教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

萩原 正敏

ハギワラ マサトシ

医学研究科 創薬医学講座(寄附) 寄附講座教員

萩原 正敏
list
    Last Updated :2024/05/11

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • 日本ケミカルバイオロジー研究会
    • 日本癌学会
    • 日本生化学会
    • 日本薬理学会
    • 日本解剖学会
    • 日本分子生物学会

    学位

    • 医学博士(三重大学)

    経歴

    • 東京医科歯科大学 大学院疾患生命科学研究部 形質発現制御学研究室 高次生命制御, 教授

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/05/11

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        mRNAスプライシング制御機構の解明、遺伝病治療薬の開発、抗ウイルス薬の創薬研究
      • 研究概要

        人類は7,000以上の遺伝病に罹患し約35%が異常なRNAスプライシングを伴う。薬剤でRNAのスプライシングパターンを変化させることにより先天性の難病を治すことは可能ではないかと考え、RNAスプライシング制御機構の解明に向けて研究を展開してきた。家族性自律神経失調症という遺伝病はIKBKAP遺伝子のエクソン20のスプライス異常に起因するため、変異型IKBKAP遺伝子を組み込んだスプライシングレポーターを使って化合物スクリーニングを行い、異常スプライシングを正常化させる治療薬候補物質RECTASを見出した。またデュシェンネ型筋ジストロフィー患者の筋芽細胞に、自ら開発したスプライシング制御化合物TG003を投与することによって、筋肉の維持に必要なジストロフィン蛋白質の発現を回復させることもできた。スプライシング操作薬によって、特定の変異を有する患者に対する精密治療が可能で、心ファブリ病、嚢胞性線維症、QT延長症候群などの患者細胞で有効性が確認された。また上記の研究途上に、種々のウイルスRNA合成を特異的に阻害する画期的な抗ウイルス薬FIT-039を見出し、疣贅や子宮頚癌に対する医師主導第1/2相臨床試験が進行中で、新型コロナウイルスへの効果も検討されている。

      研究キーワード

      • 抗ウイルス薬
      • SRPK
      • CREB
      • RNAプロセシング
      • ケミカルバイオロジー
      • Transcriptional Regulation

