教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

碓井 理夫

ウスイ タダオ

生命科学研究科 統合生命科学専攻多細胞体構築学講座 講師

碓井 理夫
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    プロフィール

    • プロフィール

      以前は、ショウジョウバエを使って神経細胞の形づくりの研究をしていました。

      現在は、痛覚受容の伝導メカニズムについて電気生理学と光遺伝学そしてゲノムワイド相関解析などを駆使して研究しています。

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        動物の逃避行動を環境依存的に制御する神経メカニズムと、その多様性の起源の探究。
      • 研究概要

        動物は、捕食者に襲われた時に、すばやく逃避することで生き延びる。この逃避行動の誘導には、さまざまな感覚入力とくに侵害感覚(痛覚)が重要である。動物ごとにことなる逃避戦略を持っているが、同一種内でも異なる逃避パターンが見られる。つまり、何らかの遺伝的多様性が逃避行動を多様化させている。私は、こうした行動パターンの多様化機構に興味があり、それを神経回路メカニズムの多様化という観点から探究している。

      研究キーワード

      • バイオサーモロジー
      • ゲノムワイド相関解析
      • 光遺伝学(光計測)
      • 光遺伝学(光操作)
      • in vivo ホールセルパッチクランプ法
      • 電気生理学
      • カルシウムイメージング
      • 痛覚受容
      • 樹状突起突起形成
      • 7回膜貫通型カドヘリン
      • 平面内細胞極性

      研究分野

      • ライフサイエンス, 動物生理化学、生理学、行動学, 痛覚応答行動
      • ライフサイエンス, 神経科学一般, 痛覚伝導回路
      • ライフサイエンス, 神経科学一般, 痛覚伝導回路
      • ライフサイエンス, 基盤脳科学, 生体内膜電位記録
      • ライフサイエンス, 発生生物学, 樹状突起形成

