースピーカーシリーズ, 東京, 2017年10月06日, 招待有り
      • Modeling neurodegenerative diseases for drug discovery using human iPSCs
        Inoue H
        The XXIII World Congress of Neurology. Kyoto, Japan, 2017年09月21日, 招待有り
      • ALZHEIMER’s and RELATED DEMENTIA Human pluripotent stem cells in neurological drug discovery
        Inoue H
        Cold Spring Harbor Laboratory - Scientific Meeting, Neuropharmacology and Human Stem Cell Models Session IV. New York, USA., 2017年09月12日, 招待有り
      • Cellular and molecular analysis of ALS motor neurons using patient-specific iPS cells
        Inoue H
        2012年度 包括脳ネットワーク夏のワークショップ 「シナプス病態」「脳内環境」「自己制御精神」脳疾患関連3領域合同シンポジウム, 仙台, 2017年07月15日, 招待有り
      • iPS 細胞を用いた認知症研究
        井上治久
        第26 回昭和大学学士会シンポジウム「認知症の基礎と臨床の進歩」, 東京, 2017年07月01日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた病態解明と創薬
        井上治久
        第32回日本老年精神医学会, 名古屋, 2017年06月16日, 招待有り
      • 幹細胞技術を用いたALSへの挑戦
        井上治久
        平成29年度芝蘭会大阪支部総会, 大阪, 2017年06月10日, 招待有り
      • iPS細胞による神経変性疾患治療の未来
        井上治久
        JNPDS「iPS細胞によるパーキンソン病治療の未来」, 東京, 2017年04月21日, 招待有り
      • バイオリソースとしてのiPS細胞とその利活用~神経細胞の立場から~
        井上治久
        第1回iPSネットセミナー, 京都, 2017年02月15日, 招待有り
      • ヒトiPS細胞による認知症研究
        井上治久
        北陸認知症プロフェッショナル医養成プログラム, 金沢, 2016年12月18日, 招待有り
      • ヒトiPS細胞の薬剤応答性からみたアルツハイマー病薬開発の可能性
        井上治久
        第35回日本認知症学会 シンポジウム27「創薬からみたアルツハイマー病の治療戦略」 東京, 2016年12月03日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        新薬理学セミナー2016 iPS細胞と創薬, 京都, 2016年11月19日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        日本薬学会第32回 創薬セミナー, 北杜市, 2016年06月25日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患研究:“From bedside to dish” and “from dish to bedside”
        井上治久
        第51回 亀山正邦記念神経懇話会, 大阪, 2016年06月25日, 招待有り
      • iPS細胞と神経疾患治療
        井上治久
        ALS Experts Meeting in Sapporo, 2016年06月03日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        シンポジウム 培養神経細胞の可能性「医薬品開発への応用を目指したモデル細胞の構築とその応用」, 豊中, 2016年05月27日, 招待有り
      • 幹細胞技術を用いた神経疾患研究
        井上治久
        第57回日本神経学会学術大会 イブニングセミナー, 神戸, 2016年05月20日, 招待有り
      • 病理所見とiPS細胞から分化した運動ニューロンの対比
        井上治久
        第57回日本神経学会学術大会 Neuro CPC 神戸, 2016年05月19日, 招待有り
      • 神経疾患iPS細胞モデルを用いた疾患解析と創薬研究
        井上治久
        第15回 日本再生医療学会総会, 大阪, 2016年03月19日, 招待有り
      • Dissecting Neurodegenerative Diseases with iPSC Technology
        Inoue H
        UC San Diego - Kyoto University Joint Symposium. San Diego, USA., 2016年03月15日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経疾患の研究
        井上治久
        Neurology Frontier, 津, 2016年03月04日, 招待有り
      • 認知症の克服に関する研究について②
        井上治久
        脳科学の新しい推進プログラムに関する検討会, 東京, 2015年11月29日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患研究
        井上治久
        関西眼科先進医療研究会, 大阪, 2015年11月25日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患の克服戦略
        井上治久
        武蔵野フォーラム2, 東京, 2015年11月21日, 招待有り
      • 幹細胞を用いた神経変性疾患研究
        井上治久
        Alzheimer Disease Forum in 愛知 ~認知症の今後について考える~, 2015年10月31日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患研究
        井上治久
        第5回日本認知症予防学会学術集会, 神戸, 2015年09月26日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患の研究
        井上治久
        第18回 東京 脳•神経セミナー, 東京, 2015年08月31日, 招待有り
      • アカデミアの取り組みと展望
        井上治久
        米国研究製薬工業協会(PhRMA)主催トランスレーショナルリサーチ・コロキアム, 東京, 2015年08月26日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた認知症の発症機構の解明ならびに治療薬関係
        井上治久
        第29回老年期認知症研究会, 東京, 2015年07月25日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経科学研究
        井上治久
        熊本大学医学部大学院セミナー, 熊本, 2015年04月15日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患研究
        井上治久
        533回 難研セミナー,第106回 難治疾患共同研究拠点セミナー, 東京, 2015年03月25日, 招待有り
      • iPS細胞を用いたALS再生医療研究
        井上治久
        第14回 日本再生医療学会総会, 横浜, 2015年03月19日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患研究
        井上治久
        第14回 日本再生医療学会総会, 横浜, 2015年03月19日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        ~稀少・難治性疾患研究の新展開~ 明治大学バイオリソース研究 国際インスティテュートシンポジウム「動物のゲノム編集とその医学応用」, 東京, 2015年03月13日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性・再生研究
        井上治久
        第2回 JFAS (Japan;Joy of;Fatty Acids Secrets;Society, 東京, 2015年02月15日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患研究
        井上治久
        シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」JST-再生医療実現拠点ネットワーク[疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究]・JST-CREST[iPS細胞領域]合同シンポジウム, 東京, 2014年12月26日, 招待有り
      • 神経疾患研究でのiPS細胞の利用
        井上治久
        日本DDS学会創立30周年記念シンポジウム, 東京, 2014年12月15日, 招待有り
      • 神経疾患研究でのiPS細胞の利用
        井上治久
        包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 冬のシンポジウム, 東京, 2014年12月13日, 招待有り
      • Disease Modeling Using Pluripotent Stem Cells I. The use of iPS cells toward the treatment of neurodegenerative diseases
        Inoue H
        Society for Neuroscience 2014. Washington DC, USA., 2014年11月18日, 招待有り
      • iPS cells for the study of neurodegenerative diseases
        Inoue H
        Brain Conference 2014. Seoul, Korea., 2014年11月08日, 招待有り
      • わかりやすいiPS細胞研究の現状:中枢神経系治療薬臨床試験の応用まで
        井上治久
        第27回日本総合病院精神医学会総会, つくば, 2014年10月28日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経疾患研究講義
        井上治久
        平成26年度 再生医療分野の産業化を目指した実用セミナー, 京都, 2014年10月15日, 招待有り
      • iPS細胞を用いたニューロパソロジーの創成
        井上治久
        Chem-Bio Informatics Society (CBI) Annual Meeting 2014, 東京, 2014年10月15日, 招待有り
      • Using iPSCs to study neurological disorders
        Inoue H
        14th International College of Geriatric Psychoneuropharmacology & Joint Congress of 19th Japan Congress of Neuropsychiatry. Ibaraki, Japan., 2014年10月02日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経再生・変性研究
        井上治久
        第87回日本生化学大会, 京都, 2014年09月25日, 招待有り
      • 神経系研究へのiPS細胞の利用
        井上治久
        創薬薬理フォーラム 第22回シンポジウム, 東京, 2014年09月25日, 招待有り
      • The use of iPS cells toward the treatment of neurodegenerative diseases
        Inoue H
        Integrated Symposium of Basic and Clinical Neuroscience:Induced pluripotent stem (iPS) cells: from basic research to clinical application. Yokohama Japan., 2014年09月11日, 招待有り
      • iPSC technology for the study of Neural degeneration and regeneration
        Inoue H
        Cold Spring Harbor Asia Conference Disease Modeling & Drug Discovery. Suzhou, China., 2014年08月26日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        梅田神経懇話会, 大阪, 2014年06月27日, 招待有り
      • iPS cells: from research to medical application
        井上治久
        第7回上肢の神経機能回復セミナー, 角館, 2014年05月31日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第55回日本神経学会学術大会 福岡, 2014年05月24日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第34回日本脳神経外科コングレス総会, 大阪, 2014年05月17日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        BIO tech 2014 第13回国際バイオテクノロジー展/技術会議, 東京, 2014年05月15日, 招待有り
      • Unraveling neurodegenerative diseases by iPS cell technology
        Inoue H
        Stem Cell Summit 2014, 11th Stem Cell Research & Regenerative Medicine Conference. Cambridge, MA, USA., 2014年04月24日, 招待有り
      • Unraveling neurodegenerative-disease mechanisms using patient-specific iPSCs
        Inoue H
        The 5th East Asia Neurology Forum (EANF). Kaohsiung, Taiwan., 2014年04月11日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        理化学研究所 平林研究室セミナー, 和光, 2014年04月10日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        CPhI Japan2014 ES, 東京, 2014年04月10日, 招待有り
      • Unraveling neurodegenerative diseases by somatic cell reprogramming
        Inoue H
        International symposium“New Frontier of Molecular Neuropathology 2014” Tokyo. Tokyo, Japan., 2014年03月16日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経難病の研究
        井上治久
        公開シンポジウム『倫理が育む健康・福祉に貢献する研究』, 沖縄, 2014年03月08日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        シンポジウム SY-20 疾患特異的iPS細胞. 第13回日本再生医療学会総会, 京都, 2014年03月05日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第13回日本再生医療学会総会, 京都, 2014年02月28日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第4回鹿児島神経内科先端セミナー, 鹿児島, 2014年02月28日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患の研究について
        井上治久
        第10回リハビリテーション運営委員会講演会, 京都, 2014年01月25日, 招待有り
      • The use of iPS cells toward drug development for neurodegenerative diseases
        Inoue H
        The 7th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences iPS Cells in Drug Discovery & Development, Session 1: Neurological disease (1). Osaka, Japan., 2014年01月16日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患の研究
        井上治久
        Parkinson Disease & Alzheimer Disease Conference-Disease Modifying Therapy をめざす Drug Design-, 静岡, 2013年11月29日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        ヒトiPS細胞:臨床・産業応用最前線2013, 東京, 2013年11月25日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた新たな医療の可能性
        井上治久
        第3回医工薬産学公連携支援シンポジウム, 京都, 2013年11月07日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患に対する新たな医療開発をめざして
        井上治久
        中京東部西部医師会合同学術講演会, 京都, 2013年11月02日, 招待有り
