教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

木下 政人

キノシタ マサト

農学研究科 応用生物科学専攻海洋生物生産学講座 准教授

木下 政人
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本分子生物学会
    • 日本生化学会
    • 日本水産学会

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 農学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程水産学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院農学研究科博士後期課程水産学専攻, 修了

    経歴

    • 自 1994年, 至 2002年
      京大 農 助手
    • 自 1994年, 至 2002年
      Lecturer in Kyoto University

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ゲノム編集技術の水産業への応用。 メダカを用いた遺伝子導入メカニズムの解明とヒト疾患モデルメダカをはじめとしたモデル生物の作出。
      • 研究概要

        ゲノム編集技術や遺伝子導入技術などを駆使して、水生生物の遺伝子機能を解明するとともに、得られた知見を利用し水産業に貢献する水生生物を作製する。まずは、モデル生物であるメダカで基礎研究を行い、マダイやトラフグをはじめとする養殖魚に応用する。これまでに筋肉量が増大したマダイや高成長トラフグの作製に成功している。また、人疾患モデルメダカの作製にもチャレンジしており、アルツハイマー症候群やパーキンソン病の原因遺伝子をメダカで改変し、疾患モデルとしての有効性を検証している。

      研究キーワード

      • 環境評価
      • 遺伝子導入
      • メダカ
      • 発生工学
      • Transgenic
      • Medaka
      • Developmental Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 発生生物学
      • 環境・農学, 環境政策、環境配慮型社会
      • 環境・農学, 環境影響評価