      論文

      • 個体の逃避行動を制御するメカニズム:感覚ニューロンのイニシアティブ
        碓井理夫
        生化学, 2018年12月, 招待有り
      • Small conductance Ca2+-activated K+ channels induce the firing pause periods during the activation of Drosophila nociceptive neurons
        Koun Onodera; Shumpei Baba; Akira Murakami; Tadashi Uemura; Tadao Usui
        ELIFE, 2017年10月, 査読有り
      • Mitochondrial dysfunction induces dendritic loss via eIF2α phosphorylation.
        Tsuyama T; Tsubouchi A; Usui T; Imamura H; Uemura T; The Journal of cell; biology
        2017年03月, 査読有り
      • Nutrient-dependent increased dendritic arborization of somatosensory neurons
        Kaori Watanabe; Yuki Furumizo; Tadao Usui; Yukako Hattori; Tadashi Uemura
        GENES TO CELLS, 2017年01月, 査読有り
      • Neuronal processing of noxious thermal stimuli mediated by dendritic Ca2+ influx in Drosophila somatosensory neurons
        Shin-Ichiro Terada; Daisuke Matsubara; Koun Onodera; Masanori Matsuzaki; Tadashi Uemura; Tadao Usui
        ELIFE, 2016年02月, 査読有り
      • Sensory-Neuron Subtype-Specific Transcriptional Programs Controlling Dendrite Morphogenesis: Genome-wide Analysis of Abrupt and Knot/Collier
        Yukako Hattori; Tadao Usui; Daisuke Satoh; Sanefumi Moriyama; Kohei Shimono; Takehiko Itoh; Katsuhiko Shirahige; Tadashi Uemura
        DEVELOPMENTAL CELL, 2013年12月, 査読有り
      • Snakeskin, a membrane protein associated with smooth septate junctions, is required for intestinal barrier function in Drosophila
        Yuichi Yanagihashi; Tadao Usui; Yasushi Izumi; Shigenobu Yonemura; Motoyuki Sumida; Shoichiro Tsukita; Tadashi Uemura; Mikio Furuse
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2012年04月, 査読有り
      • A novel smooth septate junction-associated membrane protein, Snakeskin, is required for intestinal barrier function in Drosophila.
        Yanagihashi Y; Usui T; Izumi Y; Yonemura S; Sumida M; Tsukita S; Uemura T; Furuse M
        Journal of cell science, 2012年02月, 査読有り
      • The seven-pass transmembrane cadherin Flamingo controls dendritic self-avoidance via its binding to a LIM domain protein, Espinas, in Drosophila sensory neurons
        Daisuke Matsubara; Shin-ya Horiuchi; Kohei Shimono; Tadao Usui; Tadashi Uemura
        GENES & DEVELOPMENT, 2011年09月, 査読有り
      • Golden Goal collaborates with Flamingo in conferring synaptic-layer specificity in the visual system
        Satoko Hakeda-Suzuki; Sandra Berger-Mueller; Tatiana Tomasi; Tadao Usui; Shin-ya Horiuchi; Tadashi Uemura; Takashi Suzuki
        NATURE NEUROSCIENCE, 2011年03月, 査読有り
      • 神経細胞樹状突起パターンの再編・維持を制御する分子の探索(Hunting for genes that regulate remodeling and life-long maintenance of dendritic arbors)
        下野 耕平; 野村 尚史; 碓井 理夫; 上村 匡
        神経化学, 2010年08月
      • Multidendritic sensory neurons in the adult Drosophila abdomen: origins, dendritic morphology, and segment- and age-dependent programmed cell death
        Kohei Shimono; Azusa Fujimoto; Taiichi Tsuyama; Misato Yamamoto-Kochi; Motohiko Sato; Yukako Hattori; Kaoru Sugimura; Tadao Usui; Ken-ichi Kimura; Tadashi Uemura
        NEURAL DEVELOPMENT, 2009年10月, 査読有り
      • 7回膜貫通型カドヘリンの作用機序 : ホモフィリック結合か, それともヘテロフィリック結合か
        木村宏史; 碓井理夫; 上村匡
        生化学, 2006年07月25日
      • Molecular functions of seven-pass transmembrane cadherins - Homophilic or heterophilic: that is the question
        Hiroshi Kimura; Tadao Usui; Tadashi Uemura
        SEIKAGAKU, 2006年07月
      • Potential dual molecular interaction of the Drosophila 7-pass transmembrane cadherin Flamingo in dendritic morphogenesis
        H Kimura; T Usui; A Tsubouchi; T Uemura
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2006年03月, 査読有り
      • 平面内細胞極性--グローバルな非対称性と単一細胞レベルの極性化を結ぶロバストなシステム (発生システムのダイナミクス) -- (細胞の極性,振舞い)
        碓井 理夫; 上村 匡
        蛋白質核酸酵素, 2005年05月, 査読有り
      • Molecular mechanisms of epithelial planar polarization
        T. Usui; T. Uemura
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2005年
      • 単一細胞レベルの神経発生 樹状突起のパターン形成の調節(Single Cell Neurogenesis: Extrinsic and intrinsic control of dendritic shaping)
        上村 匡; 島 康之; 杉村 薫; 佐藤 大祐; 山本 美暁; 木村 宏史; 碓井 理夫; Crews Stephen; 竹市 雅俊
        神経化学, 2004年08月
      • Flamingo regulates R8 axon-axon and axon-target interactions in the Drosophila visual system
        KA Senti; T Usui; K Boucke; U Greber; T Uemura; BJ Dickson
        CURRENT BIOLOGY, 2003年05月, 査読有り
      • 平面内細胞極性形成の不思議
        島田裕子; 碓井理夫; 上村匡
        実験医学, 2003年03月, 査読有り
      • A mosaic genetic screen for genes necessary for Drosophila mushroom body neuronal morphogenesis
        JE Reuter; TM Nardine; A Penton; P Billuart; EK Scott; T Usui; T Uemura; LQ Luo
        DEVELOPMENT, 2003年03月, 査読有り
      • Asymmetric colocalization of Flamingo, a seven-pass transmembrane cadherin, and Dishevelled in planar cell polarization
        Y Shimada; T Usui; S Yanagawa; M Takeichi; T Uemura
        CURRENT BIOLOGY, 2001年06月, 査読有り
      • Wntシグナルと形態形成 平面内細胞極性形成の分子機構
        碓井理夫; 上村匡
        細胞工学, 2000年11月, 査読有り
      • 多細胞系構築の基盤となる細胞の接着と極性化のダイナミクス 神経系と上皮のsingle-cell patterning 7回膜貫通型カドヘリンによる調節
        上村 匡; 島田 裕子; 島 康之; 竹市 雅俊; 碓井 理夫
        生化学, 2000年08月
      • Patterning of cell assemblies regulated by adhesion receptors of the cadherin superfamily
        M Takeichi; S Nakagawa; S Aono; T Usui; T Uemura
        PHILOSOPHICAL TRANSACTIONS OF THE ROYAL SOCIETY OF LONDON SERIES B-BIOLOGICAL SCIENCES, 2000年07月, 査読有り
      • Flamingo controls the planar polarity of sensory bristles and asymmetric division of sensory organ precursors in Drosophila
        BW Lu; T Usui; T Uemura; L Jan; YN Jan
        CURRENT BIOLOGY, 1999年11月, 査読有り
      • Flamingo, a seven-pass transmembrane cadherin, regulates planar cell polarity under the control of frizzled
        T Usui; Y Shima; Y Shimada; S Hirano; RW Burgess; TL Schwarz; M Takeichi; T Uemura
        CELL, 1999年09月, 査読有り
      • Axon patterning requires DN-cadherin, a novel neuronal adhesion receptor, in the Drosophila embryonic CNS
        Y Iwai; T Usui; S Hirano; R Steward; M Takeichi; T Uemura
        NEURON, 1997年07月, 査読有り