      • Unraveling neurodegenerative diseases using patient-specific iPSCs
        Inoue H
        CAMBRIDGE STEM CELL CLUB, Cambridge Stem Cell Institute. London, U.K., 2013年10月24日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第129回 日本薬理学会関東部会, 東京, 2013年10月19日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第46回山口県Neuroscience研究会, 山口, 2013年10月17日, 招待有り
      • Stem cells: from research to medical application
        Inoue H
        BioUANL 2013 From biotechnology to bioeconomy in Mexico. Monterrey, Nuevo Leon, Mexico., 2013年10月14日, 招待有り
      • 神経疾患iPS細胞の現状と展望
        井上治久
        第7回 パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 東京, 2013年10月12日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経疾患研究
        井上治久
        Parkinson Disease & Alzheimer Disease Conference-Disease Modifying Therapy をめざす Drug Design-, 三重, 2013年10月11日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第1回最先端創薬科学シンポジウム, 長崎, 2013年09月28日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久
        第21回つくばDementiaセミナー, つくば, 2013年09月13日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第4回Molecular Cardiovascular Conference II, 北海道, 2013年09月06日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第4回ALSフォーラム, 東京, 2013年08月31日, 招待有り
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第56回 神経内科懇話会「iPS細胞を利用した神経治療への展開」, 東京, 2013年08月03日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第22回 日本Cell Death学会学術集会, 京都, 2013年07月19日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第5回日本創傷外科学会総会・学術集会, 京都, 2013年07月12日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第48回天然物化学談話会, 大津, 2013年07月04日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患のモデルデザイン
        井上治久
        第34 回 日本炎症・再生医学会, 京都, 2013年07月02日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第202回日本神経学会九州地方会 ランチョンセミナー 佐賀, 2013年06月29日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム IGER Seminar, 名古屋, 2013年06月26日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        岐阜薬大•岐阜大連携第5回岐阜脳神経研究会, 岐阜, 2013年06月24日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific iPS cell research
        Inoue H
        The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Human Induced Neuronal Cells and Neurodegenerative Diseases -The Next Stage of iPS and iN Cells in Neurosicence Field-, Kyoto, 2013年06月22日, 招待有り
      • Modeling Alzheimer's disease using patient-specific iPSCs reveals stress phenotypes
        Inoue H
        Stem Cells & Cell Signaling - 2013 Meeting on 'Assays to Regenerative Medicine, Tissue Engineering & Therapeutics’, Waltham, USA, 2013年06月13日, 招待有り
      • Unraveling neurodegenerative-disease mechanisms using patient-specific iPSCs
        Inoue H
        ISSCR 11th Annual Meeting, Session Plenary III: Disease Modeling. Boston, MA, USA., 2013年06月13日, 招待有り
      • iPS細胞由来神経細胞を用いた薬効評価
        井上治久
        日本製薬工業協会 ヒトiPS細胞安全性応用タスクフォース(TF-5) コンソーシアム説明会, 東京, 2013年05月28日, 招待有り
      • iPS創薬研究ー中枢神経系
        井上治久
        バイオファイナンスギルド第11期第10回セミナー, 東京, 2013年05月17日, 招待有り
      • Modeling Alzheimer's disease using patient-specific iPSCs reveals stress phenotypes
        Inoue H
        Stem Cells & Cell Signaling - 2013 Meeting on 'Assays to Regenerative Medicine, Tissue Engineering & Therapeutics’ Waltham. USA., 2013年05月01日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第11回 左京区医師会学術講演会, 京都, 2013年04月20日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        国立精神•神経医療研究センター 神経研究所 所内セミナー, 東京, 2013年04月19日, 招待有り
      • 人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell: iPS細胞)と神経変性疾患
        井上治久
        第110 回 日本内科学会総会 東京, 2013年04月13日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第13回 大阪神経難病医療推進協議会総会, 大阪, 2013年03月23日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        平成24年度良質な医師を育てる研修, 京都, 2013年03月15日, 招待有り
      • iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        神戸大学大学院医学研究科 生化学セミナー, 神戸, 2013年03月04日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        Meet the Specialist, 大阪, 2013年02月23日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた認知症研究
        井上治久
        第31回日本認知症学会学術集会 教育講演 3, つくば, 2012年10月27日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた認知症の研究
        井上治久
        第34回日本生物学的精神医学会, 神戸, 2012年09月28日, 招待有り
      • 神経疾患領域における疾患特異的iPS細胞の応用
        井上治久
        第一回 ヒトiPS細胞樹立•維持培養および応用技術講習会, 京都, 2012年09月27日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第12回京滋神経変性疾患研究会, 京都, 2012年09月04日, 招待有り
      • Cellular and molecular analysis of ALS motor neurons using patient-specific iPS cells
        Inoue H
        Education on present and future stem cell research in Japan, Kyoto, 2012年08月30日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第2回京滋ニューロサイエンスフォーラム, 京都, 2012年07月07日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた認知症研究
        井上治久
        第13回若年認知症研究会講演会, 埼玉, 2012年06月22日, 招待有り
      • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)由来iPS細胞
        井上治久
        第53回日本神経学会学術大会 シンポジウムS(2)-9:神経疾患iPS細胞の現状と展望, 東京, 2012年05月24日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第115回日本小児科学会学術集会, 福岡, 2012年04月20日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        大塚製薬株式会社 Qs'研究所講演会, 徳島, 2012年03月19日, 招待有り
      • Disease-specific iPSC research for the exploration of pathomechanisms of intractable neurodegenerative diseases
        井上治久
        第85回日本薬理学会年会, 京都, 2012年03月16日, 招待有り
      • Disease-specific iPSC research for neurodegenerative diseases.
        Inoue H
        CiRA International Symposium 2012 Advances in Nuclear Reprogramming and Stem Cell Research. Kyoto, Japan., 2012年02月23日, 招待有り
      • 難治性神経変性疾患特異的iPS細胞を用いた研究
        井上治久
        第38回ヒューマンサイエンス総合研究セミナー「難病創薬のビジネスモデルと可能性―神経変性疾患を中心に―」, 東京, 2011年10月03日, 招待有り
      • 神経変性疾患特異的iPS細胞を用いた研究過程での課題
        井上治久
        再生医療の実現化プロジェクト(第Ⅱ期)第4回夏のワークショップ, 大阪, 2011年07月08日, 招待有り
      • 患者由来iPS細胞を用いた神経変性疾患バイオマーカー同定と病態解明
        井上治久
        第53回日本老年医学会学術集会 ノバルティス老化および老年医学研究基金2009年度受賞講演, 東京, 2011年06月17日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        日本老年精神医学会, 東京, 2011年06月16日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第52回日本神経学会学術大会, 名古屋, 2011年05月20日, 招待有り
      • 疾患モデルと創薬スクリーニング
        井上治久
        バイオファイナンスギルド第9期第10回セミナー「次の技術突破はこれだ」~次代を担う若手達~, 東京, 2011年05月13日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced pluripotent stem cell research
        井上治久
        日本薬理学会, 横浜, 2011年03月22日, 招待有り
      • 神経疾患とiPS細胞研究
        井上治久
        第2回iPS細胞研究講演会, 松本, 2011年03月15日, 招待有り
      • iPS Cell Technology and Motor Neuron Disease.
        Inoue H
        International Symposium on Motor Neuron Disease and Perry Syndrome in Tokyo. Tokyo, 2011年02月22日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        札幌神経再生医療研究会, 札幌, 2011年02月08日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第2回関西北陸神経免疫研究会, 京都, 2011年01月22日, 招待有り
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久
        第26回Wakoワークショップ, 東京, 2010年11月26日, 招待有り
      • iPSC Cell Banking facilitating Disease-specific iPSC research.
        Inoue H
        CIRM iPS Cell Banking Workshop. San Francisco, USA., 2010年11月17日, 招待有り
      • 変性疾患モデルとしてのiPS 細胞
        井上治久
        第29 回日本認知症学会学術集会, シンポジウム3「神経変性症としての前頭側頭葉変性症: 症候から分子病態解明の新展開まで」, 名古屋, 2010年11月05日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research
        Inoue H
        Kick off symposium Science Research on Innovative Area ”Foundation of Synapse and Neurocircuit Pathology, Tokyo, 2010年10月27日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research.
        Inoue H
        Kick off symposium Science Research on Innovative Area ”Foundation of Synapse and Neurocircuit Pathology.” , Tokyo, 2010年10月27日, 招待有り
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上 治久
        第32回日本生物学的精神医学会, 北九州, 2010年10月08日, 招待有り
      • iPS Cell Technology and Motor Neuron Disease
        Inoue H
        International Symposium on Motor Neuron Disease and Perry Syndrome in Tokyo, 2010年09月27日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上 治久
        第1回ALSフォーラム, 東京, 2010年08月28日, 招待有り
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上 治久
        梅田神経懇話会, 大阪, 2010年04月28日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上 治久
        第3回iPS細胞産学合同研究会, 京都, 2010年04月12日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research
        Inoue H
        Personalized Stem Cell Medicine- A Canada-California-Japan discussion workshop, San Francisco, USA, 2010年03月25日, 招待有り
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上 治久
        日本薬理学会年会 シンポジウム 「幹細胞分化の制御機構と再生医療におけるこれからの薬理学研究の方向性」, 大阪, 2010年03月17日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上 治久
        鳥取大学医学部附属病院 神経科学講演会, 米子, 2010年02月24日, 招待有り
      • PET疾患診断研究拠点
        井上 治久
        分子イメージング研究シンポジウム2010, 東京, 2010年01月22日, 招待有り
      • iPS細胞作製技術を用いた筋萎縮性側索硬化症の研究
        井上 治久
        第一回京大病院iPS細胞・再生医学研究会, 京都, 2010年01月15日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research
        Inoue H
        Joint iPS Meeting. Toronto, Canada., 2009年10月28日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research.
