教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

三芳 秀人

ミヨシ ヒデト

農学研究科 応用生命科学専攻生物機能化学講座 教授

三芳 秀人
list
    Last Updated :2024/06/28

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本農薬学会
    • 日本生化学会
    • 日本農芸化学会
    • 日本農薬学会
    • 日本生化学会
    • 日本農芸化学会

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 農学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程農芸化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 岡山大学, 農学部農芸化学科, 卒業

    プロフィール

    • プロフィール

      昭和57年3月 岡山大学農学部 農芸化学科卒業、昭和59年3月 京都大学大学院農学研究科 農芸化学専攻修士課程修了、昭和61年3月 京都大学大学院農学研究科 農芸化学専攻後期博士課程中退、昭和61年4月 京都大学 助手(農学部)、平成 6年4月 京都大学 助教授(農学部)、平成20年5月 京都大学 教授(農学部)。

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/06/28

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ミトコンドリア呼吸鎖酵素および基質輸送体の機能解明を目指した生物有機化学的研究
      • 研究概要

        プロトン輸送性 NADH-ユビキノン酸化還元酵素(複合体-I)は、ミトコンドリア呼吸鎖の初発酵素であり、NADH から放出される2電子によってユビキノンを還元し、これと共役して4個のプロトンをポンプする。哺乳類ミトコンドリアの複合体-Iは、45個の異なるサブユニットから構成される巨大な酵素複合体であるために、呼吸鎖酵素中で最も研究の進展が遅れている酵素である。阻害剤の有機合成と作用機構研究を基盤として、複合体-I研究を進展させることを目指している。

        また、種々のエネルギー変換生体膜におけるユビキノンやカルジオリピンの生理機能の解明を目指した生物有機化学研究も展開している。

      研究キーワード

      • カルジオリピン
      • ユビキノン
      • ミトコンドリア
      • 呼吸鎖酵素
      • 生物有機化学
      • Caldiolipin
      • Structure-Activity relation
      • Ubiquinone
      • Respiratory Inhibitor
      • Respiratory Enzyme
      • 生体エネルギー
      • 電子伝達阻害剤
      • 複合体-I

