教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

宮野 公樹

ミヤノ ナオキ

学際融合教育研究推進センター 准教授

宮野 公樹
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学内兼務

    • 高等教育研究開発推進センター, 連携協力研究員

    学位

    • 修士(工学)(立命館大学)
    • 博士(工学)(立命館大学)

    プロフィール

    • プロフィール

      (最新の業績等は個人サイトにて→ https://sites.google.com/site/miyanonaoki20170/home)


      京都大学学際融合教育研究推進センター准教授 兼任:国際高等研究所客員研究員 96年立命館大学理工学部機械工学科卒業後,01年同大学大学院博士後期課程を修了.大学院在籍中の00年カナダMcMaster大学にて訪問研究生として滞在.のち,立命館大学理工学部研究員,九州大学応用力学研究所助手、2005年京都大学ナノメディシン融合教育ユニット特任講師、2010年京都大学産官学連携本部特定研究員、2011年より現職.その間、2011年4月〜2014年9月まで総長学事補佐、加えて、2010年10月〜2014年9月まで文部科学省研究振興局基礎基盤研究課参事官付(ナノテクノロジー・材料担当)学術調査官を兼任。博士(工学).趣味:カメラ 受賞歴:1997年南部陽一郎研究奨励賞,2000年 カナダ金属物理学会ベストポスター賞, 2001年 日本金属学会論文賞,2008年日本金属学会若手論文賞,他.専門分野:大学にまつわる政策を軸とした学問論、大学論。異分野融合の理論と実践。(かつての専門:金属組織学、ナノテクノロジー、医工学) 著書:学生・研究者のための使える!パワポスライドデザイン 伝わるプレゼン1つの原理と3つの技術(化学同人)学生・研究者のための伝わる! 学会ポスターのデザイン術 (化学同人)研究発表のためのスライドデザイン (ブルーバックス) 「学問からの手紙」小学館

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        (2010〜)学問論、大学論、異分野融合、科学技術政策
        (〜2010)MEMS、医療用マイクロデバイス、金属組織学関係 「ステンレス・ナノニードルによる“細胞メス流路デバイス”の実用化」
      • 研究概要

        個人サイトの「活動実績」に詳しい→ https://sites.google.com/site/miyanonaoki20170/home

      研究キーワード

      • 科学技術政策
      • 大学論
      • 学問論
      • LIGA process
      • micro-machining
      • invariant line
      • orientation relationship
      • precipitation
      • phase transformation

