教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

樋口 ゆり子

ヒグチ ユリコ

薬学研究科 薬学専攻薬品動態医療薬学講座 准教授

樋口 ゆり子
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    学位

    • 修士(薬学)(京都大学)
    • 博士(薬学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院薬学研究科修士課程医療薬科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院薬学研究科博士後期課程医療薬科学専攻, 修了

    経歴

    • 京都大学 大学院薬学研究科 医療薬科学専攻

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 医療薬学
      • ライフサイエンス, 生体医工学

      論文

      • Intestinal Permeability of Drugs in Caco-2 Cells Cultured in Microfluidic Devices.
        Yuko Sasaki; Hirotaka Tatsuoka; Masahiro Tsuda; Takumi Sumi; Yuka Eguchi; Kanako So; Yuriko Higuchi; Kazuo Takayama; Yusuke Torisawa; Fumiyoshi Yamashita
        Biological & pharmaceutical bulletin, 2022年
      • CREB is a potential marker associated with drug-induced liver injury: Identification and validation through transcriptome database analysis
        Qiyue Zhang; Shiori Taniguchi; Kanako So; Masahiro Tsuda; Yuriko Higuchi; Mitsuru Hashida; Fumiyoshi Yamashita
        JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES, 2022年
      • 機能性量子ドットによる細胞の体内動態追跡
        樋口 ゆり子
        レーザー研究, 2010年06月15日
      • Prediction of HIV drug resistance based on the 3D protein structure: Proposal of molecular field mapping.
        Ryosaku Ota; Kanako So; Masahiro Tsuda; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita
        PloS one, 2021年
      • [Cell Editing: Control of Cell Function Utilizing Biomaterials Based on Collaborative Researches between Medicine, Pharmaceutical Sciences, and Engineering].
        Akihiro Kishimura; Yuriko Higuchi
        Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2021年
      • [Controlling Cell Dynamics by Cell-surface Modification].
        Yuriko Higuchi; Yoshimasa Takafuji
        Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 2021年
      • PD-L1/L2 protein levels rapidly increase on monocytes via trogocytosis from tumor cells in classical Hodgkin lymphoma.
        Masaharu Kawashima; Joaquim Carreras; Hiroshi Higuchi; Ryutaro Kotaki; Takahiro Hoshina; Kazuki Okuyama; Naoto Suzuki; Masatoshi Kakizaki; Yuji Miyatake; Kiyoshi Ando; Masafumi Nakayama; Shinjiro Umezu; Ryouichi Horie; Yuriko Higuchi; Koko Katagiri; Susumu Goyama; Toshio Kitamura; Kenji Chamoto; Shingo Yano; Naoya Nakamura; Ai Kotani
        Leukemia, 2020年09月
      • ディープ・ニューラルネットワークを組み込んだ母集団薬物動態モデルの開発
        山下 富義; 太田 亮作; 津田 真弘; 樋口 ゆり子
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • A model-based comparative meta-analysis of the efficacy of dolutegravir-based and efavirenz-based regimens in HIV-infected patients.
        Ryosaku Ota; Hiromu Ishii; Masahiro Tsuda; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita
        Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy, 2019年09月, 査読有り
      • Development of mKO2 fusion proteins for real-time imaging and mechanistic investigation of the degradation kinetics of human IκBα in living cells.
        Rahimova N; Babazada H; Higuchi Y; Yamashita F; Hashida M
        Biochimica et biophysica acta. Molecular cell research, 2019年02月, 査読有り
      • An Evolutionary Search Algorithm for Covariate Models in Population Pharmacokinetic Analysis.
        Fumiyoshi Yamashita; Atsuto Fujita; Yukako Sasa; Yuriko Higuchi; Masahiro Tsuda; Mitsuru Hashida
        Journal of pharmaceutical sciences, 2017年09月, 査読有り
      • Synthesis and Functional Characterization of Novel Sialyl LewisX Mimic-Decorated Liposomes for E-selectin-Mediated Targeting to Inflamed Endothelial Cells.
        Chanikarn Chantarasrivong; Akiharu Ueki; Ryutaro Ohyama; Johan Unga; Shinya Nakamura; Isao Nakanishi; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Hiromune Ando; Akihiro Imamura; Hideharu Ishida; Fumiyoshi Yamashita; Makoto Kiso; Mitsuru Hashida
        Molecular pharmaceutics, 2017年05月01日, 査読有り
      • Anti-inflammatory Effect of Self-assembling Glycol-Split Glycosaminoglycan-Stearylamine Conjugates in Lipopolysaccharide-Stimulated Macrophages
        Shinya Yanamoto; Hasan Babazada; Shinya Sakai; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2017年04月, 査読有り
      • In Vitro Cellular Gene Delivery Employing a Novel Composite Material of Single-Walled Carbon Nanotubes Associated With Designed Peptides With Pegylation.
        Ohta T; Hashida Y; Higuchi Y; Yamashita F; Hashida M
        Journal of pharmaceutical sciences, 2017年03月, 査読有り
      • Use of Membrane Potential to Achieve Transmembrane Modification with an Artificial Receptor
        Wataru Hatanaka; Miki Kawaguchi; Xizheng Sun; Yusuke Nagao; Hiroyuki Ohshima; Mitsuru Hashida; Yuriko Higuchi; Akihiro Kishimura; Yoshiki Katayama; Takeshi Mori
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 2017年02月, 査読有り
      • The development of mechanically formed stable nanobubbles intended for sonoporation-mediated gene transfection