      研究分野

      • ライフサイエンス, 生物有機化学

      論文

      • Identification of proteins involved in intracellular ubiquinone trafficking in Saccharomyces cerevisiae using artificial ubiquinone probe
        Mirai Mizutani; Seina Kuroda; Masahide Oku; Wataru Aoki; Takahiro Masuya; Hideto Miyoshi; Masatoshi Murai
        Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, 2024年06月
      • Respiratory complex I in mitochondrial membrane catalyzes oversized ubiquinones
        Ryo Ikunishi; Ryohei Otani; Takahiro Masuya; Kyoko Shinzawa-Itoh; Tomoo Shiba; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        Journal of Biological Chemistry, 2023年06月
      • Discovery of Bis-sulfonamides as Novel Inhibitors of Mitochondrial NADH-Quinone Oxidoreductase (Complex I)
        Atsuhito Tsuji; Takahiro Masuya; Norihito Arichi; Shinsuke Inuki; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Hiroaki Ohno
        ACS Medicinal Chemistry Letters, 2023年01月24日
      • Cryo-EM structures of Na+-pumping NADH-ubiquinone oxidoreductase from Vibrio cholerae
        Jun-ichi Kishikawa; Moe Ishikawa; Takahiro Masuya; Masatoshi Murai; Yuki Kitazumi; Nicole L. Butler; Takayuki Kato; Blanca Barquera; Hideto Miyoshi
        Nature Communications, 2022年12月
      • 2P305 Probing proton channel in cytochrome bd-type ubiquinol oxidase by site-directed mutagenesis(41. Proton and ion pumping,Poster Session,Abstract,Meeting Program of EABS & BSJ 2006)
        Mogi Tatsushi; Miyoshi Hideto
        生物物理, 2006年
      • 新規競合阻害剤および混合型阻害剤との共結晶構造解析による酵母Type II NADH脱水素酵素Ndi1におけるユビキノン結合部位の同定
        山下 哲生; 稲岡 健ダニエル; 志波 智生; 大橋 拓未; 岩田 想; 矢木 隆雄; 小坂 博昭; 三芳 秀人; 原田 繁春; 北 潔; 平野 勝也
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2018年09月
      • Diverse reaction behaviors of artificial ubiquinones in mitochondrial respiratory complex I
        Shinpei Uno; Takahiro Masuya; Oleksii Zdorevskyi; Ryou Ikunishi; Kyoko Shinzawa-Itoh; Jonathan Lasham; Vivek Sharma; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        Journal of Biological Chemistry, 2022年05月
      • Cryo-electron microscopy reveals how acetogenins inhibit mitochondrial respiratory complex I
        Daniel N. Grba; James N. Blaza; Hannah R. Bridges; Ahmed-Noor A. Agip; Zhan Yin; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Judy Hirst
        Journal of Biological Chemistry, 2022年03月
      • The side chain of ubiquinone plays a critical role in Na+ translocation by the NADH-ubiquinone oxidoreductase (Na+-NQR) from Vibrio cholerae
        Moe Ishikawa; Takahiro Masuya; Seina Kuroda; Shinpei Uno; Nicole L. Butler; Sara Foreman; Masatoshi Murai; Blanca Barquera; Hideto Miyoshi
        Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, 2022年03月
      • Comprehensive understanding of multiple actions of anticancer drug tamoxifen in isolated mitochondria
        Yufu Unten; Masatoshi Murai; Tomoki Koshitaka; Kotaro Kitao; Osamu Shirai; Takahiro Masuya; Hideto Miyoshi
        Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, 2021年12月
      • Natural tetramic acids elicit multiple inhibitory actions against mitochondrial machineries presiding over oxidative phosphorylation
        Yufu Unten; Masatoshi Murai; Katsuyuki Sakai; Yukihiro Asami; Takenori Yamamoto; Takahiro Masuya; Hideto Miyoshi
        Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2021年10月08日
      • Traminines A and B, produced by Fusarium concentricum, inhibit oxidative phosphorylation in Saccharomyces cerevisiae mitochondria.
        Katsuyuki Sakai; Yufu Unten; Aoi Kimishima; Kenichi Nonaka; Takumi Chinen; Kazunari Sakai; Takeo Usui; Kazuro Shiomi; Masato Iwatsuki; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Yukihiro Asami; Satoshi Ōmura
        Journal of industrial microbiology & biotechnology, 2021年08月03日
      • Specific chemical modification explores dynamic structure of the NqrB subunit in Na+-pumping NADH-ubiquinone oxidoreductase from Vibrio cholerae
        Moe Ishikawa; Takahiro Masuya; Hinako Tanaka; Wataru Aoki; Noam Hantman; Nicole L. Butler; Masatoshi Murai; Blanca Barquera; Hideto Miyoshi
        Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics, 2021年08月
      • Pinpoint Dual Chemical Cross-Linking Explores the Structural Dynamics of the Ubiquinone Reaction Site in Mitochondrial Complex I
        Takahiro Masuya; Shinpei Uno; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        Biochemistry, 2021年03月16日
      • Inhibitors of a Na+-pumping NADH-ubiquinone oxidoreductase play multiple roles to block enzyme function
        Takahiro Masuya; Yuki Sano; Hinako Tanaka; Nicole L Butler; Takeshi Ito; Tatsuhiko Tosaki; Joel E. Morgan; Masatoshi Murai; Blanca Barquera; Hideto Miyoshi
        Journal of Biological Chemistry, 2020年07月20日, 査読有り
      • Synthetic biology based construction of biological activity-related library of fungal decalin-containing diterpenoid pyrones.
        Kento Tsukada; Shono Shinki; Akiho Kaneko; Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Shingo Dan; Kumi Kawaji; Hironori Hayashi; Eiichi N Kodama; Aki Hori; Emil Salim; Takayuki Kuraishi; Naoya Hirata; Yasunari Kanda; Teigo Asai
        Nature communications, 2020年04月14日, 査読有り
      • IACS-010759, a potent inhibitor of glycolysis-deficient hypoxic tumor cells, inhibits mitochondrial respiratory complex I through a unique mechanism
        Tsuji A; Akao T; Masuya T; Murai M; Miyoshi H
        The Journal of Biological Chemistry, 2020年04月, 査読有り
      • Oversized ubiquinones as molecular probes for structural dynamics of the ubiquinone reaction site in mitochondrial respiratory complex I
        Uno S; Masuya T; Shinzawa-Itoh K; Lasham J; Haapanen O; Shiba T; Inaoka K D; Sharma V; Murai M; Miyoshi H
        J. Biol. Chem., 2020年, 査読有り
      • Photoaffinity labeling of respiratory complex I in bovine heart submitochondrial particles by photoreactive [125I]amilorides
        Murai M; Miyoshi H
        Bio-protocol, 2019年09月, 査読有り, 招待有り
      • Fusaramin, an antimitochondrial compound produced by Fusarium sp., discovered using multidrug-sensitive Saccharomyces cerevisiae.
        Katsuyuki Sakai; Yufu Unten; Masato Iwatsuki; Hirotaka Matsuo; Wataru Fukasawa; Tomoyasu Hirose; Takumi Chinen; Kenichi Nonaka; Takuji Nakashima; Toshiaki Sunazuka; Takeo Usui; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Yukihiro Asami; Satoshi Ōmura; Kazuro Shiomi
        The Journal of antibiotics, 2019年09月, 査読有り
      • Antibiotic Korormicin A Kills Bacteria by Producing Reactive Oxygen Species.
        Maynard A; Butler NL; Ito T; da Silva AJ; Murai M; Chen T; Koffas MAG; Miyoshi H; Barquera B
        Journal of bacteriology, 2019年06月, 査読有り
      • Defining the mechanism of action of S1QELs, specific suppressors of superoxide production in the quinone-reaction site in mitochondrial complex I.
        Banba A; Tsuji A; Kimura H; Murai M; Miyoshi H
        The Journal of biological chemistry, 2019年04月, 査読有り
      • Pentenediol-Type Compounds Specifically Bind to Voltage-Dependent Anion Channel 1 in Saccharomyces cerevisiae Mitochondria.
        Unten Y; Murai M; Yamamoto T; Watanabe A; Ichimaru N; Aburaya S; Aoki W; Shinohara Y; Miyoshi H
        Biochemistry, 2019年02月, 査読有り
      • Exploring the quinone/inhibitor-binding pocket in mitochondrial respiratory complex I by chemical biology approaches.
        Uno S; Kimura H; Murai M; Miyoshi H
        The Journal of biological chemistry, 2019年01月, 査読有り
      • Ubiquinone binding site of yeast NADH dehydrogenase revealed by structures binding novel competitive- and mixed-type inhibitors
        Tetsuo Yamashita; Daniel Ken Inaoka; Tomoo Shiba; Takumi Oohashi; So Iwata; Takao Yagi; Hiroaki Kosaka; Hideto Miyoshi; Shigeharu Harada; Kiyoshi Kita; Katsuya Hirano
        Scientific Reports, 2018年12月01日, 査読有り
      • Epoxycyclohexenedione-Type Compounds Make Up a New Class of Inhibitors of the Bovine Mitochondrial ADP/ATP Carrier
        Ayaki Aoyama; Masatoshi Murai; Naoya Ichimaru; Shunsuke Aburaya; Wataru Aoki; Hideto Miyoshi
        Biochemistry, 2018年02月13日, 査読有り
      • Ascosteroside D, a new mitochondrial respiration inhibitor discovered by pesticidal screening using insect ADP/ATP carrier protein-expressing Saccharomyces cerevisiae
        Yoshihiro Watanabe; Yukihiro Asami; Satomi Narusawa; Shohei Hashimoto; Masato Iwatsuki; Kenichi Nonaka; Yasuo Shinohara; Takahiro Shiotsuki; Naoya Ichimaru; Hideto Miyoshi; Satoshi Omura; Kazuro Shiomi
        Journal of Antibiotics, 2018年01月01日, 査読有り
      • Role of Acyl Chain Composition of Phosphatidylcholine in Tafazzin-Mediated Remodeling of Cardiolipin in Liposomes
        Masato Abe; Yoshiki Sawada; Shinpei Uno; Shuhei Chigasaki; Masahide Oku; Yasuyoshi Sakai; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2017年11月, 査読有り
      • Pinpoint Chemical Modification of the Quinone-Access Channel of Mitochondrial Complex I via a Two-Step Conjugation Reaction
        Takahiro Masuya; Masatoshi Murai; Takeshi Ito; Shunsuke Aburaya; Wataru Aoki; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2017年08月, 査読有り
      • Tissue-specific expression and silencing phenotypes of mitochondrial phosphate carrier paralogues in several insect species
        R. Sugahara; A. Jouraku; T. Nakakura; M. Minaba; T. Yamamoto; Y. Shinohara; H. Miyoshi; T. Shiotsuki
        INSECT MOLECULAR BIOLOGY, 2017年06月, 査読有り
      • Identification of the binding sites for ubiquinone and inhibitors in the Na+-pumping NADH-ubiquinone oxidoreductase from Vibrio cholerae by photoaffinity labeling
        Takeshi Ito; Masatoshi Murai; Satoshi Ninokura; Yuki Kitazumi; Katherine G. Mezic; Brady F. Cress; Mattheos A. G. Koffas; Joel E. Morgan; Blanca Barquera; Hideto Miyoshi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2017年05月, 査読有り
      • Decatamariic acid, a new mitochondrial respiration inhibitor discovered by pesticidal screening using drug-sensitive Saccharomyces cerevisiae
        Yoshihiro Watanabe; Takuya Suga; Satomi Narusawa; Masato Iwatsuki; Kenichi Nonaka; Takuji Nakashima; Yasuo Shinohara; Takahiro Shiotsuki; Naoya Ichimaru; Hideto Miyoshi; Yukihiro Asami; Satoshi Omura; Kazuro Shiomi
        JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 2017年04月, 査読有り
      • ミトコンドリア呼吸鎖活性を制御するユビキノン結合性タンパク質Coq10の機能
        村井正俊; 三芳秀人
        日本農薬学会誌, 2017年02月, 査読有り, 招待有り
      • SARを基盤にミトコンドリア複合体-I阻害剤の作用機構を考える
        三芳秀人; 村井正俊
        日本農薬学会誌, 2017年02月, 査読有り, 招待有り
      • The morphogenesis-related NDR kinase pathway of Colletotrichum orbiculare is required for translating plant surface signals into infection-related morphogenesis and pathogenesis
        Sayo Kodama; Junya Ishizuka; Ito Miyashita; Takaaki Ishii; Takumi Nishiuchi; Hideto Miyoshi; Yasuyuki Kubo
        PLOS PATHOGENS, 2017年02月, 査読有り
      • Identification of amino acid residues of mammalian mitochondrial phosphate carrier important for its functional expression in yeast cells, as achieved by PCR-mediated random mutation and gap-repair cloning
        Ryohei Yamagoshi; Takenori Yamamoto; Mitsuru Hashimoto; Ryohei Sugahara; Takahiro Shiotsuki; Hideto Miyoshi; Hiroshi Terada; Yasuo Shinohara
        MITOCHONDRION, 2017年01月, 査読有り
      • Synthetic Ubiquinones Specifically Bind to Mitochondrial Voltage-Dependent Anion Channel 1 (VDAC1) in Saccharomyces cerevisiae Mitochondria
        Masatoshi Murai; Ayaka Okuda; Takenori Yamamoto; Yasuo Shinohara; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2017年01月, 査読有り
      • Characterization of the reaction of decoupling ubiquinone with bovine mitochondrial respiratory complex I
        Takahiro Masuya; Kenji Okuda; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2016年08月, 査読有り
      • Current topics on inhibitors of respiratory complex I
        Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2016年07月, 査読有り
      • Current topics on inhibitors of respiratory complex I.
        Murai M; Miyoshi H
        Biochimica et biophysica acta, 2016年07月, 査読有り
      • Mechanism for Remodeling of the Acyl Chain Composition of Cardiolipin Catalyzed by Saccharomyces cerevisiae Tafazzin
        Masato Abe; Yui Hasegawa; Masahide Oku; Yoshiki Sawada; Eriko Tanaka; Yasuyoshi Sakai; Hideto Miyoshi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2016年07月, 査読有り
      • Specific Methylation of Asp160 (49 kDa subunit) Located inside the Quinone Binding Cavity of Bovine Mitochondrial Complex I
        Masatoshi Murai; Hiroyuki Inaoka; Takahiro Masuya; Shunsuke Aburaya; Wataru Aoki; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2016年06月, 査読有り
      • 微生物二次代謝産物からのミトコンドリア標的にした農薬リード化合物の探索
        渡邊 善洋; 須賀 拓弥; 成沢 里美; 岩月 正人; 中島 琢自; 野中 健一; 塩月 孝博; 篠原 康雄; 一丸 直哉; 浅見 行弘; 三芳 秀人; 大村 智; 塩見 和朗
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月, 査読有り
      • チャバネアオカメムシにおける2つのアデニンヌクレオチド輸送体パラログの解析
        管原 亮平; 皆葉 正臣; 上樂 明也; 小瀧 豊美; 山本 武範; 篠原 康雄; 三芳 秀人; 塩月 孝博
        Journal of Pesticide Science, 2016年
      • Reduction of Synthetic Ubiquinone QT Catalyzed by Bovine Mitochondria! Complex I Is Decoupled from Proton Translocation
        Kenji Okuda; Masatoshi Murai; Shunsuke Aburaya; Wataru Aoki; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2016年01月, 査読有り
      • Ascosteroside C, a new mitochondrial respiration inhibitor discovered by pesticidal screening using recombinant Saccharomyces cerevisiae
        Takuya Suga; Yukihiro Asami; Shohei Hashimoto; Kenichi Nonaka; Masato Iwatsuki; Takuji Nakashima; Ryohei Sugahara; Takahiro Shiotsuki; Takenori Yamamoto; Yasuo Shinohara; Naoya Ichimaru; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Satoshi Omura; Kazuro Shiomi
        JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 2015年10月, 査読有り
      • Production of new amilorides as potent inhibitors of mitochondrial respiratory complex I
        Masatoshi Murai; Sayako Habu; Sonomi Murakami; Takeshi Ito; Hideto Miyoshi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2015年07月, 査読有り
      • Identification of the Binding Position of Amilorides in the Quinone Binding Pocket of Mitochondrial Complex I
        Takeshi Ito; Masatoshi Murai; Hironobu Morisaka; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2015年06月, 査読有り
      • Amilorides Bind to the Quinone Binding Pocket of Bovine Mitochondrial Complex I
        Masatoshi Murai; Sonomi Murakami; Takeshi Ito; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2015年05月, 査読有り
      • Syntheses of photoreactive cardiolipins for a photoaffinity labeling study
        Masato Abe; Masaaki Nakano; Ayumi Kosaka; Hideto Miyoshi
        TETRAHEDRON LETTERS, 2015年04月, 査読有り
      • Two Adenine Nucleotide Translocase Paralogues Involved in Cell Proliferation and Spermatogenesis in the Silkworm Bombyx mori
        Ryohei Sugahara; Akiya Jouraku; Takayo Nakakura; Takahiro Kusakabe; Takenori Yamamoto; Yasuo Shinohara; Hideto Miyoshi; Takahiro Shiotsuki
        PLOS ONE, 2015年03月, 査読有り
      • Conserved Amino Acid Residues of the NuoD Segment Important for Structure and Function of Escherichia coli NDH-1 (Complex I)
