教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

明里 宏文

アカリ ヒロフミ

ヒト行動進化研究センター 附属人類進化モデル研究センター 教授

明里 宏文
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 霊長類学講座, 教授

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      akari.hirofumi.5zkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • 実験動物学会
    • 獣医学会
    • エイズ学会
    • ウイルス学会
    • 日本HTLV-1学会

    学位

    • 農学修士(鹿児島大学)
    • 博士(獣医学)(山口大学)

    出身大学院・研究科等

    • 鹿児島大学, 大学院農学研究科獣医学専攻, 修了
    • 山口大学, 大学院連合獣医学研究科獣医学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 鹿児島大学, 農学部獣医学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      大阪府立池田高等学校

    経歴

    • 自 2022年04月, 至 現在
      京都大学, ヒト行動進化研究センター, 教授
    • 自 2009年, 至 2022年03月
      - 京都大学 霊長類研究所, 教授
    • 自 2005年, 至 2008年
      医薬基盤・健康・栄養研究所, 霊長類医科学研究センター, 室長
    • 自 2002年, 至 2004年
      国立感染症研究所 主任研究官
    • 自 1999年, 至 2001年
      NIH, NIAID (USA) Research Fellow
    • 自 1997年, 至 2001年
      徳島大学医学部 助手, Faculty of Medicine
    • 自 1994年, 至 1996年
      厚生労働省 国立感染症研究所, 筑波霊長類センター, 博士研究員

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ヒト免疫不全ウイルス(HIV)およびヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV)等難治性ウイルスの新規霊長類モデルの確立及びその基礎・応用研究
      • 研究概要

        ウイルス感染ではその宿主との壮絶な戦いの末に、ウイルスの排除、宿主の死、もしくは共生のいずれかの道へと辿ります。その過程では、例えば宿主は免疫機構によるウイルスの制御、それに対してウイルスは宿主免疫からの回避機構を獲得しその宿主で増殖、そこで宿主はさらに新たな免疫機構の構築、といった終わりなき攻防が繰り返されてきたのです。こうした中で、ある種のウイルスは不幸にしてその宿主の生命をも脅かすような病原性を持つ場合もあります。他方、こうしたウイルスと宿主のせめぎ合いの結果、相互に妥協点を見い出して共存共栄の道に至ることもあるでしょう。

        当研究室では、難治性ウイルスであるヒト免疫不全ウイルス、肝炎ウイルス、およびT細胞白血病ウイルスの研究を行っています。これらのウイルスは幾つかの共通点があります。すなわち、①長い年月に及ぶ持続感染の末に発症に至ること、②宿主の免疫機構を巧妙に回避出来る技を持っていること、③非常に狭い(選択的な)宿主特異性を示すこと、などです。特にこの宿主特異性(ヒトを含む類人猿にしか感染できない)のため、小型実験動物を用いたモデル研究が出来ないのです。私達はこの難題に取り組み、これまでにウイルスの改変や宿主の遺伝的背景による選別などにより、実験用霊長類を用いた新規モデルシステムを樹立してきました。

        興味深いことに、これらのウイルスは霊長類の進化に合わせて共進化した結果、ヒトに特化した「融通の利かない超精密機器」であることが判ってきました。こうした独特な共進化の仕組みをより詳細に探りながら動物モデルを研究目的に応じて最適化することで、ウイルスがヒトの体内で引き起こす様々な現象や病態を明らかにし、さらに新規治療法やワクチンの開発にも貢献していきたいと考えています。

      研究キーワード

      • 感染症
      • モデル動物
      • ウイルス
      • virology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, ウイルス学
      • ライフサイエンス, 実験動物学

