教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

南條 毅

ナンジョウ タケシ

薬学研究科 薬科学専攻薬品創製化学講座 助教

南條 毅
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    所属学協会

    • アメリカ化学会
    • 日本プロセス化学会
    • ヨウ素学会
    • 日本ペプチド学会
    • 日本化学会
    • 有機合成化学協会
    • 日本薬学会

    学位

    • 修士(薬科学)(京都大学)
    • 博士(薬科学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院薬学研究科修士課程薬科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院薬学研究科博士後期課程薬科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 薬学部薬科学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      滋賀県立膳所高等学校, ぜぜこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2019年11月, 至 現在
      京都大学, 大学院薬学研究科, 助教
    • 自 2018年04月, 至 2019年10月
      京都大学, 大学院薬学研究科, 特定助教
    • 自 2017年04月, 至 2018年03月
      京都大学, 大学院薬学研究科, 特定研究員
    • 自 2015年04月, 至 2017年03月
      イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校, 博士研究員
    • 自 2012年04月, 至 2015年03月
      独立行政法人日本学術振興会, 特別研究員

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        1.酸化的分子変換を基盤とする新規ペプチド合成法の開発; 2.高反応性・高選択性を両立できる有機分子触媒技術の探索と新規反応開発
      • 研究概要

        複雑な分子を精密かつ簡便に構築・変換することは未だに容易ではなく、それを実現できる合成化学的手法の開発は重要な研究課題である。筆者は近年の創薬現場で重要度が増しているペプチド化合物に焦点を当て、多様なペプチドを迅速に供給できる新規合成方法論の開発を進めている。また、そのような複雑な分子でも高い活性・選択性を示す新しい分子性触媒の開発も並行して進行中である。