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ナノテク・材料, 生物分子化学

      論文

      • Screening of factors inducing alveolar type 1 epithelial cells using human pluripotent stem cells.
        Yuko Ohnishi; Atsushi Masui; Takahiro Suezawa; Ryuta Mikawa; Toyohiro Hirai; Masatoshi Hagiwara; Shimpei Gotoh
        Stem cell reports, 2024年04月09日
      • 2SE01 多細胞生物の多様性を生み出した選択的スプライシングの制御機構(限られたゲノム情報からタンパク質の多様性はいかにして生み出されるのか? : 転写と翻訳後の多様化機構)
        萩原 正敏; 黒柳 秀人
        生物物理, 2005年
      • Sfpq-KOマウスをモデルとした骨格筋代謝-筋量制御ネットワークの解析
        細川 元靖; 武内 章英; 谷端 淳; 飯田 慶; 武田 伸一; 萩原 正敏
        日本筋学会学術集会プログラム・抄録集, 2019年08月
      • Astrocyte-targeting therapy rescues cognitive impairment caused by neuroinflammation via the Nrf2 pathway
        Akiko Nakano-Kobayashi; Andres Canela; Toru Yoshihara; Masatoshi Hagiwara
        Proceedings of the National Academy of Sciences, 2023年08月15日
      • Application of the CDK9 inhibitor FIT-039 for the treatment of KSHV-associated malignancy
        Tetsunori Sakamoto; Masahiko Ajiro; Akira Watanabe; Shingo Matsushima; Keiji Ueda; Masatoshi Hagiwara
        BMC Cancer, 2023年01月20日
      • Cryptotanshinone is a candidate therapeutic agent for interstitial lung disease associated with a BRICHOS-domain mutation of SFTPC
        Motoyasu Hosokawa; Ryuta Mikawa; Atsuko Hagiwara; Yukiko Okuno; Tomonari Awaya; Yuki Yamamoto; Senye Takahashi; Haruka Yamaki; Mitsujiro Osawa; Yasuhiro Setoguchi; Megumu K. Saito; Shinji Abe; Toyohiro Hirai; Shimpei Gotoh; Masatoshi Hagiwara
        iScience, 2023年08月
      • Branchpoints as potential targets of exon-skipping therapies for genetic disorders.
        Hiroaki Ohara; Motoyasu Hosokawa; Tomonari Awaya; Atsuko Hagiwara; Ryo Kurosawa; Yukiya Sako; Megumu Ogawa; Masashi Ogasawara; Satoru Noguchi; Yuichi Goto; Ryosuke Takahashi; Ichizo Nishino; Masatoshi Hagiwara
        Molecular therapy. Nucleic acids, 2023年09月12日
      • Identification of the α2 chain of interleukin‐13 receptor as a potential biomarker for predicting castration resistance of prostate cancer using patient‐derived xenograft models
        Takahiro Nagai; Naoki Terada; Masato Fujii; Yasuhisa Nagata; Kozue Nakahara; Shoichiro Mukai; Kosuke Okasho; Yuki Kamiyama; Shusuke Akamatsu; Takashi Kobayashi; Kei Iida; Masatsugu Denawa; Masatoshi Hagiwara; Takahiro Inoue; Osamu Ogawa; Toshiyuki Kamoto
        Cancer Reports, 2022年08月09日
      • iPSC-derived mesenchymal cells that support alveolar organoid development
        Koji Tamai; Kouji Sakai; Haruka Yamaki; Keita Moriguchi; Koichi Igura; Shotaro Maehana; Takahiro Suezawa; Kazuaki Takehara; Masatoshi Hagiwara; Toyohiro Hirai; Shimpei Gotoh
        Cell Reports Methods, 2022年10月
      • イントロン変異を原因とする筋ジストロフィーの治療
        大原 寛明; 細川 元靖; 粟屋 智就; 高橋 良輔; 小笠原 真志; 野口 悟; 後藤 雄一; 西野 一三; 萩原 正敏
        日本筋学会学術集会プログラム・抄録集, 2020年12月
      • Chemical induction of splice-neoantigens attenuates tumor growth in a preclinical model of colorectal cancer
        Shingo Matsushima; Masahiko Ajiro; Kei Iida; Kenji Chamoto; Tasuku Honjo; Masatoshi Hagiwara
        Science Translational Medicine, 2022年11月30日
      • Antagonist of sphingosine 1-phosphate receptor 3 reduces cold injury of rat donor hearts for transplantation
        Eisho Kanemitsu; Xiangdong Zhao; Keiko Iwaisako; Asuka Inoue; Akihide Takeuchi; Shintaro Yagi; Hidetoshi Masumoto; Hiroaki Ohara; Motoyasu Hosokawa; Tomonari Awaya; Junken Aoki; Etsuro Hatano; Shinji Uemoto; Masatoshi Hagiwara
        Translational Research, 2022年11月
      • Method for Identifying Sequence Motifs in Pre-miRNAs for Small-Molecule Binding
        Yusuke Takashima; Asako Murata; Kei Iida; Ayako Sugai; Masatoshi Hagiwara; Kazuhiko Nakatani
        ACS CHEMICAL BIOLOGY, 2022年09月
      • RNA-seq analysis, targeted long-read sequencing and in silico prediction to unravel pathogenic intronic events and complicated splicing abnormalities in dystrophinopathy
        Mariko Okubo; Satoru Noguchi; Tomonari Awaya; Motoyasu Hosokawa; Nobue Tsukui; Megumu Ogawa; Shinichiro Hayashi; Hirofumi Komaki; Madoka Mori-Yoshimura; Yasushi Oya; Yuji Takahashi; Tetsuhiro Fukuyama; Michinori Funato; Yousuke Hosokawa; Satoru Kinoshita; Tsuyoshi Matsumura; Sadao Nakamura; Azusa Oshiro; Hiroshi Terashima; Tetsuro Nagasawa; Tatsuharu Sato; Yumi Shimada; Yasuko Tokita; Masatoshi Hagiwara; Katsuhisa Ogata; Ichizo Nishino
        Human Genetics, 2022年09月01日, 査読有り
      • Author Correction: Therapeutic manipulation of IKBKAP mis-splicing with a small molecule to cure familial dysautonomia.
        Masahiko Ajiro; Tomonari Awaya; Young Jin Kim; Kei Iida; Masatsugu Denawa; Nobuo Tanaka; Ryo Kurosawa; Shingo Matsushima; Saiko Shibata; Tetsunori Sakamoto; Lorenz Studer; Adrian R Krainer; Masatoshi Hagiwara
        Nature communications, 2021年10月12日
      • Safety and Efficacy of FIT039 for Verruca Vulgaris: A Placebo-Controlled, Phase I/II Randomized Controlled Trial.
        Takashi Nomura; Eriko Sumi; Gyohei Egawa; Saeko Nakajima; Eiko Toichi; Nana Inoue; Mami Shibuya; Natsuko Okamoto; Tsuyoshi Mitsuishi; Ryuji Uozumi; Harue Tada; Takayuki Nakagawa; Nobuhiro Kusuba; Aika Okuno; Chihiro Shimizuhira; Makiko Ishikawa; Shiro Tanaka; Masatoshi Hagiwara; Kenji Kabashima
        JID innovations : skin science from molecules to population health, 2021年09月
      • Posttranscriptional Regulation of Glycoprotein Quality Control in the Endoplasmic Reticulum Is Controlled by the E2 Ub-Conjugating Enzyme UBC6e
        Masatoshi Hagiwara; Jingjing Ling; Paul-Albert Koenig; Hidde L. Ploegh
        MOLECULAR CELL, 2016年09月, 査読有り
      • The E2 Ubiquitin-conjugating Enzyme UBE2J1 Is Required for Spermiogenesis in Mice
        Paul-Albert Koenig; Peter K. Nicholls; Florian I. Schmidt; Masatoshi Hagiwara; Takeshi Maruyama; Galit H. Frydman; Nicki Watson; David C. Page; Hidde L. Ploegh
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年12月, 査読有り
      • Synergistic cooperation of PDI family members in peroxiredoxin 4-driven oxidative protein folding
        Yoshimi Sato; Rieko Kojima; Masaki Okumura; Masatoshi Hagiwara; Shoji Masui; Ken-Ichi Maegawa; Masatoshi Saiki; Tomohisa Horibe; Mamoru Suzuki; Kenji Inaba
        Scientific Reports, 2013年, 査読有り
      • Structural Basis of an ERAD Pathway Mediated by the ER-Resident Protein Disulfide Reductase ERdj5
        Masatoshi Hagiwara; Ken-ichi Maegawa; Mamoru Suzuki; Ryo Ushioda; Kazutaka Araki; Yushi Matsumoto; Jun Hoseki; Kazuhiro Nagata; Kenji Inaba
        MOLECULAR CELL, 2011年02月, 査読有り
      • Positive Charges of Translocating Polypeptide Chain Retrieve an Upstream Marginal Hydrophobic Segment from the Endoplasmic Reticulum Lumen to the Translocon
        Hidenobu Fujita; Yuichiro Kida; Masatoshi Hagiwara; Fumiko Morimoto; Masao Sakaguchi
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2010年06月, 査読有り
      • The education system for chemical biology in Japanese universities.
        Hiroyuki Osada; Masatoshi Hagiwara; Kazunobu Toshima; Masaya Imoto
        ACS chemical biology, 2006年09月19日
      • Multicellular modeling of ciliopathy by combining iPS cells and microfluidic airway-on-a-chip technology.
        Naoyuki Sone; Satoshi Konishi; Koichi Igura; Koji Tamai; Satoshi Ikeo; Yohei Korogi; Shuhei Kanagaki; Toshinori Namba; Yuki Yamamoto; Yifei Xu; Kazuhiko Takeuchi; Yuichi Adachi; Toyofumi F Chen-Yoshikawa; Hiroshi Date; Masatoshi Hagiwara; Sachiko Tsukita; Toyohiro Hirai; Yu-Suke Torisawa; Shimpei Gotoh
        Science translational medicine, 2021年07月07日
      • Epigenetic aging in Williams syndrome
        Satoshi Okazaki; Ryo Kimura; Ikuo Otsuka; Kiyotaka Tomiwa; Yasuko Funabiki; Masatoshi Hagiwara; Toshiya Murai; Akitoyo Hishimoto
        Journal of Child Psychology and Psychiatry, 2022年04月13日
      • 低分子スプライス操作化合物による遺伝性疾患の新規治療法開発
        粟屋 智就; 都築 千鶴; 網代 将彦; 齋藤 潤; 萩原 正敏
        脳と発達, 2019年05月
      • Modeling of lung phenotype of Hermansky–Pudlak syndrome type I using patient-specific iPSCs
        Takahiro Suezawa; Shuhei Kanagaki; Yohei Korogi; Kazuhisa Nakao; Toyohiro Hirai; Koji Murakami; Masatoshi Hagiwara; Shimpei Gotoh
        Respiratory Research, 2021年12月
      • Disease modeling of pulmonary fibrosis using human pluripotent stem cell-derived alveolar organoids
        Takahiro Suezawa; Shuhei Kanagaki; Keita Moriguchi; Atsushi Masui; Kazuhisa Nakao; Masayasu Toyomoto; Koji Tamai; Ryuta Mikawa; Toyohiro Hirai; Koji Murakami; Masatoshi Hagiwara; Shimpei Gotoh
        Stem Cell Reports, 2021年11月
      • イントロン変異を原因とする筋ジストロフィーの治療
        大原 寛明; 細川 元靖; 粟屋 智就; 高橋 良輔; 小笠原 真志; 野口 悟; 後藤 雄一; 西野 一三; 萩原 正敏
        日本筋学会学術集会プログラム・抄録集, 2020年12月
      • Core-shell hydrogel microfiber-expanded pluripotent stem cell-derived lung progenitors applicable to lung reconstruction in vivo
        Satoshi Ikeo; Yuki Yamamoto; Kazuhiro Ikeda; Naoyuki Sone; Yohei Korogi; Lucia Tomiyama; Hisako Matsumoto; Toyohiro Hirai; Masatoshi Hagiwara; Shimpei Gotoh
        Biomaterials, 2021年09月
      • Therapeutic manipulation of IKBKAP mis-splicing with a small molecule to cure familial dysautonomia.
        Masahiko Ajiro; Tomonari Awaya; Young Jin Kim; Kei Iida; Masatsugu Denawa; Nobuo Tanaka; Ryo Kurosawa; Shingo Matsushima; Saiko Shibata; Tetsunori Sakamoto; Rolenz Studer; Adrian R Krainer; Masatoshi Hagiwara
        Nature communications, 2021年07月23日
      • Endogenous agonist-bound S1PR3 structure reveals determinants of G protein-subtype bias.
        Shintaro Maeda; Yuki Shiimura; Hidetsugu Asada; Kunio Hirata; Fangjia Luo; Eriko Nango; Nobuo Tanaka; Masayasu Toyomoto; Asuka Inoue; Junken Aoki; So Iwata; Masatoshi Hagiwara
        Science advances, 2021年06月
      • CDC2-like (CLK) protein kinase inhibition as a novel targeted therapeutic strategy in prostate cancer.
        Simon Uzor; Sean R Porazinski; Ling Li; Bethany Clark; Masahiko Ajiro; Kei Iida; Masatoshi Hagiwara; Abdullah A Alqasem; Claire M Perks; Ian D Wilson; Sebastian Oltean; Michael R Ladomery
        Scientific reports, 2021年04月12日
      • Hydroxypropyl Cyclodextrin Improves Amiodarone-induced Aberrant Lipid Homeostasis of Alveolar Cells.
        Shuhei Kanagaki; Takahiro Suezawa; Keita Moriguchi; Kazuhisa Nakao; Masayasu Toyomoto; Yuki Yamamoto; Koji Murakami; Masatoshi Hagiwara; Shimpei Gotoh
        American journal of respiratory cell and molecular biology, 2021年04月
      • S1PR3-G12-biased agonist ALESIA targets cancer metabolism and promotes glucose starvation.