        Rodi Abdalkader; Shigeru Kawakami; Johan Unga; Yuriko Higuchi; Ryo Suzuki; Kazuo Maruyama; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        DRUG DELIVERY, 2017年, 査読有り
      • Development of drug delivery system and imaging technique
        Yuriko Higuchi
        Drug Delivery System, 2016年, 査読有り
      • Intravital imaging of live mice at cellular resolution
        Sota Yamada; Yuriko Higuchi; Mitsuru Hashida
        Drug Delivery System, 2016年, 査読有り
      • Development of fluorous lipid-based nanobubbles for efficiently containing perfluoropropane.
        Yusuke Oda; Ryo Suzuki; Tatsuya Mori; Hideyo Takahashi; Hideaki Natsugari; Daiki Omata; Johan Unga; Hitoshi Uruga; Mutsumi Sugii; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida; Kazuo Maruyama
        International journal of pharmaceutics, 2015年06月20日, 査読有り
      • Systemic Targeting of Lymph Node Metastasis through the Blood Vascular System by Using Size-Controlled Nanocarriers.
        Horacio Cabral; Jun Makino; Yu Matsumoto; Peng Mi; Hailiang Wu; Takahiro Nomoto; Kazuko Toh; Naoki Yamada; Yuriko Higuchi; Satoshi Konishi; Mitsunobu R Kano; Hiroshi Nishihara; Yutaka Miura; Nobuhiro Nishiyama; Kazunori Kataoka
        ACS nano, 2015年05月26日, 査読有り
      • Real time imaging of biological phenomena with super-duper luminescent proteins
        Kenta Saito; Yu Fen Chang; Kazuki Horikawa; Yuriko Higuchi; Mitsuru Hashida; Tomoki Matsuda; Yoshiyuki Arai; Takeharu Nagai
        Cytologia, 2015年01月01日
      • Kidney-selective gene transfection using anionic bubble lipopolyplexes with renal ultrasound irradiation in mice
        Tomoaki Kurosaki; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Ryo Suzuki; Kazuo Maruyama; Hitoshi Sasaki; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        NANOMEDICINE-NANOTECHNOLOGY BIOLOGY AND MEDICINE, 2014年11月, 査読有り
      • Enhancement of the anti-tumor effect of DNA vaccination using an ultrasound-responsive mannose-modified gene carrier in combination with doxorubicin-encapsulated PEGylated liposomes
        Mitsuru Yoshida; Shigeru Kawakami; Yusuke Kono; Keita Un; Yuriko Higuchi; Kazuo Maruyama; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2014年11月, 査読有り
      • Evaluation of inflammatory responses due to small interfering RNA transfer using unmodified- and mannose-modified bubble lipoplexes with ultrasound exposure in primary cultured macrophages
        Mitsuru Yoshida; Shigeru Kawakami; Keita Un; Yusuke Kono; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2014年09月, 査読有り
      • Targeted gene integration using the combination of a sequence-specific DNA-binding protein and phiC31 integrase
        Hideyuki Nakanishi; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 2014年09月, 査読有り
      • Neutralized nanoparticle composed of SS-cleavable and pH-activated lipid-like material as a long-lasting and liver-specific gene delivery system.
        Masami Ukawa; Hidetaka Akita; Yasuhiro Hayashi; Ryohei Ishiba; Kota Tange; Masaya Arai; Kazuhiro Kubo; Yuriko Higuchi; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Mitsuru Hashida; Hideyoshi Harashima
        Advanced Healthcare Materials, 2014年08月14日, 査読有り
      • Neutralized Nanoparticle Composed of SS-Cleavable and pH-Activated Lipid-Like Material as a Long-Lasting and Liver-Specific Gene Delivery System
        Masami Ukawa; Hidetaka Akita; Yasuhiro Hayashi; Ryohei Ishiba; Kota Tange; Masaya Arai; Kazuhiro Kubo; Yuriko Higuchi; Kazunori Shimizu; Satoshi Konishi; Mitsuru Hashida; Hideyoshi Harashima
        ADVANCED HEALTHCARE MATERIALS, 2014年08月, 査読有り
      • Antitumor effect of nuclear factor-κB decoy transfer by mannose-modified bubble lipoplex into macrophages in mouse malignant ascites.
        Kono Y; Kawakami S; Higuchi Y; Maruyama K; Yamashita F; Hashida M
        Cancer science, 2014年08月, 査読有り
      • Tumour-associated macrophages targeted transfection with NF-κB decoy/mannose-modified bubble lipoplexes inhibits tumour growth in tumour-bearing mice.
        Kono Y; Kawakami S; Higuchi Y; Maruyama K; Yamashita F; Hashida M
        Journal of drug targeting, 2014年06月, 査読有り
      • Development of anionic bubble lipopolyplexes for efficient and safe gene transfection with ultrasound exposure in mice
        Tomoaki Kurosaki; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Ryo Suzuki; Kazuo Maruyama; Hitoshi Sasaki; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2014年02月, 査読有り
      • In Vitro Evaluation of Inhibitory Effect of Nuclear Factor-KappaB Activity by Small Interfering RNA on Pro-tumor Characteristics of M2-Like Macrophages
        Yusuke Kono; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2014年01月, 査読有り
      • Factors Influencing the Surface Modification of Mesenchymal Stem Cells with Fluorescein-Pegylated Lipids