      研究キーワード

      • 有機合成化学

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学

      論文

      • A Pyridine-Based Donor–Acceptor Molecule: A Highly Reactive Organophotocatalyst That Enables the Reductive Cleavage of C–Br Bonds through Halogen Bonding
        Natsuki Kato; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        ACS Catalysis, 2022年07月01日
      • Boronic Acid-Mediated Photocatalysis Enables the Intramolecular Hydroacylation of Olefins Using Carboxylic Acids
        Taichi Yumura; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2022年07月
      • Late-Stage Installation of Dehydroamino Acid Motifs into Peptides Enabled by an N-Chloropeptide Strategy
        Takeshi Nanjo; Takuma Oshita; Ayaka Matsumoto; Yoshiji Takemoto
        Chemistry - A European Journal, 2022年06月27日
      • Total Synthesis of Lyconesidine B: Approach to a Three-Dimensional Tetracyclic Skeleton of Amine-Type Fawcettimine Core and Studies of Asymmetric Synthesis
        Tomohiro Kurose; Moeko Itoga; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto; Chihiro Tsukano
        Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2022年06月15日
      • Highly Stereoselective, Organocatalytic Mannich-type Addition of Glyoxylate Cyanohydrin: A Versatile Building Block for the Asymmetric Synthesis of β-Amino-α-ketoacids
        Yusuke Tokuhiro; Kosuke Yoshikawa; Sei Murayama; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        ACS Catalysis, 2022年05月06日
      • Photocatalytic C–O Bond Cleavage of Alcohols Using Xanthate Salts
        Takeshi Nanjo; Tatsuki Matsugasako; Yuri Maruo; Yoshiji Takemoto
        Organic Letters, 2022年01月14日
      • Photocatalytic Activation of Elemental Sulfur Enables a Chemoselective Three-Component Thioesterification
        Sho Murakami; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        ORGANIC LETTERS, 2021年10月, 査読有り
      • Total Synthesis of Lyconesidine B, a Lycopodium Alkaloid with an Oxygenated, Amine-Type Fawcettimine Core
        Tomohiro Kurose; Chihiro Tsukano; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        ORGANIC LETTERS, 2021年02月, 査読有り
      • Mild and Chemoselective Thioacylation of Amines Enabled by the Nucleophilic Activation of Elemental Sulfur
        Masato Saito; Sho Murakami; Takeshi Nanjo; Yusuke Kobayashi; Yoshiji Takemoto
        Journal of the American Chemical Society, 2020年05月06日, 査読有り
      • A Hydroperoxide‐Mediated Decarboxylation of α‐Ketoacids Enables the Chemoselective Acylation of Amines
        Takeshi Nanjo; Natsuki Kato; Xuan Zhang; Yoshiji Takemoto
        Chemistry – A European Journal, 2019年12月05日, 査読有り
      • Divergent and Scalable Synthesis of α-Hydroxy/Keto-β-amino Acid Analogues by the Catalytic Enantioselective Addition of Glyoxylate Cyanohydrin to Imines
        Takeshi Nanjo; Xuan Zhang; Yusuke Tokuhiro; Yoshiji Takemoto
        ACS Catalysis, 2019年11月01日, 査読有り
      • Chemoselective methylene oxidation in aromatic molecules
        Jinpeng Zhao; Takeshi Nanjo; Emilio, C. de Lucca Jr; M. Christina White
        Nature Chemistry, 2019年03月, 査読有り
      • Synthesis of (Z)-Alkenes by Catalytic Photoisomerization
        Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, 2018年12月
      • Oxidative Decarboxylation Enables Chemoselective, Racemization-Free Esterification: Coupling of α-Ketoacids and Alcohols Mediated by Hypervalent Iodine(III)
        Takeshi Nanjo; Natsuki Kato; Yoshiji Takemoto
        Organic Letters, 2018年09月21日, 査読有り
      • Remote, Late-Stage Oxidation of Aliphatic C–H Bonds in Amide-Containing Molecules
        Takeshi Nanjo; Emilio C. de Lucca; M. Christina White
        Journal of the American Chemical Society, 2017年10月, 査読有り
      • Palladium-Catalyzed Double C–H Functionalization of Arenes at the Positions ortho and meta to Their Directing Group: Concise Synthesis of Benzocyclobutenes
        Takeshi Nanjo; Chihiro Tsukano; Yoshiji Takemoto
        Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2016年09月, 査読有り
      • Synthesis of 3,3-Disubstituted 2-Aminoindolenines by Palladium-Catalyzed Allylic Amidination with Isocyanide
        Takeshi Nanjo; Chihiro Tsukano; Yoshiji Takemoto
        SYNLETT, 2014年06月, 査読有り
      • Synthesis of 3-Acyl-2-arylindole via Palladium-catalyzed Isocyanide Insertion and Oxypalladation of Alkyne
        Takeshi Nanjo; Sho Yamamoto; Chihiro Tsukano; Yoshiji Takemoto
        ORGANIC LETTERS, 2013年07月, 査読有り
      • Palladium-Catalyzed Cascade Process Consisting of Isocyanide Insertion and Benzylic C(sp3)–H Activation: Concise Synthesis of Indole Derivatives
        Takeshi Nanjo; Chihiro Tsukano; Yoshiji Takemoto
        Organic Letters, 2012年08月, 査読有り
      • Domino Pd-Catalyzed Heck Cyclization and Bismuth-Catalyzed Hydroamination: Formal Synthesis of Elacomine and Isoelacomine
        Chemistry - A European Journal, 2011年01月10日, 査読有り

