教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

森井 孝

モリイ タカシ

エネルギー理工学研究所 エネルギー利用過程研究部門 教授

森井 孝
list
    Last Updated :2022/09/30

    基本情報

    協力講座

    • エネルギー科学研究科, エネルギー基礎科学専攻 エネルギー物質科学講座, 教授

    学内兼務

    • 学際融合教育研究推進センター, 非線形・非平衡プラズマ科学研究ユニット

    所属学協会

    • 日本RNA学会
    • 高分子学会
    • 日本化学会
    • アメリカ化学会
    • AAAS(米国)

    学位

    • 工学修士(京都大学)
    • 工学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程合成化学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院工学研究科博士後期課程合成化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部合成化学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      淳心学院高等学校, ジュンシンガクインコウトウガッコウ

    経歴

    • 自 2002年
      :同講師
    • 自 1998年
      :京都大学エネルギー理工学研究所助手
    • 自 1992年
      :京都工芸繊維大学繊維学部助手
    • 自 1990年
      :日本学術振興会特別研究員(PD)
    • 自 1989年
      :米国カリフォルニア工科大学博士研究員
    • 自 1988年
      :米国コロンビア大学博士研究員

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/30

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        特定の集合状態にある受容体、酵素の機能
        人工代謝経路の作動原理
        RNA-ペプチド複合体を用いたセンサー、酵素の開発
        リセプタータンパク質を用いた細胞内蛍光センサーによるシグナル伝達経路の可視化
        アミロイドペプチドの凝集機構におけるリン酸化の役割
      • 研究概要

        タンパク質やRNAに狙った機能を発揮させるにはどのように設計すればよいか、そして「細胞の中」で機能しているタンパク質やRNAの精緻な組織体を、どのようにして機能を保ったまま「細胞の外」で構築するかを研究しています。これらの研究を通じて、人工光合成や人工代謝系のようなクリーンで高効率なエネルギーの生産や利用ができるタンパク質・RNA組織体の構築を目指しています。

        特定の集合状態にある受容体、酵素の機能 ー タンパク質・酵素ナノ構造体による分子コンビナートの開発
        細胞内では、タンパク質やRNA などの生体高分子がナノスケールの空間中で特徴的な組織体を形成して、物質変換やシグナル伝達などの機能を発揮しています。DNAナノ構造体を足場として利用して、複数のタンパク質、酵素、RNAなどを1分子ずつ狙った場所に配置した「分子スイッチボード」によって、細胞内の特定空間に配置された酵素や受容体の機能を細胞外で検証します。そこでわかった原理をもとにして、多段階の化学反応が細胞内の代謝反応のように高効率に進行する「分子コンビナート」を構築し、細胞の外での人工代謝システムの実現を目指しています。


        RNAタンパク質複合体の機能を設計する原理を確立する
         生物は、太陽光エネルギーを利用した植物の光合成で生産される化学エネルギーを、タンパク質・核酸・酵素などの生体高分子が利用して、生命活動を維持しています。これらの生体高分子やその複合体は、常温・常圧・水の中という温和な条件で、物質変換・運動・センシングをはじめとする機能を発揮して、高効率に化学エネルギーを利用しています。「分子認識」、「触媒」、「ナノ構造形成」、「太陽光エネルギー変換」などの、生物のエネルギー利用原理をささえる機能を発揮する生体高分子を、細胞の外でも使えるように新たに創り出すことで、有効に化学エネルギーを活用するためのクリーンで高効率なエネルギー利用システムが実現するはずです。最小限の大きさのタンパク質(ミニチュアタンパク質)やミニチュアタンパク質とRNA の複合体、そしてナノメートルの精度で配置されたタンパク質やRNA の組織体を、目的とする機能を発揮するように設計・構築して、生物に匹敵するエネルギー利用機能を発揮する方法論の確立を目指しています。

        機能性RNA‒ペプチド複合体の開発
        ペプチドとRNAの複合体であるリボヌクレオペプチド(RNP)に、三次元構造をもとにした分子設計と進化工学手法を適用することで、標的とする分子に対するRNPリセプターが構築できます。さらに、RNPリセプターには新たな機能を付与する事が可能です。この段階的なRNP機能化法によって、標的分子に狙った波長で応答する蛍光センサーや人工酵素を作製します。

        リセプタータンパク質を用いた細胞内蛍光センサーの創製
        天然のリセプタータンパク質を基本骨格として用いて、合成化学的または遺伝子工学的手法によって構築した、細胞内シグナル伝達分子に対する蛍光センサーによって、細胞内シグナル伝達システムを可視化し、シグナル伝達機能の理解を進めます。

        アミロイドペプチドの凝集機構におけるリン酸化の役割
        生体内のタンパク質の中には自己組織化し、球状や繊維状などの構造体を形成するものが知られています。アルツハイマー病の患者の病理学的特徴である脳内にタウタンパク質を主成分とする繊維状の沈着物は、細胞を傷つけて神経細胞死を引き起こすと考えられています。タウは常に繊維化するわけではなく、ある特別な環境下で過剰なリン酸化を受けた場合に繊維化が誘発されると考えられています。タウタンパク質のモデルペプチドを用いて、特定の位置のチロシンをリン酸化すると、アミロイド凝集体の形成が促進されました。タウのどの位置アミノ酸がリン酸化されると繊維化が引き起こされるのかを関連付ける「タウリン酸化コード」を明らかにすることを目的にしています。

      研究キーワード

      • 生体エネルギー
      • 人工酵素
      • 超分子
      • 分子センサー
      • 協同性
      • 分子認識
      • 核酸
      • タンパク質