      論文

      • A Novel Class of HIV-1 Inhibitors Targeting the Vpr-Induced G2-Arrest in Macrophages by New Yeast- and Cell-Based High-Throughput Screening
        Hirotaka Sato; Tomoyuki Murakami; Ryosuke Matsuura; Masako Abe; Seiji Matsuoka; Yoko Yashiroda; Minoru Yoshida; Hirofumi Akari; Yosuke Nagasawa; Masami Takei; Yoko Aida
        Viruses, 2022年06月16日
      • CD163陽性細胞は高病原性SHIV感染サルの治療下におけるウイルスRNA陽性細胞である
        渡部 祐司; 岩見 真吾; 松浦 嘉奈子; 森 ひろみ; 日紫喜 隆行; 三浦 智行; 明里 宏文; 五十嵐 樹彦
        日本エイズ学会誌, 2015年11月
      • サルレトロウイルス4型によるニホンザル血小板減少症
        岡本 宗裕; 宮沢 孝幸; 吉川 禄助; 鈴木 樹理; 宮部 貴子; 佐藤 英次; 吉田 友教; 森本 真弓; 兼子 明久; 前田 典彦; 橋本 直子; 明里 宏文
        霊長類研究 Supplement, 2015年
      • The Novel PKC Activator 10-Methyl-Aplog-1 Combined with JQ1 Induced Strong and Synergistic HIV Reactivation with Tolerable Global T Cell Activation
        Ayaka Washizaki; Megumi Murata; Yohei Seki; Masayuki Kikumori; Yinpui Tang; Weikeat Tan; Nadita P. Wardani; Kazuhiro Irie; Hirofumi Akari
        Viruses, 2021年10月09日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Prevalence of antibodies against human respiratory viruses potentially involving anthropozoonoses in wild bonobos.
        Tomoyuki Yoshida; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; John Hart; Terese Hart; Jef Dupain; Amy Cobden; Mbangi Mulavwa; Chie Hashimoto; Mina Isaji; Akihisa Kaneko; Yuki Enomoto; Eiji Sato; Takanori Kooriyama; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Akatsuki Saito; Takeshi Furuichi; Hirofumi Akari
        Primates; journal of primatology, 2021年08月02日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Generation of macrophages with altered viral sensitivity from genome-edited rhesus macaque iPSCs to model human disease.
        Yoshihiro Iwamoto; Yohei Seki; Kahoru Taya; Masahiro Tanaka; Shoichi Iriguchi; Yasuyuki Miyake; Emi E Nakayama; Tomoyuki Miura; Tatsuo Shioda; Hirofumi Akari; Akifumi Takaori-Kondo; Shin Kaneko
        Molecular therapy. Methods & clinical development, 2021年06月11日, 査読有り
      • In vivo dynamics and adaptation of HTLV-1-infected clones under different clinical conditions.
        Mikiko Izaki; Jun-Ichirou Yasunaga; Kisato Nosaka; Kenji Sugata; Hayato Utsunomiya; Youko Suehiro; Takafumi Shichijo; Asami Yamada; Yasuhiko Sugawara; Taizo Hibi; Yukihiro Inomata; Hirofumi Akari; Anat Melamed; Charles Bangham; Masao Matsuoka
        PLoS pathogens, 2021年02月, 査読有り
      • A Potent anti-Simian Immunodeficiency Virus Neutralizing Antibody Induction Associated with a Germline Immunoglobulin Gene Polymorphism in Rhesus Macaques.
        Saori Matsuoka; Takeo Kuwata; Hiroshi Ishii; Tsuyoshi Sekizuka; Makoto Kuroda; Masato Sano; Midori Okazaki; Hiroyuki Yamamoto; Mikiko Shimizu; Shuzo Matsushita; Yohei Seki; Akatsuki Saito; Hiromi Sakawaki; Vanessa M Hirsch; Tomoyuki Miura; Hirofumi Akari; Tetsuro Matano
        Journal of virology, 2021年01月13日, 査読有り
      • Frequent horizontal and mother-to-child transmission may contribute to high prevalence of STLV-1 infection in Japanese macaques.
        Megumi Murata; Jun-Ichirou Yasunaga; Ayaka Washizaki; Yohei Seki; Madoka Kuramitsu; Wei Keat Tan; Anna Hu; Kazu Okuma; Isao Hamaguchi; Takuo Mizukami; Masao Matsuoka; Hirofumi Akari
        Retrovirology, 2020年06月23日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Hematological and blood chemistry values in captive Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata).
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Andrew J J MacIntosh; Akihisa Kaneko; Mayumi Morimoto; Juri Suzuki; Hirofumi Akari; Munehiro Okamoto
        Journal of medical primatology, 2019年12月, 査読有り
      • 【HIV感染症の根治を目指して】HIV感染症の根治を目指して 非ヒト霊長類モデルを用いた取り組み
        関 洋平; 明里 宏文
        日本エイズ学会誌, 2019年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • PIM kinases facilitate lentiviral evasion from SAMHD1 restriction via Vpx phosphorylation.
        Kei Miyakawa; Satoko Matsunaga; Masaru Yokoyama; Masako Nomaguchi; Yayoi Kimura; Mayuko Nishi; Hirokazu Kimura; Hironori Sato; Hisashi Hirano; Tomohiko Tamura; Hirofumi Akari; Tomoyuki Miura; Akio Adachi; Tatsuya Sawasaki; Naoki Yamamoto; Akihide Ryo
        Nature communications, 2019年04月23日, 査読有り
      • HTLV-1感染におけるT細胞免疫抑制の霊長類モデルとしてのSTLV-1自然感染ニホンザル(Impaired T-cell responses in natural infection of STLV-1 as a primate model of immune suppression in HTLV-1 infection)
        長谷川 温彦; 冨士川 朋夏; Ganbaatar Undrakh; 永野 佳子; 増田 貴夫; 田中 勇悦; 明里 宏文; 神奈木 真理
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • Induction of humoural and cellular immunity by immunisation with HCV particle vaccine in a non-human primate model.
        Hiroshi Yokokawa; Atsunori Higashino; Saori Suzuki; Masaki Moriyama; Noriko Nakamura; Tomohiko Suzuki; Ryosuke Suzuki; Koji Ishii; Kouji Kobiyama; Ken J Ishii; Takaji Wakita; Hirofumi Akari; Takanobu Kato
        Gut, 2018年02月, 査読有り, 責任著者
      • Understanding the facts and minding the gap of (HIV-1/HIV-2) primate research and infectious disease laboratories in Africa
        Ejikeugwu C; Eze P; Iroha I; Esimone C; Adikwu M; Akari H
        International Journal of Virology and AIDS, 2018年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Diversity of ULBP5 in Old-World monkeys (Cercopithecidae) and divergence of the ULBP gene family in primates.
        Taeko K Naruse; Hirofumi Akari; Tetsuro Matano; Akinori Kimura
        Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences, 2018年, 査読有り
      • 新規PKC activator、10-Methyl-Aplog-1はHIV-1を再活性化する有用なLatency Reversing Agentである
        鷲崎 彩夏; 村田 めぐみ; 関 洋平; Tang Yin Pui; 寒川 裕之; 入江 一浩; 明里 宏文
        日本エイズ学会誌, 2017年11月
      • Human T-cell leukemia virus type 1 infects multiple lineage hematopoietic cells in vivo.
        Rie Furuta; Jun-Ichirou Yasunaga; Michi Miura; Kenji Sugata; Akatsuki Saito; Hirofumi Akari; Takaharu Ueno; Norihiro Takenouchi; Jun-Ichi Fujisawa; Ki-Ryang Koh; Yusuke Higuchi; Mohamed Mahgoub; Masakazu Shimizu; Fumihiko Matsuda; Anat Melamed; Charles R Bangham; Masao Matsuoka
        PLoS pathogens, 2017年11月, 査読有り
      • Mapping Region of Human Restriction Factor APOBEC3H Critical for Interaction with HIV-1 Vif.
        Masaaki Nakashima; Shinya Tsuzuki; Hiroaki Awazu; Akiko Hamano; Ayaka Okada; Hirotaka Ode; Masami Maejima; Atsuko Hachiya; Yoshiyuki Yokomaku; Nobuhisa Watanabe; Hirofumi Akari; Yasumasa Iwatani
        Journal of molecular biology, 2017年04月21日, 査読有り
      • Hematopoietic Stem Cell Infected with HTLV-1 Functions As a Viral Reservoir In Vivo
        Jun-ichirou Yasunaga; Rie Furuta; Michi Miura; Kenji Sugata; Akatsuki Saito; Akari Hirofumi; Takaharu Ueno; Norihiro Takenouchi; Jun-ichi Fujisawa; Masakazu Shimizu; Fumihiko Matsuda; Anat Melamed; Charles R. M. Bangham; Masao Matsuoka
        BLOOD, 2016年12月, 査読有り
      • Enhancement of anti-STLV-1/HTLV-1 immune responses through multimodal effects of anti-CCR4 antibody.
        Kenji Sugata; Jun-Ichirou Yasunaga; Michi Miura; Hirofumi Akari; Atae Utsunomiya; Kisato Nosaka; Yuko Watanabe; Hitoshi Suzushima; Ki-Ryang Koh; Masanori Nakagawa; Michinori Kohara; Masao Matsuoka
        Scientific reports, 2016年06月02日, 査読有り
      • Novel mutant human immunodeficiency virus type 1 strains with high degree of resistance to Cynomolgus macaque Trimcyp generated by random mutagenesis
        Tahmina Sultana; Emi E. Nakayama; Satoshi Tobita; Masaru Yokoyama; Yohei Seki; Akatsuki Saito; Masako Nomaguchi; Akio Adachi; Hirofumi Akari; Hironori Sato; Tatsuo Shioda
        Journal of General Virology, 2016年04月01日, 査読有り
      • Novel mutant human immunodeficiency virus type 1 strains with high degree of resistance to cynomolgus macaque TRIMCyp generated by random mutagenesis.
        Tahmina Sultana; Emi E Nakayama; Satoshi Tobita; Masaru Yokoyama; Yohei Seki; Akatsuki Saito; Masako Nomaguchi; Akio Adachi; Hirofumi Akari; Hironori Sato; Tatsuo Shioda
        The Journal of general virology, 2016年04月, 査読有り
      • Epidemiological Surveillance of Lymphocryptovirus Infection in Wild Bonobos.
        Tomoyuki Yoshida; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; John Hart; Terese Hart; Jef Dupain; Amy Cobden; Mbangi Mulavwa; Yoshi Kawamoto; Akihisa Kaneko; Yuki Enomoto; Eiji Sato; Takanori Kooriyama; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Akatsuki Saito; Munehiro Okamoto; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Takeshi Furuichi; Hirofumi Akari
        Frontiers in microbiology, 2016年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Persistent replication of a hepatitis C virus genotype 1b-based chimeric clone carrying E1, E2 and p6 regions from GB virus B in a New World monkey.
        Saori Suzuki; Ken-Ichi Mori; Atsunori Higashino; Yuki Iwasaki; Yasuhiro Yasutomi; Noboru Maki; Hirofumi Akari
        Microbiology and immunology, 2016年01月, 査読有り
      • Broadening of Virus-Specific CD8+ T-Cell Responses Is Indicative of Residual Viral Replication in Aviremic SIV Controllers.
        Takushi Nomura; Hiroyuki Yamamoto; Hiroshi Ishii; Hirofumi Akari; Taeko K Naruse; Akinori Kimura; Tetsuro Matano
        PLoS Pathog., 2015年11月, 査読有り
      • Emergence of infectious malignant thrombocytopenia in Japanese macaques (Macaca fuscata) by SRV-4 after transmission to a novel host.
        Munehiro Okamoto; Takayuki Miyazawa; Shigeru Morikawa; Fumiko Ono; Shota Nakamura; Eiji Sato; Tomoyuki Yoshida; Rokusuke Yoshikawa; Kouji Sakai; Tetsuya Mizutani; Noriyo Nagata; Jun-ichiro Takano; Sachi Okabayashi; Masataka Hamano; Koji Fujimoto; Takaaki Nakaya; Tetsuya Iida; Toshihiro Horii; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akino Watanabe; Akihisa Kaneko; Akatsuki Saito; Atsushi Matsui; Toshiyuki Hayakawa; Juri Suzuki; Hirofumi Akari; Tetsuro Matsuzawa; Hirohisa Hirai
        Scientific reports, 2015年03月06日, 査読有り
      • TCF1 and LEF1 act as T-cell intrinsic HTLV-1 antagonists by targeting Tax.
        Guangyong Ma; Jun-ichirou Yasunaga; Hirofumi Akari; Masao Matsuoka
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2015年02月17日, 査読有り
      • Broadening of Virus-Specific CD8+ T-Cell Responses Is Indicative of Residual Viral Replication in Aviremic SIV Controllers.
        Takushi Nomura; Hiroyuki Yamamoto; Hiroshi Ishii; Hirofumi Akari; Taeko K Naruse; Akinori Kimura; Tetsuro Matano
        PLoS pathogens, 2015年, 査読有り
      • Role of accessory proteins in primate immunopathogenesis
        Yoshida T; Akari H
        Journal of AIDS Research, 2015年, 査読有り
      • 再生医療技術のエイズ研究応用のためのアカゲザルiPS 細胞樹立と CD34 陽性 細胞への分化
        田谷 かほる; 武田 英里; 中山 英美; 塩田 達雄; 明里 宏文; 金子 新
        2014年12月, 査読有り
      • Seroprevalence of Japanese encephalitis virus infection in captive Japanese macaques (Macaca fuscata).
        Hiroshi Shimoda; Akatsuki Saito; Keita Noguchi; Yutaka Terada; Ryusei Kuwata; Hirofumi Akari; Tomohiko Takasaki; Ken Maeda
        Primates; journal of primatology, 2014年07月, 査読有り
      • Divergence and diversity of ULBP2 genes in rhesus and cynomolgus macaques.
        Taeko K Naruse; Hirofumi Akari; Tetsuro Matano; Akinori Kimura
        Immunogenetics, 2014年03月, 査読有り
      • Demonstration of marmosets (Callithrix jacchus) as a non-human primate model for secondary dengue virus infection: high levels of viraemia and serotype cross-reactive antibody responses consistent with secondary infection of humans
        Meng Ling Moi; Tomohiko Takasaki; Tsutomu Omatsu; Shinichiro Nakamura; Yuko Katakai; Yasushi Ami; Yuriko Suzaki; Masayuki Saijo; Hirofumi Akari; Ichiro Kurane
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • HIV-1感染霊長類モデルの樹立に向けた、 Macaca属サルにおけるTRIM5遺伝子の多様性に関する研究
        齊藤暁; 河野健; 川本芳; 東濃篤徳; 鈴木紗織; 吉田友教; 鳥居隆三; 保富康宏; 塩田達雄; 中山英美; 明里宏文
        日本エイズ学会誌, 2014年, 招待有り
      • New type of Sendai virus vector provides transgene-free iPS cells derived from chimpanzee blood.
        Yasumitsu Fujie; Noemi Fusaki; Tomohiko Katayama; Makoto Hamasaki; Yumi Soejima; Minami Soga; Hiroshi Ban; Mamoru Hasegawa; Satoshi Yamashita; Shigemi Kimura; Saori Suzuki; Tetsuro Matsuzawa; Hirofumi Akari; Takumi Era
        PloS one, 2014年, 査読有り
      • Generation of rhesus macaque-tropic HIV-1 clones that are resistant to major anti-HIV-1 restriction factors.
        Masako Nomaguchi; Masaru Yokoyama; Ken Kono; Emi E Nakayama; Tatsuo Shioda; Naoya Doi; Sachi Fujiwara; Akatsuki Saito; Hirofumi Akari; Kei Miyakawa; Akihide Ryo; Hirotaka Ode; Yasumasa Iwatani; Tomoyuki Miura; Tatsuhiko Igarashi; Hironori Sato; Akio Adachi
        Journal of virology, 2013年11月, 査読有り
      • Characterization of simian T-cell leukemia virus type 1 in naturally infected Japanese macaques as a model of HTLV-1 infection
        Michi Miura; Jun-ichiro Yasunaga; Junko Tanabe; Kenji Sugata; Tiejun Zhao; Guangyong Ma; Paola Miyazato; Koichi Ohshima; Akihisa Kaneko; Akino Watanabe; Akatsuki Saito; Hirofumi Akari; Masao Matsuoka
        RETROVIROLOGY, 2013年10月, 査読有り
      • Efficient in vivo depletion of CD8(+) T lymphocytes in common marmosets by novel CD8 monoclonal antibody administration
        Tomoyuki Yoshida; Saori Suzuki; Yuki Iwasaki; Akihisa Kaneko; Akatsuki Saito; Yuki Enomoto; Atsunori Higashino; Akino Watanabe; Juri Suzuki; Kenichi Inoue; Teiko Kuroda; Masahiko Takada; Ryoji Ito; Mamoru Ito; Hirofumi Akari
        IMMUNOLOGY LETTERS, 2013年07月, 査読有り
      • TRIM5 genotypes in cynomolgus monkeys primarily influence inter-individual diversity in susceptibility to monkey-tropic human immunodeficiency virus type 1
        Akatsuki Saito; Masako Nomaguchi; Ken Kono; Yasumasa Iwatani; Masaru Yokoyama; Yasuhiro Yasutomi; Hironori Sato; Tatsuo Shioda; Wataru Sugiura; Tetsuro Matano; Akio Adachi; Emi E. Nakayama; Hirofumi Akari
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 2013年06月, 査読有り
      • Dynamics of cellular immune responses in the acute phase of dengue virus infection
        Tomoyuki Yoshida; Tsutomu Omatsu; Akatsuki Saito; Yuko Katakai; Yuki Iwasaki; Terue Kurosawa; Masataka Hamano; Atsunori Higashino; Shinichiro Nakamura; Tomohiko Takasaki; Yasuhiro Yasutomi; Ichiro Kurane; Hirofumi Akari
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 2013年06月, 査読有り
      • Presence of viral genome in urine and development of hematuria and pathological changes in kidneys in common marmoset (Callithrix jacchus) after inoculation with dengue virus
        Meng Ling Moi; Tsutomu Omatsu; Takanori Hirayama; Shinichiro Nakamura; Yuko Katakai; Tomoyuki Yoshida; Akatsuki Saito; Shigeru Tajima; Mikako Ito; Tomohiko Takasaki; Hirofumi Akari; Ichiro Kurane
        Pathogens, 2013年05月13日, 査読有り
      • Systemic biological analysis of the mutations in two distinct HIV-1mt genomes occurred during replication in macaque cells
        Masako Nomaguchi; Naoya Doi; Sachi Fujiwara; Akatsuki Saito; Hirofumi Akari; Emi E. Nakayama; Tatsuo Shioda; Masaru Yokoyama; Hironori Sato; Akio Adachi
        Microbes and Infection, 2013年04月, 査読有り
      • TRIM5 genotypes in cynomolgus monkeys primarily influence inter-individual diversity in susceptibility to monkey-tropic human immunodeficiency virus type 1.
        Akatsuki Saito; Masako Nomaguchi; Ken Kono; Yasumasa Iwatani; Masaru Yokoyama; Yasuhiro Yasutomi; Hironori Sato; Tatsuo Shioda; Wataru Sugiura; Tetsuro Matano; Akio Adachi; E Emi Nakayama; Hirofumi Akari
        The Journal of General Virology, 2013年03月13日, 査読有り
      • Gag-CA Q110D mutation elicits TRIM5-independent enhancement of HIV-1mt replication in macaque cells.
        Masako Nomaguchi; Masaru Yokoyama; Ken Kono; E Emi Nakayama; Tatsuo Shioda; Akatsuki Saito; Hirofumi Akari; Yasuhiro Yasutomi; Tetsuro Matano; Hironori Sato; Akio Adachi
        Microbes and Infection, 2013年01月, 査読有り
      • Gag-CA Q110D mutation elicits TRIM5-independent enhancement of HIV-1mt replication in macaque cells
        Masako Nomaguchi; Masaru Yokoyama; Ken Kono; Emi E. Nakayama; Tatsuo Shioda; Akatsuki Saito; Hirofumi Akari; Yasuhiro Yasutomi; Tetsuro Matano; Hironori Sato; Akio Adachi
        MICROBES AND INFECTION, 2013年01月, 査読有り
      • Epidemiological study of zoonoses derived from humans in captive chimpanzees
        Takanori Kooriyama; Michiko Okamoto; Tomoyuki Yoshida; Toshisada Nishida; Toshio Tsubota; Akatsuki Saito; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Hirofumi Akari; Hidekazu Nishimura; Takako Miyabe-Nishiwaki
        PRIMATES, 2013年01月, 査読有り
      • Macaque-tropic human immunodeficiency virus type 1: Breaking out of the host restriction factors
        Akatsuki Saito; Hirofumi Akari
        Frontiers in Microbiology, 2013年, 査読有り
