教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

藤原 敬宏

フジワラ タカヒロ

高等研究院 物質-細胞統合システム拠点 特定准教授

藤原 敬宏
list
    Last Updated :2024/05/11

    基本情報

    所属学協会

    • 自 2009年10月, 至 現在
      Biophysical Society
    • 自 1993年04月, 至 現在
      日本生物物理学会

    学位

    • 修士(理学)(東京大学)
    • 博士(理学)(名古屋大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京大学, 大学院総合文化研究科, 修士課程広域科学専攻, 修了
    • 東京大学, 大学院総合文化研究科, 博士後期課程広域科学専攻, 単位修得退学

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 理学部生物系, 生物物理学教室, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      山口県立山口高等学校, やまぐちこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2017年04月, 至 現在
      京都大学, 高等研究院 物質―細胞統合システム拠点 解析センター バイオ解析部門, 部門長
    • 自 2017年04月, 至 現在
      京都大学, 高等研究院 物質-細胞統合システム拠点, 特定准教授
    • 自 2015年05月, 至 2017年03月
      京都大学, 物質―細胞統合システム拠点, 特定拠点准教授
    • 自 2013年04月, 至 2017年03月
      京都大学, 物質―細胞統合システム拠点 メゾバイオ1分子イメジングセンター, 副センター長
    • 自 2010年12月, 至 2015年04月
      京都大学, 物質―細胞統合システム拠点, 特定拠点講師
    • 自 2008年04月, 至 2010年11月
      京都大学, 物質―細胞統合システム拠点, 特任助教
    • 自 2005年04月, 至 2010年03月
      京都大学, 再生医科学研究所, 特任助教
    • 自 2005年04月, 至 2010年03月
      科学技術振興機構 ICORP, 研究員
    • 自 2003年10月, 至 2005年03月
      科学技術振興機構 SORST, 研究員
    • 自 1998年10月, 至 2003年09月
      科学技術振興事業団 ERATO, 研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      「生きている細胞中での1分子イメジング技術」を発展させ、細胞膜が働く機構を解明することを目指しています。

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/05/11

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        超高速1分子イメージング法の開発による、コンパートメント化された細胞膜による細胞膜分子の機能制御機構の解明
      • 研究概要

        私が世界に先駆けて取り組んで来た「生きている細胞中での1分子イメージング技術」をさらに発展させ、細胞膜が働く機構を解明することを目指している。現在の目標は、蛍光標識された2種類以上の膜分子を、同時に、1分子ごとに、分子サイズの空間精度(10 nm)で、現存する蛍光発光団を使ったときの究極速度(33マイクロ秒分解能)で観察し、100 nm程度の仕切りが入った細胞膜での短寿命複合体の形成と分解、分子の活性化を、1分子レベルで、手に取るように見ることである。

      研究キーワード

      • 細胞膜の機能
      • 1分子ナノバイオロジー

      研究分野

      • ナノテク・材料, ナノバイオサイエンス
      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ライフサイエンス, 生物物理学