      研究分野

      • ナノテク・材料, 生物分子化学

      論文

      • RNA-タンパク質複合体の分子進化を利用したアプタマーとセンサーの開発
        福田 将虎; 森井 孝
        生物物理, 2008年07月25日
      • SLD2 OXIDATIVE STRAND SCISSION OF DNA
        Matsuura Teruo; Saito Isao; Sugiyama Hiroshi; Morii Takashi
        International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 1988年05月29日
      • 2P101 Biochemical modification of pathological protein aggregation(31. Protein folding and misfolding (II),Poster Session,Abstract,Meeting Program of EABS & BSJ 2006)
        Konno Takashi; Hirata Akiyoshi; Oiki Shigetoshi; Ikura Koji; Morii Takashi
        生物物理, 2006年
      • A two-step screening to optimize the signal response of an auto-fluorescent protein-based biosensor.
        Shunsuke Tajima; Eiji Nakata; Reiko Sakaguchi; Masayuki Saimura; Yasuo Mori; Takashi Morii
        RSC advances, 2022年05月17日
      • Topologically-Interlocked Minicircles as Probes of DNA Topology and DNA-Protein Interactions.
        Arivazhagan Rajendran; Kirankumar Krishnamurthy; Seojeong Park; Eiji Nakata; Youngjoo Kwon; Takashi Morii
        Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany), 2022年04月19日
      • Topologically-Interlocked Minicircles as Probes of DNA Topology and DNA-Protein Interactions.
        Arivazhagan Rajendran; Kirankumar Krishnamurthy; Seojeong Park; Eiji Nakata; Youngjoo Kwon; Takashi Morii
        Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany), 2022年04月19日
      • Tuning the Reactivity of a Substrate for SNAP-Tag Expands Its Application for Recognition-Driven DNA-Protein Conjugation.
        Zhengxiao Zhang; Eiji Nakata; Huyen Dinh; Masayuki Saimura; Arivazhagan Rajendran; Kazunari Matsuda; Takashi Morii
        Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany), 2021年12月23日
      • Augmentation of an Engineered Bacterial Strain Potentially Improves the Cleanup of PCB Water Pollution.
        Tomijiro Hara; Yumiko Takatsuka; Eiji Nakata; Takashi Morii
        Microbiology spectrum, 2021年12月22日
      • Conditional dependence of enzyme cascade reaction efficiency on the inter-enzyme distance.
        Peng Lin; Huyen Dinh; Eiji Nakata; Takashi Morii
        Chemical communications (Cambridge, England), 2021年10月26日
      • Stabilization and structural changes of 2D DNA origami by enzymatic ligation.
        Arivazhagan Rajendran; Kirankumar Krishnamurthy; Amulya Giridasappa; Eiji Nakata; Takashi Morii
        Nucleic acids research, 2021年08月20日
      • Dynamic Shape Transformation of a DNA Scaffold Applied for an Enzyme Nanocarrier.
        Peng Lin; Huyen Dinh; Eiji Nakata; Takashi Morii
        Frontiers in chemistry, 2021年
      • トランスグルタミナーゼ架橋 : 生体内タンパク質凝集の修飾因子
        今野 卓; 森井 孝; 伊倉 宏司
        生物物理, 2006年03月25日
      • 蛋白質の共有結合的凝集と非共有結合的凝集の過程間相互作用
        今野 卓; 森井 孝; 伊倉 宏司
        生物物理, 2003年
      • 1P-096 リン酸化タウ由来ペプチドの繊維性凝集における電荷対形成効果(蛋白質・物性(1),第46回日本生物物理学会年会)
        Konno Takashi; Inoue Masafumi; Morii Takashi
        生物物理, 2008年
      • A facile combinatorial approach to construct a ratiometric fluorescent sensor: application for the real-time sensing of cellular pH changes.
        Eiji Nakata; Hisaaki Hirose; Khongorzul Gerelbaatar; Jan Vincent V Arafiles; Zhengxiao Zhang; Shiroh Futaki; Takashi Morii
        Chemical science, 2021年05月08日
      • Evaluation of the role of the DNA surface for enhancing the activity of scaffolded enzymes
        Peng Lin; Huyen Dinh; Yuki Morita; Zhengxiao Zhang; Eiji Nakata; Masahiro Kinoshita; Takashi Morii
        Chemical Communications, 2021年03月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • RNA-Peptide Conjugation through an Efficient Covalent Bond Formation
        Shun Nakano; Taiki Seko; Zhengxiao Zhang; Takashi Morii
        APPLIED SCIENCES-BASEL, 2020年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Cryogenic Far-Field Fluorescence Nanoscopy: Evaluation with DNA Origami
        Taku Furubayashi; Keita Ishida; Eiji Nakata; Takashi Morii; Kanta Naruse; Michio Matsushita; Satoru Fujiyoshi
        The Journal of Physical Chemistry B, 2020年09月03日, 査読有り
      • Enhanced enzymatic activity exerted by a packed assembly of a single type of enzyme
        Huyen Dinh; Eiji Nakata; Kaori Mutsuda-Zapater; Masayuki Saimura; Masahiro Kinoshita; Takashi Morii
        Chemical Science, 2020年09月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Fluorescence detection of the nitric oxide-induced structural change at the putative nitric oxide sensing segment of TRPC5
        Shunsuke Tajima; Eiji Nakata; Reiko Sakaguchi; Masayuki Saimura; Yasuo Mori; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2020年04月
      • Influence of polymer molecular weight on the properties of in situ synthesized silver-methylcellulose nanocomposite films with a CO2 laser
        Hayato Nishikawa; Eiji Nakata; Shun Nakano; Takashi Nakajima; Takashi Morii
        JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 2020年02月
      • Receptor-based fluorescent sensors constructed from ribonucleopeptide
        Shun Nakano; Hiroaki Konishi; Takashi Morii
        Methods in Enzymology, 2020年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Reaction of ribulose biphosphate carboxylase/oxygenase assembled on a DNA scaffold
        Huyen Dinh; Eiji Nakata; Peng Lin; Masayuki Saimura; Hiroki Ashida; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2019年11月, 査読有り
      • Nanometer Accuracy in Cryogenic Far-Field Localization Microscopy of Individual Molecules
        Taku Furubayashi; Keita Ishida; Hiromu Kashida; Eiji Nakata; Takashi Morii; Michio Matsushita; Satoru Fujiyoshi
        The Journal of Physical Chemistry Letters, 2019年10月03日
      • Rational design of a DNA sequence-specific modular protein tag by tuning the alkylation kinetics
        Thang Minh Nguyen; Eiji Nakata; Zhengxiao Zhang; Masayuki Saimura; Huyen Dinh; Takashi Morii
        CHEMICAL SCIENCE, 2019年10月
      • Protein adaptors assemble functional proteins on DNA scaffolds
        Tien Anh Ngo; Huyen Dinh; Thang Minh Nguyen; Fong Fong Liew; Eiji Nakata; Takashi Morii
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2019年10月
      • Highly selective dual sensing of ATP and ADP using fluorescent ribonucleopeptide sensors
        Shun Nakano; Musashi Shimizu; Huyen Dinh; Takashi Morii
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2019年02月
      • Contribution of Coiled-coil Assembly to Ca2+/Calmodulin-dependent Inactivation of TRPC6 Channel and its Impacts on FSGS-associated Phenotypes
        Polat, Onur; Uno, Masatoshi; Maruyama, Terukazu; Tran, Ha; Imamura, Kayo; Wong, Chee Fah; Sakaguchi, Reiko; Ariyoshi, Mariko; Kyohei , Itsuki; Ichikawa, Jun; Morii, Takashi; Shirakawa, Masahiro; Inoue, Ryuji; Asanuma, Katsuhiko; Reiser, Jochen; Tochio, Hidehito; Mori, Yasuo; Mori, Masayuki
        Journal of the American Society of Nephrology, 2019年, 査読有り
      • DNA binding adaptors to assemble proteins of interest on DNA scaffold
        Eiji Nakata; Huyen Dinh; Thang Minh Nguyen; Takashi Morii
        METABOLONS AND SUPRAMOLECULAR ENZYME ASSEMBLIES, 2019年, 査読有り
      • Covalent Bond Formation by Modular Adaptors to Locate Multiple Enzymes on a DNA Scaffold
        Eiji Nakata; Shun Nakano; Arivazhagan Rajendran; Takashi Morii
        Kinetic Control in Synthesis and Self-Assembly, 2019年01月, 査読有り
      • Facile conversion of ATP-binding RNA aptamer to quencher-free molecular aptamer beacon
        Yoojin Park; Duangrat Nim-anussornkul; Tirayut Vilaivan; Takashi Morii; Byeang Hyean Kim
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2018年01月
      • DNA Origami Scaffolds as Templates for Functional Tetrameric Kir3 K+ Channels
        T. Kurokawa; S. Kiyonaka; E. Nakata; M. Endo; S. Koyama; E. Mori; N. H. Tran; H. Dinh; Y. Suzuki; K. Hidaka; M. Kawata; C. Sato; H. Sugiyama; T. Morii; Y. Mori
        Angewandte Chemie, International Edition, 2018年, 査読有り
      • A Diversity-Oriented Library of Fluorophore-Modified Receptors Constructed from a Chemical Library of Synthetic Fluorophores
        Shun Nakano; Tomoki Tamura; Raj Kumar Das; Eiji Nakata; Young-Tae Chang; Takashi Morii
        CHEMBIOCHEM, 2017年11月, 査読有り
      • Design of Modular Protein Tags for Orthogonal Covalent Bond Formation at Specific DNA Sequences
        Thang Minh Nguyen; Eiji Nakata; Masayuki Saimura; Huyen Dinh; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2017年06月, 査読有り
      • Nucleic-Acid-Templated Enzyme Cascades
        Arivazhagan Rajendran; Eiji Nakata; Shun Nakano; Takashi Morii
        CHEMBIOCHEM, 2017年04月, 査読有り
      • Visualization of organelle-specific thermodynamics
        Yuta Yasuyoshi; Masahiko Hatano; Reiko Sakaguchi; Shigeki Kiyonaka; Itaru Hamachi; Takashi Morii; Takenao Yoshizaki; Yasuo Mori
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2017年03月
      • DNA折り紙
        森井 孝
        高分子, 2017年03月, 招待有り
      • Construction of a library of structurally diverse ribonucleopeptides with catalytic groups
        Tomoki Tamura; Shun Nakano; Eiji Nakata; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2017年03月, 査読有り
      • Spatially Organized Enzymes Drive Cofactor-Coupled Cascade Reactions
        Tien Anh Ngo; Eiji Nakata; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2016年03月, 査読有り
      • Latent pH-responsive ratiometric fluorescent cluster based on self-assembled photoactivated SNARF derivatives
        Eiji Nakata; Yoshihiro Yukimachi; Yoshihiro Uto; Hitoshi Hori; Takashi Morii
        SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS, 2016年, 査読有り
      • Validating Subcellular Thermal Changes Revealed by Fluorescent Thermosensors
        S. Kiyonaka; R. Sakaguchi; I. Hamachi; T. Morii; T. Yoshizaki; Y. Mori
        Nature Methods, 2015年09月, 査読有り
      • Self-Assembled Fluorescent Nanoprobe for the Detection of Fluoride Ions in Aqueous Solutions
        Eiji Nakata; Yoshijiro Nazumi; Yoshihiro Yukimachi; Yoshihiro Uto; Hitoshi Hori; Takashi Morii
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2015年02月, 査読有り
      • A modular zinc finger adaptor accelerates the covalent linkage of proteins at specific locations on DNA nanoscaffolds
        Eiji Nakata; Huyen Dinh; Tien Anh Ngo; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2015年, 査読有り
      • Phosphorylation regulates fibrillation of an aggregation core peptide in the second repeat of microtubule-binding domain of human tau
        Masafumi Inoue; Shinji Kaida; Shun Nakano; Chiara Annoni; Eiji Nakata; Takashi Konno; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2014年11月, 査読有り
      • A Neutron Dynamic Therapy with a Boron Tracedrug UTX-51 Using a Compact Neutron Generator
        Hitoshi Hori; Ryu Tada; Yoshihiro Uto; Eiji Nakata; Takashi Morii; Kai Masuda
        ANTICANCER RESEARCH, 2014年08月, 査読有り
      • A Neutron Dynamic Therapy with a Boron Tracedrug UTX-51 Using a Compact Neutron Generator
        H. Hori; R. Tada; Y. Uto; E. Nakata; T. Morii; K. Masuda
        ANTICANCER RESEARCH, 2014年06月10日, 査読有り
      • A protein adaptor to locate a functional protein dimer on molecular switchboard
        Tien Anh Ngo; Eiji Nakata; Masayuki Saimura; Tsutomu Kodaki; Takashi Morii
        METHODS, 2014年05月, 査読有り
      • Peptidosteroid Tweezers Revisited: DNA Binding Through an Optimised Design
        Lieselot L. G. Carrette; Takashi Morii; Annemieke Madder
        EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2014年05月, 査読有り
      • A novel strategy to design latent ratiometric fluorescent pH probes based on self-assembled SNARF derivatives
        Eiji Nakata; Yoshihiro Yukimachi; Yoshijiro Nazumi; Maki Uwate; Hideaki Maseda; Yoshihiro Uto; Toshihiro Hashimoto; Yasuko Okamoto; Hitoshi Hori; Takashi Morii
        RSC ADVANCES, 2014年, 査読有り
      • Genetically encoded fluorescent thermosensors visualize subcellular thermoregulation in living cells
        Shigeki Kiyonaka; Taketoshi Kajimoto; Reiko Sakaguchi; Daisuke Shinmi; Mariko Omatsu-Kanbe; Hiroshi Matsuura; Hiromi Imamura; Takenao Yoshizaki; Itaru Hamachi; Takashi Morii; Yasuo Mori
        NATURE METHODS, 2013年12月, 査読有り
      • Toxicity Inspired Cross-Linking for Probing DNA-Peptide Interactions
        Lieselot L. G. Carrette; Takashi Morii; Annemieke Madder
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 2013年12月, 査読有り
      • A Peptide Nucleic Acid (PNA) Heteroduplex Probe Containing an Inosine-Cytosine Base Pair Discriminates a Single-Nucleotide Difference in RNA
        Katsuhiko Matsumoto; Eiji Nakata; Tomoki Tamura; Isao Saito; Yasunori Aizawa; Takashi Morii
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2013年04月, 査読有り
      • Simultaneous detection of ATP and GTP by covalently linked fluorescent ribonucleopeptide sensors
        Shun Nakano; Masatora Fukuda; Tomoki Tamura; Reiko Sakaguchi; Eiji Nakata; Takashi Morii
        Journal of the American Chemical Society, 2013年03月06日, 査読有り
      • Simultaneous detection of ATP and GTP by covalently linked fluorescent ribonucleopeptide sensors
        Shun Nakano; Masatora Fukuda; Tomoki Tamura; Reiko Sakaguchi; Eiji Nakata; Takashi Morii
        Journal of the American Chemical Society, 2013年03月06日, 査読有り
      • Simultaneous Detection of ATP and GTP by Covalently Linked Fluorescent Ribonucleopeptide Sensors
        Shun Nakano; Masatora Fukuda; Tomoki Tamura; Reiko Sakaguchi; Eiji Nakata; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2013年03月, 査読有り
      • Arranging enzymes and receptors with nanometer-scale precision on molecular switchboards
        Ngo Anh Tien; Eiji Nakata; Takashi Morii
        JOURNAL OF BIOMOLECULAR STRUCTURE & DYNAMICS, 2013年01月, 査読有り
      • Two Days of Experiments in Vietnam: Asian Chemical Biology Initiative, Hanoi Meeting
        Takashii Morii; Motonari Uesugi
        ACS CHEMICAL BIOLOGY, 2012年04月, 査読有り
      • Positional Effects of Phosphorylation on the Stability and Morphology of Tau-Related Amyloid Fibrils
        Masafumi Inoue; Takashi Konno; Kazuki Tainaka; Eiji Nakata; Hiro-o Yoshida; Takashi Morii
        BIOCHEMISTRY, 2012年02月, 査読有り
      • Positional Effects of Phosphorylation on the Stability and Morphology of Tau-Related Amyloid Fibrils
        Masafumi Inoue; Takashi Konno; Kazuki Tainaka; Eiji Nakata; Hiro-o Yoshida; Takashi Morii
        BIOCHEMISTRY, 2012年02月, 査読有り
      • Positional Effects of Phosphorylation on the Stability and Morphology of Tau-Related Amyloid Fibrils
        Masafumi Inoue; Takashi Konno; Kazuki Tainaka; Eiji Nakata; Hiro-o Yoshida; Takashi Morii
        BIOCHEMISTRY, 2012年02月, 査読有り
      • Assembling functional protein-nucleic acids complexes
        T. Morii
        Dongguk University,Dongguk University,2012.3.16, 2012年, 査読有り
      • Using DNA binding proteins for site-specific positioning of proteins on DNA origami
        E. Nakata; N.A. Tien; F.F. Liew; T. Morii
        ACBC2012,Okinawa,2012.7.4-6, 2012年, 査読有り
      • Novel strategy to control fluorescent property of asymmetric xanthene scaffold toward rationally designable fluorescent probe
        E. Nakata; T. Morii
        ISBC2012,Kanagawa,2012.11.28-30, 2012年, 査読有り
      • Zinc-Finger Proteins for Site-Specific Protein Positioning on DNA-Origami Structures
        Eiji Nakata; Fong Fong Liew; Chisana Uwatoko; Shigeki Kiyonaka; Yasuo Mori; Yousuke Katsuda; Masayuki Endo; Hiroshi Sugiyama; Takashi Morii
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2012年, 査読有り
      • Construction of ratiometric fluorescent sensors by ribonucleopeptides
        Chiara Annoni; Eiji Nakata; Tomoki Tamura; Fong Fong Liew; Shun Nakano; Maria Luisa Gelmi; Takashi Morii
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2012年, 査読有り
      • Zinc finger proteins as adaptor for locating proteins at specific addresses of DNA origami
        E. Nakata; L. Fong; C. Uwatoko; S. Kiyonaka; Y. Mori; Y. Katsuda; M. Endo; H. Sugiyama; T. Morii
        Angew. Chem. Int. Ed, 2012年, 査読有り
      • Zinc-Finger Proteins for Site-Specific Protein Positioning on DNA-Origami Structures
        Eiji Nakata; Fong Fong Liew; Chisana Uwatoko; Shigeki Kiyonaka; Yasuo Mori; Yousuke Katsuda; Masayuki Endo; Hiroshi Sugiyama; Takashi Morii
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2012年, 査読有り
      • Zinc-Finger Proteins for Site-Specific Protein Positioning on DNA-Origami Structures
        Eiji Nakata; Fong Fong Liew; Chisana Uwatoko; Shigeki Kiyonaka; Yasuo Mori; Yousuke Katsuda; Masayuki Endo; Hiroshi Sugiyama; Takashi Morii
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2012年, 査読有り
      • Design and synthesis of biotinylated inositol 1,3,4,5-tetrakisphosphate targeting Grp1 pleckstrin homology domain
        Kensaku Anraku; Teruhiko Inoue; Kenji Sugimoto; Kota Kudo; Yoshinari Okamoto; Takashi Morii; Yasuo Mori; Masami Otsuka
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2011年11月, 査読有り
      • A ribonucleopeptide module for effective conversion of an RNA aptamer to a fluorescent sensor
        Fong Fong Liew; Hironori Hayashi; Shun Nakano; Eiji Nakata; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2011年10月, 査読有り
      • Facile conversion of RNA aptamers to modular fluorescent sensors with tunable detection wavelengths
        Shun Nakano; Eiji Nakata; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2011年08月, 査読有り
      • Construction of dopamine sensors by using fluorescent ribonucleopeptide complexes
        Fong Fong Liew; Tetsuya Hasegawa; Masatora Fukuda; Eiji Nakata; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2011年08月, 査読有り
      • Structural Aspects for the Recognition of ATP by Ribonucleopeptide Receptors
        Shun Nakano; Tsukasa Mashima; Akimasa Matsugami; Masafumi Inoue; Masato Katahira; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2011年03月, 査読有り
      • The Mechanism of Fibril Formation of a Non-inhibitory Serpin Ovalbumin Revealed by the Identification of Amyloidogenic Core Regions
        Naoki Tanaka; Yumi Morimoto; Yurika Noguchi; Tomoko Tada; Tomonori Waku; Shigeru Kunugi; Takashi Morii; Yin-Fai Lee; Takashi Konno; Nobuyuki Takahashi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年02月, 査読有り
      • Selective Assembly of Photosynthetic Antenna Proteins into a Domain-Structured Lipid Bilayer for the Construction of Artificial Photosynthetic Antenna Systems: Structural Analysis of the Assembly Using Surface Plasmon Resonance and Atomic Force Microscopy
        Ayumi Sumino; Takehisa Dewa; Masaharu Kondo; Takashi Morii; Hideki Hashimoto; Alastair T. Gardiner; Richard J. Cogdell; Mamoru Nango
        LANGMUIR, 2011年02月, 査読有り
      • Design and synthesis of highly solvatochromic fluorescent 2 '-deoxyguanosine and 2 '-deoxyadenosine analogs
        Katsuhiko Matsumoto; Naoya Takahashi; Azusa Suzuki; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2011年02月, 査読有り
      • Design and synthesis of highly solvatochromic fluorescent 2 '-deoxyguanosine and 2 '-deoxyadenosine analogs
        Katsuhiko Matsumoto; Naoya Takahashi; Azusa Suzuki; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2011年02月, 査読有り
      • Selective Assembly of Photosynthetic Antenna Proteins into a Domain-Structured Lipid Bilayer for the Construction of Artificial Photosynthetic Antenna Systems: Structural Analysis of the Assembly Using Surface Plasmon Resonance and Atomic Force Microscopy
        Ayumi Sumino; Takehisa Dewa; Masaharu Kondo; Takashi Morii; Hideki Hashimoto; Alastair T. Gardiner; Richard J. Cogdell; Mamoru Nango
        LANGMUIR, 2011年02月, 査読有り
      • The Mechanism of Fibril Formation of a Non-inhibitory Serpin Ovalbumin Revealed by the Identification of Amyloidogenic Core Regions
        Naoki Tanaka; Yumi Morimoto; Yurika Noguchi; Tomoko Tada; Tomonori Waku; Shigeru Kunugi; Takashi Morii; Yin-Fai Lee; Takashi Konno; Nobuyuki Takahashi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年02月, 査読有り
      • Recent progress in the construction methodology of fluorescent biosensors based on biomolecules
        森井 孝
        Biosensors for Health, Environment and Biosecurity, 2011年02月, 査読有り
      • Design and synthesis of highly solvatochromic fluorescent 2 '-deoxyguanosine and 2 '-deoxyadenosine analogs
        Katsuhiko Matsumoto; Naoya Takahashi; Azusa Suzuki; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2011年02月, 査読有り
      • Selective Assembly of Photosynthetic Antenna Proteins into a Domain-Structured Lipid Bilayer for the Construction of Artificial Photosynthetic Antenna Systems: Structural Analysis of the Assembly Using Surface Plasmon Resonance and Atomic Force Microscopy
        Ayumi Sumino; Takehisa Dewa; Masaharu Kondo; Takashi Morii; Hideki Hashimoto; Alastair T. Gardiner; Richard J. Cogdell; Mamoru Nango
        LANGMUIR, 2011年02月, 査読有り