        Prem Kumar Sinha; Norma Castro-Guerrero; Gaurav Patki; Motoaki Sato; Jesus Torres-Bacete; Subhash Sinha; Hideto Miyoshi; Akemi Matsuno-Yagi; Takao Yagi
        BIOCHEMISTRY, 2015年01月, 査読有り
      • Trichopolyn VI: a new peptaibol insecticidal compound discovered using a recombinant Saccharomyces cerevisiae screening system
        Takuya Suga; Yukihiro Asami; Shohei Hashimoto; Kenichi Nonaka; Masato Iwatsuki; Takuji Nakashima; Yoshihiro Watanabe; Ryohei Sugahara; Takahiro Shiotsuki; Takenori Yamamoto; Yasuo Shinohara; Naoya Ichimaru; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Satoshi Omura; Kazuro Shiomi
        JOURNAL OF GENERAL AND APPLIED MICROBIOLOGY, 2015年, 査読有り
      • Pinpoint Chemical Modification of Asp160 in the 49 kDa Subunit of Bovine Mitochondrial Complex I via a Combination of Ligand-Directed Tosyl Chemistry and Click Chemistry
        Takahiro Masuya; Masatoshi Mural; Hironobu Morisaka; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2014年12月, 査読有り
      • Chemical modifications of respiratory complex I for structural and functional studies
        Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        JOURNAL OF BIOENERGETICS AND BIOMEMBRANES, 2014年08月, 査読有り
      • Identification of the Binding Site of the Quinone-Head Group in Mitochondrial Coq10 by Photoaffinity Labeling
        Masatoshi Murai; Kohei Matsunobu; Sawako Kudo; Kentaro Ifuku; Makoto Kawamukai; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2014年06月, 査読有り
      • Site-Specific Chemical Labeling of Mitochondrial Respiratory Complex I through Ligand-Directed Tosylate Chemistry
        Takahiro Masuya; Masatoshi Murai; Kentaro Ifuku; Hironobu Morisaka; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2014年04月, 査読有り
      • Critical role of a methyl group on the γ-lactone ring of annonaceous acetogenins in the potent inhibition of mitochondrial complex I.
        Kojima N; Abe M; Suga Y; Ohtsuki K; Tanaka T; Iwasaki H; Yamashita M; Miyoshi H
        Bioorganic & medicinal chemistry letters, 2013年03月, 査読有り
      • Antimycin A-like molecules inhibit cyclic electron transport around photosystem I in ruptured chloroplasts
        Yoshichika Taira; Yuki Okegawa; Kazuhiko Sugimoto; Masato Abe; Hideto Miyoshi; Toshiharu Shikanai
        FEBS OPEN BIO, 2013年, 査読有り
      • Fenpyroximate Binds to the Interface between PSST and 49 kDa Subunits in Mitochondrial NADH-Ubiquinone Oxidoreductase
        Yusuke Shiraishi; Masatoshi Murai; Naoto Sakiyama; Kentaro Ifuku; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2012年03月, 査読有り
      • Current topics of the inhibitors of mitochondrial Complex I
        Hideto Miyoshi
        A Structural Perspective on Respiratory Complex I: Structure and Function of NADH: Ubiquinone Oxidoreductase, 2012年01月01日, 査読有り
      • Localization of Ubiquinone-8 in the Na+-pumping NADH: Quinone Oxidoreductase from Vibrio cholerae
        Marco S. Casutt; Ruslan Nedielkov; Severin Wendelspiess; Sara Vossler; Uwe Gerken; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Heiko M. Moeller; Julia Steuber
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年11月, 査読有り
      • Molecular Mechanisms for the Induction of Peroxidase Activity of the Cytochrome c-Cardiolipin Complex
        Masato Abe; Ryota Niibayashi; Shinya Koubori; Ikuko Moriyama; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2011年10月, 査読有り
      • Bis-THF motif of acetogenin binds to the third matrix-side loop of ND1 subunit in mitochondrial NADH-ubiquinone oxidoreductase.
        Nakanishi S; Abe M; Yamamoto S; Murai M; Miyoshi H
        Biochimica et biophysica acta, 2011年09月, 査読有り
      • Bis-THF motif of acetogenin binds to the third matrix-side loop of ND1 subunit in mitochondrial NADH-ubiquinone oxidoreductase
        Sayo Nakanishi; Masato Abe; Shuhei Yamamoto; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2011年09月, 査読有り
      • Exploring Interactions between the 49 kDa and ND1 Subunits in Mitochondrial NADH-Ubiquinone Oxidoreductase (Complex I) by Photoaffinity Labeling
        Masatoshi Murai; Yuko Mashimo; Judy Hirst; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2011年08月, 査読有り
      • Synthesis and characterization of photoaffinity probe of acetogenin, a strong inhibitor of mitochondrial complex I
        Shuhei Yamamoto; Masato Abe; Sayo Nakanishi; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        TETRAHEDRON LETTERS, 2011年06月, 査読有り
      • Reaction Mechanism of Single Subunit NADH-Ubiquinone Oxidoreductase (Ndi1) from Saccharomyces cerevisiae EVIDENCE FOR A TERNARY COMPLEX MECHANISM
        Yu Yang; Tetsuo Yamashita; Eiko Nakamaru-Ogiso; Takeshi Hashimoto; Masatoshi Murai; Junsuke Igarashi; Hideto Miyoshi; Nozomu Mori; Akemi Matsuno-Yagi; Takao Yagi; Hiroaki Kosaka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年03月, 査読有り
      • New insight into mechanism of ROS suppression in single subunit NADH-ibiquinone oxidoreductase (Ndi1) from Saccharomyces cerevisiae
        YAMASHITA TETSUO; Yu Yang; Eiko Nakamaru-Ogiso; HASHIMOTO Takeshi; Masatoshi Murai; IGARASHI Junsuke; Hideto Miyoshi; Akemi Matsuno-Yagi; Takao Yagi; KOSAKA Hiroaki
        The Journal of Physiological Sciences, 2011年03月, 査読有り
      • Synthesis of Annonaceous Acetogenins and Their Inhibitory Action with Mitochondrial Complex I
        Yasunao Hattori; Hiroyuki Konno; Hideto Miyoshi; Hidefumi Makabe
        JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 2011年02月, 査読有り
      • Exploring the binding site of Δlac-acetogenin in bovine heart mitochondrial nadh-ubiquinone oxidoreductase
        N. Kakutani; M. Murai; N. Sakiyama; H. Miyoshi
        Biochemistry, 2010年06月, 査読有り
      • Complementation of coenzyme Q-deficient yeast by coenzyme Q analogues requires the isoprenoid side chain
        Andrew M. James; Helena M. Cocheme; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi; Michael P. Murphy
        FEBS JOURNAL, 2010年05月, 査読有り
      • Concise procedure for the synthesis of cardiolipins having different fatty acid combinations
        Masato Abe; Shigeki Kitsuda; Shunji Ohyama; Shinya Koubori; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        TETRAHEDRON LETTERS, 2010年04月, 査読有り
      • Characterization of the Ubiquinone Binding Site in the Alternative NADH-Quinone Oxidoreductase of Saccharomyces cerevisiae by Photoaffinity Labeling
        Masatoshi Murai; Tetsuo Yamashita; Mai Senoh; Yuko Mashimo; Michihiko Kataoka; Hiroaki Kosaka; Akemi Matsuno-Yagi; Takao Yagi; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2010年04月, 査読有り
      • Contribution of the FAD and quinone binding sites to the production of reactive oxygen species from Ascaris suum mitochondrial complex II
        Madhavi P. Paranagama; Kimitoshi Sakamoto; Hisako Amino; Mutsumi Awano; Hideto Miyoshi; Kiyoshi Kita
        MITOCHONDRION, 2010年03月, 査読有り
      • Exploring the binding site of acetogenin in the ND1 subunit of bovine mitochondrial complex I.
        Sekiguchi K; Murai M; Miyoshi H
        Biochimica et biophysica acta, 2009年09月, 査読有り
      • Exploring the binding site of acetogenin in the ND1 subunit of bovine mitochondrial complex I
        Koji Sekiguchi; Masatoshi Murai; Hideto Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2009年09月, 査読有り
      • Accumulation of hydroxycinnamic acid amides induced by pathogen infection and identification of agmatine coumaroyltransferase in Arabidopsis thaliana
        Atsushi Muroi; Atsushi Ishihara; Chihiro Tanaka; Akihiro Ishizuka; Junji Takabayashi; Hideto Miyoshi; Takaaki Nishioka
        PLANTA, 2009年08月, 査読有り
      • Biochemical and Spectroscopic Properties of Cyanide-Insensitive Quinol Oxidase from Gluconobacter oxydans
        Tatsushi Mogi; Yoshitaka Ano; Tomoko Nakatsuka; Hirohide Toyama; Atsushi Muroi; Hideto Miyoshi; Catharina T. Migita; Hideaki Ui; Kazuro Shiomi; Satoshi Omura; Kiyoshi Kita; Kazunobu Matsushita
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2009年08月, 査読有り
      • Properties of Cytochrome bd Plastoquinol Oxidase from the Cyanobacterium Synechocystis sp PCC 6803
        Tatsushi Mogi; Hideto Miyoshi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2009年03月, 査読有り
      • Characterization of the Inhibitor Binding Site in Mitochondrial NADH-Ubiquinone Oxidoreductase by Photoaffinity Labeling Using a Quinazoline-Type Inhibitor
        Masatoshi Murai; Koji Sekiguchi; Takaaki Nishioka; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2009年02月, 査読有り
      • Antibiotics LL-Z1272 identified as novel inhibitors discriminating bacterial and mitochondrial quinol oxidases.
        Mogi T; Ui H; Shiomi K; Omura S; Miyoshi H; Kita K
        Biochimica et biophysica acta, 2009年02月, 査読有り
      • Mitochondrial Dehydrogenases in the Aerobic Respiratory Chain of the Rodent Malaria Parasite Plasmodium yoelii yoelii
        Kenji Kawahara; Tatsushi Mogi; Takeshi Q. Tanaka; Masayuki Hata; Hideto Miyoshi; Kiyoshi Kita
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2009年02月, 査読有り
      • Identification of new inhibitors for alternative NADH dehydrogenase (NDH-II)
        Tatsushi Mogi; Kazunobu Matsushita; Yoshiro Murase; Kenji Kawahara; Hideto Miyoshi; Hideaki Ui; Kazuro Shiomi; Satoshi Omura; Kiyoshi Kita
        FEMS MICROBIOLOGY LETTERS, 2009年02月, 査読有り
      • Antibiotics LL-Z1272 identified as novel inhibitors discriminating bacterial and mitochondrial quinol oxidases
        T. Mogi; H. Ui; K. Shiomi; S. Omura; H. Miyoshi; K. Kita
        Biochim. Biophys. Acta - Bioenerg., 2009年02月, 査読有り
      • Synthesis and characterization of new piperazine-type inhibitors for mitochondrial NADH-ubiquinone oxidoreductase (complex I)
        Naoya Ichimaru; Masatoshi Murai; Nobuyuki Kakutani; Junko Kako; Atsushi Ishihara; Yoshiaki Nakagawa; Takaaki Nishioka; Takao Yagi; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2008年10月, 査読有り
      • A Tightly Bound Quinone Functions in the Ubiquinone Reaction Sites of Quinoprotein Alcohol Dehydrogenase of an Acetic Acid Bacterium, Gluconobacter suboxydans
        Kazunobu Matsushita; Yoshiki Kobayashi; Mitsuhiro Mizuguchi; Hirohide Toyama; Osao Adachi; Kimitoshi Sakamoto; Hideto Miyoshi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2008年10月, 査読有り
      • Identification of receptors of main sex-pheromone components of three Lepidopteran species
        Hidefumi Mitsuno; Takeshi Sakurai; Masatoshi Murai; Tetsuya Yasuda; Soichi Kugimiya; Rika Ozawa; Haruhiko Toyohara; Junji Takabayashi; Hideto Miyoshi; Takaaki Nishioka
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2008年09月, 査読有り
      • Current topics of organic and biological chemistry of annonaceous acetogenins and their synthetic mimics
        Hidefumi Makabe; Hiroyuki Konno; Hideto Miyoshi
        Current Drug Discovery Technologies, 2008年09月, 査読有り
      • Synthesis of pyranicin and its deoxygenated analogues and their inhibitory action with bovine heart mitochondrial complex I
        Shin-ichi Furuhata; Yasunao Hattori; Motonori Okajima; Hiroyuki Konno; Masato Abe; Hideto Miyoshi; Tetsuhisa Goto; Hidefumi Makabe
        TETRAHEDRON, 2008年08月, 査読有り
      • Dynamic function of the spacer region of acetogenins in the inhibition of bovine mitochondrial NADH-ubiquinone oxidoreductase (complex I)
        Masato Abe; Akina Kubo; Shuhei Yamamoto; Yoshinori Hatoh; Masatoshi Murai; Yasunao Hattori; Hidefumi Makabe; Takaaki Nishioka; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2008年06月, 査読有り
      • Synthesis of pyranicin and its inhibitory action with bovine heart mitochondrial complex I
        Yasunao Hattori; Shin-ichi Furuhata; Motonori Okajima; Hiroyuki Konno; Masato Abe; Hideto Miyoshi; Tetsuhisa Goto; Hidefumi Makabe
        ORGANIC LETTERS, 2008年03月, 査読有り
      • Anaerobic NADH-fumarate reductase system is predominant in the respiratory chain of Echinococcus multilocularis, providing a novel target for the chemotherapy of alveolar echinococcosis
        Jun Matsumoto; Kimitoshi Sakamoto; Noriko Shinjyo; Yasutoshi Kido; Nao Yamamoto; Kinpei Yagi; Hideto Miyoshi; Nariaki Nonaka; Ken Katakura; Kiyoshi Kita; Yuzaburo Oku
        ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 2008年01月, 査読有り
      • Crucial structural factors and mode of action of polyene Amides as inhibitors for mitochondrial NADH-Ubiquinone oxidoreductase (Complex I)
        Takehiko Yoshida; Masatoshi Murai; Masato Abe; Naoya Ichimaru; Toshiyuki Harada; Takaaki Nishioka; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2007年09月, 査読有り
      • Synthesis and Inhibitory Action of Novel Acetogenin Mimics Δlac-Acetogenins: A New Class of Inhibitors of Mitochondrial NADH-Ubiquinone Oxidoreductase (Complex-I)
        Hideto Miyoshi; Naoya Ichimaru; Masatoshi Murai
        Pesticide Chemistry: Crop Protection, Public Health, Environmental Safety, 2007年05月31日, 査読有り
      • The ND1 subunit constructs the inhibitor binding domain in bovine heart mitochondrial complex I
        Masatoshi Murai; Atsushi Ishihara; Takaaki Nishioka; Takao Yagi; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2007年05月, 査読有り
      • Synthesis, determination of the absolute configuration of tonkinelin, and inhibitory action with bovine heart mitochondrial complex I
        Yasunao Hattori; Hiroyuki Konno; Masato Abe; Hideto Miyoshi; Tetsuhisa Goto; Hidefumi Makabe
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2007年04月, 査読有り
      • Roles of bound quinone in the single subunit NADH-quinone oxidoreductase (Ndi1) from Saccharomyces cerevisiae
        Tetsuo Yamashita; Eiko Nakamaru-Ogiso; Hideto Miyoshi; Akemi Matsuno-Yagi; Takao Yagi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2007年03月, 査読有り
      • Glutamate 107 in subunit I of the cytochrome bd quinol oxidase from Escherichia coli is protonated and near the heme d/heme b(595) binuclear center
        Ke Yang; Jie Zhang; Ahmet S. Vakkasoglu; Ruth Hielscher; Jeffrey P. Osborne; James Hemp; Hideto Miyoshi; Petra Hellwig; Robert B. Gennis
        BIOCHEMISTRY, 2007年03月, 査読有り
      • Effect of stereochemistry of Delta lac-acetogenins on the inhibition of mitochondrial complex I (NADH-ubiquinone oxidoreductase)
        Naoya Ichimaru; Naoko Yoshinaga; Takaaki Nishioka; Hideto Miyoshi
        TETRAHEDRON, 2007年01月, 査読有り
      • Verticipyrone, a new NADH-fumarate reductase inhibitor, produced by Verticillium sp FKI-1083
        Hideaki Ui; Kazuro Shiomi; Hideaki Suzuki; Hiroko Hatano; Hiromi Morimoto; Yuichi Yamaguchi; Rokuro Masuma; Toshiaki Sunazuka; Hiroyuki Shimamura; Kimitoshi Sakamoto; Kiyoshi Kita; Hideto Miyoshi; Hiroshi Tomoda; Satoshi Omura
        JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 2006年12月, 査読有り
      • Glutamates 99 and 107 in transmembrane helix III of subunit I of cytochrome bd are critical for binding of the heme b(595)-d binuclear center and enzyme activity
        Tatsushi Mogi; Sachiko Endou; Satoru Akimoto; Mayumi Morimoto-Tadokoro; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2006年12月, 査読有り