      研究分野

      • 人文・社会, 哲学、倫理学
      • 人文・社会, 科学社会学、科学技術史

      論文

      • 産学連携で問われるもの
        宮野 公樹
        IDE高等教育, 2018年08月, 招待有り
      • 文部科学省の本分,大学の本分:政策立案現場にある背景思想と一意見
        宮野公樹
        科学技術社会論研究, 2017年03月15日, 査読有り
      • インターネット研究倫理の必要 性とその課題 −海外における展開と日本への導入−
        大谷 卓史; 西條 玲奈; 久保 明教; 大澤 博隆; 江間 有沙; 神崎 宣次; 服部 宏充; 市瀬 龍太郎; 秋谷 直矩; 駒谷 和範; 宮野 公樹
        信学技報, Vol.117, No.286, pp.51-55, 2017年
      • Breaking Down Silos: Involving Various Researchers for Driving HCI Research.
        Arisa Ema; Hirotaka Osawa; Hiromitsu Hattori; Naonori Akiya; Nobutsugu Kanzaki; Ryutaro Ichise; Minao Kukita; Takushi Otani; Akinori Kubo; Kazunori Komatani; Reina Saijo; Mikihito Tanaka; Koziro Honda; Naoki Miyano; Yoshimi Yashiro; Go Yoshizawa
        Proceedings of the 2017 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems, Denver, CO, USA, May 06-11, 2017, Extended Abstracts., 2017年, 査読有り
      • 異分野融合の促進に資する学術分野の文化比較結果の可視化
        今井 晨介; 尾上 洋介; 宮野 公樹; 日置 尋久; 小山田 耕二
        可視化情報学会論文集, 2017年, 査読有り
      • Future Relations between Humans and Artificial Intelligence: A Stakeholder Opinion Survey in Japan
        Arisa Ema; Naonori Akiya; Hirotaka Osawa; Hiromitsu Hattori; Shinya Oie; Ryutaro Ichise; Nobutsugu Kanzaki; Minao Kukita; Reina Saijo; Otani Takushi; Naoki Miyano; Yoshimi Yashiro
        IEEE Technology and Society Magazine, 2016年12月01日, 査読有り
      • 訂正:運転・育児・防災活動,どこまで機械に任せるか:多様なステークホルダーへのアンケート調査
        江間 有沙; 大谷 卓史; 宮野 公樹; 八代 嘉美; 秋谷 直矩; 大澤 博隆; 服部 宏充; 大家 慎也; 市瀬 龍太郎; 神崎 宣次; 久木田 水生; 西條 玲奈
        情報管理, 2016年, 査読有り
      • Temperature Dependence of Austenite Nucleation Behavior from Lath Martensite
        Nobuo Nakada; Toshihiro Tsuchiyama; Setsuo Takaki; Naoki Miyano
        ISIJ INTERNATIONAL, 2011年, 査読有り
      • 「研究とは何か」を伝えることをねらいとする理工系学生向けワークショップの開発と実践
        宮野公樹; 岡本絵莉; 可知直芳; 山本祐輔
        科学教育研究, 2010年06月10日, 査読有り
      • Temperature Dependence of Austenite Nucleation Site on Reversion of Lath Martensite
        Nobuo Nakada; Toshihiro Tsuchiyama; Setsuo Takaki; Naoki Miyano
        THERMEC 2009, PTS 1-4, 2010年, 査読有り
      • Reasons for Formation of Twin-Precipitates in Two Phase Stainless Steel
        Naoki Miyano; Akihiro Takahashi; Seigo Kataoka; Kei Ameyama
        THERMEC 2009, PTS 1-4, 2010年, 査読有り
      • MAによるナノ結晶複合材料の高温変形と組織変化
        宮野公樹; 飴山 惠
        セラミックス, 2009年11月01日, 査読有り
      • 磁性粒子材料と弾性材料を利用したマイクロアクチュエータの開発(第2報) : 解析および設計手法の確立
        津守 不二夫; 宮野 公樹; 小寺 秀俊
        粉体および粉末冶金, 2009年03月15日, 査読有り
      • 磁性粒子材料と弾性材料を利用したマイクロアクチュエータの開発(第1報) : 磁性微小要素に働く磁気力に関する理論的考察
        津守 不二夫; 宮野 公樹; 小寺 秀俊
        粉体および粉末冶金, 2009年03月15日, 査読有り
      • Basics of powder compaction and material processing IV: High temperature deformation behavior and microstructure change in Ti-SiC non-equilibrium structure material
        Naoki Miyano; Yuta Nishimura; Kazuo Isonishi; Kei Ameyama
        Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan, 2009年02月, 査読有り
      • FEM analysis based on the 3D-NCS model for precipitate morphology in the BCC/HCP system
        N. Miyano; K. Ameyama; N. Hirano; Y. Takao
        MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING A-STRUCTURAL MATERIALS PROPERTIES MICROSTRUCTURE AND PROCESSING, 2008年05月, 査読有り
      • FEM analysis based on the 3D-NCS model for precipitate morphology in the BCC/HCP system
        N. Miyano; K. Ameyama; N. Hirano; Y. Takao
        MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING A-STRUCTURAL MATERIALS PROPERTIES MICROSTRUCTURE AND PROCESSING, 2008年05月, 査読有り
      • Prediction of precipitate morphology by atomic matching model and FEM analysis with consideration of anisotropy elastic strain in a BCC/HCP system
        Naoki Miyano; Akihiro Takahashi; Jun Miyazaki; Kei Ameyama
        MATERIALS TRANSACTIONS, 2008年03月, 査読有り
      • Prediction of precipitate morphology by atomic matching model and FEM analysis with consideration of anisotropy elastic strain in a BCC/HCP system
        Naoki Miyano; Akihiro Takahashi; Jun Miyazaki; Kei Ameyama
        MATERIALS TRANSACTIONS, 2008年03月, 査読有り
      • Gene transfer device utilizing micron-spiked electrodes produced by the self-organization phenomenon of Fe-alloy
        Naoki Miyano; Yuuki Inoue; Yuji Teramura; Keisuke Fujii; Fujio Tsumori; Hiroo Iwata; Hidetoshi Kotera
        LAB ON A CHIP, 2008年, 査読有り
      • 粉末成形の基礎と素材製造プロセス講座:Ti-SiC非平衡材料の高温変形特性と組織変化
        宮野公樹; 西村裕太; 磯西和夫; 飴山 惠
        材料, 58(2008)pp.180-185., 2008年, 査読有り
      • Ti-15V-3Cr-3Sn-3Al合金における三角錐形状α析出相の結晶学的考察
        宮野公樹; 則村貴洋; 稲葉輝彦; 飴山 惠
        日本金屬學會誌, 2007年05月, 査読有り
      • Deformable micro pillar array with magnetic particles and elastic material
        Fujio Tsumori; Naoki Miyano; Akio Fukui; Koji Sagawa; Hidetoshi Kotera
        Computational Plasticity - Fundamentals and Applications, COMPLAS IX, 2007年, 査読有り
      • High temperature deformation behavior and microstructure change in nano grain composites
        N. Miyano; Y. Kumagai; M. Yoshimoto; S. Tanaka; K. Isonish; K. Ameyama
        THERMEC 2006, PTS 1-5, 2007年, 査読有り
      • ナノ結晶Ti−SiC複合材料の高温変形と組織変化
        宮野公樹; 熊谷悠輔; 吉本正義; 磯西和夫; 飴山 惠
        材料, 2007年, 査読有り
      • Reasons for formation of triangular alpha precipitates in Ti-15V-3Cr-3Sn-3A1 beta titanium alloy
        N Miyano; T Norimura; T Inaba; K Ameyama
        MATERIALS TRANSACTIONS, 2006年02月, 査読有り
      • Micro-structures of TiC/Ti5Si3 composite produced by powder metallurgy and LIGA process
        N Miyano; H Iwasa; M Matsumoto; K Ameyama; S Sugiyama
        MICROSYSTEM TECHNOLOGIES-MICRO-AND NANOSYSTEMS-INFORMATION STORAGE AND PROCESSING SYSTEMS, 2005年04月, 査読有り
      • Micro-structures of TiC/Ti5Si3 composite produced by powder metallurgy and LIGA process
        N Miyano; H Iwasa; M Matsumoto; K Ameyama; S Sugiyama
        MICROSYSTEM TECHNOLOGIES-MICRO-AND NANOSYSTEMS-INFORMATION STORAGE AND PROCESSING SYSTEMS, 2005年04月, 査読有り
      • Fabrication of a TiC/Ti5Si3 nano-grained composite for micro-parts using pseudo-superplastic deformation by non-equilibrium PM process