      • The Mechanism of Fibril Formation of a Non-inhibitory Serpin Ovalbumin Revealed by the Identification of Amyloidogenic Core Regions
        Naoki Tanaka; Yumi Morimoto; Yurika Noguchi; Tomoko Tada; Tomonori Waku; Shigeru Kunugi; Takashi Morii; Yin-Fai Lee; Takashi Konno; Nobuyuki Takahashi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年02月, 査読有り
      • Reconstitution and AFM observation of photosynthetic membrane protein assembly in planar lipid bilayers
        Ayumi Sumino; Takehisa Dewa; Nobuaki Sasaki; Natsuko Watanabe; Masaharu Kondo; Takashi Morii; Hideki Hashimoto; Mamoru Nango
        e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, 2011年01月29日, 査読有り
      • Material Analysis Laboratory in KU-FEL, Kyoto University
        Kyohei Yoshida; Taro Sonobe; Mahoumd Bakr; Tetsuo Sakka; Takashi Sagawa; Eiji Nakata; Takashi Morii; Toshiteru Kii; Kai Masuda; Hideaki Ohgaki
        9TH ECO-ENERGY AND MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING SYMPOSIUM, 2011年, 査読有り
      • Modular Functionalization of Ribonucleopeptide Assemblies
        T. Morii
        School of Physical &Mathematical Sciences , Nanyang Technological University, Singapore,2011.4.13, 2011年, 査読有り
      • A Modular Strategy for Assembling Receptors and Sensors from Ribonucleopeptides
        T. Morii
        2nd Asian 3Round Table on Nucleic Acids,China,2011.10.15, 2011年, 査読有り
      • Design of environmentally sensitive fluorescent 2 '-deoxyguanosine containing arylethynyl moieties: Distinction of thymine base by base-discriminating fluorescent (BDF) probe
        Yuta Shinohara; Katsuhiko Matsumoto; Kenji Kugenuma; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2010年05月, 査読有り
      • Design of environmentally sensitive fluorescent 2 '-deoxyguanosine containing arylethynyl moieties: Distinction of thymine base by base-discriminating fluorescent (BDF) probe
        Yuta Shinohara; Katsuhiko Matsumoto; Kenji Kugenuma; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2010年05月, 査読有り
      • Design of environmentally sensitive fluorescent 2 '-deoxyguanosine containing arylethynyl moieties: Distinction of thymine base by base-discriminating fluorescent (BDF) probe
        Yuta Shinohara; Katsuhiko Matsumoto; Kenji Kugenuma; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2010年05月, 査読有り
      • Design Strategies of Fluorescent Biosensors Based on Biological Macromolecular Receptors
        Kazuki Tainaka; Reiko Sakaguchi; Hironori Hayashi; Shun Nakano; Fong Fong Liew; Takashi Morii
        SENSORS, 2010年02月, 査読有り
      • The structural characterization of an ATP-binding ribonucleopeptide receptor
        S. Nakano; M. Fukuda; T. Mashima; M. Katahira; T. Morii
        The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii Convention Center, 2010.12.15-20, 2010年, 査読有り
      • Development of ribonucleopeptide based fluorescent sensors of dopamine
        F.F. Liew; M. Fukuda; K. Tainaka; S. Nakano; T. Morii
        The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii Convention Center, 2010.12.15-20, 2010年, 査読有り
      • Molecular Recognitiom by Ribonucleopeptides
        T. Morii
        Pacifichem 2010, Hawaii Convention Center, 2010.12.19, 2010年, 査読有り
      • An In Vivo Fluorescent Sensor Reveals Intracellular Ins(1,3,4,5)P4 Dynamics in Single Cells
        R Sakaguchi; K Tainaka; N Shimada; S Nakano; M Inoue; S Kiyonaka; Y Mori; T Morii
        Angew. Chem. Int. Ed., 49, 2010, 2010年, 査読有り
      • An In Vivo Fluorescent Sensor Reveals Intracellular Ins(1,3,4,5)P-4 Dynamics in Single Cells
        Reiko Sakaguchi; Kazuki Tainaka; Naoko Shimada; Shun Nakano; Masafumi Inoue; Shigeki Kiyonaka; Yasuo Mori; Takashi Morii
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2010年, 査読有り
      • Light Energy Induced Fluorescence Switching Based on Novel Photochromic Nucleosides
        Katsuhiko Matsumoto; Yoshio Saito; Isao Saito; Takashi Morii
        Green Energy and Technology, 2010年, 査読有り
      • Development of Fluorescent Ribonucleopeptide-Based Sensors for Biologically Active Amines
        Fong Fong Liew; Masatora Fukuda; Takashi Morii
        Green Energy and Technology, 2010年, 査読有り
      • Construction of the Artificial Enzyme for Using Solar Energy
        Shun Nakano; Masatora Fukuda; Kazuki Tainaka; Takashi Morii
        Green Energy and Technology, 2010年, 査読有り
      • Construction of the Functional Biomolecules with the Ribonucleopeptide Complexes
        Masatora Fukuda; Fong Fong Liew; Shun Nakano; Takashi Morii
        Green Energy and Technology, 2010年, 査読有り
      • An In Vivo Fluorescent Sensor Reveals Intracellular Ins(1,3,4,5)P-4 Dynamics in Single Cells
        Reiko Sakaguchi; Kazuki Tainaka; Naoko Shimada; Shun Nakano; Masafumi Inoue; Shigeki Kiyonaka; Yasuo Mori; Takashi Morii
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2010年, 査読有り
      • An In Vivo Fluorescent Sensor Reveals Intracellular Ins(1,3,4,5)P-4 Dynamics in Single Cells
        Reiko Sakaguchi; Kazuki Tainaka; Naoko Shimada; Shun Nakano; Masafumi Inoue; Shigeki Kiyonaka; Yasuo Mori; Takashi Morii
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2010年, 査読有り
      • Pyrene-labeled deoxyguanosine as a fluorescence sensor to discriminate single and double stranded DNA structures: Design of ends free molecular beacons
        Katsuhiko Matsumoto; Yuta Shinohara; Subhendu S. Bag; Yoshiki Takeuchi; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2009年11月, 査読有り
      • Pyrene-labeled deoxyguanosine as a fluorescence sensor to discriminate single and double stranded DNA structures: Design of ends free molecular beacons
        Katsuhiko Matsumoto; Yuta Shinohara; Subhendu S. Bag; Yoshiki Takeuchi; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2009年11月, 査読有り
      • Pyrene-labeled deoxyguanosine as a fluorescence sensor to discriminate single and double stranded DNA structures: Design of ends free molecular beacons
        Katsuhiko Matsumoto; Yuta Shinohara; Subhendu S. Bag; Yoshiki Takeuchi; Takashi Morii; Yoshio Saito; Isao Saito
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2009年11月, 査読有り
      • A single circularly permuted GFP sensor for inositol-1,3,4,5-tetrakisphosphate based on a split PH domain
        Reiko Sakaguchi; Takashi Endoh; Seigo Yamamoto; Kazuki Tainaka; Kenji Sugimoto; Nobutaka Fujieda; Shigeki Kiyonaka; Yasuo Mori; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2009年10月, 査読有り
      • Fluorescence switching of photochromic vinylpyrene-substituted 2 '-deoxyguanosine
        Yoshio Saito; Katsuhiko Matsumoto; Yoshiki Takeuchi; Subhendu Sekhar Bag; Satoshi Kodate; Takashi Morii; Isao Saito
        TETRAHEDRON LETTERS, 2009年04月, 査読有り
      • Fluorescence switching of photochromic vinylpyrene-substituted 2 '-deoxyguanosine
        Yoshio Saito; Katsuhiko Matsumoto; Yoshiki Takeuchi; Subhendu Sekhar Bag; Satoshi Kodate; Takashi Morii; Isao Saito
        TETRAHEDRON LETTERS, 2009年04月, 査読有り
      • Fluorescence switching of photochromic vinylpyrene-substituted 2 '-deoxyguanosine
        Yoshio Saito; Katsuhiko Matsumoto; Yoshiki Takeuchi; Subhendu Sekhar Bag; Satoshi Kodate; Takashi Morii; Isao Saito
        TETRAHEDRON LETTERS, 2009年04月, 査読有り
      • Chemical approaches untangling dynamics of cellular signaling molecules
        T Morii
        Kyoto-Oxford University Collaborative Forum, Oxford University, 2009.2.5, 2009年, 査読有り
      • Development of A Fluorescent Ribonucleopeptide Sensor for Histamine
        Fukuda Masatora; Hayashi Hironori; Hasegawa Tetsuya; Morii Takashi
        Transactions of the Materials Research Society of Japan, 2009年, 査読有り
      • Charge-pairing mechanism of phosphorylation effect upon amyloid fibrillation of human tau core peptide
        Masafumi Inoue; Akiyoshi Hirata; Kazuki Tainaka; Takashi Morii; Takashi Konno
        Biochemistry, 2008年11月11日, 査読有り
      • Charge-Pairing Mechanism of Phosphorylation Effect upon Amyloid Fibrillation of Human Tau Core Peptide
        Masafumi Inoue; Akiyoshi Hirata; Kazuki Tainaka; Takashi Morii; Takashi Konno
        BIOCHEMISTRY, 2008年11月, 査読有り
      • Charge-Pairing Mechanism of Phosphorylation Effect upon Amyloid Fibrillation of Human Tau Core Peptide
        Masafumi Inoue; Akiyoshi Hirata; Kazuki Tainaka; Takashi Morii; Takashi Konno
        BIOCHEMISTRY, 2008年11月, 査読有り
      • Context-dependent fluorescence detection of a phosphorylated tyrosine residue by a ribonucleopeptide
        Tetsuya Hasegawa; Masaki Hagihara; Masatora Fukuda; Shun Nakano; Nobutaka Fujieda; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2008年07月, 査読有り
      • Structure-based design of soluble miniature methane monooxygenase hydroxylase
        N Fujieda; M Inoue; Y Tatsuyama; T Morii
        2008 GRC on Enzymes, Coenzymes & Metabolic Pathways, University of New England, 2008.7.13-18, 2008年, 査読有り
      • A Modular Strategy for Development of RNA-Based Fluorescent Sensors
        M Fukuda; T Hasegawa; H Hayashi; T Morii
        Springer, 2008, 2008年, 査読有り
      • 細胞内シグナル伝達物資リアルタイム検出用プローブ
        森井孝
        バイオインダストリー,25,2,7-14,2008, 2008年, 査読有り
      • Design and synthesis of biotinylated inositol phosphates relevant to the biotin-avidin techniques
        Kensaku Anraku; Teruhiko Inoue; Kenji Sugimoto; Takashi Morii; Yasuo Mori; Yoshinari Okamoto; Masami Otsuka
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2008年, 査読有り
      • Design and synthesis of biotinylated inositol phosphates relevant to the biotin-avidin techniques
        Kensaku Anraku; Teruhiko Inoue; Kenji Sugimoto; Takashi Morii; Yasuo Mori; Yoshinari Okamoto; Masami Otsuka
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2008年, 査読有り
      • Design and synthesis of biotinylated inositol phosphates relevant to the biotin-avidin techniques
        Kensaku Anraku; Teruhiko Inoue; Kenji Sugimoto; Takashi Morii; Yasuo Mori; Yoshinari Okamoto; Masami Otsuka
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2008年, 査読有り
      • Amyloid-forming propensity of the hydrophobic non-natural amino acid on the fibril-forming core peptide of human tau
        Akiyoshi Hirata; Kenji Sugimoto; Takashi Konno; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2007年06月, 査読有り
      • Amyloid-forming propensity of the hydrophobic non-natural amino acid on the fibril-forming core peptide of human tau
        Akiyoshi Hirata; Kenji Sugimoto; Takashi Konno; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2007年06月, 査読有り
      • Amyloid-forming propensity of the hydrophobic non-natural amino acid on the fibril-forming core peptide of human tau
        Akiyoshi Hirata; Kenji Sugimoto; Takashi Konno; Takashi Morii
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2007年06月, 査読有り
      • テーラーメイド蛍光センサーの開発
        森井孝
        化学工業, 2007年05月01日, 査読有り
      • Synergistic action of polyanionic and non-polar cofactors in fibrillation of human islet amyloid polypeptide
        Takashi Konno; Shigetoshi Oiki; Takashi Morii
        FEBS LETTERS, 2007年04月, 査読有り
      • Synergistic action of polyanionic and non-polar cofactors in fibrillation of human islet amyloid polypeptide
        Takashi Konno; Shigetoshi Oiki; Takashi Morii
        FEBS LETTERS, 2007年04月, 査読有り
      • Synergistic action of polyanionic and non-polar cofactors in fibrillation of human islet amyloid polypeptide
        Takashi Konno; Shigetoshi Oiki; Takashi Morii
        FEBS LETTERS, 2007年04月, 査読有り
      • Design of Ribonucleopeptide-based Receptors and Fluorescent Sensors
        T. Morii
        Albany 2007:Conversation 15, State University of New York at Albany, NY, USA, 2007.6.19-23, 2007年, 査読有り
      • Stepwise functionalization of ribonucleopeptides: Optimization of the response of fluorescent ribonucleopeptide sensors for ATP
        Tetsuya Hasegawa; Masaki Hagihara; Masatora Fukuda; Takashi Morii
        NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS, 2007年, 査読有り
      • Nitric oxide activates TRP channels by cysteine S-nitrosylation
        Takashi Yoshida; Ryuji Inoue; Takashi Morii; Nobuaki Takahashi; Shinichiro Yamamoto; Yuji Hara; Makoto Tominaga; Shunichi Shimizu; Yoji Sato; Yasuo Mori
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2006年11月, 査読有り
      • A modular strategy for tailoring fluorescent biosensors from ribonucleopeptide complexes
        Masaki Hagihara; Masatora Fukuda; Tetsuya Hasegawa; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2006年10月, 査読有り
      • A modular strategy for tailoring fluorescent biosensors from ribonucleopeptide complexes
        Masaki Hagihara; Masatora Fukuda; Tetsuya Hasegawa; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2006年10月, 査読有り
      • A modular strategy for tailoring fluorescent biosensors from ribonucleopeptide complexes
        Masaki Hagihara; Masatora Fukuda; Tetsuya Hasegawa; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2006年10月, 査読有り
      • Surface Molecularly Imprinted TiO2 Nanoparticle for Photoreduction of Viologen
        T. Sagawa; M. Kudo; J. HG Steinke; T. Morii; K. Ohkubo
        2006 Materials Research Society Spring Meeting,San Francisco, U.S.A.,2006.4.17-21, 2006年, 査読有り
      • Fabrication of silaffin-like peptide for formation of spherical silica
        N. Fujimoto; A. Hirata; T. Morii; T. Sagawa
        Polymer Preprints, Japan, 2006年, 査読有り
      • 機能性リボヌクレオペプチドをもとにしたケミカルバイオロジー
        森井孝
        バイオ・高分子研究会,片山津温泉,2006.9.22-23, 2006年, 査読有り
      • 酸化チタン超微粒子の表面加工による光誘起電子移動プロセスの効率化
        佐川尚; 工藤繭; 森井孝
        日本化学会第86春季年会,日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉),2006.3.27-30, 2006年, 査読有り
      • メタンモノオキシゲナーゼハイドロキシラーゼのαサブユニットを利用した単量体ミニチュア酵素の作製
        井上雅文; 森井孝
        日本化学会第86春季年会,日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉),2006.3.27-30, 2006年, 査読有り
      • ウタンパク質コアペプチドの凝集体形成におけるチロシン残基の役割
        平田晃義; 今野卓; 吉川暹; 森井孝
        日本化学会第86春季年会,日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉),2006.3.27-30, 2006年, 査読有り
      • イノシトール四リン酸(IP4)に対する細胞内蛍光性バイオセンサーの構築
        坂口怜子; 清中茂樹; 沼賀拓郎; 森泰生; 森井孝
        日本化学会第86春季年会,日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉),2006.3.27-30, 2006年, 査読有り
      • ヒスタミンを認識するリボヌクレオペプチドレセプター
        林宏典; 森井孝
        日本化学会第86春季年会,日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉),2006.3.27-30, 2006年, 査読有り
      • 「油脂類からのバイオディーゼル燃料」第2章
        森井孝
        バイオメタノールの製造,アイピーシー,2006, 2006年, 査読有り
      • ケミカルバイオロジーのツールとしての機能性ミニチュアタンパク質
        森井孝
        化学工業,57,9,8(656)-12(660),2006, 2006年, 査読有り
      • RNA-ペプチド複合体をもとにした機能性分子の創製
        福田将虎; 長谷川哲也; 森井孝
        化学フロンティア18「ゲノム化学の最前線ー医学、分子生物学への応用と展開ー」,2006, 2006年, 査読有り
      • ファージディスプレイ法を用いたセレクション-標的分子に結合する生体分子の作製
        福田将虎; 杉本健二; 森井孝
        生命科学研究レター,22,24-29,2006, 2006年, 査読有り
      • Fluorescent ribonucleopeptide sensors
        M. Hagiwara; Y. Tanabe; T. Morii
        2005環太平洋国際化学会議,ハワイ(アメリカ),2005.12.15-20, 2005年12月15日, 査読有り
      • Construction of optical biosensors to quantitatively assess inositol phosphates
        R. Sakaguchi; S. Kiyonaka; Y. Mori; T. Morii
        2005環太平洋国際化学会議,ハワイ(アメリカ),2005.12.15-20, 2005年12月15日, 査読有り
      • Ribonucleopeptide receptor recognizing partial structure by each subunit
        M. Fukuda; T. Morii
        2005環太平洋国際化学会議,ハワイ(アメリカ),2005.12.15-20, 2005年12月15日, 査読有り
      • Sensing of phosphotyrosine residue using the ribonucleopeptide
        T. Hasegawa; S. Yoshikawa; T. Morii
        2005環太平洋国際化学会議,ハワイ(アメリカ),2005.12.15-20, 2005年12月15日, 査読有り
      • Dual DNA recognition codes of a short peptide derived from the basic leucine zipper protein EmBP1
        A Hirata; M Ueno; Y Aizawa; K Ohkubo; T Morii; S Yoshikawa
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2005年05月, 査読有り
      • Paradoxical inhibition of protein aggregation and precipitation by transglutaminase-catalyzed intermolecular cross-linking
        T Konno; T Morii; H Shimizu; S Oiki; K Ikura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年04月, 査読有り
      • Paradoxical inhibition of protein aggregation and precipitation by transglutaminase-catalyzed intermolecular cross-linking
        T Konno; T Morii; H Shimizu; S Oiki; K Ikura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年04月, 査読有り
      • Paradoxical inhibition of protein aggregation and precipitation by transglutaminase-catalyzed intermolecular cross-linking
        T Konno; T Morii; H Shimizu; S Oiki; K Ikura
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年04月, 査読有り
      • Covalent blocking of fibril formation and aggregation of intracellular amyloidgenic proteins by transglutaminase-catalyzed intramolecular cross-linking
        T. Konno; T. Morii; A. Hirata; S.-I. Sato; S. Oiki; K. Ikura
        Biochemistry, 2005年02月15日, 査読有り
      • Covalent blocking of fibril formation and aggregation of intracellular amyloidgenic proteins by transglutaminase-catalyzed intramolecular cross-linking
        Takashi Konno; Takashi Morii; Akiyoshi Hirata; Shin-Ichi Sato; Shigetoshi Oiki; Koji Ikura
        Biochemistry, 2005年02月15日, 査読有り
      • A ribonucleopeptide receptor targets phosphotyrosine
        Tetsuya Hasegawa; Katsutoshi Ohkubo; Susumu Yoshikawa; Takashi Morii
        e-Journal of Surface Science and Nanotechnology, 2005年02月03日, 査読有り
      • Covalent blocking of fibril formation and aggregation of intracellular amyloidgenic proteins by transglutaminase-catalyzed intramolecular cross-linking
        T Konno; T Morii; A Hirata; SI Sato; S Oiki; K Ikura
        BIOCHEMISTRY, 2005年02月, 査読有り
      • Covalent blocking of fibril formation and aggregation of intracellular amyloidgenic proteins by transglutaminase-catalyzed intramolecular cross-linking
        T Konno; T Morii; A Hirata; SI Sato; S Oiki; K Ikura
        BIOCHEMISTRY, 2005年02月, 査読有り
      • Stepwise molding of a highly selective ribonucleopeptide receptor
        S Sato; M Fukuda; M Hagihara; Y Tanabe; K Ohkubo; T Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2005年01月, 査読有り
      • ライブラリー法による塩基配列特異的DNA 結合性ペプチドの探索
        平田晃義; 森井孝; 大久保捷敏; 吉川暹
        日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005.3.26-29, 2005年, 査読有り
      • メタンモノオキシゲナーゼαサブユニットのN末端部位段階的削除による変異体の作製 —再構築に及ぼす影響の評価—
        井上雅文; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005.3.26-29, 2005年, 査読有り
      • RNAペプチド複合体の段階的高機能化
        福田将虎; 佐藤慎一; 萩原正規; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005.3.26-29, 2005年, 査読有り
      • ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドに対するリボヌクレオペプチドリセプターの開発
        田邊優貴子; 萩原正規; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005.3.26-29, 2005年, 査読有り
      • リン酸化チロシンを認識する機能性リボヌクレオペプチドの開発
        長谷川哲也; 森井孝; 大久保捷敏; 吉川暹
        日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005.3.26-29, 2005年, 査読有り
      • 「ケミカルバイオロジー・ケミカルゲノミクス」 17
        杉本健二; 森井孝; 森泰生; 安楽健作; 岡本良成; 大塚雅巳
        PHドメインを機軸としたmyo-イノシトール誘導体の合成とイノシトール三リン酸センサーの構築,Springer,239-254,2005, 2005年, 査読有り
      • PHドメインを機軸としたmyo-イノシトール誘導体の合成とイノシトール三リン酸センサーの構築
        杉本健二; 森井孝; 森泰生; 安楽健作; 岡本良成; 大塚雅巳
        シュプリンガー・フェアラーク東京・ケミカルバイオロジー・ケミカルゲノミクス, 2005年
      • Novel real-time sensors to quantitatively assess in vivo inositol 1,4,5-trisphosphate production in intact cells
        K Sugimoto; M Nishida; M Otsuka; K Makino; K Ohkubo; Y Mori; T Morii
        CHEMISTRY & BIOLOGY, 2004年04月, 査読有り
      • Ribonucleopeptides: Functional RNA-peptide complexes
        M Hagihara; T Hasegawa; S Sato; S Yoshikawa; K Ohkubo; T Morii
        BIOPOLYMERS, 2004年04月, 査読有り
      • Design of functional RNA-peptide complexes
        T. Hasegawa; M. Fukuda; K. Ohkubo; S. Yoshikawa; T. Morii
        International Society for Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids XVI International Roundtable,ミネソタ,米国,2004.9.13-16, 2004年, 査読有り
      • Recent advances in biosensing second messengers
        K. Sugimoto; R. Sakaguchi; Y. Mori; T. Morii
        Recent Res. Devel. Chem,2,73-89,2004, 2004年, 査読有り
      • 第一回ケモゲノミクス研究会,2004.9.3
        森井孝
        テーラーメイドレセプターからバイオセンサーへ, 2004年, 査読有り
      • リセプターからセンサーへ
        森井孝
        徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部,2004.7.21, 2004年, 査読有り
      • バイオマスを資源としたCO2ゼロエミッション型エネルギー生産・利用技術の開発
        大久保捷敏; 森井孝; 佐川尚
        京都大学21世紀COEプログラム「環境調和型エネルギーの研究教育拠点形成」中間報告書(平成14〜15年度),222-229,2004, 2004年, 査読有り
      • バイオメタンからのバイオメタノール変換
        大久保捷敏; 森井孝; 佐川尚
        京都大学21世紀COEプログラム「環境調和型エネルギーの研究教育拠点形成」中間報告書(平成14〜15年度),186-193,2004, 2004年, 査読有り
      • Ribonucleopeptide receptors
        Masaki Hagihara; Tetsuya Hasegawa; Shin-ichi Sato; Susumu Yoshikawa; Katsutoshi Ohkubo; Takashi Morii
        Peptide Revolution: Genomics, Proteomics & Therapeutics, 2004年, 査読有り
      • Amplification of receptor signalling by Ca2+ entry-mediated translocation and activation of PLC gamma 2 in B lymphocytes