      • Changes in hematological and serum biochemical parameters in common marmosets (Callithrix jacchus) after inoculation with dengue virus
        Tsutomu Omatsu; Meng Ling Moi; Tomohiko Takasaki; Shinichiro Nakamura; Yuko Katakai; Shigeru Tajima; Mikako Ito; Tomoyuki Yoshida; Akatsuki Saito; Hirofumi Akari; Ichiro Kurane
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2012年10月, 査読有り
      • Lineage-specific evolution of T-cell immunoglobulin and mucin domain 1 gene in the primates
        Hitoshi Ohtani; Taeko K. Naruse; Yuki Iwasaki; Hirofumi Akari; Takafumi Ishida; Tetsuro Matano; Akinori Kimura
        IMMUNOGENETICS, 2012年09月, 査読有り
      • アカゲザルULBP2/RAET1H遺伝子の多様性解析
        成瀬 妙子; 森 一泰; 明里 宏文; 俣野 哲朗; 木村 彰方
        MHC: Major Histocompatibility Complex, 2012年08月
      • 霊長類におけるTIM1遺伝子進化とHIV/AIDS
        木村 彰方; 大谷 仁志; 成瀬 妙子; Sharma Gaurav; Kaur Gurvindar; Mehra Narinder K.; 明里 宏文; 石田 貴文; 俣野 哲朗
        MHC: Major Histocompatibility Complex, 2012年08月
      • A Noncanonical mu-1A-Binding Motif in the N Terminus of HIV-1 Nef Determines Its Ability To Downregulate Major Histocompatibility Complex Class I in T Lymphocytes
        Sayuki Iijima; Young-Jung Lee; Hirotaka Ode; Stefan T. Arold; Nobuyuki Kimura; Masaru Yokoyama; Hironori Sato; Yasuhito Tanaka; Klaus Strebel; Hirofumi Akari
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2012年04月, 査読有り
      • A Noncanonical mu-1A-Binding Motif in the N Terminus of HIV-1 Nef Determines Its Ability To Downregulate Major Histocompatibility Complex Class I in T Lymphocytes
        Sayuki Iijima; Young-Jung Lee; Hirotaka Ode; Stefan T. Arold; Nobuyuki Kimura; Masaru Yokoyama; Hironori Sato; Yasuhito Tanaka; Klaus Strebel; Hirofumi Akari
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2012年04月, 査読有り
      • Geographical, genetic and functional diversity of antiretroviral host factor TRIMCyp in cynomolgus macaque (Macaca fascicularis).
        Akatsuki Saito; Ken Kono; Masako Nomaguchi; Yasuhiro Yasutomi; Akio Adachi; Tatsuo Shioda; Hirofumi Akari; Emi E Nakayama
        The Journal of general virology, 2012年03月, 査読有り
      • Diversity of MHC class I haplotypes in cynomolgus macaques
        Yusuke Saito; Taeko K. Naruse; Hirofumi Akari; Tetsuro Matano; Akinori Kimura
        IMMUNOGENETICS, 2012年02月, 査読有り
      • CD16(+) natural killer cells play a limited role against primary dengue virus infection in tamarins
        Tomoyuki Yoshida; Tsutomu Omatsu; Akatsuki Saito; Yuko Katakai; Yuki Iwasaki; Sayuki Iijima; Terue Kurosawa; Masataka Hamano; Shinichiro Nakamura; Tomohiko Takasaki; Yasuhiro Yasutomi; Ichiro Kurane; Hirofumi Akari
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 2012年02月, 査読有り
      • Epidemiological study of zoonotic pathogens by screening of IgA antibodies in wild great apes in Africa.
        Yoshida T; Takemoto H; Sato E; Sakamaki T; Miyabe-Nishiwaki T; Ikoma T; Watanabe A; Kaneko A; Watanabe S; Hayakawa T; Suzuki J; Okamoto M; Matsuzawa T; Akari H; Furuichi T
        International Primatological Society XXIV Congress (2012/08, Cancun, Mexico)., 2012年, 査読有り
      • An alternative tyrosine motif in the N-terminus of HIV-1 Nef determines its activity to down-regulate MHC-I in T lymphocytes
        Iijima S; Lee YJ; Ode H; Arold S; Kimura N; Yokoyama M; Sato H; Tanaka T; Strebel K; Akari H
        Journal of Virology, 2012年, 査読有り
      • RV-4の関与が疑われるニホンザルの血小板減少症
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 岡林佐知
        オベリスク, 2012年
      • Yoshida T, Omatsu T, Saito A, Katakai Y, Iwasaki Y, Kurosawa T, Hamano M, Nakamura S, Takasaki T, Yasutomi Y, Kurane I, Akari H
        Yoshida T; Omatsu T; Saito A; Katakai Y; Iwasaki Y; Kurosawa T; Hamano M; Nakamura S; Takasaki T; Yasutomi Y; Kurane I; Akari H
        Archives of Virology 157:363-368., 2012年, 査読有り
      • Allele frequency of antiretroviral host factor TRIMCyp in wild-caught cynomolgus macaques (Macaca fascicularis)
        Akatsuki Saito; Yoshi Kawamoto; Atsunori Higashino; Tomoyuki Yoshida; Tomoko Ikoma; Yuriko Suzaki; Yasushi Ami; Tatsuo Shioda; Emi E. Nakayama; Hirofumi Akari
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2012年, 査読有り
      • Host cell species-specific effect of cyclosporine A on simian immunodeficiency virus replication
        Hiroaki Takeuchi; Hiroshi Ishii; Tetsuya Kuwano; Natsuko Inagaki; Hirofumi Akari; Tetsuro Matano
        RETROVIROLOGY, 2012年01月, 査読有り
      • Common marmoset (Callithrix jacchus) as a primate model of dengue virus infection: development of high levels of viraemia and demonstration of protective immunity
        Tsutomu Omatsu; Meng Ling Moi; Takanori Hirayama; Tomohiko Takasaki; Shinichiro Nakamura; Shigeru Tajima; Mikako Ito; Tomoyuki Yoshida; Akatsuki Saito; Yuko Katakai; Hirofumi Akari; Ichiro Kurane
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 2011年10月, 査読有り
      • 旧世界ザルにおけるULBP4/RAET1E遺伝子の多様性
        成瀬 妙子; 奥田 裕紀子; 森 一泰; 明里 宏文; 俣野 哲朗; 木村 彰方
        MHC: Major Histocompatibility Complex, 2011年08月
      • ULBP4/RAET1E is highly polymorphic in the Old World monkey
        Taeko K. Naruse; Yukiko Okuda; Kazuyasu Mori; Hirofumi Akari; Tetsuro Matano; Akinori Kimura
        IMMUNOGENETICS, 2011年08月, 査読有り
      • Molecular evolution of immunoglobulin superfamily genes in primates
        Hitoshi Ohtani; Toshiaki Nakajima; Hirofumi Akari; Takafumi Ishida; Akinori Kimura
        IMMUNOGENETICS, 2011年07月, 査読有り
      • Serotype-specific and cross-reactive neutralizing antibody responses in cynomolgus monkeys after infection with multiple dengue virus serotypes
        Mikako Ito; Yuko Katakai; Fumiko Ono; Hirofumi Akari; Ryo-zabro Mukai; Tomohiko Takasaki; Akira Kotaki; Ichiro Kurane
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 2011年06月, 査読有り
      • Improved capacity of a monkey-tropic HIV-1 derivative to replicate in cynomolgus monkeys with minimal modifications
        Akatsuki Saito; Masako Nomaguchi; Sayuki Iijima; Ayumu Kuroishi; Tomoyuki Yoshida; Young-Jung Lee; Toshiyuki Hayakawa; Ken Kono; Emi E. Nakayama; Tatsuo Shioda; Yasuhiro Yasutomi; Akio Adachi; Tetsuro Matano; Hirofumi Akari
        Microbes and Infection, 2011年01月, 査読有り
      • Diversity of MHC class I haplotypes in cynomolgus macaques
        Saito Y; Naruse TK; Akari H; Matano T; Kimura A
        Immunogenetics, in press. (Epub Sep 1, 2011), 2011年, 査読有り
      • Improved capacity of a monkey-tropic HIV-1 derivative to replicate in cynomolgus monkeys with minimal modifications
        Akatsuki Saito; Masako Nomaguchi; Sayuki Iijima; Ayumu Kuroishi; Tomoyuki Yoshida; Young-Jung Lee; Toshiyuki Hayakawa; Ken Kono; Emi E. Nakayama; Tatsuo Shioda; Yasuhiro Yasutomi; Akio Adachi; Tetsuro Matano; Hirofumi Akari
        MICROBES AND INFECTION, 2011年01月, 査読有り
      • Long-term persistent GBV-B infection and development of a progressive chronic hepatitis C–like disease in marmosets
        Iwasaki Y; Mori K; Ishii K; Maki N; Iijima S; Yoshida T; Okabayashi S; Katakai Y; Lee Y-J; Saito A; Fukai H; Kimura N; Ageyama N; Yoshizaki S; Suzuki T; Yasutomi Y; Miyamura T; Kannagi M; Akari H
        Frontiers in Microbiology, in press, 2011年, 査読有り
      • Long-Term Persistent GBV-B Infection and Development of a Chronic and Progressive Hepatitis C-Like Disease in Marmosets.
        Yuki Iwasaki; Ken-Ichi Mori; Koji Ishii; Noboru Maki; Sayuki Iijima; Tomoyuki Yoshida; Sachi Okabayashi; Yuko Katakai; Young-Jung Lee; Akatsuki Saito; Hiromi Fukai; Nobuyuki Kimura; Naohide Ageyama; Sayaka Yoshizaki; Tetsuro Suzuki; Yasuhiro Yasutomi; Tatsuo Miyamura; Mari Kannagi; Hirofumi Akari
        Frontiers in microbiology, 2011年, 査読有り
      • Diversity of MHC class I genes in Burmese-origin rhesus macaques
        Taeko K. Naruse; Zhiyong Chen; Risa Yanagida; Tomoko Yamashita; Yusuke Saito; Kazuyasu Mori; Hirofumi Akari; Yasuhiro Yasutomi; Masaaki Miyazawa; Tetsuro Matano; Akinori Kimura
        IMMUNOGENETICS, 2010年09月, 査読有り
      • カニクイザル産地別家系調査によるMHCクラスI遺伝子(Mafa-A・B)遺伝子のハプロタイプの決定
        齋藤 祐介; 成瀬 妙子; 明里 宏文; 俣野 哲朗; 保富 康弘; 木村 彰方
        MHC: Major Histocompatibility Complex, 2010年08月
      • Peripheral Blood CD4 and CD8 Double-Positive T Cells of Rhesus Macaques Become Vulnerable to Simian Immunodeficiency Virus by In Vitro Stimulation Due to the Induction of CCR5
        Yusuke Matsumoto; Tomoyuki Miura; Hirofumi Akari; Yoshitaka Goto; Takeshi Haga
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 2010年08月, 査読有り
      • Characterization of natural killer cells in tamarins: a technical basis for studies of innate immunity
        Tomoyuki Yoshida; Akatsuki Saito; Yuki Iwasaki; Sayuki Iijima; Terue Kurosawa; Yuko Katakai; Yasuhiro Yasutomi; Keith A. Reimann; Toshiyuki Hayakawa; Hirofumi Akari
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2010年, 査読有り
      • Dys-Regulated Activation of a Src Tyroine Kinase Hck at the Golgi Disturbs N-Glycosylation of a Cytokine Receptor Fms
        Ranya Hassan; Shinya Suzu; Masateru Hiyoshi; Naoko Takahashi-Makise; Takamasa Ueno; Tsutomu Agatsuma; Hirofumi Akari; Jun Komano; Yutaka Takebe; Kazuo Motoyoshi; Seiji Okada
        JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY, 2009年11月, 査読有り
      • Modification of a loop sequence between α-helices 6 and 7 of virus capsid (CA) protein in a human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) derivative that has simian immunodeficiency virus (SIVmac239) vif and CA α-helices 4 and 5 loop improves replication in
        A. Kuroishi; A. Saito; Y. Shingai; T. Shioda; M. Nomaguchi; A. Adachi; H. Akari; E.E. Nakayama
        Retrovirology, 2009年08月, 査読有り
      • Efficient inhibition of SDF-1α-mediated chemotaxis and HIV-1 infection by novel CXCR4 antagonists
        Y. Iwasaki; H. Akari; T. Murakami; S. Kumakura; Md.Z. Dewan; M. Yanaka; N. Yamamoto
        Cancer Science, 2009年04月, 査読有り
      • Molecular cloning and characterization of the common marmoset huntingtin gene
        Hirohiko Hohjoh; Hirofumi Akari; Yuko Fujiwara; Yoshiko Tamura; Hirohisa Hirai; Keiji Wada
        GENE, 2009年03月, 査読有り
      • Non-human primate surrogate model of hepatitis C virus infection
        Hirofumi Akari; Yuki Iwasaki; Tomoyuki Yoshida; Sayuki Iijima
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2009年01月, 査読有り
      • 霊長類飼育実験施設におけるバイオセーフティ
        明里宏文
        NBR Newsletter 5(2):2-5., 2009年, 査読有り
      • MDM2 is a novel E3 ligase for HIV-1 Vif
        Taisuke Izumi; Akifumi Takaori-Kondo; Kotaro Shirakawa; Hiroaki Higashitsuji; Katsuhiko Itoh; Katsuhiro Io; Masashi Matsui; Kazuhiro Iwai; Hiroshi Kondoh; Toshihiro Sato; Mitsunori Tomonaga; Satoru Ikeda; Hirofumi Akari; Yoshio Koyanagi; Jun Fujita; Takashi Uchiyama
        RETROVIROLOGY, 2009年01月, 査読有り
      • Natural selection in the TLR-related genes in the course of primate evolution
        Toshiaki Nakajima; Hitoshi Ohtani; Yoko Satta; Yasuhiro Uno; Hirofumi Akari; Takafumi Ishida; Akinori Kimura
        IMMUNOGENETICS, 2008年12月, 査読有り
      • PREVALENCE AND MOLECULAR PHYLOGENETIC CHARACTERIZATION OF TRYPANOSOMA (MEGATRYPANUM) MINASENSE IN THE PERIPHERAL BLOOD OF SMALL NEOTROPICAL PRIMATES AFTER A QUARANTINE PERIOD
        Hiroshi Sato; Natalie Leo; Yuko Katakai; Jun-ichiro Takano; Hirofumi Akari; Shin-ichiro Nakamura; Yumi Une
        JOURNAL OF PARASITOLOGY, 2008年10月, 査読有り
      • Gag-Specific Cytotoxic T-Lymphocyte-Based Control of Primary Simian Immunodeficiency Virus Replication in a Vaccine Trial
        Miki Kawada; Tetsuo Tsukamoto; Hiroyuki Yamamoto; Nami Iwamoto; Kyoko Kurihara; Akiko Takeda; Chikaya Moriya; Hiroaki Takeuchi; Hirofumi Akari; Tetsuro Matano
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2008年10月, 査読有り
      • Cloning and characterization of the common marmoset huntingtin gene
        Hohjoh Hirohiko; Fujiwara Yuko; Akari Hirofumi; Tamura Yoshiko; Wada Keiji
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年, 査読有り
      • Interaction between Hck and HIV-1 Nef negatively regulates cell surface expression of M-CSF receptor
        Masateru Hiyoshi; Shinya Suzu; Yuka Yoshidomi; Ranya Hassan; Hideki Harada; Naomi Sakashita; Hirofumi Akari; Kazuo Motoyoshi; Seiji Okada
        BLOOD, 2008年01月, 査読有り
      • Detection of SRV/D shedding in body fluids of cynomolgus macaques and comparison of partial gp70 sequences in SRV/D-T isolates
        Masayuki Hara; Toshihiko Kikuchi; Tetsutaro Sata; Noriko Nakajima; Yasushi Ami; Yuko Sato; Keiko Tanaka; Toyoko Narita; Fumiko Ono; Hirofumi Akari; Keiji Terao; Ryozaburo Mukai
        VIRUS GENES, 2007年10月, 査読有り
      • Efficient regulation of viral replication by siRNA in a non-human primate surrogate model for hepatitis C.
        Takanori Yokota; Sayuki Iijima; Takayuki Kubodera; Koji Ishii; Yuko Katakai; Naohide Ageyama; Yingwei Chen; Young-Jung Lee; Toshinori Unno; Kazutaka Nishina; Yuki Iwasaki; Noboru Maki; Hidehiro Mizusawa; Hirofumi Akari
        Biochemical and biophysical research communications, 2007年09月21日, 査読有り
      • GBV-B as a pleiotropic virus: distribution of GBV-B in extrahepatic tissues in vivo.
        Koji Ishii; Sayuki Iijima; Nobuyuki Kimura; Young-Jung Lee; Naohide Ageyama; Shintaro Yagi; Kenjiro Yamaguchi; Noboru Maki; Ken-Ichi Mori; Sayaka Yoshizaki; Sanae Machida; Tetsuro Suzuki; Naoko Iwata; Tetsutaro Sata; Keiji Terao; Tatsuo Miyamura; Hirofumi Akari
        Microbes and infection, 2007年04月, 査読有り
      • Ubiquitination of APOBEC3 proteins by the Vif-Cullin5-ElonginB-ElonginC complex
        K Shirakawa; A Takaori-Kondo; M Kobayashi; M Tomonaga; T Izumi; K Fukunaga; A Sasada; A Abudu; Y Miyauchi; H Akari; K Iwai; T Uchiyama
        VIROLOGY, 2006年01月, 査読有り
      • Expression of HIV-1 accessory protein Vif is controlled uniquely to be low and optimal by proteasome degradation
        M Fujita; H Akari; A Sakurai; A Yoshida; T Chiba; K Tanaka; K Strebel; A Adachi
        MICROBES AND INFECTION, 2004年07月, 査読有り
      • Detection of 14 alleles derived from the MHC class I A locus in cynomolgus monkeys
        A Uda; K Tanabayashi; YK Yamada; H Akari; YJ Lee; R Mukai; K Terao; A Yamada
        IMMUNOGENETICS, 2004年06月, 査読有り
      • High level expression of human immunodeficiency virus type-1 Vif inhibits viral infectivity by modulating proteolytic processing of the gag precursor at the p2/nucleocapsid processing site
        H Akari; M Fujita; S Kao; MA Khan; M Shehu-Xhilaga; A Adachi; K Strebel
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2004年03月, 査読有り
      • Codon optimization of the HIV-1 vpu and vif genes stabilizes their mRNA and allows for highly efficient Rev-independent expression
        KL Nguyen; M Llano; H Akari; E Miyagi; EM Poeschla; K Strebel; S Bour
        VIROLOGY, 2004年02月, 査読有り
      • Age-related increase of peripheral CD4(+) CD8(+) double-positive T lymphocytes in cynomolgus monkeys: longitudinal study in relation to thymic involution
        WW Lee; KH Nam; K Terao; H Akari; Y Yoshikawa
        IMMUNOLOGY, 2003年06月, 査読有り
      • Susceptibility of HVS-immortalized lymphocytic HSC-F cells to various strains and mutants of HIV/SIV
        M Fujita; A Yoshida; A Sakurai; J Tatsuki; F Ueno; H Akari; A Adachi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 2003年05月, 査読有り
      • Vpx and Vpr proteins of HIV-2 up-regulate the viral infectivity by a distinct mechanism in lymphocytic cells
        F Ueno; H Shiota; M Miyaura; A Yoshida; A Sakurai; J Tatsuki; AH Koyama; H Akari; A Adachi; M Fujita
        MICROBES AND INFECTION, 2003年04月, 査読有り
      • Naturally occurring amino acid substitutions in the HIV-2 ROD envelope glycoprotein regulate its ability to augment viral particle release
        S Bour; H Akari; E Miyagi; K Strebel
        VIROLOGY, 2003年04月, 査読有り
      • nef gene is required for robust productive infection by simian immunodeficiency virus of T-cell-rich paracortex in lymph nodes
        C Sugimoto; K Tadakuma; Otani, I; T Moritoyo; H Akari; F Ono; Y Yoshikawa; T Sata; S Izumo; K Mori
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2003年04月, 査読有り
      • Human immunodeficiency virus type 1 Vif is efficiently packaged into virions during productive but not chronic infection
        S Kao; H Akari; MA Khan; M Dettenhofer; XF Yu; M Strebel
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2003年01月, 査読有り
      • Intravirion processing of the human immunodeficiency virus type 1 Vif protein by the viral protease may be correlated with Vif function
        MA Khan; H Akari; S Kao; C Aberham; D Davis; A Buckler-White; K Strebel