        Inoue H
        Gladstone Institute of Cardiovascular Disease Seminar. San Francisco, USA., 2009年10月26日, 招待有り
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性疾患研究
        Inoue H
        倉敷神経内科疾患フォーラム, 2009年10月02日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research.
        Inoue H
        5th Symposium of the André -Delambre Foundation: Amyotrophic Lateral Sclerosis: Causes and Therapeutic Perspectives. Québec, Canada., 2009年09月25日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research.
        Inoue H
        The 32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. Nagoya, Japan., 2009年09月16日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research
        Inoue H
        Advances in Cellular Reprogramming and Stem Cell Biology. Stockholm, Sweden., 2009年09月05日, 招待有り
      • 疾患iPS細胞の樹立から臨床応用へ
        井上 治久
        第2回iPS細胞樹立・維持培養の講習会, 2009年08月26日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research.
        Inoue H
        New Approach for Molecular Neuropathology. Tokyo, Japan., 2009年08月13日, 招待有り
      • 疾患特異的iPS細胞を用いたALS研究
        井上 治久
        放射線分子疫学セミナー, 2009年07月02日, 招待有り
      • Neurodegenerative disease-specific induced Pluripotent Stem cells research.
        Inoue H
        The JST-CIRM Workshop. San Francisco, USA., 2009年06月08日, 招待有り
      • Axonal regeneration as a therapeutic target toward Parkinson’s disease.
        Inoue H; Takahashi R; Lin L; Mi S; Isacson O
        The 31st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. Tokyo, Japan., 2008年07月09日, 招待有り
      • パーキンソン病治療標的としての軸索再生
        井上 治久
        パーキンソン病 基礎と臨床の最前線 PDの分子病態・病理, 2008年03月15日, 招待有り
      • 分子イメージング技術の臨床応用 疾患診断•治療評価への活用法 精神・神経疾患
        井上 治久
        放射線医学総合研究所セミナー, 2008年03月04日, 招待有り
      • タウオパチー型認知症の治療とモニタリング技術の開発
        井上 治久
        分子イメージング研究シンポジウム, 2008年01月28日, 招待有り
      • 孤発性筋萎縮性側索硬化症に対する治療法の研究
        井上 治久
        再生医科学研究所生体組織工学研究部門生体材料学分野セミナー, 2007年03月17日, 招待有り
      • Differential roles of caspases in the clinical course of ALS-mouse model.
        Inoue H
        NeuroRegeneration and Molecular Neurobiology Lab Seminar and Journal Club Series in McLean Hospital/Harvard Medical School. Belmont, USA., 2003年07月16日, 招待有り
      • A phase I dose escalation study of bosutinib for amyotrophic lateral sclerosis: Induced pluripotent stem cell-based Drug Repurposing for Amyotrophic Lateral Sclerosis Medicine (iDReAM) study
        Inoue H
        World Congress of Neurology 2021(WCN), Roma, 2021年10月03日
      • けいはんなiPS拠点 連携状況・研究
        井上治久
        「理研科学技術ハブ」シンポジウム, 和光, 2019年01月10日, 招待有り
      • Generation of Motor Neurons from Human ESCs/iPSCs Using Sendai Virus Vectors
        Imamura K; Kawaguchi J; Shu T; Inoue H, 共著, Neural Reprogramming, 127-132
        Springer, 2021年07月30日
      • iPS 細胞を用いた AI 創薬プラットフォーム
        塩田隼士; 井上治久, 共著, 月間 PHARM STAGE 7月号, 40-41
        技術情報協会, 2021年07月15日
      • iPS細胞、創薬への応用
        奥宮太郎; 坂野晴彦; 井上治久, 共著, THE 創薬 省資源国家にっぽんの生きる道, 232-247
        薬事日報社, 2021年04月09日
      • 脳オルガノイドによるマイ・メディシン
        松島早希; 今村恵子; 井上治久, 共著, 医学のあゆみ276巻6号, 635-639
        医歯薬出版株式会社, 2021年02月06日
      • iPS細胞技術を用いたアルツハイマー病研究
        奥宮太郎; 坂野晴彦; 井上治久, 共著, 認知症の最新医療11巻1号, 30-36
        フジメディカル出版, 2021年01月25日
      • 神経変性疾患に対するiPS創薬と臨床試験
        坂野晴彦; 奥宮太郎; 井上治久, 共著, 医学のあゆみ275巻3号, 287-294
        医歯薬出版株式会社, 2020年10月17日
      • 疾患特異的iPS細胞
        奥宮太郎; 坂野晴彦; 井上治久, 共著, 医学のあゆみ 273巻1号, 111-118
        医歯薬出版株式会社, 2020年04月04日
      • iPS細胞技術によるALS研究
        川澄侑哉; 今村恵子; 井上治久, 共著, 医学のあゆみ272巻6号, 541-544
        医歯薬出版株式会社, 2020年02月08日
      • ALS(筋萎縮性側索硬化症)治療の最前線
        井上治久, 単著, 医学のあゆみ 第272巻6号, 501-501
        医歯薬出版株式会社, 2020年02月08日
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた病態解明と創薬研究
        仁木剛史; 今村恵子; 井上治久, 共著, 実験医学38巻1号, 40-43
        羊土社, 2019年12月20日
      • iPS細胞のシングルセル遺伝子発現解析
        今村恵子; 渡辺 亮; 井上治久, 共著, 実験医学増刊37巻20号, 145-148
        羊土社, 2019年12月10日
      • iPS細胞を用いた治療法開発
        鈴木英文; 江川斉宏; 髙橋良輔; 井上治久, 共著, カレントテラピー37巻9号, 88-88
        ライフメディコム, 2019年09月01日
      • Medical Applications of iPS Cells-Inovation in Medical Sciences
        Inoue H; Nakamura Y, 共編者(共編著者), 1-190
        Springer, Singapore, 2019年04月12日
      • iPS治療の今後の見通しはどうなっていますか?
        矢田祐一郎; 今村恵子; 井上治久, 共著, 神経内科Clinical Questions & Pearls パーキンソン病, 302-305
        2019年02月10日
      • Src/c-Ab1 阻害薬実用化のためのALS治療効果予測
        井上治久, 共著, 日本ALS協会会報SSK JALSA106号
        2018年12月27日
      • 日本ALS協会静岡県支部総会講演「ALSの最新の研究と治療」
        井上治久, 単著, 日本ALS協会会報SSK JALSA105号, 33-37
        2018年09月14日
      • カルシウムイオン流入によるタウたんぱく質蓄積メカニズム
        近藤孝之; 井上治久, 共著, アルツハイマー病発症メカニズムと新規診断法・創薬・治療開発, 第4章
        2018年08月27日
      • 神経難病と細胞治療の現状と将来
        近藤孝之; 井上治久, 共著, 医薬ジャーナル 特集・神経難病と創薬54巻7号, 81-87
        医薬ジャーナル社, 2018年07月01日
      • ALSモデルの構築と化合物スクリーニング
        仁木剛史; 井上治久, 共著, 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場, 176-179
        S&T出版, 2018年05月18日
      • Src/c-Abl経由は筋萎縮性側索硬化症の潜在的な治療の標的である
        今村恵子; 井上治久, 共著, 臨床免疫・アレルギー科69巻3号, 303-306
        2018年03月25日
      • アルツハイマー病
        近藤孝之; 井上治久, 共著, CLINICAL NEUROSCIENCE36巻3号, 308-311
        中外医学社, 2018年03月01日
      • iPS細胞を用いた筋萎縮性側索硬化症の疾患モデル
        仁木剛史; 井上治久, 共著, 遺伝子医学MOOK 32, 234-239
        メディカル ドゥ, 2017年12月31日
      • 幹細胞技術を用いたALS疾患モデル
        仁木剛史; 井上治久, 共著, 月刊難病と在宅ケア23巻4号, 17-21
        医学書・医学雑誌出版社, 2017年07月25日
      • iPS細胞を用いた認知症研究
        井上治久, 単著, 第26回昭和大学学士会シンポジウム「認知症の基礎と臨床の進歩」講演録 昭和学士会雑誌77巻5号, 597-604
        2017年07月01日
      • 総論 iPS細胞を用いた神経・精神疾患解析と創薬研究
        村上 永尚; 和泉 唯信; 梶 龍兒; 井上 治久, 共著, 遺伝子医学MOOK 別冊(最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリング) 68 - 74
        メディカルドゥ, 2017年04月30日
      • 霊長類モデルへのヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞移植
        菊地哲広; 森実飛鳥; 土井大輔; 井上治久; 高橋良輔; 沖田圭介; 中川誠人; 高良沙幸; 水間広; 尾上浩隆; 林拓也; 高橋淳, 共著, 再生医療16巻, 424
        メディカルレビュー社, 2017年02月01日
      • 神経新生促進によるダウン症モデルにおける脳発達障害の是正
        小林亜希子; 粟屋智就; 喜井勲; 隅田有人; 奥野友紀子; 和根崎圭子; 吉田優; 隅田ともえ; 井上治久; 細谷孝充; 萩原正敏, 共著, 第90回日本生化学会大会(Web)
        2017年
      • iPS細胞を用いた認知症の解明と治療への応用
        今村恵子; 井上治久, 共著, 最新医学社71巻11号, 126-129
        2016年11月10日
      • 患者由来iPS細胞を利用したアルツハイマー病のバイオマーカーの探索
        岩田 修永; 松尾 和哉; 大槻 純男; 浅井 将; 近藤 孝之; 井上 治久; 城谷 圭朗, 共著, Dementia Japan30(4)
        2016年10月15日
      • 患者由来iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解明
