教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

橋川 祥史

ハシカワ ヨシフミ

化学研究所 物質創製化学研究系 助教

橋川 祥史
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    協力講座

    • 工学研究科, 物質エネルギー化学専攻 物質変換科学講座, 助教

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        3次元π共役系の創出
      • 研究概要

        sp2炭素骨格に覆われた球状炭素空間に単一分子を取り出し,その性質ならびに動的挙動を緩和時間測定・理論化学計算によって明らかにしている.また,遷移金属触媒を用いた開口フラーレン誘導体の位置選択的構造修飾法の開発を行なっている.

      研究分野

      • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学

      論文

      • Water‐Mediated Thermal Rearrangement of a Cage‐Opened C 60 Derivative
        Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        ChemPlusChem, 2021年10月11日
      • Cage-Expansion of Fullerenes
        Sheng Zhang; Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        Journal of the American Chemical Society, 2021年08月18日
      • Photochemical Orifice Expansion of a Cage-Opened C60 Derivative
        Yoshifumi Hashikawa; Shota Hasegawa; Yasujiro Murata
        Organic Letters, 2021年05月21日
      • Reactions of C 60 with Pyridazine and Phthalazine
        Yoshifumi Hashikawa; Hui Li; Yasujiro Murata
        Chemistry – A European Journal, 2021年05月12日
      • Reactions on a 1,2‐Dicarbonyl Moiety of a Fullerene Skeleton
        Yoshifumi Hashikawa; Jiayue Li; Shu Okamoto; Yasujiro Murata
        Chemistry – A European Journal, 2021年05月03日
      • Nonclassical Abramov Products Formed on Orifices of Cage‐Opened C 60 Derivatives
        Yoshifumi Hashikawa; Shu Okamoto; Yasujiro Murata
        Chemistry – A European Journal, 2021年03月12日
      • Pressure-induced annulative orifice closure of a cage-opened C60 derivative
        Yoshifumi Hashikawa; Kazuro Kizaki; Yasujiro Murata
        Chemical Communications, 2021年
      • Dynamics and magnetic properties of NO molecules encapsulated in open-cage fullerene derivatives evidenced by low temperature heat capacity
        Yoji Horii; Hal Suzuki; Yuji Miyazaki; Motohiro Nakano; Shota Hasegawa; Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2021年
      • Non‐Classical Abramov Products Formed on Orifices of Cage‐Opened C60 Derivatives
        Yoshifumi Hashikawa; Shu Okamoto; Yasujiro Murata
        Chemistry – A European Journal, 2020年12月
      • Double-Holed Fullerenes
        Yoshifumi Hashikawa; Teppei Fushino; Yasujiro Murata
        Journal of the American Chemical Society, 2020年11月09日
      • An orifice design: water insertion into C60
        Yoshifumi Hashikawa; Kazuro Kizaki; Takashi Hirose; Yasujiro Murata
        RSC Advances, 2020年11月
      • Precise Fixation of an NO molecule inside Carbon Nanopores: A Long-Range Electron-Nuclear Interaction.
        Yoshifumi Hashikawa; Shota Hasegawa; Yasujiro Murata
        Angewandte Chemie (International ed. in English), 2020年10月16日
      • Cation recognition on a fullerene-based macrocycle
        Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        Chemical Science, 2020年10月
      • Synthesis of a Dihydroxylated Open-Cage [70]Fullerene by a Reductive Ring-Closure Reaction.
        Yoshifumi Hashikawa; Yuma Shimizu; Yasujiro Murata
        Organic letters, 2020年10月
      • EPR study of NO radicals encased in modified open C60 fullerenes
        Klaus-Peter Dinse; Tatsuhisa Kato; Shota Hasegawa; Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata; Robert Bittl
        Magnetic Resonance, 2020年09月10日
      • Organophosphorus zwitterions engaged in a conjugated macrocycle on fullerene
        Yoshifumi Hashikawa; Shu Okamoto; Yasujiro Murata
        Communications Chemistry, 2020年07月
      • A Single H2O molecule inside hydrophobic carbon nanocavities: Effect of local electrostatic potential
        Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        Chemistry Letters, 2020年, 査読有り
      • Propeller-shaped aluminum complexes with an azaperylene core in the ligands
        Masahiro Tsukao; Yoshifumi Hashikawa; Nana Toyama; Masahiro Muraoka; Michihisa Murata; Takahiro Sasamori; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata
        Inorganics, 2019年09月01日, 査読有り
      • H2O/Olefinic-π Interaction inside a Carbon Nanocage
        Hashikawa, Y; Murata, Y
        J. Am. Chem. Soc., 2019年08月14日, 査読有り
      • Tuneable single-molecule electronic conductance of C60 by encapsulation.
        Shintaro Fujii; Haruna Cho; Yoshifumi Hashikawa; Tomoaki Nishino; Yasujiro Murata; Manabu Kiguchi
        Physical chemistry chemical physics : PCCP, 2019年06月21日, 査読有り
      • Rotational Motion and Nuclear Spin Interconversion of H2O Encapsulated in C60 Appearing in the Low-Temperature Heat Capacity.