        Masayasu Toyomoto; Asuka Inoue; Kei Iida; Masatsugu Denawa; Isao Kii; Francois Marie Ngako Kadji; Takayuki Kishi; Dohyun Im; Tatsuro Shimamura; Hiroshi Onogi; Suguru Yoshida; So Iwata; Junken Aoki; Takamitsu Hosoya; Masatoshi Hagiwara
        Cell chemical biology, 2021年02月02日
      • Directed induction of alveolar type I cells derived from pluripotent stem cells via Wnt signaling inhibition.
        Shuhei Kanagaki; Satoshi Ikeo; Takahiro Suezawa; Yuki Yamamoto; Masahide Seki; Toyohiro Hirai; Masatoshi Hagiwara; Yutaka Suzuki; Shimpei Gotoh
        Stem cells (Dayton, Ohio), 2021年02月
      • Therapeutics potentiating microglial p21-Nrf2 axis can rescue neurodegeneration caused by neuroinflammation.
        A Nakano-Kobayashi; A Fukumoto; A Morizane; D T Nguyen; T M Le; K Hashida; T Hosoya; R Takahashi; J Takahashi; O Hori; M Hagiwara
        Science advances, 2020年11月
      • Identification of Qk as a Glial Precursor Cell Marker that Governs the Fate Specification of Neural Stem Cells to a Glial Cell Lineage.
        Akihide Takeuchi; Yuji Takahashi; Kei Iida; Motoyasu Hosokawa; Koichiro Irie; Mikako Ito; J B Brown; Kinji Ohno; Kinichi Nakashima; Masatoshi Hagiwara
        Stem cell reports, 2020年10月13日, 査読有り
      • Mechanism-Based Personalized Medicine for Cystic Fibrosis by Suppressing Pseudo Exon Inclusion.
        Saiko Shibata; Masahiko Ajiro; Masatoshi Hagiwara
        Cell chemical biology, 2020年09月07日, 査読有り
      • Integrated DNA methylation analysis reveals a potential role for ANKRD30B in Williams syndrome.
        Ryo Kimura; Roy Lardenoije; Kiyotaka Tomiwa; Yasuko Funabiki; Masatoshi Nakata; Shiho Suzuki; Tomonari Awaya; Takeo Kato; Shin Okazaki; Toshiya Murai; Toshio Heike; Bart P F Rutten; Masatoshi Hagiwara
        Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology, 2020年09月, 査読有り
      • Multilateral Bioinformatics Analyses Reveal the Function-Oriented Target Specificities and Recognition of the RNA-Binding Protein SFPQ.
        Kei Iida; Masatoshi Hagiwara; Akihide Takeuchi
        iScience, 2020年07月24日, 査読有り
      • RNA binding activity of HSV-2 ICP27 protein
        Hidenobu Kawamura; Takayuki Nojima; Takako Oshiro-Ideue; Naoyuki Kataoka; Masatoshi Hagiwara
        RNA & DISEASE, 2020年06月17日, 査読有り
      • Different effects of methylphenidate and atomoxetine on the behavior and brain transcriptome of zebrafish.
        Shiho Suzuki; Ryo Kimura; Shingo Maegawa; Masatoshi Nakata; Masatoshi Hagiwara
        Molecular brain, 2020年05月06日, 査読有り
      • Dysregulation of the oxytocin receptor gene in Williams syndrome.
        Ryo Kimura; Kiyotaka Tomiwa; Ryo Inoue; Shiho Suzuki; Masatoshi Nakata; Tomonari Awaya; Takeo Kato; Shin Okazaki; Toshio Heike; Masatoshi Hagiwara
        Psychoneuroendocrinology, 2020年05月, 査読有り
      • High-resolution imaging mass spectrometry combined with transcriptomic analysis identified a link between fatty acid composition of phosphatidylinositols and the immune checkpoint pathway at the primary tumour site of breast cancer.
        Masahiro Kawashima; Mariko Tokiwa; Tomomi Nishimura; Yukiko Kawata; Masahiro Sugimoto; Tatsuki R Kataoka; Takaki Sakurai; Keiko Iwaisako; Eiji Suzuki; Masatoshi Hagiwara; Adrian L Harris; Masakazu Toi
        British journal of cancer, 2020年01月, 査読有り
      • MicroRNA profiling in adults with high-functioning autism spectrum disorder.
        Masatoshi Nakata; Ryo Kimura; Yasuko Funabiki; Tomonari Awaya; Toshiya Murai; Masatoshi Hagiwara
        Molecular brain, 2019年10月21日, 査読有り
      • An epigenetic biomarker for adult high-functioning autism spectrum disorder.
        Ryo Kimura; Masatoshi Nakata; Yasuko Funabiki; Shiho Suzuki; Tomonari Awaya; Toshiya Murai; Masatoshi Hagiwara
        Scientific reports, 2019年09月20日, 査読有り
      • The efficacy of a cyclin dependent kinase 9 (CDK9) inhibitor, FIT039, on verruca vulgaris: study protocol for a randomized controlled trial.
        Takashi Nomura; Eriko Sumi; Gyohei Egawa; Saeko Nakajima; Eiko Toichi; Ryuji Uozumi; Harue Tada; Takayuki Nakagawa; Masatoshi Hagiwara; Kenji Kabashima
        Trials, 2019年08月09日, 査読有り
      • In Vitro Disease Modeling of Hermansky-Pudlak Syndrome Type 2 Using Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Alveolar Organoids.
        Yohei Korogi; Shimpei Gotoh; Satoshi Ikeo; Yuki Yamamoto; Naoyuki Sone; Koji Tamai; Satoshi Konishi; Tadao Nagasaki; Hisako Matsumoto; Isao Ito; Toyofumi F Chen-Yoshikawa; Hiroshi Date; Masatoshi Hagiwara; Isao Asaka; Akitsu Hotta; Michiaki Mishima; Toyohiro Hirai
        Stem cell reports, 2019年07月09日, 査読有り
      • Integrative network analysis reveals biological pathways associated with Williams syndrome
        Ryo Kimura; Vivek Swarup; Kiyotaka Tomiwa; Michael J. Gandal; Neelroop N. Parikshak; Yasuko Funabiki; Masatoshi Nakata; Tomonari Awaya; Takeo Kato; Kei Iida; Shin Okazaki; Kanae Matsushima; Toshihiro Kato; Toshiya Murai; Toshio Heike; Daniel H. Geschwind; Masatoshi Hagiwara
        Journal of Child Psychology and Psychiatry, 2019年05月, 査読有り
      • Verification and rectification of cell type-specific splicing of a Seckel syndrome-associated ATR mutation using iPS cell model.
        Jose Ichisima; Naoya M Suzuki; Bumpei Samata; Tomonari Awaya; Jun Takahashi; Masatoshi Hagiwara; Tatsutoshi Nakahata; Megumu K Saito
        Journal of human genetics, 2019年05月, 査読有り
      • Loss of RNA-Binding Protein Sfpq Causes Long-Gene Transcriptopathy in Skeletal Muscle and Severe Muscle Mass Reduction with Metabolic Myopathy.
        Motoyasu Hosokawa; Akihide Takeuchi; Jun Tanihata; Kei Iida; Shin'ichi Takeda; Masatoshi Hagiwara
        iScience, 2019年03月29日, 査読有り
      • In Vitro Disease Modeling of Hermansky-Pudlak Syndrome Type 2 Using Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Alveolar Organoids.
        Korogi Y; Gotoh S; Ikeo S; Yamamoto Y; Sone N; Tamai K; Konishi S; Nagasaki T; Matsumoto H; Ito I; Chen-Yoshikawa TF; Date H; Hagiwara M; Asaka I; Hotta A; Mishima M; Hirai T
        Stem cell reports, 2019年03月05日, 査読有り
      • Rescue of recurrent deep intronic mutation underlying cell type-dependent quantitative NEMO deficiency.
        Bertrand Boisson; Yoshitaka Honda; Masahiko Ajiro; Jacinta Bustamante; Matthieu Bendavid; Andrew R Gennery; Yuri Kawasaki; Jose Ichishima; Mitsujiro Osawa; Hiroshi Nihira; Takeshi Shiba; Takayuki Tanaka; Maya Chrabieh; Benedetta Bigio; Hong Hur; Yuval Itan; Yupu Liang; Satoshi Okada; Kazushi Izawa; Ryuta Nishikomori; Osamu Ohara; Toshio Heike; Laurent Abel; Anne Puel; Megumu K Saito; Jean-Laurent Casanova; Masatoshi Hagiwara; Takahiro Yasumi
        The Journal of clinical investigation, 2019年02月01日, 査読有り
      • Safety and Plasma Concentrations of a Cyclin-dependent Kinase 9 (CDK9) Inhibitor, FIT039, Administered by a Single Adhesive Skin Patch Applied on Normal Skin and Cutaneous Warts.
        Sumi E; Nomura T; Asada R; Uozumi R; Tada H; Amino Y; Sawada T; Yonezawa A; Hagiwara M; Kabashima K
        Clinical drug investigation, 2018年10月, 査読有り
      • Necrostatin-7 suppresses RANK-NFATc1 signaling and attenuates macrophage to osteoclast differentiation.
        Hiroaki Fuji; Saori Ohmae; Naruto Noma; Masatoshi Takeiri; Hideto Yasutomi; Kazuya Izumi; Moe Ito; Masayasu Toyomoto; Soichiro Iwaki; Kenji Takemoto; Satoru Seo; Kojiro Taura; Shigeaki Hida; Mineyoshi Aoyama; Yasushi Ishihama; Masatoshi Hagiwara; Norihiko Takeda; Etsuro Hatano; Keiko Iwaisako; Shinji Uemoto; Masataka Asagiri
        Biochemical and biophysical research communications, 2018年09月05日, 査読有り
      • CDK9 Inhibitor FIT-039 Suppresses Viral Oncogenes E6 and E7 and Has a Therapeutic Effect on HPV-Induced Neoplasia.
        Ajiro M; Sakai H; Onogi H; Yamamoto M; Sumi E; Sawada T; Nomura T; Kabashima K; Hosoya T; Hagiwara M
        Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 2018年09月, 査読有り
      • The 40th Anniversary of the Congenital Anomaly Research Center, Kyoto University Graduate School of Medicine
        Shigehito Yamada; Momoko Nagai; Masatoshi Hagiwara
        The Anatomical Record, 2018年06月, 査読有り
      • Loss of Sfpq Causes Long-Gene Transcriptopathy in the Brain.
        Akihide Takeuchi; Kei Iida; Toshiaki Tsubota; Motoyasu Hosokawa; Masatsugu Denawa; J B Brown; Kensuke Ninomiya; Mikako Ito; Hiroshi Kimura; Takaya Abe; Hiroshi Kiyonari; Kinji Ohno; Masatoshi Hagiwara
        Cell reports, 2018年05月01日, 査読有り
      • Convergent synthesis of trifunctional molecules by three sequential azido-type-selective cycloadditions
        Suguru Yoshida; Kimiyuki Kanno; Isao Kii; Yoshihiro Misawa; Masatoshi Hagiwara; Takamitsu Hosoya
        Chemical Communications, 2018年, 査読有り
      • Williams-Beuren Syndrome as a Potential Risk Factor for Burkitt Lymphoma.
        Kimura R; Ishii Y; Tomiwa K; Awaya T; Nakata M; Kato T; Okazaki S; Heike T; Hagiwara M
        Frontiers in genetics, 2018年, 査読有り
      • Downregulation of neuropilin-1 on macrophages modulates antibody-mediated tumoricidal activity
        Kosuke Kawaguchi; Eiji Suzuki; Mariko Nishie; Isao Kii; Tatsuki R. Kataoka; Masahiro Hirata; Masashi Inoue; Fengling Pu; Keiko Iwaisako; Moe Tsuda; Ayane Yamaguchi; Hironori Haga; Masatoshi Hagiwara; Masakazu Toi
        CANCER IMMUNOLOGY IMMUNOTHERAPY, 2017年09月, 査読有り
      • RBM24 promotes U1 snRNP recognition of the mutated 5 ' splice site in the IKBKAP gene of familial dysautonomia
        Kenji Ohe; Mayumi Yoshida; Akiko Nakano-Kobayashi; Motoyasu Hosokawa; Yukiya Sako; Maki Sakuma; Yukiko Okuno; Tomomi Usui; Kensuke Ninomiya; Takayuki Nojima; Naoyuki Kataoka; Masatoshi Hagiwara
        RNA, 2017年09月, 査読有り
      • Prenatal neurogenesis induction therapy normalizes brain structure and function in Down syndrome mice
        Akiko Nakano-Kobayashi; Tomonari Awaya; Isao Kii; Yuto Sumida; Yukiko Okuno; Suguru Yoshida; Tomoe Sumida; Haruhisa Inoue; Takamitsu Hosoya; Masatoshi Hagiwara
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2017年09月, 査読有り
      • Synthetic ligand promotes gene expression by affecting GC sequence in promoter
        Saki Matsumoto; Kei Iida; Asako Murata; Masatsugu Denawa; Masatoshi Hagiwara; Kazuhiko Nakatani
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2017年08月, 査読有り
      • Retinoid derivative Tp80 exhibits anti-hepatitis C virus activity through restoration of GI-GPx expression