        N Miyano; M Yoshimoto; Y Kumagai; K Isonishi; K Ameyama
        Metastable, Mechanically Alloyed and Nanocrystalline Materials, 2005年, 査読有り
      • Precipitate Morphology Investigated by the FEM Analysis Based on the 3D-NCS Model in the BCC/HCP
        N.Miyano; K.Ameyama; Y.Takao
        Proc. Solid-Solid Phase Transformation in Inorganic Materials 2005, 2005年
      • DeformationFEM analysis based on the 3D-NCS model for Precipitate Morphology in the BCC/HCP system
        NAOKI MIYANO; YUSUKE KUMAGAI; MASAYOSHI YOSHIMOTO; KEI AMEYAMA AND SUSUMU; SUGIYAMA
        HARMST2005, High Aspect Ration Micro Structure Technology Workshop 2005, 2005年
      • Fabrication of a TiC/Ti5Si3 nano-grained composite for micro-parts using pseudo-superplastic deformation by non-equilibrium PM process
        N Miyano; M Yoshimoto; Y Kumagai; K Isonishi; K Ameyama
        Metastable, Mechanically Alloyed and Nanocrystalline Materials, 2005年, 査読有り
      • Fabrication of a TiC/Ti5Si3 nano-grained composite for micro-parts by pseudo-superplastic deformation
        Naoki Miyano; Hiroshi Iwasa; Kazuo Isonishi; Kei Ameyama
        Materials Transactions, 2004年, 査読有り
      • Application of pseudo-superplasticity to produce TiN/Ti5Si 3 and TiC/Ti5Si3 nano grain composites for micro molding
        N. Miyano; H. Iwasa; K. Isonishi; S. Tanaka; S. Sugiyama; K. Ameyama
        Materials Science Forum, 2004年, 査読有り
      • Pseudo-Superplastic PM Processing of Ti-SiC Ceramics Composite
        N. Miyano; H. Iwasa; K. Isonishi; K. Ameyama
        Proc. ofPM2004 Powder Metallurgy World Conference & Exhibition, Ed. by Prof. Raimund Ratzi Ed. by Prof. Raimund Ratzi, 2004年
      • Application of Pseud-superplasticity to Produce TiN/Ti5Si3 and TiC/Ti5Si3 Nano Grain Composites for Micro Molding
        N. Miyano; H. Iwasa; K. Isonishi; S. Tanaka; S. Sugiyama
        Materials Science Forum, 2004年, 査読有り
      • Application of APD/PM Process to Produce a TiC/Ti5Si3 Nano Graind Composite
        NAOKI MIYANO; HIROSHI IWASA; MICHITO MATSUMOTO; KEI AMEYAMA AND SUSUMU; SUGIYAMA
        Trans. MRS-J, 2004年, 査読有り
      • Fabrication of a TiC/Ti5Si3 nano-grained composite for micro-parts by pseudo-superplastic deformation
        Naoki Miyano; Hiroshi Iwasa; Kazuo Isonishi; Kei Ameyama
        Materials Transactions, 2004年, 査読有り
      • Fabrication of alloy and ceramic microstructures by LIGA-MA-SPS process
        N Miyano; K Tagaya; K Kawase; K Ameyama; S Sugiyama
        SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL, 2003年11月, 査読有り
      • Fabrication of alloy and ceramic microstructures by LIGA-MA-SPS process
        N Miyano; K Tagaya; K Kawase; K Ameyama; S Sugiyama
        SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL, 2003年11月, 査読有り
      • MA-SPS粉末焼結法のLIGAプロセスへの応用
        宮野公樹; 多賀谷和範; 川瀬和典; 飴山惠; 杉山進
        材料, 2003年
      • LIGA-MA-SPS粉末焼結法による微細構造体の製作
        宮野公樹; 多賀谷和範; 川瀬和典; 飴山 惠; 杉山 進
        日本材料学会誌, 2003年, 査読有り
      • 放電プラズマ焼結法を利用した金属間化合物系材料の製造--MEMSへの応用をねらったマイクロパーツの製作 (特集 放電プラズマ焼結法(SPS)による新材料開発)
        宮野 公樹; 杉山 進; 飴山 惠
        材料の科学と工学, 2003年, 査読有り
      • Preferred orientation relationship of intra- and inter-granular precipitates in titanium alloys
        N Miyano; H Fujiwara; K Ameyama; GC Weatherly
        MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING A-STRUCTURAL MATERIALS PROPERTIES MICROSTRUCTURE AND PROCESSING, 2002年08月, 査読有り
      • Preferred orientation relationship of intra- and inter-granular precipitates in titanium alloys
        N Miyano; H Fujiwara; K Ameyama; GC Weatherly
        MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING A-STRUCTURAL MATERIALS PROPERTIES MICROSTRUCTURE AND PROCESSING, 2002年08月, 査読有り
      • HRTEM observation and atomic modeling of alpha/beta interpbase boundary in a Ti-22V-4Al alloy
        N Miyano; K Ameyama; GC Weatherly
        MATERIALS TRANSACTIONS, 2002年07月, 査読有り
      • Fabrication of TiNi shape memory alloy micro-structures and ceramic micro-mold by LIGA-MA-SPS process
        N Miyano; H Iwasa; M Matsumoto; F Kato; K Ameyama; S Sugiyama
        MHS2002: PROCEEDINGS OF THE 2002 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICROMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE, 2002年, 査読有り
      • 析出現象や界面研究を活かす分野として〜MEMSへの応用〜
        宮野公樹
        まてりあ, 2002年, 査読有り
      • Prediction of interface boundaries in a BCC/HCP system by three dimensional near-coincidence site lattice modeling
        N Miyano; H Fujiwara; K Ameyama; GC Weatherly
        PRICM 4: FORTH PACIFIC RIM INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED MATERIALS AND PROCESSING, VOLS I AND II, 2001年, 査読有り
      • 3次元でのNear-Coincidence Site Lattice解析による2結晶間の結晶学的方位関係と異相界面構造の検討
        宮野公樹; 飴山 惠
        日本金屬學會誌, 2000年01月20日, 査読有り
      • Three dimensional near-coincidence site lattice analysis of orientation relationship and interface structure in two phase alloys
        N Miyano; K Ameyama
        JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS, 2000年01月, 査読有り
      • Three dimensional Near-coincidence site lattice modeling of ??? interface boundary structure in two phase titanium alloy
        N. Miyano; K. Ameyama; G. C.Weatherly
        ISIJ international, 2000年, 査読有り
      • Prediction and Observation of interface boundary structure in BCC/HCP alloy system, International conference on Solid-solid phase transformations
        N.Miyano; K.Ameyama; G.C.Weatherly
        JIMIC-3, 1999年, 査読有り
      • チタン合金の組織解析のケーススタディー(2) ~方位関係の解析と界面構造のシミュレーション~
        藤原弘; 宮野公樹; 飴山恵
        金属, 1998年11月
      • MOPHOLOGY AND CRYSTALLOGRAPHY OF TRIPLE POINT NUCLEATED γ PHASE IN A TWO PHASE STAINLESS STEEL
        H. Fujiwara; T. Maeda; N. Miyano; K. Ameyama
        Advanced Materials and Processing, The Minerals, Metals & Materials Society, 1998年
      • チタン合金の組織解説のケーススタディー(1)HCP相のKikuchi線解析の方法
        藤原弘; 宮野公樹; 飴山 惠
        金属, 1998年, 査読有り
      • チタン合金の組織解説のケーススタディー(2)方位関係の解析と異相界面構造のシュミレーション
        藤原弘; 宮野公樹; 飴山 惠
        金属, 1998年, 査読有り