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2002年09月, 査読有り
      • Different effects of Nef-mediated HLA class I down-regulation on human immunodeficiency virus type I-specific CD8(+) T-cell cytolytic activity and cytokine production
        H Tomiyama; H Akari; A Adachi; M Takiguchi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2002年08月, 査読有り
      • Different effects of nef-mediated HLA class I down-regulation on HIV-1-specific CD8(+) T cell cytolytic activity and cytokine production
        H Tomiyama; H Akari; A Adachi; M Takiguchi
        XIV INTERNATIONAL AIDS CONFERENCE: BASIC SCIENCES, 2002年, 査読有り
      • The human immunodeficiency virus type 1 accessory protein Vpu induces apoptosis by suppressing the nuclear factor κB-dependent expression of antiapoptotic factors
        H. Akari; S. Bour; S. Kao; A. Adachi; K. Strebel
        Journal of Experimental Medicine, 2001年11月, 査読有り
      • Cyclophilin A-independent replication of a human immunodeficiency virus type 1 isolate carrying a small portion of the simian immunodeficiency virus SIV(MAC)gag capsid region
        M Fujita; A Yoshida; M Miyaura; A Sakurai; H Akari; AH Koyama; A Adachi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2001年11月, 査読有り
      • Human immunodeficiency virus type I Vif protein is packaged into the nucleoprotein complex through an interaction with viral genomic RNA
        MA Khan; C Aberham; S Kao; H Akari; R Gorelick; S Bour; K Strebel
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2001年08月, 査読有り
      • The Human Immunodeficiency Virus Type 1 Vpu Protein Inhibits NF-κB Activation by Interfering with βTrCP-mediated Degradation of IκB
        S. Bour; C. Perrin; H. Akari; K. Strebel
        Journal of Biological Chemistry, 2001年05月, 査読有り
      • MHC-I expression in HTLV-1-positive and -negative cells
        A Yoshida; M Miyaura; A Sakurai; T Fukumori; M Fujita; H Akari; A Adachi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 2000年07月, 査読有り
      • Peripheral blood extrathymic CD4(+)CD8(+) T cells with high cytotoxic activity are from the same lineage as CD4(+)CD8(-) T cells in cynomolgus monkeys
        KH Nam; H Akari; K Terao; H Shibata; S Kawamura; Y Yoshikawa
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2000年07月, 査読有り
      • Regulation of cell cycle and apoptosis by human immunodeficiency virus type 1 Vpr
        T Fukumori; H Akari; A Yoshida; M Fujita; AH Koyama; S Kagawa; A Adachi
        MICROBES AND INFECTION, 2000年07月, 査読有り
      • Host cell-dependent replication of HIV-1 mutants with deletions in gp41 cytoplasmic tail region is independent of the function of Vif
        H Akari; A Yoshida; T Fukumori; A Adachi
        MICROBES AND INFECTION, 2000年07月, 査読有り
      • Cell-dependent requirement of human immunodeficiency virus type 1 gp41 cytoplasmic tail for Env incorporation into virions
        H Akari; T Fukumori; A Adachi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2000年05月, 査読有り
      • Nef-induced major histocompatibility complex class I down-regulation is functionally dissociated from its virion incorporation, enhancement of viral infectivity, and CD4 down-regulation
        H Akari; S Arold; T Fukumori; T Okazaki; K Strebel; A Adachi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2000年03月, 査読有り
      • Pseudotyping human immunodeficiency virus type 1 by vesicular stomatitis virus G protein does not reduce the cell-dependent requirement of Vif for optimal infectivity: functional difference between Vif and Nef
        H Akari; T Uchiyama; T Fukumori; S Iida; AH Koyama; A Adachi
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1999年11月, 査読有り
      • Effective delivery of a lipophilic 6-chloro-2′,3′-dideoxyguanosine (6-Cl-ddG) into rat lymphoid tissues
        Y. Fujii; H. Akari; M. Machida; E. Kojima; K. Murakami; Y. Yoshikawa
        Experimental Animals, 1999年10月, 査読有り
      • Accumulation of MAC387(+) macrophages in paracortical areas of lymph nodes in rhesus monkeys acutely infected with simian immunodeficiency virus
        Otani, I; K Mori; K Terao; K Doi; H Akari; Y Yoshikawa
        MICROBES AND INFECTION, 1999年10月, 査読有り
      • Induction of apoptosis in Herpesvirus saimiri-immortalized T lymphocytes by blocking interaction of CD28 with CD80/CD86
        H Akari; T Fukumori; S Iida; A Adachi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1999年09月, 査読有り
      • Effects of SIVmac infection on peripheral blood CD4(+)CD8(+) T lymphocytes in cynomolgus macaques
        H Akari; KH Nam; K Mori; Otani, I; H Shibata; A Adachi; K Terao; Y Yoshikawa
        CLINICAL IMMUNOLOGY, 1999年06月, 査読有り
      • Compatibility of Vpu-like activity in the four groups of primate immunodeficiency viruses
        S Iida; T Fukumori; Y Oshima; H Akari; AH Koyama; A Adachi
        VIRUS GENES, 1999年04月, 査読有り
      • Mutational analysis of human immunodeficiency virus type 1 vif gene
        K Sakai; M Horiuchi; S Iida; T Fukumori; H Akari; A Adachi
        VIRUS GENES, 1999年04月, 査読有り
      • Rev-dependent expression of three species of HIV-1 mRNAs (Review)
        Tomoharu Fukumori; Susumu Kagawa; Shinya Iida; Yoko Oshima; Hirofumi Akari; A. Hajime Koyama; Akio Adachi
        International Journal of Molecular Medicine, 1999年, 査読有り
      • Exchangeability of accessory Vif and Vpu proteins between various HIV/SIVs (Review)
        Akio Adachi; Shinya Iida; Tomoharu Fukumori; Michio Tamaki; Ritsuko Inubushi; Reika Shimano; Yoko Oshima; A. Hajime Koyama
        International Journal of Molecular Medicine, 1999年, 査読有り
      • Enhancement of human immunodeficiency virus type 1 infectivity by Nef is producer cell-dependent
        K Tokunaga; A Kojima; T Kurata; K Ikuta; H Akari; AH Koyama; M Kawamura; R Inubushi; R Shimano; A Adachi
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1998年10月, 査読有り
      • Functional roles of HIV accessory proteins for viral replication (Review)
        R Inubushi; M Tamaki; R Shimano; AH Koyama; H Akari; A Adachi
        INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 1998年10月, 査読有り
      • Producer cell-dependent requirement of the nef protein for efficient entry of HIV-1 into cells
        K Tokunaga; A Kojima; T Kurata; K Ikuta; R Inubushi; R Shimano; M Kawamura; H Akari; AH Koyama; A Adachi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1998年09月, 査読有り
      • Phenotypic changes in peripheral blood monocytes of cynomolgus monkeys acutely infected with simian immunodeficiency virus
        Otani, I; H Akari; KH Nam; K Mori; E Suzuki; H Shibata; K Doi; K Terao; Y Yosikawa
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 1998年09月, 査読有り
      • Role of virus-induced apoptosis in a host defense mechanism against virus infection
        A. Hajime Koyama; Hiroshi Irie; Tomoharu Fukumori; So Hata; Shinya Iida; Hirofumi Akari; Akio Adachi
        Journal of Medical Investigation, 1998年08月, 査読有り
      • The HIV-1 Vpr displays strong anti-apoptotic activity
        T Fukumori; H Akari; S Iida; S Hata; S Kagawa; Y Aida; AH Koyama; A Adachi
        FEBS LETTERS, 1998年07月, 査読有り
      • Early function of HIV-1 Gag proteins is cell-dependent
        M Kawamura; R Shimano; R Inubushi; H Akari; A Adachi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1998年07月, 査読有り
      • Age-related changes in major lymphocyte subsets in cynomolgus monkeys
        KH Nam; H Akari; K Terao; S Itagaki; Y Yoshikawa
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1998年07月, 査読有り
      • Induction of MHC-IIDR expression on circulating CD8(+) lymphocytes in macaques infected with SIVmac239 nef-open but not with its nef-deletion mutant
        H Akari; K Mori; Otani, I; K Terao; F Ono; A Adachi; Y Yoshikawa
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 1998年05月, 査読有り
      • Selective expression of β7 integrin on lymphocytes undergoing apoptosis in lymphoid tissues
        H. Akari; H. Yagita; T. Nishida; K. Nakamaru; K. Terao; Y. Yoshikawa; A. Adachi
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 1998年03月, 査読有り
      • Age-dependent remodeling of peripheral blood CD4(+) CD8(+) T lymphocytes in Cynomolgus monkeys
        KH Nam; H Akari; K Terao; H Ohto; S Itagaki; Y Yoshikawa
        DEVELOPMENTAL AND COMPARATIVE IMMUNOLOGY, 1998年03月, 査読有り
      • Simian T cell leukemia virus type I induced malignant adult T cell leukemia-like disease in a naturally infected African green monkey: Implication of CD8(+) T cell leukemia
        H Akari; F Ono; Sakakibara, I; H Takahashi; Y Murayama; A Hiyaoka; K Terao; Otani, I; R Mukai; A Adachi; Y Yoshikawa
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 1998年03月, 査読有り
      • Suppression of HIV-1 replication in peripheral blood mononuclear cells by fasudil
        Hirofumi Akari; Yoshihiko Yamamoto; Hiroko Hiwada; Yasuyoshi Saito; Noriyasu Takayanagi; A. Hajime Koyama; Akio Adachi
        Journal of Medical Investigation, 1998年02月, 査読有り
      • The non-env tropism of HIV/SIV.
        Shimano R; Inubushi R; Tamaki M; Akari H; Koyama AH; Adachi A
        International Journal of Molecular Medicine, 1998年, 査読有り
      • Antiviral effects of 6-chloro-2 ',3 '-dideoxyguanosine in rhesus monkeys acutely infected with simian immunodeficiency virus
        Y Fujii; R Mukai; H Akari; M Machida; K Mori; M Takasaka; E Kojima; K Murakami; Y Yoshikawa
        ANTIVIRAL CHEMISTRY & CHEMOTHERAPY, 1998年01月, 査読有り
      • Induction of apoptosis in HEp-2 cells by infection with herpes simplex virus type 2
        AH Koyama; H Akari; A Adachi; F Goshima; Y Nishiyama
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1998年, 査読有り
      • Mapping the genetic determinants of human immunodeficiency virus type 2 for cell tropism and replication efficiency
        M Kawamura; R Shimano; T Ogasawara; R Inubushi; K Amano; H Akari; A Adachi
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1998年, 査読有り
      • Complete inhibition of SIVmac replication by its capsid mutants
        R Shimano; R Inubushi; K Amano; T Ogasawara; H Akari; AH Koyama; M Kawamura; A Adachi
        VIRUS GENES, 1998年, 査読有り
      • Comparative analysis of human and macaque monkey CD4: Differences in formaldehyde lability and conformation
        H Akari; K Terao; KH Nam; A Adachi; Y Yoshikawa
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1998年01月, 査読有り
      • Efficacy of 6-chloro-2 ',3 '-dideoxyguanosine (6-Cl-ddG) on rhesus macaque monkeys chronically infected with simian immunodeficiency virus (SIVmac239)
        Y Fujii; R Mukai; K Mori; H Akari; Otani, I; F Ono; E Kojima; M Takasaka; M Machida; K Murakami; Y Yoshikawa
        JOURNAL OF ACQUIRED IMMUNE DEFICIENCY SYNDROMES, 1997年12月, 査読有り
      • Functional domain mapping of HIV-1 gag proteins
        M Kawamura; R Shimano; R Inubushi; K Amano; T Ogasawara; H Akari; A Adachi
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1997年12月, 査読有り
      • Effects of 6-chloro-2', 3'-dideoxyguanosine (6-Cl-ddG) in surface lymph nodes of rhesus monkeys (Macaca mulatta) chronically infected with simian immunodeficiency virus (SIVmac239)
        Otani, I; Y Fujii; H Akari; R Mukai; K Mori; F Ono; E Kojima; M Machida; K Murakami; K Doi; Y Yoshikawa
        JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 1997年10月, 査読有り
      • HIV-1 capsid mutants inhibit the replication of wild-type virus at both early and late infection phases
        RA Furuta; R Shimano; T Ogasawara; R Inubushi; K Amano; H Akari; M Hatanaka; M Kawamura; A Adachi
        FEBS LETTERS, 1997年09月, 査読有り
      • Cleavage of Gag precursor is required for early replication phase of HIV-1
        M Kawamura; R Shimano; R Inubushi; K Amano; T Ogasawara; H Akari; A Adachi
        FEBS LETTERS, 1997年09月, 査読有り
      • Prophylaxis of experimental HTLV-I infection in cynomolgus monkeys by passive immunization
        H Akari; T Suzuki; K Ikeda; H Hoshino; T Tomono; T Murotsuka; K Terao; H Ito; Y Yoshikawa
        VACCINE, 1997年08月, 査読有り
      • Peripheral blood CD4(+)CD8(+) lymphocytes in cynomolgus monkeys are of resting memory T lineage
        H Akari; K Terao; Y Murayama; KH Nam; Y Yoshikawa
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1997年04月, 査読有り
      • Peripheral blood CD4(+)CD8(+) lymphocytes in cynomolgus monkeys are of resting memory T lineage
        H Akari; K Terao; Y Murayama; KH Nam; Y Yoshikawa
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 1997年04月, 査読有り
      • Dual phasic suppression of viral replication following de novo human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) infection in lymphocytes of asymptomatic HIV-1 carriers
        Mari Kannagi; Tahei Nakamura; Hirofumi Akari; Marcelo J. Kuroda; Masahiro Fujii; Shinichi Oka; Aikichi Iwamoto; Takeshi Kurata; Daisuke Higashi; Shinji Harada
        Leukemia, 1997年, 査読有り
      • Efficacy of 6-chloro-2',3'-dideoxyguanosine (6-Cl-ddG) on an ARC/AIDS rhesus macaque (Macaca mulatta) infected with simian immunodeficiency virus
        Y Fujii; R Mukai; Y Murayama; H Akari; M Machida; K Mori; M Takasaka; K Murakami; Y Yoshikawa
        EXPERIMENTAL ANIMALS, 1997年01月, 査読有り
      • In vitro immortalization of Old World monkey T lymphocytes with Herpesvirus Saimiri: Its susceptibility to infection with simian immunodeficiency viruses
        H Akari; K Mori; K Terao; Otani, I; M Fukasawa; R Mukai; Y Yoshikawa
        VIROLOGY, 1996年04月, 査読有り
      • DETECTION OF THE CELLULAR MEMBRANE-PROTEINS ON HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-I
        H AKARI; Y GOTO; T SHINJO
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1995年, 査読有り
      • Differential reactivities of antibodies to HIV and HTLV-I in sera of suspected AIDS and ARC patients.
        M. Aidoo; O. Nishiwaki; H. Akari; J.A. Brandful; W. Ampofo; M. Hayami; N.K. Ayisi
        West African Journal of Medicine, 1994年07月, 査読有り
      • EXPOSURE OF P19 MATRIX PROTEIN OF HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-I (HTLV-I) ON THE SURFACE OF MOLT-4-NUMBER-8 CELLS AFTER VIRUS ADSORPTION
        H AKARI; MJ KURODA; T SHINJO; MA ELFARRASH; S HARADA
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1994年, 査読有り
      • SIMPLE ASSAY SYSTEM FOR DETECTING HUMAN-T CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE I-BINDING CELLS AND ITS APPLICATION IN TITRATING BINDING INHIBITORY ANTIBODIES
        H AKARI; M KANNAGI; T SHINJO; S HARADA
        LABORATORY INVESTIGATION, 1993年11月, 査読有り
      • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS FROM AFRICAN WHITE-CROWNED MANGABEY MONKEYS (CERCOCEBUS-TORQUATUS-LUNULATUS)
        K TOMONAGA; J KATAHIRA; M FUKASAWA; MA HASSAN; M KAWAMURA; H AKARI; T MIURA; T GOTO; M NAKAI; M SULEMAN; M ISAHAKIA; M HAYAMI
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1993年, 査読有り
      • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF A HIGHLY DIVERGENT HIV-2[GH-2] - GENERATION OF AN INFECTIOUS MOLECULAR CLONE AND FUNCTIONAL-ANALYSIS OF ITS REV-RESPONSIVE ELEMENT IN RESPONSE TO PRIMATE RETROVIRUS TRANSACTIVATORS (REV AND REX)
        M KAWAMURA; J KATAHIRA; M FUKASAWA; JI SAKURAGI; KI ISHIKAWA; M NAKAI; JAA MINGLE; M OSEIKWASI; VBA NETTY; H AKARI; O HISHIDA; K TOMONAGA; T MIURA; M HAYAMI
        VIROLOGY, 1992年06月, 査読有り
      • BIOLOGICAL CHARACTERIZATION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 AND TYPE-2 MUTANTS IN HUMAN PERIPHERAL-BLOOD MONONUCLEAR-CELLS
        H AKARI; J SAKURAGI; Y TAKEBE; K TOMONAGA; M KAWAMURA; M FUKASAWA; T MIURA; T SHINJO; M HAYAMI
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1992年, 査読有り
      • FUNCTIONAL-ANALYSIS OF LONG TERMINAL REPEATS DERIVED FROM 4 STRAINS OF SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS SIVAGM IN RELATION TO OTHER PRIMATE LENTIVIRUSES
        J SAKURAGI; M FUKASAWA; R SHIBATA; H SAKAI; M KAWAMURA; H AKARI; T KIYOMASU; A ISHIMOTO; M HAYAMI; A ADACHI
        VIROLOGY, 1991年11月, 査読有り
      • ESTABLISHMENT OF A PHYLOGENETIC SURVEY SYSTEM FOR AIDS-RELATED LENTIVIRUSES AND DEMONSTRATION OF A NEW HIV-2 SUBGROUP
        T MIURA; J SAKURAGI; M KAWAMURA; M FUKASAWA; EN MORIYAMA; T GOJOBORI; K ISHIKAWA; JAA MINGLE; VBA NETTEY; H AKARI; M ENAMI; H TSUJIMOTO; M HAYAMI
        AIDS, 1990年12月, 査読有り
      • Cytolytic Recombinant Vesicular Stomatitis Viruses Expressing STLV-1 Receptor Specifically Eliminate STLV-1 Env-Expressing Cells in an HTLV-1 Surrogate Model In Vitro
        Yohei Seki; Tomoya Kitamura; Kenta Tezuka; Megumi Murata; Hirofumi Akari; Isao Hamaguchi; Kazu Okuma
        Viruses, 2022年03月31日