        M Nishida; K Sugimoto; Y Hara; E Mori; T Morii; T Kurosaki; Y Mori
        EMBO JOURNAL, 2003年09月, 査読有り
      • Amplification of receptor signalling by Ca2+ entry-mediated translocation and activation of PLC gamma 2 in B lymphocytes
        M Nishida; K Sugimoto; Y Hara; E Mori; T Morii; T Kurosaki; Y Mori
        EMBO JOURNAL, 2003年09月, 査読有り
      • Amplification of receptor signalling by Ca2+ entry-mediated translocation and activation of PLC gamma 2 in B lymphocytes
        M Nishida; K Sugimoto; Y Hara; E Mori; T Morii; T Kurosaki; Y Mori
        EMBO JOURNAL, 2003年09月, 査読有り
      • Regulatory interaction of sodium channel IQ-motif with calmodulin C-terminal lobe
        M Mori; T Konno; T Morii; K Nagayama; K Imoto
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年07月, 査読有り
      • Regulatory interaction of sodium channel IQ-motif with calmodulin C-terminal lobe
        M Mori; T Konno; T Morii; K Nagayama; K Imoto
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年07月, 査読有り
      • Regulatory interaction of sodium channel IQ-motif with calmodulin C-terminal lobe
        M Mori; T Konno; T Morii; K Nagayama; K Imoto
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2003年07月, 査読有り
      • Functional reassembly of a split PH domain
        K Sugimoto; Y Mori; K Makino; K Ohkubo; T Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2003年04月, 査読有り
      • Design of Functional Ribonucleopeptide Complexes
        Masaki Hagihara; Shin-ichi Sato; Katsutoshi Ohkubo; Takashi Morii
        The New Frontier of RNA Science,Kyoto, 2003年, 査読有り
      • Design of a ribonucleopeptide biosensor.
        M. Hagihara; A. Hirata; K. Ohkubo; T. Morii
        Nucleic acids research. Supplement (2001), 2003年, 査読有り
      • Optimization of an ATP-binding ribonucleopeptide receptor.
        S. Sato; T. Hasegawa; M. Hagihara; M. Fukuda; K. Ohkubo; T. Morii
        Nucleic acids research. Supplement (2001), 2003年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチドによる小分子のセンシング
        萩原正規; 佐藤慎一; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第83春期年会,2G8-17,2003, 2003年, 査読有り
      • リン酸化チロシンを認識するリボヌクレオペプチドリセプター
        長谷川哲也; 萩原正規; 佐藤慎一; 吉川暹; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第83春期年会,2G8-13,2003, 2003年, 査読有り
      • DNA 認識ペプチドのコンビナトリアル合成
        平田晃義; 大久保捷敏; 吉川暹; 森井孝
        日本化学会第83春季年会,2003.3, 2003年, 査読有り
      • ペプチドライブラリー法を用いたリボヌクレオペプチドリセプターの最適化
        佐藤慎一; 萩原正規; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井 孝
        日本化学会第83春季年会,2003.3, 2003年, 査読有り
      • Amplification of Ca2+ signaling by Ca2+ entry-dependent translocation and activation of phospholipase C gamma 2 in B lymphocytes.
        M Nishida; K Sugimoto; Y Hara; E Mori; T Morii; T Kurosaki; Y Mori
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2003年
      • Chemical approaches untangling sequence-specific DNA binding by proteins
        S Sato; M Hagihara; K Sugimoto; T Morii
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2002年11月, 査読有り
      • In vitro selection of ATP-binding receptors using a ribonucleopeptide complex
        T Morii; M Hagihara; SI Sato; K Makino
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2002年05月, 査読有り
      • Formation of a fairly stable diazoate intermediate of 5-methyl-2 '-deoxycytidine by HNO2 and NO, and its implication to a novel mutation mechanism in CpG site
        T Suzuki; M Yamada; T Nakamura; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2002年04月, 査読有り
      • A new fluorescent biosensor for inositol trisphosphate
        T Morii; K Sugimoto; K Makino; M Otsuka; K Imoto; Y Mori
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2002年02月, 査読有り
      • Structure-based design of a leucine zipper protein with new DNA contacting region
        T Morii; S Sato; M Hagihara; Y Mori; K Imoto; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 2002年02月, 査読有り
      • Structure-based design of a leucine zipper protein with new DNA contacting region
        T Morii; S Sato; M Hagihara; Y Mori; K Imoto; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 2002年02月, 査読有り
      • Structure-based design of a leucine zipper protein with new DNA contacting region
        T Morii; S Sato; M Hagihara; Y Mori; K Imoto; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 2002年02月, 査読有り
      • A general strategy to determine a target DNA sequence of a short peptide: Application to a D-peptide
        T Morii; T Tanaka; S Sato; M Hagihara; Y Aizawa; K Makino
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2002年01月, 査読有り
      • A new strategy to determine the target DNA sequence of a short peptide.
        S. Sato; H. Honjyo; S. Tsuji; M. Hagihara; K. Makino; T. Morii
        Nucleic Acids Res Suppl, 2002年, 査読有り
      • オリゴペプチド標的DNA配列の一般的決定法
        佐藤慎一; 田中智久; 萩原正規; 相沢康則; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会,2F6-10,2002, 2002年, 査読有り
      • 2'-デオキシオキザノシンを含むDNAオリゴマーの合成
        長谷川哲也; 山田真希; 早川芳弘; 山名一成; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会,3F5-02,2002, 2002年, 査読有り
      • イノシトール三リン酸に対する分子センサーの構築
        杉本健二; 森井孝; 森泰生; 井本敬二; 大塚雅巳; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会,3F4-35,2002, 2002年, 査読有り
      • 蛍光ラベルを利用したデオキシオキザノシンの検出法
        山田真希; 本庄弘一; 鈴木利典; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会,2F6-37,2002, 2002年, 査読有り
      • RNA・ペプチド複合体(リボヌクレオペプチド)による分子認識
        萩原正規; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会,2F6-12,2002, 2002年, 査読有り
      • 短鎖ペプチドによる認識DNA塩基配列決定法の確立
        佐藤慎一; 田中智久; 萩原正規; 相沢康則; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会第81春季年会,2002.3, 2002年, 査読有り
      • Chemical Approach to Untangle the Sequence-Specific DNA Binding by Proteins.
        森井 孝
        Chem-Eur. J.,22, 5067-5071, 2002年, 査読有り
      • Sequence-specific DNA binding by short peptides
        Takashi Morii; Keisuke Makino
        Advances in DNA Sequence-Specific Agents, 2002年, 査読有り
      • Formation of 2-chloroinosine from guanosine by treatment of HNO2 in the presence of NaCl
        T Suzuki; H Ide; M Yamada; T Morii; K Makino
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2001年11月, 査読有り
      • A novel detection method for 2\\'-deoxyoxanosine.
        M. Yamada; H. Honjo; T. Hasegawa; E. Morimoto; T. Suzuki; T. Morii; K. Makino
        Nucleic Acids Res Suppl, 2001年, 査読有り
      • Recognition of small molecules by a ribonucleopeptide.
        M. Hagihara; T. Morii; K. Makino
        Nucleic Acids Res Suppl, 2001年, 査読有り
      • デオキシオキザノシンとレリシンの反応
        山田真希; 森本恵弥; 鈴木利典; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会79春季年会,1F646,2001, 2001年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチドによる分子認識
        萩原正規; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会79春季年会,1F642,2001, 2001年, 査読有り
      • Structure-based designによる新しいDNA結合ドメインの設計とDNA認識機構の解明
        佐藤慎一; 森井孝; 牧野圭祐
        日本化学会79春季年会,1F637,2001, 2001年, 査読有り
      • 生体内シグナル応答性高選択的DNA結合スモールプロテインの創製
        森井孝
        平成12-13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書,2001, 2001年, 査読有り
      • Products of the reaction between a diazoate derivative of 2 '-deoxycytidine and L-lysine and its implication for DNA-nucleoprotein cross linking by NO or HNO2
        T Suzuki; M Yamada; T Nakamura; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 2000年12月, 査読有り
      • Products of the reaction between a diazoate derivative of 2 '-deoxycytidine and L-lysine and its implication for DNA-nucleoprotein cross linking by NO or HNO2
        T Suzuki; M Yamada; T Nakamura; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 2000年12月, 査読有り
      • Products of the reaction between a diazoate derivative of 2 '-deoxycytidine and L-lysine and its implication for DNA-nucleoprotein cross linking by NO or HNO2
        T Suzuki; M Yamada; T Nakamura; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 2000年12月, 査読有り
      • Influence of ring opening-closure equilibrium of oxanine, a novel damaged nucleobase, on migration behavior in capillary electrophoresis
        T Suzuki; M Yamada; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, 2000年04月, 査読有り
      • Identification and characterization of a reaction product of 2 '-deoxyoxanosine with glycine
        T Suzuki; M Yamada; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 2000年04月, 査読有り
      • Identification and characterization of a reaction product of 2 '-deoxyoxanosine with glycine
        T Suzuki; M Yamada; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 2000年04月, 査読有り
      • Identification and characterization of a reaction product of 2 '-deoxyoxanosine with glycine
        T Suzuki; M Yamada; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        CHEMICAL RESEARCH IN TOXICOLOGY, 2000年04月, 査読有り
      • Formation of 2 '-deoxyoxanosine from 2 '-deoxyguanosine and nitrous acid: mechanism and intermediates
        T Suzuki; H Ide; M Yamada; N Endo; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2000年01月, 査読有り
      • In vitro selection of RNA aptamers that respond to a small RNA-binding ligand
        M. hagihara; T. Morii; K. Makino
        環太平洋国際化学会議,Hawaii(米国), 2000年, 査読有り
      • N2-nitro-2’-deoxyguanosine,a novel DNA lesion,from 2’-deoxyguanosine treated with NO/O2
        M. Tamada,T; Suzuki; K. Kanaori; K. Tajima; T. Morii; K. Makino
        環太平洋国際化学会議,Hawaii(米国), 2000年, 査読有り
      • 一酸化窒素によるDNA傷害
        山田真希; 鈴木利典; 金折賢二; 田嶋邦彦; 森井孝; 牧野圭祐
        磁気共鳴医学会,2000, 2000年, 査読有り
      • Design of Sequence Specific DNA Binding Peptide Dimers.
        森井 孝
        Protein Science,9, 148, 2000年, 査読有り
      • Formation of 2 '-deoxyoxanosine from 2 '-deoxyguanosine and nitrous acid: mechanism and intermediates
        T Suzuki; H Ide; M Yamada; N Endo; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2000年01月, 査読有り
      • Formation of 2 '-deoxyoxanosine from 2 '-deoxyguanosine and nitrous acid: mechanism and intermediates
        T Suzuki; H Ide; M Yamada; N Endo; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2000年01月, 査読有り
      • Structure and stability of the consecutive stereoregulated chiral phosphorothioate DNA duplex
        K Kanaori; Y Tamura; T Wada; M Nishi; H Kanehara; T Morii; K Tajima; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • Structure and stability of the consecutive stereoregulated chiral phosphorothioate DNA duplex
        K Kanaori; Y Tamura; T Wada; M Nishi; H Kanehara; T Morii; K Tajima; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • Structure and stability of the consecutive stereoregulated chiral phosphorothioate DNA duplex
        K Kanaori; Y Tamura; T Wada; M Nishi; H Kanehara; T Morii; K Tajima; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 1999年12月, 査読有り
      • Isolation and characterization of diazoate intermediate upon nitrous acid and nitric oxide treatment of 2 '-deoxycytidine
        T Suzuki; T Nakamura; M Yamada; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 1999年06月, 査読有り
      • Isolation and characterization of diazoate intermediate upon nitrous acid and nitric oxide treatment of 2 '-deoxycytidine
        T Suzuki; T Nakamura; M Yamada; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 1999年06月, 査読有り
      • Isolation and characterization of diazoate intermediate upon nitrous acid and nitric oxide treatment of 2 '-deoxycytidine
        T Suzuki; T Nakamura; M Yamada; H Ide; K Kanaori; K Tajima; T Morii; K Makino
        BIOCHEMISTRY, 1999年06月, 査読有り
      • Stability of the dimerization domain effects the cooperative DNA binding of short peptides
        Y Aizawa; Y Sugiura; M Ueno; Y Mori; K Imoto; K Makino; T Morii
        BIOCHEMISTRY, 1999年03月, 査読有り
      • Stability of the dimerization domain effects the cooperative DNA binding of short peptides
        Y Aizawa; Y Sugiura; M Ueno; Y Mori; K Imoto; K Makino; T Morii
        BIOCHEMISTRY, 1999年03月, 査読有り
      • Stability of the dimerization domain effects the cooperative DNA binding of short peptides
        Y Aizawa; Y Sugiura; M Ueno; Y Mori; K Imoto; K Makino; T Morii
        BIOCHEMISTRY, 1999年03月, 査読有り
      • Comparison of the sequence-selective dna binding by peptide dimers with covalent and noncovalent dimerization domains
        Yasunori Aizawa; Yukio Sugiura; Takashi Morii
        Biochemistry, 1999年02月02日, 査読有り
      • Comparison of the sequence-selective DNA binding by peptide dimers with covalent and noncovalent dimerization domains
        Y Aizawa; Y Sugiura; T Morii
        BIOCHEMISTRY, 1999年02月, 査読有り
      • Comparison of the sequence-selective DNA binding by peptide dimers with covalent and noncovalent dimerization domains
        Y Aizawa; Y Sugiura; T Morii
        BIOCHEMISTRY, 1999年02月, 査読有り
      • Kinetic studies of sequence-specific binding of GCN4-bZIP peptides to DNA strands immobilized on a 27-MHz quartz-crystal microbalance
        Y Okahata; K Niikura; Y Sugiura; M Sawada; T Morii
        BIOCHEMISTRY, 1998年04月, 査読有り
      • Kinetic studies of sequence-specific binding of GCN4-bZIP peptides to DNA strands immobilized on a 27-MHz quartz-crystal microbalance
        Y Okahata; K Niikura; Y Sugiura; M Sawada; T Morii
        BIOCHEMISTRY, 1998年04月, 査読有り
      • Kinetic studies of sequence-specific binding of GCN4-bZIP peptides to DNA strands immobilized on a 27-MHz quartz-crystal microbalance
        Y Okahata; K Niikura; Y Sugiura; M Sawada; T Morii
        BIOCHEMISTRY, 1998年04月, 査読有り
      • Factors governing the sequence-selective DNA binding of geometrically constrained peptide dimers
        T Morii; Y Saimei; M Okagami; K Makino; Y Sugiura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1997年04月, 査読有り
      • Factors governing the sequence-selective DNA binding of geometrically constrained peptide dimers
        T Morii; Y Saimei; M Okagami; K Makino; Y Sugiura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1997年04月, 査読有り
      • Factors governing the sequence-selective DNA binding of geometrically constrained peptide dimers
        T Morii; Y Saimei; M Okagami; K Makino; Y Sugiura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1997年04月, 査読有り
      • Cooperative oligomerization enhances sequence-selective DNA binding by a short peptide
        T Morii; J Yamane; Y Aizawa; K Makino; Y Sugiura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1996年10月, 査読有り
      • Specific interaction with guanine residues of Z-form DNA by bleomycin-nickel(III) complex
        LL Guan; T Morii; M Otsuka; Y Sugiura
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION, 1996年08月, 査読有り
      • DNA recognition by covalently constrained peptide dimers: roles of the constrains for sequence-selectivity
        M. Okagami; Y. Saimei; K. Makino; T. Morii; Y. Sugiura
        Nucleic Acids Res. Symp. Ser., 35, 163-164 (1996), 1996年, 査読有り
      • SEQUENCE-SPECIFIC DNA-BINDING BY COVALENTLY CONSTRAINED PEPTIDE DIMERS OF THE BASIC LEUCINE-ZIPPER PROTEIN GCN4
        M OKAGAMI; M UENO; K MAKINO; M SHIMOMURA; SAITO, I; T MORII; Y SUGIURA
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 1995年06月, 査読有り
      • SEQUENCE-SPECIFIC DNA-BINDING BY COVALENTLY CONSTRAINED PEPTIDE DIMERS OF THE BASIC LEUCINE-ZIPPER PROTEIN GCN4
        M OKAGAMI; M UENO; K MAKINO; M SHIMOMURA; SAITO, I; T MORII; Y SUGIURA
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 1995年06月, 査読有り
      • SEQUENCE-SPECIFIC DNA-BINDING BY COVALENTLY CONSTRAINED PEPTIDE DIMERS OF THE BASIC LEUCINE-ZIPPER PROTEIN GCN4
        M OKAGAMI; M UENO; K MAKINO; M SHIMOMURA; SAITO, I; T MORII; Y SUGIURA
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 1995年06月, 査読有り
      • RECOGNITION OF NONPALINDROMIC DNA-SEQUENCE BY A PEPTIDE HETERODIMER WITH ARTIFICIAL DIMERIZATION MODULE
        M UENO; M SAWADA; K MAKINO; T MORII
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1994年11月, 査読有り
      • CORRELATIONS OF CRYSTAL-STRUCTURES OF DNA OLIGONUCLEOTIDES WITH ENANTIOSELECTIVE RECOGNITION BY RH(PHEN)(2)PHI(3+) - PROBES OF DNA PROPELLER TWISTING IN SOLUTION
        D CAMPISI; T MORII; JK BARTON
        BIOCHEMISTRY, 1994年04月, 査読有り
      • INDUCED FIT OF HELICAL BIPHENYL LIGANDS TO THE DOUBLE-STRANDED DNA
        T MORII; A MURAKAMI; K MAKINO; S MORIMOTO; SAITO, I
        TETRAHEDRON LETTERS, 1994年02月, 査読有り
      • INDUCED FIT OF HELICAL BIPHENYL LIGANDS TO THE DOUBLE-STRANDED DNA
        T MORII; A MURAKAMI; K MAKINO; S MORIMOTO; SAITO, I
        TETRAHEDRON LETTERS, 1994年02月, 査読有り
      • INDUCED FIT OF HELICAL BIPHENYL LIGANDS TO THE DOUBLE-STRANDED DNA
        T MORII; A MURAKAMI; K MAKINO; S MORIMOTO; SAITO, I
        TETRAHEDRON LETTERS, 1994年02月, 査読有り
      • ARRANGING QUATERNARY STRUCTURE OF PEPTIDES BY CYCLODEXTRIN GUEST INCLUSION COMPLEX - SEQUENCE-SPECIFIC DNA-BINDING BY A PEPTIDE DIMER WITH ARTIFICIAL DIMERIZATION MODULE
        M UENO; A MURAKAMI; K MAKINO; T MORII
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1993年12月, 査読有り
      • STRUCTURAL DETERMINANTS OF ION SELECTIVITY IN BRAIN CALCIUM-CHANNEL
        MS KIM; T MORII; LX SUN; K IMOTO; Y MORI
        FEBS LETTERS, 1993年03月, 査読有り
      • SEQUENCE-SPECIFIC DNA-BINDING BY A GEOMETRICALLY CONSTRAINED PEPTIDE DIMER
        T MORII; M SIMOMURA; S MORIMOTO; SAITO, I
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1993年02月, 査読有り
      • Ion-Selection Properties in Brain Calcium Channel.
        森井 孝
        J. Inorg. Biochem.,51, 567, 1993年, 査読有り
      • Rh(phi)2(phen)3+ as a Novel Delivery System For Peptides: Towards Understanding the DNA Recognition Characteristics of Small Peptides.
        森井 孝
        J. Inorg. Biochem.,43, 439, 1991年, 査読有り
      • Measurements of DNA propeller Twisting with Enantiomers of Rh(phen)2(phi)3+.
        森井 孝
        J. Inorg. Biochem.,43, 432, 1991年, 査読有り
      • DNA Recognition by Synthetic Peptides with Dyad Symmetry.
        森井 孝
        J. Inorg. Biochem.,43, 468, 1991年, 査読有り
      • PROBING MICROSTRUCTURES IN DOUBLE-HELICAL DNA WITH CHIRAL METAL-COMPLEXES - RECOGNITION OF CHANGES IN BASE-PAIR PROPELLER TWISTING IN SOLUTION
        AM PYLE; T MORII; JK BARTON
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1990年12月, 査読有り
      • SYNTHETIC COBALT BLEOMYCIN MODELS AS A PHOTOCHEMICAL DNA CLEAVER
        SAITO, I; T MORII; T OBAYASHI; T SERA; H SUGIYAMA; T MATSUURA
        JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS, 1989年03月, 査読有り
      • PHOTOINDUCED DNA STRAND SCISSION BY COBALT BLEOMYCIN GREEN COMPLEX
        SAITO, I; T MORII; H SUGIYAMA; T MATSUURA; CF MEARES; SM HECHT
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1989年03月, 査読有り
      • OXIDATIVE STRAND SCISSION OF DNA
        T MATSUURA; SAITO, I; H SUGIYAMA; T MORII; H KAWABATA
        PURE AND APPLIED CHEMISTRY, 1989年03月, 査読有り
      • PHOTOINDUCED DNA STRAND SCISSION BY COBALT BLEOMYCIN GREEN COMPLEX
        SAITO, I; T MORII; H SUGIYAMA; T MATSUURA; CF MEARES; SM HECHT
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1989年03月, 査読有り
      • PHOTOINDUCED DNA STRAND SCISSION BY COBALT BLEOMYCIN GREEN COMPLEX
        SAITO, I; T MORII; H SUGIYAMA; T MATSUURA; CF MEARES; SM HECHT
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1989年03月, 査読有り
      • PHOTOINDUCED REACTION .172. REMARKABLY HIGH SELECTIVITY IN PHOTOISOMERIZATION OF TRITHIAZOLES
        SAITO, I; T MORII; S MORI; K YAMAGUCHI; T MATSUURA
        TETRAHEDRON LETTERS, 1988年, 査読有り
      • CHEMISTRY OF 4'-HYDROPEROXY NUCLEOSIDES AS A MODEL FOR THE INTERMEDIATE IN BLEOMYCIN-INDUCED DEGRADATION OF DNA
        SAITO, I; T MORII; T MATSUURA
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 1987年03月, 査読有り
      • NEW LUMIBLEOMYCIN-CONTAINING THIAZOLYLISOTHIAZOLE RING
        T MORII; SAITO, I; T MATSUURA; J KUWAHARA; Y SUGIURA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1987年02月, 査読有り
      • PHOTOTRANSFORMED BLEOMYCIN ANTIBIOTICS - STRUCTURE AND DNA CLEAVAGE ACTIVITY
        T MORII; T MATSUURA; SAITO, I; T SUZUKI; J KUWAHARA; Y SUGIURA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1986年10月, 査読有り
      • PHOTOTRANSFORMED BLEOMYCIN ANTIBIOTICS - STRUCTURE AND DNA CLEAVAGE ACTIVITY
        T MORII; T MATSUURA; SAITO, I; T SUZUKI; J KUWAHARA; Y SUGIURA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1986年10月, 査読有り
      • PHOTOTRANSFORMED BLEOMYCIN ANTIBIOTICS - STRUCTURE AND DNA CLEAVAGE ACTIVITY
        T MORII; T MATSUURA; SAITO, I; T SUZUKI; J KUWAHARA; Y SUGIURA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1986年10月, 査読有り
      • RING-SELECTIVE PHOTOREARRANGEMENT OF BITHIAZOLES
        SAITO, I; T MORII; Y OKUMURA; S MORI; K YAMAGUCHI; T MATSUURA
        TETRAHEDRON LETTERS, 1986年, 査読有り
      • A NEW PROCEDURE FOR THE SYNTHESIS OF 2-SUBSTITUTED INDOLES AND 2,2'-BI-INDOLYLS
        SAITO, I; T MORII; S MATSUGO; T MATSUURA
        JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS, 1982年, 査読有り