        近藤孝之; 井上治久, 共著, 分子精神医学16巻4号, 29-35
        先端医学社, 2016年10月10日
      • γセクレターゼによるAPP-CTFβのγ切断部位を調節する内在性分子の解析
        岩田 修永; 松尾 和哉; 森田 知樹; 渡辺 かおり; 八田 大典; 浅井 将; 八幡 直樹; 近藤 孝之; 井上 治久; 関 恒慶; 小林 千浩; 戸田 達史; 城谷 圭朗, 共著, 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 (89回)
        2016年09月05日
      • アルツハイマー病サブグループのバイオマーカーの探索
        松尾 和哉; 吉崎 涼平; 大槻 純男; 浅井 将; 城谷 圭朗; 近藤 孝之; 井上 治久; 岩田 修永, 共著, 日本生化学会大会プログラム・講旨集演要(89回)
        2016年09月05日
      • iPS細胞を用いた神経疾患研究
        近藤孝之; 井上治久, 共著, 生体の科学67巻4号, 314-318
        医学書院, 2016年08月15日
      • iPS細胞を用いた認知症研究
        松薗構佑; 阿部康二; 井上治久, 共著, 日本臨牀社74巻3号, 443-450
        2016年03月01日
      • iPS細胞の誕生より10年 疾患特異的iPS細胞研究の今と未来
        井上治久, 単著, 実験医学34巻4号, 520-523
        羊土社, 2016年03月01日
      • パーキソン病のiPS細胞治療
        小芝 泰; 髙橋 淳; 髙橋 良輔; 井上治久, 共著, Geriatric Medicine<老年医学>54巻3号, 253-256
        2016年03月01日
      • iPS細胞を用いた神経疾患研究
        井上治久, 単著, 第8回「アルミニウムと健康」フォーラム講演録, 27-33
        2016年03月01日
      • 病態を再現・解明し、創薬へとつなぐ 疾患iPS細胞 樹立より10年の時を経て難治疾患へ挑む
        井上治久, 単著, 実験医学34巻4号, 520-523
        羊土社, 東京, 2016年02月22日
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた神経疾患研究
        関根信一郎; 近藤孝之; 保住 功; 井上治久, 共著, 月刊細胞48巻2号, 9(61)-12(64)
        ニュー・サイエンス社, 2016年02月20日
      • iPS細胞を用いた創薬研究
        近藤孝之; 井上治久, 共著, 新薬展望増刊号52巻631号, 25(231)-30(236)
        医薬ジャーナル社, 2016年01月31日
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久, 単著, 最新医学70巻12号, 120(2548)-125(2553)
        最新医学社, 2015年12月10日
      • アルツハイマー病患者iPS細胞由来神経細胞におけるオートファジーの機能破綻
        森田 知樹; 小出 恵理子; 八田 大典; 渡辺 かおり; 近藤 孝之; 浅井 将; 城谷 圭朗; 井上 治久; 岩田 修永, 共著, Dementia Japan29(3)
        (一社)日本認知症学会, 2015年09月15日
      • iPS細胞を用いた難治性神経疾患の治療戦略
        後藤和也; 髙橋良輔; 井上治久, 共著, 炎症と免疫23巻5号, 81-85
        先端医学社, 2015年08月20日
      • ALSの疾患特異的iPS細胞研究
        松薗構佑; 山下 徹; 阿部康二; 井上治久, 共著, BIO Clinica30(8), 33(747)-37(751)
        北隆館, 2015年08月10日
      • iPS細胞を用いた既存薬再評価による神経変性疾患新規創薬標的の同定
        井上治久; 近藤孝之; 今村恵子, 共著, 臨床薬理の進歩, 126-135
        (公財)臨床薬理研究振興財団, 2015年06月25日
      • 病理医を誘うiPS細胞を使った疾患研究 疾患特異的iPS細胞を用いた神経疾患解析と創薬研究
        村上永尚; 和泉唯信; 梶龍兒; 井上治久, 共著, 病理と臨床33巻6号, 615 -621
        株式会社文光堂, 2015年06月01日
      • 疾患特異的iPSの基礎知識
        三嶋崇靖; 石川泰三; 坪井義夫; 井上治久, 共著, SURGERY FRONTIER22(2), 12(108)-17(113)
        メディカルレビュー社, 2015年06月01日
      • iPS細胞を用いた神経疾患の研究
        石川泰三; 三嶋崇靖; 坪井義夫; 井上治久, 共著, 最新醫學70巻5号,141(977)-145(983)
        最新医学社, 2015年05月10日
      • 天からの蜘蛛の糸を生かすには
        井上治久, 単著, 別冊日経サイエンス204号, 26
        日経サイエンス, 2015年02月19日
      • 患者由来iPS細胞を用いた神経疾患研究
        津下 到; 鈴木 茂彦; 内藤 素子; 堀田 秋津; 井上 治久, 共著, 医学のあゆみ252巻7号, 824
        医歯薬出版株式会社, 2015年02月14日
      • 【iPS細胞を用いた難病研究-臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見】 (第1章)中枢神経疾患 iPS細胞を用いたアルツハイマー病モデルと小胞体ストレス
        村上 永尚; 和泉 唯信; 梶 龍兒; 井上 治久, 共著, 遺伝子医学MOOK (27) 48 - 51
        メディカルドゥ, 大阪, 2015年02月05日
      • パーキンソン病患者由来iPSCからのドパミン神経誘導
        菊地哲広; 森実飛鳥; 土井大輔; 井上治久; 高橋良輔; 沖田圭介; 中川誠人; 高橋淳, 共著, 再生医療14巻, 323
        メディカルレビュー社, 2015年02月01日
      • iPS細胞を用いた神経変性疾患病態解析
        森井芙貴子; 水野敏樹; 中川正法; 井上治久, 共著, 脳神経系の再生医学 発生と再生の融合的新展開4章, 2-6
        診断と治療社, 東京, 2015年01月05日
      • 患者iPS細胞を用いたCharcot‐Marie‐Tooth病モデルの確立
        大原亮; 今村恵子; 森井芙貴子; 江川斉宏; 沖田圭介; 水野敏樹; 中川正法; 山中伸弥; 井上治久, 共著, 日本末梢神経学会学術集会プログラム・抄録 26th
        日本末梢神経学会, 2015年
      • iPS細胞モデルによるLRRK2 12020T変異パーキンソン病の研究
        小芝 泰; 森實 飛鳥; 菊地 哲弘; 山門 穂高; 陣上 直人; 土井 大輔; 西村 周泰; 皆川 栄子; 江川 斉宏; 井上 治久; 高橋 淳; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学54巻12号, 172
        日本神経学会, 2014年12月18日
      • 幹細胞研究と神経変性
        大原亮; 水野敏樹; 中川正法; 井上治久, 共著, BRAIN MEDICAL26 (3), 59-66
        2014年10月20日
      • ヒト多能性幹細胞を用いた疾患研究と創薬開発の展開, V 創薬スクリーニング
        近藤孝之; 井上治久, 共著, 実験医学別冊, 338-344
        羊土社、東京, 2014年02月27日
      • 大脳皮質神経細胞への分化誘導, Ⅲ 分化誘導のプロトコール
        近藤孝之; 井上治久; 高橋良輔, 共著, 実験医学別冊, 217-225
        羊土社、東京, 2014年02月27日
      • iPS細胞を用いた筋萎縮性側索硬化症の病態解析
        江川斉宏; 井上治久, 共著, 難病と在宅ケア19巻11号, 7-9
        日本プランニングセンター, 2014年02月01日
      • 孤発性および家族性アルツハイマー病患者由来iPS細胞を用いたアルツハイマー病の病態解析
        浅井将; 城谷圭朗; 近藤孝之; 井上治久; 岩田修永, 共著, 日本薬理学雑誌143巻1号, 23-26
        日本薬理学会, 2014年01月10日
      • 家族性筋萎縮性側索硬化症患者由来iPS細胞を用いた疾患モデルの作製
        今村恵子; 月田香代子; 古谷博和; 江良択実; 中畑龍俊; 山中伸弥; 井上治久, 共著, 再生医療13巻
        メディカルレビュー社, 2014年
      • アルツハイマー病患者由来iPS細胞を用いた細胞内Aβ関連ストレスと薬剤応答性の解明
        近藤孝之; 舟山美里; 月田香代子; 中畑龍俊; 山中伸弥; 井上治久, 共著, 再生医療13巻
        メディカルレビュー社, 2014年
      • パーキンソン病患者由来iPSCからのドパミン神経誘導
        菊地哲広; 森実飛鳥; 土井大輔; 井上治久; 高橋良輔; 沖田圭介; 中川誠人; 高橋淳, 編者(編著者), 再生医療13巻
        メディカルレビュー社, 2014年
      • 認知症研究におけるCell Biology I リソソーム・オートファジー アルツハイマー病iPS細胞由来神経細胞のオートファジー関連分子の解析
        城谷 圭朗; 能登 雄太; 高橋 茜; 森田 知樹; 小出 恵理子; 浅井 将; 近藤 孝之; 井上 治久; 岩田 修永, 共著, Dementia Japan28(4)
        (一社)日本認知症学会, 2014年
      • アルツハイマー病患者iPS細胞由来神経系細胞におけるAβオリゴマーの細胞毒性
        中野 梨絵; 浅井 将; 近藤 孝之; 月田 香代子; 渡邊 かおり; 門谷 千恵; 村上 一馬; 入江 一浩; Klein William L; 森 啓; 丸山 啓; 朝田 隆; 城谷 圭朗; 井上 治久; 岩田 修永, 共著, Dementia Japan 27(4)
        (一社)日本認知症学会, 2013年11月08日
      • 神経再生医療の現状, VII.神経・精神疾患の治療の進歩, 神経・精神疾患診療マニュアル
        近藤孝之; 井上治久, 共著, 日本医師会雑誌, 356-S357
        日本医師会, 2013年10月15日
      • 神経変性疾患特異的iPS細胞の樹立と病態解析, 創薬への応用
        江川斉宏; 井上治久, 共著, Medical Science Digest 39(11), 10-13
        ニューサイエンス社, 2013年09月20日
      • アルツハイマー病患者由来iPS細胞を用いた細胞内Aβ関連ストレスと薬剤応答性の解明
        近藤孝之; 井上治久, 共著, 細胞工学 32巻9号, 988-989
        株式会社 講談社サイエンティフィク, 2013年08月22日
      • iPS細胞技術を用いたアルツハイマー病の新たな医療開発
        近藤孝之; 井上治久, 共著, 認知症の最新医療3巻3号, 139-146
        フジメディカル出版, 2013年07月25日
      • ALS病態解明に寄与するiPS細胞の樹立
        今村恵子; 井上治久, 共著, 感染・炎症・免疫 43巻2号, 64-65
        鳥居薬品(株), 2013年07月10日
      • iPS細胞による神経疾患研究
        近藤孝之; 井上治久, 共著, Clinical Neuroscience 31(7), 855-857
        中外医学社, 2013年07月01日
      • iPS細胞を用いた神経・精神疾患治療薬の開発
        今村恵子; 井上治久, 共著, 医学の歩み245巻10号, 885-886
        2013年06月08日
      • 疾患特異的iPS細胞モデルによる遺伝性パーキンソン病の研究
        小芝 泰; 森實 飛鳥; 山門 穂高; 菊地 哲宏; 皆川 栄子; 土井 大輔; 西村 周泰; 江川 斉宏; 井上 治久; 高橋 淳; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学 53巻12号
        日本神経学会, 2013年06月01日
      • 既存薬によるSOD1転写を標的とした筋萎縮性側索硬化症新規治療法の開発
        村上 学; 井上 治久; 月田 香代子; 淺井 康行; 饗庭 一博; 天貝 裕地; 山下 博史; 植村 健吾; 伊東 秀文; 下川 浩輝; 上杉 志成; 中辻 憲夫; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学53巻12号
        日本神経学会, 2013年06月01日
      • iPS細胞を用いた神経疾患病態研究
        近藤孝之; 井上治久, 共著, Medical Science Digest39(5), 25-28
        ニュー・サイエンス社, 2013年04月20日