      MISC

      • Hunting for genes that regulate remodeling and life-long maintenance of dendritic arbors
        Kohei Shimono; Takafumi Nomura; Tadao Usui; Tadashi Uemura
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • Hunting for genes that regulate remodeling and life-long maintenance of dendritic arbors
        Kohei Shimono; Takafumi Nomura; Tadao Usui; Tadashi Uemura
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年
      • スムースセプテイトジャンクションに局在する新規膜タンパク質の同定(Identification of a novel integral membrane protein localizing at smooth septate junctions)
        柳橋 祐一; 碓井 理夫; 米村 重信; 月田 承一郎; 上村 匡; 古瀬 幹夫
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2009年05月
      • カドヘリンスーパーファミリーの多様性 7回膜貫通型カドヘリンは姉妹樹状突起間の相互反発を制御する(Versatile functions of the cadherin superfamily Control of Dendritic Self-Avoidance by Seven-Pass Transmembrane Cadherin in Drosophila Sensory Neurons)
        碓井 理夫; 堀内 伸也; 松原 大祐; 下野 耕平; 木村 宏史; 上村 匡
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2008年06月
      • ショウジョウバエの知覚ニューロンにおける7回膜貫通型カドヘリンによる樹状細胞回避の制御(Control of Dendritic Avoidance by 7-pass Transmembrane Cadherin in Drosophila Sensory Neurons)
        碓井 理夫; 堀内 伸也; 岩崎 慎治; 中村 友紀; 木村 宏史; 上村 匡
        日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集, 2007年05月
      • 神経突起のパターン形成における7回膜貫通型カドヘリンFlamingoの役割
        木村 宏史; 碓井 理夫; 上村 匡
        日本発生生物学会大会講演要旨集, 2002年05月
      • Control of epithelial and neuronal cell patterning by the seven-pass transmembrane cadherin
        T Uemura; Y Shimada; Y Shima; T Usui
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2000年12月