      論文

      • StayGold photostability under different illumination modes.
        Masahiko Hirano; Yasuo Yonemaru; Satoshi Shimozono; Mayu Sugiyama; Ryoko Ando; Yasushi Okada; Takahiro Fujiwara; Atsushi Miyawaki
        Scientific reports, 2024年03月06日, 査読有り
      • Extracellular-Vesicle Catch-and-Release Isolation System Using a Net-Charge Invertible Curvature-Sensing Peptide.
        Kenichi Kawano; Yuki Kuzuma; Koichi Yoshio; Kenta Hosokawa; Yuuto Oosugi; Takahiro Fujiwara; Fumiaki Yokoyama; Katsumi Matsuzaki
        Analytical chemistry, 2024年03月05日, 査読有り
      • StayGold variants for molecular fusion and membrane-targeting applications
        Ryoko Ando; Satoshi Shimozono; Hideo Ago; Masatoshi Takagi; Mayu Sugiyama; Hiroshi Kurokawa; Masahiko Hirano; Yusuke Niino; Go Ueno; Fumiyoshi Ishidate; Takahiro Fujiwara; Yasushi Okada; Masaki Yamamoto; Atsushi Miyawaki
        Nature Methods, 2023年11月30日, 査読有り
      • Development of ultrafast camera-based single fluorescent-molecule imaging for cell biology.
        Takahiro K Fujiwara; Shinji Takeuchi; Ziya Kalay; Yosuke Nagai; Taka A Tsunoyama; Thomas Kalkbrenner; Kokoro Iwasawa; Ken P Ritchie; Kenichi G N Suzuki; Akihiro Kusumi
        The Journal of cell biology, 2023年08月07日, 査読有り
      • Ultrafast single-molecule imaging reveals focal adhesion nano-architecture and molecular dynamics.
        Takahiro K Fujiwara; Taka A Tsunoyama; Shinji Takeuchi; Ziya Kalay; Yosuke Nagai; Thomas Kalkbrenner; Yuri L Nemoto; Limin H Chen; Akihiro C E Shibata; Kokoro Iwasawa; Ken P Ritchie; Kenichi G N Suzuki; Akihiro Kusumi
        The Journal of cell biology, 2023年08月07日, 査読有り
      • Cholesterol- and actin-centered view of the plasma membrane: updating the Singer-Nicolson fluid mosaic model to commemorate its 50th anniversary†.
        Akihiro Kusumi; Taka A Tsunoyama; Bo Tang; Koichiro M Hirosawa; Nobuhiro Morone; Takahiro K Fujiwara; Kenichi G N Suzuki
        Molecular biology of the cell, 2023年05月01日, 査読有り
      • A methodology for creating mutants of G‐protein coupled receptors stabilized in active state by combining statistical thermodynamics and evolutionary molecular engineering
        Taisei Yamamoto; Satoshi Yasuda; Rinshi S. Kasai; Ryosuke Nakano; Simon Hikiri; Kanna Sugaya; Tomohiko Hayashi; Satoshi Ogasawara; Mitsunori Shiroishi; Takahiro K. Fujiwara; Masahiro Kinoshita; Takeshi Murata
        Protein Science, 2022年10月, 査読有り
      • A highly photostable and bright green fluorescent protein.
        Masahiko Hirano; Ryoko Ando; Satoshi Shimozono; Mayu Sugiyama; Noriyo Takeda; Hiroshi Kurokawa; Ryusaku Deguchi; Kazuki Endo; Kei Haga; Reiko Takai-Todaka; Shunsuke Inaura; Yuta Matsumura; Hiroshi Hama; Yasushi Okada; Takahiro Fujiwara; Takuya Morimoto; Kazuhiko Katayama; Atsushi Miyawaki
        Nature biotechnology, 2022年04月25日, 査読有り
      • Single-Molecule Imaging Reveals Rapid Estradiol Action on the Surface Movement of AMPA Receptors in Live Neurons
        Soma Godó; Klaudia Barabás; Ferenc Lengyel; Dávid Ernszt; Tamás Kovács; Miklós Kecskés; Csaba Varga; Tibor Z. Jánosi; Géza Makkai; Gergely Kovács; Barbara Orsolits; Takahiro Fujiwara; Akihiro Kusumi; István M. Ábrahám
        Frontiers in Cell and Developmental Biology, 2021年09月23日, 査読有り
      • Extracellular vesicles synchronize cellular phenotypes of differentiating cells
        Tomohiro Minakawa; Tetsuya Matoba; Fumiyoshi Ishidate; Takahiro K. Fujiwara; Sho Takehana; Yasuhiko Tabata; Jun K. Yamashita
        Journal of Extracellular Vesicles, 2021年09月, 査読有り
      • Redox-Sensitive Cysteines Confer Proximal Control of the Molecular Crowding Barrier in the Nuclear Pore.
        Wanzhen Zhang; Ryuji Watanabe; Hide A Konishi; Takahiro Fujiwara; Shige H Yoshimura; Masahiro Kumeta
        Cell reports, 2020年12月15日, 査読有り
      • High-speed single-molecule imaging reveals signal transduction by induced transbilayer raft phases
        Ikuko Koyama-Honda; Takahiro K. Fujiwara; Rinshi S. Kasai; Kenichi G.N. Suzuki; Eriko Kajikawa; Hisae Tsuboi; Taka A. Tsunoyama; Akihiro Kusumi
        Journal of Cell Biology, 2020年12月07日, 査読有り
      • Synergetic Roles of Formyl Peptide Receptor 1 Oligomerization in Ligand-Induced Signal Transduction
        Tomoki Nishiguchi; Hideaki Yoshimura; Rinshi S. Kasai; Takahiro K. Fujiwara; Takeaki Ozawa
        ACS Chemical Biology, 2020年09月18日, 査読有り
      • Defining raft domains in the plasma membrane.
        Kusumi A; Fujiwara TK; Tsunoyama TA; Kasai RS; Liu AA; Hirosawa KM; Kinoshita M; Matsumori N; Komura N; Ando H; Suzuki KGN
        Traffic (Copenhagen, Denmark), 2020年01月, 査読有り
      • Dynamic actin-mediated nano-scale clustering of CD44 regulates its meso-scale organization at the plasma membrane.
        Sil P; Mateos N; Nath S; Buschow S; Manzo C; Suzuki KGN; Fujiwara T; Kusumi A; Garcia-Parajo MF; Mayor S
        Molecular biology of the cell, 2019年10月, 査読有り
      • HsSAS-6-dependent cartwheel assembly ensures stabilization of centriole intermediates.
        Yoshiba S; Tsuchiya Y; Ohta M; Gupta A; Shiratsuchi G; Nozaki Y; Ashikawa T; Fujiwara T; Natsume T; Kanemaki MT; Kitagawa D
        Journal of cell science, 2019年06月, 査読有り
      • Dynamic Contact Guidance of Myoblasts by Feature Size and Reversible Switching of Substrate Topography: Orchestration of Cell Shape, Orientation, and Nematic Ordering of Actin Cytoskeletons.
        Linke P; Suzuki R; Yamamoto A; Nakahata M; Kengaku M; Fujiwara T; Ohzono T; Tanaka M
        Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids, 2018年11月, 査読有り
      • THE EFFECT OF LACTOFERRIN AND PEPSIN-TREATED LACTOFERRIN ON IEC-6 CELL DAMAGE INDUCED BY CLOSTRIDIUM DIFFICILE TOXIN B
        Kosuke Otake; Norio Sato; Ayako Kitaguchi; Takayuki Irahara; Satoru Murata; Keiichiro Shiraga; Yuichi Ogawa; Takahiro K. Fujiwara; Kaoru Koike; Hiroyuki Yokota
        SHOCK, 2018年07月, 査読有り
      • Super-long single-molecule tracking reveals dynamic-anchorage-induced integrin function
        Taka A. Tsunoyama; Yusuke Watanabe; Junri Goto; Kazuma Naito; Rinshi S. Kasai; Kenichi G. N. Suzuki; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        Nature Chemical Biology, 2018年05月01日, 査読有り
      • Unraveling of Lipid Raft Organization in Cell Plasma Membranes by Single-Molecule Imaging of Ganglioside Probes.
        Suzuki KGN; Ando H; Komura N; Fujiwara T; Kiso M; Kusumi A
        Advances in experimental medicine and biology, 2018年, 査読有り
      • Revealing the Raft Domain Organization in the Plasma Membrane by Single-Molecule Imaging of Fluorescent Ganglioside Analogs
        Kenichi G.N. Suzuki; Hiromune Ando; Naoko Komura; Miku Konishi; Akihiro Imamura; Hideharu Ishida; Makoto Kiso; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        Methods in Enzymology, 2018年, 査読有り
      • Dynamic Meso-Scale Anchorage of GPI-Anchored Receptors in the Plasma Membrane: Prion Protein vs. Thy1