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する新たな治療法の開発
        江川斉宏; 井上治久, 共著, BIO Clinica 28巻3号, 27-31
        北隆館, 2013年03月10日
      • iPS細胞を用いた神経・精神疾患研究
        近藤孝之; 井上治久; 高橋良輔, 共著, 再生医療叢書 第7巻 神経系 第五章 83-90
        朝倉書店、東京, 2013年02月20日
      • パーキンソン病患者由来iPSCからのドパミン神経誘導
        菊地哲広; 森実飛鳥; 土井大輔; 井上治久; 沖田圭介; 高橋淳, 共著, 再生医療12巻
        メディカルレビュー社, 2013年
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        今村恵子; 井上治久, 共著, 日本生物学的精神医学会誌24巻3号, 131-133
        日本生物学的精神医学会, 2013年
      • 天からの蜘蛛の糸を生かすには。iPS細胞とは何か、何ができるのか
        井上治久, 単著, 日経サイエンス, 160-163
        2012年12月20日
      • ウンフェルリヒト・ルントボルグ病患者由来iPS細胞の樹立
        近藤 孝之; 池田 昭夫; 松本 理器; 池田 仁; 井上 有史; 高橋 良輔; 井上 治久, 共著, 臨床神経学 52巻12号, 139
        日本神経学会, 2012年12月
      • 認知症研究におけるiPS細胞の利用
        足立史彦; 井上治久, 共著, PROGRESS IN MEDICINE 32(12), 60-70
        (株)ライフ・サイエンス, 2012年12月
      • iPS細胞作製技術を利用した神経疾患病因機構の解明と創薬開発への取り組み
        八幡直樹; 井上治久, 共著, 遺伝子医学MOOK 22号, 98-102
        メディカル ドゥ, 2012年07月25日
      • 各種病態モデルと創薬研究 1.神経疾患 7)iPS細胞作製技術を利用した神経疾患病因機構の解明と創薬開発への取り組み
        八幡直樹; 井上治久, 共著, 遺伝子医学MOOK (22) 98 - 102
        メディカルドゥ、大阪, 2012年07月25日
      • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)由来iPS 細胞
        井上治久, 単著, 臨床神経学52巻11号, 1137-1138
        2012年05月24日
      • 人工多能性細胞(iPS細胞)を用いた神経変性疾患研究
        足立史彦; 井上治久, 共著, 鳥取臨床科学研究会誌 4巻1号, 75-78
        2012年03月
      • iPS細胞を用いた神経・精神疾患モデル研究
        今村恵子; 井上治久, 共著, Annual Review 神経2012, 92-96
        2012年01月25日
      • Cellular Replacement Therapy in Neurodegenerative Diseases Using Induced Pluripotent Stem Cells
        Kondo T; Takahashi R; Inoue H, 共著, Stem Cells and Cancer Stem Cells Volume 2, Part 3, pp 241-247
        Springer, New York, 2012年01月01日
      • 転写を標的とした家族性筋萎縮性側索硬化症新規治療法の開発
        村上 学; 井上 治久; 月田 香代子; 淺井 康行; 饗庭 一博; 天貝 裕地; 下川 浩輝; 上杉 志成; 中辻 憲夫; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学 51巻12号
        日本神経学会, 2011年12月
      • 筋萎縮性側索硬化症モデルマウスiPS細胞の樹立および運動ニューロンへの分化
        小松 研一; 井上 治久; 近藤 孝之; 北岡 志保; 一阪 朋子; 高橋 和利; 山中 伸弥; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学 51巻12号
        日本神経学会, 2011年12月
      • 変異SOD1を有するALS患者由来iPS細胞の樹立とアストロサイトへの分化
        北岡 志保; 井上 治久; 月田 香代子; 高橋 和利; 近藤 孝之; 吉川 勝宇; 山脇 聖子; 内藤 素子; 鈴木 茂彦; 伊東 秀文; 和泉 唯信; 梶 龍兒; 宅間 浩; 玉岡 晃; 森田 光哉; 中野 今治; 川田 明広; 中畑 龍俊; 高橋 良輔; 山中 伸弥, 共著, 臨床神経学 51巻12号
        日本神経学会, 2011年12月
      • 認知症研究に用いられる動物・細胞実験モデル 人工多能性幹細胞(iPS細胞)
        八幡直樹; 井上治久, 共著, 日本臨牀 69/増刊8 認知症学(上), 282-285
        日本臨床社、大阪, 2011年10月20日
      • 基礎編 認知症研究に用いられる動物・細胞実験モデル
        八幡直樹; 井上治久, 共著, 日本臨牀 69/増刊8 認知症学(上), 282-285
        日本臨床社、大阪, 2011年10月20日
      • ALSの治療とケア〜再生医療とiPS細胞〜
        近藤孝之; 高橋良輔; 井上治久, 共著, Clinical Neuroscience 29(9), 1055-1057
        中外医学社, 2011年09月01日
      • Generation of disease-specific induced pluripotent stem cells from sporadic Parkinson's disease patients
        Kondo T; Inoue H; Minakwa E; Koshiba Y; Washida K; Egawa N; Takahashi K; Nakahata T; Yamanaka S; Takahashi R, 共著, Neuroscience Research 71, e191
        2011年09月
      • Induction of astrocyte differentiation from human induced pluripotent stem cells carrying mutant SOD1
        Kitaoka S; Tsukita K; Takahashi K; Okita K; Kondo T; Yoshikawa K; Yamawaki S; Naitoh M; Suzuki S; Izumi Y; Kaji R; Takuma H; Tamaoka A; Morita M; Nakano I; Kawata A; Nakahata T; Takahashi R; Yamanaka S; Inoue H, 共著, Neuroscience Research 71
        2011年09月
      • Decreased anxiety-like behavior in alpha-synuclein BAC transgenic mice recapitulates early non-motor symptoms in Parkinson disease
        Yamakado H; Moriwaki Y; Yamasaki N; Kurisu J; Miyakawa T; Uemura K; Inoue H; Takahashi R, 共著, Neuroscience Research 71
        2011年09月
      • Generation of induced pluripotent stem cells from a familial Alzheimer's disease patient
        Yahata N; Tsukita K; Karatsu Y; Adachi F; Asaka I; Okita K; Izumi Y; Kaji R; Kawakatsu S; Asada T; Yamanaka S; Inoue H, 共著, Neuroscience Research 71
        2011年09月
      • Establishment of iPS cells from amyotrophic lateral sclerosis model mice and motor neuronal differentiation
        Komatsu K; Inoue H; Kondo T; Kitaoka S; Takahashi K; Yamanaka S; Takahashi R, 共著, Neuroscience Research 71
        2011年09月
      • iPS細胞を用いたパーキンソン病の分子メカニズム
        江川斉宏; 井上治久; 高橋良輔, 共著, BIO Clinica 26(8), 23-26
        北隆館, 2011年07月14日
      • iPS細胞技術の神経疾患研究での有用性および今後の課題
        北岡志保; 井上治久, 共著, 脳21 14巻3号, 20-24
        2011年07月
      • 天からの蜘蛛の糸を生かすには
        井上治久, 単著, 日経サイエンス41巻6号, 72
        2011年06月01日
      • iPS細胞作製技術を用いたALS治療法開発
        井上治久, 編者(編著者), 日本ALS協会会報JALSA 82巻
        日本ALS協会, 2011年06月
      • iPS 細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久, 単著, 臨床神経学51巻11号, 1078
        日本神経学会, 2011年05月20日
      • 神経変性疾患モデル作製のための26Sプロテアソームコンディショナルノックアウトマウスの確立と解析
        田代 善崇; 伊東 秀文; 井上 治久; 山崎 真弥; 阿部 学; 三澤 日出巳; 崎村 建司; 高橋 良輔, 共著, 第52回日本神経学会学術大会 51巻12号
        日本神経学会, 2011年05月
      • iPS細胞由来神経細胞におけるAβ産生とセクレターゼ阻害剤に対する応答
        浅井 将; 八幡 直樹; 北岡 志保; 高橋 和利; 浅香 勲; 日置 寛之; 金子 武嗣; 丸山 敬; 西道 隆臣; 中畑 龍俊; 朝田 隆; 山中 伸弥; 岩田 修永; 井上 治久, 共著, Dementia Japan 25(3)
        (一社)日本認知症学会, 2011年
      • RNA結合タンパク質の機能と神経変性疾患 iPS細胞を用いた疾患病態の再現とRNAプロセシング治療の可能性
        江川斉宏; 井上治久, 共著, Dementia Japan 25(2), 137-144
        (一社)日本認知症学会, 2011年
      • Induced Pluripotent Stem Cell Technology for the Study of Neurodegenerative Diseases
        Kitaoka S; Kondoh H; Inoue H, 共著, Induced Stem Cells chapter V, 129-142
        Nova Science Publishers Inc, New York, 2011年
      • PARK4マウスモデル
        山門 穂高; 森脇 康博; 山崎 信幸; 宮川 剛; 植村 健吾; 井上 治久; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学 50巻12号
        日本神経学会, 2010年12月
      • 若年性アルツハイマー病患者由来iPS細胞の樹立・解析
        八幡 直樹; 井上 治久; 北岡 志保; 月田 香代子; 近藤 孝之; 江川 斉宏; 浅香 勲; 高橋 和利; 中畑 龍俊; 川勝 忍; 高橋 良輔; 朝日 隆; 山中 伸弥, 共著, 臨床神経学 50巻12号
        日本神経学会, 2010年12月
      • 変異SOD1を有するALS患者由来iPS細胞の樹立と脊髄運動ニューロンへの分化
        北岡 志保; 井上 治久; 月田 香代子; 川田 三代; 高橋 和利; 近藤 孝之; 吉川 勝宇; 山脇 聖子; 内藤 素子; 鈴木 茂彦; 伊東 秀文; 和泉 唯信; 森田 光哉; 中野 今治; 川田 明広; 中畑 龍俊; 高橋 良輔; 山中 伸弥, 共著, 臨床神経学 50巻12号
        日本神経学会, 2010年12月
      • 遺伝性パーキンソン病患者由来iPS細胞の樹立・解析
        江川 斉宏; 井上 治久; 近藤 孝之; 吉川 勝宇; 山脇 聖子; 内藤 素子; 鈴木 茂彦; 高橋 和利; 長谷川 一子; 中畑 龍俊; 山中 伸弥; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学50巻12号
        日本神経学会, 2010年12月
      • iPS細胞を用いたてんかん研究
        近藤孝之; 井上治久; 松本理器; 池田昭夫; 高橋良輔, 共著, Epilepsy 4(2), 29-33