        Bao Ngoc Nguyen; Yukiko Okuno; Masahiko Ajiro; Kei Iida; Masatsugu Denawa; Makoto Yamamoto; Naoya Sakamoto; Hiroyuki Kagechika; Masatoshi Hagiwara
        JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 2017年07月, 査読有り
      • Development of an orally available inhibitor of CLK1 for skipping a mutated dystrophin exon in Duchenne muscular dystrophy
        Yukiya Sako; Kensuke Ninomiya; Yukiko Okuno; Masayasu Toyomoto; Atsushi Nishida; Yuka Koike; Kenji Ohe; Isao Kii; Suguru Yoshida; Naohiro Hashimoto; Takamitsu Hosoya; Masafumi Matsuo; Masatoshi Hagiwara
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年05月, 査読有り
      • In vitro expansion of mouse primordial germ cell-like cells recapitulates an epigenetic blank slate.
        Ohta H; Kurimoto K; Okamoto I; Nakamura T; Yabuta Y; Miyauchi H; Yamamoto T; Okuno Y; Hagiwara M; Shirane K; Sasaki H; Saitou M
        The EMBO journal, 2017年05月, 査読有り
      • Actin-binding protein coronin 1A controls osteoclastic bone resorption by regulating lysosomal secretion of cathepsin K
        Saori Ohmae; Naruto Noma; Masayasu Toyomoto; Masahiro Shinohara; Masatoshi Takeiri; Hiroaki Fuji; Kenji Takemoto; Keiko Iwaisako; Tomoko Fujita; Norihiko Takeda; Makoto Kawatani; Mineyoshi Aoyama; Masatoshi Hagiwara; Yasushi Ishihama; Masataka Asagiri
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年03月, 査読有り
      • Transport Granules Bound with Nuclear Cap Binding Protein and Exon Junction Complex Are Associated with Microtubules and Spatially Separated from eIF4E Granules and P Bodies in Human Neuronal Processes.
        Dan O Wang; Kensuke Ninomiya; Chihiro Mori; Ayako Koyama; Martine Haan; Makoto Kitabatake; Masatoshi Hagiwara; Kazuhiro Chida; Shin-Ichiro Takahashi; Mutsuhito Ohno; Naoyuki Kataoka
        Frontiers in molecular biosciences, 2017年, 査読有り
      • Cancer-specific mutations in p53 induce the translation of Δ160p53 promoting tumorigenesis.
        Candeias MM; Hagiwara M; Matsuda M
        EMBO reports, 2016年11月, 査読有り
      • Inhibitory effect of CDK9 inhibitor FIT-039 on hepatitis B virus propagation
        Tomohisa Tanaka; Kaori Okuyama-Dobashi; Shuko Murakami; Wenjia Chen; Toru Okamoto; Keiji Ueda; Takamitsu Hosoya; Yoshiharu Matsuura; Akihide Ryo; Yasuhito Tanaka; Masatoshi Hagiwara; Kohji Moriishi
        ANTIVIRAL RESEARCH, 2016年09月, 査読有り
      • Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process
        Isao Kii; Yuto Sumida; Toshiyasu Goto; Rie Sonamoto; Yukiko Okuno; Suguru Yoshida; Tomoe Kato-Sumida; Yuka Koike; Minako Abe; Yosuke Nonaka; Teikichi Ikura; Nobutoshi Ito; Hiroshi Shibuya; Takamitsu Hosoya; Masatoshi Hagiwara
        NATURE COMMUNICATIONS, 2016年04月, 査読有り
      • SRPK1/CK2阻害活性を有する新規血管新生阻害局所薬
        諸岡 諭; 伊藤 暢聡; 細谷 孝充; 野田 航介; 石田 晋; 萩原 正敏; 吉村 長久
        日本眼科学会雑誌, 2015年12月
      • Selective inhibition of HIV-1 replication by the CDK9 inhibitor FIT-039
        Mika Okamoto; Akemi Hidaka; Masaaki Toyama; Takamitsu Hosoya; Makoto Yamamoto; Masatoshi Hagiwara; Masanori Baba
        ANTIVIRAL RESEARCH, 2015年11月, 査読有り
      • Deciphering targeting rules of splicing modulator compounds: case of TG003
        Maki Sakuma; Kei Iida; Masatoshi Hagiwara
        BMC MOLECULAR BIOLOGY, 2015年09月, 査読有り
      • Na, K-ATPase α3 is a death target of Alzheimer patient amyloid-β assembly.
        Ohnishi T; Yanazawa M; Sasahara T; Kitamura Y; Hiroaki H; Fukazawa Y; Kii I; Nishiyama T; Kakita A; Takeda H; Takeuchi A; Arai Y; Ito A; Komura H; Hirao H; Satomura K; Inoue M; Muramatsu S; Matsui K; Tada M; Sato M; Saijo E; Shigemitsu Y; Sakai S; Umetsu Y; Goda N; Takino N; Takahashi H; Hagiwara M; Sawasaki T; Iwasaki G; Nakamura Y; Nabeshima Y; Teplow DB; Hoshi M
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2015年08月, 査読有り
      • Identification of a DYRK1A Inhibitor that Induces Degradation of the Target Kinase using Co-chaperone CDC37 fused with Luciferase nanoKAZ
        Rie Sonamoto; Isao Kii; Yuka Koike; Yuto Sumida; Tomoe Kato-Sumida; Yukiko Okuno; Takamitsu Hosoya; Masatoshi Hagiwara
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年08月, 査読有り
      • Identification of a Dual Inhibitor of SRPK1 and CK2 That Attenuates Pathological Angiogenesis of Macular Degeneration in Mice
        Satoshi Morooka; Mitsuteru Hoshina; Isao Kii; Takayoshi Okabe; Hirotatsu Kojima; Naoko Inoue; Yukiko Okuno; Masatsugu Denawa; Suguru Yoshida; Junichi Fukuhara; Kensuke Ninomiya; Teikichi Ikura; Toshio Furuya; Tetsuo Nagano; Kousuke Noda; Susumu Ishida; Takamitsu Hosoya; Nobutoshi Ito; Nagahisa Yoshimura; Masatoshi Hagiwara
        MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2015年08月, 査読有り
      • Design and synthesis of a potent inhibitor of class 1 DYRK kinases as a suppressor of adipogenesis
        So Masaki; Isao Kii; Yuto Sumida; Tomoe Kato-Sumida; Yasushi Ogawa; Nobutoshi Ito; Mitsuhiro Nakamura; Rie Sonamoto; Naoyuki Kataoka; Takamitsu Hosoya; Masatoshi Hagiwara
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2015年08月, 査読有り
      • Rectifier of aberrant mRNA splicing recovers tRNA modification in familial dysautonomia
        Mayumi Yoshida; Naoyuki Kataoka; Kenjyo Miyauchi; Kenji Ohe; Kei Iida; Suguru Yoshida; Takayuki Nojima; Yukiko Okuno; Hiroshi Onogi; Tomomi Usui; Akihide Takeuchi; Takamitsu Hosoya; Tsutomu Suzuki; Masatoshi Hagiwaraa
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2015年03月, 査読有り
      • RBFOX and SUP-12 sandwich a G base to cooperatively regulate tissue-specific splicing
        Kanako Kuwasako; Mari Takahashi; Satoru Unzai; Kengo Tsuda; Seiko Yoshikawa; Fahu He; Naohiro Kobayashi; Peter Guentert; Mikako Shirouzu; Takuhiro Ito; Akiko Tanaka; Shigeyuki Yokoyama; Masatoshi Hagiwara; Hidehito Kuroyanagi; Yutaka Muto
        NATURE STRUCTURAL & MOLECULAR BIOLOGY, 2014年09月, 査読有り
      • CDK9 inhibitor FIT-039 prevents replication of multiple DNA viruses
        Makoto Yamamoto; Hiroshi Onogi; Isao Kii; Suguru Yoshida; Kei Iida; Hiroyuki Sakai; Minako Abe; Toshiaki Tsubota; Nobutoshi Ito; Takamitsu Hosoya; Masatoshi Hagiwara
        JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 2014年08月, 査読有り
      • Alleviation of behavioral hypersensitivity in mouse models of inflammatory pain with two structurally different casein kinase 1 (CK1) inhibitors
        Takashi Kurihara; Eri Sakurai; Masayasu Toyomoto; Isao Kii; Daisuke Kawamoto; Toshihide Asada; Tsutomu Tanabe; Megumu Yoshimura; Masatoshi Hagiwara; Atsuro Miyata
        MOLECULAR PAIN, 2014年03月, 査読有り
      • Topical Antiangiogenic SRPK1 Inhibitors Reduce Choroidal Neovascularization in Rodent Models of Exudative AMD
        Melissa V. Gammons; Oleg Fedorov; David Ivison; Chunyun Du; Tamsyn Clark; Claire Hopkins; Masatoshi Hagiwara; Andrew D. Dick; Russell Cox; Steven J. Harper; Jules C. Hancox; Stefan Knapp; David O. Bates
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2013年09月, 査読有り
      • Inhibition of DYRK1A destabilizes EGFR and reduces EGFR-dependent glioblastoma growth
        Natividad Pozo; Cristina Zahonero; Paloma Fernandez; Jose M. Linares; Angel Ayuso; Masatoshi Hagiwara; Angel Perez; Jose R. Ricoy; Aurelio Hernandez-Lain; Juan M. Sepulveda; Pilar Sanchez-Gomez
        JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 2013年06月, 査読有り
      • Position-dependent and neuron-specific splicing regulation by the CELF family RNA-binding protein UNC-75 in Caenorhabditis elegans
        Hidehito Kuroyanagi; Yohei Watanabe; Yutaka Suzuki; Masatoshi Hagiwara
        Nucleic Acids Research, 2013年04月, 査読有り
      • CELF Family RNA-Binding Protein UNC-75 Regulates Two Sets of Mutually Exclusive Exons of the unc-32 Gene in Neuron-Specific Manners in Caenorhabditis elegans
        Hidehito Kuroyanagi; Yohei Watanabe; Masatoshi Hagiwara
        PLoS Genetics, 2013年02月, 査読有り
      • Specific inhibition of serine/arginine-rich protein kinase attenuates choroidal neovascularization
        Zhenyu Dong; Kousuke Noda; Atsuhiro Kanda; Junichi Fukuhara; Ryo Ando; Miyuki Murata; Wataru Saito; Masatoshi Hagiwara; Susumu Ishida
        MOLECULAR VISION, 2013年03月, 査読有り
      • hDbr1 is a nucleocytoplasmic shuttling protein with a protein phosphatase-like motif essential for debranching activity.
        Naoyuki Kataoka; Izumi Dobashi; Masatoshi Hagiwara; Mutsuhito Ohno
        Scientific reports, 2013年, 査読有り
      • Identification of Novel N-(Morpholine-4-Carbonyloxy) Amidine Compounds as Potent Inhibitors against Hepatitis C Virus Replication
        Akiko Kusano-Kitazume; Naoya Sakamoto; Yukiko Okuno; Yuko Sekine-Osajima; Mina Nakagawa; Sei Kakinuma; Kei Kiyohashi; Sayuri Nitta; Miyako Murakawa; Seishin Azuma; Yuki Nishimura-Sakurai; Masatoshi Hagiwara; Mamoru Watanabe
        ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 2012年03月, 査読有り
      • The distribution of phosphorylated SR proteins and alternative splicing are regulated by RANBP2
        Noriko Saitoh; Chiyomi Sakamoto; Masatoshi Hagiwara; Lourdes T. Agredano-Moreno; Luis Felipe Jimenez-Garcia; Mitsuyoshi Nakao
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2012年03月, 査読有り
      • Muscle-Specific Splicing Factors ASD-2 and SUP-12 Cooperatively Switch Alternative Pre-mRNA Processing Patterns of the ADF/Cofilin Gene in Caenorhabditis elegans
        Genta Ohno; Kanako Ono; Marina Togo; Yohei Watanabe; Shoichiro Ono; Masatoshi Hagiwara; Hidehito Kuroyanagi
        PLoS Genetics, 2012年10月, 査読有り
      • WT1 Mutants Reveal SRPK1 to Be a Downstream Angiogenesis Target by Altering VEGF Splicing
        Elianna M. Amin; Sebastian Oltean; Jing Hua; Melissa V. R. Gammons; Maryam Hamdollah-Zadeh; Gavin I. Welsh; Man-Kim Cheung; Lan Ni; Satoru Kase; Emma S. Renne; Kirsty E. Symonds; Dawid G. Nowak; Brigitte Royer-Pokora; Moin A. Saleem; Masatoshi Hagiwara; Valerie A. Schumacher; Steven J. Harper; David R. Hinton; David O. Bates; Michael R. Ladomery
        CANCER CELL, 2011年12月, 査読有り
      • Stress-responsive maturation of Clk1/4 pre-mRNAs promotes phosphorylation of SR splicing factor
        Kensuke Ninomiya; Naoyuki Kataoka; Masatoshi Hagiwara
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2011年10月, 査読有り
      • Specific Y14 domains mediate its nucleo-cytoplasmic shuttling and association with spliced mRNA
        Naoyuki Kataoka; Michael D. Diem; Mayumi Yoshida; Chihiro Hatai; Izumi Dobashi; Gideon Dreyfuss; Masatoshi Hagiwara; Mutsuhito Ohno
        SCIENTIFIC REPORTS, 2011年09月, 査読有り