      MISC

      • "かたち"によるDNAの認識--塩基配列を見分ける分子のデザイン
        森井 孝; 斎藤 烈
        化学, 1991年11月
      • 核酸認識と金属錯体 (生物無機化学の新展開) -- (生物無機化学をめぐる最近の話題)
        松本 和子; 森井 孝; 杉浦 幸雄
        季刊化学総説, 1995年03月
      • フェニルボロン酸を有するPARP阻害型中性子捕捉剤の開発
        藤洸臣; 多田竜; 中田栄司; 増田開; 森井孝; 宇都義浩
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2015年
      • 木質バイオマスの選択的分解反応のためのリグニン認識ペプチドの開発
        中谷祐也; 中谷祐也; 高谷光; 高谷光; 林一広; 中田栄司; 森井孝; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • Detection of Inositol Phosphates by Split PH Domains
        Reiko Sakaguchi; Shunsuke Tajima; Yasuo Mori; Takashi Morii
        Methods in Molecular Biology, 2020年, 最終著者, 責任著者
      • Reaction of ribulose biphosphate carboxylase/oxygenase assembled on a DNA scaffold.
        Huyen Dinh; Eiji Nakata; Peng Lin; Masayuki Saimura; Hiroki Ashida; Takashi Morii
        Bioorganic & medicinal chemistry, 2019年11月15日
      • DNAオリガミを鋳型にしたリポソームの形成
        小西宏明; DINH Huyen; 脇阪智彦; 中田栄司; 仲野瞬; 森井孝
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年03月01日
      • 酵素を“1分子ずつ“狙った場所に配置したDNAナノリアクターの創製
        中田栄司; 森井孝
        日本物理学会講演概要集(CD-ROM), 2018年03月23日
      • 効率的な多段階酵素反応を実現する分子コンビナート
        中田栄司; 森井孝
        バイオサイエンスとインダストリー, 2018年01月10日
      • A Bioorganic Chemistry Approach to Understanding Molecular Recognition in Protein-Nucleic Acid Complexes
        Takashi Morii
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2017年12月
      • ナノレベル間隔で異なる酵素を並べる!―複雑な多段階反応を可能にする分子コンビナートへの挑戦
        中田栄司; 森井孝
        化学, 2017年11月01日
      • 組み換えラッカーゼによるPCB分解の検討
        泉咲綾; 青澤理恵; 家藤治幸; 原富次郎; 高塚由美子; 中田栄司; 森井孝; 渡辺誠也
        日本農芸化学会2017年度大会, 京都市, 2017.3.17-20, 2017年
      • 変異型ビフェニルジオキシゲナーゼを用いたPCB分解特性改変の検討
        青澤理恵; 泉咲綾; 高塚由美子; 原富次郎; 中田栄司; 森井孝; 渡辺 誠也
        日本農芸化学会2017年度大会, 京都市, 2017.3.17-20, 2017年
      • DNA オリガミを利用したナノリポソーム
        小西宏明; 中田栄司; 仲野瞬; 森井孝
        日本化学会第97 春季年会, 東京都, 2017.3.16-20, 2017年
      • 蛍光タンパク質を基本骨格とした一酸化窒素センサーの構築
        田嶋竣介; 中田栄司; 才村正幸; 森井孝
        日本化学会第97 春季年会, 東京都, 2017.3.16-20, 2017年
      • Enzymatic cascade reactions on the DNA scaffold
        中田栄司; H. Dinh; T. Nguyen; 才村正幸; 森井孝
        日本化学会第97 春季年会, 東京都, 2017.3.16-20, 2017年
      • Catalytic activity of an RNP receptor library with structural diversity
        田村友樹; 仲野瞬; 森井孝
        日本化学会第97 春季年会, 東京都, 2017.3.16-20, 2017年
      • Orthogonal modular adaptors for assembling multiple enzymes on DNA scaffold
        T. NGUYEN; 中田栄司; 才村正幸; 森井孝
        日本化学会第97 春季年会, 東京都, 2017.3.16-20, 2017年
      • Activity of spatially organized enzyme on DNA scaffold
        H. Dinh; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第97 春季年会, 東京都, 2017.3.16-20, 2017年
      • Topologically interlocked DNA nanostructures inside a DNA origami
        A. Rajendran; S. Park; 中田栄司; Y. Kwon; 森井孝
        日本化学会第97 春季年会, 東京都, 2017.3.16-20, 2017年
      • ATP sensors selected from a fluorophore librar
        仲野瞬; 田村友樹; Y-T. CHANG; 森井孝
        日本化学会第97 春季年会, 東京都, 2017.3.16-20, 2017年
      • Construction of a library of structurally diverse ribonucleopeptides with catalytic groups
        Tomoki Tamura; Shun Nakano; Eiji Nakata; Takashi Morii
        Bioorganic and Medicinal Chemistry, 2017年
      • The efficiency of cascade reactions by spatially organized enzymes on DNA scaffold
        中田栄司; T.A. Ngo; 才村正幸; 森井孝
        Asian 3 Roundtable on Nucleic Acids and Chemical Probe Research Hub, Fukuoka 2016, 福岡市, 2016.9.22-24, 2016年
      • Screening of ribonucleopeptide receptor-based sensors by using fluorophore library
        仲野瞬; 田村友樹; Y.T. Chang; 森井孝
        Asian 3 Roundtable on Nucleic Acids and Chemical Probe Research Hub, Fukuoka 2016, 福岡市, 2016.9.22-24, 2016年
      • Activity of the assembled enzyme on DNA scaff old
        H.T.T. Dinh; 中田栄司; T.A. Ngo; 森井孝
        Asian 3 Roundtable on Nucleic Acids and Chemical Probe Research Hub, Fukuoka 2016, ,福岡市, 2016.9.22-24, 2016年
      • Evaluation of orthogonal modular adaptors for assembling proteins on DNA scaff old
        T.M. Nguyen; 中田栄司; 才村正幸; 森井孝
        Asian 3 Roundtable on Nucleic Acids and Chemical Probe Research Hub, Fukuoka 2016, ,福岡市, 2016.9.22-24, 2016年
      • Assembling enzymes on a DNA scaffold
        中田栄司; 森井孝
        Asian 3 Roundtable on Nucleic Acids and Chemical Probe Research Hub, Fukuoka 2016, 福岡市, 2016.9.22-24, 2016年
      • 構造多様性を有するRNP リセプターライブラリーの構築
        田村友樹; 仲野瞬; 森井孝
        第10回バイオ関連化学シンポジウム, 金沢市, 2016.9.7-9, 2016年
      • 蛍光分子ライブラリーを利用したリボヌクレオペプチドセンサーの構築
        仲野瞬; 田村友樹; Chang Young-Tae; 森井孝
        第10回バイオ関連化学シンポジウム, 金沢市, 2016.9.7-9, 2016年
      • 蛍光タンパク質を基本骨格とした一酸化窒素センサー
        田嶋竣介; 中田栄司; 才村正幸; 森井孝
        第10回バイオ関連化学シンポジウム, 金沢市, 2016.9.7-9, 2016年
      • DNAナノ構造体に酵素を配置した分子スイッチボード
        中田栄司; Ngo Anh Tien; Dinh Huyen; Nguyen Minh Thang; 才村正幸; 森井孝
        第10回バイオ関連化学シンポジウム, 金沢市, 2016.9.7-9, 2016年
      • DNA ナノ構造体に酵素を配置した分子スイッチボードの開発
        中田栄司; 森井孝
        第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 高知市, 2016.6.4-5, 2016年
      • Expansion of modular adaptors for covalently locating a number of proteins on DNA nanostructure
        Eiji Nakata; Thang Minh Nguyen; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        ICIRS16, 宇治市, 2016.3.7, 2016年, 査読有り
      • Construction of an enzyme assembly on DNA scaffold via a modular adaptor
        Huyen Dinh; Eiji Nakata; Tien Anh Ngo; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        日本化学会第96春季年会, 京田辺市, 2016.3.24-27, 2016年, 査読有り
      • Development of orthogonal modular adaptars for assembling multiple proteins on DNA nanostructure
        Thang Minh Nguyen; Eiji Nakata; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        日本化学会第96春季年会, 京田辺市, 2016.3.24-27, 2016年, 査読有り
      • Factor governing the efficiency of cascade reactions by spacially organized enzymes
        Tien Anh Ngo; Eiji Nakata; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        日本化学会第96春季年会, 京田辺市, 2016.3.24-27, 2016年, 査読有り
      • 金属イオン錯体を導入したリボヌクレオペプチドによるエステル加水分解
        有山健太; 田村友樹; 仲野瞬; 森井孝
        日本化学会第96春季年会, 京田辺市, 2016.3.24-27, 2016年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチドによるエステル加水分解
        田村友樹; 仲野瞬; 有山健太; 森井孝
        日本化学会第96春季年会, 京田辺市, 2016.3.24-27, 2016年, 査読有り
      • 蛍光分子ライブラリーを利用したリボヌクレオペプチドセンサーのスクリーニング
        仲野瞬; 田村友樹; Chang Young-Tae; 森井孝
        日本化学会第96春季年会, 京田辺市, 2016.3.24-27, 2016年, 査読有り
      • DNA origamiを用いたイオンチャネル集積化法の開発
        黒川 竜紀; 清中 茂樹; 中田 栄司; 遠藤 政幸; 小山 祥平; 森 恵美子; 矢野 将太郎; 鈴木 勇輝; 日高 久美; 川田 正晃; 佐藤 主税; 杉山 弘; 森井 孝; 森 泰生
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • Veliparibをリードとしたホウ素含有PARP阻害剤の創製
        宇都義浩; 多田竜; 遠藤秀彰; 堀均; 増田開; 中田栄司; 森井孝
        第17回癌治療増感研究シンポジウム, 2015年02月
      • Development of modular adaptors to covalently locate multiple enzymes on DNA nanoscaffold
        Thang Minh Nguyen; Eiji Nakata; Huyen Dinh; Tien Anh Ngo; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015), Hawaii, 2015.12.15-20, 2015年, 査読有り
      • Specific detection of ATP by fluorescent ribonucleopeptide sensors
        Shun Nakano; Tomoki Tamura; Takashi Morii
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015), Hawaii, 2015.12.15-20, 2015年, 査読有り
      • Construction and screening of the RNP library with catalytic functional group
        Tomoki Tamura; Kenta Ariyama; Shun Nakano; Takashi Morii
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015), Hawaii, 2015.12.15-20, 2015年, 査読有り
      • Development of various types of protein adaptors to locate a single molecule of functional protein on molecular switchboard
        Tien Anh Ngo; Eiji Nakata; Huyen Dinh; Thang Minh Nguyen; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015), Hawaii, 2015.12.15-20, 2015年, 査読有り
      • Rational design of latent ratiometric fluorescent pH probes based on self-assembled SNARF derivatives
        Eiji Nakata; Takashi Morii
        2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015), Hawaii, 2015.12.15-20, 2015年, 査読有り
      • Site-specific covalent modification of individual protein molecule on DNA nanoscaffold
        Eiji Nakata; Huyen Dinh; Nguyen Minh Thang; Ngo Tien Anh; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        ISNAC2015 第42回国際核酸化学シンポジウム, 姫路市, 2015.9.25, 2015年, 査読有り
      • Expansion of modular adaptors for covalently locating multiple enzymes on DNA nanoscaffold
        Thang Minh Nguyen; Eiji Nakata; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        ISNAC2015 第42回国際核酸化学シンポジウム, 姫路市, 2015.9.24, 2015年, 査読有り
      • Construction of DNA nanotubes toward the three-dimensionally constrained assembly of enzymes
        Keisuke Nishida; Huyen Dinh; Eiji Nakata; Takashi Morii
        ISNAC2015 第42回国際核酸化学シンポジウム, 姫路市, 2015.9.24, 2015年, 査読有り
      • Evaluation of the cluster effect by systematically assembling ATP-binding RNP receptors on DNA origami
        ANNONI, Chiara; NAKANO, Shun; YOSHIMURA, Yuki; NAKATA, Eiji; MORII, Takashi
        日本化学会第95春季年会2015, 千葉市, 2015.3.26-29, 2015年, 査読有り
      • Orthogonal assembly of RuBisCO and Carbonic Anhydrase on a DNA nanoscaffold
        DINH, Huyen; NAKATA, Eiji; NGO, Tien Anh; ASHIDA, Hiroki; YOKOTA, Akiho; MORII, Takashi
        日本化学会第95春季年会2015, 千葉市, 2015.3.26-29, 2015年, 査読有り
      • DNAナノ構造体に機能性タンパク質を配置した分子スイッチボードの開発
        中田栄司; 森井孝
        Workshop in 富山大学, 富山市, 2015.11.18, 2015年, 査読有り
      • 三次元的な酵素配置を目指したDNA ナノチューブの構築
        西田圭佑; Dinh Huyen; 中田栄司; 森井孝
        第9回バイオ関連化学シンポジウム, 熊本市, 2015.9.11, 2015年, 査読有り
      • DNAナノ構造体への共有結合型DNA結合アダプターを介した酵素の配置
        中田栄司; Huyen Dinh; Nguyen Minh Thang; Ngo Tien Anh; 才村正幸; 森井孝
        第9回バイオ関連化学シンポジウム, 熊本市, 2015.9.11, 2015年, 査読有り
      • 集積化したリセプターの基質選択性評価
        吉村祐輝; ANNONI Chiara; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第95春季年会2015, 千葉県, 2015.3.26-29, 2015年, 査読有り
      • タグタンパク質を融合したDNA結合アダプターによるDNAナノ構造体とタンパク質間の共有結合形成
        戸田昂人; 中田栄司; 才村正幸; 森井孝
        日本化学会第95春季年会2015, 千葉県, 2015.3.26-29, 2015年, 査読有り
      • 共有結合を介したDNAナノ構造体へのDNA結合アダプター融合タンパク質の配置
        佐々木謙太; 中田栄司; 才村正幸; 森井孝
        日本化学会第95春季年会2015, 千葉県, 2015.3.26-29, 2015年, 査読有り
      • DNAナノ構造体上に配置した酵素集合体の機能評価
        NGO Anh Tien; 中田栄司; 才村正幸; 森井孝
        日本化学会第95春季年会2015, 千葉県, 2015.3.26-29, 2015年, 査読有り
      • タンパク質の選択的な配置を目指したDNAナノチューブの構造制御
        西田圭佑; DINH Huyen; NGO Anh Tien; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第95春季年会2015, 千葉県, 2015.3.26-29, 2015年, 査読有り
      • ATPのピロリン酸部位を識別する蛍光性センサーの作製
        仲野瞬; 田村友樹; 森井孝
        日本化学会第95春季年会2015, 千葉県, 2015.3.26-29, 2015年, 査読有り
      • DNA origamiに機能性タンパク質を固定化した分子スイッチボードの開発
        中田 栄司; 森井 孝
        分子 ロボティクス研究会 in 鳥取, 鳥取県, 2015.01.23, 2015年
      • Assessment of both equilibrium and kinetic aspects of ATP-binding ribonucleopeptide (RNP) clusters arranged on DNA nanoscaffold
        C. Annoni; S. Nakano; E. Nakata; Y. Yoshimura; T. Morii
        ISNAC2014 第41回国際核酸化学シンポジウム, 福岡市, 2014.11.5, 2014年, 査読有り
      • Application of DNA binding proteins for assembling proteins RuBisCO and Carbonic Anhydrase on DNA nanoscaffold
        H. Dinh; E. Nakata; T.A. Ngo; H. Ashida; A. Yokota; T. Morii
        ISNAC2014 第41回国際核酸化学シンポジウム, 福岡市, 2014.11.5, 2014年, 査読有り
      • Ribonucleopeptides with catalytic functional groups
        T. Tamura; K. Ariyama; S. Nakano; T. Morii
        ISNAC2014 第41回国際核酸化学シンポジウム, 福岡市, 2014.11.5, 2014年, 査読有り
      • Evaluation of the substrate selectivity of clustered ATP-binding RNA aptamers.
        Y. Yoshimura; C. Annoni; S. Nakano; E. Nakata; T. Morii
        ISNAC2014 第41回国際核酸化学シンポジウム, 福岡市, 2014.11.5, 2014年, 査読有り
      • Construction of ATP sensor with high specificity for the pyrophosphate moiety
        S. Nakano; T. Morii
        ISNAC2014 第41回国際核酸化学シンポジウム, 福岡市, 2014.11.5, 2014年, 査読有り
      • Site-specific and Covalent Modification of a Single Protein Molecule on DNA Nanoscaffold
        Eiji Nakata; Dinh Huyen; Tien Anh Ngo; Masayuki Saimura; Takashi Morii
        ISNAC2014 第41回国際核酸化学シンポジウム, 福岡市, 2014.11.5, 2014年, 査読有り
      • Molecular Switchboard: Assembling Multiple Proteins on DNA Origami
        Eiji NAKATA; Takashi MORII
        Kyoto-Bordeaux Symposium, Bordeaux, 2014.5.5, 2014年, 査読有り
      • Applications of sequence-specific DNA binding adaptors for assembling proteins on DNA origami
        H.T.T. Dinh; E. Nakta; A.T. Ngo; H. Ashida; A. Yokota; T. Morii
        日本化学会第94春季年会(2014), 名古屋大学, 2014.3.29, 2014年, 査読有り
      • Construction of organized assembly of enzymes on DNA origami
        T.A. Ngo; E. Nakata; M. Saimura; T. Kodaki; T. Morii
        日本化学会第94春季年会(2014), 名古屋大学, 2014.3.29, 2014年, 査読有り
      • Construction of talor-made receptors and sensors from RNA-peptide complex
        T. Tamura; C. Annoni; E. Nakata; F.F. Liew; S. Nakano; T. Morii
        2014 Kyoto-Ajou Joint Symposium, 2014.2.25, 2014年, 査読有り
      • Construction of a Molecular Switchboard by Using Monomeric and Homodimeric Protein Adaptors
        T.A. Ngo; E. Nakata; M. Saimura; T. Kodaki; T. Morii
        2014 Kyoto-Ajou Joint Symposium, 2014.2.25, 2014年, 査読有り
      • DNA origamiに機能性タンパク質を固定化した分子スイッチボード開発
        中田栄司; Ngo Tien Anh; Dinh Huyen; 仲野瞬; 才村正幸; 小; 森井孝
        第63回高分子討論会, 長崎県, 2014.9.26, 2014年, 査読有り
      • Application of DNA binding adaptors for assembling protein RuBisCO on DNA nano-scaffold
        Dinh Huyen; 中田栄司; Ngo Anh Tien; 蘆田弘樹; 横田明穂; 森井孝
        第8回バイオ関連化学シンポジウム, 岡山市, 2014.9.11, 2014年, 査読有り
      • DNAナノ構造体上に配置したATP結合性RNPリセプタ一の集積効果
        Annoni Chiara; 仲野瞬; 森井孝
        第8回バイオ関連化学シンポジウム, 岡山市, 2014.9.11, 2014年, 査読有り
      • 非天然活性中心を導入したリボヌクレオペプチドの触媒活性
        田村友樹; 有山健太; 仲野瞬; 森井孝
        第8回バイオ関連化学シンポジウム, 岡山市, 2014.9.11, 2014年, 査読有り
      • タグンパク質融合アダプーを用いたDNA ナノ構造体への 共有結合によるタンパク質ナノ構造体への配置
        戸田昂人; 中田栄司; Ngo Anh Tien; Huyen Dinh; 才村正幸; 森井孝
        第8回バイオ関連化学シンポジウム, 岡山市, 2014.9.11, 2014年, 査読有り
      • 集積化したRNAアプタマーの基質選択性評価
        吉村祐輝; アンノーニ キアラ; 仲 瞬; 中田栄司; 森井孝
        第8回バイオ関連化学シンポジウム, 岡山市, 2014.9.11, 2014年, 査読有り
      • ピロリン酸部位の識別が可能なATPセンサーの作製と機能評価
        仲野瞬; 森井孝
        第8回バイオ関連化学シンポジウム, 岡山市, 2014.9.11, 2014年, 査読有り
      • DNAナノ構造体へのタンパク質一分子固定化法
        中田 栄司; Huyen Dinh; Ngo Tien Anh; 才村 正幸; 小瀧; 努; 森井 孝
        第8回バイオ関連化学シンポジウム, 岡山市, 2014.9.11, 2014年, 査読有り
      • 非天然触媒分子を導入したリボヌクレオペプチド
        田村友樹; 有山健太; 仲野瞬; 森井孝
        第46回若手ペプチド夏の勉強会, 京都市, 2014.8.3, 2014年, 査読有り
      • ATP-binding RNP receptors assembled on DNA nano-scaffold
        Annoni Chiara; 吉村祐輝; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        第46回若手ペプチド夏の勉強会, 京都市, 2014.8.3, 2014年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチドを用いた蛍光性センサー
        仲野瞬; 田村友樹; Annoni Chiara; 中田栄司; 森井孝
        第46回若手ペプチド夏の勉強会, 京都市, 2014.8.3, 2014年, 査読有り
      • 反応活性中心を導入したリボヌクレオペプチドの触媒活性
        田村友樹; 仲野瞬; 吉村祐輝; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第94春季年会, 名古屋大学, 2014.3.29, 2014年, 査読有り
      • DNAオリガミへの機能性タンパク質の1分子固定化:DNA結合アダプターとDNAオリガミとの共有結合形成
        戸田昂人; Ngo Anh Tien; Huyen Thi Thu Dinh; 佐々木謙太; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第94春季年会, 名古屋大学, 2014.3.28, 2014年, 査読有り
      • DNAオリガミへの機能性タンパク質の1分子固定化 :共有結合型DNA結合アダプターの開発
        佐々木謙太; 戸田昂人; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第94春季年会, 名古屋大学, 2014.3.28, 2014年, 査読有り
      • 異なるアミノ酸配列のタウペプチド共存下での繊維形成
        馬場あゆみ; 井上雅文; 今野卓; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第94春季年会, 名古屋大学, 2014.3.28, 2014年, 査読有り
      • DNAオリガミを用いたRNAアプタマーの集積効果の評価
        吉村祐輝; ANNONI Chiara; 仲野瞬; 中田栄司; GELMI Maria LUISA; 森井孝
        日本化学会第94春季年会, 名古屋大学, 2014.3.27, 2014年, 査読有り
      • 共有結合化蛍光性リボヌクレオペプチドセンサーの作製とその応用
        仲野瞬; 田村友樹; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第94春季年会, 名古屋大学, 2014.3.27, 2014年, 査読有り
      • Molecular Switchboard: Assembling Multiple Proteins on DNA Origami
        E. Nakata; T. Morii
        The second Kyoto-Bristol symposium 2014, Kyoto University, 2014.1.9, 2013年, 査読有り, 招待有り
      • Development of a homodimeric adaptor for constructing an artificial protein assembly on molecular switchboard
        T.A. Ngo; E. Nakata; M. Saimura; T. Kodaki; T. Morii
        The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Kanagawa University, 2013.11.14, 2013年, 査読有り
      • Site-specific covalent modification of DNA origami by functional proteins
        E. Nakata; H.T.T. Dinh; T.A. Ngo; M. Saimura; T. Morii
        The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Kanagawa University, 2013.11.14, 2013年, 査読有り
      • Construction of a molecular switchboard by assembling ribonucleopeptide biosensors
        C. Annoni; F.F. Liew; S. Nakano; E. Nakata; M.L. Gelmi; T. Morii
        The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Kanagawa University, 2013.11.13, 2013年, 査読有り
      • A rational design strategy to design latent ratiometric fluorescent pH probes based on self-assembled SNARF derivatives
        E. Nakata; T. Morii
        7th ISNM2013 7th international symposium on nanomedicine, Kyushu Institute of Technology, 2013.11.8, 2013年, 査読有り
      • A rational design strategy to control fluorescent property of SNARF toward latent ratiometric fluorescent pH probe
        E. Nakata; T. Morii
        NMMS2013, Tokyo University, 2013.10.8, 2013年, 査読有り
      • Development of an aritificial protein assembly on molecular switchboard
        T.A. Ngo; E. Nakata; M. Saimura; S. Nakano; T. Kodaki; T. Mori
        第7回バイオ関連シンポジウム, 名古屋大学, 2013.9.27, 2013年, 査読有り
      • Development of an artificial protein assembly on molecular switchboard by using DNA binding adaptors
        E. Nakata; T. Morii
        2013NNBS (New Trends of Nano- or Bio-materials Design in Supramolecular), Kyushu University, 2013.9.20, 2013年, 査読有り
      • Construction of a molecular switchboard by using monomeric and homodimeric protein adaptors
        T.A. Ngo; E. Nakata; M. Saimura; S. Nakano; T. Kodaki; T. Morii
        Gordon Reseach Conforence, Proctor Academy Andover, NH, 2013.6.9-14, 2013年, 査読有り
      • Development of latent ratiometric fluorescent pH probes based on self-assembled SNARF derivatives
        E. Nakata; T. Morii
        Gordon Reseach Conforence, Proctor Academy Andover, NH, 2013.6.9-14, 2013年, 査読有り
      • 異なるアミノ酸配列のタウペプチド共存下での凝集体形成
        馬場あゆみ; 井上雅文; 今野卓; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        第7回バイオ関連シンポジウム, 名古屋大学, 2013.9.27, 2013年, 査読有り
      • DNA origami上に機能性タンパク質を固定化した分子スイッチボードの開発
        中田栄司; Ngo Tien Anh; 仲野瞬; 才村正幸; 小瀧努; 森井孝
        第7回バイオ関連シンポジウム, 名古屋大学, 2013.9.27, 2013年, 査読有り
      • アダプターを用いたDNAオリガミへのタンパク質1分子配置
        森井孝; 中田栄司; 仲野瞬
        CREST「プロセスインテグレーションに向けた高機能ナノ構造体の創出」領域 第3回シンポジウム, 東京都, 2013.6.4, 2013年, 査読有り
      • Development of self-assembled fluorescent nano probe based on asymmetric xanthene scaffold for detecting enzymatic activity
        E. Nakata; T. Morii
        The 4th Taiwan-Japan Symposium on Nanomedicine,Taiwan,2013.1.13-14, 2013年, 査読有り
      • Enzymatic activatable fluorescent nano-probe
        E. Nakata; T. Morii
        Internaitonal Symposium on Nanomedicine Molecular Science,Kobe,2013.3.10, 2013年, 査読有り
      • 自己集合型蛍光ナノプローブの細胞内動態の評価
        中田栄司; 森井孝
        日本化学会第93春季年会,草津市,2013.3.22-25, 2013年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチドリセプターを用いたナノ集成体の構築
        劉芳芳; C. Annoni; 田村友樹; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第93春季年会,草津市,2013.3.22-25, 2013年, 査読有り
      • 量体タンパク質を分子スイッチボードに配置するアダプターの開発
        T.A. Ngo; 中田栄司; 才村正幸; 森井孝
        日本化学会第93春季年会,草津市,2013.3.22-25, 2013年, 査読有り
      • 種類のタウタンパク質凝集性ペプチドによるアミロイド繊維形成の評価
        馬場あゆみ; 井上雅文; 今野卓; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第93春季年会,草津市,2013.3.22-25, 2013年, 査読有り
      • 亜鉛フィンガータンパク質を用いたDNAオリガミへのタンパク質1分子固定化技術の開発
        西口泰裕; 中田栄司; 上村昇平; N.A. Tien; 才村正幸; 森井孝
