教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

井上 佳祐

イノウエ ケイスケ

生命科学研究科 統合生命科学専攻環境応答制御学講座 助教

井上 佳祐
list
    Last Updated :2022/05/18

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    学位

    • 修士(生命科学)(京都大学)
    • 博士(生命科学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/18

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        植物の環境応答
      • 研究概要

        植物の環境に対する応答、特に光応答について研究する。苔類ゼニゴケおよび被子植物シロイヌナズナを用いて、光刺激の受容から応答に至るまでの分子機構を解析し、シグナル伝達機構の進化を解明する。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 植物分子、生理科学

      論文

      • Coordination between growth and stress responses by DELLA in the liverwort Marchantia polymorpha.
        Jorge Hernández-García; Rui Sun; Antonio Serrano-Mislata; Keisuke Inoue; Carlos Vargas-Chávez; David Esteve-Bruna; Vicent Arbona; Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Takayuki Kohchi; Miguel A Blázquez
        Current biology : CB, 2021年08月23日, 査読有り
      • Regulation of gametangia and gametangiophore initiation in the liverwort Marchantia polymorpha.
        Shohei Yamaoka; Keisuke Inoue; Takashi Araki
        Plant reproduction, 2021年06月11日, 査読有り
      • Major components of the KARRIKIN INSENSITIVE2-dependent signaling pathway are conserved in the liverwort Marchantia polymorpha
        Yohei Mizuno; Aino Komatsu; Shota Shimazaki; Satoshi Naramoto; Keisuke Inoue; Xiaonan Xie; Kimitsune Ishizaki; Takayuki Kohchi; Junko Kyozuka
        The Plant Cell, 2021年04月11日, 査読有り
      • An early arising role of microRNA156/529c-SPL module in reproductive development revealed by the liverwort Marchantia polymorpha
        M. Tuzuki; K. Futagami; M. Shimamura; C. Inoue; K. Kunimoto; T. Oogami; Y. Tomita; K. Inoue; T. Kohchi; S. Yamaoka; T. Araki; T. Hamada; Y. Watanabe
        Current Biology, 2019年10月, 査読有り
      • Reproductive Induction is a Far-Red High Irradiance Response that is Mediated by Phytochrome and PHYTOCHROME INTERACTING FACTOR in Marchantia polymorpha.
        Inoue K; Nishihama R; Araki T; Kohchi T
        Plant & cell physiology, 2019年05月, 査読有り
      • Phytochrome and Light Signaling in Marchantia.
        Inoue K; Nishihama R; Kohchi T
        Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 2019年, 査読有り
      • Generative Cell Specification Requires Transcription Factors Evolutionarily Conserved in Land Plants.
        Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Yoshihiro Yoshitake; Sakiko Ishida; Keisuke Inoue; Misaki Saito; Keitaro Okahashi; Haonan Bao; Hiroyuki Nishida; Katsushi Yamaguchi; Shuji Shigenobu; Kimitsune Ishizaki; Katsuyuki T Yamato; Takayuki Kohchi
        Current biology : CB, 2018年02月05日, 査読有り
      • Circadian clock during plant development
        Keisuke Inoue; Takashi Araki; Motomu Endo
        Journal of Plant Research, 2018年01月01日, 査読有り
      • Circadian clock during plant development
        Keisuke Inoue; Takashi Araki; Motomu Endo
        Journal of Plant Research, 2018年01月01日, 査読有り
      • Evolutionary origin of phytochrome responses and signaling in land plants
        Keisuke Inoue; Ryuichi Nishihama; Takayuki Kohchi
        PLANT CELL AND ENVIRONMENT, 2017年11月, 査読有り
      • Insights into Land Plant Evolution Garnered from the Marchantia polymorpha Genome.
        John L Bowman; Takayuki Kohchi; Katsuyuki T Yamato; Jerry Jenkins; Shengqiang Shu; Kimitsune Ishizaki; Shohei Yamaoka; Ryuichi Nishihama; Yasukazu Nakamura; Frédéric Berger; Catherine Adam; Shiori Sugamata Aki; Felix Althoff; Takashi Araki; Mario A Arteaga-Vazquez; Sureshkumar Balasubrmanian; Kerrie Barry; Diane Bauer; Christian R Boehm; Liam Briginshaw; Juan Caballero-Perez; Bruno Catarino; Feng Chen; Shota Chiyoda; Mansi Chovatia; Kevin M Davies; Mihails Delmans; Taku Demura; Tom Dierschke; Liam Dolan; Ana E Dorantes-Acosta; D Magnus Eklund; Stevie N Florent; Eduardo Flores-Sandoval; Asao Fujiyama; Hideya Fukuzawa; Bence Galik; Daniel Grimanelli; Jane Grimwood; Ueli Grossniklaus; Takahiro Hamada; Jim Haseloff; Alexander J Hetherington; Asuka Higo; Yuki Hirakawa; Hope N Hundley; Yoko Ikeda; Keisuke Inoue; Shin-Ichiro Inoue; Sakiko Ishida; Qidong Jia; Mitsuru Kakita; Takehiko Kanazawa; Yosuke Kawai; Tomokazu Kawashima; Megan Kennedy; Keita Kinose; Toshinori Kinoshita; Yuji Kohara; Eri Koide; Kenji Komatsu; Sarah Kopischke; Minoru Kubo; Junko Kyozuka; Ulf Lagercrantz; Shih-Shun Lin; Erika Lindquist; Anna M Lipzen; Chia-Wei Lu; Efraín De Luna; Robert A Martienssen; Naoki Minamino; Masaharu Mizutani; Miya Mizutani; Nobuyoshi Mochizuki; Isabel Monte; Rebecca Mosher; Hideki Nagasaki; Hirofumi Nakagami; Satoshi Naramoto; Kazuhiko Nishitani; Misato Ohtani; Takashi Okamoto; Masaki Okumura; Jeremy Phillips; Bernardo Pollak; Anke Reinders; Moritz Rövekamp; Ryosuke Sano; Shinichiro Sawa; Marc W Schmid; Makoto Shirakawa; Roberto Solano; Alexander Spunde; Noriyuki Suetsugu; Sumio Sugano; Akifumi Sugiyama; Rui Sun; Yutaka Suzuki; Mizuki Takenaka; Daisuke Takezawa; Hirokazu Tomogane; Masayuki Tsuzuki; Takashi Ueda; Masaaki Umeda; John M Ward; Yuichiro Watanabe; Kazufumi Yazaki; Ryusuke Yokoyama; Yoshihiro Yoshitake; Izumi Yotsui; Sabine Zachgo; Jeremy Schmutz
        Cell, 2017年10月05日, 査読有り
      • Oscillator networks with tissue-specific circadian clocks in plants.
        Inoue K; Araki T; Endo M
        Seminars in cell & developmental biology, 2017年09月, 査読有り
      • Integration of Input Signals into the Gene Network in the Plant Circadian Clock
        Keisuke Inoue; Takashi Araki; Motomu Endo
        PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 2017年06月, 査読有り
      • Phytochrome Signaling Is Mediated by PHYTOCHROME INTERACTING FACTOR in the Liverwort Marchantia polymorpha
        Keisuke Inoue; Ryuichi Nishihama; Hideo Kataoka; Masashi Hosaka; Ryo Manabe; Mika Nomoto; Yasuomi Tada; Kimitsune Ishizaki; Takayuki Kohchi
        PLANT CELL, 2016年06月, 査読有り
      • Development of Gateway Binary Vector Series with Four Different Selection Markers for the Liverwort Marchantia polymorpha
        Kimitsune Ishizaki; Ryuichi Nishihama; Minoru Ueda; Keisuke Inoue; Sakiko Ishida; Yoshiki Nishimura; Toshiharu Shikanai; Takayuki Kohchi
        PLOS ONE, 2015年09月, 査読有り
      • 基部陸上植物の光応答戦略−フィトクロムを介した光形態形成の分子機構−
        石崎 公庸; 井上 佳祐; 河内 孝之
        植物科学の最前線, 2013年