      論文

      • Impact of Gba2 on neuronopathic Gaucher’s disease and α-synuclein accumulation in medaka (Oryzias latipes)
        Etsuro Nakanishi; Norihito Uemura; Hisako Akiyama; Masato Kinoshita; Sawamura Masanori; Yosuke Taruno; Hodaka Yamakado; Shu-ichi Matsuzawa; Shunichi Takeda; Yoshio Hirabayashi; Ryosuke Takahashi
        Molecular Brain, 2021年12月
      • Growth performance and edible ratio of myostatin-knockout young red sea bream Pagurus major prduced by genome editing with CRISPR/Cas9
        Washio Y; Ohama M; Kishimoto K; Kinoshita M; Kato K
        2021年, 査読有り
      • Growth performance of myostatin knockout red sea bream Pagrus major juveniles produced by genome editing with CRISPR/Cas9
        Mitsuki Ohama; Youhei Washio; Kenta Kishimoto; Masato Kinoshita; Keitaro Kato
        Aquaculture, 2020年12月15日, 査読有り
      • Interleukin-17 Receptor A1 Gene Knockout Causes Weight Loss and Reduction of Intestinal Metabolism-Related Genes in The Japanese Medaka, Oryzias Latipes
        Yo Okamura; Hiroshi Miyanishi; Masato Kinoshita; Tomoya Kono; Masahiro Sakai; Jun-ichi Hikima
        2020年12月07日
      • CRISPR/Cas9 nickase‐mediated efficient and seamless knock‐in of lethal genes in the medaka fish Oryzias latipes
        Yu Murakami; Ryota Futamata; Tomohisa Horibe; Kazumitsu Ueda; Masato Kinoshita
        Development, Growth & Differentiation, 2020年12月, 査読有り, 責任著者
      • Detoxification roles of tributyltin-binding protein type 2 in Japanese medaka (Oryzias latipes) exposed to tributyltin
        Xuchun Qiu; Takumi Takamura; Shintaro Enoki; Yoko Kato-Unoki; Yuki Takai; Yosuke Nagano; Masato Kinoshita; Takeshi Kitano; Yohei Shimasaki; Yuji Oshima
        Marine Pollution Bulletin, 2020年10月, 査読有り
      • Induction of germ cell-deficiency in grass puffer by dead end 1 gene knockdown for use as a recipient in surrogate production of tiger puffer
        Hiroyuki Yoshikawa; Yasuko Ino; Kenta Kishimoto; Hayato Koyakumaru; Taiju Saito; Masato Kinoshita; Yasutoshi Yoshiura
        Aquaculture, 2020年09月, 査読有り
      • Establishment of a Japanese medaka (Oryzias latipes) transgenic line expressing Takifugu rubripes pufferfish saxitoxin and tetrodotoxin binding protein 1, and evaluation of tributyltin toxicity via in ovo nanoinjection.
        Yuki Takai; Naohiro Mizoguchi; Masato Kinoshita; Xuchun Qiu; Yohei Shimasaki; Yuji Oshima
        Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP, 2020年08月
      • Correlation between cytochrome P450 1A (cyp1a) mRNA expression and ambient phenanthrene and pyrene concentration in Javanese Medaka Oryzias javanicus
        Suhaila Rusni; Mieko Sassa; Yusuke Takehana; Masato Kinoshita; Koji Inoue
        Fisheries Science, 2020年07月, 査読有り
      • Gene disruption of medaka (Oryzias latipes) orthologue for mammalian tissue-type transglutaminase (TG2) causes movement retardation.
        Yuko Watanabe; Kazuho Okuya; Yuki Takada; Masato Kinoshita; Saori Yokoi; Shinichi Chisada; Yasuhiro Kamei; Hideki Tatsukawa; Naoyuki Yamamoto; Hideki Abe; Hisashi Hashimoto; Kiyotaka Hitomi
        Journal of biochemistry, 2020年04月06日, 査読有り
      • Production of a tributyltin-binding protein 2 knockout mutant strain of Japanese medaka, Oryzias latipes
        Yoko Kato-Unoki; Yuki Takai; Yosuke Nagano; Satoshi Matsunaga; Shintaro Enoki; Takumi Takamura; Sangwan Kim; Masato Kinoshita; Takeshi Kitano; Yohei Shimasaki; Yuji Oshima
        bioRxiv, 2020年04月
      • Sexually dimorphic role of oxytocin in medaka mate choice.
        Saori Yokoi; Kiyoshi Naruse; Yasuhiro Kamei; Satoshi Ansai; Masato Kinoshita; Mari Mito; Shintaro Iwasaki; Shuntaro Inoue; Teruhiro Okuyama; Shinichi Nakagawa; Larry J Young; Hideaki Takeuchi
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2020年02月18日, 査読有り
      • A method for red sea bream Pagrus major gamete inactivation in terrestrial tank drains.
        Washio Y; Ohama M; Suzuki H; Kanatsu R; Kim D; Kinoshita M; Kato K
        Aquaculture Sci, 2020年, 査読有り
      • The paralogous gene of myostatin deficiency does not improve the growth of Red seabream (Pagrus major): Mstnb-KO seabream shows no muscular phenotype
        Ohama M; Kishimoto K; Kinoshita M; Kato K; Washio Y
        BjoMSA, 2020年, 査読有り
      • Involvement of Rev1 in alkylating agent‐induced loss of heterozygosity in Oryzias latipes
        Fujikawa Y; Ishikawa‐Fujiwara T; Kuo T; Shinkai N; Shogi T; Kawasaki T; Kamei Y; Sakuraba Y; Sato A; Kinoshita M; Gondo Y; Yuba S; Tsujimura T; Sese J; Todo T
        Gene Cell, 2020年01月, 査読有り
      • Neuropeptide B mediates female sexual receptivity in medaka fish, acting in a female-specific but reversible manner
        Towako Hiraki-Kajiyama; Junpei Yamashita; Keiko Yokoyama; Yukiko Kikuchi; Mikoto Nakajo; Daichi Miyazoe; Yuji Nishiike; Kaito Ishikawa; Kohei Hosono; Yukika Kawabata-Sakata; Satoshi Ansai; Masato Kinoshita; Yoshitaka Nagahama; Kataaki Okubo
        eLife, 2019年08月, 査読有り
      • 神経型ゴーシェ病/GBA関連パーキンソン病の中枢神経病態におけるGBA2の役割
        中西 悦郎; 上村 紀仁; 秋山 央子; 木下 政人; 山門 穂高; 武田 俊一; 平林 義雄; 高橋 良輔
        パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 2019年07月, 査読有り
      • Development of an efficient bioreactor system for delivering foreign proteins secreted from liver into eggs with a vitellogenin signal in medaka Oryzias latipes.
        村上悠; 堀部智久; 木下政人
        Fisheries Science, 2019年05月, 査読有り
      • Analysis of the role of the mc4r system in development, growth, and puberty of medaka. Frontiers in Endocrinology.
        木下 政人
        Frontiers in Endocrinology, 2019年04月, 査読有り
      • An effective microinjection method for genome editing of marine aquaculture fish: tiger pufferfish Takifugu rubripes and red sea bream Pagrus major
        Kishimoto, Kenta; Washio, Youhei; Murakami, Yu; Katayama, Takashi; Kuroyanagi, Miwa; Kato, Keitaro; Yoshiura, Yasutoshi; Kinoshita, Masato
        FISHERIES SCIENCE, 2019年01月, 査読有り
      • Genome editing of pufferfish saxitoxin- and tetrodotoxin-binding protein type 2 in Takifugu rubripes.
        Kato-Unoki y; Takai Y; Kinoshita M; Mochizuki T; Tatsuno R; Shimasaki Y; Oshima Y
        Toxic, 2018年10月, 査読有り
      • Production of a breed of red sea bream Pagrus major with an increase of skeletal muscle mass and reduced body length by genome editing with CRISPR/Cas9
        Kishimoto, Kenta; Washio, Youhei; Yoshiura, Yasutoshi; Toyoda, Atsushi; Ueno, Tomohiro; Fukuyama, Hidenao; Kato, Keitaro; Kinoshita, Masato
        AQUACULTURE, 2018年10月, 査読有り
      • A collection of transgenic medaka strains for efficient site-directed transgenesis mediated by phiC31 integrase.
        Ishikawa T; Ansai S; Kinsohita M; Mori K
        G3, 2018年08月, 査読有り
      • 養殖魚におけるTILLING法を用いた品種改良技術の確立
        Miwa KUROYANAGI; Masato KINOSHITA; Yasutoshi YOSHIURA
        KAGAKU TO SEIBUTSU, 2018年07月20日
      • GBA2は神経型ゴーシェ病/GBA関連パーキンソン病の新たな修飾因子となりうるか
        中西 悦郎; 上村 紀仁; 秋山 央子; 木下 政人; 山門 穂高; 武田 俊一; 平林 義雄; 高橋 良輔
        パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 2018年07月, 査読有り
      • Medaka-microinjection with an Upright Microscope
        Yu Murakami; Masato Kinoshita
        BIO-PROTOCOL, 2018年
      • Genotyping-free selection of double allelic gene edited medaka using two different fluorescent proteins.
        Yu Murakami; Satoshi Ansai; Akari Yonemura; Masato Kinoshita
        Bio-protocol,, 2017年12月, 査読有り
      • Deficiency of Serotonin in Raphe Neurons and Altered Behavioral Responses in Tryptophan Hydroxylase 2-Knockout Medaka (Oryzias latipes)
        Satoshi Ansai; Hiroshi Hosokawa; Shingo Maegawa; Kiyoshi Naruse; Youhei Washio; Kenji Sato; Masato Kinoshita
        ZEBRAFISH, 2017年12月, 査読有り
      • 水産育種へのゲノム編集技術の応用と課題
        岸本謙太; 鷲尾洋平; 豊田 敦; 吉浦康寿; 家戸敬太郎; 木下政人
        DNA鑑定, 2017年11月, 査読有り
      • The sp7 gene is required for maturation of osteoblast-lineage cells in medaka (Oryzias latipes) vertebral column development
        Yuki Azetsu; Keiji Inohaya; Yoshiro Takano; Masato Kinoshita; Mai Tasaki; Akira Kudo
        DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • 水産育種へのゲノム編集技術の応用と課題
        岸本謙太; 家戸敬太郎; 木下政人
        水産育種, 2017年10月, 査読有り
      • Loss of zinc finger MYND-type containing 10 (zmynd10) affects cilia integrity and axonemal localization of dynein arms, resulting in ciliary dysmotility, polycystic kidney and scoliosis in medaka (Oryzias latipes)
        Daisuke Kobayashi; Anshin Asano-Hoshino; Takashi Nakakura; Toshiyuki Nishimaki; Satoshi Ansai; Masato Kinoshita; Motoyuki Ogawa; Haruo Hagiwara; Takahiko Yokoyama
        DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2017年10月, 査読有り
      • Using CRISPR/Cas9-mediated gene editing to further explore growth and trade-off effects in myostatin-mutated F4 medaka (Oryzias latipes)
        Ying-Chun Yeh; Masato Kinoshita; Tze Hann Ng; Yu-Hsuan Chang; Shun Maekawa; Yi-An Chiang; Takashi Aoki; Han-Ching Wang
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年09月, 査読有り
      • Biochemical characterization of a medaka (Oryzias latipes) orthologue for mammalian Factor XIII and establishment of a gene-edited mutant.
        Rima Horimizu; Ryota Ogawa; Yuko Watanabe; Hideki Tatsukawa; Masato Kinoshita; Hisashi Hashimoto; Kiyotaka Hitomi
        The FEBS journal, 2017年09月, 査読有り
      • Genome editing of medaka
        Satoshi Ansai; Masato Kinoshita
        Methods in Molecular Biology, 2017年, 査読有り
      • An efficient system for homology-dependent targeted gene integration in medaka (Oryzias latipes)
        Yu Murakami; Satoshi Ansai; Akari Yonemura; Masato Kinoshita
        Zoological Letters, 2017年, 査読有り
      • メダカにおいてバソトシン系は配偶者防衛行動を制御する(Vasotocin system regulates mate-guarding behavior in medaka fish)
        Yokoi Saori; Okuyama Teruhiro; Ansai Satoshi; Kamei Yasuhiro; Taniguchi Yoshihito; Kinoshita Masato; Young Larry J.; Takemori Nobuaki; Kubo Takeo; Naruse Kiyoshi; Takeuchi Hideaki
        比較生理生化学, 2016年12月
      • Generation of a transgenic medaka (Oryzias latipes) strain for visualization of nuclear dynamics in early developmental stages
        Takanobu Inoue; Atsuo Iida; Shingo Maegawa; Atsuko Sehara-Fujisawa; Masato Kinoshita
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2016年12月, 査読有り
      • In vivo recombination efficiency of two site-specific recombination systems, VCre/VloxP and SCre/SloxP, in medaka (Oryzias latipes)
        Kenta Kishimoto; Manabu Nakayama; Masato Kinoshita
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2016年08月, 査読有り
      • Utilization of the CRISPR/Cas9 system for the efficient production of mutant mice using crRNA/tracrRNA with Cas9 nickase and Fokl-dCas9
        Miho Terao; Moe Tamano; Satoshi Hara; Tomoko Kato; Masato Kinoshita; Shuji Takada
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 2016年07月, 査読有り
      • Establishment of oct4:egfp transgenic and oct4:egfp/beta-actin:DsRed double transgenic medaka lines
        Shinpei Yokota; Rinta Matsuno; Hiroyuki Kato; Hisashi Hashimoto; Masato Kinoshita; Hayato Yokoi; Tohru Suzuki
        IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 2016年06月, 査読有り
      • Two UV-Sensitive Photoreceptor Proteins, Opn5m and Opn5m2 in Ray-Finned Fish with Distinct Molecular Properties and Broad Distribution in the Retina and Brain
        Keita Sato; Takahiro Yamashita; Yoshihiro Haruki; Hideyo Ohuchi; Masato Kinoshita; Yoshinori Shichida
        PLOS ONE, 2016年05月, 査読有り
      • Chronic fluoxetine treatment induces anxiolytic responses and altered social behaviors in medaka, Oryzias latipes
        Satoshi Ansai; Hiroshi Hosokawa; Shingo Maegawa; Masato Kinoshita
        BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 2016年04月, 査読有り
      • ADAM12-deficient zebrafish exhibit retardation in body growth at the juvenile stage without developmental defects
        Tokumasu Y†; Iida A†; Wang Z; Ansai S; Kinoshita M; Sehara-Fujisawa A
        Development, Growth & Differentiation, 2016年, 査読有り
      • Mate-guarding behavior enhances male reproductive success via familiarization with mating partners in medaka fish.
        Saori Yokoi; Satoshi Ansai; Masato Kinoshita; Kiyoshi Naruse; Yasuhiro Kamei; Larry J Young; Teruhiro Okuyama; Hideaki Takeuchi
        Frontiers in zoology, 2016年, 査読有り
      • TALENs-mediated gene disruption of myostatin produces a larger phenotype of medaka with an apparently compromised immune system
        Chiang, Yi-An; Kinoshita, Masato; Maekawa, Shun; Kulkarni, Amod; Lo, Chu-Fang; Yoshiura, Yasutoshi; Wang, Han-Ching; Aoki, Takashi
        FISH & SHELLFISH IMMUNOLOGY, 2016年01月, 査読有り
      • Establishment of proprotein convertase, furinA knocked-out lines in medaka, Oryzias latipes, and unique form of medaka furin-like prorprotein convertase (mflPC)
        Kenji Murata; Masato Kinoshita
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY C-TOXICOLOGY & PHARMACOLOGY, 2015年12月, 査読有り
      • 神経型ゴーシェ病モデルメダカの病態におけるGBA2の役割
        中西 悦郎; 上村 紀仁; 秋山 央子; 木下 政人; 山門 穂高; 武田 俊一; 平林 義雄; 高橋 良輔
        パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 2015年10月, 査読有り
      • Genetic similarity of the Hainan medaka populations collected from hyper- and hypo-osmotic environments in northern Vietnam
        Hayakawa Hideki; Quang Dung Le; Kinoshita Masato; Takehana Yusuke; Sakuma Kei; Takeshima Hirohiko; Kojima Shigeaki; Naruse Kiyoshi; Inoue Koji
        OCEAN SCIENCE JOURNAL, 2015年06月, 査読有り
      • Viable neuronopathic Gaucher disease model in Medaka (Oryzias latipes) displays axonal accumulation of alpha-synuclein.
        Uemura N; Koike M; Ansai S; Kinoshita M; Ishikawa-Fujiwara T; Matsui H; Naruse K; Sakamoto N; Uchiyama Y; Todo T; Takeda S; Yamakado H; Takahashi R
        PLoS genetics, 2015年04月, 査読有り
      • An Essential Role of the Arginine Vasotocin System in Mate-Guarding Behaviors in Triadic Relationships of Medaka Fish (Oryzias latipes)
        Saori Yokoi; Teruhiro Okuyama; Yasuhiro Kamei; Kiyoshi Naruse; Yoshihito Taniguchi; Satoshi Ansai; Masato Kinoshita; Larry J. Young; Nobuaki Takemori; Takeo Kubo; Hideaki Takeuchi
        PLOS GENETICS, 2015年02月, 査読有り
      • An essential role of the arginine vasotocin system in mate-guarding behaviors in triadic relationships of medaka fish (Oryzias latipes).
        Saori Yokoi; Teruhiro Okuyama; Yasuhiro Kamei; Kiyoshi Naruse; Yoshihito Taniguchi; Satoshi Ansai; Masato Kinoshita; Larry J Young; Nobuaki Takemori; Takeo Kubo; Hideaki Takeuchi
        PLoS genetics, 2015年, 査読有り
      • Neuronopathic Gaucher's disease model of medaka displayed axonal accumulation of alpha-synuclein
        Uemura Norihito; Takahashi Ryosuke; Koike Masato; Kinoshita Masato; Fujiwara-Ishikawa Tomoko; Matsui Hideaki; Yamakado Hodaka; Uchiyama Yasuo; Todo Takeshi; Takeda Shun-ichi