        Yuri L. Nemoto; Roger J. Morris; Hiroko Hijikata; Taka A. Tsunoyama; Akihiro C. E. Shibata; Rinshi S. Kasai; Akihiro Kusumi; Takahiro K. Fujiwara
        CELL BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2017年12月, 査読有り
      • The Class-A GPCR Dopamine D2 Receptor Forms Transient Dimers Stabilized by Agonists: Detection by Single-Molecule Tracking
        Rinshi S. Kasai; Shuichi V. Ito; Ryo M. Awane; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        Cell Biochemistry and Biophysics, 2017年11月07日, 査読有り
      • Development of new ganglioside probes and unraveling of raft domain structure by single-molecule imaging
        Kenichi G. N. Suzuki; Hiromune Ando; Naoko Komura; Takahiro K. Fujiwara; Makoto Kiso; Akihiro Kusumi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 2017年10月, 査読有り
      • Cortical actin nodes: Their dynamics and recruitment of podosomal proteins as revealed by super-resolution and single-molecule microscopy
        Yuki M. Shirai; Taka A. Tsunoyama; Nao Hiramoto-Yamaki; Koichiro M. Hirosawa; Akihiro C. E. Shibata; Kenichi Kondo; Atsushi Tsurumune; Fumiyoshi Ishidate; Akihiro Kusumi; Takahiro K. Fujiwara
        PLOS ONE, 2017年11月, 査読有り
      • Raft-based sphingomyelin interactions revealed by new fluorescent sphingomyelin analogs
        Masanao Kinoshita; Kenichi G. N. Suzuki; Nobuaki Matsumori; Misa Takada; Hikaru Ano; Kenichi Morigaki; Mitsuhiro Abe; Asami Makino; Toshihide Kobayashi; Koichiro M. Hirosawa; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi; Michio Murata
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2017年04月, 査読有り
      • Spatiotemporal analysis with a genetically encoded fluorescent RNA probe reveals TERRA function around telomeres
        Toshimichi Yamada; Hideaki Yoshimura; Rintaro Shimada; Mitsuru Hattori; Masatoshi Eguchi; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi; Takeaki Ozawa
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年12月, 査読有り
      • Raft-based interactions of gangliosides with a GPI-anchored receptor
        Naoko Komura; Kenichi G. N. Suzuki; Hiromune Ando; Miku Konishi; Machi Koikeda; Akihiro Imamura; Rahul Chadda; Takahiro K. Fujiwara; Hisae Tsuboi; Ren Sheng; Wonhwa Cho; Koichi Furukawa; Keiko Furukawa; Yoshio Yamauchi; Hideharu Ishida; Akihiro Kusumi; Makoto Kiso
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2016年06月, 査読有り
      • Confined diffusion of transmembrane proteins and lipids induced by the same actin meshwork lining the plasma membrane
        Takahiro K. Fujiwara; Kokoro Iwasawa; Ziya Kalay; Taka A. Tsunoyama; Yusuke Watanabe; Yasuhiro M. Umemura; Hideji Murakoshi; Kenichi G. N. Suzuki; Yuri L. Nemoto; Nobuhiro Morone; Akihiro Kusumi
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年04月, 査読有り
      • Selective Labeling of Proteins on Living Cell Membranes Using Fluorescent Nanodiamond Probes
        Shingo Sotoma; Jun Iimura; Ryuji Igarashi; Koichiro M. Hirosawa; Hidenori Ohnishi; Shin Mizukami; Kazuya Kikuchi; Takahiro K. Fujiwara; Masahiro Shirakawa; Hidehito Tochio
        NANOMATERIALS, 2016年04月, 査読有り
      • Leader-Containing Uncapped Viral Transcript Activates RIG-I in Antiviral Stress Granules
        Seong-Wook Oh; Koji Onomoto; Mai Wakimoto; Kazuhide Onoguchi; Fumiyoshi Ishidate; Takahiro Fujiwara; Mitsutoshi Yoneyama; Hiroki Kato; Takashi Fujita
        PLOS PATHOGENS, 2016年02月, 査読有り
      • Tracking single molecules at work in living cells
        Akihiro Kusumi; Taka A. Tsunoyama; Kohichiro M. Hirosawa; Rinshi S. Kasai; Takahiro K. Fujiwara
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2014年07月, 査読有り
      • Ultrafast Diffusion of a Fluorescent Cholesterol Analog in Compartmentalized Plasma Membranes
        Nao Hiramoto-Yamaki; Kenji A. K. Tanaka; Kenichi G. N. Suzuki; Koichiro M. Hirosawa; Manami S. H. Miyahara; Ziya Kalay; Koichiro Tanaka; Rinshi S. Kasai; Akihiro Kusumi; Takahiro K. Fujiwara
        TRAFFIC, 2014年06月, 査読有り
      • Lateral diffusion in a discrete fluid membrane with immobile particles
        Ziya Kalay; Takahiro K. Fujiwara; Akihisa Otaka; Akihiro Kusumi
        Physical Review E - Statistical, Nonlinear, and Soft Matter Physics, 2014年02月26日, 査読有り
      • Transient GPI-anchored protein homodimers are units for raft organization and function
        Kenichi G. N. Suzuki; Rinshi S. Kasai; Koichiro M. Hirosawa; Yuri L. Nemoto; Munenori Ishibashi; Yoshihiro Miwa; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2012年09月, 査読有り
      • Archipelago architecture of the focal adhesion: Membrane molecules freely enter and exit from the focal adhesion zone
        Akihiro C. E. Shibata; Takahiro K. Fujiwara; Limin Chen; Kenichi G. N. Suzuki; Yoshiro Ishikawa; Yuri L. Nemoto; Yoshihiro Miwa; Ziya Kalay; Rahul Chadda; Keiji Naruse; Akihiro Kusumi
        CYTOSKELETON, 2012年06月, 査読有り
      • Confining Domains Lead to Reaction Bursts: Reaction Kinetics in the Plasma Membrane
        Ziya Kalay; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        PLOS ONE, 2012年03月, 査読有り
      • Dynamic Organizing Principles of the Plasma Membrane that Regulate Signal Transduction: Commemorating the Fortieth Anniversary of Singer and Nicolson's Fluid-Mosaic Model
        Akihiro Kusumi; Takahiro K. Fujiwara; Rahul Chadda; Min Xie; Taka A. Tsunoyama; Ziya Kalay; Rinshi S. Kasai; Kenichi G. N. Suzuki
        ANNUAL REVIEW OF CELL AND DEVELOPMENTAL BIOLOGY, VOL 28, 2012年, 査読有り
      • Hierarchical mesoscale domain organization of the plasma membrane
        Akihiro Kusumi; Kenichi G. N. Suzuki; Rinshi S. Kasai; Ken Ritchie; Takahiro K. Fujiwara
        TRENDS IN BIOCHEMICAL SCIENCES, 2011年11月, 査読有り
      • Full characterization of GPCR monomer-dimer dynamic equilibrium by single molecule imaging
        Rinshi S. Kasai; Kenichi G. N. Suzuki; Eric R. Prossnitz; Ikuko Koyama-Honda; Chieko Nakada; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2011年02月, 査読有り
      • Membrane molecules mobile even after chemical fixation
        Kenji A. K. Tanaka; Kenichi G. N. Suzuki; Yuki M. Shirai; Shusaku T. Shibutani; Manami S. H. Miyahara; Hisae Tsuboi; Miyako Yahara; Akihiko Yoshimura; Satyajit Mayor; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        NATURE METHODS, 2010年11月, 査読有り
      • GPI-anchored receptor clusters transiently recruit Lyn and G alpha for temporary cluster immobilization and Lyn activation: single-molecule tracking study 1
        Kenichi G. N. Suzuki; Takahiro K. Fujiwara; Fumiyuki Sanematsu; Ryota Iino; Michael Edidin; Akihiro Kusumi
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2007年05月, 査読有り
      • Dynamic recruitment of phospholipase C gamma at transiently immobilized GPI- anchored receptor clusters induces IP3-Ca2+ signaling: single-molecule tracking study 2
        Kenichi G. N. Suzuki; Takahiro K. Fujiwara; Michael Edidin; Akihiro Kusumi
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2007年05月, 査読有り