      MISC

      • ゼニゴケの精子形成における精細胞特異的ヒストンH1バリアントの役割
        KOTANI Kanta; NISHIDA Ruri; HIGO Asuka; YAMAOKA Shohei; INOUE Keisuke; ARAKI Takashi
        日本植物生理学会年会(Web), 2021年
      • 苔類ゼニゴケの遠赤色光・日長依存的な成長相転換の分子機構の解析
        KANESAKA Yuki; INOUE Keisuke; YAMAOKA Shohei; ARAKI Takashi
        日本植物生理学会年会(Web), 2021年
      • 基部陸上植物ゼニゴケの日長認識メカニズムの解析
        INOUE Keisuke; KANESAKA Yuki; YAMAOKA Shohei; NISHIHAMA Ryuichi; KOHCHI Takayuki; ARAKI Takashi
        日本植物生理学会年会(Web), 2020年
      • ゼニゴケの精子形成に関わる精細胞特異的ヒストンH1バリアントの解析
        KOTANI Kanta; NISHIDA Ruri; HIGO Asuka; INOUE Keisuke; YAMAOKA Shohei; ARAKI Takashi
        日本植物生理学会年会(Web), 2020年
      • Origination of the circadian clock system in stem cells regulates cell differentiation in Arabidopsis thaliana
        Kotaro Torii; Keisuke Inoue; Keita Bekki; Kazuya Haraguchi; Minoru Kubo; Yuki Kondo; Takamasa Suzuki; Hanako Shimizu; Kyohei Uemoto; Masato Saito; Hiroo Fukuda; Takashi Araki; Motomu Endo
        bioRxiv, 2019年07月
      • ゼニゴケの生殖器官形成における光質と日長の役割
        金坂侑紀; 井上佳祐; 山岡尚平; 西浜竜一; 河内孝之; 荒木崇
        日本植物学会大会研究発表記録, 2019年
      • フィトクロムを介した遠赤色光シグナルはゼニゴケの生殖器官形成を制御する
        井上佳祐; 金坂侑紀; 山岡尚平; 西浜竜一; 河内孝之; 荒木崇
        日本植物学会大会研究発表記録, 2019年
      • Gibberellin Precursor Is Involved in Sexual Organ Formation in the Liverwort Marchantia polymorpha
        SUN Rui; WANG Ran; KUSUNOKI Ryunosuke; INOUE Keisuke; NISHIHAMA Ryuichi; YAMAOKA Shohei; KOHCHI Takayuki
        日本植物生理学会年会(Web), 2019年
      • 陸上植物の生殖細胞分化に必要な転写因子BONOBOの同定と標的遺伝子の探索
        山岡尚平; 西浜竜一; 吉竹良洋; 石田咲子; 井上佳祐; 齋藤美咲; 岡橋啓太郎; 包昊南; 西田浩之; 山口勝司; 重信秀治; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
        日本植物学会大会研究発表記録, 2018年09月01日
      • 遠赤色光高照射による苔類ゼニゴケの生殖器誘導機構
        井上佳祐; 西浜竜一; 荒木崇; 河内孝之
        日本植物学会大会研究発表記録, 2018年09月01日
      • 基礎陸生植物,Marchantia polymorpha中のDELLA蛋白質のジベレリン非依存性機能保存
        SUN Rui; INOUE Keisuke; KUSUNOKI Ryunosuke; NISHIHAMA Ryuichi; YAMAOKA Shohei; KOHCHI Takayuki
        日本植物生理学会年会(Web), 2018年
      • 転写因子BONOBOは陸上植物の生殖系列細胞の分化に必要である
        山岡尚平; 西浜竜一; 吉竹良洋; 石田咲子; 井上佳祐; 齊藤美咲; 岡橋啓太郎; BAO Haonan; 西田浩之; 山口勝司; 重信秀治; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
        日本植物生理学会年会(Web), 2018年
      • 基部陸上植物ゼニゴケにおいて転写因子 BONOBO は生殖器官形成を統御する
        Shohei Yamaoka; Keisuke Inoue; Ryuichi Nishihama; Katsushi Yamaguchi; Shuji Shigenobu; Kimitsune Ishizaki; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi
        50th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists, 2017年05月