        Yoshimasa Takafuji; Yuriko Higuchi; Atsushi Muro; Kohei Oshiro; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2013年11月, 査読有り
      • Development of optical imaging to visualize dynamics of cells in vivo
        Yuriko Higuchi
        Drug Delivery System, 2013年04月, 査読有り
      • Luminescent proteins for high-speed single-cell and whole-body imaging
        Kenta Saito; Y. -F. Chang; Kazuki Horikawa; Noriyuki Hatsugai; Yuriko Higuchi; Mitsuru Hashida; Yu Yoshida; Tomoki Matsuda; Yoshiyuki Arai; Takeharu Nagai
        NATURE COMMUNICATIONS, 2012年12月, 査読有り
      • Efficient suppression of murine intracellular adhesion molecule-1 using ultrasound-responsive and mannose-modified lipoplexes inhibits acute hepatic inflammation
        Keita Un; Shigeru Kawakami; Mitsuru Yoshida; Yuriko Higuchi; Ryo Suzuki; Kazuo Maruyama; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        HEPATOLOGY, 2012年07月, 査読有り
      • Evaluation of Long-Term Gene Expression in Mouse Liver Using PhiC31 Integrase and Hydrodynamic Injection
        Yoshiaki Umemoto; Shigeru Kawakami; Yuki Otani; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2012年07月, 査読有り
      • Bovine Serum Albumin as a Lyoprotectant for Preparation of DNA Dry Powder Formulations Using the Spray-Freeze Drying Method
        Masashi Tsukamoto; Tomoyuki Okuda; Hirokazu Okamoto; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2012年07月, 査読有り
      • Photonics Meets Sensing of Bio-reaction and Cell Dynamics
        Yuriko Higuchi; Hidetaka Akita
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2012年04月, 査読有り
      • Development of Fluorescent Labeling Methods for Stem Cells
        Yuriko Higuchi
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2012年04月, 査読有り
      • Self-assemble gene delivery system for molecular targeting using nucleic acid aptamer
        Tomoaki Kurosaki; Norihide Higuchi; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Tadahiro Nakamura; Takashi Kitahara; Mitsuru Hashida; Hitoshi Sasaki
        GENE, 2012年01月, 査読有り
      • The involvement of NK cell activation following intranasal administration of CpG DNA lipoplex in the prevention of pulmonary metastasis and peritoneal dissemination in mice
        Shuwen Zhou; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        CLINICAL & EXPERIMENTAL METASTASIS, 2012年01月, 査読有り
      • Involvement of activated transcriptional process in efficient gene transfection using unmodified and mannose-modified bubble lipoplexes with ultrasound exposure
        Keita Un; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Ryo Suzuki; Kazuo Maruyama; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2011年12月, 査読有り
      • Development of lysine-histidine dendron modified chitosan for improving transfection efficiency in HEK293 cells
        Kai-Ling Chang; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2011年12月, 査読有り
      • Development of a suction device for stabilizing in vivo real-time imaging of murine tissues
        Kazunori Shimizu; Yuriko Higuchi; Yoshimasa Kozu; Mitsuru Hashida; Satoshi Konishi
        JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING, 2011年11月, 査読有り
      • Polyamidoamine dendrimer-conjugated quantum dots for efficient labeling of primary cultured mesenchymal stem cells
        Yuriko Higuchi; Can Wu; Kai-Ling Chang; Kei Irie; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOMATERIALS, 2011年10月, 査読有り
      • Comparison of piggyBac transposition efficiency between linear and circular donor vectors in mammalian cells
        Hideyuki Nakanishi; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF BIOTECHNOLOGY, 2011年07月, 査読有り
      • The elucidation of gene transferring mechanism by ultrasound-responsive unmodified and mannose-modified lipoplexes
        Keita Un; Shigeru Kawakami; Mitsuru Yoshida; Yuriko Higuchi; Ryo Suzuki; Kazuo Maruyama; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOMATERIALS, 2011年07月, 査読有り
      • Development of polyamidoamine dendrimer-conjugated quantum dots for tracing primary cultured mesenchymal stem cells in mice
        Yuriko Higuchi; Wu Can; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        Molecular Therapy, 2011年06月, 査読有り
      • Evaluation of osteoclastogenesis via NFκB decoy/mannosylated cationic liposome-mediated inhibition of pro-inflammatory cytokine production from primary cultured macrophages.
        Dinh TD; Higuchi Y; Kawakami S; Yamashita F; Hashida M
        Pharmaceutical research, 2011年04月, 査読有り
      • Intratracheally instilled mannosylated cationic liposome/NFκB decoy complexes for effective prevention of LPS-induced lung inflammation.
        Wijagkanalan W; Kawakami S; Higuchi Y; Yamashita F; Hashida M
        Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society, 2011年01月, 査読有り