      • Three-dimensional reconstruction of the membrane skeleton at the plasma membrane interface by electron tomography
        Nobuhiro Morone; Takahiro Fujiwara; Kotono Murase; Rinshi S. Kasai; Hiroshi Ike; Shigeki Yuasa; Jiro Usukura; Akihiro Kusumi
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2006年09月, 査読有り
      • Detection of non-Brownian diffusion in the cell membrane in single molecule tracking
        K Ritchie; XY Shan; J Kondo; K Iwasawa; T Fujiwara; A Kusumi
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2005年03月, 査読有り
      • Fluorescence imaging for monitoring the colocalization of two single molecules in living cells
        Koyama-Honda, I; K Ritchie; T Fujiwara; R Iino; H Murakoshi; RS Kasai; A Kusumi
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2005年03月, 査読有り
      • Single-molecule imaging of diffusion, recruitment, and activation of signaling molecules in living cells.
        A. Kusumi; H. Murakoshi; K. Murase; T. Fujiwara
        In “Biophysical aspects of transmembrane signaling”, Chapter 5, S. Damjanovich, Ed. Springer-Heidelberg pp. 123-152.(2005)., 2005年, 査読有り, 招待有り
      • Paradigm shift of the plasma membrane concept from the two-dimensional continuum fluid to the partitioned fluid: High-speed single-molecule tracking of membrane molecules
        A Kusumi; C Nakada; K Ritchie; K Murase; K Suzuki; H Murakoshi; RS Kasai; J Kondo; T Fujiwara
        ANNUAL REVIEW OF BIOPHYSICS AND BIOMOLECULAR STRUCTURE, 2005年, 査読有り
      • Ultrafine membrane compartments for molecular diffusion as revealed by single molecule techniques
        K Murase; T Fujiwara; Y Umemura; K Suzuki; R Iino; H Yamashita; M Saito; H Murakoshi; K Ritchie; A Kusumi
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2004年06月, 査読有り
      • Single-molecule imaging analysis of Ras activation in living cells
        H Murakoshi; R Iino; T Kobayashi; T Fujiwara; C Ohshima; A Yoshimura; A Kusumi
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2004年05月, 査読有り
      • Accumulation of anchored proteins forms membrane diffusion barriers during neuronal polarization
        C Nakada; K Ritchie; Y Oba; M Nakamura; Y Hotta; R Iino; RS Kasai; K Yamaguchi; T Fujiwara; A Kusumi
        NATURE CELL BIOLOGY, 2003年07月, 査読有り
      • Phospholipids undergo hop diffusion in compartmentalized cell membrane
        T Fujiwara; K Ritchie; H Murakoshi; K Jacobson; A Kusumi
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2002年06月, 査読有り
      • Oscillatory Control of Factors Determining Multipotency and Fate in Mouse Neural Progenitors
        Itaru Imayoshi; Akihiro Isomura; Yukiko Harima; Kyogo Kawaguchi; Hiroshi Kori; Hitoshi Miyachi; Takahiro Fujiwara; Fumiyoshi Ishidate; Ryoichiro Kageyama
        SCIENCE, 2013年12月, 査読有り
      • Biexciton state causes photoluminescence fluctuations in CdSe/ZnS core/shell quantum dots at high photoexcitation densities
        N. Yoshikawa; H. Hirori; H. Watanabe; T. Aoki; T. Ihara; R. Kusuda; C. Wolpert; T. K. Fujiwara; A. Kusumi; Y. Kanemitsu; K. Tanaka
        Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics, 2013年10月31日, 査読有り
      • Temporal analysis of recruitment of mammalian ATG proteins to the autophagosome formation site
        Ikuko Koyama-Honda; Eisuke Itakura; Takahiro K. Fujiwara; Noboru Mizushima
        AUTOPHAGY, 2013年10月, 査読有り
      • Biocompatible fluorescent silicon nanocrystals for single-molecule tracking and fluorescence imaging
        Hirohito Nishimura; Ken Ritchie; Rinshi S. Kasai; Nobuhiro Morone; Hiroyuki Sugimura; Koichiro Tanaka; Ichiro Sase; Akihiko Yoshimura; Yoshitaro Nakano; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2013年09月, 査読有り
      • Rac1 recruitment to the archipelago structure of the focal adhesion through the fluid membrane as revealed by single-molecule analysis
        Akihiro C.E. Shibata; Limin H. Chen; Rie Nagai; Fumiyoshi Ishidate; Rahul Chadda; Yoshihiro Miwa; Keiji Naruse; Yuki M. Shirai; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        Cytoskeleton, 2013年03月, 査読有り
      • Functional Characterization of Domains of IPS-1 Using an Inducible Oligomerization System
        Shiori Takamatsu; Kazuhide Onoguchi; Koji Onomoto; Ryo Narita; Kiyohiro Takahasi; Fumiyoshi Ishidate; Takahiro K. Fujiwara; Mitsutoshi Yoneyama; Hiroki Kato; Takashi Fujita
        PLoS ONE, 2013年01月15日, 査読有り
      • Single-Molecule Imaging of Receptor-Receptor Interactions
        Kenichi G. N. Suzuki; Rinshi S. Kasai; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        RECEPTOR-RECEPTOR INTERACTIONS, 2013年, 査読有り, 招待有り
      • Cholesterol modulates cell signaling and protein networking by specifically interacting with PDZ domain-containing scaffold proteins
        Ren Sheng; Yong Chen; Heon Yung Gee; Ewa Stec; Heather R. Melowic; Nichole R. Blatner; Moe P. Tun; Yonjung Kim; Morten Kaellberg; Takahiro K. Fujiwara; Ji Hye Hong; Kwang Pyo Kim; Hui Lu; Akihiro Kusumi; Min Goo Lee; Wonhwa Cho
        NATURE COMMUNICATIONS, 2012年12月, 査読有り
      • Membrane mechanisms for signal transduction: The coupling of the meso-scale raft domains to membrane-skeleton-induced compartments and dynamic protein complexes
        Akihiro Kusumi; Takahiro K. Fujiwara; Nobuhiro Morone; Kenta J. Yoshida; Rahul Chadda; Min Xie; Rinshi S. Kasai; Kenichi G. N. Suzuki
        SEMINARS IN CELL & DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 2012年04月, 査読有り
      • Cytoskeleton-Induced Mesoscale Domains
        Ziya Kalay; Takahiro K. Fujiwara; Akihiro Kusumi
        Cellular Domains, 2011年05月31日, 査読有り, 招待有り
      • Hierarchical organization of the plasma membrane: Investigations by single-molecule tracking vs. fluorescence correlation spectroscopy
        Akihiro Kusumi; Yuki M. Shirai; Ikuko Koyama-Honda; Kenichi G. N. Suzuki; Takahiro K. Fujiwara
        FEBS LETTERS, 2010年05月, 査読有り
      • Paradigm Shift of the Molecular Dynamics Concept in the Cell Membrane: High-Speed Single-Molecule Tracking Revealed the Partitioning of the Cell Membrane
        Akihiro Kusumi; Yasuhiro Umemura; Nobuhiro Morone; Takahiro Fujiwara
        Anomalous Transport: Foundations and Applications, 2008年09月30日, 査読有り, 招待有り
      • Both MHC class II and its GPI-anchored form undergo hop diffusion as observed by single-molecule tracking
        Yasuhiro M. Umemura; Marija Vrljic; Stefanie Y. Nishimura; Takahiro K. Fujiwara; Kenichi G. N. Suzuki; Akihiro Kusumi
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2008年07月, 査読有り
      • Rapid hop diffusion of a G-protein-coupled receptor in the plasma membrane as revealed by single-molecule techniques
        K Suzuki; K Ritchie; E Kajikawa; T Fujiwara; A Kusumi
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2005年05月, 査読有り
      • Single-molecule tracking of membrane molecules: plasma membrane compartmentalization and dynamic assembly of raft-philic signaling molecules
        A Kusumi; H Ike; C Nakada; K Murase; T Fujiwara