        メディカルレビュー社, 2010年11月01日
      • Generation of disease-specific induced pluripotent stem cells from hereditary Parkinson's disease
        T.Kondo; H.Inoue; N.Egawa; K.Yoshikawa; S.Yamawaki; M.Naitoh; S.Suzuki; K.Tkahashi; K.Hasegawa; T.Nakahata; S.Yamanaka; R.Takahashi, 共著, Neuroscience Research 68(1)
        2010年09月
      • Establishment of iPS cells from amyotrophic lateral sclerosis model mice
        Komatsu K; Inoue H; Kondo T; Kitaoka S; Ichisaka T; Takahashi K; Yamanaka S; Takahashi R, 共著, Neuroscience Research 68(1)
        2010年09月
      • The analysis of 26S proteasome conditional knockout mice for the mechanisms of neurodegenerative diseases
        Tashiro Y; Inoue H; Yamazaki M; Abe M; Ito H; Misawa H; Sakimura K; Takahashi R, 共著, Neuroscience Research 68(1)
        2010年09月
      • Development of therapies and monitoring against tauopathies with dementia
        Takeuchi H; Inoue H; Higuchi M; Tsukita K; John T; Virginia L; Ji B; Takahashi R; Suhara T, 共著, Neuroscience Research 68(1)
        2010年09月
      • A high-throughput screening assay for drug discovery in SOD1-mediated ALS targeting the transcription of SOD1
        Murakami G; Inoue H; Tsukita K; Asai Y; Aiba K; Amagai Y; Uesugi M; Nakatsuji N; Takahashi R, その他, Neuroscience Research 68(1)
        2010年09月
      • Differentiation of induced pluripotent stem cells from ALS patients generates motor neurons
        Kitaoka S; Inoue H; Tsukita T; Kawada M; Naitoh M; Takahashi K; Yoshikawa K; Kondo T; Yamawaki S; Watanabe D; Suzuki S; Nakahata T; Takahashi R; Yamanaka S, 共著, Neuroscience Research 68(1)
        2010年09月
      • Generation of disease-specific induced pluripotent stem cells from hereditary Parkinson’s disease
        Kondo T; Inoue H; Egawa N; Yoshikawa K; Yamawaki S; Naitoh M; Suzuki S; Takahashi K; Hasegawa K; Nakahata T; Yamanaka S; Takahashi R, 共著, Neuroscience Research 68(1)
        2010年09月
      • The endoplasmic reticulum stress sensor, ATF6α, protects against 1-methyl-4-phenyl-1, 2, 3, 6-tetrahydropyridine-induced dopaminergic neuronal death in a p38 Mitogen-Activated Protein Kinase dependent manner
        Egawa N; Yamamoto K; Inoue H; Nishi K; Mori K, 共著, Neuroscience Research 68(1)
        2010年09月
      • Roles of thromboxane receptor in dopaminergic signaling in the striatum
        Mitsumori T; Furuyashiki T; Kitaoka S; Inoue H; Matsuoka T; Narumiya S, 共訳, Neuroscience Research 68 (1)
        2010年09月
      • iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究
        井上治久, 単著, 第1回ALSフォーラム~ALS最前線~記録集
        2010年08月28日
      • Regulational role of mitochondria on ageing and senescence
        Kondoh H; Inoue H; Takaori-Kondo A; Minami M, 共著, Horizons in DNA Research Volume 1, 235-240
        Nova Science Publishers Inc, UK, 2010年08月18日
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究
        八幡直樹; 井上治久, 共著, 日本生物学的精神医学会誌21巻4号, 257-260
        2010年08月02日
      • ALS患者由来iPS細胞から運動ニューロンへの分化
        北岡 志保; 井上 治久; 月田 香代子; 川田 三代; 内藤 素子; 高橋 和利; 吉川 勝宇; 近藤 孝之; 山脇 聖子; 渡辺 大; 鈴木 茂彦; 中畑 龍俊; 高橋 良輔; 山中 伸弥, 共著, 神経化学49(2,3)
        2010年08月01日
      • 神経再生研究からの最新知見―パーキンソン病に対する細胞移植治療の可能性―
        服部信孝; Ole Isacson; 井上治久; 吉崎崇仁, 共著, Frontiers in Parkinson Disease 3(3), 133-139
        メディカルレビュー社, 2010年07月10日
      • グリア細胞と認知症
        竹内啓喜; 井上治久; 高橋良輔, 共著, 神経内科 72巻6号, 62-65
        2010年02月24日
      • 遺伝性パーキンソン病患者由来iPS細胞の樹立
        近藤 孝之; 井上 治久; 江川 斉宏; 吉川 勝宇; 山脇 聖子; 内藤 素子; 鈴木 茂彦; 高橋 和利; 長谷川 一子; 中畑 龍俊; 山中 伸弥; 高橋 良輔, 共編者(共編著者), 神経化学 49 2-3
        2010年
      • アルツハイマー病患者由来iPS細胞の樹立
        八幡 直樹; 井上 治久; 北岡 志保; 月田 香代子; 近藤 孝之; 江川 斉宏; 浅香 勲; 高橋 和利; 中畑 龍俊; 川勝 忍; 高橋 良輔; 朝田 隆; 山中 伸弥, 共著, 神経化学 49 2-3
        2010年
      • Parkin変異メダカとATP13A2変異メダカの解析
        松井 秀彰; 谷口 善仁; 井上 治久; 小林 芳人; 植村 健吾; 竹内 秀明; 武田 俊一; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学 49巻12号
        日本神経学会, 2009年12月28日
      • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療戦略
        村上 学; 井上治久; 高橋良輔, 共著, ファルマシア45 (11), 1109-1112
        2009年11月01日
      • メダカを利用したパーキンソン病研究
        松井秀彰; 谷口善仁; 井上治久; 竹内秀明; 植村健吾; 武田俊一; 高橋良輔, 共著, 脳21 12巻3号
        金芳堂, 2009年10月01日
      • Neurodegenerative disease-specific induced pluripotent Stem cells research
        Inoue H; Kitaoka S; Naitoh M; Takahashi K; Yoshikawa K; Yamawaki S; Suzuki S; Nakahata T; Takahashi R; Yamanaka S, その他, Neuroscience Research 65(1)
        2009年09月
      • Development of a high-throughput screening assay for drug discovery in SOD1-mediated ALS. Neuroscience Research
        Murakami G; Inoue H; Tsukita K; Asai Y; Aiba K; Amagai Y; Uesugi M; Nakatsuji N; Takahashi R, その他, Neuroscience Research 65(1)
        2009年09月
      • Neuroprotective effects of nicotic receptor stimulation by ER stress and autophagy regulation
        Takeuchi H; Inoue H; Akaike A; Sawada H; Shimohama S; Takahashi R, その他, Neuroscience Research 65(1)
        2009年09月
      • The establishment and analysis of 26S proteasome conditional knockout mice for the mechanisms of neurodegenerative diseases
        Tashiro Y; Inoue H; Yamazaki M; Abe M; Misawa H; Sakimura K; Takahashi R, その他, Neuroscience Research 65(1)
        2009年09月
      • Various models for Parkinson's disease using mutant medaka and toxin-treated medaka
        Matsui H; Taniguchi Y; Inoue H; Takeda S; Takahashi R, その他, Neuroscience Research 65(1)
        2009年09月
      • The role of ER stress sensor ATF6α in the pathogenesis of Parkinson's disease
        Egawa N; Yamamoto K; Inoue H; Nishi K; Mori K; Takahashi R, その他, Neuroscience Research 65(1)
        2009年09月
      • BMP signaling through BMPIRA regulate gliosis in the sub-acute phase
        Yamada M; Kitamura N; Sahara N; Takashima A; Inoue H; Takahashi R; Mishina Y, Neuroscience Research 65(1)
        2009年09月
      • Protein misfolding and axonal protection in neurodegenerative diseases
        Inoue H; Kondo T; Lin L; Mi S; Isacson O; Takahashi R, 共著, Focus on Structural Biology series volume 7, 97-110
        Springer, Dordrecht, 2009年07月30日
      • 視神経炎様症状を呈した遺伝性血管性白質脳症(CARASIL)の1例
        橋田徳康; 伊藤重雄; 長谷川利英; 梶田鉄平; 森藤寛子; 山崎裕子; 坂上憲史; 横谷繁郎; 田中健寛; 遠藤文司; 江川斉宏; 井上治久; 冨本秀和; 高橋良輔, 共著, 日本眼科学会雑誌 113巻4号, 505-512
        2009年04月10日
      • 内科医が診る関節リウマチ―State of Art 生物学的製剤は進行性多巣性白質脳症(PML)を誘発するか?