      • Enhanced growth inhibition of metastatic lung tumors by intravenous injection of ATRA-cationic liposome/IL-12 pDNA complexes in mice
        P. Charoensit; S. Kawakami; Y. Higuchi; F. Yamashita; M. Hashida
        CANCER GENE THERAPY, 2010年07月, 査読有り
      • Efficient Gene Transfection by Histidine-Modified Chitosan through Enhancement of Endosomal Escape
        Kai-Ling Chang; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 2010年06月, 査読有り
      • piggyBac Transposon-mediated Long-term Gene Expression in Mice
        Hideyuki Nakanishi; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        MOLECULAR THERAPY, 2010年04月, 査読有り
      • gamma-Polyglutamic acid-coated vectors for effective and safe gene therapy
        Tomoaki Kurosaki; Takashi Kitahara; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Ayumi Yamaguchi; Hiroo Nakagawa; Yukinobu Kodama; Tomoyuki Hamamoto; Mitsuru Hashida; Hitoshi Sasaki
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2010年03月, 査読有り
      • Strategies for In Vivo Delivery of siRNAs Recent Progress
        Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Mitsuru Hashida
        BIODRUGS, 2010年, 査読有り
      • Development and Therapeutic Application of Transposon-based Vectors
        Hideyuki Nakanishi; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2009年12月, 査読有り
      • Enhanced Gene Transfection in Macrophages by Histidine-Conjugated Mannosylated Cationic Liposomes
        Kazumi Nakamura; Yukari Kuramoto; Hidefumi Mukai; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Mitsuru Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2009年09月, 査読有り
      • NF kappa B decoy delivery using dendritic poly(L-lysine) for treatment of endotoxin-induced hepatitis in mice
        Yusuke Sugao; Kazuto Watanabe; Yuriko Higuchi; Ryohsuke Kurihara; Shigeru Kawakami; Mitsuru Hashida; Yoshiki Katayama; Takuro Niidome
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2009年07月, 査読有り
      • Encapsulation of the synthetic retinoids Am80 and LE540 into polymeric micelles and the retinoids' release control
        Taku Satoh; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Mitsuru Hashida; Hiroyuki Kagechika; Koichi Shudo; Masayuki Yokoyama
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2009年06月, 査読有り
      • Enhanced in vivo antitumor efficacy of fenretinide encapsulated in polymeric micelles
        Tomoyuki Okuda; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Taku Satoh; Yoshimi Oka; Masayuki Yokoyama; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2009年05月, 査読有り
      • Glycosylated liposomes for the targeted delivery of siRNA and CpG DNA
        Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        Journal of Gene Medicine, 2009年04月, 査読有り
      • Evaluation of proinflammatory cytokine production and liver injury induced by plasmid DNA/cationic liposome complexes with various mixing ratios in mice
        Yoshitaka Ito; Shigeru Kawakalni; Pensri Charoensit; Yuriko Higuchi; Mitsuru Hashida
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICS AND BIOPHARMACEUTICS, 2009年02月, 査読有り
      • Immunostimulatory Characteristics Induced by Linear Polyethyleneimine-Plasmid DNA Complexes in Cultured Macrophages
        Yasunori Saito; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        HUMAN GENE THERAPY, 2009年02月, 査読有り
      • Suppressive effects of sugar-modified cationic liposome/NF-kappa B decoy complexes on adenovirus vector-induced innate immune responses
        Haiying Huang; Fuminori Sakurai; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Mitsuru Hashida; Kenji Kawabata; Hiroyuki Mizuguchi
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2009年01月, 査読有り
      • Enhanced Anti-Inflammation of Inhaled Dexamethasone Palmitate Using Mannosylated Liposomes in an Endotoxin-Induced Lung Inflammation Model
        Wassana Wijagkanalan; Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Mugen Teshima; Hitoshi Sasaki; Mitsuru Hashida
        MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2008年11月, 査読有り
      • Kupffer cell targeted delivery of nfkb decoy suppress hepatic ishchemia/reperfusion injury
        Yuriko Higuchi; Can Wu; Shigeru Kawakami; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2008年04月, 査読有り
      • Nonviral approaches for targeted delivery of plasmid DNA and oligonucleotide
        Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 2008年02月, 査読有り
      • Development of cell-selective targeting systems of NFκB decoy for inflammation therapy
        Y. Higuchi; S. Kawakami; M. Hashida
        Yakugaku Zasshi, 2008年02月, 査読有り
      • Incorporation of alt-trans retinoic acid into lipoplexes inhibits nuclear factor kappa B activation mediated liver injury induced by lipoplexes in mice
        Pensd Charoensit; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2008年01月, 査読有り