        日本化学会第93春季年会,草津市,2013.3.22-25, 2013年, 査読有り
      • 反応活性中心を導入したリボヌクレオペプチド
        田村友樹; 藤川祐典; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第93春季年会,草津市,2013.3.22-25, 2013年, 査読有り
      • 体のなかにある分子コンビナート
        森井孝
        第32回品川セミナー,京都大学東京オフィス,2013.1.11, 2013年, 査読有り
      • Construction of ratiometric fluorescent sensors by ribonucleopeptides
        Chiara Annoni; Eiji Nakata; Tomoki Tamura; Fong Fong Liew; Shun Nakano; Maria Luisa Gelmi; Takashi Morii
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2012年, 査読有り, 招待有り
      • DNA-binding Proteins as the Adaptor for Locating Functional Proteins on DNA Nanostructure
        T.A. Ngo; 中田栄司; 森井孝
        第59回日本生化学会近畿支部例会,京都大学宇治キャンパス,2012.5.19, 2012年, 査読有り
      • Deverlopment of an Adaptor for Locating Functional Proteins on DNA Nanoarchitechtures
        T.A. Ngo; E. Nakata; T. Morii
        The 4th International Symposium of Kyoto University Global COE Program,Thailand,2012.5.22-23, 2012年, 査読有り
      • アダプターを用いたDNAオリガミへのタンパク質1分子配置
        中田栄司; 森井孝
        「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」3領域合同会議,東京,2012.10.5, 2012年, 査読有り
      • 自己集合型蛍光ナノプローブによる細胞内酵素反応のリアルタイム検出
        中田栄司; 森井孝
        ナノメディシン分子科学若手の会,名古屋市,2012.9.23, 2012年, 査読有り
      • アダプターを用いたDNAオリガミへのタンパク質配置
        中田栄司; 森井孝
        「ナノ構造体」第2回公開シンポジ ウム,東京,2012.6.12, 2012年, 査読有り
      • RNA–ペプチド複合体を基本骨格とした蛍光性バイオセンサーの合理的設計法の開発
        田村友樹; 劉芳芳; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        第59回日本生化学会近畿支部例会,京都大学宇治キャンパス,2012.5.19, 2012年, 査読有り
      • RNAアプタマーを用いた機能性リボヌクレオペプチドの段階的構築
        田村友樹; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第92春季年会,慶応大学日吉キャンパス・矢上キャンパス,2012.3.25-28, 2012年, 査読有り
      • Zinc Finger protein を介したDNA origami上への機能性タンパク質の配置
        西口泰裕; Liew Fong Fong; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第92春季年会,慶応大学日吉キャンパス・矢上キャンパス,2012.3.25-28, 2012年, 査読有り
      • 準安定複合体を利用したRNA検出蛍光プローブの開発
        松本桂彦; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第92 春季年会,慶応大学日吉キャンパス・矢上キャンパス,2012.3.25-28, 2012年, 査読有り
      • タウタンパク質由来の凝集性ペプチドによるアミロイド線維形成能の評価
        中田栄司; 吉田裕生; 井上雅文; 今野卓; 森井孝
        日本化学会第92春季年会,慶応大学日吉キャンパス・矢上キャンパス,2012.3.25-28, 2012年, 査読有り
      • 細胞内シグナル分子を可視化する
        森井孝
        アゴラ・サノフィ,京都大学時計台記念館,2012.1.25, 2012年, 査読有り
      • 【がん放射線治療の現状と今後に向けて:総説】 がんの特異的な検出を目指した蛍光イメージング法の最近の展開
        中田 栄司; 森井 孝; 宇都 義浩; 堀 均
        放射線生物研究, 2011年09月
      • オボアルブミンにおけるアミロイド形成コアの探索
        高橋延行; 森本祐未; 和久友則; 多田朋子; 野口由里香; 森井孝; 今野卓; 三上文三; 田中直毅
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011年03月05日, 査読有り
      • A Modular Strategy for Tailoring Functional Ribonucleopeptides
        T. Morii
        Bioorganic Chemistry Gordon Research Conference,USA,2011.6.13, 2011年, 査読有り
      • Toward of a photoinduced oxidase by using the electric charge transportation through DNA
        K. Matsumoto; T. Morii
        FIBER International Symposium FIBER Forum 2011,Hyogo,2011.11.6-8, 2011年, 査読有り
      • Sequence selective RNA detection by metastable PNA/RNA fluorescence probe
        K. Matsumoto; E. Nakata; I. Saito; T. Morii
        The 38th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry,Hokkaido,2011.11.9-11, 2011年, 査読有り
      • Facile conversion of RNA aptamers to modular fluorescent sensors
        T. Tamura; S. Nakano; E. Nakata; T. Morii
        The 38th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry,Hokkaido,2011.11.9-11, 2011年, 査読有り
      • Development of the immobilization technology of functional proteins on DNA origami
        E. Nakata; C. Uwatoko; F.F. Liew; S. Kiyonaka; Y. Mori; Y. Katsuta; M. Endo; H. Sugiyama; T. Morii
        The 38th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry,Hokkaido,2011.11.9-11, 2011年, 査読有り
      • Development of the attachment technology of functional proteins on DNA origami
        A. Ngo; E. Nakata; F.F. Liew; Y. Nishiguchi; T. Morii
        11th iCeMS International Symposium,Kyoto,2011.12.6, 2011年, 査読有り
      • タウタンパク質凝集コアペプチドのアミロイド線維形成能の評価
        中田栄司; 開田真次; 中川勝統; 今野卓; 森井孝
        日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011.3.26-29, 2011年, 査読有り
      • DNA origami上への機能性タンパク質固定化技術の開発
        中田栄司; 上床知佐奈; 劉芳芳; 清中茂樹; 森泰生; 勝田陽介; 遠藤政幸; 杉山弘; 森井孝
        第5回バイオ関連化学シンポジウム,つくば国際会議場「エポカルつくば」,2011.9.12-14, 2011年, 査読有り
      • 準安定二重鎖を用いたRNA配列認識PNA蛍光センサー
        松本桂彦; 中田栄司; 森井孝
        第5回バイオ関連化学シンポジウム,つくば国際会議場「エポカルつくば」,2011.9.12-14, 2011年, 査読有り
      • 高い配列認識能をもつPNA 蛍光センサーによるRNA検出
        松本桂彦; 中田栄司; 森井孝
        生体関連化学部会第26 回若手フォーラム,筑波大学,2011.9.11, 2011年, 査読有り
      • 高いDNA/RNA配列認識能を有するPNA蛍光センサー
        松本桂彦; 中田栄司; 森井孝
        生体関連化学部会若手の会第23回サマースクール,広島,2011.7.22-23, 2011年, 査読有り
      • NA ナノ構造体への機能性分子修飾による新規機能性材料の開発
        西口泰裕; 中田栄司; 森井孝
        生体関連化学部会若手の会第23回サマースクール,広島,2011.7.22-23, 2011年, 査読有り
      • RNPを用いたモジュール型蛍光センサーの作製
        田村友樹; 仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        生体関連化学部会若手の会第23回サマースクール,広島,2011.7.22-23, 2011年, 査読有り
      • 細胞内pH計測用自己集合型蛍光プローブ
        中田栄司; 森井孝
        グローバルCOE「地球温暖化時代のエネルギー科学拠点」産学連携シンポジウム,京都テルサテルサホール,2011.12.15, 2011年, 査読有り
      • 細胞内シグナル伝達分子を可視化するケミカルバイオロジ ・ツール
        森井孝
        本大学大学院薬学研究科,熊本大学大学院薬学研究科,2011.11.25, 2011年, 査読有り
      • 生物がエネルギーを利用するためのしかけを考える
        森井孝
        京都大学エネルギー理工学研究所公開講演会「ゼロエミッションエネルギーって何だろう?」,きはだホール,2011.5.14, 2011年, 査読有り
      • 卵白アルブミンのアミロイドコア領域の同定と線維形成機構
        河内悠希; 森本祐未; 高橋延行; 森井孝; 和久友則; 功刀滋; 田中直毅
        日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011.3.26-29, 2011年, 査読有り
      • 光合成アンテナタンパク質集合体の脂質膜中での構築とそのエネルギー移動評価
        渡部奈津子; 角野歩; 佐々木伸明; 出羽毅久; 森井孝; 橋本秀樹; 南後守
        日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011.3.26-29, 2011年, 査読有り
      • DNA origami上への機能性分子固定化技術の開発
        上床知佐奈; 李紅梅; 田井中一貴; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011.3.26-29, 2011年, 査読有り
      • ATP結合性リボヌクレオペプチドリセプターの合理的機能改変
        仲野瞬; 中田栄司; 森井孝
        日本化学会第91 春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011.3.26-29, 2011年, 査読有り
      • 蛍光センサーによる単一細胞内イノシトールポリリン酸代謝動態の解析
        森井孝
        日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011.3.26-29, 2011年, 査読有り
      • 第6章機能性RNA-タンパク質複合体
        森井孝
        核酸化学のニュートレンド DNA/RNAの新たな可能性を拓く,2011, 2011年, 査読有り
      • Structural aspects of the fluorescence intensity changes of the ATP-binding ribonucleopeptide sensor
        Nakano, S; Mashima, T; Tainaka, K; Katahira, M; Morii, T
        The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2010,, 2010年11月
      • 生存基盤科学における中赤外域波長可変レーザーの先進応用
        紀井俊輝; 大垣英明; 上杉志成; 森井孝; 山本浩平; 鈴木義和; 増田開
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2010年09月10日
      • Selective Detection of Cellular Signaling Molecules
        T. Morii
        1st Asian Chemical Biology Conference, Seoul National University, 2010.6.27, 2010年, 査読有り
      • Analyses of the structure and the function of ribonucleopeptidereceptors: toward the construction of the novel ribbonucleopeptide enzyme
        S. Nakano; K. Tainaka; T. Morii
        The 2nd International Symposium Kyoto University Global COE Program, Uji, 2010.8.19-20, 2010年, 査読有り
      • Construction of functional ribonucleopeptide (RNP) Complex for Catecholamine Detection
        F.F. Liew; K. Tainaka; S. Nakano; T. Morii
        The 2nd International Symposium Kyoto University Global COE Program, Uji,2010.8.19-20, 2010年, 査読有り
      • Design and synthesis of fluorescent oligodeoxyribonucleotides sensitive to the micro environmental change in polarity
        K. Matsumoto; Y. Saito; T. Morii; I. Saito
        The 2nd International Symposium Kyoto University Global COE Program, Uji, 2010.8.19-20, 2010年, 査読有り
      • Assembly of biological macromolecules on DNA nanostructures
        H. Li; C. Uwatoko; K. Tainaka; T. Morii
        The 2nd International Symposium Kyoto University Global COE Program, Uji, 2010.8.19-20, 2010年, 査読有り
      • A Modular Strategy for Tailoring Fluorescent Biosensors from Ribonucleopeptides
        T. Morii
        Asian 3 Roundtabe on Nucleic Acids, Kansai International Airport Conference Hall, 2010.10.29, 2010年, 査読有り
      • A Charge-Pairing Mechanism on Amyroid Fibrillation of Short Core Peptides From Human Tau Protein.,
        K. Nakagawa; S. Kaida; M. Inoue; K. Tainaka; T. Konno; E. Nakata; T. Morii
        International Symposium of Advanced Energy Science, Uji, 2010.11.18-19, 2010年, 査読有り
      • A facile strategy for improvement of selectivity and fluorescence responses of dopamine-binding ribonucleopeptide sensors
        F.F. Liew; K. Tainaka; T. Morii
        International Symposium of Advanced Energy Science, Uji, 2010.11.18-19, 2010年, 査読有り
      • Structural aspects for substrate binding and fluorescence of the ATP-binding ribonucleopeptide receptors and sensors
        S. Nakano; M. Fukuda; T. Mashima; M. Katahira; T. Morii
        5th International Peptide Symposium in conjunction with 47th Japanese Peptide Symposium, Kyoto, 2010.12.4-9, 2010年, 査読有り
      • A Charge-Pairing Mechanism on Amyroid Fibrillation of Human Tau Protein Related Peptides
        K. Nakagawa; S. Kaida; M. Inoue; K. Tainaka; T. Konno; E. Nakata; T. Morii
        5th International Peptide Symposium in conjunction with 47th Japanese Peptide Symposium, Kyoto, 2010.12.4-9, 2010年, 査読有り
      • 細胞内シグナル分子を標的とした蛍光センサーの構築
        T. Morii
        第5回ケミカルバイオロジー・第2回センシングバイオロジーシンポジウム,東京医科歯科大学医学部,2010.2.23, 2010年, 査読有り
      • 極性環境変化に敏感な蛍光性核酸塩基を用いた遺伝子検出プローブ
        松本桂彦; 森井孝; 齋藤義雄; 齋藤烈
        日本光医学・光生物学会, 2010年, 査読有り
      • オボアルブミンのアミロイド線維形成:内在性ペプチドの添加効果
        高橋延行; 野口由里香; 富永祥太; 長谷川哲也; 森井孝; 三上文三; 田中直毅
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年03月05日, 査読有り
      • Selective and direct inhibition of TRPC3 channels underlies biological activities of a pyrazole compound
        Shigeki Kiyonaka; Kenta Kato; Motohiro Nishida; Kazuhiro Mio; Takuro Numaga; Yuichi Sawaguchi; Takashi Yoshida; Minoru Wakamori; Emiko Mori; Tomohiro Numata; Masakazu Ishii; Hiroki Takemoto; Akio Ojida; Kenta Watanabe; Aya Uemura; Hitoshi Kurose; Takashi Morii; Tsutomu Kobayashi; Yoji Sato; Chikara Sato; Itaru Hamachi; Yasuo Mori
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2009年03月, 査読有り
      • Selective and direct inhibition of TRPC3 channels underlies biological activities of a pyrazole compound
        Shigeki Kiyonaka; Kenta Kato; Motohiro Nishida; Kazuhiro Mio; Takuro Numaga; Yuichi Sawaguchi; Takashi Yoshida; Minoru Wakamori; Emiko Mori; Tomohiro Numata; Masakazu Ishii; Hiroki Takemoto; Akio Ojida; Kenta Watanabe; Aya Uemura; Hitoshi Kurose; Takashi Morii; Tsutomu Kobayashi; Yoji Sato; Chikara Sato; Itaru Hamachi; Yasuo Mori
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2009年03月, 査読有り
      • 蛍光タンパク質をもとにしたイノシトール四リン酸センサーの設計
        藤枝伸宇; 山本誠吾; 遠藤太志; 坂口怜子; 田井中一貴; 森井孝
        日本化学会第89春季年会,日本大学,2009.3.27-30, 2009年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチド複合体による蛍光センサーの設計
        森井孝
        第58回高分子討論会,熊本大学黒髪南キャンパス,2009.9.16-18, 2009年, 査読有り
      • 遺伝子検出の為のための画期的なモレキュラービーコンの開発
        松本桂彦; 篠原雄太; 竹内辰樹; 齋藤義雄; 齋藤烈; 森井孝
        第24回生体機能関連化学シンポジウム・第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム,九州大学医系キャンパス,2009.9.13-15, 2009年, 査読有り
      • ATP結合性リボヌクレオペプチドリセプターの機能と構造
        仲野瞬; 福田将虎; 真嶋司; 片平正人; 森井孝
        第24回生体機能関連化学シンポジウム・第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム,九州大学医系キャンパス,2009.9.13-15, 2009年, 査読有り
      • 可視光照射により光電流応答を示すDNA自己組織化膜の作製
        丹佳夫; 田井中一貴; 藤枝伸宇; 森井孝
        日本化学会第89春季年会,日本大学,2009.3.27-30, 2009年, 査読有り
      • 蛍光性リボヌクレオペプチドセンサーの機能と構造の相関
        仲野瞬; 福田将虎; 田井中一貴; 森井孝
        日本化学会第89春季年会,日本大学,2009.3.27-30, 2009年, 査読有り
      • タウタンパク質凝集コアのリン酸化によるアミロイド繊維形成制御
        井上雅文; 田井中一貴; 今野卓; 森井孝
        日本化学会第89春季年会,日本大学,2009.3.27-30, 2009年, 査読有り
      • 森井孝,生理活性アミンを検出する蛍光性リボヌクレオペプチドセンサーの構築方法
        福田将虎; 長谷川哲也; FongFong Liew; 森井孝
        日本化学会第89春季年会,日本大学,2009.3.27-30, 2009年, 査読有り
      • Design of extremely facile 3\\'- and 5\\'- ends free molecular beacons using C8 alkylamino substituted 2\\'-deoxyguanosine.
        K. Matsumoto; Y. Shinohara; K. Numajiri; S. Ishioroshi; T. Morii; Y. Saito; I. Saito
        Nucleic acids symposium series (2004), 2009年, 査読有り
      • Covalently linked fluorescent ribonucreopeptide sensors.
        M. Fukuda; L. Fong-Fong; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2009年, 査読有り
      • Structural aspects for the function of ATP-binding ribonucleopeptide receptors.
        S. Nakano; M. Fukuda; T. Mashima; M. Katahira; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2009年, 査読有り
      • Structural analysis of ribonucleopeptide aptamer against ATP.
        T. Mashima; A. Matsugami; S. Nakano; M. Inoue; M. Fukuda; T. Morii; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2009年, 査読有り
      • A pyrazole compound selectively inhibits receptor activated TRPC3 channel
        Kenta Kato; Shigeki Kiyonaka; Motohiro Nishida; Masakazu Ishii; Emiko Mori; Takuro Numaga; Takashi Yoshida; Takafumi Miki; Tsutomu Kobayashi; Takashi Morii; Itaru Harnachi; Minoru Wakamori; Yasuo Mori
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2008年
      • The amyloid fibrillization of phosphorylated human tau core peptides
        M Inoue; K Tainaka; T Konno; T Morii
        The IUMRS International Conference in Asia 2008, 名古屋国際会議場, 2008.12.9-13, 2008年, 査読有り
      • タウタンパク質凝集性コアペプチドのアミロイド繊維形成におけるリン酸化の効果
        井上雅文; 平田晃義; 今野卓; 森井孝
        第3回バイオ関連化学合同シンポジウム,東京工業大学,2008.9.18-20, 2008年, 査読有り
      • 共有結合により安定化した機能性RNA-ペプチド複合体の構築方法
        福田将虎; 仲野瞬; 田井中一貴; 森井孝
        第10回RNAミーティング,札幌コンベンションセンター,2008.7.23-25, 2008年, 査読有り
      • 最小構造からなる単量体メタン水酸化酵素の分子設計(2)
        龍山裕一; 藤枝伸宇; 井上雅文; 森井孝
        日本化学会第88春季年会,立教大学池袋キャンパスおよび立教池袋中学校・高等学校,2008.3.26-30, 2008年, 査読有り
      • 蛍光性バイオセンサーによるイノシトール四リン酸細胞内動態の計測
        坂口怜子; 清中茂樹; 森泰生; 森井孝
        日本化学会第88春季年会,立教大学池袋キャンパスおよび立教池袋中学校・高等学校,2008.3.26-30, 2008年, 査読有り
      • 共有結合によって安定化した蛍光性リボヌクレオペプチドセンサー
        福田将虎; 森井孝
        日本化学会第88春季年会,立教大学池袋キャンパスおよび立教池袋中学校・高等学校,2008.3.26-30, 2008年, 査読有り
      • 生体シグナル伝達分子を標的とした蛍光バイオセンサーの創製
        森井孝; 長谷川哲也; 林宏典
        第5回ライフサーベイヤシンポジウム,名古屋大学野依記念学術交流会館,2008.1.31-2.1, 2008年, 査読有り
      • Selective recognition of a tetra-amino-acid motif containing phosphorylated tyrosine residue by ribonucleopeptide.
        S. Nakano; T. Hasegawa; M. Fukuda; N. Fujieda; K. Tainaka; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2008年, 査読有り
      • Development of ribonucleopeptide-based fluorescent sensors for biologically active amines based on the stepwise molding strategy.
        K. Tainaka; T. Hasegawa; M. Fukuda; S. Nakano; N. Fujieda; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2008年, 査読有り
      • Construction of a stable functional ribonucleopeptide complex by the covalent linking method.
        M. Fukuda; S. Nakano; K. Tainaka; N. Fujieda; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2008年, 査読有り
      • 3P050 タウ蛋白質由来ペプチドの凝集特性に対する化学修飾効果(蛋白質(物性(安定性、折れ畳みなど)),ポスター発表,第45回日本生物物理学会年会)
        今野 卓; 平田 晃義; 杉本 健二; 森井 孝
        生物物理, 2007年11月20日
      • A novel pyrazole derivative selectively inhibits TRPC3 channel.
        Kenta Kato; Shigeki Kiyonaka; Motohiro Nishida; Masakazu Ishi; Emiko Mori; Takuro Numaga; Takashi Yoshida; Takafumi Miki; Tsutomu Kobayashi; Takashi Morii; Itaru Hamachi; Minoru Wakamori; Yasuo Mori
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2007年
      • Design of Ribonucleopeptide-Based Fluorescent Biosensors for Phosphorylated Tyrosine Residues
        H Hayashi; T Hasegawa; T Morii
        The 2nd International workshop on Approaches to single-cell Analysis, 早稲田大学,井深大記念館,2007.9.6-7, 2007年, 査読有り
      • Construction of Fluorescent Sensors to Quantitatively Assess Inositol Tetrakisphosphate (IP4) in Single Cell
        R Sakaguchi; K Sugimoto; S Kiyonaka; Y Mori; T Morii
        The 2nd International workshop on Approaches to single-cell Analysis, 早稲田大学,井深大記念館,2007.9.6-7, 2007年, 査読有り
      • Structure-based design of fluorescent biosensors from ribonucleopeptide complexes
        H Hayashi; M Inoue; T Morii
        第5回国際核酸化学シンポジウム,東京大学,安田講堂 2007.11.20-22, 2007年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチドを用いた蛍光性バイオセンサーの設計
        林宏典; 井上雅文; 森井孝
        第9回RNAミーティング,名古屋国際会議場,2007.7.28-31, 2007年, 査読有り
      • 中赤外域波長可変レーザーの生存基盤科学へのフィージビリティスタディ
        大垣英明; 上杉志成; 森井孝; 山本浩平; 鈴木義和; 山崎鉄夫; 増田開; 紀井俊輝
        第13回FELとHigh-Power Radiation研究会,京都大学宇治キャンパス木質ホール3F,2007.3.5-6, 2007年, 査読有り
      • 単量体メタン水酸化酵素の分子設計
        藤枝伸宇; 井上雅文; 龍山裕一; 森井孝
        BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学界大会合同大会),パシフィコ横浜,2007.12.11-15, 2007年, 査読有り
      • 立体構造にもとづいたミニチュアメタン水酸化酵素の分子設計
        藤枝伸宇; 井上雅文; 森井孝
        第22回生体機能関連化学シンポジウム,東北大学,多元物質科学研究所,2007.9.28-29, 2007年, 査読有り
      • 細胞内情報伝達経路の可視化を目指した蛍光分子センサーの開発
        坂口怜子; 杉本健二; 清中茂樹; 森泰生; 森井孝
        第22回生体機能関連化学シンポジウム,東北大学,多元物質科学研究所,2007.9.28-29, 2007年, 査読有り
      • 生理活性アミンを標的とする傾向性リボヌクレオペプチドセンサーの開発
        福田将虎; 仲野瞬; 森井孝
        第22回生体機能関連化学シンポジウム,東北大学,多元物質科学研究所,2007.9.28-29, 2007年, 査読有り
      • タンパク質と核酸で機能性分子をつくる
        森井孝
        化学プラットフォーム@関西07講演会,兵庫県立大学,書写キャンパス,2007.9.15, 2007年, 査読有り
      • 機能性RNAペプチド複合体の構築
        森井孝
        日本薬学会北陸支部特別講演会,富山大学,杉谷キャンパス,2007.5.18, 2007年, 査読有り
      • Controlling a substrate-binding geometry of ribonucleopeptide receptor.
        M. Fukuda; S. Nakano; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2007年, 査読有り
      • Real time fluorescent sensors to assess in vivo inositol polyphosphates productions
        T. Morii
        A Satellite Meeting of International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium and 4th Peptide Engineering Meeting,Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University,2006.11.10-11, 2006年11月10日, 査読有り
      • Amyloid-Type Fibril Formation of a Short Peptide with a Chemically Modified Tyrosine Residue
        A. Hirata; T. Morii; T. Konno
        International Conference 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting,Pacifico Yokohama (Annex Hall),2006.11.5-8, 2006年, 査読有り
      • Stepwise Functionalization of Ribonucleopeptides
        T. Hasegawa; M. Fukuda; T. Morii
        International Conference 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting,Pacifico Yokohama (Annex Hall),2006.11.5-8, 2006年, 査読有り
      • Design of functional miniature proteins
        T. Morii
        2nd Kyoto-Erlangen Symposium,Uji Campus, Kyoto University,2006. 10.3-5, 2006年, 査読有り
      • Structure-based design of miniature methane monooxygenase hydroxylase
        M. Inoue; Y. Tatuyama; K. Sugimoto; T. Morii
        The 3rd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto,2006.8.30-9.1, 2006年, 査読有り
      • Construction of protein-based optical sensor to quantitatively assess inositol tetrakisphosphate
        R. Sakaguchi; S. Kiyonaka; K. Sugimoto; Y. Mori; T. Morii
        The 3rd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto,2006.8.30-9.1, 2006年, 査読有り
      • Reforming of Biomass-derived CO2 by composite Iron with Nickel and/or copper
        T. Sagawa; J. Takahashi; T. Morii
        The 3rd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto,2006.8.30-9.1, 2006年, 査読有り
      • Interfacial Electron-Transfer Processes in Colloidal TiO2 and Poly(octadecyl acrylate)s Systems
        T. Sagawa; S. Uchida; J. H.G. Steinke; R. Oda; H. Ihara; T. Morii
        Gordon Research Conference on Chemistry at Interfaces 2006,University of New England, Biddeford, ME, U.S.A.,2006.7.9-14, 2006年, 査読有り
      • Interfacial Electron-Transfer Processes with Molecular Imprinted TiO2
        T. Sagawa; M. Kudo; J. HG Steinke; T. Morii
