教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

牧 功一郎

マキ コウイチロウ

医生物学研究所 生命システム研究部門 助教

牧 功一郎
list
    Last Updated :2024/04/23

    基本情報

    協力講座

    • 工学研究科, マイクロエンジニアリング専攻 バイオメカニクス, 助教
    • 生命科学研究科, 高次生命科学専攻 生体適応力学分野, 助教
    • 医学研究科, 医科学専攻 バイオメカニクス, 助教
    • 医学研究科, 医学専攻 バイオメカニクス, 助教

    学部兼担

    • 生命科学研究科 高次生命科学専攻 生体適応力学, 助教
    • 医学研究科 医学専攻 バイオメカニクス, 助教
    • 医学研究科 医科学専攻 バイオメカニクス, 助教
    • 工学研究科 マイクロエンジニアリング専攻 バイオメカニクス, 助教

    所属学協会

    • 自 2021年02月, 至 現在
      日本基礎老化学会
    • 自 2020年11月, 至 現在
      日本分子生物学会
    • 自 2012年10月, 至 現在
      日本生物物理学会
    • 自 2012年09月, 至 現在
      日本機械学会
    • 自 2015年09月, 至 現在
      European Society of Biomechanics

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程マイクロエンジニアリング専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院工学研究科博士後期課程マイクロエンジニアリング専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部物理工学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      私立洛星高等学校

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 2019年09月
      ヘルシンキ大学, 客員研究員
    • 自 2017年04月, 至 2019年09月
      日本学術振興会, 特別研究員PD
    • 自 2014年04月, 至 2017年03月
      日本学術振興会, 特別研究員DC1
    • 自 2016年08月, 至 2016年10月
      コロンビア大学, 客員研究員
    • 自 2016年06月, 至 2016年08月
      シェフィールド大学, 客員研究員

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/04/23

      研究

      研究キーワード

      • パターン形成
      • 原子間力顕微鏡
      • メカノバイオロジー
      • クロマチン構造
      • 組織・細胞・分子の力学計測
      • 細胞分化・老化
      • 機械工学
      • 生物物理
      • バイオメカニクス

      研究分野

      • ライフサイエンス, ゲノム生物学
      • ライフサイエンス, 生物物理学
      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 材料力学、機械材料
      • ライフサイエンス, 生体医工学
      • ナノテク・材料, ナノバイオサイエンス