      • Exploring the biological functions of gibberellin-related diterpenes in the basal land plant Marchantia polymorpha
        Rui Sun; Keisuke Inoue; Ryunosuke Kusunoki; Ryuichi Nishihama; Shohei Yamaoka; Takayuki Kohchi
        第58回日本植物生理学会年会, 2017年03月
      • The transcription factor BONOBO plays a central role in transition from vegetative to reproductive growth in the liverwort Marchantia polymorpha
        Shohei Yamaoka; Keisuke Inoue; Ryuichi Nishihama; Katsushi Yamaguchi; Shuji Shigenobu; Kimitsune Ishizaki; Katsuyuki T. Yamato; Takayuki Kohchi
        EMBO Workshop New model systems for early land plant evolution, 2016年06月
      • 苔類ゼニゴケの成長相制御因子BONOBOの日長・光質による発現制御
        山岡尚平; 井上佳祐; 友金寛和; 西浜竜一; 山口勝司; 重信秀治; 石崎公庸; 大和勝幸; 河内孝之
        第57回日本植物生理学会年会, 2016年03月
      • タイ類Marchantia polymorphaにおけるGA-GID1-DELLAシグナル伝達モジュールの機能解析
        SUN Rui; INOUE Keisuke; KUSUNOKI Ryunosuke; NISHIHAMA Ryuichi; YAMAOKA Shohei; KOHCHI Takayuki
        日本植物生理学会年会要旨集, 2016年
      • 地表で暮らす葉状性苔類がとる光生存戦略
        西浜竜一; 井上佳祐; 石崎公庸; 河内孝之
        日本植物学会大会研究発表記録, 2015年09月01日
      • 苔類ゼニゴケを用いた転写因子PIFによる赤色光シグナル伝達機構の解析
        井上佳祐; 西浜竜一; 石崎公庸; 河内孝之
        第56回日本植物生理学会年会, 2015年03月
      • 基部陸上植物ゼニゴケにおける祖先的な赤色光シグナル伝達機構
        井上佳祐; 石崎公庸; 西浜竜一; 河内孝之
        日本光生物学協会, 2014年08月
      • 苔類ゼニゴケにおける転写因子レパートリー
        白川一; 井上佳祐; 石崎公庸; 西浜竜一; 河内孝之
        日本植物生理学会年会要旨集, 2014年03月11日
      • 苔類ゼニゴケにおける転写因子HY5を介した光形態形成制御機構
        竹谷千尋; 井上佳祐; 石崎公庸; 西浜竜一; 河内孝之
        日本植物生理学会年会要旨集, 2014年03月11日
      • 苔類ゼニゴケを用いた祖先的な赤色光シグナル伝達機構の解析
        井上佳祐; 西浜竜一; 石崎公庸; 河内孝之
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月05日
      • 赤色光受容体フィトクロムと光合成によるゼニゴケ細胞周期の光制御
        真鍋諒; 中村衣里; 井上佳祐; 保坂将志; 石崎公庸; 河内孝之; 西浜竜一
        日本植物学会大会研究発表記録, 2013年08月20日
      • 基部陸上植物ゼニゴケにおける転写因子PIFを介した赤色光シグナル伝達機構
        井上佳祐; 西浜竜一; 石崎公庸; 河内孝之
        日本植物学会大会研究発表記録, 2013年08月20日
      • 苔類ゼニゴケにおける転写因子PIFを介した赤色光シグナル伝達機構
        井上佳祐; 石崎公庸; 西浜竜一; 河内孝之
        日本植物生理学会年会要旨集, 2013年03月14日
      • ゼニゴケの赤色光によるサイクリンD遺伝子発現制御機構
        西浜竜一; 真鍋諒; 中村衣里; 井上佳祐; 石崎公庸; 河内孝之
        日本植物生理学会年会要旨集, 2013年03月14日
      • 苔類ゼニゴケにおけるHY5を介した光形態形成シグナル伝達経路の解析
        竹谷千尋; 井上佳祐; 石崎公庸; 西浜竜一; 河内孝之
        日本植物生理学会年会要旨集, 2013年03月14日
      • ゼニゴケのフィトクロムによる細胞周期制御機構
        西浜竜一; 中村衣里; 保坂将志; 井上佳祐; 真鍋諒; 石崎公庸; 河内孝之
        日本植物学会大会研究発表記録, 2012年09月14日
      • 苔類ゼニゴケにおける赤色光による細胞周期制御機構
        中村衣里; 保坂将志; 井上佳祐; 石崎公庸; 西浜竜一; 河内孝之
        日本植物生理学会年会要旨集, 2012年03月09日
      • 赤色光は苔類ゼニゴケの細胞分裂を制御する
        井上佳祐; 中村衣里; 保坂将志; 石崎公庸; 西浜竜一; 河内孝之
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月05日