        XXIst IUPAC SYMPOSIUM ON PHOTOCHEMISTRY,京都テルサ(京都),2006.4.2-7, 2006年, 査読有り
      • Surface molecularly imprinted TiO2 nanoparticle for photoreduction of viologen
        T. Sagawa; M. Kudo; J.H.G. Steinke; T. Morii
        Materials Research Society Symposium Proceedings, 2006年, 査読有り
      • ペプチドライブラリーを用いたリボヌクレオペプチドリセプターの段階的高機能化
        福田将虎; 森井孝
        バイオ関連化学合同シンポジウム(生体機能関連化学部会(21回)バイオテクノロジー部会(9回)生命化学研究会(9回)),京都大学工学研究科(桂キャンパス),2006.9.28-30, 2006年, 査読有り
      • 機能性リボヌクレオペプチドリセプターによるケミカルバイオロジーへのアプローチ
        森井孝
        SORST齋藤チームシンポジウム「ゲノム化学の最先端ー医学・分子生物学への応用と展開」,日本大学工学部50周年記念館講堂,2006.9.28-30, 2006年, 査読有り
      • 凝集性短鎖ペプチドを用いた複合材料の作製
        藤本菜保; 平田晃義; 森井孝; 佐川尚
        第52回高分子研究発表会(神戸),兵庫県中央労働センター(神戸),2006.7.21, 2006年, 査読有り
      • 酸化チタン/ポリマー交互積層膜の作製とその光触媒作用
        佐川尚; 森井孝
        第52回高分子研究発表会(神戸),兵庫県中央労働センター(神戸),2006.7.21, 2006年, 査読有り
      • シラフィンモデルペプチドの凝集状態の解析と複合材料の開発
        藤本菜保; 平田晃義; 森井孝; 佐川尚
        第55回高分子学会年次大会,名古屋国際会議場(名古屋),2006.5.24-26, 2006年, 査読有り
      • 蛋白質でセンサーをつくる〜機能性リボヌクレオペプチドの設計〜
        森井孝
        日本ケミカルバイオロジー研究会第1回年会,学術総合センター(東京),2006.5.8-9, 2006年, 査読有り
      • 機能性ミニチュアタンパク質をツールとするケミカルバイオロジー
        森井孝
        21世紀COE「京都大学化学連携研究教育拠点」ケミカルバイオロジー・ミニシンポジウム一味違う化学と生命現象の接点を目指して,京都大学,2006.3.15, 2006年, 査読有り
      • Ribonucleopeptides recognize the phosphotyrosine residue
        T. Hasegawa; S. Yoshikawa; T. Morii
        第4回国際核酸化学シンポジウム,九州大学(福岡),2005.9.20-22, 2005年, 査読有り
      • Toward the design of artificial enzymes for sutainable energy system: artificial methane monooxygenase assembly
        T. Morii
        Core University Program between Seoul National University and Kyoto University on Energy Science & Engineering, Korea-Japan Joint Mini Symposium,京都大学,2005.7.25, 2005年, 査読有り
      • Ribonucleopeptide Receptors for phosphotyrosine
        T. Hasegawa; T. Morii
        Gordon Research Conference Bioorganic Chemistry,Proctor Academy (アメリカ),2005.6.12-17, 2005年, 査読有り
      • Stepwise functionalization of ribonucleopeptide complexes to receptors and sensors.
        M. Fukuda; Y. Tanabe; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2005年, 査読有り
      • 機能性ミニチュアタンパク質によるケミカルバイオロジーへのアプローチ
        森井孝
        平成17年度中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2005.9.24, 2005年, 査読有り
      • イノシトール四リン酸に対する蛍光性バイオセンサーの構築
        坂口怜子; 杉本健二; 沼賀拓郎; 清中茂樹; 森泰生; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005.3.26-29, 2005年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチドの機能化
        森井孝
        第4回SORSTジョイントシンポジウム,2005.11.29, 2005年, 査読有り
      • イノシトール四リン酸バイオセンサーの細胞への応用
        坂口怜子; 森井孝
        JST・SORSTジョイントシンポジウム(4),千里ライフサイエンスセンター(大阪),2005.11.28-29, 2005年, 査読有り
      • リン酸化チロシンを標的とするリボヌクレオペプチドリセプターおよびセンサーの開発
        長谷川哲也; 森井孝
        JST・SORSTジョイントシンポジウム(4),千里ライフサイエンスセンター(大阪),2005.11.28-29, 2005年, 査読有り
      • 病理的タンパク質凝集の促進に関わる環境分子間の非線形的協同の一例
        今野卓; 森井孝; 老木成稔
        第43回生物物理学会年会,仙台(宮城),2005.11.24, 2005年, 査読有り
      • 思い通りに測れる蛍光バイオセンサー
        森井孝
        京都バイオ産業技術フォーラム第6回研究会,2005.11.9, 2005年, 査読有り
      • 分子の認識から機能の設計へ
        森井孝
        第7回脳分子機能研究会,2005.11.5, 2005年, 査読有り
      • Development of a Nanobiodevice based Ribonucleopeptide Complex
        T. Hasegawa; M. Hagihara; S. Sato; K. Ohkubo; T. Morii; S. Yoshikawa
        The 2nd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto (Japan),2004.12.17-18, 2004年12月17日, 査読有り
      • Biomass-derived Carbon Recycle System with Composite Iron Catalyst
        G. Kozen; Y. Fujii; T. Sagawa; T. Morii; K. Ohkubo
        The 2nd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto, Japan,2004.12.17-18, 2004年12月17日, 査読有り
      • Production of Methane, Methanol by Supercritical Water Technology - Biomethanol Production from Biomethane
        T. Morii; T. Sagawa; Y. Fujii; K. Ohkubo
        The 2nd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto, Japan,2004.12.17-18, 2004年12月17日, 査読有り
      • Development of specific DNA binding nanobiodevice by combinatorial approach
        A. Hirata; T. Morii; K. Ohkubo; S. Yoshikawa
        The 2nd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto (Japan),2004.12.17-18, 2004年12月17日, 査読有り
      • Design of biosensors and receptors from a small protein assembly
        T. Morii; K. Sugimoto; R. Sakaguchi; K. Ohkubo
        International symposium on Nano-organization and Function,Tokyo,2004.11.11-12, 2004年11月11日, 査読有り
      • Tailoring receptors and sensors from an RNA-peptide assmebly
        Y. Tanabe; M. Hagihara; S. Sato; K. Ohkubo; T. Morii
        International symposium on Nano-organization and Function,Tokyo,2004.11.11-12, 2004年11月11日, 査読有り
      • Toward a development of an enzymatic system for biomass utilization: Strategy to construct a functional methane monooxygenase
        R. Sakaguchi; Y. Fujii; T. Morii; K. Ohkubo
        The joint international conference on "Sustainable Energy and Environment (SEE)",Hua Hin, Thailand,2004.12.1-3, 2004年, 査読有り
      • Design of sensing ribonucleopeptides for small ligands.
        M. Hagihara; T. Hasegawa; Y. Tanabe; S. Sato; S. Yoshikawa; K. Ohkubo; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2004年, 査読有り
      • Toward a development of an enzymatic system that converts biomass to biomethanol: Design of a tailor-made reductase for an artificial methane monooxygenase assembly
        Y. Tanabe; T. Morii; K. Ohkubo
        The joint international conference on "Sustainable Energy and Environment (SEE)",Hua Hin, Thailand,2004.12.1-3, 2004年, 査読有り
      • テーラーメイドバイオセンサーへのアプローチ
        森井孝
        福井大学大学院セミナー,2004.11.5, 2004年, 査読有り
      • リボヌクレオペプチド複合体を利用した蛍光センサーの開発
        萩原正規; 田邊優貴子; 佐藤慎一; 長谷川哲也; 吉川暹; 大久保捷敏; 森井孝
        第19回生体機能関連化学シンポジウム,東京大学弥生講堂,2004.10.8-9, 2004年, 査読有り
      • リセプターからセンサーへ:機能性分子設計によるケミカルバイオロジーへのアプローチ
        森井孝
        日本化学会生体関連化学部会、第16回生体関連化学サマースクール,2004.7.16, 2004年, 査読有り
      • Design of sensing ribonucleopeptides for small ligands.
        M. Hagihara; T. Hasegawa; Y. Tanabe; S. Sato; S. Yoshikawa; K. Ohkubo; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2004年, 査読有り
      • Recognition of Small Molecules by an RNA-peptide Complex
        HAGIHARA Masaki; SATO Shin-ichi; MORII Takashi; MAKINO Keisuke
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2003年02月01日
      • Development of Catalytic Systems for the Biomass-derived Methanol Production and CO2 Reduction
        Yasuyo Fujii; Takashi Sagawa; Takashi Morii; Katsutoshi Ohkubo
        Kyoto University 21COE 2nd Symposium on Bioenergy,Organized by Kyoto University 21COE Program "Establishment of COE on Sustainable Energy System",Kyoto, 2003年, 査読有り
      • Design of a ribonucleopeptide biosensor
        Masaki Hagihara; Akiyoshi Hirata; Katsutoshi Ohkubo; Takashi Morii
        the 30th Nucleic Acids Chemistry Symposium,Sapporo, 2003年, 査読有り
      • Ribonucleopeptide receptors
        T. Morii; K. Ohkubo; S. Yoshikawa
        18th American Peptide Symposium,Boston,USA, 2003年, 査読有り
      • Biosensors to assess in vivo inositol 1,4,5-trisphosphate production
        Takashi Morii
        Gordon Research Conference on Bioorganic Chemistry,Andovor,USA, 2003年, 査読有り
      • Design of phosphotyrosine-specific ribonucleopeptide receptors
        Tetsuya Hasegawa; Masaki Hagihara; Shin-ichi Sato; Takashi Morii; Katsutoshi Ohkubo; Susumu Yoshikawa
        The 1st International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University 21COE Establishment of COE on Sustainable Energy System,Kyoto, 2003年, 査読有り
      • New technologies for production of clean liquefied fuels: High-level expression of subunits of methane monooxygenase hydroxylase in E. coli
        Yasuyo Fujii; Masatora Fukuda; Takashi Sagawa; Takashi Morii; Katsutoshi Ohkubo
        The 1st International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University 21COE Establishment of COE on Sustainable Energy System,Kyoto,, 2003年, 査読有り
      • イノシトール四リン酸に対する分子センサーの構築
        本庄弘一; 杉本健二; 牧野圭祐; 大久保捷敏; 森井孝
        日本化学会第83春季年会,2003.3, 2003年, 査読有り
      • DESIGN OF THE RIBONUCLEOPEPTIDE RECEPTORS
        T,Morii
        Gordon Research Conference: Chemistry & Biology of Peptides,VenturaUSA, 2002年, 査読有り
      • 短鎖ペプチドによる認識DNA塩基配列の決定
        佐藤慎一; 本庄弘一; 辻晋司; 萩原正規; 牧野圭祐; 森井孝
        第29回核酸化学シンポジウム,2-P37,2002, 2002年, 査読有り
      • DESIGN OF A FUNCTIONAL RNA-PEPTIDE COMPLEX
        T. Morii; M. Hagihara; K. Makino
        The International Conference on Fundamental Sciences: Chemical & Biological Sciences,Singapore, 2001年, 査読有り
      • RNA・ペプチド複合体による人工リセプター(リボヌクレオペプチドリセプター)の創製
        萩原正規; 森井孝; 牧野圭祐
        第74回日本生化学会大会,4P-012,2001, 2001年, 査読有り
      • bZIP構造によるDNA塩基配列特異的認識における構造転移の役割
        森井孝; 佐藤慎一; 牧野圭祐
        第74回日本生化学会大会,1P-195,2001, 2001年, 査読有り
      • ロイシンジッパータンパク質によるDNA認識と構造転移の役割
        佐藤慎一; 何冬蘭; 森井孝; 牧野圭祐
        第16回生体機能関連化学シンポジウム,2001.9, 2001年, 査読有り
      • NO induced novel DNA lesions: formation mechanism
        M. Yamada; T. Suzuki; K. Kanaori; K. Tajima; T. Morii; K. Makino
        第27回核酸化学シンポジウム,3-08, 2000年, 査読有り
      • DNA binding of a basic leucine-zipper protein with novel folding domain.
        S. Sato; K. Makino; T. Morii
        Nucleic acids symposium series, 2000年, 査読有り
      • In vitro selection by using mutated GCN4-bZIP peptides for analysis of peptide-DNA interactions.
        H. Furusawa; T. Morii; Y. Okahata
        Nucleic acids symposium series, 2000年, 査読有り
      • “新しいDNA結合ドメインをもつロイシンジッパータンパク質によるDNA認識”
        佐藤慎一; 森井孝; 牧野圭祐
        第15回生体関連化学シンポジウム,2000.9, 2000年, 査読有り
      • “塩基性領域を新しいドメインに改変したロイシンジッパータンパク質によるDNA認識”
        森井 孝; 佐藤 慎一; 牧野 圭祐
        蛋白合同年会東京2000年6月, 2000年, 査読有り
      • “NO/O2系で生成する新規DNA傷害N2-ニトロデオキシグアノシン”
        山田真希; 鈴木利典; 金折賢二; 田嶋邦彦; 森井 孝; 牧野圭祐
        2000.5.13生化学会近畿支部 大阪市立大学, 2000年, 査読有り
      • “NO/O2系で2’-デオキシグアノシンから生成するN2-ニトロ-2’-デオキシグアノシン”
        鈴木利典; 山田真希; 金折賢二; 田嶋邦彦; 森井孝; 牧野圭祐
        2000.3.29 日本化学会 千葉県・日本大学, 2000年, 査読有り
      • 化学から見たタンパク質とDNAによる超分子複合体生成
        森井孝; 牧野圭祐
        第6回機能性ホストゲスト化学研究会,2000, 2000年, 査読有り
      • RNA-ペプチド複合体による分子認識
        萩原正規; 森井孝; 牧野圭祐
        第15回生体機能関連化学シンポジウム,2000, 2000年, 査読有り
      • 生体内セカンドメッセンジャーに対する分子センサーの構築
        杉本健二; 森井孝; 牧野圭祐; 森泰生; 井本敬二; 井上照彦; 杉浦幸雄; 大塚雅巳
        第15回生体機能関連化学シンポジウム,2000, 2000年, 査読有り
      • "Formation of 8-Nitroguanine from 2'-Deoxyguanosine by NO/O2 System"
        Toshinori Suzuki; Masaki Yamada; Kenji Kanaori; Kunihiko Tajima; Takashi Morii; Keisuke Makino
        99.10核酸化学シンポジウム, 1999年, 査読有り
      • Reactivity of 2\\'-deoxyoxanosine, a novel DNA lesion.
        T. Suzuki; M. Yamada; T. Ishida; T. Morii; K. Makino
        Nucleic acids symposium series, 1999年, 査読有り
      • ”非共有結合ペプチド二量体による特異的DNA塩基配列認識機構”
        相澤康則; 杉浦幸雄; 牧野圭祐; 森井 孝
        日本化学会第76春季年会予稿集(1999)., 1999年, 査読有り
      • ”オリゴペプチドによる協同的DNA認識”
        森井 孝
        日本化学会第76春季年会予稿集(1999), 1999年, 査読有り
      • ”新規DNA損傷デオキシオキザノシンの反応性”
        鈴木利典; 山田真希; 金折賢二; 田嶋邦彦; 森井孝; 牧野圭祐
        第76回日本化学会第75春季年会予稿集(1999), 1999年, 査読有り
      • ”Cooperative DNA Binding by Short Peptides.”
        相沢康則; 森井孝; 杉浦幸雄
        第25回核酸化学シンポジウム予稿集(1998)., 1998年, 査読有り
      • ”オリゴペプチドによるDNA塩基配列の選択的分子認識”
        森井 孝
        機能性生体関連複合中分子研究会予稿集(1998), 1998年, 査読有り
      • Selective recognition of tandemly repeated DNA sequences by homo- and heterodimers of short peptides.
        Y. Aizawa; T. Morii; Y. Sugiura
        Nucleic acids symposium series, 1997年, 査読有り
      • “二量体ペプチドによるDNA認識:二量体形成部位の立体構造によるDNA塩基配列識別能の変化”
        岡上 雅子; 西明 芳隆; 牧野 圭祐; 森井 孝; 杉浦 幸雄
        第23回核酸化学シンポジウム予稿集(1996), 1996年, 査読有り
      • DNA recognition by peptide oligomers.
        J. Yamane; K. Makino; T. Morii; Y. Sugiura
        Nucleic acids symposium series, 1995年, 査読有り
      • Sequence-specific DNA recognition by peptide heterodimers.
        M. Sawada; Y. Aizawa; M. Ueno; T. Morii; Y. Sugiura
        Nucleic acids symposium series, 1995年, 査読有り
      • Mechanistic aspects of the interaction of antisense DNA.
        A. Murakami; Y. Tamura; S. Takeguchi; H. Miyoshi; T. Morii; T. Maekawa; T. Abe; K. Makino
        Nucleic acids symposium series, 1993年, 査読有り
      • Loop-like structure of dGTTG in solution.
        K. Makino; M. Nishi; T. Suzuki; S. Ohsumi; T. Morii; H. Ide; A. Murakami
        Nucleic acids symposium series, 1993年, 査読有り
      • NMR studies on solution structure of single-stranded oligonucleotides causing line broadening.
        A. Murakami; T. Suzuki; Y. Tamura; M. Nishi; T. Morii; H. Ide; K. Makino
        Nucleic acids symposium series, 1992年, 査読有り
      • Separation and characterization of diastereoisomeric oligonucleotide.
        A. Murakami; Y. Tamura; M. Nishi; T. Morii; H. Ide; K. Makino
        Nucleic acids symposium series, 1992年, 査読有り
      • Effects of base damages on DNA replication--mechanism of preferential purine nucleotide insertion opposite abasic site in template DNA.
        H. Ide; H. Murayama; A. Murakami; T. Morii; K. Makino
        Nucleic acids symposium series, 1992年, 査読有り
      • Sequence-specific DNA recognition by basic peptides.
        T. Morii; M. Shimomura; I. Saito; H. Ide; A. Murakami; K. Makino
        Nucleic acids symposium series, 1992年, 査読有り
      • Syntheses and properties of fluorescent labeled oligonucleotides containing deoxyethenoadenosine at 5\\' end.
        A. Murakami; K. Otoi; N. Fujimura; T. Morii; H. Ide; K. Makino
        Nucleic acids symposium series, 1992年, 査読有り
      • STRUCTURAL POLYMORPHISM IN THE MAJOR GROOVE OF A 5S RNA GENE COMPLEMENTS THE ZINC FINGER DOMAINS OF TRANSCRIPTION FACTOR-IIIA
        PW HUBER; T MORII; HY MEI; JK BARTON
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1991年12月, 査読有り
      • DNA recognition by synthetic peptides as a model for the dimeric proteins.
        T. Morii; M. Shimomura; S. Morimoto; I. Saito
        Nucleic acids symposium series, 1991年, 査読有り
      • 22 ブレオマイシンによるDNA塩基配列の認識と切断機構(口頭発表の部)
        斎藤 烈; 森井 孝; 杉山 弘; 松浦 輝男
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 1987年
      • Structure and chemistry of alkali-labile product formed during Fe(II)-bleomycin-mediated DNA strand scission.
        H. Sugiyama; T. Morii; I. Saito; T. Matsuura; S.M. Hecht
        Nucleic acids symposium series, 1986年, 査読有り
      • “亜硝酸および一酸化窒素による新規DNA傷害の反応性”
        鈴木利典; 中村隆徳; 山田真希; 金折賢二; 田嶋邦彦; 森井 孝; 牧野圭祐
        99.5生化学会近畿支部, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • Chemistry of Spatially organized Meeting
        Takashi Morii
        Asian Chemical Biology Initiative 2021 Online Meeting, 招待有り
      • 空間配置を制御した酵素集合体の化学
        森井孝
        新学術領域「分子夾雑の生命化学」 第2回関西地区シンポジウム, 2019年12月17日, 招待有り
      • Spatially organized assembly of enzymes on DNA nanostructures
        T. Morii
        Trends in Nucleic Acid (TINA) 2019, 招待有り
      • DNAナノ構造体上に複数種類の酵素を配置した分子コンビナート
        中田栄司; 森井孝
        平成31年度第1回 生物医化学セミナー in 東京大学, 2019年04月12日, 招待有り
      • Chemical view of natural assemblies by proteins and nucleic acids
        T. Morii
        The international symposium of biofunctional chemistry, 2019年04月06日, 招待有り
      • 酵素を“1分子ずつ”狙った場所に配置する―生物から学んだ分子コンビナートへの挑戦―
        中田栄司; 森井孝
        東京農業大学セミナー, 2019年01月30日, 招待有り
      • DNA Binding Adaptors to Locate Multiple Enzymes on DNA scaffold
        E. Nakata; T. Morii
        ISNM2018, 2018年12月08日, 招待有り
      • DNA Binding Adaptors to Locate Multiple Enzymes on DNA scaffold
        E. Nakata; T. Morii
        ACeND 2018, 招待有り
      • DNA Binding Adaptors to Locate Multiple Enzymes on DNA scaffold
        E. Nakata; T. Morii
        理研・CSRS融合研究セミナー, 2018年06月27日, 招待有り
      • 非天然化合物合成を目指した分子コンビナートの創製
        中田栄司; 森井孝
        生物機能化学シンポジウム, 2018年03月26日, 招待有り
      • 酵素を“1分子ずつ”狙った場所に配置したDNAナノリアクターの創製
        中田栄司; 森井孝
        日本物理学会第73回年次大会(2018年), 2018年03月24日, 招待有り
      • DNA Binding Adaptors to Locate Multiple Enzymes on DNA Scaffold
        E. Nakata; T. Morii
        ISBC2017 The Second International Symposium on Biofunctional Chemistry, 2017年12月14日, 招待有り
      • DNAナノ構造体上に複数種類の酵素を配置した分子コンビナート
        中田栄司; 森井孝
        第6回植物二次代謝フロンティア研究会, 2017年12月11日, 招待有り
      • 酵素を“1分子ずつ”狙った場所に配置するー試験管内での高効率な多段階反応システムへの挑戦ー
        中田栄司; 森井孝
        「統合物質創製化学研究推進機構」国内シンポジウム, 招待有り
      • 酵素を“1分子ずつ”狙った場所に配置するー試験管内での高効率な多段階反応システムへの挑戦ー
        中田栄司; 森井孝
        2nd NNBS, 招待有り
      • Assembling Enzymes on a DNA scaffold by modular protein-tag
        T. Morii
        A3RONA, 招待有り
      • Chemistry of spatially organized biological molecules
        T. Morii
        ACBI, 招待有り
      • 新学術領域「生合成リデザイン」第2回公開シンポジウム
        中田栄司; 森井孝
        新学術領域「生合成リデザイン」第2回公開シンポジウム, 2017年08月05日, 招待有り
      • 高効率な多段階酵素反応を実現するDNAナノリアクターの創製酵素を “1分子ずつ” 狙った場所に配置する
        中田栄司; 森井孝
        生体機能関連化学部会若手の会 第29回サマースクール, 2017年07月10日, 招待有り
      • DNA Binding Adaptors to Locate Multiple Enzymes on DNA scaffold
        E. Nakata; T. Morii
        ISPAC_2017, 2017年06月10日, 招待有り
      • A Bioorganic Chemistry Approach to Understanding Molecular Recognition in Protein-Nucleic Acid Complexes
        森井 孝
        日本化学会第97 春季年会, 2017年03月16日, 公益社団法人 日本化学会, 招待有り
      • 細胞内セカンドメッセンジャーに対する分子センサーの構築
        森井 孝
        第16回日本蛋白質科学会年会, 2016年06月07日, 日本蛋白質科学会, 招待有り
      • Spatially organized assembly of enzymes on the DNA scaffold
        森井 孝
        A3RONA(The Asian 3 Roundtable on Nucleic Acids), 2015年09月19日
      • Spatially organized assembly of enzymes and receptors on the molecular switchboard
        森井 孝
        Cutting-edge Technologies for New Drug Diacovery and Development, 2015年02月05日, BK21 PLUS R-FIND, Open Translational Research Center for Innovative Drug, 招待有り
      • Spatially organized assembly of enzymes on the molecular switchboard
        森井 孝
        Special Faculty Seminar, 2015年02月03日, Graduate School of Pharamaceutical Sciences, Ewha Univ., 招待有り
      • 折り紙でつくる化学コンビナート
        森井 孝
        第9回京都大学附置研究所・センターシンポジウム, 2014年03月15日
      • Construction of biomolecular assemblies: From ribonucleopeptides to molecular switchboards
        森井 孝
        Department Seminar, 2014年02月26日, 招待有り
      • Construction of Protein Assemblies on Molecular Switchboard
        森井 孝
        Asian Chemical Biology Initiative 2014 Manila Meeting, 2014年01月25日, Asian Chemical Biology Initiative, 招待有り
      • 生物がエネルギーを利用するしくみを化学で考える
        森井 孝
        京都大学エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター 第7回談話会, 2013年11月21日, 京都大学エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター
      • アダプターを用いたDNAオリガミへのタンパク質1分子配置
        森井 孝
        戦略目標「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」 3研究領域合同公開シンポジウム, 2013年10月17日
      • ssembly of enzymes on molecular switchboards
        森井 孝
        文部科学省特別経費プロジェクト「革新的高効率太陽光利用技術の開発」シンポジウム, 2013年10月02日, 京都大学エネルギー理工学研究所
      • Exploring novel principles for highly efficient utilization of solar energy
        森井 孝
        第4回エネルギー理工学研究所国際シンポジウム, 2013年10月01日, 京都大学エネルギー理工学研究所
      • DNAナノ構造体による機能性タンパク質組織体の構築
        森井 孝
        高分子討論会, 2013年09月12日, 高分子学会
      • Construction of Protein Assemblies on Molecular Switchboard
        森井 孝
        A3RONA2013, 2013年08月31日, FIBER Konan Univ., 招待有り
      • 1分子のタンパク質を操作する:バイオエネルギー研究の新しい展開
        森井 孝
        第9回京都大学宇治キャンパス産学交流会, 2013年06月28日, 京都府中小企業技術センターけいはんな分室
      • 単一細胞内での複数のセカンドメッセンジャー代謝動態リアルタイム計測
        森井 孝
        新学術領域研究「過渡的複合体」班会議, 2013年05月09日, 日本学術振興会
      • ここまで進んだバイオセンシング・イメージング
        中田栄司; 森井孝, 共著, 第8章 タンパク質ベースの蛍光バイオセンサー
        化学同人, 2012年11月, 査読無し
      • がんの特異的な検出を目指した蛍光イメージング法の最近の展開
        中田栄司; 森井孝; 宇都義浩; 堀均, 共著, 掲載巻:46 掲載号: 3 掲載通号: 182
        放射線生物研究会, 2011年09月, 査読無し
      • 核酸化学のニュートレンド DNA/RNAの新たな可能性を拓く
        森井孝, 共著, 第6章 機能性RNA-タンパク質複合体
        化学同人, 2011年07月, 査読無し