        Hal Suzuki; Motohiro Nakano; Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        The journal of physical chemistry letters, 2019年03月21日, 査読有り
      • Probing the Regioselectivity with Encapsulated H 2 : Diels–Alder Reaction of an Open-Cage C 60 Derivative with Anthracene
        Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        Chemistry - A European Journal, 2019年02月18日, 査読有り
      • A single but hydrogen-bonded water molecule confined in an anisotropic subnanospace.
        Yoshifumi Hashikawa; Shota Hasegawa; Yasujiro Murata
        Chemical communications (Cambridge, England), 2018年12月04日, 査読有り
      • Wavelength-Dependent Efficiency of Sequential Photooxygenation: C=C Bond Cleavage on Open-Cage C60 Derivatives.
        Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        ChemPlusChem, 2018年12月, 査読有り
      • Construction of a Metal-Free Electron Spin System by Encapsulation of an NO Molecule Inside an Open-Cage Fullerene C60 Derivative.
        Shota Hasegawa; Yoshifumi Hashikawa; Tatsuhisa Kato; Yasujiro Murata
        Angewandte Chemie (International ed. in English), 2018年09月24日, 査読有り
      • Probing the interaction between the encapsulated water molecule and the fullerene cages in H2O@C60- and H2O@C59N.
        Guo-Zhu Zhu; Yuan Liu; Yoshifumi Hashikawa; Qian-Fan Zhang; Yasujiro Murata; Lai-Sheng Wang
        Chemical science, 2018年07月07日, 査読有り
      • Synthesis and properties of open-cage fullerene C60 derivatives: Impact of the extended P-π conjugation
        Yoshifumi Hashikawa; Hidefumi Yasui; Kei Kurotobi; Yasujiro Murata
        Materials Chemistry Frontiers, 2018年, 査読有り
      • Facile Access to Azafullerenyl Cation C59N+ and Specific Interaction with Entrapped Molecules.
        Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata
        Journal of the American Chemical Society, 2017年12月27日, 査読有り
      • High-Resolution Photoelectron Imaging of Cryogenically-Cooled C59N- and (C59N)22- Azafullerene Anions.
        Guo-Zhu Zhu; Yoshifumi Hashikawa; Yuan Liu; Qian-Fan Zhang; Ling Fung Cheung; Yasujiro Murata; Lai-Sheng Wang
        The journal of physical chemistry letters, 2017年12月21日, 査読有り
      • Palladium-Catalyzed Cyclization: Regioselectivity and Structure of Arene-Fused C60 Derivatives.
        Yoshifumi Hashikawa; Michihisa Murata; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata
        Journal of the American Chemical Society, 2017年11月15日, 査読有り
      • Solvent-Coordinated Tin Halide Complexes as Purified Precursors for Tin-Based Perovskites.
        Masashi Ozaki; Yukie Katsuki; Jiewei Liu; Taketo Handa; Ryosuke Nishikubo; Shinya Yakumaru; Yoshifumi Hashikawa; Yasujiro Murata; Takashi Saito; Yuichi Shimakawa; Yoshihiko Kanemitsu; Akinori Saeki; Atsushi Wakamiya
        ACS omega, 2017年10月31日, 査読有り
      • Single Molecular Junction Study on H2 O@C60 : H2 O is "Electrostatically Isolated".
        Satoshi Kaneko; Yoshifumi Hashikawa; Shintaro Fujii; Yasujiro Murata; Manabu Kiguchi
        Chemphyschem : a European journal of chemical physics and physical chemistry, 2017年05月19日, 査読有り
      • Orientation of a Water Molecule: Effects on Electronic Nature of the C59N Cage.
        Yoshifumi Hashikawa; Michihisa Murata; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata
        The Journal of organic chemistry, 2017年04月21日, 査読有り
      • Structural modification of open-cage fullerene C60 derivatives having a small molecule inside their cavities
        Yoshifumi Hashikawa; Michihisa Murata; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata
        Canadian Journal of Chemistry, 2017年, 査読有り
      • Co(I)-Mediated Removal of Addends on the C60 Cage and Formation of the Monovalent Cobalt Complex CpCo(CO)(η2-C60).
        Yoshifumi Hashikawa; Michihisa Murata; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata
        Organic letters, 2016年12月16日
      • Water Entrapped inside Fullerene Cages: A Potential Probe for Evaluation of Bond Polarization.
        Yoshifumi Hashikawa; Michihisa Murata; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata
        Angewandte Chemie (International ed. in English), 2016年10月10日, 査読有り
      • Synthesis and Properties of Endohedral Aza[60]fullerenes: H₂O@C₅₉N and H₂@C₅₉N as Their Dimers and Monomers.
        Yoshifumi Hashikawa; Michihisa Murata; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata
        Journal of the American Chemical Society, 2016年03月30日, 査読有り
      • Synthesis of open-cage ketolactam derivatives of fullerene C60 encapsulating a hydrogen molecule.
        Yoshifumi Hashikawa; Michihisa Murata; Atsushi Wakamiya; Yasujiro Murata
        Organic letters, 2014年06月06日, 査読有り