      • Synthesis of murisolin, (15R, 16R, 19R, 20S)-murisolin A, and (15R, 16R, 19S, 20S)-16,19-cis-murisolin and their inhibitory action with bovine heart mitochondrial complex I
        Yasunao Hattori; Yuka Kimura; Aki Moroda; Hiroyuki Konno; Masato Abe; Hideto Miyoshi; Tetsuhisa Goto; Hidefumi Makabe
        CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2006年12月, 査読有り
      • Paecilaminol, a new NADH-fumarate reductase inhibitor, produced by Paecilomyces sp. FKI-0550
        Hideaki Ui; Kazuro Shiomi; Hideaki Suzuki; Hiroko Hatano; Hiromi Morimoto; Yuichi Yamaguchi; Rokuro Masuma; Kimitoshi Sakamoto; Kiyoshi Kita; Hideto Miyoshi; Hiroshi Tomoda; Haruo Tanaka; Satoshi Omura
        JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 2006年09月, 査読有り
      • Mode of inhibitory action of Delta lac-acetogenins, a new class of inhibitors of bovine heart mitochondrial complex I
        Masatoshi Murai; Naoya Ichimaru; Masato Abe; Takaaki Nishioka; Hideto Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2006年08月, 査読有り
      • Function of the alkyl side chains of Delta lac-acetogenins in the inhibitory effect on mitochondrial complex I (NADH-ubiquinone oxidoreductase)
        N Ichimaru; M Abe; M Murai; M Senoh; T Nishioka; H Miyoshi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2006年07月, 査読有り
      • Probing the ubiquinol-binding site in cytochrome bd by site-directed mutagenesis
        T Mogi; S Akimoto; S Endou; T Watanabe-Nakayama; E Mizuochi-Asai; H Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2006年06月, 査読有り
      • Light control of mitochondrial complex I activity by a photoresponsive inhibitor
        D Fujita; M Murai; T Nishioka; H Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2006年05月, 査読有り
      • Synthesis of (4R,15R,16R,21S)- and (4R,15S,16S,21S)-rollicosin, squamostolide, and their inhibitory action with bovine heart mitochondrial complex I
        H Makabe; Y Kimura; M Higuchi; H Konno; M Murai; H Miyoshi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2006年05月, 査読有り
      • Kinetic mechanism of quinol oxidation by cytochrome bd studied with ubiquinone-2 analogs
        Y Matsumoto; E Muneyuki; D Fujita; K Sakamoto; H Miyoshi; M Yoshida; T Mogi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2006年04月, 査読有り
      • Synthesis of photolabile Delta lac-acetogenin for lphotoaffinity labeling of mitochondrial complex I
        M Murai; N Ichimaru; M Abe; T Nishioka; H Miyoshi
        JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE, 2006年, 査読有り
      • Mass spectrometric analysis of the ubiquinol-binding site in cytochrome bd from Escherichia coli
        Y Matsumoto; M Murai; D Fujita; K Sakamoto; H Miyoshi; M Yoshida; T Mogi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年01月, 査読有り
      • Dynamic function of the alkyl spacer of acetogenins in their inhibitory action with mitochondrial complex I (NADH-ubiquinone oxidoreductase)
        M Abe; M Murai; N Ichimaru; A Kenmochi; T Yoshida; A Kubo; Y Kimura; A Moroda; H Makabe; T Nishioka; H Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2005年11月, 査読有り
      • Synthesis of non-THF analogs of acetogenin toward simplified mimics
        D Fujita; N Ichimaru; M Abe; M Murai; T Hamada; T Nishioka; H Miyoshi
        TETRAHEDRON LETTERS, 2005年08月, 査読有り
      • Synthesis of (4R,15R,16R,21S)- and (4R,15S,16S,21S)-rollicosin
        H Makabe; M Higuchi; H Konno; M Murai; H Miyoshi
        TETRAHEDRON LETTERS, 2005年07月, 査読有り
      • Characterization of the membrane domain subunit NuoJ (ND6) of the NADH-quinone oxidoreductase from Escherichia coli by chromosomal DNA manipulation
        MC Kao; S Di Bernardo; E Nakamaru-Ogiso; H Miyoshi; A Matsuno-Yagi; T Yagi
        BIOCHEMISTRY, 2005年03月, 査読有り
      • A gamma-lactone form nafuredin, nafuredin-gamma, also inhibits helminth complex I
        K Shiomi; H Ui; H Suzuki; H Hatano; T Nagamitsu; D Takano; H Miyadera; T Yamashita; K Kita; H Miyoshi; A Harder; H Tomoda; S Omura
        JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 2005年01月, 査読有り
      • Inhibitors of mitochondrial respiratory enzymes
        H Miyoshi
        JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE, 2005年, 査読有り
      • Synthesis and inhibition mechanism of Delta lac-acetogenins, a novel type of inhibitor of bovine heart mitochondrial complex I
        N Ichimaru; M Murai; M Abe; T Hamada; Y Yamada; S Makino; T Nishioka; H Makabe; A Makino; T Kobayashi; H Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2005年01月, 査読有り
      • A gamma-lactone form nafuredin, nafuredin-gamma, also inhibits helminth complex I
        K Shiomi; H Ui; H Suzuki; H Hatano; T Nagamitsu; D Takano; H Miyadera; T Yamashita; K Kita; H Miyoshi; A Harder; H Tomoda; S Omura
        JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 2005年01月, 査読有り
      • Total synthesis of cis-solamin and its inhibitory action with bovine heart mitochondrial complex I
        H Makabe; Y Hattori; Y Kimura; H Konno; M Abe; H Miyoshi; A Tanaka; T Oritani
        TETRAHEDRON, 2004年11月, 査読有り
      • Direct evidence for the interaction of stigmatellin with a protonated acidic group in the bc(1) complex from Saccharomyces cerevisiae as monitored by FTIR difference spectroscopy and C-13 specific labeling
        M Ritter; H Palsdottir; M Abe; W Mantele; C Hunte; H Miyoshi; P Hellwig
        BIOCHEMISTRY, 2004年07月, 査読有り
      • Synthesis and inhibitory action of novel acetogenin mimics with bovine heart mitochondrial complex I
        T Hamada; N Ichimaru; M Abe; D Fujita; A Kenmochi; T Nishioka; K Zwicker; U Brandt; H Miyoshi
        BIOCHEMISTRY, 2004年03月, 査読有り
      • Rhodoquinone reaction site of mitochondrial complex I, in parasitic helminth, Ascaris suum.
        Yamashita T; Ino T; Miyoshi H; Sakamoto K; Osanai A; Nakamaru-Ogiso E; Kita K
        Biochimica et biophysica acta, 2004年02月, 査読有り
      • Essential structural features of acetogenins: role of hydroxy groups adjacent to the bis-THF rings
        M Abe; A Kenmochi; N Ichimaru; T Hamada; T Nishioka; H Miyoshi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2004年02月, 査読有り
      • Synthesis and mitochondrial complex I inhibition of dihydroxy-cohibin A, non-THF annonaceous acetogenin analogue
        H Konno; N Hiura; H Makabe; M Abe; H Miyoshi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2004年02月, 査読有り
      • Rhodoquinone reaction site of mitochondrial complex I, in parasitic helminth, Ascaris suum
        T Yamashita; T Ino; H Miyoshi; K Sakamoto; A Osanai; E Nakamaru-Ogiso; K Kita
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2004年02月, 査読有り
      • DsbB elicits a red-shift of bound ubiquinone during the catalysis of DsbA oxidation
        K Inaba; YH Takahashi; K Ito
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年02月, 査読有り
      • Synthesis and mitochondrial complex I inhibition of dihydroxy-cohibin A, non-THF annonaceous acetogenin analogue
        H Konno; N Hiura; H Makabe; M Abe; H Miyoshi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2004年02月, 査読有り
      • Synthesis of two possible diastereomers of reticulatain-1
        H Makabe; A Miyawaki; R Takahashi; Y Hattori; H Konno; M Abe; H Miyoshi
        TETRAHEDRON LETTERS, 2004年01月, 査読有り
      • Occurrence of a bound ubiquinone and its function in Escherichia coli membrane-bound quinoprotein glucose dehydrogenase
        MD Elias; S Nakamura; CT Migita; H Miyoshi; H Toyama; K Matsushita; O Adachi; M Yamada
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年01月, 査読有り
      • Erratum: DsbB elicits a red-shift of bound ubiquinone during the catalysis of DsbA oxidation (Journal of Biological Chemistry (2004) 279 (6761-6768))
        K. Inaba; Y.-H. Takahashi; N. Fujieda; K. Kano; H. Miyoshi; K. Ito
        Journal of Biological Chemistry, 2004年, 査読有り
      • Synthesis of C-13-labeled ubiquinone-acetogenin hybrid inhibitors of mitochondrial complex I
        N Ichimaru; M Abe; A Kenmochi; T Hamada; T Nishioka; H Miyoshi
        JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE, 2004年, 査読有り
      • Characterization of inhibitor binding sites of mitochondrial complex I using fluorescent inhibitor.
        Ino T; Nishioka T; Miyoshi H
        Biochimica et biophysica acta, 2003年08月, 査読有り
      • Characterization of inhibitor binding sites of mitochondrial complex I using fluorescent inhibitor
        T Ino; T Nishioka; H Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2003年08月, 査読有り
      • Synthesis and inhibitory activity of ubiquinone-acetogenin hybrid inhibitor with bovine mitochondrial complex I
        H Yabunaka; M Abe; A Kenmochi; T Hamada; T Nishioka; H Miyoshi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2003年07月, 査読有り
      • Complementation of Escherichia coli ubiF mutation by Caenorhabditis elegans CLK-1, a product of the longevity gene of the nematode worm
        A Adachi; N Shinjyo; D Fujita; H Miyoshi; H Amino; Y Watanabe; K Kita
        FEBS LETTERS, 2003年05月, 査読有り
      • Asymmetric binding of the high-affinity Q(H)(center dot-) ubisemiquinone in quinol oxidase (bo(3)) from Escherichia coli studied by multifrequency electron paramagnetic resonance spectroscopy
        S Grimaldi; T Ostermann; N Weiden; T Mogi; H Miyoshi; B Ludwig; H Michel; TF Prisner; F MacMillan
        BIOCHEMISTRY, 2003年05月, 査読有り
      • Isolation and characterization of the stage-specific cytochrome b small subunit (CybS) of Ascaris suum complex II from the aerobic respiratory chain of larval mitochondria
        H Amino; A Osanai; H Miyadera; N Shinjyo; E Tomitsuka; H Taka; R Mineki; K Murayama; S Takamiya; T Aoki; H Miyoshi; K Sakamoto; S Kojima; K Kita
        MOLECULAR AND BIOCHEMICAL PARASITOLOGY, 2003年05月, 査読有り
      • Complementation of Escherichia coli ubiF mutation by Caenorhabditis elegans CLK-1, a product of the longevity gene of the nematode worm
        A Adachi; N Shinjyo; D Fujita; H Miyoshi; H Amino; Y Watanabe; K Kita
        FEBS LETTERS, 2003年05月, 査読有り
      • Complex II from phototrophic purple bacterium Rhodoferax fermentans displays rhodoquinol-fumarate reductase activity
        H Miyadera; A Hiraishi; H Miyoshi; K Sakamoto; R Mineki; K Murayama; KVP Nagashima; K Matsuura; S Kojima; K Kita
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2003年04月, 査読有り
      • Atpenins, potent and specific inhibitors of mitochondrial complex II (succinate-ubiquinone oxidoreductase)
        Hiroko Miyadera; Kazuro Shiomi; Hideaki Ui; Yuichi Yamaguchi; Rokuro Masuma; Hiroshi Tomoda; Hideto Miyoshi; Arihiro Osanai; Kiyoshi Kita; Satoshi Omura
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2003年01月21日, 査読有り
      • Architecture of succinate dehydrogenase and reactive oxygen species generation
        Yankovskaya, V; R Horsefield; S Tornroth; C Luna-Chavez; H Miyoshi; C Leger; B Byrne; G Cecchini; S Iwata
        SCIENCE, 2003年01月, 査読有り
      • The ND5 subunit was labeled by a photoaffinity analogue of fenpyroximate in bovine mitochondrial complex I
        E Nakamaru-Ogiso; K Sakamoto; A Matsuno-Yagi; H Miyoshi; T Yagi
        BIOCHEMISTRY, 2003年01月, 査読有り
      • Hybrid ubiquinone: novel inhibitor of mitochondrial complex I.
        Yabunaka H; Kenmochi A; Nakatogawa Y; Sakamoto K; Miyoshi H
        Biochimica et biophysica acta, 2002年12月, 査読有り
      • Hybrid ubiquinone: novel inhibitor of mitochondrial complex I
        H Yabunaka; A Kenmochi; Y Nakatogawa; K Sakamoto; H Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2002年12月, 査読有り
      • Essential structural factors of acetogenins, potent inhibitors of mitochondrial complex I
        T Motoyama; H Yabunaka; H Miyoshi
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2002年08月, 査読有り
      • Regulation of the mitochondrial permeability transition pore by ubiquinone analogs. A progress report
        L Walter; H Miyoshi; Leverve, X; P Bernardi; E Fontaine
        FREE RADICAL RESEARCH, 2002年04月, 査読有り
      • Quinones in long-lived clk-1 mutants of Caenorhabditis elegans
        H Miyadera; K Kano; H Miyoshi; N Ishii; S Hekimi; K Kita
        FEBS LETTERS, 2002年02月, 査読有り
      • Quinones in long-lived clk-1 mutants of Caenorhabditis elegans
        H Miyadera; K Kano; H Miyoshi; N Ishii; S Hekimi; K Kita
        FEBS LETTERS, 2002年02月, 査読有り
      • Synthesis and electron-transfer activity of azido ubiquinone-2
        K Sakamoto; K Nomura; H Miyoshi
        JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE, 2002年, 査読有り
      • The biochemical mode of action of the novel selective fungicide cyazofamid: Specific inhibition of mitochondrial complex III in Phythium spinosum
        S Mitani; S Araki; Y Takii; T Ohshima; N Matsuo; H Miyoshi
        PESTICIDE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY, 2001年10月, 査読有り
      • Probing the ubiquinone reduction site in bovine mitochondrial complex I using a series of synthetic ubiquinones and inhibitors
        H Miyoshi
        JOURNAL OF BIOENERGETICS AND BIOMEMBRANES, 2001年06月, 査読有り
      • Parasite mitochondria as a target for chemotherapy
        K Kita; H Miyadera; F Saruta; H Miyoshi
        JOURNAL OF HEALTH SCIENCE, 2001年06月, 査読有り
      • An anthelmintic compound, nafuredin, shows selective inhibition of complex I in helminth mitochondria
        Satoshi Omura; Hiroko Miyadera; Hideaki Ui; Kazuro Shiomi; Yuuichi Yamaguchi; Rokuro Masuma; Tohru Nagamitsu; Daisuke Takano; Toshiaki Sunazuka; Achim Harder; Heinz Kölbl; Michio Namikoshi; Hideto Miyoshi; Kimitoshi Sakamoto; Kiyoshi Kita
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2001年01月02日
      • Definition of crucial structural factors of acetogenins, potent inhibitors of mitochondrial complex I
        M Takada; K Kuwabara; H Nakato; A Tanaka; H Iwamura; H Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2000年11月, 査読有り
      • Design syntheses and mitochondrial complex I inhibitory activity of novel acetogenin mimics
        K Kuwabara; M Takada; J Iwata; K Tatsumoto; K Sakamoto; H Iwamura; H Miyoshi
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2000年05月, 査読有り
      • Vibrational modes of ubiquinone in cytochrome bo(3) from Escherichia coli identified by Fourier transform infrared difference spectroscopy and specific C-13 labeling
        P Hellwig; T Mogi; FL Tomson; RB Gennis; J Iwata; H Miyoshi; W Mantele
        BIOCHEMISTRY, 1999年11月, 査読有り
      • Origin of selective inhibition of mitochondrial complex I by pyridinium-type inhibitor MP-24
        J Iwata; H Miyoshi; H Iwamura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1999年10月, 査読有り
      • Role of a bound ubiquinone on reactions of the Escherichia coli cytochrome bo with ubiquinol and dioxygen
        T Mogi; M Sato-Watanabe; H Miyoshi; Y Orii
        FEBS LETTERS, 1999年08月, 査読有り
      • UK-2A, B, C and D, novel antifungal antibiotics from Streptomyces sp 517-02 V. Inhibition mechanism of bovine heart mitochondrial cytochrome bc(1) by the novel antibiotic UK-2A
        K Machida; H Takimoto; H Miyoshi; M Taniguchi
        JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 1999年08月, 査読有り