        MOVEMENT DISORDERS, 2014年11月, 査読有り
      • Leucophores are similar to xanthophores in their specification and differentiation processes in medaka.
        Kimura T; Nagao Y; Hashimoto H; Yamamoto-Shiraishi Y; Yamamoto S; Yabe T; Takada S; Kinoshita M; Kuroiwa A; Naruse K
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2014年05月, 査読有り
      • Targeted mutagenesis using CRISPR/Cas system in medaka
        Satoshi Ansai; Masato Kinoshita
        Biology Open, 2014年04月, 査読有り
      • Design, evaluation, and screening methods for efficient targeted mutagenesis with transcription activator-like effector nucleases in medaka
        Ansai, Satoshi; Inohaya, Keiji; Yoshiura, Yasutoshi; Schartl, Manfred; Uemura, Norihito; Takahashi, Ryosuke; Kinoshita, Masato
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2014年01月, 査読有り
      • Genetic composition of loggerhead turtle feeding aggregations: migration patterns in the North Pacific.
        Hideaki Nishizawa; Tomoko Narazaki; Takuya Fukuoka; Katsufumi Sato; Tomoko Hamabata; Masato Kinoshita; Nobuaki Arai
        Endangered Species Research, 2014年, 査読有り
      • Juvenile green turtles on the northern edge of their range: mtDNA evidence of long-distance westward dispersals in the northern Pacific Ocean
        Hideaki Nishizawa; Tomoko Narazaki; Takuya Fukuoka; Katsufumi Sato; Tomoko Hamabata; Masato Kinoshita; Nobuaki Arai
        ENDANGERED SPECIES RESEARCH, 2014年, 査読有り
      • Molecular identification and expression of FOXL2 and DMRT1 genes from willow minnow Gnathopogon caerulescens
        Hiroshi Ashida; Naoki Ueyama; Masato Kinoshita; Toru Kobayashi
        REPRODUCTIVE BIOLOGY, 2013年12月, 査読有り
      • A Protocol for Adult Somatic Cell Nuclear Transfer in Medaka Fish (Oryzias latipes) with a High Rate of Viable Clone Formation
        Ekaterina Bubenshchikova; Elena Kaftanovskaya; Tomoko Adachi; Hisashi Hashimoto; Masato Kinoshita; Yuko Wakamatsu
        CELLULAR REPROGRAMMING, 2013年12月, 査読有り
      • Modular development of the teleost trunk along the dorsoventral axis and zic1/zic4 as selector genes in the dorsal module
        Toru Kawanishi; Takuya Kaneko; Yuuta Moriyama; Masato Kinoshita; Hayato Yokoi; Tohru Suzuki; Atsuko Shimada; Hiroyuki Takeda
        DEVELOPMENT, 2013年04月, 査読有り
      • Trunk exoskeleton in teleosts is mesodermal in origin
        Atsuko Shimada; Toru Kawanishi; Takuya Kaneko; Hiroki Yoshihara; Tohru Yano; Keiji Inohaya; Masato Kinoshita; Yasuhiro Kamei; Koji Tamura; Hiroyuki Takeda
        NATURE COMMUNICATIONS, 2013年03月, 査読有り
      • Controlled Cre/loxP site-specific recombination in the developing brain in medaka fish, Oryzias latipes.
        Teruhiro Okuyama; Yasuko Isoe; Masahito Hoki; Yuji Suehiro; Genki Yamagishi; Kiyoshi Naruse; Masato Kinoshita; Yasuhiro Kamei; Atushi Shimizu; Takeo Kubo; Hideaki Takeuchi
        PloS one, 2013年, 査読有り
      • Efficient targeted mutagenesis in medaka using custom-designed transcription activator-like effector nucleases
        Satoshi Ansai; Tetsushi Sakuma; Takashi Yamamoto; Hiroyoshi Ariga; Norihito Uemura; Ryosuke Takahashi; Masato Kinoshita
        Genetics, 2013年, 査読有り
      • A heat-inducible CRE/LOXP gene induction system in medaka
        Kayo Kobayashi; Yasuhiro Kamei; Masato Kinoshita; Thomas Czerny; Minoru Tanaka
        Genesis, 2013年01月, 査読有り
      • Colored medaka and zebrafish: Transgenics with ubiquitous and strong transgene expression driven by the medaka ss-actin promoter
        Nozomi Yoshinari; Kazunori Ando; Akira Kudo; Masato Kinoshita; Atsushi Kawakami
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2012年12月, 査読有り
      • Transgenic medaka fish which mimic the endogenous expression of neuronal kinesin, KIF5A
        Takashi Kawasaki; Kanta Kurauchi; Akira Higashihata; Tomonori Deguchi; Yuji Ishikawa; Masatake Yamauchi; Motoe Sasanuma; Hiroshi Hori; Makiko Tsutsumi; Yuko Wakamatsu; Shunsuke Yuba; Masato Kinoshita
        BRAIN RESEARCH, 2012年10月, 査読有り
      • Targeted disruption of exogenous EGFP gene in medaka using zinc-finger nucleases
        Satoshi Ansai; Hiroshi Ochiai; Yuta Kanie; Yasuhiro Kamei; Yuki Gou; Takeshi Kitano; Takashi Yamamoto; Masato Kinoshita
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2012年06月, 査読有り
      • Occurrence of two closely related ricefishes, Javanese medaka (Oryzias javanicus) and Indian medaka (O. dancena) at sites with different salinity in Peninsular Malaysia
        Shahrizad Yusof; Ahmad Ismail; Tomoko Koito; Masato Kinoshita; Koji Inoue
        ENVIRONMENTAL BIOLOGY OF FISHES, 2012年01月, 査読有り
      • Uptake, excretion and toxicity of nano-sized latex particles on medaka (Oryzias latipes) embryos and larvae
        Masahiko Manabe; Norihisa Tatarazako; Masato Kinoshita
        AQUATIC TOXICOLOGY, 2011年10月, 査読有り
      • Evaluation of the effects of ethinylestradiol on sexual differentiation in the olvas-GFP/STII-YI medaka (transgenic Oryzias latipes) strain as estimated by proliferative activity of germ cells
        Takeshi Hano; Yuji Oshima; Masato Kinoshita; Minoru Tanaka; Noriko Mishima; Yuko Wakamatsu; Kenjiro Ozato; Yohei Shimasaki; Tsuneo Honjo
        AQUATIC TOXICOLOGY, 2011年08月, 査読有り
      • Population structure of the loggerhead turtle Caretta caretta, a large marine carnivore that exhibits alternative foraging behaviors
        Kunihiro K. Watanabe; Hideo Hatase; Masato Kinoshita; Kazuyoshi Omuta; Takeharu Bando; Naoki Kamezaki; Katsufumi Sato; Yoshimasa Matsuzawa; Kiyoshi Goto; Yoshito Nakashima; Hiroshi Takeshita; Jun Aoyama; Katsumi Tsukamoto
        MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES, 2011年, 査読有り
      • An attempt to detect contamination with estrogenic compounds in river water of urban area in Thailand and Malaysia using transgenic medaka
        KINOSHITA Masato; ZAKARIA Mohamad Pauzi; ISMAIL Ahmad; YUSOF Shahrizad; BOONPHAKDEE Chuta; BOONPHAKDEE Thanomsak; INOUE Koji
        Coast Mar Sci, 2010年08月20日, 査読有り
      • Transient and permanent gene transfer into the brain of the teleost fish medaka (Oryzias latipes) using human adenovirus and the Cre-loxP system.
        Yuji Suehiro; Masato Kinoshita; Teruhiro Okuyama; Atsuko Shimada; Kiyoshi Naruse; Hiroyuki Takeda; Takeo Kubo; Mitsuhiro Hashimoto; Hideaki Takeuchi
        FEBS letters, 2010年08月20日, 査読有り
      • Overexpression of the dominant-negative form of myostatin results in doubling of muscle-fiber number in transgenic medaka (Oryzias latipes)
        Etsuko Sawatari; Ryoko Seki; Tomoko Adachi; Hisashi Hashimoto; Susumu Uji; Yuko Wakamatsu; Takahiro Nakata; Masato Kinoshita
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY A-MOLECULAR & INTEGRATIVE PHYSIOLOGY, 2010年02月, 査読有り
      • In ovo nanoinjection of nonylphenol affects embryonic development of a transgenic see-through medaka (Oryzias latipes), olvas-GFP/STII-YI strain
        Takeshi Hano; Yuji Oshima; Masato Kinoshita; Minoru Tanaka; Yuko Wakamatsu; Kenjiro Ozato; Mohamed Nassef; Yohei Shimasaki; Tsuneo Honjo
        CHEMOSPHERE, 2009年12月, 査読有り
      • Dual control by a single gene of secondary sexual characters and mating preferences in medaka
        Shoji Fukamachi; Masato Kinoshita; Kouichi Aizawa; Shoji Oda; Axel Meyer; Hiroshi Mitani
        BMC BIOLOGY, 2009年09月, 査読有り
      • Effects of constitutive expression of somatolactin alpha on skin pigmentation in medaka
        Shoji Fukamachi; Takashi Yada; Axel Meyer; Masato Kinoshita
        GENE, 2009年08月, 査読有り
      • Essential role of beta1,4-galactosyltransferase 2 during medaka �����(Oryzias latipes) gastrulation.
        Tonoyama Y; Anzai D; Ikeda A; Kakuda S; Kinoshita M; Kawasaki T; Oka S
        Mechanisms of Development, 126, 580-594 (2009), 2009年07月, 査読有り
      • Expression of the congenital heart disease 5/tryptophan rich basic protein homologue gene during heart development in Medaka fish, Oryzias latipes
        Kenji Murata; Sean Degmetich; Masato Kinoshita; Eriko Shimada
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2009年02月, 査読有り
      • Transgenic Medaka Enables Easy Oocytes Detection in Live Fish
        Masato Kinoshita; Gensei Okamoto; Takashi Hirata; Ai Shinomiya; Tohru Kobayashi; Yuko Kubo; Hiroshi Hori; Akira Kanamori
        MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2009年02月, 査読有り
      • Expression of cardiac myosin light chain 2 during embryonic heart development in medaka fish, Oryzias latipes, and phylogenetic relationship with other myosin light chains
        Eriko Shimada; Masato Kinoshita; Kenji Murata
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2009年01月, 査読有り
      • Medaka: biology, management, and experimental protocols
        Kinoshita Masato; Murata Kenji; Naruse Kiyoshi; Tanaka Minoru
        2009年, 査読有り
      • Nuclear Transplants from Adult Somatic Cells Generated by a Novel Method Using Diploidized Eggs as Recipients in Medaka Fish (Oryzias latipes)
        Ekaterina Bubenshchikova; Elena Kaftanovskaya; Manabu Hattori; Masato Kinoshita; Tomoko Adachi; Hisashi Hashimoto; Kenjiro Ozato; Yuko Wakamatsu
        CLONING AND STEM CELLS, 2008年12月, 査読有り
      • Comparative genomics approach to the expression of figα, one of the earliest marker genes of oocyte differentiation in medaka (Oryzias latipes)
        A. Kanamori; K. Toyama; S. Kitagawa; A. Kamehara; T. Higuchi; Y. Kamachi; M. Kinoshita; H. Hori
        Gene, 2008年11月, 査読有り
      • Rescue from oculocutaneous albinism type 4 using medaka slc45a2 cDNA driven by its own promoter
        Shoji Fukamachi; Masato Kinoshita; Taro Tsujimura; Atsuko Shimada; Shoji Oda; Akihiro Shima; Axel Meyer; Shoji Kawamura; Hiroshi Mitani
        GENETICS, 2008年02月, 査読有り
      • Characteristics of ChgH-GFP transgenic medaka lines, an in vivo estrogenic compound detection system
        Kanta Kurauchi; Takashi Hirata; Masato Kinoshita
        MARINE POLLUTION BULLETIN, 2008年, 査読有り
      • Diploidized eggs reprogram adult somatic cell nuclei to pluripotency in nuclear transfer in medaka fish (Oryzias latipes)
        Ekaterina Bubenshchikova; Elena Kaftanovskaya; Nami Motosugi; Takafumi Fujimoto; Katsutoshi Arai; Masato Kinoshita; Hisashi Hashimoto; Kenjiro Ozato; Yuko Wakamatsu
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2007年12月, 査読有り
      • Ploidy mosaicism in well-developed nuclear transplants produced by transfer of adult somatic cell nuclei to nonenucleated eggs of medaka (Oryzias latipes)
        Elena Kaftanovskaya; Nami Motosugi; Masato Kinoshita; Kenjiro Ozato; Yuko Wakamatsu
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2007年12月, 査読有り
      • Development of a convenient in vitro fertilization method using interspecific hybrids between Oryzias latipes and Oryzias curvinotus
        Yasuhiro Kamei; Junji Itou; Shoji Oda; Mami Masui; Jin-Hyeong Kim; Tomoko Ishikawa; Shunsuke Yuba; Masato Kinoshita; Hiroshi Mitani; Takeshi Todo
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2007年12月, 査読有り
      • DMY gene induces male development in genetically female (XX) medaka fish
        Matsuda Masaru; Shinomiya Ai; Kinoshita Masato; Suzuki Aya; Kobayashi Tohru; Paul-Prasanth Bindhu; Lau En-Lieng; Hamaguchi Satoshi; Sakaizumi Mitsuru; Nagahama Yoshitaka
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2007年03月06日, 査読有り
      • Responses of embryonic germ cells of the radiation-sensitive Medaka mutant to gamma-irradiation
        Kouichi Aizawa; Kanako Yori; Chiharu Kaminaga; Toshikazu Yamashita; Masato Kinoshita; Shoji Oda; Hiroshi Mitani
        JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 2007年03月, 査読有り
      • DMY gene induces male development in genetically female (XX) medaka fish.
        Matsuda M; Shinomiya A; Kinoshita M; Suzuki A; Kobayashi T; Paul-Prasanth B; Lau EL; Hamaguchi S; Sakaizumi M; Nagahama Y
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2007年03月, 査読有り
      • Quantitative bioimaging analysis of gonads in olvas-GFP/ST-II YI medaka (transgenic Oryzias latipes) exposed to ethinylestradiol
        Takeshi Hano; Yuji Oshima; Masato Kinoshita; Minoru Tanaka; Noriko Mishima; Tetsuji Ohyama; Takashi Yanagawa; Yuko Wakamatsu; Kenjiro Ozato; Tsuneo Honjo
        ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2007年02月, 査読有り
      • Analysis of estrogenic effects by quantification of green fluorescent protein in juvenile fish of a transgenic medaka
        S Scholz; K Kurauchi; M Kinoshita; Y Oshima; K Ozato; K Schirmer; Y Wakamatsu
        ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND CHEMISTRY, 2005年10月, 査読有り
      • In vivo visual reporter system for detection of estrogen-like substances by transgenic medaka
        K Kurauchi; Y Nakaguchi; M Tsutsumi; H Hori; R Kurihara; S Hashimoto; R Ohnuma; Y Yamamoto; S Matsuoka; S Kawai; T Hirata; M Kinoshita
        ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY, 2005年04月, 査読有り
      • トランスジェニックメダカを用いた新規内分泌攪乱物質評価法
        木下 政人
        Environmental Science & Technology,39, 2762-2768, 2005年04月, 査読有り
      • Generation of fertile and diploid fish, medaka (Oryzias latipes), from nuclear transplantation of blastula and four-somite-stage embryonic cells into nonenucleated unfertilized eggs
        Ekaterina Bubenshchikova; Bensheng Ju; Inna Pristyazhnyuk; Katsutoshi Niwa; Elena Kaftanovskaya; Masato Kinoshita; Kenjiro Ozato; Yuko Wakamatsu
        Cloning and Stem Cells, 2005年, 査読有り
      • Quantitative bio-imaging analysis for evaluation of sexual differentiation in germ cells of olvas-GFP/ST-II Yi medaka (Oryzias latipes) nanoinjected in ovo with ethinylestradiol
        T Hano; Y Oshima; T Oe; M Kinoshita; M Tanaka; Y Wakamatsu; K Ozato; T Honjo
        ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND CHEMISTRY, 2005年01月, 査読有り
      • Transgenic medaka with brilliant fluorescence in skeletal muscle under normal light
        M Kinoshita
        FISHERIES SCIENCE, 2004年08月, 査読有り
      • Possible roles of zic1 and zic4, identified within the medaka Double anal fin (Da) locus, in dorsoventral patterning of the trunk-tail region (related to phenotypes of the Da mutant)
        M Ohtsuka; N Kikuchi; H Yokoi; M Kinoshita; Y Wakamatsu; K Ozato; H Takeda; H Inoko; M Kimura
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 2004年07月, 査読有り
      • Effect of stocking density and addition of proteins on larval survival in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus
        M Tagawa; T Kaji; M Kinoshita; M Tanaka
        AQUACULTURE, 2004年02月, 査読有り
      • Acceptability and its improvement of kamaboko gel derived from silver carp surimi