        藤井隆夫; 岡本洋子; 小林勝哉; 井上治久; 高橋良輔; 三森経世, 共著, 内科0103巻4号, 725-728
        南江堂, 2009年04月10日
      • パーキンソン病における小胞体ストレスセンサーATF6αの機能
        江川 斉宏; 山本 敬祐; 井上 治久; 植村 健吾; 小川 智; 西 克典; 森 和俊; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学 49巻2号
        日本神経学会, 2009年02月
      • パーキンソン病基礎研究の進歩と展望
        高橋 良輔; Shen Jie; 井上 治久, 共著, Frontiers in Parkinson disease 2(1), 5-14
        2009年01月
      • 京大神経内科における神経筋疾患の遺伝子診断の現状と課題
        川又 純; 井上 治久; 高橋 良輔; 富和 清隆; 沼部 博直; 小杉 眞司, 共著, 臨床神経学 48巻12号
        2008年12月
      • メダカにおけるParkinノックアウトモデルの作製
        小林 芳人; 松井 秀彰; 谷口 善仁; 植村 健吾; 井上 治久; 武田 俊一; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学 48巻12号
        日本神経学会, 2008年12月
      • パーキンソン病メダカモデルの作製
        松井 秀彰; 谷口 善仁; 武田 俊一; 植村 健吾; 小林 芳人; 井上 治久; 高橋 良輔, 共著, 臨床神経学 48巻12号
        日本神経学会, 2008年12月
      • 頭皮上直流電位変動に対する自律訓練法 パーキンソン病の運動準備電位に対する影響
        文室 知之; 松橋 眞生; 三枝 隆博; 井内 盛遠; 松本 理器; 川又 純; 井上 治久; 高橋 良輔; 池田 昭夫, 共著, 臨床神経生理学 36巻5号
        2008年10月
      • 横紋筋融解症を合併したニセクロハツ中毒の1例
        小林勝哉; 近藤孝之; 井上治久; 西山慶; 横山勝教; 瀬川一; 川又純; 高橋良輔, 共著, 臨床神経学 48巻6号
        2008年06月
      • 下肢単麻痺を呈した延髄内側梗塞の1例
        麓直浩; 冨本秀和; 井上治久; 福山秀直; 高橋良輔, 共著, 神経内科 68, 92-94
        2008年01月25日
      • 脳梗塞のearly CT sign
        麓直浩; 冨本秀和; 井上治久; 高橋良輔, 共著, 神経内科 67号, 197-198
        2008年
      • Pael-R transgenic mouse crossed with parkin null mouse displays persistent endoplasmic reticulum stress, reduction in complex I activity and dopaminergic neuronal death
        Takahashi R; Wang HQ; Imai Y; Inoue H; Kataoka A; Iita S; Nukina N, その他, Neuroscience Research 58(1)
        2007年06月
      • How does ephrinB3/EphA4 signaling regulate motor-circuit formation?
        Iwasato T; Katoh H; Nishimaru H; Ishikawa Y; Inoue H; Saito YM; Ando R; Iwama M; Takahashi R; Negishi M; Itohara S, その他, Neuroscience Research 58(1)
        2007年06月
      • 上位頸椎レベルより髄液漏を来たした低髄液圧症候群の一症例
        須田 謙史; 人見 健文; 井上 治久; 冨本 秀和; 高橋 良輔, 共著, 日本頭痛学会誌 33巻2号
        2006年12月
      • caspase-9とALS
        井上治久; 高橋良輔, 共著, 臨床検査 48 , 1577-1580
        2004年11月15日
      • パーキンソン病患者のレビー小体におけるPael-R,ParkinおよびGlupの関与
        村上哲郎; 瓦林毅; 松原悦朗; 永野功; 東海林幹夫; 阿部康二; 今井譲; 井上治久; 高橋良輔, 共著, Progress in Medicine 24(11), 3049-3053
        2004年11月
      • 常染色体劣性若年性パーキンソン病におけるPael recepter, ERストレスについての検討(平成13年度順天堂大学老人性疾患病態・治療研究センター発表会抄録)
        高梨 雅史; 服部 信孝; 森 秀生; 水野 美邦; 今居 譲; 井上 治久; 高橋 良輔, 共著, 順天堂医学 48巻3号
        2002年12月12日
      • ミエロパチーで発症した進行性足多巣性白質脳症 (PML) の1例
        児玉光生; 藤澤道子; 井上治久; 川村和之; 景山卓; 漆谷真; 西中和人; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, 住友病院医学雑誌 22, 84-88
        2002年
      • チフス菌, B. リケッチア感染症, 第II編 炎症性疾患 ( 含感染性疾患 )
        井上治久; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, 領域別症候群シリーズ No.26, 578-581
        日本臨牀社, 大阪, 1999年
      • 4年間,きわめて軽微な症候で経過した脳表ヘモジデリン沈着症
        井上治久; 宇高不可思; 高橋牧郎; 亀山正邦, 共著, 神経内科 47, 521-523
        1997年11月
      • 胸髄髄内原発悪性リンパ腫
        井上治久; 宇高不可思; 迫田寛; 亀山正邦; 天野殖, 共著, 神経内科 47, 513-516
        1997年11月
      • 神経梅毒の1例
        井上治久; 宇高不可思; 林幼偉; 植村健吾; 和泉唯信; 高橋牧郎; 西中和人; 亀山正邦, 共著, 住友病院医学雑誌 24, 39-41
        1997年07月
      • 中脳出血の後,対側上下肢にパーキンソン病様症候を呈した1例
        井上治久; 宇高不可思; 高橋牧郎; 西中和人; 亀山正邦, 共著, 臨床神経学 37, 266-269
        1997年03月01日
      • 下腿の高度な筋萎縮を呈したneurenteric cyst の成人期発症例
        井上治久; 宇高不可思; 西中和人; 亀山正邦; 天野殖, 共著, 臨床神経学 37, 536-539
        1997年03月01日
      • 下腿の高度筋委縮を呈した1例
        井上治久; 宇高不可思; 林幼偉; 和泉唯信; 植村健吾; 藤澤道子; 高橋牧郎; 西中和人; 亀山正邦, 共著, 第72回「大阪神経内科の集い」症例集 4
        1997年02月05日
      • 限局性病変および境界領域梗塞による脳血管性痴呆
        宇高不可思; 井上治久; 亀山正邦, 共著, 老年医学 35, 577-582
        1997年
      • 橋底部梗塞により本態性頸部振戦が消失した1例
        漆谷真; 井上治久; 川村和之; 景山卓; 藤澤道子; 西中和人; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, 脳神経 48, 753-756
        1996年08月01日
      • 左内頸動脈閉塞に伴う血管新生性緑内障の前駆症状として光視症を呈した1例
        漆谷真; 井上治久; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, 臨床神経学 36, 481-484
        1996年03月01日
      • 右上下肢の筋力低下を呈し,手術により改善をみた胸椎硬膜外くも膜嚢腫の1例
        井上治久; 西中和人; 漆谷真; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, 臨床神経学 36, 47-51
        1996年01月01日
      • 腸チフス罹患後に小脳性運動失調が遷延した1例
        井上治久; 西中和人; 漆谷真; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, 臨床神経学 35, 1151-1154
        1995年10月01日
      • 抗癌剤内服中に発症したリステリア髄膜炎の1例
        川村和之; 藤澤道子; 井上治久; 景山卓; 漆谷真; 児玉光生; 西中和人; 宇高不可思; 新藤高士; 亀山正邦, 共著, 住友病院医学雑誌 22, 41-44
        1995年07月
      • 神経診断上重要な一般身体所見
        井上治久; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, CLINICAL NEUROSCIENCE 13,1390-1392
        1995年06月
      • 一側性外転神経麻痺を呈した頸動脈海綿静脈洞瘻
        井上治久; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, 神経内科 43, 262-264
        1995年
      • 頭部外傷によるヘミコレア・ ヘミバリスム の1例
        井上治久; 漆谷真; 宇高不可思; 亀山正邦, 共著, 神経内科 42, 84-86
        1995年
      • 一過性全健忘様の発作を呈した左視床動静脈奇形の1例
        井上治久; 宇高不可思; 川村和之; 景山卓; 漆谷真; 児玉光生; 西中和人; 亀山正邦, 共著, 住友病院医学雑誌 21, 81-86
        1994年07月
      • 人工知能を用いた筋萎縮性側索硬化症の研究
        松島早希; 今村恵子; 井上治久, Medical Science Digest, 48(1)3-5
        北隆館, 2021年12月21日
      • 高齢者の神経変性疾患に対するiPS創薬
        坂野晴彦; 井上治久, 共著, Geriatric Medicine, 59(12)1193-1197
        株式会社ライフ・サイエンス, 2021年12月01日
      • iPS細胞を用いた認知症疾患修飾薬の開発
        共訳, 老年精神医学雑誌,32(11)1191-1200, 奥宮太郎; 坂野晴彦; 井上治久
        2021年11月20日
      • iPS細胞を用いた自閉症と認知症の研究
        柴田圭輔; 今村恵子; 行武洋; 井上治久, 共著, 月間細胞53(11)(671)17-(675)21
        北隆館, 2021年10月20日
      • iPS細胞を用いた創薬 神経変性疾患に対する治療法開発を中心に
        坂野晴彦; 奥宮太郎; 井上治久, 共著, クリーンテクノロジー31(10)47-52
        日本工業出版(株), 2021年10月10日

      受賞

      • 2014年01月06日
        京都大学iPS細胞研究所, CiRA賞
      • 2015年04月16日
        読売テクノ・フォーラム, 第21回読売テクノ・フォーラム ゴールド・メダル賞受賞
      • 2016年02月10日
        公益財団法人 臨床薬理研究振興財団, 第8回臨床薬理研究振興財団研究大賞
      • 2021年01月06日
        京都大学iPS細胞研究所, CiRA賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 点鼻タウワクチンによる脳内免疫応答の解明とナノ粒子のベクター利用
        基盤研究(B)
        小区分51030:病態神経科学関連
        京都大学
        井上 治久
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        タウワクチン;脳内免疫応答;ナノ粒子;シングルセル解析
      • Deep learningによる神経変性画像解析の研究
        挑戦的研究(萌芽)
        超高齢社会研究
        京都大学
        井上 治久
        自 2018年06月29日, 至 2021年03月31日, 完了
        ALS;Deep Learning;超早期病態;診断;データサイエンス;Deep learning;deep learning;神経変性;超高齢社会;アルツハイマー病;iPS細胞
      • 生体内リプログラミングによるALS 神経再生研究
        基盤研究(B)
        小区分51030:病態神経科学関連
        京都大学
        井上 治久
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        ALS;生体内ダイレクトリプログラミング;運動神経細胞;再生医療;ウイルスベクター;ダイレクトリプログラミング;細胞移植;神経再生
      • 紀伊ALS/PDCに対する最新の包括的神経科学研究によるALS治療シーズの創出
        基盤研究(B)
        和歌山県立医科大学