      MISC

      • 初期感染期におけるnef遺伝子によるSIVの感染様式の制御
        森 一泰; 大谷 功; 明里 宏文; 佐多 徹太郎; 小野 文子; 寺尾 恵治; 向井 錦三郎; 高阪 楕夫; 土井 邦雄; 吉川 泰弘
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • Enhancement of human immunodeficiency virus type 1 infectivity by Nef is producer cell-dependent.
        Tokunaga Kenzo; Kojima Asato; Kurata Takeshi; Ikuta Kazuyoshi; Akari Hirofumi; Koyama Hajime; Kawamura Meiko; Inubushi Ritsuko; Shimano Reika; Adachi Akio
        Collected papers from the Institute of Immunological Science Hokkaido University, 1998年
      • Producer cell-dependent requirement of the Nef protein for efficient entry of HIV-1 into cells.
        Tokunaga Kenzo; Kojima Asato; Kurata Takeshi; Ikuta Kazuyoshi; Inubushi Ritsuko; Shimano Reika; Kawamura Meiko; Akari Hirofumi; Koyama A. Hajime; Adachi Akio
        Collected papers from the Institute of Immunological Science Hokkaido University, 1998年
      • 人類進化モデル研究センター(III.研究活動)
        平井 啓久; 明里 宏文; 岡本 宗裕; 鈴木 樹理; 宮部 貴子; 早川 敏之; 吉田 友教; 阿部 政光; 釜中 慶朗; 前田 典彦; 渡邉 朗野; 森本 真弓; 兼子 明久; 渡邉 祥平; 須田 直子
        霊長類研究所年報, 2011年10月21日
      • 人類進化モデル研究センター(III.研究活動)
        平井 啓久; 松林 清明; 景山 節; 明里 宏文; 鈴木 樹理; 宮部 貴子; 早川 敏之; 熊崎 清則; 阿部 政光; 釜中 慶朗; 前田 典彦; 渡邉 朗野; 森本 真弓; 兼子 明久; 渡邉 祥平; 須田 直子
        霊長類研究所年報, 2010年09月21日
      • 低CTL応答を示すSTLV-1感染ニホンザルに対するCTL活性化型ワクチンの効果
        長谷川温彦; 村田めぐみ; 片桐邦子; 鷲崎彩夏; 明里宏文; 増田貴夫; 神奈木真理
        日本HTLV-1学会学術集会, 2021年
      • 実験動物感染症の現状 サルT細胞白血病ウイルス(simian T-cell leukemia virus: STLV)
        明里 宏文; 村田 めぐみ
        Experimental animals, 2016年04月
      • STLV-1感染ニホンザルによるHTLV-1標的ウイルス療法の開発に向けた検討
        大隈和; 倉光球; 手塚健太; 水上拓郎; 村田めぐみ; 明里宏文; 浜口功
        日本実験動物学会総会講演要旨集(Web), 2020年
      • in vivo passageで獲得したサル馴化HIV-1のvif遺伝子領域における欠損変異の役割
        松岡和弘; 中田佳宏; 鷲﨑彩夏; 芳田剛; 齊藤暁; 大出裕高; 関洋平; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 蜂谷敦子; 今橋真弓; 横幕能行; 明里宏文; 岩谷靖雅
        第33回日本エイズ学会学術集会・総会. 2019年11月27-29日、熊本, 2019年11月, 査読有り
      • PKC活性化剤とBET阻害剤の併用によるHIV再活性化能及び毒性への効果
        鷲崎彩夏; 村田めぐみ; 関洋平; Yin Pui Tang; Tan Wei Keat; 入江一浩; 明里宏文
        第33回日本エイズ学会学術集会・総会. 2019年11月27-29日、熊本, 2019年11月, 査読有り, 責任著者
      • HIV-1潜伏感染霊長類モデルにおけるHIV複製リザーバーの定量解析とその意義
        関洋平; 齊藤暁; 原田恵嘉; 村田めぐみ; 鷲崎彩夏; 引地優太; 吉村和久; 石井洋; 佐藤賢文; Islam M Saiful; 大出裕高; 岩谷靖雅; 芳田剛; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 明里宏文
        第33回日本エイズ学会学術集会・総会. 2019年11月27-29日、熊本, 2019年11月, 査読有り, 責任著者
      • Active reservoir size in lymph node may determine the present status and predict the outcome of HIV-1 controller
        Yohei Seki; Ayaka Washizaki; Akatsuki Saito; Shigeyoshi Harada; Megumi Murata; Wei Keat Tan; Yuta Hikichi; Kazuhisa Yoshimura; Hiroshi Ishii; Yorifumi Satou; Islam Mohammad Saiful; Hirotaka Ode; Yasumasa Iwatani; Takeshi Yoshida; Yasuhiro Yasutomi; Tetsuro Matano; Tomoyuki Miura; Hirofumi Akari
        The 37th Annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS. November 12-15, 2019, San Antonio, 2019年11月, 査読有り, 責任著者
      • 組換えVSVによる抗HTLV-1ウイルス療法の開発に向けたSTLV-1感染ニホンザルのHTLV-1感染霊長類モデルへの応用
        大隈和; 倉光球; 手塚健太; 水上拓郎; 村田めぐみ; 明里宏文; 浜口功
        第67回日本ウイルス学会学術集会. 2019年10月29日~31日、東京, 2019年10月, 査読有り
      • 母子感染における抗体価・PVLの動態の長期的調査 〜STLV-1自然感染ニホンザルを用いて〜
        村田めぐみ; 鷲崎彩夏; 関洋平; Wei Keat TAN; 森本真弓; 兼子明久; 夏目尊好; 鈴木樹理; 安永純一朗; 松岡雅雄; 水上拓郎; 明里宏文
        第6回日本HTLV-1学会学術集会.2019年8月23日〜25日、宮崎, 2019年08月, 査読有り, 責任著者
      • ニホンザル (Macaca fuscata) のSTLV-1ゲノム解析
        北村知也; 倉光球; 手塚健太; 水上拓郎; 明里宏文; 村田めぐみ; 大隈和; 浜口功
        第6回日本HTLV-1学会学術集会.2019年8月23日〜25日、宮崎, 2019年08月, 査読有り
      • ヒト化マウスを用いたHTLV-1母子感染モデルの構築の試み
        水上拓郎; 野島清子; 佐藤結子; 古畑啓子; 松岡佐保子; 大隈和; 森内浩幸; 内丸薫; 明里宏文; 蕎麦田理英子; 佐竹正博; 浜口功
        第6回日本HTLV-1学会学術集会.2019年8月23日〜25日、宮崎, 2019年08月, 査読有り
      • HTLV-1及びSTLV-1プロウイルス配列の網羅的解析
        七條敬文; 安永純一朗; 大西知帆; 志村和也; 高起良; 竹之内徳博; 佐藤佳; 小柳義夫; 明里宏文; 野坂生郷; 松岡雅雄
        第6回日本HTLV-1学会学術集会.2019年8月23日〜25日、宮崎, 2019年08月, 査読有り
      • HTLV-1感染に対するウイルス療法確立に向けた腫瘍溶解性VSVの霊長類薬剤評価系の構築
        大隈和; 手塚健太; 北村知也; 倉光球; 水上拓郎; 村田めぐみ; 明里宏文; 浜口功
        第6回日本HTLV-1学会学術集会.2019年8月23日〜25日、宮崎, 2019年08月, 査読有り
      • Development of humanized mouse model for studying mother to child HTLV-1 transmission and prevention with HTLV-1 antibody treatment
        Takuo Mizukami; Kiyoko Nojima; Yuko Sato; Keiko Furuhata; Eita Sasaki; Sahoko Matsuoka; Kazu Okuma; Hiroyuki Moriuchi; Kaoru Uchimaru; Hirofumi Akari; Masahiro Satake; Isao Hamaguchi
        24th Congress of Europian Hematology Association, June 14-17, 2019, Stockholm, 2019年06月, 査読有り
      • サル感染モデルを用いたHTLV-1治療薬評価に向けた検討
        大隈和; 倉光球; 手塚健太; 水上拓郎; 村田めぐみ; 明里宏文; 浜口功
        日本実験動物学会総会講演要旨集(Web), 2019年
      • 新規PKC活性化剤10-Methyl-Aplog-1とJQ1の併用はLatency Reversing Agentとして理想的な活性を示す
        鷲崎彩夏; 村田めぐみ; 関洋平; Yin Pui Tang; 寒川裕之; Wei Keat Tan; 入江一浩; 明里宏文
        第32回 日本エイズ学会学術集会, 2018年12月02日, 査読有り
      • HIV感染霊長類モデルによるHIV根治研究
        明里宏文
        第32回 日本エイズ学会学術集会, 2018年12月02日, 査読有り
      • 新しいHIV感染霊長類モデル:HIV感染症の根治に向けて
        明里宏文
        第14回霊長類医科学フォーラム(講演), 2018年11月09日, 査読有り
      • A novel PKC actvator 10-Methyl-Aplog-1 in combination with JQ1 showed high potency as LRA for shock and kill therapy
        Ayaka Washizaki; Megumi Murata; Yohei Seki; Yin Pui Tang; Hiroyuki Kangawa; Tan Wei Keat; Kazuhiro Irie; Hirofumi Akari
        36th Annual Symposium Nonhuman Primate Models for AIDS, 2018年10月28日, 査読有り
      • Cooperative cellular and humoral immunity may contribute to the efficient control of HIV-1 replication in macaques
        Yohei Seki; Akatsuki Saito; Shigeyoshi Harada; Ayaka Washizaki; Megumi Murata; Yuta Hikichi; Kazuhisa Yoshimura; Hiroshi Ishii; Yorifumi Satou; Islam Mohammad Saiful; Hirotaka Ode; Yasumasa Iwatani; Takeshi Yoshida; Yasuhiro Yasutomi; Tetsuro Matano; Tomoyuki Miura; Hirofumi Akari
        36th Annual Symposium Nonhuman Primate Models for AIDS, 2018年10月28日, 査読有り
      • Molecular characterization of the env gene during transmission of macaque-tropic human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1mt)
        Shigeyoshi Harada; Yuta Hikichi; Yohei Seki; Yasumasa Iwatani; Yasuhiro Yasutomi; Tomoyuki Miura; Tetsuro Matano; Hirofumi Akari; Kazuhisa Yoshimura
        36th Annual Symposium Nonhuman Primate Models for AIDS, 2018年10月28日, 査読有り
      • A novel PKC activator 10-Methyl-Aplog-1 in combination with JQ1 showed high potency as LRA for shock and kill therapy
        Ayaka Washizaki; Megumi Murata; Yohei Seki; Yin Pui Tang; Hiroyuki Kangawa; Kazuhiro Irie; Hirofumi Akari
        第66回日本ウイルス学会学術集会, 2018年10月28日, 査読有り
      • Frequent horizontal transmission is associated with high prevalence of STLV-1 infection_in Japanese macaques
        Megumi Murata; Ayaka Washizaki; Jun-ichiro Yasunaga; Yohei Seki; Masao Matsuoka; Hirofumi Akari
        第66回日本ウイルス学会学術集会, 2018年10月28日, 査読有り
      • A novel PKC activator, 10-methyl-aplog-1 efficiently reactivate latent HIV-1 in combination with a BET inhibitor JQ1
        Ayaka Washizaki; Megumi Murata; Yin Pui Tang; Yohei Seki; Kazuhiro Irie; Hirofumi Akari
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2018年10月
      • ヒト化マウスを用いたHTLV-1母子感染モデルの構築と機序解明
        水上 拓郎; 野島 清子; 古畑啓子; 佐藤結子; 蕎麦田理英子; 松岡 佐保子; 松本千恵子; 大隈 和; 明里 宏文; 佐竹正博; 森内 浩幸; 斎藤 滋; 内丸 薫; 口 功
        第161回日本獣医学会学術集会, 2018年09月11日, 査読有り
      • STLV-1自然感染ニホンザルにおけるSTLV-1特異的T細胞免疫の低応答性
        冨士川朋夏; 長谷川温彦; ndrakh Ganbaatar; 永野佳子; 増田貴夫; 田中勇悦; 村田めぐみ; 明里宏文; 神奈木真理
        第5回日本HTLV-1学会学術集会, 2018年08月31日, 査読有り
      • ニホンザルにおける高頻度なSTLV-1自然感染に関する疫学調査
        村田めぐみ; 鷲崎彩夏; 関洋平; 安永純一朗; 松岡雅雄; 水上拓郎; 明里宏文
        第5回日本HTLV-1学会学術集会, 2018年08月31日, 査読有り
      • Development of humanized mouse models to evaluate and prevent mother-to-child HTLV-1 transmissions
        Takuo Mizukami; Kiyoko Nojima; Eita Sasaki; Yuki Hiradate; Keiko Furuhata; Yuko Sato; Sahoko Matsuoka; Kazu Okuma; Masahiro Satake; Hirofumi Akari; Kaoru Uchimaru; Isao Hamaguchi
        23rd Congress of European Hematology Association, 2018年06月14日, 査読有り
      • カニクイザルにおけるHIV‐1mt長期潜伏感染の解析
        関洋平; 齊藤暁; 佐藤賢文; 原田恵嘉; 吉村和久; 大出裕高; 岩谷靖雅; 石井洋; SAIFULISLAM M; 芳田剛; 村田めぐみ; 鷲崎彩夏; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 明里宏文; 明里宏文
        日本エイズ学会誌, 2017年11月20日
      • SIV感染サルをモデルとした中和抗体誘導メカニズムの解析
        桑田岳夫; 佐野雅人; 松岡佐織; 俣野哲朗; 関洋平; 明里宏文; 明里宏文; 三浦智行; 松下修三
        日本エイズ学会誌, 2017年11月20日
      • Selective evolution of an anti-retroviral host factor TRIM5 in macaque monkeys.
        AKARI H
        2nd Kyoto International Symposium on Virus-Host Coevolution/Human-Nature Interplacement Life Science, 2017年11月, 査読有り
      • Characterization of Long-term Latency of HIV-1mt Infection in Cynomolgus Macaques
        Seki Y; Saito A; Satou Y; Harada S; Yoshimura K; Ode H; Iwatani Y; Ishii H; Saiful IM; Yoshida T; Murata M; Washizaki A; Yasutomi Y; Matano T; Miura T; Akari H
        The 31th Annual Meeting of the Japanese Society for AIDS Research, 2017年11月, 査読有り
      • A novel PKC activator 10-methyl-aplog-1 is a promising HIV-1 latency-reversing agent
        Washizaki A; Murata M; Seki Y; Tang YP; Kangawa H; Irie K; Akari H
        The 31th Annual Meeting of the Japanese Society for AIDS Research, 2017年11月, 査読有り
      • Mechanism of neutralizing antibody induction in SIV-infected macaques
        Kuwata T; Sano M; Matsuoka S; Matano T; Seki Y; Akari H; Miura T; Matsushita S
        The 31th Annual Meeting of the Japanese Society for AIDS Research, 2017年11月, 査読有り
      • Quantitative and qualitative evaluation of HIV-1 proviral DNA by digital droplet PCR and high-throughput sequencing
        Saiful IS; Miyazato P; Yohei Seki Y; Yang BTJ; Iwase S; Akari H; Satou Y
        The 31th Annual Meeting of the Japanese Society for AIDS Research, 2017年11月, 査読有り
      • Development of HTLV-1 hyperimmune globulins against HTLV-1 infection
        Mizukami T; Nojima K; Sobata R; Murata M; Kuribayashi W; Matsumoto C; Sato Y; Washizaki A; Sasaki E; Seki Y; Furuhata K; Morimoto M; Hiradate Y; Matsuoka S; Natsume T; Ohkuma K; Uchimaru K; Akari H; Satake M; Hamaguchi I
        第79回日本血液学会学術集会, 2017年10月, 査読有り
      • The transmission route of STLV-1 in Japanese macaques
        Murata M; Washizaki A; Seki Y; Yasunaga J; Matsuoka M; Akari H
        65th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology, 2017年10月, 査読有り
      • Absolute Quantitation of Integrated HIV-1 DNA In Vivo by using Droplet Digital PCR
        Saiful IS; Yohei Seki Y; Miyazato P; Yang BTJ; Akari H; Satou Y
        65th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology, 2017年10月, 査読有り
      • A novel PKC activator 10-methyl-aplog-1 is a promising HIV-1 latency-reversing agent
        Washizaki A; Murata M; Seki Y; Tang YP; Kangawa H; Irie K; Akari H
        65th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology, 2017年10月, 査読有り
      • Neutralizing antibody induction and changes in viral env sequences in the chronic phase of SIVsmH635FC infection
        Sano M; Kuwata T; Matsuoka S; Akari H; Miura T; Matano T
        65th Annual Meeting of the Japanese Society for Virology, 2017年10月, 査読有り
      • Comparison of plasma neutralizing antibodies in two macaque-tropic HIV-1 infected macaques that were different response by CD8 depletion