      MISC

      • 触媒的不斉Mannich反応を基盤としたβ-アミノ-α-ケト酸の新規合成法の開発と応用
        德弘 佑介; 吉川広祐; 村山聖; 南條毅; 竹本佳司
        創薬懇話会2021 in 京都, 2021年06月, 査読有り
      • アミドの触媒的N-クロロ化を利用したデヒドロアミノ酸含有ペプチドの合成
        南條 毅; 大下 拓真; 竹本 佳司
        日本薬学会第141年会, 2021年03月, 査読有り
      • ペプチドケト酸を用いた新規脱炭酸型フラグメント縮合法の開発
        南條 毅; 吉川 広祐; 德弘 佑介; 加藤 夏己; 竹本 佳司
        日本薬学会第141年会, 2021年03月, 査読有り
      • キサントゲン酸塩を利用した脱酸素型C-C結合形成反応の開発
        南條 毅; 松ヶ迫 樹; 竹本 佳司
        日本薬学会第141年会, 2021年03月, 査読有り
      • Mild and Chemoselective Amidation Enabled by Oxidative Decarboxylation of α-Ketoacids
        Takeshi Nanjo
        ACS-SBQ Virtual Meeting on Organis Synthesis and Catalysis, 2020年11月, 査読有り, 招待有り
      • 脱炭酸を基盤とする化学選択的アシル化法の開発とペプチド合成への展開
        南條 毅
        第6回 関西薬学シンポジウム, 2020年10月, 査読有り, 招待有り
      • 触媒的Mannich反応によるβ-アミノ-αケト酸類縁体の不斉合成
        德弘 佑介; 張 旋; 南條 毅; 竹本 佳司
        第49回 複素環化学討論会, 2020年09月, 査読有り
      • ドミノ環化反応を基盤としたlyconesidine Bの全合成
        黒瀬 朋浩; 南條 毅; 塚野 千尋; 竹本 佳司
        第18回 次世代を担う有機化学シンポジウム, 2020年08月, 査読有り
      • 温和な条件での単体硫黄の活性化を利用した化学選択的チオアミド化反応の開発
        斉藤 真人; 村上 翔; 南條 毅; 小林 祐輔; 竹本 佳司
        日本薬学会第140年会, 2020年03月, 査読有り
      • 有機光触媒を用いたC1ユニット導入反応の開発
        松ヶ迫 樹; 南條 毅; 竹本 佳司
        日本薬学会第140年会, 2020年03月, 査読有り
      • ペプチド合成を指向したβ-アミノ-α-ケト酸の触媒的不斉合成法の開発
        徳弘 佑介; 南條 毅; 竹本 佳司
        日本薬学会第140年会, 2020年03月, 査読有り
      • Development of Chemoselective Thioamidation by Activation of Elemental Sulfur
        Masato Saito; Sho Murakami; Takeshi Nanjo; Yusuke Kobayashi; Yoshiji Takemoto
        第12回有機触媒シンポジウム, 2019年12月, 査読有り
      • Diastereodivergent Asymmetric Addition of Glyoxylate Cyanohydrin to Imines for the Synthesis of β-Amino Acid Analogues
        Yusuke Tokuhiro; Xuan Zhang; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        第12回有機触媒シンポジウム, 2019年12月, 査読有り
      • Photo-mediated Radical Addition to a Methylenehydrazine for the Introduction of C1 Unit
        Takeshi Nanjo; Tatsuki Matsugasako; Yoshiji Takemoto
        第12回有機触媒シンポジウム, 2019年12月, 査読有り
      • α-ケト酸を利用したアミンの化学選択的アシル化法の開発
        南條 毅; 加藤 夏己; 張 旋; 竹本 佳司
        第37回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2019年11月, 査読有り
      • 脱炭酸を基盤とする化学選択的アシル化法の開発
        南條 毅; 加藤 夏己; 張 旋; 竹本 佳司
        第45回 反応と合成の進歩シンポジウム, 2019年10月, 査読有り
      • チオペプチド合成を指向した化学選択的チオアミド化反応の開発
        斉藤 真人; 村上翔; 南條 毅; 小林 祐輔; 竹本 佳司
        第45回 反応と合成の進歩シンポジウム, 2019年10月, 査読有り
      • β-アミノ酸類縁体の分岐的合成を指向した高立体選択的Mannich反応の開発
        徳弘 佑介; 張 旋; 南條 毅; 竹本 佳司
        第69回 日本薬学会関西支部総会・大会, 2019年10月, 査読有り
      • 効率的な1炭素増炭のための新規ヒドラゾン試薬の開発
        南條 毅; 松ヶ迫 樹; 竹本 佳司
        第69回 日本薬学会関西支部総会・大会, 2019年10月, 査読有り
      • 単体硫黄の活性化を基盤とした化学選択的チオアミド化反応の開発
        斉藤 真人; 村上 翔; 南條 毅; 小林 祐輔; 竹本 佳司
        第69回 日本薬学会関西支部総会・大会, 2019年10月, 査読有り
      • Catalytic asymmetric addition of glyoxylate cyanohydrin to imines for the divergent synthesis of α-keto/hydroxy β-amino acid analogues
        Xuan Zhang; Yusuke Tokuhiro; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        The 8th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists, 2019年09月, 査読有り
      • α-ケト酸を用いたアミンの化学選択的アシル化法の開発
        南條 毅; 加藤 夏己; 張旋; 竹本 佳司
        第36回 有機合成化学セミナー, 2019年09月, 査読有り
      • Chemoselective, Decarboxylative Acylation of Amines
        Takeshi Nanjo; Natsuki Kato; Xuan Zhang; Yoshiji Takemoto
        The 27th International Society of Heterocyclic Congress, 2019年09月, 査読有り