      • Role of a bound ubiquinone on reactions of the Escherichia coli cytochrome bo with ubiquinol and dioxygen
        T Mogi; M Sato-Watanabe; H Miyoshi; Y Orii
        FEBS LETTERS, 1999年08月, 査読有り
      • Topographical characterization of the ubiquinone reduction site of glucose dehydrogenase in Escherichia coli using depth-dependent fluorescent inhibitors
        H Miyoshi; Y Niitome; K Matsushita; M Yamada; H Iwamura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1999年05月, 査読有り
      • Characterization of the ubiquinol oxidation sites in cytochromes bo and bd from Escherichia coli using aurachin C analogues
        H Miyoshi; K Takegami; K Sakamoto; T Mogi; H Iwamura
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1999年01月, 査読有り
      • The quinohemoprotein alcohol dehydrogenase of Gluconobacter suboxydans has ubiquinol oxidation activity at a site different from the ubiquinone reduction site
        K Matsushita; T Yakushi; H Toyama; O Adachi; H Miyoshi; E Tagami; K Sakamoto
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1999年01月, 査読有り
      • Role of the isoprenyl tail of ubiquinone in reaction with respiratory enzymes: Studies with bovine heart mitochondrial complex I and Escherichia coli bo-type ubiquinol oxidase
        K Sakamoto; H Miyoshi; M Ohshima; K Kuwabara; K Kano; T Akagi; T Mogi; H Iwamura
        BIOCHEMISTRY, 1998年10月, 査読有り
      • Isolation and characterizations of quinone analogue-resistant mutants of bo-type ubiquinol oxidase from Escherichia coli
        M Sato-Watanabe; T Mogi; K Sakamoto; H Miyoshi; Y Anraku
        BIOCHEMISTRY, 1998年09月, 査読有り
      • Essential structural factors of annonaceous acetogenins as potent inhibitors of mitochondrial complex I
        H Miyoshi; M Ohshima; H Shimada; T Akagi; H Iwamura; JL McLaughlin
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1998年07月, 査読有り
      • Specificity of pyridinium inhibitors of the ubiquinone reduction sites in mitochondrial complex I
        H Miyoshi; J Iwata; K Sakamoto; H Furukawa; M Takada; H Iwamura; T Watanabe; Y Kodama
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年07月, 査読有り
      • Structure-activity relationships of some complex I inhibitors
        H Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1998年05月, 査読有り
      • Characterization of the ubiquinone reduction site of mitochondrial complex I using bulky synthetic ubiquinones
        M Ohshima; H Miyoshi; K Sakamoto; K Takegami; J Iwata; K Kuwabara; H Iwamura; T Yagi
        BIOCHEMISTRY, 1998年05月, 査読有り
      • Characterization and functional role of the Q(H) site of bo-type ubiquinol oxidase from Escherichia coli
        M Sato-Watanabe; T Mogi; H Miyoshi; Y Anraku
        BIOCHEMISTRY, 1998年04月, 査読有り
      • Respiratory inhibition of acaricide AKD-2023 and its deacetyl metabolite
        Y Koura; S Kinoshita; K Takasuka; S Koura; N Osaki; S Matsumoto; H Miyoshi
        JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE, 1998年, 査読有り
      • Cooperation of two quinone-binding sites in the oxidation of substrates by cytochrome bo
        M Sato-Watanabe; T Mogi; H Miyoshi; Y Anraku
        OXYGEN HOMEOSTASIS AND ITS DYNAMICS, 1998年, 査読有り
      • Specific interaction of cytokinins and their analogs with rotenone-sensitive internal NADH dehydrogenase in potato tuber mitochondria
        M Sue; H Miyoshi; H Iwamura
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1997年11月, 査読有り
      • Probing the ubiquinone reduction site of mitochondrial complex I using novel cationic inhibitors
        H Miyoshi; M Inoue; S Okamoto; M Ohshima; K Sakamoto; H Iwamura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1997年06月, 査読有り
      • Probing substrate binding site of the Escherichia coli quinol oxidases using synthetic ubiquinol analogues
        K Sakamoto; H Miyoshi; K Takegami; T Mogi; Y Anraku; H Iwamura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1996年11月, 査読有り
      • Structural factors of rotenone required for inhibition of various NADH-ubiquinone oxidoreductases
        H Ueno; H Miyoshi; M Inoue; Y Niidome; H Iwamura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1996年09月, 査読有り
      • Inhibitor probes of the quinone binding sites of mammalian complex II and Escherichia coli fumarate reductase
        Yankovskaya, V; SO Sablin; RR Ramsay; TP Singer; BAC Ackrell; G Cecchini; H Miyoshi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1996年08月, 査読有り
      • Direct interaction between mitochondrial succinate-ubiquinone and ubiquinol-cytochrome c oxidoreductases probed by sensitivity to quinone-related inhibitors
        A Yamashita; H Miyoshi; T Hatano; H Iwamura
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1996年08月, 査読有り
      • Comparison of the structural features of ubiquinone reduction sites between glucose dehydrogenase in Escherichia coli and bovine heart mitochondrial complex I
        K Sakamoto; H Miyoshi; K Matsushita; M Nakagawa; J Ikeda; M Ohshima; O Adachi; T Akagi; H Iwamura
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1996年04月, 査読有り
      • Uncoupling mechanism of glycoside antibiotic aculeximycin in isolated rat-liver mitochondria
        H Miyoshi; M Tamaki; H Murata; T Ikemoto; T Shibuya; K Harada; M Suzuki; H Iwamura
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1996年02月, 査読有り
      • Comparison of the inhibitory action of synthetic capsaicin analogues with various NADH-ubiquinone oxidoreductases
        T Satoh; H Miyoshi; K Sakamoto; H Iwamura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1996年01月, 査読有り
      • Phytotoxic compounds cochlioquinones are inhibitors of mitochondrial NADH-ubiquinone reductase
        CH Lim; H Ueno; H Miyoshi; H Miyagawa; H Iwamura; T Ueno
        JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE, 1996年, 査読有り
      • STABILIZATION OF A SEMIQUINONE RADICAL AT THE HIGH-AFFINITY QUINONE-BINDING SITE (Q(H)) OF THE ESCHERICHIA-COLI BO-TYPE UBIQUINOL OXIDASE
        M SATOWATANABE; S ITOH; T MOGI; K MATSUURA; H MIYOSHI; Y ANRAKU
        FEBS LETTERS, 1995年10月, 査読有り
      • A MODEL OF ANTIMYCIN-A BINDING BASED ON STRUCTURE-ACTIVITY STUDIES OF SYNTHETIC ANTIMYCIN-A ANALOGS
        H MIYOSHI; N TOKUTAKE; Y IMAEDA; T AKAGI; H IWAMURA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1995年04月, 査読有り
      • IDENTIFICATION OF A NOVEL QUINONE-BINDING SITE IN THE CYTOCHROME BO COMPLEX FROM ESCHERICHIA-COLI
        M SATOWATANABE; T MOGI; T OGURA; T KITAGAWA; H MIYOSHI; H IWAMURA; Y ANRAKU
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1994年11月, 査読有り
      • STRUCTURE-FUNCTION STUDIES ON THE UBIQUINOL OXIDATION SITE OF THE CYTOCHROME BO COMPLEX FROM ESCHERICHIA-COLI USING P-BENZOQUINONES AND SUBSTITUTED PHENOLS
        M SATOWATANABE; T MOGI; H MIYOSHI; H IWAMURA; K MATSUSHITA; O ADACHI; Y ANRAKU
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1994年11月, 査読有り
      • COMPARISON OF THE INHIBITORY-ACTION OF NATURAL ROTENONE AND ITS STEREOISOMERS WITH VARIOUS NADH-UBIQUINONE REDUCTASES
        H UENO; H MIYOSHI; K EBISUI; H IWAMURA
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1994年10月, 査読有り
      • STRUCTURAL FACTORS OF ANTIMYCIN-A MOLECULE REQUIRED FOR INHIBITORY-ACTION
        N TOKUTAKE; H MIYOSHI; T SATOH; T HATANO; H IWAMURA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1994年05月, 査読有り
      • ANALYSIS OF REVERTANTS FROM RESPIRATORY DEFICIENT MUTANTS WITHIN THE CENTER-N OF CYTOCHROME-B IN SACCHAROMYCES-CEREVISIAE
        JY COPPEE; N TOKUTAKE; D MARC; JP DIRAGO; H MIYOSHI; AM COLSON
        FEBS LETTERS, 1994年02月, 査読有り
      • Analyses of the Acid Dissociation Constants of Multisubstituted Diarylamines Measured in Solvents and Micellar System.
        Guo Ze-jian; Miyoshi Hideto; Fujita Toshio
        Bulletin of the Chemical Society of Japan, 1994年
      • Quantitative analysis of the antimicrobial activity and membrane-perturbation potency of antifouling para-substituted alkylphenols
        Hideo Etoh; Nobuyoshi Ban; Junko Fujiyoshi; Nobuko Murayama; Kimio Sugiyama; Naoharu Watanabe; Kanzo Sakata; Kazuo Ina; Hideto Miyoshi; Hajime Iwamura
        Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 1994年, 査読有り
      • COMPARISON OF THE STRUCTURES OF THE QUINONE-BINDING SITES IN BEEF-HEART MITOCHONDRIA
        AK TAN; RR RAMSAY; TP SINGER; H MIYOSHI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年09月, 査読有り
      • Quantitative analysis of electron transport inhibition of rat-liver mitochondrial cytochrome bc1 complex by nitrophenols
        Hideto Miyoshi; Isao Saitoh; Hajime Iwamura
        BBA - Bioenergetics, 1993年06月10日, 査読有り
      • QUANTITATIVE-ANALYSIS OF ELECTRON-TRANSPORT INHIBITION OF RAT-LIVER MITOCHONDRIAL CYTOCHROME-BC1 COMPLEX BY NITROPHENOLS
        H MIYOSHI; SAITOH, I; H IWAMURA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1993年06月, 査読有り
      • Inhibition of electron transport of rat-liver mitochondria by synthesized antimycin A analogs
        Nobuya Tokutake; Hideto Miyoshi; Hitoshi Nakazato; Hajime Iwamura
        BBA - Bioenergetics, 1993年05月06日, 査読有り
      • INHIBITION OF ELECTRON-TRANSPORT OF RAT-LIVER MITOCHONDRIA BY SYNTHESIZED ANTIMYCIN-A ANALOGS
        N TOKUTAKE; H MIYOSHI; H NAKAZATO; H IWAMURA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1993年05月, 査読有り
      • ACIDITY AND DYNAMIC STRUCTURE OF THE POTENT UNCOUPLER SF6847 (2,6-DI-T-BUTYL-4-(2,2-DICYANOVINYL)PHENOL) AND ITS DERIVATIVES
        H MIYOSHI; Z GUO; T FUJITA; H IWAMURA
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 1993年01月, 査読有り
      • UNCOUPLING ACTION OF ANTIBIOTIC SPORAVIRIDINS WITH RAT-LIVER MITOCHONDRIA
        H MIYOSHI; M TAMAKI; K HARADA; H MURATA; M SUZUKI; H IWAMURA
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1992年11月, 査読有り
      • COMPARISON OF STRUCTURE OF QUINONE REDOX SITE IN THE MITOCHONDRIAL CYTOCHROME-BC1 COMPLEX AND PHOTOSYSTEM-II (QB SITE)
        SAITOH, I; H MIYOSHI; R SHIMIZU; H IWAMURA
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1992年10月, 査読有り
      • EFFECTS OF PHENOLIC RESPIRATION INHIBITORS ON CYTOCHROME-BC1 COMPLEX OF RAT-LIVER MITOCHONDRIA
        N TOKUTAKE; H MIYOSHI; H IWAMURA
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1992年06月, 査読有り
      • INHIBITION OF ELECTRON-TRANSPORT OF RAT-LIVER MITOCHONDRIA BY UNNATURAL (-)-ANTIMYCIN-A3
        H MIYOSHI; H KONDO; T ORITANI; SAITOH, I; H IWAMURA
        FEBS LETTERS, 1991年11月, 査読有り
      • Quantitative analysis with physicochemical substituent and molecular parameters of uncoupling activity of substituted diarylamines
        Ze-jian Guo; Hideto Miyoshi; Terumasa Komyoji; Takahiro Haga; Toshio Fujita
        BBA - Bioenergetics, 1991年08月02日, 査読有り
      • QUANTITATIVE-ANALYSIS WITH PHYSICOCHEMICAL SUBSTITUENT AND MOLECULAR-PARAMETERS OF UNCOUPLING ACTIVITY OF SUBSTITUTED DIARYLAMINES
        ZJ GUO; H MIYOSHI; T KOMYOJI; T HAGA; T FUJITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1991年08月, 査読有り
      • Electron transport inhibition of the cytochrome bc1 complex of rat-liver mitochondria by phenolic uncouplers
        Nobuya Tokutake; Hideto Miyoshi; Toshio Fujita
        BBA - Bioenergetics, 1991年05月06日, 査読有り
      • CORRELATION OF THE ACID DISSOCIATION-CONSTANTS OF SOME MULTISUBSTITUTED DIPHENYLPYRIDYLAMINES AND PHENYLPYRIDYLAMINES
        ZJ GUO; H MIYOSHI; K NAGATANI; T KOMYOJI; T HAGA; T FUJITA
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 1991年05月, 査読有り
      • ELECTRON-TRANSPORT INHIBITION OF THE CYTOCHROME-BC1 COMPLEX OF RAT-LIVER MITOCHONDRIA BY PHENOLIC UNCOUPLERS
        N TOKUTAKE; H MIYOSHI; T FUJITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1991年05月, 査読有り
      • Uncoupling activity of a newly developed fungicide, fluazinam [3-chloro-N-(3-chloro-2,6-dinitro-4-trifluoromethylphenyl)-5-trifluoromethyl-2-pyridinamine]
        Ze-jian Guo; Hideto Miyoshi; Terumasa Komyoji; Takahiro Haga; Toshio Fujita
        BBA - Bioenergetics, 1991年01月03日, 査読有り
      • UNCOUPLING ACTIVITY OF A NEWLY DEVELOPED FUNGICIDE, FLUAZINAM [3-CHLORO-N-(3-CHLORO-2,6-DINITRO-4-TRIFLUOROMETHYLPHENYL)-5-TRIFLUOROMETHYL-2-PYRIDINAMINE]
        ZJ GUO; H MIYOSHI; T KOMYOJI; T HAGA; T FUJITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1991年01月, 査読有り
      • Quantitative analysis of uncoupling activity of substituted phenols with a physicochemical substituent and molecular parameters
        Hideto Miyoshi; Hideki Tsujishita; Nobuya Tokutake; Toshio Fujita
        BBA - Bioenergetics, 1990年03月15日, 査読有り
      • QUANTITATIVE-ANALYSIS OF UNCOUPLING ACTIVITY OF SUBSTITUTED PHENOLS WITH A PHYSICOCHEMICAL SUBSTITUENT AND MOLECULAR-PARAMETERS
        H MIYOSHI; H TSUJISHITA; N TOKUTAKE; T FUJITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1990年03月, 査読有り
      • Quantitative analyses of the uncoupling activity of substituted phenols with mitochondria from flight muscles of house flies
        Hideto Miyoshi; Toshio Fujita
        BBA - Bioenergetics, 1988年10月05日, 査読有り
      • QUANTITATIVE-ANALYSES OF THE UNCOUPLING ACTIVITY OF SUBSTITUTED PHENOLS WITH MITOCHONDRIA FROM FLIGHT MUSCLES OF HOUSE-FLIES
        H MIYOSHI; T FUJITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1988年10月, 査読有り
      • QUANTITATIVE-ANALYSIS OF PARTITION BEHAVIOR OF SUBSTITUTED PHENOLS FROM AQUEOUS PHASE INTO LIPOSOMES MADE OF LECITHIN AND VARIOUS LIPIDS
        H MIYOSHI; H MAEDA; N TOKUTAKE; T FUJITA
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 1987年12月, 査読有り
      • Quantitative analyses of uncoupling activity of SF6847 (2,6-di-t-butyl-4-(2,2-dicyanovinyl)phenol) and its analogs with spinach chloroplasts
        Hideto Miyoshi; Toshio Fujita
        BBA - Bioenergetics, 1987年11月19日, 査読有り
      • QUANTITATIVE-ANALYSES OF UNCOUPLING ACTIVITY OF SF6847 (2,6-DI-T-BUTYL-4-(2,2-DICYANOVINYL)PHENOL) AND ITS ANALOGS WITH SPINACH-CHLOROPLASTS
        H MIYOSHI; T FUJITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1987年11月, 査読有り
      • Quantitative relationship between protonophoric and uncoupling activities of analogs of SF6847 (2,6-di-t-butyl-4-(2′,2′-dicyanovinyl)phenol)
        Hideto Miyoshi; Takaaki Nishioka; Toshio Fujita
        BBA - Bioenergetics, 1987年05月06日, 査読有り
      • QUANTITATIVE RELATIONSHIP BETWEEN PROTONOPHORIC AND UNCOUPLING ACTIVITIES OF ANALOGS OF SF6847 (2,6-DI-TERT-BUTYL-4-(2',2'-DICYANOVINYL)PHENOL)
        H MIYOSHI; T NISHIOKA; T FUJITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1987年05月, 査読有り
      • Quantitative relationship between protonophoric and uncoupling activities of substituted phenols
        Hideto Miyoshi; Takaaki Nishioka; Toshio Fujita
        BBA - Bioenergetics, 1987年04月15日, 査読有り
      • QUANTITATIVE RELATIONSHIP BETWEEN PROTONOPHORIC AND UNCOUPLING ACTIVITIES OF SUBSTITUTED PHENOLS
        H MIYOSHI; T NISHIOKA; T FUJITA
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1987年04月, 査読有り
      • QUANTITATIVE-ANALYSIS OF EFFECTS OF SUBSTITUTED PHENOLS ON MEMBRANE-CHARACTERISTICS OF LECITHIN LIPOSOMES
        H MIYOSHI; T NISHIOKA; T FUJITA
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 1986年04月, 査読有り