      産業財産権

      • DNA結合分子が認識する塩基配列の決定法
      • リボヌクレオペプチドリセプター
      • 分子センサー及びその製造方法
      • ビオチン化イノシトールリン酸

      受賞

      • 2017年03月17日
        公益社団法人 日本化学会, 日本化学会 学術賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • トリプレットリピート病の鍵を握るRNA凝集体の直接観察と検出法の開発
        挑戦的研究(萌芽)
        京都大学
        森井 孝
        自 2017年06月30日, 至 2019年03月31日, 完了
        トリプレットリピート病;RNA凝集体;DNAナノ構造体;高速AFM;核酸関連化学;トリプレットリピート;CUGリピート;ファージディスプレイ;筋強直性ジストロフィー
      • 活性酸素種による翻訳後修飾を検出する蛍光バイオセンサー
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        森井 孝
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        一酸化窒素;バイオセンサー;蛍光センサー;蛍光タンパク質;蛍光バイオセンサー;細胞内センシング;酸化活性種;翻訳後修飾;単一細胞センシング
      • 人工代謝経路を内包するナノ空間「複合触媒コンパートメント」の創出
        基盤研究(A)
        京都大学
        森井 孝
        自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        人工代謝経路;DNAナノ構造体;人工コンパートメント;分子コンビナート;ナノリポソーム;コンパートメント;核酸関連化学;タンパク質・酵素化学;DNAオリガミ;リポソーム
      • 活性酸素種による翻訳後修飾を検出する蛍光バイオセンサー
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        森井 孝
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        バイオセンサー;一酸化窒素;蛍光センサー;翻訳後修飾;分割型蛍光タンパク質;一酸化窒素センサー;蛍光性バイオセンサー;蛍光タンパク質;GFP;S-ニトロシル化
      • 非天然型活性中心を導入したRNA-ペプチド複合体による協同的触媒機能の発現
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        森井 孝
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        人工酵素;RNAアプタマー;RNA-ペプチド複合体;ライブラリー;活性スクリーニング;基質結合場;分子認識能;協同的;反応モジュール;基礎結合場
      • タンパク質単分子配置による分子コンビナート構築原理の確立
        基盤研究(A)
        京都大学
        森井 孝
        自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        核酸関連化学;タンパク質;単分子配置;酵素;代謝;DNAナノテクノロジー;受容体;人工代謝系;DNAナノ構造体;代謝反応;酵素反応;多段階反応;分子コンビナート;クラスター効果
      • 単一細胞内での複数のセカンドメッセンジャー動態リアルタイム計測
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        森井 孝
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        バイオセンター;イノシトールポリリン酸;単一細胞;PHドメイン;リアルタイム計測;バイオセンサー
      • タウタンパク質によるアミロイド繊維形成を支配するアミノ酸リン酸化コードの探求
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        森井 孝
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        活性発現の分子機構;ペプチド;アミロイド;タウタンパク質;リン酸化;凝集体;繊維状凝集体;アルツハイマー病
      • 単一細胞内セカンドメッセンジャー代謝動態のリアルタイム計測
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        森井 孝
        自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        セカンドメッセンジャー;イノシトールポリリン酸;センサー;リセプター;PHドメイン
      • 被修飾タウ分子の病理的視点からの分子構造論:繊維性凝集と環境相互作用を中心に
        基盤研究(C)
        福井大学
        今野 卓
        自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        タンパク質;核酸の構造;動態;機能;蛋白質;アルツハイマー病;アミロイド;タウ蛋白;リン酸化
      • モジュール設計による機能性RNA-タンパク質複合体創製原理の確立
        基盤研究(A)
        京都大学
        森井 孝
        自 2008年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        RNA;ペプチド;インビトロセレクション;リセプター;センサー;分子認識;モジュール;ケミカルバイオロジー;RNA-ペプチド複合体;生体高分子;核酸・タンパク質;生体認識・機能化学
      • 三次元構造をもとにしたミニチュアメタン酸化酵素の創製
        萌芽研究
        京都大学
        森井 孝
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        メタンモノキシゲナーゼ;タンパク質工学;鉄錯体;メタン酸化;タンパク質フォールディング;ミニチュアタンパク質;バイオエネルギー;立体構造デザイン;メタンモノオキシゲナーゼ
      • 生体内シグナル伝達分子を標的とした蛍光バイオセンサーの創製
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        森井 孝
        自 2007年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        バイオセンサー;蛍光プローブ;リン酸化チロシン;RNA;ペプチド;リボヌクレオペプチド;インビトロ・セレクション;リン酸化アミノ酸;アミノ酸配列特異的リン酸化
      • 機能性リボヌクレオペプチドによる生体内情報伝達シグナルの検出と制御
        基盤研究(B)
        京都大学
        森井 孝
        自 2005年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        バイオセンサー;セカンドメッセンジャー;分子認識;リセプター;ケミカルバイオロジー;コンビナトリアルケミストリー;RNA;ペプチド;コンビナトリアルケミストリ, biosensor;second messenger;molecular recognition;receptor;chemical biology;combinatorial chemistry;RNA;peptide
      • 機能性ミニチュアRNAタンパク質複合体の構築
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        森井 孝
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
        バイオセンサー;セカンドメッセンジャー;分子認識;リセプター;ケミカルバイオロジー;コンビナトリアルケミストリー;RNA;ペプチド
      • 化学反応で動くRNA-ペプチド複合体の創製
        萌芽研究
        京都大学
        森井 孝
        自 2004年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        ナノバイオ;核酸;分子認識;リセプター;ケミカルバイオロジー;コンビナトリアルケミストリー;RNA;ペプチド;構造転移
      • テーラーメイドバイオセンサーとバイオチップ素子のコンビナトリアル創製
        基盤研究(B)
        京都大学
        森井 孝
        自 2003年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        バイオセンサー;リセプター;セカンドメッセンジャー;コンビナトリアル・ケミストリー;分子設計;分子認識;ペプチド;RNA, BIOSENSOR;RECEPTOR;SECOND MESSENGERS;BOMBINATORIAL CHEMISTRY;MOLECULAR RECOGNITION;STRUCTURE-BASED DESIGN;PEPTIDE;RNA
      • 機能性ミニチュアRNAタンパク質複合体の構築
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        森井 孝
        自 2003年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        RNA-タンパク質複合体;タンパク質デザイン;ライブラリー;in vitroセレクション;リセプター;ファージ・ディスプレイ
      • D-アミノ酸からなる機能性スモールプロテインのコンビナトリアル創製
        萌芽研究
        京都大学
        森井 孝
        自 2002年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        タンパク質デザイン;D-アミノ酸;ケミカルライブラリー;コンビナントリアル・ケミストリー;DNA認識;分子認識;ライブラリー;コンビナトリアル・ケミストリー
      • 機能性ミニチュアRNAタンパク質複合体の構築
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        森井 孝
        自 2002年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        タンパク質デザイン;RNA-タンパク質複合体;ライブラリー;in vitroセレクション;リセプター;ファージ・ディスプレイ
      • 生体内シグナル応答性高選択的DNA結合スモールプロティンの創製
        基盤研究(C)
        京都大学
        森井 孝
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        DNA結合;DNA認識;分子認識;αヘリックス;二量体;プロテインデザイン;金属イオン;フォールディング;タンパク質デザイン;高次構造;ロイシンジッパー, DNA binding;DNA RECOGNITION;MOLECULAR RECOGNITION;ALPHA HELIX;DIMERIZATION;STRUCTURE-BASED DESIGN OF PROTEIN;METAL ION;FOLDING
      • 腫瘍学的一酸化窒素生体内動態の化学的解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        牧野 圭祐
        自 2000年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        一酸化窒素;発ガン;遺伝子との反応機構;デオキシオキザノシン;ジアゾエート中間体;酸化的脱アミノ化反応機構;修復酵素;テロメア四重鎖構造異性体;塩基損傷;腫瘍学;遺伝子損傷;発ガンと細胞死;デオキシオキザノシン(dOxo);diazoate中間体;dOxo検出法;dOxoをもったオリゴDNA;発がん性;遺伝子-核内物質架橋, Nitric Oxide;Cancer Promotion;Mechanism for Reaction with Gene;Deoxyoxanosine;Diazoate Intermediates;Mechanism of Oxidative Deamination;Repair Enzymes;Isomeric Four-Stranded Structures of Telomere
      • 協同的結合と選択的化学反応の複合によるDNA塩基配列の精密認識
        基盤研究(C)
        京都大学
        森井 孝
        自 1997年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        分子認識;ホスト-ゲスト;オリゴペプチド;協同性;DNA認識;DNA切断;ホストーゲスト, Molecular Recognition;Host-Guest Inclusion Complex;Oligopeptides;Cooperativity;DNA Recognition;DNA Cleavage
      • 協同性発現によるDNA塩基配列認識能鋭敏化の分子機構
        基盤研究(C)
        京都大学
        森井 孝
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        分子認識;ホストーゲスト;オリゴペプチド;協同性;DNA認識
      • 非共有結合により四次構造を形成する人工DNA結合タンパク質の構築とその機能解析
        重点領域研究
        京都大学
        森井 孝
        自 1996年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        分子認識;ホストーゲスト;オリゴペプチド;協同性;DNA認識;インディユ-ストフィット;ロイシンジッパータンパク質;αヘリックス
      • 化学反応場としてのペプチドループ構造の設計とその機能解析
        奨励研究(A)
        京都大学
        森井 孝
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        ループ構造;オリゴペプチド;分子認識;ホストーゲスト;二次構造;シクロデキストリン
      • 非共有結合により四次構造を形成する人工DNA結合タンパク質の構築とその機能解析
        重点領域研究
        京都大学
        森井 孝
        自 1995年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        DNA;オリゴペプチド;分子認識;ホストーゲスト;二量体;シクロデキストリン;ロイシンジッパー;協同性
      • 安定なβ-シート構造形成能を有する機能性ペプチドの構築
        奨励研究(A)
        京都大学
        森井 孝
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        βシート;オリゴペプチド;分子認識;ホストーゲスト;二量体;シクロデキストリン;二次構造;Croタンパク
      • 非共有結合により四次構造を形成する人工DNA結合タンパク質の構築とその機能解析
        重点領域研究
        京都大学
        森井 孝
        自 1994年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        DNA;オリゴペプチド;分子認識;ホストーゲスト;二量体;シクロデキストリン;ロイシンジッパー;協同性

      外部資金:その他

      • 機能性RNAタンパク質組織体の設計
        JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)
        自 2000年10月01日, 至 2004年03月31日
        森井 孝
      • 高感度光変換バイオ素子の開発
        戦略的創造研究推進事業 SORST
        自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日
        森井 孝(分担)(SORST研究代表者:斎藤烈)
      • 生体分子情報−構造−機能統合ナノシステムの構築:高機能RNPナノデバイスの開発
        戦略的創造研究推進事業(CREST)
        自 2008年04月01日, 至 2014年03月31日
        森井 孝(分担)(CREST代表者:杉山弘)
      • 生体内アミン類の蛍光センシングによる診断基礎技術開発
        JSTイノベーションプラザ京都可能性試験研究
        自 2007年04月01日, 至 2008年03月31日
        森井 孝
      • 生体内生理活性分子の迅速な定量にむけた蛍光センシングチップの開発
        JSTイノベーションプラザ京都可能性試験研究
        自 2006年04月01日, 至 2007年03月31日
        森井 孝
      • クロスリンク反応性を内在する機能性生体分子によるケミカルバイオロジ−の開拓
        二国間交流事業共同研究(日本学術振興会)
        自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
        森井 孝
      list
        Last Updated :2022/09/30

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基礎物理化学(量子論)
          N329, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー基礎科学通論
          3211, 前期, エネルギー科学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          先進エネルギー概論
          Y402, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生物機能化学
          3265, 前期, エネルギー科学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基礎物理化学B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          先進エネルギー概論(B群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基礎物理化学B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎物理化学B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先進エネルギー概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎物理化学(量子論)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎物理化学(量子論)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎物理化学(量子論)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          先進エネルギー概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎物理化学(量子論)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          先進エネルギー概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎物理化学(量子論)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎物理化学(量子論)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:エネルギー科学最前線 -プラズマと生命科…
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎物理化学(量子論)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          先進エネルギー概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎物理化学(量子論)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物機能化学
          前期, エネルギー科学研究科

        博士学位審査

        • A facile screening strategy to construct auto-fluorescent protein-based biosensors (蛍光タンパク質を利用したバイオセンサーの効率的な構築法に関する研究)
          田嶋 竣介, エネルギー科学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Enzyme cascade reactions on 3D DNA scaffold with dynamic shape transformation (動的形状変換を伴う 3D DNA足場での酵素カスケード反応)
          LIN PENG, エネルギー科学研究科, 主査
          2021年07月26日

        非常勤講師

        • 自 2022年04月11日, 至 2022年09月30日
          化学生命工学特別講義 部局長兼業令和4年2月16日審査済
          期間中1回、1回 5時間, 名古屋大学, 工学部・工学研究科
        list
          Last Updated :2022/09/30

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年02月01日, 至 2022年06月30日
            戦略調整会議事業・財務戦略検討委員会 委員
          • 自 2006年04月01日, 至 2007年03月31日
            大学入試センター試験実施委員会
          • 自 2006年08月25日, 至 2006年08月31日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会
          • 自 2006年09月01日, 至 2007年08月31日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年09月30日
            宇治キャンパス等整備専門委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            吉田キャンパス整備専門委員会委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年09月30日
            施設整備委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年09月30日
            施設整備委員会 宇治キャンパス等整備専門委員会
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            施設整備委員会 吉田キャンパス整備専門委員会
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            附属図書館宇治分館運営委員会
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            財務委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2016年09月30日
            評価に応じた予算配分に係る制度検討ワーキンググループ 委員
          • 自 2017年12月21日, 至 2019年03月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            エネルギー理工学系 学系長
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            大学入試センター試験実施委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー理工学研究所 所長
          • 自 2021年04月01日
            原子力研究整備委員会 委員
          • 自 2021年04月01日
            研究公正委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究公正推進委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            環境安全保健委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年09月30日
            施設整備委員会 委員
          • 宇治おうばくプラザ運営委員会 委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            部局長会議

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年06月01日, 至 2022年03月31日
            エネルギー科学研究科附属国際先端エネルギー科学研究教育センター運営委員会
          • 自 2022年04月01日
            宇治おうばくプラザ運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日
            宇治キャンパス危機管理委員会委員
          • 自 2022年04月01日
            宇治総合研究実験1号棟運営連絡協議会協議員
          • 自 2000年04月01日, 至 3000年01月01日
            創造研究フェロー審査会審査員
          • 自 2006年07月31日, 至 2008年07月30日
            次世代開拓研究ユニット運営協議会委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2013年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員
          • 自 2008年07月31日, 至 2010年07月30日
            次世代開拓研究ユニット運営協議会委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            生存基盤科学研究ユニット企画戦略ディレクター
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            学際融合教育研究推進センター次世代開拓研究ユニット運営協議会委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット企画戦略ディレクター
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            学際融合教育研究推進センター次世代開拓研究ユニット運営協議会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            エネルギー理工学研究所次世代太陽電池研究拠点推進室
          • 自 2013年04月01日
            エネルギー理工学研究所安全衛生委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所共同利用運営委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            エネルギー理工学研究所産業利用課題選定委員会委員
          • 自 2013年04月01日
            エネルギー理工学研究所自己点検・評価委員会委員
          • 自 2013年04月01日
            エネルギー理工学研究所将来構想検討委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            エネルギー理工学研究所中期目標・中期計画WG委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            エネルギー理工学研究所補佐会
          • 自 2013年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所面積利用検討委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            エネルギー理工学研究所中期目標・中期計画WG委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            副所長
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所研究支援部長
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所人権委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日
            エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター運営協議会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所副所長
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所補佐会
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            副所長
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所自己点検・評価委員会WG委員長
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所中期目標・中期計画WG委員長
          • 自 2019年09月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所設備サポート拠点検討委員会委員
          • 自 2020年01月01日, 至 2020年12月31日
            エネルギー理工学研究所講演企画委員会委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター運営協議会委員
          • 自 2020年01月01日, 至 2020年12月31日
            京都大学宇治キャンパス公開2020実行委員会
          • 自 2009年08月27日, 至 2011年03月31日
            宇治地区本館改修検討委員会
          • 自 2011年01月01日, 至 2012年12月31日
            宇治地区共通施設運営委員会
          • 自 2013年01月01日, 至 2014年12月31日
            宇治地区共通施設運営委員会
          • 自 2014年05月01日, 至 2016年03月31日
            宇治地区DNAシークエンスコア運営委員会
          • 自 2015年01月01日, 至 2016年12月31日
            宇治地区共通施設運営委員会
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            宇治地区DNAシークエンスコア運営委員会
          • 自 2017年01月01日, 至 2018年12月31日
            宇治地区共通施設運営委員会
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            宇治地区施設整備・将来計画委員会
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            宇治地区DNAシークエンスコア運営委員会
          • 自 2019年01月01日, 至 2020年12月31日
            宇治地区共通施設運営委員会
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            宇治地区施設整備・将来計画委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            オープンイノベーション機構運営協議会 協議員
          • 自 2021年04月01日
            宇治地区先端イノベーション拠点施設運営委員会 委員
          • 自 2021年04月01日
            京都大学研究公正委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            京都大学研究公正推進委員会 委員
          • 自 2021年04月01日
            京都大学創立百二十五周年記念事業委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            総括安全衛生管理者 
          • 自 2021年04月01日
            附属図書館宇治分館運営委員会 委員
          • 自 2021年06月01日, 至 2022年03月31日
            エネルギー科学研究科附属国際先端エネルギー科学研究教育センター運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            宇治総合研究実験1号棟運営連絡協議会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            宇治キャンパス危機管理委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            京都大学宇治事業場衛生委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            宇治地区総合環境安全管理センター運営委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            附属図書館宇治分館運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            宇治おうばくプラザ運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー理工学研究所核燃料物質管理委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー理工学研究所情報セキュリティ委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー理工学研究所人権委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー理工学研究所補佐会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究所・センター長懇談会構成員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究基盤運営委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            宇治地区部局長会議
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            宇治4研究所長会議
          • 自 2021年04月01日
            エネルギー理工学研究所放射線障害防止委員会委員長

          ページ上部へ戻る