        XC Wang; T Hirata; Y Fukuda; M Kinoshita; M Sakaguchi
        MORE EFFICIENT UTILIZATION OF FISH AND FISHERIES PRODUCTS, 2004年, 査読有り
      • Solubilization of type I collagen from fish muscle connective tissue by matrix metalloproteinase-9 at chilled temperature
        M Kubota; M Kinoshita; K Takeuchi; S Kubota; H Toyohara; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 2003年10月, 査読有り
      • Occurrence of two distinct types of tissue inhibitor of metalloproteinases-2 in teleost fish
        S Kubota; M Kinoshita; S Uji; Y Yokoyama; E Yamamoto; Hirono, I; T Aoki; M Sakaguchi; K Morioka; Y Itoh; H Toyohara
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION, 2003年10月, 査読有り
      • Occurrence of two distinct types of tissue inhibitor of metalloproteinases-2 in teleost fish.
        Satoshi Kubota; Masato Kinoshita; Susumu Uji; Yoshihiro Yokoyama; Eiichi Yamamoto; Ikuo Hirono; Takashi Aoki; Morihiko Sakaguchi; Katsuji Morioka; Yoshiaki Itoh; Haruhiko Toyohara
        Biochimica et biophysica acta, 2003年10月01日
      • A transgene and its expression profile are stably transmitted to offspring in transgenic medaka generated by the particle gun method
        M Kinoshita; M Yamauchi; M Sasanuma; Y Ishikawa; T Osada; K Inoue; Y Wakamatsu; K Ozato
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2003年07月, 査読有り
      • Development and gene expression of nuclear transplants generated by transplantation of cultured cell nuclei into non-enucleated eggs in the medaka Oryzias latipes
        BS Ju; Pristyazhnyuk, I; T Ladygina; M Kinoshita; K Ozato; Y Wakamatsu
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2003年04月, 査読有り
      • Transgenic medaka as a model for fish biology and aquaculture
        M Kinoshita; M Tanaka
        AQUATIC GENOMIC: STEPS TOWARD A GREAT FUTURE, 2003年, 査読有り
      • Estrogen inhibits development of yolk veins and causes blood clotting in transgenic medaka fish overexpressing estrogen receptor
        T Kawamura; S Sakai; S Omura; R Hori-e; T Kawahara; M Kinoshita; Yamashita, I
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2002年12月, 査読有り
      • Population structure of loggerhead turtles, Caretta caretta, nesting in Japan: bottlenecks on the Pacific population
        H Hatase; M Kinoshita; T Bando; N Kamezaki; K Sato; Y Matsuzawa; K Goto; K Omuta; Y Nakashima; H Takeshita; W Sakamoto
        MARINE BIOLOGY, 2002年08月, 査読有り
      • Cloning and characterization of cDNA for carp matrix metalloproteinase 9
        K Takeuchi; S Kubota; M Kinoshita; H Toyohara; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 2002年06月, 査読有り
      • Acceptability comparison of kamaboko gels derived from silver carp surimi and from walleye pollack surimi between the Chinese and Japanese
        XC Wang; T Hirata; Y Fukuda; M Kinoshita; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 2002年02月, 査読有り
      • cDNA cloning and characterization of two gelatinases from Japanese flounder
        Masato Kinoshita; Taijiro Yabe; Mitsutoshi Kubota; Kazuharu Takeuchi; Satoshi Kubota; Haruhiko Toyohara; Morihiko Sakaguchi
        Fisheries Science, 2002年, 査読有り
      • Transgenic medaka overexpressing a melanin-concentrating hormone exhibit lightened body color but no remarkable abnormality
        M Kinoshita; T Morita; H Toyohara; T Hirata; M Sakaguchi; M Ono; K Inoue; Y Wakamatsu; K Ozato
        MARINE BIOTECHNOLOGY, 2001年11月, 査読有り
      • Possible implication of metalloproteinases in post-mortem tenderization of fish muscle
        M Kubota; M Kinoshita; S Kubota; M Yamashita; H Toyohara; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 2001年10月, 査読有り
      • Recent progress in the generation of transgenic medaka (Oryzias latipes)
        M Tanaka; M Kinoshita
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2001年07月, 査読有り
      • Activity of the medaka translation elongation factor 1 alpha-A promoter examined using the GFP gene as a reporter
        M Kinoshita; S Kani; K Ozato; Y Wakamatsu
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 2000年10月, 査読有り
      • Introduction of a foreign gene into medakafish using the particle gun method
        M Yamauchi; M Kinoshita; M Sasanuma; S Tsuji; M Terada; M Morimyo; Y Ishikawa
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL ZOOLOGY, 2000年09月, 査読有り
      • Ubiquitous increase in taurine transporter mRNA in tissues of tilapia (Oreochromis mossambicus) during high-salinity adaptation
        K Takeuchi; H Toyohara; M Kinoshita; M Sakaguchi
        FISH PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2000年08月, 査読有り
      • Induction of gelatinolytic activities in ayu muscle at the spawning stage
        S Kubota; M Kinoshita; Y Yokoyama; H Toyohara; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 2000年06月, 査読有り
      • A detailed linkage map of Medaka, Oryzias latipes: Comparative genomics and genome evolution
        K Naruse; S Fukamachi; H Mitani; M Kondo; T Matsuoka; S Kondo; N Hanamura; Y Morita; K Hasegawa; R Nishigaki; A Shimada; H Wada; T Kusakabe; N Suzuki; M Kinoshita; A Kanamori; T Terado; H Kimura; M Nonaka; A Shima
        GENETICS, 2000年04月, 査読有り
      • Development of transgenic fish strain and promoter analysis
        M. Kinoshita; M. Tanaka; M. Yamashita
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2000年, 査読有り
      • Expression of GFP in nuclear transplants generated by transplantation of embryonic cell nuclei from GFP-transgenic fish into nonenucleated eggs of medaka, Oryzias latipes
        Katsutoshi Niwa; Shuichi Kani; Masato Kinoshita; Kenjiro Ozato; Yuko Wakamatsu
        Cloning and Stem Cells, 2000年, 査読有り
      • Purification and characterization of prophenoloxidase from kuruma prawn Penaeus japonicus
        K Adachi; T Hirata; K Nagai; S Fujisawa; M Kinoshita; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 1999年12月, 査読有り
      • Structure and transcription of the gene coding for polypeptide chain elongation factor la of medaka oryzias latipes
        M. Kinoshita
        Fisheries Science, 1999年10月, 査読有り
      • Sequence and expression of a cDNA encoding the red seabream androgen receptor
        K Touhata; M Kinoshita; Y Tokuda; H Toyohara; M Sakaguchi; Y Yokoyama; S Yamashita
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH, 1999年07月, 査読有り
      • Sequence and expression of a cDNA encoding Japanese flounder glucocorticoid receptor
        Y Tokuda; K Touhata; M Kinoshita; H Toyohara; M Sakaguchi; Y Yokoyama; T Ichikawa; S Yamashita
        FISHERIES SCIENCE, 1999年04月, 査読有り
      • Transplantation of blastula nuclei to non-enucleated eggs in the medaka, Oryzias latipes
        K Niwa; T Ladygina; M Kinoshita; K Ozato; Y Wakamatsu
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 1999年04月, 査読有り
      • Sequence and expression of a cDNA encoding the red seabream androgen receptor
        K Touhata; M Kinoshita; Y Tokuda; H Toyohara; M Sakaguchi; Y Yokoyama; S Yamashita
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH, 1999年03月, 査読有り
      • cDNA cloning of polypeptide chain elongation factor 1 alpha from medaka Oryzias latipes
        M Kinoshita; T Nakata; K Adachi; T Yabe; Y Yokoyama; H Toyohara; T Hirata; E Takayama; S Mikawa; N Kioka; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 1999年02月, 査読有り
      • Erratum: Sequence and expression of a cDNA encoding the red seabream androgen receptor (Biochimica Biophysica Acta 1449 (1999) (199-202) PII: S0167488999000051)
        K. Touhata; M. Kinoshita; Y. Tokuda; H. Toyohara; M. Sakaguchi; Y. Yokoyama; S. Yamashita
        Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research, 1999年, 査読有り
      • cDNA cloning of heat-inducible HSP70, a 70.6 kDa heat shock protein, in Japanese flounder Paralichtys olivaceus
        Y Yokoyama; H Hashimoto; S Kubota; M Kinoshita; H Toyohara; M Sakaguchi; M Tanaka; T Seikai; M Kanamori
        FISHERIES SCIENCE, 1998年12月, 査読有り
      • Gelatinolytic activities in ayu muscle in the spawning stage
        S Kubota; M Kinoshita; H Toyohara; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 1998年12月, 査読有り
      • Usefulness of the medaka beta-actin promoter investigated using a mutant GFP reporter gene in transgenic medaka (Oryzias latipes)
        K Hamada; K Tamaki; T Sasado; Y Watai; S Kani; Y Wakamatsu; K Ozato; M Kinoshita; R Kohno; S Takagi; M Kimura
        MOLECULAR MARINE BIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 1998年09月, 査読有り
      • Studies on modori-inducing proteases
        M Kinoshita
        NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 1998年07月, 査読有り
      • Effect of steroid hormone administration on the breakdown of muscle proteins in ayu
        H Toyohara; K Ito; N Hori; K Touhata; M Kinoshita; S Kubota; K Sato; K Ohtsuki; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 1998年06月, 査読有り
      • Complementary DNA cloning of HSC71, a 71 kDa heat shock cognate protein, in Japanese flounder Paralichthys olivaceus
        Y Yokoyama; H Hashimoto; S Kubota; M Kinoshita; H Toyohara; M Sakaguchi; M Kanamori
        FISHERIES SCIENCE, 1998年06月, 査読有り
      • Sequence and expression of a cDNA encoding the red seabream estrogen receptor
        K Touhata; M Kinoshita; H Toyohara; M Sakaguchi
        FISHERIES SCIENCE, 1998年02月, 査読有り
      • Effect of maturation on the contents of free and bound forms of hydroxyproline in Ayu muscle
        Haruhiko Toyohara; Kosei Ito; Ken Touhata; Masato Kinoshita; Satoshi Kubota; Kenji Sato; Kozo Ohtsuki; Morihiko Sakaguchi
        Fisheries Science, 1997年01月, 査読有り
      • A stable line of transgenic medaka (Oryzias latipes) carrying the CAT gene
        M Kinoshita; H Toyohara; M Sakaguchi; K Inoue; S Yamashita; M Satake; Y Wakamatsu; K Ozato
        AQUACULTURE, 1996年08月, 査読有り
      • Transgenic expression of L-gulono-gamma-lactone oxidase in medaka (Oryzias latipes), a teleost fish that lacks this enzyme necessary for L-ascorbic acid biosynthesis
        H Toyohara; T Nakata; K Touhata; H Hashimoto; M Kinoshita; M Sakaguchi; M Nishikimi; K Yagi; Y Wakamatsu; K Ozato
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1996年06月, 査読有り
      • 戻りに及ぼすプロテアーゼの影響
        木下 政人
        日本水産学会誌, 1996年01月15日
      • Foreign gene expression in medaka embryos.
        K Ozato; Y Wakamatu; H Toyohara; M Kinoshita; M Ono; H Kondoh; K Inoue
        THIRD ASIAN FISHERIES FORUM, 1994年, 査読有り
      • Zinc-Induced Activation of Rainbow Trout Metallothionein-A Promoter in Transgenic Medaka
        Masato Kinoshita; Haruhiko Toyohara; Morihiko Sakaguchi; Noriyuki Kioka; Tohru Komano; Koji Inoue; Shinya Yamashita; Mikio Satake; Yuko Wakamatsu; Kenjiro Ozato
        Fisheries science, 1994年01月01日
      • ELEVATED ACTIVITY OF CATHEPSIN L-LIKE PROTEASE IN THE JELLIED MEAT OF JAPANESE FLOUNDER
        H TOYOHARA; M KINOSHITA; M ANDO; M YAMASHITA; S KONAGAYA; M SAKAGUCHI
        NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 1993年11月, 査読有り
      • トランスジェニックフィッシュの作出
        木下 政人
        実験医学,11/9,188-195, 1993年, 査読有り
      • Generation ofTransgenic Fish
        木下 政人
        Experimental Medicine,11/9,188-195, 1993年, 査読有り
      • MODORI-INDUCING PROTEINASE ACTIVE AT 50-DEGREES-C IN THREADFIN BREAM MUSCLE
        M KINOSHITA; H TOYOHARA; Y SHIMIZU; M SAKAGUCHI
        NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 1992年04月, 査読有り
      • ホウレンソウの葉に存在する戻り抑制物質〔英文〕
        豊原 治彦; 木下 政人; 佐々木 和夫; 山口 茂美; 志水 寛; 坂口 守彦
        日本水産学会誌, 1992年
      • INDUCTION OF MODORI-PHENOMENON (THERMAL GEL DEGRADATION) BY A LATENT SERINE PROTEINASE
        M KINOSHITA; H TOYOHARA; Y SHIMIZU; M SAKAGUCHI
        NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 1991年10月, 査読有り
      • A GROUP OF NOVEL LATENT SERINE PROTEINASES DEGRADING MYOSIN HEAVY-CHAIN IN FISH MUSCLE
        H TOYOHARA; M KINOSHITA; Y SHIMIZU; M SAKAGUCHI
        BIOMEDICA BIOCHIMICA ACTA, 1991年, 査読有り
      • EFFECT OF MATURATION ON ACTIVITIES OF VARIOUS PROTEASES AND PROTEASE INHIBITORS IN THE MUSCLE OF AYU (PLECOGLOSSUS-ALTIVELIS)
        H TOYOHARA; K ITO; M ANDO; M KINOSHITA; Y SHIMIZU; M SAKAGUCHI
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY, 1991年, 査読有り
      • Effect of maturation on activities of various proteases and protease inhibitors in the muscle of Ayu (Plecoglossus altivelis)
        Haruhiko Toyohara; Kohsei Ito; Masashi Ando; Masato Kinoshita; Yutaka Shimizu; Morihiko Sakaguchi
        Comparative Biochemistry and Physiology -- Part B: Biochemistry and, 1991年01月, 査読有り
      • DIVERSE DISTRIBUTION OF 4 DISTINCT TYPES OF MODORI (GEL DEGRADATION)-INDUCING PREOTEINASES AMONG FISH SPECIES
        M KINOSHITA; H TOYOHARA; Y SHIMIZU
        NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 1990年09月, 査読有り
      • PURIFICATION AND PROPERTIES OF A NOVEL LATENT PROTEINASE SHOWING MYOSIN HEAVY-CHAIN DEGRADING ACTIVITY FROM THREADFIN-BREAM MUSCLE
        M KINOSHITA; H TOYOHARA; Y SHIMIZU
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1990年04月, 査読有り
      • SIGNIFICANT AMOUNT OF MULTICATALYTIC PROTEINASE IDENTIFIED ON MEMBRANE FROM HUMAN ERYTHROCYTE
        M KINOSHITA; T HAMAKUBO; FUKUI, I; T MURACHI; H TOYOHARA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1990年03月, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF 2 DISTINCT LATENT PROTEINASES ASSOCIATED WITH MYOFIBRILS OF CRUCIAN CARP (CARASSIUS-AURATUS-CUVIERI)
        M KINOSHITA; H TOYOHARA; Y SHIMIZU
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY, 1990年, 査読有り
      • INDUCTION OF CARP MUSCLE MULTICATALYTIC PROTEINASE ACTIVITIES BY SODIUM DODECYL-SULFATE AND HEATING
        M KINOSHITA; H TOYOHARA; Y SHIMIZU
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY, 1990年, 査読有り
      • 戻り現象に及ぼす血抜きの影響と血清中における戻りインヒビタ-の存在〔英文〕
        豊原 治彦; 佐々木 和夫; 木下 政人; 志水 寛
        日本水産学会誌, 1990年
      • 筋原線維結合型戻り現象の発現に及ぼす貯蔵時間の影響〔英文〕
        豊原 治彦; 木下 政人; 佐々木 和夫; 志水 寛
        日本水産学会誌, 1990年
      • EFFECT OF NACL ON THE HEATING ACTIVATION OF THE HEAT-STABLE ALKALINE PROTEINASES FROM VARIOUS ANIMAL MUSCLES
        H TOYOHARA; M KINOSHITA; Y MAKINODAN; Y SHIMIZU
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY, 1989年, 査読有り
      • THE POSSIBLE EXISTENCE OF A HEAT-STABLE ALKALINE PROTEINASE (HAP) IN RAT SKELETAL-MUSCLE
        Y MAKINODAN; H TOYOHARA; Y YOKOYAMA; M KINOSHITA
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY, 1988年, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF AN ALKALINE PROTEINASE OF FISH MUSCLE
        Y MAKINODAN; Y YOKOYAMA; M KINOSHITA; H TOYOHARA
        COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY, 1987年, 査読有り

