教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

有地 法人

アリチ ノリヒト

薬学研究科 創発医薬科学専攻創発医薬科学講座 助教

有地 法人
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    学位

    • 修士(工学)(大阪大学)
    • 博士(薬学)(京都大学)

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      洛南高等学校, らくなんこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2021年02月, 至 現在
      京都大学, 大学院薬学研究科, 助教
    • 自 2019年02月, 至 2021年01月
      田辺三菱製薬株式会社, 研究員
    • 自 2015年07月, 至 2019年01月
      ケンブリッジ大学, 博士研究員
    • 自 2015年04月, 至 2015年06月
      京都大学, 大学院薬学研究科, 博士研究員

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        生物活性分子の合成と新規反応の開発
      • 研究概要

        複雑な構造を持つ生物活性分子の合成や、既存の方法では合成困難な化合物を簡便に合成することを可能とする新規方法論の開発を行っている。

      論文

      • Construction of Tricyclic Nitrogen Heterocycles by a Gold(I)‐Catalyzed Cascade Cyclization of Allenynes and Application to Polycyclic π‐Electron Systems
        Hiroki Komatsu; Takaya Ikeuchi; Hitomi Tsuno; Norihito Arichi; Kosuke Yasui; Shinya Oishi; Shinsuke Inuki; Aiko Fukazawa; Hiroaki Ohno
        Angewandte Chemie International Edition, 2021年12月20日
      • Front Cover: Access to Indole‐Fused Benzannulated Medium‐Sized Rings through a Gold(I)‐Catalyzed Cascade Cyclization of Azido‐Alkynes (Chem. Eur. J. 51/2021)
        Luca C. Greiner; Shinsuke Inuki; Norihito Arichi; Shinya Oishi; Rikito Suzuki; Tomohiro Iwai; Masaya Sawamura; A. Stephen K. Hashmi; Hiroaki Ohno
        Chemistry – A European Journal, 2021年09月09日
      • Access to Indole‐Fused Benzannulated Medium‐Sized Rings through a Gold(I)‐Catalyzed Cascade Cyclization of Azido‐Alkynes
        Luca C. Greiner; Shinsuke Inuki; Norihito Arichi; Shinya Oishi; Rikito Suzuki; Tomohiro Iwai; Masaya Sawamura; A. Stephen K. Hashmi; Hiroaki Ohno
        Chemistry – A European Journal, 2021年09月09日
      • Synthesis and biological evaluation of steroidal derivatives bearing a small ring as vitamin D receptor agonists
        Arichi, N.; Fujiwara, S.; Ishizawa, M.; Makishima, M.; Hua, D.H.; Yamada, K.-I.; Yamaoka, Y.; Takasu, K.
        Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 2017年
      • An arylative ring expansion cascade of fused cyclobutenes via short-lived intermediates with planar chirality
        Arichi, N.; Yamada, K.-I.; Yamaoka, Y.; Takasu, K.
        Journal of the American Chemical Society, 2015年
      • Synthesis of steroidal derivatives bearing a small ring using a catalytic [2+2] cycloaddition and a ring-contraction rearrangement
        Arichi, N.; Hata, K.; Takemoto, Y.; Yamada, K.-I.; Yamaoka, Y.; Takasu, K.
        Tetrahedron, 2015年
      • Equilibration of the [2+2] Cycloaddition of Silyl Enol Ethers Catalyzed by Ethylaluminium Dichloride: Diastereoselectivity Switch in the Synthesis of Fused Cyclobutanes
        Hata, K.; Arichi, N.; Yamaoka, Y.; Yamada, K.-I.; Takemoto, Y.; Takasu, K.
        Asian Journal of Organic Chemistry, 2014年
      • Strand breakage of a (6-4) photoproduct-containing DNA at neutral pH and its repair by the ERCC1-XPF protein complex
        Arichi, N.; Yamamoto, J.; Takahata, C.; Sano, E.; Masuda, Y.; Kuraoka, I.; Iwai, S.
        Organic and Biomolecular Chemistry, 2013年
      • Mechanism of the alkali degradation of (6-4) photoproduct-containing DNA
        Arichi, N.; Inase, A.; Eto, S.; Mizukoshi, T.; Yamamoto, J.; Iwai, S.
        Organic and Biomolecular Chemistry, 2012年

      MISC

      • 分子ひずみを持つ中員環の化学
        高須清誠; 有地法人
        ファルマシア(Web), 2021年
      • 面性不斉短寿命中間体を経る縮環シクロブテンの環拡大反応
        有地法人; 山田健一; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2015年
      • 面性不斉短寿命中間体を経由する縮環シクロブテンの環拡大反応
        有地法人; 山田健一; 山岡庸介; 高須清誠
        シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2015年
      • D環側鎖の配座制御を志向した小員環を有するエストロン誘導体の合成
        有地法人; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • D環側鎖の配座制御を志向した小員環を有するステロイド類の合成
        有地法人; 畑健二; 山田健一; 山岡庸介; 高須清誠
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2013年

      外部資金:科学研究費補助金

      • Hetisine型アルカロイドの効率的全合成を志向した脱炭酸型[3+2]環化付加
        研究活動スタート支援
        0801:薬学およびその関連分野
        京都大学
        有地 法人
        自 2021年08月30日, 至 2023年03月31日, 交付
        アルカロイド;全合成;[3+2]環化付加;可視光レドックス触媒;脱炭酸
      • 可視光レドックス触媒による炭素-炭素結合切断を利用した分子骨格の構築と変換
        若手研究
        小区分47010:薬系化学および創薬科学関連
        京都大学
        有地 法人
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        可視光レドックス触媒;ラジカル;骨格変換;結合切断
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学エクササイズ2
          A018, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          リード化合物探索スキル
          5102, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          科学論文解読演習A
          8404, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基礎化学実験
          N308, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学演習
          C018, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創発医薬科学研究A
          8406, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学実験コーチング演習A
          8301, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習2
          A902, 前期, 薬学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習II
          C902, 前期, 薬学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          研究計画作文演習A
          8402, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬有機化学エクササイズ2
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬有機化学演習【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          リード化合物探索スキル
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習II 【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習2
          前期, 薬学部
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            情報システム委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            NMR運営管理委員会 委員

          ページ上部へ戻る