教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

新林 卓也

シンバヤシ タクヤ

人間・環境学研究科 相関環境学専攻分子・生命環境論講座 助教

新林 卓也
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 総合人間学部

    所属学協会

    • 錯体化学会
    • 近畿化学協会
    • 有機合成化学協会
    • 日本化学会

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程物質エネルギー化学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻博士後期課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部工業化学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      大阪府立三国丘高等学校

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院人間・環境学研究科, 助教
    • 自 2017年04月, 至 2018年03月
      日本学術振興会, 特別研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ·触媒への応用を志向した複核錯体の設計・合成
        ·遷移金属錯体触媒によるイソシアニドを活用した含窒素化合物合成法の開発
      • 研究概要

        複数の金属中心を有する多核錯体は単核錯体と異なる特異な反応性・触媒作用の発現が期待されるが,多核錯体は単核錯体と比べて一般的な合成法が確立しているわけではないため,適切な配位子設計が求められる.多核錯体,特に二核錯体構造を効率的に構築できる配位子の設計および錯体形成について詳しく検討している.
        また,イソシアニドを反応剤として活用し,他の金属試薬との併用による含窒素化合物の新規な効率的合成法開発を進めている.

      研究キーワード

      • 有機合成化学
      • 錯体化学
      • 有機金属化学

      研究分野

      • ナノテク・材料, 有機合成化学

      論文

      • Iridium-Catalyzed Dehydrogenative Reactions
        Takuya Shimbayashi; Ken-ichi Fujita
        Iridium Catalysts for Organic Reactions, 2021年
      • Recent Advances in Homogeneous Catalysis via Metal–Ligand Cooperation Involving Aromatization and Dearomatization
        Takuya Shimbayashi; Ken-ichi Fujita
        Catalysts, 2020年06月07日
      • Metal-catalyzed hydrogenation and dehydrogenation reactions for efficient hydrogen storage
        Takuya Shimbayashi; Ken-ichi Fujita
        TETRAHEDRON, 2020年03月
      • Effect of a Substituent in Cyclopentadienyl Ligand on Iridium-Catalyzed Acceptorless Dehydrogenation of Alcohols and 2-Methyl-1,2,3,4-tetrahydroquinoline
        Jaeyoung Jeong; Takuya Shimbayashi; Ken-ichi Fujita
        Catalysts, 2019年10月, 査読有り
      • Successive Activation of C-H and C-O Bonds of Vinyl Ethers by a Diphosphine and Hydrido-Bridged Diiridium Complex
        Yoshinori Takahashi; Takuya Shimbayashi; Ken-ichi Fujita
        INORGANICS, 2019年10月
      • Iridium-Catalyzed Transfer Hydrogenation of Ketones and Aldehydes Using Glucose as a Sustainable Hydrogen Donor
        Masato Yoshida; Ryota Hirahata; Takayoshi Inoue; Takuya Shimbayashi; Ken-ichi Fujita
        Catalysts, 2019年05月, 査読有り
      • Environmentally Friendly Synthesis of N-Methylated Nitrogen Heterocycles from an Aqueous Solution of Methylamine and Diols
        HETEROCYCLES, 2019年, 査読有り
      • Recent Progress on Cyclic Nitrenoid Precursors in Transition-metal-catalyzed Nitrene-transfer Reactions
        Takuya Shimbayashi; Kohei Sasakura; Akira Eguchi; Kazuhiro Okamoto; Kouichi Ohe
        Chemistry - A European Journal, 2018年09月, 査読有り
      • Divergent Catalytic Approach from Cyclic Oxime Esters to Nitrogen-Containing Heterocycles with Group 9 Metal Catalysts
        Takuya Shimbayashi; Gaku Matsushita; Atsushi Nanya; Akira Eguchi; Kazuhiro Okamoto; Kouichi Ohe
        ACS Catalysis, 2018年07月, 査読有り
      • Dehydrogenative Transformation of Alcoholic Substrates in Aqueous Media Catalyzed by an Iridium Complex Having a Functional Ligand with α-Hydroxypyridine and 4,5-Dihydro-1H-imidazol-2-yl Moieties
        Masato Yoshida; Han Wang; Takuya Shimbayashi; Ken-ichi Fujita
        Catalysts, 2018年07月, 査読有り
      • Facile Construction of Tetrahydropyrrolizines by Iron-Catalyzed Double Cyclization of Alkene-Tethered Oxime Esters with 1,2-Disubstituted Alkenes
        Takuya Shimbayashi; Daiki Nakamoto; Kazuhiro Okamoto; Kouichi Ohe
        Organic Letters, 2018年05月18日, 査読有り
      • Iron-Catalyzed Aminative Cyclization/Intermolecular Homolytic Aromatic Substitution Using Oxime Esters and Simple Arenes
        Takuya Shimbayashi; Kazuhiro Okamoto; Kouichi Ohe
        Chemistry - An Asian Journal, 2018年02月16日, 査読有り
      • Palladium-Catalyzed Selective Formation of Substituted Pyrroles from Alkene-tethered Cyclic Oxime Esters
        Kouichi Ohe; Kazuhiro Okamoto; Tomohiro Oda; Takuya Shimbayashi
        HETEROCYCLES, 2018年, 査読有り
      • Generation of Stable Ruthenium(IV) Ketimido Complexes by Oxidative Addition of Oxime Esters to Ruthenium(II): Reactivity Studies Based on Electronic Properties of the Ru−N Bond
        Takuya Shimbayashi; Kazuhiro Okamoto; Kouichi Ohe
        Chemistry - A European Journal, 2017年11月, 査読有り
      • A 7-Step Formal Asymmetric Total Synthesis of Strictamine via an Asymmetric Propargylation and Metal-Mediated Cyclization
        Myles W. Smith; Zhiyao Zhou; Alison X. Gao; Takuya Shimbayashi; Scott A. Snyder
        ORGANIC LETTERS, 2017年03月, 査読有り
      • Ruthenium-catalyzed Decarboxylative and Dehydrogenative Formation of Highly Substituted Pyridines from Alkene-tethered Isoxazol-5(4H)-ones
        Kazuhiro Okamoto; Kohei Sasakura; Takuya Shimbayashi; Kouichi Ohe
        CHEMISTRY LETTERS, 2016年08月, 査読有り
      • Synthesis of 2H-Azirines by Iridium-Catalyzed Decarboxylative Ring Contraction of Isoxazol-5(4H)-ones
        Kazuhiro Okamoto; Takuya Shimbayashi; Masato Yoshida; Atsushi Nanya; Kouichi Ohe
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2016年06月, 査読有り
      • C–H Activation Induced by Oxidative Addition of N–O Bonds in Oxime Esters: Formation of Rhodacycles and Cycloaddition with Alkynes
        Takuya Shimbayashi; Kazuhiro Okamoto; Kouichi Ohe
        Organometallics, 2016年06月, 査読有り
      • Indium-Catalyzed [2+2] Cycloaddition of Allylsilanes to Internal Alkynones
        Kazuhiro Okamoto; Takuya Shimbayashi; Eisuke Tamura; Kouichi Ohe
        ORGANIC LETTERS, 2015年12月, 査読有り
      • Synthesis of Imidazoles and Pyrimidines Using Palladium-Catalyzed Decarboxylatiye Intramolecular Condensation of 1,2,4-Oxadiazol-5(4H)-ones
        Takuya Shimbayashi; Kazuhiro Okamoto; Kouichi Ohe
        SYNLETT, 2014年08月, 査読有り
      • Palladium-catalyzed aza-wittig-type condensation of isoxazol-5(4H)-ones with aldehydes
        K. Okamoto; T. Shimbayashi; E. Tamura; K. Ohe
        Chemistry - A European Journal, 2014年, 査読有り