      • The Kinase Inhibitor SFV785 Dislocates Dengue Virus Envelope Protein from the Replication Complex and Blocks Virus Assembly
        Azlinda Anwar; Takamitsu Hosoya; Kok Mun Leong; Hiroshi Onogi; Yukiko Okuno; Toshiyuki Hiramatsu; Hiroko Koyama; Masaaki Suzuki; Masatoshi Hagiwara; Mariano A. Garcia-Blanco
        PLOS ONE, 2011年08月, 査読有り
      • Leucettines, a Class of Potent Inhibitors of cdc2-Like Kinases and Dual Specificity, Tyrosine Phosphorylation Regulated Kinases Derived from the Marine Sponge Leucettamine B: Modulation of Alternative Pre-RNA Splicing
        Mansour Debdab; Francois Carreaux; Steven Renault; Meera Soundararajan; Oleg Fedorov; Panagis Filippakopoulos; Olivier Lozach; Lucie Babault; Tania Tahtouh; Blandine Baratte; Yasushi Ogawa; Masatoshi Hagiwara; Andreas Eisenreich; Ursula Rauch; Stefan Knapp; Laurent Meijer; Jean-Pierre Bazureau
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2011年06月, 査読有り
      • Chemical treatment enhances skipping of a mutated exon in the dystrophin gene
        Atsushi Nishida; Naoyuki Kataoka; Yasuhiro Takeshima; Mariko Yagi; Hiroyuki Awano; Mitsunori Ota; Kyoko Itoh; Masatoshi Hagiwara; Masafumi Matsuo
        NATURE COMMUNICATIONS, 2011年05月, 査読有り
      • Fgfr1 and the IIIc Isoform of Fgfr2 Play Critical Roles in the Metanephric Mesenchyme Mediating Early Inductive Events in Kidney Development
        Sunder Sims-Lucas; Brian Cusack; Jeffrey Baust; Veraragavan P. Eswarakumar; Hagiwara Masatoshi; Akihide Takeuchi; Carlton M. Bates
        DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 2011年01月, 査読有り
      • Development of a novel selective inhibitor of the Down syndrome-related kinase Dyrk1A
        Yasushi Ogawa; Yosuke Nonaka; Toshiyasu Goto; Eriko Ohnishi; Toshiyuki Hiramatsu; Isao Kii; Miyo Yoshida; Teikichi Ikura; Hiroshi Onogi; Hiroshi Shibuya; Takamitsu Hosoya; Nobutoshi Ito; Masatoshi Hagiwara
        NATURE COMMUNICATIONS, 2010年10月, 査読有り
      • Visualization and genetic analysis of alternative splicing regulation in vivo using fluorescence reporters in transgenic Caenorhabditis elegans
        Hidehito Kuroyanagi; Genta Ohno; Hiroaki Sakane; Hiroyuki Maruoka; Masatoshi Hagiwara
        NATURE PROTOCOLS, 2010年09月, 査読有り
      • Inhibition of Hepatitis C Virus Replication by a Specific Inhibitor of Serine-Arginine-Rich Protein Kinase
        Yuko Karakama; Naoya Sakamoto; Yasuhiro Itsui; Mina Nakagawa; Megumi Tasaka-Fujita; Yuki Nishimura-Sakurai; Sei Kakinuma; Masaya Oooka; Seishin Azuma; Kiichiro Tsuchiya; Hiroshi Onogi; Masatoshi Hagiwara; Mamoru Watanabe
        ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 2010年08月, 査読有り
      • Splicing Reporter Mice Revealed the Evolutionally Conserved Switching Mechanism of Tissue-Specific Alternative Exon Selection
        Akihide Takeuchi; Motoyasu Hosokawa; Takayuki Nojima; Masatoshi Hagiwara
        PLOS ONE, 2010年06月, 査読有り
      • Regulation of Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) Splicing from Pro-angiogenic to Anti-angiogenic Isoforms A NOVEL THERAPEUTIC STRATEGY FOR ANGIOGENESIS
        Dawid G. Nowak; Elianna Mohamed Amin; Emma S. Rennel; Coralie Hoareau-Aveilla; Melissa Gammons; Gopinath Damodoran; Masatoshi Hagiwara; Steven J. Harper; Jeanette Woolard; Michael R. Ladomery; David O. Bates
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2010年02月, 査読有り
      • Strain-promoted double-click reaction for chemical modification of azido-biomolecules
        Isao Kii; Akira Shiraishi; Toshiyuki Hiramatsu; Takeshi Matsushita; Hidehiro Uekusa; Suguru Yoshida; Makoto Yamamoto; Akira Kudo; Masatoshi Hagiwara; Takamitsu Hosoya
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2010年, 査読有り
      • Herpesvirus protein ICP27 switches PML isoform by altering mRNA splicing
        Takayuki Nojima; Takako Oshiro-Ideue; Hiroto Nakanoya; Hidenobu Kawamura; Tomomi Morimoto; Yasushi Kawaguchi; Naoyuki Kataoka; Masatoshi Hagiwara
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2009年10月, 査読有り
      • Akt2 regulation of Cdc2-like kinases (Clk/Sty), serine/arginine-rich (SR) protein phosphorylation, and insulin-induced alternative splicing of PKCβII mRNA. Endocrinology, 150, 2087-2097.
        Jiang K; Patel NA; Watson JE; Apostolatos H; Kleiman E; Hanson O; Hagiwara M; Cooper DR
        Endocrinology, 2009年05月, 査読有り
      • Combination of Clk family kinase and SRp75 modulates alternative splicing of Adenovirus E1A
        Jun-ichiro Yomoda; Michiko Muraki; Naoyuki Kataoka; Takamitsu Hosoya; Masaaki Suzuki; Masatoshi Hagiwara; Hiroshi Kimura
        GENES TO CELLS, 2008年03月, 査読有り
      • STAR family RNA-binding protein ASD-2 regulates developmental switching of mutually exclusive alternative splicing in vivo
        Genta Ohno; Masatoshi Hagiwara; Hidehito Kuroyanagi
        GENES & DEVELOPMENT, 2008年02月, 査読有り
      • The Fox-1 family and SUP-12 coordinately regulate tissue-specific alternative splicing in vivo
        Hidehito Kuroyanagi; Genta Ohno; Shohel Mitani; Masatoshi Hagiwara
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2007年12月, 査読有り
      • Spliceostatin A targets SF3b and inhibits both splicing and nuclear retention of pre-mRNA
        Daisuke Kaida; Hajime Motoyoshi; Etsu Tashiro; Takayuki Nojima; Masatoshi Hagiwara; Ken Ishigami; Hidenori Watanabe; Takeshi Kitahara; Tatsuhiko Yoshida; Hidenori Nakajima; Tokio Tani; Sueharu Horinouchi; Minoru Yoshida
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2007年09月, 査読有り
      • Introns play an essential role in splicing-dependent formation of the exon junction complex
        Takashi Ideue; Yasnory T. F. Sasaki; Masatoshi Hagiwara; Tetsuro Hirose
        GENES & DEVELOPMENT, 2007年08月, 査読有り
      • The interaction between cap-binding complex and RNA export factor is required for intronless mRNA export
        Takayuki Nojima; Tetsuro Hirose; Hiroshi Kimura; Masatoshi Hagiwara
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2007年05月, 査読有り
      • Shortened life spans of biotech pioneer patents in Japan: a lesson from the DNA chip
        Tomomi Aida; Atsuo Konishi; Masatoshi Hagiwara; Kazunori Hashimoto
        NATURE BIOTECHNOLOGY, 2007年05月, 査読有り
      • Transgenic alternative-splicing reporters reveal tissue-specific expression profiles and regulation mechanisms in vivo
        Hidehito Kuroyanagi; Tetsuo Kobayashi; Shohei Mitani; Masatoshi Hagiwara
        NATURE METHODS, 2006年11月, 査読有り
      • A novel histone exchange factor, protein phosphatase 2C gamma mediates the exchange and dephosphorylation of H2A-H2B
        Hiroshi Kimura; Nanako Takizawa; Eric Allemand; Tetsuya Hori; Francisco J. Iborra; Naohito Nozaki; Michiko Muraki; Masatoshi Hagiwara; Adrian R. Krainer; Tatsuo Fukagawa; Katsuya Okawa
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2006年11月, 査読有り
      • A molecular neuroethological approach for identifying and characterizing a cascade of behaviorally regulated genes
        Kazuhiro Wada; Jason T. Howard; Patrick McConnell; Osceola Whitney; Thierry Lints; Miriam V. Rivas; Haruhito Horita; Michael A. Patterson; Stephanie A. White; Constance Scharff; Sebastian Haesler; Shengli Zhao; Hironobu Sakaguchi; Masatoshi Hagiwara; Toshiyuki Shiraki; Tomoko Hirozane-Kishikawa; Pate Skene; Yoshihide Hayashizaki; Piero Carninci; Erich D. Jarvis
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2006年10月, 査読有り
      • A spliceosomal intron binding protein, IBP160, links position-dependent assembly of intron-encoded box C/D snoRNP to pre-mRNA splicing
        Tetsuro Hirose; Takashi Ideue; Misato Nagai; Masatoshi Hagiwara; Mei-Di Shu; Joan A. Steitz
        MOLECULAR CELL, 2006年09月, 査読有り
      • Utilization of host SR protein kinases and RNA-splicing machinery during viral replication
        Takeshi Fukuhara; Takamitsu Hosoya; Saki Shimizu; Kengo Sumi; Takako Oshiro; Yoshiyuki Yoshinaka; Masaaki Suzuki; Naoki Yamamoto; Leonore A. Herzenberg; Leonard A. Herzenberg; Masatoshi Hagiwara
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2006年07月, 査読有り
      • Bio-Object, a stochastic simulator for post-transcriptional regulation
        N Ohki; M Hagiwara
        BIOINFORMATICS, 2005年05月, 査読有り
      • Differential expression of glutamate receptors in avian neural pathways for learned vocalization
        K Wada; H Sakaguchi; ED Jarvis; M Hagiwara
        JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY, 2004年08月, 査読有り
      • Regulation of binding of lamin B receptor to chromatin by SR protein kinase and cdc2 kinase in Xenopus egg extracts
        M Takano; Y Koyama; H Ito; S Hoshino; H Onogi; M Hagiwara; K Furukawa; T Horigome
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年03月, 査読有り
      • TNF alpha-induced ATF3 expression is bidirectionally regulated by the JNK and ERK pathways in vascular endothelial cells
        K Inoue; T Zama; T Kamimoto; R Aoki; Y Ikeda; H Kimura; M Hagiwara
        GENES TO CELLS, 2004年01月, 査読有り
      • Involvement of MKK6 in TCRa beta(int)CD69(lo): a target population for apoptotic cell death in thymocytes
        H Suzuki; JH Wu; K Hossain; T Ohhata; J Du; AA Akhand; A Hayakawa; H Kimura; M Hagiwara; Nakashima, I
        FASEB JOURNAL, 2003年06月, 査読有り
      • Effect of cisplatin treatment on speckled distribution of a serine/arginine-rich nuclear protein CROP/]Luc7A
        H Umehara; Y Nishii; M Morishima; Y Kakehi; N Kioka; T Amachi; J Koizumi; M Hagiwara; K Ueda
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年02月, 査読有り
      • Identification of ATF-2 as a transcriptional regulator for the tyrosine hydroxylase gene
        T Suzuki; T Yamakuni; M Hagiwara; H Ichinose
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年10月, 査読有り
      • Identification of methylated proteins by protein arginine N-methyltransferase 1, PRMT1, with a new expression cloning strategy.
        Wada K; Inoue K; Hagiwara M
        Biochimica et biophysica acta, 2002年08月, 査読有り
      • A novel dual specificity phosphatase SKRP1 interacts with the MAPK kinase MKK7 and inactivates the JNK MAPK pathway
        T Zama; R Aoki; T Kamimoto; K Inoue; Y Ikeda; M Hagiwara
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年06月, 査読有り
      • Scaffold role of a mitogen-activated protein kinase phosphatase, SKRP1, for the JNK signaling pathway
        T Zama; R Aoki; T Kamimoto; K Inoue; Y Ikeda; M Hagiwara
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年06月, 査読有り