      MISC

      • Development of the mass production of genetically sterile fish using the method of surrogate broodstock
        Yasutoshi Yoshiura; Masato Kinoshita; Hiroyuki Yoshikawa
        NIPPON SUISAN GAKKAISHI, 2020年
      • ゲノム編集技術による肉厚マダイの作出と食品としての安全性
        家戸敬太郎; 鷲尾洋平; 岸本謙太; 岸本謙太; 荻野哲也; 荻野哲也; 木下政人; 木下政人
        膵臓(Web), 2020年
      • ゲノム編集技術を用いたfads2ノックインマダイの作出
        柿本貴広; 鷲尾洋平; 大濱光希; 壁谷尚樹; 吉崎悟朗; 家戸敬太郎; 木下政人
        日本水産学会大会講演要旨集, 2018年
      • トリブチルスズ結合タンパク質ノックアウトメダカを用いたTBT解毒機能の解析
        長野陽介; 鵜木(加藤)陽子; 松永啓志; 高村匠; 邱旭春; 木下政人; 北野健; 島崎洋平; 大嶋雄治
        日本水産学会大会講演要旨集, 2018年
      • トリブチルスズ結合タンパク質ノックアウトメダカにおける性比の偏り
        鵜木(加藤)陽子; 長野陽介; 松永啓志; 高村匠; 邱旭春; 木下政人; 北野健; 島崎洋平; 大嶋雄治
        日本水産学会大会講演要旨集, 2018年
      • トリブチルスズ結合タンパク質ノックアウトメダカの作製とその機能解析
        長野陽介; 鵜木(加藤)陽子; 松永啓志; 高村匠; QIU Xuchun; 木下政人; 北野健; 島崎洋平; 大嶋雄治
        日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 2017年
      • 神経型ゴーシェ病モデルメダカの中枢神経におけるGBA2の役割
        中西悦郎; 上村紀仁; 秋山央子; 木下政人; 山門穂高; 武田俊一; 平林義雄; 高橋良輔
        パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 2016年10月
      • Pathological role of GBA2 in GBA1-deficient neuronopathic Gaucher's disease model of medaka
        NAKANISHI Etsuro; UEMURA Norihito; AKIYAMA Hisako; KINOSHITA Masato; YAMAKADO Hodaka; TAKDEDA Shunichi; HIRABAYASHI Yoshio; TAKAHASHI Ryosuke
        日本神経学会学術大会プログラム・抄録集, 2016年
      • トラフグにおけるフグ毒結合タンパク質のノックアウト
        高井優生; 鵜木(加藤)陽子; 望月利孝; 木下滋晴; 木下政人; 島崎洋平; 大嶋雄治
        日本水産学会大会講演要旨集, 2015年09月22日
      • CRISPR/Cas9 systemを用いたTBT-bpsノックアウトメダカの作出
        松永啓志; 鵜木(加藤)陽子; 高井優生; 島崎洋平; 木下政人; 大嶋雄治
        日本水産学会大会講演要旨集, 2015年
      • GBA変異メダカは脳にalpha‐synuclein凝集体を形成する
        上村紀仁; 石川智子; 木下政人; 小池正人; 松井秀彰; 山門穂高; 植村健吾; 内山安男; 藤堂剛; 武田俊一; 高橋良輔
        日本神経学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年12月
      • GBA変異メダカは脳にalpha-synuclein凝集体を形成する
        上村 紀仁; 石川 智子; 木下 政人; 小池 正人; 松井 秀彰; 山門 穂高; 植村 健吾; 内山 安男; 藤堂 剛; 武田 俊一; 高橋 良輔
        臨床神経学, 2014年12月
      • Genome Editing in Zebrafish and Medaka
        Atsuo Kawahara; Taijiro Yabe; Satoshi Ansai; Shinji Takada; Masato Kinoshita
        Targeted Genome Editing Using Site-Specific Nucleases, 2014年10月, 査読有り
      • トランスジェニックメダカを用いたフグ毒結合タンパク質のTBT毒性軽減機能の証明
        溝口直洋; 木下政人; 吉武修平; 後田真弥; 島崎洋平; 大嶋雄治
        日本水産学会大会講演要旨集, 2014年
      • 神経変性疾患に関する調査研究 メダカを用いたGBA変異とパーキンソン病の関連性の解析
        高橋良輔; 上村紀仁; 石川智子; 木下政人; 小池正人; 松井秀彰; 山門穂高; 植村健吾; 内山安男; 藤堂剛; 武田俊一
        神経変性疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, 2014年
      • GBA変異メダカは軸索内にalpha‐synucleinを蓄積する
        上村紀仁; 石川智子; 木下政人; 小池正人; 松井秀彰; 山門穂高; 内山安男; 藤堂剛; 武田俊一; 高橋良輔
        日本Cell Death学会学術集会プログラム抄録集, 2014年
      • メダカを用いたGBA変異とパーキンソン病の関連性の解析
        上村紀仁; 松井秀彰; 藤原(石川)智子; 木下政人; 小池正人; 山門穂高; 植村健吾; 内山安男; 藤堂剛; 武田俊一; 高橋良輔
        日本神経学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年12月
      • メダカを用いたGBA変異とパーキンソン病の関連性の解析
        上村 紀仁; 松井 秀彰; 藤原 智子; 川; 木下 政人; 小池 正人; 山門 穂高; 植村 健吾; 内山 安男; 藤堂 剛; 武田 俊一; 高橋 良輔
        臨床神経学, 2013年12月
      • フグ毒結合タンパク質発現トランスジェニックメダカの作製
        溝口直洋; 木下政人; 吉武修平; 後田真弥; 島崎洋平; 大嶋雄治
        日本水産学会大会講演要旨集, 2013年
      • GBAノックアウトメダカは脳にアルファシヌクレイン凝集体を形成する
        上村紀仁; 藤原(石川)智子; 木下政人; 小池正人; 松井秀彰; 山門穂高; 植村健吾; 内山安男; 藤堂剛; 武田俊一; 高橋良輔
        日本Cell Death学会学術集会プログラム抄録集, 2013年
      • 飼育水温がホンモロコ性分化関連遺伝子に及ぼす影響.
        芦田裕史; 木下政人; 小林 徹
        グローバルCOEプログラム クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点2008-2012(平成20-24)年度最終成果報告書, 2013年
      • メダカ胚における銀ナノ粒子曝露による影響
        真鍋正彦; 鑪迫典久; 木下政人
        日本水産学会大会講演要旨集, 2012年09月14日
      • Medaka: Biology, Management, and Experimental Protocols
        Masato Kinoshita; Kenji Murata; Kiyoshi Naruse; Minoru Tanaka
        Medaka: Biology, Management, and Experimental Protocols, 2012年04月10日
      • メダカ胚および仔魚における蛍光ナノビーズの局在と毒性
        真鍋正彦; 鑪迫典久; 木下政人
        日本水産学会大会講演要旨集, 2011年09月28日
      • 外部形態の背腹パターンを制御するメダカzic1の発現境界維持機構の解析
        兼子拓也; 河西通; 守山裕大; 木下政人; 田中実; 亀井保博; 塚原達也; 島田敦子; 越田澄人; 武田洋幸
        日本動物学会大会予稿集, 2011年08月20日
      • An attempt to detect contamination with estrogenic compounds in river water of urban area in Thailand and Malaysia using transgenic medaka
        Masato Kinoshita
        Horiba International Conference, 2010年, 査読有り
      • メダカの損傷乗り越え合成酵素Rev1 の発現解析
        木下政人
        平成23年度日本水産学会春季大会, 2010年, 査読有り
      • zic遺伝子の発現解析で明らかとなったメダカ体幹部の新しい背側アイデンティティ
        木下政人
        日本動物学会第81回大会, 2010年, 査読有り
      • ホンモロコの性分化に関与する遺伝子, Foxl 2, Dmrt 1の単離と発現解析
        木下政人
        平成23年度日本水産学会春季大会, 2010年, 査読有り
      • A detailed analysis of clonal nature of medaka nuclear transplants generated from the somatic cell nuclear transfer to non-enucleated diploidized eggs
        Masato Kinoshita
        第42回日本発生生物学会大会, 2009年, 査読有り
      • Environmental monitoring using medaka fishes in the genus Oryzias
        Masato Kinoshita
        World Ocean Conference-International Symposium on Ocean Sdience, Technology and Policy, 2009年, 査読有り
      • An attempt to evaluate estrogenic compounds contamination in Southeast Asia with transgenic medaka
        Masato Kinoshita
        World Ocean Conference-International Symposium on Ocean Sdience, Technology and Policy, 2009年, 査読有り
      • Environmental monitoring using medaka fishes of the genus Oryzias
        Masato Kinoshita
        JSPS -VAST 2009, 2009年, 査読有り
      • ホンモロコvasa, 42Sp50, CYP19a遺伝子クローニングと発現解析
        木下政人
        平成21年度日本水産学会秋季大会, 2009年, 査読有り
      • メダカ rev1 の cDNA クローニングと発現解析
        木下政人
        平成21年度日本水産学会秋季大会, 2009年, 査読有り
      • Expression analysis of MATP, a key protein of OCA4, with immunohistochemical analysis and transgenic medaka.
        OKAMURA Satoshi; HIDAKA Masayuki; FUKAMACHI Syoji; MITANI Hiroshi; KINOSHITA Masato
        日本分子生物学会年会講演要旨集, 2009年, 査読有り
      • 二倍体化卵を用いた新しいメダカ核移植法におけるドナー核の細胞周期
        ELENA Kaftanovskaya; EKATERINA Bubenshchikova; 足立朋子; 橋本寿史; 木下政人; 若松佑子
        日本動物学会大会予稿集, 2008年08月20日, 査読有り
      • 座談会:メダカは生物科学にどう貢献できるのか(特集:メダカの科学 / Part3:メダカ研究への期待)
        成瀬 清; 田中 実; 井上 広滋; 木下 政人; 谷口 善仁; 菊池 直香; Kiyoshi NARUSE; Minoru TANAKA; Koji INOUE; Masato KINOSHITA; Yoshihito TANIGUCHI; Naoka KIKUCHI; ナルセ キヨシ; タナカ ミノル; イノウエ コウジ; キノシタ マサト; タニグチ ヨシヒト; キクチ ナオカ
        総研大ジャーナル = Sokendai journal, 2008年03月31日
      • メダカトランスポゾンを利用したトランスジェニックマダイ作出に関する研究
        笹尾紘平; 常本和伸; 家戸敬太郎; 木下政人; 豊原治彦; 村田修; 熊井英水
        日本水産学会大会講演要旨集, 2008年03月27日
      • メダカトランスポゾンを利用したトランスジェニックマダイ作出に関する研究
        家戸敬太郎; 笹尾紘平; 木下政人; 豊原治彦; 村田修
        生化学, 2008年
      • マダイ生殖細胞系列特異的発現遺伝子の検索
        常本和伸; 笹尾紘平; 家戸敬太郎; 木下政人; 豊原治彦; 村田修; 熊井英水
        日本水産学会大会講演要旨集, 2007年09月25日
      • マダイにおけるvasa遺伝子のクローニングと発現に関する研究
        笹尾紘平; 常本和伸; 家戸敬太郎; 木下政人; 豊原治彦; 村田修; 熊井英水
        日本水産学会大会講演要旨集, 2007年09月25日
      • マダイα‐アクチン遺伝子3種の発現解析およびプロモーター活性
        家戸敬太郎; 新田理枝; 山本昌義; 木下政人; 豊原治彦; 村田修; 熊井英水
        日本水産学会大会講演要旨集, 2006年03月30日
      • 幼形成熟魚類シロウオにおける甲状腺ホルモン受容体遺伝子のクローニングおよび初期発育期における発現動態.
        原田靖子; 木下政人; 中山耕至; 北野忠; 秋山信彦; 田中克; 田川正朋
        2006年度日本水産学会大会, 要旨集353番 P.70., 2006年
      • Adult individuals obtained from embryos reconstructed by nuclear transfer of the adult caudal fin cells in medaka
        Ekaterina Bubenshchikova; Elena Kaftanovskaya; Takafumi Fujimoto; Katsutoshi Arai; Masato Kinoshita; Kenjiro Ozato; Yuko Wakamatsu
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2005年12月
      • Production of maternal-zygotic mutant medaka by PGC transplantation into interspecific hybrid
        Atsuko Shimada; Hayato Yokoi; Akira Kanamori; Hiroshi Hori; Masato Kinoshita; Hiroyuki Takeda
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2005年12月
      • Diploid induced-recipient eggs lead reconstructed embryos by nuclear transfer of adult cells to adult individuals in medaka (Oryzias latipes)
        Y. Wakamatsu; E. Bubenshchikova; E. Kaftanovskaya; K. Arai; T. Fujimoto; M. Kinoshita; K. Ozaro
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 2005年09月
      • マダイの遺伝子導入用発現ベクターの構築とマイクロインジェクションによる導入
        家戸敬太郎; 高木優嘉; 新田理枝; 木下政人; 豊原治彦; 村田修; 熊井英水
        日本水産学会大会講演要旨集, 2005年04月01日
      • Chromosomal status of embryos generated by transplantation of cultured cell nuclei from the caudal fin to nonenucleated oocytes of medaka
        Elena Kaftanovskaia; Nami Motosugi; Ekaterina Bubenshchikova; Masato Kinoshita; Yuko Wakamatsu
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2004年12月
      • Fertile and diploid medaka generated from blastula and 4-somite-stage embryonic cells by nuclear transplantation to non-enucleated oocytes
        Ekaterina Bubenshchikova; Bensheng Ju; Inna Pristyaznhvuk; Katsutoshi Niwa; Elena Kaftanovskaia; Masato Kinoshita; Yuko Wakamatsu
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2004年12月
      • トランスジェニックテクノロジーを用いた魚類の肉質改善の試み
        豊原治彦; 高木雅哉; 細井公富; 木下政人; 安藤正史; 鈴木徹; 広野育生; 青木宙; 久保田賢
        日本水産学会大会講演要旨集, 2004年03月31日