      MISC

      • 測れる評価と測れない価値
        宮野公樹
        構想日本WEBサイト, 2020年02月
      • 今を生きるの意味
        宮野公樹
        アステイオン, 2019年10月, 招待有り, 筆頭著者
      • ポスト近代科学技術を問う意味
        宮野 公樹
        「21世紀地球社会における科学技術のあり方」研究会, 2017年06月, 招待有り
      • 科学論の工学的分析
        宮野 公樹
        アステイオン, 2016年11月
      • サファイアC面ステップ基板にスパッタ蒸着した金薄膜の構造
        河野 恵子; 滝口 裕実; 宮野 公樹; 桑島 修一郎; 和佐 清孝; 岩田 博夫; 小寺 秀俊
        表面科学学術講演会要旨集, 2009年
      • Molecular transfer with mechanical stress on micron-spiked channels of stainless steel
        Naoki Miyano; Atsuhito Okonogi; Akiko Murata; Yo Shinoda; Yuji Teramura; Masashi Morieda; Hiroo Iwata; Hidetoshi Kotera
        Proceedings of Conference, MicroTAS 2009 - The 13th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, 2009年01月01日
      • Development of Micro Pillar Array Actuator
        TSUMORI F; MIYANO N; KOTERA H
        Proc Sens Symp Sens Micromachines Appl Syst, 2008年10月22日, 査読有り
      • Apprication of Micron-Spiked Electrodes Produced by the Phase Transformation Phenomenon of Stainless Steel for Gene Transfer Device,
        N. Miyano; M. Morieda; Y. Inoue; Y. Teramura; F. Tsumori; H. Iwata; H. Kotera
        micro-TAS 008, pp. Sandiego, Oct,13-16,, 2008年, 査読有り
      • 3306 磁場中での要素間相互作用を用いた可動構造の作製(J26-2 マイクロメカトロニクス(2),J26 マイクロメカトロニクス)
        福井 昭夫; 佐川 光史; 津守 不二夫; 宮野 公樹; 小寺 秀俊
        年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2007年09月07日
      • 弾性樹脂 - 磁性粒子複合材料を利用した可動アレイ柱状構造体の開発
        佐川 光史; 福井 昭夫; 津守 不二夫; 宮野 公樹; 小寺 秀俊
        電気学会研究会資料. MSS, マイクロマシン・センサシステム研究会, 2007年07月03日
      • 非平衡PMプロセスにおけるナノ結晶粒複合材料の高温変形挙動
        宮野 公樹; 飴山 惠
        高温学会誌, 2007年05月23日
      • 二相ステンレス鋼における析出相を活用したナノ・ニードル基板とその応用
        宮野公樹; 藤井恵介; 津守不二夫; 小寺秀俊
        日本金属学会講演概要, 2007年
      • 磁性粒子を利用した超微細可動構造
        津守不二夫; 宮野公樹; 小寺秀俊
        粉体粉末冶金協会講演概要集, 2007年
      • Development of Gene Transfer Device with Submicron-Needle Produced by a Self-Organization Phenomenon in Fe-Alloy,
        N. Miyano; K. Fujii; Y. Inoue; Y. Teramura; F. Tsumori; H. Iwata; H. Kotera
        Intelligent Processing and Manufacturing of Materials, pp.,, 2007年, 査読有り
      • Development of Deformable Micropillar Array Using Magnetic Particles and Elastic Material,
        F. Tsumori; N. Miyano; A. Fukui; K. Sagawa; H. Kotera
        Intelligent Processing and Manufacturing of Materials, pp. Italy,, 2007年, 査読有り
      • 磁性粒子-弾性樹脂複合マイクロ可動構造の開発
        津守不二夫; 宮野公樹; 福井昭夫; 佐川光史
        粉体粉末冶金協会講演概要集, 2006年
      • Micro-Structure of TiC/Ti5Si3 Composite Fabricated by LIGA-MA Process
        N.Miyano; H. Iwasa; K. Ameyama; S. Sugiyama
        Sensor Symposium, (2003), 387-390., 2003年, 査読有り
      • Fabrication of Micro Structures Using LIGA-MA-SPS Process
        N. Miyano; K. Tagaya; K. Kawase; K.Ameyama; S.Sugiyama
        Sensor Symposium, (2002), pp. 321-326., 2002年, 査読有り
      • SUS316L超強加工粉末における超微細組織の形成
        井 尚志; 真田 龍司; 宮野 公樹; 藤原 弘; 飴山 恵
        材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting, 2001年03月01日
      • Prediction of interface boundaries in a BCC/HCP system by three dimensional near-coincidence site lattice modeling
        N Miyano; H Fujiwara; K Ameyama; GC Weatherly
        PRICM 4: FORTH PACIFIC RIM INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED MATERIALS AND PROCESSING, VOLS I AND II, 2001年, 査読有り
      • Prediction and observation of interface boundary structure in BCC/HCP alloy system
        N Miyano; K Ameyama; GC Weatherly
        JAPAN INSTITUTE OF METALS, PROCEEDINGS, VOL 12, (JIMIC-3), PTS 1 AND 2, 1999年, 査読有り
      • 411 2 相ステンレス鋼のα粒界三重点に析出するγ相に関する結晶学的考察
        前田 太一; 宮野 公樹; 藤原 弘; 飴山 惠
        学術講演会講演論文集, 1997年