      MISC

      • INTEGRATED EPIGENETIC ANALYSIS OF WILLIAMS SYNDROME
        Ryo Kimura; Roy Lardenoije; Kiyotaka Tomiwa; Yasuko Funabiki; Masatoshi Nakata; Shiho Suzuki; Tomonari Awaya; Takeo Kato; Shin Okazaki; Toshiya Murai; Toshio Heike; Bart Rutten; Masatoshi Hagiwara
        EUROPEAN NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 2019年10月
      • 外科医が行う臓器保存の研究とその副次的効果
        金光 瑛彰; 趙 向東; 祝迫 恵子; 八木 真太郎; 萩原 正敏
        日本外科学会定期学術集会抄録集, 2021年04月
      • Redox-Dependent Protein Quality Control in the Endoplasmic Reticulum: Folding to Degradation
        Masatoshi Hagiwara; Kazuhiro Nagata
        ANTIOXIDANTS & REDOX SIGNALING, 2012年05月
      • リン酸化依存的スプライシング制御機構 (mRNAプログラム--多様性と非対称性の獲得戦略) -- (スプライシング制御)
        萩原 正敏
        蛋白質核酸酵素, 2009年12月
      • RNAスプライシングの可視化による創薬スクリーニング (特集 RNAプロセシング異常--RNA病を斬る)
        野島 孝之; 萩原 正敏
        細胞工学, 2010年
      • 非オピオイド鎮痛薬の創製
        豊本雅靖; 豊本雅靖; 栗原崇; 中川貴之; 井上飛鳥; 木村亮; 喜井勲; 喜井勲; 澤田照夫; 澤田照夫; 荻原孝史; 荻原孝史; 永安一樹; 岸貴之; 小野木博; 小野木博; 田口純平; 吉田優; 青木淳賢; 青木淳賢; 細谷孝充; 萩原正敏
        鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集, 2021年
      • 変異ジストロフィン遺伝子に対するエクソンスキップ誘導活性を有する化合物の探索
        二宮賢介; 佐古有季哉; 喜井勲; 細谷孝充; 萩原正敏
        日本RNA学会年会要旨集, 2015年
      • 異種アジド選択的逐次クリック反応:機能性分子集積への展開
        菅野貴美幸; 吉田優; 喜井勲; 松下武司; 萩原正敏; 細谷孝充
        日本化学会講演予稿集, 2013年
      • DYRK1A and cognition: A lifelong relationship.
        Arbones ML; Thomazeau A; Nakano-Kobayashi A; Hagiwara M; Delabar JM
        Pharmacology & therapeutics, 2018年09月, 査読有り
      • Modulation of Alternative Splicing with Chemical Compounds in New Therapeutics for Human Diseases
        Kenji Ohe; Masatoshi Hagiwara
        ACS CHEMICAL BIOLOGY, 2015年04月, 査読有り
      • 抗C型肝炎ウイルス能をもつ低分子化合物の同定
        奥野友紀子; NGUYEN Bao Ngoc; NGUYEN Bao Ngoc; 飯田慶; 出縄政嗣; 坂本直哉; 影近弘之; 萩原正敏
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年
      • 筋ジストロフィーに対するトランスレーショナル・リサーチ I.エクソン・スキップ ジストロフィンpre-mRNAのスプライシングを変化させる低分子化合物の探索
        萩原正敏; 松尾雅文; 片岡直行; 飯田慶; 西田篤史
        筋ジストロフィーに対するトランスレーショナル・リサーチ 平成22-24年度 総括研究報告書, 2013年
      • 筋ジストロフィーに対するトランスクリプトーム創薬の試み
        飯田慶; 飯田慶; 片岡直行; 西田篤史; 川口修治; 豊田哲郎; 古野正朗; 松尾雅文; 林崎良英; 萩原正敏
        日本RNA学会年会要旨集, 2013年
      • 家族性自律神経失調症におけるIKBKAP遺伝子の異常スプライシング機構の解析
        片岡直行; 吉田真弓; 薄井知美; 佐久間真希; 萩原正敏
        日本RNA学会年会要旨集, 2013年
      • Challenges to congenital genetic disorders with "RNA-targeting" chemical compounds
        Yasushi Ogawa; Masatoshi Hagiwara
        PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS, 2012年06月, 査読有り
      • 抗HCV活性を有するN-(morpholine-4-carbonyloxy)amidine化合物の同定
        北詰晶子; 坂本直哉; 奥野友紀子; 中川美奈; 中川美奈; 柿沼晴; 柿沼晴; 幾世橋佳; 新田沙由梨; 村川美也子; 東正新; 櫻井幸; 萩原正敏; 渡辺守
        肝臓, 2012年
      • パーキンソン病におけるPINK1/Parkin及びミトコンドリア機能調節低分子化合物の網羅的解析
        張長亮; 奥野友紀子; 萩原正敏; 高橋良輔
        パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 2012年
      • PUF60は筋分化特異的な選択的スプライシングの調節因子であり,筋発生に必要である
        片岡直行; 野島孝之; 大城(井手上)杜子; 武内章英; 喜井勲; 萩原正敏
        日本RNA学会年会要旨集, 2012年
      • 家族性自律神経失調症原因遺伝子IKBKAPの異常スプライシング機構の解析
        片岡直行; 吉田真弓; 薄井知美; 佐久間真紀; 萩原正敏
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • 蛍光蛋白発現HCV培養系を用いたHigh-content screening assayの樹立及びHCVエントリー阻害剤探索への応用
        北詰晶子; 坂本直哉; 坂本直哉; 奥野友紀子; 筬島裕子; 中川美奈; 中川美奈; 柿沼晴; 柿沼晴; 植山真由美; 小野塚泉; 船岡祐介; 渡辺貴子; 幾世橋佳; 新田沙由梨; 村川美也子; 萩原正敏; 渡辺守
        肝臓, 2011年
      • Cell based high-throughput screeningによる新規抗ウイルス小分子の同定及びその作用機構の解析
        北詰晶子; 坂本直哉; 坂本直哉; 奥野友紀子; 筬島裕子; 中川美奈; 中川美奈; 柿沼晴; 柿沼晴; 植山真由美; 小野塚泉; 船岡祐介; 渡辺貴子; 幾世橋佳; 新田沙由梨; 村川美也子; 萩原正敏; 渡辺守
        肝臓, 2011年
      • EYFP発現HCV培養系を用いたHigh-content screening assayによるウイルス侵入阻害剤の同定
        北詰晶子; 坂本直哉; 坂本直哉; 奥野友紀子; 中川美奈; 中川美奈; 柿沼晴; 柿沼晴; 山本満千; 幾世橋佳; 新田沙由梨; 村川美也子; 萩原正敏; 渡辺守
        肝臓, 2011年
      • スプライシングの一時停止/再開による遺伝子発現制御機構の解析
        二宮賢介; 二宮賢介; 二宮賢介; 片岡直行; 萩原正敏; 萩原正敏
        日本RNA学会年会要旨集, 2010年
      • ケミカルスクリーニング推進に向けた基盤構築
        湯浅(石上)磨里; 奥野友紀子; 渡辺由紀子; 萩原正敏
        日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集, 2009年
      • 単純ヘルペスウイルスタンパク質ICP27の標的RNAの網羅的解析と認識配列同定の試み
        川村豪伸; 野島孝之; 野島孝之; 片岡直行; 井手上社子; 萩原正敏; 萩原正敏
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2009年
      • ウイルスタンパク質のPML選択的スプライシング制御
        野島孝之; 野島孝之; 井手上社子; 仲野谷宗図; 川村豪伸; 森本智美; 川口寧; 片岡直行; 萩原正敏; 萩原正敏
        日本RNA学会年会要旨集, 2009年
      • 選択的スプライシング調節因子SRp75の標的遺伝子の同定と解析
        片岡直行; 片岡直行; 二宮賢介; 吉田真由美; 吉田真由美; 萩原正敏
        日本RNA学会年会要旨集, 2009年
      • SRタンパク質リン酸化酵素Clkの特異的阻害剤TG003を用いたSRp75のリン酸化と選択的スプライシングの制御
        片岡直行; 四方田純一郎; 四方田純一郎; 村木倫子; 村木倫子; 木村宏; 萩原正敏
        日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集, 2009年
      • [Overview of chemical biology].
        Hagiwara M
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2008年07月, 査読有り
      • [Development of protein kinase inhibitors and their applications for chemical biology].
        Hagiwara M
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2008年07月, 査読有り
      • ウイルス感染が引き起こすPMLアイソフォームの切り換え
        野島孝之; 野島孝之; 井手上(大城)社子; 仲野谷宗図; 川村豪伸; 片岡直行; 萩原正敏; 萩原正敏
        日本RNA学会年会要旨集, 2008年
      • [Kinase inhibitors].
        Hagiwara M; Usuki H
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2007年10月, 査読有り
      • Cross-talks between transcription and post-transcriptional events within a 'mRNA factory'
        Masatoshi Hagiwara; Takayuki Nojima
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2007年07月, 査読有り
      • 遺伝子発現を制御するnon-coding RNA (特集 細胞分化を制御する遺伝情報デコードシステム--転写因子・クロマチン制御・non-coding RNA)
        野島 孝之; 萩原 正敏
        細胞工学, 2006年01月
      • Alternative splicing: a new drug target of the post-genome era.
        Hagiwara M
        Biochimica et biophysica acta, 2005年12月, 査読有り
      • Manipulation of alternative splicing by a newly developed inhibitor of Clks
        M Muraki; B Ohkawara; T Hosoya; H Onogi; J Koizumi; T Koizumi; K Sumi; Y Jun-ichiro; MV Murray; H Kimura; K Furuichi; H Shibuya; AR Krainer; M Suzuki; M Hagiwara
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年06月
      • SRタンパク質リン酸化酵素ClkによるSRp75のリン酸化と選択的スプライシングの制御
        四方田純一郎; 村木倫子; 萩原正敏; 木村宏
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2004年
      • Novel SR-rich-related protein clasp specifically interacts with inactivated Clk4 and induces the exon EB inclusion of Clk
        R Katsu; H Onogi; K Wada; Y Kawaguchi; M Hagiwara
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2002年11月
      • A CaMK cascade activates CRE-mediated transcription in neurons of Caenorhabditis elegans
        Y Kimura; EE Corcoran; K Eto; K Gengyo-Ando; M Muramatsu; R Kobayashi; JH Freedman; S Mitani; M Hagiwara; AR Means; H Tokumitsu
        EMBO REPORTS, 2002年10月
      • A CaMK cascade activates CRE-mediated transcription in neurons of Caenorhabditis elegans
        Y Kimura; EE Corcoran; K Eto; K Gengyo-Ando; M Muramatsu; R Kobayashi; JH Freedman; S Mitani; M Hagiwara; AR Means; H Tokumitsu
        EMBO REPORTS, 2002年10月
      • Spectrum of autoantibodies against a dynamin-related protein, dymple
        Y Muro; T Kamimoto; Y Tomita; M Hagiwara
        ARTHRITIS AND RHEUMATISM, 2000年07月
      • A fluorescent indicator for visualizing cAMP-induced phosphorylation in vivo.
        NAGAI Y; MIYAZAKI M; AOKI R; ZAMA T; INOUYE S; HIROSE K; IINO M; HAGIWARA M
        Nat. Biotechnol, 2000年
      • Direct imaging of phosphorylation-dependent conformational change and DNA binding of CREB by electron microscopy
        Jiro Usukura; Yuji Nishizawa; Atsushi Shimomura; Kazuto Kobayashi; Toshiharu Nagatsu; Masatoshi Hagiwara
        Genes to Cells, 2000年
      • Novel RING finger proteins, Air1p and 2p interact with Hmt1p and inhibit the arginine methylation of Np13p.
        J.Biol. Chem., 2000年
      • SPK-1 a C. elegans SR proteins kinase homologue, is essential for embryogenesis and required for germline development.
        Mech. Dev., 2000年
      • A fluorescent indicator for visualizing cAMP-induced phosphorylation in vivo.
        Nat. Biotechnol, 2000年
      • Song-induced phosphorylation of cAMP response element-binding protein in the songbird brain
        H Sakaguchi; K Wada; M Maekawa; T Watsuji; M Hagiwara
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 1999年05月
      • Song-induced phosphorylation of cAMP response element-binding protein in the songbird brain
        H Sakaguchi; K Wada; M Maekawa; T Watsuji; M Hagiwara
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 1999年05月
      • The subcellular localization of SF2/ASF is regulated by the direct interaction with SR protein kinases (SRPKs)
        KOIZUMI J; OKAMOTO Y; ONOGI H; MAYEDA A; KRAINER A R; HAGIWARA M
        J. Biol. Chem., 1999年
      • The subcellular localization of SF2/ASF is regulated by the direct interaction with SR protein kinases (SRPKs).
        J. Biol. Chem., 1999年
      • Dominant negative ATF1 blocks cyclic AMP-induced neurite outgrowth in PC12D cells
        A Shimomura; Y Okamoto; Y Hirata; M Kobayashi; G Kawakami; K Kiuchi; T Wakabayashi; M Hagiwara
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 1998年03月
      • Novel SR-protein-specific kinase, SRPK2, disassembles nuclear speckles.
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 1998年
      • Dymple, a Novel Dynamin-like High Molecular Weight GTPase Lacking a Proline-rich Carboxyl-terminal Domain in Mammalian Cells.
        J.Biol. Chem., 1998年
      • Characterization of a Serum Response Factor-Like Protein in Saccharomyces cerevisiae, Rlml, Which Has Transcriptional Activity Regulated by the Mpli(Slt2)Mitogen-Activated Protein Kinase Pathway
        Mol. Cell. Biol., 1997年
      • Phosphorylation of ATF-1 enhances its DNA binding and transcription of the Na, K-ATPase al subunit gene promotor.
        Nucleic Acid Research., 1997年
      • Characterization of a Serum Response Factor-Like Protein in Saccharomyces cerevisiae, Rlml, Which Has Transcriptional Activity Regulated by the Mpli(Slt2)Mitogen-Activated Protein Kinase Pathway.
        Mol. Cell. Biol., 1997年
      • Gene therapy against an experimental glioma using adeno-associated virus vectors
        H Okada; K Miyamura; T Itoh; M Hagiwara; T Wakabayashi; M Mizuno; P Colosi; G Kurtzman; J Yoshida
        GENE THERAPY, 1996年11月
      • Purification and identification of a major activator for p38 from osmotically shocked cells. Activation of MAPKK6 by osmotic shock, tumor Necrosis factor-a and H202.
        J. Biol. Chem., 1996年
      • Calmodulin-dependent protein kinase II potentiates transcriptional activation through ATF1, but not CREB.
        J. Biol. Chem., 1996年
      • A novel kinase cascade mediated by MAPKK6 and MKK3.
        J. Biol. Chem., 1996年
      • LIGHT-INDUCED CREB PHOSPHORYLATION AND GENE-EXPRESSION IN RAT RETINAL CELLS
        K YOSHIDA; J IMAKI; H MATSUDA; M HAGIWARA
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 1995年10月
      • Recombinant cyclic AMP response element binding protein(CREB) phosphorylated on Ser-133 is transcriptionally active upon its introduction into fibroblast nuclei.
        J. Biol. Chem., 1994年
      • PHOSPHORYLATED CREB BINDS SPECIFICALLY TO THE NUCLEAR-PROTEIN CBP
        JC CHRIVIA; RPS KWOK; N LAMB; M HAGIWARA; MR MONTMINY; RH GOODMAN
        NATURE, 1993年10月
      • PHOSPHORYLATED CREB BINDS SPECIFICALLY TO THE NUCLEAR-PROTEIN CBP
        JC CHRIVIA; RPS KWOK; N LAMB; M HAGIWARA; MR MONTMINY; RH GOODMAN
        NATURE, 1993年10月
      • Stimulus-transcripution coupling through the cAMP responsive factor CREB is rate-limited by the nuclear entry of PK-A
        Molecular and Cellular Biology, 1993年
      • Stimulus-transcripution coupling through the cAMP responsive factor CREB is rate-limited by the nuclear entry of PK-A.
        Molecular and Cellular Biology, 1993年
      • TRANSCRIPTIONAL ATTENUATION FOLLOWING CAMP INDUCTION REQUIRES PP-1-MEDIATED DEPHOSPHORYLATION OF CREB
        M HAGIWARA; A ALBERTS; P BRINDLE; J MEINKOTH; J FERAMISCO; T DENG; M KARIN; S SHENOLIKAR; M MONTMINY
        CELL, 1992年07月
      • TRANSCRIPTIONAL ATTENUATION FOLLOWING CAMP INDUCTION REQUIRES PP-1-MEDIATED DEPHOSPHORYLATION OF CREB
        M HAGIWARA; A ALBERTS; P BRINDLE; J MEINKOTH; J FERAMISCO; T DENG; M KARIN; S SHENOLIKAR; M MONTMINY
        CELL, 1992年07月
      • OVERCOMING OF VINBLASTINE RESISTANCE BY ISOQUINOLINESULFONAMIDE COMPOUNDS IN ADRIAMYCIN-RESISTANT LEUKEMIA-CELLS
        S WAKUSAWA; S NAKAMURA; K TAJIMA; K MIYAMOTO; M HAGIWARA; H HIDAKA
        MOLECULAR PHARMACOLOGY, 1992年06月
      • Identification of a 80 kDa calmodulin-binding protein as a new Ca2+/calmodulin-dependent kinase by renaturation blotting assay(RBA).
        Biochem. J., 1992年
      • Accelerated proliferation and interleukin-2 production of thymocytes by stimulation of soluble anti-CD3 monoclonal antibody in transgenic mice carrying a rabbit protein kinase C alpha.
        J. Biol. Chem., 1992年