        SEMINARS IN IMMUNOLOGY, 2005年02月, 査読有り
      • Mechanism of Lck recruitment to the T-cell receptor cluster as studied by single-molecule-fluorescence video Imaging
        H Ike; A Kosugi; A Kato; R Iino; H Hirano; T Fujiwara; K Ritchie; A Kusumi
        CHEMPHYSCHEM, 2003年06月, 査読有り
      • The fence and picket structure of the plasma membrane of live cells as revealed by single molecule techniques (Review)
        K Ritchie; R Iino; T Fujiwara; K Murase; A Kusumi
        MOLECULAR MEMBRANE BIOLOGY, 2003年01月, 査読有り
      • Relationship of lipid rafts to transient confinement zones detected by single particle tracking
        C Dietrich; B Yang; T Fujiwara; A Kusumi; K Jacobson
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2002年01月, 査読有り
      • LS3A1 Diffusion barrier in the neuronal cell membrane : a single molecule study
        中田 千枝子; Ritchie Kenneth; 藤原 敬宏; 中村 光裕; 大場 裕一; 堀田 陽子; 飯野 亮太; 山口 和彦; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 3N1415 Gタンパク質共役型走化性受容体の信号伝達の一分子観察(12.細胞生物学的課題,一般講演,日本生物物理学会第40回年会)
        笠井 倫志; 飯野 亮太; 藤原 敬宏; 小林 剛; Prossnitz Eric; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 3N1515 CD44を介したシグナル入力によるラフトの安定化と意義 : 一分子可視化解析による研究(12.細胞生物学的課題,一般講演,日本生物物理学会第40回年会)
        溝口 裕邦; 堀田 陽子; 鈴木 健一; Kenneth Ritchic; 実松 史幸; 藤原 敬宏; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 3N1500 細胞膜の外層と内層にあるラフト分子間のカップリング(12.細胞生物学的課題,一般講演,日本生物物理学会第40回年会)
        小山 郁子; 飯野 亮太; 村越 秀治; 藤原 敬宏; 梶川 絵理子; 吉村 昭彦; 小林 剛; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • S3B5 Stimulation-induced formation of transient but stabilized rafts.(Single Molecure Dynamics and Reactions)
        Suzuki Kenichi; Sanematsu Fumiyuki; Fujiwara Takahiro; Edidin Michael; Kusumi Akihiro
        生物物理, 2002年
      • 2N1600 細胞内膜小胞でのSCF受容体活性化を担う新規エンドサイトシス機構 : 1分子法による発見(12.細胞生物学的課題,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        小林 剛; 村上 瑞奈; 武田 美江; 大島 智香; 入江 かおる; 佐久間 麻由子; 藤原 敬宏; 川崎 拓実; 吉村 昭彦; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 2N1545 1分子蛍光法による、クラスリン被覆ピットの協同的形成の可視化解析(12.細胞生物学的課題,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        藤原 敬宏; 飯野 亮太; 大島 智香; 小林 剛; Keen James; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 2L1600 1分子蛍光共鳴エネルギー移動法によるH-Ras活性化の生細胞内可視化(13.生体膜・人工膜(B)ダイナミクス(E)情報伝達,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        村越 秀治; 飯野 亮太; 小林 剛; 藤原 敬宏; 大島 智香; 村上 瑞奈; 吉村 昭彦; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 2L1615 シグナル依存的に形成される一時安定化シグナリングラフト(13.生体膜・人工膜(B)ダイナミクス(E)情報伝達,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        鈴木 健一; 実松 史幸; 藤原 敬宏; Edidin Michael; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 2L1545 膜タンパク質BP180の運動制御機構の1分子法による研究(13.生体膜・人工膜(B)ダイナミクス(E)情報伝達,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        村瀬 琴乃; 平子 善章; 藤原 敬宏; 飯野 亮太; 尾張部 克志; リッチー ケン; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 1H0920 Gタンパク質共役型走化性受容体の信号伝達の一分子ビデオ観察(31.ビデオセッション,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        笠井 倫志; 飯野 亮太; 藤原 敬宏; 小林 剛; Prossnitz Eric
        生物物理, 2002年
      • 1H0900 細胞膜上での膜タンパク質とリン脂質の運動制御機構 : 1分子法による研究(31.ビデオセッション,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        村瀬 琴乃; 平子 善章; 藤原 敬宏; 飯野 亮太; 尾張部 克志; リッチー ケン; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 1H0940 GPIアンカー型タンパク質がかかわる3種のラフトの1分子可視化解析(31.ビデオセッション,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        鈴木 健一; 実松 史幸; 藤原 敬宏; Edidin Michael; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 1H1020 クラスリン被覆ピット構成分子(アダプター、受容体)局在化過程の1分子イメジング(31.ビデオセッション,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        藤原 敬宏; 飯野 亮太; 大島 智香; 小林 剛; Keen James; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • 2N1400 神経細胞膜の拡散障壁におけるリン脂質の拡散抑制機構 : 1分子観察・操作による研究(12.細胞生物学的課題,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
        中田 千枝子; Ritchie Kenneth; 藤原 敬宏; 中村 光裕; 大場 裕一; 堀田 陽子; 飯野 亮太; 山口 和彦; 楠見 明弘
        生物物理, 2002年
      • V1E16201分子観察・操作による細胞膜内の拡散障壁形成機構の解明 : 神経細胞の軸索イニシャルセグメント膜の研究
        中田 千枝子; Ritchie Kenneth; 藤原 敬宏; 堀田 陽子; 飯野 亮太; 山口 和彦; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 3P236細胞膜上のラフト様ドメインはシグナル入力のない時極めて動的(数分子/ミリ秒)である
        鈴木 健一; 実松 史幸; 藤原 敬宏; Edidin M.; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 2P103神経細胞の軸索イニシャルセグメント細胞膜に存在する拡散障壁の形成機構 : 1分子観察・操作による研究
        中田 千枝子; Ritchie Kenneth; 藤原 敬宏; 堀田 陽子; 飯野 亮太; 山口 和彦; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 2P167細胞膜内での拡散障壁の形成 : モンテカルロシミュレーションによる研究
        Kenneth Ritchie; 藤原 敬宏; 中田 千枝子; 村瀬 琴乃; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 3P237活性化されたGPIアンカー型膜タンパク質CD59は頻繁にSFK活性とアクチンに依存的なラフトを形成/訪問してまわる
        平野 秀美; 鈴木 健一; 実松 史幸; 藤原 敬宏; 坪井 久恵; 藍原 真弓; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • V2E15001分子蛍光法による、クラスリン被覆ピット構成分子(アダプター、受容体)局在化過程の可視化解析
        藤原 敬宏; 村越 秀治; 飯野 亮太; Gaidarov Ibragim; Keen James; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • S3D06Gタンパク質共役型走化性受容体シグナルの局在化機構 : Gタンパク質活性化の1分子可視化解析
        笠井 倫志; 村越 秀治; 飯野 亮太; 藤原 敬宏; 中西 華代; 吉住 玲; 伊丹 憲史; 小林 剛; 芳賀 達也; Prossnitz Eric; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 2P109クラスリン被覆ピットへ集合するアダプターと受容体の1分子運動観察
        藤原 敬宏; 村越 秀治; 飯野 亮太; Gaidarov Ibragim; Keen James; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 2P1661蛍光分子ビデオイメジング法と1粒子追跡法を用いたリン脂質のホップ拡散の解析 : 40nmコンパートメント間を5ミリ秒ごとにホップする
        村瀬 琴乃; 藤原 敬宏; 飯野 亮太; 村越 秀治; Rithcie Ken; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 2P100Gタンパク質の関与する走化性の1分子解析
        笠井 倫志; 村越 秀治; 飯野 亮太; 藤原 敬宏; 中西 華代; 吉住 玲; 伊丹 憲史; 小林 剛; 芳賀 達也; Prossnitz Eric; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 2P096SCF-SCF受容体の情報伝達における空間情報の制御
        小林 剛; 村上 瑞奈; 入江 かおる; 佐久間 麻由子; 大島 智香; 武田 美江; 飯野 亮太; 藤原 敬宏; 吉村 昭彦; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 2P165膜骨格フェンスとそれにアンカーされた膜タンパク質ピケットによる、細胞膜分子の運動制御の普遍性
        近藤 順子; 藤原 敬宏; 飯野 亮太; 村瀬 琴乃; 山下 英俊; 斎藤 美保子; 池 博司; 村越 秀治; 鈴木 健一; 楠見 明弘
        生物物理, 2001年
      • 1B1000 GPIアンカー型タンパク質CD59のラフトへの出入りとシグナル伝達の可視化解析
        鈴木 健一; 実松 史幸; 藤原 敬宏; 楠見 明弘
        生物物理, 2000年
      • 1B0900 細胞膜上のリン脂質の拡散運動遅延メカニズム : アンカード膜タンパク質ピケットモデル
        藤原 敬宏; 村瀬 琴乃; Ritchie Ken; 楠見 明弘
        生物物理, 2000年
      • 2K1615 アンカード膜タンパク質ピケットによる、細胞膜上のリン脂質に対する二重の拡散障壁
        藤原 敬宏; Ritchie Ken; 楠見 明弘
        生物物理, 2000年
      • 2K1630 膜骨格結合タンパク質のピケラインが造る50nm膜コンパートメントとそれによる膜脂質の拡散の遅延
        村瀬 琴乃; 藤原 敬宏; 楠見 明弘
        生物物理, 2000年
      • 1K1530 シグナル伝達におけるGPIアンカー型膜タンパク質CD59のラフトへの出入り
        鈴木 健一; 実松 史幸; 藤原 敬宏; 楠見 明弘
        生物物理, 2000年
      • 1K1615 メラノサイト細胞膜におけるSCF受容体の運動の1分子解析
        小林 剛; 村上 瑞奈; 入江 かおる; 飯野 亮太; 藤原 敬宏; 楠見 明弘
        生物物理, 2000年
      • 1PD042 細胞膜におけるリン脂質のコンパートメント化された運動 : アンカード膜タンパク質ピケットモデル
        藤原 敬宏; 楠見 明弘
        生物物理, 1999年
      • Application of laser tweezers to studies of the fences and tethers of the membrane skeleton that regulate the movements of plasma membrane proteins
        A Kusumi; Y Sako; T Fujiwara; M Tomishige
        METHODS IN CELL BIOLOGY, VOL 55, 1998年, 査読有り