      講演・口頭発表等

      • 異分野融合の在り方と学問
        宮野公樹
        第二回 芸術と科学研究会@京都市立芸術大学, 2019年12月12日, 招待有り
      • 異分野融合研究
        宮野公樹
        研究大学コンソーシアム2019, 2019年10月18日, 招待有り
      • Co-creation beyond fields and industries -an academic perspective-
        宮野公樹
        Nerd Night Kansai, 2019年09月18日, 招待有り
      • 異分野融合のダイナミクス
        宮野公樹
        熊本大学 異分野融合促進の在り方勉強会, 2019年08月20日, 招待有り
      • 学問の意味と意義
        宮野公樹
        2019京都市立芸術大学オープンリサーチプログラム, 2019年08月02日, 招待有り
      • 学問の避難所
        宮野公樹
        第15 回 学術情報ソリューションセミナー 2019, 2019年06月18日, 招待有り
      • 情報発信 ・異分野融合 ・学問
        宮野 公樹
        研究者のためのターゲティング・ストラテジー 4人の専門家と「価値」を伝える情報発信を考える, 2019年03月26日, 招待有り
      • 分野や業種を超える共創のカタチ 〜学問から見た場合〜
        宮野 公樹
        Impact HUB KYOTO 特別講演会, 2019年03月23日, 招待有り
      • 異分野融合の意味と意義
        宮野公樹
        広島大学100人論文2019, 2019年, 招待有り
      • 科学という方法への構え
        宮野 公樹
        JSTチームサイエンスの科学×ABD 読書会, 2018年12月14日, 招待有り
      • 異分野融合のダイナミクス
        宮野 公樹
        宮崎大学アカデミックカフェ, 2018年11月30日, 招待有り
      • 「学際」を叫ぶ 矛盾への挑戦
        宮野 公樹
        東京大学農学部国際交流促進プログラムセミナ, 2018年11月28日, 招待有り
      • イノベーションと言葉
        宮野 公樹
        ロフトワークイベント「Innovation Guide vol.1 - イノベーションを生み出す共創のデザイン, 2017年08月02日, 招待有り
      • 僕が博士課程だったら今すぐ始める3つのこ
        宮野 公樹
        立命館大学2017年度 第1回博士人材リーダー養成講座講演, 2017年05月22日
      • サイエンスのゆくえ
        宮野 公樹
        WIRED・ミニカンファレンス, 2017年02月27日, 招待有り
      • 異分野融合で育む<知>の文化
        宮野 公樹
        日本たばこ産業株式会社 幹部講演, 2016年09月12日, 日本たばこ産業?(JT), 招待有り
      • 異分野融合、内と外
        宮野 公樹
        大阪大学 生体制御ネットワーク医学教育プログラム Meet the Leaders, 2016年07月19日, 大阪大学, 招待有り
      • グローバル・イノベーション・異分野融合 ーなぜ大学業界ではこのパスワードが未だ消えないのかー
        宮野 公樹
        第21回FDフォーラム 第7分科会, 2016年03月06日, 公益財団法人 大学コンソーシアム京都, 招待有り
      • 異分野融合のダイナミクス
        宮野 公樹
        関西圏女子大学連携プロジェクト 異分野キックオフ交流会, 2016年02月06日, 武庫川女子大学・奈良女子大学・神戸松蔭女子学院大学, 招待有り
      • 真正面からの学問論、大学論
        宮野 公樹
        名古屋大学SPカフェ, 2015年12月10日, 若手異分野コミュニティ Academic Jungle, 招待有り
      • 新しい社会的価値とは?
        宮野 公樹
        第5回空気フォーラム, 2015年12月08日, ダイキン工業株式会社, 招待有り
      • 異分野融合と科学哲学
        宮野 公樹
        日本科学哲学会 第48回大会 シンポジウム, 2015年11月21日, 招待有り
      • 産学国際協働PBLが育てる高度理工系人材(パネルディスカッション)
        宮野 公樹
        2015年11月12日, 立命館大学, 招待有り
      • 異分野融合の実践と思想
        宮野 公樹
        知識科学研究科セミナー, 2015年11月06日, 北陸先端科学技術大学院大学, 招待有り
      • 学際研究とは何か
        宮野 公樹
        日本広告学会 第46回全国大会 基調講演, 2015年10月24日, 招待有り
      • 異分野融合の実践
        宮野 公樹
        京大附属地磁気世界資料解析センター「オープンサイエンスデータ推進ワークショップ」, 2015年09月17日, 招待有り
      • あなたは科学で何がしたいですか?〜今日的学問論のダイナミクス〜
        宮野 公樹
        科研費チャレンジセミナー, 2015年07月08日, 茨城大学, 招待有り
      • 越境する力を育む5W1H(ラウンドテーブル)
        宮野 公樹
        越境する力(教養)−これからの大学における高度教養教育の可能性と課題 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター10周年記念ラウンドテーブル, 2015年06月03日, 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター, 招待有り
      • 学際研究の原理
        宮野 公樹
        2015年03月10日, 京都大学文学部伊勢田研究室, 招待有り
      • 今日的な異分野融合への問い:思想と実践のあいだ。
        宮野 公樹
        第6回学際科学フロンティア研究所セミナー, 2015年02月27日, 東北大学 学際科学フロンティア研究所, 招待有り
      • 学問の意義と意味:学問の歴史を踏まえた工学の将来像
        宮野 公樹
        石川工業高等専門学校・北陸信越工学教育協会 特別講演会, 2015年02月09日, 招待有り
      • 大学におけるタレント・マネジメントの可能性(パネリスト)
        宮野 公樹
        2015年01月08日, 大阪大学未来戦略機構 次世代研究型総合大学研究室, 招待有り
      • 人類と文明(パネリスト)
        宮野 公樹
        ソーシャルシネマダイアログ@関西テレビ, 2014年12月14日, 招待有り
      • リサーチアドミニストレーションの発展とURAの多様化
        宮野 公樹
        日本知財学会 第12回学術研究発表会・分科会セッション, 2014年11月30日, 招待有り
      • 改めて考える 大学で学ぶということ
        宮野 公樹
        朝日カルチャーセンター親子のための大学講座オープニング講演, 2014年10月18日, 招待有り
      • データプレゼンテーション超入門
        宮野 公樹
        可視化情報学会講習会, 2014年10月03日, 招待有り
      • 今だからいえるたった一つのメッセージ:「大学論の今」
        宮野 公樹
        2014年09月29日, 招待有り
      • 科学の客観の客観〜異分野融合における政策哲学の視座から〜
        宮野 公樹
        サントリー財団 「科学と社会」研究会, 2014年04月05日, サントリー財団, 招待有り
      • 今日的な『異分野融合』への問い 〜学際融合教育研究推進センターの活動紹介を添えて〜
        宮野 公樹
        大阪大学 全学FD研究会 領域横断のための対話的方法論, 2014年03月05日, 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD), 招待有り
      • 今日的な「メディア手法」の批判的考察〜学問論の立場から個人活動を踏まえて〜
        宮野 公樹
        「第一回 研究者メディア交流会」ヤバ研meetsメディアワークショップ, 2014年03月02日, 招待有り
      • 生命科学研究を考えるガチ議論(ファシリテーター)
        宮野 公樹
        第36回日本分子生物学学会年会, 2013年12月05日, 招待有り
      • 京都大学の異分野融合
        宮野 公樹
        ダイアログBAR in 京都流議定書, 2013年07月21日, 招待有り
      • 京都大学学際融合調査報告
        宮野 公樹
        第二回学際融合教育研究推進シンポジウム 異分野融合の複眼的視座−実践からみるその意義と評価−, 2012年12月20日, 京都大学学際融合教育研究推進センター, 招待有り
      • ITと大学教育の未来を考える(パネル討論)
        宮野 公樹