      受賞

      • 2023年06月20日
        2023年度特別賞(日本毒性学会)

      外部資金:科学研究費補助金

      • RNA結合タンパク質の病的相分離の統合的理解
        基盤研究(S)
        大区分H
        京都大学
        萩原 正敏
        自 2021年07月05日, 至 2026年03月31日, 交付
        病的液-液相分離;SRタンパク質;RNA ポリメラーゼII;転写;スプライシング;RNA結合蚕白質;液-液相分離;RNAプロセシング
      • CRISPRによるRNA病モデルiPS細胞・動物の構築と病態解明・治療薬創製
        基盤研究(S)
        京都大学
        萩原 正敏
        自 2015年05月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        遺伝性疾患;スプライシング制御;ポストゲノム創薬;遺伝子性疾患;スプライシング介入ルール;RNA病;トランスクリプトーム解析;モデルトランスクリプトーム解析;RNA病モデル;トランスクリプトーム;kibans;CRISPR;iPS;スプライシング
      • トランスクリプトームの人為的操作による遺伝病の治療
        基盤研究(A)
        京都大学
        萩原 正敏
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日, 中途終了
        創薬;CRISPR;iPS;スプライシング
      • カゼインキナーゼ1シグナル伝達系をターゲットにした難治性疼痛治療戦略
        基盤研究(C)
        鹿児島大学
        栗原 崇
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        神経障害性疼痛;炎症性疼痛;脊髄;リン酸化酵素;vacuolar-ATPase;Wntシグナル;難治性疼痛;カゼインキナーゼ 1;ケミカルバイオロジー;霊長類疼痛モデル;カゼインキナーゼ1
      • タウ蛋白不安定化剤による新しいタウオパチー治療戦略の構築
        基盤研究(A)
        京都大学
        萩原 正敏
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        タウオパチー;アルツハイマー病;化合物;スクリーニング;タウ;リン酸化酵素;急性ストレス;神経変性疾患;アルツハイマー;FTDP-17;ストレス;細胞;DYRK1A;低分子化合物;ハイスループット
      • 筋ジストロフィーにおけるスプライシング異常機構の解析と治療への応用
        基盤研究(C)
        京都大学;東京医科歯科大学
        片岡 直行
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        スプライシング;ジストロフィン;筋ジストロフィー;低分子化合物;レポーター
      • スプライシング暗号の解読による神経発生過程の解明
        基盤研究(A)
        京都大学;東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        スプライシング;大脳皮質形成;エクソンアレイ;スプライシング調節因子;プロファイリング解析;神経発生;mRNA;大脳皮質;発現パターン
      • 中枢神経系におけるプロテオームの多様化創出と部位特異的発現制御メカニズムの解明
        基盤研究(C)
        東京医科歯科大学
        武内 章英
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        (1)選択的スプライシング制御;(2)相互排他的スプライシング制御;(3)組織特異的スプライシング制御;(4)スプライシング・レポーター;(5)スプライシング・レポーターマウス;(6)Fibroblast Growth Factor Receptor2;(7)RNA結合タンパク質;(8)スプライス・サイト認識;選択的スプライシング制御;相互排他的スプライシング制御;組織特異的スプライシング制御;スプライシング・レポーター;スプライシング・レポーターマウス;Fibroblast Growth Factor Receptor2;RNA結合タンパク質;スプライス・サイト認識;神経科学;発生、分化;スプライシング
      • イントロンレスRNAの核外輸送の分子メカニズム
        基盤研究(B)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        CBC;REF;mRNA;核外油症;SRPK;mRNA核外輸送;UAP56;キャップ構造;ICP27;イントロンレスmRNA;EJC;核外輸送
      • ヘルペスウイルスRNAの核外輸送制御機構の解明
        特定領域研究
        生物系
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        単純ヘルペスウイルス;PML;ICP27;選択的スプライシング
      • ケミカルジェネティクスによる生体機能の解明
        基盤研究(C)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2006年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        ケミカルバイオロジー;ケミカルジェネティクス;疾患ケミカルバイオロジー;リン酸化酵素阻害剤;バイオイメージングプローブ;PETプローブ;アフィニティ磁性ナノビーズ
      • 生体における組織特異的選択的スプライシング制御機構の解明
        特定領域研究
        生物系
        東京医科歯科大学
        黒柳 秀人
        自 2005年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        選択的スプライシング;線虫;GFP;組織特異性;変異体;レポーター;RNA結合タンパク質;RNAプロセッシング
      • 選択的スプライシング異常を伴う疾患のシグナル治療
        基盤研究(B)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2004年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        選択的スプライシング;mRNA;Clk;CLASP;ウイルス;SRPK;SRPIN340;抗ウイルス薬;インシュリン;Clk1;4;TG003;SR蛋白質;Sty;蛋白リン酸化酵素阻害剤, alternative splicing;mRNA;Clk;CLASP;virus
      • 新規リン酸化酵素阻害剤によるスプライシング制御とエイズウイルスの複製阻害
        特定領域研究
        生物系
        東京医科歯科大学
        福原 武志
        自 2004年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        スプライシング;キナーゼ;キナーゼ阻害剤;SRPK;HIV;SARS;CMV;ウイルス;SR
      • 選択的スプライシングを制御する新しいリン酸化シグナルカスケード
        基盤研究(B)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2002年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        選択的スプライシング;リン酸化;SR蛋白質;SRPK;ClK;mRNAプロセシング;プロテインキナーゼ阻害剤;Clk;特異的阻害剤, alternative splicing;Phosphorylation;SR proteins;SRPK;Clk;mRNA processing;protein kinase inhibitor
      • リン酸によるスプライシングとmRNA輸送の制御機構
        特定領域研究
        生物系
        東京農工大学;東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2002年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        選択的スプライシング;核外輸送;スプライシングコード;Aly;REF;温度感受性変異株;SF1-U2AF;asd-1;転写;スプライシング共役系;SRPIN340;SRPK;エキソンスキッピング;cellular codes;インシュリン;構成的スプライシング;SF1-U2AF複合体;RNA結合蛋白質;SRタンパク質;Clk1;Sty;蛋白リン酸化酵素阻害剤;U2AF;RSドメイン;Clk;mRNAプロセシング;特異的阻害剤;mRNA輸送;RS蛋白;リン酸化酵素, Alternative splicing;mRNA export;Aly;REF;SF1-U2AF;CBP20;EJC
      • Biobjeによる遺伝子発現シミュレーションの線虫個体への応用
        特定領域研究
        生物系
        東京医科歯科大学
        木村 芳滋
        自 2002年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        シミュレーション工学;生体生命情報学;バーチャルリアリティ;発現制御
      • 生物新機能と創薬をめざす生体内分子科学
        学術創成研究費
        岐阜大学
        鈴木 正昭
        自 2001年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        PET;高速メチル化;蛍光プローブ;人工核酸;キナーゼ;阻害剤;神経因性疼痛;シグナル解析;3成分連結PG合成法;non-RI光親和性標識法;ABCトランスポーター;Socius;神経性疼痛;プラナーポジトロンイメージング;MicroPET;光親和性標識法;レチノイド;キナーゼ阻害剤;34mCl;プロスグランジン;RXRアンタゴニスト;可視化プローブ;4'-チオリボヌクレオシド;ダントロレン誘導体;Cu-ATSM;サリドマイド;リピドA;15R-TIC;リアノジン受容体;PGE_2;アロディニア;DNAチップ
      • Biobjeによる遺伝子発現制御機構のシミュレーション
        特定領域研究(C)
        生物系
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2001年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        シミュレーション工学;生体生命情報学;バーチャルリアリティ;発現制御
      • 歌学習臨界期におけるキンカチョウ脳内CREBの活性化と遺伝子発現変動
        特定領域研究(A)
        生物系
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2001年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        遺伝子;言語学習;行動学;神経科学;発現制御
      • 遺伝子発現過程のOIMによるシミュレーション
        特定領域研究(C)
        生物系
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2000年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        シミュレーション;遺伝情報プログラム;Biobje
      • キンカチョウの歌学習機構における転写因子CREBの役割
        特定領域研究(A)
        生物系
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2000年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        CREB;キンカチョウ;歌学習;グルタミン酸受容体
      • スプライシング因子リン酸化酵素の活性制御機構
        特定領域研究(A)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 2000年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        RNA結合蛋白;SF2;SRPK;線虫
      • アポトーシスの細胞内リアルタイムイメージング
        萌芽的研究
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 1999年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        apoptosis;caspase;PARP
      • 選択的スプライシングのリン酸化制御機構
        特定領域研究(A)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 1999年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        SRPK;SF2;ASF;splicing
      • GFP蛍光による細胞内リン酸化反応のイメージング
        萌芽的研究
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 1998年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        CAMP;GFP;CREB;KID
      • 選択的スプライシング因子を単離するための新しい発現クローニング方法の研究
        基盤研究(B)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 1998年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        選択的スプライシング;GFP;RNAi;SRPK;アルギニンメチル;SR蛋白リン酸化;カルシトニン;alternative splicing;RT-PCR;SF2;ASF;リン酸化反応;スプライシング, alternative splicing;GFP;arginine methylation;RNAi;SRPK;phosphorylation of SR proteins
      • mRNA factoryのリン酸化制御
        特定領域研究(A)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 1998年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        mRNAファクトリー;SF2;ASF;SRPK;speckled patterm
      • 転写因子ATF1による細胞増殖制御とその融合遺伝子による癌化機構の解明
        特定領域研究(A)
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 1998年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        ATF1;CREB;E1A;ドミナントネガティブ
      • 細胞内情報伝達の生理機能解析と情報分子の可視化
        特定領域研究(A)
        東京大学
        飯野 正光
        自 1998年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        カルシウム;イノシトール三燐酸;膵臓β細胞;分泌;受精;蛍光カルシウム指示薬;cAMP;GFP;血管平滑筋;転写制御
      • 腹膜播腫した癌細胞に対する新しい遺伝子治療法の開発
        基盤研究(B)
        名古屋大学
        ニ村 雄次;二村 雄次
        自 1997年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        遺伝子治療;発現ベクター;腹膜播腫癌;遺伝子発現制御;腹膜播種癌;レトロウイルスベクター;ドキシサイクリン;on;off制御;GFP, gene therapy;retroviral vector;peritoneal dessemination;transcriptional regulation
      • 転写因子間の相互作用と機能発現の分子構造
        特定領域研究(A)
        東北大学
        藤井 義明
        自 1997年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        転写因子;転写共役因子;転写因子間相互作用;作用機構;転写開始;転写伸長反応;再構成;転写活性化;転写開始複合体;リン酸化;スプライシング;DNA結合能;相互作用;TFIIH;TFIIE;TFIID;コアクチベーター;DSIF;Ah受容体;STAT3;CREB;基本転写装置;コアクチベータ-;TF II D;TF II E;TF II H;転写調節因子;ノックアウトマウス, transcription factor;transcriptional cofactor;inter-transcriptional interaction;functional mechanism;transcription initiation;transfer extension reaction;reorganization;transfer activation
      • Prospero相同遺伝子はCREBによって制御され神経可塑性に関与するのか?
        重点領域研究
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 1997年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        長期記憶;シナプス可塑性;CREB;prox1
      • 悪性黒色腫に発現する融合症遺伝子EWS/ATF1の癌化機構における役割の解明
        重点領域研究
        東京医科歯科大学
        萩原 正敏
        自 1997年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        CREB;ATF1;増殖関連遺伝子;CRE;E1A
      • CREB/ATF1ドミナント・ネガティブ分子の構築と遺伝子改変マウスの作成
        萌芽的研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        神経発生;ドミナントネガティブ;RL-ATF1;CREB;PC12細胞
      • Behcet病患者血清中に反応する新しい蛋白リン酸化酵素のクローニングと病態
        基盤研究(B)
        東京医科歯科大学;名古屋大学
        萩原 政敏;萩原 正敏
        自 1996年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        自己抗原;抗体スクリーニング;MKK6;SPOP;ZF5;Dymple;Ki67;Mitosin;自己抗体;核内蛋白;Behcet病;TAK1;P38;HOG, auto antigen;immunoscreening;MKK6;SPOP;ZF5;Dymple
      • CREB欠損ショウジョウバエを用いる記憶関連遺伝子のサブトラクションクローニング
        重点領域研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        CREB;ターゲット遺伝子;E-カドヘリン;dual-specific phosphatase;長期記憶
      • リン酸化による転写調節因子構造変化のイメージング
        重点領域研究
        名古屋大学
        臼倉 治郎
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        低角度回転蒸着;DNA;転写因子;RNAポリメラーゼ;電子顕微鏡;大腸菌
      • CREB結合蛋白CBPのリン酸化による制御
        重点領域研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        Bridging Factors;MAPKK6;リン酸化制御
      • イメージングによる視細胞内情報伝達系に解明
        国際学術研究
        名古屋大学
        臼倉 治郎
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        光情報伝達系;低角度回転蒸着;視細胞;イメージング;cGMP;PDE;光受容;構造解析, Phototransduction;Low angle rotary shadowing;Photoreceptor cell;Imaging;cGMP;PDE;Photoreception;Structural analysis
      • サイトカイン遺伝子導入グリオーマ細胞におけるシグナル伝達機構の解析
        基盤研究(B)
        名古屋大学
        吉田 純
        自 1995年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        脳腫瘍;インターフェロン;腫瘍壊死因子;遺伝子;リポソーム;NF-kB;リン酸化蛋白;シグナル伝達;NF-κB, BRAIN TUMOR;INTERFERON;TNF;GENE;LIPOSOME;NF-kappaB;PHOSPHORYLATION;SIGNAL TRANSDUCTION
      • 蛋白リン酸化酵素の核内輸送機構と新しい核膜孔複合体の探求
        重点領域研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        カルモジュリン;CaMキナーゼ;核内局在
      • 長期記憶に関与する転写調節因子CREBのターゲット遺伝子のクローニング
        重点領域研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        長期記憶;CREB;ターゲット遺伝子
      • 接着分子CD44の脳腫瘍における過剰発現機構とその生物学的意義
        重点領域研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        接着分子;CD44;アンチセンス;グリオーマ
      • リン酸化による転写調節因子構造変化のイメージング
        重点領域研究
        名古屋大学
        臼倉 治郎
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        DNA;CREB;転写調節;低角度回転蒸着;原子間力顕微鏡
      • CREB結合蛋白CBPの多様性とそのリン酸化制御機構 -ATF/CREBファミリーの特異性はCBPによって説明可能か-
        重点領域研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        CREB;CBP;AFT1;ドミナントネガティブ
      • 受容体から核へcAMPシグナルを伝達するAキナーゼの細胞内ソーティング
        一般研究(C)
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        cAMP;Aキナーゼ;CREB
      • 蛋白質リン酸化を介した情報ネットワーク阻害剤の分子基礎理論の確立的研究
        基盤研究(A)
        名古屋大学
        日高 弘義
        自 1994年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        細胞内シグナリング;蛋白質リン酸化酵素;阻害剤;構造活性相関;蛋白質立体構造;創薬;コンピューターシュミレーション;特異的阻害剤;分子設計;有機合成;活性調節部位;分子基礎理論, Intracellular signal transduction;Protein kinase;Inhibitor;Tertiary structure;Structure-activity relationship;Drug design;Computer simulation
      • リン酸化による転写調節因子構造変化のイメージング
        重点領域研究
        名古屋大学
        臼倉 治郎
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        転写調節因子;燐酸化;イメージング;CREB;CRP;Holiday Junction;低角度回転蒸着法;原子間力顕微鏡
      • 転写調節因子CREBの細胞内ソーティングとそのリン酸化制御
        重点領域研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        CREB;細胞周期依存的リン酸化反応;cdc2 kinase
      • 転写調節因子CREB結合蛋白(CBP)のクローニングとその細胞内分子機構の解析
        国際学術研究
        東京医科歯科大学;名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1994年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        CREB;CBP;ATF1;リン酸化;phosphorylation;転写調節;蛋白リン酸化;CREB結合蛋白, CREB;CBP;ATF1;Phosphorylation
      • 受容体から核内の転写因子CREBに至るcAMPシグナルトランスダクションの研究
        奨励研究(A)
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        cAMP;Aキナーゼ;CREB
      • リン酸化依存性転写調節因子と転写基本因子との間に介存する制御因子の探求
        重点領域研究
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        CBP;CREB;アダプター因子
      • ヒト甲状腺細胞の癌化・増殖過程に関与するβ型Cキナ-ゼの薬理学的解析
        一般研究(C)
        名古屋大学
        萩原 正敏
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        カルシウム情報伝達系;Ca^<2+>;CaM依存性蛋白質キナ-ゼ;副甲状腺
      • リン酸化によるカルシウム依存性蛋白質の機能修飾
        一般研究(C)
        名古屋大学
        小林 良二
        自 1990年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        新しいカルシウム情報伝達系;アネキシン;EFーハンド蛋白質;カルシウム受容蛋白質;カルシウムシグナルネットワ-ク;カルシウムシグナル;EFーハンドタンパク質;カルシウム結合タンパク質, Calcium Signaling;Annexin;EF-hand protein;Calcium binding protein;Calcium signal network
      • 特異的阻害剤によるプロテインキナーゼの立体構造の推定方法の開発
        試験研究(B)
        名古屋大学
        日高 弘義
        自 1990年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        プロテインキナーゼ;プロテインキナーゼ阻害剤;阻害剤データベース;プロテインキナ-ゼ;プロテインキナ-ゼ阻害剤;阻害剤デ-タベ-ス, Protein kinase;Protein Kinase Inhibitor;Inhibitor Data Base
      • Cキナ-ゼサブタイプの定量化、及び細胞の癌化に果たす役割の解析
        重点領域研究
        名古屋大学
        日高 弘義
        自 1989年04月01日, 至 1990年03月31日, 完了
        Cキナ-ゼアイソザイム;エンザイムイムノアッセイ;細胞増殖
      • 健康及び病態時の中枢神経系における細胞内カルシウム依存性蛋白質リン酸化反応の役割
        一般研究(A)
        名古屋大学
        日高 弘義
        自 1989年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        蛋白質リン酸化反応;カルシウム依存性蛋白質リン酸化酵素;カルモデュリンキナ-ゼII;Cーキナ-ゼ;酵素抗体法;KNー62;Hー89;蛋白質リン酸化酵素阻害剤;Aーキナ-ゼ;δ型Cキナ-ゼ;ζ型Cキナ-ゼ;長期増強現象;GABA放出;ACAMPー81;MARCKS;Cキナ-ゼアイソザイム;エンザイムイムノアッセイ;Cキナ-ゼアイソザイムの細胞特異的発現;特異的阻害剤, Protein phosphorylation;Ca^<2+>-dependent protein kinase;CaM-kinase II;Protein kinase C;EIA;KN-62;H-89;Protein kinase inhibitor
      • 平滑筋及び非筋細胞の収縮反応におけるミオシンリン酸化説の統合と再構築
        国際学術研究
        名古屋大学
        日高 弘義
        自 1989年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        ミオシン軽鎖リン酸化反応;蛋白質リン酸化反応;Ca^<2+>結合蛋白質;プロテインキナ-ゼ;KNー62;ミオシン脱リン酸化酵素;カルモデュリンキナ-ゼII;カルシウム結合蛋白;カルギザリン;カルバスクリン, Myosin light chain phosphorylation;Protein phosphorylation;Ca^<2+> binding protein (s);Protein Kinase;KN-62
      • 新しい阻害剤アフィニティークロマトによるプロテインキナーゼ分子機能・解析法の開発
        試験研究
        名古屋大学;三重大学
        日高 弘義
        自 1987年04月01日, 至 1989年03月31日, 完了
        プロテインキナーゼ阻害剤;アフィニティークロマトグラフ;ミオシン軽鎖キナーゼ;Cキナーゼ;Aキナーゼ;ML-9;サイロキシン, Myosin light chain kinase;ML-9;Thyroxine;Affinity chromatography;Protein kinase C