      書籍等出版物

      • Advances in Chemistry Research Vol. 48
        Bojidarka Ivanova; Michael Spiteller; Sofia Ahmed; Noureen Anwar; Muhammad Ali Sheraz; Iqbal Ahmad; Seijiro Hosokawa; Takuya Shimbayashi; Ken-ichi Fujita, 分担執筆, Environmentally Benign N-Alkylation of Amines, Ammonia, and Related Compounds Catalyzed by Ir Complexes Using Alcohols as Alkylating Reagents
        Nova Science Publishers, 2019年01月, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • キノリンを母骨格とした二核錯体合成とその触媒化学的応用
        若手研究
        小区分34010:無機・錯体化学関連
        京都大学
        新林 卓也
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        遷移金属錯体;キノリン配位子;ホスフィン配位子;二核構造;キノリン;触媒反応
      • 機能性配位子を有する鉄錯体触媒を用いた環境調和的酸化システムの構築
        研究活動スタート支援
        0502:無機・錯体化学、分析化学、無機材料化学、エネルギー関連化学およびその関連分野
        京都大学
        新林 卓也
        自 2018年08月24日, 至 2020年03月31日, 完了
        脱水素的酸化;錯体触媒;協働作用配位子;鉄錯体;酸化反応;機能性配位子;計算化学;環境調和型物質変換;脱水素化;アルコール;環境調和的物質変換;酸化還元反応
      • 水素社会の基盤構築に貢献する触媒的化学反応群の開発
        基盤研究(B)
        小区分33020:有機合成化学関連
        京都大学
        藤田 健一
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        均一系触媒;不均一系触媒;計算化学;水素;イリジウム;脱水素化
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子構造機能論演習B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          フロンティア化学
          後期, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎化学実験
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          探究型化学課題演習III
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          課題演習:分子の構造と機能
          後期, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子構造機能論演習B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          フロンティア化学
          後期, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎化学実験
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          探究型化学課題演習III-有機化合物の化学-
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          課題演習:分子の構造と機能
          後期, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子構造機能論演習B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          フロンティア化学
          後期, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎化学実験
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          探究型化学課題演習III-有機化合物の化学-
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          課題演習:分子の構造と機能
          後期, 総合人間学部

        ページ上部へ戻る