        先進テクノロジーが創る大学教育の未来価値(日本IBM創立75周年記念), 2012年12月18日, 京都大学、日本IBM, 招待有り
      • 学内連携を目指した異分野融合ダイナミクス
        宮野 公樹
        北海道大学 CoSTEP, 2012年11月28日, 招待有り
      • 大学における学問、研究とは?
        宮野 公樹
        x-study講演会, 2012年10月11日, 招待有り
      • 金沢大学 研究力向上セミナー
        宮野 公樹
        2012年07月17日, 招待有り
      • 総合研究大学院大学シンポジウム講演
        宮野 公樹
        2012年06月08日, 招待有り
      • 今、構造材料分野における必要な"モノ”とは何か?〜材料屋の責任と未来についての社会的視座〜
        宮野 公樹
        第2回構造材料国際クラスターシンポジウム, 2011年11月21日, 独立行政法人 物質・材料機構, 招待有り
      • 構造材料分野に必要な3つの改革
        宮野 公樹
        2011年11月21日, 独立行政法人 物質・材料機構, 招待有り
      • 立命館大学 経営企画室研究会 講演
        宮野 公樹
        2011年11月14日, 招待有り
      • 京都大学における学際性を推進するためのセンターの役割
        宮野 公樹
        第三回実践的大学院教育研究会, 2011年11月, 招待有り
      • 社会のための研究をどう支えるか?〜裏方の現場から(パネラー)
        宮野 公樹
        サイエンスアゴラ2010, 2010年11月21日, 独立行政法人 科学技術振興機構, 招待有り
      • 有益コミュニケーション@研究室(講演、WS)
        宮野 公樹
        総合研究大学院大学 集中講義, 2010年07月17日, 招待有り
      • ビブリオバトル・フェスタ2010〜本の未来〜
        宮野 公樹
        2010年06月27日, 招待有り
      • 研究費を効果的に使用するための予算制度の在り方について(文部科学省政策局意見交換会)
        宮野 公樹
        2010年06月03日, 招待有り
      • 立命館大学 博士キャリアパスセミナー(パネリスト)
        宮野 公樹
        2010年04月06日, 招待有り
      • 鳥取大学 あなた自身の研究室づくり(セミナー)
        宮野 公樹
        2010年03月05日, 招待有り
      • “MOLECULAR TRANSFER WITH MECHANICAL STRESS ON MICRON-SPIKED CHANNELS OF STAINLESS STEEL”
        2009年11月03日, 国際会議発表
      • 分子工学会若手夏の学校 特別講演
        宮野 公樹
        2009年09月28日
      • 発表上手は研究上手:プレゼン指導を通して研究者的思考を育む方法
        宮野 公樹
        長浜バイオ大学FD研修会, 2009年09月08日
      • Reasons for Formation of Twin-Precipitates in Two Phase Stainless Steel, THERMEC
        2009年08月25日
      • 発表上手は勉強上手:プレゼン指導を通して研究者的思考を育む方法
        宮野 公樹
        京都市立高等学校情報教育研究会, 2009年08月19日
      • 研究室をいきいきさせる3つの方法
        宮野 公樹
        2009年07月15日, 豊橋技術科学大学
      • 大学研究室のジレンマとあるべき研究の姿
        宮野 公樹
        NEDO若手研究会, 2009年03月26日
      • 熊本大学 研究力向上ワークショップ
        宮野 公樹
        熊本大学ものづくり委員会特別講演, 2009年03月17日
      • “FABRICATION OF MICRO-PARTS FOR MEMS MADE OF AN ALLOY AND NANO-GRAINE COMPOSITEBY PSEUDO-SUPERPLASTIC DEFORMATION",
        2009年03月01日, 国際会議発表
      • Application of Micron-Spiked Substrate of Stainless Steel For Gene Transfer Device
        2009年02月05日
      • AN APPLICATION OF A STAINLESS SUBMICRON NEEDLE FOR THE GENE TRANSFER DEVICE
        2008年10月31日
      • “Prediction of Precipitate Morphology by Atomic Matching Model and FEM Analysis with Consideration of Anisotropy Elastic Strain in a BCC/HCP system”17th International Federation for Heat Treatment and Surface Engineering
        2008年10月27日, 国際会議発表
      • “APPRICATION OF MICRON-SPIKED ELECTRODES PRODUCED BY THE PHASE TRANSFORMATION PHENOMENON OF STAINLESS STEEL FOR GENE TRANSFER DEVICE”
        2008年10月13日, Sandiego
      • “Shape-Dependent Strain of Precipitate Morphology Investigated by FEM Analysis in a BCC/HCP system”
        2008年08月24日, Charles Univ
      • “AN APPLICATION OF A STAINLESS SUBMICRON NEEDLE FOR THE GENE TRANSFER DEVICE” Asia-Pacific Conference on Transducers and Micro-Nano Technology
        2008年, 国際会議発表
      • “Prediction of Precipitate Morphology by the FEM analysis based on the 3D-NCS model in BCC/HCP system”The 11th World Conference on Titanium (Ti-2007)
        2007年05月, 国際会議発表
      • Deformable Micro Pillar Array with Magnetic Particles and Elastic Material, Int. Conf. Computational Plasticity
        2007年, 国際会議発表
      • Development of Deformable Micropillar Array using Magnetic Particles and Elastic Material, Intelligent Processing and Manufacturing of Materials
        2007年, 国際会議発表
      • DEVELOPMENT OF GENE TRANSFER DEVICE WITH SUBMICRON-NEEDLE PRODUCED BY A SELF-ORGANIZATION PHENOMWNON IN Fe-ALLOY Intelligent Processing and Manufacturing of Materials
        2007年, 国際会議発表
      • RS06-09宮野公樹(京都大学大)シンクロトロン放射光LIGAプロセスによる微細加工技術
        宮野 公樹
        輻射科学研究会, 2006年10月17日, 立命館大学, 招待有り
      • LIGAプロセス
        宮野 公樹
        第67回応用物理学会学術講演会スクールA, 2006年08月30日, 立命館大学, 招待有り
      • HIGH TEMPERATUER DEFORMATION BEHAVIOR AND MICROSTRUCTURE CHANGE IN NANO-GRAIN COMPOSITE THERMEC
        2006年
      • Application of Pseud-Superplastic PM Process to Ti-Al Intermetallic Compound for MEMS Parts PM2006
        2006年, 国際会議発表
      • 有限要素解析を用いた多粒子集合体モデルの開発と粉末焼結による3次元複雑形状材の作製
        宮野 公樹
        2006年度 第2回研究会, 2006年, 粉体加工成形プロセス分科会, 招待有り