        Shigeyoshi Harada; Yohei Seki; Yasuhiro Yasutomi; Tomoyuki Miura; Tetsuro Matano; Hirofumi Akari; Kazuhisa Yoshimura
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2017年08月
      • 閉経期雌ニホンザルの生殖器官におけるSTLV-1感染動態の解析
        平舘 裕希; 水上 拓郎; 関 洋平; 村田 めぐみ; 鷲崎 彩夏; 手塚 健太; 鈴木 樹理; 兼子 明久; 石上 暁代; 安永 純一朗; 蔵田 潔; 松岡 雅雄; 明里 宏文; 浜口 功
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2017年08月
      • Bi-functional entry inhibitors sensitize macaque-tropic human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1mt) to antibodies generated in HIV-1mt-infected macaques
        Shigeyoshi Harada; Yuta Hikichi; Yohei Seki; Akatsuki Saito; Takeshi Yoshida; Hirotake Ode; Yasumasa Iwatani; Yasuhiro Yasutomi; Tomoyuki Miura; Tetsuro Matano; Hirofumi Akari; Kazuhisa Yoshimura
        35th Annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, 2017年08月, 査読有り
      • A novel PKC activator, 10-methyl-aplog-1 efficiently induces latently infected HIV-1 in combination with BET inhibitor JQ1
        Ayaka Washizaki; Megumi Murata; Yohei Seki; Yin Pui Tang; Kazuhiro Irie; Hirofumi Akari
        35th Annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, 2017年08月, 査読有り
      • 臨床応用を目指した抗HTLV‐1免疫グロブリン製剤の開発とニホンザルSTLV‐1母子感染動態の解析
        水上拓郎; 野島清子; 松本千恵子; 蕎麦田理英子; 村田めぐみ; 村田めぐみ; 平舘裕希; 鷲崎彩夏; 鷲崎彩夏; 関洋平; 関洋平; 森本真弓; 夏目尊好; 松岡佐保子; 大隈和; 内丸薫; 佐竹正博; 明里宏文; 明里宏文; 浜口功
        日本HTLV‐1学会学術集会, 2017年
      • 閉経期雌ニホンザルの生殖器官におけるSTLV‐1感染動態の解析
        平舘裕希; 水上拓郎; 関洋平; 村田めぐみ; 鷲崎彩夏; 手塚健太; 鈴木樹理; 兼子明久; 佐々木永太; 野島清子; 石上暁代; 安永純一朗; 蔵田潔; 松岡雅雄; 明里宏文; 明里宏文; 浜口功
        日本HTLV‐1学会学術集会, 2017年
      • HIV潜伏感染霊長類モデルの樹立及びリザーバー細胞の探索
        明里 宏文
        第30回日本エイズ学会学術集会, 2016年11月, 査読有り
      • R5-tropic HIV-1 infection leads to long-term latency in cynomolgus macaques
        Hirofumi Akari; Yohei Seki; Akatsuki Saito; Yorifumi Satou; Shigeyoshi Harada; Kazuhisa Yoshimura; Hirotaka Ode; Yasumasa Iwatani; Takeshi Yoshida; Megumi Murata; Yuji Watanabe; Yasuhiro Yasutomi; Tetsuro Matano; Tomoyuki Miura
        第64回日本ウイルス学会学術集会, 2016年10月, 査読有り
      • STLV−1自然感染ニホンザルに関するCohort研究:高感染率の機序
        村田めぐみ; 安永純一朗; 関洋平; 松岡雅雄; 明里宏文
        第64回日本ウイルス学会学術集会, 2016年10月, 査読有り
      • Long-term Latency of HIV-1mt Infection in Cynomolgus Macaques is Reserved in Follicular Helper T Lymphocytes
        Yohei Seki; Akatsuki Saito; Yorifumi Satou; Shigeyoshi Harada; Hirotaka Ode; Hiroshi Ishii; Takeshi Yoshida; Megumi Murata; Hiroyuki Kangawa; Yuji Watanabe; Yasumasa Iwatani; Kazuhisa Yoshimura; Yasuhiro Yasutomi; Tomoyuki Miura; Tetsuro Matano; Hirofumi Akari
        34th Annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS, 2016年10月, 査読有り
      • 臨床応用を目指した抗HTLV-1ヒト免疫グロブリンによるHTLV-1感染予防法の開発と安全性に関する研究
        水上拓郎; 野島清子; 松本千恵子; 栗林和華子; 蕎麦田理英子; 佐々木永太; 平舘裕希; 倉光球; 古畑啓子; 村田めぐみ; 松岡佐保子; 大隈和; 佐竹正博; 明里宏文; 内丸薫; 浜口功
        第3回HTLV-1学会学術集会, 2016年08月, 査読有り
      • Structural FEATURES OF THE APOBEC3H REGION CRITICAL FOR HIV-1 VIF INTERACTION
        Masaaki Nakashima; Shinya Tsuzuki; Hiroaki Awazu; Hirotaka Ode; Masami Maejima; Atsuko Hachiya; Yoshiyuki Yokomaku; Nobuhisa Watanabe; Hirofumi Akari; Yasumasa Iwatani
        Cold Spring Harbor meeting on Retroviruses, 2016年05月, 査読有り
      • 血液系細胞におけるHTLV‐1感染とその意義
        古田梨愛; 安永純一朗; 三浦未知; 菅田謙治; 齊藤暁; 明里宏文; 上野孝治; 竹之内徳博; 藤澤順一; 清水正和; 松田文彦; ANAT Melamed; BANGHAM Charles; 松岡雅雄
        日本HTLV‐1学会学術集会, 2016年
      • 培養細胞由来C型肝炎ウイルス粒子ワクチンは非ヒト霊長類モデルにて感染中和抗体を誘導する
        横川 寛; 東濃 篤徳; 鈴木 沙織; 鈴木 知比古; 明里 宏文; 加藤 孝宣; 石井 孝司; 脇田 隆字
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • アルファキサロン単回急速投与ニホンザルにおける睡眠効果と薬物動態
        T. Miyabe-Nishiwaki; A. Kaneko; N. Suda-Hashimoto; Y. Indo; A. Ishigami; S. Aisu; A. Yamanaka; K. Nakamura; H. Akari; M. Okamoto; T. Fukui; K. Masui
        12th World Congress of Veterinary Anaesthesiology, 2015年09月
      • 持続感染した霊長類肝炎ウイルスの適応変異:ウイルスゲノム変異が及ぼす病態への影響
        東濃篤徳; 鈴木紗織; 森健一; 大出裕高; 松岡和弘; 片貝祐子; 岡林佐知; 槇昇; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 明里宏文
        霊長類研究, 2015年06月20日
      • 新型センダイウイルスを用いたチンパンジー血液由来iPS細胞の作製
        藤江康光; 房木ノエミ; 片山朋彦; 濱崎誠; 副島由美; 曽我美南; 伴浩志; 長谷川譲; 山下賢; 木村重美; 鈴木沙織; 松沢哲郎; 明里宏文; 江良択実
        再生医療, 2015年02月01日
      • サル指向性HIV-1のin vivoにおける増殖効率を上昇させる要因
        関洋平; 芳田剛; 齊藤暁; 松岡和弘; 大出裕高; 岩谷靖雅; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 杉浦亙; 明里宏文
        第62回日本実験動物学会, 2015年, 査読有り
      • HCVベースのHCV/GBV-Bキメラウイルスはタマリンへ長期感染する
        鈴木紗織; 東濃篤徳; 森健一; 片貝祐子; 槇昇; 明里宏文
        第62回日本実験動物学会学術集会, 2015年, 査読有り
      • 小型霊長類において持続感染したヘパチウイルスゲノムの経時的変異
        東濃篤徳; 鈴木紗織; 森健一; 大出裕高; 松岡和弘; 片貝祐子; 岡林佐知; 槇昇; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 明里宏文
        第62回日本実験動物学会学術集会, 2015年, 査読有り
      • 新世界ザルにおける液性免疫応答の機能低下は霊長類肝炎ウイルスの持続感染に寄与する
        鈴木紗織; 東濃篤徳; 森健一; 大出裕高; 松岡和弘; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 片貝祐子; 槇昇; 明里宏文
        第31回日本霊長類学会大会, 2015年, 査読有り
      • Genetic and immunological escape in persistent GBV-B infection
        Saori Suzuki; Atsunori Higashino; Ken-ichi Mori; Hirotaka Ode; Kazuhiro Matsuoka; Yasumasa Iwatani; Wataru Sugiura; Yuko Katakai; Noboru Maki; Hirofumi Akari
        22nd International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses, 2015年, 査読有り
      • Novel elite controller model by HIV-1mt-infected cynomolgus macaques
        Yohei Seki; Akatsuki Saito; Takeshi Yoshida; Yorifumi Satou; Shigeyoshi Harada; Kazuhisa Yoshimura; Yuji Watanabe; Yasumasa Iwatani; Yasuhiro Yasutomi; Tetsuro Matano; Tomoyuki Miura; Hirofumi Akari
        33rd Annual Symposium on NHP Models for AIDS, 2015年, 査読有り
      • Detection of potency and breadth of HIV-1 Neutralizing Antibodies in macaque-tropic HIV-1 infected cynomolgus monkeys using novel test panel viruses
        Shigeyoshi Harada; Akatsuki Saito; Takeshi Yoshida; Yohei Seki; Yuji Watanabe; Yasumasa Iwatani; Yasuhiro Yasutomi; Tomoyuki Miura; Tetsuro Matano; Hirofumi Akari; Kazuhisa Yoshimura
        33rd Annual Symposium on NHP Models for AIDS, 2015年, 査読有り
      • HIV-1mt感染カニクイザルによる新規エリートコントローラーモデル
        関洋平; 齊藤暁; 芳田剛; 佐藤賢文; 原田恵嘉; 吉村和久; 渡部祐司; 岩谷靖雅; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 明里宏文
        第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年, 査読有り
      • 高病原性HIV感染サルにおいてウイルス感染CD163陽性マクロファージは様々な半減期を持つ集団から構成され、最も半減期の長い集団は多剤併用療法下のリザーバーと成り得る
        渡部祐司; 岩見真吾; 森ひろみ; 松浦嘉奈子; 日紫喜隆行; 三浦智行; 明里宏文; 五十嵐樹彦
        第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年, 査読有り
      • 慢性GBV-B感染におけるenvelope変異および液性免疫からの逃避
        鈴木紗織; 東濃篤徳; 森健一; 大出裕高; 松岡和弘; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 片貝祐子; 槇昇; 明里宏文
        第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年, 査読有り
      • 霊長類ヘパチウイルス慢性感染後寛解におけるウイルスゲノム変異の意義
        東濃篤徳; 鈴木紗織; 大出裕高; 松岡和弘; 森健一; 片貝祐子; 岡林佐知; 槇昇; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 明里宏文
        第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年, 査読有り
      • R5指向性HIV-1mt感染カニクイザルによる新規エリートコントローラーモデルの開発
        関洋平; 芳田剛; 齊藤暁; 佐藤賢文; 原田恵嘉; 吉村和久; 渡部祐司; 岩谷靖雅; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 明里宏文
        第29回日本エイズ学会学術集会, 2015年, 査読有り
      • 高病原性SHIV感染サルにおいて、ART治療下で観察されたウイルスの減衰に関する検証
        渡部祐司; 岩見真吾; 森ひろみ; 松浦嘉奈子; 日紫喜隆行; 三浦智行; 明里宏文; 五十嵐樹彦
        第29回日本エイズ学会学術集会, 2015年, 査読有り
      • Anti‐CCR4抗体はTregと感染細胞を同時に標的にする事で,STLV‐1自然感染ニホンザルでのウイルス特異的免疫反応を活性化させる
        菅田謙治; 安永純一朗; 三浦未知; 明里宏文; 小柳義夫; 小原道法; 松岡雅雄
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2014年10月31日
      • 培養細胞由来HCV粒子のマーモセットにおける抗HCV抗体誘導能の検討
        横川寛; 中村紀子; 東濃篤徳; 鈴木紗織; 明里宏文; 加藤孝宣; 石井孝司; 脇田隆字
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2014年10月31日
      • サルレトロウイルス4型プロウイルス陽性非発症ニホンザルの解析
        佐藤英次; 兼子明久; 齊藤暁; 山中淳史; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 吉田友教; 吉川禄助; 宮沢孝幸; 明里宏文; 岡本宗裕
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2014年08月11日
      • 霊長類におけるULBP/RAET1遺伝子群の進化と特徴
        成瀬妙子; 飯塚淳次; 明里宏文; 俣野哲朗; 木村彰方
        日本組織適合性学会大会抄録集, 2014年
      • 霊長類におけるULBP5/RAET1-G遺伝子群の進化
        成瀬妙子; 飯塚淳次; 明里宏文; 俣野哲朗; 木村彰方
        日本遺伝子診療学会大会プログラム・抄録集, 2014年
      • 培養細胞由来C型肝炎ウイルス粒子のマーモセットにおけるワクチン効果の検討
        横川寛; 中村紀子; 東濃篤徳; 鈴木沙織; 明里宏文; 加藤孝宣; 石井孝司; 脇田隆字
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2014年
      • GBV-B感染マーモセット/タマリンにおける慢性化移行には液性免疫応答の遅延が関与する
        鈴木紗織; 東濃篤徳; 森健一; 片貝祐子; 齊藤暁; 槇昇; 明里宏文
        第61回日本実験動物学会総会, 2014年, 査読有り
      • 小型霊長類モデルを用いたヘパチウイルスの持続感染における慢性肝炎発症に影響するウイルスゲノム変異解析
        東濃篤徳; 鈴木紗織; 齊藤暁; 松岡和弘; 大出裕高; 片貝祐子; 岡林佐知; 森健一; 槇昇; 明里宏文
        第61回日本実験動物学会総会, 2014年, 査読有り
      • 小型霊長類において持続感染したGBV-Bの変異解析
        東濃篤徳; 鈴木紗織; 森健一; 大出裕高; 松岡和弘; 片貝祐子; 岡林佐知; 槇昇; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 明里宏文
        第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年, 査読有り
      • サル個体におけるサル指向性HIV-1の増殖効率を上昇させる要因
        芳田剛; 齊藤暁; 松岡和弘; 大出裕高; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 明里宏文
        第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年, 査読有り
      • サル指向性HIV-1の感染個体における増殖効率を上昇させる要因
        芳田剛; 齊藤暁; 松岡和弘; 大出裕高; 岩谷靖雅; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 杉浦亙; 明里宏文
        第28回日本エイズ学会学術集会, 2014年, 査読有り
      • 組換えウイルスを用いた抗HTLV‐1ワクチンの作製とMacaque属での応用
        菅田謙治; 安永純一朗; 三浦未知; 明里宏文; 小柳義夫; 小原道法; 松岡雅雄
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年10月29日
      • GBV‐B感染における慢性化移行には液性免疫応答の遅延が関与する
        鈴木紗織; 東濃篤徳; 森健一; 吉田友教; 片貝祐子; 齊藤暁; 槇昇; 明里宏文
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年10月29日
      • 霊長類モデルを用いた培養細胞由来HCV粒子ワクチンの有効性の検討
        横川寛; 森山正樹; 中村紀子; 東濃篤徳; 明里宏文; 加藤孝宣; 石井孝司; 脇田隆字
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年10月29日
      • 旧世界ザルにおけるULBP2/RAET1H遺伝子の種特異的多様性
        成瀬妙子; 森一泰; 明里宏文; 俣野哲朗; 木村彰方
        日本組織適合性学会大会抄録集, 2013年
      • 旧世界ザルULBP2/RAET1H遺伝子の種特異的多様性
        成瀬妙子; 森一泰; 明里宏文; 俣野哲朗; 木村彰方
        日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 2013年
      • アカゲザルを用いた培養細胞由来HCV粒子ワクチンの抗体誘導能と安全性の検討
        横川寛; 森山正樹; 中村紀子; 東濃篤徳; 明里宏文; 加藤孝宣; 石井孝司; 脇田隆字
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • 感染性分子クローン由来ウイルスを用いたニホンザル血小板減少症の病態解析
        坂口翔一; 吉川禄助; 岡本宗裕; 明里宏文; 齊藤暁; 佐藤英次; 安永純一郎; 三浦智行; 宮沢孝幸
        日本野生動物医学会大会・講演要旨集, 2013年
      • 霊長類を用いたHCV/ GBV-Bキメラウイルス感染モデル
        東濃篤徳; 森健一; 鈴木紗織; 岩崎優紀; 吉田友教; 齊藤暁; 槇昇; 明里宏文
        第60回日本実験動物学会総会, 2013年, 査読有り
      • レトロウイルス感受性に影響するマカク属サルTRIM5遺伝子の多様性
        齊藤暁; 中山英美; 塩田達雄; 吉田友教; 東濃篤徳; 鈴木紗織; 川本芳; 明里宏文
        第60回日本実験動物学会総会, 2013年, 査読有り
      • GBV-B感染新世界ザルの液性免疫解析
        鈴木紗織; 東濃篤徳; 森健一; 吉田友教; 齊藤暁; 槇昇; 明里宏文
        第60回日本実験動物学会総会, 2013年, 査読有り
      • Diversity of antiretroviral host factor TRIM5 gene in macaque monkeys
        Akatsuki Saito; Emi E Nakayama; Tatsuo Shioda; Tomoyuki Yoshida; Atsunori Higashino; Saori Suzuki; Yoshi Kawamoto; Hirofumi Akari
        Cold Spring Harbor meeting on Retroviruses, 2013年, 査読有り
      • SRV-4
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 森本真弓; 宮沢孝幸; 吉川禄助
        サル疾病ワークショップ, 2013年, 査読有り
      • 京都大学霊長類研究所サル施設でサルレトロウイルス4型に感染したニホンザル由来感染性分子クローンを用いた感染実験
        坂口翔一; 吉川禄助; 岡本宗裕; 明里宏文; 齊藤暁; 佐藤英次; 安永純一郎; 三浦智行; 宮沢孝幸
        第19回日本野生動物学会大会, 2013年, 査読有り
      • ウイルスの標的細胞指向性はサル指向性HIV-1の増殖に影響するか?
        齊藤暁; 大附寛幸; 東濃篤徳; 鈴木紗織; 松田健太; 高橋尚史; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 明里宏文
        第156回日本獣医学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • ニホンザルにおけるサルレトロウイルス4型の臓器特異性の調査