      MISC

      • 1分子検出蛍光顕微鏡
        藤原敬宏
        先端の分析法 第2版 エヌ・ティー・エス, 2022年01月, 招待有り
      • 暗視野観察
        藤原 敬宏
        実験医学増刊 生きてるものは全部観る! イメージングの選び方・使い方100+, 2018年12月, 招待有り
      • 光ピンセット
        楠見明弘; 藤原 敬宏
        ライフサイエンス 顕微鏡学ハンドブック 朝倉書店, 2018年01月, 招待有り
      • 超高速・超解像1蛍光分子局在顕微鏡法
        楠見明弘; 藤原敬宏
        日本免疫学会ニュースレター, 2014年, 招待有り
      • 1分子イメージングによる細胞膜シグナル変換機構の解明
        楠見明弘; 鈴木健一; 藤原敬宏; 笠井倫志
        生体の科学, 2013年, 招待有り
      • 超高速・超解像1蛍光分子顕微鏡
        藤原敬宏; 笠井倫志; 楠見明弘
        現代化学, 2013年, 招待有り
      • シグナル伝達の1 分子イメジング
        楠見明弘; 笠井倫志; 吉田謙太; 廣澤幸一朗; 藤原敬宏; 鈴木健一
        実験医学 増刊「シグナル伝達研究最前線2012」, 2012年, 招待有り
      • トランスポートソームの組織化における細胞骨格系の役割
        木下専; 藤原敬宏
        トランスポートソームの世界-膜輸送研究の源流から未来へ-, 2011年, 招待有り
      • ランダムな運動に法則を見出す
        楠見明弘; 藤原敬宏
        math stories 変化をとらえる, 2009年, 招待有り
      • 高速1粒子追跡法
        藤原敬宏
        非侵襲・可視化技術ハンドブック-ナノ・バイオ・医療から情報システムまで-, 2007年, 招待有り
      • 細胞膜上のリン脂質の拡散運動遅延メカニズム:アンカード膜タンパク質ピケットモデル
        藤原敬宏
        膜 (MEMBRANE), 2005年, 招待有り
      • アダプター分子の集合からみたクラスリン被覆ピットの形成過程 ~一分子法によるアプローチ~
        藤原敬宏
        実験医学別冊 バイオイメージングでここまで理解(わか)る, 2003年, 招待有り
      • 1分子のリン脂質の運動をも抑制する細胞膜中の仕切り
        藤原敬宏
        実験医学別冊 バイオイメージングでここまで理解(わか)る, 2003年, 招待有り
      • 1分子蛍光共鳴エネルギー移動法による生細胞内でのH-Ras活性化のイメージング
        村越 秀治; 飯野 亮太; 小林 剛; 藤原 敬宏; 大島 智香; 村上 瑞奈; 吉村 昭彦; 楠見 明弘
        バイオイメージング, 2002年10月21日
      • ラフトによる細胞膜外層-内層シグナル分子のカップリングの可視化解析
        小山 郁子; 飯野 亮太; 村越 秀治; 藤原 敬宏; 梶川 絵理子; 吉村 昭彦; 小林 剛; 楠見 明弘
        バイオイメージング, 2002年10月21日
      • ヘミデスモソーム膜タンパク質BP180の拡散抑制機構の1分子法による研究
        村瀬 琴乃; 平子 善章; 藤原 敬宏; 飯野 亮太; 尾張部 克志; リッチー ケン; 楠見 明弘
        バイオイメージング, 2002年10月21日
      • 光ピンセットによる膜タンパク質の1分子操作
        藤原敬宏; Ken Ritchie; 山下英俊; 楠見明弘
        ナノ光工学ハンドブック, 2002年, 招待有り
      • 細胞膜分子の膜骨格による組織化機構:一分子法によるアプローチ
        村瀬琴乃; Ken Ritchie; 藤原敬宏; 飯野亮太; 中田千枝子; 楠見明弘
        膜 (MEMBRANE), 2002年, 招待有り
      • Spatial regulation of stem cell factor receptor signaling in melanocytes
        T Kobayashi; M Murakami; K Irie; M Sakuma; C Ohshima; Y Takeda; R Iino; T Fujiwara; A Yoshimura; A Kusumi
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2001年11月
      • 細胞膜上での1分子観察と操作―細胞膜上のコンパートメントやドメインの構造と機能を調べる
        藤原敬宏; Ken Ritchie; 鈴木健一
        細胞工学, 2001年, 招待有り
      • 生細胞中での光ピンセットによる1分子操作
        藤原敬宏; 楠見明弘
        バイオイメージング技術の最先端, 1999年, 招待有り
      • 光ピンセットによる1分子操作 [光ピンセットの原理と分子操作の実例]
        藤原敬宏; 楠見明弘
        シリーズ・光が拓く生命科学, 1999年, 招待有り
      • 生細胞中での1分子計測と制御
        楠見明弘; 藤原敬宏
        光学, 1999年, 招待有り
      • 一分子操作/運動解析による膜タンパク質・脂質の運動制御機構の研究
        藤原 敬宏; 富重 道雄; 中田 千枝子; 楠見 明弘
        生物物理, 1998年09月07日
      • 細胞膜におけるリン脂質のホップ拡散 : 分子レベルでの観察
        藤原 敬宏; 楠見 明弘
        生物物理, 1998年09月07日
      • 光ピンセット法とその細胞膜研究への応用
        佐甲靖志; 富重道雄; 藤原敬宏
        ファルマシア, 1996年, 招待有り
      • デスモソームの生物学
        楠見明弘; 藤原敬宏
        医学のあゆみ, 1993年, 招待有り
      • 細胞膜タンパク質の運動、会合、集合と 機能
        楠見明弘; 佐甲靖志; 藤原敬宏
        Annual Review 細胞生物学, 1993年, 招待有り