      MISC

      • ミトコンドリア複合体-Iによる合成ユビキノンQTの還元はプロトン輸送と共役しない
        奥田健司; 村井正俊; 油屋駿介; 青木航; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • トシル化学によるミトコンドリア複合体-Iのユビキノン結合部位の特異的メチル化
        稲岡宏幸; 村井正俊; 桝谷貴洋; 油屋駿介; 青木航; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年
      • サイトカイニンおよび類縁体の植物ミトコンドリア複合体I阻害活性 : 有機化学・天然物化学
        須恵 雅之; 三芳 秀人; 岩村 俶
        日本農藝化學會誌, 1996年03月05日
      • 植物ミトコンドリアNADHデヒドロゲナーゼめ新規阻害剤とその特性 : 有機化学・天然物化学
        朱 長進; 須恵 雅之; 三芳 秀人; 岩村 俶
        日本農藝化學會誌, 1996年03月05日
      • 合成ロテノン類縁体を用いたミトコンドリアNADH-ユビキノン酸化還元酵素(複合体I)の機能解明 : 物理化学・分析化学
        植野 英樹; 三芳 秀人; 井上 誠; 岩村 俶
        日本農藝化學會誌, 1995年07月05日
      • 種々のNADH-ユビキノン酸化還元酵素(NDH)に対する合成カプサイシン類の阻害効果 : 物理化学・分析化学
        坂元 君年; 三芳 秀人; 佐藤 卓士; 岩村 俶
        日本農藝化學會誌, 1995年07月05日
      • A110 ロテノンおよびその立体異性体のミトコンドリア複合体 : I 活性の阻害機構
        三芳 秀人; 植野 英樹; 岩村 俶
        講演要旨集, 1994年05月01日
      • 競合および混合阻害剤との共結晶構造解析により明らかとなった酵母由来Type II NADH脱水素酵素のユビキノン結合部位
        山下哲生; 稲岡健ダニエル; 志波智生; 三芳秀人; 原田繁春; 北潔; 平野勝也
        日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web), 2018年
      • 新規競合阻害剤および混合型阻害剤との共結晶構造解析による酵母Type II NADH脱水素酵素Ndi1におけるユビキノン結合部位の同定
        山下哲生; 稲岡健ダニエル; 稲岡健ダニエル; 志波智生; 大橋拓未; 岩田想; 岩田想; 岩田想; 岩田想; 矢木隆雄; 小坂博昭; 三芳秀人; 原田繁春; 北潔; 北潔; 平野勝也
        日本生化学会大会(Web), 2018年
      • A125 呼吸阻害剤 Antimycin A の構造活性相関
        徳竹 伸哉; 佐藤 卓士; 三芳 秀人; 岩村 俶
        講演要旨集, 1993年03月01日
      • A124 塩基性配糖体抗生物質 Aculeximycin の脱共役機構(第 2 報)
        三芳 秀人; 玉木 元人; 岩村 俶; 池本 孝哉; 渋谷 敏朗; 原田 健一; 村田 英明; 鈴木 真言
        講演要旨集, 1993年03月01日
      • 82.トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害がイネの抵抗反応に及ぼす影響(口頭発表)
        中尾 崇人; 石原 亨; 田中 千尋; 三芳 秀人; 若狭 暁; 宮川 恒
        植物化学調節学会研究発表記録集, 2009年10月06日
      • 光反応性ホスファチジルコリンを用いた脂質抱合型apoA-Iの標識手法の確立
        藤本和希; 木村泰久; 安部真人; 三芳秀人; 植田和光; 植田和光
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2018年
      • 合成リゾカルジオリピン類縁体のトランスアシラーゼtafazzinに対する阻害効果
        安部真人; 千ヶ崎修平; 奥公秀; 阪井康能; 三芳秀人
        脂質生化学研究, 2019年
      • ミトコンドリア膜リン脂質カルジオリピンのリモデリング機構
        安部真人; 澤田良樹; 奥公秀; 阪井康能; 三芳秀人
        脂質生化学研究, 2018年05月15日
      • 酵母tafazzinによるカルジオリピンのリモデリング反応の基質特異性
        安部真人; 澤田良樹; 宇野晋平; 千ヶ崎修平; 奥公秀; 阪井康能; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2018年03月05日
      • リン脂質ホスファチジルコリンの脱メチル化類縁体の合成研究
        安部真人; 辻諄人; 三芳秀人
        日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web), 2018年
      • ミトコンドリア膜表在性リモデリング酵素タファジンにおけるエーテル型PCの基質認識
        安部真人; 千ヶ崎修平; 奥公秀; 阪井能義; 三芳秀人
        日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web), 2018年
      • 薬剤感受性出芽酵母を用いたミトコンドリアを標的とする新規農薬リード化合物decatamariic acidの取得
        渡邊善洋; 須賀拓弥; 成沢里美; 横川怜美; 岩月正人; 岩月正人; 野中健一; 野中健一; 中島琢自; 中島琢自; 篠原康雄; 塩月孝博; 一丸直哉; 三芳秀人; 浅見行弘; 浅見行弘; 大村智; 塩見和朗; 塩見和朗
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017年
      • カルジオリピン含有リポソームを用いた酵母由来tafazzinの基質特異性の解明
        安部真人; 長谷川結以; 奥公秀; 澤田良樹; 田中絵里子; 阪井康能; 三芳秀人
        生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 2016年11月17日
      • Saccharomyces cerevisiae由来tafazzinによるカルジオリピンのトランスアシル化反応の基質特異性
        安部真人; 長谷川結以; 奥公秀; 澤田良樹; 田中絵里子; 阪井康能; 三芳秀人
        日本生化学会大会(Web), 2016年09月
      • 出芽酵母tafazzinによるカルジオリピンのリモデリング機構に関する研究
        長谷川裕以; 安部真人; 奥公秀; 阪井康能; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤としてのアミロライド類の作用機構研究
        村井正俊; 村上園実; 伊藤剛; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2015年03月18日
      • ミトコンドリア複合体‐Iのピンポイント化学修飾
        桝谷貴洋; 村井正俊; 森坂裕信; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2015年03月18日
      • ウリ類炭疽病菌におけるMORシグナル伝達経路は胞子表面エステラーゼにより生成されたクチンモノマー認識を介した付着器形成に関与する
        小玉紗代; 坂口歩; 石塚隼也; 石塚隼也; 宮下一糸; 西内巧; 石井孝昭; 三芳秀人; 久保康之
        日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2015年03月10日
      • 昆虫のミトコンドリア膜ADP/ATP輸送体の遺伝子と機能の特性
        管原亮平; 上樂明也; 篠原康雄; 三芳秀人; 塩月孝博
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iにおけるアセトゲニンの結合部位の同定
        平野桂太郎; 安部真人; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • 出芽酵母ミトコンドリアVDACにおけるユビキノン結合部位の同定
        奥田絢香; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • アミロライド類縁体のミトコンドリア複合体‐Iにおける結合部位の同定
        伊藤剛; 村井正俊; 森坂裕信; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • 新規eptaibol化合物であるFKI‐6324Aは害虫AAC遺伝子組換え酵母の増殖を抑制する
        須賀拓弥; 浅見行弘; 橋本祥平; 岩月正人; 野中健一; 中島琢自; 渡邊善洋; 松本厚子; 菅原亮平; 塩月孝博; 山本武範; 篠原康雄; 一丸直哉; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iのピンポイント化学修飾
        桝谷貴洋; 村井正俊; 森坂裕信; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • リン脂質カルジオリピンのシトクロムcに対する結合部位の同定
        安部真人; 田邊有貴恵; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • コレラ菌ナトリウム輸送型NADH‐ユビキノン酸化還元酵素(Na+‐NQR)におけるユビキノン結合部位の同定
        二ノ倉聡; 村井正俊; BARQUERA Blanca; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015年03月05日
      • 昆虫ミトコンドリアのADP/ATP carrierの酵母における機能的発現
        原田一樹; 猪谷祐貴; 菅原亮平; 塩月孝博; 三芳秀人; 橋本満; 真島英司; 寺田弘; 山本武範; 篠原康雄
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2015年
      • ミトコンドリア複合体‐Iのピンポイント化学修飾
        桝谷貴洋; 村井正俊; 森坂裕信; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2014年12月11日
      • ミトコンドリア複合体‐Iのメカニズム解明に向けた特異的化学修飾
        三芳秀人; 桝谷貴洋; 村井正俊
        生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 2014年11月20日
      • コエンザイムQ結合タンパク質Coq10の解析
        川向誠; 崔鉄忠; 戒能智宏; 村井正俊; 三芳秀人
        イソプレノイド研究会例会講演要旨集, 2014年09月12日
      • カルジオリピン‐シトクロムc複合体のペルオキシダーゼ誘導の分子機構
        三木祐子; 安部真人; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2014年03月13日
      • ミトコンドリア複合体‐Iの位置特異的化学修飾
        桝谷貴洋; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2014年03月13日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤としてのアミロライド類縁体の合成と作用機構の解明
        村上園実; 伊藤剛; 土生沙綾子; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2014年03月13日
      • ミトコンドリアADP/ATP輸送体を生物種選択的に阻害する化合物の探索
        三芳秀人; 塩月孝博; 篠原康雄; 塩見和朗
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2014年03月13日
      • リン脂質カルジオリピンのシトクロムcへの結合部位の同定
        小坂亜弓; 田邊有貴恵; 安部真人; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2014年03月13日
      • カイコにおけるATP/ADP輸送蛋白質(Ant)遺伝子のクローニングと機能解析
        管原亮平; 上樂明也; 篠原康雄; 三芳秀人; 塩月孝博
        日本蚕糸学会大会・蚕糸・昆虫機能学術講演会講演要旨集, 2014年03月09日
      • ミトコンドリアNADH‐ユビキノン酸化還元酵素(複合体‐I)の部位特異的化学修飾
        桝谷貴洋; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月05日
      • シトクロムc‐カルジオリピン複合体のペルオキシダーゼ活性誘導の分子機構
        三木祐子; 安部真人; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月05日
      • キナゾリンのミトコンドリアADP/ATP輸送体における結合部位の同定
        浅野周; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月05日
      • ユビキノン結合性タンパク質Coq10におけるキノン結合部位の同定
        松延広平; 村井正俊; 川向誠; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月05日
      • 病害虫ミトコンドリアに作用する天然物リガンドの探索
        浅見行弘; 森美穂子; 須賀拓弥; 岩月正人; 中島琢自; 橋本祥平; 野中健一; 松本厚子; 弓削秀隆; 増間碌郎; 高橋洋子; 管原亮平; 塩月孝博; 山本武範; 篠原康雄; 一丸直哉; 村井正俊; 三芳秀人; 大村智; 塩見和朗
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月05日
      • リン脂質カルジオリピンのシトクロムcに対する結合部位の同定
        小坂亜弓; 田邊有貴恵; 安部真人; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014年03月05日
      • C35位を改変したバンレイシ科アセトゲニン誘導体のヒトがん細胞増殖抑制活性
        平田翔也; 小島直人; 里見純一朗; 嘉納将文; 大槻一文; 田中徹明; 矢守隆夫; 安部真人; 三芳秀人; 岩崎宏樹; 山下正行
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • 合成ユビキノンプローブを用いたミトコンドリアタンパク質Coq10の解析
        村井正俊; 松延広平; 川向誠; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2013年12月18日
      • ユビキノンプローブの合成とユビキノン結合性タンパク質Coq10の解析
        村井正俊; 松延広平; 工藤佐和子; 川向誠; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2013年09月05日
      • キナゾリン型阻害剤を用いたミトコンドリアNADH‐ユビキノン酸化還元酵素(複合体‐I)のドメイン間相互作用の解明
        村井正俊; 真下佑子; HIRST Judy; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2013年03月14日
      • ユビキノンプローブの合成とユビキノン結合性タンパク質Coq10の解析
        松延広平; 村井正俊; 工藤佐和子; 川向誠; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用する光反応性フェンピロキシメートの結合部位の同定
        村井正俊; 白石悠祐; 崎山直人; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤としてのアミロライド類縁体の合成と作用機構
        土生沙綾子; 村上園実; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用するキナゾリン型阻害剤の結合部位の同定
        浅野周; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月05日
      • カルジオリピン‐シトクロムc複合体形成の分子機構解明
        安部真人; 中野正顕; 小坂亜弓; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2013年03月05日
      • C35‐フッ素化solaminの合成とミトコンドリア複合体I阻害活性
        嘉納将文; 小島直人; 須賀友規; 大槻一文; 田中徹明; 安部真人; 三芳秀人; 岩崎宏樹; 山下正行
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • 酵母ミトコンドリアにおける昆虫のADP/ATP carrierの機能的発現
        原田一樹; 猪谷祐貴; 菅原亮平; 塩月孝博; 三芳秀人; 橋本満; 寺田弘; 山本武範; 篠原康雄
        日本生化学会大会(Web), 2013年
      • Characterization of the inhibitor-binding site in mitochondrial NADH-Ubiquinone oxidoreductase (complex I) using fenpyroximate analogues
        M. Murai; Y. Shiraishi; N. Sakiyama; H. Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2012年10月
      • ミトコンドリア複合体‐Iの阻害剤結合部位の同定(2):結合部位の概観
        村井正俊; 白石悠祐; 崎山直人; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2012年03月14日
      • ミトコンドリア複合体‐Iの阻害剤結合部位の同定(1):フェンピロキシメートの結合部位
        白石悠祐; 村井正俊; 崎山直人; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2012年03月14日
      • 光反応性アセトゲニンの合成と作用機構研究
        安部真人; 中西佐予; 山本修平; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2012年03月14日
      • ミトコンドリア複合体‐Iにおけるアセトゲニン結合部位の同定
        中西佐予; 安部真人; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月05日
      • シトクロムc‐カルジオリピン複合体のペルオキシダーゼ活性発現の分子機構
        新林良太; 安部真人; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月05日
      • ユビキノンプローブの創製と出芽酵母におけるユビキノン結合性タンパク質のスクリーニング
        工藤佐和子; 村井正俊; 矢崎一史; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2012年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iの阻害剤結合部位の同定
        村井正俊; 白石悠祐; 崎山直人; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2012年
      • シトクロムc‐カルジオリピン複合体形成によるペルオキシダーゼ活性誘導の分子機構
        安部真人; 中野正顕; 三芳秀人
        日本生化学会大会(Web), 2012年
      • ミトコンドリア電子伝達酵素複合体‐Iに作用する阻害剤の作用機構
        三芳秀人
        構造活性相関シンポジウム講演要旨集, 2011年11月17日
      • 機能性ユビキノンプローブの合成と結合タンパク質の同定
        土生沙綾子; 村井正俊; 横山実; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2011年10月01日
      • 新規な光合成サイクリック電子伝達阻害剤の探索
        平純考; 桶川友季; 杉本和彦; 安部真人; 三芳秀人; 鹿内利治
        日本植物生理学会年会要旨集, 2011年03月11日
      • カルジオリピン類の合成によるシトクロムcとの分子間相互作用の解析
        新林良太; 幸掘伸哉; 森山郁子; 安部真人; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iにおけるアセトゲニンの結合部位の同定
        中西佐予; 安部真人; 山本修平; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日
      • 光親和性ユビキノンプローブの合成と標的タンパク質の解析
        土生沙綾子; 横山実; 村井正俊; 安部真人; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用する光反応性フェンピロキシメートの結合部位の同定
        村井正俊; 崎山直人; 白石悠祐; 安部真人; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用する光反応性フェンピロキシメートの結合部位の同定(I)
        村井正俊; 崎山直人; 白石悠祐; 安部真人; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2011年02月25日
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用する光反応性フェンピロキシメートの結合部位の同定(II)
        崎山直人; 村井正俊; 白石悠祐; 安部真人; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2011年02月25日
      • 光反応性アセトゲニンの合成と作用機構研究
        安部真人; 中西佐予; 山本修平; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2011年02月25日
      • 機能性ユビキノンプローブの合成とユビキノン結合性タンパク質の探索
        横山実; 土生紗綾子; 村井正俊; 安部真人; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2011年
      • キナゾリン型阻害剤を用いたミトコンドリアNADH‐ユビキノン酸化還元酵素(複合体‐I)のドメイン間相互作用の解明
        村井正俊; 真下祐子; HIRST Judy; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2011年
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用する光反応性フェンピロキシメートの結合部位の同定
        白石悠祐; 村井正俊; 崎山直人; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2011年
      • チトクロームc‐カルジオリピン複合体のペルオキシダーゼ活性誘導のための分子機構
        安部真人; 新林良太; 幸掘伸哉; 森山郁子; 三芳秀人
        生化学, 2011年
      • 酵母Type II NADH脱水素酵素(NDH‐2)において活性酸素の生成が負に制御される分子機構の解析
        山下哲生; YANG Yu; 小木曾(中丸; 映子; 橋本剛; 村井正俊; 三芳秀人; 五十嵐淳介; 矢木(松野)明美; 矢木隆雄; 小坂博昭
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2011年
      • 酵母シングルサブユニット・NADH‐キノン酸化還元酵素(Ndi1)の反応機構:活性酸素の生成抑制機構の解析
        山下哲生; YANG Yu; 中丸映子; 橋本剛; 村井正俊; 五十嵐淳介; 三芳秀人; 矢木明美; 矢木隆雄; 小坂博昭
        生化学, 2011年
      • シトクロムc‐カルジオリピン複合体のペルオキシダーゼ活性発現の分子機構
        新林良太; 安部真人; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2011年
      • 呼吸鎖酵素最後の秘境 複合体‐I(NADH‐ユビキノン酸化還元酵素)の構造と機能
        村井正俊; 三芳秀人
        化学, 2011年01月01日
      • 光反応性アセトゲニンの合成と作用機構研究
        中西佐予; 山本修平; 安部真人; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2010年10月02日
      • モノテトラヒドロフラン型バンレイシ科アセトゲニンの系統的な合成とテトラヒドロピラン環を有するアセトゲニンの合成研究
        真壁秀文; 服部恭尚; 大麻真由; 嶋本康広; 今野博行; 安部真人; 三芳秀人
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2010年09月01日
      • Synthesis of cardiolipin analogues bearing a biophysical probe at any position of the four acyl chains
        Masato Abe; Shunya Koubori; Hideto Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2010年07月
      • Characterization of the binding site of Delta lac-acetogenin in bovine mitochondrial complex I by photoaffinity labeling
        Masatoshi Murai; Nobuyuki Kakutani; Naoto Sakiyama; Hideto Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2010年07月
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤Δlac‐アセトゲニンの結合部位の同定
        村井正俊; 角谷信至; 崎山直人; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2010年04月21日
      • 光反応性アセトゲニンの合成と作用機構研究
        安部真人; 山本修平; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2010年04月21日
      • シロイヌナズナの病原菌感染応答におけるヒドロキシ桂皮酸アミド生合成に関する研究
        室井敦; 石原亨; 田中千尋; 石塚晃啓; 高林純示; 三芳秀人; 西岡孝明
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月05日
      • 広汎なカルジオリピン類の有機合成と生理活性評価
        安部真人; 大山俊治; 幸堀伸哉; 森山郁子; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤Δlac‐アセトゲニンの結合部位の同定
        村井正俊; 角谷信至; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤Δlac‐アセトゲニンの結合部位の同定
        角谷信至; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2010年
      • 酵母の非プロトン輸送性NADH‐ユビキノン酸化還元酵素(Ndi1)のユビキノン結合部位の解明
        真下佑子; 村井正俊; 山下哲生; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2010年
      • カルジオリピンの合成に基づくシトクロムc‐カルジオリピン複合体形成の分子機構解明
        安部真人; 新林良太; 幸堀伸哉; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2010年
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤Δlac‐アセトゲニンの結合部位の解明
        村井正俊; 角谷信至; 崎山直人; 安部真人; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2010年
      • トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害がイネの抵抗反応に及ぼす影響
        中尾崇人; 石原亨; 田中千尋; 三芳秀人; 若狭暁; 宮川恒
        植物の生長調節, 2009年10月06日
      • トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害剤の開発とイネの抵抗反応に及ぼす効果
        中尾崇人; 石原亨; 宮川恒; 三芳秀人; 若狭暁
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用する光反応性アセトゲニンの合成と結合部位の解析
        村井正俊; 関口孝治; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月05日
      • 光親和性標識法によるミトコンドリア複合体‐I阻害剤キナゾリンの結合部位の解析
        関口孝治; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月05日
      • トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害剤がイネの感染応答に及ぼす影響
        石原亨; 中尾崇人; 田中千尋; 宮川恒; 三芳秀人; 若狭暁
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2009年02月27日
      • 光親和性標識法によるミトコンドリア複合体‐I阻害剤キナゾリンの結合部位の解析
        関口孝治; 村井正俊; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2009年02月27日
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用するアセトゲニンの結合部位の解析
        村井正俊; 関口孝治; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2009年02月27日
      • パラジウム触媒による環化反応を用いたpyranicinとspectamine Aの合成研究
        毛利圭宏; 服部恭尚; 古畑真一; 今野博行; 安部真人; 三芳秀人; 真壁秀文