      • ヒラメTIMP‐2遺伝子のクローニングとトランスジェニック技術を用いたその応用
        久保田賢; 高木雅哉; 豊原治彦; 細井公富; 木下政人; 安藤正史; 広野育生; 青木宙
        マトリックス研究会大会, 2004年
      • 新規なTIMP‐2分子‐機能解析ならびにトランスジェニックフィッシュを用いた応用研究
        高木雅哉; 豊原治彦; 細井公富; 木下政人; 林勇夫; 安藤正史; 広野育生; 青木宙; 久保田賢
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2003年11月25日
      • 昆虫細胞を用いた2種のヒラメTIMP‐2組換えタンパク質の作製
        久保田賢; 木下政人; 豊原治彦; 森岡克司; 伊藤慶明
        日本水産学会大会講演要旨集, 2003年04月01日
      • 昆虫細胞を用いた組換えヒラメMMP9タンパク質の作成
        久保田賢; 木下政人; 豊原治彦; 森岡克司; 伊藤慶明
        日本水産学会大会講演要旨集, 2002年03月30日
      • ヒラメ孵化仔魚の死亡に及ぼす収容密度とタンパク質添加の効果
        田川 正朋; 梶 達也; 木下 政人; 田中 克
        2002年度日本水産学会大会要旨集, p.103(612番), 2002年
      • Cloning and expression of two types of tissue inhibitor of metalloproteinase 2 from Japanese flounder
        Satoshi Kubota; Masato Kinoshita; Susumu Uji; Yoshihiro Yokoyama; Eiichi Yamamoto; Ikuo Hirono; Takashi Aoki; Haruhiko Toyohara; Morihiko Sakaguchi; Katsuji Morioka; Yoshiaki Itoh
        Fisheries Science, 2002年01月01日
      • 魚類細胞の高浸透圧適応におけるタウリン輸送体の発現変化
        竹内壱明; 豊原治彦; 木下政人; 坂口守彦
        マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 2001年05月24日
      • ティラピアの海水適応におけるタウリン輸送体の発現変化 II タンパク質の発現
        竹内壱明; 豊原治彦; 木下政人; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 2001年04月01日
      • Establishment of medaka (Oryzias latipes) transgenic lines with the expression of green fluorescent protein fluorescence exclusively in germ cells: A useful model to monitor germ cells in a live vertebrate
        M Tanaka; M Kinoshita; D Kobayashi; Y Nagahama
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2001年02月, 査読有り
      • The see-through medaka: A fish model that is transparent throughout life.
        WAKAMATSU Y; PRISTYAZHNYUK S; KINOSHITA M; TANAKA M; OZATO K
        Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 2001年
      • Fertile and diploid nuclear transplants derived from embryonic cells of medaka, Oryzias latipes.
        WAKAMATSU Y; JU B; PRISTYAZNHYUK I; NIWA K; LADYGINA T; KINOSHITA M; ARAKI K; OZATO K
        Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 2001年
      • 生殖細胞GFP発現メダカの作出
        木下 政人
        Proc. Natl. Acad. Sc: USA,98/2544-2549, 2001年, 査読有り
      • メダカ背腹構造突然変異体Daの原因遺伝子の探索
        大塚正人; 木下政人; 尾里建二郎; 木村穣
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2000年11月25日
      • 2種のヒラメTissue Inhibitor of Metalloproteinase 2 (TIMP‐2)のcDNAクローニング
        久保田賢; 木下政人; 宇治督; 横山芳博; 山本栄一; 広野育生; 青木宙; 豊原治彦; 森岡克司
        日本水産学会大会講演要旨集, 2000年09月27日
      • ヒラメ筋肉におけるコラーゲン代謝関連酵素の検出
        豊原治彦; 細井公富; 橋本寿史; 久保田光俊; 宇治督; 木下政人; 坂口守彦; 久保田賢; 伊藤慶明
        日本水産学会大会講演要旨集, 2000年09月27日
      • ヒラメの左右非対称性に関する分子生物学的研究 クローン魚を用いた解析
        橋本寿史; 豊原治彦; 木下政人; 坂口守彦; 田中克; 鈴木徹; 横山芳博; 水田章; 田畑和男
        日本水産学会大会講演要旨集, 2000年09月27日
      • ヒラメTIMP‐2遺伝子構造の解析
        宇治督; 久保田賢; 伊藤慶明; 山本栄一; 広野育生; 青木宙; 豊原治彦; 木下政人; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 2000年09月27日
      • ティラピアアクチンcDNAの単離
        竹内壱明; 木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 2000年04月01日
      • マダイV/XI型コラーゲンα1鎖cDNAのクローニング
        東畑顕; 豊原治彦; 木下政人; 坂口守彦; 田中秀樹; 横山芳博
        日本水産学会大会講演要旨集, 2000年04月01日
      • Sequence and expression of a cDNA encoding the red seabream androgen receptor (vol 1449, pg 199, 1999)
        K Touhata; M Kinoshita; Y Tokuda; H Toyohara; M Sakaguchi; Y Yokoyama; S Yamashita
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH, 1999年07月
      • ヒラメ筋肉の死後軟化に及ぼすプロテアーゼ阻害剤の影響
        木下政人; 久保田光俊; 矢部泰二郎; 久保田賢; 豊原治彦; 山下倫明; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1999年04月01日
      • ティラピアの海水適応におけるタウリン輸送体の発現変化 I mRNA量の変化
        竹内壱明; 木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1999年04月01日
      • ヒラメゼラチナーゼ遺伝子のクローニング
        木下政人; 矢部泰二郎; 久保田光俊; 久保田賢; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1999年04月01日
      • マダイ卵巣アンドロゲンレセプターcDNAのクローニング
        東畑顕; 木下政人; 徳田有希; 豊原治彦; 坂口守彦; 横山芳博; 山下伸也
        日本水産学会大会講演要旨集, 1998年09月
      • 産卵期のアユ筋肉中に存在するゼラチン分解活性の性状
        久保田賢; 矢部泰二郎; 木下政人; 横山芳博; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1998年04月
      • マガキHSP70ファミリーのcDNAクローニングとその発現様式
        横山芳博; 橋本寿史; 久保田賢; 木下政人; 豊原治彦; 林勇夫; 坂口守彦; 金森正雄
        日本水産学会大会講演要旨集, 1998年04月
      • ヒラメ初期はいのストレス応答性に関する研究 III ヒラメHSP70のcDNAクローニング
        横山芳博; 橋本寿史; 久保田賢; 木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦; 金森正雄
        日本水産学会大会講演要旨集, 1998年04月
      • ヒートショックによるイガイHSP70mRNAの発現
        豊原治彦; 横山芳博; 橋本寿史; 久保田賢; 木下政人; 坂口守彦; 金森正雄; 林勇夫
        日本水産学会大会講演要旨集, 1998年04月
      • マダイI型コラーゲンα1鎖cDNAのクローニング
        東畑顕; 豊原治彦; 木下政人; 坂口守彦; 田中秀樹; 横山芳博; 金森正雄
        日本水産学会大会講演要旨集, 1998年04月
      • ヒラメ肝臓グルココルチコイドレセプターcDNAのクローニング
        徳田有希; 東畑顕; 豊原治彦; 木下政人; 坂口守彦; 横山芳博; 金森正雄
        日本水産学会大会講演要旨集, 1998年04月
      • 貯蔵中に活性化されるマアジ筋肉及び皮におけるゼラチン分解活性
        矢部泰二郎; 久保田賢; 横山芳博; 豊原治彦; 木下政人; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1998年04月
      • 光学的手法による魚介類の鮮度測定 (文部省S)
        坂口守彦; 平田孝; 豊原治彦; 木下政人
        魚介類の非破壊的鮮度測定法の開発に関する研究 平成7-9年度 No.07556104, 1998年
      • アユ筋肉コラーゲン代謝に関する研究 I ゼラチン分解活性の性状
        木下政人; 矢部泰二郎; 久保田賢; 横山芳博; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1997年09月
      • ヒラメ初期はいのストレス応答性に関する研究 II ヒラメHeat Shock Cognate71のcDNAクローニング
        横山芳博; 橋本寿史; 久保田賢; 木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦; 金森正雄
        日本水産学会大会講演要旨集, 1997年09月
      • 高浸透圧によって誘導されるコイタウリントランスポーターのcDNA単離と発現解析
        竹内壱明; 横山芳博; 木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1997年09月
      • 魚類細胞の情報伝達機構に関する研究 II コイERKのcDNAクローニング
        横山芳博; 橋本寿史; 松尾禎之; 木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年10月
      • マダイ肝臓エストロゲンレセプターのcDNAクローニングとエストロゲン投与によるその発現誘導
        東畑顕; 木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年10月
      • メダカペプチド鎖伸長因子1αのプロモーター領域の構造解析
        木下政人; 足立亨介; 豊原治彦; 坂口守彦; 横山芳博
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年10月
      • メダカペプチド鎖伸長因子‐1αの遺伝子クローニング
        木下政人; 足立亨介; 矢部泰二郎; 豊原治彦; 坂口守彦; 高橋未緒; 中田隆博; 横山芳博
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年10月
      • メダカペプチド鎖伸長因子プロモーターの機能解析 各種細胞におけるプロモーター活性の比較
        木下政人; 足立亨介; 豊原治彦; 坂口守彦; 中田隆博
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年03月
      • メダカにおけるHSE様配列をもつプロモーターの構造と機能解析
        横山芳博; 豊原治彦; 橋本寿史; 前川真吾; 木下政人; 坂口守彦; 河合文雄; 金森正雄
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年03月
      • 魚類はいにおけるhsp70発現のストレス応答性
        前川真吾; 橋本寿史; 木下政人; 竹内壱明; 横山芳博; 豊原治彦; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1996年03月
      • 魚類への遺伝子導入に用いる高発現ベクターの開発
        大井康之; 中田隆博; 豊原治彦; 坂口守彦; 木下政人
        日本水産学会大会講演要旨集, 1995年09月
      • DISTRIBUTION OF L-GULONO-1, 4-LACTONE OXIDASE AMONG FISHES
        K TOUHATA; H TOYOHARA; T MITANI; M KINOSHITA; M SATOU; M SAKAGUCHI
        FISHERIES SCIENCE, 1995年08月
      • NATURALLY-OCCURRING HEAT-STABLE INHIBITORS FOR CATHEPSIN L-LIKE PROTEASE FROM PACIFIC HAKE MUSCLE INFECTED BY MYXOSPORIDIAN PARASITES
        H TOYOHARA; M KINOSHITA; KIMURA, I; M SATAKE; M SAKAGUCHI
        FISHERIES SCIENCE, 1995年06月
      • 魚類細胞の塩類応答機構に関する研究 II 浸透圧変化により誘導される新生タンパク質の検出
        竹内壱明; 豊原治彦; 橋本寿史; 横山芳博; 木下政人; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1995年04月
      • 魚類細胞の塩類応答機構に関する研究 III 浸透圧変化に応答した細胞内リン酸化タンパク質の検出
        横山芳博; 豊原治彦; 橋本寿史; 竹内壱明; 木下政人; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1995年04月
      • 魚類細胞の塩類応答機構に関する研究 IV コイMAPキナーゼのcDNAクローニング
        橋本寿史; 豊原治彦; 横山芳博; 竹内壱明; 松尾禎之; 木下政人; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1995年04月
      • メダカペプチド伸長因子のプロモーターを用いた高発現ベクターの開発
        木下政人; 中田隆博; 豊原治彦; 坂口守彦
        マリンバイオテクノロジー研究発表会講演要旨集, 1995年
      • 環境モニタリングのためのトランスジェニックメダカの作出IV‐MCHによる体色の白化
        木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦; 森田貴己; 横山芳博; 小野雅夫; 若松佑子; 尾里建二郎
        日本水産学会大会講演要旨集, 1994年10月
      • ヒラメ血液中に存在するコラーゲン分解因子の性状
        豊原治彦; 川瀬博士; 木下政人; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1994年10月
      • 全魚体を用いたin situハイブリダイゼーション法によるはいにおけるペプチド伸長因子1‐α遺伝子の発現様式の検討
        豊原治彦; 竹内壱明; 木下政人; 坂口守彦
        日本水産学会大会講演要旨集, 1994年10月
      • メダカへのL‐グロノラクトンオキシダーゼ遺伝子の導入
        豊原治彦; 中田隆博; 木下政人; 坂口守彦; 錦見盛光; 八木国夫; 若松祐子; 尾里建二郎
        マリンバイオテクノロジー研究発表会講演要旨集, 1994年
      • シロザケメラニン凝集ホルモン遺伝子導入による野生メダカの白化
        木下政人; 森田貴己; 横山芳博; 豊原治彦; 坂口守彦; 小野雅夫; 若松祐子; 尾里建二郎
        マリンバイオテクノロジー研究発表会講演要旨集, 1994年
      • 生殖系列キメラメダカ作製法の確立
        若松佑子; 木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦; 岩松鷹司; 田口泰子; 富田英夫; 尾里建二郎
        日本発生生物学会大会発表要旨集, 1993年
      • キメラメダカの作成
        若松佑子; 木下政人; 豊原治彦; 田口泰子; 尾里建二郎
        日本発生生物学会大会発表要旨集, 1992年
      • かまぼこの“戻り”はどのようにして起こるか? 加熱により活性化するプロテアーゼによりゲルが崩壊
        木下政人; 豊原治彦; 坂口守彦
        化学と生物, 1991年11月
      • 魚類およびウシ血清中に存在する戻り誘発プロテア-ゼ阻害物質〔英文〕
        豊原 治彦; 佐々木 和夫; 木下 政人; 志水 寛; 坂口 守彦
        日本水産学会誌, 1991年
      • PROTEOLYTIC DEGRADATION OF THREADFIN-BREAM MEAT GEL
        H TOYOHARA; M KINOSHITA; Y SHIMIZU
        JOURNAL OF FOOD SCIENCE, 1990年01月