        佐藤英次; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 兼子明久; 吉川禄助; 吉田友教; 山中淳史; 齊藤暁; 齊藤波子; 明里宏文; 宮沢孝幸; 岡本宗裕
        第156回日本獣医学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • Analysis of dynamics in GB virus B quasispecies in the course of long-term persistent infection and disease progression in marmosets
        Atsunori Higashino; Saori Suzuki; Akatsuki Saito; Yuko Katakai; Sachi Okabayashi; Hirofumi Akari
        20th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses, 2013年, 査読有り
      • The delayed humoral immune responses may be associated with the development of chronic GBV-B infection
        Saori Suzuki; Atsunori Higashino; Ken-ichi Mori; Yuko Katakai; Akatsuki Saito; Noboru Maki; Hirofumi Akari
        20th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses, 2013年, 査読有り
      • サルレトロウイルス4型持続感染ニホンザルにおける免疫学的役割の解明
        佐藤英次; 兼子明久; 齊藤暁; 山中淳史; 鈴木樹理; 渡邉朗野; 吉田友教; 吉川禄助; 齊藤波子; 牧野_恵美子; 道家由美子; 塩澤裕子; 安江美雪; 森本真弓; 宮沢孝幸; 明里宏文; 岡本宗裕
        第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • 新世界ザルにおける持続感染GBV-BのQuasispecies解析
        東濃篤徳; 鈴木紗織; 齊藤暁; 片貝祐子; 岡林佐知; 明里宏文
        第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • Development of a novel non-human primate model for secondary dengue virus infection using marmosets
        Moi ML; Omatsu T; Nakamura S; Ami Y; Katakai Y; Suzaki Y; Saijo M; Akari H; Kurane I; Takasaki T
        第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • 急性及び慢性GBV-B感染症における液性免疫の比較解析
        鈴木紗織; 東濃篤徳; 森健一; 吉田友教; 片貝祐子; 齊藤暁; 槇昇; 明里宏文
        第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • CCR5指向性を示す新規サル指向性HIV-1はサル個体に持続感染する
        齊藤暁; 大附寛幸; 東濃篤徳; 鈴木紗織; 松田健太; 高橋尚史; 松岡佐織; 岩谷靖雅; 杉浦亙; 野間口雅子; 足立昭夫; 保富康宏; 俣野哲朗; 三浦智行; 明里宏文
        第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年, 査読有り
      • タマリンを用いたHCV/GBV‐Bキメラウイルス感染モデル
        東濃篤徳; 森健一; 鈴木紗織; 岩崎優紀; 吉田友教; 齊藤暁; 槇昇; 明里宏文
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2012年10月31日, 査読有り
      • EVOLUTIONAL MEDICINE IS AN APPROACH TO IDENTIFY THE HUMAN GENOME DIVERSITY ASSOCIATED WITH HIV/AIDS
        Akinori Kimura; Hitoshi Ohtani; Taeko Naruse; Toshiaki Nakajima; Kazuyasu Mori; Hirofumi Akari; Tetsuro Matano; Gaurav Sharma; Gurvinder Kaur; Narinder K. Mehra
        TISSUE ANTIGENS, 2012年06月
      • POLYMORPHISMS IN TWO OF ULBP2/RAET1H GENES IN THE OLD WOLD MONKEY
        Taeko Naruse; Kazuyasu Mori; Hirofumi Akari; Akinori Kimura
        TISSUE ANTIGENS, 2012年06月
      • 大型類人猿における糞便サンプルを用いた人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹本博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 斎藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第28回日本霊長類学会 (2012/7 名古屋), 2012年
      • アフリカ野生大型類人猿におけるIgA抗体スクリーニングによる人獣共通感染症の実態調査
        吉田友教; 竹本博幸; 佐藤英次; 坂巻哲也; 宮部貴子; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 明里宏文; 古市剛史
        第59回日本実験動物学会総会 (2012/5/24-26 別府), 2012年
      • サルT 細胞白血病ウイルス1 型のウイルス学的解析と病原性
        三浦未知; 田邉順子; 菅田謙治; Zhao Tiejun; 齊藤暁; 安永純一朗; 明里宏文; 松岡雅雄
        第60 回日本ウイルス学会学術集会、プランキューブ大阪(大阪) 、2012 年11 月13-15, 2012年, 査読有り
      • 大型類人猿における人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹元博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 齊藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第59回日本実験動物学会総会(2012/05/24-26, 別府), 2012年, 査読有り
      • レトロウイルス感受性を規定するカニクイザルTRIM5遺伝子型の地理的多様性
        齊藤暁; 河野健; 中山英美; 日柳章彦; 保富康宏; 塩田達雄; 吉田友教; 東濃篤徳; 生駒智子; 川本芳; 鳥居隆三; 明里宏文
        第59回日本実験動物学会総会(2012/05/24-26), 2012年, 査読有り
      • アジアに生息するマカク属サルで認められるTRIM5遺伝子の多様性
        齊藤暁; 河野健; 中山英美; 保富康宏; 塩田達雄; 吉田友教; 東濃篤徳; 川本芳; 鳥居隆三; 明里宏文
        第26回日本エイズ学会学術集会・総会 (2012/11, 神奈川), 2012年, 査読有り
      • ヒト免疫不全ウイルスによる MHC-1 発現制御機構の分子構造学的解析
        明里宏文
        第 21 回日本組織適合性学会大会シンポジウム, 東京, 2012年, 査読有り
      • カニクイザルTRIM5遺伝子アリルの地理的多様性とその機能的意義
        齊藤暁; 河野健; 中山英美; 日柳章彦; 足立昭夫; 野間口雅子; 保富康宏; 俣野哲朗; 塩田達雄; 吉田友教; 東濃篤徳; 生駒智子; 川本芳; 鳥居隆三; 明里宏文
        第153回日本獣医学会学術集会 (2012/03/27-29, 大宮), 2012年, 査読有り
      • ニホンザル血小板減少症の原因ウイルスの探索
        吉川禄助; 佐藤英次; 岡本宗裕; 鈴木樹理; 吉田友教; 明里宏文; 三浦智行; 宮沢孝幸
        第153 回日本獣医学会学術集会, 埼玉, 2012 年3 月27-29 日, 2012年, 査読有り
      • An animal model for chimeric virus of hepatitis C virus/GB virus B
        Higashino A; Mori K; Suzuki S; Iwasaki Y; Yoshida T; Saito A; Maki N; Akari H
        19th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses (2012/10/05-09, Venice), 2012年, 査読有り
      • Thrombocytopenia caused by SRV-4 in Japanese macaques (Macaca fuscata).
        Suzuki J; Akari H; Okamoto M; Yoshida T; Okabayashi S
        Satellite Symposium of the 5th Annual Meeting of the ASZWM(2012/10/14, Chiang Mai)., 2012年, 査読有り
      • SRV-4の関与が疑われる血小板減少症
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 岡林佐知
        第20回サル疾病ワークショップ (2011/07/02, 麻布大学(神奈川県)), 2011年07月02日, 査読有り
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(1):概要報告
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 熊崎清則; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第58回日本実験動物学会(2011/5 東京), 2011年
      • Simian retrovirus-4-associated infectious thrombocytopenia in Japanese macaques.
        Yoshida T; Okamoto M; Akari H; Suzuki J; Miyabe-Nishiwaki T; Hayakawa T; Imai H; Matsui A; Watanebe A; Kaneko A; Hirai H
        The Unlimited World Microbes International Union of Microbiological Societies 2011 Congress XV International Congress of Virology. (2011/09, Sapporo, Japan)., 2011年, 査読有り
      • Genotypic variation of cynomolgus monkey TRIM5α determines the susceptibility to monkey-tropic HIV-1 infection
        Akatsuki Saito; Masako Nomaguchi; Ken Kono; Emi E. Nakayama; Tatsuo Shioda; Yasuhiro Yasutomi; Akio Adachi; Tetsuro Matano; Hirofumi Akari
        IUMS2011, 2011年, 査読有り
      • ニホンザル血小板減少症の発生に関する経過概要
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪), 2011年, 査読有り
      • サル指向性HIV-1への感受性に影響を与えるマカクサルTRIM5遺伝子の多様性
        齊藤暁; 河野健; 中山英美; 足立昭夫; 野間口雅子; 保富康宏; 俣野哲朗; 塩田達雄; 明里宏文
        第25回日本エイズ学会学術集会 (2011/11/30-12/2, 東京), 2011年, 査読有り
      • ル指向性HIV-1感染慢性潜伏期のカニクイサルからの感染性ウイルスの回収
        高橋尚史; 齊藤暁; 野間口雅子; 松岡佐織; 足立昭夫; 明里宏文; 俣野哲朗
        第25回日本エイズ学会学術集会 (2011/11/30-12/2, 東京), 2011年, 査読有り
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(4):疫学調査
        吉田友教; 岡本宗裕; 明里宏文; 今井啓雄; 松井淳; 早川敏之; 生駒智子; 伯川美穂; 齋藤波子; 渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 鈴木樹理; 平井啓久
        第58回日本実験動物学会 (2011/05, 東京), 2011年, 査読有り
      • SHRNA-MEDIATED GENE SILENCING IN NON-HUMAN PRIMATES WITH AAV8
        Takayuki Kubodera; Shinga Ohira; Yuko Katakai; Hirofumi Akari; Yukihiko Hirai; Hiroaki Mizukami; Keiya Ozawa; Takashi Shimada; Hidehiro Mizusawa; Takanori Yokota
        JOURNAL OF GENE MEDICINE, 2010年12月
      • ヒトおよびアカゲザルにおけるRAET1/ULBP遺伝子群の多様性
        成瀬妙子; 奥田裕紀子; 俣野哲朗; 明里宏文; 森一泰; 保富康宏; 宮澤正顕; 木村彰方
        日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集, 2010年
      • カニクイザルTRIM5 alleleがサル指向性HIV-1の増殖に与えるインパクト
        齊藤暁; 河野健; 中山英美; 塩田達雄; 足立昭夫; 野間口雅子; 保富康宏; 俣野哲朗; 明里宏文
        第24回日本エイズ学会学術集会・総会, 2010年, 査読有り
      • カニクイザルにおける第3世代サル指向性HIV-1の増殖の解析
        齊藤暁; 河野健; 黒石歩; 中山英美; 塩田達雄; 足立昭夫; 野間口雅子; 保富康宏; 俣野哲朗; 明里宏文
        第24回日本エイズ学会学術集会・総会, 2010年, 査読有り
      • C型肝炎とHIV感染症(AIDS)
        明里宏文
        第57回日本実験動物学会学術集会シンポジウム(京都)2010/5/12?14, 2010年, 査読有り
      • C型肝炎の新規霊長類モデル開発
        明里宏文
        第47回日本ウイルス学会九州支部総会(宮崎)2010/9/3‐4., 2010年, 査読有り
      • HIV-1感染霊長類モデルの開発
        明里宏文
        第58回日本ウイルス学会学術集会シンポジウム(徳島)2010/11/7‐9, 2010年, 査読有り
      • HCV, HIVの新規霊長類モデル開発
        明里宏文
        大阪大学微生物病研究所セミナー(大阪)2010/8/26., 2010年, 査読有り
      • Novel non-human primate models for hepatitis C and AIDS
        Hirofumi Akari
        2010 KALAS international symposium (Korea, Busan) August 19-21, 2010, 2010年, 査読有り
      • SIV由来CA h6/7 loopを持つ第2世代サル指向性HIV-1クローンはカニクイザル個体で効率よく増殖する
        齊藤暁; 飯島沙幸; 岩崎優紀; 黒石歩; 中山英美; 塩田達雄; 足立昭夫; 野間口雅子; 俣野哲朗; 明里宏文
        第57回日本ウイルス学会学術集会, 2009年, 査読有り
      • 第2世代サル指向性HIV-1クローンはカニクイザル個体において効率良く増殖する
        齊藤暁; 飯島沙幸; 岩崎優紀; 明里宏文
        第148回日本獣医学会学術集会, 2009年, 査読有り
      • 肝炎ウイルスワクチン実用化のための基盤的研究 ワクチン評価のための霊長類C型肝炎サロゲートモデル開発の基盤研究
        明里宏文; 岩崎優紀; 飯島沙幸; 木村展之; 揚山直英; 石井孝司; 吉崎佐矢香; 鈴木哲朗; 宮村達男; 槇昇, 森健一
        肝炎ウイルスワクチン実用化のための基盤的研究 平成20年度 総括・分担研究報告書, 2009年
      • ウイルスと霊長類:共生のためのウイルス戦略
        明里宏文
        人獣共通感染症セミナー 宮崎大学, 2009年, 査読有り
      • Selective and frequent non-synonymous mutations of the viral genome in chronically GBV-B-infected marmosets.
        Yoshida T; Iwasaki Y; Mori K; Maki N; Ishii K; Iijima S; Yoshizaki S; Katakai Y; Suzuki T; Miyamura T; Akari H
        16th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses (2009/10/03-07, France, Nice)., 2009年, 査読有り
      • Gag特異的CTLクローンのSIV複製抑制能の解析 (学会抄録)
        石井洋; 塚本徹雄; 川田真幹; 武内寛明; 明里宏文; 上野貴将; 滝口雅文; 俣野哲朗
        日本エイズ学会誌, 2008年11月, 査読有り
      • 新規HIV-1/サルモデルの開発;新規HIV-1クローンNL-DT5Rはカニクイザル個体内で増殖する
        齊藤暁; 飯島沙幸; 岩崎優紀; 海津雅彦; 足立昭夫; 野間口雅子; 俣野哲朗; 明里宏文
        第56回日本ウイルス学会学術集会, 2008年10月, 査読有り
      • マカクザル感染性新規HIV-1クローンの解析
        齊藤暁; 飯島沙幸; 岩崎優紀; 海津雅彦; 明里宏文
        第146回日本獣医学会学術集会, 2008年, 査読有り
      • C型肝炎の治療とキャリアからの発症予防に関する基礎研究 サルを用いたC型肝炎サロゲートモデル開発に関する研究
        明里宏文; 岩崎優紀; 飯島沙幸; 木村展之; 揚山直英; 石井孝司; 吉崎佐矢香; 鈴木哲朗; 宮村達男; 槇昇, 森健一
        C型肝炎の治療とキャリアからの発症予防に関する基礎研究 平成19年度 総括・分担研究報告書, 2008年
      • 輸入リスザルおよびタマリンで高率に検出されるTrypanosoma minasense感染,並びに本種の分子系統学的位置づけ
        佐藤宏; 片貝裕子; 高野淳一朗; 明里宏文; 中村進一; 宇根有美
        日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集, 2007年02月23日
      • ゲノム創薬およびゲノム医療技術の開発・臨床応用に資する画期的な霊長類研究リソースの開発研究 C型肝炎モデルの有用性評価指標の開発
        明里宏文; 飯島沙幸; 木村展之; 揚山直英; 岩崎優紀; 石井孝司; 吉崎佐矢香; 鈴木哲朗; 宮村達男; 槇昇, 森健一
        ゲノム創薬およびゲノム医療技術の開発・臨床応用に資する画期的な霊長類研究リソースの開発研究 平成18年度 総括・分担研究報告書, 2007年
      • C型肝炎の治療とキャリアからの発症予防に関する基礎研究 サルを用いたC型肝炎サロゲートモデル開発に関する研究
        明里宏文; 岩崎優紀; 飯島沙幸; 木村展之; 揚山直英; 石井孝司; 吉崎佐矢香; 鈴木哲朗; 宮村達男; 槇昇, 森健一
        C型肝炎の治療とキャリアからの発症予防に関する基礎研究 平成18年度 総括・分担研究報告書, 2007年
      • C型肝炎の治療とキャリアからの発症予防に関する基礎研究 サルを用いたC型肝炎サロゲートモデル開発に関する研究
        明里宏文; 飯島沙幸; 木村展之; 揚山直英; 李永仲; 石井孝司; 吉崎佐矢香; 鈴木哲朗; 宮村達男; 八木慎太郎; 山口健次郎; 槙昇
        C型肝炎の治療とキャリアからの発症予防に関する基礎研究 平成17年度 総括・分担研究報告書, 2006年
      • カニクイザルにおけるMHC class Iの解析
        宇田 晶彦; 棚林 清; 寺尾 恵治; 明里 宏文; 向井 鐐三郎; 山田 章雄
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2004年03月
      • Nef蛋白によるHLA‐ClassI分子の発現低下がHIV‐1特異的CD8T細胞の抗原認識に与える影響
        冨山宏子; 明里宏文; 足立昭夫; 滝口雅文
        日本エイズ学会誌, 2001年11月20日
      • SIV実験感染サル脳炎病変におけるサイトカインの発現 (厚生省S)
        佐多徹太郎; 喜納奈緒; 巽正志; 小野文子; 大谷功; 明里宏文; 吉川泰弘; 岩崎琢也; 倉田毅
        エイズ動物モデルを利用した疾病に関する研究 平成8年度 研究成果報告書, 1997年
      • エイズ発症サル動物モデルを用いた抗エイズ薬評価と今後の展望に関する研究 (厚生省S)
        吉川泰弘; 向井りょう三郎; 大谷功; 森一泰; 村山裕一; 明里宏文; 高阪精夫; 佐多徹太郎; 小野文子
        エイズ動物モデルを利用した疾病に関する研究 平成8年度 研究成果報告書, 1997年
      • SIV実験感染サル脳炎の病理 (厚生省S)
        佐多徹太郎; 向井りょう三郎; 小野文子; 大谷功; 明里宏文; 森一泰; 吉川泰弘; 倉田毅
        エイズ動物モデルを利用した疾病に関する研究 平成7年度 研究成果報告書, 1996年
      • エイズ発症サル動物モデルを用いた抗エイズ薬評価に関する研究 (厚生省S)
        吉川泰弘; 向井りょう三郎; 森一泰; 村山裕一; 明里宏文; 大谷功; 高阪精夫; 佐多徹太郎; 小野文子
        エイズ動物モデルを利用した疾病に関する研究 平成7年度 研究成果報告書, 1996年
      • 脳炎発症SIV感染サルの病理 (厚生省S)
        佐多徹太郎; 向井りょう三郎; 小野文子; 大谷功; 明里宏文; 森一泰; 吉川泰弘; 倉田毅
        エイズ動物モデルの作成に関する研究 平成6年度研究報告書, 1995年
      • 6-ハロ-ddP類の免疫系及び中枢神経系における抗エイズウイルス効果の検討 (ヒューマンサイエンス振興財団S)
        村上邦睦; 町田誠; 藤井裕二; 向井りょう三郎; 明里宏文; 森一泰; 吉川泰弘; 落久保文子
        エイズ医薬品等開発研究報告 平成6年度, 1995年