      講演・口頭発表等

      • 超高速1蛍光分子観察による接着斑メゾ構造分子動態の解明
        藤原敬宏
        定量生物学の会 第11回年会 セッション1 「時間と空間の限界を突破する」, 2024年01月06日, 招待有り
      • Mesoscopic architecture and molecular dynamics in focal adhesions as revealed by ultrafast single-molecule imaging
        藤原敬宏
        第61回日本生物物理学会年会 シンポジウム3SEA「細胞のメゾ構造体の形成と機能の機構:先端イメジング法による解明」, 2023年11月16日, 招待有り
      • Mesoscopic architecture and molecular dynamics in focal adhesions as revealed by ultrafast single-molecule imaging
        T. Fujiwara
        The East Asia Single Molecule Biology Symposium 2023 (EASMB 2023), 2023年09月22日, 招待有り
      • Unraveling mesoscopic organization of the plasma membrane by ultrafast single fluorescent-molecule tracking and localization microscopy
        Takahiro Fujiwara
        金沢大学ナノ生命科学研究所 「NanoLSI Open Seminar」, 2021年11月12日, 招待有り
      • Organization of focal adhesion based on actin-induced compartments and dynamic protein islands as revealed by ultrafast single-molecule imaging
        T. Fujiwara
        1st WPI NanoLSI-iCeMS Joint Symposium on Nanoimaging and Advanced Materials for Life Science, 2020年01月23日, 招待有り
      • Actin-induced compartments and islands in focal adhesions as revealed by simultaneous ultrafast PALM and single-molecule tracking
        Takahiro Fujiwara
        第57回日本生物物理学会年会 シンポジウム3SGA「超解像顕微鏡による生物物理学的生理学・病理学」, 2019年09月26日, 招待有り
      • Dynamic entrance and exit of integrin molecules at focal adhesion protein islands as revealed by super-spatiotamporal resolution single-molecule microscopy
        Takahiro Fujiwara
        Academia Sinica-Kyoto University Bilateral Symposium: Cellular and Molecular Sensing, Recognition and Response, 2019年06月24日, 招待有り
      • Actin-induced compartmentalization of the channels between the focal-adhesion-protein islands as revealed by simultaneous ultrafast PALM and single-molecule tracking
        T. Fujiwara
        16th International Membrane Research Forum, 2019年03月18日, 招待有り
      • Ultrafast single fluorescent-molecule imaging reveals hop diffusion within focal adhesion: actin-induced compartmentalization of the channels between the focal-adhesion-protein islands
        T. Fujiwara; A. Kusumi
        Cold Spring Harbor Laboratory meeting on Single Biomolecules, 2018年08月31日
      • Revealing mesoscopic organization and function of the plasma membrane by developing high-speed single-molecule microscopy
        T. Fujiwara
        Bangalore Microscopy Course 2017, Bangalore, India, 2017年09月23日, 招待有り
      • Revealing plasma membrane compartmentalization and function: an ultrafast single-molecule imaging study
        T. Fujiwara
        The UK-Japan Spring Neuroscience Symposium, Kyoto, 2017年03月16日, 招待有り
      • Revealing plasma membrane organization by developing high-speed single-molecule imaging methods
        藤原 敬宏
        CREST 永井チーム・ワークショップ 『超解像「生理機能」イメージング法の開発と細胞状態解析への応用』、沖縄, 2016年07月27日, 招待有り
      • Plasma membrane compartmentalization and function as revealed by high-speed single-molecule microscopy
        T. Fujiwara
        Single Molecule Workshop: Theory Meets Experiment, Telluride, USA, 2016年07月15日, 招待有り
      • Mesoscopic organization and function of the plasma membrane: an ultrafast single-molecule imaging study
        T. Fujiwara
        The 2016 Gordon Research Conference on Single Molecule Approaches to Biology, Single-Molecule Microscopy: Life at a Higher Resolution, Hong Kong, China, 2016年07月07日, 招待有り
      • Revealing mesoscopic organization of the plasma membrane by developing high-speed single-molecule localization and tracking techniques
        T. Fujiwara
        Spectroscopical Society of Japan International Symposium: Advanced spectroscopy and imaging with nano-scale resolution, Osaka, 2016年05月25日, 招待有り
      • Plasma membrane compartmentalization and function as revealed by ultrafast single fluorescent-molecule imaging
        T. Fujiwara
        Cold Spring Harbor Asia Conferences on New Advances in Optical Imaging of Live Cells and Organisms, Suzhou, China, 2015年12月09日, 招待有り
      • 1分子局在超解像法による細胞内動態の理解に向けて
        藤原敬宏
        日本顕微鏡学会第71回学術講演会 チュートリアルセッションT4「超解像蛍光顕微鏡法のための試料調製と像解釈」、京都, 2015年05月15日, 招待有り
      • Revealing plasma membrane compartmentalization and function by developing ultrafast single-molecule imaging techniques
        T. Fujiwara
        The 9th Asian Biophysics Association Symposium (ABA2015), Hangzhou, China, 2015年05月10日, 招待有り
      • Mesoscopic organization of the plasma membrane as revealed by the development of ultrafast single-fluorescent molecule imaging
        T. Fujiwara
        15th International Membrane Research Forum, Kyoto, 2015年03月02日, 招待有り
      • Dynamic regulation of molecular diffusion in compartmentalized plasma membrane as revealed by ultrafast single-molecule imaging
        T. Fujiwara
        Institute for Protein Research Seminar "Molecular Crowding and Macromolecular Association", OSAKA, 2015年02月05日, 招待有り
      • Revealing plasma membrane organization and function by developing ultrafast single-molecule tracking and localization techniques
        T. Fujiwara
        Biophysics Colloquia at Cornell University, Ithaca, USA, 2015年01月21日, 招待有り
      • Mesoscopic organization and function of the plasma membrane as revealed by ultrafast single-molecule localization microscopy
        T. Fujiwara
        Chemistry and Randall Seminar at King’s College London, London, UK, 2015年01月16日, 招待有り
      • Plasma membrane compartmentalization and function: an ultrafast single-molecule imaging study
        T. Fujiwara
        Structural Biology Seminar Series at MRC National Institute for Medical Research, London, UK, 2015年01月15日, 招待有り
      • Mesoscopic organization and function of the plasma membrane as revealed by ultrafast single-molecule localization microscopy
        T. Fujiwara
        細胞のメゾスケール構造機能シンポジウム、京都, 2014年12月13日, 招待有り
      • Mesoscopic organization and function of the plasma membrane as revealed by ultrafast single-fluorescent molecule localization microscopy
        T. Fujiwara
        2013 University System of Taiwan-Kyoto University iCeMS International Symposium, Hsinchu, Taiwan, 2013年11月18日, 招待有り
      • Hop diffusion in the plasma membrane as detected by ultrafast single-molecule localization
        T. Fujiwara
        14th International Membrane Research Forum, Kyoto, 2013年03月16日
      • Hop diffusion in the plasma membrane as detected by ultrafast single-molecule localization
        T. Fujiwara
        14th International Membrane Research Forum, Kyoto, 2013年03月06日, 招待有り
      • Hop diffusion in the plasma membrane as revealed by ultrafast camera for single fluorescent-molecule localization
        T. Fujiwara
        日本バイオイメージング学会 第21回学術集会 シンポジウムII 「生細胞での1分子追跡と1分子局在イメージング」、京都, 2012年08月27日, 招待有り
      • 膜骨格の仕切りによる細胞膜の組織化:高速1分子追跡による研究
        藤原敬宏
        第4回JSBi応用システムバイオロジー研究会 「細胞環境の測定とモデリング」ワークショップ、神戸, 2011年11月07日, JSBi応用システムバイオロジー研究会, 招待有り
      • Hop diffusion of membrane lipids and proteins in the plasma membrane as directly observed by high-speed single fluorescent-molecule tracking
        T. Fujiwara
        13th International Membrane Research Forum, Kyoto, 2010年01月29日, 招待有り
      • Compartmentalization of the plasma membrane by actin-based membrane skeleton as revealed by high-speed single fluorescent-molecule tracking
        T. Fujiwara; S. Takeuchi; Y. Nagai; K. Hanaka; K. Iwasawa; K. Suzuki; A. Kusumi
        第82回日本生化学会大会 シンポジウム1S12a、神戸, 2009年10月21日, 招待有り
      • 超高速1蛍光分子追跡法による、コンパートメント化された細胞膜内でのリン脂質のホップ拡散の検出
        藤原敬宏
        第61回日本細胞生物学会大会 ランチョンセミナー1、名古屋, 2009年06月02日, 株式会社ニコン, 招待有り
      • 蛍光分子追跡法による,コンパートメント化された細胞膜内でのリン脂質のホップ拡散の検出
        藤原敬宏
        第61 回日本細胞生物学会大会ランチョンセミナー1(2009.6.2 名古屋), 2009年
      • Super-speed single fluorescent-molecule tracking revealed hop diffusion of a phospholipid in the compartmentalized plasma membrane
        T. Fujiwara
        第46回日本生物物理学会年会 シンポジウム2S2 細胞膜とアクチン骨格との相互作用:生物物理のアプローチ、福岡, 2008年12月04日, 招待有り
      • Compartmentalization of the plasma membrane by the membrane skeleton: high-speed single-molecule tracking study
        T. Fujiwara; A. Kusumi
        The 9th Asia-Pacific Microscopy Conference (APMC9), Jeju, Korea, 2008年11月05日, 招待有り
      • Super-speed single fluorescent-molecule tracking revealed hop diffusion of a phospholipid in the \ncompartmentalized plasma membrane
        藤原敬宏
        第46回日本生物物理学会年会シンポジウム2S2「細胞膜とアクチン 骨格との相互作用:生物物理のアプローチ」(2008.12.3-5.福岡), 2008年
      • Compartmentalization of the plasma membrane by the membrane skeleton : high-speed \nsingle-molecule tracking study
        T. Fujiwara; A. Kusumi
        The 9th Asia-Pacific Microscopy Conference (2008.11.2-7. Jeju, Korea), 2008年
      • Compartmentalized movement of lipids in the cell membrane as revealed by single molecule techniques
        T. Fujiwara
        NCBS-ICORP-iCeMS Symposium on Spatial and Temporal Mapping of Membrane Molecules, National Centre for Biological Sciences, Bangalore, India, 2007年11月20日, 招待有り
      • 一分子法で語る細胞膜のダイナミクス
        藤原敬宏
        日本生化学会関東支部講演会「手法で語る生体膜-生体膜の謎解きのために-」、東京, 2007年07月14日, 招待有り
      • 1分子法による生体膜分子の拡散運動の可視化
        藤原敬宏
        日本物理学会2007春季大会 領域12シンポジウム「粒子の拡散と媒質の構造」、鹿児島, 2007年03月20日, 招待有り
      • Corralling of phospholipids and transmembrane proteins by “fences” and “pickets” in the cell membrane : single-molecule tracking study.
        T. Fujiwara; K. Iwasawa; K. Ritchie; K. Murase; Y. Umemura; H. Yamashita; K. Suzuki; A. Kusumi
        Fifth East Asian Biophysics Symposium & Forty-Fourth Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, Okinawa(Japan)2006.11.12-16, 2006年11月12日