        伊東 秀文
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        筋萎縮性側索硬化症;パーキンソン認知症複合;紀伊半島;タウタンパク;TDP-43;ポリユビキチン;神経科学;ポリユビキチン鎖;タンパク分解系;神経炎症;神経病理;遺伝子解析
      • イヌiPS細胞の樹立と疾患モデルイヌ研究への応用
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        戸口田 淳也
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        iPS細胞;イヌ;疾患モデル
      • 人工多能性幹細胞作製技術を応用した神経変性疾患細胞機能・回路異常病理の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        井上 治久
        自 2010年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        脳神経疾患;脳・神経;神経科学
      • 患者由来誘導多能性幹細胞を用いた家族性筋萎縮性側索硬化症治療法の開発
        基盤研究(C)
        京都大学
        井上 治久
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        神経内科学;神経科学;幹細胞
      • 神経変性疾患におけるユビキチンプロテアソーム系の関与の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        高橋 良輔
        自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        ALS;運動ニューロン;プロテアソーム;Rpt3;コンディショナルノックアウト;神経変性疾患;モデル動物;パーキンソン病;筋萎縮性側索硬化症;RP t 3;26Sプロテアソーム;コンディショナルノックアウトマウス;VAChT-Cre;アルツハイマー病;タンパク分解;Cre-lox system
      • パエル受容体のドーパミンニューロンの機能維持と変性における役割の解明
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        高橋 良輔
        自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日, 完了
        パーンソン病;Parkin;小胞体ストレス;ATF6α;遺伝子ノックアウトマウス;MEF;アデノウイルス;パーキンソン病;AR-JP;PARK 2;ユビキチンリガーゼ;Pael-R;ノルアドレナリン;NET
      • 家族性パーキンソン病の病因遺伝子ネットワークの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        高橋 良輔
        自 2006年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        PINK1;Parkin;Omi;HtrA2;Lewy小体;Hsp90;cdc37;PACRG;Glup;小胞体ストレス;α-シヌクレイン;トランスジェニックマウス;BAC;行動解析;メダカ;ENU;PARK4;PARK6, PINK1;Parkin;Omi;HtrA2;Lewy body;Hsp90;cdc37;Glup;PARCG;ER stress
      • 抗アポトーシス分子を用いた筋萎縮性側索硬化症の治療法に関する研究
        若手研究(B)
        独立行政法人理化学研究所
        井上 治久
        自 2003年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        ALS;apoptosis;Caspase-9;XIAP;p35;SOD1
      • 抗アポトーシス分子を用いた筋萎縮性側索硬化症の治療法に関する研究
        若手研究(B)
        特殊法人理化学研究所
        井上 治久
        自 2001年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        ALS;SOD1マウス;アポトーシス;XIAP;治療;カスパーゼ;アポトーシス阻害タンパク;コリンアセチルトランスフェレースプロモーター;ALSモデルマウス;神経細胞死

      外部資金:その他

      • 難治性疾患政策研究事業 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        分担
      • 患者レジストリを活用した筋萎縮性側索硬化症治療薬開発のための第2相医師主導治験
        臨床研究・治験推進研究事業
        自 2021年, 至 2024年
      • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する遺伝子治療法の開発, 難治性疾患実用化研究事業
        自 2020年, 至 2023年
      • 高品質な分化細胞・組織を用いた神経系および視覚系難病のin vitroモデル化と治療法の開発
        再生医療実現拠点ネットワークプログラム「疾患特異的iPS 細胞を活用した難病研究」
        自 2012年, 至 2015年
        代表
      • ドラックリポジショニングによるALS治療薬開発のための薬物動態評価
        平成30年度 再生医療実用化研究事業(二次公募)
        自 2018年, 至 2019年
        代表
      • 患者レジストリを活用した筋萎縮性側索硬化症治療薬開発のための医師主導治験
        平成30年度 臨床研究・治験推進研究事業(一次公募)
        自 2018年, 至 2020年
        代表
      • 初期化メカニズムの解明、安全性の確立
        平成30年度再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療用iPS 細胞ストック開発拠点
        自 2018年, 至 2019年
        分担
      • 「人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製・制御等の医療基盤技術」研究領域 iPS細胞を駆使した神経変性疾患病因機構の解明と個別化予防医療開発
        科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 CREST
        自 2009年, 至 2015年
        代表
      • タウオパチー型認知症の治療とモニタリング技術の開発
        分子イメージング研究プログラム 独立行政法人 科学技術振興機構
        自 2007年, 至 2009年
        代表
      • iPS細胞を利用した創薬研究支援事業
        医療施設運営費等補助金(臨床研究拠点等整備事業)
        自 2012年, 至 2012年
        代表
      • パーキンソン病および類縁疾患患者iPS細胞を用いた病態解明
        厚生労働省厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
        自 2009年, 至 2009年
        分担
      • 難治性疾患創薬シーズの探索と薬剤安全性評価法の開発
        厚生労働省科学研究費補助金(難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業)
        自 2013年, 至 2018年
        代表
      • 疾患特異的iPS細胞を用いた難治性疾患の画期的診断・治療法に関する研究
        厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
        自 2009年, 至 2011年
        分担
      • ジストニアの分子病態解明と新規治療法開発
        平成26年度厚生労働科学研究委託費(難治性疾患等実用化研究事業)
        自 2014年, 至 2014年
        分担
      • 筋萎縮性側索硬化症モデルマウスにおけるボスチニブ有効血中濃度の同定
        平成29年度第二期GAPファンドプログラム
        自 2017年, 至 2018年
        代表
      • タウタンパク質を標的とした認知症治療薬の開発
        平成30年度京都大学「橋渡し研究戦略的推進プログラム」シーズA
        自 2018年, 至 2019年
        代表
      • 京都大学iPS細胞研究統合推進拠点 ヒトiPS細胞を用いた神経再生医療実現化のための技術開発
        文部科学省 再生医療の実現化プロジェクト
        自 2010年, 至 2012年
        分担
      • 精神・神経疾患のiPS細胞を用いた診断・治療法の開発に関する戦略的研究
        精神・神経疾患研究開発費研究事業
        自 2012年, 至 2014年
        分担
      list
        Last Updated :2022/09/12

        教育

        博士学位審査

        • Perampanel Inhibits α-Synuclein Transmission in Parkinson’s Disease Models (ペランパネルはパーキンソン病モデルにおけるα-シヌクレイン伝播を抑制する)
          上田 潤, 医学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • A Biomarker for Benign Adult Familial Myoclonus Epilepsy: High-Frequency Activities in Giant Somatosensory Evoked Potentials (良性成人型家族性ミオクローヌスてんかんの臨床診断バイオマーカー:巨大体性感覚誘発電位にみられる高周波律動)
          戸島 麻耶, 医学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Establishment of a heart‐on‐a‐chip microdevice based on human iPS cells for the evaluation of human heart tissue function (ヒト心臓組織機能評価のためのヒトiPS細胞に基づくハートオンチップ型マイクロデバイスの開発)
          Abulaiti Mosha, 医学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • The stimulator of interferon genes (STING) pathway is upregulated in striatal astrocytes of patients with multiple system atrophy (インターフェロン遺伝子刺激因子(STING)経路が多系統萎縮症患者の線条体アストロサイト内でアップレギュレートされている)
          井上 穣, 医学研究科, 主査
          2022年03月23日
        list
          Last Updated :2022/09/12

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年05月26日, 至 2024年03月31日
            創薬技術開発室運営委員会
          • 自 2022年04月01日
            自己点検・評価委員会
          • 自 2022年04月01日
            京都大学医生物学研究所医の倫理委員会、委員
          • 自 2022年04月01日
            基盤技術研究部門、部門長
          • 自 2010年04月01日
            組換えDNA実験安全委員会1号委員、委員長
          • 自 2012年04月01日
            安全衛生委員会1号委員、衛生管理者
          • 自 2015年04月01日, 至 2022年03月31日
            発明委員会1号委員
          list
            Last Updated :2022/09/12

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2017年, 至 現在
              審査員長, 一般社団法人せりか基金
            • 自 2022年04月, 至 現在
              運営協議会委員, 長崎大学高度感染症研究センター
            • 自 2021年06月, 至 現在
              日本認知症予防学会理事, 日本認知症予防学会
            • 自 2021年06月, 至 現在
              日本老年医学会代議員, 日本老年医学会
            • 自 2017年09月, 至 現在
              日本神経学会代議員, 日本神経学会
            • 自 2015年12月, 至 現在
              日本認知症学会代議員(評議員から呼称変更), 日本認知症学会

            ページ上部へ戻る