      論文

      • Chondrocyte hypertrophy in the growth plate promotes stress anisotropy affecting long bone development through chondrocyte column formation
        Yuka Yokoyama; Yoshitaka Kameo; Junko Sunaga; Koichiro Maki; Taiji Adachi
        Bone, 2024年02月, 査読有り
      • Sclerostin modulates the degree of mineralization and the stiffness profile of the fibrocartilaginous enthesis for mechanical tissue integrity
        Shinsei Yambe; Yuki Yoshimoto; Kazutaka Ikeda; Koichiro Maki; Aki Takimoto; Shinnosuke Higuchi; Xinyi Yu; Kenta Uchibe; Shigenori Miura; Hitomi Watanabe; Tetsushi Sakuma; Takashi Yamamoto; Kotaro Tanimoto; Gen Kondoh; Denitsa Docheva; Taiji Adachi; Chisa Shukunami
        bioRxiv, 2023年11月15日
      • Spatial cell fate manipulation of human pluripotent stem cells by controlling the microenvironment using photocurable hydrogel
        Zhe Wang; Akira Numada; Fumi Wagai; Yusuke Oda; Masatoshi Ohgushi; Koichiro Maki; Taiji Adachi; Mototsugu Eiraku
        Development, 2024年03月15日, 査読有り
      • The nucleolar shell provides anchoring sites for DNA untwisting
        Jumpei Fukute; Koichiro Maki; Taiji Adachi
        Communications Biology, 2024年01月, 査読有り, 責任著者
      • Cyclic stretching enhances angiocrine signals at liver bud stage from hPSCs in 2-dimensional culture
        Koki Yoshimoto; Koichiro Maki; Taiji Adachi; Ken-ichiro Kamei
        Tissue Engineering Part A, 2023年12月07日, 査読有り
      • AFMによる1分子レベルのメカノトランスダクション機構の解明
        牧功一郎; 安達泰治
        生体の科学, 2019年08月, 招待有り, 筆頭著者
      • 接着結合を介した力の感知-分子引張実験によるアプローチ-
        牧功一郎; 安達泰治
        高度物理刺激と生体応答, 2017年08月, 招待有り, 筆頭著者
      • 原子間力顕微鏡による細胞・分子の力学イメージング
        牧功一郎; 安達泰治
        病理と臨床, 2015年12月, 招待有り, 筆頭著者
      • メカノセンサーシグナル
        牧功一郎; 安達泰治
        生体の科学, 2015年09月, 招待有り, 筆頭著者
      • AFMでメカノセンサ1分子を釣り上げる
        牧功一郎; 安達泰治
        牧功一郎、韓成雄、安達泰治, 2014年09月, 招待有り, 筆頭著者
      • Directionality of developing skeletal muscles is set by mechanical forces
        Kazunori Sunadome; Alek Erickson; Delf Kah; Ben Fabry; Csaba Adori; Polina Kameneva; Louis Faure; Shigeaki Kanatani; Markéta Kaucká; Ivar Dehnisch Ellström; Marketa Tesarova; Tomas Zikmund; Jozef Kaiser; Steven Edwards; Koichiro Maki; Taiji Adachi; Takuya Yamamoto; Kaj Fried; Igor Adameyko
        Nature Communications, 2023年05月, 査読有り
      • Age-associated reduction of nuclear shape dynamics in excitatory neurons of the visual cortex
        Tanita Frey; Tomonari Murakami; Koichiro Maki; Takumi Kawaue; Ayaka Sugai; Naotaka Nakazawa; Taiji Adachi; Mineko Kengaku; Kenichi Ohki; Yukiko Gotoh; Yusuke Kishi
        Aging Cell, 2023年06月22日, 査読有り
      • Vasculature atrophy causes a stiffened microenvironment that augments epidermal stem cell differentiation in aged skin
        Ryo Ichijo; Koichiro Maki; Mio Kabata; Teruasa Murata; Arata Nagasaka; Seiichiro Ishihara; Hisashi Haga; Tetsuya Honda; Taiji Adachi; Takuya Yamamoto; Fumiko Toyoshima
        Nature Aging, 2022年07月11日, 査読有り
      • Hydrostatic pressure prevents chondrocyte differentiation through heterochromatin remodeling
        Koichiro Maki; Michele M. Nava; Clementine Villeneuve; Minki Chang; Katsuko S. Furukawa; Takashi Ushida; Sara A. Wickström
        Journal of Cell Science, 2021年01月27日, 査読有り, 筆頭著者
      • Talin is required to increase stiffness of focal molecular complex in its early formation process
        Nobuhiko Nakao; Koichiro Maki; Mohammad R K Mofrad; Taiji Adachi
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2019年10月20日, 査読有り
      • Real-time TIRF observation of vinculin recruitment to stretched α-catenin by AFM
        Koichiro Maki; Sung-Woong Han; Yoshinori Hirano; Shigenobu Yonemura; Toshio Hakoshima; Taiji Adachi
        Scientific Reports, 2018年01月25日, 査読有り, 筆頭著者
      • Hyaluronic acid selective anchoring to the cytoskeleton: An atomic force microscopy study
        Stefania Marcotti; Koichiro Maki; Gwendolen C Reilly; Damien Lacroix; Taiji Adachi
        PLoS ONE, 2018年, 査読有り
      • Nano-mechanical characterization of tension-sensitive helix bundles in talin rod
        Koichiro Maki; Nobuhiko Nakao; Taiji Adachi
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2017年03月04日, 査読有り, 筆頭著者
      • Mechano-adaptive sensory mechanism of α-catenin under tension
        Koichiro Maki; Sung-Woong Han; Yoshinori Hirano; Shigenobu Yonemura; Toshio Hakoshima; Taiji Adachi
        Scientific Reports, 2016年04月25日, 査読有り, 筆頭著者
      • Beta-Catenin as a Tension Transmitter Revealed by AFM Nanomechanical Testing
        Koichiro Maki; Sung-Woong Han; Taiji Adachi
        Cellular and Molecular Bioengineering, 2015年03月, 査読有り, 筆頭著者
      • 丁寧に、大胆に、よきー例に(京都大学創立125周年記念寄稿)
        京機会 短信, 2022年09月
      • フィンランドでの自然と時間
        牧功一郎
        日本機械学会誌 My メカライフ, 2020年07月
      • ヘルシンキでの研究生活のご紹介
        牧功一郎
        日本機械学会 バイオエンジニアリング部門報(ニュースレター), 2019年09月
      • Comprehensive Biomaterials II
        共著
        Elsevier, 2017年08月11日

      メディア報道

      • 細胞核内のDNAが二重らせんの逆ねじりでゆるむ仕組みを解明―人為的な遺伝情報の読み出し制御による遺伝子治療技術への応用にも期待―
        京都大学 プレスリリース, https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2024-01-24, 2024年01月, インターネットメディア
      • First person – Koichiro Maki (Interview)
        Journal of Cell Science, 2021年01月
      • The JPK NanoWizard® AFM is used at Kyoto University to study mechanotransduction mechanisms
        Bruker Nano GmbH, Sponsored Posts, 2018年03月, その他
      • 京大の「実は!」Vol.17 「京大生の実は! -FILE.2 京大生の勉学事情に迫る!-」
        京都大学 広報, 2014年04月, 会誌・広報誌