      • Mannosylated semiconductor quantum dots for the labeling of macrophages
        Yuriko Higuchi; Machiko Oka; Shigeru Kawakami; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2008年01月, 査読有り
      • Development of cancer immune therapy by cell targeted nucleic acid delivery
        Kawakami S; Higuchi Y; Nakanishi H; Kuramoto Y; Hattori Y; Hashida M
        Drug Delivery System, 2008年, 査読有り
      • Hepatocyte-selective gene transfer by galactosylated Protein/Linear Polyethyleneimine/Plasmid DNA complexes in mice
        Miyuki Hohokabe; Yuriko Higuchi; Hidefumi Mukai; Shigeru Kawakami; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF BIOMEDICAL NANOTECHNOLOGY, 2007年09月, 査読有り
      • Novel histidine-conjugated galactosylated cationic liposomes for efficient hepatocyte-selective gene transfer in human hepatoma HepG2 cells
        Kosuke Shigeta; Shigeru Kawakami; Yuriko Higuchi; Tatsuya Okuda; Hiroko Yagi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2007年04月, 査読有り
      • The potential role of fucosylated cationic liposome/NF kappa B decoy complexes in the treatment of cytokine-related liver disease
        Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOMATERIALS, 2007年01月, 査読有り
      • INHIBITORY EFFECT OF MANNOSYLATED CATIONIC LIPOSOME/NF kappa DECOY COMPLEXES ON CYTOKINE PRODUCTION IN LPS-INDUCED SEPTIC PERITONITIS MOUSE MODEL
        Dinh Thuy Duong; Higuchi Yuriko; Kawakami Shigeru; Yamashita Fumiyoshi; Hashida Mitsuru
        DRUG METABOLISM REVIEWS, 2007年, 査読有り
      • [Pharmaceutical device of IFN].
        Higuchi Y; Hashida M
        Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2006年07月, 査読有り
      • Effect of the particle size of galactosylated lipoplex on hepatocyte-selective gene transfection after intraportal administration
        Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Shintaro Fumoto; Furniyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2006年07月, 査読有り
      • Intravenous administration of mannosylated cationic liposome/NF kappa B decoy complexes effectively prevent LPS-induced cytokine production in a murine liver failure model
        Y Higuchi; S Kawakami; M Oka; Y Yabe; F Yamashita; M Hashida
        FEBS LETTERS, 2006年06月, 査読有り
      • Erratum: Intracellular distribution of NFκB decoy and its inhibitory effect on TNFα production by LPS stimulated RAW 264.7 cells (Journal of Controlled Release (2005) 107 (373-382) DOI: 10.1016/j.jconrel.2005.07.004)
        Yuriko Higuchi; Shigeru Kawakami; Makiya Nishikawa; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        Journal of Controlled Release, 2006年04月10日, 査読有り
      • Intracellular distribution of NF kappa B decoy and its inhibitory effect on TNF alpha production by LPS stimulated RAW 264.7 cells (vol 107, pg 373, 2005)
        Y Higuchi; S Kawakami; M Nishikawa; F Yamashita; M Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2006年04月, 査読有り
      • Suppression of TNF alpha production in LPS induced liver failure in mice after intravenous injection of cationic liposomes/NF kappa B decoy complex
        Y Higuchi; S Kawakami; M Oka; F Yamashita; M Hashida
        PHARMAZIE, 2006年02月, 査読有り
      • Interaction with blood components plays a crucial role in asialoglycoprotein receptor-mediated in vivo gene transfer by galactosylated lipoplex
        S Fumoto; S Kawakami; K Shigeta; Y Higuchi; F Yamashita; M Hashida
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 2005年11月, 査読有り
      • Intracellular distribution of NF kappa B decoy and its inhibitory effect on TNF alpha production by LPS stimulated RAW 264.7 cells
        Y Higuchi; S Kawakami; M Nishikawa; F Yamashita; M Hashida
        JOURNAL OF CONTROLLED RELEASE, 2005年10月, 査読有り
      • Biodistribution characteristics of mannosylated and fucosylated O/W emulsions in mice
        W Yeeprae; S Kawakami; Y Higuchi; F Yamashita; M Hashida
        JOURNAL OF DRUG TARGETING, 2005年09月, 査読有り
      • Uptake characteristics of mannosylated and fucosylated bovine serum albumin in primary cultured rat sinusoidal endothelial cells and Kupffer cells
        Y Higuchi; M Nishikawa; S Kawakami; F Yamashita; M Hashida
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS, 2004年12月, 査読有り
      • Effect of cationic charge on receptor-mediated transfection using mannosylated cationic liposome/plasmid DNA complexes following the intravenous administration in mice
        S. Kawakami; Y. Hattori; Y. Lu; Y. Higuchi; F. Yamashita; Mitsuru Hashida
        Pharmazie, 2004年05月, 査読有り
      • Involvement of serum mannan binding proteins and mannose receptors in uptake of mannosylated liposomes by macrophages
        P Opanasopit; Y Higuchi; S Kawakami; F Yamashita; M Nishikawa; M Hashida
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOMEMBRANES, 2001年03月, 査読有り