      外部資金:その他

      • 産学連携により臨床試験を目指すワンストップ創薬支援 (2022年度分)
        文部科学省, 医療研究開発推進事業費補助金
        自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
        代表
      • アジアオンライン創薬ネットワークに関する事業 (2021年度分)
        厚生労働省, 医療研究開発推進事業費補助金(令和2年度繰越分)
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表
      • 臨床研究につなぐワンストップ創薬支援 (2021年度分)
        文部科学省, 医療研究開発推進事業費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表
      • 「大型創薬研究基盤を活用した創薬オープンイノベーションの推進」(細胞アッセイから治験までのワンストップ創薬支援)
        文部科学省 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業
        自 2012年, 至 2016年
        萩原 正敏
      • 「大型創薬研究基盤を活用した創薬オープンイノベーションの推進」(細胞アッセイから治験までのワンストップ創薬支援) (平成26年度分)
        文部科学省 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業
        自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
        萩原 正敏
      • 「大型創薬研究基盤を活用した創薬オープンイノベーションの推進」(細胞アッセイから治験までのワンストップ創薬支援) (平成27年度分)
        文部科学省 医療研究開発推進事業費補助金
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        萩原 正敏
      • 医薬品分野(アルツハイマー病、非臨床評価、薬剤疫学) (平成27年度分)
        厚生労働省 医薬品等審査迅速化事業費補助金
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        萩原 正敏
      • 「大型創薬研究基盤を活用した創薬オープンイノベーションの推進」(細胞アッセイから治験までのワンストップ創薬支援) (平成28年度分)
        医療研究開発推進事業費補助金
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        萩原 正敏
      • 医薬品分野(アルツハイマー病、非臨床評価、薬剤疫学) (平成28年度分)
        医薬品等審査迅速化事業費補助金
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        萩原 正敏 
      • 臨床研究につなぐワンストップ創薬支援 (平成29年度分)
        医療研究開発推進事業費補助金
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        萩原 正敏
      • 臨床研究につなぐワンストップ創薬支援 (平成30年度分)
        医療研究開発推進事業費補助金
        自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
        萩原 正敏
      • 臨床研究につなぐワンストップ創薬支援 (2019年度分)
        医療研究開発推進事業費補助金
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        萩原 正敏
      • アジアオンライン創薬ネットワークに関する事業 (2020年度分)
        医療研究開発推進事業費補助金
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        萩原 正敏
      • 臨床研究につなぐワンストップ創薬支援 (2020年度分)
        医療研究開発推進事業費補助金
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        萩原 正敏
      • 肝炎ウイルス感染複製増殖過程の解明と新規治療法開発に関する研究
        平成22年度、 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業
        分担
      • 「未熟児網膜症の原因と治療に関する調査研究」
        平成21年度、厚労科研費補助金 難治性疾患克服研究事業 
        代表
      list
        Last Updated :2024/05/11

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          医学研究技術実習
          E065, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          B1 肉眼解剖学
          B001, 前期, 医学部, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          A2 肉眼解剖学講義実習
          L030, 前期, 医学部, 0
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          B1 肉眼解剖学
          B001, 前期, 医学部, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医学研究技術実習
          E065, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医科学研究
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医学概論
          通年, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          体験的医学研究入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医学研究技術実習
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          人体解剖学(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          人体解剖学
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          人体構造学
          前期, 総合生存学館
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医学概論
          通年, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          体験的医学研究入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          人体構造学
          前期, 総合生存学館
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          人体解剖学
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          人体解剖学(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医学概論
          通年, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医学研究技術実習
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          人体構造学
          前期, 総合生存学館
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          人体解剖学
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          人体解剖学(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医学研究技術実習
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          B1 肉眼解剖学
          前期, 医学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人体解剖学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人体解剖学(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医学研究技術実習
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          B1 肉眼解剖学
          前期, 医学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人体解剖学
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人体解剖学(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医学研究技術実習
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          B1 肉眼解剖学
          前期, 医学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人体解剖学(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医学研究技術実習
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          B1 肉眼解剖学
          前期, 医学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人体解剖学(LIMS)
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医学研究技術実習
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          A2 肉眼解剖学講義実習
          前期, 医学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          B1 肉眼解剖学
          前期, 医学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医学研究技術実習
          通年不定, 医学研究科

        博士学位審査

        • Physiological concentrations of glucocorticoids induce pathological DNA double-strand breaks(生理濃度の糖質コルチコイドは病的なDNA二重鎖切断を引き起こす)
          Akter Salma, 医学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • Trapping of CDC42 C-terminal variants in the Golgi drives pyrin inflammasome hyperactivation(CDC42 C末端異常症では変異体のゴルジ体への異常蓄積がパイリンインフラマソーム形成を促進する)
          伊佐 真彦, 医学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • Aberrant EVI1 splicing contributes to EVI1-rearranged leukemia(骨髄性腫瘍におけるEVI1再構成とRNAスプライシング異常の協調機構)
          田中 淳, 医学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • An ancient retroviral RNA element hidden in mammalian genomes and its involvement in co-opted retroviral gene regulation(哺乳類ゲノムにみられる古代レトロウイルスの制御性RNA配列とレトロウイルス由来遺伝子制御への寄与)
          北尾 晃一, 医学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • Magnetic Control of Cells by Chemical Fabrication of Melanin(メラニンの化学的加工による細胞の磁気制御)
          西尾 幸, 医学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • Enhancement of Regnase-1 expression with stem loop-targeting antisense oligonucleotides alleviates inflammatory diseases(mRNAステムループ構造標的アンチセンスオリゴ核酸を用いたRegnase-1発現増強による炎症抑制法の開発)
          Tse Ka Man Carman, 医学研究科, 主査
          2022年09月26日
        • Discovery of Non-Cysteine-Targeting Covalent Inhibitors by Activity-Based Proteomic Screening with a Cysteine-Reactive Probe(システイン反応性プローブを用いたプロテオミクススクリーニングによる非システイン標的共有結合阻害剤の発見)
          Jung Yejin, 医学研究科, 副査
          2022年05月23日
        • Mechanisms of thrombin-Induced myometrial contractions: Potential targets of progesterone(トロンビンにより誘発される子宮筋収縮のメカニズム:プロゲステロンによる治療標的の可能性)
          西村 史朋, 医学研究科, 主査
          2022年11月24日
        • Orthogonal Protein-Responsive mRNA Switches for Mammalian Synthetic Biology (哺乳類合成生物学に資する直交タンパク質応答型mRNAスイッチ)
          小野 紘貴, 医学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Thioredoxin interacting protein (Txnip) forms redox sensitive high molecular weight nucleoprotein complexes (チオレドキン結合タンパク質(Txnip)によるレドックス感受性高分子量核蛋白質複合体形成)
          Hirata Cristiane Lumi, 医学研究科, 副査
          2021年05月24日
        • Paradoxical activation of c-Src as a drug-resistant mechanism (薬剤抵抗性メカニズムとしての c-Srcの逆説的活性化)
          樋口 牧郎, 医学研究科, 主査
          2021年07月26日
        • Impact of Gba2 on neuronopathic Gaucher’s disease and α-synuclein accumulation in medaka (Oryzias latipes) (メダカにおけるGBA2が神経型ゴーシェ病とαシヌクレイン蓄積に与える影響)
          中西 悦郎, 医学研究科, 副査
          2022年01月24日
        • Local application of Usag-1 siRNA can promote tooth regeneration in Runx2-deficient mice (Usag-1 siRNAの局所投与はRunx2欠損マウスの歯牙再生を促進する)
          三島 清香, 医学研究科, 主査
          2022年01月24日
        list
          Last Updated :2024/05/11

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年10月01日, 至 2024年03月31日
            国際戦略本部運営協議会 On-site Laboratory専門部会 部会員
          • 自 2023年01月31日, 至 2024年03月31日
            総合解剖センター センター長
          • 自 2023年01月31日, 至 2024年03月31日
            先天異常標本解析センター センター長
          • 自 2022年11月01日, 至 2022年11月29日
            国際卓越研究大学構想検討委員会 研究等体制強化計画検討タスクフォース コアファシリティ検討小委員会 委員長
          • 自 2022年10月11日
            国際卓越研究大学構想検討委員会 研究等体制強化計画検討タスクフォース 委員
          • 自 2022年10月01日, 至 2024年03月31日
            戦略調整会議 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            産官学連携本部運営会議 委員
          • 自 2022年02月01日, 至 2022年06月30日
            戦略調整会議事業・財務戦略検討委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            国際戦略本部運営協議会 On-site Laboratory専門部会 部会員
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            設備整備ワーキンググループ委員会
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年09月30日
            設備整備ワーキンググループ 委員
          • 自 2013年01月31日, 至 2017年01月30日
            先天異常標本解析センター長
          • 自 2013年01月31日, 至 2017年01月30日
            総合解剖センター長
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            設備整備ワーキンググループ 座長
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            財務委員会 委員
          • 自 2016年01月14日, 至 2016年09月30日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            医・薬学域長
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            基礎・社会医学系長
          • 自 2016年04月01日, 至 2016年09月30日
            評価に応じた予算配分に係る制度検討ワーキンググループ 委員
          • 自 2016年07月12日
            指定国立大学法人制度検討ワーキンググループ委員
          • 自 2016年09月30日, 至 2017年03月31日
            指定国立大学法人制度検討タスクフォース 委員
          • 自 2016年01月14日, 至 2018年09月30日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            運営協議員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            医・薬学域長
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            基礎・社会医学系長
          • 自 2017年11月01日, 至 2018年09月30日
            理事補
          • 自 2013年10月01日
            京都大学(南部)総合研究棟(医薬系)施設整備事業提案審査委員会の設置に伴う委員
          • 自 2017年11月01日, 至 2020年09月30日
            理事補
          • 自 2018年07月24日, 至 2020年09月30日
            企画委員会On-site Laboratory認定専門委員会 副委員長
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            戦略調整会議 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            戦略調整会議On-site Laboratory小委員会 委員長
          • 自 2018年06月05日, 至 2020年09月30日
            戦略調整会議留学生リクルーティングオフィス小委員会 委員
          • 自 2018年10月22日, 至 2020年09月30日
            戦略調整会議授業料設定の柔軟化検討小委員会 委員長
          • 自 2019年01月01日, 至 2019年12月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2021年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            高等研究院運営協議員委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            産官学連携本部運営会議
          • 自 2020年01月01日, 至 2020年12月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            企画委員会On-site Laboratory認定専門委員会 副委員長
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            戦略調整会議 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2021年03月31日
            戦略調整会議授業料設定の柔軟化検討小委員会 委員長
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年03月31日
            戦略調整会議若手研究者リクルーティング促進策小委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2021年03月31日
            戦略調整会議教員の事務負担の軽減策(事務効率化)小委員会 委員長
          • 自 2021年06月01日, 至 2022年03月31日
            戦略調整会議研究支援体制の再構築(技術職員)小委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            理事補
          • 自 2019年01月01日, 至 2021年12月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            全学共用スペース有効活用専門委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            教育研究評議会 評議員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年10月01日, 至 2024年03月31日
            管理体制委員会委員
          • 自 2022年10月01日, 至 2024年03月31日
            京都大学医薬系総合研究棟管理運営委員会委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2025年03月31日
            医学・生命科学研究支援機構(iSAL)運営委員会委員
          • 自 2021年08月01日, 至 2023年07月31日
            脳機能総合研究センター運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            がん免疫総合研究センター運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            柳井基金運営委員会委員
          • 解剖・先天異常標本解析センター委員会、委員
          • 学位審査選定委員会、委員
          • 自 2011年01月27日
            利益相反予備審査委員会
          • 自 2013年10月01日, 至 2018年09月30日
            副研究科長
          • 自 2017年10月01日, 至 2018年09月30日
            医学広報委員会
          • 医学研究科・医学部人権委員会
          • 自 2013年10月01日, 至 2021年03月31日
            医学研究科・医学部将来計画検討委員会
          • 至 2014年03月31日
            医学研究科運営委員会
          • 自 2012年05月10日, 至 2016年03月31日
            医学部学務委員会
          • 自 2013年10月01日, 至 2018年09月30日
            医科学専攻長
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            寄附講座運営委員会(免疫ゲノム医学)
          • 自 2012年01月26日
            バイオ・フロンティア・プラットフォーム運営委員会
          • 自 2013年04月01日
            附属ゲノム医学センター運営委員会
          • 医学研究支援センター運営委員会
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            寄附講座運営委員会(免疫ゲノム医学)
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            寄附講座運営委員会(創薬医学)
          • 自 2017年10月01日, 至 2020年09月30日
            管理体制委員会
          • 自 2017年08月01日, 至 2019年07月31日
            脳機能総合研究センター運営委員会
          • 医学部資料館運営委員会
          • 自 2015年09月24日
            教員人事活性化委員会
          • 自 2015年04月01日
            「医学領域」産学連携推進機構会議
          • 自 2016年10月01日, 至 2020年09月30日
            京都大学医薬系総合研究棟管理運営委員会 委員
          • 自 2016年12月01日, 至 2018年11月30日
            京都大学分子生物実験研究棟管理運営委員会 委員
          • 医学研究科・医学部財務委員会
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            評議員(附属病院)
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            将来計画検討委員会
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            管理体制委員会委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            医薬系総合研究棟管理委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            将来計画検討委員会
          • 自 2020年06月11日, 至 2022年03月31日
            柳井基金運営委員会委員

          ページ上部へ戻る