      外部資金:科学研究費補助金

      • ナノ転写装置を介したクロマチンの力感知メカニズムの解明
        若手研究
        小区分90110:生体医工学関連
        京都大学
        牧 功一郎
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        バイオメカニクス;DNA;力学的構造変化;生体医工学;遺伝子転写;クロマチン;1本鎖DNA;DNA損傷-修復;細胞老化;トルク;転写;分子構造変化
      • 骨細胞のクロマチン動態を介した力感知メカニズムの解明
        若手研究
        小区分90110:生体医工学関連
        京都大学
        牧 功一郎
        自 2023年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        バイオメカニクス;クロマチン;ゲノムDNA
      list
        Last Updated :2024/04/23

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          機械システム工学実験1
          5056, 前期, 工学部, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          機械システム工学実験1
          5056, 後期, 工学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          機械システム工学実験1
          5056, 後期, 工学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          機械システム工学実験1
          5056, 前期, 工学部, 1
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          機械システム工学実験1(機)
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          機械システム工学実験1(機)
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          機械システム工学実験2(機)
          前期, 工学部
        list
          Last Updated :2024/04/23

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2023年04月01日
            男女共同参画推進委員会 委員
          • 自 2023年04月01日
            共同利用機器等委員会 委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2025年03月31日
            病院構内実験排水系管理委員会
          • 自 2022年04月01日
            化学物質管理委員会 委員
          list
            Last Updated :2024/04/23

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2024年04月, 至 現在
              次世代委員会 委員長, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門
            • 自 2023年04月, 至 現在
              京都大学医生物学研究所 共同利用機器等委員会 委員
            • 自 2023年04月, 至 現在
              JST-CREST 多細胞 若手の会実行委員会 幹事
            • 自 2022年11月, 至 現在
              京都大学医生物学研究所 男女共同参画推進委員会 委員
            • 自 2022年04月, 至 現在
              京都大学医生物学研究所 化学物質管理委員会 委員
            • 自 2022年04月, 至 現在
              日本機械学会バイオエンジニアリング部門 運営委員会 委員
            • 自 2023年04月, 至 現在
              京都大学 病院構内実験排水系管理委員会 委員
            • 自 2023年04月, 至 現在
              日本機械学会バイオエンジニアリング部門 渉外委員会 幹事
            • 自 2021年12月, 至 2022年12月
              第33回バイオフロンティア講演会実行委員会 運営委員
            • 自 2021年04月, 至 2022年04月
              京都大学医生物学研究所 HPリニューアル 責任者
            • 自 2021年04月, 至 2022年03月
              京都大学ウイルス・再生医科学研究所 教員会議 運営委員
            • 自 2022年04月, 至 2023年03月
              広報委員会 幹事, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門
            • 自 2021年01月, 至 2021年12月
              Program Committee Secretary, 11th Asian-Pacific Conference on Biomechanics
            • 自 2020年06月, 至 2021年06月
              実行委員, 日本機械学会 第33回バイオエンジニアリング講演会

            学術貢献活動

            • オンデマンド・万歳三唱リレー(コロナ禍でのオンライン懇親会の余興)
              企画立案・運営等, 監修
              第33回バイオエンジニアリング講演会・牧功一郎, 自 2021年06月25日, 至 2021年06月25日

            社会貢献活動

            • 細胞が力を合わせる! 「組体操」的なうごき
              出演, 講師
              京都大学, 出前授業(清教学園), 自 2015年02月, 至 2015年02月
            • 生命科学の不思議と「物理」
              出演, 講師
              京都大学, 出前授業(播磨高校), 自 2015年02月, 至 2015年02月
            • 科学と芸術の交差展
              出演, 司会, 編集
              牧功一郎, 科学と芸術の交差展, 自 2013年12月, 至 2013年12月
            • 細胞が使っている「ことば」
              出演, 講師
              京都大学, 学びコーディネーター(七尾高校および大阪国際大和田高校), 自 2013年11月20日
            • 細胞のチカラ
              出演
              京都大学, アカデミックデイ, 自 2013年09月, 至 2013年09月
            • 細胞は「力」で会話する
              出演
              京都大学附属博物館, レクチャーシリーズ, 自 2012年12月, 至 2012年12月
            • 細胞「ガ」綱引き
              出演
              京都大学, アカデミックデイ, 自 2012年09月, 至 2012年09月

            ページ上部へ戻る