      講演・口頭発表等

      • ゲノム編集で世界の胃袋を満たす
        木下 政人
        農林水産業イノベーションシンポジウム, 2018年03月20日, 招待有り
      • 光るメダカで環境を守る
        第42回日本発生生物学会大会, 2009年
      • An attempt to detect contamination with estrogenic compounds in Thailand and Malaysia using transgenic medaka
        the 2nd International Symposium of Oryzias fish; Small fish with Big Potentials, 2009年
      • 科学研究のモデル生物としてのユニークなメダカ
        第10回全国めだかシンポジウム, 2008年

      書籍等出版物

      • 生物工学:養殖魚のゲノム編集と社会実装に向けて
        岸本謙太; 木下政人, 共著, 生物工学, 97(12): p716-718, 2019
        日本生物工学会, 2019年12月, 査読無し
      • 食品と容器:ゲノム編集育種を活用した養殖魚の品種改良
        岸本謙太; 木下政人, 共著, 食品と容器:Vol 61 (1), 12-20 (2019)
        缶詰技術研究会, 2019年12月, 査読無し
      • 『生物の科学 遺伝』 特集 I ゲノム編集
        岸本謙太; 木下政人, 分担執筆, ゲノム編集による養殖魚での有用品種の作出
        エヌ・ティー・エス, 2018年11月, 査読無し
      • 魚類発生学の基礎 大久保範聡他編
        木下 政人, 分担執筆, 発生学における実験技術
        恒星社厚生閣, 2018年09月, 査読無し
      • 養殖魚におけるTILLING法を用いた品質改良技術の確立
        黒柳美和; 木下政人; 吉浦康寿, 共著
        化学と生物 今日の話題, 2018年07月, 査読無し
      • Medaka: Biology, Management, and Experimental Protocols.
        Edited M. Kinoshita; K. Murata; K. Naruse; M. Tanaka
        Wiley-Blackwell, Iowa, USA, 2009年, 査読無し