      • Synthetic Studies of Lyconesidines Based on Domino Ring-Transformation Strategy
        Tomohiro Kurose; Takeshi Nanjo; Chihiro Tsukano; Yoshiji Takemoto
        The 27th International Society of Heterocyclic Congress, 2019年09月, 査読有り
      • Organocatalyzed Enantioselective Addition of Glyoxylate Cyanohydrin to Imines for Divergent and Scalable Synthesis of α-Keto-β-Amino Acid Analogues
        Xuan Zhang; Yusuke Tokuhiro; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        The 27th International Society of Heterocyclic Congress, 2019年09月, 査読有り
      • Hydroperoxide-Mediated Chemoselective, Decarboxylative Acylation of Amine
        Takeshi Nanjo; Natsuki Kato; Xuan Zhang; Yoshiji Takemoto
        The 4th International Symposium on Process Chemistry, 2019年07月, 査読有り
      • Divergent and scalable synthesis of β-amino acid analogues by catalytic enantioselective addition of glyoxylate cyanohydrin to imines
        Xuan Zhang; Yusuke Tokuhiro; Takeshi Nanjo; Yoshiji Takemoto
        The 4th International Symposium on Process Chemistry, 2019年07月, 査読有り
      • α-ケト酸を用いた化学選択的アミド縮合法の開発
        南條毅; 加藤夏己; 張旋; 竹本佳司
        第86回 日本分析化学会有機微量分析研究懇談会 第110回 計測自動制御学会力学量計測部会 第36回 合同シンポジウム, 2019年06月, 査読有り
      • グリオキシル酸シアノヒドリンの不斉 Mannich 反応によるβ-アミノ酸誘導体の合成
        南條 毅; 張 旋; 徳弘 佑介; 竹本 佳司
        日本薬学会第139年会, 2019年03月, 査読有り
      • 新規脱炭酸型アミド縮合法の開発とペプチド合成への適用
        南條 毅; 加藤 夏己; 張 旋; 竹本 佳司
        日本薬学会第139年会, 2019年03月, 査読有り
      • α-ケト酸の脱炭酸型アミド縮合法の開発とペプチド合成への応用
        南條 毅; 張 旋; 加藤 夏己; 竹本 佳司
        第68回 近畿支部総会・大会, 2018年10月, 査読有り
      • 超原子価ヨウ素によるα-ケト酸の脱炭酸型エステル化法の開発
        南條 毅; 加藤 夏己; 竹本 佳司
        第21回 ヨウ素学会シンポジウム, 2018年09月, 査読有り
      • α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用したアミド化法の開発
        南條 毅; 張 旋; 竹本 佳司
        第38回 有機合成若手セミナー, 2018年08月, 査読有り
      • α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用した新規エステル化反応の開発
        南條 毅; 加藤 夏己; 竹本 佳司
        日本薬学会第138年会, 2018年03月, 査読有り
      • α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用した触媒的アミド化法の開発
        南條 毅; 竹本 佳司
        日本薬学会第138年会, 2018年03月, 査読有り
      • 超原子価ヨウ素を用いたα-ケト酸の脱炭酸型縮合反応の開発
        南條 毅; 竹本 佳司
        第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月, 査読有り
      • ノルボルネンを用いた連続的C-H活性化によるベンゾシクロブテンの合成
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        日本薬学会第135年会, 2015年03月, 査読有り
      • C-H官能基化の実践的合成への応用を指向した配向基の探索
        塚野千尋; 織田拓也; 南條 毅; 竹本佳司
        日本薬学会第135年会, 2015年03月, 査読有り
      • ノルボルネンを用いた芳香環の連続的C-H活性化
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        第64回日本薬学会近畿支部大会, 2014年10月, 査読有り
      • Synthesis of Indole Derivatives by Palladium-Catalyzed Isocyanide Insertion
        Takeshi Nanjo; Sho Yamamoto; Chihiro Tsukano; Yoshiji Takemoto
        ICOMC2014, 2014年07月, 査読有り
      • Pd触媒によるイソシアニドの挿入とアルキンのオキシパラデーションを利用した3-アシル-2-アリールインドール誘導体の合成
        南條 毅; 山本 翔; 塚野千尋; 竹本佳司
        第63回日本薬学会近畿支部大会, 2013年10月, 査読有り
      • Palladium-catalyzed indole synthesis using isocyanide insertion
        Takeshi Nanjo; Chihiro Tsukano; Yoshiji Takemoto
        ISHHC-16, 2013年08月, 査読有り
      • パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入を利用したインドール誘導体の合成
        南條 毅; 山本 翔; 塚野千尋; 竹本佳司
        第11回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2013年05月, 査読有り
      • Pd触媒によるイソシアニド、アルキンの連続的な挿入を利用したインドール誘導体の合成
        南條 毅; 山本 翔; 塚野千尋; 竹本佳司
        日本薬学会第133年会, 2013年03月, 査読有り