      • Compartmentalized movement of lipids in the cell membrane as revealed by single molecule techniques
        T. Fujiwara; A. Kusumi
        The 6th Congress of the Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies, Seoul, Korea, 2006年10月18日, 招待有り
      • Regulation mechanism for assembly of adaptor protein AP2 molecules in clathrin-coated pits as studied by single fluorophore video microscopy
        T. Fujiwara
        The 16th International Microscopy Congress, Sapporo, 2006年09月04日, 招待有り
      • Revealing cell membrane organization using single-molecule tracking techniques
        T. Fujiwara
        Mini Symposium on “New Trends in Bioscience”, POSTECH, Pohang, Korea, 2006年06月20日, 招待有り
      • Assembly mechanism for adaptor protein AP2 molecules in clathrin-coated pits as studied by single fluorescent molecule video imaging
        T. Fujiwara; N. Morone; E. Kajikawa; J. Keen; and A
        20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, 2006年06月19日
      • Revealing cellular signaling nanosystems using single-molecule tracking
        T. Fujiwara; A. Kusumi
        Focus on Microscopy 2006, Perth, Australia, 2006年04月09日, 招待有り
      • Hop diffusion of transmembrane proteins and lipids in various cell types as studied by single molecule techniques
        T. Fujiwara
        9th International Membrane Research Forum, Kyoto, 2006年03月17日, 招待有り
      • 1分子追跡による、細胞膜のシグナル変換機構の研究
        藤原敬宏
        第2回インビトロジェン・シンポジウム「バイオサイエンスの最先端」、湘南国際村, 2005年09月02日, 招待有り
      • Formation mechanism of clathrin-coated pit as studied by recruitment of single AP2 molecules
        T. Fujiwara; N. Morone; E. Kajikawa; J. H. Keen; A. Kusumi
        The 58th Annual Meeting of the Japan Society for Cell Biology, Omiya, 2005年06月17日, 招待有り
      • 1 分子蛍光法による、クラスリン被覆ピットアダプター分子AP2 の集合過程の可視化解析
        藤原敬宏; 諸根信弘; 梶川絵理子; 小林 剛; James H. Keen; 楠見明弘
        日本顕微鏡学会第61回学術講演会 シンポジウムBS06「1 分子GFP イメージング」、つくば, 2005年06月01日, 招待有り
      • Regulation mechanism for the assembly of adaptor protein AP2 molecules in clathrin-coated pits as studied by single fluorescent molecule video imaging
        T. Fujiwara; N. Morone; H. Mizoguchi; E. Kajikawa; C. Ohshima; T. Kobayashi; J. H. Keen; A. Kusumi
        American Biophysical Society 49th Annual Meeting, Long Beach, USA, 2005年02月13日, 招待有り
      • Formation mechanisms of clathrin-coated pit as studied by recruitment of single AP2 molecules
        T. Fujiwara; N. Morone; E. Kajikawa; J.H. Keen; A. Kususmi
        第58回日本細胞生物学会大会 (2005.6.17. 大宮), 2005年
      • Continuous rapid in/out’s of the adaptor protein AP2 by an antenna mechanism in clathrin-coated pit formation as revealed by single fluorophore molecule video microscopy
        T. Fujiwara; N. Morone; H. Mizoguchi; E. Kajikawa; C. Ohshima; T. Kobayashi; J. H. Keen; A. Kusumi
        The American Society for Cell Biology 44th Annual Meeting, Washington, DC, USA, 2004年12月07日, 招待有り
      • Regulation mechanism for the formation of clathrin-coated pits as revealed by single fluorescent molecule video imaging of adaptor protein AP2
        T. Fujiwara
        8th International Membrane Research Forum, Nagoya, 2004年11月23日, 招待有り
      • 細胞膜上のリン脂質の拡散運動遅延メカニズム:アンカード膜タンパク質ピケットモデル
        藤原敬宏; 楠見明弘
        日本膜学会第26回年会 ミニシンポジウム「細胞膜脂質のマイクロドメイン構造とその機能」、東京, 2004年05月20日, 招待有り
      • Continuous rapid exchange of the adaptor protein AP2 by an antenna mechanism in clathrin-coated pit formation
        T. Fujiwara
        Biology Department Seminar: Single molecule microscopy of plasma membrane dynamics, Johns Hopkins University, Baltimore, USA, 2004年02月18日, 招待有り
      • Regulation mechanism for the assembly of adaptor protein AP2 molecules in clathrin-coated pits as studied by single fluorophore video microscopy
        T. Fujiwara; H. Mizoguchi; E. Kajikawa; N. Morone; C. Ohshima; T. Kobayashi; J. H. Keen; A. Kusumi
        JSPS-DST Asia Academic Seminar, NCBS Japan Workshop on Single Molecule Biophysics, National Centre for Biological Sciences, Tata Institute of Fundamental Research, GKVK Campus, Bangalore, India, 2004年01月05日, 招待有り
      • Dynamic and cooperative assembly of clathrin-coated pits as revealed by single fluorophore video observations of AP2 and receptor molecules
        T. Fujiwara
        The American Society for Cell Biology 42nd Annual Meeting, San Francisco, USA, 2002年12月16日, 招待有り
      • Dynamic and cooperative assembly of clathrin-coated pits as revealed by single fluorophore video observations of AP2 and receptor molecules
        T. Fujiwara
        6th International Membrane Research Forum, Nagoya, 2002年11月04日, 招待有り
      • 1分子蛍光追跡による、AP2とトランスフェリン受容体のクラスリン被覆ピットへの集合機構の解析
        藤原敬宏
        第55回日本細胞生物学会・第35回日本発生生物学会 合同大会 オリンパスランチョンセミナー、横浜, 2002年05月22日, オリンパス, 招待有り
      • 全反射蛍光顕微鏡のクラスリン被覆ピット形成への応用
        藤原敬宏
        第1回オリンパスTIRFM全反射蛍光顕微鏡ワークショップ、東京, 2002年03月15日, オリンパス, 招待有り
      • Regulation mechanism for the assembly of receptors and adaptor molecules in clathrin-coated pits as studied by single fluorophore video microscopy
        T. Fujiwara
        Membrane organization, domain formation and localized signaling in live cells: The single molecule approach, The Scripps Research Institute, USA, 2002年02月28日, 招待有り
      • Regulation mechanism for the assembly of receptors and adaptor molecules in clathrin-coated pits as studied by single fluorophore video microscopy
        T. Fujiwara; R. Iino; I. Gaidarov; J. H. Keen; A. Kusumi
        American Biophysical Society 46th Annual Meeting, San Francisco, USA, 2002年02月24日, 招待有り
      • 細胞膜の組織化と機能:1分子法による研究
        藤原敬宏; 小林剛; 楠見明弘
        第54回コロイドおよび界面化学討論会 (日本化学会) 依頼講演 3D08、日野, 2001年09月18日, 招待有り
      • Double-compartmentalization of the movement of phospholipids in the plasma membrane through anchored-protein pickets
        T. Fujiwara
        5th International Membrane Research Forum, Nagoya, 2001年06月04日, 招待有り
      • 膜骨格フェンスとアンカード膜タンパク質ピケットによる、細胞膜のコンパートメント化:1分子可視化による研究
        藤原敬宏; Ritchie Ken; 楠見明弘
        日本電子顕微鏡学会第57回学術講演会 シンポジウム BS09.「1分子技術による生細胞中の超分子システム研究の展開」、福岡, 2001年05月10日, 招待有り
      • 細胞膜におけるリン脂質のコンパートメント化された運動:アンカード膜タンパク質ピケットモデル
        藤原敬宏; Ritchie Kenneth; 楠見明弘
        第73回日本生化学会大会 シンポジウム41 「動態・情報の1分子イメージング」、横浜, 2000年10月13日, 招待有り
      • Compartmentalized movement of phospholipids in the plasma membrane: anchored-protein picket model
        T. Fujiwara; A. Kusumi
        American Biophysical Society 44th Annual Meeting, New Orleans, USA, 2000年02月15日, 招待有り
      • 細胞膜におけるリン脂質のホップ拡散:一分子レベルでの観察
        藤原敬宏; 楠見明弘
        第71回日本生化学会大会 シンポジウム 「見る、操作する生化学」、名古屋, 1998年10月15日, 招待有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • 細胞内分子の構造・動態・機能相関を調べるためのクロススケール可視化制御技術の開発
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        東北大学
        水上 進
        自 2021年09月10日, 至 2026年03月31日, 交付
        クロススケール;マルチ計測;1分子超解像イメージング;細胞内標識
      • 超速1分子超解像法による、シグナル経路統合を担う液状ナノ共通シグナル基盤の解明
        基盤研究(A)
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        沖縄科学技術大学院大学
        楠見 明弘
        自 2021年04月05日, 至 2025年03月31日, 交付
        超速超解像1分子イメジング;アクチン膜骨格;液状ナノ構造;過渡的形成;シグナル基盤
      • 細胞膜の仕切りが担う、分子複合体形成制御素過程の1分子直接観察
        基盤研究(B)
        小区分28040:ナノバイオサイエンス関連
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        1分子観察;超解像観察;細胞膜;アクチン膜骨格;閉じ込め効果
      • 細胞膜骨格の高速超解像弾性マッピング法の開発と細胞運動解析への応用
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分28:ナノマイクロ科学およびその関連分野
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2018年06月29日, 至 2021年03月31日, 完了
        超解像蛍光顕微鏡法;アクチン膜骨格;1蛍光分子追跡;バネ弾性;1蛍光分子追跡
      • 受容体の超過渡的複合体によるシグナル変換とアクチンによる制御:1分子法による解明
        基盤研究(S)
        沖縄科学技術大学院大学;京都大学
        楠見 明弘
        自 2016年05月31日, 至 2021年03月31日, 完了
        超長時間1分子イメジング;超高速1分子PALM同時イメジング;過渡的シグナル分子複合体;アクチン膜骨格;インテグリン;LATベシクル;Gタンパク質共役受容体ダイマー;過渡的分子複合体;細胞膜;シグナル複合体;シグナル変換
      • ダイヤモンドの蛍光を使ったタンパク質1分子の磁気共鳴検出
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        杤尾 豪人
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        ダイアモンドNVC;ダイヤモンド;NVC;1分子計測;蛍光イメージング;磁気共鳴
      • 超高速・超解像1蛍光分子局在顕微鏡法による、接着斑の動的群島機構の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        接着斑;アクチン骨格;拡散運動;1分子計測;超解像;1分子計測
      • 1分子超解像観察による、一次シリア基底部の分子選択的拡散障壁機構の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        一次シリア;拡散運動;1分子計測;3次元追跡;超解像;細胞膜
      • 呼吸鎖複合体-Iの1分子計測を実現する特異的化学修飾法の確立
        基盤研究(B)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        生物制御化学;呼吸鎖複合体-I;化学修飾;ユビキノン;ミトコンドリア呼吸鎖;トシル化学;複合体-I;ミトコンドリア;呼吸鎖;呼吸鎖酵素
      • 膵臓ランゲルハンス島における細胞外ATPシグナルの時空間動態の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        今村 博臣
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        ATP;バイオセンサー;蛍光タンパク質;ブリン受容体;インスリン;プリン受容体;ライブイメージング;生物発光;BRET;ATPシグナル;イメージング
      • 動的少数分子複合体ユニット機構:3次元1分子超局在顕微鏡による解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        1分子計測;3次元追跡;超解像;細胞膜;接着構造
      • 角質層保湿の分子機構の解明
        基盤研究(C)
        国立研究開発法人理化学研究所
        松井 毅
        自 2013年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        皮膚;表皮;角質層;バリア;細胞死;イメージング;ケラチン;epidermis;stratum granulosum;barrier;differentiation;skin;保湿;細胞;アトピー性皮膚炎;プロテアーゼ;バリアー
      • 一次シリア基底部における選択的拡散障壁・分子フィルター機構の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        1分子計測;細胞膜;一次シリア;拡散運動;1分子計測
      • 動的カドヘリン複合体の機能:3次元1分子超追跡法の開発による解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        1分子計測;3次元追跡;細胞膜;細胞間接着分子;1分子計測;3次元追跡
      • 1分子追跡用新規蛍光ナノ粒子の開発と、クラスリン被覆ピットのシグナル機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        1分子追跡;蛍光プローブ;細胞膜;受容体;クラスリン被覆ピット;シグナル伝達
      • 異種細胞骨格が協調的に制御する細胞膜機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分28040:ナノバイオサイエンス関連
        京都大学
        藤原 敬宏
        自 2024年04月01日, 至 2027年03月31日, 採択

      ページ上部へ戻る