      • FEM analysis based on the 3D-NCS model for Precipitate Morphology in the BCC/HCP system,Solid-Solid Phase Transformations in Inorganic Materials,vol.1
        2005年, 国際会議発表
      • FEM解析をかじる 〜材料工学に活用できるか否か?!〜
        宮野 公樹
        第4回「結晶性材料のナノ組織制御イノベーション, 2005年, 大学院教育クラスター, 招待有り
      • MA/SPSプロセスによるセラミック複合材金型用LIGA構造体の製作
        宮野 公樹
        文科省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトH16年度放射光グループ研究成果報告会, 2005年, 放射光利用ナノテク最前線文科省ナノテクノロジー総合支援プロジェクト, 招待有り
      • “Pseudo-Superplastic PM Processing of Ti-Si Ceramics Composites”, Powder Metallurgy
        2004年, 国際会議発表
      • Fabrication of a TiC/Ti5Si3 Nano-Grained Composite for Micro-Parts using Pseudo-Superplastic Deformation by non-equilibrium PM process
        2004年, 国際会議発表
      • 「Application of Nano-grain composites for fabrication of LIGA micro-structures using a pseudo-superplasticity」, Asia-Pacific Conference of Transducers and Micro-Nano Technology, APCOT2004
        2004年, 国際会議発表
      • 立命館大学での産学連携研究の経験と現在の状況
        宮野 公樹
        第14回名古屋大学超小型放射光シンポジウム, 2004年, 招待有り
      • Application of SPD/PM Process to Produce a TiC/Ti5Si3 Nano Grained Composite
        2003年10月08日
      • Application of LIGA-MA Process to Metal/Ceramics Nano-Composite Microstructure」High Aspect Ratio Micro-Structure Technology Workshop (HARMST)
        2003年, 国際会議発表
      • 「FABRICATION OF NANO-GRAINED TiC/Ti5Si3, MICRO-MOLDS BY THE LIGA-MA PROCESS」, Intelligent Processing and Manufacturing of Materials(IPMM03)
        2003年, 国際会議発表
      • LIGA-MA-SPS粉末焼結法による微細構造体の製作
        宮野 公樹
        大阪大学産業科学研究所 交流会, 2003年, 九州大学先導物質化学研究所、応用力学研究所, 招待有り
      • 放電プラズマ焼結法を利用した金属間化合物系材料の製造〜MEMSへの応用をねらったマイクロパーツの製作
        宮野 公樹
        第2回「結晶性材料のナノ組織制御イノベーション」, 2003年, 大学院教育クラスター, 招待有り
      • 放射光リソグラフィーによる三次元マイクロ・ナノ構造の製作とその応用
        宮野 公樹
        第17回日本エム・イー学会秋季大会, 2003年, 招待有り
      • 放射光による微細加工とその応用研究
        宮野 公樹
        第4回科学技術特別シンポジウム, 2003年, 新居浜工業高等専門学校, 招待有り
      • 「Fabrication of TiNi Shape Memory Alloy Micro-structures and Ceramic Micro-mold By LIGA-MA-SPS Process」,Micromechatronics and Human Science
        2002年, 国際会議発表
      • 「FABRICATION OF ALLOY AND CERAMIC MICROSYTUCTURES BY LIGA-MA-SPS PROCESS」, Asia-Pacific Conference of Transducers and Micro-Nano Technology
        2002年, 国際会議発表
      • 放射光を活用した三次元加工技術
        宮野 公樹
        放射光が拓くナノテクノロジー研究会, 2002年, 招待有り
      • Preferred orientation relationship of intra- and inter-granular precipitates in titanium alloys, 12th Canadian Materials Science Conference
        2000年, 国際会議発表
      • Prediction and Observation of interface boundary structure in BCC/HCP alloy system, International conference on Solid-solid phase transformations 99
        1999年, 国際会議発表
      • Prediction and Observation of interface boundary structure in BCC/HCP alloy system,
        宮野 公樹
        International conference on Solid-solid phase transformations 99
      • Preferred orientation relationship of intra- and inter-granular precipitates in titanium alloys,
        宮野 公樹
        12th Canadian Materials Science Conference
      • 「Fabrication of TiNi Shape Memory Alloy Micro-structures and Ceramic Micro-mold By LIGA-MA-SPS Process」,
        宮野 公樹
        Micromechatronics and Human Science
      • 「FABRICATION OF ALLOY AND CERAMIC MICROSYTUCTURES BY LIGA-MA-SPS PROCESS」,
        宮野 公樹
        Asia-Pacific Conference of Transducers and Micro-Nano Technology
      • Application of LIGA-MA Process to Metal/Ceramics Nano-Composite Microstructure」High Aspect Ratio
        宮野 公樹
        Micro-Structure Technology Workshop (HARMST)
      • 「FABRICATION OF NANO-GRAINED TiC/Ti5Si3, MICRO-MOLDS BY THE LIGA-MA PROCESS」,
        宮野 公樹
        Intelligent Processing and Manufacturing of Materials(IPMM03)
      • 「Application of Nano-grain composites for fabrication of LIGA micro-structures using a pseudo-superplasticity」,
        宮野 公樹
        Asia-Pacific Conference of Transducers and Micro-Nano Technology, APCOT2004, 招待有り
      • FEM analysis based on the 3D-NCS model for Precipitate Morphology in the BCC/HCP system,
        宮野 公樹
        Solid-Solid Phase Transformations in Inorganic Materials,vol.1, 招待有り
      • HIGH TEMPERATUER DEFORMATION BEHAVIOR AND MICROSTRUCTURE CHANGE IN NANO-GRAIN COMPOSITE
        宮野 公樹
        THERMEC, 招待有り
      • Application of Pseud-Superplastic PM Process to Ti-Al Intermetallic Compound for MEMS Parts
        宮野 公樹
        PM2006, 招待有り

