教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

宮本 章歳

ミヤモト アキトシ

生命科学研究科 高次生命科学専攻認知情報学講座 助教

宮本 章歳
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 修士(生命科学)(東京大学)
    • 博士(医学)(東京大学)

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 現在
      京都大学, 生命科学研究科, 助教
    • 自 2012年04月, 至 2018年03月
      理化学研究所, 脳科学総合研究センター, 研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      コツコツと地道に研究しています。

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        革新的超解像イメージング法を用いた脳神経ネットワーク機能の解明
      • 研究概要

        シナプス伝達の強弱を決めるシナプス可塑性は記憶・学習の基盤である。神経細胞には、シナプスで情報を受け取るスパインと呼ばれる構造があり、スパインの形態がシナプス可塑性を制御する。そこで、我々はIRISを用いて、スパインに局在するタンパク質群の局在を詳細に解析する事で、スパイン形態制御を介したシナプス可塑性制御機構の解明を目指す。

      研究キーワード

      • 包括脳ネットワーク
      • イメージング
      • アポトーシス
      • カルシウム

      研究分野

      • ライフサイエンス, 神経科学一般
      • ライフサイエンス, 神経科学一般

      論文

      • Dual-FRET imaging of IP3 and Ca2+ revealed Ca2+-induced IP3 production maintains long lasting Ca2+ oscillations in fertilized mouse eggs
        Toru Matsu-ura; Hideki Shirakawa; Kenichi G; N. Suzuki; Akitoshi Miyamoto; Kotomi Sugiura; Takayuki Michikawa; Akihiro Kusumi; Katsuhiko Mikoshiba
        Scientific Reports, 2019年, 査読有り
      • A novel multi lines analysis tool of Ca2+ dynamics reveals the nonuniformity of Ca2+ propagation.
        Akitoshi Miyamoto; Katsuhiko Mikoshiba
        Cell Calcium, 2019年, 査読有り
      • A novel gain-of-function mutation if the ITPR1 suppressor domain causes spinocerebellar ataxia with altered Ca2+ signal patterns.
        Jillian P.Casey; Taisei Hirouchi; Chihiro Hisatsune; Bryan Lynch; Raymond Murphy; Ainee M. Dunne; Akitoshi Miyamoto; Sean Ennis; Nick var der Spek; Bronagh O’Hici; Katsuhiko Mikoshiba; Sally Ann Lynch
        Journal of Neurology, 2017年, 査読有り
      • Probes for manipulating and monitoring IP3.
        Akitoshi Miyamoto; Katsuhiko Mikoshiba
        Cell Calcium, 2016年, 査読有り, 招待有り
      • Development of a convenient and supersensitive high-throughput screening system for genetically encoded fluorescent probes of small molecules using a confocal microscope.
        Akitoshi Miyamoto; Kotomi Sugiura; Katsuhiko Mikoshiba
        Cell Calcium, 2016年, 査読有り
      • Redox-assisted regulation of Ca2+ homeostasis in the endoplasmic reticulum by ERdj5
        Ryo Ushioda; Akitoshi Miyamoto; These authors contributed equally to this work; Michio Inoue; Satoshi Watanabe; Masaki Okumura; Ken-ichi Maegawa; Kaiku Uegaki; Shohei Fujii; Yasuko Fukuda; Masataka Umitsu; Jun-ichi Takagi; Kenji Inaba; Katsuhiko Mikoshiba; Kazuhiro Nagata
        Proc Natl Acad Sci U S A., 2016年, 査読有り
      • Differential calcium-dependent control of synaptic GABAA receptor clustering by ionotropic and metabotropic glutamate receptors
        Hiroko Bannai; Fumihiro Niwa; Mark W Sherwood; Amulya Nidhi Shrivastava; Misa Arizono; Akitoshi Miyamoto; Kotomi Sugiura; Sabine Lévi; Antoine Triller; Katsuhiko Mikoshiba
        Cell Reports, 2015年, 査読有り
      • 遺伝子コード型カルシウムセンサーを用いた長時間細胞内カルシウムイメージングに最適な顕微鏡システムの検証
        Akitoshi Miyamoto; Hiroko Bannai; Takayuki Michikawa; Katsuhiko Mikoshiba
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2013年05月, 査読有り
      • Receptor-Selective Diffusion Barrier Enhances Sensitivity of Astrocytic Processes to Metabotropic Glutamate Receptor Stimulation
        Misa Arizono; Hiroko Bannai; Kyoko Nakamura; Fumihiro Niwa; Masahiro Enomoto; Toru Matsu-ura; Akitoshi Miyamoto; Mark W. Sherwood; Takeshi Nakamura; Katsuhiko Mikoshiba
        SCIENCE SIGNALING, 2012年04月, 査読有り
      • Mechanistic basis of bell-shaped dependence of inositol 1,4,5-trisphosphate receptor gating on cytosolic calcium
        Tadashi Shinohara; Takayuki Michikawa; Masahiro Enomoto; Jun-Ichi Goto; Miwako Iwai; Toru Matsu-ura; Haruka Yamazaki; Akitoshi Miyamoto; Akio Suzuki; Katsuhiko Mikoshiba
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2011年09月, 査読有り

      受賞

      • 2016年01月11日
        新学術領域「グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態」, YoungGlia Platinum Award

      ページ上部へ戻る