      MISC

      • 伸展応力刺激によるCaco-2細胞でのP-糖タンパク質の発現上昇
        高谷直樹; 津田真弘; 宗可奈子; 樋口ゆり子; 山下富義
        日本薬剤学会年会講演要旨集(CD-ROM), 2022年
      • ヒト肝臓癌細胞におけるレチノイドの増殖抑制効果
        八木 寛子; 川上 茂; 樋口 ゆり子; 山下 富義; 橋田 充
        薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 2007年05月10日
      • 抗原提示細胞指向型キャリアを用いたNFκBデコイ送達に基づくラット心移植急性拒絶におけるサイトカイン産生抑制
        樋口 ゆり子; 岩井 美栄子; 川上 茂; 山下 富義; 三原 潔; 谷川原 祐介; 橋田 充
        薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, 2007年05月10日
      • イメージングによるヒスチジン修飾キトサン/pDNA複合体のエンドソーム脱出の観察
        張 凱琳; 樋口 ゆり子; 川上 茂; 山下 富義; 橋田 充
        バイオイメージング, 2009年07月15日
      • 多機能性量子ドットによる細胞の体内動態追跡
        樋口 ゆり子; 橋田 充
        Drug delivery system, 2009年06月09日
      • 水島裕先生・瀬崎仁先生追悼シンポジウム"DDS-過去・現在・未来-"
        樋口 ゆり子
        Drug delivery system, 2009年01月23日
      • 量子ドット蛍光標識法による間葉系幹細胞の体内動態追跡
        呉 サン; 樋口 ゆり子; 川上 茂; 山下 富義; 橋田 充
        バイオイメージング, 2008年10月30日
      • 量子ドットを用いた癌細胞腹膜播種における in vivo マクロファージ分布評価
        樋口 ゆり子; 岡 真千子; 川上 茂; 山下 富義; 橋田 充
        バイオイメージング, 2008年10月30日
      • Sialyl LewisX mimic-decorated liposomes for anti-angiogenic everolimus delivery to E-selectin expressing endothelial cells
        Chanikarn Chantarasrivong; Yuriko Higuchi; Masahiro Tsuda; Yuuki Yamane; Mitsuru Hashida; Miku Konishi; Naoko Komura; Hiromune Ando; Fumiyoshi Yamashita
        RSC Advances, 2019年01月01日
      • Fluorescent labeling reagent for cell membrane and organelles
        Yuriko Higuchi
        Drug Delivery System, 2017年
      • 凍結乾燥マンノース6リン修修飾バブルリポソームの開発
        安部 カヲル; 小田 雄介; 鈴木 亮; 小俣 大樹; Unga Johan; 宇留賀 仁史; 杉井 むつみ; 川上 茂; 樋口 ゆり子; 橋田 充; 丸山 一雄
        日本薬学会年会要旨集, 2015年03月
      • フッ化リン脂質を利用したバブルリポソームの開発
        小田 雄介; 高橋 秀依; 鈴木 亮; 小俣 大樹; Unga Johan; 宇留賀 仁史; 杉井 むつみ; 川上 茂; 樋口 ゆり子; 橋田 充; 丸山 一雄
        日本薬学会年会要旨集, 2015年03月
      • 任意の遺伝子を哺乳類ゲノムに組込み、安定発現させるための piggyBac トランスポゾン活用術
        中西秀之; 樋口ゆり子; 橋田充
        実験医学, 2015年03月, 査読有り, 招待有り
      • 凍結乾燥バブルリポソームの開発と特性評価
        小田 雄介; 鈴木 亮; 小俣 大樹; 根岸 洋一; 川上 茂; 樋口 ゆり子; 橋田 充; 丸山 一雄
        日本薬学会年会要旨集, 2014年03月
      • バブルリポソームの安定性におよぼす脂質組成の影響
        小田雄介; 鈴木亮; 小俣大樹; 澤口能一; 根岸洋一; 川上茂; 樋口ゆり子; 橋田充; 丸山一雄
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2013年06月05日
      • フッ化リン脂質を用いたバブルリポソームの開発
        鬼塚沙也加; 小田雄介; 鈴木亮; 高橋秀依; 夏苅英昭; 川上茂; 樋口ゆり子; 橋田充; 丸山一雄
        遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム要旨集, 2013年05月11日
      • マンノース修飾バブルリポプレックスを用いたNF‐κBデコイの腫瘍関連マクロファージへの導入に基づくphenotype制御
        河野裕允; 川上茂; 樋口ゆり子; 鈴木亮; 丸山一雄; 山下富義; 橋田充
        遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム要旨集, 2013年05月11日
      • マンノース修飾バブルリポソームを用いたNF‐kappaB活性制御による腫瘍関連マクロファージのphenotype変化
        河野裕允; 川上茂; 樋口ゆり子; 鈴木亮; 丸山一雄; 山下富義; 橋田充
        日本薬剤学会年会講演要旨集(Web), 2013年04月26日
      • In Vivo Real-Time Imaging of Cell Dynamics in Tissues of a Living Mouse by Confocal Microscope with the Suction Device
        Yuriko Higuchi; Yoshimasa Kozu; Shigeru Kawakami; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida
        MOLECULAR THERAPY, 2012年05月
      • Photothermic regulation of gene expression triggered by laser-induced carbon nanohorns
        Eijiro Miyako; Tomonori Deguchi; Yoshihiro Nakajima; Masako Yudasaka; Yoshihisa Hagihara; Masanori Horie; Mototada Shichiri; Yuriko Higuchi; Fumiyoshi Yamashita; Mitsuru Hashida; Yasushi Shigeri; Yasukazu Yoshida; Sumio Iijima
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2012年05月, 査読有り
      • 超音波応答性マンノース修飾リポソームを用いたsiRNA送達による抗炎症治療:siRNAの細胞内送達機構と抗炎症治療効果の評価
        運敬太; 川上茂; 樋口ゆり子; 鈴木亮; 丸山一雄; 山下富義; 橋田充
        アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 2011年09月01日
      • 明るい自動発光タンパク質を用いたバイオイメージング
        齊藤 健太; 張 郁芬; 堀川 一樹; 樋口 ゆり子; 木村 太郎; 永井 健治
        バイオイメージング, 2011年08月10日
      • in vivo 蛍光イメージングによる幹細胞の体内挙動の可視化
        樋口 ゆり子; 橋田 充
        バイオイメージング, 2011年08月10日
      • 超音波応答性マンノース修飾リポプレックスを用いたICAM‐1 siRNA送達による肝虚血再灌流性傷害の抑制
        運敬太; 川上茂; 吉田允; 樋口ゆり子; 鈴木亮; 丸山一雄; 山下富義; 橋田充
        Drug Deliv Syst, 2011年05月28日
      • 超音波応答性マンノース修飾リポプレックスによる遺伝子発現における転写過程の影響
        運敬太; 川上茂; 吉田允; 樋口ゆり子; 鈴木亮; 丸山一雄; 山下富義; 橋田充
        日本薬剤学会年会講演要旨集, 2011年05月01日
      • 超音波応答性マンノース修飾リポソームを用いたsiRNA送達システムによる新規抗炎症療法の開発
        運敬太; 川上茂; 樋口ゆり子; 鈴木亮; 丸山一雄; 山下富義; 橋田充
        Drug Deliv Syst, 2010年05月28日
      • 超音波応答性リポソームを用いたin‐vivo遺伝子導入法における転写因子活性化と炎症性サイトカイン産生の評価
        運敬太; 川上茂; 鈴木亮; 丸山一雄; 樋口ゆり子; 山下富義; 橋田充
        遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム要旨集, 2010年
      • Oligonuleotide delivery with dendritic poly(L-lysine) for treatments of the liver disorders
        K. Watanabe; M. Harada-Shiba; A. Suzuki; Y. Higuchi; S. Kawakami; M. Hashida; R. Gokuden; R. Kurihara; Y. Sugao; T. Mori; Y. Katayama; T. Niidome
        Materials Research Society Symposium Proceedings, 2010年, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF MANNOSYLATED SEMICONDUCTOR QUANTUM DOTS FOR THE LABELING OF MACROPHAGES
        Yuriko Higuchi; Machiko Oka; Shigeru Kawakami; Mitsuru Hashida
        DRUG METABOLISM REVIEWS, 2007年
      • 肝臓非実質細胞培養系における糖修飾リガンドの取り込み特性の評価
        樋口 ゆり子; 兵頭 健治; 西川 元也; 山下 富義; 橋田 充
        薬剤学, 2002年03月05日