      MISC

      • C=CまたはC=N結合を開口部にもつ開口フラーレンC60誘導体の反応性
        木崎和郎; KIM Kyusun; 橋川祥史; 廣瀬崇至; 村田靖次郎
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • トリアジン誘導体を用いたH2O@C60の大量合成法の開発
        木崎和郎; KIM Kyusun; 橋川祥史; 廣瀬崇至; 村田靖次郎
        基礎有機化学討論会要旨集, 2019年
      • 開口部に水素結合をもつ水酸化開口フラーレンC60誘導体の合成と物性
        長谷川翔大; 橋川祥史; 若宮淳志; 村田靖次郎
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年03月06日
      • Pd触媒を用いたフラーレン誘導体の位置選択的構造修飾
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年03月06日
      • フラーレン金属錯体の合成と内包水分子の動的挙動
        川崎皓斗; 橋川祥史; 若宮淳志; 村田靖次郎
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年03月06日
      • フラーレン空間内部において静電的摂動を受けた孤立水分子の運動性評価
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2017年11月14日
      • 小分子内包フラーレンにおける分子内相互作用の解明
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        基礎有機化学討論会要旨集, 2017年09月07日
      • フラーレンに内包された水分子をNMRプローブとする結合分極の評価
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年03月03日
      • 水分子内包フラーレンのプロトン緩和時間を利用した結合分極の評価
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        基礎有機化学討論会要旨集, 2016年09月01日
      • アザフラーレンC59Nに内包された水分子の動的挙動
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年03月10日
      • かご型炭素クラスターC60およびC59Nに内包されたH2OとH21H NMR緩和時間
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎; 村田靖次郎
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2015年11月06日
      • 内包アザフラーレンの合成および内包分子の核磁気緩和
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎; 村田靖次郎
        基礎有機化学討論会要旨集, 2015年09月24日
      • 水分子内包アザフラーレンの合成
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        日本化学会講演予稿集, 2015年03月11日
      • 水素分子を内包したアザフラーレン前駆体の合成
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        基礎有機化学討論会要旨集, 2014年08月25日
      • フラーレンC60のケトラクタム誘導体における開口部拡大反応
        橋川祥史; 村田理尚; 若宮淳志; 村田靖次郎
        日本化学会講演予稿集, 2014年03月12日

      書籍等出版物

      • フラーレン誘導体・内包技術の最前線
        村田 靖次郎; 張 鋭; 橋川 祥史, 分担執筆, 第3章 内包フラーレンの合成と誘導体化 水分子内包フラーレン
        シーエムシー出版, 2014年04月, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 単分子化学を指向した炭素ナノケージの創出
        若手研究
        小区分33010:構造有機化学および物理有機化学関連
        京都大学
        橋川 祥史
        自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ナノカーボン;フラーレン;金属錯体;水分子;ホスフィン;磁気相互作用;π共役系;動的挙動
      • 水酸基の3次元精密配列に基づく高次集積構造の構築
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        橋川 祥史
        自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        水分子;水素結合;会合;疎水性;π共役;フラーレン;NMR;リチウムイオン
      • 弱い相互作用を用いた3次元π共役分子のナノ構造制御と機能開拓
        若手研究
        小区分33010:構造有機化学および物理有機化学関連
        京都大学
        橋川 祥史
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        水分子;緩和時間;核磁気共鳴;電子スピン共鳴;フラーレン;水素結合;回転運動;電子スピン;π拡張;反応性;金属錯体
      • 分子間相互作用に基づく球状π空間の物性制御
        研究活動スタート支援
        京都大学
        橋川 祥史
        自 2017年08月25日, 至 2019年03月31日, 完了
        フラーレン;内包フラーレン;開口フラーレン誘導体;電子スピン;緩和時間;反応性;金属錯体
      • 球面π共役系を用いた実験系水和モデルの創出
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        橋川 祥史
        自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        水分子;水素結合;会合;疎水性;π共役

      外部資金:その他

      • 分子間相互作用に基づく球状π空間の物性制御
        平成29年度 京都大学若手研究者スタートアップ研究費
        自 2017年04月, 至 2017年09月
        代表
      • 小分子導入にもとづくC60骨格への電子的効果の検証
        平成30年度 統合物質創製化学研究推進機構「融合創発研究」
        自 2018年07月, 至 2019年03月
        代表
      • 官能基の配列方向に由来するキラリティを有する開口フラーレン誘導体の触媒的光学分割
        平成30年度 化学研究所らしい融合的・開拓的研究
        自 2018年04月, 至 2019年03月
        分担
      • フラーレンドープ型金属酸化物ナノワイヤの形成と物性評価
        令和2年度 統合物質創製化学研究推進機構「融合創発研究」
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        代表
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質エネルギー化学特論第三
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質エネルギー化学特論第四
          前期, 工学研究科

        非常勤講師

        • 自 2022年10月01日, 至 2023年03月31日
          先端化学実験Ⅱ(先端化学)
          後期96時間, 工学部
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所安全衛生委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学物質専門委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学物質専門小委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            京都大学宇治地区化学物質管理委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所図書委員会委員

          ページ上部へ戻る