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2008年09月01日
      • Identification of the inhibitor binding SITE(S) in bovine complex-i by photoaffinity labeling
        Masatoshi Murai; Naoya Ichimaru; Takao Yagi; Hideto Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2008年07月
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤の結合部位解明―光親和性標識実験によるアプローチ―
        村井正俊; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2008年03月11日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニン類の作用機構研究 bis‐THF体とmono‐THF体の比較から
        安部真人; 山本修平; 真壁秀文; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2008年03月11日
      • ミトコンドリア複合体‐Iの新規阻害剤Δlac‐アセトゲニンの合成と作用機構研究
        一丸直哉; 村井正俊; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2008年03月11日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニン類のスペーサー部の機能
        安部真人; 山本修平; 西岡孝明; 真壁秀文; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008年03月05日
      • 光親和性標識法を用いたミトコンドリア複合体‐I阻害剤の結合部位の解析
        村井正俊; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008年03月05日
      • Pyranicinの合成とミトコンドリアcomplex Iの阻害活性
        古畑真一; 服部恭尚; 今野博行; 安部真人; 三芳秀人; 後藤哲久; 真壁秀文
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008年03月05日
      • 新規Δlac‐アセトゲニンの合成と構造活性相関研究
        一丸直哉; 加古純子; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月05日
      • 光親和性標識法によるΔlac‐アセトゲニンの結合部位同定
        村井正俊; 一丸直哉; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月05日
      • ミトコンドリア複合体―I阻害剤アセトゲニン類のスペーサー部の機能
        安部真人; 羽藤義倫; 真壁秀文; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2007年03月05日
      • 新規抗多包条虫薬の標的としての嫌気的ミトコンドリア呼吸鎖
        松本淳; 坂元君年; 新庄記子; 城戸康年; 山本菜緒; 北潔; 三芳秀人; 八木欣平; 野中成晃; 片倉賢; 奥祐三郎
        日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集, 2007年02月23日
      • Synthesis of (17S, 18S)- and (17R, 18R)-tonkinelin and their inhibitory action with bovine heart mitochondorial complex I.
        Hattori, Y; Konno, H; Abe, M; Miyoshi, H; Goto, T; Makabe, H
        Bioorg. Med. Chem., 2007年
      • 抗寄生虫薬の標的となる嫌気的呼吸鎖電子伝達系
        坂元君年; 松本淳; 八木欣平; 片倉賢; 三芳秀人; 原田繁春; 北潔
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2007年
      • 呼吸酵素を標的とする新規抗菌剤の開発に向けた天然抗生物質のスクリーニング
        茂木立志; 宇井英明; 塩見和朗; 大村智; 三芳秀人; 北潔
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2007年
      • 酵母シングルサブユニット・NADH‐キノン酸化還元酵素(Ndi1)のキノン還元部位の解析
        山下哲生; YANG Yu; 小木曽(中丸; 映子; 三芳秀人; 松野(矢木)明美; 矢木隆雄; 小坂博昭
        生化学, 2007年
      • ミトコンドリア複合体‐Iの新規阻害剤Δlac‐アセトゲニンの作用機構
        一丸直哉; 村井正俊; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2007年
      • ミトコンドリア複合体‐Iにおける阻害剤結合部位の解明
        村井正俊; 一丸直哉; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2007年
      • 酵母シングルサブユニット・NADH‐キノン酸化還元酵素(Ndi1)のキノン還元部位の解析
        山下哲生; YANG Y; 小木曾(中丸; 映子; 三芳秀人; 矢木(松野)明美; 矢木隆雄; 小坂博昭
        日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 2007年
      • 新規アセトゲニンmimics(Δlac‐アセトゲニン)の合成と作用機構研究
        一丸直哉; 妹尾麻衣; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2006年03月10日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニンの阻害機構研究:スペーサー部の機能
        安部真人; 久保明奈; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2006年03月10日
      • Δ‐lacアセトゲニンの複合体‐Iに対する作用機構研究
        村井正俊; 一丸直哉; 安部真人; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006年03月05日
      • 新規アセトゲニンmimics(Δlac‐アセトゲニン)の合成と作用機構研究
        一丸直哉; 村井正俊; 安部真人; 妹尾麻衣; 真壁秀文; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニン類の阻害機構研究:スペーサー部の機能
        安部真人; 村井正俊; 一丸直哉; 吉田健彦; 久保明奈; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2006年03月05日
      • Probing the ubiquinol-binding site in cytochrome bd by site-directed mutagenesis
        T. Mogi; S. Akimoto; S. Endo; T. Watanabe-Nakayama; H. Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2006年
      • ミトコンドリア複合体‐Iの新規阻害剤Δlac‐アセトゲニンの開発
        村井正俊; 一丸直哉; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2006年
      • バンレイシ科アセトゲニンrollicosin,murisolinの合成研究
        服部恭尚; 木村友香; 諸田亜季; 樋口雅治; 今野博行; 村井正俊; 三芳秀人; 真壁秀文
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2005年09月15日
      • ミトコンドリア呼吸鎖酵素の阻害剤に関する研究
        三芳秀人
        J Pestic Sci, 2005年05月20日
      • 非直結型ビステトラヒドロフランアセトゲニンアナログの合成とミトコンドリアコンプレックスIの阻害活性評価
        今野博行; 野坂和人; 赤路健一; 真壁秀文; 三芳秀人
        日本化学会講演予稿集, 2005年03月11日
      • ミトコンドリア呼吸鎖酵素の阻害剤に関する研究
        三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2005年03月10日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニン類のTHF環部の構造修飾
        藤田大輔; 一丸直哉; 安部真人; 浜田剛; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005年03月05日
      • Δlac‐アセトゲニン類の合成と作用機構研究
        一丸直哉; 村井正俊; 安部真人; 浜田剛; 槙野早恵; 真壁秀文; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニン類の必須構造因子:スペーサー部の機能
        安部真人; 浜田剛; 一丸直哉; 吉田健彦; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2005年03月05日
      • 非直結型Bis‐THFアセトゲニンBullatanocinアナログの合成とミトコンドリアComplexの阻害活性評価
        今野博行; 野坂和人; 赤路健一; 藤井信孝; 三芳秀人; 真壁秀文
        日本薬学会年会要旨集, 2005年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニンの阻害機構研究:スペーサー部の機能
        安部真人; 村井正俊; 一丸直哉; 吉田健彦; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2005年
      • 新規アセトゲニンmimics(Δlac‐アセトゲニン)の合成と作用機構研究
        一丸直哉; 村井正俊; 安部真人; 浜田剛; 槙野早恵; 真壁秀文; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2005年
      • モノテトラヒドロフラン型アセトゲニンアナログの合成とミトコンドリア活性
        今野博行; 藤井信孝; 真壁秀文; 木村由香; 三芳秀人; 安倍真人
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2004年09月24日
      • DsbB elicits a red-shift of bound ubiquinone during the catalysis of DsbA oxidation (vol 279, pg 6761, 2004)
        K Inaba; YH Takahashi; N Fujieda; K Kano; H Miyoshi; K Ito
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年06月
      • ミトコンドリア複合体‐I 阻害剤アセトゲニン類の必須構造因子:THF環部の機能
        安部真人; 剣持厚志; 一丸直哉; 浜田剛; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2004年03月05日
      • ラクトン環を持たない新規アセトゲニン類の合成と作用機構研究
        一丸直哉; 浜田剛; 安部真人; 西岡孝明; BRANDT U; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2004年03月05日
      • Synthesis and inhibitory action of novel acetogenin mimics with bovine mitochondrial complex I
        H Miyoshi; T Hamada; N Ichimaru; M Abe; D Fujita; A Kenmochi; T Nishioka; K Zwicker; U Brandt
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2004年
      • Properties of NAD(P)H dehydrogenases isolated from bell pepper chromoplasts
        T Mogi; E Mizuochi; M Yamada; M Yoshida; D Fujita; H Miyoshi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 2004年
      • Synthesis and Mitochondrial Complex I Inhibitoin of Mono- and Non-THF Acetogneins.
        Hiroyuki Konno; Naoki Hiura; Yasuhiro Okuno; Hidefumi Makabe; Yasunao Hattori; Hideto Miyoshi; Masato Abe; Nobutaka Fujii
        Proceeding of the 6th Japan/Australia Symposium on Drug Design and Development, 2004年
      • 大腸菌呼吸鎖酵素シトクロムbo3の阻害剤オーラシンCの構造展開
        佐藤喜一; 茂木立志; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2003年10月04日
      • 蛍光阻害剤キナゾリンを用いたミトコンドリア複合体‐Iにおける阻害剤結合部位の解明
        剣持厚志; 猪崇; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2003年10月04日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニン類の必須構造因子:THF環部の機能
        安部真人; 剣持厚志; 一丸直哉; 浜田剛; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2003年10月04日
      • ブタ回虫Ascaris suumの成虫型ミトコンドリア複合体Iのロドキノン還元部位の解析
        山下哲生; 宮寺浩子; 長内理大; 新庄記子; 猪崇良; 三芳秀人; 北潔
        日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集, 2003年03月28日
      • 13C標識stigmatellinの合成とFTIR分光法によるミトコンドリア複合体‐IIIの動態研究
        三芳秀人; 安部真人; HELLWING P
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2003年03月05日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤アセトゲニン類の必須構造因子の同定
        安部真人; 剣持厚志; 薮中裕美; 浜田剛; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2003年03月05日
      • ハイブリッド・ユビキノン類のミトコンドリア呼吸鎖酵素系における挙動
        剣持厚志; 薮中裕美; 中戸川靖; 坂元君年; 西岡孝明; 三芳秀人
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2003年03月05日
      • 高等植物色素体由来のNAD(P)H脱水素酵素の酵素化学的性質
        山田光則; 水落絵理; 三芳秀人; 吉田賢右; 茂木立志
        日本生物物理学会年会講演予稿集, 2002年11月
      • ブタ回虫Ascaris suumの成虫型NAHD‐キノン還元酵素(複合体I)の阻害剤を用いたキノン還元部位の解析
        山下哲生; 宮寺浩子; 猪崇良; 三芳秀人; 北潔
        生化学, 2002年08月25日
      • 酢酸菌のキノヘモプロテイン・アルコール脱水素酵素における結合型ユビキノンとユビキノン反応部位
        水口光裕; 小林由宜; 右田たい子; 外山博英; 足立収生; 松下一信; 坂元君年; 三芳秀人
        生化学, 2002年08月25日
      • 大腸菌巨大化細胞を用いた呼吸鎖のプロトンポンプの解析
        黒田照夫; 川崎寿; 茂木立志; 三芳秀人; 土屋友房; 矢部勇
        生化学, 2002年08月25日
      • 大腸菌巨大化細胞を用いた呼吸鎖のプロトンポンプ活性の解析
        黒田照夫; 川崎寿; 茂木立志; 三芳秀人; 土屋友房; 矢部勇
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2002年03月05日
      • Caenorhabditis elegans clk‐1長寿変異株におけるユビキノン生合成系の変動
        宮寺浩子; 平石明; 高光; 村山季美枝; 三芳秀人; 坂元君年; 石井直明; LEVAVASSEUR F; 北潔
        日本ミトコンドリア研究会年会要旨集, 2002年01月31日
      • 糸状菌由来新規NADH‐fumarate reductase阻害剤nafuredinの単離,構造,生物活性
        塩見和朗; 宇井英明; 山口裕一; 増間ろく郎; 浪越通夫; 北潔; 三芳秀人; HARDER A; 大村智
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2001年09月01日
      • 酢酸菌のキノヘモプロテインアルコール脱水素酵素におけるユビキノン反応部位のアジドキノン標識法による同定
        水口光裕; 外山博英; 足立収生; 松下一信; 坂元君年; 三芳秀人
        生化学, 2001年08月25日
      • 新規抗寄生虫物質nafuredinとその作用点
        宇井英明; 宮寺浩子; 山口裕一; 塩見和朗; 浪越通夫; 三芳秀人; HARDER A; 北潔; 大村智
        微生物シンポジウム講演要旨集, 2001年08月24日
      • P105W4-6 新規抗寄生虫薬ナフレジンによる回虫ミトコンドリア複合体 I の選択的阻害とその阻害機構
        宮寺 浩子; 宇井 英明; 塩見 和朗; 山口 裕一; 増間 碌郎; 岩井 譲; 三芳 秀人; HARDER Achim; KOELBL Heinz; 大村 智; 北 潔
        衞生動物, 2001年04月04日
      • Altered quinone biosynthesis in long-lived clk-1 mutant of C. elegans(共著)
        MIYADERA H; AMINO H; HIRAISHI A; MURAYAMA K; MIYOSHI H; SAKAMOTO K; ISHII N; HEKIMI S; KITA K
        Journal of Biological Chemistry, 2001年03月16日
      • 線虫長寿命変異株clk‐1におけるキノン組成の解析
        宮寺浩子; 高光; 村山季美枝; 三芳秀人; 石井直明; HEKIMI J, 北潔
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 2000年11月25日
      • 回虫ミトコンドリア複合体Iの選択的阻害剤nafuredinとその阻害機構
        宮寺浩子; 宇井英明; 塩見和朗; 岩井譲; 大村智; HARDER A; KOELBL H; 三芳秀人; 北潔
        生化学, 2000年08月25日
      • 酢酸菌のキノヘモプロテインアルコール脱水素酵素におけるユビキノン反応部位の解析
        水口光裕; 外山博英; 足立収生; 松下一信; 坂元君年; 三芳秀人
        生化学, 2000年08月25日
      • 巨大化大腸菌を用いた呼吸鎖のプロトンポンプ活性の解析
        黒田照夫; 川崎寿; 寒川武人; 茂木立志; 三芳秀人; 土屋友房; 矢部勇
        生化学, 2000年08月25日
      • ミトコンドリア複合体‐I阻害剤Acetogenin類の構造活性相関研究
        三芳秀人; 桑原薫; 高田基之; 岩田淳; 辰元香倫; 坂元君年; 岩村はじめ
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2000年03月27日
      • 新規殺虫剤IKF‐916の作用機構
        三谷滋; 荒木智史; 瀧井康子; 大島武; 村井重夫; 松尾憲総; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 2000年03月27日
      • ミトコンドリア複合体‐Iに作用するピリジニウム型阻害剤の作用機構
        岩田淳; 三芳秀人; 坂元君年; 岩村ひとし
        日本農薬学会大会講演要旨集, 1999年03月01日
      • 呼吸鎖電子伝達系キノン・コネクションの生物有機化学的研究
        三芳秀人
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 1999年02月06日
      • 呼吸鎖電子伝達酵素におけるユビキノン酸化還元部位の構造と機能
        三芳秀人
        日本農芸化学会誌, 1998年12月
      • 嫌気環境への適応に伴う呼吸鎮電子伝達系複合体II(コハク酸脱水素酵素)の分子進化
        宮寺浩子; 平石明; 三芳秀人; 坂元君年; 松浦克美; 小島荘明; 北潔
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年11月
      • 花芽誘導物質のミトコンドリアエネルギー代謝系に及ぼす影響に関する研究
        三芳秀人
        松らい科学技術振興財団研究報告集, 1998年03月01日
      • Specific interaction of cytokinins and their analogs with rotenone-sensitive internal NADH dehydrogenase in potato tuber mitochondria.
        M Sue; H Miyoshi; H Iwamura
        PLANT PHYSIOLOGY, 1997年07月
      • 新規殺菌剤サリチル酸アニリド誘導体に関する研究 (第2報) 殺菌スペクトラムおよびトマト疫病に対する作用特性
        嵯峨山和美; 小村朋三; 山口国夫; 安冨範雄; 高木康至; 三芳秀人; 岩村はじめ
        日本農薬学会大会講演要旨集, 1997年03月
      • 阻害剤と合成ユビキノン類を用いたミトコンドリア複合体‐Iの電子移動機構の解明
        三芳秀人; 大嶋倫世; 井上誠; 坂元君年; 岩田淳; 岩村はじめ
        日本農薬学会大会講演要旨集, 1997年03月
      • 新規殺菌剤サリチル酸アニリド誘導体に関する研究 (第1報) 合成および生物活性
        真鍋寛; 遠藤慶典; 遠藤康弘; 嵯峨山和美; 山口国夫; 高木康至; 三芳秀人; 岩村はじめ
        日本農薬学会大会講演要旨集, 1997年03月
      • AKD‐2023およびDHNのミトコンドリア電子伝達阻害機構
        小浦陽子; 木下祐子; 松本正吾; 三芳秀人
        日本農薬学会大会講演要旨集, 1997年03月
      • 大腸菌チトクロムbo型ユビキノール酸化酵素のQH部位の生化学的解析
        佐藤麻理子; 茂木立志; 三芳秀人; 安楽泰宏
        生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 1997年
      • 合成アンチマイシンのシトクロムbc1複合体阻害機構(天然アンチマイシンとの比較)
        田上悦子; 三芳秀人; 岩村はじめ
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 1996年10月
      • 大腸菌チトクロムbo型末端酸化酵素のユビキノール酸化部位の解析
        佐藤麻理子; 茂木立志; 三芳秀人; 安楽泰宏
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年07月
      • 合成ユビキノン類縁体を用いた酢酸菌アルコール脱水素酵素の機能解明 : 有機化学・天然物化学
        田上 悦子; 坂元 君年; 三芳 秀人; 岩村 俶; 松下 一信; 薬師 寿治; 足立 収生
        日本農藝化學會誌, 1996年03月05日
      • 大腸菌グルコース脱水素酵素のユビキノン結合部位の解析 : 酵素
        谷口 摩里子; 前山 道子; 印部 久代; 松下 一信; 山田 守; 足立 収生; 坂元 君年; 三芳 秀人
        日本農藝化學會誌, 1996年03月05日
      • ミトコンドリア複合体I阻害剤MPP+類縁体の合成と作用機構の解明
        井上誠; 三芳秀人; 岩村はじめ
        日本農薬学会大会講演要旨集, 1996年03月
      • 合成ユビキノール類縁体を用いた大腸菌末端酸化酵素の基質酸化部位の解析
        三芳秀人; 坂元君年; 岩村はじめ; 佐藤麻理子; 茂木立志; 安楽泰宏
        生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 1996年
      • サイトカイニン類の植物ミトコンドリア複合体I阻害活性
        須恵雅之; 三芳秀人; 岩村はじめ
        植物化学調節学会研究発表記録集, 1996年
      • 短鎖ユビキノン類縁体の合成と電子伝達活性の評価
        坂元君年; 三芳秀人; 岩村はじめ
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 1995年10月
      • 阻害剤から見た呼吸鎖電子伝達機構
        三芳秀人
        化学と生物, 1995年03月
      • 植物病原菌Bipolaris bicolorが生産する植物毒素のミトコンドリア電子伝達阻害機構
        植野英樹; 山下敦子; 三芳秀人; 岩村はじめ; 宮川恒; 上野民夫; LIM C H
        日本農薬学会大会講演要旨集, 1995年03月
      • ミトコンドリア複合体Iの電子伝達機構解明 ユビキノン触媒部位数はいくつか?
        植野英樹; 井上誠; 三芳秀人; 岩村はじめ
        日本農薬学会大会講演要旨集, 1995年03月
      • 植物ミトコンドリア電子伝達鎖の新規阻害剤
        須恵雅之; 三芳秀人; 岩村きよし
        植物化学調節学会研究発表記録集, 1995年
      • 種々のNADH‐ユビキノン酸化還元酵素に対する天然ロテノンおよびその立体異性体の阻害機構の比較
        植野英樹; 三芳秀人; 井上誠; 新留豊; 岩村はじめ
        生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 1994年10月
      • 電子伝達阻害剤Capsaicinの作用機構
        佐藤卓士; 三芳秀人; 岩村あつし
        日本農芸化学会誌, 1994年03月
      • ミトコンドリア電子伝達複合体間の直接的相互作用
        山下敦子; 三芳秀人; 岩村あつし
        日本農芸化学会誌, 1994年03月
      • フロログルシノール誘導体による光合成機能の調節
        猿田智勇; 前島晃; 米山弘一; 近内誠登; 三芳秀人; 阿部知子; 吉田茂男
        日本農芸化学会誌, 1994年03月
      • 合成ロテノン類縁体を用いたミトコンドリアNADH‐ユビキノン酸化還元酵素の機能解明
        植野英樹; 三芳秀人; 岩村あつし
        日本農芸化学会誌, 1994年03月
      • チトクロムbo複合体の高親知性キノン結合部位の機能的役割
        佐藤麻理子; 茂木立志; 伊藤繁; 松浦克美; 三芳秀人; 岩村はじめ; 安楽泰宏
        生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 1994年
      • 呼吸系をターゲットとする農薬開発の可能性と問題
        三芳秀人
        農薬, 1993年10月
      • アンチマイシンA類縁体のシトクロムbc1複合体阻害活性の解析
        徳竹伸哉; 三芳秀人; 佐藤卓士; 岩村はじめ
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 1993年10月
      • 大腸菌末端酸化酵素チトクロムbo複合体のユビキノール結合部位
        渡部麻理子; 茂木立志; 安楽泰宏; 三芳秀人; 岩村はじめ
        生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 1993年
      • 酸化環元共役ポンプの反応中心の分子構造とプロトン輸送機構
        茂木立志; 吉川信也; 堀洋; 宇野公之; 小倉尚志; 西村善文; 三芳秀人; 石塚盛雄; 小倉協三
        生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 1993年
      • アンチマイシンAの活性発現に要求される必須構造因子の解明
        三芳秀人; 徳竹伸哉; 岩村はじめ
        生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 1993年
      • 脂質膜被覆水晶発振子を使用したフェノール誘導体の脱共役作用の評価
        江波戸博; 岡畑恵雄; 藤田稔夫; 三芳秀人
        日本化学会誌, 1993年
      • 脱共役剤の作用と酸化的リン酸化共役機構
        三芳秀人
        生物物理, 1992年04月
      • 多置換ジフェニルアミン類及び多置換フェニルピリジルアミン類の酸解離定数の解析
        郭沢建; 三芳秀人; 藤田稔夫; 光明寺輝正; 芳賀隆弘
        情報化学討論会・構造活性相関シンポジウム講演要旨集, 1990年11月
      • フェノール系脱共役剤の生理活性と脂質膜への分配挙動
        江波戸博; 岡畑恵雄; 藤田稔夫; 三芳秀人
        高分子学会予稿集, 1990年10月
      • 脱共役剤の作用機構
        三芳秀人; 藤田稔夫
        化学, 1989年10月
      • リポソーム/水系における置換フェノール類の分配係数の解析
        三芳秀人; 徳竹伸哉; 藤田稔夫
        情報化学討論会・構造活性相関シンポジウム講演要旨集, 1988年11月