      産業財産権

      • 特願2016-096002, 生体観察用治具
        樋口ゆり子; 橋田充; 小西聡
      • 特願2015-043050, 糖誘導体、またはその塩、セレクチン結合剤、糖結合体、粒子状キャリア、および輸送方法
        橋田充; 山下富義; 樋口ゆり子; チャニカーン; チャンタラスリウォン; 川上茂; ヨハン ウンガ; 木曽真; 植木章晴; 安藤弘宗
      • 特表第5930364号, 特開2013-113976, 特願2011-259007, 生体試料固定器
        樋口ゆり子; 清水一憲; 小西聡; 橋田充
      • 特願2011-68972, 自己会合によって均一な表面構造を形成するペプチドとカーボンナノチューブからなる複合炭素素材
        橋田泰彦; 橋田 充; 樋口ゆり子; 今堀博; 梅山有和; 磯田正二; 辻本将彦
      • 特願2008-292740, 活性成分封入高分子ミセル及び活性成分の溶出制御方法
        横山昌幸; 佐藤 琢; 川上 茂; 樋口ゆり子; 橋田 充
      • 特開2006-193488, 特願2005-008307, 免疫担当細胞指向型オリゴヌクレオチド・リポソーム複合体
        川上 茂; 橋田 充; 樋口ゆり子

      受賞

      • 2009年01月
        日本薬学会近畿支部, 平成20年度日本薬学会近畿支部奨励賞
      • 2013年07月05日
        日本DDS学会, 第5回日本DDS学会奨励賞
      • 2015年05月22日
        日本薬剤学会, 日本薬剤学会奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 細胞内抗原を標的としたin vivo抗体送達のための分子設計
        基盤研究(A)
        中区分47:薬学およびその関連分野
        京都大学
        二木 史朗
        自 2021年04月05日, 至 2024年03月31日, 交付
        抗体;一本鎖抗体;細胞内送達
      • 逆行性輸送経路を介した小胞体への多元的薬物デリバリー
        基盤研究(B)
        小区分90120:生体材料学関連
        京都大学
        山下 富義
        自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ドラッグデリバリー;小胞体;逆行性輸送;ドラッグデリバリーシステム
      • 細胞膜表面の低分子抗体修飾による細胞製剤の標的指向化
        基盤研究(B)
        小区分90110:生体医工学関連
        京都大学
        樋口 ゆり子
        自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ドラッグデリバリー;間葉系幹細胞;低分子抗体;scFv
      • PEG脂質を介した低分子抗体の細胞膜表面修飾による細胞選択的接着の向上
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        樋口 ゆり子
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;低分子抗体;PEG脂質;間葉系幹細胞;血管内皮細胞;細胞製剤;ターゲティング
      • ネットワークトキシコロジーに基づくDDSキャリアの安全性評価体系の構築
        基盤研究(A)
        京都大学
        橋田 充
        自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        安全性評価;DDS;薬物動態学;ドラッグデリバリーシステム
      • 非天然アミノ酸を利用した新規細胞膜表面修飾法の開発とDDSへの応用
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        橋田 充
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        細胞膜修飾;非天然アミノ酸;VHH;細胞接着;細胞製剤;DDS;細胞治療;ドラッグデリバリー
      • 個体深部の生命機能を非侵襲的に操作可能なケミルミノジェネティクス技術の創成
        基盤研究(A)
        大阪大学
        永井 健治
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        発光タンパク質;光感受性タンパク質;オプトジェネティクス;発光基質;ケミルミノジェネティクス;化学発光タンパク質
      • ユビキチンプロテアソーム経路を利用した新規遺伝子発現制御に基づく細胞制御法の開発
        若手研究(A)
        京都大学
        樋口 ゆり子
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        ユビキチンプロテアソーム経路;遺伝子発現制御;細胞製剤;ユビキチン‐プロテアソーム系;ユビキチンープロテアソーム経路
      • 幹細胞を用いた炎症部位特異的な新規遺伝子発現システムの開発とDDSへの応用
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        橋田 充
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        遺伝子発現制御;炎症;幹細胞
      • PEG脂質と外部刺激を利用した新規細胞膜表面修飾法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        樋口 ゆり子
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        幹細胞;PEG脂質;細胞膜表面修飾;超音波
      • トランスポゾンによる長期遺伝子発現型初代培養細胞の創製と細胞治療への応用
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        橋田 充
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;細胞治療;遺伝子発現長期化;トランスポゾン;細胞・遺伝子治療;遺伝子・細胞治療;長期発現
      • ヘパリンナノ粒子の多重標的機能を巧妙に利用した画期的関節リウマチ炎治療法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        山下 富義
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;ヘパリンナノ粒子;関節リウマチ;マクロファージ;炎症性サイトカイン;TLR-4
      • がん細胞の環境防御機構を標的としたドラッグデリバリーシステム治療戦略
        基盤研究(A)
        京都大学
        橋田 充
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;核酸医療;がん治療;免疫活性化;小胞体ストレス;ナノバイオ材料;超音波医科学;がん微小環境;ナノ粒子;ターゲティング
      • 体内動態追跡を目的とした細胞標識のための多機能性量子ドットの開発
        若手研究(B)
        京都大学
        樋口 ゆり子
        自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        量子ドット;幹細胞;イメージング;デンドリマー;エンドソーム脱出;PAMAMデンドリマー;分化;細胞内動態
      • トランスポゾンを用いたin vivo遺伝子発現長期化による新規慢性疾患療法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        橋田 充
        自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        トランスポゾン;プラスミドDNA;長期遺伝子発現;非ウイルス性キャリア;piggy Bacトランスポゾン;遺伝子発現長期化;ゲノムDNAへの組み込み;哺乳類;マウス
      • 免疫細胞指向性ナノ粒子によるNFkB転写制御と移植拒絶抑制への応用
        萌芽研究
        京都大学
        橋田 充
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        NFκB;デコイ;ターゲティング;遺伝子デリバリー;炎症性サイトカイン;リポソーム;マクロファージ;移植片拒絶
      • 転写制御による炎症性疾患に対する新規治療法の開発
        若手研究(B)
        京都大学
        樋口 ゆり子
        自 2006年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        核酸医薬品;ターゲティング;炎症性疾患;NFκB;リポソーム;免疫担当細胞;デコイ;転写調製;遺伝子治療;転写調節
      • 体内および細胞内リアルタイム動態解析に基づく遺伝子キャリアデザインの最適化
        基盤研究(A)
        京都大学
        橋田 充
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        ドラッグデリバリー;遺伝子治療;遺伝子デリバリー;プラスミドDNA;サイトカイン;NFκB;エンドソーム;リポソーム;ポリマー;癌;ターゲティング;免疫応答;NFkB;カチオン性リポソーム;プロトンスボンジ効果;非ウィルス性キャリア
      • 低分子抗体を用いた幹細胞デリバリーによる肝線維化治療
        基盤研究(B)
        小区分90110:生体医工学関連
        京都大学
        樋口 ゆり子
        自 2022年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        ドラッグデリバリー;間葉系幹細胞;低分子抗体;肝炎
      • 集積回路への細胞固定による生体反応の制御と検出
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分90:人間医工学およびその関連分野
        京都大学
        樋口 ゆり子
        自 2022年06月30日, 至 2024年03月31日, 交付
        細胞;集積回路;クリック反応