      講演・口頭発表等

      • 苔類ゼニゴケの生殖器形成は遠赤色光高照射反応である
        井上佳祐; 西浜竜一; 荒木崇; 河内孝之
        第60回 日本植物生理学会年会, 2019年03月14日, 日本植物生理学会
      • 遠赤色光高照射による苔類ゼニゴケの生殖器誘導機構
        井上佳祐; 西浜竜一; 荒木崇; 河内孝之
        日本植物学会 第82回大会, 2018年09月14日, 日本植物学会
      • 細胞運命決定における植物概日時計の役割
        井上佳祐; 別城啓太; 鳥井孝太郎; 清水華子; 荒木崇; 遠藤求
        第59回 日本植物生理学会年会, 2018年03月28日, 日本植物生理学会

      書籍等出版物

      • 基部陸上植物の光応答戦略 -フィトクロムを介した光形態形成の分子機構-
        石崎公庸; 井上佳祐; 河内孝之, 共著
        BSJ-Review 4:37-44 (2013), 2013年, 査読無し
      list
        Last Updated :2022/05/18

        教育

        担当科目

        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          資源植物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          資源生物科学専門外書講義I(資源植物G)
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          資源植物科学演習
          通年, 農学部
        list
          Last Updated :2022/05/18

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日
            よろず相談窓口委員会 (ハラスメント相談窓口委員会)

          ページ上部へ戻る