      受賞

      • 1998年
        日本農芸化学会, 日本農芸化学会奨励賞Award for The Encouragement of Young Scientists (The Japan Society for Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry, 1998)
      • 2005年
        日本農薬学会, 日本農薬学会業績賞Society Awards on Prominent Achievement (Pesticide Science Society of Japan, 2005)

      外部資金:科学研究費補助金

      • コレラ菌NADH-ユビキノン酸化還元酵素を標的とする抗菌剤創製基盤の確立
        基盤研究(B)
        小区分38040:生物有機化学関連
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        呼吸鎖酵素;コレラ菌;コロルミシン;ユビキノン;抗菌剤;コレラ菌呼吸鎖酵素;NADH脱水素酵素
      • 藻類バイオマス開発のための嫌気的代謝スイッチング制御メカニズムの解明
        基盤研究(C)
        小区分38030:応用生物化学関連
        大阪公立大学;大阪府立大学
        太田 大策
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        脂質代謝;微細藻類;電子伝達経路;キノン類;藻類バイオマス;脂質合成;オルガネラ電子伝達;酸化還元レベル;還元的TCA回路;電子伝達;ミトコンドリア;嫌気的代謝;脂質生合成;ユーグレナ
      • ミトコンドリア呼吸鎖酵素からの活性酸素発生を遮断する化合物の創製
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分38:農芸化学およびその関連分野
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2019年06月28日, 至 2021年03月31日, 完了
        ミトコンドリア;活性酸素;ユビキノン;complex I;酸化ストレス;生体エネルギー;複合体 I;化学修飾;ミトコンドリア呼吸鎖酵素
      • コレラ菌NADH-ユビキノン酸化還元酵素の阻害剤抵抗性メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        小区分38040:生物有機化学関連
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        呼吸鎖酵素;Na+-NQR;コレラ菌;抗菌剤;コロルミシン;NADH脱水素酵素;ユビキノン;生体エネルギー;Na+-輸送性NADH-キノン酸化還元酵素;薬剤耐性;NADH-キノン酸化還元酵素
      • 脂質の多様な機能を司るオルガネラ間相互作用と脂質輸送メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        東京大学
        和田 元
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        脂質;脂質輸送タンパク質;ホスファチジルコリン;コンタクトサイト;シロイヌナズナ;ゼニゴケ;葉緑体;小胞体;合成脂質プローブ分子;脂質輸送メカニズム;植物;生理学
      • 化学修飾によるミトコンドリア複合体-Iの「光駆動型プロトンポンプ」への変換
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        生物制御化学;ミトコンドリア呼吸鎖酵素;複合体-I;タンパク質化学修飾;ミトコンドリア;化学修飾;ミトコンドリア呼吸鎖;光スイッチ
      • 呼吸鎖複合体-Iの1分子計測を実現する特異的化学修飾法の確立
        基盤研究(B)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        生物制御化学;呼吸鎖複合体-I;化学修飾;ユビキノン;ミトコンドリア呼吸鎖;トシル化学;複合体-I;ミトコンドリア;呼吸鎖;呼吸鎖酵素
      • プローブ分子の創製を基盤とするユビキノンの細胞内動態解明
        若手研究(B)
        京都大学
        村井 正俊
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        ユビキノン;ミトコンドリア;光親和性標識;Click Chemistry;複合体-I;出芽酵母
      • 呼吸鎖酵素複合体ーIの鍵サブユニットND1の機能解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        細胞機能調節物質;ミトコンドリア呼吸鎖酵素;複合体-I;アセトゲニン;光親和性標識;トシルケミストリー;ミトコンドリア;阻害剤;呼吸鎖複合体-I;ND1サブユニット;呼吸鎖阻害剤
      • ミトコンドリア呼吸鎖酵素の超感度アッセイを実現する伝導性キノン修飾電極の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        ミトコンドリア;呼吸鎖酵素;ユビキノン;修飾電極;修飾金電極;ミトコンドリア呼吸鎖酵素
      • 抗悪性腫瘍薬の合成化学的創製研究
        基盤研究(B)
        大阪大学
        田中 徹明
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        抗がん剤;有機合成化学;生物活性物質;構造活性相関;構造活性相関研究
      • 阻害剤分子プローブの創製に基づくミトコンドリア複合体ーIの膜ドメイン機能の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        細胞機能調節物質;ミトコンドリア;複合体-I;光親和性標識;阻害剤;アセトゲニン;ND1サブユニット;呼吸鎖酵素;ペプチド化学;生体エネルギー
      • ミトコンドリア複合体-I活性の光制御をめざした光応答性阻害剤の合成開発
        萌芽研究
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2006年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        ミトコンドリア;複合体-I;アセトゲニン;光制御;呼吸鎖酵素;呼吸鎖酵素阻害剤;光スイッチ
      • 機能性アセトゲニンの有機合成を基礎とする呼吸鎖酵素複合体-Iの研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        ミトコンドリア;呼吸鎖酵素阻害剤;アセトゲニン;複合体-I;呼吸鎖阻害剤, mitochondria;respiratory inhibitor;acetogenin;complex I
      • 低酸素適応における寄生虫ミトコンドリア特異的呼吸酵素群の生理機能
        基盤研究(A)
        東京大学
        北 潔
        自 2005年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        Ascaris suum;NADH-フマル酸還元系;ミトコンドリア;複合体I;複合体II;結晶化;立体構造解析;酸素適応
      • 呼吸鎖酵素のピンポイント電子移動観測を実現する導電性阻害剤修飾電極の開発
        萌芽研究
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2004年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        呼吸鎖酵素;阻害剤;修飾電極;電子移動
      • 線虫の寿命に関わる呼吸鎖酵素の反応機構解明を志向した機能性分子プローブの合成開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 2003年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        呼吸鎖阻害剤;呼吸鎖酵素;ミトコンドリア;アセトゲニン;構造活性相関, Respiratory Inhibitor;Respiratory Enzymes;Mitochondria
      • マラリア原虫ミトコンドリア特異的呼吸酵素群の分子構築と生理機能
        特定領域研究
        生物系
        東京大学
        北 潔
        自 2002年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        マラリア;ミトコンドリア;アピコプラスト;細胞分画;パーコール;トリパノソーマ;シアン耐性酸化酵素;アスコフラノン;GFP;構造活性相関;呼吸鎖;複合体II;薬剤開発;低酸素適応;コハク酸脱水素酵素, Malaria;Mitochondria;apicoplast;cell fractionation;percoll;Trypanosome;cyanide-resistant oxidase;asucofuranone
      • 低酸素適応における寄生虫ミトコンドリア特異的呼吸酵素群の生理機能
        基盤研究(S)
        東京大学
        北 潔
        自 2001年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        ミトコンドリア;複合体II;NADH-フマル酸還元系;回虫;寄生虫;結晶解析;低酸素適応;ユビキノン生合成;NADH-フアル酸還元系;HIF-1;呼吸鎖;フマル酸還元酵素;ロドキノン, mitochondria;complex II;NADH-fumarate reductase;Ascaris suum;parasite;crystal structure analysis;adaptation to low oxygen tension;biosynthesis of ubiquinone
      • マラリア原虫ミトコンドリア特異的呼吸酵素群の分子構築と生理機能
        特定領域研究(C)
        生物系
        東京大学
        北 潔
        自 2001年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        マラリア;ミトコンドリア;呼吸鎖;複合体II;薬剤開発;低酸素適応;コハク酸脱水酵素
      • バクテリア呼吸鎖におけるユビキノン酸化還元反応の分子機構と構造的基盤
        基盤研究(B)
        山口大学
        松下 一信
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        アジドキノン;光親和性標識;ユビキノン;大腸菌グルコース脱水素酵素;酢酸菌アルコール脱水素酵素;バクテリア呼吸鎖;光親和性標識法;大腸菌チトクロムbo;呼吸鎖, Azidoquinone;Photo-affinity labeling;Ubiquinone;Escherichia coli Glucose dehydrogenase;Alcohol Dehydrogenase of acetic acid bacteria;Bacterial respiratory chain
      • 変異酵素と合成基質プローブを用いた大腸菌ユビキノール酸化酵素の構造と機能の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        大腸菌末端酸化酵素;呼吸鎖酵素;ユビキノン;構造活性相関;オーラシン;呼吸鎖阻害剤, E.coli terminal oxidese;Respiratory enzymes;Ubiquinone;Structure-activity relation;Aurachin;Respiratory inhibitors
      • 呼吸鎖金属酵素における共鳴ラマン測定のための^<13>C-標識ユビキノン類の有機合成
        特定領域研究(A)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 1998年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        ミトコンドリア;呼吸鎖電子伝達;生体エネルギー;ユビキノン
      • PQQを補欠分子族とするキノプロテイン脱水素酵素の構造と機能に関する研究
        基盤研究(B)
        山口大学
        松下 一信
        自 1997年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        ピロロキノリンキノン;キノプロテイン脱水素酵素;グルコース脱水素酵素;アルコール脱水素酵素;X線構造解析;Pseudomonas putida;大腸菌;酢酸菌, Pyrroloquinoline quinone;Quinoprotein dehydrogenase;Glucose dehydrogenase;Alcohol Dehydrogenase;X ray crystallography;Pseudomonas putida;Escherichia coli;Acetic acid bacteria
      • 合成ユビキノール類縁体と変異酵素を用いた大腸菌ユビキノール酸化酵素の構造解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 1996年04月01日, 至 1998年03月31日, 完了
        呼吸鎖;ユビキノン;末端酸化酵素;構造活性相関, Respiratory chaiu;Ubiquinone;Terminal oxidase;Structure activity relation
      • 末端酸化酵素選択的抗菌剤の開発と基質酸化機構の生化学的解析
        基盤研究(A)
        東京大学
        茂木 立志
        自 1995年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        抗菌剤;末端酸化酵素;キノール酸化酵素;キノンアナログ;大腸菌;基質酸化部位;置換フェノール;反応機構;基質酸化機構;耐性変異;置換フェノール類;ユビキノン;活性評価システム;カプサイシン, Anti-bacteriocide;Terminal oxidase;Quinol oxidase;Quinone analogue;Escherichia coli;Substrate oxidation site;Substituted phenol;Reaction mechanism
      • アンチマイシン抵抗性ミトコンドリアを用いたシトクロムbの立体構造の解明
        一般研究(C)
        京都大学
        三芳 秀人
        自 1994年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        ミトコンドリア;ミトクロムbc_1;アンチマイシンA;シトクロムbc,;アンチマイシン;シトクロムb, mitochondria;cytochrome bcl;antimycin A
      • 新規花成誘導物質の開発と作用機構の解明
        一般研究(B)
        京都大学
        岩村 俶
        自 1993年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        花成誘導;アスパラガス;アサガオ;シトクロームP-450;カ-バメート;アミノオキシム;ポリアミン;アモノオキシム;P-450;カーバメー化合物, Flower induction;Asparagus;Morning glory;Cytochrome P-450;Carbamates;Aminooximes;Polyamines

      外部資金:その他

      • ミトコンドリア蛋白の構造種差に基づくアグロケミカルシーズ創生
        生研センター イノベーション創出基礎的研究推進事業
        自 2012年08月10日, 至 2017年03月31日
        三芳秀人
      list
        Last Updated :2024/06/28

        教育

        担当科目

        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生理化学概論
          M212, 後期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          応用生命科学 I
          CA01, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生物機能制御化学講義
          CA19, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生物機能制御化学専攻演習
          CF09, 前期, 農学研究科, 1.5
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生物機能制御化学専攻演習
          CF09, 後期, 農学研究科, 1.5
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生物機能制御化学専攻実験
          CG09, 前期, 農学研究科, 3
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生物機能制御化学専攻実験
          CG09, 後期, 農学研究科, 3
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生理化学概論
          X101, 後期集中, 農学研究科, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          応用生命科学概論
          5801, 前期, 農学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          生物有機化学II
          5630, 後期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生理化学概論
          M212, 後期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          応用生命科学 I
          CA01, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物機能制御化学講義
          CA19, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物機能制御化学専攻演習2
          CB36, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物機能制御化学専攻演習1
          CB35, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物機能制御化学専攻実験2
          CC36, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物機能制御化学専攻実験1
          CC35, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生物有機化学II
          5630, 後期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          生理化学概論
          X101, 後期集中, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生理化学概論
          M212, 後期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生理化学概論
          X101, 後期集中, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物機能制御化学専攻実験2
          CC36, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物機能制御化学専攻実験1
          CC35, 通年, 農学研究科, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物機能制御化学専攻演習2
          CB36, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生命科学 I
          CA01, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物機能制御化学専攻演習1
          CB35, 通年, 農学研究科, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物有機化学II
          5630, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物機能制御化学講義
          CA19, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物有機化学II
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          応用生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物機能制御化学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物機能制御化学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          専門外国書講読
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物有機化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物有機化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用生命科学演習I
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用生命科学演習II
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用生命科学 I
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物機能制御化学講義
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物機能制御化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物機能制御化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物有機化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用生命科学 I
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物機能制御化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物機能制御化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物機能制御化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎有機化学A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用生命科学 I
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物有機化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物機能制御化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物機能制御化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物機能制御化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物機能制御化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物機能制御化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          農薬を考える
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用生命科学 I
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物有機化学Ⅱ
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物機能制御化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物機能制御化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物機能制御化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物機能制御化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物機能制御化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物機能制御化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物機能制御化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用生命科学 I
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物有機化学II
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物機能制御化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物機能制御化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物機能制御化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物機能制御化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物機能制御化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物機能制御化学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物機能制御化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用生命科学I
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用生命科学 I
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物有機化学II
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物機能制御化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物機能制御化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物機能制御化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物機能制御化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物機能制御化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生理化学概論
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生命科学I
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生命科学 I
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生命科学入門IV
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物有機化学II
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物機能制御化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物機能制御化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物機能制御化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物機能制御化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物機能制御化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          専門外国書講読(応用生命)
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学I
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用生命科学 I
          後期集中, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物有機化学II
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能制御化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能制御化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能制御化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能制御化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能制御化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用生命科学 I
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物有機化学II
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能制御化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能制御化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能制御化学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能制御化学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能制御化学講義
          前期集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          課題研究(応用生命科学科)
          通年, 農学部

        博士学位審査

        • 昆虫キチン合成酵素の新規阻害剤の設計および結合様式のin silico解析
          森 湖太郎, 農学研究科, 副査
          2024年03月25日
        • Studies on the structure and function of Na+-pumping NADH-quinone oxidoreductase from Vibrio cholerae(コレラ菌Na+輸送性NADH-キノン酸化還元酵素の構造および機能に関する研究)
          福田 萌, 農学研究科, 主査
          2024年03月25日
        • ヒキガエル由来防御用毒性ステロイド bufadienolide 類を蓄積するヘビ・ヤマカガシの化学生態学的研究
          井上 貴斗, 農学研究科, 副査
          2024年03月25日
        • ヒト脂質輸送体ABCA1のコレステロール認識機構に関する生化学研究
          坂田 和樹, 農学研究科, 副査
          2024年03月25日
        • リンゴ果実における昆虫の食害に対する化学的防御応答の解明
          大畑 勇統, 農学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • Development of Direct Electron Transfer-Type Cascade System by Alcohol and Aldehyde Dehydrogenases(アルコール/アルデヒド脱水素酵素による直接電子移動型カスケード反応系の開発)
          足立 大宜, 農学研究科, 副査
          2023年03月23日
        • Characterization of bioactive peptides without disulfide bridges from the venom of Lycosa poonaensis species inhabiting the Egyptian environment(エジプト地域に棲息するLycosa poonaensisの毒液に含まれるジスルフィド結合を持たない生理活性ペプチドの構造決定)
          Alhussin Mohamed Abdelhakeem Megaly, 農学研究科, 副査
          2022年09月26日
        • 化学物質の分子サイズや代謝分解性に着目した生物濃縮性評価手法に関する研究
          宮田 知代子, 農学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Mode of action studies on pentenediols and tamoxifen with mitochondria (ペンテンジオール類およびタモキシフェンのミトコンドリアにおける作用機構研究)
          運天 優歩, 農学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Studies on the reaction mechanism of ubiquinone in respiratory complex I (呼吸鎖複合体-Iにおけるユビキノン反応機構に関する研究)
          宇野 晋平, 農学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • ABC蛋白質のATP共役機構と新規生理的役割に関する研究
          二股 良太, 農学研究科, 副査
          2022年03月23日
        list
          Last Updated :2024/06/28

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            入学試験委員会 委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2025年03月31日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日
            身体障害学生相談室管理運営委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日
            教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日
            高等教育研究開発推進機構基礎教育専門委員会・化学部会 委員
          • 自 2015年06月05日, 至 2017年06月04日
            入学者選抜方法研究委員会教科・科目部会(化学) 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            農芸化学系 学系長

          部局運営(役職等)

          • 自 2023年04月01日, 至 2025年03月31日
            研究科教務委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
            研究科教務委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
            将来構想検討委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            研究科教務委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日
            将来構想検討委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            応用生命科学科長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            評価委員会 委員
          list
            Last Updated :2024/06/28

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2001年, 至 2003年
              評議員, 日本農薬学会
            • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
              会長, 日本農薬学会
            • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
              副会長, 日本農薬学会
            • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
              常任評議員, 日本農薬学会
            • 自 2011年04月01日, 至 2015年03月31日
              学術強化委員, 日本農芸化学会
            • 自 2005年, 至 2012年
              評議員, 日本農薬学会
            • 自 2010年, 至 2010年
              -, 日本農芸化学会(英文誌 BBB編集委員)
            • 自 2010年, 至 2010年
              -, 日本農薬学会 (評議員、学会誌編集委員)
            • 自 2010年, 至 2010年
              -, 日本生体エネルギー研究会(幹事)
            • 自 2009年, 至 2009年
              -, 日本農薬学会 (評議員、学会誌編集委員)
            • 自 2009年, 至 2009年
              -, 日本生体エネルギー研究会(幹事)
            • 自 2008年, 至 2008年
              -, 日本農薬学会 (評議員、学会誌編集委員)
            • 自 2008年, 至 2008年
              -, 日本生体エネルギー研究会(幹事)

            ページ上部へ戻る