      講演・口頭発表等

      • ゲノムワイド解析から始める高温痛覚受容の生理学
        碓井理夫
        Biothermology Workshop 2018, 2018年12月25日, 招待有り
      • Belly roll, a member of Ly6/α-Neurotoxin/uPAR proteins, regulates the activity of nociceptive circuitry that evokes avoidance behavior
        碓井理夫
        Behavioral Neurogenetics of Drosophila Larva, 2018年10月07日
      • Information processing mediated by firing rate fluctuations in Drosophila sensory system
        碓井理夫
        The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, 2018年07月27日, 招待有り
      • Control of Dendritic Self-Avoidance by the Seven-Pass Transmembrane Cadherin Flamingo in Drosophila Sensory Neurons.
        碓井 理夫
        CDB Symposium 2009 “Shape and Polarity”, 2009年03月

      書籍等出版物

      • 脳神経化学
        碓井理夫, 分担執筆, 樹状突起パターンを調節する細胞外因性および神経活動に依存したメカニズム
        化学同人, 2018年03月, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 環境依存的に逃避行動を調節する神経生理メカニズムの解析
        基盤研究(C)
        小区分44050:動物生理化学、生理学および行動学関連
        京都大学
        碓井 理夫
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        侵害逃避行動;ショウジョウバエ;環境依存性;寄生蜂
      • 樹状突起の平面交差予防機構の分子レベルでの解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        碓井 理夫
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        樹状突起;突起間交差忌避;細胞間認識タンパク質;てんかん;突起間忌避;生得行動;神経生理;神経発生;カルシウムシグナル;FRET型プローブ
      • 樹状突起の異常交差に起因する“てんかん様症状”の発症機構の追究
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        碓井 理夫
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        てんかん;樹状突起;突起間忌避;生得行動
      • 遺伝学的摂動を用いた樹状突起ジオメトリーの演算原理の追究
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        上村 匡
        自 2010年06月23日, 至 2015年03月31日, 完了
        樹状突起;神経回路;感覚神経;ショウジョウバエ;演算;カルシウムイメージング
      • 7回膜貫通型カドヘリンの下流シグナル因子の探索とその機能解析
        若手研究(B)
        京都大学
        碓井 理夫
        完了
        Flamingo;7回膜貫通型カドヘリン;酵母ツーハイブリッド法;分割ユビキチン再構成法;7回膜通型カドヘリン;平面内細胞極性;神経突起形成;RNAi法;yeast two-hybrid法

      外部資金:その他

      • 単一細胞レベルのパターン形成:細胞極性の制御機構の解明
        戦略的創造研究推進事業
        自 2000年, 至 2004年
        上村 匡
      • 痛覚神経細胞の発火パターンによる行動選択機構の解明
        東レ科学技術助成
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日
        碓井理夫
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物学実習E (5)
          後期, 理学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物学セミナ-B (13)
          後期, 理学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物学実習E
          後期, 理学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物学実習E
          後期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物学セミナ−B
          後期, 理学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物学実習E
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物学実習E
          後期, 理学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物学実習E
          後期集中, 理学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物学実習E
          後期集中, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          研究の原点とルール:Beginning Science
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎生物学実験II
          後期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学実習E
          後期集中, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          研究の原点とルール:Beginning Science
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎生物学実験II
          後期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学セミナ-B
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物学実習E
          後期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          研究の原点とルール:Beginning Science
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Cellular & Molecular Neuroscience
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          多細胞体ネットワーク特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学セミナ-B (13)
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物学実習E (4)
          後期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          発生生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          研究の原点とルール:Beginning Science
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞と分子の基礎生物学実験
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学セミナ-B (13)
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物学実習E (4)
          後期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物科学課題研究20
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          発生生物学II
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          研究の原点とルール:Beginning Science
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (細胞認識学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2006年04月01日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2019年04月01日
            SPFマウス実験室管理委員会 委員
          • 自 2019年04月01日
            SPFマウス実験室運営委員会 委員

          ページ上部へ戻る