      受賞

      • 1998年
        日本水産学会奨励賞
      • 2010年
        Korea International Women's Invention Exposition 2010 Gold Prize
      • 2015年03月14日
        第67回日本動物学会関東支部, ポスター発表最優秀賞
      • 2020年04月28日
        日本水産学会, 日本水産学会論文賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 生殖細胞欠損魚への生殖腺内生殖細胞移植を介した早期配偶子生産法の開発
        基盤研究(B)
        小区分40040:水圏生命科学関連
        国立研究開発法人水産研究・教育機構
        吉川 廣幸
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        トラフグ;代理親魚;ゲノム編集;種苗生産;生殖細胞欠損
      • in vivo MR顕微鏡による細胞レベルラジオミクス
        基盤研究(B)
        小区分52040:放射線科学関連
        京都大学
        上野 智弘
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        磁気共鳴映像法;ラジオミクス;小型魚類
      • 真骨魚の配偶子輸送管はどこから出来たのか?
        基盤研究(C)
        小区分44040:形態および構造関連
        名古屋大学
        金森 章
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        輸卵管;輸精管;ミュラー管;ウォルフ管;wnt4;真骨魚;全ゲノム倍加;ゲノム編集;配偶子輸送管;全ゲノム重複(WGD)
      • 遺伝子交雑を防ぐ「不妊魚」の作出とその大量生産技術の開発
        基盤研究(B)
        小区分40040:水圏生命科学関連
        国立研究開発法人水産研究・教育機構
        吉浦 康寿
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ゲノム編集;代理親魚法;不妊化;全雌生産;トラフグ;ゲノム編集技術;メダカ;代理親魚技術
      • 脂質輸送型ABC蛋白質の謎に迫る
        基盤研究(S)
        大区分F
        京都大学
        植田 和光
        自 2018年06月11日, 至 2023年03月31日, 交付
        ABC蛋白質;コレステロール;動脈硬化;精神疾患;メダカ;ABCA13;統合失調症;神経細胞;ノックアウトマウス;ABCA1;トランスポーター;動脈硬化症;細胞接着;アルツハイマー病;神経変性疾患;構造解析
      • 噛み合い防除のため切歯形成遺伝子を多重低機能化したトラフグ切歯の形態解析
        基盤研究(C)
        国立研究開発法人水産研究・教育機構
        岡本 裕之
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 交付
        SCPP編集トラフグ;F1作出;ゲノム編集;トラフグ;歯形成;切歯形成遺伝子;遺伝子編集;切歯低形成;育種
      • 14.1TMR顕微鏡を用いた小型魚類疾患モデルの病理学的ライフスパン追跡
        基盤研究(B)
        京都大学
        上野 智弘
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        磁気共鳴映像法;ヒト疾患モデル;小型魚類;疾患モデル;核磁気共鳴画像(MRI)
      • 魚類病原細菌由来の多糖類認識メカニズムを利用した魚病細菌感染防除技術の開発
        基盤研究(B)
        宮崎大学
        引間 順一
        自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        魚病細菌;インフラマソーム;ゲノム編集;メダカ;ヒラメ;LPS 認識;LPS認識;魚病;感染症;免疫;LPS;CRISPR/Cas
      • 顕微注入法を用いない全卵ゲノム編集方法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        木下 政人
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        ビテロゲニン;メダカ;GFP;ゲノム編集;発光;顕微注入;遺伝子導入;マダイ;緑色蛍光タンパク質;移植
      • 親魚への腹腔内注射でゲノム編集する新技術の開発-多様な養殖魚への応用を目指して-
        挑戦的萌芽研究
        東北大学
        鈴木 徹
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        ゲノム編集;遺伝子導入;腹腔内注射;魚類;水産増養殖;遺伝子ノックアウト
      • MIRAGE症候群の疾患モデル細胞および動物の作成と変異遺伝子の機能解明
        基盤研究(C)
        慶應義塾大学
        長谷川 奉延
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        MIRAGEs症候群;疾患モデル細胞;疾患モデル動物;MIRAGE症候群;疾患モデルメダカ;疾患モデルマウス
      • 卵母細胞分化を阻害し、卵巣形成過程での細胞間情報伝達を探る
        基盤研究(C)
        名古屋大学
        金森 章
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        卵形成;転写因子;体細胞;生殖細胞;生殖巣;性分化;ゲノム編集;減数分裂;CRISPR/Cas9;Pachytene check point;pachytene check point;組織構築;bHLH転写因子;メダカ
      • GBA遺伝子変異によるパーキンソン病発症機構の解明と治療法開発
        基盤研究(A)
        京都大学
        高橋 良輔
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        パーキンソン病;αシヌクレイン;脂質;GBA1;メダカ;マウス;ゴーシェ病;脳神経疾患
      • 噛み合いによる減耗を低減する切歯低形成トラフグの作出基盤の開発
        基盤研究(C)
        国立研究開発法人水産研究・教育機構
        岡本 裕之
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        トラフグ;切歯形成;突然変異;ゲノム編集;切歯形成遺伝子;遺伝子編集;CRISPR/Cas;顕微注入;噛み合い
      • 人工制限酵素を用いた水産有用魚種スピード育種法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        木下 政人
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        ゲノム編集;マダイ;トラフグ;ミオスタチン;CRISPR/Cas9;CRISPR/Cas;メダカ;遺伝子破壊
      • メダカを用いた体細胞遺伝学:体組織レベルでの損傷応答機構解析系の確立
        基盤研究(A)
        大阪大学
        藤堂 剛
        自 2012年05月31日, 至 2015年03月31日, 完了
        損傷応答;メダカ;DNA損傷;突然変異生成;放射線;化学発ガン;遺伝子発現制御;変異体作成
      • 色素細胞のサブタイプを生み出す分化制御機構の解明
        基盤研究(C)
        名古屋大学
        橋本 寿史
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        細胞運命決定;細胞分化;発生;細胞運命;幹細胞;色素細胞;転写因子;体色;神経堤細胞;メダカ;HMGボックス
      • 魚貝類の毒化機構を毒結合タンパク質の機能・進化から解明する
        基盤研究(B)
        九州大学
        大嶋 雄治
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        天然毒;フグ毒;トリブチルスズ;結合タンパク質;フグ毒結合タンパク質;遺伝子組み換え;トランスジェニック;遺伝子重複;遺伝子導入;テトロドトキシン;トランスジェニックメダカ;テトロドトキシン毒結合タンパク質;結合性;トリブチルスズ結合タンパク質;分子系統樹;分子進化
      • 雌性生殖細胞標識魚を用いた性分化影響因子の探索
        基盤研究(B)
        京都大学
        木下 政人
        完了
        遺伝子導入;生殖細胞;性決定;vasa;42Sp50;GFP;ホンモロコ;Cyp19a;dmrt1;fox12;cyp19a;RFP;生決定
      • 海産魚における生殖細胞ゲノムへのインテグレートを目指した遺伝子導入法の開発
        挑戦的萌芽研究
        近畿大学
        家戸 敬太郎
        完了
        マダイ;遺伝子導入;マイクロインジェクション;メガヌクレアーゼ;インテグレート;トランスポゾン;トランスポゼース
      • メダカ卵形成の開始を指標に性分化過程を解析する
        特定領域研究
        生物系
        名古屋大学
        金森 章
        完了
        遺伝子;ゲノム;発現制御;発生・分化;性分化
      • メダカ卵形成開始機構の解析から性分化の分子カスケードへ迫る
        特定領域研究
        生物系
        名古屋大学
        金森 章
        完了
        遺伝子;ゲノム;発現制御;発生・分化;性分化
      • 糖鎖生物学と神経科学の融合による神経糖鎖生物学領域の創成
        学術創成研究費
        京都大学
        岡 昌吾
        完了
        糖鎖生物学;神経発生;神経回路形成;メダカ;糖鎖遺伝子;HNK-1糖鎖;グルクロン酸転移酵素;硫酸基転移酵素;遺伝子欠損マウス;アンチセンスオリゴヌクレオチド;質量分析;硫酸基転移酸素;2次元マップ
      • 甲殻類のメラニン生成に関わる新経路の解明とその阻害による黒変防止
        基盤研究(B)
        京都大学
        平田 孝
        完了
        甲殻類;黒変;メラニン;エビ;ヘモシアニン;フェノールオキシダーゼ;二酸化炭素;フェオメラニン;クルマエビ;冷凍エビ;クチクラ, Crustaceans;Melanosis;Melanin;Prawns;Hemocyanin;Phenoloxidase;Carbon dioxide;Pheomelanin
      • 遺伝子導入メダカを用いた環境水汚染物質の可視化
        基盤研究(B)
        京都大学
        木下 政人
        完了
        遺伝子導入;メダカ;内分泌かく乱;メラニン凝集ホルモン;Cre;loxP;コリオゲニン;蛍光タンパク質;Tilling;トランスジェニック;LoxP;環境;環境ホルモン;GFP, transgenesis;medaka;endocrine disrupter;melanin concentration hormone;Cre;loxP
      • 魚肉軟化現象の解明-トランスジェニックマダイを用いた解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        豊原 治彦
        完了
        マダイ;トランスジェニック;肉質;養殖魚;軟化;筋肉;自己消化;結合組織;発現ベクター;トランスジェニックフィッシュ;アクチン;MMP;TIMP;鮮度;コラーゲン, RED SEABREAM;TRANSGENIC FISH;MEAT QUALITY;CULTURED FISH;TENDERIZATION;MUSCLE;AUTOLYSIS;CONNECTIVE TISSUE
      • 魚類におけるトリメチルアミンオキシドの起源と生合成機構に関する研究
        萌芽的研究
        京都大学
        坂口 守彦
        完了
        トリメチルアミン;トリメチルアミンオキシド;テラピア;コリン;グリシンベタイン;腸内微生物;酸素添加酵素
      • 魚類死後軟化を抑制する組織メタロプロテアーゼ阻害剤の発現調節機構の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        木下 政人
        完了
        ヒラメ;プロテアーゼ;阻害剤;軟化;筋肉, Japanese flounder;proteinase;inhibitor;tenderization;meat
      • 魚類の始原生殖細胞の特性解析とその生殖工学的研究
        基盤研究(B)
        北海道大学
        山羽 悦郎
        完了
        胚発生;生殖系キメラ;キンギョ;始原生殖細胞;ニジマス;vas-GFP;vas;遺伝子組換魚;生殖系列キメラ;PGCs;中胚葉誘導;vasa;vasa-GFP;生殖細胞キメラ, embryogenesis;germ-line chimera;goldfish;primordial germ cells;rainbow trout;transgenic trout;vasa;vas-GFP
      • 魚介類の風味とその発現機構に関する研究
        基盤研究(A)
        四條畷学園短期大学;京都大学
        坂口 守彦
        完了
        呈味成分;魚類筋肉;ゼラチン;脂肪;脂肪酸トランスポーター;ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体;うま味;グルタミン酸受容体;ブリ;エキス成分;タンパク質;脂質;コラーゲン;DHAエチルエステル;筋肉;マウス;グルタミン酸;味細胞;FAT;ハマチ;エキス;呈味物質;脂肪酸;ラット;うま味受容, Tast-active component;Fish meat;Gelatin;Lipid;Fatty acid transporter;Peroxisome ploliferator-activated receptor;Umami;Glutamate receptor
      • メダカ卵への遺伝子導入法および導入遺伝子発現制御法の開発
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        木下 政人
        完了
        メダカ;遺伝子導入;cre;loxp;インシュレーター;緑色蛍光タンパク質;赤色蛍光タンパク質;Cre;LoxP;GFP;発現制御;vasa;トランスジェニック;RFP;トランス ジェニック;パーティクルデリバリー;Vasa, MEDAKA;TRANSGENIC;CRE;loxp;INSULATOR;GREEN FLUORESCENT PROTEIN;RED FLUORESCENT PROTEIN
      • 魚類における前駆体型コラーゲン分解酵素の活性化機構に関する研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        木下 政人
        完了
        コラーゲナーゼ;マトリックス分解酵素;MMP;ゼラチナーゼ;コラーゲン;tele ost;肉質;プロテアーゼ;ヒラメ
      • トランスジェニック魚を用いた魚類生殖腺刺激ホルモンの大量生産法の開発
        基盤研究(B)
        東京大学
        小林 牧人
        完了
        トランスジェニック魚;生殖腺刺激ホルモン;遺伝子導入;リコンビナントホルモン, transgenic fish;gonadotropin;gene transfer;recombinant hormone
      • 産卵期特異的に発現するアユ筋肉コラゲナーゼの機能を解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        豊原 治彦
        完了
        アユ;コラーゲン;コラゲナーゼ;ゼラチナーゼ;プロテアーゼ;産卵期;性成熟;セラチナーゼ, Ayu;collagen;collagenase;gelatinase;protease;spawning;matuvation
      • 魚類変態期におけるメタロチオネインの機能に関する研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        木下 政人
        完了
        メダカ;トランスジェニック;メタロチオネイン
      • コラーゲン分解酵素前駆体としてのヒラメフィブロネクチン様タンパク質に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        豊原 治彦
        完了
        コラゲナーゼ;ヒラメ;フィブロネクチン;ザイモグラフィー;ゼラチン;プロテアーゼ;血漿, collagenase;flounder;fibronectin;zymography;gelatin;protease
      • 魚介類の非破壊的鮮度測定法の開発に関する研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        坂口 守彦
        完了
        魚介類;鮮度;非破壊分析;K値;インピーダンス;鮮度指標;色彩;官能評価;非破壊法;核酸関連物質;電気特性;センサ;色彩変化;L^*a^*b^*;魚類;氷蔵;臭気センサ;非破壊計測;臭気センサー, fish and shellfish;freshness;non-destructive analysis;K value;impedance;freshness index;color;sensory observation
      • 活魚の風味とテクスチャーに関する研究
        一般研究(B)
        京都大学
        坂口 守彦
        完了
        ハマチ;タイ;氷蔵;冷蔵;歯ごたえ;液汁性;破断強度;核酸関連物質;風味;トラフグ;マグロ;ヒラメ, Yellowtail;Red seabream;Ice storage;Chill storage;Firmess;Juiciness;Breaking strength;IMP

      外部資金:その他

      • 「養殖魚品種改良期間の劇的な短縮を実現する革新的早期精子形成技術の開発」 (平成28年度分)
        農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        木下政人
      • 「早期精子形成・雌雄同体化技術を用いた養殖魚の革新的育種法の開発」26047AB (平成29年度分)
        農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        木下政人
      • 「早期精子形成・雌雄同体化技術を用いた養殖魚の革新的育種法の開発」26047AB (平成30年度分)
        農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
        自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
        木下政人
      •  「MIRAGE症候群の治療法開発に向けた基礎的研究」 (平成28年度分)
        難治性疾患実用化研究事業
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        鳴海覚志
      •  「MIRAGE症候群の治療法開発に向けた基礎的研究」 (平成29年度分)
        難治性疾患実用化研究事業
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        鳴海覚志
      •  「MIRAGE症候群の治療法開発に向けた基礎的研究」 (平成30年度分)
        難治性疾患実用化研究事業
        自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
        鳴海覚志
      • 新たなバイオテクノロジーを用いて得られた食品の安全性確保とリスクコミニュケーションのための研究
        食品の安全確保推進研究事業
        自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
        近藤一成
      • 「早期精子形成・雌雄同体化技術を用いた養殖魚の革新的育種法の開発」26047AB (平成31年度分)
        農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        木下政人
      • 新たなバイオテクノロジーを用いて得られた食品の安全性確保とリスクコミニュケーションのための研究(平成31年度分)
        食品の安全確保推進研究事業
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        近藤一成
      • ゲノム編集・移植技術による早期養殖魚品種の系統化
        科学技術振興機構 未来社会創造事業
        自 2019年11月01日, 至 2022年03月31日
        木下政人
      • ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発(国民理解促進のための科学的知見の集積)
        農林水産省 農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究
        自 2020年11月01日, 至 2025年03月31日
        吉田均
      • An Eco-Evo-Devo analysis of pigmentation pattern: the white bars of anemone fishes (2021)
        OIST Kick-start fund
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        Vincent Laudet
      • (2019年度分)
        食品の安全確保推進研究事業
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        分担
      • (2020度分)
        食品の安全確保推進研究事業
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        分担
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          資源生物科学専門外書講義II
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          資源生物科学概論III
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          海洋生物機能学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          海洋生物機能学演習
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          資源生物科学専門外書講義II
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          海洋生物機能学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          海洋生物機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          海洋生物機能学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          海洋生物機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          海洋生物の驚きの機能
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          海洋生物機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          海洋生物機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          海洋生物機能学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          海洋生物機能学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          海洋生物機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          海洋生物機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          海洋生物機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          海洋生物機能学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          海洋生物機能学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          海洋生物機能学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          海洋生物機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          海洋生物機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          海洋生物機能学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          海洋生物機能学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          海洋生物機能学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          海洋生物機能学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          海洋生物機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          海洋生物機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          海洋生物機能学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          海洋生物機能学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物機能学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物機能学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物機能学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物機能学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物機能学II
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物機能学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物機能学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物機能学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物機能学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物生産学演習
          通年, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          海洋生物科学技術論と実習II
          前期集中, 農学部
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            吉田事業場衛生委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            吉田事業場衛生委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            吉田事業場衛生委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            吉田事業場衛生委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2022年03月31日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2022年03月31日
            環境・安全・衛生委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際交流委員会 委員

          ページ上部へ戻る