      書籍等出版物

      • 感染症動物モデル−霊長類モデルを中心にー
        明里宏文
        実験医学増刊:パンデミック時代の感染症研究, 2021年01月
      • 実験用霊長類を用いた新規HIV感染モデルの樹立
        Anastasiia Kovba; 鷲崎 彩夏; 明里 宏文
        オベリスク, 2021年01月
      • 哺乳類ヘパシウイルス属
        東濃篤徳; 明里宏文, 共著
        病原細菌・ウイルス図鑑(北海道大学出版会), 2017年11月
      • C型肝炎ウイルスワクチンとアジュバント
        加藤孝宣; 明里宏文
        次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価, 2017年, 査読無し
      • サルT細胞白血病ウイルス(simian T-cell leukemia virus: STLV)
        明里宏文; 村田めぐみ
        実験動物ニュース, 65, 30-32, 2016年, 査読無し
      • 実験用霊長類の健康管理 — 感染症とその安全対策
        岡本宗裕; 明里宏文
        新・霊長類学のすすめ.187-198, 2012年, 査読無し
      • SRV-4の関与が疑われるニホンザルの血小板減少症
        鈴木樹理; 明里宏文; 岡本宗裕; 吉田友教; 岡林佐知
        オベリスク 17, 1, 2012年, 査読無し
      • 新しいC型肝炎の霊長類モデル
        明里 宏文
        生命のつづれ織り 3, 155-160, 2010年, 査読無し
      • エイズはサル起源なのですか?
        明里宏文, 分担執筆
        「新しい霊長類学「人を深く知るための100問100答」」 (京都大学霊長類研究所編) p.255-257 講談社, 2009年, 査読無し
      • 霊長類飼育実験施設におけるバイオセーフティ
        明里 宏文
        NBR Newsletter 3, 2-5, 2009年, 査読無し

      産業財産権

      • 特開2009-189327, 特願2008-035178, ウイルス検査方法及びモデル動物
        明里 宏文

      受賞

      • 1997年
        日本獣医学会, 獣医学奨励賞
      • 2001年
        National Institutes of Health, USA, The Fellows Award for Research Excellence

      外部資金:科学研究費補助金

      • 大環状天然物の立体配座制御による高選択的な抗HIVシーズの開発
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分38:農芸化学およびその関連分野
        京都大学
        塚野 千尋
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        生理活性;合成化学;有機化学;構造活性相関;HIV
      • iPS細胞を利用したCD4陽性T細胞の再生医療のための基盤技術の確立
        基盤研究(B)
        大阪大学
        塩田 達雄
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        iPS;CD4;TRIM5;CCR5;サル;iPS細胞;アカゲザル;移植・再生医療
      • ニホンザル血小板減少症の発症・非発症機序の解明とマカク類のリスク評価法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ニホンザル;血小板減少症;SRV-4;SRV-5;感染実験;発症機序;カニクイザル;診断法;サリレトロウイルス;サルレトロウイルス
      • 再生医療技術を利用した新規HIV-1感染サルモデルの作成
        挑戦的萌芽研究
        大阪大学
        塩田 達雄
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        HIV感染症;iPS細胞;再生医療;アカゲザル;iPS;CD4;HIV-1;再生医療技術;T細胞;サル
      • レトロウイルス関連ニホンザル血小板減少症の発症機序と感染持続メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ニホンザル;血小板減少症;SRV-4;発症機序;感染実験;SRV-5;感染持続
      • 新規霊長類モデルを用いた急性慢性C型肝炎における自然免疫の意義に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        明里 宏文
        完了
        個体;C型肝炎;動物モデル;自然免疫;HCV;GBV-B;NK細胞;CD16;新世界ザル;CD16(3G8);マーモセット;霊長類モデル
      • 磁気共鳴画像(MRI)による実験的脳マラリアの病態解析
        基盤研究(C)
        獨協医科大学
        川合 覚
        完了
        磁気共鳴画像;MRI;脳マラリア;Plasmodium coatneyi;重症マラリア疾患モデル;マラリア疾患モデル, MRI;cerebral malaria;Plasmodium coatneyi;primate model;severe human malaria
      • チンパンジー、新世界サルを用いたC型肝炎のRNA干渉による遺伝子治療
        基盤研究(B)
        東京医科歯科大学
        横田 隆徳
        完了
        RNA干渉;siRNA;AAV;タマリン;shRNA;マンモセット;GBV-B;ビタミンE;新世界ザル;カチオニックベクター;C型肝炎;AAV8;インターフェロン, RNA interference;siRNA;AAV;Tamarin;shRNA;marmoset;GBV-B;Vitamin E
      • サルを用いたC型肝炎モデルのsiRNAによる遺伝子治療
        基盤研究(B)
        東京医科歯科大学
        横田 隆徳
        完了
        RNA干渉;siRNA;カチオニックベクター;C型肝炎;タマリン;マーモセット;GBV-B;インテーフェロン;インターフェロン;HCV, RNA interference;siRNA;cationic vector;Hepatitis C;tamarin;marmoset;GBV-B;interferon
      • HIV−1vif遺伝子機能に関する分子遺伝学的解析
        奨励研究(A)
        徳島大学
        明里 宏文
        完了
      • 抗HIV戦略に関する基礎研究
        基盤研究(B)
        徳島大学
        足立 昭夫
        完了
        HIV;Gag;Env;Vif;Vpr;Nef;アポトーシス;MHC-I;キャプシド, HIV;Gag;Env;Vif;Vpr;Nef;Apoptosis;MHC-I
      • Nef及びVprの細胞生物学
        基盤研究(B)
        徳島大学
        足立 昭夫
        完了
        HIV;Nef;Vpr;MHC-I;CD4;アポトーシス, HIV;Nef;Vpr;MHC-I;CD4;Apoptosis

      外部資金:その他

      • HIV感染症の根治に向けた基盤的研究
        AMED・エイズ対策実用化研究事業
        自 2014年, 至 2016年
        代表
      • HIV感染霊長類モデルを用いたHIV根治療法の有効性評価に関する研究
        AMED・エイズ対策実用化研究事業
        自 2020年, 至 2022年
        代表
      • 抗HTLV-1ヒト免疫グロブリン等による HTLV-1 感染予防法の開発に関する研究
        AMED・新興再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
        自 2015年, 至 2017年
        分担
      • 臨床応用を目指した抗HTLV-1ヒト免疫グロブリンによるHTLV-1感染予防法の開発と 安全性に関する研究
        AMED・新興再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
        自 2018年, 至 2020年
        分担
      • 国内HTLV-1感染者の疫学調査の実施と動向把握
        AMED・新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
        自 2020年, 至 2022年
        分担
      • 成人T細胞白血病細胞の免疫原性に基づく新規細胞治療法の開発
        AMED・次世代がん医療創生研究事業
        自 2019年, 至 2020年
        分担
      • 効果的な新規B型肝炎ウイルスワクチンの開発を目指した基礎的研究
        AMED・肝炎等克服実用化研究事業
        自 2017年, 至 2019年
        分担
      • HIV感染症の根治療法創出のための基礎・応用研究
        AMED・エイズ対策実用化研究事業
        自 2017年, 至 2019年
        代表
      • HIV-1感染発症霊長類モデル研究:宿主内因性及び獲得免疫解析に基づく前臨床評価システムの最適化
        厚労科研費・エイズ対策研究事業
        自 2011年, 至 2013年
        代表
      • 新世界ザルを用いたデングウイルス感染・発症動物モデル開発に関する研究
        厚労科研費・創薬基盤推進研究事業
        自 2007年, 至 2009年
        代表
      • C型肝炎ウイルスワクチン実用化を目指した基礎的研究
        厚労科研費・政策創薬探索事業
        自 2011年, 至 2015年
        分担
      • 肝炎ウイルスワクチン実用化のための基礎的研究
        厚労科研費・肝炎等克服緊急対策研究事業
        自 2008年, 至 2010年
        代表
      • 高人口密度地域における孤立した霊長類個体群の持続的保護管理
        環境省・地球環境研究総合推進費
        自 2010年, 至 2012年
        分担
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類学入門II
          N910, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学基礎論
          9637, 前期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          9692, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          保全・獣医学特論
          9653, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          9690, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          実験動物科学実習
          9636, 前期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          9693, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          9691, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールⅠA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールⅠB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールⅡA
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールⅡB
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          実験動物科学基礎論
          前期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          霊長類学の現在
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          霊長類学のすすめ
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          霊長類ウイルス学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験動物科学基礎論
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験動物科学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類ウイルス学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類学入門II
          後期, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            理学研究科大学院教育教務委員会委員
          list
            Last Updated :2022/08/06

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2021年10月, 至 現在
              代議員, 日本エイズ学会
            • 自 2019年, 至 現在
              評議員, 日本獣医学会
            • 自 2018年, 至 現在
              評議員, 日本ウイルス学会
            • 自 2017年, 至 現在
              運営委員, ナショナルバイオリソースプロジェクト「ニホンザル」
            • 自 2014年, 至 2015年
              評議員, 日本実験動物学会

            ページ上部へ戻る