      外部資金:その他

      • 新規多機能性キトサンによる遺伝子導入システムの開発とDNAワクチンへの応用
        平成21年度厚生労働科学研究費補助金政策創薬総合研究事業 若手研究者奨励研究
        自 2009年, 至 2011年
        樋口ゆり子
      • 蛍光イメージングによる幹細胞挙動解析法の創成
        戦略的創造研究推進事業 さきがけ
        自 2009年, 至 2013年
        樋口ゆり子
      list
        Last Updated :2022/11/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品動態医療薬学実験
          3207, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品動態医療薬学演習
          2307, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬剤学2(固形製剤論)
          A311, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬局方・薬事関連法規
          A315, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床薬学演習Ⅲ
          6103, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤医療薬科学実験技術
          1208, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実習Ⅱ
          6304, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習3
          A905, 後期, 薬学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学実験技術
          8401, 前期集中, 薬学研究科, 0.5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学実験技術
          6003, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習III
          C905, 後期, 薬学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬品開発プロジェクト演習1
          C404, 前期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実習Ⅰ
          6303, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬局方・薬事関連法規
          C315, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          バイオ医薬製剤論
          C316, 前期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医薬品開発プロジェクト演習I
          A404, 前期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅲ
          6203, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床薬学演習Ⅰ
          6101, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅱ
          6202, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅰ
          6201, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床薬学演習Ⅱ
          6102, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品動態医療薬学実習
          4207, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          21COE化学講義3(理)
          8001, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学専門実習3
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学専門実習3
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学専門実習3
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床薬学演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床薬学演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床薬学演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学専門実習3
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬局方・薬事関連法規
          前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学専門実習3
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実習Ⅱ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実習Ⅰ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬局方・薬事関連法規
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬物動態学
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床薬学演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床薬学演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床薬学演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学専門実習3
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実習Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬局方・薬事関連法規
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬品開発プロジェクト演習1【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤医療薬科学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床薬学演習III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床薬学演習II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床薬学演習I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習III 【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習3
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実習II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実習II(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実習I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験III(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験II(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬局方・薬事関連法規
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬品開発プロジェクト演習1【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          バイオ医薬製剤論
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤医療薬科学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品動態医療薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品動態医療薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品動態医療薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床薬学演習III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床薬学演習II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床薬学演習I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬剤学2(固形製剤論)
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習III 【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習3
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実習II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実習I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬局方・薬事関連法規【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬局方・薬事関連法規
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬物動態学(LIMS)
          後期集中, 医学研究科
        list
          Last Updated :2022/11/23

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            DEI推進委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2023年03月31日
            図書委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2023年03月31日
            環境・安全衛生委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日
            ハラスメント相談窓口
          • 自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日
            ホームページ広報委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日
            動物実験委員会 委員

          ページ上部へ戻る