      書籍等出版物

      • 学問の在り方ー真理探求、学会、評価を巡る省察ー
        共編者(共編著者)
        ユニオン・エー, 2021年04月
      • 問いの立て方
        宮野, 公樹, 単著
        筑摩書房, 2021年02月
      • 学問からの手紙ー時代に流されない思考ー
        宮野 公樹, 単著
        小学館, 2019年03月, 査読無し
      • 反大学改革論
        宮野 公樹, 共著
        ナカニシヤ出版, 2016年06月, 査読無し
      • 研究を深める5つの問い 「科学」の転換期における研究者思考
        宮野公樹, 単著
        講談社ブルーバックス, 2015年04月, 査読無し
      • 異分野融合、実践と思想のあいだ。
        宮野公樹, 監修
        山川出版, 2015年03月, 査読無し
      • 研究発表のためのスライドデザイン
        宮野公樹
        講談社ブルーバックス, 2013年04月, 査読無し
      • 学生・研究者のための伝わる!学会ポスターのデザイン術
        宮野公樹
        化学同人, 2012年04月, 査読無し
      • (分担執筆)パルス通電場プロセシング総説集
        関西パルス通電懇話会編集委員会
        TIC出版, 2010年06月, 査読無し
      • 学生・研究者のための使える!パワポスライドデザイン 伝わるプレゼン1つの原理と3つの技術
        宮野公樹
        化学同人, 2009年05月, 査読無し

      受賞

      • 2008年09月
        日本金属学会, 第9回日本金属学会若手論文賞
      • 2007年06月
        国際会議IPMM, Highlighted Presentation
      • 2006年
        日本軽金属学会, 日本軽金属学会ポスター賞
      • 2001年09月
        日本金属学会, 第49回日本金属学会論文賞:金属組織部門
      • 2000年08月12日
        Canadian Materials Science Conference, Best Poster Award
      • 1997年06月
        ノーベル受賞者南部陽一郎研究, ノーベル受賞者南部陽一郎研究奨励賞
      • 2019年02月01日
        内閣府, 第一回日本イノベーション大賞「選考委員会選定優良事例」

      外部資金:科学研究費補助金

      • 多様な学術研究活動を育むアカデミックデータ・イノベーション成熟度モデルの開発
        基盤研究(A)
        中区分9:教育学およびその関連分野
        京都大学
        梶田 将司
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        研究データマネジメント;オープンサイエンス;オープンデータ;ルーブリック;学際研究スキル
      • 異分野融合研究の研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        宮野 公樹
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        学際;越境;研究文化;研究風土;異分野融合;学際研究;ワークショップ;アンケート調査;未言語領域;啓発;コミュニティ評価
      • ナノ・ニードル基板による高効率な遺伝子導入デバイス開発
        若手研究(B)
        京都大学
        宮野 公樹
        完了
        マイクロ化学システム;遺伝子導入デバイス;自己組織化;マイクロ・ナノデバイス;ステンレス鋼;エレクトロポレーション;μ-TAS;マイクロ・ナイデバイス
      • 非平衡PMプロセス材の疑似的超塑性挙動の解明と難加工材料の精密成形への展開
        基盤研究(B)
        立命館大学
        飴山 惠
        完了
        ナノ結晶;メカニカルミリング;加工熱処理;高温変形;超塑性変形;タングステン;Ti-Si;レニウム;非平衡組織;Ti-Si系;擬似的超塑性変形;LIGAプロセス;アモルファス相;ナノ結晶粒組織制御;非平衡粉末;焼結性;アモルファス;成形;ヘプタン添加;メカニカルアロイング, nano crystal;mechanical milling;thermomechanical heat treatment;high temperature deformation;superplasticity;tungsten;Ti-Si

      外部資金:その他

      • 学問の方法としての研究者越境マインドの考察
        サントリー文化財団
        自 2019年08月01日, 至 2020年07月31日
        宮野公樹
      • 細胞への物質導入を目的としたニードル流路デバイスの開発
        NEDO若手グラント革新的融合分野
        自 2009年01月01日, 至 2011年12月31日
        宮野公樹
      • 社会的意志決定を行うAIの要件―良質なデータセットと望ましいアウトプットの研 究
        公益財団法人トヨタ財団: 2019 年度特定課題プログラム
        自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
        大庭弘継
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          政策が果たす役割とその効果
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          グローバル・イノベーション政策概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          次世代医療を語る
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          政策が果たす役割とその効果
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          グローバル・イノベーション政策概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          政策が果たす役割とその効果
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          グローバル・イノベーション政策概論
          前期, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            ジュニアキャンパス実施検討会 委員
          • 自 2011年10月01日, 至 2014年09月30日
            総長学事補佐
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            高等教育開発推進センター研究担当教員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            高等教育開発推進センター「学内研究担当教員」
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            高等教育開発推進センター運営委員会委員
          • 自 2019年04月24日, 至 2020年03月31日
            エグゼクティブ・リーダーシップ・プログラム委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            エグゼクティブ・リーダーシップ・プログラム委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            京都大学情報環境機構KUINS利用負担金検討委員会委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2022年03月31日
            学際融合教育研究推進センター運営委員会委員

          ページ上部へ戻る