      • π-アリルPd錯体に対するイソシアニドの挿入反応を利用した2位ヘテロ置換インドール誘導体の合成
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        日本薬学会第133年会, 2013年03月, 査読有り
      • パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入反応を利用したインドール合成法の開発
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        第42回複素環化学討論会, 2012年10月, 査読有り
      • パラジウム触媒によるイソシアニドへの挿入・C(sp3)–H活性化プロセスを利用したインドール誘導体の合成
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        第59回有機金属討論会, 2012年09月, 査読有り
      • パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入・ベンジル位C(sp3)-H活性化プロセスを利用したインドール合成法の開発
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        第29回有機合成化学セミナー, 2012年09月, 査読有り
      • パラジウム触媒による挿入-C-H活性化プロセスを利用したインドール合成法の開発
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        日本薬学会第132年会, 2012年03月, 査読有り
      • パラジウム触媒によるC(sp3)–H官能基化を利用した2-置換インドール合成法の開発
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        第31回有機合成若手セミナー, 2011年11月, 査読有り
      • パラジウム触媒によるC(sp3)-H官能基化を利用したインドール合成法の開発
        南條 毅; 塚野千尋; 竹本佳司
        第61回日本薬学会近畿支部大会, 2011年10月, 査読有り
      • パラジウム触媒を用いたドミノ型環化反応によるジヒドロフロインドール骨格の新規合成法
        塚野千尋; 南條毅; 竹本佳司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年03月, 査読有り
      • ジエンのアミド化を経由するエラコミン類の全合成研究
        南條毅; 上崎春陽; 塚野千尋; 竹本佳司
        日本薬学会年会要旨集, 2010年03月, 査読有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • 非天然型ペプチド合成を目指した高化学選択的脱炭酸反応の開発
        若手研究
        小区分47010:薬系化学および創薬科学関連
        京都大学
        南條 毅
        自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        チオアミド;チオエステル;α-ケト酸;ペプチド;不斉付加反応;デヒドロアミノ酸;バイオイソスター;脱炭酸
      • 複雑分子の効率的供給を目指した新規酸化的脱炭酸法の開発
        若手研究
        小区分47010:薬系化学および創薬科学関連
        京都大学
        南條 毅
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        エステル;アミド;ペプチド;チオアミド;α-ケト酸;脱炭酸;有機触媒;不斉合成;フラグメント縮合;ヒドロペルオキシド;不斉有機触媒;超原子価ヨウ素;糖;酸化
      • アミドのN-ハロゲン化を基盤としたペプチド化学修飾技術の創成
        基盤研究(B)
        小区分47010:薬系化学および創薬科学関連
        京都大学
        南條 毅
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        N-ハロゲン化;ペプチド;Late-Stage官能基化;化学修飾;有機触媒
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品創製化学実習
          4201, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品創製化学実験
          3201, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習2
          A902, 前期, 薬学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習II
          C902, 前期, 薬学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品創製化学演習
          2301, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学演習
          C018, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学エクササイズ2
          A018, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:くすりと化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬有機化学エクササイズ2
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬有機化学演習【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習II 【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習2
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬有機化学エクササイズ2
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬有機化学演習【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習II 【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習2
          前期, 薬学部
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            NMR運営管理委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日
            質量分析運営委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            環境・安全衛生委員会 委員

          ページ上部へ戻る